国家安全保障政策/国家戦略研究スレッド

1JTAC2018/08/27(月) 21:57:36.80ID:3AiPVM4T
我国の繁栄と安全を守る国家安全保障政策とこれを実現する国家戦略を研究・提案するスレッドです。

○国家安全保障政策とは
国家の独立と繁栄を維持するために、主に軍事的な脅威などから国家を守る政策。国家は多様な価値観を包含しており政策は必ずしも他の政策・党派と整合するものではない。

○国家戦略とは
国家目的を遂行する最高位の観点から、平戦両時に政治・軍事・経済等の国力を効果的に運用する統一的・総合的・全般的な戦略。安全保障政策を上位構造とするが、政策上の不整合は国家戦略により統合が図られる。階層構造下位の戦域戦略、作戦、戦術の準拠となる。

○戦略の位相
国家戦略を構成する全ての位相(軍事・経済・文化・社会・科学技術etc.)を議論の対象としkますが軍事を主たる切り口とし、それ以外の議論は50レスを越える場合は専門スレッドへの移動をお願いします。

○戦略の階層構造
戦略を構成する全ての階層構造(世界観・政策・国家戦略・戦域戦略・作戦・戦術・技術)を議論の対象としますが、作戦次元以下の議論は50スレを越える場合は専門スレッドへの移動をお願いします。

○戦略と戦史
戦略とは一般的な法則が成り立つような分野ではなく、戦史において淘汰される複雑系・非線形・進化的なプロセスです。議論の根拠たり得る戦史上の事象(古代・中世・近世・近代・現代)を議論の対象とします。

○当スレッドのスタンスと地誌について
当スレッドは明らかにネット右翼(ネトウヨ)スレッドです。対象脅威を尊称で奉る趣味はございません。戦史・兵要地史の一貫性のため歴史的な略称(支那・北朝鮮・南朝鮮・米・英・仏・露・独他)を推称します。

○戦略思想家の格付け
●神様リスト
クラウゼヴィッツ、モルトケ、コーベット、リデル・ハート、マイケル・ハワード、コリン・グレイ、ルトワック
●疫病神リスト
ジョミニ、フォッシュ、フラー、マハン、ドゥーエ、ハマン・カーン、キッシンジャー、バーナード・ブロディ、クレフェルト、ミアシャイマー

「勝利は既に(戦略次元で)確定している。卿らの上に大神オーディンの(作戦次元以下の)恩寵あらんことを。」

253JTAC2018/10/12(金) 23:30:29.25ID:SMvZ2w6R
>核戦争

「絶対に起こり得ない」とは到底言えませんが
リベラリズム派の観点からは核戦争での国家戦略上の利益はまずありません。

254JTAC2018/10/12(金) 23:43:44.07ID:4cWxNA5S
>ペンス副大統領

現状、事実としてペンスの発言には政策的裏付が無い。

もう一つやや推測的ですが、議会超党派でトランプを失脚させてペンスを大統領に昇格させようという動きは、水面下であります。
トランプ政権の中ではペンスは浮いています。先々は本当に大統領になるかもしれまえんが。
(フォード大統領のパターン、上下両院3分の2で弾劾・罷免(辞任))

255名無し三等兵2018/10/13(土) 08:27:10.67ID:LeXMI/Qt
戦中は当たり前、戦後も少しは
レンドリースはソ連のためではなく、連合軍のためです

ペンスはナチスのヘスみたいなもんか

256JTAC2018/10/13(土) 21:27:13.61ID:a6QC6rcC
>>255
>米英仏から見たレンドリースの功罪

○功
・ナチスドイツを倒した
・大日本帝国の関東軍を崩壊させた

●罪
・そもそも貸与なのに踏み倒された
・東欧を全てソ連に蹂躙された
・満州を支那共産党に持っていかれた
・アフリカの植民地が崩壊した
・東南アジアの植民地が崩壊した
・中東支配が崩壊した
・インドが独立した
・冷戦が始まって西ドイツ、日本を取り込まざるを得なくなった
・朝鮮半島の北半分を持っていかれた

戦略のパラドックスの見本みたいな現象です。
全て自分達に跳ね返ってくるという。
マッカーシズムが吹き荒れるのも分かろうというもの。

257JTAC2018/10/13(土) 21:36:26.04ID:a6QC6rcC
wikiですが(ソ連向けレンドリースの物資量)

航空機 14,795
戦車 7,056
ジープ 51,503
トラック 375,888
銃 8,218
機関銃 131,633
鉄道貨車 11,155
機関車 1,981
舶用エンジン 7,784
食糧 4,478,000 トン
機械と装備品 1,078,965,000 ドル
非鉄金属 802,000 トン
石油製品 2,670,000 トン
化学物質 842,000 トン
綿 106,893,000 トン
皮革 49,860 トン
タイヤ 3,786,000
軍靴 15,417,001 足

トラックの「37万台」と機関車の「1万9千台」が最も決定的です。
ソ連はまともに作れなかったので。これ無しではソ連戦車軍の作戦機動はまず無理です。

258JTAC2018/10/13(土) 22:20:46.00ID:a6QC6rcC
これもやや陰謀論めいていますが、トランプとニクソンにはキッシンジャーという共通点があります。
キッシンジャーはネルソン・ロックフェラー、デビット・ロックフェラーとガチで強い紐帯があります。
(ロックフェラー家大統領選進出時の外交顧問、落選しましたが)
ニュヨークの財界を通じてトランプはロックフェラーとはかなり強い繋がりがあります。
このあたり、トランプとニクソンには強い類似点を感じます。
ワシントンのアウトサイダーとしてホワイトハウスにやってきて
キッシンジャーというロックフェラーの番頭の影響下にあるという。

その末路が弾劾されるという惨めな最期になる可能性も。
先般、トランプはロックフェラー家の強い推薦があった親支那派のレックス・ティラーソンを罷免しました。
これで、ロックフェラーとは確実にこじれます。
ニクソンも弾劾直前にキッシンジャーヘイグといったロックフェラーの犬とかなり揉めていました。
彼らはニクソン失脚後も着実にフォード政権に残り飼い主の意向に忠実な政策を遂行しています。

259JTAC2018/10/13(土) 22:29:29.24ID:a6QC6rcC
キッシンジャーの篭脱け外交は過大評価されています。
そもそも外交とは「国家戦略」そのもの。
国務省を無視するキッシンジャーの補佐官外交では総合的な戦略立案など無理。
スタンドプレーに終止しその場しのぎで国益を損ねてきました。

260JTAC2018/10/13(土) 22:29:29.41ID:a6QC6rcC
キッシンジャーの篭脱け外交は過大評価されています。
そもそも外交とは「国家戦略」そのもの。
国務省を無視するキッシンジャーの補佐官外交では総合的な戦略立案など無理。
スタンドプレーに終止しその場しのぎで国益を損ねてきました。

261JTAC2018/10/14(日) 19:35:04.42ID:3AO66oVQ
グレイによると、重要な17個の戦略的要素があるとしています。
○人間と政治
人間、社会、文化、政治、倫理
○戦争準備
経済、兵站、組織、軍事行政、情報 諜報、戦略理論と教義、技術
○戦争本体
軍事作戦、指揮、地理、摩擦、敵、時間
これは少々目が回りそうです。

アメリカ軍の戦略教範で言及されているのは軍事、外交、経済、科学技術、情報、心理が多いようです。
いづれにせよ、一つの位相での目的達成に固執せず柔軟に位相を切り換えながらパラドックスを迂回するのが国家戦略です。

ただし、必要であり有効であるならば、何のためらいもなく「軍事」力の行使に踏み切るのもまた国家戦略だがな。

262JTAC2018/10/14(日) 19:43:35.41ID:3AO66oVQ
「心理戦略」は、まだまだ不勉強ですが知っている限りふれてみたい。

20世紀の知の巨人、カール・マルクスの資本論は根本的に否定され社会主義は惨めに滅びました。
我々は経済戦略において市場経済を前提にせざるを得ません。

一方でもう一人の知の巨人、ジークムント・フロイトが開いた心理学(心理戦略)はもはや否定しようがありません。

263JTAC2018/10/14(日) 20:04:13.13ID:3AO66oVQ
我々はアフター「フロイト」の世界に生きていて、ビフォア「フロイト」の殺伐とした世界を忘却してしまい
このスタンダードの特異性を認識できなくなりました。

以前は「無意識」というものが認知されておらず、例えば「性欲」も上流階級では倫理的に「ふしだら」とされ、
特に女性はお洒落も制約はあり、結婚相手も自由に選べませんでした。

全てはフロイトの無意識の肯定、性欲の認知から始まっています。
フロイトの「精神分析」の手法自体は恣意的だと下火になりましたが、今さら無意識を否定する人間はいないでしょう。
女性が短いスカートで渋谷を闊歩しても弾圧されることはありませんし、恋愛も(社会的な制約はありますが)自由にすることができます。

無意識が認知され、存在する以上は飼い慣らす必要があり、一歩進んで操作することも可能と見なさねばなりません。
「心理戦略」の誕生です。

264名無し三等兵2018/10/14(日) 22:24:21.53ID:3K2A92Od
呼んだ? byユングw

河合隼雄wでもいいおw

265JTAC2018/10/14(日) 22:32:12.10ID:73WsDl7i
今日、軍事においても心理戦略の影響は免れません。
人間は、本質的に殺人を忌避する習性をもっていて、敵を銃で撃てない兵士がいます。
ではどうするか?

第二次大戦までは歩兵の射撃訓練は方形の的で行われていましたが、第二次大戦で敵を撃てない兵士が多発し改良が加えられました。
人形シルエットを付記したF的の導入です。
これで訓練した兵士は、前大戦の兵士よりもはるかに容赦なく敵兵を撃ち殺せるようになりました。

かなり嫌な話ですが心理戦略の一つの成功例でしょう。

266JTAC2018/10/14(日) 22:41:36.28ID:73WsDl7i
>>264
ユングの分析心理学における個人的無意識と集合的無意識は、心理学が「集団」をも対象とする意味で重要でしょう。

いよいよ「心理戦略」の形が見えてきました。

267JTAC2018/10/14(日) 23:04:58.03ID:73WsDl7i
マズローの五段階欲求では、生理的欲求、安全欲求、社会的欲求、尊厳欲求、自己実現欲求と低次の欲求から段階的に高次に移項すとありますが、
鹿島茂氏の「情念戦争」によると、その上にさらにフーリエの三大情念があると。

「熱狂情念」 途方もない遠大な事業を起こさずにはいられない。
「移り気情念」 古い組織を離れ新しい組織に移籍せずにはいられない。
「陰謀情念」 陰謀を企て党派闘争を起こさずにはいられない。
これを代表するのがナポレオン、タレイラン、フーシェ。

フランス革命とナポレオン帝国は彼らの情念がもたらす凄まじいまでの動機づけで誕生し、その相殺で消えていったと。
さらには、その上にはそれらを統合的に満足させることで充足感を得る「統合情念」なる傍迷惑なものもあるそうです。

268JTAC2018/10/14(日) 23:11:52.46ID:73WsDl7i
防衛省の内向的な心理戦略(精神教育)は使命の自覚、個人の充実、責任の遂行、規律の維持、団結の強化。
あまりにも正しいですが、反面「それが何か?」と。
高校生じゃあるまいし。

269JTAC2018/10/14(日) 23:35:23.42ID:73WsDl7i
どす汚くも悪魔的なまでに奸知にたけた「心理戦略」に毛沢東の「遊撃戦理論」があります。

これは「軍事戦略」「経済戦略」としては幼稚です。
ただし「心理戦略」として恐るべき要素があります。
端的に言えば、貧乏人に武器を供与して金持ちや富農にけしかけ、土地と財産を毛一派と貧民で山分けしようと提案しているわけです。
金が動機だけでは慎重なリアリストの貧農は動きませんが、
セックスを餌にすることで、貧しさ故に性的に抑圧されている貧民層を意のままに操りました。
襲う対象の金持ちの婦女子への性的暴行の認可・奨励です。
以後、大躍進運動や文化大革命でも類似した光景があふれました。

現代における超限戦理論にも多分に心理戦略の要素があります。警戒しないと日本も大変な目にあいます。
また、彼らがいわゆる慰安婦問題に拘るのは、彼自身の社会構造がかなり性的に抑圧された構造であることを表します。

270名無し三等兵2018/10/15(月) 02:33:03.49ID:WYw9plXh
>トラックの「37万台」と機関車の「1万9千台」が最も決定的です。
ごとくれてやったということではないでしょうか。戻す手間も省けるし。運転者は空路でw
北極海ルートではなく中東ルートだったらしいので。

航空機 14,795 これもそのまま飛ばして運ぶのではなく、分解して陸路なのだろう
戦車 7,056 これすら鉄道で運ぶのだろう
ジープ 51,503 これはそのまま走らせて運ぶ
トラック 375,888 以下の物資を運ぶためのもの。その上で、不足なら足す。過剰ならくれてやる。
銃 8,218 少ないねえ
機関銃 131,633 米国製?よく見るソ連製の水平円盤弾倉のあれはなに
鉄道貨車 11,155 トラックと同じく
機関車 1,981 同じ
舶用エンジン 7,784
食糧 4,478,000 トン
機械と装備品 1,078,965,000 ドル
非鉄金属 802,000 トン
石油製品 2,670,000 トン
化学物質 842,000 トン
綿 106,893,000 トン
皮革 49,860 トン
タイヤ 3,786,000
軍靴 15,417,001 足 ちょうどいい数字だw

271名無し三等兵2018/10/15(月) 03:08:19.52ID:WYw9plXh
>人形シルエットを付記したF的の導入です。
んじゃFPSも効果があるんか?

>無意識が認知され、存在する以上は飼い慣らす必要があり、一歩進んで操作することも可能と見なさねばなりません。
「心理戦略」の誕生です。
国民的某子役がそれだな。後継を聞かないが、戦略が変わったんだろうか(棒

>彼ら自身の社会構造がかなり性的に抑圧された構造であることを表します。
たしか同じようなものに 劉あと1文字忘れた がある
逆さにすると 生出し、あ になるから芸名なんじゃないかと。本名だとしたら親の無意識の表れか

272JTAC2018/10/15(月) 20:49:57.71ID:vZ7Owr4f
>>270
>ごとくれてやったということではないでしょうか

さすがにその認識は無かったでしょう。ソ連のスパイ以外。(陸軍参謀総長 マーシャル?)
大英帝国は帝国が崩壊するレベルまでUSAファイナンスに取りたてられました。

レンドリースの輸送路は3位 中東、2位 バレンツ海(ムルマンスク)、1位 不本意ながら、不本意ながら太平洋(ウラジオストック)です。
比率は、0.5:2:3くらいで太平洋航路が最大です。
ただしシベリア鉄道の制約があるので戦艦ティルピッツの38mm砲の脅威を覚悟しつつバレンツ海にも分散せざるを得なかった。

273名無し三等兵2018/10/15(月) 21:03:44.93ID:vZ7Owr4f
>>271
心理戦略における「性欲」に対する認識の甘さは日本人の弱点の一つだと思う。
まずわりと充足されているんだよね。明らかに社会的に性犯罪が少ないので。
免疫が無いので、逆に外交官がホイホイとロシアや支那のハニートラップにやられる。

イスラム原理主義の過激さも宗教的にかなりの割合の男性が性的に抑圧されていることが原因。
第三次世界大戦にまで発展しかねないので「性欲」といっても笑えません。

274JTAC2018/10/15(月) 21:23:27.97ID:vZ7Owr4f
ユングときてアルフレッド・アドラーの社会結合論になると真に国家戦略の位相として取り上げるに値する心理戦略と言えるでしょう。
今、アドラー心理学は流行ですね。書店にアドラーコーナーができるくらいです。

アドラーの社会結合論では、個人の葛藤の原因を個人内部の不一致に求めず(個人の主体性、目的論、全体論)対人関係、大きくは社会との関係に求めます。

これが心理治療ではカウセリングとして結実し、また哲学における認知論を社会科学の平原においても実証的に議論できる基盤を提供し
心理戦略の基盤を作ったと評価できるのではないかと。

275JTAC2018/10/15(月) 23:19:12.60ID:vykTvcQd
認知論とくれば私が信奉するフランシス・フクヤマ登場です。
アドラー心理学の「人は認知を求めて動く」でフクヤマは哲学のみならず社会学、心理戦略の次元に降りてきます。

根本の弁証法による歴史学的認知論はヘーゲル、人の歴史を認知を求める歴史としたのはアレクサンドル・コジェーヴ
それを現代に適用し自由民主主義・市場経済の勝利を体系化したのがフクヤマ(ヘーゲル右派)。

276JTAC2018/10/15(月) 23:35:30.49ID:vykTvcQd
原始の人(狩猟時代)は、知恵の実により認知に目覚め、ホッブズの万民の万民による認知を求める戦いが始りました。
これを「認知革命」といいます。
これは今日、考古学的にも実証されました。
ルソーの原始理想郷は考古学的にも誤りです。
社会主義は早くも学問的に死にました。

人は認知を求めて動きます。
農業革命下で、他人を制し貴族として社会的認知を得ようとするものが登場し、社会は大きく貴族と奴隷に分割されました。
この貴族の認知の願望を「優越願望」といいます。

一方で支配を求めず、対等の認知を求める奴隷の願望を「対等願望」といいます。

277JTAC2018/10/15(月) 23:37:30.97ID:vykTvcQd
原始狩猟時代の「優越願望」は腕力で維持されていましたが、農業時代はそうはいきません。
きぞく

278JTAC2018/10/15(月) 23:50:19.69ID:vykTvcQd
(続)貴族の支配は制度化(フィクション)される必要があります。

一方で奴隷は社会の底辺であるがゆえに貴族のフィクションと距離を置き、世界観に自然科学を取り込んでいきました。
社会の担い手が徐々に奴隷の「対等願望」に移り(科学革命)、貴族の「優越願望」を説教していきました。

また貴族側の「優越願望」には認知を求めるという観点で矛盾があります。
対等ならざる奴隷の認知が本当に人として求めるものなのか?

このようにして「優越願望」は「対等願望」に対し劣性となり、「対等願望」の極みである自由民主主義が世界の主流となっていきました。

279JTAC2018/10/15(月) 23:59:37.58ID:vykTvcQd
では「優越願望」は死に絶えたのか?
そうでは無くちゃんと捌け口があります。「企業経営」(経済戦略)です。

奴隷の対等願望により起こった科学革命は、経済的な位相においてゼロサムゲームを脱しました。
常に科学技術を研究開発することで新たな富を創設することができます。

これにより、社会的な対等願望と矛盾することなく経済において優越願望を存分に充足させ、ますます経済の発展を加速させています。

280JTAC2018/10/16(火) 00:07:12.74ID:uL5FPtIq
ここからはオリジナルですが、クレフェルトが西側の軍人に講演した際、
「支那が軍事的に台頭してきて君ら(西側の軍人)は本当に(仕事ができて)良かったね。」と。

なんつーことを言うんだ、この疫病神が、と思うと同時に「正鵠を得ている」部分も否定できません。

281JTAC2018/10/16(火) 00:12:55.18ID:uL5FPtIq
西側の軍人は、強いプロフッショナリズムにより強烈な戦いでの「優越願望」をもっていますがシビリアン・コントロールにより「対等願望」で押さえこんでいます。
しかもソ連が滅びて軍事的「優越願望」を発散させる場がなくなりました。

282名無し三等兵2018/10/16(火) 00:21:22.38ID:uL5FPtIq
こんなとき西側軍人に「優越願望」を充足させる哀れな羊が現れました。支那です。
「心理戦略」的にはピラニアに骨までしゃぶられる運命です。
その小道具が「集団安全」です。

283JTAC2018/10/16(火) 00:30:16.85ID:uL5FPtIq
自由民主主義国家群の集団安全保障において民主主義と正義の名の下
自らの優越願望達成のため支那を滅ぼし精神的な充足を得る。

本質的になんと「淫蕩」なことか。
支那のハニートラップかわいく見えます。
それゆえに日本に必要な心理戦と言えないt
これが

284名無し三等兵2018/10/16(火) 00:38:05.40ID:uL5FPtIq
「勤王の義軍」(集団安全保障)により「賊軍」(支那軍) を撃つ。
これが「現代の心理戦略」かと。

285名無し三等兵2018/10/16(火) 03:58:24.75ID:AMLrOpjK
ウラジオストックは枢軸国の制海圏のはずだが

認知って承認欲求みたいなもんか?

286JTAC2018/10/16(火) 06:19:51.13ID:soEi/GLb
>>285
日ソ中立条約(1941年)でフリーパスです。

287名無し三等兵2018/10/16(火) 07:37:31.85ID:AMLrOpjK
>常に科学技術を研究開発することで新たな富を創設することができます。
富がモチベーション

>日ソ中立条約(1941年)でフリーパスです。
しかしアメちゃんの船が

288名無し三等兵2018/10/17(水) 01:11:54.53ID:UN+nXXf9
>>287
太平洋航路の場合は船舶はソ連のです。
そこは抜かりはありません。

日本外交は、それ以前の独ソ不可侵条約も、独ソ開戦も、バルバロッサ作戦が行き詰まることも全く予測できず何の手も打てませんでした。
ここまで悲惨だと国も滅びるわな。
「情報戦略」もいずれ遡上にのせねばなりませんね。
ただし、基準となる理論を私は知らない。
「孫子」まで遡るしかないのか?

289名無し三等兵2018/10/17(水) 01:17:22.66ID:UN+nXXf9
オペレーションの中の情報の位置付けは分かります。
ただし、情報「戦略」となると難しい。

この件では、アメリカは参考になりませんね。CIAは最低の組織かもしれません。
近年のテロとの戦いでますますおかしくなりました。
ルトワックが痛烈に批判しています。

290JTAC2018/10/17(水) 01:26:13.51ID:UN+nXXf9
日本の中で「インテリジェンスの専門家」を名乗る人達はすべて駄目でしょう。
情報は「使用」してなんぼですが、基本的な部分を全く理解せずに議論してる。

291名無し三等兵2018/10/17(水) 01:44:23.67ID:UN+nXXf9
情報戦略の最古典は「孫子」ですね。
紀元前の竹簡時代に「用間編」を記しているのはたいしたものです。
ただし、孫子の戦争感は「同一文化圏」であることを前提としているので注意が必要です。
孫子の時代には、それは妥当で中原以外の周辺にまともな文明はありませんでした。
ところが支那文明も徐々に拡散し知力でも周辺国が追い付き追い越していきます。

故に、戦略研究の超先進国のはずなのに二十回くらい異文化の「蛮族」に滅ぼされておりす。歴史の教科書の通りです。
古の「漢」民族はとっくにエスニッククレンジングさてて消滅し、今の支那は本当にどこの馬の骨かも分からない異形です。

よって「中華人民共和国」などと薄気味悪い名前で呼ばず、支那(China,秦)と呼びます。
私の「読み」としては我々の存命間に二回くらい国名が変わると予想します。
だから「支那」という時代を超越した呼び名がいいでしょう。

292名無し三等兵2018/10/17(水) 04:22:05.63ID:oZFCbN5a
米国、英国において敵国から情報を収集する手段は発達しました。
オシント、ヒューミント、シギント、イミント、エリントetc.

ただし多様な手段に際限無く予算をぶちこめというのでは戦略の名に値しません。
事実、CIAやNSAの予算は兆単位に拡大し非公開を良いことに無茶苦茶な使いかたをしてる。
そのくせ重要な情報は逃す。

ルトワックの提言は、あまりに肥大化した情報機関や特殊部隊を昔ながらのチープで簡単なや方に整理し、
本来の情報の使用にみあった手段を見直すことです。
人数ばかり多く現場で働かない何とかアナリストは「馘首」です。

293名無し三等兵2018/10/17(水) 13:40:51.31ID:pdn8ViGq
>太平洋航路の場合は船舶はソ連のです。
そこは抜かりはありません。
やはり

孫氏でいちばん面白かったのは間者についてのところだった
敵の間者を懐柔してこちらの間者にするとか

294名無し三等兵2018/10/18(木) 01:28:18.22ID:Y31kBolQ
孫子は「紀元前5世紀」という時代背景では至高の存在せしょう。

一方で紀元前5世紀という時代背景が限界でもあります。
技術的に鉄器時代に入るか入らないかであり治金属が発達し騎兵や攻城兵器が発達しした世界が想像できないからです。
そしてこの二つに漢民族は滅ぼされました。

295名無し三等兵2018/10/18(木) 16:02:16.86ID:3hLjvFAP
漢ミンジョクw

296名無し三等兵2018/10/18(木) 20:42:35.12ID:UPX3lADw
またまた奥山文庫ですが

デレク・ユアン著(奥山真司訳)「真説 孫子」

https://www.kinokuniya.co.jp/images/goods/ar2/web/imgdata2/41200/4120050475.jpg

これは当たりでした。
著者の支那中心思想にはやや辟易しますが、西洋兵学との相対比較論(クラウゼヴィッツ、リデル・ハート、ジョン・ボイド)がいい。

297名無し三等兵2018/10/18(木) 20:57:21.71ID:UPX3lADw
当たり前と言えば当たり前ですが、孫子は、クラウゼヴィッツ、ハート、ボイドと同じことを言ってるわけです。
権謀論(戦略)、形勢論(作戦)。
それに加えて廟算・用間(情報)は他の思想家が軽視していた部分で、現代の情報戦略の基礎はやはり孫子か?

298名無し三等兵2018/10/18(木) 23:27:46.98ID:cXEo6Gnt
孫子は、突然変異で表れた天才ではなく、春秋五覇・戦国七雄の代表格「斉」の文化で生れました。

支那は、殷史以降は考古学的裏付があり、よって紀元前十七世紀から孫子(孫武)兵法の五世紀までで約1200年の戦いの史実から精錬されたものと考えられます。
1200年。気が遠くなる時間です。しかも古代の時間で小規模ながら戦争が多く、成人男性のかなりの比率が戦争で落命していました。

この中で「戦わずして勝つ」という現代国家戦略の根本にたどり着いたのは感動的ですらあります。

299名無し三等兵2018/10/18(木) 23:49:04.92ID:rIGgaWvV
縄文時代は戦のない時が1万年も続いたらしいw
他に例が無いとさw

300名無し三等兵2018/10/19(金) 13:17:52.77ID:0IW8BawD
>>299
「狩猟・採集時代は戦争が無かった」というのは左翼史観の重要なテーゼ(だから農耕開始以前の社会体制に戻そう(社会主義))。
ですが、そもそも「事実」ではありません、
という趣旨の本が近年気鋭の戦史研究家 アザー・ガットの「文明と戦争」です。

「文明と戦争」宿命としての戦争

http://honz.jp/13755

最新の遺跡調査とアボリジニのような現代に残る原始狩猟採集社会の調査から原始狩猟採集社会にも激烈な戦争があったことを裏づけています。
男性の25%が暴力で死んだと見られています。

ホッブズが正しく、ルソーが誤っています。
共産主義の御臨終です。

301名無し三等兵2018/10/19(金) 13:29:29.77ID:0IW8BawD
日本の縄文時代では、そもそも「三内円山遺跡」の存在自体が左翼史観にとっての死亡宣告です。
農耕開始以前の自然状態でもれっきとした社会構造があったことを証拠ずけています。
現状、子供たちの歴史教科書でも弥生時代の「吉野ヶ里遺跡」の激烈な戦闘フォーカスし、
縄文遺跡の戦争痕は封殺しようとしていますが無駄な抵抗ですね。
大規模な集落が戦争と関係無いわけがありません。

神話を教科書に入れる、入れないの下らない論争以前に、もっととんでもない世界的潮流が押し寄せてきています。

302名無し三等兵2018/10/19(金) 13:40:05.24ID:0IW8BawD
アザー・ガットと同じくイスラエルの戦史研究家 ユヴァル・ノア・ハラリのサピエンス全史では、
そもそも先史狩猟採集時代には我々サピエンス以外にネンデルタール人以下複数の種族が同時にいたことを議論しています。
端的に言えば、我々サピエンスが他の種族を全て滅ぼしたわけです。

たまに左翼系のコメンテーターがハラリの「サピエンス全史」をマンセーしてて笑えます。
それ、あんたの死亡通知なんですが、と。

303名無し三等兵2018/10/19(金) 16:00:59.78ID:Cq2ONUl8
左右はどうでもええわ。スレチでもあるし。
>>299は右だと思うがw

新着レスの表示
レスを投稿する