誰も知らないようなマニアックな作家を挙げていく

1吾輩は名無しである2011/09/19(月) 19:50:45.98
牧野信一

361吾輩は名無しである2014/09/21(日) 21:23:30.42
>>321
>>357
落語の本読んでたらその人の名前が出てきた

362吾輩は名無しである2014/09/21(日) 22:12:16.78
>>1

363吾輩は名無しである2014/09/21(日) 23:30:17.36
>>361
「容」は「いるる」と読むんだぞ

364吾輩は名無しである2014/09/22(月) 18:14:45.76
ぱるる

365吾輩は名無しである2014/09/22(月) 21:23:12.78
>>363
そうなの

366吾輩は名無しである2014/09/25(木) 21:15:09.33
清水博子

367吾輩は名無しである2015/01/01(木) 17:07:46.35
ケヴィン・ブロックマイヤー

3682015/01/04(日) 15:01:09.43
ジョン・ファンテ

369吾輩は名無しである2015/05/03(日) 15:44:37.80
ポッポ

370吾輩は名無しである2015/06/09(火) 04:58:47.98
paul claudel や musset のスレがないのは残念だ。

371吾輩は名無しである2015/07/13(月) 00:46:27.44
Dmitrii Bakinの邦訳が近々出るらしい

372吾輩は名無しである2015/07/16(木) 16:19:09.28
>>322
ニセ舞城としてちょっと有名だった

373コーヒー豆将軍狐狼高霊文学者夢無妖禅死2015/07/16(木) 16:53:28.99
アニメのエロ広告に出てくるのが無名作家かな?
有名っぽいそうで、無名っぽい。

374コーヒー豆将軍狐狼高霊文学者夢無妖禅死2015/07/16(木) 16:54:13.26
2chの

375吾輩は名無しである2015/07/19(日) 10:41:19.33
世界的には知名度があっても翻訳がすくないせいで日本じゃマイナーな作家多いよな
トム・ロビンズ、バリー・ハナ、T・コラゲッサン・ボイル(まだ恵まれてるか)
ほんとクソみたいな三文国産小説に使う金があるならこっちに回してほしい
日本人には小説なんて書けないでしょ

376吾輩は名無しである2015/07/19(日) 17:38:15.45
♪<¥
 
   『痰歌鑑賞』お題「汚れ事務所の裏工作(粉飾小説の裏側で)」 
 
   芥川 行き着く先は カネの生(な)る FIFAズルヨシの 本屋大賞 
 
            よみびと(ロンゲ妖怪バスターズ)フルタチンコ 
 
♪<¥

377吾輩は名無しである2015/07/19(日) 23:05:03.92
ハーヴェイ・ジェイコブズ
どっか作品集ださねえかなあ

378吾輩は名無しである2015/07/20(月) 02:11:08.63
>>372
伝説化させようとしてるのかw
ミステリ好きには普通に有名だったわ
舞城として有名とかアホかとw

379吾輩は名無しである2015/07/20(月) 08:28:33.89
山下泰延
曽山一寿
むぎわらしんたろう

380吾輩は名無しである2015/07/21(火) 23:05:49.02
70年代ぐらいまでで発売後十年間翻訳されてない本がタタで翻訳できるルールってまだいきてたっけ。
ほんと毎月学生の日記帳レベルの小説がはいてすてるぐらい発売されるが一向に翻訳されてしかるべき本が出ない。。。

381吾輩は名無しである2015/07/23(木) 23:14:29.91
山崎俊夫

382吾輩は名無しである2015/07/24(金) 20:27:57.46
ディドロ

383吾輩は名無しである2015/07/26(日) 14:40:14.89
夢座海二
潮寒二

384吾輩は名無しである2016/01/07(木) 21:33:44.40
柳田知怒夫とか皆さん知ってるかしら?

385吾輩は名無しである2016/01/07(木) 21:35:13.41
犬田卯
青空文庫で読めるよ

386吾輩は名無しである2016/01/07(木) 21:40:49.94
>>384
ちなみにwikipediaには載ってません

387吾輩は名無しである2016/01/07(木) 21:57:33.36
佐左木俊郎
山本禾太郎

388吾輩は名無しである2016/01/31(日) 21:27:49.32
チェニー
プラムディヤ
バオニン

389吾輩は名無しである2016/01/31(日) 23:54:04.70
最近読んでいるのがオーストラリアのGerald Murnane
オーストラリア外ではほぼ無名だけどかなりよい

390吾輩は名無しである2016/02/01(月) 12:43:50.76
あなたは40代ロサンゼルス府警工場作りですか?ドーハの悲劇「横浜衝撃イヤフォン」「横浜悪夢イヤフォン」ですか?

それともいくつですか?huluさん?

それともいくつですか?huluさん?

それともいくつですか?huluさん?

391吾輩は名無しである2016/02/04(木) 20:20:21.51
ジェラルド・ナーマン ;  現代オーストラリア文学
Gerald Murnane ( 1939 - ) : Australian writer .
http://d.hatena.ne.jp/stolderhat/20131115/p1

392吾輩は名無しである2016/02/06(土) 17:25:14.85
>>391
短い上に名前が違うのが悲しいなぁ
×ジェラルド・ナーマン
○ジェラルド・マーネイン
オーストラリア国内ではノーベル賞受賞も期待されているけれど、あまりにも独特なもんで一般受けしない
fictionを書くのはやめた、と宣言していていまだにタイプライターで執筆している
fictionをやめた後のnonfictionとfictionのあわいのような散文作品で高い評価を受けている
神学部を出てカトリックの神父になるはずだったが小学校教師になり、詩・散文を発表するようになる
クリエイティブライティングの教授になっているけれど小説を書くのを辞めた頃から他の作者の小説を読むこともやめたという筋金入り
それまで好きな作家はポール・エリュアールやプルースト、エミリー・ブロンテ、フロベール、ジョイスなど

393吾輩は名無しである2016/02/29(月) 21:49:58.76
>>389
無名なもんか

れっきとしたノーベル文学賞候補じゃねーか

394389=3922016/03/01(火) 00:49:17.62
>>393
ジェラルド・マーネイン で検索するとこのスレしかヒットしないくらいには無名だと思うんだ
オーストラリア外では文学賞を一つも受賞したこともないが、オーストラリアの有名作家からは軒並み賛辞を受けている
あるノーベル賞受賞者が激賞していて初めて知ったんだけど、自分にとっては今年一番の収穫なんだ
選び抜かれた言葉で記憶や書かれたものについて不思議な作品をつくる非常に素晴らしい作家だから、興味を持った人がいればぜひ読んでほしい

395吾輩は名無しである2016/03/01(火) 18:45:18.79
マーネインはラドブロークスのノーベル賞予測オッズにたまに出てくる

倍率は30倍〜50倍くらいだけど

396吾輩は名無しである2016/03/02(水) 06:33:36.82
語り手はクリエイティブライティングの教授を数十年勤めた作家で、これまでに採点してきた生徒の散文を思い出す
少年の頃数学にのめりこんだ彼は、提出された散文作品を読んで、印象深く思って読むのに止まった箇所を付箋につけて、回数を点数化して評価を行うという独自の採点方法を編み出していた
これまでに最高点数の課題作品を、まるで競馬で自分の空想の馬が順位を競うようにレースを行うことを習慣にしていた。その順位は空想の中でいつも入れ替わる。
忘れらない作品として、「少年の名前はDavid」という散文作品があり、その少年の名前はもともとはDavidでなかったこと、それくらいしか思い出せない
あるとき、一人の女性が教官室に訪ねてくる。大学院に進学して小説を学ぶべきか、迷っているという。
彼女は結婚して田舎の牧場に従事することを求められており、尊敬する語り手の講座で学ぶべきか、迷っている。
その手首には切り傷がある。語り手は、特例としてまずは田舎に行って小説を書き始めては、と助言する。それを送ってくれれば評価や、指導をしよう、必要ならそれから進学すればいい、と。
数十分にわたった面談は、語り手が彼女に会った最後であった。語り手は彼女を幾度となく思い出す。構想を語られた小説は送られてこない。
語り手は空想する。あの女性が、いま綴ることを断念したか、あるいは今も綴りつつある小説こそが、最高の評価に値する作品なのではないか、と。
筋も思い出すことの出来ない、手首に傷のある女性が語る価値のあると確信を持って語ったことだけを覚えている過去を思い出しながら。

>>395
なんか趣旨と違ったみたいでごめん、いい作家なんだ

397吾輩は名無しである2016/03/03(木) 00:40:04.51
池田大作

398吾輩は名無しである2016/05/23(月) 10:45:44.91
牧野信一は有名だろう 作品集持ってる
坂口安吾の文に何度も出てくるし
でも そう言われるとないなあ

知り合いに新人賞とって講談社から本1冊出して
あとは無しって人いるけど ほとんど一般人だしなあ

安吾つながりで矢田津世子かなあ

399吾輩は名無しである2016/05/23(月) 22:19:55.38
俺の机の上にあった
大塚銀悦
図書館の廃棄本できれいなのでもらって読んだら
西村健太のさらに激しいやつみたいなのでかなり面白かった

1998,1999に芥川賞候補になっているが選評を読んだらぼろくそ書かれていた
特に宮本輝が小説をなめてるとか書いてて お前なんかが言うなと
代わりに殴りに行こうかと思った

400吾輩は名無しである2016/05/23(月) 23:02:09.70
芥川の息子って作家?
たぶん長男だったかな
音楽の方は次男だよね、やすし

401吾輩は名無しである2016/05/23(月) 23:33:29.51
倉光俊夫
第十六回芥川賞受賞者
著書は数冊あるが唯一の怪奇小説集『怪談』は未収録作まとめて復刊してほしいな

402吾輩は名無しである2016/05/24(火) 07:49:40.46
>>400
気になって調べたら
長男がひろしでこれは名優として有名
やすしは3男らしくて
二男にたかしという人がいてこの人が小説を書いていたが、
戦死していて本も出ている 知らなかった

403吾輩は名無しである2016/05/24(火) 17:51:09.97
ラッタウット・ラープチャルーンサップ

404吾輩は名無しである2016/05/28(土) 21:19:11.78
ギャディス

405吾輩は名無しである2016/06/12(日) 20:21:23.11
 作家の赤坂早苗が庄野潤三について書く。
小田急線の東生田駅から徒歩20分の庄野の新居を訪ね、映画の試写会に出かける庄野と一緒に駅へ向かう。
庄野は駅への近道という駅の裏手の崖の上へ出て、その崖を駆け降りた。
http://d.hatena.ne.jp/mmpolo/20160609


「これは、息子たちに教えられた道です。」

 と、うしろも振りむかずにいった。

 草いきれのむんむんする草原を横切っていると、子供時代のことが思い出されてきた。

「こういう草っ原を見ると、子供の頃のわるさを思い出します。
草と草を縛りつけた仕掛けをいくつも作っておいて、だれかが足をとられて転ぶのを面白がってよく見ていたものです。」

 うしろについて歩くぼくがいうと、

「ほほう。そんないたずらをしたのですか。」

 と、前を歩く庄野さんは、やはりうしろを振りむかずに大きな声でいった。

406吾輩は名無しである2016/10/25(火) 22:14:17.79ID:TO/erGnN
金鶴泳
だったかな
面白かった

407吾輩は名無しである2016/11/27(日) 18:50:02.49ID:GEj8r87g
薔薇憂鬱彦

408吾輩は名無しである2016/12/12(月) 16:15:22.44ID:AA+GCoWN

409吾輩は名無しである2017/04/26(水) 13:02:52.15ID:9tl/mpIc
いじめを許さない社会にしようぜ!!!!
       ↓
上松煌(うえまつあきら) 作
★「九月の葬奏」(1作目「友だちを〜」と共に、作者の出生の本懐です)★
https://slib.net/71188

『作品紹介から』
 初作の『友だちを殺した』と共に、作者の出生の本懐といえるものです。
世間を震撼させた「多摩川・中学生虐殺事件」に衝撃を受け、日本社会に警鐘を鳴らし
たくて書きました。
時間のないかたは、後半〜末尾にかけての主人公の「独白」をごらんください。
社会のあり方、人間の人間たる倫理正義・矜持襟度・慈悲情愛の大切さを、死をもって
訴える場面です。 問題提起の性格上、過激・苛烈な表現があります。 2015年。
作順では5番目。

プロフィール ←作品けっこう意識高いぜ。命は大事にしろ。
http://slib.net/a/21610/

社会が傍観者ばかりになったら、コワイでぇ!

410学術2017/04/26(水) 16:02:38.69ID:VoROm5lS
グラハム ハービー ハンコック

411吾輩は名無しである2018/01/23(火) 19:56:44.93ID:W07tOhUi

新着レスの表示
レスを投稿する