[怒りの葡萄]ジョン・スタインベック

1吾輩は名無しである2011/01/15(土) 18:36:12
なかったので立てておく。


92吾輩は名無しである2014/09/26(金) 04:17:12.71
CAMEL - Dust&Dreams 「怒りの葡萄」 (〜^3^)

93吾輩は名無しである2014/12/25(木) 11:48:45.43
怒りの葡萄 新訳版 (ハヤカワepi文庫)NEW
ジョン・スタインベック (著), 黒原 敏行 (訳)

ttp://www.hayakawa-online.co.jp/shopbrand/author_SAgyo_SU_2023/

94吾輩は名無しである2014/12/25(木) 18:11:15.56
朗報ですね。
新潮の訳も悪くはなかったが、少々古くささが否めなかった。

95吾輩は名無しである2015/02/03(火) 13:11:50.02
エデンの東。
ペーパーバックを年末から読み続けて残り200ページ弱。
第一部だけでも、主演級の二人が生死の境目までボコられて、、
二人の主要な脇役が惨殺され、二三人が自殺するとか、
なんじゃこのバトルロワイヤルは!?
その後も主要な登場人物は死に続け、今や生き残っているのは
立派な中年になってもなお人生の目的もプリンシパルも定まらず、
精神の輪郭が曖昧なままのアダム・トラスクと
法の裁きがなぜか届かない気ちがいモンスター・ビッチだけ。
イベントは頻繁に起こるので少しも退屈はしていないけどね。

このドラマがこの奇々怪々な展開から、いったいいかにしてあざやかな着地を決め、
世界文学上位に推されるだけのことはあるなと納得させてくれるのか、
くれないのか、いやはや、楽しみだわ。

96吾輩は名無しである2015/02/03(火) 22:55:48.53
プリンシパル→・・プル


Whatever.

97吾輩は名無しである2015/02/05(木) 23:20:29.15
サリナスに移住したアダムのご近所で友人(恩人)のサミュエル・ハミルトンが
どうしてもジェイムズ・ステュワートに脳内変換されてしまいます。
おれはステュワート大好きなんだよなあ。

世渡り下手だが自由闊達な実験精神と気骨の持ち主であり、
ユーモアを愛し、誰にでも思いやり深い・・

サムというキャラクターの人物造形は素晴らしいね。
彼が動き出してようやく、ドラマの基軸が浮かび上がってきたようだ。

98吾輩は名無しである2015/02/19(木) 17:35:27.44
East of Edenのペーパーバック、ようやく読み終わった。
でも二ヵ月半だから、予定よりも早かった。


いやはや、いろいろと考えさせられる不思議なドラマだったなあ。

99吾輩は名無しである2015/04/22(水) 12:13:00.14
>>98
辞書はどんなものを使われていますか?

100吾輩は名無しである2015/07/27(月) 01:26:51.99
エデンの東ではトム・ハミルトンが一番好きだな

101吾輩は名無しである2015/07/27(月) 02:06:33.29
『怒りの葡萄』は講談社の谷口陸男訳が名訳だと思うが、現在出版されてないから、みんな知らないんだよなあ。
谷口は本当にアメリカ文学の名訳者だと思う。『日はまた昇る』しかり『夜はやさし』しかり。

102吾輩は名無しである2015/07/27(月) 15:41:10.35
華僑にはもっと怒れる泣ける

103吾輩は名無しである2015/07/28(火) 01:09:30.71
読書の最中に辞書はまったく使わないよ。

104吾輩は名無しである2015/07/28(火) 01:22:08.92
いや、単に何の辞書を使っているのか、興味があるだけ。
讀書の最中に辞書引きませんってのは或る程度読めるようになったら当然だし。

105吾輩は名無しである2015/07/29(水) 21:26:09.86
辞書なしでスタインベックをすらすら読めることくらい当たり前と感じる者が、
なんで他人の使う辞書の種類を気にするの?

106吾輩は名無しである2015/07/29(水) 22:27:50.87
読めるから辞書はいらないのか?
おまえさん、英語なんザできないんじゃないか?(笑

107吾輩は名無しである2015/07/29(水) 23:18:29.06
おや、気持ち悪いくらいに反応早いな。

君がスタインベックをすらすら読めるならば、
お前が使ってきた辞書はお前にとってそれなりに正しかったわけだから
他人がどの辞書を使っているかなどどうでもよかろう?

お前がスタインベックの短編を読むにも辞書と首っ引きで青色吐息の状態なら、
すらすら読める人の愛用辞書を尋ねても意味はないのだ。
次元が違うのだから。

108吾輩は名無しである2015/07/30(木) 11:57:58.38
>すらすら読める人

自慢げに書くことかよ(笑

109吾輩は名無しである2015/08/12(水) 03:19:13.48
1930年代は1929年の経済大恐慌の後を受けて、不況不安の時代であり、社会的関心が強い。このような時代は
「マルクス的30年代」とか「アメリカの赤の時代」といわれて、アメリカの思想傾向が個人主義から社会主義への方向をとりはじめたころである。
文学の世界でいえば、スタインベック、コールドウェル、ウルフ、ファレル、サロイヤンたちが、アメリカ30年代作家として登場してきた

110吾輩は名無しである2015/08/12(水) 03:24:39.32
「ディープ・サウス」のジョージア州のプーア・ホワイト(白人貧農)を描きつづけたコールドウェルの小説は、労働者文学の系譜に入らない。彼は労働者も描くが、しかしそれは農民の生活や行動をきわだたせる契機としているにすぎない、とも思われるほどだ。
コールドウェルはこの一家の物欲と性欲がむきだしになった絶望的な生活を描くのである。宗教も道徳も、ここではただ言葉の上でだけ存在しているにすぎない。神を信じるジーター爺さんは罪ばかり犯し、
自分の欲望充足のためにはどんなことでもやるが、しかしちゃっかりとそれなりの理屈が神の名のもとにつくのである。
 ここにあるのは没落貧窮農民の飢えと絶望と堕落の世界であるが、しかし小説は悲惨とか怒りとか反抗とかを強調しない。貧困と堕落のなかで強情に、ある意味でたくましく生きる農民を、
どこかコミックに、愛情をもって描いており、悲壮感よりもあきれたという半ば賛嘆の気持ちやおかしみの方が先だってくるのである。
ジョージアのプーア・ホワイトの悲惨な生活に深く感動し、それをありのままに表現すること、である。
 物欲と性欲、つまり原始的な人間の欲望が表面に出て来るこうした脱落農民の生活が、どの程度まで彼らの本当の生活なのか、我々は判断する資料をもっていない。
少なくも、同じ時代の脱落する農民を措いたスタインベックの「怒りのぶどう」とはかなり感触のちがう小説ではある。
もっともこれは、黒人やプーア・ホワイトなど多くの困難や問題をかかえていた「ディープ・サウス」に生れたコールドウェルと、カリフォルニアの美しい肥沃な渓谷のサリーナスに生れたスタインベックの差なのかもしれない。

111吾輩は名無しである2015/09/30(水) 13:21:56.73
ハヤカワと新潮の新訳、どっち買えば良いんだ。

112吾輩は名無しである2015/09/30(水) 13:28:43.73
新潮

113吾輩は名無しである2015/09/30(水) 14:49:46.26
>>112
了解!

114吾輩は名無しである2015/10/03(土) 08:33:28.82
黒原訳で『怒りの葡萄』を読了しました
丁寧な場面描写がとてもよかったです
次は『エデンの東』行きます

115吾輩は名無しである2015/10/03(土) 10:57:37.34
たしかにハヤカワと新潮どっちがいいか迷う・・・

116吾輩は名無しである2015/10/03(土) 11:13:08.08
両方買えば?

117吾輩は名無しである2015/10/03(土) 12:58:50.58
大久保訳はそんなに古いのか

118吾輩は名無しである2015/10/03(土) 16:29:26.85
>>116
もう少しひねった回答を

119吾輩は名無しである2015/10/03(土) 17:06:32.78
yahooが1000ポイントなんかくれたので新潮の方買った。576円で済んだ。

120吾輩は名無しである2015/10/03(土) 23:29:09.80
大久保訳は古いね。

121吾輩は名無しである2015/10/08(木) 13:10:12.85
怒りの葡萄は筑紫哲也が取り上げていて映画を観た
その他、マイケル・J・フォックスのファミリータイズで禁書について取り上げるエピソードがあるんだけど、そこで怒りの葡萄が出てくる

122吾輩は名無しである2015/10/18(日) 16:49:21.89
怒りの葡萄の新潮の新訳で
上巻後編くらいに片目がないやつが出てくるところで
トムが「片目をなくしてからちんちんがでかくなったっていえばいいさ」
って言うんだけど原文もちんちん出てきます?

123吾輩は名無しである2015/10/18(日) 18:13:02.33
古いとか言うのを翻訳の批評とする時点でアフォ

124吾輩は名無しである2015/10/21(水) 23:53:51.00
ハヤカワの新訳もチンポコ

125吾輩は名無しである2016/01/21(木) 23:09:37.02
ジョン・フォードの「怒りの葡萄」は観たことある?
スタインベック原作、ヘンリー・フォンダ主演の名作で、もしまだ観ていないなら、是非ともお奨め。
末法の世で砂嵐に逐われ、妊婦や年寄りを連れてトラックで砂漠越え。
約束の地に、果たして救いはあるのか?という内容でクソ面白いんだけど、
「怒りのデスロード」は、こういう古典的な物語をしっかり踏襲して、上手く愉快な現代劇に仕立てている。
実はけっこう、端正な映画なんです。

126吾輩は名無しである2016/01/22(金) 11:54:27.18
The Grapes of Wrath

Fury Road

・・・

127吾輩は名無しである2016/04/23(土) 14:05:02.57
スタインベックがちょうどあの時代にアメリカ全土をキャンピングカー(みたいなもの)で旅してるんだけど、そしてその時の事を本に書いてるんだけど、明らかにディープサウスは別世界。
価値観を共有しないよそ者は全て「ニガー・ラヴァー」と呼ばれていた(彼も含めて)。

アンダーソンは南部のメンタルが19世紀のままだと知っていた。
KKKは「ガラガラ蛇」で「ドブネズミ」だが、一生そこで暮らし、巣から出てこないことも知っていた。
連邦から見放されたド田舎の僻地とそこの住人を蔑みながらも哀れんでいたんだな。
だから初めは事件をうやむやにして南北の戦争を避けようとさせたんだろう。
黒人の勇敢な少年の一家が家を焼かれて南部を出ていくことになったときに残念そうな顔をしていた顔をしていたのは
南部への愛着がそうさせたのではないか。
あのシーンではウォードの方が現実的な対応をしている。

でも、ある時期、南部の黒人が大量に北部に移住するんだけど、
その結果、北部のシカゴはアメリカで最も白人と黒人の格差が大きい都市となり、今でもそう。

(副産物としてシカゴ・ブルースが生まれた)

128吾輩は名無しである2016/04/23(土) 14:33:25.76
つまり、

129吾輩は名無しである2016/05/07(土) 07:41:07.61
新潮の新訳がひどいらしいけどどんな感じにひどいの?
読んだ人いたら教えて

130吾輩は名無しである2016/09/04(日) 06:26:51.88
『スタインベック短編集』最高だな
空気感がすごい

「自警団員」のもっと長いのが読みたい

131吾輩は名無しである2016/09/09(金) 23:22:17.96
age

132吾輩は名無しである2016/11/19(土) 17:45:10.41ID:Xdv33dQn
age

133吾輩は名無しである2016/11/29(火) 02:28:44.23ID:dlmAsjIG
新潮のものは殆んど読んだよ。4,5冊。後他の出版社からのものを取り寄せたけど、あまり面白くなく、途中で読み止めちゃった。二十日鼠と人間とかは良かったんだけどなぁ

134吾輩は名無しである2017/01/25(水) 22:58:58.49ID:NygwjVbf
IN DUBIOUS BATTLE Official Trailer (2016) Selena Gomez, James Franco Movie
https://www.youtube.com/watch?v=__93O5CGSn4

135吾輩は名無しである2017/03/16(木) 22:07:02.15ID:To/Y0RR7
誰の訳かおすすめですか?

136吾輩は名無しである2018/01/23(火) 19:52:29.43ID:W07tOhUi

137吾輩は名無しである2018/04/07(土) 11:17:53.33ID:Us6Vu6nD
地道に着実に作品製作 高畑勲さんと親交があった作家の池澤夏樹さんの話

 宮崎駿監督は天才だが、高畑勲監督は、地道に着実に作っていくタイプであった。それでいて、多摩丘陵の開発で追い詰められたタヌキの抵抗運動を描いた
「平成狸合戦ぽんぽこ」など、笑わせながら深い意味を伝えられる優れた作品を残した人だった。アニメのイメージが強いが、翻訳家としても素晴らしい仕事をした。
中でもフランスの詩人ジャック・プレベールの「ことばたち」の翻訳が印象的だった。詩の翻訳として完璧だった

138吾輩は名無しである2018/07/29(日) 12:22:21.17ID:QZO9sBic
怒りの葡萄、新潮文庫は旧訳と新訳の両方を併買してるのだろうか?
本屋で両方見かけるのだけど。別々の本屋だが。

先日は旧訳の非小口研磨品が陳列してたので即購入w
やはり非小口研磨品は良いねぇ。

名作は小口研磨してない本に限るなぁ。

139吾輩は名無しである2018/09/14(金) 19:27:12.86ID:uYXwRXWK
                     /⌒彡:::
                   /冫、 )::: また…秋が…
                  __| `  /:::
                 / 丶'  ヽ:::
                / ヽ    / /:::
               / /へ ヘ/ /:::
               / \ ヾミ  /|:::
              (__/| \___ノ/:::
                 /    /:::
                 / y   ):::
                / /  /:::
               /  /::::
              /  /:::::
             (  く::::::::
              |\  ヽ:::::
                |  .|\ \ :::::
          \    .|  .i::: \ ⌒i::
          \   | /::::   ヽ 〈::
              \ | i::::::   (__ノ:
              __ノ  ):::::
            (_,,/\

140学術2018/09/15(土) 08:16:23.70ID:sAB+BtgB
怒りの葡萄が・・・。の段って色んな感情が怒りの中につまりブドウの中に
熟して詰まっていることが分かって、ワインがただならぬものとわかる
ワイン愛好家に必須の文学だよなあ。動物があれこれ言っているようじゃ
まだ若いんだよ。

141吾輩は名無しである2018/09/25(火) 15:25:22.12ID:NDHS4ZIa
https://www.youtube.com/watch?v=TCiHXwtGxPg
赤い川の谷
アメリカ南部で歌われていた「In The Bright Mohawk Vally」が元歌で、その後カウボーイたちによって歌い継がれ、
今の曲となった。ジョン・フォード監督の映画「怒りの葡萄」のテーマ曲になった

142吾輩は名無しである2018/10/20(土) 15:49:43.86ID:4BvPQeNv
Rose of Sharon ってマンコ臭そう

新着レスの表示
レスを投稿する