続・ゼロ戦がヨーロッパで戦ってたとしたら

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています
1名無し三等兵2018/07/05(木) 03:26:37.87ID:7nhtazcA
791 名無し三等兵 2018/06/29(金) 21:51:23.77 ID:JcnhDdAi
>>651
>北海道攻略までの準備時間がない

するとやっぱり零戦は世界一だったのか?

593 名無し三等兵 2017/06/15(木) 20:27:54.92 ID:Cv4caNBI
>>573
>8月一杯つかって周りをキッチリ解放してたから北海道に上陸できんよ

北海道と満州の同時爆撃は出来なかったのか?
日本海軍は開戦の数日間で、真珠湾・マレー・フィリピンの同時攻撃だぞ?

零戦は航続距離も空戦性能も世界一だから、ミッドウェー海戦で勝てばあとはアジア太平洋全域で暴れ放題。
開戦から数日で真珠湾・マレー・フィリピンを同時攻撃できる、こんな夢のような航空隊は類を見ない。

2名無し三等兵2018/07/05(木) 03:38:52.12ID:8ip8Mfah
1945年8月のロシア空軍は長距離渡洋戦略爆撃機を保有していない。

3名無し三等兵2018/07/05(木) 06:27:53.57ID:/Yq/glCz
843 名無し三等兵 sage 2018/07/04(水) 21:47:08.11 ID:/NfzKbIm
>>813
ウィローランの工場で一時間に一機ロールアウトした最多生産を誇るB-24と最末期生産のB-29で損失率を比べる意図はなんなの?

第8空軍は護衛つけてもMG151/20の薄殻榴弾を装備するドイツ機にやられまくったのでB-17自体をガンシップに改良したりしてたのがヨーロッパ

機銃おろして任務についてたアジアを一緒にすんなよ

4名無し三等兵2018/07/05(木) 07:46:59.46ID:yl9ZH02A
854 名無し三等兵 sage 2018/07/04(水) 23:09:57.39 ID:+YGt7z5q
>>831
http://www.rkka.es/Estadisticas/VVS_stat/01/01_10.htm

Bajas generales de las Fuerzas Aereas de Alemania en aviones recombate y en personal durante la Gran Guerra Patriotica 1941-1945

En frente occidental(西部戦線) 21 850機

En Alemania y en los paises ocupados (ドイツ本土)11 050機

Bajas de personal de las fuerzas aereas(ナチ空軍兵士の死者)1 736 200 名

10〜20倍の戦果ってwwwwwwwwwwwwwww
ナチは米英軍の航空機を30万機撃墜したり、4000万人殺したりしたのか?wwwwww

5名無し三等兵2018/07/05(木) 10:02:37.93ID:3JuoXvlT
ジャップランドを焼きまくった
偉大なるカーチス・ルメイを称えるスレにしろやカス

6名無し三等兵2018/07/05(木) 11:27:43.30ID:BZ0UVrFk
ジャップ軍(WW2)の弱さを語ろう (860)
これ容量オーバーなのか?
ネトウヨの書き込みで
https://matsuri.5ch.net/test/read.cgi/oversea/1529573667/564
呉で帝国海軍が全滅したのは、朝鮮半島を守るためとか言ってるが
騙されるバカはいないだろう

7名無し三等兵2018/07/05(木) 14:20:02.49ID:9v+c93ub
アメリカ人は鹵獲した零戦のキャブレターもまともに組み立てられない土人なのに零戦が作れるわけがない

8名無し三等兵2018/07/05(木) 14:54:51.95ID:k9+BqW0C
>>5
>ジャップランドを焼きまくった
>偉大なるカーチス・ルメイを称えるスレにしろやカス

まさに大陸打通作戦は、正義の皇軍が邪悪な中国に鉄槌を下した快挙だった。
これはサクラ大戦でいう「悪を蹴散らして、正義を示すのだ」に相当する。

「走れ光速の帝国華撃団」、97式中戦車チハ!

9名無し三等兵2018/07/05(木) 15:09:09.04ID:hMcFJVzF
カミカゼ特攻隊は九州から沖縄へ飛び立っているが、ランカスターが沖縄から九州へ飛び立つことは無かった。

もちろん、アメリカとしては実質的な支援や、実質的に相手に打撃を与える
事なら大歓迎だが、イギリスの参加は、どっちせよ(そのように実質的なも
のではなく)、メンツを救う性質のものだろうと、云った。
http://www.inaco.co.jp/isaac/shiryo/whitehouse_19450618.htm

10名無し三等兵2018/07/05(木) 15:50:48.31ID:hMcFJVzF
815 名無し三等兵 sage 2017/06/26(月) 01:04:49.04 ID:8H9SD2qq
>>814
ソビエト軍は撤退を繰り返して反撃
中国も撤退を繰り返して反撃

侵略者は国に帰ったわけだが?

あと松代は?遷都しようとしたけどへたれた理由は?1億玉砕しなかった理由は?

11名無し三等兵2018/07/05(木) 16:03:43.79ID:9q7ma4x1
>>3
>機銃おろして任務についてたアジア

ハハハ、そりゃスゲーことだわw

―どうしてそうなったのでしょうか?戦闘機ですか、それとも爆撃機の防御砲火にやられたのですか?
 問題は爆撃機の銃手です。はっきりとは憶えていませんが、爆撃機のクルーは8〜10人で構成されていて、
操縦手以外の全員が攻撃してくる戦闘機を迎え撃つわけです。それが大変だった。だから、
私たちは正面から攻撃し、2倍の速さで接近することで、防御砲火の圏内にいる時間を短くしようと務めました。
私は常に正面攻撃をやっていて、後ろから接近したことは一度もありません。敵の爆撃機は全体が
機関銃だらけで、2連装のも4連装のもありました。
http://www.geocities.co.jp/SilkRoad/5870/grislavski1.html

12名無し三等兵2018/07/05(木) 16:13:50.04ID:wUMv1RtG
484 名無し三等兵 2018/06/28(木) 22:21:11.21 ID:g+q3c667
>>457
310万人の犠牲者の90%は太平洋戦争
すなわち15年戦争の内 僅か3年8ヶ月に過ぎない米英との戦争で失われたものだけどなw


ドイツは最初から米英露仏といった列強相手に5年間激闘の末にギブアップ
ジャップはほぼアメリカ単独相手にして3年8ヶ月で白旗かよw(しかもアメリカは対ドイツ戦の方に力を傾注していた状態)

ジャップさぁ おまえらがノモンハンで尻尾巻いて逃げたロシア軍相手にドイツは人類史上最大最悪の殲滅戦繰り広げたんだぜw
おまえらは雑魚支那兵と乳繰り合ってるのがお似合いだよw
ほぼ米軍単独と戦ってんのならせめてドイツより米軍に与えた損害を上回らなきゃ駄目だろw

13名無し三等兵2018/07/05(木) 16:15:55.57ID:3JuoXvlT
>>9
本土決戦やらないで白旗あげた腰抜けがいたからしかたがない

14名無し三等兵2018/07/05(木) 18:03:06.82ID:3m2tcRL2
>>12
>おまえらは雑魚支那兵と乳繰り合ってるのがお似合いだよw

朝鮮戦争の米軍がか?

15名無し三等兵2018/07/05(木) 20:27:34.04ID:rxO9/1LD
零戦の航続距離だが
欧州戦線のように飛行場から飛び立ってからずっとエンジンを高力運転する形態だと
増槽ありの条件での航続距離はBf109E7よりも短い

なぜそうなるかと言えば栄の高力運転時の燃費はDB601よりも3割以上悪く
持続最大速度はBf109E7のほうが少し早いから

燃料搭載量はBf109E7が胴体400リットル+増槽300リットルの合計700リットル
零戦21型が胴体525リットル+増槽330リットルの合計855リットル
と零戦21型は燃料搭載量が22%多いだけだからそうなる

欧州戦線に投入された場合
胴体燃料のみだと零戦21型の航続距離はBf109E7と同じぐらいで
増槽込みだと零戦21型の航続距離はBf109E7よりも短い

零戦21型の量産開始は1940年末だが
Bf109E7の戦力化は1940年9月なので

零戦はBOBには間に合わないし、
航続性能もBf109E7よりも劣るので採用されません

16名無し三等兵2018/07/05(木) 20:40:31.62ID:vkXQkccE
1944年5月8日に英空母エンペラーから発進したF6Fがノルウエー沖を飛行中にドイツ空軍のBf109とFw190と交戦してF6F損失0で3機撃墜

またF4F(マートレット)もノルウエー南部を飛行中にBf109の4機に奇襲されて1機撃墜されたが、逆襲してBf109が4機全滅

ヘルキャット>>>零戦>>ワイルドキャット>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>ナチ戦闘機

17名無し三等兵2018/07/05(木) 20:41:57.29ID:vkXQkccE
例えば、「コブラ」は「フォッケル」よりも速力で劣るだなんて、彼らは何でそう思い込んだんだろうね?実際にそんなことがあったのだ。
最初のうち、ドイツ人は自分たちが速度性能で勝っていると固く信じており、「フォッケル」で攻撃をかけた後にエンジン全開で離脱を試みる場合が多かった。だが、こっちは彼らに追いついて、上から弾を「降り注いで」やる。
向こうは煙を噴いたり蒸気を噴いたり大騒ぎだが、どうやっても振り切ることはできなかった。私たちはすぐに、全力運転だけで逃れようとするとどうなるか、ドイツ人どもを教育してやったよ。
その後は「フォッケル」も、攻撃後の離脱とこちらの射撃から逃れる際には必ず急降下をすることにし、それ以外の方法を禁止した。
垂直面の機動性も「フォッケル」は「コブラ」より下回っていたが、当初は私たちに垂直面の戦闘を挑んできた。
これも同じことで、すぐに思い知ったようだけどね。やっぱり私にはよく分からないんだが、「フォッケル」が「コブラ」に垂直面で勝っているだなんて、一体彼らは誰に吹き込まれたんだろう?
 「フォッケル」は加速性が劣るという弱点があり、もしかしたらこれが一番の泣きどころだったかもしれない。後になると、彼らも「フォッケル」で戦う時は速度を失わない形で機動を組み立てるよう心がけていた。
長時間の格闘戦で「ヤク」やラーヴォチキン、「コブラ」に対抗するなんて、「フォッケル」にとっては最初から負けが決まったようなものだ。
スピードが落ちてそれっきり、だよ。
彼らが次に速度を得るまでの間に、こっちは何度でも撃墜のチャンスがある。
http://www.geocities.co.jp/SilkRoad/5870/golodnikov2.html

太平洋ではカモのP39がヨーロッパ戦域では最強

ゼロ戦>>>>P39>>>>>>越えられない壁>>>Fw190>>Bf109

18名無し三等兵2018/07/05(木) 20:54:45.25ID:3JuoXvlT
>>17
ならなんでスツーカ隊が健在できたんだろね?

100機以上撃墜のスーパーエースは東部戦線に集中してんだけど?

19名無し三等兵2018/07/05(木) 21:09:53.93ID:hYBMQkhS
>>18
>100機以上撃墜のスーパーエースは東部戦線に集中してんだけど?

 ただ単なる抽象的な「撃墜数」なんてのは、何の意味も持っていやしない。
 繰り返しになるが、我々は攻撃機の護衛が主な任務だった。ルールとしてはこんな感じだよ。
つまり、1機の襲撃機も失わず1機の「メッセル」も落とさないで帰ってくるやつの方が、
3機の「メッセル」を落とす一方でたった1機でも襲撃機を失ってしまうやつよりも上なんだ。
http://www.geocities.co.jp/SilkRoad/5870/YAK.html

 戦闘開始以来、九月二十七日までに、一六〇三機が撃墜され、一〇二八機が損傷をうけた。
 その総数二六三一機は、戦闘開始のときに任務についた数と、ほとんど同数である。
 小型機――急降下爆撃機や陸軍直協機――の損失もバカにならなかったが、より高価で大型の
ハインケルHe177やユンカースJu88のたえまのない減少は、補充生産が最早追いつかぬほどの打撃だった。
 しかも撃墜された大部分は、ソ連上空であったので、ベテランの搭乗員の損失は、まことに深刻な打撃であった。
 ドイツ空軍の戦闘力の出血状態は、しだいにひどくなっていったのである。
 ドイツ空軍の飛行機開発・生産担当機関の責任者であるエルンスト・ウーデット上級大将にとって、
ソ連上空での大きな損失は、自らの破滅を意味した。
http://ktymtskz.my.coocan.jp/E/EU2/lf6.htm

20名無し三等兵2018/07/05(木) 21:12:31.58ID:hYBMQkhS
>>18
>100機以上撃墜のスーパーエースは東部戦線に集中してんだけど?

 六月二十二日の“威力偵察”にはじまり、二十三日にソ連軍攻勢作戦『バグラティオン』が本格化してみると、
独ソ両軍の優劣の差は、ソ連軍の推算以上に大きかった。
<中略>
 とくに空軍戦力の差は、ひどかった。
 第六航空軍は、約六百八十機を保有していることになっていた。
 ところが、ソ連機をむかえて飛びたったのは、わずか四十機―。
 残りは整備不十分または燃料不足で飛べず、舞い上がった四十機にしても、
ガソリンが無いために三回以上の出撃はできない有様であった。
<児島襄「ヒトラーの戦い 6」の464頁>

 東部では中央軍団の破局的消滅はほとんど完全だった。一九四四年七月六日の正午の会議で、
総統は北方軍団に撤退を命じることで、そこから四個師団引き出せるとのモーデルの見解を再び拒否し、
救えると思うのは幻想にすぎない、どういうことが起るかといえば、軍団は要塞化陣地と重砲と装備を
失うということだといった。ホイジンガーの方を向いてヒトラーは、この災厄でこれまで中央軍団にどれだけ
損害があったか、静かに訊ね、「一二から一五師団が包囲されていますが、全般的損害は二八個師団
に上るでしょう」と告げられた。
 なんと二八個師団である。六月二二日以降わずか二週間で、ヒトラーは三五万の訓練済みのドイツ兵
をロシア側に奪われたのだった。
「ヒトラーの戦争 下」(デイヴィッド・アーヴィング 早川書房 P238、239 )

21名無し三等兵2018/07/05(木) 21:17:38.56ID:hYBMQkhS
>>3
>第8空軍は護衛つけてもMG151/20の薄殻榴弾を装備するドイツ機にやられまくったので

同じころ、ドイツ空軍戦闘機部隊は中部 ドイツに大々的に兵力を集中させた。九月十二日には四〇〇機以上
が防空任務に 出撃できる体勢にあったが、悪天候のため離陸命令は取り消された。ところが ゲーリングは
この決定に納得せず、自らしゃしゃり出て戦闘機に出撃命令を出 してしまった。この馬鹿げた命令 によって
戦闘機部隊は出撃機の一〇パーセ ントを失ったといわれ、そのため 九月の戦力収支決算はますます落胆
すべき ものとなった。本土防空に投入された 戦闘機は三七一機の損失に対し、敵機撃墜 は三〇七機であった。
ただしドイツ 空域に侵入した連合軍機の数は、防空側戦闘機の出撃数よりも一八倍も多く、 損失率はそれぞれ
〇.七パーセント対一 四・五パーセントとなるのである。 この数字はとても引き合わないどころでは すまないものであった。
<ヴェルナー・ジルビッヒ「ドイツ空軍の終焉」>

バタバタ落とされたのはナチ機
それもホームグラウンドの高射砲の支援付きでwwwwwww

22名無し三等兵2018/07/05(木) 21:18:27.40ID:vkXQkccE
>>18
Luftwaffe Aircraft Used Only Against Allied Bombers
Month Year Percentage
June 1940 0%
June 1941 7%
June 1942 17%
June 1943 21%
June 1944 29%
January 1945 50%

Percentage Of All Allied Bombs Dropped
1940 0.8%
1941 2%
1942 3%
1943 12.8%
1944 57.9%
1945 23.5%
http://www.angelfire.com/ct/ww2europe/stats.html

ドイツ空軍の敗因を専ら対米英戦に求める人も少なくないようだが、
実際のところ戦略爆撃などなくてもドイツ空軍は東部戦線で多大な損害を受け、
飛行訓練時間も低下している。
確かにハルトマンやバルクホルンなどのエース記録 は輝かしいものがありますが、
撃墜記録なんて万国共通で眉唾で。特にナチのは全く信用できない。
それに航空戦で撃墜される飛行機の割合は全体からすれば僅か。
ドイツは米英との戦争抜きでソ連とだけ戦争していても決して勝利できなかった。

23名無し三等兵2018/07/05(木) 21:20:43.21ID:vkXQkccE
>>18
『・・・1942年から43年の間、P−40航空隊は北アフリカ、シシリー、イタリアの航空戦で鍵となる役割を果たした。
ある日の彼らの任務は爆撃と機銃掃射であり、別の日は中爆の戦闘護衛であった。
その欠点にもかかわらず、この種の航空戦においてカーチスP−40は優れた兵器であった。
それは決して高速で高高度を飛行できる機体ではなかったが、タフで、信頼でき、重武装で、相当量の爆弾を携行でき、そして中国や太平洋と異なり、交戦した敵機よりもマニューバブルであった。
P−40パイロット達は、より最新のライトニングやサンダーボルトやマスタングで飛びたいと願っただろうが、ウォーホークはその時点での唯一の米国戦闘機であり、彼らはそれでベストを尽くしたのだった。・・・』
(カール・モールスワース、MTOのP−40ウォーホークエース(オスプレイ社刊)より引用)
http://www.geocities.jp/yoyuso/p40/p40gall.html

24名無し三等兵2018/07/05(木) 21:25:11.91ID:hYBMQkhS
https://scontent-lga3-1.cdninstagram.com/vp/4931cc9c2c4f58d3690be2bf3912abb5/5BDF68EB/t51.2885-15/e35/25026150_353115991827796_6871623068561702912_n.jpg


こういうのって本当に、西ドイツのコール首相が日本に来て語ったナチホラ話に違いないよな。

一九八五年に当時のコール首相とレーガン大統領が、旧西ドイツのビットブルクで、兵士の共同墓地を訪問したが、
そこに武装親衛隊の兵士四九人が埋葬されていたことがわかった。このため、ドイツだけでなくヨーロッパ全体で、
コール氏に対する批判の声が上がった。特に被害者にとっては、武装親衛隊は今もナチスの犯罪を象徴する組織なのである。
http://www.tkumagai.de/Chuo%20Grass.htm

コール首相はナチだった頃の少年時代の思い出を語り、レーガン大統領に米独軍事同盟を持ちかけた。

>一九八五年に当時のコール首相とレーガン大統領が、旧西ドイツのビットブルクで、兵士の共同墓地を訪問したが

けれども現在のドイツ連邦共和国政府は、旧ナチスドイツ国防軍を再建したくても出来ない状態にある。
もしそのようなことをすれば1961年のベルリンの壁ように、ロシア側から『敵国条項』を発動されるからだ。

何故か旧西ベルリン側にあるソ連対独戦戦勝記念碑。左上はソ連兵士、右手前は独ソ戦
で戦勝に寄与した(最初にベルリンに入ったとも言われる?)T-34戦車の実物です(下写真とも)。
ベルリン市民には好かれていないそうですが、ロシアを意識して撤去もできないそうです。
http://tompei1.la.coocan.jp/Ph-Berlin.htm

25名無し三等兵2018/07/05(木) 21:26:59.34ID:gSBAyNYm
>>15
だがBF109には逆立ちしても8時間滞空なんて無理だし零戦より航続距離もずっと短いんだよね
巡航能力でキャブレター式の零戦にまったく及ばないのが現実

26名無し三等兵2018/07/05(木) 21:29:26.33ID:hYBMQkhS
コール首相はまたパンター戦車とチハ戦車を比較して、パンターの凄さとチハの貧弱さを嘲笑った。
そしてドイツのフォルクスワーゲンを自慢し、日本のトヨタを嘲笑った。

27名無し三等兵2018/07/05(木) 21:39:36.93ID:hYBMQkhS
パンターを褒めちぎってチハをケチョンケチョンに貶めるのも、来日したコール首相のナチホラ談話だろう。

28名無し三等兵2018/07/05(木) 21:42:31.17ID:hYBMQkhS
>>15
>欧州戦線のように飛行場から飛び立ってからずっとエンジンを高力運転する形態だと

問い:メッサーのほうが劣るというのはおかしいと思います。どの資料によっても、I-16の-28および-29の
高度3000メートルでの水平最大速度は440-460キロメートル台であり、一方Bf-109Eのそれは570キロ
メートルとなっていますが。それに垂直面の機動でもI-16が勝るというのも初耳ですが?
実際の空戦では誰も最大速度を出そうとも思わないし、ましてや最大速度を出したヤツはいないのではないだろうか?
原理的にもI-16ならば速度500キロは容易かつ急速に出すことができる。
メッサーE型は確かにそれよりも速いが、その差はさほどでもない。空中戦では双方の速度にはほとんど
差が出ない。I-16は加速性能が大きく、とくにM-63エンジン装備の場合は爆発的ともいえた。先に挙げた
水平面の運動性能に加えて、この加速性能も2つ目の特長といえる。
その当時ソビエトで生産されていた最新型を含む、どの戦闘機タイプよりも加速性能には優れていた。
Yak-1の加速はI-16に匹敵したが、それでもやや遅いくらいだった。
http://www006.upp.so-net.ne.jp/aviatorstale/Russianpilot.htm

29名無し三等兵2018/07/05(木) 22:06:29.97ID:3JuoXvlT
>>23
そらそうだろうが

P40は最終的にゼロを駆逐する

特に49FGは15機撃墜のエースまで輩出している

30名無し三等兵2018/07/05(木) 23:05:33.78ID:SzNTKcI8
レート 皇軍死 連合軍   戦場         敵将
115.8 *11000 ***95 シッタン作戦      スリム
*62.9 *10000 **159 ホーランジア     マッカーサー
*25.7 *21100 **820 ミンダナオ      マッカーサー
*24.4 *11000 **450 アイタペ        マッカーサー
*22.1 *79261 *3593 レイテ          マッカーサー 
*21.2 *10000 **471 ビアク          マッカーサー
*19.3 205535 10640 ルソン         マッカーサー
*19.1 *10000 **524 ニューブリテン    マッカーサー 
*18.8 *16533 **881 ラングーン陥落    スリム
*17.1 *14300 **835 ビサヤ          マッカーサー
*16.1 *20000 *1243 ブーゲンビル    マッカーサー 
*15.9 *10000 **628 ラエ・サラモア     マッカーサー
*13.1 100000 *7613 沖縄陸戦        ニミッツ
*12.9 *72480 *5633 インパール        スリム
*12.3 *27000 *2188 ガダルカナル陸空戦 ニミッツ・ゴームレー→ハルゼー
*8.71 *30000 *3441 サイパン         ニミッツ
*8.71 *18500 *2124 グアム          ニミッツ
*6.96 *83737 12031 満州日ソ戦      ヴァシレフスキー 
*6.36 *21000 *3300 ギル・マーシャル    ニミッツ
*4.58 *10695 *2336 ペリリュー        ニミッツ
*2.64 *18000 *6821 硫黄島          ニミッツ
*1.08 *10000 *9703 ノモンハン事件     ジューコフ

31名無し三等兵2018/07/05(木) 23:09:42.25ID:SzNTKcI8
ゼロ戦は初期からキルレで負けてる

珊瑚海海戦
日本 100機損失
米海軍 66機損失

ミッドウェー海戦
日本 248機損失
米海軍 150機損失

32名無し三等兵2018/07/06(金) 02:01:40.10ID:FJYzlJOZ
>>29
>特に49FGは15機撃墜のエースまで輩出している

対中援助に寄与したアメリカの「フライングタイガー」
フライングタイガーは「中国空軍所属の中国援助アメリカ志願航空隊」の略称であり、1942年4月に創設し、
1946年4月、戦争終了後に解散された。創始者はアメリカ人飛行教官の陳納徳(シェンノート)氏であった。
1938年8月、宋美齢の求めに応じて、シェンノート氏は昆明市の郊外に航空学校を設立し、アメリカ軍の基準
で中国空軍を訓練し、中国空軍の対日戦に積極的に協力した。
1941年、ルーズベルト政府のひそかな支持の下で、シェンノート氏は個人団体の名義で巨額の資金を出して
アメリカ人パイロットとエンジニアを募集した。その年の7月と10月に、200余人もの勇敢で危険を恐れぬ隊員たちが、
対日戦参加のために中国に来た。
31回の空中戦で、フライングタイガーの志願者は5機ないし20機のP-40型戦闘機をもって217機の敵機を撃墜し、
みずからの損失はわずか14機だった。それ以後、「中国空軍所属の中国援助アメリカ志願航空隊」はフライング
タイガーのマークを使い始め、そのサメの頭の形をした戦闘機も世に名を知られるようになり、「フライングタイガー」
というニックネームも知られるようになった。抗日戦争が終わるまでに、フライングタイガーは敵機を2600機撃墜し、
積載量223万トン相当の船舶、軍艦44隻、100トン以下の内陸河川の船1万3000隻を撃沈するかあるいは大破させた。
また日本軍将兵6万6700人を撃ち殺した。フライングタイガーの隊員のほとんどは中国政府から賞を授与された。
10余人の飛行士はアメリカ、イギリス政府から飛行十字勲章を授与された。
ここ20年来、生き残りの元フライングタイガーの隊員たちはしばしば中国を訪れ、困難や危険にめげず飛行機の
残骸や戦友の遺骨を探すことに取り組んでいる。
http://japanese.china.org.cn/japanese/170095.htm

33名無し三等兵2018/07/06(金) 02:18:29.75ID:f0jINb/B
開戦時でさえフィリピンの米軍は
零戦を見て愕然としたそうじゃないか。
どこに空母がいるのか?と
血眼になって空母を探したとのこと。
まさか台湾から飛んできたとは、夢にも思わなかった。

開戦時の米軍でさえ、その程度の認識なのだから
それより1年前なら、英軍は零戦見て
ぶったまげた可能性が強い。

34名無し三等兵2018/07/06(金) 06:16:04.45ID:xiM5fiou
バトルオブブリテンの主力機はハリケーンだったし、レーダーは極東にも配備されてた(日本軍が捕獲して
コピー生産)。それから英海軍は最新鋭艦プリンスオブウェールズ(ドイツ海軍とも対戦している)を極東に
派遣している。またビルマ方面に居たハロルド・アレクサンダー将軍は、後に北アフリカにも転戦している。
「2軍の連中」の指揮官が、どうしてヨーロッパの主戦場に転戦するのか、理解に苦しむところだ。
パウル・カレル「砂漠のキツネ」では、北アフリカ戦線の英軍に植民地人部隊が多いことも書かれている。

表3−3 イギリス戦闘機兵団の戦力(7月9日/9月7日)
戦闘機群           機種別中隊数
     スピットファイア ハリケーン ブレニム デファイアント グラディエーター  計
第10群  2(4)   2(4)    (1)            (1)     4(10)
第11群  6(7)   13(14)   3(2)                 22(23)
第12群  5(6)   6(6)    2(2)    1(1)           14(15)
第13群  6(3)   6(8)    1(1)    1(1)           14(13)
 計   19(20)  27(32)   6(6)     2(2)      (1)     54(61)
(注) カッコ内の数字は9月7日の中隊数
(出典) Basil Collier.The Defence of United Kingdom,HMSO.1979
<前略>
 航空機生産省は、当面、ハリケーンとスピットファイアを優先して生産した。
生産量の六五%がハリケーン、三五%がスピットファイアであった。ちなみに、
全戦闘機のうちハリケーンは五五%を占め、スピットファイアは三一%であった。
(ただし、一九四〇年五月初めから一〇月末までの撃墜された戦闘機のほぼ四〇%
をスピットファイアが占め、ハリケーンが三三%ほどであったから、スピットファイア
のほうが撃墜されやすかったということになろう)。
<日本経済新聞社「戦略の本質 戦史に学ぶ逆転のリーダーシップ」107−108頁 >

こう見ていくと、イギリス人の多くは「ヨーロッパ優先」を過剰に政治宣伝し、極東での敗退から目を背けよう
としているとしか思えなくなる。

35名無し三等兵2018/07/06(金) 06:17:03.96ID:xiM5fiou
連合軍による(元)蘭印(インドネシア)などへの攻撃に、
オーストラリアの基地が使用される事を遅らせるため、
日本帝国海軍や日本帝国陸軍の航空機が、
1942年2月19日〜1943年11月12日まで計64回にわたり、オーストラリア本土、
地域の主要空域、周辺諸島、沿岸輸送ラインの船舶などを攻撃した。


昭和18年初春から行われたオーストラリアのダーウィンに対する、チモール島からの日本海軍
のキャンペーンでは、ゼロ戦と中攻部隊が健闘しています。
753空(一式陸攻)と202空(ゼロ)のコンビ+陸軍の百式重が参加し、相手は欧州戦線で鳴らした
クライブ・コールドウェル中佐率いる1FW(457sq&457sqRAAFプラス54sqRAF)のスピット5型で、
アゴフィルターつきのやつです。
同年3月から9月までの半年間、戦闘損失はゼロが3機に対して、スピット38機(双方ともすべての
未帰還機の累計)です。これは双方の自軍損害レポートによるもので、いわゆる「誇大戦果」ではありません。
日本側の出撃回数は半年間で大小合わせて20回足らずですが、そのうち200キロメートル内陸部、
USAAFのB-24部隊がいたフェントン飛行場へは6回攻撃をかけています。いずれも高度は7000メートル以上。
相手のスピットを考えての行動であり、特に他の戦線に比べて陸攻の被害も少なく、豪側からは「爆撃機
の防御砲火も比較的堅固であった」のようなコメントもあります。
追記2006/02/06 一式陸攻は高高度性能に優れていて、ダグラスP-70(A-20ハボックにレーダーを搭載
して夜間戦闘機としたもの)などは上昇性能で及ばなかったといいます。
戦訓による陸攻の自動消火装置も有効に作動した、と記録に述べられています。
(資料出所:「第8章 ダーウィン上空の零戦」、秦郁彦著「過信の結末(下巻)」から、中公文庫#532)

36名無し三等兵2018/07/06(金) 06:18:25.37ID:xiM5fiou
昭和19年最初の月の空戦では、7機の一式戦が撃墜されて7名が戦死、その他、
各1機が不時着、あるいは胴体着陸し、司偵1機(戦死2名)も撃墜された。一方、
連合軍の損害記録と一致する一式戦の撃墜戦果は、スピットファイア4機(戦死3名)、
ハリケーン3機、ボーファイター1機(戦死2名)、F5写真偵察機1機(戦死1名)、
C47輸送機4機の計13機であった。
 1月のビルマ方面の連合軍航空兵力は、英空軍532機、米陸軍航空隊287機
の計819機。その内訳は戦闘機576機、中型爆撃機70機、重爆撃機79機、
偵察機10機、輸送機84機であった。連合軍は、同時期の日本陸軍航空部隊の兵力
を約250機、うち戦闘機100機と見積もっていた。
 1月末の第5飛行師団の兵力は、50戦隊一式戦保有37機(可動27機)、操縦者
45名。64戦隊一式戦保有35機(可動20機)、81戦隊司偵保有20機(可動13機)の
計168機であった。教飛204戦隊の兵力は不明だが、他戦隊の例から推して
一式戦30機前後と思われるので、合算しても200機以下。連合軍による総兵力
250機の評価は過大だったが、戦闘機100機という見積もりは、概ね正確であっ
たということになる。一方、第5飛行師団も連合軍の航空兵力を約1000機と見積
もっていた。双方とも、相手側兵力をちょうど2割ほど過大に評価していたことになる。

梅本弘「ビルマ航空戦 下」より

日本陸軍の主力戦闘機1式戦隼は数的劣勢ながらもキルレは常に1:2を確保
していた

37名無し三等兵2018/07/06(金) 06:22:00.18ID:xiM5fiou
9月6日、クラコールの戦隊医務室で若松清治上等兵が戦死。昭和16年12月7日以来
失った空地の勤務者166人目、64戦隊最後の犠牲者となった。

一方、勝利を収めた英空軍は、東南アジア全域における日本軍との戦いで、空中勤務者
4,858名が戦死または行方不明になったと記録している。

ビルマ航空戦 梅本弘著

The Battle of Britain,
Participants included Poles, New Zealanders, Canadians, Czechs, Australians, Belgians,
South Africans, French, Irish, Americans as well as a Jamaican, a Southern Rhodesian and a flyer from the Palestinian Protectorate.

Five hundred and forty-four lost their lives.(544名が命を失いました)
http://www.rcaf-arc.forces.gc.ca/en/battle-britain/history.page

Luftwaffe
2,698 aircrew killed
967 captured
638 missing bodies identifie
https://en.wikipedia.org/wiki/Battle_of_Britain

東南アジア上空の空中戦
日本軍戦死166:英軍4,858

バトルオブブリテン
ナチ4,293対英軍544
って知ってたか?

38名無し三等兵2018/07/06(金) 06:49:38.32ID:xfAXhrxA
>>25
低速で8時間滞空できても僅か60発の20mmと200発程度の7.7mmでは
一回空戦すれば降りるしかないぞ

39名無し三等兵2018/07/06(金) 07:04:06.60ID:NvfFyUBu
German Flak

Unit       1939 1940 1941 1942 1943 1944
Heavy Guns 2600 3164 3888 4772 8520 10,600
Light Guns 6700 8290 9020 10,700 17,500 19,360

こんな大量に高射砲作ったのに、爆撃機は大して撃墜できず、大量に死んだのはナチ空軍の兵士とナチ一般国民
究極の資源の無駄wwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwww

40名無し三等兵2018/07/06(金) 07:05:24.75ID:NvfFyUBu
http://www.rkka.es/Estadisticas/VVS_stat/01/01_10.htm

Bajas generales de las Fuerzas Aereas de Alemania en aviones recombate y en personal durante la Gran Guerra Patriotica 1941-1945

En frente occidental(西部戦線) 21 850機

En Alemania y en los paises ocupados (ドイツ本土)11 050機

Bajas de personal de las fuerzas aereas(ナチ空軍兵士の死者)1 736 200 名

ナチ空軍撃墜されすぎ、くたばりすぎwwwwwwwwwwwww
これだけ叩きのめされて殺されて爆撃機撃墜がたった10,000機wwwwwwwwwwwwwww

41名無し三等兵2018/07/06(金) 07:06:22.40ID:NvfFyUBu
一方爆撃機の損失率を見るとベルリンの 6.6 パーセントに対し、日本主要都市全体で 1.9
パーセント、東京空襲の数値は 3.3 パーセントである。マリアナ諸島から日本本土を爆撃・
機雷投下のため出撃した B-29 の損失をみると、昼間は、11,826 回の出撃に対し、損失数
は 179 機で損失率は 1.5 パーセントであるのに、夜間は 14,596 回の出撃に対し損失数は
138 機で損失率は 0.95 パーセントであった。夜間の損失率は昼間の三分の二だった

http://www.nids.mod.go.jp/publication/senshi/pdf/200803/06.pdf

10万門も以上も高射砲作ってハリネズミみたいな防空網敷いたのに
ベルリン爆撃の損失率は東京のわずか2倍wwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwww
それなのに10,000機の戦闘機と170万人の空軍兵士が死亡wwwwwwwwwwwwwwwwwwwwww

42名無し三等兵2018/07/06(金) 07:07:38.37ID:NvfFyUBu
http://rekigun.net/original/german/german40-1.html
開戦直後の1940年5月にはケルンに最初の戦略爆撃があって死者20,000人

この時イギリス空軍爆撃機兵団の実戦部隊の稼働数は、合わせて416機。装備機を全部使えるようにしても550機が限界でした。
ハリス中将は、訓練中の部隊の装備機を500機近くかき集め、なんとか1,000機を揃えてみせました。
また爆撃効果を上げるため大編隊群の目標到達率を上げることが必要でした。これを可能にしたのが、
大量生産に成功していたGEEでした。すでに3月28日の満月の夜に、191機でリューベックに低空から400tの夜間焼夷弾を投弾し、
900平方キロを焼き尽くして都市に対する無差別空襲の効果は実証済みでした。 19
42年5月30日の夜、合計1,047機が翌日未明の投弾をめざしてイギリス本土を飛び出しました。
出撃した630機はビッカース「ウェリントン」、ハンドレページ「ハンプデン」およびアームストロング・ホイットワース「ホイットレイ」双発中型爆撃機でしたが、
265機は4発重爆ショート「スターリング」、ハンドレページ「ハリファックス」、双発爆撃アヴロ「マンチェスター」、
そして残る73機が最新鋭の4発重爆アヴロ「ランカスター」でした。
http://www.nachtjagd.org/history/1942/1942_07.shtml

1942年には1000機の大編隊で爆撃wwwwwwwwwwwwww

戦争はじまって1度として本土の制空権すらとれなかったナチwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwww

43名無し三等兵2018/07/06(金) 07:08:55.88ID:2ND/HSno
>>41
>ベルリン爆撃の損失率は東京のわずか2倍

しかもそれ、『英空軍爆撃集団』ね。対日戦争では使い物にならないランカスター。

もちろん、アメリカとしては実質的な支援や、実質的に相手に打撃を与える
事なら大歓迎だが、イギリスの参加は、どっちせよ(そのように実質的なも
のではなく)、メンツを救う性質のものだろうと、云った。
http://www.inaco.co.jp/isaac/shiryo/whitehouse_19450618.htm

44名無し三等兵2018/07/06(金) 07:09:50.87ID:NvfFyUBu
During the war, FEAF units flew 720,980 sorties and delivered 476,000 tons of ordnance.
For these numbers FEAF estimated it had killed nearly 150,000 North Korean and Chinese
troops and claimed the destruction of more than 975 aircraft, 800 bridges, 1,100 tanks,
800 locomotives, 9,000 railroad cars, 70,000 motor vehicles, and 80,000 buildings.
This damage was inflicted at the cost of 1,841 men killed, wounded and missing,
and 750 aircraft destroyed by the enemy.

COMBINED SUMMARY OF 20TH AIR FORCE & 9TH GROUP OPERATIONS
     20TH AIR FORCE                 9TH BOMB GROUPC
     From June 5, 1944 on             From February 9, 1945 on
Missions          380                        75
Sorties        
Combat          31,387                       1843
Other           1,617                        169
Total           33,004                       2012
Bomb and
mine tonnage      171,060                      11,376
B-29 losses
Combat losses      494                   14 + 5 non-combat
Training losses in U.S.  260                          1
Air crew losses
Killed             576                26 + 1 ground crewman
Missing           2,406                  96 (12 repatriated)
Wounded or injured    433                         30

朝鮮戦争ではFEAF(720,980 sorties)の全損失人員が 1841人なのに対して、
日本空襲ではB-29搭乗員だけで合計3568人。
ナチ空軍を撃滅した赤軍空軍もB-29にはかなわなかったのだ
B-29を494機撃墜した皇軍>>>34機撃墜の赤軍>>>>>>>>>赤軍空軍に叩きのめされたナチ

45名無し三等兵2018/07/06(金) 07:11:52.09ID:NvfFyUBu
>>12
ソ連軍損失
BT-7 59
BT-5 157
T-26 20
T-37 17
BA-3 8
BA-6 44
BA-10 41
FAI装甲車 21
BA-20 19
T-20 9
SU-12 2
合計 397

日本軍損失
九七式中戦車 1
八九式中戦車乙 14
八九式中戦車甲 4
九五式軽戦車 11
合計   “たった”30

マクシム・コロミーエツ著 『独ソ戦車戦シリーズ7 ノモンハン戦車戦 ロシアの発掘資料から検証するソ連軍対関東軍の封印された戦い』

日本軍の一方的な勝利wwwwwwwwwwwwww

46名無し三等兵2018/07/06(金) 07:23:22.04ID:NvfFyUBu
https://www.chuckhawks.com/p47.htm
The Jug's record against all opposing aircraft is remarkable.
The ratio of kills to losses was unmistakably a winner.
Thunderbolt pilots destroyed a total of 11,874 enemy aircraft, over 9,000 trains, and 160,000 vehicles.

P‐47だけでナチの戦闘機11,874機撃墜、9,000輌の列車と160,000輌の車両破壊wwwwwwwwwwwwwwwwww

https://www.infoplease.com/fighter-planes-p-51-mustang

P-51s were the nemesis of the Luftwaffe, shooting down 4,950 enemy aircraft while achieving a kill ratio of 11:1.

P‐51も負けじとナチ戦闘機4,950機を撃墜 キルレシオ1:11wwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwww

ナチよえええええええええええええええええええええ

47名無し三等兵2018/07/06(金) 07:31:36.66ID:OGJSFv3V
>>46
同じキルレシオでもヘルキャットやコルセアなどの海軍機はマリアナやフィリピンや沖縄で米艦隊を攻撃にやってきた特攻機などの攻撃隊を邀撃して稼いだもの

ヨーロッパの陸軍機は邀撃してきたナチ戦闘機を逆に叩き落としてこのキルレシオを稼いでいるからな

その差は歴然だよ

48名無し三等兵2018/07/06(金) 07:54:33.42ID:ZVFHwL2P
>>47
海兵隊のコルセアは11:1のキルレシオを誇るけど大激戦だったラバウルやブーゲンビルでの航空戦戦果だよ

グレゴリーボイントンは飛行隊長やりながらのトップエースだけどフライングタイガーで日本機を落としまくってた腕利きで日本でサイン会があった時に握手もしてもらったよ

49名無し三等兵2018/07/06(金) 08:14:37.82ID:xiM5fiou
>>48
コルセアは沖縄戦には全くいなかったのか?
ナチ可愛さに適当な話すんなよファシスト

50名無し三等兵2018/07/06(金) 08:22:10.70ID:430gEVDx
ナチ叩き→ソースつきの詳細な情報

皇軍叩き→>>48みたいな妄想

皇軍叩きの信憑性はナチの大戦勝利の可能性並みに低いというか絶無

51名無し三等兵2018/07/06(金) 09:25:42.92ID:ZVFHwL2P
>>32
さすがはフライングタイガー隊だな!

素晴らしい戦果だ

52名無し三等兵2018/07/06(金) 11:13:55.44ID:TQHcwtYD
シナ人のホラ吹きが感染したフライングタイガーがアメリカ軍に戻って感染拡大を起こした模様

53名無し三等兵2018/07/06(金) 11:18:40.64ID:ZVFHwL2P
最終的にマスタング受領して日本軍機を駆逐するんだが

54名無し三等兵2018/07/06(金) 11:27:57.07ID:2JnHuGz4
>>53
独機は、もはや動く標的に
一九四四年も秋になると、爆撃機隊の目標は、さらにドイツ本土の奥深いところへと伸び、もちろん、ムスタング部隊も、
例のごとく、爆撃機隊とともに行動し、迎撃してくるドイツ空軍戦闘機の大編隊を、一手に引受けていた。
この頃になると、ムスタングのパイロットたちは、ドイツ迎撃戦闘機との空戦を“ガチョウ退治”とよぶようになっていた。
四〇機から六〇機にもおよぶ迎撃戦闘機が、びっしりと密集隊形をつくって、そのまま爆撃機の編隊に向ってくる様は、
まさに“ガチョウの群れ”を思わせるものがあった。
この年の十一月に入ると、一回の出撃で、これら迎撃機を五機以上も撃墜するパイロットが、何人も現われたものである。

P51ムスタング 米空軍の最強戦闘機 ウィリアム・ヘス著

日本軍機はマリアナでターキー扱いされたが、ナチ機は自国の本土で“ガチョウ”扱いされ
P-51にハンティングのように狩りまくられた(笑)

55名無し三等兵2018/07/06(金) 11:28:59.91ID:2JnHuGz4
>>53
11 ジェット戦闘機でも歯がたたず

B17が爆撃を終って帰路についた時、二五機にもおよぷメッサーシュミットMe262ジェット戦闘機が迎撃してきたのである。
しかしそのうちの五機が、第31戦闘飛行連隊に所属する第308飛行隊によって撃墜された。
連隊長であるウィリアム・ダニエル大佐がまっさきにMe262の編隊最後尾の一機に食い付いた。
猛烈な攻撃をうけたそのMe262は、だしぬけに急横転し、空中爆発を起した。
ウィリアム・M・ワイルダー中尉は、ちょうど敵機が爆撃編隊に突入するのを横から見まもる位置にいた。
「私の発射した機銃弾は、Me262の右エンジンに命中し、たちまち大量の煙がふきだしはじめた、ドイツのパイロットは機外に脱出した。
レイ・D・レナード中尉が、爆撃機をかすめるように通過した敵機をうちおとしたのが、四機目だった。
私の攻撃をうけた敵機は、煙をはきながら、ちょっと機首をあげて左に旋回した。
私はそのあとを追って射撃を続けると、機体の破片がパッ」ととびちるのが見えた。
やがて両方のエンジンが炎上しはじめ、パイロットが機外に脱出した」
第332戦闘飛行連隊も、別のMe262の編隊と遭遇して、そのうちの三機を撃墜した。
ロスコー・C・ブラウソ中尉は、そのMe262の一機にうしろから食い下がられ、とっさに左右へ機首をふって相手の射線をそらし、
スキをみて反転し、逆に相手の機尾から攻撃をかけて撃ち落とした。

P51ムスタング 米空軍の最強戦闘機 ウィリアム・ヘス著

ジェット機を投入したところで、ナチ戦闘機はガチョウのようにP-51に狩られまくった
ナチ機は米軍パイロットにスコアをばら撒く存在でしかなかったのだ(笑)

56名無し三等兵2018/07/06(金) 11:30:59.84ID:2JnHuGz4
>>53
https://www.infoplease.com/fighter-planes-p-51-mustang

P-51s were the nemesis of the Luftwaffe, shooting down 4,950 enemy aircraft while achieving a kill ratio of 11:1

ムスタングとナチ戦闘機のキルレシオは11:1

57名無し三等兵2018/07/06(金) 12:47:32.68ID:ZVFHwL2P
日本機とか空中待避()して逃げ回ったか殲滅されたかのどちらかなんだけどね

かいぐんさいきょう()の紫電改なんか25対11なんていう倍の戦力でサンダーボルトにケンカうって完敗してる有り様

58名無し三等兵2018/07/06(金) 12:52:12.61ID:ZVFHwL2P
アフリカ戦線で棺桶とよばれたM3中戦車は日本軍からは三階建ての家のごとき超重戦車として恐怖され、イラワジ会戦で日本軍を完璧に撃破する

59名無し三等兵2018/07/06(金) 12:55:47.22ID:ZVFHwL2P
さ〜てツベのミリタリーオススメ動画に日本への正義の機銃掃射があがる事を祈念して仕込みでもするかな

60名無し三等兵2018/07/06(金) 14:53:50.92ID:TQHcwtYD
硫黄島のP-51など撃墜主張より損害の方が多い負け越しだったけどな

61名無し三等兵2018/07/06(金) 17:31:27.53ID:+UcO8VnQ
>>58
> M3中戦車は日本軍からは三階建ての家のごとき超重戦車として恐怖され

俺達無敵の皇軍戦士
昨日は南京を屠った
今日も支那で暴れまくる
(打通せよ打通せよ)
(打通せよ打通せよ)

俺等の得物は菊紋章チハ
返り血浴びて真っ黒だ
こいつで打通してやるぜ3000キロ
(打通せよ打通せよ)
(打通せよ打通せよ)

ディーゼルの轟音
軋むキャタピラ
鋼鉄の突進
チンピラゴロツキ殺戮マシーンのお通りだ
(打通せよ打通せよ)
(打通せよ打通せよ)

崩れ落ちる家屋
逃げ惑うチンピラゴロツキ
踏み砕かれるシャレコウベ
チンピラゴロツキ殺戮マシーン
チンピラゴロツキ殺戮マシーン
チンピラゴロツキ殺戮マシーン
(打通せよ打通せよ)
(打通せよ打通せよ)

62名無し三等兵2018/07/06(金) 17:41:48.22ID:cIg0Qh3r
>>58
>アフリカ戦線で棺桶とよばれたM3中戦車は

二つの戦いの規模の比較
この点を検証すべく、二戦の軍事戦略面を比較してみたい。まず戦闘領域から見てみると、スターリングラード攻防戦は
約10万平方キロの広大な領域で繰り広げられたが、エル・アラメインの戦いは狭いアフリカの海岸で行われた。
軍備では、スターリングラード郊外のさまざまな交戦で、ソ連軍とドイツ軍から合わせて兵員210万人以上が参戦し、
大砲や迫撃砲2万6000挺以上、戦車2100両、戦闘機2500機以上が使用された。ドイツの総司令部は、この戦いに
兵員101万1000人を動員し、火砲1万290挺、戦車675両、戦闘機1216機を導入した。
一方でエル・アラメインの戦いでは、ロンメル率いるドイツ・アフリカ軍団の兵員はわずか8万人で、戦車540両、
火砲1200挺、戦闘機350機を使用した。
期間では、スターリングラード攻防戦は200昼夜続いたが(1942年7月17日から1943年2月2日まで)、
エル・アラメインの戦いは11日間行われただけだ(1942年10月23日から11月4日まで)。二つの戦いの緊張度
や激しさの違いについて、ここでは触れない。
損害の比較
エル・アラメインの戦いでは枢軸国軍が兵員5万5000人、戦車320両、火砲約1000挺を失ったが、スターリングラード
攻防戦では枢軸国の喪失が10〜20倍ほどで、約14万4000人が捕虜になり、33万人の軍団が壊滅した。ソ連軍の
喪失も甚大で、47万8741人が死亡した。多くの兵員の死亡を防ぐことはできたはずだが、この犠牲は決して無駄にはならなかった。
次に、軍事政治面を比較してみたい。スターリングラード攻防戦は、ヨーロッパの主要な舞台で起こったが、
エル・アラメインの戦いは軍事活動の二次的舞台である北アフリカで起こり、第二次世界大戦に及ぼした影響は間接的
だった可能性もある。世界は当時、エル・アラメインの戦いではなく、スターリングラード攻防戦を注視していた。
https://jp.rbth.com/opinion/2013/02/02/41195

63名無し三等兵2018/07/06(金) 17:46:21.28ID:QyzcP2Ng
>>58
>アフリカ戦線で棺桶とよばれたM3中戦車は

ならもしドイツ陸軍が、日本陸軍に代わって大陸打通作戦を発動していたらどうなりますか?

ドイツ陸軍だったら、大陸打通作戦なんてケチなものではなく、大陸消滅作戦になってましたか?
南京大虐殺とか性奴隷とか、日本軍は占領地の至るところで住民を苦しめたそうですが、
どうせなら中国人を「劣等人種」としてホロコーストしておけばよかったと思います。何しろ中国人絶滅収容所
が戦後もそのまま残ってしまうのだから、言い訳のしようがなくなり、侵略戦争の反省もしっかりしたものになり、
日中関係はずっと良くなってたはずです。それからもしできれば虐殺した中国人を潰して航空燃料を精製
すればよかったと思います。文句があるなら米軍はオーバーロード作戦を中止にして、中国戦線に派兵したらいいでしょう。

キングタイガーならもっと進軍できましたか? もっと大勢の中国人を殺戮できましたか?
四式戦疾風ではなくMe262が出撃してたら、シェンノートの在支14空軍は壊滅してましたか?
ウルツブルグレーダーと88ミリ高射砲があれば、防空は万全でしたか?

今からでもドイツ語を勉強してドイツ留学して、髪の毛染めてドイツ人になりすまし、こういう発言をしてみたい
と思ってます。「たかが中国チンピラゴロツキの3500万なんて取るに足らん。97式中戦車チハなんて、
あんなへっぽこな戦車モドキ、工業水準低いわー。わがドイツ軍のキングタイガー戦車だったら、
3500万どころか5億人皆殺しにして、中国に中国人は一人も居なくなってたはずだ!」

おい、なんとかいえよ、おい!

64名無し三等兵2018/07/06(金) 17:50:05.14ID:ZVFHwL2P
>>63
ドイツ軍がやったなら
敵主力は包囲殲滅されます
電撃作戦と包囲作戦の併用により
機動を発揮して敵を撃破できます

日本軍は機動力がないのでいつも主力包囲に失敗し、大陸に15年も釘付けにされました

65名無し三等兵2018/07/06(金) 18:02:52.39ID:Pc098QvS
>>45
>ロシアの発掘資料から検証するソ連軍対関東軍の封印された戦い

グラスノスチ以前でも、ロシア空軍が満州国のどこぞを空襲したという話は無かったはずだよな。
ちなみにロシア空軍は冬戦争でヘルシンキを爆撃してるし、フィンランドはカレリアを取られている。
ソ連軍損害が不明でも『何を失ったか』は自明なのに、何故かフィンランド軍のほうが敢闘したのだと。

ノモンハンで日本は負けた負けたというが、それで日本は何を失ったのか。
ちなみにフィンランドは冬戦争でカレリアを失っている。
カレリアを取ったティモシェンコと何も取れなかったジューコフでは、どっちの評価が高いか。
なおドイツ国防軍が全身全霊かけた対ソ戦の「輝かしい戦果」が判明するのは戦後半世紀を経てから。
けれども何を失い何を得たかというのは、戦時でも明確である。 バグラチオン作戦と大陸打通作戦、
ベルリンに翻る赤旗と南京に翻る日章旗。

ナチスと結んで米英を攻撃した日本は「無条件降伏をしたのに、北方領土を返還しろ」と主張してるのに、
ナチスと結んでソ連を攻撃したフィンランドは「有条件降伏をしたからカレリアを返還しろ」とは言わない。
クリミアは住民投票の結果ロシア領土になったという主張と、北方四島は日本が無条件降伏した結果ロシア領土になったいう主張は、
どちらが正しくてどちらが間違いなのか、あるいは両方間違いなのか両方正しいのか。

66名無し三等兵2018/07/06(金) 18:05:48.56ID:Pc098QvS
>>64
>ドイツ軍がやったなら
>敵主力は包囲殲滅されます
>電撃作戦と包囲作戦の併用により
>機動を発揮して敵を撃破できます

ハハハ、そいつは滑稽だなぁwww

  全国防軍をロシアからの食料で養いうる場合のみ、戦争を継続しうる
  全国防軍をロシアからの食料で養いうる場合のみ、戦争を継続しうる
  全国防軍をロシアからの食料で養いうる場合のみ、戦争を継続しうる

西部方面においてと同様に、ドイツ指導部は東部においても電撃的な攻撃と
勝利を見込んでいた。そのため、それに対応する数の捕虜が生じることになった。
東部経済本部部長だったヴィルヘルム・シューベルト陸軍中将の報告からは、
飢餓による捕虜の集団死亡が計画に入れられていたことが明らかになる。
各省の次官に宛てたこの報告は、征服されるべきソ連地域の農業搾取を扱った
ものだった。その中には一九四一年五月二日付けで次のように記されている。
 「戦争の三年目(一九四一年から一九四二年にかけて)において全国防軍を
ロシアからの食料で養いうる場合のみ、戦争を継続しうる。この場合、
われわれが必要とするものをロシアから持ち出せば数千万の人間が餓死
することは間違いない。最も必要なのは油種子・油粕の確保と搬出であり、
穀物はその次だ。現存する脂肪と肉は軍が消費すると推定される。」
「第二の罪 ドイツ人であることの重荷」(ラルフ・ジョルダーノ 白水社)P201

67名無し三等兵2018/07/06(金) 18:20:09.68ID:zsuG8rzB
>>64
>日本軍は機動力がないのでいつも主力包囲に失敗し、大陸に15年も釘付けにされました

米軍からみた日中戦争(特に大陸打通作戦)は、

   お ま け の そ の ま た お ま け 

の一言であろう。日本軍が攻めて来ただと?、こっちはオーバーロード作戦で忙しいんだ、
対日戦争はおまけでお前らの中国抗日なんてのはおまけのそのまたおまけなんだ、
ドイツ打倒のための貴重な米軍の戦争資源を、おまけのおまけな中国のために浪費できるかって。
おまけのそのまたおまけな中国抗日戦争には興味が無い、米中関係もどうでもいい、中国と中国人は要らん。

   お ま け の そ の ま た お ま け

こうして米中関係は破綻し、米中国交回復は1979年にまで持ち越しとなった。

68名無し三等兵2018/07/06(金) 18:22:52.42ID:zsuG8rzB
>>64
>ドイツ軍がやったなら
>敵主力は包囲殲滅されます
>電撃作戦と包囲作戦の併用により
>機動を発揮して敵を撃破できます

ご冗談をw

ヘルムート・シュミット(元首相)
 一九三七年、十八歳だった私には、ヒトラーとナチは狂っているのだということが分かりました。
ヒトラーがソ連を攻撃した一九四一年の夏、私はドイツは敗北するほかないことを理解しました。
同様に何十万人ものドイツ軍兵士も、その頃からわが国は戦争に敗れることになるのだと分かっていたのです。
悪いのはドイツ側で、われわれは侵略者であって防衛者ではないのだ、ということも次第に分かっていきました。
けれどもわれわれは、善悪は別として、ともかく祖国のために戦い続けるのが道義的義務だと信じ込む
ほどに精神分裂病状態だったのでした。第二次大戦末期には、きわめて多くの日本の兵士たちにも同
じことが起こっていたのではないかと私には思われます。
http://home.hiroshima-u.ac.jp/forum/27-5/schmidt-1.html

69名無し三等兵2018/07/06(金) 18:24:54.74ID:ZVFHwL2P
>>65
クリミアは自らの意思で大ロシアに還った

北方四島は日本の自業自得であり大ロシアによる管理で海産物資源は維持されており
北方四島でとれるタラバガニは日本人を喜ばせ、大ロシアに感謝の気持ちで一杯にしてくれる

70名無し三等兵2018/07/06(金) 18:27:59.92ID:ZVFHwL2P
>>68
スターリングラード攻防戦における最後の反撃部隊はシベリア方面から引き抜かれてきた

どこぞの島国がアメリカと戦争したので予備戦力をスターリングラードにまわすことができたのである

日本は余計なことをやったものである

71名無し三等兵2018/07/06(金) 18:29:40.08ID:ZVFHwL2P
日本はアメリカからソビエトに渡る物資輸送船を妨害しまくったので温厚なスターリンがぶちきれて対日参戦を招いた

72名無し三等兵2018/07/06(金) 18:32:30.30ID:zsuG8rzB
>>44
>ナチ空軍を撃滅した赤軍空軍もB-29にはかなわなかったのだ

旧ソ連は公式には朝鮮戦争の参戦国ではない。しかし、空軍を派遣して支援したことは衆知の事実で、
内戦以来のソ連赤軍の戦死者の統計集にも、朝鮮に空軍を 派遣して、戦死者299名
(内、将校138、下士官・兵161)を出したことが記載されている。不謹慎のそしりを免れないであろ
うことは承知しているが、 筆者は墓石に亡くなった日付が刻まれていることを期待していた。米空軍との戦闘
の状況を考えるうえで参考になるからである。日付が刻まれていたのは 1953年の大部分の戦死者だけで、
他の年の戦死者は没年しかわからなかった。墓には氏名と生年と没年が刻まれていたが、
朝鮮戦争と関連付けられる文言は ない。但し、写真3のように墓の下部に「友の戦いのために死んだ」
と刻まれた墓や、「友と同志の戦いのために死んだ」と刻まれた墓が一部にある。わずかに 「友」や「同志」
という表現の中に国際主義的任務を果たす途上、亡くなったことが示唆されているだけだ。
http://src-h.slav.hokudai.ac.jp/jp/news/117/news117-15essay1.html

73名無し三等兵2018/07/06(金) 18:34:02.85ID:+UcO8VnQ
>>71
>日本はアメリカからソビエトに渡る物資輸送船を妨害しまくったので温厚なスターリンがぶちきれて対日参戦を招いた

スターリン元帥は、これらの条件が満たされない場合、自分とモロトフにとり、なぜロシアが対日戦争に参加しなければ
ならないのかソヴィエト国民に説明するのが困難となるのは明らかである旨述べた。彼らは、ソ連邦の存在そのものを
脅かしたドイツに対する戦争は明確に理解したが、何ら大きな問題を抱えている訳でもない国を相手になぜロシアが
戦争に入るのか理解しないであろう。他方、彼は、もし政治的諸条件が満たされれば、国民は右に関わる国益を理解し、
かかる決定を最高会議に説明することも格段に容易となろう、と述べた 」。
http://www.mofa.go.jp/mofaj/area/hoppo/1992.pdf

74名無し三等兵2018/07/06(金) 18:35:20.54ID:ZVFHwL2P
なんかよく判らんが無条件降伏した島国が
かつての舎弟に竹島とやらをとられてヘラヘラ笑っているらしい

尖閣も中国にわたせばよかろう

75名無し三等兵2018/07/06(金) 18:37:11.13ID:sZWeKypT
>>69
馬鹿かw千島はおろか樺太の半分はまだ日本が領有権を有している
領土は紛争当事国同士の平和協定でしか確定しないという国際慣例を知らんのかw
なんちゃら宣言とか片方が一方的に言い出した事などなんの効力も無い
>>70
的外れにもほどがあるw
三国同盟には参戦強制などはないw現に日本はソ連に参戦しなかった
ドイツはアメリカに参戦する必要などなかったのにチョビ髭がトチ狂って参戦したのが失敗なだけw

76名無し三等兵2018/07/06(金) 18:40:00.99ID:sZWeKypT
>>74みたいに事実を知らない馬鹿が何をほざいても日本は無条件降伏などしていないw
日本軍の無条件幸降伏を受け入れただけで日本は条件付き降伏w

77名無し三等兵2018/07/06(金) 18:41:53.92ID:ZVFHwL2P
アメリカが大戦に表立って参戦する理由は日本がつくったのは世界の常識である

また、樺太、北方四島が大ロシア領土であることに疑問をもつ日本人は三桁いるかどうかであり

日本教職員組合の努力により副読本から北方四島問題というアホな単語を檄砕することに成功している

78名無し三等兵2018/07/06(金) 19:02:49.46ID:zsuG8rzB
>>74
>尖閣も中国にわたせばよかろう

米国は,最新鋭の軍事アセットを日本に配備してきており,日米安全保障条約の下でのコミットメントを
果たすために必要な全ての能力を提供している。これらのコミットメントは,尖閣諸島を含め,
日本の施政の下にある全ての領域に及ぶ。この文脈において,米国は,尖閣諸島に対する日本の施政を損おう
とするいかなる一方的な行動にも反対する。米国は,日米両国間の政策及びインテリジェンスに係る調整の強化
を促進することとなる日本による国家安全保障会議の設置及び情報保全のための法的枠組みの策定を評価する。

<日米共同声明:アジア太平洋及びこれを越えた地域の未来を形作る日本と米国 平成26年4月25日>
http://www.mofa.go.jp/mofaj/na/na1/us/page3_000756.html

79名無し三等兵2018/07/06(金) 19:32:31.28ID:XGKavYM2
>>58

1944-5年西部戦線の戦車戦に関し、アメリカ軍による研究がある。
Hardisonは、比較的戦車戦の多かった第3機甲師団と第4機甲師団の戦闘データから98戦例を抽出した。
これによれば、アメリカ軍が攻撃側でドイツ軍が防御側に立った場合の損害率は、米22.8%で独33.3%である。
これが反対に、ドイツが攻撃側に回った場合には、独60.1%で米6.8%と、ドイツ側の高い損害率を示している。
シャーマンとパンターの戦闘にかぎった場合でも、数字はほとんど変わらない。

両軍が会敵するとき、平均して、アメリカ軍は兵器9.1を有し、ドイツ軍は兵器3.7を有し、約2.5対1となっていた。
シャーマンとパンターの関与する29戦例で見れば、シャーマンは1.2対1の数的優勢をもっていた。

86戦例のうち、6ケースでアメリカ軍側は全滅している。
同じように、ドイツ軍では89例のうち41ケースで全滅した。
3以下の兵器を使用した側は、81例のうち37例で全滅させられている。

統計では、パンターが防御に回ったときの有用性はシャーマンの1.1倍となり、
逆の場合シャーマンの有用性は8.4倍にもなる。
すべての記録を合わせると、シャーマンはパンターの3.6倍の有用性を誇った。


ナチの主力戦車パンターですら、シャーマンに全く歯が立っていなかった事実

チハもパンターもシャーマンにかなわないという点で変わりはなかった

シャーマン>>>>>チハ=パンター

80名無し三等兵2018/07/06(金) 19:33:11.83ID:XGKavYM2
>>58
アメリカ軍戦訓広報誌Intelligence Bulletinによれば、シャーマンに歯が立たないナチは、
パンターの最新型(G型)を投入して、射程の長さを活かしてロングレンジで戦車兵にシャーマンと2,000ヤードで撃ち合うよう訓練したが、
Novilleでのクリスマスの戦闘ではその作戦すら全く通用せず、
シャーマンがわずか45分間にパンターG型を一方的に6輌撃破したと書いてる(シャーマンの損害0)

パンターにはシャーマン5両で当たれと命令がでたいうデマを飛ばすナチヲタファシストがいるがそんな史実はない

シャーマンに歯が立たないという点ではチハもパンターも変わらなかった

81名無し三等兵2018/07/06(金) 19:34:02.28ID:XGKavYM2
>>58

ナチ礼賛のファシストは
すぐにバルクマンコーナー(笑)とかヴィレル・ボカージュの戦い((笑)(笑)
とかごく一部の得意例を持ち出してナチのボロ戦車を褒め称えるが

当のナチの第53軍団司令官フリッツ・バイエルラインが
パンターはノルマンディでの地形に適応しておらず、操縦性の良好なM4に対し苦戦した。
長砲身と横幅は村や森林での戦いでの機動力の低下要因となったし、フロントヘビーで
フロントファイナルドライブがすぐ摩耗したから全く役に立たなかったと認めているんだが

Armored Thunderbolt: The U.S. Army Sherman in World War II スティーヴン ザロガ著

82名無し三等兵2018/07/06(金) 19:35:05.27ID:XGKavYM2
>>58

アラコート戦車戦って知ってるか?
75o砲主体のM4とM10に、第5装甲軍の2個師団のパンターやティーガーが
襲い掛かったが、米軍の一方的勝利で

ナチの損失、戦車(パンター多数)装甲車285輌
米軍の損失 M4 25輌 M10 7輌

キルレシオ 1:10wwwwwwwwww
バルクwwwwマンwwwコwwwwナーwwwwwwww

http://www.privateletters.net/featured_arracourt.html

83名無し三等兵2018/07/06(金) 19:36:41.06ID:XGKavYM2
>>58
ナチがアルデンヌの戦い前に、西部戦線に配備していたパンターは471輌うち336輌が稼働(稼働率71%)
うち400輌が東部戦線や本土から移動したきた分

しかしアルデンヌの戦いでの戦いの消耗が激しすぎて1945年1月15日時点では稼働しているパンターは
たった97輌だったwwwwwwwwww
やられすぎwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwww

いくらチハでもここまで一方的な大量の損失はなかった

Germanys Panther Tank: The Quest for Combat Supremacy トーマスジェンツ著

84名無し三等兵2018/07/06(金) 19:40:45.84ID:XGKavYM2
>>728
  ,j;;;;;j,. ---一、 `  ―--‐、_ l;;;;;;
 {;;;;;;ゝ T辷iフ i    f'辷jァ  !i;;;;;
  ヾ;;;ハ    ノ       .::!lリ;;r゙
   `Z;i   〈.,_..,.      ノ;;;;;;;;> パンテルタンクは弱っちいシャーマンを無双した…
   ,;ぇハ、 、_,.ー-、_',.    ,f゙: Y;;f    そんなふうに考えていた時期が
   ~''戈ヽ   `二´    r'´:::. `!   俺にもありました
https://scontent-lga3-1.cdninstagram.com/vp/4931cc9c2c4f58d3690be2bf3912abb5/5BDF68EB/t51.2885-15/e35/25026150_353115991827796_6871623068561702912_n.jpg

85名無し三等兵2018/07/06(金) 19:51:47.69ID:jEpSiOh8
本稿はもともとの表題を「冷戦――継子としてのアジア――」としていた。物質的な観点からすると、アジアは米国
が冷戦期に打ち出した政策の継子では決してない。反対 に、政治資本、資金、あるいは人命という面からすると、
アジアは冷戦期において米国が政治と軍事のエネルギーを他のどこよりもはるかに多く消耗した地域であった。
米国 が当初から西欧の安全に固執していたことを考えると、それは最大の皮肉と言えるかもしれない。
http://www.nids.mod.go.jp/event/forum/pdf/2003/forum_j2003_10.pdf


冷戦時代の欧米は、アジア太平洋戦争(大東亜戦争)の及ぼした影響力を軽視しすぎていた。

86名無し三等兵2018/07/06(金) 19:54:27.30ID:XGKavYM2
http://wild7.jp/wp-content/uploads/2015/06/swn04.jpg

シャーマンに踏み潰されるナチのPak
ナチなんて元々映画でも漫画でもやられ役だったのにキモブタどもが持ち上げすぎ

87名無し三等兵2018/07/06(金) 20:01:22.04ID:jEpSiOh8
>>72
>旧ソ連は公式には朝鮮戦争の参戦国ではない。しかし、空軍を派遣して支援したことは衆知の事実で、

僅かな義勇軍を送ったに過ぎない。もともとロシアと中国は軍事同盟を組む間柄ではない。

 提案は、非対称のものである。西側の軍事的歴史的行動の領域において、中国の支持は、
ロシアに多くのものを与えない。この問題に関する中国の立場は、欧州にとってどうでもよいのだから。
一方、アジアの「戦線」においては、歴史的なルーツをもつ紛争へロシアを引き入れることは、
具体的困難を孕んでいる。というのも、ロシアは、今後、世界のその部分においてはるかにより活発に行動し、
そこでさまざまなプレーヤーとの均衡のとれた関係を構築するつもりであるから。

共通の歴史認識の崩壊   2015年9月2日 フョードル・ルキヤノフ
http://jp.rbth.com/opinion/2015/09/02/394013

88名無し三等兵2018/07/06(金) 20:01:32.65ID:ZVFHwL2P
>>83
アメリカ第3機甲師団は400両あったシャーマンが100両以下になる大損害を被ってるんだけど

89名無し三等兵2018/07/06(金) 20:04:23.04ID:H3rkzz6U
 ここでやや先回りして、1941年10月の独ソ戦線全般における総括をしてみよう。
赤軍航空隊参謀部の資料によると、この月の損害は1729機に上り、しかもその内
の931機は敵戦闘機や高射砲による撃墜、あるいは戦闘任務から未生還、事故による
損壊のいずれにも分類されていない。損害の54%を占める飛行機の辿った運命は
いまだもって不明なままなのである。特にたくさんの襲撃機(308機中225機)が
「未確認損失」欄(赤軍内部では機体数計上方法の整理をした際に浮かび上がった、
撃墜、未生還などの戦闘損失や故障などの非戦闘損失のいずれにも該当しない原因
不明の損失)に記帳されている。どうもこれは、当時頻繁に発生したAM-38型エンジンの
故障と予備部品の不足から修理が不可能であったことと関係がありそうである。また、
およそ70%もの赤軍航空機は、空戦で失われたのではなかったといっても過言ではなかろう。
<モスクワ上空の戦い 知られざる首都航空戦1941〜1942年>

 また,2個の機甲擲弾兵連隊,ひいては師団全体の状況を推測するうえで参考にして
いただきたいのが,SS第26連隊第2大隊は,アルデンヌ攻勢開始当初に装備されていた
105台の自動車のうちの38台を喪失し,1月末の数字では残された67台のうち34台,
つまり最初の数字の32%が稼動状態を保っているという車両装備状態であった。興味深いことに,
保有されていた車両の内幕(牽引車を除く)は以下の通りで,これら6種類のメーカーのうち,
3種が捕獲車両であった。フォードV8 13台,オペル・ブリッツ 10台,ブラガ 1台,
フィアット 14台,スチュードベーカー 2台,ベッドフォード 1台。
 このようにしてみると,部品の交換や修理に相当苦労したであろうことは,想像に難くない。
<ヒットラー・ユーゲント SS第12戦車師団史 下 / フーベアト・マイヤー/著>

90名無し三等兵2018/07/06(金) 20:06:42.69ID:ZfHVfchk
>>71
>日本はアメリカからソビエトに渡る物資輸送船を妨害しまくったので温厚なスターリンがぶちきれて対日参戦を招いた

ウイーン会談
1961年6月3日就任後まもない、ケネディとフルシチョフの頂上会談(当時はこう言った)が、ウイーンで開かれた。
この会談は結果的にはベルリン情勢がすべての会談であった。ここに、両首脳のやりとりがある。
フルシチョフ:第二次大戦を終結してもよい時期だと考える。もしアメリカが侵略的な西ドイツのやつらと共に、
この事を無視するなら、ソ連は東ドイツとだけ平和条約に調印するつもりだ。その時は、戦争状態は終わりを告げ、
ドイツ降伏の際の東西の取り決めであるベルリン占領権、通行権などは、効力を失うだろう。
ケネディ:それは、アメリカ最大の関心事だ。もし、アメリカがベルリンにおける権利の放棄を承認するなら、
アメリカの約束を誰も信用しなくなるだろう。西ベルリンを放棄すればアメリカは孤立する。それは西ベルリン市民を見殺しにし、
ドイツ再統一のすべての希望と、同盟国を失う事に成る。
フルシチョフ:ソ連が本年末までに平和条約に調印する事は誰にも止める事はできない。東ドイツの主権は尊重されるべきだ。
その主権が侵されれば、ソ連はそれを平和国家に対する侵略行為とみなすであろう。
ケネディ:その条約は西側の西ベルリンへの通行を阻害するのか?
フルシチョフ:そうだ。アメリカはどうして西ベルリンにとどまるのを望むのか?
ケネディ:我々はアメリカが過去15年も留まっていたベルリンに、これからも留まる事について話し合っているのだ。
フルシチョフ:条約によって戦争状態が終結した後に、西側が東ドイツ領内に留まるのは合法ではない。
東ドイツを侵犯した事に成る。ソ連はその侵犯を東ドイツの国境で守らなければならない。
アメリカが戦争を望むのであれば、ソ連は受けて立つ。
ケネディ:もし、それが本当なら、今年は寒い冬になるだろう。
http://www.maedafamily.com/kanren/berrin.htm

91名無し三等兵2018/07/06(金) 20:30:15.89ID:7ekRG7SI
>>88
>アメリカ第3機甲師団は400両あったシャーマンが100両以下になる大損害を被ってるんだけど

大陸打通作戦と比べてナンボのもんじゃいなwww

92名無し三等兵2018/07/06(金) 21:28:19.60ID:4ovCJZfU
>>88
>アメリカ第3機甲師団は400両あったシャーマンが100両以下になる大損害を被ってるんだけど

 9月3日は、中国人全員が心に刻み、大いに気を吐く日である。中国人は抗日戦争のため大きな民族の犠牲を強いられ、
死亡者数が3500万人以上に達したからだ。抗日戦争の勝利は、中国人が日本帝国主義の侵略に対抗した正義の戦争、
世界の反ファシズム戦争の重要な構成部分、中国が近代で初めて外国の侵略に完全に勝利した民族解放戦争だ。
http://japanese.china.org.cn/politics/txt/2014-09/02/content_33405119.htm

つまり中国の抗戦による直接人口損失の累計可能な見積もり数は2062万人で、累計可能な戦争の直接負傷障害
人口を合わせると、軍民の死傷は最低3480万人となる。同時に、中国の抗戦による直接の死傷人口は計4100万
以上になるはずで、戦時中の行方不明・捕虜などの数字を合わせると、戦争が直接中国にもたらした死亡、
負傷障害、失踪などの人口損失は4500万人を超えると考える。さらに人口損失の見地からは、抗日戦争期の
中国の人口損失総数は5000万人以上にのぼるはずである。
http://www.china-news.co.jp/node/4456

 興隆県が抗日戦争に勝利をおさめたことは、そうたやすいことではありませんでした。抗日戦争の中で中国側は3500万余人、
興隆県の中でこの13年の間に5万人くらいが殺されました。全中国の死者の700分の1です。県の統計資料によると、
興隆県で最後の4年間で15400人殺されました。興隆県公安局の1954年の7つの区に対する不完全な統計によると、
人圏の中の住民が疫病、凍死などで死んだ人が11400余人いました。1941年日本軍の統計数字によると全県の人口は1
6万人くらいいました。日本軍が投降後、全県の人口は10万人くらいになっていました。6万人くらいが殺されたことになります。
http://www.jade.dti.ne.jp/~kaworu/cont/sankotou.html

93名無し三等兵2018/07/06(金) 21:49:13.86ID:PLnmlDo7
ドイツ戦車強くてカッコいいからしょうがない

ガルパンでもチハタンは雑魚だからなw

まぁお情けで現実的にはありえない活躍をさせてもらったけどw

94名無し三等兵2018/07/06(金) 21:53:16.75ID:ZVFHwL2P
>>92
そうだ

だからこそ中国人は日本人を3500万人殺す正当な権利を持つ

震えながらその時を待つしかないのだ

95名無し三等兵2018/07/06(金) 21:55:30.51ID:XGKavYM2
>>93
なんだ?がるぱんって?
あんパンみたいなもんか?

96名無し三等兵2018/07/06(金) 21:57:57.67ID:PLnmlDo7
>>95
広報誌なんて資料になるかよ ジジイ

97名無し三等兵2018/07/06(金) 22:03:38.18ID:Fj7i+XR6
朝鮮戦争で南下してきた北鮮のT34/85に対し太平洋戦争でチハの装甲を貫通し撃破したバズーカは弾かれて全く役に立たなかったw

98名無し三等兵2018/07/06(金) 22:06:54.12ID:Fj7i+XR6
サイパンの夜襲でも千守島の戦いでも日本軍戦車はドイツやソ連の戦車に全く歯が立たなかった対戦車銃やバズーカにより次々撃破された

99名無し三等兵2018/07/06(金) 22:10:04.77ID:Fj7i+XR6
チハでティーガーを撃破する事は
だつおに彼女ができるくらいの難易度

つまり不可能w

100名無し三等兵2018/07/06(金) 22:32:14.87ID:+UcO8VnQ
>>97
>チハの装甲を貫通し撃破したバズーカ

それは日中戦争の中国軍には支給されていたのか?

 一九四四年四月、日本軍は一五個師団に五個旅団を合わせて侵攻を開始した。
これを迎え撃つべき中国軍三〇万は、あっという間に姿を消してしまった。
五百人ほどの日本軍部隊に、何千という中国軍部隊が敗走させられた。中国軍
の指揮官たちは、自分たちの家族と財産を奥地に避難させるべく、トラック
隊を指揮した。シェンノートは、もしスティルウェルがもっと十分な「貸与法」
物資をこれらの中国軍部隊に与えてくれたら、こんなことにはならなかったはず
だと主張した。しかし、実際はこれらの部隊はたっぷりとアメリカの物資が供給
され、指揮官たちはそれを闇市や日本軍に売りとばしていたほどだったのだ。
<「宋王朝 下」(スターリング・シーグレーブ サイマル出版会)>

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています