最近の小説って下品な言葉使うの多くない? [無断転載禁止]©2ch.net

1吾輩は名無しである2016/01/20(水) 20:40:40.95
西村賢太も羽田圭介も又吉直樹も下ネタ混じりの俗語使いすぎて、とても芸術性を感じなかったんだが

34吾輩は名無しである2016/01/24(日) 07:40:58.47
ふざけるな!

35吾輩は名無しである2016/01/24(日) 08:19:53.51
日本人は今だに飲み会で露骨な下ネタ言い合って盛り上がる事が真のコミュニケーションだと思っているふしがあるからなあ

36吾輩は名無しである2016/01/24(日) 09:37:21.52
何かを解放してるつもりなんだろな

37吾輩は名無しである2016/01/25(月) 07:15:45.12
力量不足なのか筆者と語り手・登場人物を異化出来てないよな
その3人もそうだけど下品な言葉使う奴はだいたいそういうことにコンプレックス抱えてそうな人ばかり

38吾輩は名無しである2016/01/29(金) 21:08:54.04
新堂冬樹の黒新堂と呼ばれている本に比べたら、そのへんの本はみんな下品とは言わない。

39吾輩は名無しである2016/01/29(金) 21:15:50.32
悪い人が読んでるやつでしょ

40吾輩は名無しである2016/01/29(金) 22:06:17.57
ふざけるな!

41吾輩は名無しである2016/01/29(金) 22:29:27.30
すみません(>_<)

42吾輩は名無しである2016/02/02(火) 05:46:45.52
小林昭人さんのATZは素晴らしいです

43吾輩は名無しである2016/02/18(木) 14:46:06.33
人間の下品な部分を描いてこそ文学や!

44吾輩は名無しである2016/03/27(日) 00:42:59.00
とくに女流、デリカシーを破壊すれば文学になる、
あけっぴろげてしまえば文学になると思っていそうでそういうのは嫌い

私生活を書いていれば文学になるのではない
私生活を文学的に再解釈したものが文学になる 気がする

45吾輩は名無しである2016/03/27(日) 10:10:53.62
デリカシーデストロイは自称こじらせのサブカル女にいる
オタク傾向のある女はだいたいそんな感じだからいやです
文学にはいらない

46吾輩は名無しである2016/03/27(日) 10:18:43.84
センスがあれは武器になるんだろうけど、センスがない人がやってもデリカシーの逆張りをする事が目的化するだけで、クソつまらないどころか有害だというのは同意。

47吾輩は名無しである2016/03/27(日) 14:58:45.69
俗語ってその時期の世間に文脈依存しすぎじゃない?使いすぎてるとそれでなんか内容が無く見える

48吾輩は名無しである2016/03/27(日) 15:42:33.07
今でいうと例えばどんな言葉ですか?

49吾輩は名無しである2016/04/27(水) 03:14:10.81
いわゆるヘイトスピーチみたいな言葉かな

50P ◆.uKag/vUmY 2016/04/27(水) 07:56:10.18
「ヘイトスピーチ」は下品だからダメなわけじゃないよ。

51吾輩は名無しである2016/04/27(水) 10:46:24.87
>>1
そもそも読んでないから判断できない。上でも書いてるようだか「下品な言葉」の意味が分からんね。

52吾輩は名無しである2016/05/03(火) 01:56:27.38
小説ではないけどラスカルにしおさんは下品な言葉遣いをする事が多い
しかしその内容はなかなか秀逸なのだった・・・。

53吾輩は名無しである2016/05/03(火) 04:44:47.52
鉄棒

54吾輩は名無しである2016/05/07(土) 09:09:14.93
昔から品のない言葉遣いは散見した
ただ、それは、自己主張から来るものであって、敵(相手)を打ちのめすに必要だからだったわけで、
つまりはそこには自己の思想の裏づけがあったわけである

今の作家の下品さには思想もなければ敵も存在しない
だから、ただの下品でしかない
誰も共感しないし、悪い印象しか残らない

どうしてそういう現在の作家が持て囃されるかというと
売り上げ、出版社の儲け
メディアと出版社がつるんで一大キャンペーン張っているだけ

蛇足 現在、文壇では論争というものがほぼ絶えた感があるが、イデオロギー思想に関してだけは
   奇妙なことに昔も今も論争、敵視、の種である
   要するに政治に絡めば敵を作って激しく攻撃するが、文学内での純粋な敵は滅んだということ
   文学が貧困になった証かもしれない

55吾輩は名無しである2016/05/11(水) 11:37:14.58
>>54
>蛇足 現在、文壇では・・・

未だ文壇って村、あるのかい?

56吾輩は名無しである2016/05/12(木) 21:29:54.93
文学とは究極は「性欲」だ!!

って思い込みが蔓延してる気がする
恋愛や性的なものを除外した憎しみの文学が少ない

57吾輩は名無しである2016/05/22(日) 11:23:41.08
>>1
下品な言葉? 残念ながら当方は最近の小説は読んでないから分からない。

58吾輩は名無しである2016/05/22(日) 13:55:07.77
お下品な内容でもスタイリッシュに書けば少しはお上品に見えるのかな

59吾輩は名無しである2016/05/22(日) 14:00:51.94
下品な言葉ってなんだよ
中上健次読んでも同じ事を言えんの?

60吾輩は名無しである2016/05/22(日) 14:05:38.88
>>54
>ただ、それは、自己主張から来るものであって、敵(相手)を打ちのめすに必要だからだったわけで、
>つまりはそこには自己の思想の裏づけがあったわけである

小林多喜二は意図的に下卑た表現を使ったかもしれないが
太宰治や織田作之助にそういう意図はなく
しかし、文章家の志賀直哉は小林を「好きであった」と評価し
織田や太宰の作品を「下品である」「気持ち悪い」「おかしな言葉遣い」と酷評している。

61P ◆.uKag/vUmY 2016/05/29(日) 22:38:13.40
>>56
そこでベルンハルトですよ。

62P ◆.uKag/vUmY 2016/05/29(日) 22:41:01.91
まあ、僕は蓮實重彦の「伯爵夫人」がセクシャルなものを目指しているとは思わないけど。

>>59
「千年の愉楽」を読むべきだよね

63吾輩は名無しである2016/05/29(日) 23:01:03.08
(^o^)v

64P ◆.uKag/vUmY 2016/05/29(日) 23:18:35.11
σ(^_^;)

65吾輩は名無しである2016/06/03(金) 17:59:00.42
「オイレイは朝六時に目が覚めた。(…)自分でもびっくりするほどの爆音を次々にとどろかせた。
ここティポタ国ではプープーと呼ばれる音だ。今回のは、エンジンをかけた直後のオートバイのような断続音だった。
毎度のことだが自分のおならには驚かされる。しかも、あいかわらず臭い。」

おしりに口づけを
エペリ ハウオファ (著), Epeli Hau`ofa (原著), 村上 清敏 (翻訳), 山本 卓 (翻訳)
出版社: 岩波書店 (2006/9/30)

66P ◆.uKag/vUmY 2016/06/08(水) 22:32:07.29
最果タヒが作中で頻繁に「死ね」って言葉を使う事については別に何とも思わない。この人の感性は徹頭徹尾まったく好きになれないけど、別にそれはどうでもいい。

67吾輩は名無しである2016/06/13(月) 23:51:19.63
>>1
言いたいことは分かる

検閲に引っかからないように下品さをうまく上品に表してるような
作家の苦悩がにじみ出る言葉づかいを見るとワクワクする

68吾輩は名無しである2016/06/28(火) 13:34:58.92
下ネタを乱発する作家はチョン

69吾輩は名無しである2016/06/29(水) 09:53:28.29
>>48
ビッチとかじゃない?

70吾輩は名無しである2016/07/12(火) 02:47:28.52
別にあってもいいけどお下品なこと言ってやったぜ満足♪みたいなのはあかん

71吾輩は名無しである2017/03/20(月) 12:58:09.37ID:BGj3JBPt
>>15
表現なんてどうでもいいだろと思ったが、
Fカップの巨乳なんて言葉が出てくる小説を読んでるやつがいるのがオドロキ
作家よりも読んでるやつの選択がまずいのでは

72吾輩は名無しである2017/03/20(月) 16:41:46.41ID:8O0e/f6z
>>71
同感

73吾輩は名無しである2017/04/26(水) 12:57:14.77ID:9tl/mpIc
いじめを許さない社会にしようぜ!!!!
       ↓
上松煌(うえまつあきら) 作
★「九月の葬奏」(1作目「友だちを〜」と共に、作者の出生の本懐です)★
https://slib.net/71188

『作品紹介から』
 初作の『友だちを殺した』と共に、作者の出生の本懐といえるものです。
世間を震撼させた「多摩川・中学生虐殺事件」に衝撃を受け、日本社会に警鐘を鳴らし
たくて書きました。
時間のないかたは、後半〜末尾にかけての主人公の「独白」をごらんください。
社会のあり方、人間の人間たる倫理正義・矜持襟度・慈悲情愛の大切さを、死をもって
訴える場面です。 問題提起の性格上、過激・苛烈な表現があります。 2015年。
作順では5番目。

プロフィール ←作品けっこう意識高いぜ。命は大事にしろ。
http://slib.net/a/21610/

社会が傍観者ばかりになったら、コワイでぇ!

74吾輩は名無しである2017/04/26(水) 14:51:57.95ID:ywiYUA0L
下品という言葉は新堂冬樹あたりの小説を読んでから言ってもらいたい。

75学術2017/04/26(水) 15:59:11.65ID:VoROm5lS
詩小説 というか 詩と小説の境界があいまいになってきているからだろうな。

76吾輩は名無しである2017/04/28(金) 15:25:54.09ID:LAyqbNQU
今どき小説読みを高尚な趣味だと思ってる方が下品だよ
現実に対して受け身な状況はヤンキーとなんら変わらないくせに問題から距離取ってスノッブ気取りなんだから
大体匿名掲示板で下と比べたら自分は上だなんてやってる時点で田舎の報われないインテリ気取りなのがよくわかる

高尚な趣味でインテリを上だと思っているからこそ
下品な小説はインテリの欺瞞がバレて啓蒙しづらい時代に出版を維持するための戦略的退化だって意見が出せないんだ
いい加減自分こそが無価値だってところから人生やり直せ

77吾輩は名無しである2017/04/29(土) 14:02:56.28ID:LXmSFx2k
>>76
高尚な趣味って何ですか?

78吾輩は名無しである2017/04/29(土) 14:38:51.52ID:F1LcMGlD
バンジージャンプとかでしょ

79吾輩は名無しである2017/04/29(土) 16:09:31.50ID:rtGharve
>>77
素朴な疑問を装って個人的な具体例を挙げたら破壊しようって意志が丸見えだよ
お客様は神様だろ!じゃないけど、支配のために謙遜を信念だとわざと勘違いしたりするやつって分かるもんだよ
俺が思う高尚な趣味は、完璧なものがないと知りながら、わざと知らないふりしてそういう質問をしないことかな
読書は高尚な趣味じゃないってのはお前みたいな人間が趣味にしてる読書のことかもね

80吾輩は名無しである2017/05/09(火) 15:52:51.29ID:DXZMhpUm
お下劣探偵

殺人現場には刑務所から連れて来られた囚人。囚人は探偵だという。
事件現場では下着漁りや付き合った人数とかお下劣なことしかしない。
探偵なのに推理も何もしない。推理みたいに高尚なことは上に任せておけばいい。
超越的な嗅覚で事件の解決に導く。

81学術2017/05/10(水) 08:23:44.22ID:XZAVFFsG
文学と小説は違います。定義は今度説明します。時間があったらね。

82学術2017/05/10(水) 10:06:52.92ID:XZAVFFsG
小説はどちらかというと一つのテーマ、一つの説に絞って描かれたり読み手に受け取らせたり
するものじゃないのかな。

文学は・・・・・・。結論が早いところでは詳しい人もいるかもしれないけど、
まだわからないから、みんな続けているんだろうな。たまにでも。

83学術2017/05/10(水) 11:44:13.92ID:XZAVFFsG
食にも詳しい文学者なんてたくさんいるだろうけど、
今日の飯は質素にうどん。夜は寿司だなあ。
しいていうとプルコギピザが食いたい。

84吾輩は名無しである2018/01/23(火) 20:19:45.94ID:W07tOhUi

新着レスの表示
レスを投稿する