長文論説/妄想自主規制スレ44

1名無し三等兵 2017/12/06(水) 14:34:32.98ID:iaJclaJM
長文や論説、思考結果、提案妄想、データ記述はここに書き込み、 対話型当該スレには結論の短文を
貼り、 詳しくはこちらと言う形で、当該スレに書き込む分量を減らしましょう。

なお、ここは合理的な指摘に背を向け続ける人や、低レベルな長文の連打で、議論を押し流すの為の
スレッドではありません。特にDARPAのデムパな想定・装備論・経団連論はお断りです。

    |.::.:: /.::.::.::.::.::/|⌒:j.::.::.:.:::.::.:: |.::| _\.::.ヽ.::.::. ヽ ∧//::::::/:::::::::::/  |:::l  ',:::::::::::::::::ヽ::::::::::::::∨j∠|__
    |.::.:/.::.:: /.::.::.::.: | .:/ \.::.::.::.::.:レチ斤| ト.::.',.::.::.::.:l //∨:::: /::::::ト、/   :|:::l  ヽ:-―-:::::l::::::::::::::::Vヽ ヽ   \
    |.:/.:,'.::.::|.::.::.::.::/|:/__  ヽ.::.::.::|ち:::| {.::W\.::.j   ,' ::::::l:::;イ レ'心  l:::|    \::::::::::::|::::::: l:::::::| ∧人_, /
.     Y.:/! .:: l.::.::.: / ィチ行   ヽ.::.| Vヒi ',::.l   ∨    l::::::/|/::j {ヘ:::|   ヾ|   ヽ--\ :::::|::::::: | ::: |  |::::::| ヽ/
     レ.::|.::.::.|.::.::.ハfヘノ:::::ハ   ∨    ・}.::.l       |:: ∧!: リ  Vヒj       行テ乏ア :::|::::::: |:::::,′ |::::::|_ノ
     lrーゝ、∧.::.l∧ V;少''     _'    イ.::.:|.       W  !;八    ,     {ヘ;;:::// ヾ|::::: ∧:/  ノ :::::|
     j \ \∨.::. ヽ, -、    こ.ノ ∠l | ::.:|          /::::::ヽ   、 __   ゞ少′ ⌒!::/⌒)7:l::::::l:::|
.     ,'.::.::.( ̄`ヾー、_/ /、 __ ///}│ .:l  1Get!  / :::::: /7\ `ー’  __   ,、__,/ ‐<:::ノ::|:::::::l::|
.     /.::.::.: ( ̄ ヽノ    {\   ハ /V/│.::.!        ,'::::::::::/ レ'/ >ーr (  \´>'´(_, -く:::ノ|::|::::::::l:|
   /.::.::.::.:r'¨`ーt'   ノ.::. \ー‐'´| 川{ ∨リ         ::::::: / /'//{  /ヽ  ¨  (__ r‐<:八:! :::::::l|


長文論説/妄想自主規制スレ43
http://mevius.2ch.net/test/read.cgi/army/1467642259/
https://mevius.5ch.net/test/read.cgi/army/1467642259/

367名無し三等兵2018/05/01(火) 08:00:13.01ID:zehqdeFq
両棲の芸風って、DARPAのそれと五十歩百歩だといい加減に気づけよ!?

そんな芸を延々見せられていれば、当然観客席から飛んでくるものは、称賛の
声やおひねりなどではなく、良くて無視。普通に罵声。下手すりゃ座布団。
それでまだ、「この芸を理解するには、相手も二つ目以上の咄家でなければ、真打
相当の認定を受けている俺には指導不可能(キリッ!」とか言ってるようじゃなぁ。

別に両棲が新規に発見した物理法則とか新発明ではないんだから、誰も嫉妬とか
してないし、そもそも嫉妬する必要さえない。
現実に使えそうor無理・無駄なだけの判定を銘々がしてるだけ。

それなら、まだ「日本近海における波長は80〜90m」という現象に対して、
ローリング(当然ピッチングもだけど)対策として、それを上回る寸法の全幅
91mの金田中将の50万トン巨大戦艦の方が、このスレでは面白認定される。
「あぶくま型の全長が100mを越えてる理由は何なんだ?」とかいうツッコミが
入るかもしれんが、「予算とか無視させてもらって、三菱長崎のドックの寸法
スレスレまで大きいのを造ってみた場合」とかいう新しい切り口を提示すれば、
おそらくそこまで叩かれることもないだろう。
このスレの民度から推測すると、「この際、三菱にドックの横幅をもう少しだけ
拡張してもらったらどうなる?」ぐらいまでは普通に出てくるかもなぁ。

それでもまだその芸風に固執し続けるようだと、テンプレのお断り事項にDARPAと
並んで名前が書かれかねないよ?
そんなみっともないのって、DARPAだけで十分じゃん? www
別に誰も謝罪や賠償とか求めてないんだから、下手な言い訳を継続するよりも、
あっさり「そうか、残念」で十分だと思うんだが?

368名無し三等兵2018/05/04(金) 03:01:14.27ID:IPHDmKoa
>むしろ逆に、オレは海上自衛隊における蒸気機関の失伝を非常に危惧している。

世艦だか軍研だかで、退役海将閣下()が書いてたね。
で、その後にはロシア海軍はソヴレメンヌイ級駆逐艦で技術伝承してるって続くんだろう?

でも、ロシア海軍が彼女たちを退役させない一番大きな理由は、予算不足で相応に有力(?)な
SSMをも装備したDDG達を容易に更新できないではないかね?
たとえ彼女たちが退役しても原子力潜水艦なら各種取り揃えているし、原子力推進の水上艦なら
キーロフ級だって保有してる。

慢性的に人手不足の海自が、頭数が必要な蒸気推進艦を敢えて保有しなきゃいけない理由は何?
今後、原子力推進水上艦を装備することはまず考えられないし、そもそも米国がそれを許すのかと。
CVN導入なんてのは夢のまた夢どころか、米国の逆鱗に触れるどころの騒ぎじゃ済まない。
仮に米国からSSNをレンタルして運用できるよう状況が発生したとしても、それならなおさら
全く未体験な分野の教育は、素直に米国で受けさせられるだろうし、またそうするべき事案。

あとDDHの空母化用で蒸気カタパルトを無理やり後付けで組み込んだとして、ボイラそのものは
現行でも陸上施設用ボイラ員の教育が継続されているし、ご本尊の蒸気タービンは不要。
第一、F35Bの運用に蒸気カタパルトは不要ってか、そのためのF35Bだわな。
米海軍並にF35Cを装備するような余裕はどこにもないし、米国もそれは望むまい。

さて、これでおなお海上自衛隊における蒸気機関の失伝を非常に危惧しなきゃいけない
理由は何なんだろうね?

369名無し三等兵2018/05/08(火) 23:46:30.81ID:bld4g6W3
都合が悪ぅなるとまた潜伏でっか、両棲はん? pgr

370名無し三等兵2018/05/09(水) 21:34:15.02ID:RKHY/ytY
そんな、呼ばんでいいって。

371名無し三等兵2018/05/09(水) 23:12:24.85ID:7vtpP1YL
週刊ヤングマガジンに連載中の【アルキメデスの大戦】で、櫂少佐(いまは中佐になってるけど)が
提案してた<大和>から、ぱぱの<やまと>臭がプンプン漂ってくる件。

・戦艦の超敵の陸上施設を要塞砲を大口径砲でアウトレンジする戦術思想。
しかも、「(艦載)航空機による爆撃よりも効率よく投射できる」という流れ。

・エンジンにはガスタービンを採用(この段階ではまだ製品化されていないけど)。

・防御力は通常の『自艦の主砲弾に耐え得るもの』は要求していない。

なんだかなぁ。。。

372名無し三等兵2018/05/10(木) 08:59:12.50ID:2MD7Kg7E
戦艦というかモニター艦なのか……?

373名無し三等兵2018/05/11(金) 01:36:28.11ID:HaNqtEN4
>>371
そーゆー性格の艦にGT使う意味は……

374名無し三等兵2018/05/11(金) 07:38:27.94ID:4VhaJ61W
>>372
ガスタ()の排熱でボイラの湯を沸かす複合サイクル機関にして、燃費改善とか
高速力での航続距離延伸とかしたいんじゃないですか(小並

375名無し三等兵2018/05/16(水) 06:41:55.94ID:e9NZUXhz
「もう使っていないタラワ級、日本に譲る(売却)ことを可能にする?」っていう話を米議会が
始めたそうですが、900人もの乗員を要する老齢蒸気タービン艦押しつけられてもねぇ。


蛇足
ぱぱの副業?
ttps://convenisweets-repo.com/melonpan-moko/

376名無し三等兵2018/05/31(木) 21:10:47.08ID:mK8cEfas
高校で物理やってないから教えて欲しいんだけど。
大砲の口径を2倍とか3倍にすると、砲弾の空気抵抗が
2とか3の二乗になって、装薬のエネルギーは同じく
2とか3の三乗になるので、その結果として射程距離は
概算で2倍とか3倍になるっていう理解でいい?

親切な方、よろしくお願いします。

377対潜臼砲 ◆htvb.2ZalY 2018/06/01(金) 19:15:57.99ID:JUoUs2m4
 皆の衆、御刺身鰤もこ。新年度と降って湧いた諸懸案を、それなりにコナして戻って来たつもりでいるところもこが、皆の衆、
いかが御過ごしであったもころうか。

>COSEG
 IR放射対策として、例えばDDGの煙路には、冷却デヴァイスが仕込まれるもこ。その"ついで"で、御湯を沸かして利用でけるのであれば、
ソレはもちろん、大歓迎なのもこので。
 排熱の効率的利用をベースでモノを似見るのんか、所要リソース(容積、重量、コスト)の効率的分配をベースにモノを見るのんかで、
また、えろえろハナシは変わってくるハズなのんだもこ。

<やまと>
 MT-30GT発電機2基(計65MW)で20kt巡航しつつ3基の主砲塔を稼働する仕様もこよ。
 某漫画については、作者様が独自に辿り着いたアイデアであるコトは疑いないもこ。て・ゆか、御紹介感謝もこ。今度読んでみるもこ。



                      ; ''"^ ゛`^`'ヽ      そんなことより皆の衆。
                  /  ;ミ ,, ̄▽ ̄,,彡      最近の気候変動の影響で、ぱぱが住んでる地域には、まだGWが来ていないらしくて、もこね。
                 /ヽ─‐ ; "`つ旦○' `; ~~~    報道でも、すっかり忘れられたかのように、取り上げられられなくなってるみたいで。
   ____─/]_/ ̄ ̄      `:.,_____,ゞ     えろえろ予定立てていたのに、一体いつまで待てば、やって来るのんだもころうか。
__\__301_____ちどり________]_   そうだ、もうアジ子釣りの季節もこね。準備しとこっと♪もこ。

378対潜臼砲 ◆htvb.2ZalY 2018/06/01(金) 19:59:45.23ID:JUoUs2m4
>砲弾
 砲弾の口径が2倍になったとして。砲弾全体の寸法が、そのまま2倍になったと仮定するもこ。
 同初速で撃ち出された砲弾の受ける空気抵抗は、最大のファクターである正面積、ついでの表面積は2乗倍である一方、重量は3乗倍もこ。
運動エネルギーは8倍になったのに、受ける抵抗は4倍にしかならないのんだもこから、その分、遠くに届くもこ。
 逆に云うと、この結果は、砲弾を同等の速度で飛ばす前提で、所要のエネルギーが与えられたからこその結果なのんだもこ。砲弾に飛翔する
エネルギーを与えるのんは、装薬もこ。
 装薬量が同質で同条件でシゴトするのんであれば、軽くて細い砲弾は、より速く飛ぶもこし、重くて太い砲弾は、より遅く飛ぶもこ。
 んで、射程。
 重かろうが速かろうが、モノは基本、一定速度で落下するもこ。射程とは、地面に落ちるまでに、どんだけ距離を稼げるかで決まるもこ。
速く飛ぶ砲弾は、その限られた時間内で遠くまで飛べるもこし、遅い砲弾は、同じ時間しか与えられなかったのであれば、近くに落ちるしかないもこ。
 だから上に向けて撃つ(仰角をとる)コトも大事もこ。高く撃ち上げれば、落ちてくる時間も長くなるもこからね。
 そこへ、砲弾自体の揚力(これは表面積に依るので重量/表面積比の低い砲弾に有利)を加味すると、とか、遠くまで(その分長い間)飛ぶのんであれば、
空気抵抗の影響が、より小さい、大口径重量砲弾の優位、とか、えろえろ出て来るもこ。かてて加えて、装薬の性質(燃焼速度と熱量のバランス)、砲の特性
(砲身長とか許容腔圧とか)とかが相俟って、ハナシは結構複雑ではあるもこが。

379対潜臼砲 ◆htvb.2ZalY 2018/06/01(金) 20:00:14.07ID:JUoUs2m4
 基本、同じ装薬量で飛ばすなら、軽量小口径砲弾の方が遠くに飛ぶ。ただエネルギー減衰が激しく、装薬量が一定以上だと、重い大口径砲弾が
有利なケースも想定でけるもこ。
 同じ砲口初速でブっ放せるなら、大口径砲重量弾の優位は明らかもこが、投射手段にリソースが要る。同じリソースで、遠くまで、速く飛ばすなら、
小口径軽量弾を選ぶ必然性は生まれる。
 得られたリソースで、重いタマを撃ちたいのんが臼砲や迫撃砲で、速いタマを撃ちたいのんが高射砲や対戦車砲。でも遠くまで飛ばしたいなら、
ある程度の速さも要るし、威力を要求すれば重くなる。
 そんなこんなで、考えて悩んだ末に、この世には、えろんな砲迫が生まれて生きているのんだもこ。
 さぁ存分に愛でるが好い、なのんだもこ。


                      ; ''"^ ゛`^`'ヽ      んで、水陸機動団。
                  /  ;ミ ,, ̄▽ ̄,,彡      軽いもこなぁ。好くて即応性の高い事前予防展開部隊、といったトコもころうか。
                 /ヽ─‐ ; "`つ旦○' `; ~~~   そも、「その時」「彼らと」「コトを構える」心の準備はOK?
   ____─/]_/ ̄ ̄      `:.,_____,ゞ     「依らしむべし。知らしむべからず。」て・ゆ国民に対する姿勢は、政府、マスコミ共通の
__\__301_____ちどり________]_   日本の宿痾ではあるのんだもこが、いや、危ういハナシもこね。

380名無し三等兵2018/06/02(土) 23:09:21.20ID:jdhAwRS2
>>ぱぱ
通常談で最大射程37キロのMk45 Mod4 5インチ 62口径砲の寸法をそのまんま4倍にした
20インチ 62口径砲という架空の大砲@さすがに速射砲仕様ではない巨砲を誂えた場合、
確保できるであろう最大射程距離はどの程度のものになるのかなと思いまして。

前述のように弾丸の正面面積は4倍×4倍で16倍になるでしょう?
一方装薬(のエネルギー総量)は4倍×4倍×4倍で64倍になるじゃないですか?
従って単純計算では64÷16で4倍ですから、最大射程37キロ×4≒148キロという
考え方で良いのかなと?

もちろん、砲身も砲塔も縦横奥行きが各4倍なので、採算や製造能力とかを度外視して、
容積も重量も所要動力も64倍になることを許容するものとします。
ただ海水利用の強制冷却機構を用いても、さすがに毎分20発とかいう同じ発射速度の
ままでは砲身が温度上昇に耐えられなくなりそうな気がしますので、さすがにここは
いささか不本意ではありますが、半分の10発とか4割の8発あたりで辛抱します。

あと、甘えついでにもう1点教えて下さい。
これに、ズムウォルトの62口径 155ミリ AGSのような有翼展開式@ロケットアシスト
特殊砲弾を製造した場合、ロケット燃料や装薬の容積も64倍になりますが砲弾重量は
64倍になっても展開翼の面積は16倍にしかなりません。
このような特殊砲弾を製造・発射した場合の期待可能な最大射程距離はどの程度でしょうか?

381対潜臼砲 ◆htvb.2ZalY 2018/06/03(日) 23:25:34.39ID:eh/4N0Bf
 先ずは訂正もこ。
>MT-30GT発電機2基(計65MW)で20kt巡航しつつ3基の主砲塔を稼働する仕様
 主砲は即時待機状態で、全戦闘システムを稼働、もこ。

20in/L62の射程
 装薬の燃焼特性にもよるもこが、砲身長が4倍でしかない、て・ゆファクターも、あるもこ。装薬量の増加分を、同効率で砲弾に
伝達でけるかどうかは、ぱぱ、なんとも云えないもこ。
 でも、そのまんま4等倍したMk.45mod.4であるなら、たぶん、薬室が破裂するか、砲身が裂けるもこ。
 特殊砲弾については、到達高度やサステイナの燃焼時間とか、これまた難しくて、もこね。
 定年退職したら、えろえろ突き詰めてみるかも、もこが。
 定年が逃げてゆくの。70歳定年て・・・ぱぱ、そんなに長く、生きていられるもこかな。

 参考になるかどうかはアレもこが、<やまと>の主砲、560mm43口径砲のバヤい。
 通常砲弾の射程は約56km(30nm)。砲の強度上、腔圧を抑えたためで、「相手方が対応不能な遠距離から、破滅的な火力を
投射する」という戦略打撃護衛艦のコンセプトを満たせなくて破棄したもこが。

                      ; ''"^ ゛`^`'ヽ      概ね、兵器て・ゆのんは。
                  /  ;ミ ,, ̄▽ ̄,,彡      こんな兵器がでけたら、こう使うのになぁ、ではなくて。
                 /ヽ─‐ ; "`つ旦○' `; ~~~   こういうコトに使える兵器を作ってちょうだい、てな経緯で生まれてくるもこ。
   ____─/]_/ ̄ ̄      `:.,_____,ゞ     まぁ、「これに使うからには、出来るだけ早く、出来るだけ遠く」 て・ゆ
__\__301_____ちどり________]_   要求の仕方はあるにせよ、もこね。

382ふみ ◆Y.QUKJBduY 2018/06/05(火) 20:11:19.11ID:CUKHRXEa
>>380
>通常談で最大射程37キロのMk45 Mod4 5インチ 62口径砲の寸法をそのまんま4倍にした
>20インチ 62口径砲という架空の大砲@さすがに速射砲仕様ではない巨砲を誂えた場合、
>確保できるであろう最大射程距離はどの程度のものになるのかなと思いまして。

発射時に砲弾に与えられたエネルギーは、砲弾の重量と初速で出せます。大雑把ですが。

Mk45Mod4の最大射程時の仰角と初速の数値を放物線計算サイトに入れると、空気抵抗がない計算だと3倍
に伸びることも確認できるかと思いますので、2トンの64倍砲弾を想定射程150キロの三倍の距離を飛ばすの
に必要な初速も出せるかと思います。

その初速と64倍砲弾の重量からエネルギーを出すと、大雑把な目安でしかありませんが、Mk45Mod4の何倍
のエネルギーが必要なのかはわかるのではないでしょうか。そのエネルギーは、対潜臼砲氏がおっしゃられる
ように5インチ砲の4倍の長さしか無い砲身を通過する時間内で、砲弾に与える必要があります。

>64倍になっても展開翼の面積は16倍にしかなりません。

戦車砲のAPFSDSよりキツイ条件で蹴り出されて翼を展開できるくらいなら、その設計は砲弾というより極超音
速のミサイルでいいんじゃないでしょうか。2トンって長魚雷と同寸のトマホークより重いわけですし。

>>381
>でも、そのまんま4等倍したMk.45mod.4であるなら、たぶん、薬室が破裂するか、砲身が裂けるもこ。

前装砲にして、最新の冶金技術を用いた全長25メートル以上の青銅砲とするなら、あるいは。

383名無し三等兵2018/06/07(木) 16:18:42.66ID:LlrUfeFs
>>378
>>382
親切丁寧なご説明ありがとうございます。
62口径20インチ砲でもMk45 mod4 と同じ性状の装薬を、余計なこと一切考えずに64倍量使って、
薬室と砲身の強度が維持できるかについては目をつぶっていました(おい!
いざとなれば海水強制冷却でも、液体窒素でも何でも使ってやればいいんじゃね? などと
無謀なことをも考えてました。最悪でも薬室の板厚増やせばいけるかなと。。。
只、なぜか液体窒素は低温脆化の心配してやらなきゃいけないことだけは、社会生活(仕事)で
知っていました。 う〜ん、不思議。

ただ恥ずかしながら同じL62口径で同じ初速を与えることができるかという点には全く思い及びませんでした。
やはり直接日常生活で使う頻度は少なくても、物理や数学や化学も多少は勉強しておかないとダメですね。

<やまと>が積んでる三ッ葉葵の特殊砲弾は、作るのも保有するのも使うのもいろいろと差し支えが多そうなので、
威力は格段に低下しますが、「砲身伸ばしたグスタフとかドーラを積んで、装薬マシマシでMOB撃ち込んでやれば
いいんじゃねぇ!?」とか、アメリカ軍と全く接点の無い方のDARPA並の不遜なことを考えてました。 年甲斐もなく

384名無し三等兵2018/06/09(土) 14:35:02.01ID:x1rIiwoQ
白地に赤い三ツ葉葵の御紋がついていない通常兵器の枠内で、MOBのような大型の徹甲弾や、
さすがにクラスター爆弾同等とまでは言いませんが、300ミリ級MRLS程度の制圧面積を
確保可能な榴弾を、最低でも数百発投射可能な艦載砲ってどれぐらいの規模?

なお搭載する巨砲の数は不問、載せるフネの寸法・重量・予算も不問という条件で。

最低でも北朝鮮が保有しているKN-09を余裕でアウトレンジ可能なものでお願いします。

385対潜臼砲 ◆htvb.2ZalY 2018/06/10(日) 01:00:59.06ID:D+fhHY0L
 300mmMLRSに対抗するなら、米Mk.8 12in砲もころうか。ロケット・アシストなGPS誘導砲弾前提で、現代の技術でリファインでけるなら、相当のブツに
仕上がると思うもこ。仕上がりはすると思うのんだもこが・・・ね。

 基本、同一リソースで投射手段を整備する場合は、砲は総投射弾量でロケット・ランチャーを凌ぎ、限られた時間内での瞬間投射弾薬量では劣るもこ。
 一方で、リーズナブルかつ汎用性の高いVLSを投射手段とする"トマホーク"の存在を考えるのんであれば、大口径砲のプラットフォーム(つまり
砲戦用大型巡洋艦)を、新規開発するのんは、引き合うハナシになるのんか?て・ゆ。

                      ; ''"^ ゛`^`'ヽ      <やまと>を(冗談として)成立させている要件の1つは、そのスケールにあるもこ。
                  /  ;ミ ,, ̄▽ ̄,,彡      小型化、汎用化によって、実現性、実用性を高めようとしたなら、その瞬間に、既存兵器て・ゆ
                 /ヽ─‐ ; "`つ旦○' `; ~~~   厳しく淘汰されて生残した、歴戦のサヴァイバー達と比較されるもこ。
   ____─/]_/ ̄ ̄      `:.,_____,ゞ     たとい赤い葵の御紋がなかったとしても、3000m/s以上の速度で落着する5000lb弾頭は、大きな仕事をするもこ。
__\__301_____ちどり________]_   いやもう、炸薬代わりに水でも充填しとけば?て・ゆわれたくらいには。

386名無し三等兵2018/06/29(金) 16:00:04.64ID:l85U+Ou2
【断熱】って言い換えれば、どうやって表面の熱を奥まで届かないようにするかということでしょう?
(化学繊維でできた一般住宅用の断熱材では空気層を確保。溶鉱炉用等の耐熱レンガでは直接熱がかかる
部位用と背面用に使うもの用があるようですが、理屈はほぼ同じようです。)

で、いずも型にてF35B等を運用する場合、AV8シリーズとは比べものにもならない圧倒的な熱量を
吐き出すF35Bの排気熱から、鋼製の飛行甲板を守る=甲板の鋼板の上に耐熱空気層を確保する為に、
モルタルを塗って、上に耐熱塗料を塗るぐらいしか思いつきません。
でもその仕様では、排気熱に炙られた飛行甲板の表面に触れるゴム製タイヤまでは守りきれないと思います。
奥まで熱が届かない様に遮るってことは、逆にいうと熱を表面に留めておくってことですから。

「奥に届く熱を遮る」と「表面の温度を下げる」という相反する要求に加えて、エンジンに異物を吸い込ませない
ようにに「飛行甲板上には余計な物は極力置かない」という3つの要求を同時に達成できそうな仕組みって、
どのようなものが考えられますか?

CTOL機用のブラストディフレクターに、もう1系統別の配管をして、排気熱で炙られた金属表面に海水なり真水を
ガシガシ吹き付けるというものを考えてみましたが、良くて熱湯・おそらくはあっという間に水蒸気に化けてしまって、
ゴム製のタイヤでもなんとかなるような表面温度にはならないような気がしてなりません。

387名無し三等兵2018/06/29(金) 16:09:30.37ID:l85U+Ou2
補足
F135エンジンから吐き出す熱量量って、リフトファンからの排気でいくらかでも冷やされるとしても、
発着艦の際にタイヤにかかる衝撃で発生する熱量とは比較にならないほど大きいでしょう?

388名無し三等兵2018/07/11(水) 00:02:08.76ID:U6HhfZq2
ttps://www.armyrecognition.com/china_chinese_light_armored_armoured_vehicle_uk/zbd-05_zbd05_zbd2000_amphibious_armoured_infantry_fighting_vehicle_data_sheet_specifications.html
ttps://www.armyrecognition.com/china_chinese_heavy_armoured_vehicle_tank_uk/ztd-05_amphibious_assault_armoured_vehicle_technical_data_sheet_information_description_intelligence.html
PLAの05式のデータ、備忘録かねて。
大きさは、wikipediaのよりあってそうだけど、これで10人乗ってるとしたら、
砲塔の前後に4:6ぐらいに分かれて乗ってるのだろうか。

あと、ちょっとだけキソ車を思い出した。
あっちは走れないし、浮かばないというガラクタだったけど。

389名無し三等兵2018/07/14(土) 11:55:28.62ID:5LvF7Egn
>>388
もひとつおまけで、「鋼製コンテナに入らない」w

390名無し三等兵2018/07/14(土) 21:59:17.99ID:k6LA6r3q
>>389
もともと輸送性が云々とか、AAV7では高速の料金所を出入りできないとか言い出して
ボクチンの考えは素晴らしいだろうって始まった話だったから、盛大にズッコケた記憶が
あるなー。

391名無し三等兵2018/07/17(火) 23:18:50.98ID:N5dTqmkY
後先考えず、キソ車の横幅を鋼製コンテナの外寸目一杯にしちゃったものだから、
両側面の板厚分の寸法のことも、固縛用の余白も考えていなかったので、案の定
積み込むことさえできず。
仕方がないので、固縛用の余白をガン無視して、内寸スレスレの車体幅にしても、
入れる手段はありゃしない。
あげくに「超大型のフォークリフトで持ち上げて、コンテナに入れる(キリッ!」とか、
もうね・・・・・・。

入れるときは、入れるときで大変どころじゃないけど、コンテナ側面の鉄板と
密着しちゃってるキソ車、どうやって出すつもりだったんだろ?

392名無し三等兵2018/07/19(木) 22:21:41.46ID:9ryWdRn1
炎上芸人DARPAがいなくなってヤレヤレと思っていたら、両棲がその芸風を承継w

393ふみ ◆Y.QUKJBduY 2018/07/23(月) 00:26:06.13ID:7/w4Yagc
>>391
>後先考えず、キソ車の横幅を鋼製コンテナの外寸目一杯にしちゃったものだから、

コンテナの寸法をググっておきながら、一緒にでてくる「開口部の寸法」に全く気が回らないってのがね…。

394名無し三等兵2018/07/23(月) 09:39:49.23ID:ETyvI8JS
>>393
「水陸両用装甲車にキドセンの105ミリ砲を積んで、水中の機雷を片っぱしから平頭弾で撃破する!」とかいう
両棲大先生に勝るとも劣らない池沼特有のパワープレイですよね。


自分で引っ張ってきた三菱日立のコージェネプラント図面で、廃熱ボイラと復水器がどれぐらいの大掛かりな
設備になるのかということを全く読み取れなかった両棲大先生もたいがいなんだけど。

395名無し三等兵2018/07/24(火) 08:31:26.43ID:mGfhW5mX
小松がやらかした装輪式装甲車(改)の開発、素直に三菱に任せておけば良かったのに。
小松の試作車の方が「軽くて・小さくて・安い」っていうのが最大の売りだったはず。
それが装甲板の材質不良とか板厚不足で開発完了(予定)時期の延長ってことは、ド素人が
考えても、当初の試作品より「重く・大きく・高く」なるのがミエミエ。
重量と容積の増加が嫌なら、兵員室とか燃料タンクとかを圧縮するしかない⇒性能劣化。

毎度恒例の安物買いの銭失いなのか、なんらかの大人の事情でこうなったのかがすごく気になる。

396ふみ ◆Y.QUKJBduY 2018/07/25(水) 02:27:41.53ID:T0y4Scfk
>>395
>小松の試作車の方が「軽くて・小さくて・安い」っていうのが最大の売りだったはず。

装輪装甲車(改)の開発動機は政策評価書によると「もっと安全、もっと積載、もっと拡張、もっと防護」となる。
http://www.mod.go.jp/j/approach/hyouka/seisaku/results/25/pdf/jizen_01_honbun.pdf

>それが装甲板の材質不良とか板厚不足で開発完了(予定)時期の延長ってことは、ド素人が
>考えても、当初の試作品より「重く・大きく・高く」なるのがミエミエ。

大きく重くなるのは普通科が防弾チョッキを着るようになった時点で確定だったかと。普通科も嵩張るミサイル
をクルマに積んで歩くようになったわけだし。猫や飛脚がなんでも届けてくれるわけじゃない海外や島嶼防衛
であれば、積み込む装備の定数からしてもっと余裕をと言いそうだし。

>重量と容積の増加が嫌なら、兵員室とか燃料タンクとかを圧縮するしかない⇒性能劣化。

他所の国は単純に幅を広げて解決しているね。50センチ広げることで車高を下げつつ乗員+歩兵8名だし。

>毎度恒例の安物買いの銭失いなのか、なんらかの大人の事情でこうなったのかがすごく気になる。

幅の問題でしょ。三菱は機動戦闘車のファミリーを推したのだろうけど、そっちは幅3メートル。歩兵のどこに
でも湧いて出るという最大のメリットを、日本の道路インフラを支援部隊の車両も含めて最大限に活用するな
ら、幅2.5メートルの96式を発展させる小松のほうが良いと判断したのでは? 車両だけで見るなら、三菱のほ
うがバランスはいいけど、別に国内の道路だって20トン、25トンまでは大丈夫に作ってるし、多少嵩が増した
ところで、それでも4トン箱車より低いわけだし。

防弾については、本体安くするための拡張性というポピニカの超合金じみたギミックが足を引っ張ってるような。
試作車が20トン、三菱が海外睨んでる8輪装甲車で18トン。ドイツのボクサーが26トン、車両制限令だって25ト
ンなのだから、重防護バージョンはここらへんが目標なのでは? 重量に見合う防護力を発揮させる取り付け
や保持、そもそもの追加装甲の厚みを含めた形状とか日本でこの手のカラクリの前例は無きに等しいわけで。

397ふみ ◆Y.QUKJBduY 2018/07/25(水) 04:29:33.67ID:T0y4Scfk
>小松がやらかした装輪式装甲車(改)の開発

幅3メートル、重量が素で26トン、最大36.5トンのボクサーでやってるコレを、幅2.5メートル、重量20トン、車両
制限令なら25トンでやりたいわけじゃん?
https://thaimilitaryandasianregion.files.wordpress.com/2015/11/boxer-mrav-module.jpg
https://www.youtube.com/watch?time_continue=3&v=mn_WblYc4xk

これってメーカー選定が98年、プロトタイプの試験開始が2003年、ドイツ軍に納入が2011年なんよ? 計画の
発端ともなれば1990年まで遡るし。小松って試作車を受注してから3年だよね。

それと開発費。16式で量産単価の25倍、90式で30倍、10式で50倍。20倍くらいは突っ込んでいるよ、という話
であれば、単価は2億を割り込むくらいを考えていることになるけど、96式でも1億超えてたし、ボクサーならば
460万ドル、邦貨で5億円くらいする。100億はアレにしても、40億って値段自体、本気でこの値段で開発が完
了すると考えていたのかどうか。

モノにかかる費用ってのを考えると、期間3年、費用40億円でボクサーMINIが完成しない、コマツは無能、やら
かした草不可避って、違和感半端ないんだけど。

>素直に三菱に任せておけば良かったのに。

戦車と行動をともにするIFVなら戦車と同じ幅でもいいし、戦車を頼みたいときに戦車砲を積んだ装甲車が戦
車と幅が同じでも、戦車砲をかついできてくれるなら、まあそれは構わない、と。で、16式はそういう考えで幅
を決めているけど、これを2.5メートルに手直しできるかというと、無理というか2.5メートルのシャシーと足回り
を新規開発しなきゃいけないので考えるだけ無駄。3メートル案しか出してないらしいし。小松は2.5、2.75、3メ
ートルで出して、2.5メートルが採用されたと言ってるそうなので。三菱が任される可能性ってのは、なかった
んだろうなと。

398ふみ ◆Y.QUKJBduY 2018/07/25(水) 04:52:12.07ID:T0y4Scfk
あとはあちこちで白紙とか中止とか言ってるけど、言ってるのはいまんとこ共同通信だけだから。
トップが出張しても、小松含めて試作車突っ返し、突っ返されたことも報道発表している防衛省が防衛装備庁
が、事業の中止という税金の支出に絡むことをダンマリとか、おかしくない?

ちな共同はこういう記事を平気で書く。

「空母」運用機を本格検討 短距離離陸のF35B導入
https://this.kiji.is/317708664863835233

>政府関係者への取材で分かった。

実際は。

Q:壊滅的な破壊をもたらさないような防御型の空母でしたら保有できるというお考えなのですか。
A:現在、空母というのは、わが国は保有しておりませんので、またF−35Bの自衛隊への導入についての具
体的な検討もないということですので、仮定の御質問にはお答えは差し控えさせていただきます。
Q:仮定の質問ではなく、具体的に検討されているから聞いているのです。
A:従前からお答えをしているとおりでございます。
http://www.mod.go.jp/j/press/kisha/2017/12/26.html

陸自の新型装甲車が白紙に コマツ開発、防弾性能満たさず
https://this.kiji.is/375560802403124321?c=39546741839462401

>複数の防衛省関係者への取材で分かった。

6月のアタマの話なのに、いまだに役所もメーカーも何も言ってない。

>鈴木良之防衛装備庁長官が既に小野寺五典防衛相に報告し、了承された。

事実なら、議会や政府に報告してないってことで大問題なんだけど。そっちのほうが重要じゃない?

399名無し三等兵2018/07/26(木) 17:40:09.16ID:SW/WuxUZ
>>396
もはや96WAPCの時点で、幅は2.5mスレスレの2.48mだったでしょう?
で、96WAPCでは小さい・狭いってことで、拡張しなきゃいかんってことで新製品を検討することに
なったわけじゃないですか?
どのみちタロチンも大好きだった幅2.5m未満っていう制約下では、満足な性能が確保できないという
前提条件で検討せざるを得ないのであれば、素直に幅3mのMHI品で良かったのではないかと思う次第。
キドセンでの実績もありますし、部品を多少なりとも流用できれば、新しいジグや金型での出費も減らせて、
納入業社も運用する現場も楽になるんじゃないでしょうか?

ただ、そうなると幅3mのボクサーしかり幅2.8mのパトリアしかり、海外競合車が存在してしまうため、
(しかもパトリアに至っては限定的な浮航性まで具備)、パトリアよりも気持ちだけでも小さな新製品を
創り出さなきゃいけないとかいう事情でもあったのかなと?
日本での使用に当たって、「こちらの方が使い勝手がいいから」などという理由で、勝手に改造しちゃうと、
パテントでいろいろ制約がかけられたり、魔改造が許されないっていうこともあるかもしれませんが。。。

下衆の勘ぐり過ぎでしょうか?

400名無し三等兵2018/07/27(金) 19:07:27.35ID:lY0IkfdC

401名無し三等兵2018/07/27(金) 20:07:49.69ID:wj6D0Dr1
あららら。
小松ギブアップしちゃったの?

採算が合わなかったのかな?
それともハードルが高すぎたかのかな?

402ふみ ◆Y.QUKJBduY 2018/07/28(土) 04:57:47.39ID:CvEKUT5b
>>399
>どのみちタロチンも大好きだった幅2.5m未満っていう制約下では、満足な性能が確保できないという
>前提条件で検討せざるを得ないのであれば、素直に幅3mのMHI品で良かったのではないかと思う次第。

政策評価書によると、装輪装甲車(改)が(予定通りに)完成した暁には。

>試作を完了した試作品により、装輪155mmりゅう弾砲の開発に、十分に活用されることが見込まれる。

はずだったとか。でもシャーシ違うのにどう活用されるのかはさっぱり。
http://livedoor.blogimg.jp/oy1982/imgs/7/d/7d9caf29.jpg

>日本での使用に当たって、「こちらの方が使い勝手がいいから」などという理由で、勝手に改造しちゃうと、
>パテントでいろいろ制約がかけられたり、魔改造が許されないっていうこともあるかもしれませんが。。。

この報道が事実なら「勝手に改造」ではないのでは? と。

According to the German website hartpunkt.de, defence industry insider sources claim that the Japanese
military requested informations on the performance of the Boxer MRAV, specifically regarding its armor
protection and modularity.
https://below-the-turret-ring.blogspot.com/2017/10/the-market-for-wheeled-8x8-is-not.html

ボクサーの防護能力とモジュールのギミックの情報提供を求めたというのであれば、あの試作車はパテント
を買って幅2.5メートルに押し込もうとしたのかな、と。47億の予算のうち試作車で19億かかったのは、それが
理由なんかいなあ、と。小松にブツ作らせるというより、小松の設計陣の拘束料な気が。

403ふみ ◆Y.QUKJBduY 2018/07/28(土) 04:58:32.51ID:CvEKUT5b
>キドセンでの実績もありますし、部品を多少なりとも流用できれば、新しいジグや金型での出費も減らせて、
>納入業社も運用する現場も楽になるんじゃないでしょうか?

ボクサーや三菱がマインブラストレジスタントシートなのに小松はベンチシートとか、ないわーと思いますが。
https://www.army-technology.com/wp-content/uploads/sites/3/2017/09/7-boxer-mrav.jpg
https://gazou.futabahokanko.com/2017/07/c28346b7176d91028f3b9dc154ca203e.jpg
https://gazou.futabahokanko.com/2017/07/bce589f2fc911f13067247b13a608b9a.png

ボクサーのモジュール式のアレは、シャシーと箱の間に敷く装甲板があって、それをアップデートできるのだ
とか。モジュール化を要件にされたら、ファミリー化の大前提である「共通シャシー」が新規設計になるという。
ボクサーみたいなモジュールやって、というのは、小松じゃなくて官が言ってるような気がします。

つか、10年前に40ミリのこういうの作ってますが、操縦席が1軸目より前とか、どっかで見たような。
http://www.mod.go.jp/j/approach/hyouka/seisaku/results/20/jigo/sankou/09.pdf
http://img01.militaryblog.jp/usr/n/e/w/news/Japan-ATLA-unveils-New-Gen-8x8-APC-made-by-KOMATSU-002.jpg

404名無し三等兵2018/07/28(土) 05:01:08.63ID:d6l/pinr
車幅2.5mもベンチシートも自衛隊側の要求でなんでもコマツ悪玉論は良くない

ベンチシート採用理由は耐爆座席とちがって物置にしたり横になることができるからでは?
国内で使ってる分にはIEDの脅威はないし海外派遣の時に交換すればいい
IWAPCは耐爆座席の採用そのものには対応してるのでこれはユーザーの選択

405ふみ ◆Y.QUKJBduY 2018/07/28(土) 05:03:21.79ID:CvEKUT5b
>パトリアよりも気持ちだけでも小さな新製品を
>創り出さなきゃいけないとかいう事情でもあったのかなと?

こういう話があったみたいです。
https://togetter.com/li/1075311
https://pbs.twimg.com/media/C3Pf7UfUoAEbINJ.jpg
https://pbs.twimg.com/media/C3PothAUEAASb3H.jpg

新型の装輪装甲車が96式やトラックと同様に申請なしで一般道でも高速でも走れるなら、これほど楽な話は
ないですから。別立ての重装輪回収車も15榴も2.5メートルだし、APCも指揮通信車も偵察警戒車もファミリー
にして全部2.5メートルで納めたかったんだろうな、と。10年ちょい前なら、それでいけると思ってたんでしょうね。
http://www.armourbook.com/uploads/forum/images/1348065946.jpg

2003年以来、ハンヴィーやM113がIEDにボコられて、2007年ごろから億ドル単位でMRAPをイラクに注ぎ込ん
だのに、2008年にはそれらもふっ飛ばされるようになって、防衛省でもヤバイって話が出てきた、と。
http://www.mod.go.jp/atla/research/gaibuhyouka/pdf/CounterIED_23.pdf

国防総省はA mine blast resistant seat conceptで2005年に契約してるみたいですが。
https://www.sbir.gov/sbirsearch/detail/296122

406対潜臼砲 ◆htvb.2ZalY 2018/08/01(水) 01:58:36.31ID:tyfW2fFT
.    l   /    .l          l l   l_,===キ=ll"l  /´,,,,\.l l .l゙゙'==メ、,,,,  l   l  
.   l   イ.i    l          l ._レ―ナ  ___l l l十     l.lーl  ./  ~゙゙=l、,,, .l.l 
   l   /l .l    .l         .-ナ~ .l--l-ニニ―--ナ l.l l     .ll .lナ /,,,--、_  .l ''''ナ  
   /  / l .l     l          .l  レナ彡''' ̄ ̄~'''lミl l l     l  l彡/'''~ ゙̄'''ヾミl  l l 
  /  / l {    l.l          .レ彡.l l   ,,,,、   l l .l.l       .l ./   __   .lヾメ、l  
  l  / .l l    .l l        /レ  リ  .イ.ll }   リl ll       l /   /iiヽ  l .l.ヽl 
.  l  /  l l   . l .l     i   \〈      ゝ."   ノ l       .レ   .ゝノ   リ .l 
  l ./   l l    .l .l      ',   `l          ノ         ヽ          l  
. l /   l ',   .l l      .',    lヽ       ,/ 彡       =ミ_ヽ、        l 
 l l    .l l',   l  l      .',   l ミミ゙ー-―"               `‐----- " l 
 l .l    l l l   .l  .',      ヽ   l                l           -‐´l 
 l/    .l l .l   l  ',      ヽ  l                             l 
 l     l l l  l   ',      lヽ  .l                            l 
 l     l l  l  .l   ',      l.ヽ  lヽ          .r-==―-、          l 
 |     .l l  l .l    .l      l .ヽ l ヽ       く`" ̄ ̄ `┘) ,       /

407名無し三等兵2018/08/01(水) 23:50:25.55ID:dWoZV90e
>>406
ぱぱ、ざまぁwww

長々留守にしてるからですよw

408対潜臼砲 ◆htvb.2ZalY 2018/08/05(日) 01:22:54.30ID:XoGf/vsQ
 さて、どっから再開するもこか。

>奥まで熱が届かない様に遮るってことは、逆にいうと熱を表面に留めておくってことですから
 そじゃなくて、甲板に吸収されなかった熱エネルギーは、周りの大気中に逃げるのだもこ。排気熱が、甲板に全て吸収されるまで、ソコに止まり続ける
ワケではないもこよね?まして動くフネの上では、排気熱のエネルギーは、多くが吹き払われてしまうのんだもこ。
 んで、F-35Bの場合、リフトファンの流量が大きく、燃焼排気を吹き飛ばしてしまうんで、"ハリアー"より甲板への熱ダメージは小さい、と聞くもこ。
(一方、海兵隊が急造する前進飛行場ではFOD対策が大変とか。ダメージ喰うのんは、エンジンより周囲のヒトやモノだそうもこが。)
 また、F-35Bは、垂直着艦な"ハリアー"と違い、短距離着艦がでけるもこ。この場合、甲板の一点が炙られ続ける、て・ゆ事態は、避けられるもこな。
 あと、熱伝導率の比較的高い鋼製甲板もこが、大重量の艦載機を運用する航空機運用艦の場合、厚みもそれなり、広さも結構あるもこ。炙られた甲板の熱は、
周囲の"冷えた"鋼製甲板に伝導し、拡散されるもこ。
 あと、艦載機用タイヤ。並のゴムでは、でけてないもこ。
 えろえろ投げっぱなしのレスで申し訳ないもこが、少しでも参考になれば、と願いますもこ。

                      ; ''"^ ゛`^`'ヽ      そーいや、ぱぱ世代にとっては、甘く切ない過去の思い出のヒト、旧ソ連重航空巡洋艦<ミンスク>。
                  /  ;ミ ,, ̄▽ ̄,,彡      あのフネの飛行甲板には、8つの発着スポットがマーキングされていたんだもこが、Yak-38の
                 /ヽ─‐ ; "`つ旦○' `; ~~~   排気による焦げ跡が、8番スポットにしか付いていなかったコトが話題になったものもこ。
   ____─/]_/ ̄ ̄      `:.,_____,ゞ     つまり、<ミンスク>は、8番スポット以外では、Yak-38を運用でけないんじゃないか、て・ゆ。
__\__301_____ちどり________]_   やっぱVTOL機の運用って、ナニか特別な艤装を必要とするんでは?と思わせるハナシでは、あるもこね。

409ふみ ◆Y.QUKJBduY 2018/08/05(日) 04:02:13.10ID:9N+dJ8gr
>んで、F-35Bの場合、リフトファンの流量が大きく、燃焼排気を吹き飛ばしてしまうんで、"ハリアー"より甲板への熱ダメージは小さい、と聞くもこ。

ハリアー対応のLHAでF-35Bを運用したら、熱で甲板が歪んだそうですが。
強襲揚陸艦ズは順次、F-35B対応のために改修工事を行うことになっていて、新造艦でさえ
完全に対策したのはアメリカ級3番艦のトリポリからで、アメリカでさえ要改修なのだとか。

>あと、熱伝導率の比較的高い鋼製甲板もこが、大重量の艦載機を運用する航空機運用艦の場合、厚みもそれなり、広さも結構あるもこ。

夏場に台所の床で寝っ転がってるイメージですな。ただ、それで涼しいのは床に与えられる
熱量が、絶対的な温度でも総量でも床が蓄えられる熱量に対して圧倒的に少ないためなの
で、F-35Bだと冷えた鉄板で涼むというより、冷えた鉄板にガストーチと言った風情に。

>つまり、<ミンスク>は、8番スポット以外では、Yak-38を運用でけないんじゃないか、て・ゆ。

LHAは7番スポットと9番スポットが甲板下の桁材増やしてF-35Bの着陸用になるのだとか。
https://nationalinterest.org/blog/the-buzz/the-stealthy-f-35b-will-change-amphibious-warfare-forever-16375
5年前くらいのNAVAIRのサイトでも「究極的にはどんだけ蓄熱できるか」が問題で、サンアン
トニオ級とかのドック型揚陸艦だと、LHAはより不利だ、とあったような。

V-22もレザーネックの乗り込みをアイドルで待機していると甲板痛めるから、30分以上かか
るならエンジン切れと言ってるらしいですし。

410ふみ ◆Y.QUKJBduY 2018/08/05(日) 04:03:38.48ID:9N+dJ8gr
ハリアーも基地祭でも展示しているAM-2マットからVTOさせたら、表面温度は華氏で426〜
578度だったとか。機体表面も華氏400度になるからJSFには熱に強い塗料を考えよう、と。
https://fas.org/man/dod-101/sys/ac/docs/av8bvtol.pdf

>んで、F-35Bの場合、リフトファンの流量が大きく、燃焼排気を吹き飛ばしてしまうんで、"ハリアー"より甲板への熱ダメージは小さい、と聞くもこ。
>(一方、海兵隊が急造する前進飛行場ではFOD対策が大変とか。ダメージ喰うのんは、エンジンより周囲のヒトやモノだそうもこが。)

100フィート四方のAM-2パッドの重量は30トン。運ぶのも設置するのも修理も面倒。ハリア
ーとF-35Bの排気温度は差がなくて、コンクリ舗装してもコンクリの水分が逃げる前に沸騰
させて表面が割れて剥がれてフレーク状になって飛んでいくのだとか。
http://aviationweek.com/defense/opinion-f-35b-vertical-landings-doubt-uk

AM-2パッド敷き詰める→無理。VLをコンクリ舗装→無駄。早急に1500メートル級滑走路を
持つ地方空港を抑えないと、ヘリ積んだLHAからじゃ6機のF-35B運用がせいぜい、と。

411名無し三等兵2018/08/05(日) 15:25:02.72ID:PMd4kmck
>>410
1.排気温度そのものは、AV8もF35Bもそう大差はない。
2.でも、排気量は段違いにF35Bの方が多い。
3.その結果、大気による冷却効果や飛行甲板の蓄熱量で対処できるレベルを越えている。
こんな理解で概ねよろしいのでしょうか?

412対潜臼砲 ◆htvb.2ZalY 2018/08/05(日) 23:32:37.99ID:XoGf/vsQ
 対処レベルを超えてる、ぢゃなくて、対処でけるレベルでの運用になる、て・ゆハナシに、なるんぢゃないもこかな?
"どんな運用を想定するか"によって、えろえろ違うハナシになるもこ。
 現にLHDでのF-35B運用が企図されているなかで、F-35Bの運用が物理的な困難に直面している、て・ゆのなら、さて、ナニが困難なのもころ?
 いや、現実に解決に動いてるのんだもこから、口出しすんな、てなハナシでは、ないもこ。実際、えろえろ大変みたいだもこ。

 ぱぱが聞く限りでは、F-35B対応改修は、運用重量がほぼ倍化するF-35Bに対応した甲板強度、てなハナシも在りはしたもこが、喧しかったのんは、
情報共有機能、多種多機能に渡る装備と搭載品の整備管理機能の強化て・ゆあたりのハナシだったもこ。
 まぁ重さだけなら、CH-53に比べれば、なのんで、熱による甲板強度の脆化に考えが及ばなかったのんは、恥ずかしい限り、もこ。

                      ; ''"^ ゛`^`'ヽ      こんなハナシになるのんも、例の"ライトニング・キャリアー"論の余波なのもこかな。
                  /  ;ミ ,, ̄▽ ̄,,彡     住人諸氏は、もう気付いてる(て・ゆか、とっくに知ってる)もころう。"ライトニング・キャリアー"と
                 /ヽ─‐ ; "`つ旦○' `; ~~~  正規空母の運用能力の差が、決して搭載"可能"機数の比だけで割り出せるものではないコトを。
   ____─/]_/ ̄ ̄      `:.,_____,ゞ    ふみ氏の>409にも、興味深い示唆が在るもこ。
__\__301_____ちどり________]_  一方、我が<いずも>級の明日は・・・さて。(誰か教えて、なのだもこ。)

413対潜臼砲 ◆htvb.2ZalY 2018/08/17(金) 23:30:40.50ID:W/v87B8X
 再開でけると思ったら、また無沙汰したもこ。
 上見て思うのんは、将来装輪戦闘車構想ののユメノハテ、もこな。
 ところで、NBC偵察車ベースで指揮通信車とか救急車とか、でけんのですもこかね?

 装輪装甲車(改)については、仕様の整理が必要ではなかったのかなぁ、とか。もうファミリー化しようにも、大したヴァリエーション残ってないもこよ。
自走架柱橋車も、野外炊事具車も、装輪自走15榴のベース車台になったMANトラックの方が向いてるもころうし(そも野外炊事具って・・・)。
>404氏御指摘の通り、IED対応なんて、海外任務等のニッチなニーズしかないもこし、既に専用車両も購入してるもこ。それで不備があるなら、
海外から新製品を導入した方が早いもこ。ただでさえ乏しいリソースを割いて、情報収集し、研究/開発し、実用化したところで、少数生産に甘んじる他なし、
とか、ヤってられるもんじゃないもこね。

 それにしても、装輪自走15榴。重装輪回収車ベースでなかったのんは、残念もこ。主に見てくれが。

                      ; ''"^ ゛`^`'ヽ      陸ネタで、もひとつ気になるコト。
                  /  ;ミ ,, ̄▽ ̄,,彡     対戦車ヘリコプター隊もこね。とにかくもカタチだけは維持しているのんは、将来陸自航空の
                 /ヽ─‐ ; "`つ旦○' `; ~~~   変革を見据えてのリソースの確保だとは、思っているのんだもこが。でも、どうする?なのだもこ。
   ____─/]_/ ̄ ̄      `:.,_____,ゞ   
__\__301_____ちどり________]_   少なくとも戦闘ヘリは、せめて無人機化しないと・・・とか思ってはいるのんだもこが・・・・・・

414名無し三等兵2018/09/07(金) 12:30:17.11ID:HQdv84/G
スミキンこと文谷(元)三佐がF35Bを賞賛し、複雑で高くつく蒸気カタパルト(あと電磁式カタパルトもだったかな?)で
E2やE18を運用しなくても、フライホール式とか内燃式のカタパルトでも対応可能とか言ってましたが、20トンを越える
大型の航空機を飛ばせるものなんでしょうか?

415対潜臼砲 ◆htvb.2ZalY 2018/09/19(水) 20:04:10.70ID:6J29m9ER
 フライホイール式なんて、ごく初期に淘汰された方式もこが、なんらかのブレイクスルーでも、あったのもこかな。

 文谷氏が提示した、て・ゆからには、何らかのリソースがあるのんだもころうが、有人航空機用の実証試験機の存在は、寡聞にして知らないもこね。
ふみ氏なら、知っているのもころうか。
 今から試作機を設計、製造して、そっから実用化まで漕ぎ着けるまでのテマとカネとヒマを、どんくらいだと見積もったのんだもころうか。

                      ; ''"^ ゛`^`'ヽ      内燃式って・・・呉式?
                  /  ;ミ ,, ̄▽ ̄,,彡     
                 /ヽ─‐ ; "`つ旦○' `; ~~~    フライホイール方式とか内燃式とかが、蒸気式や電磁式より簡単だとか、ホントもころうか。
   ____─/]_/ ̄ ̄      `:.,_____,ゞ    基礎的な原理だけなら、蒸気式も電磁式も、いたって単純なのもこが。
__\__301_____ちどり________]_   実装てなると、えろえろ違ったハナシも出て来るのんだもこがね・・・

416ふみ ◆Y.QUKJBduY 2018/09/20(木) 04:41:45.86ID:RocVMZ2O
>>414
>フライホール式とか内燃式のカタパルトでも対応可能とか言ってましたが、20トンを越える
>大型の航空機を飛ばせるものなんでしょうか?

電子化されていないのでタイトルだけですが。

フライホイールを使って7万ポンドを射出するブリテン設計、1940年。
Note on the general design of a flywheel catapult for 70,000 lb aircraft
http://discovery.nationalarchives.gov.uk/details/r/C10818270

Fighters Over the Fleet: Naval Air Defence from Biplanes to the Cold War によれば。
戦時中ファーンボロ(の王立航空研究所)がカタパルトの能力を上げようとフライホイール式にも
手をだしたけどジェット機を射出するのにちょくちょくパワーが足らないんで諦めたよ、とのこと。
で、1944年にV1の発射ランプ(カタパルト)がヴァルター機関の燃料で作ったガスで動作している
ことを知ったCCミッチェルさんが「じゃあ蒸気でもで作れなくね?」とスチームカタパルトを思い立
ったという。終戦で予算がつかなくなって開発は遅れたんですけど。

>>415
>内燃式って・・・呉式?

米海軍は核爆弾積んだ艦上爆撃機のために10万ポンドの射出能力がほしくて、BuAer(海軍航空
局)は1.油圧の改良、2.シリンダーに溝のあるカタパルトの開発、3.電磁カタパルトの三案から、
「シリンダーに溝があるカタパルト(slotted cutapult)」を選んだという。なんで持って回った言い方
をするかというと、シリンダーを押すガスに火薬だのV1のカタパルトみたいな燃焼ガスも考えてい
たからという。これをユナイテッド・ステーツに載せるつもりで、1948年には火薬式に決定してワシン
トン海軍工廠に発注までかけていた、と。起工5日後でしたっけ、建造中止は。

417ふみ ◆Y.QUKJBduY 2018/09/20(木) 04:44:22.49ID:RocVMZ2O
エセックス級はC11、フォレスタル級はC11とそれよりでかいC7の混載だったりC7だけだったりキテ
ィホーク級からはC13だったりしますが、エンタープライズのときにもっぺん内燃式にチャレンジし
ていたとか。ロケットの酸化剤とかJP5と圧縮空気を燃焼させて、それに水ぶっかけて蒸気を作る
C14というのがあったらしく、パワーだけならスチームカタパルトより上だったそうで。でも毎回きっ
ちり同じ射出速度にする、というのができなくてお蔵入り。
しかし現代の技術なら50年代にできなかった制御もできる、というのが↓の記事に。
米海軍がEMALSに全ベットする前、98年くらいまでは内燃カタパルトも研究されてたとか。
https://www.globalsecurity.org/military/systems/ship/systems/iccals.htm

EMALSはニミッツ級にフィッティングできないけど ICCALS( Internal Combustion Catapult Launch
System )はできる、能力上がる、蒸気不要、軽くなる、安くなる、というセールストークはこちら。
https://www.reddit.com/r/GlobalPowers/comments/680gnc/rd_internal_combustion_catapult_aircraft_launch/

>フライホイール式なんて、ごく初期に淘汰された方式もこが、なんらかのブレイクスルーでも、あったのもこかな。

フライホイールに繋いでキネティックに飛行機を引っ張るという意味でのフライホイール式はありま
せんが、フライホイールに溜めたエネルギーが飛行機を引っ張る、ということであればEMALSもフラ
イホイール式になるのかしらん? 4台のディスクオルタネータが6400RPMまでぶん回されてそれぞ
れ121MJをストレージして81.6MWを出力するとか言ってるので。

ガスもオイルも使わないからパッキンもシリンダーもいらなくて軽い、ということでフライホイール式の
UAV用カタパルトとうのはあるみたいですが。空母用に研究しているのは見当たりませんでした。

google特許をみると、ここ10年くらい、中国での蒸気カタパルト関連の特許がすごいことになってるつ
いでに、直径10メートル重さ100トンのフライホイールを使うとか、油圧とレートの違うスプリングを何種
類も使って射出するとか、別の意味ですごいアイデアもいっぱいあるという。

新着レスの表示
レスを投稿する