マイナーな傑作短編、教えてください

1吾輩は名無しである2012/03/19(月) 20:42:22.24
小説の真髄は短篇にあり。

味わい深い名品、どきりとする逸品、
古今東西を問わず、マイナーな傑作、待ってます。宜しく。

173吾輩は名無しである2016/06/26(日) 12:36:14.99
力をお借りしたいんですが、海外文学の短編で研究所に女が蛇を見物に来て、魅了されている女を見て教授(博士?)が不穏なものを感じ、女が帰っていくという短編を探しています。日本語の文庫になっています。よろしくお願いします。

174吾輩は名無しである2016/06/26(日) 18:33:53.02
>>173
それは多分J・D・ベリズフォードの『脱皮する女』じゃろう
創元か早川のアンソロジーに入ってたと思うからしらべてみな

175吾輩は名無しである2016/06/26(日) 19:32:44.57
>>174
調べてみます!ありがとう!

176吾輩は名無しである2016/06/28(火) 21:44:01.37
>>173
ジョン・スタインベックの「蛇」では?
早川書房編集部編という名義で実質都筑道夫編の『幻想と怪奇』にはいってる

177吾輩は名無しである2016/06/28(火) 22:22:44.56
>>176
ありがとうございます、どうやらスタインベックのようです。>>174さんもありがとう。女と蛇の作品ってけっこうあるモチーフで、なぜか長編に向かない雰囲気がありますね。助かりましたー

178吾輩は名無しである2016/06/29(水) 01:03:02.53
ヴィクトル・ペレーヴィンの倉庫12番の冒険と生涯

179吾輩は名無しである2016/06/30(木) 21:01:48.70
バルザック 砂漠の情熱
ゴーゴリ 外套
モーパッサン 脂肪の塊
ディケンズ 信号手
トルストイ イワンイリーチの死
ツルゲーネフ 初恋
魯迅 狂人日記
などなど

180吾輩は名無しである2016/06/30(木) 22:03:19.48
超有名な作品ばっかやん

181吾輩は名無しである2016/07/01(金) 20:25:43.72
アンドレーエフ 「赤い笑い」「吊るされた7人」など
英訳その他で読める
邦訳は白痴的産物

182吾輩は名無しである2016/07/01(金) 21:05:00.78
吉行淳之介『出口』
田中小実昌『ご臨終トトカルチョ』
色川武大『ひとり博打』

183吾輩は名無しである2016/08/04(木) 13:52:28.61
倉橋由美子の初期の短編は絶対挙げてくると思ったんだが・・・

184吾輩は名無しである2016/12/27(火) 23:11:27.34ID:VhL4bBJI
バリントン・J・ベイリー「知識の蜜蜂」

185吾輩は名無しである2017/01/25(水) 12:27:43.45ID:PExZfrto
アレックス・ハミルトン「屋根裏の暴走」
R・チェットウィンド=ヘイズ「創造主」

186吾輩は名無しである2017/01/28(土) 15:48:08.33ID:2hAEtHly
鴎外の追儺、花子、普請中

187吾輩は名無しである2017/01/29(日) 19:25:13.82ID:t5WFzzID
吉行淳之介『手毬』

188吾輩は名無しである2017/01/29(日) 19:52:56.30ID:s17pdiQy
「シグレ島叙景」 井伏鱒二

何十回読んでもなぜ登場人物達がこういう環境にいるのか
男女関係はどうなってるのか、まるで読み解けない

189吾輩は名無しである2017/01/29(日) 20:09:12.74ID:t5WFzzID
お、井伏ファンがいるんだな。

>男女関係はどうなってるのか

井伏作品にはそういうの多いのね。
「朽助のいる谷間」のハーフ美少女。
朽助と関係あんのかなー
とか思うおれは汚れてる?

190吾輩は名無しである2017/01/31(火) 18:52:55.70ID:lZPgUob5
ロバート・ウェストール「ビルが‘‘見た”もの」(原田勝訳『真夜中の電話』)

個人的には「アドルフ」も好きだけど、嫌いな人多そうで。
でも読んでみてほしい。

191吾輩は名無しである2017/01/31(火) 19:33:29.94ID:iJvH4AF7
森敦「アド・バルーン」
梅崎春生「蜆」
横光利一「無礼な街」

繰り返し読むたびに味が出てくる佳作かな

192吾輩は名無しである2017/01/31(火) 21:48:25.89ID:du+CBVht
芥川の羅生門と梶井の檸檬かな

193吾輩は名無しである2017/02/01(水) 08:28:44.75ID:H6Xt7+ZM
マイナーじゃないだろ。
>羅生門 檸檬

194吾輩は名無しである2017/02/01(水) 08:54:00.75ID:SVhagXac
ホセ・カルドラル「煉瓦の下」

195吾輩は名無しである2017/03/16(木) 21:25:12.13ID:G4nxedGH
フアン・ルルフォの作品がいい
ガルシア・マルケスの短編もいい
ナボコフの短編にもいいのがそろっている

196学術 サイト主2017/03/16(木) 21:27:35.64ID:mR7Ef55c
迷路の中で。アランロブグリエ。

197学術2017/03/16(木) 21:28:33.93ID:mR7Ef55c
地獄変とか羅生門とかどん詰まりで狭い小さい自慢話じゃないの。
人に嫌われ男がたまってる。

198吾輩は名無しである2017/03/29(水) 00:57:46.51ID:rYp+AWjE
深沢七郎「楢山節考」

はメジャーか……

199吾輩は名無しである2017/03/29(水) 22:40:25.73ID:iEk0n/oB
コルタサル「正午の島」

200吾輩は名無しである2017/03/29(水) 23:50:02.34ID:lGf6YDdL
斎藤緑雨 「花衣錦褄袖」

201吾輩は名無しである2017/04/01(土) 16:44:44.37ID:UKLOVwCc
とりあえずアドレスを貼るのみで、当スレからは立ち去りますが、
たとえ暇つぶしででも、
もし興味ある方は読まれて下さい。

『救済的真理の伝達・証明』
《神・転生の存在の科学的証明》
http://message21.web.fc2.com/index.htm

  

202吾輩は名無しである2017/06/26(月) 22:07:51.83ID:fhRAlRsh
ミシェ・フォーンバッハ「街燈」

203吾輩は名無しである2017/06/26(月) 23:24:50.54ID:8YT6KMT+
こういうのいいな。

204吾輩は名無しである2017/06/30(金) 23:12:58.41ID:NypMf7fL
ペンルイス「天使の通り道」

205吾輩は名無しである2017/07/01(土) 17:19:19.22ID:xam2S5+s
O・ヘンリー「平安の衣」(´・ω・`)

206吾輩は名無しである2017/07/02(日) 00:18:27.08ID:gQKlBRlF
オルスタング「黄色い空」

207吾輩は名無しである2017/12/25(月) 01:02:56.75ID:E/ssP5X4
武家屋敷に仕える下女に夜這いしようと、主人が彼女の部屋に忍び込んでみたら、首が無い。
強盗に首を斬られたのかと、切断面をまさぐってみたら傷も出血も無い。
「ははぁ、この女はろくろ首だったのか」
(小泉八雲の怪談にある、抜けた首が飛び回るタイプのろくろ首です)。
主人は委細かまわず、首なし女をレイプする。

↑こういう短編を何処かで読んだのですが、作者もタイトルも失念しました。
ご存じのかた、ご教示を願います。

208吾輩は名無しである2018/03/01(木) 06:28:15.24ID:BuIC6zkV
安部公房「変形の記録」

209吾輩は名無しである2018/03/01(木) 10:57:12.61ID:ven8Lf4l
フォン・スターンバッハ「地下二階」

210吾輩は名無しである2018/03/01(木) 12:33:37.87ID:J/EVHN/9
>>207
現代が舞台だけど、倉橋由美子の「首の飛ぶ女」が胴体だけの女と寝る話

211吾輩は名無しである2018/03/03(土) 22:58:42.05ID:tC/koEeE
マルセル・ベアリュ『諸世紀の伝説』
マラマッド『夏の読書』

212吾輩は名無しである2018/03/04(日) 04:00:30.25ID:+v/fMnGE
ロバート・ウェストール「ビルが見たもの」

213DJ学術 2018/03/04(日) 12:19:08.47ID:AkFIUr1X
https://www.amazon.co.jp/フランス革命の文学-文庫クセジュ-ベアトリス-ディディエ/dp/4560057168/ref=la_B004LQ9ZCS_1_2?s=books&ie=UTF8&qid=1520133340&sr=1-2

214吾輩は名無しである2018/05/11(金) 15:39:46.06ID:/RafG62o
チェーホフの「いたずら」

たぶん全集とかにしか入ってない5ページくらいの作品。
初恋の予感に戸惑う少女の話。

215吾輩は名無しである2018/05/11(金) 17:24:38.37ID:wUxriDa9
椿實「黒いエメラルド」

216DJgensei artchive gemmar2018/05/12(土) 20:26:37.32ID:OP1oLBhk
乾いた魔女 バイアット

217DJgensei artchive gemmar2018/05/12(土) 20:27:13.50ID:OP1oLBhk
最後のところが不完全であって点数にならないのはわかるが。

218吾輩は名無しである2018/05/13(日) 16:35:51.79ID:E1uImx6U

219吾輩は名無しである2018/05/19(土) 22:41:43.73ID:6XSk1+HM
左川ちか詩集「季節のモノクル」

220吾輩は名無しである2018/05/27(日) 01:36:18.07ID:LlN3QY4h
椰月美智子の、夏休みに少年が沖縄で遊ぶやつ

児童文学読むならかなりおすすめ
何かのアンソロジーだけどwiki見ても書いてないから何に入ってたかはわからん

221吾輩は名無しである2018/06/01(金) 21:54:30.07ID:fLQlq/gp
エヘンバウム「モスクワの春」

222吾輩は名無しである2018/06/07(木) 16:19:21.08ID:41RDfFL8
織田作之助「競馬」

223吾輩は名無しである2018/06/08(金) 17:33:59.19ID:MTRgGOzh
俺の書いた作品

新着レスの表示
レスを投稿する