【海軍】局地戦闘機雷電その5

レス数が900を超えています。1000を超えると表示できなくなるよ。
1名無し三等兵2018/05/17(木) 19:10:14.89ID:pFpS4CIJ
第二次大戦中局地戦闘機雷電の機体・戦技・戦術・戦歴を語るスレです。出典明記が必須です。

前スレ
【海軍】局地戦闘機雷電その4
https://mevius.5ch.net/test/read.cgi/army/1478414268/

860名無し三等兵2018/08/03(金) 23:21:47.73ID:Wplk+VId
またクソコテの妄想かよ

861名無し三等兵2018/08/04(土) 00:36:45.83ID:8+dsrZXr
>>845
99艦爆に積まれてたのも知らないバカ

862ごっぐ ◆SOYz4k.5rc9j 2018/08/04(土) 01:06:10.34ID:GIvF1lMT
いや誰が言い出したお話だよ>零戦は当初から栄

説得力ないだろ。

863名無し三等兵2018/08/04(土) 02:49:07.73ID:MdREiRyM
零戦しかり、雷電しかり、烈風しかり
流線型にこだわる堀越技師が直径のでかい金星換装なんぞ想定してるかアホ

864ごっぐ ◆SOYz4k.5rc9j 2018/08/04(土) 03:14:38.49ID:GIvF1lMT
三菱の戦闘機が最初から他社のエンジンを積むというよりはなあw。
瑞星は出来たばかりのエンジンでも金星はその前に出来てたんだし。

865ごっぐ ◆SOYz4k.5rc9j 2018/08/04(土) 03:15:33.40ID:GIvF1lMT
んで誰が言い出したオハナシなのよと。

866名無し三等兵2018/08/04(土) 03:24:29.45ID:6KA2Mmgh
まあA6Mは中島と競作になるはずだった機体だしな
要求書に発動機の指定はないし、三菱が中島の発動機積もうとは思わんだろうなぁ

867名無し三等兵2018/08/04(土) 07:09:10.77ID:0Tnzziqh
第一次大戦後、大馬力の航空エンジンと言えばイスパノスイザ液冷が王者で
せいぜい400馬力〜500程度だったが、イスパノの伝統でばつぐんの軽量を誇った
運動性を重視する飛行機にとって重いエンジンは意味がない

米国ライト社は長くイスパノ液冷コピーを販売してこれはよく知っていた
フレデリックレンチュラーはこの状況に不満を持ち空冷エンジンでイスパノを超える
大馬力でかつ軽量のエンジンを設計していた
ただし、レンチュラの空冷エンジンは鍛造アルミの削り出しという手のかかるもので
ライトの経営者は工作機械を買うコストを懸念して却下しレンチュラは退社した

しかし折しもアメリカ海軍が、リンドバークの大西洋横断で使用された空冷エンジン
に関心をいだき、海軍は工作機械メーカーP&Wにめいじて
レンチュラに資金と工場と工作機械を無尽蔵に提供することを決定した
これが航空エンジンのプラットアンドホイットニー社であり、600馬力以上のワスプエンジン
700馬力以上のホーネットエンジンと、次々にヒットを飛ばす

ワスプエンジンといえば世界中でコピーされ、ホーネットは日本がライセンスし「明星エンジン」
となり金星エンジンやBMW801に影響を与える名機である

868名無し三等兵2018/08/04(土) 07:43:28.28ID:0Tnzziqh
プラットアンドホイットニーのエイモス・ホイットニーはフライス盤の発明者
イーライ・ホイットニーの子孫であり
フライス盤(ミーリングマシン)の目的はまさに銃の製造でプラットアンドホイットニー社
は北軍に多数の銃器を供給し、伝統的に軍のつながりは強かった

アメリカのライト・サイクロン・エンジンの冷却フィンは鍛造アルミの削り出しだったが
時間と手がかかる代わりに、当然ながら安定した性能を発揮した

アルミ削りだしを多用して手間とコストがかかる空冷エンジンはまさにP&W社にとっても
工作機械の販売、さらなる飛躍をももたらす物だった
中島の誉はこれをなんとかできないかとアルミの薄板を鋳込む方法を取り
これがうまくいかないとアルミ鋳造になり、フィンはもっさりとして冷却効率は落ちた

869名無し三等兵2018/08/04(土) 08:26:18.19ID:0Tnzziqh
さて三菱航空エンジンは「V8の三菱」と異名を取り
イスパノ・スイザとの資本関係も深く、液冷エンジンに熟達していた
だが突然、これからは空冷一本でいくと方針変更した

「液冷はシリンダーブロックやクランクなど大型の鋳物が多い
星型は小さい鋳物でですみ、これを増やしていけば14気筒、18気筒になる」
現場は割り切れぬものを感じたが、おそらく金星を指導した深尾取締役の自信でもあったろう
イスパノ12Yは36リッターのうえ軽量で高信頼で、ソ連など大戦中ずっと使われたのだから
もちろん日本とてダイムラーよりもいい選択だった可能性はある
ソ連では2バルブのターンフローのヘッドを独自に4バルブ・クロスフローに改良して充填効率をあげようとしたが
整備性が悪化したうえ信頼性も低下してハ40以下の壮絶な失敗作となる
というのは、クリモフはポリカルポフ・イ17のために輸入したイスパノ12Yを改良したので本家の援助は
期待できなかったからだ
イスパノ・スイザの本家はとっくに4バルブの12Zを完成させており、資本関係にあった三菱は
ソ連が渇望したイスパノの4バルブを合法的に買うことができる立場にあった

870名無し三等兵2018/08/04(土) 08:59:44.59ID:0Tnzziqh
プラットアンドホイットニーのホーネットがそれほど魔力があったともいえる。BMWもこれにとりつかれて空冷に走る
自社のBMW液冷V12の開発をやめ、ソ連ではミクーリン1700馬力に改良、搭載したシュトルモビーク襲撃機は
「黒死病」とされてドイツ兵士から恐れられた

BMW液冷V12は47リッターもある大排気量エンジンであり、スカイレーダーのデュプレックサイクロンに迫る
今でもドイツ人はFw190は空冷BMWでなくおなじ1700馬力のコレをつめばよかったのでは・・と疑問に持ってるという

BMW液冷V12はダイムラーが完成する前はハインケル51式主力戦闘機のエンジンとしてもちいられていたが
巨大な正立Vのため視界が悪く倒立Vにしたらパイロットの好評を博した
そうこうしてるうちに英空軍がスピットファイアの量産発注をかけて、このニュースに「ドイツとしても対抗手段をとる」
必要があり手元にあった試作機で一番値段の安いBf109をウーデッドが絶賛して制式採用された
ウーデッドはさらに駆逐機110にいれこんだがBOB失敗を追求され自殺
エアハルト・ミルヒは実権を握り、ウーデッドの無能のおかげで技術停滞は二年に及んだと語り
メッサーの生産工場に、新鋭機Fw190へと転換を命じる。おかげでBMWはようやく戦闘機エンジンに返り咲く

871名無し三等兵2018/08/04(土) 11:03:55.96ID:uoBiiTkd
はいはい無駄な長文はチラ裏にどうぞ

872名無し三等兵2018/08/04(土) 18:21:02.98ID:fEQsUEim
零戦の2/3は中島(現スバルなど)謹製なのは事実だがねw

873名無し三等兵2018/08/04(土) 22:46:55.78ID:8+dsrZXr
長文バカはだつおと言い基地外ばっかだな
400馬力なんてWW1達成したエンジンが幾つかあるのも知らないとか
無知にも程がある

874名無し三等兵2018/09/11(火) 21:57:48.47ID:ckzupIfL
零戦のロールは21型で悪さが問題視されて32や52では改善されてるって話あるよね。

普通に解釈したら改善された52では米戦闘機と互角ないしそれ以上の性能があると思うだろうが、
戦闘機として最低限の機動性に欠けるレベルのロール性能だったから問題にされたのであって
改善後も米戦闘機に劣っているには変わらない(重視してないからそれで問題ない)こともありあるよね。

875名無し三等兵2018/09/12(水) 12:13:49.55ID:SpZiQsJu
だったらなんなんだろうな
米軍機は! しゅごいロールで! 日本機なんかずばばばーん!!!
とか?

876名無し三等兵2018/09/16(日) 01:20:17.02ID:68ziYLla
日本軍の飛行機評価が信用できないんだよな。

雷電が敵戦闘機相手に戦えないって評価でも戦闘機に必要な機動性に欠ける欠陥機ではなく、
単にライバルのヘルキャットやコルセアが高性能で雷電の長所である速度や上昇力でも優位性がないだけで
エンジン出力と機体サイズからしたら何も悪い性能じゃないじゃないかと疑う。

877名無し三等兵2018/09/16(日) 01:30:54.89ID:68ziYLla
だから零戦のロール改善の件でも
日本戦闘機が重視してないというロールが改善されたと聞いて
重視してないのによほど問題があったから改善された(でも敵戦闘機に劣るには変わりない)と邪推してしまう。

878名無し三等兵2018/09/16(日) 01:55:44.88ID:LKeTYHfZ
中高度以上で戦えないP-39は零戦にボロ負け
ところがソ連にレンドリースされて低空番長としてドイツ機相手に大活躍。
戦場に投入されたP-38は日本機相手に低空で格闘戦を挑んでペロ八と揶揄される始末。
ところが高速を活かした戦術機動を取るようになって陸軍機でもっとも日本機を撃墜した戦闘機になった。

戦闘機の性能評価ってのはそういうものだ。
数字並べるだけでは戦場で意味がなく、相対する敵機を打ち破る性能が求められる

879名無し三等兵2018/09/16(日) 04:43:10.21ID:RiAZ4oxU
ありとあらゆる機動の機転になるロール性能が悪いと攻撃当たらない、避けられない。

と言うけど珊瑚海じゃ零戦21型が運動性が良かったころのF4F-3に圧勝してるんだよな。P-40も米軍機でトップクラスの運動性能持つのに格闘戦ではボゴられる。ロール性能そんなひどかったら動きまくる戦闘機に攻撃当たらんでしょ。

880名無し三等兵2018/09/16(日) 08:35:23.86ID:0NNCCdaU
P-39は零戦に別にボロ負けしてない

>Air Force P-39s did not score more aerial victories in the Solomons due to
> the aircraft's limited range and poor high altitude performance.

高高度性能が無いせいで、スコアを上げれなかったって話しなだけで
やられてる訳じゃない

数機程度居た、ガ島のお助けP-39も空戦損失無しで任務終了してる
戦果も無いけど、飛行場は守れてるし十分な活躍

881名無し三等兵2018/09/16(日) 08:41:08.70ID:0NNCCdaU
P-40もボコられてるどころか
緒戦からゼロ戦を逆にボコボコにしてる

・ラビの戦い
・ビスマルク海海戦
・ラエ・サラモアの戦い

どれも緒戦から空戦は日本側の負けだ
ニューギニアの戦いで日本側に制空権のあった戦いなんて無いだろ

882名無し三等兵2018/09/16(日) 10:25:09.77ID:D+kwuSXj
コピペのような零戦レスはスレチ

883名無し三等兵2018/09/16(日) 14:19:56.76ID:Ur8k9TQD
P-39は米軍パイロットの証言だと高度2880mでもういっぱいいっぱい。
低空だとP-39の方が零戦より早い。上昇力も上。中高度になると逆転して零戦の加速力には大差で負けた。
高度6000m以上に上がれたこと無い。
高度5、6000mでやってくる日本の戦爆連合の高度まで上がれない。

さらにP-39は零戦の得意な縦の旋回やると途中でスピン起こして落ちていった。

と問題ありまくりだった。
低空では零戦以上の上昇力と加速力を持つんだから低空戦闘ばかりの東部戦線で活躍したのは納得できる。
戦鳥常連の大塚氏もP-39は機体の形がスマートで急降下加速がスピットファイア9に匹敵すると書いている。

884名無し三等兵2018/09/16(日) 19:08:13.85ID:fXlXYfBc
そんなことよりそろそろ晩飯喰おうぜ

885名無し三等兵2018/09/16(日) 20:11:22.46ID:LKeTYHfZ
>>880
梅本本と台南空本見てみな。
彼我の損害ベースでP-39がボロ負けしてるとわかるから

886名無し三等兵2018/09/16(日) 20:25:37.15ID:LKeTYHfZ
>>800
例えば、5月26日〜29日の台南空によるポートモレスビー進攻戦では
零戦の損害が29日の1機のみに対して第35、36戦闘航空隊のP-39、P-400は9機喪失(6機被撃墜3機不時着大破)
零戦の圧勝だよ

887名無し三等兵2018/09/16(日) 20:26:03.91ID:LKeTYHfZ
失礼>>880宛てね

888名無し三等兵2018/09/20(木) 00:47:09.10ID:J/0ez9Vw
>>883
ところがロシアでP-39は防空軍に配備され防空戦で結構エースをだしているのが冷戦後にわかってきた
東部戦線では6000m付近ではメッサーよりも速度が逆転とかなんとかスケールアビエーション誌に載っていた

889名無し三等兵2018/09/20(木) 01:33:12.07ID:wSrLactK
機械式一段一速のP-39が高度6000mでBf109より速いとか何の冗談かと。
物理的に不可能だろ。
高度問題が解決したP-63と勘違いしてんじゃないの

890名無し三等兵2018/09/20(木) 01:53:47.54ID:x8r5riqE
>>889
高度のゼロが1個多かったとか、
メートルとフィートを間違えたとか。

891名無し三等兵2018/09/20(木) 14:02:01.39ID:dE8Tw8Cm
まーMe109の燃料事情やらにもよるわなあ
本来積むはずじゃないエンジンや燃料で武装だけマシマシとかもあるし

892名無し三等兵2018/09/20(木) 20:15:16.12ID:J/0ez9Vw
スケールアビエーションの5号、レンドリース機の戦い
アエロコーブラの真実って記事だった

893名無し三等兵2018/09/20(木) 22:43:10.53ID:wSrLactK
5号というと創刊して間もないからもう20年ぐらい前の記事か

894ごっぐ ◆SOYz4k.5rc9j 2018/09/22(土) 02:03:12.89ID:JcBYxg63
エアラコブラが高度6000mでそんなに元気なら、太平洋での

・P-39は爆撃機の飛んでくる高度まで上昇できなかった
・迎撃戦では居ないも同然だった
・パイロットたちは、『あいつのほうが上昇力はマシだろうから明日はあいつで出撃する』と滑走路の端のトラックを指さした

などという悪評は無かったのではないだろうか。

895名無し三等兵2018/09/22(土) 03:03:22.12ID:MrWXfyC+
ロシアの記録では3000mから6000mの中高度での戦闘が多くその領域でP-39は良い機体だったとある
ドイツも高高度を飛行する爆撃機を持たない空軍なので中高度での戦闘になったと
対して西ヨーロッパや太平洋の戦いでは低高度から高高度まで領域の広い戦闘になったためだとある

896名無し三等兵2018/09/22(土) 03:34:11.34ID:atDDOvEV
>>894
6000メートルで空戦をするためにはその上に安易に上がれないと不利になるってことでしょ

897名無し三等兵2018/09/22(土) 11:25:43.66ID:41n3//T/
>>894
ソースは?

898名無し三等兵2018/09/22(土) 14:27:22.74ID:l5RnqYW6
ソロモン辺りと東部戦線じゃ気温が全然違う
気温が低いと空気密度が高くてエンジンも快調で機体の運動性が高くなって戦闘高度も高くできる
気温の高い南方じゃP-39なんか本当にウン子

899名無し三等兵2018/09/22(土) 23:28:03.82ID:Xcjj8ssy
>>898
その理論だと南方でも高空に上がるほどP-39は高性能になるのでは?

900名無し三等兵2018/09/22(土) 23:36:51.21ID:41n3//T/
>>894
ゴッグとかいう糞コテと言い、
皇軍厨のP-39弱い伝説って何処から出てきたんだ?
P-39の太平洋での空戦損失はたった80機しかないし
ガ島初期も数機しかいない上に、飛行場防衛に見事貢献してるし、ほとんど損失自体は無い

901名無し三等兵2018/09/23(日) 00:08:43.78ID:DQzWuSH2
カツオブシ厨の>>900には零戦にP-39がボロ負けした>>886事実が見えないらしい

902名無し三等兵2018/09/23(日) 00:26:35.89ID:wKjNVDfT
>>901
皇軍厨は相変わらずソースなしだな

ゴッグとかいう基地外もそうだけど
ソース無しなので出鱈目確定な

903名無し三等兵2018/09/23(日) 00:33:11.76ID:DQzWuSH2
>>902
>>886のソースは郡義武『台南空戦闘日誌』P.135〜143
戦果は彼我の損害ベースで戦闘行動調書にある申告ではない

904名無し三等兵2018/09/23(日) 00:42:32.35ID:wKjNVDfT
>>903
本当に皇軍厨はアスペばっかだな

元スレ見ろよ

ゴッグが書いた

>・P-39は爆撃機の飛んでくる高度まで上昇できなかった
>・迎撃戦では居ないも同然だった
>・パイロットたちは、『あいつのほうが上昇力はマシだろうから明日はあいつで出撃する』と滑走路の端のトラックを指さした

に対するソースだよバカ

あと皇軍厨お得意の
>>886
の屑ソースとか何時もの時々勝った一部の戦いだけ取り上げる何時もの
基地外全開パターンだろ

トータルのキルレート持って来いよ基地外

905ごっぐ ◆SOYz4k.5rc9j 2018/09/23(日) 02:01:59.07ID:4oN4A7vE
これよりトラックのほうがマシというのは第39飛行隊パイロットの言としてオスプレイの『第二次大戦のP-39エアラコブラエース』にもあるが、他のはどうだったっけな。
まあ別に作り話ではないし、皇軍厨の意見とかじゃなくて米軍パイロットの意見、証言なんでw。

906名無し三等兵2018/09/23(日) 02:05:54.63ID:wKjNVDfT
>>905
>オスプレイの『第二次大戦のP-39エアラコブラエース』

タイトルがアラコブラエースで大活躍してるじゃねーかwww
ゴッグ馬鹿なの?
エースが愚痴零してるだけだろ
そもそもその人、戦後に証言できてるって事は生きてるじゃんwww

907ごっぐ ◆SOYz4k.5rc9j 2018/09/23(日) 02:28:30.41ID:4oN4A7vE
>906
・・・読んでから言えよw。
スツーカで大戦果をあげたルーデルが居るからって、スツーカが天下無敵の機体じゃねえだろがw。

つかそもそも書名も『第二次大戦の』であって『太平洋戦線の』では決して無い訳だがw、例えば12ページ
> 日本人パイロットは機敏な〇戦を上昇反転に入れた。ゴール損が執拗に敵機を追っていると乗機は不意自転に陥り、格闘戦を繰り広げながら旋回している敵味方のまっただ中へまっすぐに落ちて行った。
>このアメリカ人は後に述べている。戦闘中に、しかも何機もの零戦が列をなして追いかけてくる悲惨な状況で、必死にスピンから回復しようとするときの絶望感はそれ以降も決して味わったことがない、と。

908ごっぐ ◆SOYz4k.5rc9j 2018/09/23(日) 02:41:10.96ID:4oN4A7vE
ありゃ途中送信しちゃった。

この人は結局撃墜されて生還し、エースになったのはP-38でスコアを重ねたからだな。
他の陸軍機エースも『最初の撃墜はP-39で』という人は結構いる模様。

んでそのパイロットたちからの評判も悪くて、生産機の半分くらいをソ連にあげちゃったというのが『公平な評価』というものだろう。

上とは別のパイロットの証言でもこうだ。
「もし、誰もおまえさんを撃とうとしないし、誰も撃つ必要がないっていうなら、エアラコブラは飛ばしていて楽しく、かっこいい飛行機だが、
結論からいえば、戦うためにつくられたのに、役に立たないろくでもない戦闘機だ」(同書14ページ)

909名無し三等兵2018/09/23(日) 04:00:26.31ID:DQzWuSH2
ろくに知りもしないくせにP-39を擁護しようとして墓穴を掘るバカって生きてる価値なくね?
あ、アンチP-39が擁護してるフリして貶めてるのかw

910名無し三等兵2018/09/23(日) 08:21:12.58ID:Ry04//1y
>>899
見当違いしてるようだが高度が上がっても空気密度が下がる
例えば東部戦線での高度1500mがソロモン方面では高度0mになるようなもん
寒冷地で4500mで発揮できてる性能が南方だと3000m以下でしか発揮できないわけ

新着レスの表示
レス数が900を超えています。1000を超えると表示できなくなるよ。
レスを投稿する