国家安全保障政策/国家戦略研究スレッド

1JTAC2018/08/27(月) 21:57:36.80ID:3AiPVM4T
我国の繁栄と安全を守る国家安全保障政策とこれを実現する国家戦略を研究・提案するスレッドです。

○国家安全保障政策とは
国家の独立と繁栄を維持するために、主に軍事的な脅威などから国家を守る政策。国家は多様な価値観を包含しており政策は必ずしも他の政策・党派と整合するものではない。

○国家戦略とは
国家目的を遂行する最高位の観点から、平戦両時に政治・軍事・経済等の国力を効果的に運用する統一的・総合的・全般的な戦略。安全保障政策を上位構造とするが、政策上の不整合は国家戦略により統合が図られる。階層構造下位の戦域戦略、作戦、戦術の準拠となる。

○戦略の位相
国家戦略を構成する全ての位相(軍事・経済・文化・社会・科学技術etc.)を議論の対象としkますが軍事を主たる切り口とし、それ以外の議論は50レスを越える場合は専門スレッドへの移動をお願いします。

○戦略の階層構造
戦略を構成する全ての階層構造(世界観・政策・国家戦略・戦域戦略・作戦・戦術・技術)を議論の対象としますが、作戦次元以下の議論は50スレを越える場合は専門スレッドへの移動をお願いします。

○戦略と戦史
戦略とは一般的な法則が成り立つような分野ではなく、戦史において淘汰される複雑系・非線形・進化的なプロセスです。議論の根拠たり得る戦史上の事象(古代・中世・近世・近代・現代)を議論の対象とします。

○当スレッドのスタンスと地誌について
当スレッドは明らかにネット右翼(ネトウヨ)スレッドです。対象脅威を尊称で奉る趣味はございません。戦史・兵要地史の一貫性のため歴史的な略称(支那・北朝鮮・南朝鮮・米・英・仏・露・独他)を推称します。

○戦略思想家の格付け
●神様リスト
クラウゼヴィッツ、モルトケ、コーベット、リデル・ハート、マイケル・ハワード、コリン・グレイ、ルトワック
●疫病神リスト
ジョミニ、フォッシュ、フラー、マハン、ドゥーエ、ハマン・カーン、キッシンジャー、バーナード・ブロディ、クレフェルト、ミアシャイマー

「勝利は既に(戦略次元で)確定している。卿らの上に大神オーディンの(作戦次元以下の)恩寵あらんことを。」

530JTAC2018/11/29(木) 22:28:10.52ID:fVB5Jia0
「戦略の一般理論」(コリン・グレイ)(抜粋)

○戦略の本質と様相

・大戦略とは安全保障コニュニティのアセットを活用するための指針とその使用のこと。政治によって決定された政策目的のために使われる。

・軍事戦略とは、政治によって決定された政策目的のための軍事力の使用、脅しの指針、使用のこと

・戦略は、政策を軍事その他のパワーと影響力のためのツールと繋げる唯一の橋

・戦略は敵対的なもので平戦両時に機能し敵(同盟国、中立国)をコントロールすることを追求する。

・戦略は騙しが必要で時として逆説的なものとなる

・戦略は永続的な性質を持ったものだが諸戦略は一時的な文脈によって動かされ、必要性は個人の決定として表現さてる

531JTAC2018/11/29(木) 22:31:38.88ID:fVB5Jia0
○戦略の形成

・戦略は対話と交渉のプロセスで形成

・戦略の形成はインテリジェンスの理解にのっとって形成

532JTAC2018/11/29(木) 22:44:35.59ID:fVB5Jia0
○戦略の実行

・戦略は効果的な諸戦略で支えられるべきもの

・戦略は、政策や作戦や戦術よりも作成実行が難しい。形成と実行には「摩擦」が生じる

・戦略の機能・構造には政治目的、方策、手段によって構成され、支配的な前提を土台として形成される

・諸戦略とは、直接的/間接的、順次的/累積的、消耗的/機動的、残存的/襲撃的、これらを組み合わせたオプションで構成される

・諸戦略は地理的文脈に影響を受けるが戦略そのものは影響を受けない

・戦略は変化しないが、激変するテクノロジー的な文脈の上で行われれる思考と行動の営み

・諸戦略は一時的なもの

533JTAC2018/11/29(木) 22:47:36.68ID:fVB5Jia0
○戦略のもたらす結果について

・すべての軍事行動は実行面で戦術的なものだが、作戦レベル、戦略レベルの効果をもっている

534JTAC2018/11/29(木) 22:58:39.88ID:fVB5Jia0
日本の「戦いの原則」はグレイの「戦略の一般理論」と置き換えましょう。
これは孤立したものではなく、他の有力な研究者(疫病神以外)も類似した結論に到達しています。
世界的な兵学思想の潮流です。(某国を除く)

ただし、原則として崇めるのではなく「前提」(政策目的、戦略環境)を明確化した上で教義の一部として採用し「前提」が変われば適用を変える、もしくは教義そのものを変える、進化的プロセスlという認識で。

現行の「戦いの原則」をどうしても消せないならAPPENDIXという神棚に上げて手を会わせましょう。
そして祈るのです。
「安らかに成仏して下さい。過ちは繰返しません。」

535名無し三等兵2018/12/01(土) 11:29:23.82ID:2wNGgcCv
>>464
>はたしてコーベットは本当に神なのであろうか?
>彼は著作において海軍の通商護衛について下記主張を強く行っています。

>・船団方式の否定
>・直接護衛の否定
>・間接護衛の推奨

コーベットが建設的なのは、「不変の原則として受け入れよ」などとは言っておらず、根拠となる事象を明確にしていることです。
通商護衛の記述は、ナポレオン戦争間の対フランス戦役を根拠としています。
「前提の変化」に対応して教義を組み直すのはその時代の人間の責務です。

536名無し三等兵2018/12/01(土) 11:44:46.10ID:X5PMbnFU
>>498
>国籍不明者(自称ネトウヨ)

「これは私の最後の言葉です。大韓民国国軍、文在寅万歳」

でしょうかね。

537JTAC2018/12/01(土) 11:45:11.93ID:2wNGgcCv
コーベットが護衛船団方式に否定的だったのは、一つは「国際法を無視する私掠船の衰退」でこの点、大事な示唆です。
ドイツは、無差別潜水艦戦で大きな戦果を上げますが、国際的な非難を浴び、ついには合衆国の参戦を招き敗戦します。
戦略的なパラドックスは深刻で亡国まで追い込まれました。弱肉強食の「マハン主義」では回避できません。

もう一つは「コスト」。護送船団方式は高価でなおかつ海運力にも極めてマイナスです。
どこを護送船団方式にするかは「原則」的には到底決めきらず、オペレーションリサーチ等数学的に決定します。

全海域を「護送船団方式」で守るなんて言い出したら、自分で自分の首を刎ねることになります。
特にWW2の太平洋戦域を護送船団方式にしたら速攻で全戦線が崩壊し大日本帝国大勝利です。
敵に「マハン」がいなかったのが日本の敗因ですね。

538JTAC2018/12/01(土) 12:03:12.21ID:2wNGgcCv
ドイツ側のUボートから見て、一番うざいのはブレスト出港直後と帰港直前のビスケー湾での航空対潜哨戒です。
ここがESMやレーダ哨戒をやり出したのがターニングポイントで次々とUボート側が撃沈されました。
その呪いの言葉はUボート戦史に溢れています。
護送船団のアースディックと戦うのはほんの一部にすぎません。

ビスケー湾の航空対潜哨戒の範囲が広がっていき、ついには空母によるハンターキラーチームと合わせて大西洋を覆ったときUボートは終焉を迎えました。
一国ではなく、英米協調体制です。
その成果がノルマンディー上陸作戦、ナチスドイツの崩壊に繋がっていきます。

さて、より本質的なのはコーベットかマハンか?
考えるまでもありませんよね。

539JTAC2018/12/01(土) 12:20:44.49ID:2wNGgcCv
本音では真面目に考えたこともないくせに「シーレーンの防衛」なんて予算要求の口実にするんだもんな。某海自。
実際に、隻数を増やした体制で、どうペルシャ湾や北米航路を守るのか具体的にお伺いしたいものです。

実態としては米国のSOSUSラインの「部品」でしか無いのでしょうが。
そろそろ国民に実態を説明しては?
統合作戦での対支那戦を想定してるのにSOSUS網の「部品」にこれ以上投資してもね。
隻数や予算額以前に「戦略」の中身を議論すべき。
GDPの1.3%どうたらはその後の議論です。

540名無し三等兵2018/12/01(土) 14:36:46.36ID:oPamU7En
この国籍不明人は別スレで見たことある気がする

541名無し三等兵2018/12/01(土) 15:52:59.23ID:7ozvx9Tl
国家戦略においては、当人の属性とか本質は出るのだろう。
となると、その国家戦略に従ったり信奉することは、我々側にとって危険なものでしかないとなる。

542名無し三等兵2018/12/02(日) 12:21:23.46ID:bxxhMoyR
進んでるから、514に答えが来たのかと思ったが。
>>483の>別のコテよりもマシのようは撤回しておこう。

まあ初心者程度と議論しようとしていた、私が間違ってはいた。

543名無し三等兵2018/12/02(日) 13:48:21.37ID:OPw1Kso0
その初心者向けの本を教えないと、ただ初心者相手にボコってるだけの人になる

544JTAC2018/12/03(月) 21:54:05.49ID:ddAbnNdz
>>541
>国家戦略においては、当人の属性とか本質は出るのだろう。

個人レベルでは出ません。
だから「戦略文化」という。

545JTAC2018/12/03(月) 22:10:36.65ID:ddAbnNdz
「兵学」で「入門者」とか「初心者」とか言う奴て傲慢ですよね。
まるで「応用」があるかのような口振りで。

「戦争」なんてやったことがある奴はほとんどいないし、実戦経験者でも知っているのは戦争の一断面です。

「戦争」とは常に「未知」であり「不可知」なんです。
・・・・と、クラウゼヴィッツは言っている。
だから常に新しい「事実」を「学習」するんです。

546JTAC2018/12/03(月) 22:36:06.00ID:ddAbnNdz
「無制限潜水艦戦による通商破壊」はグローバルなテーマで、兵学以外でも大学の般教の「政治学」で教わった記憶があります。
ドイツのマックス・ウェーバーが言及しているのです。

マハニズムに毒されたカイザーの帝政ドイツは、潜水艦戦においてもイギリスの「戦略線」の切断をめざし、Uボートの運用においてもブリテン島の「封鎖」をめざしました。
それを、海岸の広さと必要な潜水艦の隻数から「非現実的」であると「素人」のマックス・ウェーバーにコテンパンに論破され、今なお政治学の講座で笑い者にさています。
特定の「原則」を無思慮に適用するとどうなるか。
無惨ですね。

さらに(謀略説もありますが)「ルシタニア号事件」は直接的にアメリカの参戦を招き帝政ドイツの致命傷になりました。

547JTAC2018/12/03(月) 22:54:50.52ID:ddAbnNdz
WW2のカール・デーニッツのUボート戦略は一味違います。

航路の封鎖ではなく、「累積的」な撃沈トン数で大英帝国を追い詰めようとしました。
その方法-手段がUボートによる「ウルフパック」ですね。

ただし、それでも勝利条件はシビアなんです。
Uボートは最盛期に月当たり70万トンを沈めましたが、勝つにはコンスタントに70万トン沈めなければイギリスの造船トン数が上回ってしまう。

そして、それにはデーニッツをもっても届きませんでした。
イギリスの対策、一番でかいのは航空機による対潜哨戒が一番の決め手で、逆にUボートの隻数減少の方が「累積」的積み上がり「大西洋の戦い」に敗れました。

ドイツ大海艦隊ファンにとっては残念なことですが。

548名無し三等兵2018/12/03(月) 23:58:50.37ID:J1gADLDY
たとえば日本の国家戦略を語っている者の国籍が外国籍であればどうか?
これが当人の言う「戦略のパラドックス」という名の笑うところです。多分w

549名無し三等兵2018/12/04(火) 00:19:54.07ID:STQ1M3/i
触れるのどうかと思うが、こいつ戦略文化の意味をわかっていないね。
挙げた本を何も読んでないのに語れるのがスゴいです(呆れ

550JTAC2018/12/07(金) 14:30:29.94ID:xJgJtPdZ
逆に言えば兵学には「応用」しかないとも言える。
高名なドイツ陸軍の「応用教育法」は個別具体的な事象の条件下で自ら考えさせ、複雑な状況する創造的な思考過程を研鑽させる。

その基礎は「戦いの原則」のようなチンケな内輪のルールではなく「一般教養」、学問体系全体です。
だから、各国は陸軍大学を頂点とする教育体系は(入隊前の素養も含めて)「一般教養」と「応用教育」を両輪としている。
防大でも他の大学と同様に自然科学、社会科学、人文学を教える所以です。

551名無し三等兵2018/12/07(金) 15:05:35.43ID:xJgJtPdZ
各部隊レベルの訓練も「展示訓練」のような約束動作はさせない。
どんな基礎動作、基本的行動でも必ず前提となる任務を与え、敵を与え、「霧」と「摩擦」に直面させる。

「原則」に基づく「据え物斬り」のような訓練は厳に戒めるところです。
常に「敵の意志に曝される」「不慮の事態に見舞われる」それが戦争だからです。

552JTAC2018/12/07(金) 15:19:34.02ID:xJgJtPdZ
>>548
>>549
「スタンドは一人一体のはず?」
「私のシアハートアタックに弱点は無い。」

https://blogimg.goo.ne.jp/user_image/51/e2/b009d1344b0892c7c5d757089de85f84.jpg

キラークイーン良いですよね。

553JTAC2018/12/07(金) 15:43:32.59ID:xJgJtPdZ
プレ「クラウゼヴィッツ」時代のフリードリヒ大王の用兵思想は「厳格な軍規により兵士から人間としての感情を消し去る」ことでした。
すべては大王の事前計画の通りに集権的に動けばよい。
そのため、個々の兵士に考えさせることは一切求めない。いややらせない。

七年戦争でのプロイセン軍の脱走者総数は八万人。
その用兵上の「原則」の最優先事項は「脱走の防止」。
これが18世紀最高の軍の「原則」です。
そして、当時のプロイセン軍の教義は確かにこれを頂点に形成されていました。

ただし、現代の軍隊では、当然、そんなアホな教義の作り方はしません。
「戦いの原則」の「集中」に基づき編制を考える、なんてアホなことは金輪際やりません。
「集中」しても「分散」しても個々の師団(division(分割されたもの))が自ら状況を判断し、
軍団以上の構想に資するように変幻自在に戦術行動を考える、これができるような編制を考えます。

554名無し三等兵2018/12/07(金) 22:05:20.53ID:dvHONQHf
否定しないということは当っているのか。
しかし>>548はなぜ正体が判ったのだろうか。

555名無し三等兵2018/12/09(日) 13:58:46.66ID:5TqsvDSV
>フリードリヒ大王

このスレのコテは「本を読んではいけない」みたいな決まりでもあるのか。
全く読まないで、又聞きから斜め上の僕はこう思うしか言わないのだが。

556名無し三等兵2018/12/11(火) 20:10:59.34ID:Vbv0pWlG
408の文書だとフラーの著書が引用されてた・・・・・

>>510
>そのままジョミニとフラーが間違ってた

全く意味不明だわ
こいつは一体何の本を読んでいるんだ・・・・・

557名無し三等兵2018/12/13(木) 21:15:27.79ID:XAWvbx8o
フラーの本が未邦訳なのが問題なのではないか。
ただ原則もドクトリンも教令も何の区別もしてないから、そもそも全部同じという理解で何もわかってない可能性ガガガ。

>>>477
>教令の方が拘束力高くならんか?

558JTAC2018/12/14(金) 22:54:49.37ID:HkA59DrH
防衛省でも「教令」は既に使っています。
演習実施規定などを対象に。
「教令」とすることで「これはアドホックなものだ」と認識させられる。

「野外令」つうのも本来は「野外教令」から来てるんじゃないか?
(field manual)

559JTAC2018/12/14(金) 23:00:25.31ID:HkA59DrH
この作りも不思議なんだよね。「あれ」を巻頭に列挙してるし。
本当に「あれ」がエッセンシャルなものなら、きちんと本文中に記載して位置付けを明確にした上で、擬義が生じないように徹底的に解説を加えればいいやないか。
実に軍人らしくない。

560JTAC2018/12/14(金) 23:15:29.31ID:HkA59DrH
モルトケの「高級指揮官に与える教令」の何が良いかと言えば、あれを「大モルトケが残した不滅の戦争原理だ!」などと勘違いする馬鹿はいないという点です。
「何が書いてある」よりも「何を書かなかったか」を考察すべし。
敵国が入手しても、何も対策を立てられない。その次の戦役までには変更されてる。

「ドイツの敵は躍起になって我々の教義を調べているらしいが無駄なことだ。戦いとは臨機応変の体系なのだ。」

561JTAC2018/12/14(金) 23:22:26.57ID:HkA59DrH
ところがシュリーフェンは「大モルトケが戦争の原理原則の著述を残さなかったには残念なことだ」などと。
「親の心子知らず」とはこのこと。

562JTAC2018/12/14(金) 23:47:08.24ID:HkA59DrH
モルトケの生まれは1800年。
19世紀の西暦下二桁が年齢で分かりやすい。

モルトケが亡くなった日。
参謀本部の衛兵がいつものフロックコートをはおり夜の街並みに消えていく幻影を見た。
「シュリーフェン学派」に狂った(目標!主動(攻勢)!集中!統一!機動!奇襲!右翼を強大ならしめよ!)ドイツ帝国の将来を暗示している。

我々はもう一度でも二度でもモルトケの亡霊を召還しなければならない。
今でも、この日本にも、理解してないのが仰山いる。

563名無し三等兵2018/12/14(金) 23:54:02.94ID:lsQ4AcEL
グレイの本は邦訳されてる
それで理解してない(というよりする気もない)のだから、訳していないという問題じゃない
戦略どうの以前に脳の欠陥だと思いますわ

564名無し三等兵2018/12/14(金) 23:58:47.98ID:JjbT2uD6
脳の欠陥というより日本の安全保障を弱めて危険に晒そうとしているというかね。
なんとなくだが意図的なものを感じる。

異文化というかね。

565名無し三等兵2018/12/14(金) 23:59:50.85ID:JjbT2uD6
Lans氏のことではないよ。
もちろん。

566名無し三等兵2018/12/15(土) 00:13:25.15ID:hrFZLGQG
>>563 >>564

>最精鋭の戦車連隊の連隊長でもあれっていうね

>アメリカがマルチドメインドクトリンを打ち出した時、自衛隊の元将官は全国民に小銃の扱い方を習わせろ
>と言っていた。これぞ「現代版B29を竹槍で撃ち落せ」である。

別スレで見たレスなんだが、スゲー同じ臭いがするわ
国籍は一緒だと思うがどうだろう?

567名無し三等兵2018/12/15(土) 00:35:47.13ID:lAiS968/
>意図的なものを感じる。

歴史的な叡智や経験の蓄積を狂信的なまでに否定したいということじゃない?
行き当たりばったりの後は野となれ山となれみたいに。
歴史捏造してきた民族に相応しい結論ではあるけど。

568名無し三等兵2018/12/15(土) 02:31:46.22ID:ardhJ3VP
ファーウェイ報復戦で分かった中国という国の「本質」

https://gendai.ismedia.jp/articles/-/58987

概ね想定内ですね。
これ予想してなかった企業は先行き暗い。経営戦略として視野が狭い。

通信障害が出まくってる某社のことですよ。念のため。

569JTAC2018/12/15(土) 02:42:14.65ID:ardhJ3VP
この過疎スレでID変えてもらっても同一人物なのはモロばれなんですが?
このスレの確率的な構造として1時間の間に>>1以外の二人以上が投稿するケースは1%以下でしょう。
よって99%の確率で自作自演である。

気にくわなければ来なければいいのにw。
「本スレ」があろう。

570JTAC2018/12/15(土) 02:57:35.04ID:ardhJ3VP
わざわざ「国家戦略」ってタイトルで新スレまで立てたのに。
ここでたかだか100年くらいの歴史しかない「戦いの原則」を「歴史的叡智」とか。

国家戦略って、戦争と戦争以外の手段も広く使って目的を達成しようという思想ですぜ?
そんな箇条書きにできる程度の「原則」なわけがないだろう。

571JTAC2018/12/15(土) 03:11:52.21ID:ardhJ3VP
マルチドメインバトル関連で言えるのは、エアランドバトル(機動戦)のときも類似した議論があったってことです。
一番大事なのは、火力「支援」というよりも、火力を含む複数の打撃手段で「殺し」にいってるってことです。
だから敵はジレンマに追い込まれOODAループが混乱する。
と、リンドも書いてる。

572名無し三等兵2018/12/15(土) 10:12:27.01ID:0vowsWLV
国内にいる自分含めての国籍が同じお仲間についてどう思うかと踏み絵させてみたらどうかしら
たぶん放って置けとしか言えないだろうけどw

573名無し三等兵2018/12/15(土) 10:25:57.84ID:rySFjF92
マルチドメインがを言いたいんじゃなくて、言いたい本音の方はこっちだからね

>連隊長でもあれっていうね
>元将官は全国民に小銃の扱い方を習わせろ
>と言っていた。

コイツとその集団にとって都合が悪い組織だからねぇ

574名無し三等兵2018/12/15(土) 10:33:52.01ID:6GsSRt69
フリードリヒ大王の用兵思想の最優先事項が「脱走の防止」と見るところ
「兵役から逃れるために日本に逃げている」という「彼の出自の原則」が原因としてあるのではないか。

ここに戦略の本質の一つである戦略文化がたち現れてる。

575名無し三等兵2018/12/15(土) 21:55:50.92ID:eiyZJ2+I
知らないんだな、古来からまず「脱走の防止」最優先なんだが
なぜそれが段々なくなっていったかというと
「脱走の防止」様な奴らはそもそもお仲間同士信用してないってことで
それは=集団としての弱さになるわけで。
内部にエネルギーとられた分、外部に出力するエネルギーは少なくなる、結果負ける
それが先の大戦でも負けた原因なんですけどね

それからくだらない左右の話をし始めるな


・原則の肯定・否定について
1日ぐらいは持つ原則なら可。今も睨まれながらこれを書いてるぐらいですので。
つまり、そういったことを考えたくもない人間が大半ですのでマニュアルは必要です。
ただし毎日更新する奴(こいつが重要)が必要。そして毎日配布する。
いや、1時間おきに更新しないと不安だな。

576名無し三等兵2018/12/15(土) 23:49:21.27ID:jrZFo6SK
>先の大戦でも負けた原因

真っ先にアイゴーw

577名無し三等兵2018/12/16(日) 00:02:14.29ID:wGGxqnVE
エラばれた鮮死様による朝鮮侵略、略して鮮略スレと聞いて飛んできますた

578名無し三等兵2018/12/16(日) 09:11:43.78ID:eRIs0HPR
>>574
結局はエラが見ればエラになる、エラが語ればエラになるってことだよね。
モルトケにせよ、フリードリヒにせよ実際の彼らが語っていることとはかけ離れたものになってる。

579名無し三等兵2018/12/16(日) 15:32:09.90ID:IwrudIAD
連中の真骨頂は日本軍について語る時に発揮される
もはやそこにあるのは自身の精神投影でしかなく、事実などは何も残ってないのである

580名無し三等兵2018/12/16(日) 21:26:05.67ID:UR/AUPby
コテ凹凹にしてた人に戦略と原則の関係をもう少し聞きたかった

新着レスの表示
レスを投稿する