安部公房COMPLETE WORKS 018 [転載禁止]©2ch.net

1吾輩は名無しである2015/02/21(土) 10:04:09.90
【作家紹介】安部公房(1924〜1993)
東京生れ。東大医学部卒。1951(昭和26)年、「壁」で芥川賞受賞。
'62年発表の『砂の女』が読売文学賞受賞、フランスの最優秀外国文学賞を受けた他、
戯曲「友達」の谷崎潤一郎賞、『緑色のストッキング』の読売文学賞等、受賞多数。
'73年より演劇集団「安部公房スタジオ」結成、独自の演劇活動を展開。
'77年には米国科学技術アカデミー名誉会員に推され、海外での評価も極めて高く、
急逝が惜しまれる。                 (参考・新潮文庫カバー裏)

【総本山】
http://www.shinchosha.co.jp/zenshu/abe_kobo/

前スレ:
安部公房COMPLETE WORKS 017
http://peace.2ch.net/test/read.cgi/book/1356196352/

2吾輩は名無しである2015/02/21(土) 10:05:32.94
\(*~>o<)/☆あべこ――――――――――――――――――――――――――――――――――っ!☆!☆!☆!☆!☆

3吾輩は名無しである2015/02/21(土) 12:27:34.44
方舟さくら丸のハードカバー760円は買いか?わりと可愛らしい布張りの本だった

4吾輩は名無しである2015/02/21(土) 12:28:32.37
センキュー!

5吾輩は名無しである2015/02/21(土) 12:29:35.78
カフカの審判読んだヤツいるか?

6吾輩は名無しである2015/02/21(土) 19:24:56.81
>>5
うん

7吾輩は名無しである2015/02/21(土) 20:46:04.74
>>5
うん

8吾輩は名無しである2015/02/22(日) 03:05:11.84
>>5
読んだし。映画も観た。

9吾輩は名無しである2015/02/22(日) 20:14:58.23
映画は城じゃなかったっけ!

10吾輩は名無しである2015/02/22(日) 21:03:01.17
審判(1963)

フランツ・カフカの幻視的文学『審判』の映画化。
一九六一年、プロデューサー、アレクサンドル・サルキンドを口説いてそのドラマ化に意見の一致を見た「市民ケーン」のオーソン・ウェルズが監督した裁判心理劇。
アントワーヌ・チュダルと協力を得てオーソン・ウェルズ自身が脚色、エドモン・リシャールが撮影を、ジャン・ルドリュが音楽を担当した。
出演者は、「サイコ」のアンソニー・パーキンス、「エヴァの匂い」のジャンヌ・モロー、「ボッカチオ'70」のロミー・シュナイダー、「ハタリ!」のエルザ・マルティネッリ、
他に、オーソン・ウェルズ、マドレーヌ・ロバンソン、シュザンヌ・フロン、フェルナン・ルドウほか。

http://movie.walkerplus.com/mv13226/


ちなみに、VHS・DVD・BD それぞれで出てるよ。

11吾輩は名無しである2015/02/22(日) 21:04:44.25
知らんかった
すまん!

12吾輩は名無しである2015/02/26(木) 12:34:55.53
>>1
お? 乙だね♪

13吾輩は名無しである2015/02/26(木) 15:38:56.37
>>5
うん

14吾輩は名無しである2015/02/26(木) 16:57:07.50
こ♪

15吾輩は名無しである2015/03/23(月) 17:12:30.63
緑色のストッキングは、
小説になったらさぞ描写がエロくなったであろう。残念。

16吾輩は名無しである2015/03/26(木) 00:06:25.95
他人の顔は名作だぬ

17吾輩は名無しである2015/03/26(木) 01:57:32.15
>>15
オヤジが緑のストキンはくとこなんざ見たくねー

18吾輩は名無しである2015/03/26(木) 01:59:46.42
「砂漠の思想」で気になって『目には目を』見た
なんかよくわからぬ変な話
あの復習の仕方は偏執的で異常だろ

19吾輩は名無しである2015/03/26(木) 11:39:25.30
そのかわり予習はさらりと

20吾輩は名無しである2015/03/26(木) 17:43:58.87
プッw

21吾輩は名無しである2015/03/27(金) 17:26:39.98
あべこーっ

22吾輩は名無しである2015/03/27(金) 22:33:46.51

23吾輩は名無しである2015/04/01(水) 08:02:25.63
糸冬 了

24吾輩は名無しである2015/04/01(水) 22:00:59.83
盛り上がりにかけるねぇ。

25吾輩は名無しである2015/04/01(水) 23:01:50.76
そろそろクローンが新作を発表しそうな予感

26吾輩は名無しである2015/04/01(水) 23:11:07.66
文学の最先端から30年は遅れてる日本文壇に新風を吹き込めるのは安部公房のクローンだ!

27吾輩は名無しである2015/04/02(木) 00:06:12.55
と思い、安部チルドレンでもある小生が新潮に作品を送ってみた訳だ。
まだまだ未熟である上、やっぱり公房イズムは凄い!と再認識。

28まんこ2015/04/04(土) 19:23:33.07
(*゚∀゚)ノ♪おまんこ

29吾輩は名無しである2015/04/04(土) 20:10:23.58
へんたい!

30まんこ2015/04/04(土) 20:49:23.55
たいへんな へんたいだ

31吾輩は名無しである2015/04/04(土) 21:51:42.95
>>30
逆さから読んでも……あれ、違うな

32おちんぽ2015/04/05(日) 06:52:31.85
はあ、人生っていったい……

33吾輩は名無しである2015/04/08(水) 13:13:33.90
「たい」「へん」な「へん」「たい」

34吾輩は名無しである2015/04/11(土) 00:58:35.97
安部公房はアバンギャルドだよ
いつの時代が来ても新しいよ

35まんこ2015/04/11(土) 20:28:04.73
アベコーは 素晴らしい





糸冬 了

36吾輩は名無しである2015/04/13(月) 06:37:39.92
アバンストラッシュだよ。

37吾輩は名無しである2015/04/14(火) 03:16:04.18
>>10
いま見た
内容は???だったが…シリアスなようで滑稽な面白さがあるね
パーキンスは素敵な役者さんだね♪

38吾輩は名無しである2015/04/16(木) 20:12:38.50
今はホラー映画(オーメンとか古典の)にハマってます
おもすろい♪

39吾輩は名無しである2015/04/18(土) 08:17:32.56
安倍がもうすこし長生きしていたら、ノーベル賞も貰えただろうし、そうすれば
大江にいくこともなかったのに・・・

40吾輩は名無しである2015/04/18(土) 11:24:13.87
>>39
そんなもんいらないと思うが
本人はほしかったかも

41吾輩は名無しである2015/04/18(土) 18:38:53.88
>>39
安部が生きていたとしても大江がもらって何らおかしくない
大江は普通に有力視されていたし
実際にノーベル賞を受けるに足るスケールを持った作家

42吾輩は名無しである2015/04/18(土) 23:32:21.03
すくなくとももらった当時は、安部公房が死んだだからもらえたんだってのが大方の見方だったし、
大江もそう言ったよ。ヨーロッパでの知名度からして、安部生前に、大江の方が先にもらうという予想はまずなかった。

43吾輩は名無しである2015/04/19(日) 02:05:11.52
大江は大江で受賞に価する作家だよ
読みもしないで批判する奴が異様に多いが

44吾輩は名無しである2015/04/19(日) 08:13:16.40
>>42
大江がそういったのはその通り事実、それは謙遜もあるでしょう
実際安部に限らず井伏、大岡なんかも挙げていたでしょう
ただガリマールで仏訳がでている国際的作家として作家タニザキ・ミシマ・オーエなどというという言い方が当時あって
大江がもらうという予想も普通にあった
左翼叩きみたいな文脈で事実を捻じ曲げる奴とそれそ鵜呑みにする奴がいて事実に反することが2chで流布している

45吾輩は名無しである2015/04/19(日) 09:17:29.35
>>44
安部公房が死んだときにまだ生まれてなかったか未成年だったでしょ

46吾輩は名無しである2015/04/19(日) 10:27:52.24
大学生だったよ
そういえば、小谷野が江藤淳とからめた大江の伝記を最近上梓していて
その中で、受賞の場合にそなえて大江の自宅前に報道陣が待機していたら大江がでてきて「私でない、ゴーディマだ」といったという逸話が載っていた
ここから言えるのは二点

・安部存命の90年代初頭に大江が受賞するのではないかという見込み、予想が一般にあったということ
(これは当時を知っていれば事実そうだったとわかるよね)
・どういうつてか大江がノーベル賞の情報をマスコミより早く手にするルートを持っていたということ

こういう話をすると「大江の受賞は運動の結果に過ぎない」とかいう人がまた出てくるわけだけど
それは作品をきちんと読んでいれば別にそうでない、ノーベル賞に値する実質があるのは自明なのでね

47422015/04/19(日) 10:49:39.65
なにをこだわってるのかと思って見直したら、>>39に反論してたのかと。
自分は>>39ではないし、流れをよく読んでなかったのは申し訳ない。
自分は大江がもらうに値しないとは思ってないし作家としてどっちが上かという論法には興味がない。
ただあくまで賞レースとしてみたとき、大江が候補なのは知られていたが、安倍より有力だったことはない、それこそ年齢面まで含めて。

48吾輩は名無しである2015/04/19(日) 12:37:13.70
受賞してるのに、安部より有力だったことはないって断言するのもどうかと思うんだが

49吾輩は名無しである2015/04/19(日) 16:37:53.53
ノーベルさんも生きてたら安部化学賞貰えたのにね。

50吾輩は名無しである2015/04/19(日) 19:02:00.81
何にしろアベコーは素晴らしい

51吾輩は名無しである2015/04/20(月) 21:53:11.18
流れをぶった切って申し訳ないんですが
「芸術とは本来寝ながら鑑賞するようなものであるべきで、
レコードの誕生で音楽に関してはそれが実現されつつあるが、
絵画に関しては一向にそれが進まない」
みたいな旨の発言を安部公房が何かの機会に(文章なのか映像なのかは失念)していた記憶があるのですが
どなたか心当たりありませんか?

52吾輩は名無しである2015/04/20(月) 22:14:03.10
>>51
見たことあるな・・・・「笑う月」の中だったかな?

無人島に絵画を持っていきますか?
オリジナルの価値

みたいな話を聞き手がいて対談? っぽいやつ

53吾輩は名無しである2015/04/21(火) 00:26:16.29
俺も気に成っていま 笑い月 と 内なる変 ざっと見返したけど分からんかった
砂漠思想 のどっかかも
それかキーンさんとの対談か?

54吾輩は名無しである2015/04/21(火) 01:10:06.85
ありがとうございます。こんなに迅速な反応がいただけるとは思いもしませんでした。
「無人島」というキーワードにピンときまして、書斎を探し回ってみたところ
『死に急ぐ鯨たち』の「核シェルターの中の展覧会」
という対談(聞き手は芸術新潮編集部)の初版本では230ページに件の文句がありました。
どうもありがとうございました!!

55吾輩は名無しである2015/04/21(火) 02:15:31.76
なんだ鯨かよ、振り回されちまったぜよ
何にせよアベコーは素敵だ創造と真実へのヒントに満ちている

56吾輩は名無しである2015/04/21(火) 18:02:25.52
>>51
「死に急ぐ鯨たち」の中で見たよ。

57吾輩は名無しである2015/04/21(火) 20:00:06.38
他人の顏の結論て顏の醜い奴は犯罪に走るか自殺しかないって解釈でいいの?

58吾輩は名無しである2015/04/21(火) 20:46:29.89
そう思ったんならそれで良いんですよ。
何にせよアベコーは素敵だ創造と真実へのヒントに満ちている

59吾輩は名無しである2015/04/21(火) 20:50:17.15
>>57
現実世界それに近い状況だけどね
よっぽど何か才能ないと顔が醜いだけでハードモード超えたインフェルノモードなのは間違いない

60吾輩は名無しである2015/04/21(火) 21:20:36.99
>>59
TVの取材で本人もそう言ってましたね
>>60
秋葉原の加藤なんかはそれに当たるんですかね

でも救いがなく冷酷な面も安部のよさなのかな

61吾輩は名無しである2015/04/21(火) 21:49:01.19
>>60
>救いがなく冷酷な面も安部のよさなのかな

そう言えば
びっこの身障者を好奇のぎらぎらした目で追う少年の描写とか
「弱者へのまなざしには殺意がこめられている」みたいな記述とか。
腐った像(醜いものの比喩)が現われているのに何もいないかのようにふるまう人々、等々
欺瞞を嫌ったんだろうけど容赦ないw

62吾輩は名無しである2015/04/21(火) 22:04:11.70
医学的な即物性があるんだと思う

63吾輩は名無しである2015/04/21(火) 22:11:42.29
博物学的な眼差し、論理的な思考能力、そして性倒錯
手塚治虫と近いものを感じるのは俺だけ?

64612015/04/21(火) 22:15:53.83
>>61
>「弱者への愛・・  だった

65吾輩は名無しである2015/04/21(火) 22:20:18.73
>>63
手塚に近いかは分からないけど理系特有の思考があるね
作品の中で実験をやっているというか

66吾輩は名無しである2015/04/22(水) 03:38:32.97
と、読者が思うだろうなって、

さらに一歩引いたところから書いてる感じがする。

67吾輩は名無しである2015/04/22(水) 15:54:57.45
何にせよアベコーは素敵だ創造と真実へのヒントに満ちている

68吾輩は名無しである2015/04/26(日) 10:14:04.05
窓の外を見たら
人が飛んでたよ

69吾輩は名無しである2015/04/26(日) 17:48:37.65
目撃者は三人いるはず。

70吾輩は名無しである2015/04/26(日) 18:06:43.93
カーブの向こうに行くのを俺はためらったよ

71吾輩は名無しである2015/04/26(日) 18:52:18.76
ネズミ取りしてるからな

72吾輩は名無しである2015/04/26(日) 19:16:54.20
いえ、幽霊さんが行くなと言うもんで

73吾輩は名無しである2015/04/30(木) 06:14:43.17
あーセックスしてー

74吾輩は名無しである2015/04/30(木) 11:16:30.60
こぼあーべー

75吾輩は名無しである2015/04/30(木) 13:13:07.13
あー腹上死してー

76吾輩は名無しである2015/04/30(木) 18:57:43.41
あーふりんしてー でしたー きもちー

77吾輩は名無しである2015/05/01(金) 01:05:05.98
↑おい!浦山

78吾輩は名無しである2015/05/02(土) 15:33:54.94
腹上死ってソースは無いよな

79吾輩は名無しである2015/05/02(土) 16:59:17.57
フジツボ

80吾輩は名無しである2015/05/07(木) 00:08:50.00
砂の女での筆力はすごい
本から砂が溢れてくるようだ

81吾輩は名無しである2015/05/07(木) 10:01:47.87
春先の風の強い日なんかホントに砂が溢れてたぞ

82吾輩は名無しである2015/05/10(日) 02:30:35.75
「黄砂の女」

83吾輩は名無しである2015/06/01(月) 13:46:43.67
過疎ってる箱ね

84吾輩は名無しである2015/06/01(月) 16:08:42.90
そんなこと無い箱よ。

85吾輩は名無しである2015/06/01(月) 17:35:15.32
密会読んでる

86吾輩は名無しである2015/06/01(月) 18:28:06.78
他人の顔
の圧倒的な重圧感が凄かった・・。

87吾輩は名無しである2015/06/01(月) 21:13:30.93
戦争で怪我をした兵士の中で顔に重篤な怪我を負った者の自殺率が高い。

本当なのかねぇ。

88吾輩は名無しである2015/06/02(火) 16:35:24.45
箱男は一年に何回か読みたくなる時期がある

89吾輩は名無しである2015/06/02(火) 22:31:14.21
\(*~>o<)/☆おめこ――――――――――――――――――――――――――――――――――っ!☆!☆!☆!☆!☆

90吾輩は名無しである2015/06/08(月) 10:36:32.66
読んでなかった「天使」読んだが、
おもしろくなかったな。飛ぶ男の続きが見たかったぜよ。

91吾輩は名無しである2015/06/08(月) 14:50:49.35
密会はおもしろくないから投げ出した

92吾輩は名無しである2015/06/08(月) 15:25:35.79
「密会」がつまらないんじゃ、面白い作品無いだろw

「箱男」がつまらないなら分かる気もするが

93吾輩は名無しである2015/06/08(月) 16:12:08.91
密会のラストはレクイエム・フォー・ドリームラストの雰囲気に似ている。

94吾輩は名無しである2015/06/08(月) 20:10:20.74
密会は最高だろ
あれが面白くないなら何が面白いんだよ!
どうせ砂の女と第四間氷期くらいしか読んでないんだろ?え?

95吾輩は名無しである2015/06/08(月) 21:24:31.12
砂の女はどうでもいいけど、
第四間氷期はおもしろいだろ!

96吾輩は名無しである2015/06/08(月) 22:24:03.76
>>92
>「箱男」がつまらないなら分かる気もするが
ご冗談を

97吾輩は名無しである2015/06/08(月) 23:01:47.21
アベコーボーでつまんない作品なんて思いつかねーよ

98吾輩は名無しである2015/06/09(火) 00:40:37.50
確かにほぼ全て面白いな
そして毒性が強い

99吾輩は名無しである2015/06/10(水) 23:22:42.70
俺は初期の大陸臭の強い作品が苦手だ
というよりも箱男を読んだ時の衝撃がヤバ過ぎたといった方が正確か

100吾輩は名無しである2015/06/17(水) 20:27:35.59
おわりしみちのしるべに だっけ 
あれは必死で読み終わって疲労感だけだった おれには無理

新着レスの表示
レスを投稿する