坂口安吾 part6

1やれやれ、僕は名を失った2010/09/20(月) 20:50:43
まったりと行きましょう。

前スレ
坂口安吾 part5
http://kamome.2ch.net/test/read.cgi/book/1234234878/

過去スレ、関連サイトは>>2-3

2やれやれ、僕は名を失った2010/09/20(月) 20:53:20
★過去スレ★
坂口安吾
http://book.2ch.net/test/read.cgi/book/951496162/
坂口安吾 part2
http://book.2ch.net/test/read.cgi/book/1047023986/
坂口安吾 part3
http://book3.2ch.net/test/read.cgi/book/1049017993/
坂口安吾 part4
http://love6.2ch.net/test/read.cgi/book/1141121120/
★関連スレ★
坂口安吾と石川淳と太宰治
http://book3.2ch.net/test/read.cgi/book/1061716691/
【ニヤニヤ】坂口安吾・不連続殺人事件【ニヤニヤ】
http://book3.2ch.net/test/read.cgi/mystery/1058563856/

3やれやれ、僕は名を失った2010/09/20(月) 20:58:14
★安吾関連サイト★
坂口安吾デジタルミュージアム - 坂口安吾の公式サイト。
http://www.ango-museum.jp/
安吾探索マップ - 略年譜、作品に登場する新潟や新津等の地名探訪、安吾の会の
案内。
http://www.wingz.co.jp/ango/
安吾のいる風景 - 長男、坂口綱男が新聞に連載していた「安吾のいる風景」を
掲載。
http://www.kiryu.co.jp/ango/
坂口安吾研究会 - 活動内容、最近の安吾関連文献。
http://page.freett.com/angoken/
坂口安吾研究 - 関連論文の一覧、「風博士」の評釈。
http://members.tripod.com/~ango/
坂口安吾を読みまくる! - 坂口安吾全集の作品感想、コレクション、関連
ニュース。
http://y-terada.com/Ango/ango.htm
白痴 - 手塚眞監督、浅野忠信主演の同作の紹介や制作秘話等。
http://www.neontetra.co.jp/hakuchi/index.html
游邑工房 - 坂口安吾全集の全巻構成。冬樹社版、ちくま文庫版、筑摩書房版の
相違点。安吾関連の希少本の紹介。
http://homepage3.nifty.com/u2kobo/
青空文庫 - 2006年1月1日よりパブリックドメイン入りしました。
http://www.aozora.gr.jp/index_pages/person1095.html
Wikipedia - 坂口安吾
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%9D%82%E5%8F%A3%E5%AE%89%E5%90%BE

4やれやれ、僕は名を失った2010/09/20(月) 21:49:46
『クラクラ日記』って三千代婦人名義だけどもちろん代筆だよね?
できすぎてるもん。
特にカタカナの使い方w
完全に安後の文体模写じゃん、これw

5やれやれ、僕は名を失った2010/09/20(月) 22:53:09
・・・・

6やれやれ、僕は名を失った2010/09/21(火) 12:44:43
私は坂口安吾氏に、たうとう一度もお目にかかる機会を得なかつたが、その仕事にはいつも敬愛の念を寄せてゐた。
戦後の一時期に在つて、混乱を以て混乱を表現するといふ方法を、氏は作品の上にも、生き方の上にも貫ぬいた。
氏はニセモノの静安に断じて欺かれなかつた。言葉の真の意味においてイローニッシュな作家だつた。
氏が時代との間に結んだ関係は冷徹なものであつて、ジャーナリズムにおける氏の一時期の狂熱的人気などに
目をおほはれて、この点を見のがしてはならない。
些事にわたるが、氏の「風博士」その他におけるポオのファルスに対する親近は、私にもひそかな同好者の
喜びを与へた。ポオのファルスの理解者は今もなほ氏を措いて他にない。かつて「十三時」を訳した鴎外を除いては。

三島由紀夫「私の敬愛する作家」より

7やれやれ、僕は名を失った2010/09/21(火) 12:45:11
太宰治がもてはやされて、坂口安吾が忘れられるとは、石が浮んで、木の葉が沈むやうなものだ。
坂口安吾は、何もかも洞察してゐた。底の底まで見透かしてゐたから、明るくて、決してメソメソせず、
生活は生活で、立派に狂的だつた。
坂口安吾の文学を読むと、私はいつもトンネルを感じる。なぜだらう。余計なものがなく、ガランとしてゐて、
空つ風が吹きとほつて、しかもそれが一方から一方への単純な通路であることは明白で、向う側には、
夢のやうに明るい丸い遠景の光りが浮かんでゐる。この人は、未来を怖れもせず、愛しもしなかつた。
未来まで、この人はトンネルのやうな体ごと、スポンと抜けてゐたからだ。
太宰が甘口の酒とすれば、坂口はジンだ。ウォッカだ。純粋なアルコホル分はこちらのはうにあるのである。

三島由紀夫「坂口安吾全集 推薦文」より

8やれやれ、僕は名を失った2010/09/21(火) 17:31:35
引用ばかりの芸なしスレw

9やれやれ、僕は名を失った2010/09/21(火) 21:33:58
三島スレのババアが遠征して来てるのか

10ヘ(^q^)ヘ鈴木雄介 ◆m0yPyqc5MQ 2010/09/21(火) 21:53:23
三島の評はためになるからどんどん貼って欲しいけどな個人的には。

11やれやれ、僕は名を失った2010/09/21(火) 21:55:35
この三島コピペ厨は川端スレも連投で埋めてるし、新スレにも必ずマーキングしてる。
あと他板にもコピペしまくってる。「三島由紀夫」でスレッド検索してみるとよくわかるよ。
こいつが基地外だってことが。

12ヘ(^q^)ヘ鈴木雄介 ◆m0yPyqc5MQ 2010/09/21(火) 21:58:09
少なくともおちんちんマンより有意義だと思う。

13やれやれ、僕は名を失った2010/09/21(火) 22:01:21
お前おちんちんマン大好きだろ

14ヘ(^q^)ヘ鈴木雄介 ◆m0yPyqc5MQ 2010/09/21(火) 22:02:41
嫌いではない。

15やれやれ、僕は名を失った2010/09/21(火) 22:44:03
>>11
それを監視しているお前の方がさらなるキチガイだと思う。

16やれやれ、僕は名を失った2010/09/21(火) 23:35:40
>>15
別に監視はしてないけどな。新スレが立てば取りあえず見るとか、
一般書籍板や日本史板も見てる人なら、こいつのコピペ巡回には普通に気付くだろうね。
あとはちょっと興味がわいてスレッド検索してみるかどうかって話だよ。

17武陽隠士 ◆UCfK2Lx59s 2010/09/22(水) 00:48:25
安吾ってなぜあんなに文章が下手くそなんだろう?
安吾が批判した秋声や荷風にしたからが選り抜きの日本語で書かれているのに。
下手くそな文章を読むとムカムカしてくるんで、読めば読むほど安吾はつまらなくなる。

18( ̄ω ̄)獲る狸 ◆ycr5A7VfSw 2010/09/22(水) 01:01:02
その不快感こそが、残念ながら坂口を肯定することになる訳です(笑)
坂口は優れた作家ではありませんが、可能性のあった作家ではある(笑)
それは荷風や秋声のような武陽の言う「選り抜きの日本語」でかかれたのではない文学を作っておったからなのでしょう(笑)おやはや(笑)

19やれやれ、僕は名を失った2010/09/22(水) 01:04:33
>>18
まったく同感。
安吾がどうして無頼派と言われたかを
まったく判ってないのがバカブヨw
安吾を理解できないって時点で己の無知を露呈してますよねwww

20ヘ(^q^)ヘ鈴木雄介 ◆m0yPyqc5MQ 2010/09/22(水) 01:14:12
>>17
下手糞ってどういう意味で言ってるの?堕落論も下手糞な日本語なわけ?どう下手糞なわけ?

21やれやれ、僕は名を失った2010/09/22(水) 01:20:49
>>20
彫琢されてないってことでは?
まあブヨなんぞに安吾が判らなくても、
我々ファンは一向に困りません。キチガイ女をあざ笑うだけです。

つーか、これほど嫌われ叩かれてるにもかかわらず
しゃしゃり出てくるって凄いですよね。真正マゾなんじゃないかしらw

22ヘ(^q^)ヘ鈴木雄介 ◆m0yPyqc5MQ 2010/09/22(水) 01:25:04
第一、美しい日本語みたいな理念に安吾が盲従してたらそれこそ意味がわからねえよ。
彼は彼の哲学に殉じたわけで、それが文体にも表れてるんだろ。その程度の事すらわからないで一々貶す意味がわからない。

23やれやれ、僕は名を失った2010/09/22(水) 01:29:14
武揚のレスはなかなか面白いけどな
他の無能固定はNGにしてるから見ることはないが

24武陽隠士 ◆UCfK2Lx59s 2010/09/22(水) 01:29:24
下手くそだから下手くそといったまでです。
下手くそな文章というものが、まったく気にならないような美意識をお持ちになられる方々が、私にはまことにうらやましいですねw

25ヘ(^q^)ヘ鈴木雄介 ◆m0yPyqc5MQ 2010/09/22(水) 01:31:37
>>24
負け犬の遠吠えじゃん。下手糞だから下手糞?文章が下手糞だから意味内容がわからないと抜かすお前の脳みそが低級なんだと思うよ。

26やれやれ、僕は名を失った2010/09/22(水) 01:42:58
文章巧くはないよ

それと面白さは別だけど

安吾の場合はね

27( ̄ω ̄)獲る狸 ◆ycr5A7VfSw 2010/09/22(水) 02:01:47
>>24
負け犬武陽、笑わせますねぇ(笑)おやはや(笑)

28ムー大陸 ◆DMnIjpZYd2 2010/09/22(水) 03:12:33
いや、フツーに美しいよ安吾の文章は。
美の定義にもよるけど、真の美というものが、美そのものを目的にしたものではなく、
さらに自らの外部に規範を求めないものだと前提するならば、
二葉亭とか漱石とか零から小説の言語を創造した先人は別とするならば、
安吾の文章ほど美しい日本語を俺は知らないな。
それにくらべれば言っちゃなんだけど三島なんかは単なる「美文家」に過ぎないよ

29262010/09/22(水) 03:20:08
そりゃ三島と比してどうこう言ってるわけではない
あのような装飾過多な文はヘドが出るよ
安吾のほうがまだ好きだ
巧い文章とは美文の事を言っているわけではない
言葉を惜しんで使っている文章の事だ
三島は逆

30やれやれ、僕は名を失った2010/09/22(水) 03:24:41
方丈記は美文だが三島とは違うな

31ムー大陸 ◆DMnIjpZYd2 2010/09/22(水) 03:26:02
たしかに安吾に言葉を惜しんで使うって発想は皆無だねw
そこが美しいんだがw

32やれやれ、僕は名を失った2010/09/22(水) 06:56:46
ハッタリだけの固定が何をいってやがる

33やれやれ、僕は名を失った2010/09/22(水) 10:38:29
>>29
質が違う三島と比べても意味ないでしょう。
三島の作品は簡素な文章のものも沢山あるし、様々ですから、そういうバカの一つ覚えのように
「装飾過多」としか言えない無知で空疎な煽りは、自らたいして三島を読んでないことを露呈してますよ。

34やれやれ、僕は名を失った2010/09/22(水) 10:45:39
>>28

> さらに自らの外部に規範を求めないものだと前提するならば、

三島は外部や世間に規範なんか求めてませんけど。よく知りもしないで勝手に決めつけて間違えてご苦労さまでした。

35やれやれ、僕は名を失った2010/09/22(水) 11:23:56
ババアw

36ムー大陸 ◆DMnIjpZYd2 2010/09/22(水) 11:28:49
三島をそんなに読んでないのは確かですw
ただ、俺が「規範」と言ったのは世間云々という話ではなくて、
作品に内在する力学の問題なのです。
三島は結局「文学」を自明のものとして書いている。
そこが俺的には言いようもなく退屈です。
文章が簡潔とか装飾的とかいう問題ではないと思う。
一方安吾の書くものは、相対的な面白いつまらないはあるにせよ、どれも非常にスリリングです。
足元には全き虚無が広がっているというのに
後先見ずにジャンプしてしまうような清々しさに満ちている。
たまたま三島がスレの頭に引用されていたから標的のようにしてしまった部分もあるけど、
三島と安吾には戦前から戦後にわたって書いているという共通点もあり
自分的には比較がしやすいのですね。

37やれやれ、僕は名を失った2010/09/22(水) 12:04:30
>>36
三島をそんなに読んでないなら、そこまで決めつけてること自体がいい加減でしょうね。
三島は「文学」を自明のものとして書いてませんよ。よくそんな真逆のことが言えますね(笑)
「足元には全き虚無が広がっているというのに後先見ずにジャンプしてしまうような清々しさに満ちている」
というのは、三島のことそのもの、三島作品に底流しているものですけどね。よく読んでください。

38ムー大陸 ◆DMnIjpZYd2 2010/09/22(水) 12:44:54
そおかあ…w
三島を愛していらっしゃるのですね。
非礼お詫び申し上げます。
でも俺これからも読まないだろうなあ三島は…
三島が主演した映画「からっ風野郎」は大笑いしながら見ましたが

39やれやれ、僕は名を失った2010/09/22(水) 13:03:49
そうやって観るのが正しい

40( ̄ω ̄)獲る狸 ◆ycr5A7VfSw 2010/09/22(水) 13:06:39
おやはや(笑)またムー大陸ですか(笑)

41ムー大陸 ◆DMnIjpZYd2 2010/09/22(水) 13:16:01
はいはいムー大陸ですよw
あと今ふと思いついてしまったのですが
三島ってマイケル・ジャクソンに似てませんかね。
在り方がw

いや悪意はないんだけど

42やれやれ、僕は名を失った2010/09/22(水) 13:34:54
タレント文化人の先駆けだよ

43やれやれ、僕は名を失った2010/09/22(水) 13:59:40
ボディビルも整形も肉体へのこだわりという点で共通してるだけ。

44やれやれ、僕は名を失った2010/09/22(水) 15:34:47
自演魔ムー大陸

45やれやれ、僕は名を失った2010/09/22(水) 22:46:18
ちくま文庫全集、かっておけばよかったな・・・

46やれやれ、僕は名を失った2010/09/22(水) 22:50:16
新宿紀伊国屋に全巻あるかは判らんが文庫全集結構揃ってたはず

47やれやれ、僕は名を失った2010/09/23(木) 16:16:12
>>46
騙された・・

48やれやれ、僕は名を失った2010/09/23(木) 16:20:02
あら、そう?
タイムズスクウェアじゃないほうの紀伊国屋だぞ

49吾輩は名無しである2010/09/23(木) 23:09:23
マジか

50( ̄ω ̄)獲る狸 ◆ycr5A7VfSw 2010/09/24(金) 02:32:09
全く武陽は愚か(笑)自分から坂口の文章は下手だ、と言い出しておいて、それが否定されるとその証拠も出さぬ(笑)
批評の基礎も抑えていないようです(笑)おやはや(笑)悔しかったら、さっさと論破しなさい(笑)できなかったら撤回しなさい(笑)おやはや(笑)

51吾輩は名無しである2010/09/24(金) 23:53:38
>>50
この板常連じゃないので黙って読んでましたが君の書き込みはただ
ストレス発散の為だけにイヤミに書いてるだけだね。おやはやw

52ヘ(^q^)ヘ鈴木雄介 ◆m0yPyqc5MQ 2010/09/25(土) 00:28:43
だって事実じゃん。とか書くとまた自作自演だと言われるんだろ?どうだっていいけどさ。
実際この件で武陽隠士は逃げたじゃん。何よ下手糞だから下手糞と言ったまでってアホか。

53ムー大陸 ◆DMnIjpZYd2 2010/09/27(月) 02:06:49
>>30
何となく気になって今更ながら岩波文庫の方丈記買って読みました。
いいねこれ。

54ヘ(^q^)ヘ鈴木雄介 ◆m0yPyqc5MQ 2010/09/27(月) 08:31:03
>>51
本人は気付いてないでしょうが「ストレス発散」ってあなたの口癖だよね。おやはや。さてはて。

妊婦のモコは坂口安吾のような無頼派の屈強な男性に
無理やり男性専用のサウナに放り込まれてしまったの☆
サウナの中で モコは酒臭いオッっさんらに 囲まれてしまったの。
彼らは 日雇い人夫や土方(土木作業員)のような風貌をしていました*
酒臭いオッっさんらは こんな話をしておりました☆
「仕事 無いなァ」
「ああ、仕事 無いなァ」
「ダンプも機械も動いてない」
「もう ダメやなァ」
「あと 1、2年で この仕事も 終わりやなァ」
「そろそろ 仕事変えを 考えな アカンなァ」
「そうやなァ。鞍替えを 考えたほうが ええかもしれんなァ」
この酒臭いオッっさんらは たぶん土建業の仕事をやっているのだろう。
男たちは 土建の仕事が「無いなァ」と言い合っていたのです☆
「民主党の「事業仕分け」のせいで
 土建の仕事は 大幅に減らされることになったのぉ。
「その分 子供手当てなどの福祉を 充実させるというてるけど、
 しかし 土建の仕事などを減らして
 大量に失業者が出たならば
 その社会保障費や 生活保護費の支給などで
 国は 滅びてしまうやろうな・・・」
「おそらく あと 3年ほどで 終わりやろうなァ…」
と モコを囲んで 言い合っているのです*

56ムー大陸 ◆DMnIjpZYd2 2010/09/28(火) 14:19:13
つまんねーよ

57吾輩は名無しである2010/09/29(水) 10:47:22
蘇我天皇なり

58武陽隠士 ◆UCfK2Lx59s 2010/09/30(木) 00:34:36
>>54
>>51は私ではない。
いちいちくだらねえ自演でレスしてくんな引きこもり野郎。
だいたい安吾の文章を下手くそといっただけでなにがいけないのだろうか?
それ以外は私は価値判断はしていないのだよ。
文章巧くて退屈な小説もあれば
文章下手くそで面白い小説もある。
まあ深沢七郎はもちろん後者だが、坂口安吾も後者に含まれかどうかは定かではないw

59吾輩は名無しである2010/09/30(木) 00:38:06
>>58
で、お前は安吾の何を読んだの?
堕落論と白痴だけだったら死刑な。
どちらにしてもお前みたいな犯罪者の末路は
狂い死にと相場が決まってるけどwww

60武陽隠士 ◆UCfK2Lx59s 2010/09/30(木) 00:43:08
>>59
私は安吾フリークだった(関係ないが近藤ようこ先生も安吾好きだな)。
夢野久作も好きだし、シブタツ(安吾作品で吹雪物語を最初に読んだのはシブタツの影響)も三島も大好きだった(十代)。
私がずけずけいう作家は概して昔好きだった作家だな。

61吾輩は名無しである2010/09/30(木) 00:46:47
>>60
何がフリークだボケナスw
偉そうな語り口は冬樹社の安吾全集を読了してからにしろや。
ゲリラ豪雨の火病ババアwww

62ヘ(^q^)ヘ鈴木雄介 ◆m0yPyqc5MQ 2010/09/30(木) 03:19:46
>>58
お前と違って俺は自演しないから。あとお前は下手くそって言っただけじゃねえし。
頭悪いなりに自分のレスに責任持てよな。もう一度自分のレスを読み直して来いよ。

63吾輩は名無しである2010/10/01(金) 08:13:28
>>60
夢野だの渋沢だの坂口以外は下らん連中ばかりだな
お前が本質的に馬鹿なことがよくわかった

64夜明けの口笛吹き2010/10/03(日) 00:16:56
「堕落論」を遥か凌駕する天才を知らんのか。坂口安吾なんかよりずっと上の存在の
偉大な方がいらっしゃったとは。ブログを読んで驚いた。天才っているんやね。
偉大な詩人にして思想家、たまに政治や軍事のスペシャリストですらあるんだもん。
たいていの人はかなわないぜ。
お前らも偉大な方のブログ文読ませていただいて勉強せぇーよ

偉大なる詩人
http://ameblo.jp/piero4/entry-10625094140.html

65吾輩は名無しである2010/10/06(水) 20:40:43
堕落論おもしろかった。家康もおもしろかった。普通に文章うまいと
思ったけどな。小説のほうはたまにおかしい日本語が混じることもあるけど。
そこだけ取り上げて下手と決め付けてるんだろう、そこのババアは。

66ヘ(^q^)ヘ鈴木雄介 ◆m0yPyqc5MQ 2010/10/06(水) 20:54:53
バカはほっときましょう。

モコは 堕落論を読んで 堕落したのです!*
モコは「レズの女子レスラーほど美しいものはない」と 思います!
レズレスラーこそ! 最高の美! レズレスラーの世界は 男には 届かぬ聖域!
レズレスラーの世界こそ! 聖なるサンクチュアリ!
モコは 世界中の女がレズになって 野蛮な男から自立&独立することを
心の底から願っております! ☆ モコが願う理想世界!
それは… アマゾネスのような 女だけの集団! *
アマゾネスの世界に 男なんて 必要ない! 必要なのは 男の精子だけ!
男の精子だけ奪い取ったら あとは男なんて ポイ捨てヨ! *
アマゾネスの女たちヨ! 男の精子だけを吸い取れ! *
☆ダブルウンココロン モコ* *ミニにミニカータミヤのタコ☆
☆モコにウンコ*☆*モコにイカくさいチンポ☆  ☆ハッカ隊 モコ*
ブーブークッションの中に ウンコをつめたら
ビチュウ〜!ビチビチビチッ!ブビュウ〜!!ブビビビィィ〜ッ!!!
と ウンコがふき出して となりの人の顔面に ウンコがかかったならば、
けっこう おもしろいだろうなァと思います。
モコは ウンコ専門のAV女優でしたけど AV女優を引退しました。
今後は 映画やドラマの女優に専念して「月9」などにも出たいと思います☆
モコは1分間に44個の風船を お尻で割れるんだヨ* バルーンモコ!*
ウンコ IN ブーブークッション☆ 大好きで 大好きで 大好きで…*
仕方のない恋で終わりたくない ☆ ロックバルーンは反戦歌!☆
大好きで 大好きで 大好きで モコ以外 何もいらない *
初めて気付いたよ こんなに人を愛せるということ
些細な言葉でも 右へ左へ 心がざわめく 背中を向けたあなたにならば *
素直な気持ちを言えるのになぁ… どうして? *

68■白■鳥■の■肥■後■ず■い■き■ス■ワ■ン■バ■イ■ブ■*■2010/11/08(月) 12:54:20
アンソニー・W・森が 引退ですか!!☆
ショックです!*
アンソニー・W・森よ!!☆
あなたは モコの青春でした!!*
今まで、本当に ありがとう!!☆
感動を ありがとう!!*
モコたちは あなたのことを 決して 忘れません☆
『笑っていいとも』に 大黒摩季さん(40才)が 出ていました!*
大黒摩季さんは 子宮筋腫 、卵巣のう腫など4つの子宮疾患を併発し
治療のため、10月末で活動を休止することにしたと言ってます☆
立野記代さん(45才)は「卵巣のう腫 破裂」という病気になりました*
記代さんは 栗原あゆみたち カワイイ後輩に
迷惑をかけるといけないと思い 引退を決意したのです☆
立野記代さんも 大黒摩季さんも・・
子供を産めないカラダに なってしまったのです*
せっかく新しくできたモコスレに「埋め」と書き込んでるヤツらよ!
お前らも、一生 子供の産めないカラダにしてヤろうか!*
おまえらは、モコの表向きだけを見て 批判してンだろ!?☆
てめぇらに モコのことが言えるのかヨ!?*
おまえらみたいなのをクズって言うんだよ。
働けよ。 ニート野郎どもが!☆
おまえらの考え方は ガキなんだよ。
てめぇらのように 一方的にしか考えることができないガキは使えないヨ。
とりあえず モコの悪口を言える立場なのか! おまえら!*
「埋め」とか「paipai」とか キレイごとばッかり 述べてんじゃねーよカス*
おまえらみたいな負け組ってさ、輝いてるモコを嫉むしか脳がないんだよね☆
ろくに働きもせずにモコに対する責任転換*
必死に生きてるモコに対して軽蔑の眼☆
何か自分に非があればイジメのせい、ウツのせい。 モコのせい☆
もう一度言う。 お ま え ら は 何 さ ま だ よ ク ズ !*
くやしかったら、熟女 モコのケツに本気で欲情してごらんヨ!☆

69吾輩は名無しである2010/11/18(木) 22:19:30
『クラクラ日記』の真の著者が石川淳てのはすでに定説?

70吾輩は名無しである2010/11/19(金) 00:07:29
「イノチガケ」を読み終わった。前篇の語り手の眼(叙述)の冷めかたが恐ろしかった。周作はこうは書かない(書けない)だろう。

>>69

そんな話は初めて聞いたけど、そう論じた論文があるんですか?

71ヘ(^q^)ヘ鈴木雄介 ◆m0yPyqc5MQ 2010/11/19(金) 00:44:45
青空文庫の安吾が異様に充実してる事を知って片っ端から読んでます。とりあえずiPhoneに入れて少しづつ。

72吾輩は名無しである2010/12/04(土) 22:10:31
だってアンゴは無宗教
遠藤周作はカトリック

73吾輩は名無しである2010/12/05(日) 02:26:45
俺の母親は「暗号」を崇めてるよ
実際これほどの短編は探してもそう見つかるものではない

74吾輩は名無しである2010/12/05(日) 03:46:35
アンゴウは映画も秀逸だった。現代に本案されていたが。

75吾輩は名無しである2010/12/07(火) 10:59:19
>>69
初耳。よろしければ詳細を。

76吾輩は名無しである2011/01/10(月) 22:47:26
ごく普通に考えるに語りを編集者が聞き取りリライトしたんじゃないの?

77吾輩は名無しである2011/01/23(日) 00:54:51
>>71
青空文庫すごいよね。
安吾がやたら充実している。

78吾輩は名無しである2011/01/23(日) 19:01:28
「戦争と一人の女」どう思う?

79吾輩は名無しである2011/02/28(月) 06:30:51.47
>>78
幾度となく読み返してる。

80吾輩は名無しである2011/03/05(土) 16:03:13.34
戦争ってやっぱ特殊だね
体感したい

81吾輩は名無しである2011/03/14(月) 15:29:50.52
戦争よりヒロポンの方が影響大だろ、アンコの場合。
大日本住友製薬万歳!

82吾輩は名無しである2011/03/16(水) 06:38:48.68
堕落論で描かれた戦時下の東京をエンジョイする安吾な気分の不謹慎な俺w

83吾輩は名無しである2011/03/16(水) 10:09:33.33
在日朝鮮人タっキー高沢ですよろしく

84吾輩は名無しである2011/04/13(水) 02:23:46.92
ageてみる。
安吾好きな人って他に何読んでるの?

85吾輩は名無しである2011/04/17(日) 14:22:11.36
>>84
それは他の作家でってこと?

86吾輩は名無しである2011/04/25(月) 01:38:10.39
安吾さんが戦争、非常事態を楽しむ心情。
岩手沿岸在住、町は破壊され自家も流され、職を無くし今後が全く見通せないが
この状況下で安吾さんに共感できることが意外で怖い。
こういう恐怖や状況をワクワクできる心情は人間に普遍的に備わっている優れた能力だな。

87吾輩は名無しである2011/04/25(月) 06:53:55.04
それが無頼派の作品におけるもっとも良質な部分です

88吾輩は名無しである2011/05/08(日) 11:04:05.96
最近ハマって読み漁ってるけど
この人すっげえ性格悪く感じる。本質突かれてムカつくだけかも知れんが
あと文章読み易いね喋り言葉っぽくて

89吾輩は名無しである2011/05/08(日) 11:39:07.05
性格のいい文学者なんていんのか?

90吾輩は名無しである2011/05/08(日) 17:10:44.13
だいたい無頼派の作家はダメ人間だから
腹が立ったり気持ち悪く感じるのが普通だよ

91吾輩は名無しである2011/05/09(月) 21:34:18.86
堕落論面白いな
道化に就いての最初のページでもうニヤニヤが止まらない

92吾輩は名無しである2011/05/20(金) 19:05:43.22
安吾入学時の東洋大学は専門学校だったけど
(卒業前の1928年に大学令による許可が下りる)
安吾は大卒扱いになるの?

93吾輩は名無しである2011/05/20(金) 20:09:36.23
低学歴

94吾輩は名無しである2011/05/27(金) 10:38:59.69
そうそう安吾はエリートじゃなくて独学の人なんだよねw
有名な作家は基本東大とか高学歴なのにw

95吾輩は名無しである2011/05/29(日) 21:02:33.08
初めて堕落論読もうと思うけど、どこの出版社のやつが良いんだ?

96吾輩は名無しである2011/05/29(日) 21:31:10.55
安吾がほんとーに好き

俺も安吾を愛してる!

>>95
青空文庫で読めばいいのでは?

98吾輩は名無しである2011/06/09(木) 01:17:48.45
アニメ化されるってどんな気分?

99吾輩は名無しである2011/06/09(木) 02:47:33.97
ここの人はみんな捕物読んでたの?

俺読んでないw

101吾輩は名無しである2011/06/09(木) 07:56:14.05
>>95
ディレクターズカット最終版のエンディングが一番かっこいいよ。
一冊だけ選ぶとしたら絶対これ!

102吾輩は名無しである2011/06/09(木) 18:59:39.35
半七よりおもろいん?

103吾輩は名無しである2011/06/09(木) 21:38:27.60
安吾はレプリじゃない

104吾輩は名無しである2011/06/12(日) 01:52:57.32
坂口安吾はヴァレリーを翻訳してるみたい
そういう外国語に達者なイメージなかったんだけど

105 忍法帖【Lv=12,xxxPT】 マグナ ◆i.K3ZM.pZo 2011/06/12(日) 02:47:30.73
翻訳はある程度外国語がわかれば、ある程度は訳せる。結局日本語力の問題だからな。

106吾輩は名無しである2011/06/12(日) 08:20:38.86

107吾輩は名無しである2011/06/12(日) 08:21:24.79
>>104
安吾はアテネ・フランセに通ってたんだよ

108吾輩は名無しである2011/06/12(日) 13:33:53.96
>>105
マグナって時々すごく馬鹿っぽいこと言うよ

109吾輩は名無しである2011/06/12(日) 16:08:15.79

110吾輩は名無しである2011/06/12(日) 21:58:16.79
堕落論、集英社から出てるのが安かったから買ったんだけど、表紙が下品で嫌だった…

俺は買ったら即表紙は雑紙で覆っちゃうから表紙は見たことないなあ。

112吾輩は名無しである2011/06/19(日) 06:54:28.10
誰も捕物帳は読んでないのは分かった

113吾輩は名無しである2011/06/22(水) 02:41:36.18
捕物帖読んだよ
一見陳腐に見えるんだけど花田清輝は絶賛してるらしいね
俺にはよく分からん

114アセンション携帯2011/07/11(月) 17:13:10.44
アンゴが出た東洋大学って昔は哲学館大学だったらしいね。

115吾輩は名無しである2011/07/15(金) 06:56:20.89
九州発言者塾 後編 西部邁 20101205
http://www.youtube.com/watch?v=BPxY5jNNBm4

坂口安吾の「特攻隊に捧ぐ」に言及
32分から
http://www.aozora.gr.jp/cards/001095/files/45201_22667.html

116アセンション ◆ZCAcNhb9dZs7 2011/08/04(木) 15:00:23.52
こっちを堕落論・続堕落論を語るためのサブで使うか。

ここも盛り上げないとね。締め切り後はここだね。

118吾輩は名無しである2011/08/04(木) 23:15:36.89
青春論とかに顕著だけどこのひとのエッセー、
論旨・話題があっちこっちとびまくり
結局なにが言いたいのかよくわかんないんだよね
てゆうかほんとにいいたいことってすごく単純でしょ?
文化仕官にしても堕落論にしても

119フロイド革命以降…2011/08/04(木) 23:19:13.66
>>117
鈴木は来るなよ!

自分自身の凡庸な意味での"堕落"の正当化が伏せられている目的じゃないかよ!

120ムー大陸 ◆DMnIjpZYd2 2011/08/04(木) 23:21:39.28
そんなことはしないだろw

でも「堕落」は安易な自己肯定という意味じゃないよ

122アセンション携帯2011/08/05(金) 16:22:44.07
>>118
それは同意。芯(幹)は太くシンプルだけど表現(枝葉)は乱れてる。
だから読者が剪定してあげなきゃいけない面倒な書き手だw

>>121
俺が肯定的というのは限りなくニーチェ的な意味だな。
あれだけ宗教や道徳を徹底的に批判したニーチェが、
「生成の無垢」や「力への意志」、あるいは「ディオニュソス的なもの」、
まあ簡単に言えば「生」に肯定的であったのに似てさ。

そうだね。安吾がニーチェに言及した事ってあったっけ?読んでたのかなあ?

124アセンション携帯2011/08/05(金) 16:42:34.72
安吾がニーチェを読んでたかどうかは俺は知らないなあ。
ニーチェを読まずともニーチェ的になってることはあるだろうな。

誤読して勘違いヤローになってる事もあるよね多分。

126アセンション ◆ZCAcNhb9dZs7 2011/08/05(金) 18:04:33.75
安吾に対してニーチェの「運命愛」を持ち出す際には、
エヌが語ってたように小林秀雄の「運命」との絡みがあるから、
そこはちょっと注意が必要かな。

あと、ムー大陸の「堕落論」評に鈴木は異見はないのかい?
俺は2箇所ちょっとひっかかりをもってるよ。
「救いなき救い」と「個人的マニフェスト」って部分に。

あー、そこらへん語った方がいい?前スレが読めない状況だからわかんないけど、
「救いなき救い」という部分に関しては、俺は安吾の提示した「救い」が「死よりも厳しい生」であるという点を指摘する人が現れたと思い、肯定した。
「個人的マニフェスト」に関しては、もちろん堕落論という文章は「坂口安吾自身がこうやって生きていく」という表明でもあるという点を(以下同文)

128アセンション ◆ZCAcNhb9dZs7 2011/08/05(金) 19:47:06.41
ただの「個人的マニフェスト」だけのもんじゃないだろう、あれは。
「日本」「日本人」を意識してなきゃ、天皇制も武士道も持ち出す必要はないよ。
それから安吾はやっぱ救おうとしてんじゃないの?
「救いなき救い」ってのはむしろ武田泰淳的な世界観じゃねーかな。

いや、俺の文章を読んでればわかると思うけど、堕落論が「救い」をテーマにして書かれてるって認識は基本にあるよ。
それも日本人の救済ね。しかし、同時にあれはマニフェストでもあるんだよ。そういう側面も俺は感じたから肯定した。

泰淳が青空文庫で読めないのは悲しいね。あ、読める作品があるんだっけ?
なんだっけ坊主が主人公のチンポで障子を破る小説…あれを次々回作品にしたいな。名前が出てこねえ。マグナが知ってるよ。

谷崎も青空文庫に入ってりゃ読めるのにね。まあ、谷崎の読書会やるなら俺は買うけど短編集でもなんでも。文庫なら。

主人公が障子を破るんじゃないよ。チンポで障子を破るのは穴山っていう破戒僧チックな坊主見習い。

132アセンション ◆ZCAcNhb9dZs7 2011/08/05(金) 20:00:23.92
>「救い」をテーマにして書かれてるって認識
それがあるんだったらムー大陸にもっと突っ込んでもいいんじゃないのか?
俺ならそうするねw 
だってムー大陸は「救い」を安吾のリップサービスだと言ってたんだぜ?

「堕落」って言葉の厳しい側面に焦点を当てるなら、そういう読解もあり得るだろうという意味で肯定しました。

134ムー大陸 ◆DMnIjpZYd2 2011/08/05(金) 20:22:50.80
うーん、俺こういうこと、あんまり「議論」したくないなあ。

わかれよお前!

以上。

135アセンション ◆ZCAcNhb9dZs7 2011/08/05(金) 20:31:30.09
しょーがねーw 議論したくないんならやめとくかw
俺はさ、小林と安吾がやったような対話をしてみたいだけなんだよw

あれはねえ、奇跡だよあなた?他に「伝統と反逆」ほど素晴らしい対談があるなら読むよ俺は。

国会図書館行くよ。

138アセンション ◆ZCAcNhb9dZs7 2011/08/05(金) 20:45:34.97
「伝統と反逆」で小林の骨董なんかを批判してるだろ?
あそこはエヌが「日本文化私観」から引いていた、
「法隆寺も平等院も焼けてしまって一向に困らぬ。
必要ならば、法隆寺をとりこわして停車場をつくるがいい。」
につながるんだよな。織田信長的というかね。

では骨董とはこの場合なんという言葉に置き換えるのが正しいと思われます?

140アセンション ◆ZCAcNhb9dZs7 2011/08/05(金) 20:58:04.61
「伝統と反逆」の中では骨董だけじゃなく音楽も含めて小林を批判してたし、
本筋の文学をやってくれ、ってメッセージだったんだろうけど、
たとえば、骨董を天皇制や武士道に置き換えたっていいわけだよ。
いやむしろ安吾にとっての天皇制や武士道は、ニーチェでいえば宗教と道徳か。

141吾輩は名無しである2011/08/05(金) 20:58:40.69
ウェーバーの言葉を使えば伝統的支配

>>140
そう。「伝統と反逆」における安吾の音楽観に対する批判はクリティカルですよ。数十年後、小林の死後に同じ事が言われてる。
で、安吾が宗教とか道徳に拘泥してると?あなたが安吾で俺が秀雄でしょう?そうかね?俺はそうは思わないんだけどなあ。

143アセンション ◆ZCAcNhb9dZs7 2011/08/05(金) 21:21:01.77
>>141 マックス・ウェーバーときたか。

>>142
安吾は拘泥してるんじゃなく、批判してるわけだよ。
どうも酔ってきてるだろ?w
で、どっちが安吾でどっちが小林でもいいんだw

酔ってねえよ!!(酔)安吾が宗教と道徳を批判してると。確かにそうですな。あー前文に戻らないと意味がわからない。
読んだけどあんたが何を言いたいか俺にはわからない。俺が安吾であんたが小林なら安吾は無理に「わかる」と言うよ。
でもわかんねえもん。ちゃんと言ってくれ。寝ちゃうぞ!?

145吾輩は名無しである2011/08/05(金) 21:51:57.89
ニーチェの主張するニヒリズムの超克は
ニヒリストに対するニヒリズムの自己適用を以て東洋哲学で言う空の思想に目覚めよ、です。
これはウェーバーの主張する価値自由とほぼ同じ意味です。
坂口安吾は専攻する東洋哲学から空思想を食い散らかしたスノッブ、
正しく頽落の為せる業であると断じる他ありません。

アセンション!>>145を読解してくれ!

147吾輩は名無しである2011/08/05(金) 22:10:12.54

忌野清志郎氏も『 集団ストーカー 』を受けていた様子。

歌で残っているところが凄い。

少なくとも、妄想でも幻想でもなく、集団ストーキング行為は実在をしている。

被害を訴えても精神疾患とされてしまうところが怖いところ。

YouTubeの音源を貼れよ

149吾輩は名無しである2011/08/06(土) 01:36:33.94
>>143
え? アセンションさんって、M.ウェーバー名前くらいしか知らないの?
彼の思想全般は歴史学的には評価に値しますが。

主著の近辺でよいけど本当に読んでいないのかな?

150吾輩は名無しである2011/08/06(土) 09:20:25.51
堕落論はホントすごいね。
これこそ日本論の頂点に位置しているよ。

151アセンション ◆ZCAcNhb9dZs7 2011/08/06(土) 10:01:03.70
>144 鈴木に安吾役を期待したのが無謀だったw
>145 それは「堕落論」についての意見かい?
>146 何でも俺にふるなw
>149 ウェーバーはたぶん1冊しか読んだことないなあ。
つーかウェーバーを解読格子にして安吾を解読する価値は?
>150 すごい評価だ!

152吾輩は名無しである2011/08/06(土) 13:15:26.35
>>149
そういうのは止せ
品がないし発展も無い

ここは魂の発展場だ

154吾輩は名無しである2011/08/06(土) 16:03:21.64
えっ?!ハッテン場だったの?ここ

「魂の」が抜けいているw

156アセンション ◆ZCAcNhb9dZs7 2011/08/06(土) 18:56:26.09
>あったねえ、それで安吾の道行きは、「シェストフ的不安」とは
>異質であるっていうの。 ただ話のダシにもちだされただけ
>のような気もするな。 この「シェフトフ的不安」の扱い方はw

こっちのほうがいいかなw
Nへ、柄谷の安吾論「堕落について」だけど、
柄谷の意図はわかるんだ。安吾を実存主義者にしたくないっていう意図は。
だから「他者」という言葉も持ち出した、と。

157N ◆.a7VUr.VD. 2011/08/06(土) 19:03:14.92
>>156
安吾は実存「主義者」っていうほど、精密な思想のシステムには
縁はなかったとおもうなあ。

柄谷というレンズを通して安吾をみると、見慣れた安吾像が
見慣れぬものに見えてくるという効果はあるとおもう。

しかし、いつまでも柄谷というレンズを通してばかりいると
それが当然におもえてくるね。 たまには別のレンズを
使ってみたり、裸眼で観ようとしてみればいいと思う。

まあ、裸眼の視力が低すぎる場合、レンズがないと何も
見えないんだけどさ。

俺は別に柄谷というレンズを通して安吾を読んだわけじゃないよ。

あと、安吾はぶれてないと思うよ。その意味では精密でしょ。

160アセンション ◆ZCAcNhb9dZs7 2011/08/06(土) 19:14:20.04
>>157
実存主義者っていうとサルトルとかになっちゃうんだろうけど、
シェフトフが言及しているキルケゴールやドストエフスキーなんかの、
かつて実存主義の文脈で読まれてきた感じでは安吾を読んではいけない、
という柄谷の意図のことね。
そう考えると「堕落について」でハイデガーを持ち出すよりニーチェじゃないの、
って書いたんだけど、ニーチェを持ち出すと実存主義の文脈にはまる、
もしかしたらそんなふうに柄谷は考えたのかもしれないな。

「今こそサルトルを語ろう」ってスレがあって期待してたんだけど、鯖崩壊で消えちゃったね。

162アセンション ◆ZCAcNhb9dZs7 2011/08/06(土) 19:19:02.49
だからまあ柄谷の安吾論は戦略に満ちているw
安吾を思想家に仕立て上げるのもやはり問題はあるね。

163N ◆.a7VUr.VD. 2011/08/06(土) 19:37:23.01
>>158
いや、別におめーのこといったわけじゃないよw

>>160
実存主義の文脈っつーか、柄谷的な解釈によれば
「シェフトフ的不安」は、マルクス主義からの転向者が
直面した「無意味」(ニヒリズム)の表現っていうことらしいね。

坂口の「ノンセンス」は、そのような転向者のニヒリズムと
同一視してはいけないと、そういう文脈だった。

結局、安吾の解釈で、実存主義の文脈にはまることを避けたと
結論は同じになるのかもしらんが。

164アセンション ◆ZCAcNhb9dZs7 2011/08/06(土) 20:56:26.45
>>159
安吾に「精密」って形容はどうかな?
俺ならその言葉は使わないな。
上のほうでも書いたけど、ぶれがないのは幹(精神あるいは姿勢)で、
枝葉(表現)はそれほど整理されてるもんじゃないと思うよ。

165アセンション ◆ZCAcNhb9dZs7 2011/08/06(土) 20:58:34.21
>>163
かつての日本ではおそらく、マルクス主義からの転向者は、
個という実存主義的なヴェクトルを持った(持たざるを得なかった)と考えてるよ。
サルトルなんかの場合だと政治へのアンガージュマンと
脱自としての個の実存とが共存するんだろうけどね。
シェストフは『悲劇の哲学』だけ読んだことがある。

>>164
だから「軸がぶれてないという意味で」精密だと言ったじゃないですか。それに精密という言葉は相応しくないのかも知れないけど。

167アセンション ◆ZCAcNhb9dZs7 2011/08/06(土) 21:44:45.39
>>166
わかってたけど、あえて突っ込んでみたw

168アセンション ◆ZCAcNhb9dZs7 2011/08/06(土) 22:05:24.65
>>166
↓についても、もし何か意見があったらこっちのスレに書いてくれ。
http://kamome.2ch.net/test/read.cgi/book/1312460718/136

道徳と倫理のことね。

169N ◆.a7VUr.VD. 2011/08/06(土) 22:50:43.19
>>165
まあ、集団的運動から脱落すれば、個の実存に居場所をもとめる
その流れはわかりやすいというか、ある意味当然だな。

しかしまあ、人間生きてる限り、社会的存在たらざるえないんで
それは脱落後でも、変わらない条件だろうと思う。

それこそ、「堕落論」のテーマと重なるね。

170N ◆.a7VUr.VD. 2011/08/10(水) 15:20:34.47
もう読書会スレのテーマは、トカトントンにうつってるので、「堕落論」についての
続きはこっちでやるな。

【ケンカ乱闘】読書会スレ7【なんでもあり】
http://kamome.2ch.net/test/read.cgi/book/1312460718/
>>180
>安吾自身はぶれてないけど、ノリで結構いい加減なことを書くんだよこの人は。

俺もそんな印象もったな。鈴木は反対みたいだが。こうなると印象論同士の
水掛け論になっちゃって、話が終わらないな。>>182のアセンションの論も
ムーや俺の印象と同じようなレベルの印象論ってかんじだ。
つまり、この問題について論じても、水掛け論にしかなりえないというw

171N ◆.a7VUr.VD. 2011/08/10(水) 15:20:51.22
>>183
>安吾は最初から文学者として政治に反逆していたんだと思います。

安吾が「堕落論」「続堕落論」以前に、政治と文学の関係についてなにがしか
語っているかどうかはよくしらないが、俺からすると、安吾が政治と文学の
関係について語ったこの部分は、小林秀雄からの影響受けてるようにおもえ
ちゃうんだよね。小林の「レオ・シェストフの『悲劇の哲学』」の影響受けてる
論のように俺には読めてしまうな。

あと、論の構成上の問題についても指摘しておくと、文学と政治の反逆的協力に
ついて語った一節は、「続堕落論」においては、論の一番最後のほうにでてくるんで
論の構成上、結論部分で語られるべき必然性があるというべきだろう。

>論全体を通してですが、前を向いて貪欲に生きる姿勢を感じています。

どこまでもまっすぐに前へ前へと生きていこうという姿勢はあるな。
ただし、そういう生き方すれば、どうしたって社会と衝突せずには
いられないからねw社会と衝突して、徐々に隘路へ追い詰められて
いくという、そういう運命が垣間見えるそんな生き方。

172N ◆.a7VUr.VD. 2011/08/10(水) 15:21:03.87
>>185
>こちらの制度の方がよい、とは言わないわけでしょう。

そうだね。結局、すべての制度を否定する道に追い詰められると思うな。
この論理をつきつめていくと。

>マッキーのような人間になる事だと思う。

マッキーって誰じゃ?

>その表現が矛盾しているとは俺は思わないんだなあ。

んじゃ、>>172の表現は矛盾してると思う?

>>172
槇原敬之の「どんなときも」参照。あれはゲイ讃歌らしいけど、いい歌詞だと思います。172ってどれのこと?

174ニッパ椰子 ◆qJa0bYv/qk 2011/08/10(水) 16:45:15.73
>>171
ぎゃぁ、小林秀雄がでてきちゃうと検証すらできない。無知ですみません!あくまで国語がちょっと得意だった一主婦なので、あくまでテクストを文面通り読み解くので精一杯なのです...。誰かヘルプ!

>あと、論の構成上の問題についても指摘しておくと、文学と政治の反逆的協力に
>ついて語った一節は、「続堕落論」においては、論の一番最後のほうにでてくるんで
>論の構成上、結論部分で語られるべき必然性があるというべきだろう。
これは、私の書いた構成についての反論、というわけではないようですね。付記でしょうか。最後の方だけれど、文学についてはまとめに値する段落ではないんですよね。これこそノリっぽいなぁ

俺も安吾の政治観は小林秀雄の影響を受けてると思うなあ。政治は常に個人に勝つ、だっけ?制度か社会だったかも。

176ニッパ椰子 ◆qJa0bYv/qk 2011/08/10(水) 16:58:12.74
>>175
それなら書いてありましたね。ただ、安吾が文学者として制度に反逆していたのでは、という私の反論の反論にはなり得ないような...

反論してないですよw

178ニッパ椰子 ◆qJa0bYv/qk 2011/08/10(水) 17:19:16.77
鈴木さんじゃないですよ。笑 紛らわしい書き方して、ごめんなさい〜。Nさんのは反論かなと思って。

179アセンション ◆ZCAcNhb9dZs7 2011/08/10(水) 20:33:45.06
ざっくりと端的に=印象論的に書こうw
安吾の姿勢や表現に「矛盾」があるとは俺も思わない。
俺が思うのは、違うヴェクトルを持つ2つの方向性が
安吾の「生存の美学」の中に孕まれてるってことだね。

180アセンション ◆ZCAcNhb9dZs7 2011/08/10(水) 20:40:21.22
179を例を挙げてちょいと補足しとくと、
たとえば、ひとつには、
無垢を希求するヴェクトルと堕落への意志のヴェクトルがそうだし、
徹底的に堕落せよというメッセージとそれは不可能だという認識の共存もそうだね。

>>178
いえいえ♪

>>179
いい事言ったね!一本!

182N ◆.a7VUr.VD. 2011/08/11(木) 11:09:28.50
>>173
>槇原敬之の「どんなときも」参照。
なるほど、サンキュー

>172ってどれのこと?
【ケンカ乱闘】読書会スレ7【なんでもあり】
http://kamome.2ch.net/test/read.cgi/book/1312460718/

このスレの172。

>>174
>ぎゃぁ、小林秀雄がでてきちゃうと検証すらできない。

いや、別に検証してもらうために、小林もちだしたわけじゃないんでw
政治と文学についての安吾の意見って、小林の考えとちょっと似たところ
あるなぁという印象を語っただけ。

>これは、私の書いた構成についての反論、というわけではないようですね。

いや、別に俺もそちらに反論しようなどと思ってないよw 論がないのに、反論は
できないだろうしw

>最後の方だけれど、文学についてはまとめに値する段落ではないんですよね。
>これこそノリっぽいなぁ

まとめを導入するための前振りの一節だね。社会制度の欠陥をたださなければ
ならぬという意見を、ナンセンスなどと一蹴できるのは、文学者だけだろうw
結論部分と密接に関係した、結論を導入するための必要な一節であろうと思うなあ。
「政治と文学」について書いた安吾の一節は。

>>182
思いませんね。「正しく堕ちる道」って表現がキーポイントだと思います。

172 名前:アセンション ◆ZCAcNhb9dZs7 [sage] :2011/08/07(日) 17:16:52.48
「人は正しく堕ちる道を堕ちきることが必要なのだ。
そして人の如くに日本も亦堕ちることが必要であろう。」
(堕落論)

「人は無限に堕ちきれるほど堅牢な精神にめぐまれていない。
何物かカラクリにたよって落下をくいとめずにいられなくなるであろう。」
(続堕落論)

冷房の当たりすぎてお腹を壊したので使用済みタンポンに下痢便を塗って吸いました。気分爽快です。

佃煮みえこは本当にしつこいな!わざわざ別ブラウザで忍法帖焼いてまで粘着してくるとはさすがに思わなかった…

186N ◆.a7VUr.VD. 2011/08/11(木) 11:39:51.73
>>183
「正しく堕ちる道」における「正しく」というのは、あってもなくても、文章の意は
理解できそうだけどねw 要するに、ひとは堕ちきらなければならないという
考えと、ひとは堕ちきることはできないという考え、これが矛盾するかどうか
ってことだ。表現においては食い違っているが、内容的にはそうでもないという
ところかなぁ。

確かに。どっちも本音なんでしょうね。

188アセンション ◆ZCAcNhb9dZs7 2011/08/11(木) 20:19:48.11
鈴木は安吾と柄谷のどっちを先に読んだの?

堕落論の文庫本(人に貸したまま)を先に読んでて、倫理21から柄谷に入って、安吾を再読した感じかな。

190アセンション携帯2011/08/11(木) 21:18:36.34
「坂口安吾と中上健次」のほかは柄谷をよく知らないんだけど、
「探求」とか「トラクリ」なんかは読んだ?

探求は2まで読んだよ。トラクリは借りて読んだのか読んでないのかわからないまま返した。

192アセンション ◆ZCAcNhb9dZs7 2011/08/11(木) 21:35:46.00
柄谷の本よく読めるなあ。内容硬くない?
安吾論はまだいいとして、「探求」なんて哲学っぽいんじゃないの?

えっ?でもなかなか面白いですよ。俺は哲学とか全然知らないけど、柄谷行人に対する興味だけで読み通せたよ。内容が頭に入ってるかはわからない。

194ニッパ椰子 ◆qJa0bYv/qk 2011/08/11(木) 21:42:23.32
>>182
そっか、172に安価だったので全体に反論かと思って、でも反論ぽくないから混乱しました。

195ニッパ椰子 ◆qJa0bYv/qk 2011/08/11(木) 21:49:58.90
なんか間違えた。読書会スレの私の発言に対してのNさんの発言だったから、反論?って思っただけです。気にしないで下さ〜い。


ちなみに私は堕落論では、堕ちよ、生きよ。続では堕落は制度の母体がキーだと思っています。
ではー、お邪魔かと思うので、この辺で失礼します。柄谷、小林はいずれ読んでみます。

196アセンション ◆ZCAcNhb9dZs7 2011/08/11(木) 22:02:29.19
ぜんぜん邪魔じゃないよ〜

ウエルカムだよー

198ニッパ椰子 ◆qJa0bYv/qk 2011/08/11(木) 23:35:13.52
ありがとうございますー。たまに見てみようかなって思います。

199吾輩は名無しである2011/08/16(火) 11:35:58.48
>>192
初めまして。柄谷さんの坂口批評がわからないといふ君の掲示をば拝読し、ふと拙者が思っ事を一つ。
拙者はただ今、東京市豊島群のすみかを離れ新潟市に於いて生活すること、早や二年にならふとしております。柄谷君の坂口批評を読み我がいを得たり、さふ所感いたしました。と、言ふのは

200吾輩は名無しである2011/08/16(火) 12:02:59.47
と、言ふのは柄谷君が坂口君の美学として指摘しました風の音と風の中の廃墟の郷愁、そこに原風景を見いだし夏目先生のそれに極めて近しき不愉快の心情を看破し実にわかりやすく作文しているからであります。

201吾輩は名無しである2011/08/16(火) 12:54:49.83
なるべく簡潔に結論を急ぎましょう。坂口君のようにだらしないヒロポン中毒患者の意味不明な大衆読み物からでさえ柄谷君は理路整然と立派な知的エッセイをば書き起こしている所に感動すら覚えるのであります。

あのね、お前らはすぐヒロポンに結びつけて考えるけど、日本に今、数百万人のヒロポン中毒者がいるけど、安吾みたいになれる奴はいるか?いねえよ。

203吾輩は名無しである2011/08/16(火) 13:41:52.54
>>202
その通り。ヒロポンは余計だった。だが、近い所で中島らもは、かれの坂口的破滅志向にもかかわらず、その皮肉に満ちたユーモアのその洗練に於いて、捨てがたく文学的だ。だが評価の方は…。批評する評論家すらいない。当然だ

らもさんはヒロポンじゃないでしょう?

205佃煮マニア ◆I/bnTKgLlU 2011/08/16(火) 17:08:38.35
>>203
鈴木創士がらもさんの話をよくしてるじゃないですか。

206吾輩は名無しである2011/08/24(水) 01:23:42.13
小林秀雄は安吾の何を批判したんですか??

207治美2011/08/24(水) 02:11:45.79
安吾ってやつぁ、必死になって、それこそ血眼になって
生きろ、と言ってるんだなぁ。
よくよく考えてみりゃあ、がむしゃらに生きろ、としか安吾
は語ってないんだね。

だーから、安吾を読むと元気になるんだね。

教祖の文学で、見るのは地獄じゃなく花だ、みたいな
内容があったけど、あれには救われた。

>>206
たぶん文章で批判はしてないと思う。

209吾輩は名無しである2011/08/24(水) 16:35:25.16
>>208

そうでしたか、、
小林秀雄と坂口安吾とでは根本的に異なるスタイル
みたいなものがあれば教えてください!

根本的に異なるって事はないと思います。基本的に通じ合ってるならこそ反発する事もあったという話だと思います。僕の印象ですが。

通じ合ってるからこそ、ですね。

とりあえず講談社文芸文庫の「小林秀雄対話集」の冒頭の安吾との対談「伝統と反逆」をお勧めします。二人ともメチャかっこいいですよ。

213吾輩は名無しである2011/08/24(水) 20:26:26.96
>>212
対談集!
おもしろそうですね。読んでみます。

その対談だけを読むなら立ち読みでもOKですが、その対談集はとてもいい本なので買って損はないっすよ。

215吾輩は名無しである2011/08/24(水) 23:16:54.99
>>214
Amazonで注文しました
町田康作の人間小唄で、坂口安吾が小林秀雄に泣きついた、
というような箇所が出てきて非常に興味を持ったんですよね

いい本が売れて嬉しいです♪

217アセンション ◆ZCAcNhb9dZs7 2011/08/29(月) 23:43:42.20
いい本が売れたねえ〜

218吾輩は名無しである2011/08/31(水) 16:54:18.65
坂口氏の書籍でオススメあれば教えていただきたい。

だいたい青空文庫で読めますよ

220吾輩は名無しである2011/08/31(水) 19:13:45.73
青空ですね。ありがとう。

うん!

ゲロゲーロ!
わるてしいあ。

223アセンション ◆ZCAcNhb9dZs7 2011/09/01(木) 14:19:44.79
青空といえば、「外套と青空」。

224もっけ2011/09/26(月) 18:25:38.45
いきなりで悪いんだけど「桜の森の満開の下」って買える?
アマゾン見てもなかったんだが。

225吾輩は名無しである2011/09/26(月) 21:27:13.20
東洋大卒


プッwww

226吾輩は名無しである2011/09/26(月) 21:55:32.52

227吾輩は名無しである2011/09/27(火) 19:46:27.34
東洋ってゴミじゃんww

228吾輩は名無しである2011/09/28(水) 03:58:47.39
過疎ってるなあ

229吾輩は名無しである2011/09/28(水) 04:01:13.41
>>226
71円

今日8時から何かやるんでしょ。家帰って風呂入って用事済ませなきゃ。

231v(・x・)v鈴木雄介 ◆JSPf4VvHXo 2011/09/28(水) 19:52:58.32
家に帰って用事も済んだし、「教祖の文学」の再読も終わった。午前中に一回「伝統と反逆」を読み返した。
でも特に俺の認識を変容させるような発見はなかったな。
今からiPhone持って風呂に入りながら「伝統と反逆」を読もうと思う。
果たして彼は来るのかね?俺の認識を変容させてくれるのかね?期待age

232佐藤2011/09/28(水) 20:00:39.82
参上!8時ピッタリだ

233佐藤2011/09/28(水) 20:02:03.91
ちょい、今から風呂入ってって!
約束は8時だぞ

だからiPhone持って今風呂の中だよ。いつでもかかってきたらんかですじゃーい!

まず君の俺に対する反論を具体的に頂戴よ。

236佐藤2011/09/28(水) 20:08:23.82
変なやつ。。
まーいいや。
とりあえず争点を確認しよう。

鈴木は、安吾の小林に対する<骨董趣味>批判は、「骨董(モノ)じゃなく人(文学)に向き合え」
という意味だと言った。

それに対し俺は、「文学を骨董化するな」という意味だと言った。また、骨董(モノ)ではなく人(文学)
に向き合っていたとしても、<骨董趣味>は存在すると言った。

ここまでいいか?

>>236
骨董化された文学って事で言えばさ、メリメに関する安吾の見解は覚えてる?
小林が文学を骨董化するって意味がわからないけど、どういう事?小林の批評が骨董的価値を持つという事?

モノじゃなく人に向き合えってのはさ、死んだ人じゃなく生きた人に向き合えとも解釈出来るよな。どこが違ってる?

239佐藤2011/09/28(水) 20:14:19.62
まず<骨董趣味>という言葉が「伝統と反逆」に出てくるのは、一か所だけだ。
引用してみる。

坂口 僕が小林さんの骨董趣味に対して怒ったのは、それなんだ。

講談社文芸文庫の『小林秀雄 対話集』でいえば該当頁は9ページの一行目。

だから、この<骨董趣味>という言葉が何を指すか?というテーマに限定して議論したいと思う。

ここまでおっけい? 

>>239
他にも「骨董品」や「骨董的」などいくつも出てきて、そこから「骨董」という言葉の意味を総合的に判断すべきだと思うんだけど、違うかな?

241佐藤2011/09/28(水) 20:23:09.69
まず結論から言う。

今の俺は、<骨董趣味>批判は、鈴木の言う「モノじゃなく人に向き合え」という意味ではない
ということを証明できる。

それと同時に、自説である
「骨董(モノ)ではなく人(文学) に向き合っていたとしても、<骨董趣味>は存在する」ことを証明することができる。

しかし、もう一つの自説である
安吾の<骨董趣味>批判は、「文学を骨董化するなという意味である」ことは証明できない。
これは近からず遠からずだが、証明することはできない。議論するうえで、証明できるかもしれないが。

鈴木の意見が間違っていること、俺の二つの説のうち、一つの説が正しいことだけを証明したいと思う。

これでいい?

「骨董」というのは「鑑賞の世界で、美を創り出す世界じゃない」というのが安吾と小林の共通見解だと思う。
そして、安吾の意見が最も直接的に現れるのがP31の「あんたは批評家として文学を生かした男だからね(中略)何か作りなさいよ」だと思う。

243佐藤2011/09/28(水) 20:27:32.04
>>240
それは却下したい
なぜなら<骨董趣味>は何か?というテーマで意見が分かれたんだから。
そして「伝統と反逆」では<骨董趣味>という言葉は先の一箇所にしか登場しない。

この文脈で考えるのが妥当

てか、鈴木も<骨董趣味>で言ったら俺の解釈が正しいということが言いたい?

てか、鈴木の読みが具体的に間違っている箇所があるからこれから言うよ。

>>241
どうぞ。いちいち了解とらなくていいから続けなよ。
まず俺は「骨董(モノ)ではなく人(文学) に向き合っていたとしても、<骨董趣味>は存在する」という意見に反対なわけではない。

だから「モノじゃなく人に向き合え」という言葉と上の意見がどう違うかを証明して欲しい。もっと詳しく語ろうか?俺の意見を。

245佐藤2011/09/28(水) 20:32:32.61
>>244
お願いします

>>243
なんで?君は確か「安吾は何を言いたかったんだと思う?」って訊き方をしたよな。だったら総合的に「骨董」という言葉に安吾がどういう思いを込めているか探るべきだろう。

247佐藤2011/09/28(水) 20:35:48.00
>>246
そういう訊き方はしていない

534 :吾輩は名無しである:2011/09/27(火) 20:25:03.89
ところで安吾厨の鈴木とムー大陸に聞きたいんだけど

安吾が小林秀雄と対談したとき、安吾が小林に向かって、小林の骨董趣味を批判した
じゃん。これってどういう意味?

俺はこの骨董趣味に対する批判は、織田作が「美術工芸品」とかいって心境小説を
叩いたのと同じ意味合いを有しているような気がする。なんとなくね。

そこでムーや鈴木に聞きたいんだ

質問はこれ

まず、小林秀雄の批評が生きている「何をやらかすかわからない」人間ではなく、
死んだ人間(ゴッホやモーツァルト)を取り扱う事に不満があったんだと思う。
安吾はメリメを褒めているけど、小林秀雄に対してはさらに上の次元を要求してたんじゃないかな。
骨董趣味っていうのは、フェティシズムだよ。それが人間性に向かうなら、予め反応を想定しうる人間しか認めないという事になるよね。
その時点で彼は「人に向かっている」とは言えなくなる。「モノに向かってる」んだよ。意味がわからない?

>>247
俺は安吾の意図を訊かれたものかと思って答えたんだな。今読んでもそういう風にしか読めないわ。
だったら「小林秀雄対話集」のP9にある「骨董趣味」ってどういう意味?って訊けばよかったじゃん。

あー、袋に入れてるとiPhone打ちづらい。体洗って出るわ。10分待っとき。願わくばそのうちに君の言い分を全部書いちゃってよ。

250佐藤2011/09/28(水) 20:51:28.28
>>248
自分の<モノ>という言葉に後付けしたね。その後付けした考え方には賛成します。
しかし、ズルいですね。あの時は間違っていたと素直に言えばいいじゃないですか。

鈴木が俺にレスしたのはこの2個だよ

「それは俺が思うにね、安吾が言いたかったのは、小林はモノに向き合うんじゃなくて人に向き合うべきだって事じゃないかなあ。」


「でも要するに安吾は造形美術じゃなくて文学を語れって言いたかったんだと思ってたんだけど、それすら間違ってるかね?」

この二つのレスから、その<モノ>の意味を連想することはできないよ。
字面通り、「骨董なんかやめて文学に戻ってこい」というのが<骨董趣味>批判だ、という風に解して
いるというように受け取るのが当然だ。

>>250
まあ、後出しかなあ。でも結論はそうだよ。「骨董なんてやめて文学にもどって来い」って言葉を深読みすればそうなるじゃん。国語の試験じゃ落第だろうけどさ、ここは文学板だぜ?

まあ、という事で、そろそろあなたの意見を書いて下さいよ。

253佐藤2011/09/28(水) 21:14:24.03
<骨董趣味>という言葉に関わらず、安吾が一番言いたかったことは、
文学はいかに生きるか、っていう問いから発生しているんだ、ということだよね。
鈴木の238の言う通り。

坂口 僕が小林さんに一番食って掛りたいのはね、こういうことなんだよ。中略
   ギャアギャアギャアギャアとジャズをやったりダンスをやったりするバカな奴の中に
   実際は人生があってね、芸術というものは、いつでもそこから出て来るんじゃないかと僕は思うんですよ。

坂口 僕が小林さんの骨董趣味に対して怒ったのは、それなんだ。

この話は、「教祖の文学」の内容を受けてるよね。
だから、俺の説を展開するには「教祖の文学」の内容に移らなきゃいけないんだけど。

>>253
そうそう。それで?

255佐藤2011/09/28(水) 21:20:49.49
「教祖の文学」には、小林が骨董を漁っていることに関しての批判は一つもない。

ただ、骨董を小林がやるのは当然で、それは文学における彼の態度は鑑定人だからだ、と。
こういう文学における小林の態度が、骨董へと向かわせるのだと。
つまり、骨董漁りをやめたからといって問題が解決するわけではなく、この鑑定人的態度は文学に向き合う態度
には相応しくないから、やめろ、と言ったんだと思う。

なるほどねー。教祖の文学に「骨董」って言葉がないか調べてみるわ。

いくつもあるじゃねえか!たとえば

>花鳥風月を友とし、骨董をなでまはして充ち足りる人には、人間の業と争ふ文学は無縁のものだ。

258佐藤2011/09/28(水) 21:30:53.74
「つまり教祖は独創家、創作家ではないのである。教祖は本質的に鑑定人だ。
教祖がちかごろ骨董を愛すといふのは無理がないので、」

たぶん「骨董」という言葉はここにしか登場しないと思うよ。
もっと詳しく見てみないとあれだけど

いや、四箇所に出てくるね。skybookで検索した。

260佐藤2011/09/28(水) 21:34:41.64
あとここもか

「人生はつくるものだ。必然の姿などといふものはない。
歴史といふお手本などは生きるためにはオソマツなお手本にすぎないもので、
自分の心にきいてみるのが何よりのお手本なのである。
仮面をぬぐ、裸の自分を見さだめ、そしてそこから踏み切る、型も先例も約束もありはせぬ、
自分だけの独自の道を歩くのだ。自分の一生をこしらへて行くのだ。
 小林にはもう人生をこしらへる情熱などといふものはない。万事たのむべからず、
そこで彼はよく見える目で物を人間をながめ、もつぱら死相を見つめてそこから必然といふものを探す。
彼は骨董の鑑定人だ。」

261佐藤2011/09/28(水) 21:35:35.29
あと2箇所はどこ?
ページで言ってくれると有難い

262佐藤2011/09/28(水) 21:39:24.26
まぁ、骨董という言葉がいくつあってもいいんだけど。

俺が言いたいのは、これだから。

「つまり、骨董漁りをやめたからといって問題が解決するわけではなく、この鑑定人的態度は文学に向き合う態度
には相応しくないから、やめろ、と言ったんだと思う。」

正確に言うと、安吾の文学観とは合わない、ということだと思うが。

いや、小林秀雄ファンなんだよ坂口安吾は。「私は小林秀雄を尊敬している」って書いてるもん。

264佐藤2011/09/28(水) 21:44:14.39
>>263
もちろん、畢竟己を語る、などと新しい批評を確立した小林に対する尊敬は
もちろんあっただろうけど。
俺は具体的に安吾が小林のどこを尊敬していたのかは知らない。

知ってるなら語ってくれ

そして、「尊敬するとは、争うことだ」と言っている。
「小林秀雄の文学観から脱出しようと心がけた」批評家である福田恆存を絶賛して終わるね。「伝統と反逆」は。
佐藤はもっと安吾を読んだ方がいいと思うね。俺もムー大陸と比べたら全然読んでないけど。

>>264
だから「伝統と反逆」に書いてあるじゃない。「批評という形で文学を生かした男」だから尊敬してたんだよ。

あと、小林秀雄について知りたいならNというコテハンに訊くといいよ。何でも知ってるから。

268吾輩は名無しである2011/09/28(水) 21:59:33.26
想像力の無い将棋だな くだらん

269吾輩は名無しである2011/09/28(水) 22:01:24.29
鈴木のレベルはこんなもん

呼ぶんじゃなかったw

271ムー大陸 ◆DMnIjpZYd2 2011/09/28(水) 22:05:06.61
まーでもいい流れだと思うよ

いいよね。そろそろ離脱します。最後に佐藤さん一言どうぞ。

273佐藤2011/09/28(水) 22:07:45.75
>佐藤はもっと安吾を読んだ方がいいと思うね

こういう上からの態度はやめてくれ。

それと、お互い尊敬していても文学観は合わない、ということはあるぞ。
つまりは、お前の俺の意見に対するこの反応は、俺の意見への反論になっていないということ。
>いや、小林秀雄ファンなんだよ坂口安吾は。「私は小林秀雄を尊敬している」って書いてるもん。

小林は志賀直哉の弟子で、志賀に関する論文も書いている。
「伝統と反逆」で、小林は「志賀には道徳がある」といい、安吾は「志賀には本当の道徳はない」
と言った。安吾が「志賀に文学の問題はない」みたいなこと言ってたよね。
俺は、当初から安吾と小林の文学観には決定的なズレを内包していたと思うよ。

もう一度確認するけど、安吾と小林には文学観のズレがあるという俺の意見に対し、
>いや、小林秀雄ファンなんだよ坂口安吾は。「私は小林秀雄を尊敬している」って書いてるもん。
と言ったんだからな。
これは、安吾と小林には文学観のズレはないという主張をしたいがために、持ってきた言葉だぞ。

ならば、安吾と小林に文学観にズレはない、もしくは安吾と小林の文学観は重なる部分が多い、という
ことを語らないといけないよ。




小林は志賀の弟子で、初期の頃に志賀論を書いているけど。小林は志賀が道徳的だと
言った

274佐藤2011/09/28(水) 22:12:27.30
鈴木は本当に卑怯だな

静かなるオーディエンスは気づいてくれていると思うが。
後付けした上に、勝利した体で逃げようとするんだから恐れ入るよ。

黙っていようと思ったが、ムー大陸の言葉に唖然とし、恐ろしくなって本音を言うが

275吾輩は名無しである2011/09/28(水) 22:14:57.39
鈴木なんかまともに相手すると馬鹿を見るよ

276吾輩は名無しである2011/09/28(水) 22:16:53.39
>>274
それを言わなかったらお前に与したが、それを言ってしまうのがお前のへたくそだよ

277ムー大陸 ◆DMnIjpZYd2 2011/09/28(水) 22:16:58.48
そうか失礼した。
実はディテールは読み飛ばしてるのでw

278佐藤2011/09/28(水) 22:19:50.50
今日はここまでにしよう。

お前が俺に勝利するには、これについて答えることだ。
それ以外はドロー。

「ならば、安吾と小林に文学観にズレはない、もしくは安吾と小林の文学観は重なる部分が多い、という
ことを語らないといけないよ」

時間をかけていいから、しっかり考えて答えてほしい。

>>273
そうか。ごめん。というかむしろ安吾は小林秀雄の態度を評価した上であえて別の道を選んだと考える方がいいだろうな。

そう。でもそのズレをあえて小林秀雄の前で口にする勇気のある文学者がいなかったんだな。文字通り教祖だったから。

文学観のズレがあるってのはその通りだと思うよ。でも相通じるところがなければあんな充実した対談は出来ないんだよ。

そうだね。だからメリメの例を出したんだけど。あとカラマーゾフね。他には菊池寛とかね。色々あるじゃないですか。

>>274
そんな卑怯かね?俺は本当に最初からそのつもりで言ってたんだけど。言葉が足りなくて通じなかったのは謝るよ。

>>278
別に勝負してるってつもりじゃなかったけどな。そんなに勝ちたいか?有意義な対話だったと思うんだけどな。それなりに。

でも佐藤が殊更俺の意見について「明らかに間違ってる」って言ったのは違うと思うよ。俺のスタンスは変わってないし。

281吾輩は名無しである2011/09/28(水) 23:05:46.25
鈴木もNやムーを、文章を借用するやり方ではなく引いてきたのは見苦しいと思うがな

そうだね。俺がそれなりに安吾や小林を読んでるみたいな言い方だったな。それは嘘。でも彼らを愛してるよ。

283アセンション ◆ZCAcNhb9dZs7 2011/10/01(土) 20:49:26.56
鈴木と佐藤の対論はまだ続きはやるのかな?

俺はやってもいいよ。

285吾輩は名無しである2011/10/01(土) 22:25:56.83
なんだそのプライド 有るまじき

286吾輩は名無しである2011/10/01(土) 22:30:25.05
Nとやらに聞いた方が早いんじゃないか?
何でも知ってるんだろ?
そいつなら278に答えられるだろ

お前ら二人が議論しても埒があかん

287吾輩は名無しである2011/10/15(土) 16:59:22.51
un-goはじまったね
http://www.un-go.com/

288吾輩は名無しである2011/11/05(土) 00:01:37.96
堕落論、面白かったよ

熱いよねえ

290吾輩は名無しである2011/11/05(土) 13:06:53.63

死ねゴミ

291吾輩は名無しである2011/11/18(金) 06:36:09.91
安吾のアニメとか正気か

292吾輩は名無しである2011/11/18(金) 14:26:08.88
正直中身全く関係ないけどな

293吾輩は名無しである2011/11/20(日) 00:35:32.11
2話まで見たけど
アイドルの名前がヨナガとか他作品のパロが入っててちょっと面白かった

294吾輩は名無しである2011/11/20(日) 10:55:41.57
見てないけどそれはちょっと嫌だな、と夜長信者のオレが言ってみる

295吾輩は名無しである2011/11/25(金) 11:59:16.04
とりあえずここまでのところ酷いな
引用が適当すぎ、脚本家がロクに安吾読んでないのが丸わかり

296まぐな2011/11/25(金) 20:58:21.09
UN-GO、あれは単体のアニメとしては良いが、安吾の名前を借りるのはないな。

297まぐな2011/11/25(金) 21:03:12.64
アンゴウで子供が帰ってきたら話が成り立たないと思うのだが。女が左に寝るか右に寝るか、というのも原作と比べて皮相だ。

298吾輩は名無しである2011/11/28(月) 00:58:02.03
≫295
読み込んでないと思う理由を述べてみな。

299吾輩は名無しである2011/11/28(月) 01:00:52.15
アニメタイトルが、うんこかとオモタ

製作者様の降臨!?

「白痴」(坂口安吾、新潮文庫) 坂口安吾
117位/262作品。日本語小説。
戦後文学の代表作家坂口安吾の代表的短編集。
「いずこへ」不埒。無頼派安吾の作風か。これはあまり好きになれなかった。
「白痴」戦争文学。白痴らしさはあまりない。空襲される中で愛し合う男女。
「母の上京」よくわからなかった。
「外套と青空」おっさんの友情。
「私は海をだきしめていたい」随想かな。
「戦争と一人の女」傑作。大好き。浮気性の女の本命の男への愛を描く。
「青鬼の褌を洗う女」美女が男たちを抱いてやりながら、老父の妾になる。老父は浮気を許す。
総評として、純潔などというものは、まったく軽視されており、
登場人物は基本的に浮気する。それが無頼派安吾なのかとすごく納得した。
純文学にしては不思議と読ませるものがある。
今では堅いとしか思えない文章なのに、なぜかとりつかれて、半日で読んでしまった。
「戦争と一人の女」は本当に傑作だと思い、おすすめ。女性心理の描写がうまい。

302吾輩は名無しである2011/11/30(水) 15:31:35.72
イノチガケでは心理描写をそぎ落として迫力ある文章になってるんだが心理小説も書くんだな

303吾輩は名無しである2011/12/03(土) 14:42:46.20
>>300
さんざんブス、ガバマン、ビッチだの馬鹿にしてた川上未映子が、
崇拝する阿部和重と結婚して発狂する鈴木

これ以降鈴木雄介コテでの書き込みは途絶えている

740 名前:v(・x・)v鈴木雄介 ◆JSPf4VvHXo [sage] 投稿日:2011/11/30(水) 18:38:41.78
うわあああああ〜!!
740 名前:v(・x・)v鈴木雄介 ◆JSPf4VvHXo [sage] 投稿日:2011/11/30(水) 18:38:41.78
うわあああああ〜!!
740 名前:v(・x・)v鈴木雄介 ◆JSPf4VvHXo [sage] 投稿日:2011/11/30(水) 18:38:41.78
うわあああああ〜!!
740 名前:v(・x・)v鈴木雄介 ◆JSPf4VvHXo [sage] 投稿日:2011/11/30(水) 18:38:41.78
うわあああああ〜!!
740 名前:v(・x・)v鈴木雄介 ◆JSPf4VvHXo [sage] 投稿日:2011/11/30(水) 18:38:41.78
うわあああああ〜!!
740 名前:v(・x・)v鈴木雄介 ◆JSPf4VvHXo [sage] 投稿日:2011/11/30(水) 18:38:41.78
うわあああああ〜!!
740 名前:v(・x・)v鈴木雄介 ◆JSPf4VvHXo [sage] 投稿日:2011/11/30(水) 18:38:41.78
うわあああああ〜!!
740 名前:v(・x・)v鈴木雄介 ◆JSPf4VvHXo [sage] 投稿日:2011/11/30(水) 18:38:41.78
うわあああああ〜!!

>>303
捏造とコピペ荒らしはやめて下さいあまなさん。

305吾輩は名無しである2011/12/06(火) 03:02:25.38
352:v(・x・)vピース ◆JSPf4VvHXo (71) :sage:2011/12/05(月) 19:50:02.67
止めちゃうぞって何?手マン?ローター?バイブ?挿入?AVを見ろw
353:血はあいかわらず。ゲスの血はゲス。かんさい土人 ::2011/12/05(月) 19:52:24.73

352 名前:v(・x・)vピース ◆JSPf4VvHXo :2011/12/05(月) 19:50:02.67
止めちゃうぞって何?手マン?ローター?バイブ?挿入?AVを見ろw
http://29.media.tumblr.com/tumblr_lnrnrrLCnL1qjd1kgo1_500.jpg

354:吾輩は名無しである ::2011/12/06(火) 02:48:04.73
352 名前:v(・x・)vピース ◆JSPf4VvHXo :2011/12/05(月) 19:50:02.67
止めちゃうぞって何?手マン?ローター?バイブ?挿入?AVを見ろw

なんなのこの汚物みたいなおじさん?きしょいわ

306吾輩は名無しである2011/12/06(火) 03:04:49.57
993 :神戸土人の悪は底無し。関西ゲス以下の頽廃癌種:2011/12/05(月) 23:11:01.64
67 :ヘ(^q^)ヘ村上春樹 ◆m0yPyqc5MQ :2010/11/22(月) 20:48:10
  それは仕方な…くねえよ!ソープとか風俗に行きやがれ。金はあるんだからよぉ。俺はねえんだよ!でも痴漢はしないぜ。
http://28.media.tumblr.com/tumblr_ls2xrxyA7C1qjd1kgo1_500.jpg

983 名前:村上春樹 :2011/12/05(月) 23:02:56.11
性に否定的なのか
おれは風俗いかないけど
もてるからwhttp://blogs.reuters.com/japan/files/2009/06/murakami.jpg

307吾輩は名無しである2011/12/09(金) 01:00:21.65
アニメで興味を持って明治開化安吾捕物帳を読んだのですが、「石の下」について解説を頂きたくアニメスレから誘導されてきました

1.以前の事件の犯人と動機
2.今回の事件の犯人と動機
3.囲碁の「石の下」の意味とダイイングメッセージの?「石の下」の意味
4.オチ

虎之介未満の阿呆の頭ではイマイチピンと来ず、諸先輩方のお知恵を拝借したく

308吾輩は名無しである2011/12/13(火) 16:05:57.41
坂口安吾こそ日本文学の金字塔。
夏目、太宰は目じゃないね。

309v(・x・)vピース ◆JSPf4VvHXo 2011/12/15(木) 13:53:44.10
そういう発言はどうかと思うけど、実際そう思ってますね。

310吾輩は名無しである2011/12/26(月) 11:18:36.55

202:吾輩は名無しである :sage:2011/12/25(日) 01:22:33.01
使い道のない臭いチンチンの長さなどどうでもいい
203:ムー大陸 ◆DMnIjpZYd2 ::2011/12/25(日) 22:29:19.59
知らないってことは怖いねえ。
俺のちんちんについて
204:v(・x・)vピース ◆JSPf4VvHXo:sage:2011/12/25(日) 22:37:12.50
ムーさんのチンチンは凄いもんな。
205:v(・x・)vピース ◆JSPf4VvHXo:sage:2011/12/25(日) 22:37:51.93
むしろチンチン以外に取り柄ないもんね。
206:ムー大陸 ◆DMnIjpZYd2 (48) :sage:2011/12/25(日) 22:48:43.62
お前に俺のちんちんを語る資格はない!!
209:v(・x・)vピース ◆JSPf4VvHXo :sage:2011/12/25(日) 23:07:49.55
ムーさんは異常なカリ太なんだよね。
211:吾輩は名無しである :sage:2011/12/25(日) 23:38:05.22
ムーさんのチンチンをつくだにが狙ってるわけか。
212:v(・x・)vピース ◆JSPf4VvHXo :sage:2011/12/25(日) 23:39:24.06
あいつはチンチンに目がないからなあ。
213:ムー大陸 ◆DMnIjpZYd2 :sage:2011/12/25(日) 23:44:36.99
おことわりだ!!

もてないぼっちおじさんの虚しいクリスマス対談

311吾輩は名無しである2012/01/15(日) 10:14:35.81
てゆーか安吾読んだら太宰がすごい小物に見えて
社会不適合者の目線からの人間観察が胸を抉るよコレ

312吾輩は名無しである2012/01/15(日) 14:51:22.67
意地でも生きぬいた安吾と、気の迷いで自殺した太宰じゃそら小物に決まってるだろ

313v(・x・)vピース ◆JSPf4VvHXo 2012/01/15(日) 14:53:37.46
でも安吾も自殺みたいなもんなのでは?50歳で死ぬって宣言して50で死んだんだよ。多分オーバードーズでしょ。

314吾輩は名無しである2012/01/15(日) 14:54:37.62
109:訴える名無しさん。 :sage:2012/01/15(日) 14:05:41.42

v(・x・)vピースちゃんは生まれつき頭と器量と根性が悪く、ドスケベで変態で悪性便秘なので、
治療のためには全身移植が必要です。

その手術費用のための寄付をお願いします。
寄付していただいた方には下にあるv(・x・)vピースちゃんのサイン入り色紙を差し上げます。

数が限られております。是非今すぐご寄付ください。

東京精神病院4号棟9階13号室内  v(・x・)vピースちゃん基金

315吾輩は名無しである2012/01/15(日) 16:06:36.94
668:ピース ◆JSPf4VvHXo :sage:2012/01/15(日) 15:06:21.76
お前は試験勉強はいいの?どうせ落ちるから関係ねーかw

673:ピース ◆JSPf4VvHXo :sage:2012/01/15(日) 15:16:54.29
もっと集中しろよ。よく音楽聴きながら勉強できるな。そんなんだから落ちるんだよ。

v(・x・)vピース ◆JSPf4VvHXo は、HIPHOP板等にに24時間365日常駐している廃人です。
低学歴で底辺の専門学校中退なのに早稲田卒を自称しています。専門学校を中退して以来ずっと貧乏な実家で引きこもりをしています。

316吾輩は名無しである2012/01/15(日) 16:10:34.51
501 名前:(o`.´o)harukimurakami ◆m0yPyqc5MQ :2010/12/30(木) 13:49:09
自分在っての他人(笑) これがクンニ化すゴリラ恋愛感ですねぇ〜(笑)
http://28.media.tumblr.com/tumblr_ls2xrxyA7C1qjd1kgo1_500.jpg

24 名前:v(・x・)v村上春樹 ◆JSPf4VvHXo :2011/12/17(土) 13:37:06.05
大麻もやった事ないんですか?しかも童貞…
http://26.media.tumblr.com/tumblr_lrifcjw2PG1qjd1kgo1_500.jpg

789 :v(・x・)v村上春樹 ◆JSPf4VvHXo :2011/12/16(金) 23:35:49.48
お前が困るのが面白いんだよ。
http://26.media.tumblr.com/tumblr_lrifcjw2PG1qjd1kgo1_500.jpg

244 名前:v(・x・)v村上春樹 ◆JSPf4VvHXo :2011/12/11(日) 23:10:52.14
>>241まあ本格的なの(注射)は数年前ですかね。
http://26.media.tumblr.com/tumblr_lrifcjw2PG1qjd1kgo1_500.jpg

317吾輩は名無しである2012/01/15(日) 16:35:04.62
>おい、それも脅迫なんだよ投稿者:津原泰水 投稿日:2011年 1月29日(土)02時01分51秒 編集済
> 【中立】スレッド
>606 :名無し草:2011/01/29(土) 01:53:05
>今日の烏賊ちゃんのカキコ、もし万が一そういう事態になったら、結構重要な証拠になると思う。
>教祖はのらりくらりと書いているのにね。
>
>   *
>
> なんねえよ。馬鹿か。
> RH=“ふぐすまソネット”=ランドール、佃煮マニア=吹雪饅頭、ミニス=マグナ=カシス、
>質問者、文学の良心、菊田若菜が、「川上未映子本人にしか見えない」
>誹謗中傷を病的にやってきたってだけだろ?
> 烏賊ちゃんの「誤解」はむしろ情状酌量の対象で、とける「誤解」をとこうとしなかった
>ほうは社会的に糾弾される。小沢一郎が糾弾されているようにね。
> ブログを持って俺のBBSにもリンクしている川上さんが、「なにも知らなかった」
>ことを立証せざるをえないだけの話さ。
>
> 誰か、貼っといてください。

318吾輩は名無しである2012/01/15(日) 17:14:40.17
結構本気でピース死なないかなーって思ってる

319吾輩は名無しである2012/01/15(日) 17:17:04.78
すっきりするしな。ただ死んでも死ぬほど残してきた悪意悪業はのこるだろうな。
http://toki.2ch.net/test/read.cgi/tubo/1318091668/
最悪な奴。無実の一般人へ成り済ましで腐るほどほかの作家を誹謗しまくり。

320v(・x・)vピース ◆JSPf4VvHXo 2012/01/15(日) 17:59:48.91
俺は死なないよ?

3212012/01/15(日) 18:28:50.85
320 名前:v(・x・)vピース ◆JSPf4VvHXo :2012/01/15(日) 17:59:48.91
俺は死なないよ?
25 名前:吾輩は名無しである :2012/01/08(日) 19:33:00.92
                                  , - ―- 、
                                 '.゙fー== >
                                (((( ヽリ))゙、 ここだけは嵐が無縁とゆうのは、
                                くl li#゚ ヮ゚ノilヽ それはムシが良すぎるとゆうものですわ。 ルン♪
                                ノ⊂) 愛 iつヽ      
                                _,,-'l ̄ ̄ ̄t___、
                     キュラキュラ   ,,,-'"  | .┌┐ | | lニニニ00           
                             | ..   !.└┘ ! | l二二i二iニニニニニニニニニ(二(O)
          ↓>ピース.     ,_______!___|_____|__二二コヽ_、        
                      √ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄| ̄ ̄ヽニニニニニニニニヘ  
            /|__/|   /__________|______|__ト===ト_[:lニフ====・__
 ////////<//////>//'フ-'''''''''''(@)''''''(@)'''''''(@)''''''''''''',-`y―→ ̄ ̄ ̄ ̄\「ニニヽ 
       ⊂//     /⊃  (◎):::::_i=====i_:::_i=====i_:::::(◎)ニニニ)二二二二フ)ニニニ);∵
//////////////////  ヽ (9)(9)_(9)(9)_(9)(9)_(9)(9)_ ソニニニ/;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;ノニニニ/;*;∵
    「__ __フ

322吾輩は名無しである2012/01/15(日) 18:32:04.14
208 名前:v(・x・)vピース ◆JSPf4VvHXo :2011/12/07(水) 21:20:24.33
名前は変えてないし、もうビーフカレー食いました。

209 名前:吾輩は名無しである :2011/12/07(水) 21:45:50.75
>>208村上春樹。西村さんのスレッドを汚すな。お前はもう一般書籍でやればいいだろうが。

210 名前:v(・x・)vピース ◆JSPf4VvHXo :2011/12/07(水) 21:48:36.71
名前変えたんだから一々文句付けてくんじゃねえカス。

211 名前:v(・x・)vピース ◆JSPf4VvHXo :2011/12/07(水) 21:49:17.52
あっ名前変えたよ。鈴木雄介が怒ったからこれに変えた。仕方ないよな。

3232012/01/15(日) 18:47:21.51
320 名前:v(・x・)v村上春樹覚醒剤ゴキブリ ◆JSPf4VvHXo :2012/01/15(日) 17:59:48.91
俺は死なないよ?
25 名前:吾輩は名無しである :2012/01/08(日) 19:33:00.92
                                (((( ヽリ))゙、 ここだけは嵐が無縁とゆうのは、
                                くl li#゚ ヮ゚ノilヽ それはムシが良すぎるとゆうものですわ。 ルン♪
                                ノ⊂) 愛 iつヽ      
                                _,,-'l ̄ ̄ ̄t___、
                     キュラキュラ   ,,,-'"  | .┌┐ | | lニニニ00           
                             | ..   !.└┘ ! | l二二i二iニニニニニニニニニ(二(O)
          ↓村上春樹覚醒剤ゴキブリ___!___|_____|__二二コヽ_、        
                      √ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄| ̄ ̄ヽニニニニニニニニヘ  
            /|__/|   /__________|______|__ト===ト_[:lニフ====・__
 ////////<//////>//'フ-'''''''''''(@)''''''(@)'''''''(@)''''''''''''',-`y―→ ̄ ̄ ̄ ̄\「ニニヽ 
       ⊂//     /⊃  (◎):::::_i=====i_:::_i=====i_:::::(◎)ニニニ)二二二二フ)ニニニ);∵
//////////////////  ヽ (9)(9)_(9)(9)_(9)(9)_(9)(9)_ ソニニニ/;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;ノニニニ/;*;∵
    「__ __フ

324吾輩は名無しである2012/01/15(日) 20:18:15.58
やっぱり小説家って自殺しないとダメなのかな?

325v(・x・)vピース ◆JSPf4VvHXo 2012/01/15(日) 20:20:49.81
そんな事ないよ。

326吾輩は名無しである2012/01/15(日) 20:48:03.42
ピース死ね
ピース死ね
ピース死ね

327吾輩は名無しである2012/01/16(月) 14:45:57.56
130:訴える名無しさん。 :sage:2012/01/15(日) 22:06:45.32
糞コテきもちわりいいいいいいいいいいいいいいいいい
131 +1:訴える名無しさん。 :sage:2012/01/15(日) 23:33:09.55
>>129
石田の話がしたいならコテ外せ
いや、他のみんなのために外せ。お前が目立つと荒れてスレが機能しなくなるから
132:ピース ◆JSPf4VvHXo (43) :sage:2012/01/15(日) 23:34:11.55
>>131
それはお前の事情だろ。お前がどれだけ石田さんを好きなのか、それから語れよ。聞いてやるからさ。
133:訴える名無しさん。 :sage:2012/01/15(日) 23:41:58.03
自己中の正当化
134:訴える名無しさん。 :sage:2012/01/16(月) 01:27:07.65
こいつさー。コテは自演したら終わりみたいなこと毎日言いながらバレバレ自演してるんだよー。
ピースさんは愛されてるとか名無しで自演しまくってきもいのなんのって。
135:ピース ◆JSPf4VvHXo (43) :sage:2012/01/16(月) 11:03:38.02
雑談スレでやれよ。ここでやる意味ねえだろ。
136:訴える名無しさん。 :sage:2012/01/16(月) 11:06:26.54
だが断る
137:訴える名無しさん。 :sage:2012/01/16(月) 12:26:54.36
だってこいつ嫌いだもん
138:訴える名無しさん。 :sage:2012/01/16(月) 12:52:26.04
私もキライ。マジでキライ。
消えろ!
139:ピース ◆JSPf4VvHXo (43) :sage:2012/01/16(月) 14:36:22.79
俺は好き
140:訴える名無しさん。 :sage:2012/01/16(月) 14:43:06.02
みんな嫌いだよこんなやつ

328警察2012/01/16(月) 15:54:39.09
中原昌也の来世を地獄に引きずり堕とすまで何があっても許さぬ

329吾輩は名無しである2012/01/21(土) 00:23:48.90
昼間図書館に調べものに行った時に安吾の棚見たら単行本も全集も
ある作品だけが貸し出し中になってました。何かあるのかな?
今頃安吾でもなさそうなのに。ちなみに市内に20くらいある図書館の在庫を
調べたら、ほとんどの館で悉く貸し出されてました。不思議な現象です。

330吾輩は名無しである2012/01/21(土) 01:06:14.52
un-go効果?

331吾輩は名無しである2012/01/21(土) 01:35:06.20
知らないのか。今世間は空前の安吾ブーム。
女子高生の間でも最もナウでハイカラだって大人気なんだよ。

332吾輩は名無しである2012/01/21(土) 05:12:26.78
女子高生の間でもウェイウェイ

333吾輩は名無しである2012/01/23(月) 22:27:45.17
>>331
マジですか?知らなかった。調べたらアニメになってたんすね「明治〜」が。
勝海舟とかカオスなあの話をよくやりますな。結城とかどんな風に描かれてるんだろ?

334吾輩は名無しである2012/01/24(火) 01:20:12.29
un-goが面白かったからこのスレ見つけたよ
自分は

335吾輩は名無しである2012/01/24(火) 01:43:05.34
>>333
(´・ω・`)いや……うんごめん冗談なんだ………

336v(・x・)vピース ◆JSPf4VvHXo 2012/01/24(火) 13:15:48.79
安吾はいいよね。

337吾輩は名無しである2012/01/24(火) 15:33:32.01
お前はうんこを食ってろ

338v(・x・)vピース ◆JSPf4VvHXo 2012/01/24(火) 17:13:56.98
うんこは食べ物じゃないし。

339吾輩は名無しである2012/01/24(火) 17:16:44.17
おまえうんこ臭いな

340v(・x・)vピース ◆JSPf4VvHXo 2012/01/24(火) 17:17:41.38
おまえはパイナップル臭いぞ

341吾輩は名無しである2012/01/24(火) 17:22:13.41
うわくっせー!こいつが書くとうんこが腐った臭いする!

342v(・x・)vピース ◆JSPf4VvHXo 2012/01/24(火) 17:24:38.42
うんこを腐るまで保存しておく池沼乙

343吾輩は名無しである2012/01/24(火) 17:28:14.60
くせえな〜吐きそうになる

344v(・x・)vピース ◆JSPf4VvHXo 2012/01/24(火) 17:38:05.64
うんこはすぐ下水に流せよw

345吾輩は名無しである2012/01/24(火) 17:39:57.24
うわ〜なんだこのホームレス
くっせーな

346v(・x・)vピース ◆JSPf4VvHXo 2012/01/24(火) 17:40:43.54
うんこを腐るまでとっておくとか動物でもしねえぞ。どんな生活してるんだよw

347吾輩は名無しである2012/01/24(火) 17:45:56.39
くっせーなんか言ってるし

348v(・x・)vピース ◆JSPf4VvHXo 2012/01/24(火) 17:47:34.98
うんこの腐った臭いとか健常者は知らないから。

349吾輩は名無しである2012/01/24(火) 17:48:52.14
吐きそう

350吾輩は名無しである2012/01/24(火) 17:51:10.79
895 :綿矢りさ:2011/12/20(火) 16:19:40.66
あ、綿矢りさの下痢便飲みたい人だ

39 : 村上春樹: 2009/06/15(月) 20:30:20
なに言ってんだよお前?いい感じの変態だな!
嫌いじゃないけどね。ウンコ食わすのは問題だけど、
ウンコ食うのは別に暴力的な感じはしないし、いいじゃん。
中学の頃とかいじめられてウンコ食わされてる奴いたじゃん。
普通は食いたくないものね。臭いし、汚いし、非人間的じゃない。
スカトロって愛を感じない?あなたのウンコなら喜んで食べますみたいな。

351吾輩は名無しである2012/01/24(火) 18:21:31.51
>>348
綿矢りさの下痢便を喰うなよ

352v(・x・)vピース ◆JSPf4VvHXo 2012/01/24(火) 18:22:19.32
まるでウンコの腐ったような奴だなお前は。

353吾輩は名無しである2012/01/24(火) 18:23:15.74
↑くせえな・・・

354吾輩は名無しである2012/01/24(火) 18:23:41.71
死ねばいいのに

355v(・x・)vピース ◆JSPf4VvHXo 2012/01/24(火) 18:38:10.02
捕まればいいのに

356吾輩は名無しである2012/01/24(火) 18:38:46.54
ピースは下品だな
そういう民族なんだろう

357v(・x・)vピース ◆JSPf4VvHXo 2012/01/24(火) 18:41:43.95
また人種差別ですか。どこまでも根がゲスに出来てるんですね。どういう育ち方をしたらそんなに腐れるんだか。謎ですね。

358吾輩は名無しである2012/01/24(火) 22:57:26.23
お前ら文学板で低俗な文章はやめていただけませんか

359吾輩は名無しである2012/01/29(日) 10:35:58.58
このうんこなやりとりを文学的に推敲してみてよ

360v(・x・)vピース ◆JSPf4VvHXo 2012/01/29(日) 13:09:52.72
は?お前バカじゃないの?

361吾輩は名無しである2012/01/29(日) 13:11:33.61
おまえよりバカな人間なんて地球上に存在しないよ

362v(・x・)vピース ◆JSPf4VvHXo 2012/01/29(日) 13:12:28.13
そうか?

363吾輩は名無しである2012/02/09(木) 18:52:57.86
「自分は荒涼とした風景が好きだ」みたいな文章のエッセイが、あったと思うが
誰かタイトル教えてくれ。
どうもみつからん。

364v(・x・)vピース ◆JSPf4VvHXo 2012/02/09(木) 18:55:42.08
日本文化私観?

365吾輩は名無しである2012/02/09(木) 19:09:03.36
>>363
「石の思ひ」は違う?

366吾輩は名無しである2012/02/09(木) 19:14:02.23
確か一緒に三好達治の名前が、出てきてたような
ありがとう、調べてみる

367吾輩は名無しである2012/02/09(木) 19:30:18.98
堕落論

368v(・x・)vピース ◆JSPf4VvHXo 2012/02/09(木) 19:31:42.63
堕落論にもあったような気もするねえ。

369v(・x・)vピース ◆JSPf4VvHXo 2012/02/09(木) 19:33:10.79
荒涼とした景色っていうか、人工的かつ機能的なものが好きなんだよね安吾は。

370v(・x・)vピース ◆JSPf4VvHXo 2012/02/09(木) 19:34:04.92
別に砂漠が好きとか廃墟が好きとか、そういう嗜好じゃないんだよ。

371吾輩は名無しである2012/02/09(木) 20:38:27.53
三島と安吾って面識なかったのか
知らなかったぜ

372v(・x・)vピース ◆JSPf4VvHXo 2012/02/09(木) 21:02:58.36
三島は安吾に関する評論書いてるけどね

373吾輩は名無しである2012/02/09(木) 21:37:39.98
三島と大岡の文章を高く評価したのが坂口安吾だったのですが。

374v(・x・)vピース ◆JSPf4VvHXo 2012/02/09(木) 21:47:19.76
そうだったんですか!青空文庫じゃ読めませんよね?どこで読めますか?

375吾輩は名無しである2012/02/09(木) 22:09:08.36
死ねゴミ

376吾輩は名無しである2012/02/09(木) 23:51:53.26
>>374
ちくま文庫版の全集に収められていますよ。
14巻か16巻でしたかね。

377v(・x・)vピース ◆JSPf4VvHXo 2012/02/10(金) 12:10:58.29
ありがとうございます!

378吾輩は名無しである2012/02/10(金) 19:32:25.89
「石の思ひ」だった 出てきたのは北原武夫だった
>>365 サンクス

379v(・x・)vピース ◆JSPf4VvHXo 2012/02/10(金) 20:08:33.52
「石の思ひ」読んでみました。俺はこれ読んだ事なかったけど、北原武夫に温泉を紹介して憤慨されたってエピソードは知ってた。安吾は別の所でも書いてるよね。

3803652012/02/10(金) 20:19:32.80
>>378
ちょっと違うかなと思ったが当たってて良かった。

>>379
「人工的かつ機能的なものが好きなんだよね安吾は」って、どういうところから感じる?
まだ自分は小説もエッセイも数編ずつしか読んでないので、
まだそういうところまで読み込めていないんだけど、
もしこの作品のこういうところっていうのがあったら
読んでみたいのでタイトルだけでも教えてください。

381v(・x・)vピース ◆JSPf4VvHXo 2012/02/10(金) 20:24:46.80
>>380
俺も「石の思ひ」を読んだらそうじゃないのかも…って思ったけど、とりあえず日本文化私観を読んでみるといいのではないでしょうか。

3823802012/02/10(金) 20:34:35.04
ありがとう。
自伝以外のエッセイって難しそうで避けてたんだけど
いい機会だから読んでみる。

383v(・x・)vピース ◆JSPf4VvHXo 2012/02/10(金) 20:36:28.94
うん。無料ですしね。

384吾輩は名無しである2012/02/10(金) 21:07:14.69
来月NHKラジオ第二で坂口安吾の特集があるみたいだな

385v(・x・)vピース ◆JSPf4VvHXo 2012/02/10(金) 21:07:50.54
詳細キボンヌ

386吾輩は名無しである2012/02/10(金) 21:14:08.51
http://www.nhk.or.jp/r2bunka/ch01/index.html

3/19 坂口安吾 「朝の訪問」(14分・1949年6月6日放送)戦後の暮らしぶり

387v(・x・)vピース ◆JSPf4VvHXo 2012/02/10(金) 21:16:38.63
>>386
ありがとうございます♪

388吾輩は名無しである2012/02/10(金) 23:44:49.41
質問ついでにもう一つ
俺はブロンテの「嵐が丘」が好きなのだが、安吾はブロンテや「嵐が丘」について言及しているかい?

389v(・x・)vピース ◆JSPf4VvHXo 2012/02/11(土) 06:47:05.93
してなさそうですなあ。知らんけど。

390吾輩は名無しである2012/02/11(土) 15:22:15.67
俺も知らんなぁ

391吾輩は名無しである2012/02/11(土) 16:25:59.24
堕落論
って小説なんですか?エッセイ?講演?

392v(・x・)vピース ◆JSPf4VvHXo 2012/02/11(土) 16:26:47.21
エッセイであり、批評でもあるって小林秀雄が言ってた気がするよ。

393吾輩は名無しである2012/02/14(火) 18:19:36.23
2月17日は彼の命日だな

394吾輩は名無しである2012/02/14(火) 18:30:15.80
>>392
少なくとも小説ではないのね
トンクス

395v(・x・)vピース ◆JSPf4VvHXo 2012/02/14(火) 18:38:29.84
多分そうでしょうねえ

396吾輩は名無しである2012/02/16(木) 08:33:46.16
質問
オセロ中島の話題みてたら思いだしました
坂口安吾が昭和の有名なプロ囲碁師か将棋師が
新興宗教にはまってボロボロになるような
エッセイを読んだ覚えがあるんですが
題名を思いだせないです
誰かわかりませんか

397吾輩は名無しである2012/02/17(金) 22:55:41.13
誰も知らないんだな
たいしたことないんだね

398吾輩は名無しである2012/02/18(土) 11:34:09.68
アゴは反抗期が抜けなかった子供

399吾輩は名無しである2012/02/25(土) 10:24:58.00
>>396
将棋に関するエッセイはいくつかあるけど、安吾が新興宗教にはまるとは考えられないなあ。

400吾輩は名無しである2012/02/25(土) 10:50:56.98
はまったのはプロ棋士か囲碁士、って書いてんだろ。

401吾輩は名無しである2012/03/14(水) 22:18:31.57
安吾と文芸評論家の渡部直己って似てねーか?

402吾輩は名無しである2012/03/14(水) 23:55:03.85
検索ワード:ジコーサマ
>>396

403v(・x・)vピース ◆JSPf4VvHXo 2012/03/15(木) 13:04:02.60
>>401
顔が?中身は全然違いますけどね。

404吾輩は名無しである2012/03/15(木) 17:51:01.30
勿論顔が

405v(・x・)vピース ◆JSPf4VvHXo 2012/03/15(木) 17:53:10.89
渡部は単なるドエロチキンだからなあ

406吾輩は名無しである2012/03/15(木) 17:54:09.37
だまれよクソコテ

407v(・x・)vピース ◆JSPf4VvHXo 2012/03/15(木) 17:55:31.18
単なるドエロチキンのくせに自称批評家なんだから笑っちゃうよね。

408吾輩は名無しである2012/03/15(木) 18:13:33.92
文学者のなかでドエロなのは、谷崎、セリーヌ、サドだと俺は勝手に思ってる

409v(・x・)vピース ◆JSPf4VvHXo 2012/03/15(木) 18:17:23.49
ドエロなのはいいけど、チキンのくせにドエロなのはダメだよな。

410吾輩は名無しである2012/03/15(木) 18:25:00.75
ホワイトデーももちろん朝から晩まで貼り付き自演連投

846:v(・x・)vピース ◆JSPf4VvHXo (153) :sage:2012/03/14(水) 07:03:34.96
847:v(・x・)vピース ◆JSPf4VvHXo (153) :sage:2012/03/14(水) 07:04:33.29
857:v(・x・)vピース ◆JSPf4VvHXo (153) :sage:2012/03/14(水) 12:18:21.21
859 +1:v(・x・)vピース ◆JSPf4VvHXo (153) :sage:2012/03/14(水) 12:22:55.08
864 +1:v(・x・)vピース ◆JSPf4VvHXo (153) :sage:2012/03/14(水) 14:16:55.50
866:v(・x・)vピース ◆JSPf4VvHXo (153) :sage:2012/03/14(水) 15:24:40.65
870 +1:v(・x・)vピース ◆JSPf4VvHXo (153) :sage:2012/03/14(水) 18:02:29.90
872:v(・x・)vピース ◆JSPf4VvHXo (153) :sage:2012/03/14(水) 18:36:03.33
883 +1:v(・x・)vピース ◆JSPf4VvHXo (153) :sage:2012/03/14(水) 19:29:09.50
884:v(・x・)vピース ◆JSPf4VvHXo (153) :sage:2012/03/14(水) 19:32:31.66
885:v(・x・)vピース ◆JSPf4VvHXo (153) :sage:2012/03/14(水) 19:36:43.23
886 +1:v(・x・)vピース ◆JSPf4VvHXo (153) :sage:2012/03/14(水) 19:38:28.70
888:v(・x・)vピース ◆JSPf4VvHXo (153) :sage:2012/03/14(水) 19:47:45.17
890:v(・x・)vピース ◆JSPf4VvHXo (153) :sage:2012/03/14(水) 19:49:30.16
891:v(・x・)vピース ◆JSPf4VvHXo (153) :sage:2012/03/14(水) 19:50:27.72
894:v(・x・)vピース ◆JSPf4VvHXo (153) :sage:2012/03/14(水) 19:52:35.30
895 +2:v(・x・)vピース ◆JSPf4VvHXo (153) :sage:2012/03/14(水) 19:55:29.00
899:v(・x・)vピース ◆JSPf4VvHXo (153) :sage:2012/03/14(水) 20:00:38.25
900 +1:v(・x・)vピース ◆JSPf4VvHXo (153) :sage:2012/03/14(水) 20:02:55.45
902 +1:v(・x・)vピース ◆JSPf4VvHXo (153) :sage:2012/03/14(水) 20:05:53.92

411吾輩は名無しである2012/03/15(木) 18:25:15.82
ホワイトデーももちろん朝から夜中まで2ちゃんねるに貼り付き自演連投

908:v(・x・)vピース ◆JSPf4VvHXo (153) :sage:2012/03/14(水) 20:09:25.39
910 +1:v(・x・)vピース ◆JSPf4VvHXo (153) :sage:2012/03/14(水) 20:10:11.05
912:v(・x・)vピース ◆JSPf4VvHXo (153) :sage:2012/03/14(水) 20:12:07.89
915:v(・x・)vピース ◆JSPf4VvHXo (153) :sage:2012/03/14(水) 20:14:51.01
916 +1:v(・x・)vピース ◆JSPf4VvHXo (153) :sage:2012/03/14(水) 20:15:36.27
918:v(・x・)vピース ◆JSPf4VvHXo (153) :sage:2012/03/14(水) 20:19:45.31
923 +1:v(・x・)vピース ◆JSPf4VvHXo (153) :sage:2012/03/14(水) 20:24:49.13
924:v(・x・)vピース ◆JSPf4VvHXo (153) :sage:2012/03/14(水) 20:25:53.95
927 +1:v(・x・)vピース ◆JSPf4VvHXo (153) :sage:2012/03/14(水) 20:31:52.67
929 +1:v(・x・)vピース ◆JSPf4VvHXo (153) :sage:2012/03/14(水) 20:36:45.52
933 +1:v(・x・)vピース ◆JSPf4VvHXo (153) :sage:2012/03/14(水) 20:41:42.18
934 +1:v(・x・)vピース ◆JSPf4VvHXo (153) :sage:2012/03/14(水) 20:43:01.44
937:v(・x・)vピース ◆JSPf4VvHXo (153) :sage:2012/03/14(水) 20:44:43.95
940:v(・x・)vピース ◆JSPf4VvHXo (153) :sage:2012/03/14(水) 20:45:31.04
960 +2:v(・x・)vピース ◆JSPf4VvHXo (153) :sage:2012/03/14(水) 21:07:23.48
965 +1:v(・x・)vピース ◆JSPf4VvHXo (153) :sage:2012/03/14(水) 21:10:16.98
968:v(・x・)vピース ◆JSPf4VvHXo (153) :sage:2012/03/14(水) 21:11:40.92
971 +1:v(・x・)vピース ◆JSPf4VvHXo (153) :sage:2012/03/14(水) 21:13:05.75
980 +1:v(・x・)vピース ◆JSPf4VvHXo (153) :sage:2012/03/14(水) 21:20:48.05
987 +1:v(・x・)vピース ◆JSPf4VvHXo (153) :sage:2012/03/14(水) 21:25:47.25
988:v(・x・)vピース ◆JSPf4VvHXo (153) :sage:2012/03/14(水) 21:26:15.55

412吾輩は名無しである2012/03/16(金) 16:41:43.21
吉本が死んだが安吾的には、関係ないか

413v(・x・)vピース ◆JSPf4VvHXo 2012/03/16(金) 16:58:21.86
あんまないでしょうね

414v(・x・)vピース ◆JSPf4VvHXo 2012/03/16(金) 16:58:55.98
柄谷行人が死んだら安吾的には事件だと思います

415吾輩は名無しである2012/03/16(金) 20:57:39.18
文学板の醜悪5人組が4人組になるのは事件ではなくて脱構築だ

416v(・x・)vピース ◆JSPf4VvHXo 2012/03/16(金) 21:06:19.37
鍵くんはいらないから。

417吾輩は名無しである2012/03/24(土) 15:17:54.28
「桜の森の満開の下」や「夜長姫と耳男」が好きなんだけど、
似たような感じの作品ってほかにありますか?

418吾輩は名無しである2012/03/24(土) 21:55:08.96
紫大納言はいかが

419吾輩は名無しである2012/03/24(土) 23:51:20.46
>>418
ありがとう。
さっそく読みました。すごく良かった。
ほんとうにありがとう。

420吾輩は名無しである2012/04/01(日) 22:19:16.21
安吾の本持ってって、秋吉台みたいな所に一日中寝転がってたい

421吾輩は名無しである2012/04/03(火) 17:59:19.57
いいね
だだっ広いところとか、今なら桜の下とか合いそう

422吾輩は名無しである2012/04/03(火) 18:49:31.36
やっぱりだだっ広いとこかな安吾があうのは
虚無的っていうか

423吾輩は名無しである2012/04/03(火) 19:10:31.69
>>396
今更かもしれないけど
囲碁だったらおそらく呉清源かな
ただボロボロにはならないから違うかもしれない

424吾輩は名無しである2012/04/04(水) 07:56:03.09
食糞系ホームレス代表コテ(タレント)v(・x・)vピース ◆JSPf4VvHXoさんが本日改名!
根っからのうんこ好きと肛門をほじる癖からとって、新しい名前は「肛門ほじ男◆JSPf4VvHXo」に決まりました!
わかりやすい名前ですね!おめでとう肛門ほじ男=ピースさん!

425吾輩は名無しである2012/04/04(水) 13:09:59.88
>>423
呉清源の事だろう。呉清源は大いに日本の囲碁界に影響もたらした偉人だぞ。
馬鹿は人間を差別したりデマこいたり強制したりして楽しそうだなw

426吾輩は名無しである2012/04/04(水) 18:40:59.26
>>425
ぐぐってみたけど、やっぱり呉清源だろうね
昔よく全集並べて勉強したよ

427吾輩は名無しである2012/04/05(木) 22:54:54.26
安吾が好きだった矢田津世子を美人と思う人いる?
どんな美人かと思ったら、写真を見てがっかりだった記憶がある
蓼食う虫もなんとらか

428v(・x・)vピース ◆JSPf4VvHXo 2012/04/06(金) 08:42:14.34
画像貼って下さいよ

429吾輩は名無しである2012/04/22(日) 00:39:16.51
不連続殺人事件をいつか読む

430吾輩は名無しである2012/04/22(日) 22:52:27.27
すがひでみの坂口安吾論てあるの?
読んだことある人は感想教えて

431吾輩は名無しである2012/04/23(月) 18:44:59.69
JUMKの逆襲にある
「小説家の誕生とその代償、坂口安吾小論」
初出は全集一巻の月報

432吾輩は名無しである2012/04/24(火) 22:47:46.11

ありがとう
まとまった論はそれぐらいか
もっと読んでみたいな

433吾輩は名無しである2012/04/26(木) 00:00:42.19
不連続殺人事件を、とうとう尼で注文した。
いつか読む。

434吾輩は名無しである2012/05/09(水) 21:57:37.94
昔、島田雅彦が安吾に影響を、強く受けているのを知って
なんか島田に対する見方がいい方向に変わったことがある
もっと軽い感じだと思ってたから、島田という作家は

435v(・x・)vピース ◆JSPf4VvHXo 2012/05/10(木) 00:06:54.17
課長の小説読んだことないわ〜

436吾輩は名無しである2012/05/20(日) 19:15:10.60
堕落論読み終わった
面白かったですまる

437v(・x・)vピース ◆JSPf4VvHXo 2012/05/20(日) 19:18:16.87
発光しつつ疾走する精神だよね。

438吾輩は名無しである2012/05/24(木) 18:08:34.48
西村賢太って読んだこと無いけど
安吾臭がする感じがする

439v(・x・)vピース ◆JSPf4VvHXo 2012/05/24(木) 18:44:32.94
全然違うでしょw

440吾輩は名無しである2012/05/25(金) 02:16:01.80
安吾と西村ぁ?おもいっきり違う。西村なんてただのラノベ書き。

441吾輩は名無しである2012/05/25(金) 18:33:47.56
そうなの?
じゃあ中上健次?

442v(・x・)vピース ◆JSPf4VvHXo 2012/05/25(金) 18:37:48.64
中上健次みたいな心理描写が出来る人っていないよね。枯木灘とか本当に全ての登場人物が息をしているから。

443吾輩は名無しである2012/05/25(金) 23:25:04.21
続安吾捕物帳が角川からでましたね
ちょっと太くて持ちにくいけど余計に本を買わなくてすみました

444吾輩は名無しである2012/06/09(土) 04:29:09.84
>>433
参考文献「○○○に○○」アガサ・クリスティ

445吾輩は名無しである2012/06/18(月) 20:08:15.21
>>427
ぷらと肉ラブ、つうか、要は観念論恋愛?なんじゃないすか?
勝手にあたまのなかで理想化して

446吾輩は名無しである2012/06/23(土) 04:28:50.41
http://www.nishiokanji.jp/blog/?p=1183
http://www.nishiokanji.jp/blog/?p=1184

坂口安吾は対談の最後に、「福田恆存に会った。小林秀雄の跡取りは福田恆存という奴だ、これは偉いよ」、
「あいつは立派だな、小林秀雄から脱出するのを、もっぱら心掛けたようだ」と述べ、それに対し、
小林は「福田という人は痩せた、鳥みたいな人でね、いい人相をしている。良心を持った鳥のような感じだ」と応答し、
安吾は「あの野郎一人だ、批評が生き方だという人は」と述べている。

447吾輩は名無しである2012/06/26(火) 21:44:53.50
>>445
うん、完全にそうだと思うよ

448吾輩は名無しである2012/07/17(火) 11:23:42.51
堕落論と白痴の共通点に関する書籍ってなんかある?

449吾輩は名無しである2012/08/29(水) 05:25:00.07
>>437
何それかっこいい

450v(・x・)vピース ◆1SAVsF.d9. 2012/08/29(水) 08:49:09.01
堕落論は今だに輝いてるよ

451吾輩は名無しである2012/09/23(日) 21:26:39.86
「握った手」とはいい選択
http://bungo-movie.jp/

452吾輩は名無しである2012/09/24(月) 01:03:55.15
>>448
西谷修の「ふるさと、またはソラリスの海」(現代思想 平成2, 8月「坂口安吾特集」掲載後に『戦争論』所収)
にそれに近いような事が述べられていたと記憶しております。

453v(・x・)vピース ◆1SAVsF.d9. 2012/09/25(火) 17:37:26.04
新潮文庫の「堕落論」に載ってた柄谷行人の解説を読んだ。これ面白いねえ。

454吾輩は名無しである2012/10/25(木) 02:19:55.97
「安吾忌2012」
http://d.hatena.ne.jp/uyushorin/20120218/p1
「白痴も堕落論も桜の森もいりません」
「いま新刊で普通に読むことが出来る安吾はカッコ良すぎる。
もっと身近に感じられる、ドンクサクて可愛い安吾作品を」
でセレクトされたのが烏有書林の『アンゴウ』。
とはいえ「花火」のラストなんかは可愛いというより壮絶すぎる。
でも美しい。

455吾輩は名無しである2013/04/04(木) 13:43:47.93
白痴を数十年ぶりに読み返してみた
当時15才、走馬灯のように甦る記憶

おっ地震じゃ

456吾輩は名無しである2013/04/09(火) 13:46:51.26
この人の両親はどっちも地主階級で、いってみれば大富豪。
でないと戦後3、4年で不連続殺人事件は書けないよなあ。

457v(・x・)vピース ◆1SAVsF.d9. 2013/04/18(木) 01:00:03.26
なんでそう思うの?

458吾輩は名無しである2013/05/03(金) 15:01:48.12
映画化記念上げ

459吾輩は名無しである2013/05/03(金) 20:44:54.44
志賀直哉に文学の問題はない

坂口安吾
http://www.aozora.gr.jp/cards/001095/files/43141_31202.html

おもろい。安吾らしい。

460吾輩は名無しである2013/05/09(木) 02:43:30.43
群馬県太田市に住んでいるのだが、安吾の終の住処だったところが桐生にあるというので見てきた。
今は花屋になっているが、造りが古く趣がある。
向かいにある薬屋は江戸時代からそのままの姿で続いていとのこと。

花屋の主人に話を聞くと、ときどき文学部の学生がレポートを書くためにおとずれるそうだ。

461吾輩は名無しである2013/05/18(土) 13:41:27.04
坂口安吾を生んだ時代背景というのはどういうものなんだろう。
戦後というキーワードが大きいのかな。
「堕落論」に関しては。
ただその一言で片付けてはいけない気がするし、
それでまとめられるほど簡単ではない感じもする。

462吾輩は名無しである2013/05/18(土) 15:07:43.65
簡単言うと大正から昭和初期にかけて起った社会変動と精神の危機。
戦争が無いだけで大正時代は結構大荒れなんですよ。
ちょうど平成の世がそうであるように。

463吾輩は名無しである2013/05/18(土) 15:58:18.13
>>460
正確には
花屋と寿司屋の中間くらいらしいよ、
安吾が住んでた昔の書上文左衛門屋敷の跡は。

464v(・v・)vピース ◆1SAVsF.d9. 2013/05/18(土) 17:42:52.80
>>461
戦争体験と敗戦が重要なファクターになってるのは間違いないでしょ。
恐らくそれがなければ俺らの知ってる坂口安吾は存在しなかったはず。

465吾輩は名無しである2013/05/19(日) 10:46:07.75
ピースさん営業うまくいっている?

466吾輩は名無しである2013/05/19(日) 12:57:47.77
戦後の一過性のものではなく、坂口安吾の姿勢が
戦後という時代の中で脚光を浴びたっていう考えは邪道?

467吾輩は名無しである2013/05/19(日) 20:04:00.71
戦中の名分論的理想主義に対して人間とはそのような理念に基づいて行動するものではない、といった実存的人間観を提示したが、
世間からは単なる露悪的な本音主義を礼賛するものとしか受け取られなかった。
ゆえに戦後混乱期の非道徳的行動を弁護するためのものとして利用されたが、
混乱の収束によって世間は天皇的な建前に回収されていった。
そういう意味ではトリックスターとしての役割を期せずして果たすことになったわけであるが、
これは彼が戦前に主張していたファルスとは全然違うものである。

468v(・v・)vピース ◆1SAVsF.d9. 2013/05/19(日) 20:09:19.17
>>465
全然ダメですね。ろくでもないです…

469吾輩は名無しである2013/05/23(木) 05:42:30.20
社会面からひろったような時事ネタのエッセイは経違がわからないのでつまんない

470吾輩は名無しである2013/07/13(土) NY:AN:NY.AN
夏になると安吾の暑苦しい文章を読みたくなるな

471吾輩は名無しである2013/08/22(木) NY:AN:NY.AN
安吾捕物帖を読んで>>307とまったく同じ状態に陥ったのですがどなたかわかる方おられますか?

472吾輩は名無しである2013/09/18(水) 02:24:09.28
>>464
坂口安吾の思想は戦前から一貫してるだろ
しかし伝統なんて糞くらえという坂口の思想は今の日本を見たら間違っていることがわかる

473吾輩は名無しである2013/09/24(火) 11:02:29.42
作風は無頼派としても思想は典型的な戦後左翼という感じだな
今生きてたら9条の会などに入信してるんじゃないかw

474吾輩は名無しである2013/09/24(火) 12:46:14.43
でろでろの耳雄って耳男と関係あるのかな

475吾輩は名無しである2013/09/24(火) 13:43:33.09
坂口安吾氏ってかなりの薬中で暴れたりしてたらしいがよくついてくる仲間がいたよな

476吾輩は名無しである2013/09/25(水) 00:02:40.86
一緒にヤク中って仲間はいなかったのか?

477吾輩は名無しである2013/09/29(日) 14:17:38.26
安吾の奥さんも文才あったよね
なんだっけ、クラクラ日記?

478吾輩は名無しである2013/09/29(日) 16:24:52.21
文壇バーのママですね

479吾輩は名無しである2013/09/29(日) 16:26:59.48
>>478
そうですそうです
文章が生き生きしてた

480吾輩は名無しである2013/09/29(日) 20:04:06.50
つい最近アマゾンでKindle化リクエストをクリックした。

481吾輩は名無しである2013/09/29(日) 20:05:41.89
青空文庫にあるんじゃないの

482吾輩は名無しである2013/09/29(日) 20:12:12.08
亡くなったの1994年みたいだよ

483吾輩は名無しである2013/09/29(日) 20:21:44.61
>>481
まじか!
あと30年くらいあるのか

484吾輩は名無しである2013/09/29(日) 20:22:19.24
↑ごめん間違えた >>482

485吾輩は名無しである2013/09/30(月) 17:42:42.57
坂口安吾
風と光と戦争と
河出書房新社 編
ムック A5 ● 256ページ
ISBN:978-4-309-97811-6 ● Cコード:9495
発売日:2013.09.28
http://www.kawade.co.jp/np/isbn/9784309978116/

486吾輩は名無しである2013/09/30(月) 19:30:13.08
安吾ってどういう層に人気あるのさ

487吾輩は名無しである2013/10/04(金) 14:47:32.69
1900 尾形亀之助 北川冬彦 時枝誠記 三好達治
1901 小熊秀雄 梶井基次郎 高橋新吉 富永太郎 宮崎市定
1902 北園克衛 中野重治
1903 小野十三郎 草野心平 小林多喜二 小林英夫 瀧口修造 西沢隆二 山之口貘
1904 城昌幸 吉川幸次郎
1905 石川達三 円地文子 原民喜
1906 伊東静雄 伊藤信吉 坂口安吾
1907 井上靖 高見順 中原中也
1908 植草甚一 南條範夫 服部四郎 宮本顕治
1909 大岡昇平 太宰治 菱山修三

488吾輩は名無しである2013/10/05(土) 01:49:54.70
桜の木の満開の下と夜長姫と耳男の、女性像って、なにかひっかかるよね

489吾輩は名無しである2013/10/19(土) 15:43:55.11
安吾はなんで鎌倉や杉並区を避けて南東京とかヘンなとこばかりに住んだのか?

490吾輩は名無しである2013/10/30(水) 16:50:49.51
らんる曳く
佐々木 中 著
災厄の日から二年。最愛の女(ひと)を失った男は、堕落の道を歩みはじめた――坂口安吾の思想的後継者と目される著者が、壮麗な文体を駆使して到達した、「ポスト震災」恋愛小説の決定版!

491ジャップ ◆.EDMOUBKE2 2013/11/17(日) 09:37:37.88
ようやっと「不良少年とキリスト」読み通したけど、よくもまあ、
こうダラダラ書けるもんだね。それなりに面白かったけど。

時代ってのを感じさせるから。

492吾輩は名無しである2013/11/22(金) 20:18:03.29
不連続殺人事件とか読みたいのが青空文庫に無いのね

493吾輩は名無しである2013/11/26(火) 04:17:39.32
ネトリとかヤリマンの話ばかり…

494吾輩は名無しである2014/01/16(木) 11:59:16.70
坂口安吾さん ありがとう

495吾輩は名無しである2014/01/24(金) 19:03:52.37
安吾の傑作小説ってなんでしょうね?。。。

評論はみな瞠目する筆力だとおもいますけど

496吾輩は名無しである2014/01/24(金) 20:01:49.96

497吾輩は名無しである2014/01/24(金) 20:07:32.49

498吾輩は名無しである2014/01/24(金) 20:35:31.59
つまりビッチという事か

499吾輩は名無しである2014/01/26(日) 19:54:12.21
 
私はだいたい、戦法としても特攻隊というものが好きであった。
人は特攻隊を残酷だというが、残酷なのは戦争自体で、戦争となった以上はあらゆる智能方策を傾けて戦う以外に仕方がない。
特攻隊よりも遥かにみじめに、あの平野、あの海辺、あのジャングルに、まるで泥人形のようにバタバタ死んだ何百万の兵隊があるのだ。
戦争は呪うべし、憎むべし。再び犯すべからず。その戦争の中で、しかし、特攻隊はともかく可憐な花であったと私は思う。

彼らは自ら爆弾となって敵艦にぶつかった。
否、その大部分が途中に射ち落されてしまったであろうけれども、敵艦に突入したその何機かを彼等全部の栄誉ある姿と見てやりたい。
母も思ったであろう。
恋人のまぼろしも見たであろう。
自ら飛び散る火の粉となり、火の粉の中に彼等の二十何歳かの悲しい歴史が花咲き消えた。
彼等は基地では酒飲みで、ゴロツキで、バクチ打ちで、女たらしであったかも知れぬ。
やむを得ぬ。
死へ向って歩むのだもの、聖人ならぬ二十前後の若者が、酒をのまずにいられようか。
せめても女と時のまの火を遊ばずにいられようか。
ゴロツキで、バクチ打ちで、死を怖れ、生に恋々とし、世の誰よりも恋々とし、けれども彼等は愛国の詩人であった。
いのちを人にささげる者を詩人という。
唄う必要はないのである。
詩人純粋なりといえ、迷わずにいのちをささげ得る筈はない。
そんな化物はあり得ない。
その迷う姿をあばいて何になるのさ何かの役に立つのかね?
 
我々愚かな人間も、時にはかかる至高の姿に達し得るということ、それを必死に愛し、まもろうではないか。
軍部の偽懣とカラクリにあやつられた人形の姿であったとしても、死と必死に戦い、国にいのちをささげた苦悩と完結はなんで人形であるものか。
 
私は戦争を最も呪う。
だが、特攻隊を永遠に讃美する。
その人間の懊悩苦悶とかくて国のため人のためにささげられたいのちに対して。

 
坂口安吾 『特攻隊に捧ぐ』  (1947(昭和22)年2月1日発行に掲載予定だったが、GHQの検閲により削除された。)
 http://www.aozora.gr.jp/cards/001095/files/45201_22667.html

500吾輩は名無しである2014/01/26(日) 23:17:26.75
>>499
現代の自爆テロもまた美しいと言い切るのかな?

たぶん西洋的価値観とはまったく相容れないんだろうね。
西欧的価値観は、まず個人と生活がある。

西欧的価値観でも、他人のために自分を犠牲にすることは美徳とされるだろう。
しかし、日本人の多くは具体的な人ではなく、国という抽象的なものに対しての自己犠牲の存在を信じてしまう。
これは、すでに漱石が疑問を呈していたところでもある。

そのあたりの無限定さが、安吾の大衆作家にとどまってしまった理由かも知れない。

501吾輩は名無しである2014/01/27(月) 13:42:24.66
>>499
まさに文士の言葉だな

502吾輩は名無しである2014/01/28(火) 01:35:23.38
安吾と戦争のかかわりというと、大井廣介がキーマンになるね
大井廣介は麻生元総理と親戚なんだが、大井廣介と麻生はちょっとキャラクターに共通点があると思う
安吾のいうデタラメなところが似てるな
http://www.aozora.gr.jp/cards/001095/files/45874_32933.html

503吾輩は名無しである2014/02/06(木) 13:31:00.20
>>500
お前すげえバカっぽいな

504吾輩は名無しである2014/02/24(月) 21:09:52.21
青空文庫に吹雪物語来てたわ!
あとは不連続殺人事件だけどこれ角川文庫とのからみで出せずにいるのかな?

505吾輩は名無しである2014/03/08(土) 10:19:54.95
>>500
戦争とテロを混同してる時点でもうね・・・・

506吾輩は名無しである2014/03/08(土) 10:32:17.18
>>505
戦争とテロとどう違うと思ってる?

507吾輩は名無しである2014/03/08(土) 11:02:35.44
戦争というのは軍隊と軍隊のあいだの戦闘行為が基本。
テロの対象は軍隊じゃないよ。

508吾輩は名無しである2014/03/08(土) 14:55:23.09
>>507
>戦争というのは軍隊と軍隊のあいだの戦闘行為が基本

そんな戦争があったためしはないよw
住民のいない離島かなんかならそうなるかもしれないが。

509吾輩は名無しである2014/03/08(土) 17:36:19.95
カシコイ子供だな

510吾輩は名無しである2014/03/09(日) 20:15:25.05
>>508
民間人が戦争に巻き込まれることとテロで主目的として民間人を狙うことを混同してる時点でもうね・・・・・

511吾輩は名無しである2014/03/10(月) 00:21:46.41
>>510
だからね、敵国民を殲滅するのが戦争の本当の目的なんだよ。
敵国民は殺すか奴隷にする。
テロも戦争も、どこも違わないよ。

512吾輩は名無しである2014/03/10(月) 00:28:46.87
戦争もテロも、そんな単純なもんじゃないんでは

513吾輩は名無しである2014/03/10(月) 00:53:24.05
>>512
そりゃ、個別にはいろいろあるだろ?
戦争の数だけ、テロの数だけ、大義と方法と結果があるさ。

514ムー大陸 ◆POG0Nh1MOnGz 2014/03/10(月) 14:02:08.76
単純に戦線の後方にちゃんと兵站部隊がいるのが戦争。いないのはテロ。
つまり戦略が点か線かの違いによる定義はどうか。
するとタリバーンの戦いは戦争だし、
特攻隊はテロだという帰結が導き出されるがw

515吾輩は名無しである2014/03/11(火) 00:17:41.02
http://www.jiji.com/jc/c?g=obt_30&k=2014031000313
http://archive.is/zNmPD
関井光男氏死去(文芸評論家、弘前学院大客員教授)

関井 光男氏(せきい・みつお、本名山田光男=やまだ・みつお=文芸評論家、弘前学院大客員教授)
3日午後8時30分、虚血性心疾患のため東京都練馬区の自宅で死去、74歳。
東京都出身。葬儀は近親者で済ませた。喪主は妻倫子(みちこ)さん。

著書に「資本文化としてのモダニズム」「坂口安吾と日本文化」など。

(2014/03/10-12:25)

516吾輩は名無しである2014/03/11(火) 00:21:03.69
http://archive.is/b47aW
http://megalodon.jp/2014-0311-0018-27/www.asahi.com/articles/ASG3B458KG3BUCVL00D.html
文芸評論家の関井光男さん死去 坂口安吾を研究
2014年3月10日13時41分

517ムー大陸 ◆POG0Nh1MOnGz 2014/03/11(火) 04:17:58.30
まあつまり、
「ちゃんと勝つこと」を目的としている戦闘行為が戦争であり、
「負けてもいいからとりあえず自己主張すること」を目的とする戦闘行為が
テロであろう。

518ムー大陸 ◆POG0Nh1MOnGz 2014/03/11(火) 04:20:41.81
「ちゃんと勝つこと」ってよりは「とにかく負けないこと」か。
まあベトコンは頑張ったわけやね

519吾輩は名無しである2014/03/11(火) 10:29:05.92
62 名前:吾輩は名無しである :2014/03/11(火) 09:33:29.82
<訃報>関井光男さん74歳=文芸評論家
http://linkis.com/yahoo.co.jp/Ok05E

63 名前:吾輩は名無しである :2014/03/11(火) 10:27:57.65
Moto Mochizuki ‏@tinamoto17 13時間
僕の持ってるちくま文庫の安吾全集では、関井光男さんが全巻の解題を
執筆していた。評論家にありがちな無駄な薀蓄や自分勝手な思い入れを
完全排除し、ポイントを絞ってとことん述べ尽くす見事な仕事で、安吾
作品の理解に大きな一助となりました。御冥福をお祈りします。>RT

520吾輩は名無しである2014/03/11(火) 19:58:43.42
>>511
国際法も知らない時点でもうね・・・・・

521吾輩は名無しである2014/03/11(火) 20:05:51.35
>>500
>日本人の多くは具体的な人ではなく、国という抽象的なものに対しての自己犠牲の存在を信じてしまう。

当時も誰も日本のためとか天皇のためとか思ってないぞ
みんな家族とか恋人とか身近な人間のことを思ってこその自己犠牲で
アホで無能な軍部の洗脳なんて誰も受けていなかった
だからクソの昭和天皇が処刑されようが知ったこっちゃなかった

522吾輩は名無しである2014/03/12(水) 00:06:55.49
百田の幼稚な歴史観はなんとかせなあかんな

523ムー大陸 ◆POG0Nh1MOnGz 2014/03/12(水) 00:31:13.70
>>521
素朴な疑問なんだが、なんでそんな事知ってるの?
一人一人に聞いて回ったとか?
だとしたらあんたスゲー

524吾輩は名無しである2014/03/12(水) 01:14:52.60
>>523
逆になんで日本人がお国のために自己犠牲に徹したと思ってるの?
一人一人に聞いて回ったの?だとしたらスゲー
コテ付ける恥ずかしさに耐えるよりスゲー

525ムー大陸 ◆POG0Nh1MOnGz 2014/03/12(水) 01:28:58.58
いや、そんなこと一言も言ってないがw
国のためと自分に言い聞かせて死んだ奴もいれば、そうじゃない奴もいただろう。
それが、日本人は皆国のために死んだとか、いや、皆身近な人のために死んだとか、
そういうおおざっぱな印象論は単純に不誠実だし、なんの帰結ももたらさない。
つーかこれほど安吾とかけはなれた態度もない。

526ムー大陸 ◆POG0Nh1MOnGz 2014/03/12(水) 01:42:41.17
一般論として言えば、死に直面した時、さらにその死が完全な不意打ちではなく、
思考に十分な時間を与えるだけの準備期間があった時、
どんな形であれ、人は個人の死を超越した概念に縋りがちとなる。
その対象が宗教だろうと国家だろうと近親者だろうと、
実はそれほど大した違いはないのではないかと思う。
いずれにしても、既にその者の人生は、「自分の人生」ではなくなってしまっている。
そのこと自体が問題なのであり、そこにどうおとしまえをつけるかということは
「個人の問題」でしかない

527吾輩は名無しである2014/03/12(水) 05:05:58.14
>>522
無理じゃね?正論だから
朝日や毎日も社説でさんざん発狂しつつも反論は出来てないからな

528吾輩は名無しである2014/03/12(水) 09:24:09.93
>>527
どこが正論?

529吾輩は名無しである2014/03/12(水) 09:46:38.35
>>520
国際法w

530吾輩は名無しである2014/03/12(水) 14:50:43.94
>>529
言ってることが理解できてないのにとりあえずw付けとけって感じがもうね・・・・・

531吾輩は名無しである2014/03/12(水) 20:13:50.46
>>525
>そういうおおざっぱな印象論は単純に不誠実だし、なんの帰結ももたらさない。
>つーかこれほど安吾とかけはなれた態度もない。

>>526でお前自身が言ってることを否定してるじゃん
>その死が完全な不意打ちではなく、思考に十分な時間を与えるだけの準備期間があった時、
どんな形であれ、人は個人の死を超越した概念に縋りがちとなる。
その対象が宗教だろうと国家だろうと近親者だろうと、実はそれほど大した違いはないのではないかと思う

これなんてまさにお前のおおざっぱな印象論でしか語っていない
なぜ死ぬまでの間に十分な準備期間があった場合に限り個人の死を超越した概念に縋り付くようになるのか
もっと具体的に書かないとなんの説明もできてない
突っ込まれないと思って観念的に濁しても中味がないからボロボロだぞお前のレス

532ムー大陸 ◆POG0Nh1MOnGz 2014/03/12(水) 21:28:04.01
ふむ、半分は当たっているね。
ただし俺は「一般論」という保留を付けた上で、「しがちである」という表現で
断定は避けているだろw
まあこれは俺の個人的な思索の過程であって、別に道中矛盾してようがボロボロであろうが構わない。
失礼ながら既に君のレスはあまり関係ない。

というわけで、さらにボロボロな思索を続ければ、
上に引用された安吾の特攻隊賛美も、国家論とは全く異なる次元でなされている。
ここには「夜長姫」や「桜の森」を書いた安吾と同じ安吾、
つまり死に魅入られた安吾がいるだけだ。
安吾は東京大空襲すら「破壊の巨大な愛情」だとしている。
つまり、地震や天変地異の類と同じ自然現象だとみなしているわけだ。
こうした視点からは、戦争とテロの相違など、出発点から霧散してしまうだろう。
そして、安吾自身は「死 」そのものに魅入られていたので、
俺が上に述べたような「死を超越した概念」を必要としない、
ごくまれな「強者」だった。
生に執着しながらも、なおかつ生き抜くという選択肢を放棄せざるを得なかった者には、
国家や近親者といった「超越的概念」が必要なのであるが、
結局それは弱者の思想に過ぎない。
一方安吾は、純粋に作家的な興味から、空襲に見舞われた東京に止まり続けたが、
真冬に水風呂に入ったりして、いざという時に生き抜く訓練をおさおさ怠らずにいた。
つまり安吾は、自分の生も死も、他人任せでなく、自分でコントロールしていた。
こうした特異な一種の怪物が戦争を見るとき、それは目にも絢な超自然的スペクタクルとなるのである。
これは我々凡人がそうそう近寄れる境地ではない。
一方漱石は凡人なので、逆なことを言っている。
「人の世を作ったものは神でもなければ鬼でもない。
やはり向う三軒両隣にちらちらする唯の人である」

533吾輩は名無しである2014/03/13(木) 00:30:00.04
ご冥福をお祈りいたします。

534吾輩は名無しである2014/03/13(木) 00:31:10.72
ご冥福をお祈りいたします。

535吾輩は名無しである2014/03/13(木) 15:53:22.84
>>528
アメリカの大虐殺について正論じゃん
だからテレビも新聞も共産社民も誰も反論できてない
お前できんの?w

536吾輩は名無しである2014/03/13(木) 16:43:40.62
みんなやってるから俺もってのは、幼稚園児と一緒だ。

537吾輩は名無しである2014/03/13(木) 16:45:19.61
テメエは腐った真似してる奴らに一方的に説教されて
黙っていると、そいつらはもっと調子に乗る。それも困る。

538吾輩は名無しである2014/03/13(木) 23:14:33.98
前の戦争でドイツと日本が負けてよかったと思う分、
あんまり強くは言えないな

539吾輩は名無しである2014/03/14(金) 00:51:57.04
アメ公の原爆投下と大空襲は大虐殺だもんな
だからアメ公も痛い所突かれてヒィヒィ言ってやがるw

540吾輩は名無しである2014/03/14(金) 07:44:29.40
>>532

自発的、かつ純粋な思索の結果としての「死」と
例えば石川淳が「マルスの歌」で恐懼し、
林達夫が「さかりのついた牡牛の行進」と形容した
集団的発狂状態の行きつく先としての「死」は違うということ。

坂口安吾が「真珠」で述べたのは前者の方であり、
戦時下という非常事態であっても、冷静に自らの死と向き合う事を指摘しているだけ。
そしてその真摯な態度には当事者たる「死者」ではなく、
生存者たる「他者」として敬意を表するしかないことを述べている。

逆に言えば大した覚悟もないのに無暗に死を賛美するな。
死はどこまで行っても個人的かつ内面的な厳粛なものである、とも受け取れる。
ここが坂口安吾の強靭な所ですよ。

541吾輩は名無しである2014/03/14(金) 07:59:52.18
いくらブサヨでもアメリカの大虐殺は認めるよね
これを否定したらもう右とか左とかネトウヨとかブサヨとかの次元を飛び越えてただの人間のクズだからねっ

542吾輩は名無しである2014/03/14(金) 15:23:45.00
>>541
原爆と大空襲のこと?

543吾輩は名無しである2014/03/15(土) 09:55:39.93
東京大空襲は一般市民を対象とした無差別虐殺であり国際法違反だ、というのは地裁レベルでの判決が下っている。
この判決を下した裁判官は左寄りだったような記憶があります。
ただ、この法理と同じ論理で上海事変時の空爆が問題とされたのが
極東軍事裁判における広田元首相の有罪判決だったような気がしますが…。
同じ無差別虐殺なのに米国が裁かれないのは日本が無条件降伏をしたから。

国際法的にみてこの条約自体が無効だ、という説もあるのだけれど、
であるのなら連合国との停戦自体が無効になるし、
連合国が母体である国連の旧敵国条項の適用対象になる。
要するに占領はいまだに続いているのね。

544吾輩は名無しである2014/03/15(土) 11:01:41.76
>>543
国際法というのは条約などを締結するときの目安にはなっても、実態上の法的拘束力はない。
まして戦争での国際法の効力など、どちらが正義であるかの宣伝材料のひとつに過ぎない。

戦争を裁く法などない。
戦勝国が戦勝国の理念で相手を裁く。
それ以外の戦争があるなら教えて欲しい。

国際法などというものに実効性があるなら、戦争は起きないし、そもそも利害の対立するそれぞれの国家を実体のない国際法なるもので統制することができると思うほうがおかしいんだよ。

545吾輩は名無しである2014/05/14(水) 20:43:59.03
今頃アニメ見て原案の安吾捕物帖を青空文庫で読もうと
思うんですがこれって1〜20まで通して読んだほうがいいですか?

546吾輩は名無しである2014/07/02(水) 16:24:01.22
堕落論読んだけど大したこと言ってないな
これのどこが戦後の日本人に衝撃を与えたんだ

547ソルダード2014/07/02(水) 17:19:50.37
最近「白痴」を読みました。なかなかいいですね。

548吾輩は名無しである2014/07/02(水) 19:03:09.68
クラクラ日記おもしろかったわ

549吾輩は名無しである2014/07/03(木) 15:19:36.29
>>544
つ経済制裁

550吾輩は名無しである2014/07/26(土) 21:52:46.35
『街はふるさと』はイマイチ。
前半は良かったんだけどね、
終わりがダメだった。

551吾輩は名無しである2014/07/30(水) 09:44:16.72
>>549
それは国際法とは無関係な、強国による一方的な侵略行為のひとつ。

552吾輩は名無しである2014/08/22(金) 15:47:34.26
>>551
侵略行為www

553吾輩は名無しである2014/09/23(火) 21:09:49.42
>>548

ゴーストライターは石川淳との説あり

554吾輩は名無しである2014/09/25(木) 16:25:20.49
石川淳が書いてるならつまらないはずだろ

555吾輩は名無しである2014/12/22(月) 00:08:40.48

556吾輩は名無しである2014/12/22(月) 10:43:31.71
>>553
でたらめ言うなよ。

557吾輩は名無しである2015/02/24(火) 15:40:00.68
白痴は何で同じような表現を2度繰り返すわけだ
わざとか

558吾輩は名無しである2015/03/02(月) 21:31:10.27
好きなのは評論集。歴史関連も好きだな。

559吾輩は名無しである2015/05/04(月) 19:22:39.74
俺も堕落論(も青春論も日本文化私観も教祖の文学も)は大したことないと思う。
白痴、戦争と一人の女、桜の森の満開の下が断然抜きんでている。
坂口を思想家・批評家・エッセイストとして理解する風潮が一部にある(と感じる)けど、
俺が読んだ限り文学のふるさとだけが彼の小説と肩を並べているだけで、
あの人は小説家として考えるべきだと思う。
ほかの文章は単なる売文、生活の糧、という理解で良いと思う。
今の作家みたいにデパートの文化レッスン二時間六回三万円とか、
ましてや大学の講師の口なんてゼロなわけだから。

だから、堕落論は駄目で良いと思う。ただ、敢えて言えば
戦争に負けて日本が「偽物」になったという理解をどう工夫して生きる力を持つかというと、
堕落というキーワードなら押せるし人の活力になるぞと、
浅田彰もベンヤミンの「貧困と経験」に比して小林秀雄の対抗馬に坂口を持ち上げていたけど、
闇屋になっても生きなきゃ行けないわけだから。
闇市に行かないで餓死した裁判官がいたけど、そういうのは文士としてなんとかせにゃいかんわけだから。
そういう意味で影響力があったわけで、
たぶん今の日本を坂口が見たらこんなに堕落したのかよって、良識派になるんじゃない?

560吾輩は名無しである2015/05/04(月) 19:43:43.83
生前の坂口は堕落論をはじめとする評論で名を馳せたので、
評論家として記憶されているだけです。
仰るように優劣をつけるのなら小説の方が上です。
大岡昇平などは「白痴」後の仕事には黙殺の態度です。

561吾輩は名無しである2015/05/04(月) 20:36:44.53
早速の御応答深謝です。
大岡先生のお名前が聞けるとは思いもよりませんでした。
(ファンなので敬称を略しますが)坂口が評論家として理解されていたというのは、
存じませんでした。事実なら読者のリテラシーも知れますが、本人も情けないですね。
昭和文壇の稚拙さへは情状酌量の余地があり、且つ多くの批判がありますが、
どうもヨーロッパ近代の怪物性に日本の私小説はすくみ上がってしまいますね。
それを読者も見通して小説一般が低く見られてしまうのでしょうか。実に残念なことです。

562吾輩は名無しである2015/05/05(火) 02:37:31.76
夜長姫と耳男やろ

563吾輩は名無しである2015/05/05(火) 08:32:40.17
夜長姫と耳男は物語的に未完というか、逆に短編的美が中途半端というか。
二回目のはやり病の途中でストンと力が抜けた感じじゃない?
桜の森の満開の下や道鏡、つまり戦後1、2年の頃に比べて、
5,6年間で文体が非常にこなれたと思うけど、
それなら夜長姫でもっとヒューマニズム的な美しさが追求されて良いと思うんだよな。
俺は「風と光と二十の私と」が好きだから、そっち系と晩年の文章の巧さこそマッチすると思うんだけど、
とうも坂口は偽物のきらめきに惹かれちゃって微妙なんだよ。
どう思いますか?

564吾輩は名無しである2015/05/05(火) 23:37:46.57
あれはあれでいいんだろう
なにしろ語り手が半端物の耳男自身なのだから
俺は好きだね

565吾輩は名無しである2015/05/06(水) 09:17:48.31
俺も好きだよ。文章上手いって褒めてるじゃん。
一押しにはならないと、ファンのはしくれとして言ってシマウマ。

566吾輩は名無しである2015/05/09(土) 19:57:28.94
戦後の小説は文章がタイトに絞り込まれているので
それで成功しているものもあれば失敗しているものもあるようですが
批評性が高いという所が特徴でしょうね。

初期の頃は自意識やその反映たる文の機構にもメスを入れるようなところがあり、
そこが「吹雪物語」の失敗にもつながっているような気がします。
ただ、非常に志が高かったとはいえるでしょう。
あの精度で小説を書いていたら精神的に追い詰められるのは当たり前です。

567吾輩は名無しである2015/06/28(日) 01:09:57.15
初めてこのスレ来ました。ここまでのレスざっと読んで、色々言いたい事もあるのですが議論するつもりは無いのでやめときます。
作品に対する評価、考え方は人それぞれとしか言いようがないので…
ただ一つだけどうしても言っておきたいのは、安吾は小説もそれ以外の文章も間違い無く常に全力で書いていたと思います。良くも悪くもそんなに器用な人では無いです。

568吾輩は名無しである2015/06/28(日) 03:12:12.93
…間違い無く常に…


文学に興味を持つ人が、単なる憶測にすぎないのが明白なことを、どうしてこのように断定してしまうのか、
気が知れない。
言葉に対する姿勢がいいかげんで、まあ、デリカシーがないと言うことなんだろうか。

問題は、彼一人ではなく、コテハンにもそういう人がいて、しかも一々指摘するのもバカらしいほどいる、と言うことだ。

これはミスなんてレベルの話ではない。
感情移入はかまわないけれど、拙くも論評だろう。

心して書いてほしいものだ。

569吾輩は名無しである2015/06/28(日) 07:15:47.67
空白行を入れるほどの文章でもあるまいし

570吾輩は名無しである2015/08/17(月) 05:44:49.70
ちくま文庫の安吾全集なくなったの?
横尾忠則の装丁ですごくよかったのに。
こんな重要な作家が手軽に読めないなんておかしい。
復活してほしい。

571吾輩は名無しである2015/08/17(月) 20:56:23.33
坂口安吾の私は海を抱きしめていたいって不感症で無感動な女を抱いて、自分の肉欲というのは孤独だから、もっと無慈悲で無感動な波に飲まれて孤独の肉欲が満たされればいいという解釈であってますか

572吾輩は名無しである2015/08/21(金) 12:27:36.51
>>571
肉欲はずっと満たされることがないっていう確信

573吾輩は名無しである2015/08/21(金) 12:33:52.35
>>572
満たされてくれればいいと言いつつ満たされることはないという確信なんですね
ありがとうございます

574吾輩は名無しである2015/08/29(土) 05:46:46.58
安吾の義理の弟、美千代さんの妹の旦那さんはどなたですか?

575吾輩は名無しである2015/12/14(月) 00:04:22.96
ageさせてもらうよ。

576吾輩は名無しである2015/12/22(火) 19:29:45.27
問題提起だな

577吾輩は名無しである2015/12/22(火) 23:29:43.87
ふざけるな!

578吾輩は名無しである2016/01/01(金) 20:04:16.91
社会ってのは常に有為転変するものだ。若い連中はそれに合わせて、ちゃんとやっていけるけど、年寄りはそうはいかない。だもんだから「今の若いものは……」なんて批判する。

口で言うだけならまだいいが、伸びる芽まで摘んでしまっちゃ駄目だよね。そうなったら、「老害」以外の何物でもないからね。

そう考えたから、俺は第一線から身を引いたんだ。人間、はじめるよりも終りのほうが大事なんだよ。

本田宗一郎

579吾輩は名無しである2016/01/06(水) 10:00:46.72
安吾論予告。 http://www.atarusasaki.net/blog/?p=1486
佐々木中先生の坂口安吾論!単行本が2016年春頃に発売!


安吾論予告。

2015/12/14

拙者悲願の坂口安吾論、やはり安吾先生の特攻賛美を始めとした文学的政治的なジダラク、ゴマカシ、アトヅケ、不埒千万にして断々乎として許さるべからず、徹底的にヤッツケざるを得ないですよ。
見逃してやれというのは無理だなァ。ギリギリまでネバリ、アガキ、長丁場を観念した由。本当です。

というわけで青鬼も笑う明けて1月発売『文藝』春号(河出書房新社)に載る安吾論は全体の約6割、さらに加筆した新安吾論は来年単行本になります。たぶん春頃。タイトルは『戦争と一人の作家–坂口安吾論』。乞うご期待。

580吾輩は名無しである2016/01/06(水) 10:03:05.53
佐々木中

安吾論予告。

2015/12/14

拙者悲願の坂口安吾論、

やはり安吾先生の特攻賛美を始めとした文学的政治的なジダラク、ゴマカシ、アトヅケ、

不埒千万にして断々乎として許さるべからず、

徹底的にヤッツケざるを得ないですよ。

見逃してやれというのは無理だなァ。

ギリギリまでネバリ、アガキ、長丁場を観念した由。

本当です。

581吾輩は名無しである2016/01/26(火) 13:22:23.34
坂口安吾 肉声 昭和29年8月26日
https://www.youtube.com/watch?v=Tpy2UxcVq60

582吾輩は名無しである2016/02/01(月) 12:04:16.16
あなたは40代ロサンゼルス府警新聞作りですか?ドーハの悲劇「中国衝撃イヤフォン」「中国悪夢イヤフォン」ですか?

それともいくつですか?huluさん?

それともいくつですか?huluさん?

それともいくつですか?huluさん?

583吾輩は名無しである2016/02/03(水) 00:12:12.51
たすけてくれ!

584吾輩は名無しである2016/02/07(日) 12:42:24.63
坂口安吾の未来 危機の時代と文学
出版社: 新曜社 (2015/2/16)
宮澤隆義
1978年生まれ。

585吾輩は名無しである2016/02/08(月) 00:15:56.47
危機と時代と文学と

586吾輩は名無しである2016/02/13(土) 23:26:54.77
ヒロポンといえば安吾と織田作

587吾輩は名無しである2016/02/14(日) 00:48:19.43
普通に使えた時代にそんな事

588吾輩は名無しである2016/02/20(土) 21:40:18.98
イエーイ安吾だぁ\(^o^)/

589吾輩は名無しである2016/02/24(水) 20:58:43.59
安吾とは安吾なるかな安吾かな

590吾輩は名無しである2016/02/25(木) 00:00:17.16
清原は野球界の安吾か?

591吾輩は名無しである2016/02/25(木) 00:28:53.26
違いますね。

592吾輩は名無しである2016/02/25(木) 22:09:56.91
吹雪物語りまた途中で挫折しちまいそう

593吾輩は名無しである2016/02/25(木) 22:14:08.36
書いた安吾だって、挫折したんだから

594吾輩は名無しである2016/02/26(金) 07:55:42.38
>>20
確か小説が下手くそらしいな

595吾輩は名無しである2016/02/26(金) 08:00:44.91
不器用ですから

596吾輩は名無しである2016/02/27(土) 08:21:44.11
>>586
安吾さんはアドルムの印象が強い。
飲むと気分が鎮まるのではなくて暴れ出してしまったとか。。。
檀一雄曰く「時化模様」。色々大変だったようで。

597吾輩は名無しである2016/02/27(土) 12:28:22.81
清原、生きよ堕ちよ!

598吾輩は名無しである2016/02/27(土) 13:42:36.77
>>596
たぶん暴れても本人は暴れたこと覚えてないですよ。で、寝て起きてもボーッとして仕事にならないからシャブをやるわけですね。

599吾輩は名無しである2016/02/27(土) 14:33:52.30
アドルム中毒の時は狂乱状態になって奥さんが石川淳や壇一雄を呼んで精神病院にぶち込んだんだよな。

600吾輩は名無しである2016/02/27(土) 14:41:05.99
青空文庫に上がってるエッセイで読んだんだけど、安吾はおんぶして運んでくれる友人(男性。誰か忘れた)の背中でずっと激しくボッキしていたんだって(笑)

601吾輩は名無しである2016/02/27(土) 14:41:46.65
やっぱり安吾超かっこいいわ。

602吾輩は名無しである2016/02/27(土) 15:55:42.64
夏目漱石、森鴎外、川端康成、三島由紀夫、太宰治、以外の作品を読め!

603吾輩は名無しである2016/02/27(土) 18:52:07.39
今日図書館で夫人の回想録というかエッセイ集というかを借りてきた。
「当の本人は半分くらいしか覚えていないのである」だそうな。
滅茶苦茶な暴れっぷりもあれこれ書いてあるが
「私は坂口が暴れても憎いと思ったことは一度もない。
ただ可哀想にと思うばかりであった」とのこと。菩薩のような人ですね。

604吾輩は名無しである2016/02/27(土) 19:06:35.01
代りに用いていたものは、喘息の薬のセドリソと云う覚醒剤であった。朝から少量ずつ飲んで昼も少量飲み、それが蓄積されてやっと夕刻頃効いてくると云う薬だった。
疲れて休息したい神経をむりやりたたきおこす薬で、二日でも三日でも徹夜に耐えうる神経にするための薬だ。そう云う薬で無理無態に仕事をしようとしていた。


・・・睡眠薬と覚醒剤を交互に常用しているうちに、その性能が全く本来の姿とは異り、まるでアベコベに作用するようになっていた。
すなわち睡眠剤を飲めば狂気にちかくなり、覚醒剤を飲んでモーローとするようになっていた


もう大分以前から彼は人に逢いたがらなかったのだが、私も彼を人に逢わせたくなかった。あさましい位、彼の外貌は変り果ててゆき、人の言葉をまともに聞くことはなくなった。
すべては陰謀としか思えないらしく、私がそのあやまりを正すと悪鬼の如く、いかりたけると云うふうになり、当時の女中さんのしいちゃんは私の手下で、
私としいちゃんとはしじゅぅ陰謀をはかり奸計をめぐらしていると云うふうにとるようになった。私が彼に出来ることは、彼の云いなりになると云うこと以外には何もない。

605吾輩は名無しである2016/02/27(土) 19:11:46.92
読まれない新聞が、彼の枕元にうず高くつまれ、ふと気がついて、彼がその新聞をとりあげ、片目をつぶり、日付を見て、こんなはずはないと云い出す。
誰々が来て、それから三十分ほどねむっただけなのに、あれからもう一週間もたっていると云う法はないと云い出すのだった。
新聞の日付迄、私や女中が按配すると思い込んだりした。


彼はいかり狂ってあばれまわり始めると、必ずマッパダカになった。寒中の寒、二月の寒空にけっして寒いとも思わぬらしかった。
皮膚も知覚を失ってしまうものらしい。それで恥しいとも思わぬらしいのだが、私は恥しかった。女中さんの手前もあるし、私は褌(ふんどし)を持って追いかけていく。
重心のとれないフラフラと揺れる体に褌をつけさせるのは容易ではなかった。

身につける一切のものはまぎらわしく汚らわしくうるさいと思うらしかった。
折角骨をおってつけさせてもすぐにまた取りさって一糸纏わぬ全裸で仁王さまのように突っ立ち、
何かわめきながら階段の上から家財道具をたたきおとす。階段の半分位、家財道具でうずまる。「クラクラ日記」

606吾輩は名無しである2016/02/27(土) 19:25:55.92
 困った時には友達にたのむに限る。私が二度目の中毒を起したとき、私は発作を起しているから知らなかったが、女房の奴、石川淳と檀一雄に電報を打って、きてもらった。
ずいぶん頼りない人に電報をうったものだが、これが、ちゃんと来てくれて、檀君は十日もかかりきって、せっせと始末をしてくれたのだから、奇々怪々であるが、事実はまげられない。
平常は、この人たちほど、頼りにならない人はない。檀一雄は、私と約束して、約束を果したことは一度もない。
たぶん、完全に一度もないが、本当に相手が困った時だけ寝食忘れてやりとげるから妙だ。
 田中英光の場合は、友だちに頼めば、なんでもなかったのである。その友だちが居なかった。
 私自身が田中と同じ中毒を起こしたことがあるから、よく分るが、孤独感に、参るのである。
ほかに理由はないが、孤独感から、ツイ生ききれない思いで、一思いに死にたくなる。その誘惑とは私もずいぶん、たゝかった。一度、本当に死ぬつもりになったことがある。
そのときは、女房が郡山千冬に電報をうって来てもらって、どうやら一時をしのいだが、それ以来、発作の時は親しい人をよぶに限ることに女房が気付いて、二度目の時には石川淳と檀一雄に来てもらったのである。
そして、渡辺彰、高橋正二という二人の青年を泊りこませ、その他、八木岡英治や原田裕やに、夜昼見廻りに来てもらうというような、巧妙な策戦を考えてくれた。
 そうして私が気がついたとき、私は伊東に来ており、私の身辺に、四五人の親しい人たちが泊りこんでいるのを発見した。「麻薬・自殺・宗教」

607吾輩は名無しである2016/02/27(土) 20:12:35.39
>>603
坂口三千代 - クラクラ日記 (ちくま文庫)
https://www.amazon.co.jp/dp/4480023542/

608吾輩は名無しである2016/02/27(土) 20:35:22.99
>>607
俺が借りてきたのは「追憶 坂口安吾」という本。
暴れるのに往生して便所に逃げ込んだらドアの前にバリケードを作られて
閉じ込められ、そこに灰皿か何かがあったとかで火事になりかけて
あわや焼死するところだったとか洒落にならん。

609吾輩は名無しである2016/02/27(土) 20:39:02.01
安吾さんは発作の一言で片付けてるけど内実は壮絶やな

610吾輩は名無しである2016/02/27(土) 20:56:53.18
>>608
うそヤバい。ツイートしちゃいました。

611吾輩は名無しである2016/02/27(土) 20:57:45.14

612吾輩は名無しである2016/02/27(土) 20:58:56.51
というか>>608もツイートしたい(笑)

613吾輩は名無しである2016/02/27(土) 21:03:43.76
>>608
間違いということになるのかね。ソースが違う訳だから。
図書館にクラクラ日記もあったと思ったが今日は借りなかった。

614吾輩は名無しである2016/02/27(土) 21:05:47.68
>>612
そのままは載せて欲しくないな。一言一句正確ではないはずなので。

615吾輩は名無しである2016/02/27(土) 21:13:40.59
>>613-614
すみません、とりあえず消しておきます。

616吾輩は名無しである2016/02/27(土) 21:14:49.45
弱小アカウントなのに、いきなり3RTされてるよ。すごく良い感想だからな。でも消します(笑)

617吾輩は名無しである2016/02/27(土) 21:19:59.59
すごく有名な坂口安吾botもRTしてくれた。
http://i.imgur.com/GFttvcr.jpg

618吾輩は名無しである2016/03/17(木) 21:49:54.84
"私は思うに、最後の理想としては、子供は国家が育つべきものだ。それが、理想的な秩序の根柢だと思っているのだ。" (坂口安吾「戦争論」より) #保育は最低賃金2000円

619吾輩は名無しである2016/04/04(月) 23:20:07.72
江戸時代のイタリア人宣教師か、遺骨見つかる
http://news.tbs.co.jp/newseye/tbs_newseye2740965.html

 東京・文京区のマンション建設予定地で江戸時代のものとみられる人骨が見つかり、鑑定の結果、18世紀のイタリア人宣教師の遺骨とみられることがわかりました。

 文京区によりますと、おととし、マンション建設予定地で埋蔵文化財の調査をしたところ、江戸時代のものとみられる人骨が3体見つかりました。
現場は「切支丹屋敷」の跡地で、国立科学博物館などが人骨を鑑定した結果、このうちの1体が江戸時代のイタリア人宣教師ジョヴァンニ・シドッティ神父の遺骨とみられることがわかりました。

 シドッティ神父はシチリア島パレルモ出身で、1708年、屋久島に上陸して捕らえられました。
新井白石がシドッティ神父を取り調べた内容を「西洋紀聞」などとしてまとめ、鎖国中の日本でキリスト教や当時の海外事情などを知る貴重な資料となりました。

 シドッティ神父は、人骨が見つかった「切支丹屋敷」で当時禁止されていたキリスト教の布教をしたとして幽閉され、1714年に47歳で死亡したとされています。

TBS:2016年4月4日(月) 15時6分

620吾輩は名無しである2016/04/05(火) 19:44:42.42
相撲部屋にちゃんこを食べに行った時の三根山とのやり取りが笑えた。
「今度フグを食べに来てください」
「関取、それは勘弁してくれ」
「相撲のフグは丁寧なもんです、死んだのは相撲開闢以来たったの2人」

621P ◆ZLBBb2oY8k 2016/04/05(火) 19:52:14.66
それ何というタイトルだっけ?

622吾輩は名無しである2016/04/06(水) 07:17:10.87
「太宰治情死考」というエッセイ(?)の一部だったと思う。
太宰に関する文章も多く残しているね。
入水の知らせを受けて「どうかご自愛を」などと書かれた
生きていて欲しいという願いをこめた手紙を太宰に出したが
残念な結果に…。

623P ◆ZLBBb2oY8k 2016/04/06(水) 07:23:56.60

624P ◆ZLBBb2oY8k 2016/04/06(水) 07:24:32.59
安吾のエッセイは本当に面白いね〜

625吾輩は名無しである2016/04/19(火) 20:42:56.13
織田作之助を特集した本に織田作さんが亡くなった時に安吾氏が書いた
「大阪の反逆」という追悼文が載っていた。俺にはちょっとわかりにくい内容だったが
安吾のエッセイのファンだったという織田作さんにはいい供養になったのでは。

626P ◆.uKag/vUmY 2016/04/19(火) 21:14:22.67

627吾輩は名無しである2016/06/01(水) 23:33:55.61
ηαυατο υοσηιδα
木田元が坂口安吾(「二十一」「勉強記」などの自伝的小説)の例を引きながら語っていたけど、
春先に精神的に不安定になったら、みっちり語学の勉強をするのが一番いいらしい。
四月から六月まで毎日8時間ずつ文法書を猛勉強して、それから夏休みを使って辞書と翻訳と首っ引きで原書を一冊読み上げる。

木田元は東北大(旧制)の頃この方法で一年目にドイツ語、二年目にギリシア語、三年目にラテン語、
大学院一年目にフランス語をそれぞれ習得したらしい。
もっと深刻な精神状態にあった坂口安吾も、パーリ語、チベット語、サンスクリットと勉強して身につかなかったが、フランス語はものになった。
2016年4月9日

628吾輩は名無しである2016/06/02(木) 08:46:02.35
安吾はノイローゼって言ってるが
柄谷行人によると自分も似たような状態があったらしく
鬱的なものだといってるね
俺も自分の経験から柄谷と同じ見方だ

629吾輩は名無しである2016/06/02(木) 09:45:58.04
『堕落論』をヤタラ褒める人がいて、それならってわけで読んだが、別に、どうということはなかった。やはり時代が違うのかな。

630吾輩は名無しである2016/06/02(木) 21:45:58.26
あれはもしかして間違ってるんじゃないのかな?
戦争中の銃後の妻、国のために命を捨てる特攻隊員がパンパンになり闇屋になる、
堕ちよ、その淪落から新しい生が生まれる。
しかし逆に戦争中の美しさの方が異常だっただけのことであって、
それが終わって元通りの、つまりそれ以前の、また現在に通じる猥雑な日常が戻ってきただけの話じゃないか。

631吾輩は名無しである2016/06/05(日) 17:37:31.77
太宰のトカトントンもそうだけど、戦争に負けた荒廃の中から僅かな希望を見出して頑張って行こうみたいな雰囲気に対する違和感じゃないの?

632吾輩は名無しである2016/06/05(日) 17:41:51.06
切り替えて前を向いて新しい時代を生きようではなく、後ろに広がるゴミクズみたいな絶望的現実を直視すべきという

633吾輩は名無しである2016/06/05(日) 18:38:27.52
荒廃の中で一時的に身をやつしても、それが人間の本質で誰でもそうなのだから気にせずに前を見ろって事だよな

634吾輩は名無しである2016/06/08(水) 00:27:02.41
人間の真理を言ってる
人間は本当に堕落出来ないんだぜと言ってる
宮沢賢治じゃないけど本当のでくのぼうが居ないと同

635吾輩は名無しである2016/06/08(水) 22:38:43.17
はがねを鍛へるやうに新らしい時代は新らしい人間を鍛へる
紺いろした山地の稜をも砕け
銀河をつかって発電所もつくれ

636吾輩は名無しである2016/06/09(木) 09:24:50.15
堕落論は戦中から書いていた考え方の戦後的な表現みたいなことを柄谷が言っていた
とすると戦争自体、本質的には関係ない
淪落(=堕落?)することにより、自分の本質をつかんで、本当の生を得るということらしい
具体的なイメージがわかない

637吾輩は名無しである2016/06/09(木) 23:28:41.18
そのうちわかる

638吾輩は名無しである2016/06/10(金) 01:22:07.42
安吾の気負った感じが好きなんだよな
生涯気負い続けたような印象がある
でも実像はピンとこない
いったいどんな人だったんだろう

639吾輩は名無しである2016/06/10(金) 03:58:00.20
見栄を張らねーで生きろって事じゃねーの?

640P ◆.uKag/vUmY 2016/06/10(金) 09:24:06.54
「堕落論」素晴らしいじゃない。「続堕落論」と併せて読みたいね。

641吾輩は名無しである2016/06/10(金) 22:24:13.58
堕ちる堕ちる堕ちる!

642P ◆.uKag/vUmY 2016/06/10(金) 23:17:11.76
「堕落論」はね、敗戦で打ちのめされた全ての日本人を精神的に救おうとする試みなんだよ。と思ってる。

643吾輩は名無しである2016/06/11(土) 22:02:25.32
ダラックスしてゆるゆる

644吾輩は名無しである2016/06/11(土) 22:36:34.70
安吾でゆるくはならんだろ
自分の思いに正面きって肉弾戦はる奴なんぞ
今どきなかなかおらんで
真っ向から向かう奴にこそ安吾はエールになる

645吾輩は名無しである2016/06/13(月) 14:36:44.98
小説を書くのはもちろん、酒を飲むのも女を愛するのも
ペットをかわいがることさえもイノチガケのお方ですからね…。
でもゴルフクラブでラモーを殴るのはやめてあげてほしかった。

646吾輩は名無しである2016/07/05(火) 00:17:26.10
Eテレの百分で名著「堕落論」、安吾の戦前・戦後を通じた一貫性を無視してないか?

647吾輩は名無しである2016/07/05(火) 01:23:09.15
再放送あるのか見てみよう

648吾輩は名無しである2016/07/14(木) 06:51:45.77
堕落論はもっと評価されてもいい。
現代に生きる俺のこころにもすんなりと入ってくる文体だし、
先の大戦の本質をかなり的確に言い現わしていると思うんだ。
続堕落論で、「嘘をつけ!嘘をつけ!嘘をつけ!」と叫んでいる反骨精神溢れる
安吾さんカッケえっすwwwww

649吾輩は名無しである2016/07/29(金) 16:01:25.46
現代的感性ならやっぱり太宰だろ
太宰の方が甘えが入るけど

650ド・ティランクール偽伯爵 ◆jZ7.BdWLyLNS 2016/07/29(金) 16:27:59.30
何たる悪い世相だ。
太宰がもてはやされて、坂口安吾が忘れられるとは、石が浮かんで、木の葉が沈むようなものだ。

651吾輩は名無しである2016/07/29(金) 19:24:27.38
安吾は冷めた目で見ながらも足搔いて生きているのがいいんだがな

652吾輩は名無しである2016/08/19(金) 10:04:31.23
安吾の堕落論は戦中の日本的美(と言われるもの)から戦後のアメリカ的頽廃(と言われるもの)
に堕ちていく人々を肯定し元気づけたのだろうが、その過程で真の生をつかめというような面については
ほとんど理解されず、誰も、あるいは安吾自身でさえ実現できなかったのではなかったか。

653吾輩は名無しである2016/08/20(土) 15:18:00.53
坂口安吾の小説はほかの日本の小説と違って女々しいところがなくていい

654吾輩は名無しである2016/08/30(火) 22:06:32.65
昔太宰に軽く心酔してたんだが気がついたら嫌いになっていて
安吾が好きになっていた

655吾輩は名無しである2016/08/30(火) 23:51:26.34
>>653
>日本の小説と違って女々しいところがなくていい

「母の上京」とかは凄く女々しいと思いますが?
基本的にこの人はマザコンです。
ただ、母親が非常に厳しい人だったので甘えが許されなかった。
だから愛情の裏返しとしての憎悪が女性観の基礎になっている。

同世代の石川淳にはそういう屈託はない。
女性を他者として扱っている。

656吾輩は名無しである2016/09/01(木) 07:04:59.31
石川淳「君は小説家なんだから競輪に首を突っ込むのなんかやめて
ちゃんと小説を書け」
安吾「うがー!」
安吾夫人「日頃尊敬している石川さんに対してさえこれでは…orz」

競輪事件で色々おかしくなっていた時期にこんな感じのやり取りがあったとか何とか。

657吾輩は名無しである2016/09/01(木) 12:18:23.63
けなしあいがうますぎるのなんのって

658吾輩は名無しである2016/09/22(木) 00:00:13.08ID:UIYdxsWt
心霊殺人事件ってのを読んだんだけど
これって結局犯人は謎解き前にはわかりようがない作りになってるよね?
まあ楽しめたからべつにいいっちゃいいんだけど

659吾輩は名無しである2016/09/24(土) 20:25:06.63ID:CaONlLVB
坂口安吾は「堕落」を肯定したが、本人は「堕落」がうまく出来ない人間だったようにみえる

660吾輩は名無しである2016/09/24(土) 22:25:44.03ID:CaONlLVB
坂口安吾の「桜の森の満開の下」とオスカー・ワイルドの「サロメ」
どちらも首を欲しがる女が登場するけど安吾は「サロメ」を読んでいたのかね

661吾輩は名無しである2016/10/20(木) 21:00:44.06ID:5uz9fIY+
生誕110周年の日age

662P ◆.uKag/vUmY 2016/10/22(土) 21:01:02.74ID:VbQjVkCS
逃したーッ

663吾輩は名無しである2016/10/24(月) 15:40:21.17ID:bunHU8C+
>>660
ワイルドはエッセイの中で触れてる文章もあるから、
読んでた可能性はあるな

664吾輩は名無しである2016/10/24(月) 21:28:55.35ID:M6Iq1Dns
>>655
「母の上京」ってどこが女々しいんだよw
あれは完全なファルスだぞ?

安吾の書く女と太宰の書く女は全然違う。
女目線で書いても安吾の「波子」は明るくてサバサバして惚れたくなる。
それに対して太宰の「女生徒」は女女してて鬱陶しい。まさに女々しい。

665吾輩は名無しである2016/10/25(火) 12:56:25.98ID:M+Zc6q5P
2ちゃん知ってから15年ぐらいになるけど、
文学板や安吾スレがあることさえ知らなかった。
坂口安吾選集の三島の推薦文は初めて知った。
小林秀雄、佐藤春夫の推薦文は知ってたけど。
佐藤のもいいぞ。「太宰は青年時代の人が読む文学。
大人になったら卒業して坂口安吾を読みなさい」
選集の推薦文って、他に誰が書いてたのかな?
壇一雄だったらどうでもいいが、石川淳のは読みたい。
どうも記憶が薄れてるな、石川の全集に入ってたかな?

666吾輩は名無しである2016/10/25(火) 23:49:20.81ID:nStDIvuG
ノーベル堕落賞

667吾輩は名無しである2016/10/26(水) 23:27:06.87ID:+J+nZ3ip
>>648
「続堕落論」は蛇足で書かない方がよかった。
堕落論の説明になってるからかえって堕落論の味わいを無くしてる。
堕落論の読者一人ひとりに考えなさい、という絶妙の名文を台無しにした感あり。
小説も同じで、傑作が続かないんだよな。

668P ◆.uKag/vUmY 2016/10/27(木) 08:40:18.08ID:xdkjcqxc
続堕落論いいじゃない

669吾輩は名無しである2016/10/27(木) 14:45:18.43ID:ZiNoCCvO
全然よくないよ。表現がストレート過ぎるんだよ。

670P ◆.uKag/vUmY 2016/10/27(木) 16:51:48.97ID:xdkjcqxc
婉曲な表現に意味はないって安吾自身が言っているよ。

671吾輩は名無しである2016/10/27(木) 17:03:10.44ID:Bd67WafL

672P ◆.uKag/vUmY 2016/10/27(木) 17:04:10.44ID:xdkjcqxc
訳わかんない。何がしたいの?

673吾輩は名無しである2016/10/27(木) 17:28:14.48ID:sUvJ9Txp
蛇足論

674吾輩は名無しである2016/10/28(金) 19:32:18.92ID:9FcIMfHi
>>670
堕落論はストレートな表現じゃないよ。
小林秀雄の評論と同じで深く読まないとわからない。
続は堕落論を本人が解説している趣き。
だからあまり価値はない。
編集者の注文で書いたものだろう。

675P ◆.uKag/vUmY 2016/10/29(土) 10:05:20.06ID:J01b0myc
そこに文章に即した意味があれば良いんじゃないですか。「続」にも深い名言たくさんあると思うけどな。

676吾輩は名無しである2016/10/29(土) 11:11:07.96ID:TB6M/hgE
違いがわからん人もいるんだね…
続はどちらかというと安吾巷談的なクオリティ。
まあコテだし構わない方がいいか

677P ◆.uKag/vUmY 2016/10/29(土) 14:37:40.17ID:J01b0myc
カコイイ捨て台詞ですね。続堕落論の方が堕落論より優れてるとか言ってないのに。

678吾輩は名無しである2016/10/30(日) 01:19:44.39ID:PWvD+dsq
まさに脱落論

679吾輩は名無しである2016/10/30(日) 08:00:00.81ID:pfVUrFyw
堕落論は馬鹿が読むとサヨっぽく感じられる側面があるが、
誤読したアホ作家が朝生で精読した西部すすむにボロクソに論破されてたわw

680P ◆.uKag/vUmY 2016/10/30(日) 09:32:51.87ID:N6rCwvxl
安吾は左翼だと思われてるのか…

681吾輩は名無しである2016/10/30(日) 09:49:09.62ID:PWvD+dsq
超絶的

682吾輩は名無しである2016/10/30(日) 21:38:49.89ID:pfVUrFyw
ここはコテしかいないのかよ… トホホ
昔、mixiで安吾コミュを見かけたが、
そこの管理人にお伺いを立てないと入れないようなコミュでドン引きした。
敷居の高さ、特権意識のある管理人、自由で寛容な安吾の精神とかけ離れているだろ。

もちろん入りませんでしたがw

683吾輩は名無しである2016/10/30(日) 21:40:27.50ID:PWvD+dsq
腹筋崩壊

684P ◆.uKag/vUmY 2016/10/30(日) 22:14:08.75ID:N6rCwvxl
>>682
コテを拒否するのかよ… トホホ
自由で寛容な安吾の精神とかけ離れているだろ。

685吾輩は名無しである2016/10/30(日) 22:31:45.20ID:pfVUrFyw
2ちゃんでコテがどういうもの知ってるから仕方ないw

686P ◆.uKag/vUmY 2016/10/30(日) 22:38:31.40ID:N6rCwvxl
僕はコテというものがどういうものか知らないが、なんで知ったの?

687吾輩は名無しである2016/10/30(日) 22:54:20.66ID:pfVUrFyw
だから「コテはスルー」と言われるんだよ。
コテがなぜ嫌われるか自分で調べろ。
二度とレスするな

688P ◆.uKag/vUmY 2016/10/30(日) 23:55:28.82ID:N6rCwvxl
まともに会話も出来ない人間がまともな人間のフリをして>>682みたいなレスをしてたという事か。面白すぎるだろ(笑)

689吾輩は名無しである2016/10/31(月) 07:17:40.80ID:Ze+OVUOA
ウルトララッキー

690吾輩は名無しである2016/10/31(月) 08:07:05.82ID:IWH7UN9v
コテは良スレを廃れさせる。
コテにまともな人間はいない。
自己顕示欲が強く、承認欲求が強い。
他人を服従させようとする異常者ばかり。
殺人犯まで出ているからな・・

691P ◆.uKag/vUmY 2016/10/31(月) 08:31:31.26ID:iLJCl4Dr
そんな事ないよ。安吾とまったく関係ない話になってきたから↓でやるか

文学()とかいってるけどただの厨二病だってきづいてる? [無断転載禁止]©2ch.net
http://echo.2ch.net/test/read.cgi/book/1471662382/

692吾輩は名無しである2016/10/31(月) 15:06:00.44ID:GBp1AWMN
>>691
そうそう、二度とこのスレに来ないで下さいね

693P ◆.uKag/vUmY 2016/10/31(月) 15:43:30.21ID:iLJCl4Dr
お前に安吾の何がわかるっつーんだよニワカが

694吾輩は名無しである2016/10/31(月) 15:50:06.47ID:IWH7UN9v
コテの書き込み見たらどっちかニワカかわかりますねw
だからコテは嫌われるんですよ。

695P ◆.uKag/vUmY 2016/10/31(月) 15:54:25.07ID:iLJCl4Dr
安吾は素晴らしいよな。

696吾輩は名無しである2016/10/31(月) 17:20:10.49ID:/Owh4pY9
盛り上がってまいりました\(^〇^)/

697吾輩は名無しである2016/11/01(火) 22:38:33.92ID:Jjkz0OoL
不良少年とキリストとても良いですね

698P ◆.uKag/vUmY 2016/11/02(水) 01:15:58.19ID:QFChvoui
坂口安吾 - 不良少年とキリスト
http://www.aozora.gr.jp/cards/001095/files/42840_24908.html

いいよなあ

699P ◆.uKag/vUmY 2016/11/02(水) 01:52:06.64ID:QFChvoui
最近どこぞの文芸批評家が「太宰は子供のうちに読むものだ、大人になったら安吾を読みなさい」などと言っているのを見て、それなりに的を射た説教ではあるとは思うけど、>>698をちゃんと読んで理解していたら、文学者を志す者としてはそんなズサンな言葉を吐けないよ。

700P ◆.uKag/vUmY 2016/11/02(水) 01:55:25.55ID:QFChvoui
"文学者、もっと、ひどいのは、哲学者、笑わせるな。哲学。なにが、哲学だい。なんでもありゃしないじゃないか。思索ときやがる。
 ヘーゲル、西田幾多郎、なんだい、バカバカしい。六十になっても、人間なんて、不良少年、それだけのことじゃないか。大人ぶるない。"

701吾輩は名無しである2016/11/02(水) 05:25:03.01ID:ZIWB8GiI
ありくらし

702吾輩は名無しである2016/11/02(水) 09:05:07.46ID:bqMcpIRt
>>699
>最近どこぞの文芸批評家が「太宰は子供のうちに読むものだ、大人になったら安吾を読みなさい」などと言っているのを見て、

最近っていつですか?
どこの「文芸批評家」がどのメディアでそんなことを言ったのかな?
ソースとその批評家とやらの実名出してくれる?

ちなみに全く同じことを書いた「作家」はいましたけどねw
約50年前、坂口安吾選集の推薦文で佐藤春夫が書いてますが。
佐藤春夫は若い頃の太宰が師事した人ですがね。

基本コテはスルーするがこういう新情報は詳細を知りたいからね。
ガセネタじゃなければねw

703P ◆.uKag/vUmY 2016/11/02(水) 19:16:56.01ID:QFChvoui
>>702
ごめん記憶違いかも知れない。適当な事を書いてごめん…

704吾輩は名無しである2016/11/02(水) 21:46:04.26ID:ZIWB8GiI
謙虚さに惚れる

705吾輩は名無しである2016/11/03(木) 00:19:26.21ID:hy21bwTF
自演乙
謙虚の意味を辞書で調べてこい。
大嘘を追い詰められ観念しただけ。
謙虚でも何でもないわ

706P ◆.uKag/vUmY 2016/11/03(木) 00:31:14.99ID:XlV6h24y
>>705
僕は>>704の方とは別人だし、思い込みだけで同一人物だと決めつける姿勢も謙虚じゃないよね。

707吾輩は名無しである2016/11/03(木) 10:00:55.65ID:hy21bwTF
>>706
お前は>>699で終わってんだよ。
もし指摘されなかったら平気でこれからも妄言虚言を垂れ流しにしてるだろ。
お前みたいな嘘つきが赤の他人に謙虚を強制することが不遜な行為ということがわからんのか?
二度とこのスレに書き込んで荒らすな。

708P ◆.uKag/vUmY 2016/11/03(木) 11:25:18.59ID:XlV6h24y
>>707
それは誤りだったと訂正して謝ったじゃん。でもお前は未だに>>703=>>704という嘘を訂正していない。果たしてどちらが嘘つきなのかな?

709吾輩は名無しである2016/11/03(木) 13:46:40.65ID:hy21bwTF
>>708
>でもお前は未だに>>703=>>704という嘘を訂正していない
ハァ〜〜〜〜??????
どこで嘘と証明されてるの?
お前が嘘だと言ってるだけじゃん。
>>699で大嘘をついたお前がな!
お前のような嘘つきは自演していると思われて当然だ馬鹿

>それは誤りだったと訂正して謝ったじゃん。

謝りじゃないじゃん、嘘じゃん。
内容は大昔の佐藤春夫の発言そのままだし。
勝手に捏造しただけだろうが大嘘つき!!!!!!!!!!!!

710P ◆.uKag/vUmY 2016/11/03(木) 13:47:53.45ID:XlV6h24y
>>709
お前は>>705で終わってんだよ。
もし指摘されなかったら平気でこれからも妄言虚言を垂れ流しにしてるだろ。
お前みたいな嘘つきが赤の他人に謙虚を強制することが不遜な行為ということがわからんのか?
二度とこのスレに書き込んで荒らすな。

711P ◆.uKag/vUmY 2016/11/03(木) 13:49:23.19ID:XlV6h24y
あっ、て言うか今も虚言妄言を垂れ流しにしてるか(笑)

712吾輩は名無しである2016/11/03(木) 13:59:51.54ID:hy21bwTF
鸚鵡返ししかできないキチガイコテw
お前は二度とこのスレに書き込むな!

713P ◆.uKag/vUmY 2016/11/03(木) 14:09:48.93ID:XlV6h24y
>>712
君が相手に言ってた事はそっくりそのまま自分に当てはまるでしょ、って言いたいんだよ。わからない?

714吾輩は名無しである2016/11/03(木) 14:18:44.34ID:hy21bwTF
しつこく逆ギレすんなキチガイコテ
お前のような嘘つきと一緒にすんな。
お前がクズだから他人もクズとか無礼極まりないわ。
俺はお前のみたいにこのスレで嘘なんかついてない。

715P ◆.uKag/vUmY 2016/11/03(木) 14:23:01.67ID:XlV6h24y
>>705で嘘ついてるじゃん(笑)

716sage2016/11/03(木) 14:28:43.21ID:7jpwGETl
まあ普通に考えて704は自演だろうね
この痛い状況で関係ない第三者が擁護するわけがない

717P ◆.uKag/vUmY 2016/11/03(木) 14:33:33.47ID:XlV6h24y
わかんない奴だなあ

718吾輩は名無しである2016/11/03(木) 14:33:40.40ID:hy21bwTF
>>715
どこが嘘なんだ?
お前と一緒にすんなカス
俺は推測しただけだ。しかも根拠のある推測だからな。巨勢探偵でも当てるわw
>>699のような大嘘を平気で書き込むような奴がいかにもやりそうな卑劣な行為だろうが。
糞コテは二度とこのスレに書き込むな。
何回も言うがお前は>>699で終わってんだよ。
二度と安吾を語るな。

719P ◆.uKag/vUmY 2016/11/03(木) 14:34:52.44ID:XlV6h24y
>>718
間違ってる事を指摘されたら訂正して謝らなきゃダメだよ。お母さんにそう教わらなかったかい?

720吾輩は名無しである2016/11/03(木) 14:43:52.07ID:hy21bwTF
>>719
しつこいな。
間違っているとどこで証明されてんだ?
どこも間違ってないからw
そう思うのはお前だけ。
巨勢博士も結城新十郎もお前の自演を疑うはず。
二度と見苦しい言い訳のレスつけんな。
お前とはレスのやりとりしても何の価値もない。
書き込み見ればわかる。
唯一情報らしきものを書き込んだのが疑った通りガセネタだったしなw

721P ◆.uKag/vUmY 2016/11/03(木) 14:45:55.79ID:XlV6h24y
>>720
嘘つきは泥棒の始まりだし、その態度は盗人猛々しいよ。

722吾輩は名無しである2016/11/03(木) 15:05:32.61ID:hy21bwTF
>>721
嘘をついてるのはこのスレでお前だけだ!!!!!!!!!!!!
どこに俺が嘘突いているんだよキチガイ
>699でサラッと大嘘をついたのはお前だろうがw
その嘘つきを擁護する不自然な書き込みが自演だ、と推測しただけだボケ
名探偵巨勢博士も結城新十郎も当然そう推理するわなw
道ばたで踏んづけたウンコみたいにしつこくまとわりつくな逆ギレ馬鹿

あとこれでこのスレはお前しか常駐してないことがわかったから来る価値もない。
ただ今後また思いつきの嘘を書き込んでも誰かに暴かれることは覚悟しとけや

723P ◆.uKag/vUmY 2016/11/03(木) 15:11:30.56ID:XlV6h24y
>>722
だからその推測が間違ってたんだから、結果的に嘘になるわけですよ。そういう人が相手の嘘を責める資格はないでしょう。しかも僕は訂正して謝ったけど、あなたは認めないどころか逆ギレしてるじゃないですか。

724吾輩は名無しである2016/11/03(木) 15:18:15.06ID:hy21bwTF
>>723
間違ってると見苦しく言い張ってるのはお前だけ。
状況証拠は真っ黒なんだよ。
その理由1,お前は>>699で大嘘ついた前科あり
その理由2.明らかに嘘をついたのに「記憶違い」と誤魔化した

ここで延々と見苦しい言いわけをすればするほど墓穴掘るだけ。
とにかくこのスレには当面価値無いから妄言吐いてろw
誰NIも相手にされないだろうがなwww

725P ◆.uKag/vUmY 2016/11/03(木) 15:27:38.86ID:XlV6h24y
>>724
僕も嘘つく気なかったよ。マジで記憶違いだったんだって。ググればわかるような情報を「ある文芸評論家が最近言ってた」って書いて何の得があるの。「佐藤春夫が言ってた」って書けばいいだけじゃん。どこかに引用してあったのを最近読んで勘違いしたの。悪意はないんだよ。

726P ◆.uKag/vUmY 2016/11/03(木) 15:31:33.61ID:XlV6h24y
そして、>>704が僕の自演だって君が言い張ってるのは明らかに悪意のある嘘じゃん。とんでもない嘘つき野郎だよな君は。

727吾輩は名無しである2016/11/03(木) 15:44:34.47ID:hy21bwTF
見苦しい言い訳もいい加減にとけ。
粘着キチガイコテが
安吾よりも大先輩で安吾の葬儀に弔辞を読んだ佐藤春夫も知らんニワカがw
お前なんかが安吾を語る資格はないんだよ。
そして嘘をついたのはこれが初めてじゃないだろうな。
こんな調子でいい加減な情報や感想を垂れ流しまくってたんだろ。
これも書き込みのサンプルから類推したものなんでな。悪しからずw
見るのも汚らわしいからNGにしとくわw

728P ◆.uKag/vUmY 2016/11/03(木) 15:45:49.79ID:XlV6h24y
>>727
まったく、不誠実な嘘つきだなあ

729吾輩は名無しである2016/11/03(木) 15:46:47.52ID:hy21bwTF
とんでもない嘘つき、キチガイ野郎はこのスレでコテだけです。
コテ以外のみなさん(といってもたぶんコテがいるから寄りつかなくなった)は、
おわかりでしょうがねw

730P ◆.uKag/vUmY 2016/11/03(木) 15:50:30.01ID:XlV6h24y
多くの人にとって全部読むのはキツすぎると思うから結論だけ書くね。僕は自分の書いた不正確な記述の不正確性を認めて謝罪したよ。それを糾弾してたこの人は、自分の記述の不正確性を指摘されて逆ギレしたんだよな。まあ、ほんとどうでもいい事だけど(笑)

731P ◆.uKag/vUmY 2016/11/03(木) 16:01:46.99ID:XlV6h24y
>>623も読み直した。いいよな〜

732吾輩は名無しである2016/11/03(木) 16:02:07.16ID:7jpwGETl
トリップつけたコテと一言レスの奴は、
自演の腹話術と結構前からわかってたよ。
指摘してかっかしてる人は最近になって来た人なんだろね。
まあどうでもいいことだけどね(笑)

733吾輩は名無しである2016/11/03(木) 16:06:09.16ID:RxH0ITaq
多くの人たちはあのコテを見透かしているもの

734P ◆.uKag/vUmY 2016/11/03(木) 16:16:25.27ID:XlV6h24y
>>732
僕は自演した事ないよ。

735P ◆.uKag/vUmY 2016/11/03(木) 17:41:12.42ID:XlV6h24y
坂口安吾 - 阿部定さんの印象
http://www.aozora.gr.jp/cards/001095/files/42883_31183.html

736吾輩は名無しである2016/11/12(土) 15:04:56.49ID:/dl3Lri8
ガセネタコテのお陰で誰も来なくなりましたね…

737P ◆.uKag/vUmY 2016/11/12(土) 15:16:02.89ID:abUbFTCJ
なんだ君は?失敬だぞ。

738吾輩は名無しである2016/12/13(火) 13:26:30.78ID:7WSJXcpu
学問板なんだから全集未収録の作品が新発見されたとか、
注目すべき文献の情報や話題で賑わってもらいたいな。
何が悲しくてアホコテの感想やガセネタを読まなきゃいかんのか・・・

739P ◆.uKag/vUmY 2016/12/13(火) 19:06:43.39ID:A1uuKtGu
お前が先ず書けよ。なんなの「注目すべき文献」って。安吾に関する批評が読みたいの?

740P ◆.uKag/vUmY 2017/02/07(火) 00:05:00.52ID:Ik0PXXIp
坂口安吾が100人前頼んだ伝説のカレー!東京・石神井『辰巳軒』のカレーライス【大人の東京実用グルメ1】
http://serai.jp/gourmet/134319

741P ◆.uKag/vUmY 2017/02/07(火) 00:05:59.52ID:Ik0PXXIp
じゃあ柄谷行人の「坂口安吾と中上健次」について話そうよ

742吾輩は名無しである2017/02/13(月) 18:41:59.27ID:32T0uvXr
柄谷は安吾全集を評論も小説も分けずに発表順にしたけど、
あれは読者が迷惑だわ

743吾輩は名無しである2017/04/09(日) 22:55:37.42ID:0TTpgwQT
ドナルドキーンってアホだよな〜
大宰とか川端程度を持ち上げて、
一生安吾を読まずに日本文学をわかったつもりで終わるんだろうなw

744吾輩は名無しである2017/04/10(月) 22:28:35.73ID:EwYhTOu3
ドナルド君は柄谷に鼻で笑われるだろうな。

745吾輩は名無しである2017/04/11(火) 02:59:35.33ID:TN2fiLhu
KIKOさん、元気かな。
鈴●は売れない本を出したよ。鈴●名義じゃないが。挿絵頼みたかったが、連絡先分からずで残念。どっかで飲みながら、次回作の装丁やら挿絵やらお願いしたいんだ。

746学術2017/04/11(火) 11:35:44.95ID:F6x5QKce
ドナルドの方がいいと思うぞ。異人の方がよく勉強するし、
日本文学を理解もしてる。

747吾輩は名無しである2017/04/11(火) 12:09:07.53ID:XYu7aC2a
ドナルド・キーンって日本以外のアジアについてはよく知らないんだと思う。
テレビで、「人の前を通る時に腰をかがめて手をちょっと前に出す身振り、これは日本人だけがします」と言っていたが、
ジャワ人にとってもごく自然な仕草である。
幸福な誤解をしたまま一生を終えるんだろうな。

748吾輩は名無しである2017/04/11(火) 12:21:13.17ID:g5wSr+zD
俺は名のある文学者やインテリがよく知らないものまでに口出すのは有害だと思ってるよ

749吾輩は名無しである2017/04/11(火) 15:48:13.59ID:oL//OqpZ
>>746
どこがだよwww
ドナルドは安吾は全く読んでないから。
ものすごい勉強不足。
国語教科書に載るような作家群しか読んでない。

750吾輩は名無しである2017/04/11(火) 22:38:14.05ID:GxDix2/w
大爆笑

751吾輩は名無しである2017/04/11(火) 23:17:29.05ID:E19cr7fv
柄谷が角川文庫の解説で書いてたけど、
安吾は没後戦後文学、文壇から不当に黙殺されたからね。
文壇べったりのドナルドなんかたぶん一作も読んでないわw

752吾輩は名無しである2017/04/14(金) 04:55:51.56
キーンは研究対象からヒロポン常習者を省くからな。

753学術2017/04/14(金) 09:17:33.60
ヒロポンか。自己投薬というかは、まあ注射針はまずいよ。傷が傷つき治らない。
自己管理はいいけど。

754学術2017/04/14(金) 09:27:18.30
薬害もあるし。他人に対して

755吾輩は名無しである2017/04/14(金) 10:18:31.45
知ってるだろうけど
当時ヒロポンという覚せい剤は
合法で普通に薬局で売ってたから良いんじゃないの

特攻隊にも寝ないように国も使っていたのだし

756吾輩は名無しである2017/04/14(金) 16:20:46.21
>>753
安吾ちゃんは錠剤だよ。
織田作はカッコつけて袖捲って自分で注射してたけどね。

757吾輩は名無しである2017/04/14(金) 21:23:14.01ID:JZ6bxBEq
大爆笑

758吾輩は名無しである2017/04/14(金) 22:50:56.71ID:XJ0pjTLx
>>751
まあキーンなんかが読んでもいわゆる名文かでないから違和感あって遠ざけたのかもな。
あえてそういう文章書いてたってことも理解できそうにないし。

759吾輩は名無しである2017/04/16(日) 01:23:09.33ID:4MHvqJcl
なんか耳鳴りがするなあ

760吾輩は名無しである2017/04/16(日) 09:38:13.31ID:Y/4jgvoe
集英社新書「安吾のことば」藤沢周編 発売中

761吾輩は名無しである2017/04/17(月) 21:43:38.59ID:kWTU10sF
藤沢周も新潟出身だったのか

762吾輩は名無しである2017/04/18(火) 18:10:10.72ID:Cr5Q8zpw
堕落論、タイトルに惹かれて手にとる奴は大体真面目ちゃん

763吾輩は名無しである2017/04/20(木) 06:06:19.88ID:Sg0zUR2K
どこがいいのか分からん

764吾輩は名無しである2017/04/23(日) 15:41:07.79ID:D1dy1Jly
短編が良い

765吾輩は名無しである2017/04/25(火) 18:26:55.05ID:XT+djwy+
>>763
大人になればわかるよw

766吾輩は名無しである2017/04/26(水) 04:04:29.46ID:lP9xEfhi
大人になれば、ヒロポン中毒者がどれだけ訳ワカメちゃんなのか分かるよ

767吾輩は名無しである2017/04/26(水) 05:37:22.00ID:afyz0nqg
徹夜で原稿書くためにやってただけと大人になったらわかるんだろうなw

768吾輩は名無しである2017/04/26(水) 09:14:51.36ID:NUpH+1sr
ほとんど同じ内容のエッセイをいろんな雑誌に発表してたのは
ヒロポンやらで記憶が飛んでたからかな

769吾輩は名無しである2017/05/13(土) 00:27:20.75ID:7Y/HPfW6
然し血の流れぬようなイタズラを誰とどこでしてきたかは、私には分らない。
http://www.aozora.gr.jp/cards/001095/files/56806_56907.html


何度読んでも意味が分からん
「流れる」の間違いか

770吾輩は名無しである2017/05/13(土) 00:36:28.27ID:gMFcq1yf
貴方、大丈夫ですか

771吾輩は名無しである2017/05/13(土) 05:35:22.06ID:CMv1D3q8
間違いだろう
俺も分からん

というかそれ以前の文だって
調子が良いからわかったような気で読み飛ばすが
厳密に意味を考えたらわからんことばかりだ

772吾輩は名無しである2017/05/13(土) 10:09:55.32ID:EGpe58ma
おい

773吾輩は名無しである2017/05/15(月) 08:13:10.69ID:I5NYV+k2
処女じゃないから血は流れんやろ

774吾輩は名無しである2017/10/29(日) 10:53:25.73ID:0tp/6pkw
坂口安吾論
柄谷行人 (著)
出版社: インスクリプト; 四六版 (2017/10/14)

著者の安吾論にはこれまで『坂口安吾と中上健次』(太田出版、講談社文芸文庫)があるが、
本書が初の単独の安吾論集であり、7割以上が初めての単行本収録となる。

775吾輩は名無しである2018/01/01(月) 13:25:24.82ID:OYG6y4D6
明けましておめでとうございます

TOKYO FMからJFN全国38局ネットで毎週日曜10:00〜10:30放送
放送予定
1/7 坂口安吾 風の光りと二十の私と

関連スレ
【小川洋子】Panasonic Melodius Library【藤丸由華】
http://egg.2ch.net/test/read.cgi/am/1514080462/

776吾輩は名無しである2018/01/13(土) 13:36:43.39ID:bktkDA6B
27歳で「あの子、凄いシャンだわ」って出てくるのですが、シャンとは細身って意味でしょうか?知ってる方お願いします。

777吾輩は名無しである2018/01/31(水) 14:29:06.64ID:/gy73wVg
ドイツ語で「美人」って意味でしょ

778吾輩は名無しである2018/02/12(月) 14:41:23.13ID:ZmBE49Na
ゴーマニズム宣言SPECIAL 新・堕落論 小林 よしのり
https://www.amazon.co.jp/dp/4344032446/
今こそ“ネトウヨ"に謝ろう−−−。
小林よしのり、ついに転向か? それとも懺悔か!? フェイクを信奉する時代に終止符を打ち、やがて来たる堕落の底から浮上する新時代を切り開く、渾身の完全描き下ろし216ページ。

フェイクを信奉する時代に終止符を打ち、やがて来る堕落の底から浮上する新時代を切り開く、渾身の完全描き下ろし。

779吾輩は名無しである2018/03/06(火) 07:52:51.67ID:7iiH9FtU
安吾「幻の小説」発見。 新聞掲載後、本にならず。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180306-00000007-asahi-soci

780吾輩は名無しである2018/03/06(火) 10:01:12.97ID:K2KHwMlf
>>778
彼のは最近おかしい
特に天皇が絡むと
論理がめちゃくちゃになる

781吾輩は名無しである2018/06/10(日) 06:08:11.04ID:FniuO4PO
坂口安吾の言う「堕ちる道を堕ちきることによって、自分自身を発見し、救わなければならない」と
養老孟司の言う「バカの壁の向こう側には希望がある」と
中島義道の言う「強烈な自己中心主義」

この3つは同じことを言っているのではなかろうか。
それは、多くの大人が知っていながら向き合わない現実であり、多くの大人が子どもに語らない真実であり、正視しがたい己の醜さなのかもしれない。
あるいはそれこそプラトンの「洞窟の比喩」で言われている
「皆が見ている影絵ではなく、後ろを振り返って洞窟の外に出で初めて見ることができる真実の世界」のことなのかもしれない。

7827812018/06/10(日) 06:29:35.05ID:FniuO4PO
「強い自己中心主義」

中島義道(毎日新聞二〇〇〇年十一月二十一日)

「我が同胞は「自己中心主義」がよくよく嫌いらしい。だが、私は自己中心主義が大好きである。それを鍛えようと日々努力している。
 私の目から見ると、現代日本人は老いも若きも全然自己中心的ではない。気の毒なほど「みんな中心的」である。
電車の中で化粧する若い女たち、路上にしゃがみこむ若者たちは特別自己中心的なのではない。ただ、みんながすることが変わった結果、新式の「みんな中心主義」を取り入れているだけである。
こうした若者のだれひとりとして電車の中で真裸になる者もいなければ、腹這いで歩道を進む者もいない。
 私が提唱するのは、みんな中心主義の仮面をかぶったヤワな自己中心主義ではなく、「強い自己中心主義」である。自分の信念にしっかり立って、他人に向けてその正しさをどこまでも論理的に説得しようとする姿勢である。
これは、哲学の基本条件になるのだが、何とこの国では厭がられることか。
 みんなに同調しないことは、それ自体として非難されるべきことではない。ただ、その場合ナントナクという態度がお粗末なのだ。みんなから「ジコチュー!」と言われた瞬間に青い顔して逃げまどう、その弱さがいただけなのである。
みんなに同調したくないのなら、その理由を論理的にしっかり築きあげる必要がある。しかも、自分がその結果いかなる不利益をこうむろうとも、その道を行く覚悟がなければならない。
 この国では「そんなことしたら、ほかの人がどんな気がするか考えてみろ」というセリフばかり聞こえる。こんな屁のような説教などブッとばせばいいのだ。
そして、「考え抜いた結果、やはり私は自分の信念に従って行動する」と答えればいいのだ。ただし、完璧な理論武装をして。しかも、よりすぐれた理論が出てきたら、いつでも自分の意見を変えようという柔軟な姿勢をもって。」
(pp.128-9)中島義道「不幸論」

783吾輩は名無しである2018/06/14(木) 14:16:00.75ID:ezybMGnp
「外套と青空」と「私は海を抱きしめてゐたい」この二作が好きです。
昭和22年頃に出版された初版本を手に入れ、旧仮名、旧字体の文章で読むことをお勧めします。
世界が随分と変わってきます(いい意味で)

784吾輩は名無しである2018/06/14(木) 19:36:29.21ID:ot14yT7f
付和雷同的なのと自己中は違う
道徳律か欲望主義かの違いはあっても
基本的に大衆は付和雷同的なもので
戦中戦後の違いは建前が本音に変わっただけ

しかもその「本音」すら皮相的なものに過ぎず
「堕落論」はもちろん「日本文化私観」や「白痴」も正しく読まれてはいない
だから「続堕落論」まで書く破目になったのだけど
当然のことながらこちらの方もきちんと読まれてはいない

そもそも自分を見つめなおそうという人は本などに飛びつきません
不安で手っ取り早い処方が欲しいので流行に飛びつくわけで

785吾輩は名無しである2018/06/14(木) 22:32:59.01ID:0wL4uRsb
大爆笑

新着レスの表示
レスを投稿する