文学以外の文学者の作品

1吾輩は名無しである2011/10/28(金) 07:03:14.86
評論、指南書、自伝など、
狭義の文学(小説・詩・戯曲等)の範疇に含まれない文学者の著作を語ろう。

2吾輩は名無しである2011/10/28(金) 07:25:51.48
『告白』オヌヌメ!

3吾輩は名無しである2011/10/28(金) 09:57:47.40
アウグスティヌス?ルソー?町田w?

4吾輩は名無しである2011/10/28(金) 10:35:27.57
俺?

5吾輩は名無しである2011/10/28(金) 11:47:08.59
『三酔人経倫問答』は文学だろうな

6吾輩は名無しである2011/10/28(金) 15:54:00.94
ユートピアやガリバーや安愚楽鍋が文学なんだから
南海先生もそうなるだろうな

7吾輩は名無しである2011/10/28(金) 16:20:55.16
スレタイの文章がだめ

8吾輩は名無しである2011/10/28(金) 16:28:01.70
スレタイの文章?

9吾輩は名無しである2011/10/28(金) 16:42:49.96
せめて「文学者の文学以外の作品」にしないと意味が通りにくい。

10吾輩は名無しである2011/10/28(金) 16:57:22.74
「文学者の作品で文学以外のもの」にしないとダメだろう?

11吾輩は名無しである2011/10/28(金) 17:01:23.95
いや、「文学以外なのに文学者が書いた作品」のほうがよくね?

12吾輩は名無しである2011/10/28(金) 17:05:18.14
たしかにベストは>>10だな。

13吾輩は名無しである2011/10/28(金) 17:29:53.45
「文学者が書いてないのに文学である作品」でいいじゃん。

14吾輩は名無しである2011/10/28(金) 18:12:32.05
どっちなんだ

15吾輩は名無しである2011/10/28(金) 18:51:59.45
>>13
意味違うだろ

16吾輩は名無しである2011/10/28(金) 19:08:24.46
>>15
えっ?

17吾輩は名無しである2011/10/28(金) 19:10:20.43
じつはどっちにも取れる

18吾輩は名無しである2011/10/28(金) 19:23:42.18
>>16
え?!

19吾輩は名無しである2011/10/28(金) 19:24:31.93
>>1を見る限りでは>>10が正解みたいだね

20吾輩は名無しである2011/10/28(金) 19:25:37.15
スレタイは不明瞭でも>>1を読めば>>13の意味じゃないのは明白

21吾輩は名無しである2011/10/28(金) 19:25:48.05
文学者は決定なんだから>>13は違う

日記や書簡、跋文なんかもよいのかしら。

23吾輩は名無しである2011/10/28(金) 19:53:16.73
OKだと思う。
そういえば漱石の日記は意外と無味乾燥だった。

24吾輩は名無しである2012/09/29(土) 19:29:29.95
利口マン

25吾輩は名無しである2012/10/29(月) 11:54:00.25
 

26吾輩は名無しである2012/11/08(木) 20:58:54.43
利口マン

27吾輩は名無しである2013/01/04(金) 20:35:07.71
タイトルが悪いな
要旨はわかるが。

28吾輩は名無しである2013/01/04(金) 22:17:23.06
「文学」がゲシュタルト崩壊してきた

29吾輩は名無しである2014/05/09(金) 08:18:22.94

30吾輩は名無しである2015/03/22(日) 19:14:58.11
大阪府の島本町は「暴力とイジメの町」で
イジメで廃人になった子が何人もいるってホント?

31吾輩は名無しである2016/08/11(木) 21:50:43.08
フランソワーズサガンはダメかしら?

32吾輩は名無しである2016/09/21(水) 13:47:31.42ID:hFafdYxF
「サド侯爵の手紙」が100円で売ってたので買ってきた

33吾輩は名無しである2016/09/21(水) 17:43:09.47ID:B94corw4
風姿花伝いいよな

34吾輩は名無しである2016/09/22(木) 03:44:41.56ID:xHj9unvs
おもちゃのちゃちゃちゃ

35吾輩は名無しである2016/09/22(木) 06:14:03.07ID:AHkSjstl
武者小路実篤の絵いいよな
http://www.mushakoji.org/shop/goods.html

36吾輩は名無しである2017/05/07(日) 00:30:17.37ID:GH/woJ7p
樋口一葉「通俗書簡文」
後の研究者wからは「文学」との解釈も出てきているが
博文館からの依頼は紛れもない「実用書」であったはず

37吾輩は名無しである2018/01/23(火) 19:59:05.28ID:W07tOhUi

新着レスの表示
レスを投稿する