ラテンアメリカ文学総合スレッド 8 [無断転載禁止]©2ch.net

1吾輩は名無しである2017/04/28(金) 09:00:06.03ID:clZjHZJR
ラテンアメリカ文学総合スレッド 6
http://peace.2ch.net/test/read.cgi/book/1363665368/
ラテンアメリカ文学総合スレッド 5
http://toro.2ch.net/test/read.cgi/book/1334338293/
ラテンアメリカ文学総合スレッド 4
http://toro.2ch.net/test/read.cgi/book/1301657546/
ラテンアメリカ文学総合スレッド 3
http://kamome.2ch.net/test/read.cgi/book/1284024433/
ラテンアメリカ文学総合スレッド 2
http://kamome.2ch.net/test/read.cgi/book/1146981894/
ラテンアメリカ文学
http://book3.2ch.net/test/read.cgi/book/1046131855/
※前スレ
ラテンアメリカ文学総合スレッド 7
http://echo.2ch.net/test/read.cgi/book/1437888526/

2吾輩は名無しである2017/04/28(金) 09:43:18.22ID:Ne9a9Ip1
どこがどうだめなのか いってないあkら なんでかなー 

3吾輩は名無しである2017/04/28(金) 17:22:47.62ID:rdWq0dH0
>>1
乙です

4吾輩は名無しである2017/04/28(金) 23:48:36.93ID:rlCiJn1+
>>1素敵な人やなあ

5吾輩は名無しである2017/05/03(水) 15:54:56.62ID:hDHmBD7P
楽園への道 (河出文庫 ハ 9-1)
マリオ・バルガス=リョサ (著), 田村 さと子 (翻訳)
出版社: 河出書房新社 (2017/5/8)

6吾輩は名無しである2017/05/05(金) 00:35:02.42ID:n4Y3hVdp
ギラマエス・ローザ何ていい作品だ

7吾輩は名無しである2017/05/07(日) 00:37:08.90ID:1wSo7CTx
集英社文庫のラテアメ集買ったなあ

8吾輩は名無しである2017/05/08(月) 22:16:23.83ID:/sRN72Us
リョサの『楽園への道』の文庫ついに出たな。
賛否ある作品だが読書離れの昨今文庫化は喜ばしい事。

9吾輩は名無しである2017/05/08(月) 22:24:16.25ID:CtVpRCXz
まんこまんこまんこ

10吾輩は名無しである2017/05/11(木) 21:48:26.43ID:sxM7iD2v
リョサまだ生きてんのか

11吾輩は名無しである2017/06/02(金) 19:22:52.43ID:qDB5yHbv
リョサの自伝読んだか

12学術2017/06/03(土) 09:30:14.19ID:jcTkU516
ダンテも手に入っているかよくわからないけど、神(カミ)曲でもつむいでいれば

読まんでも経験できるよな。煉獄まで。ふつうは。

13吾輩は名無しである2017/06/08(木) 02:31:48.35ID:hkLGpK0B
ボルヘス対話集なかなか面白かった
心のオセロの色がバーと変わるような発言があった
ユリシーズは登場人物のまわりのことはたくさん知れるけどその人物については全然わからない
イリアスは嫌いだけど崇高な点が二つあってアキレウスは城に入らないのに戦うことと負けると知ってて戦う人々の存在
近所の図書館古めの本も開架で読めるからこんな出会いもある

14吾輩は名無しである2017/06/09(金) 22:23:20.10ID:kQTpdAc8
コレラの時代の愛

15吾輩は名無しである2017/06/12(月) 23:54:51.25ID:1eczMGDK
美電獏出絵人

16吾輩は名無しである2017/06/13(火) 02:25:41.92ID:c+fKbnUd
ボルヘスはたいしたことない

17吾輩は名無しである2017/06/14(水) 22:36:14.66ID:Ji1QBdHg
Rice King

A white male who only dates Asian women.
Breed is marked by very distinct characteristics, including monochromatism of hair and skin, pronounced Adam's apple, lanky physique,
complete lack of fashion sense, and inability to carry on a conversation with any woman who has her own opinions and is capable of expressing them.

18吾輩は名無しである2017/06/17(土) 11:10:14.82ID:YroDyhNd
フアン。・ルルフォなんていうのは作品は少ないけど
結構名作を残しているよな

19吾輩は名無しである2017/07/05(水) 23:05:23.01ID:twhpsXD/

20吾輩は名無しである2017/07/07(金) 06:44:13.13ID:h1cthH/D
キローガ最高

21吾輩は名無しである2017/07/11(火) 10:20:18.01ID:LdJytbXt
ドノソの方が最高です

22吾輩は名無しである2017/07/11(火) 18:32:42.39ID:lj7pXygt
はい

23学術 忘れ去れれた ダンジョン男2017/07/11(火) 19:54:55.32ID:wzB5euKr
マッハ ピザ 。写真屋さん

ゲームのマラルメ的詩学の方がこのスレにはおすすめ。

24学術 忘れ去れれた ダンジョン男2017/07/11(火) 19:59:26.11ID:wzB5euKr
ボルヘスより ユダヤン。

25学術2017/07/11(火) 20:02:38.01ID:wzB5euKr
図書館経営には向いてないと思うけど、
パブレ経営には向いてるかもね。不良再建。

26吾輩は名無しである2017/07/14(金) 12:07:16.98ID:6UZXqdrF
プレハブ経堂

27学術2017/07/14(金) 12:35:29.17ID:VU3MJegs
ブレアバ信仰。

28吾輩は名無しである2017/07/14(金) 17:31:33.24ID:5YOwkQzM
日中、遊んでないで仕事探ししろジジイ
くだらん1行レスしかできない池沼

29学術2017/07/14(金) 18:33:39.43ID:VU3MJegs
寝てたよ。寝るとレベルが上がるからな。

30吾輩は名無しである2017/07/14(金) 19:21:08.40ID:nQeEKVgm
プイグ

31吾輩は名無しである2017/07/15(土) 12:41:45.28ID:pp94KaWa
リョサの自伝おもしろそうだね

32吾輩は名無しである2017/07/15(土) 15:51:19.02ID:lvmv4si4
精霊たちの家文庫化されたのか、二冊で2500円じゃ世界文学全集と変わらないがこういう小説をどこでも読みやすくしてくれたのはありがたい

33吾輩は名無しである2017/07/15(土) 16:34:47.09ID:etu/WhJv
リョサの自伝2章まで読んでるけど面白そうだよ

34吾輩は名無しである2017/07/15(土) 18:54:17.88ID:Rb9NLF/t
両さんの自転車

35吾輩は名無しである2017/07/16(日) 16:48:13.87ID:LYGA22Rd
マルケスとの確執

36吾輩は名無しである2017/07/19(水) 19:11:33.56ID:IdJfdiDH
コレラの時代の愛

37吾輩は名無しである2017/07/19(水) 19:22:04.28ID:AyDq8bpD
石蹴り遊びは難しいけどコルタサルの短編は読みやすい
特性のない男は難しいけどムジルの短編は読みやすいのと似てる

38吾輩は名無しである2017/07/19(水) 19:40:42.34ID:6AGkpKmO
>>37
ムジールの短編が読みやすいって結構レアだと思うぞ
「古井由吉:読者には大変難解な小説を提供したようにおそれられる」
「川村二郎:表現不可能に近い事態をしゃにむに言語表現にもたらそうとする際の、行き詰るような緊張感の合一に比べればよほどわかりやすいが、細部の記述は謎をはらみすぎており、これらの作は合一同様に難解である」

39吾輩は名無しである2017/07/20(木) 18:02:29.48ID:GT6xSDZZ
おまえらはなぜドスパソスのUSAを無視するのか

40吾輩は名無しである2017/07/20(木) 18:18:17.94ID:GaNjYugQ
新訳で、完訳してくれたらいくらでも語りたいので、どうかお願いします

41吾輩は名無しである2017/07/20(木) 23:41:09.79ID:K3Q14toR
わかったふうなレス

42吾輩は名無しである2017/07/22(土) 18:46:02.58ID:EQHVUnoE
メキシコ文学なにげにすげーな

43吾輩は名無しである2017/07/23(日) 06:25:02.57ID:YgkQ4ThK
フエンテスかい

44吾輩は名無しである2017/07/23(日) 16:02:54.83ID:6hvGcTlV
フエンテス天才

45吾輩は名無しである2017/07/23(日) 21:04:50.09ID:Ols5zu+7
軽炉須 敷衍手数

46吾輩は名無しである2017/07/25(火) 21:08:15.77ID:nG14l0xf
☆ 日本人の婚姻数と出生数を増やしましょう。そのためには、公的年金と
生活保護を段階的に廃止して、満18歳以上の日本人に、ベーシックインカムの
導入は必須です。月額約60000円位ならば、廃止すれば財源的には可能です。
ベーシックインカム、でぜひググってみてください。お願い致します。☆☆

47吾輩は名無しである2017/07/28(金) 16:50:54.07ID:7pmUZp//
ホセの愛称がペペなんだよね
ペペ・ドノソ

48吾輩は名無しである2017/07/28(金) 20:05:39.25ID:oIZ9c27R
ドノソ全集 出たら買うわ

49吾輩は名無しである2017/07/29(土) 00:19:47.29ID:wuGIHoBS
全集とまでは言わんから代表作くらいは全部訳されてほしいな
絶望とか
まあ夜のみだらな鳥の復刊が最優先だけど

50吾輩は名無しである2017/07/29(土) 00:41:13.74ID:NTasNSOj
去年翻訳の出た「別荘」は「夜のみだらな鳥」に近くて非常によかったと思う

51吾輩は名無しである2017/07/29(土) 16:08:21.22ID:gyD/wBxD
別荘はもう3年前だけどね

52吾輩は名無しである2017/07/30(日) 07:32:43.47ID:iU8DVYy3
そんな前になるのかあ

53吾輩は名無しである2017/07/30(日) 15:05:10.65ID:Ft9HO87m
ドノソはプリンストン卒やぞ

54吾輩は名無しである2017/07/30(日) 15:19:34.91ID:gAMRHF+f
>>53
それは結構重い意味を持っている、と個人的には思う
イサベルアジェンデ、アリエルドルフマン、それからホセドノソは<もうひとつの9.11>から生まれた作家でもあるということ

55吾輩は名無しである2017/07/31(月) 07:18:52.95ID:agOFaVtG
意味がわかりません

56吾輩は名無しである2017/07/31(月) 08:21:34.18ID:wZq1Nej/
何を指してる?
アジェンデと言えばチリの軍事クーデーターだが、9.11との関連は意味不明だし

57吾輩は名無しである2017/07/31(月) 08:39:48.12ID:jOF8PgKQ
>>56
アリエル ドルフマン
ピノチェト将軍の信じがたく終わりなき裁判―もうひとつの9・11を凝視する

58吾輩は名無しである2017/07/31(月) 09:34:48.26ID:wZq1Nej/
ほーほーそんな風に呼ばれてるのか
チリの方が早いのに「もうひとつの」って言い方が少し違和感

59吾輩は名無しである2017/07/31(月) 14:06:48.20ID:t54lukzX
全てのレスで勝とうとしなくてええやん

60吾輩は名無しである2017/07/31(月) 17:17:06.87ID:0PDUs5Zz
ん?

61吾輩は名無しである2017/07/31(月) 17:33:23.41ID:HEpK0i85
俺もそう思った
ムリクリ絡むなよと

62吾輩は名無しである2017/07/31(月) 18:24:23.07ID:XNdmGYq1
いや絡んで欲しくなけりゃ2chで書き込みなんてするなよw

63吾輩は名無しである2017/07/31(月) 18:35:13.52ID:84+iQsy7
俺はただの受け売りをドヤ顔で書いてたら叩きたくもなるわな、と思った

64吾輩は名無しである2017/07/31(月) 19:47:56.20ID:HEpK0i85
なるほど

65吾輩は名無しである2017/08/01(火) 00:16:46.15ID:54bwlq7r
「もうひとつの9・11」という言葉に違和感といわれても、アリエル・ドルフマンの著作を読めばわかることではある
これはそれなりに、複雑なお話で、1973.9.11の数十分間は埋葬された、忘却を強いられた記憶だったということ

ドルフマンは当時すでに「ドナルドダックを読む」でアメリカポップカルチャーが帝国資本の尖兵として機能するさまを発表していた
1973.9.10にはアジェンデ内閣の文化相補佐官を務めていて、たまたま当番を代わっていたから9.11で殺されなかった
ドノソもその時、たまたま海外にいて亡命生活に入っている
去年の今頃、パトリシオ・グスマン監督の「チリの戦い」三部作が日本でも上演された
たとえばこの9.11とそれに続く拷問はピノチェトが退任してからも罪に問われることはなかったし、チリの作家たちはこの過去を蒸し返すことが内戦に直結することを熟知していた
ドルフマンはピノチェトの人道への罪が裁かれるとは期待することもできなかったし、自分の兄弟を殺し、妻をレイプしたかもしれない隣人と生きていかねばならない世界を書いている

埋められた過去を掘り返すのは女たちであり、谷間で男たちが根こそぎ行方不明になり、数十年がたって川底から次々に死体が現れだす「谷間の女たち」
たまたまエンストで困っていて家に招き入れた感じのいい男性を泊めると、おとなしい妻が夜の間に男を縛り上げ、猿轡をし、銃口を男に向けている
かつて男は妻を監禁し、拷問し、レイプしたうちの一人であったと妻はとつとつと訴える
秘密警察の民間協力者だったのだ、と

66吾輩は名無しである2017/08/01(火) 00:22:07.91ID:54bwlq7r
その時目隠しをされていたのでは、と否定しようとする夫に、目隠しをされていても声、音楽の趣味、癖で「忘れられない」「証拠が消されたことはおきなかったことにできない」
しかし、夫は男を釈放しなくてはならない、「軍政下で犯された同国人による犯罪」は「なかったことにする」ことを条件に軍部は民政移行を認めた
一つの復讐を始めた瞬間、埋められた行方不明者たちの怨恨が国家を崩壊させるであろう
夫はまさに、復讐を止めて、国民の和解を目指す委員会のメンバーになっているのだ

妻はなぜ自分がレイプされ、拷問を受け続けたか、そしてその時夫は何をしていたのかを思い出させる
PAULINA. While I defended your life, while your name stayed inside me and never left my mouth ? Ask him, ask Miranda if I ever so much as whispered your name, while you . . .
GERARDO. You already forgave me, you forgave me, how many times will we have to go over this? We’ll die from so much past, so much pain and resentment. Let’s finish it
? let’s finish that conversation from years ago, let’s close this book once and for all and never speak about it again, never again, never never again.
PAULINA. Forgive and forget, eh?
GERARDO. Forgive yes, forget, no. But forgive so we can start again. There’s so much to live for, my . . .

妻がレイプを受け、決して夫の名前を漏らさなかったその時、夫は軍政打倒の運動家として、逃げ回っていた
同じ運動家の女と
私がレイプされている間に、あなたはあのbitchと何度fuckした?
People can die from an excessive dose of the truth, you know.

67吾輩は名無しである2017/08/01(火) 00:28:12.03ID:54bwlq7r
数ヵ月後、夫婦で訪れたオペラハウスで、近くの席に男が座っているのに気づいた
すでに和解委員会の最終報告が提出されている
男は妻を見つめ、妻は舞台の光から目をそらさない
夫は妻の手を握り締め、そして妻と同じくまっすぐ前を見る
幕が上がると、妻はゆっくりと男のほうに視線を向け、つかの間視線が交差する
そして彼女は再び視線を前に向け、舞台の光だけを見つめる

この絶望的な「死と乙女たち」があってこそ、「ピノチェト将軍の信じがたく終わりなき裁判」が、埋められた「ツインタワーに9・11を簒奪された」「もうひとつの9・11」を呼び起こす
彼の自伝の最初のフレーズ
I should not be here to tell this story. It’s that simple: there is a day in my past, a day many years ago in Santiago de Chile, when I should have died and did not.
わたしは今ここにいてこの物語を語るべきではない、その理由は単純で、この身を振り返るとある日が、何年も何年も前のサンチャゴ・デ・チレにおいて自分が死ぬべきだったのに死ななかったある日のことが浮かび上がる

「軍事独裁政権」が20年以上も続く中で、ホセ・ドノソやイサベル・アジェンデ、そしてアリエル・ドルフマンは彼らがたとえばニューヨークやプリンストンで身につけた英語の教育を糧に作家として生きながらえる
1973.9.11とピノチェトを支えるのがアメリカであったこと
ドルフマンはグアンタナモ収容所の収容者の叫びの詩集を出版してもいる

68吾輩は名無しである2017/08/04(金) 00:04:36.97ID:b4heyR6b
ほうほう

69吾輩は名無しである2017/08/04(金) 01:06:40.16ID:6clCZQ6W
バカマウントしてたやつ全員黙ったなw
絡むところと黙るところ間違えてね?

70吾輩は名無しである2017/08/04(金) 14:03:23.55ID:WD0MDpmq
どう考えても白けただけだろ……

71吾輩は名無しである2017/08/04(金) 20:42:25.27ID:LjdKcU+Z
まーたマウントか?

72吾輩は名無しである2017/08/04(金) 20:49:09.43ID:YJru6Evr
つい パラマウント映画をググってしまった

73吾輩は名無しである2017/08/04(金) 23:00:01.05ID:Gmg8tjbR
つい パラマウントベッドに寝てしまった

74吾輩は名無しである2017/08/05(土) 03:00:14.09ID:1obZYa8s
白け世代の老人は安眠ベッドで眠りましょう

75学術2017/08/05(土) 08:40:01.35ID:PuSF6dCf
逆レイプ。

76吾輩は名無しである2017/08/05(土) 13:13:49.65ID:NxGhqq1p
大江はドノソに会ったことあるのかな

77吾輩は名無しである2017/08/05(土) 22:55:14.50ID:ITDg4cji
そのドノソとはどのドノソどすえ

78吾輩は名無しである2017/08/06(日) 22:33:41.22ID:RPC0C3k6
ホセにきまってんだろ

79吾輩は名無しである2017/08/06(日) 23:38:16.68ID:U55APckL
ない

80吾輩は名無しである2017/08/08(火) 03:33:05.19ID:lv8qoPSi
夜みだ来年春予定だって

81吾輩は名無しである2017/08/08(火) 21:46:38.73ID:1l0o7nqv
またか

82吾輩は名無しである2017/09/01(金) 18:32:15.34ID:vKFlGe9g
>>32
この値段なんとかならないのか
文庫なのに高すぎる

83吾輩は名無しである2017/09/01(金) 18:47:46.01ID:3iUu9xka
こういう本を買ってくれる人は限られているからね。

84吾輩は名無しである2017/09/11(月) 00:18:56.61ID:8zff8fEk
夜みだ水声社か

85吾輩は名無しである2017/09/11(月) 00:21:13.85ID:agzSPsqg
集英社だよ馬鹿w

86吾輩は名無しである2017/09/11(月) 01:15:28.99ID:8zff8fEk
【訳者について】
鼓直(つづみただし)
1930年、岡山に生まれる。東京外国語大学卒業。法政大学名誉教授。財団法人日本スペイン協会理事長。
専攻、ラテンアメリカ文学。主な訳書には、ガブリエル・ガルシア=マルケス『百年の孤独』(新潮社、1972年)、ホルヘ・ルイス・ボルヘス『伝奇集』(岩波文庫、1993年)、
ガブリエル・ガルシア=マルケス『族長の秋』(集英社文庫、1994年)、ホセ・ドノソ『夜のみだらな鳥』(水声社、近刊)など多数ある。
ホセ・ドノソ『夜のみだらな鳥』(水声社、近刊)
ホセ・ドノソ『夜のみだらな鳥』(水声社、近刊)
ホセ・ドノソ『夜のみだらな鳥』(水声社、近刊)

87吾輩は名無しである2017/09/11(月) 02:13:20.13ID:DgWhQkqw
これまじ?

88吾輩は名無しである2017/09/12(火) 01:25:04.80ID:HCc+zNV1
年内に出るみたいな事を風のうわさで聞いたけど、どうなんだろう

89吾輩は名無しである2017/09/12(火) 04:32:17.07ID:Jf6k8Sdy
夜みだの書評書いた人が先日
「もうすぐ水声社から復刊されるので、とんでもねー小説が読みたいひとはお見逃しなく」
って言ってるからもうすぐなんだろ

90吾輩は名無しである2017/09/12(火) 10:19:32.11ID:aRTzPmwH
ドノソが夜みだの内容の特異性だけで語られるのはホント残念

91吾輩は名無しである2017/09/12(火) 13:10:02.38ID:wlqgmyx4
藤林丈司

92吾輩は名無しである2017/09/12(火) 13:14:36.32ID:BtciKtRi
>>90
じゃあほかの作品について語ろうぜ

93吾輩は名無しである2017/09/13(水) 16:25:10.83ID:e/VxSAYk
>>90
わかるわ

94吾輩は名無しである2017/09/15(金) 08:47:30.81ID:TGt0BGhr
別荘とか

ドノソいいよね
異文化に触れてる感がすごい

95吾輩は名無しである2017/09/22(金) 16:40:50.01ID:kSiYNj9D
南が丘文庫
http://www.minamigaoka.info/BOOKS/
Official Homepage

横浜市立南が丘中学校の母体である、平成研究会、通称、経世会とは、自由党吉田茂派を起源に持ち、周山会(佐藤栄作派)・木曜クラブ(田中角栄派)の流れを汲む、鉄の軍団と呼ばれた保守本流集団である。

横浜市立南が丘中学校OB会

96吾輩は名無しである2017/09/28(木) 14:34:39.60ID:XqKiMmb5
別荘は面白かったけど夜みだは読めなかった

97吾輩は名無しである2017/09/29(金) 19:20:54.58ID:WiWmpzMc
ドノソの中編短編はいまいち

98吾輩は名無しである2017/09/30(土) 06:55:08.24ID:ce5gc6HQ
そうかなあ

99吾輩は名無しである2017/10/01(日) 18:25:33.64ID:FYeVRypy
精霊たちの家は国書刊行会、河出書房のハードカバーと文庫がありますが、
何か違いはありますか?

100吾輩は名無しである2017/10/02(月) 12:02:59.22ID:lA01mPw4
訳者が同じ場合新版の度に改訳されてたりするからその違いはあるんじゃない?
あとは後書きや解説の有無

101吾輩は名無しである2017/10/02(月) 21:20:59.34ID:nR2D9EaG
国書刊行会は二段組で読みやすい。
池澤夏樹全集の奴は紙一枚一枚も厚いからぶ厚い

解説は忘れたなあ。池澤夏樹はネタバレしてたような…

102吾輩は名無しである2017/10/05(木) 11:11:42.94ID:ly486r8m
ボラーニョって世界観の引き出しが狭いよね
似たような設定使い回しすぎ

これはなぜ評価されてんのかな

103吾輩は名無しである2017/10/06(金) 13:11:34.66ID:WtmX7rig
カズオイシグロがボルヘスカルペンティエルドノソコルタサルフエンテスに
勝ってるところあるの?

104吾輩は名無しである2017/10/06(金) 13:32:26.99ID:0blceOpM
>>103
売り上げ、社会的評価、地位、名声

105吾輩は名無しである2017/10/07(土) 08:42:17.48ID:xbK6yx0d
>>99
刊行会は上下2段になっているので、読みやすいのは河出です

106吾輩は名無しである2017/10/07(土) 18:15:43.02ID:9YLmjfxM
一行が短い方が読みやすくないか

107吾輩は名無しである2017/10/08(日) 00:31:05.77ID:0Yn3Un+7
さて、今日はバルセロナの大物編集者で、
ラテンアメリカ文学の母親的存在とも言えるカルメン・バルセルスへのインタビューを紹介しておこう。

問:こんにちは、カルメン。こう思いませんか? 文学史(とかその種の本、マニュアルとかなんでもいいんです)には、
ひとりの作家を助けてノーベル賞作家にしてあげた人物も含まれるべきじゃないですか? 
つまり、作家とは別のところで意味や文学的価値を創り出した人々のことを。

CB:はっきりさせておくけど、作家の周りで仕事をする私みたいな人間は作品の意味を創り出んじゃない、
作家の人生に意味を与えるの。この仕事の秘密があるとしたら、それはノーベル賞作家を二十五年か三十年前に発見することです。

問:読まれたい一心からアマゾンのようなネット上に無料で作品を載せる決心をした作家についてどう思われますか? 
そういうところにいい文学があると思いますか、それともフィルターがかかってない以上はかなり難しいと思いますか? 
これからものを書こうとする人間にとっていい選択の一つになると思いますか? お願いします。

CB:作家がどこに作品を掲載しようと反対するつもりはないわ、インターネットであっても家のベランダであっても。
いい作家かそうでないかを決めるのは読者だけです。ある人が書いたものが気になった? 
だったらその人の才能を認めるのを諦めてはいけません。
http://blog.goo.ne.jp/kenjim81312/e/1a42a51e01c93988162465623464b771

108吾輩は名無しである2017/10/09(月) 15:41:09.50ID:6h37q8lj
隣の庭に出てきた人か

109吾輩は名無しである2017/10/09(月) 16:01:45.31ID:VSxkwK+J
マリオ・バルガス・リョサ:ノーベル文学賞2010受賞演説
http://palabras.jp/2011/%E3%83%9E%E3%83%AA%E3%82%AA%E3%83%BB%E3%83%90%E3%83%AB%E3%82%AC%E3%82%B9%E3%83%BB%E3%83%AA%E3%83%A7%E3%82%B5%EF%BC%9A%E3%83%8E%E3%83%BC%E3%83%99%E3%83%AB%E6%96%87%E5%AD%A6%E8%B3%9E2010%E5%8F%97/
私の本はすべてスペインで刊行され、そこで過度の評価をもらい、
カルロス・バラルやカルメン・バルセレスやその他多くの友人たちは、私の本に読者がついたことで楽しい思いをしたでしょう[三八]。

110吾輩は名無しである2017/10/10(火) 18:41:45.31ID:34oIONcM?2BP(1000)

ヨーロッパ文学界からの評価ってどうなの
ボルヘスはデリダやブランショに持ち上げられるけど
他の作家は無視されてるよな

111吾輩は名無しである2017/10/10(火) 20:40:35.71ID:g8WuzW2+
カズオ・イシグロさん
話題作『わたしを離さないで』が映画化、日本公開を前に来日
2011-02-10
https://mainichi.jp/articles/20171005/hrc/00m/040/008000d

一方、自身にとっての偉大な現代作家は「3M」といい、
ガルシア・マルケスさん(コロンビア)、村上春樹さん、コーマック・マッカーシーさん(米国)の3人を挙げた。

112吾輩は名無しである2017/10/12(木) 19:45:24.35ID:4s0lxzLZ
ガルシア・マルケスはGだろ

113吾輩は名無しである2017/10/12(木) 20:20:47.73ID:huSfjCJC
>>111
一匹変なのが

114吾輩は名無しである2017/10/12(木) 20:23:50.66ID:n5M17uch
マルケス百年の孤独傾倒したという作者の紙の民っての読んでるけど面白いと思う

115吾輩は名無しである2017/10/12(木) 21:43:29.67ID:huSfjCJC
>>114
放送大学の世界文学の講座で
藤井光が紹介してたね
ハチャメチャらしいけど

116吾輩は名無しである2017/10/12(木) 21:50:56.95ID:GFNzf+7o
結構前に新聞で書評が出てたよ

117学術2017/10/12(木) 21:52:57.14ID:YQWa59pe
焼酎かウオッカってとこだよな。

118吾輩は名無しである2017/10/12(木) 22:12:48.73ID:mpVLoBmb
うせろハゲ

119学術2017/10/12(木) 22:16:37.33ID:YQWa59pe
刷毛風車ムチ。

120吾輩は名無しである2017/10/13(金) 10:57:43.57ID:jVgOiepc
『トラのトリオのトラウマトロジー』って、どうなの?

121吾輩は名無しである2017/10/14(土) 01:13:27.28ID:695R3fVO
読んでると頭が痛くなる

122吾輩は名無しである2017/10/14(土) 10:13:17.74ID:VDnlgxhD
>>120
最近新本を買ったけど、まだ読んでいない
初版1200部か  このまま絶版になれば古本高騰化しそう

123吾輩は名無しである2017/10/20(金) 15:40:54.69ID:xXyK3uD4
『テラ・ノストラ』買ってしまった
いつ読めるかわからんわ

124吾輩は名無しである2017/10/20(金) 20:38:33.54ID:D4zGGsK/
2666も積んでるのに買うなよ

125吾輩は名無しである2017/10/21(土) 12:53:15.99ID:cC1HZpar
TTT少し前に買ったけど積んでる

126吾輩は名無しである2017/10/24(火) 10:53:18.83ID:yciS2y5v
『テラ・ノストラ』第1刷が2016年4月で、第2刷が同年10月だが、
1刷の誤字脱字を訂正するために2刷を出したのだろうか?

127吾輩は名無しである2017/10/24(火) 17:25:38.30ID:BN2zb7I3
>>114
途中までは良かったけど、中盤でメタってからクソ化した

128吾輩は名無しである2017/10/24(火) 17:32:52.09ID:BN2zb7I3
女々しいんだよ気持ち悪い

プイグの優しさとは違う

129吾輩は名無しである2017/10/28(土) 22:02:42.19ID:AI/TjWq9
売れたから重版しただけじゃないの>>126

130吾輩は名無しである2017/10/29(日) 00:08:05.81ID:TLnj1wE4
>>129
6000円以上もする本がそんなに売れるわけないだろ

131吾輩は名無しである2017/10/29(日) 00:31:13.24ID:ochzrErj
>>130
売れてないのにわざわざ誤植訂正するために2刷刷ったりしねえだろ
あと元々部数少ないでしょ

132吾輩は名無しである2017/10/29(日) 01:20:29.80ID:TLnj1wE4
>>131
それがするんだよ
良心的な小出版社ならな

133吾輩は名無しである2017/10/29(日) 12:07:36.76ID:b7QpS5VI
私が道民の家でお茶をご馳走になったときのこと
その家の42歳の息子がむずかりだした。
母親がその子を椅子の上に立たせてパンツを降ろし
牛乳の空きパックを男性器にあてがうと小便をした。
しかも、あろうことか空きパックに入ったものを
キッチンの流しに捨てたのです。
その慣れた様子からも日常的にしているのでしょう。

134吾輩は名無しである2017/10/30(月) 02:29:45.15ID:tglMrKQ3
プイグの優しさとはいい表現ですね

あれは単に女性性の変形だと誤解してました

プイグの優しさ、コルタサルの哀愁

135吾輩は名無しである2017/11/03(金) 11:04:08.30ID:R/K5aZ6c
本を買ってから30年近く経つが、ようやく『緑の家』をいま読んでいる

136吾輩は名無しである2017/11/03(金) 23:46:13.78ID:DEUNs+I6
三回読んで三回挫折したな
もう俺には読めないかも
都会と犬どもは面白かった

137吾輩は名無しである2017/11/05(日) 18:55:37.81ID:T+dK+5Wa
>>135
映画っぽいよね

138吾輩は名無しである2017/11/07(火) 14:15:48.86ID:Q/NxzbmO
年取ると感性が変わるのか、昔好きだった本が??となったり、
昔読めなかった本が面白く読めるようになったりするなあ。
じじいだよ。

蜘蛛女のキスを映画館で見たのだって、30年以上前だもんなあ。
じじいだよ。

139吾輩は名無しである2017/11/07(火) 18:16:32.87ID:2jcds84T
最後の海岸の楽園のところ好き

140吾輩は名無しである2017/11/07(火) 18:16:34.20ID:6W097hrO
村上春樹がプイグ好きみたい

141吾輩は名無しである2017/11/12(日) 10:53:51.60ID:g1pVxUPT
春樹って昔カルペンティエルかなんかの作品に序文書いてたし普通に南米好きなんだろ

142吾輩は名無しである2017/11/12(日) 10:55:39.45ID:laK9+IyU
蜘蛛女のキスの書評もしてたぞ。

143吾輩は名無しである2017/11/12(日) 21:16:06.08ID:FUaoBiS9
>>141
蜘蛛女のキスだろ

144吾輩は名無しである2017/11/15(水) 07:45:10.75ID:g5ngcPz8
そろそろラテンアメリカ文学を読みたいと思っているのだが、めぼしい作品は読んでしまったし、残っているのは重厚な分厚い作品ばかりなので、次を手にとるのに気が引ける

サクッと読めるお薦め何かあります?

145吾輩は名無しである2017/11/16(木) 07:47:35.63ID:4h0u5Wn5
>>144
テラ·ノストラ

146吾輩は名無しである2017/11/16(木) 15:02:13.39ID:CgyJyvoR
>>145
ああ、あれは一晩でお手軽に読み切れるよね

147吾輩は名無しである2017/11/16(木) 18:18:11.52ID:4h0u5Wn5
>>144
2666

148吾輩は名無しである2017/11/16(木) 22:01:43.29ID:aTr3ktB/
>>147
いやまあ愉しいけどさ、でももうそういうやりとりも今後成立しないでしょう

過疎過ぎて
悲しいけど

149吾輩は名無しである2017/11/16(木) 22:59:32.83ID:EJqoLRrA
この世の王国 は読みやすかった。
ただし内容は重いからサクッとはいかないがw

150吾輩は名無しである2017/11/17(金) 13:18:55.79ID:Cg3do9k1
短編だとルゴネスだな

151吾輩は名無しである2017/11/20(月) 16:22:56.40ID:MysI0/an
彩流社の第2弾が出るみたい
収録予定作品は長いからソース見て

『ラテンアメリカ傑作短編集2(仮) 〜中南米スペイン語圏の語り 〜 』
http://comingbook.honzuki.jp/?detail=9784779124266

152吾輩は名無しである2017/11/20(月) 23:56:41.96ID:yqE2mAwx
第一弾もそうだけど、俺レベルだと知ってる名前が1人2人くらいしかないんで
相当マニアックなラインナップに思える

153吾輩は名無しである2017/11/21(火) 21:36:57.20ID:MykwsEaK
ロア▪バストスの「至高の存在たる余は」を訳して欲しい。

154吾輩は名無しである2017/11/25(土) 03:52:43.46ID:nzkzKFpT
リョサの水を得た魚、読みますか?

155吾輩は名無しである2017/11/27(月) 13:52:27.55ID:36Mftiyy
>>152
自分も寺尾氏の新書とその年表で触れられてる方が何人かいるなぁ、ぐらいしか分からんわ
(アルルド、ルルフォ、エドワーズあたり?)
選択肢が増えるのはいいことだね、ラテンアメリカ内といえど国と地域でガラッと変わるし

156吾輩は名無しである2017/11/28(火) 03:16:06.35ID:zePQ75Xs
グアテマラ伝説集は、短編小説といっていいんですか?詩的なところが魅力的ですね。

157吾輩は名無しである2017/11/30(木) 10:46:09.72ID:b+eN8ssB
バスケス『密告者』読んだ人いるかな?

158吾輩は名無しである2017/11/30(木) 22:01:06.77ID:2qNv1drR
>>144
まだいる?
アウグスト・モンテロッソの短編集読んだんだけどサクッといけたよ。
ブラックユーモア調。

159吾輩は名無しである2017/12/03(日) 14:44:16.96ID:uAYBxajb
ネルーダの映画やってんじゃん

160吾輩は名無しである2017/12/03(日) 23:49:24.86ID:bCbmrqTG
>>136
都会と犬ども読みきるだけですごいね
フリオとシナリオライター、買っただけで50ページあたりで休憩(-_-;)

161吾輩は名無しである2017/12/20(水) 20:41:51.46ID:QvOWMQ7E
リョサは長すぎなんだよ

162吾輩は名無しである2017/12/29(金) 14:15:00.01ID:kavJovKF
やせっぽち
超天才

163吾輩は名無しである2017/12/29(金) 15:44:28.76ID:IqaYnuf/
都会と犬どもは勢い重視で熱量で押してくるからページ数の割にはすぐ読める。文章もスッと入って来る平易なものだ。
緑の家みたいな技巧を凝らしたやつが鬼門

164吾輩は名無しである2017/12/29(金) 15:56:45.53ID:Jew+3D6f
緑の家は、最初の20ページが一番挫折ポイント。
ここ読めれば最後までいける。

165吾輩は名無しである2017/12/29(金) 16:24:03.55ID:OAzuk06F
>>163
>文章もスッと入って来る平易なものだ。

あの作品の頃は粗削りで変に技巧を凝らしていないから
これが「ラ・カテドラルでの対話」になると文章だけに力を入れて失敗した作品で
あれを全部読み通すことができたら他の作品は平気になる
まあ、リョサに対する免疫がつくわけだ

166吾輩は名無しである2017/12/29(金) 17:04:28.70ID:lfj0/n7s
「ラ・カテドラルでの対話」の第一部だけは見事
「緑の家」は技巧についていかないといけない面倒さが上回った
あとは面白く読んだ
リョサ読むと早起きになるからな

167吾輩は名無しである2017/12/29(金) 21:58:39.61ID:kavJovKF
フォークナーに似てるよね
突然脈絡のない文章が挿入されたり

168吾輩は名無しである2017/12/29(金) 23:23:54.46ID:OAzuk06F
フォークナーの影響を受けているのだから
それは当たり前かと
しかしリョサが話題になるとそれなりに話が弾むね
これがボルヘスやプイグだとそうはいかない
とくにプイグは他の諸作家にくらべると
格段に読みやすいのにそれほど話題にはならない

169吾輩は名無しである2017/12/30(土) 00:12:23.19ID:7tHHUDgo
『世界終末戦争』も長ったらしくてしんどかったな

170吾輩は名無しである2017/12/30(土) 07:50:24.60ID:EVZQV6Uj
プイグは格下

171吾輩は名無しである2017/12/30(土) 13:58:30.25ID:w8aXxX7H
ボルヘスは、神曲ドン・キホーテホメロス千夜一夜物語むっちゃ好きなおっさんだよねっていう以上に話題が広がらない

172吾輩は名無しである2017/12/30(土) 20:40:17.26ID:RFov10Oi
肩の力抜けよ

173DJ学術 2017/12/31(日) 11:03:13.85ID:+m1wo3iU
ボルヘスの生まれた環境ではユーラシアに苦戦するから点ひいとかないとね。

174吾輩は名無しである2017/12/31(日) 11:24:58.89ID:kSWag/sH
夜みだの復刊2月だって
水声社から

175吾輩は名無しである2017/12/31(日) 11:37:08.64ID:2++mJZUK
水のように流れることになる声明を発する出版社

176吾輩は名無しである2017/12/31(日) 12:54:26.87ID:vvc4Y6Lj
外資アマゾンを敵視し、日本の出版文化を守ろうとする水声社

177吾輩は名無しである2017/12/31(日) 16:04:38.76ID:1Pd/gwIl
そもそもあの内容で復刊できるのかよ

178吾輩は名無しである2017/12/31(日) 18:38:05.41ID:L+d+UzMv
緑と赤二冊持ってるけど、訳が変わるならまた買うぞ

179吾輩は名無しである2017/12/31(日) 20:11:17.25ID:kSWag/sH
鼓直訳だよ
寺尾新訳がよかったけど

180吾輩は名無しである2017/12/31(日) 22:28:01.31ID:CpIYgPZc
赤しかもってないな

181吾輩は名無しである2017/12/31(日) 22:29:58.89ID:oZIyIMgY
4000円くらいかな

182吾輩は名無しである2017/12/31(日) 23:40:32.11ID:wA4B7ztV
4000円なら買い換える
6000円だと迷う

183吾輩は名無しである2018/01/01(月) 19:25:51.50ID:DJ6T/m/Y
今更だけど>>141
カルペンティエルの巻についてきたのは春樹じゃなくて龍だったわ

184吾輩は名無しである2018/01/02(火) 09:34:37.02ID:eBNZYyUK
春樹は蜘蛛女

185吾輩は名無しである2018/01/02(火) 20:37:26.18ID:l9AzpBlP
春樹はインファンテを推していて
龍はプイグにインタヴューをしている
で中上はボルヘスと対談までしている

186吾輩は名無しである2018/01/03(水) 00:27:18.55ID:X2FVi4Ix
通話みたいな本ないっすか?

187吾輩は名無しである2018/01/03(水) 15:04:25.80ID:r8eB2EqZ
>>183
龍は作品をちゃんと読んでないって書いてなかったか

188吾輩は名無しである2018/01/03(水) 19:16:33.23ID:7cyFx7BO
池澤氏は蜘蛛女、絶賛してたな

189吾輩は名無しである2018/01/05(金) 17:06:50.36ID:GErBNZqJ
インファンテはホモだったっけ

190吾輩は名無しである2018/01/09(火) 00:52:31.49ID:BbJ7dTNn
キューバはアレナスとかピニェーラとかレサマ・リマとか同性愛者が多いイメージだが
インファンテはそんな事なかったような

191吾輩は名無しである2018/01/09(火) 01:06:38.06ID:4OE42Jsl
アレナスはタチだからね

192吾輩は名無しである2018/01/13(土) 20:54:43.35ID:zShKa4XV
ボルヘスだけ異様に西洋で評価高いのはなぜ

193吾輩は名無しである2018/01/19(金) 04:17:59.79ID:+DUU9DSp
『緑の家』昨年11月から読んでいるが、ようやく真ん中あたりにきた
何がなんだかよく分からん小説だが、不思議と投げ出す気にはならない

194吾輩は名無しである2018/01/19(金) 15:32:07.24ID:N/SqSBCA
じゃあ俺も読む

195吾輩は名無しである2018/01/20(土) 19:41:05.63ID:BggpcBj7
石蹴り遊びは投げ出しそうになったけど読んだ

196吾輩は名無しである2018/01/21(日) 18:58:19.99ID:9HZq+2Dy
緑の家の時間と場所の軸が飛び回って交差してるかのようになってるのが本当に好き

197吾輩は名無しである2018/01/21(日) 23:12:27.76ID:C/pxF9sb
石蹴り遊びの単行本売ってないなあ

198吾輩は名無しである2018/01/22(月) 10:46:36.22ID:AZpjB0XF
『石蹴り遊び』と『アレキサンドリア四重奏』は過大評価だと思っている

199吾輩は名無しである2018/01/22(月) 16:25:42.73ID:Ha0/Oawf
ボルヘスよりダレルのほうが上

200吾輩は名無しである2018/01/23(火) 23:59:02.38ID:6wPJvzlJ
上下関係

201吾輩は名無しである2018/01/24(水) 10:41:09.80ID:lNVZgHoH
アレキサンドリア四重奏はダレるよね

202吾輩は名無しである2018/01/25(木) 08:25:51.73ID:4TTJw5gT
ドノソはダレルが好きだったようだ
隣の庭でその影響が窺える

203吾輩は名無しである2018/01/30(火) 22:55:32.99ID:V/ibGPna
来月ようやく夜みだがくるぞ

204吾輩は名無しである2018/01/31(水) 17:39:17.35ID:RbCpPsU9
はいはい

2052032018/02/01(木) 22:18:57.48ID:RmyYRsd7

206吾輩は名無しである2018/02/02(金) 03:48:06.40ID:/pv/jsxB
お問い合わせの多い『夜のみだらな烏』は2018年2月刊行予定です。
刊行が遅れまして大変申し訳ございません。。

207吾輩は名無しである2018/02/02(金) 04:20:08.78ID:LPqOOI5e
いいよどーせ買わないし

208吾輩は名無しである2018/02/02(金) 06:51:14.22ID:3Cw1+y1t
他のラインナップ見る限りそこまで高くないのかな
2000円台なら十分安いと思えてしまう

209吾輩は名無しである2018/02/02(金) 09:23:53.80ID:rfhkL0yT
水声社の本、石蹴り遊びとテラ・ノストラしか持ってないから、どれも高いイメージがあったが、
そううでもないんだな。

210吾輩は名無しである2018/02/02(金) 22:17:41.16ID:kx3lgLK7
フィクションのエル・ドラードは大体200ページ、長くても300ページくらいだから大体こんなお値段だな
二段組で450ページくらいあった夜のみだらな鳥は
このラインナップの中でもぶっちぎりに長くなるだろうから、
6000円くらいは覚悟しておいたほうがいいと思う

211吾輩は名無しである2018/02/06(火) 19:03:30.16ID:UG8ccxqX
http://www.suiseisha.net/blog/?p=8211#more-8211

ついにきましたわ
話題が一つ減るな

212吾輩は名無しである2018/02/06(火) 19:05:49.49ID:UG8ccxqX
夜のみだらな鳥
《フィクションのエル・ドラード》
ホセ・ドノソ(著)
鼓直(訳)

判型:四六判上製
頁数:586頁
定価:3500円+税
ISBN:978-4-8010-0267-8 C0397
装幀:宗利淳一
2月26日頃発売!

これは傑作である。狂暴な雰囲気、執拗きわまりない反復、作中人物の変身、純粋にシュルレアリスム的な物語構造、不合理な観念連合、限りなく自由な想像力、美醜の原則の侮辱的な無視に、度肝を抜かれてしまった。

――ルイス・ブニュエル

213吾輩は名無しである2018/02/06(火) 20:56:54.02ID:lh0034o2
>>211
>話題が一つ減るな

読者が増えるからそうでもないよ

214吾輩は名無しである2018/02/06(火) 21:38:13.72ID:UG8ccxqX
>>213
復刊詐欺の話題だよ

215吾輩は名無しである2018/02/06(火) 21:52:36.94ID:9LK94Fsj
短編集だけでいいかな
分厚いのは完読できません

216吾輩は名無しである2018/02/06(火) 23:49:16.92ID:/AVfIYIr
>>212
おもったよりだいぶ財布に優しいな
ラテンアメリカに限らず海外文学ファンにも幻の怪作と有名だし、
なんか間違ってものすごい売れたりしないかなぁ
そしてドノソもっと訳されないかなぁ

217吾輩は名無しである2018/02/08(木) 12:25:06.63ID:cmd4u/sO
>>212
30万でも買うわ

218吾輩は名無しである2018/02/08(木) 14:26:01.99ID:iWhxw+kD
ったくほんと電子書籍でも出してくれよ
すぐに消えて古本高値で読みたい人が読めない
古本だから作者にも出版にも金が入らず誰も得してねぇ
ただの転売商品としての価値だけが上がっていく未来がみえるわ

219DJ学術 2018/02/08(木) 18:06:03.62ID:+8PhmkoP
°)ン

220吾輩は名無しである2018/02/25(日) 13:33:56.27ID:Xra8/qX2
前も言ってる人いるけどフィクションのエルドラードの装丁嫌い
ダサい

221吾輩は名無しである2018/02/26(月) 12:09:47.75ID:UC3gVh8m
夜みだけっこうレジに持ってっててワロタ

222吾輩は名無しである2018/02/26(月) 13:43:28.39ID:BEZGeaty
うわ ステマ臭ぇ

223吾輩は名無しである2018/02/26(月) 16:43:17.00ID:aJz2C573
>>220
ダサいよな
地味だけど現代企画室のロスクラシコスの装丁みたいなのが好きだな

ネットで注文した夜みだ届いたのはいいけど小口に既に
擦れ汚れあって萎える…

224吾輩は名無しである2018/02/27(火) 10:38:41.27ID:cNlocSrq
そーゆーの木になる人はAmazon
返品がしやすい

225吾輩は名無しである2018/02/27(火) 17:09:19.06ID:HHsDt/PT
この本は現在お取り扱いできません。

226吾輩は名無しである2018/02/27(火) 18:02:40.41ID:r1MANYd/
水声社はアマゾンに卸してないからね

227吾輩は名無しである2018/02/27(火) 19:34:09.97ID:+r2UnoGx
たまたま本屋行ったら夜みだが売ってた。しかも残り一冊。今日は徹夜で読もう

228吾輩は名無しである2018/02/27(火) 21:48:32.11ID:cLg5Sq94
・・・にしてもなんで夜みだなんだろうね

ドノソ短編集とかのほうがよっぽどマシだったのに

229吾輩は名無しである2018/02/27(火) 23:56:31.94ID:Jj+ot/k/
>>228
はあ? アホか、こいつ

230吾輩は名無しである2018/02/28(水) 00:17:30.27ID:PYWRY574
あん?やんのかコラ 糞喰わすぞ水声社社員め

231吾輩は名無しである2018/02/28(水) 00:55:45.95ID:DRUvyoDN
>>230
たこ八郎登場w

232吾輩は名無しである2018/02/28(水) 23:29:25.83ID:cZ802/jp
水声社は既にドノソの本を数冊出している訳だし、短編集やなんかもいつか出るのでは?

233吾輩は名無しである2018/02/28(水) 23:43:32.70ID:s4MNwmy/
夜みだがドカッと売れれば
つーか何部くらい刷ってんのかな

234吾輩は名無しである2018/03/01(木) 00:03:20.85ID:c6ZAUWjO
夜みだ、世界の文学版もラテンアメリカの文学版も持ってるが買ってきた

235吾輩は名無しである2018/03/01(木) 01:11:54.35ID:5BUylARR
やっぱ分厚い本は二段にして欲しいなあ、って夜みだ読みながら思いました

236吾輩は名無しである2018/03/01(木) 08:52:49.34ID:/yCJr6WK
水声社の本はただでさえ背割れしやすいしな

237吾輩は名無しである2018/03/01(木) 21:38:38.72ID:1e8o2zPr
見えないとこをコストカットする業者は大抵悪党

238吾輩は名無しである2018/03/02(金) 00:21:31.07ID:R+/8aHW7
やっぱ自分とこだけ不景気だと面白くないもんだよなw

500 吾輩は名無しである ▼ 2018/02/10(土) 12:24:53.77 ID:DguOebHu [2回目]
おまえら水声社の『ドンキホーテ』買ったか?
なかなかいいぞ!
さっさと買えよ!

239吾輩は名無しである2018/03/02(金) 00:52:19.70ID:suX1ssBD
夜のみだらな鳥難しすぎる

240吾輩は名無しである2018/03/02(金) 09:56:30.22ID:tVg428oL
水声社はまず装丁なんとかしないと
あんな適当な装丁で売れるわけない

241吾輩は名無しである2018/03/03(土) 00:18:11.38ID:x2qc5DNO
ふと思ったんだけど、水声社がアマゾンに降ろさないのって返品されそうだからってのもありそう?新刊のくせに凹んでるやつとか多いじゃない

242吾輩は名無しである2018/03/03(土) 00:52:51.20ID:FKiwZaXO
昔のクロネコブックサービスに較べりゃ凹んでないほうだろ

って言いたいとこだけど近年 本はぜんぜん新品では買わなくなったね

243吾輩は名無しである2018/03/03(土) 01:09:06.19ID:6f0DklZ3
水声社はアマゾンには出さないが、楽天には出す
外資を敵視しているんだろう
日本の文化を守れと

244吾輩は名無しである2018/03/03(土) 01:53:39.49ID:TdRH2tw9
夜みだはアマゾンにも入荷したけど即完売して
入荷待ち→この本は現在お取り扱いできません→倍の値段で古本が並ぶ

245吾輩は名無しである2018/03/03(土) 07:15:18.36ID:V/tko2Zt
水声社の本は絶対買わん

246吾輩は名無しである2018/03/03(土) 07:26:06.28ID:RFxT054y
Amazonはガチで悪の帝国だからなあ

247吾輩は名無しである2018/03/03(土) 07:52:37.88ID:RFxT054y
一般人であればAmazonを調べれば調べるほど代替サービスを使いたくなるはず

248吾輩は名無しである2018/03/03(土) 11:01:05.21ID:R5mb8O4V
Amazonに負けた日本の書店たち

249吾輩は名無しである2018/03/03(土) 14:08:20.80ID:84f7ZKV/
>>241
いや、Amazonを敵だと思ってるから出してない
小島信夫の全集を買ったら、Amazonに卸さない理由を書いた長文のリーフレットが挟み込まれていた

250吾輩は名無しである2018/03/03(土) 14:09:04.65ID:84f7ZKV/
ちなみに俺も中古本以外はAmazonでは絶対に買わずに書店で買うようにしている

251吾輩は名無しである2018/03/03(土) 14:29:48.53ID:QD3PX1TE
アマゾンは取引先に上納金を要求する企業だからな
https://r.nikkei.com/article/DGKKZO27454910X20C18A2MM8000

ヨドバシ・ドット・コムか楽天を利用した法がいい
本を買うなら各書店のネット店から

252吾輩は名無しである2018/03/03(土) 21:44:19.55ID:x2qc5DNO
>>249
へえー!わざわざ文書にもしてあるのか…!信念堅いなあ。一般人の僕らからしたらAmazon超便利だからついつい使っちゃうよね。あと僕のくだんないボケでスレを脱線させてごめんなさい…

253吾輩は名無しである2018/03/03(土) 22:43:04.43ID:joUTW4Lf
超便利なんだけど裏は超ブラック
それがアマゾン

254吾輩は名無しである2018/03/03(土) 22:49:21.43ID:joUTW4Lf
アマゾンはヨーロッパでも非常に評判が悪い
自国の小売を破壊しつつ利益をアメリカに持っていくし
カスタマーのためと言いながら取引先に厳しいノルマを課す
知れば知るほど使いたくなくなる
それがアマゾン

255吾輩は名無しである2018/03/04(日) 00:52:59.92ID:rAZanabX
家の近くに対応してる本屋があるなら、e-honもおすすめ
https://www.e-hon.ne.jp/

ここで注文して本屋に取りに行くんだけど、封されてるからどんな本を買ったかも店員に知られることはないし、
図書カードも使えるし、儲けはちゃんとその本屋の儲けになる。送料も本屋受け取りなら完全無料
ネット書店と本屋のいいところを兼ね備えたサービスだね

俺は地元の本屋を応援したいから、そこの本屋で直接買うか、店にない本はこのサービスで取り寄せてる
(店で注文するより店の人の手間も省ける)

256吾輩は名無しである2018/03/04(日) 09:35:12.49ID:CYe2iTqu
Amazon便利だからAmazonで買うよ
そして水声社の本は買わない

257吾輩は名無しである2018/03/04(日) 10:44:47.38ID:9PhpILHy
便利の裏にあるものを想像しないとダメだよね

258吾輩は名無しである2018/03/04(日) 11:19:40.00ID:aFOz+9iw
>>257
この一言に尽きるな
俺は一切使わんよ
本屋がなくなると困るのは自分だしね

259吾輩は名無しである2018/03/04(日) 11:56:32.10ID:stc2gKUB
俺はAmazon一択だわ
本屋は潰れてもいいよ

260吾輩は名無しである2018/03/04(日) 12:05:19.11ID:8oqt8R3b
本屋のない田舎の人には便利だよね
煽りでも何でもなしに

261吾輩は名無しである2018/03/04(日) 12:16:24.25ID:stc2gKUB
でもよく考えたら、ここ15年くらいは図書館で本を借りていて、新刊で本を買ってないわ
古本なら、ブックオフとAmazonのマケプレを利用してるけど

262吾輩は名無しである2018/03/04(日) 13:30:54.57ID:rAZanabX
人がそれぞれ使いたいものを使えばいいさ
Amazonの背後にあるものをいろいろ考えた末、本については俺は使わないという結論に達した

263吾輩は名無しである2018/03/04(日) 14:03:06.45ID:pHT4IwK5
俺もだいぶ前から本については使わないことにしている
いま使っているのはプライムビデオくらいで
これもやめてネトフリにしようか迷っているところ

264吾輩は名無しである2018/03/04(日) 18:32:20.68ID:9tmm9TnJ
俺は地元の本屋なんぞ応援したくない

以前バックナンバーを注文したら 時間かかりますよとモロ面倒臭そうな態度をされた
しかもしばらくしたら店の片隅にその専門誌のバックナンバーコーナーなんか作ってやがんの

本屋は潰れてもいいよ

265吾輩は名無しである2018/03/04(日) 19:46:04.61ID:OVvDfsz+
まあ店によるわ

266吾輩は名無しである2018/03/04(日) 20:18:45.34ID:5jsJ4azT
町の本屋がつぶれるのはアマゾンのせいではなく
「金のなる木」である雑誌、コミックの客をコンビニにとられたからだと思う

267吾輩は名無しである2018/03/04(日) 21:41:48.79ID:oUG0rrcZ
>>264
お前が応援しないのは勝手だが、それは私憤であって公憤ではないね

268吾輩は名無しである2018/03/04(日) 21:43:49.92ID:rAZanabX
>>266
それもおかしいよ
コンビニのせいでもあり、Amazonのせいでもある

269吾輩は名無しである2018/03/05(月) 02:13:53.65ID:tfDAyPyB
まあ、実際おれの地元で一番大きい本屋ですら海外文学はぜんぜん売ってないし、水声社の本なんかみたことないから、水声社がアマゾンに卸そうが卸さなかろうが本屋にとっては関係のないことだ

270吾輩は名無しである2018/03/05(月) 02:28:25.43ID:clWMyj6C
俺がAmazonを嫌うのはガチのブラック企業だからで、まちの本屋がどうのというよりは
和民嫌いだから和民を使わないというのに近い感覚だわ

271吾輩は名無しである2018/03/05(月) 13:33:30.94ID:2t89Wzph
Amazonより水声社の方が嫌いだな
ダメ企業、ダメ出版社は早く潰れろ
コルタサルやドノソも白水社から出せばボラーニョくらい売れただろうに

272吾輩は名無しである2018/03/05(月) 14:25:10.66ID:qyCrx9jq
弱小出版社の方がブラックだろう

273吾輩は名無しである2018/03/05(月) 15:59:40.96ID:FyjwM+GY
水声社は弱小ではないだろ

274吾輩は名無しである2018/03/05(月) 16:19:52.19ID:d/lDm8fS
5名(フルタイム・スタッフ)+1名(パートタイマー)
これは弱小

275吾輩は名無しである2018/03/05(月) 18:03:45.09ID:clWMyj6C
ここまで知名度あると弱小とは呼ばれないだろ
みすず書房も弱小なのか?

276吾輩は名無しである2018/03/05(月) 18:19:30.24ID:EPrHd/Cx
水声社なんて大して知名度ないよ

277吾輩は名無しである2018/03/05(月) 18:29:03.22ID:d/lDm8fS
水声社が弱小じゃないって社会に出ろよw

278吾輩は名無しである2018/03/05(月) 19:09:09.41ID:clWMyj6C
弱小というより少数精鋭ってのが正しい
たった五人で全国の読者相手に商売してるんだから

279吾輩は名無しである2018/03/05(月) 19:14:39.27ID:d/lDm8fS
言葉遊びだけは熱心だな

280吾輩は名無しである2018/03/05(月) 19:40:53.41ID:SgylQQkl
企業規模と知名度どっちの話をしたいんだ

281吾輩は名無しである2018/03/05(月) 19:47:31.87ID:d/lDm8fS
水声社に知名度があるというのが意味不明

282吾輩は名無しである2018/03/05(月) 20:19:32.61ID:L/98rZ6P
弱小というより零細
装丁製本をしっかりしてくれ

283吾輩は名無しである2018/03/05(月) 20:33:27.50ID:d/lDm8fS
梅ジャム工場も有名だけど弱小だろうね

284吾輩は名無しである2018/03/05(月) 21:22:32.86ID:XZSWJGZ2
少なくとも出版業界では弱小という言い方はしないな

285吾輩は名無しである2018/03/05(月) 21:25:43.32ID:d/lDm8fS
そりゃジャム業界でも梅ジャム工場を
弱小ジャム製造業とは呼ばないさ

286吾輩は名無しである2018/03/06(火) 02:59:22.69ID:Wms6gRfl
てか水声社のラテンアメリカ文学とかヘンリーミラーとかペレックとか小島信夫とか、ラインナップ凄すぎなんだが
ここが潰れたら困るからせっせと買ってるお

287吾輩は名無しである2018/03/06(火) 03:03:49.80ID:t+lqpHX8
梅ジャムって社長の血と汗と涙とその他もろもろが入ってるんだろ?再現不可能じゃんか

288吾輩は名無しである2018/03/06(火) 07:17:42.59ID:p9yI0WOu
梅ジャムは関東ローカルだよ

289吾輩は名無しである2018/03/06(火) 07:31:32.43ID:t+lqpHX8
生娘の血と汗と涙とその他もろもろが入ってる梅ジャムをオマケにつければ水声社の出版物もバカ売れでしょうね

290吾輩は名無しである2018/03/06(火) 07:59:08.71ID:K6GecvuA
Amazon絡みで水声社アンチがいるようだね

291吾輩は名無しである2018/03/06(火) 08:20:49.15ID:drVXULxd
>>282
良くないの?
感じないけど

292吾輩は名無しである2018/03/06(火) 21:47:31.95ID:/uo7dDyW
amazon、洋書や海外盤とかを買う分にはめちゃ良心的だけどな
在庫がある分はちゃんと取り寄せてくれるし

293吾輩は名無しである2018/03/08(木) 00:56:21.86ID:JCo4ZrTM
プラスチックみたいな滑る表紙嫌い
文庫ならいいけど

294吾輩は名無しである2018/03/08(木) 12:48:47.20ID:2N27guLR
僕は手汗かくからそっちのがいい

295吾輩は名無しである2018/03/08(木) 13:49:23.46ID:5hoE6yvP
>>278
水声社から2冊ぐらい出したか出す予定だかの老教授

その仲間の学者が書いた退官記念文で老教授のゼミを「少数精鋭」と呼んでいて
苦笑させられたのを思い出した

卒論だって自分の論文を写経させてるようなレベルなのにだよ

296吾輩は名無しである2018/03/08(木) 20:18:12.00ID:ctG4/Ech
はあ。それで?

297吾輩は名無しである2018/03/08(木) 20:44:33.82ID:fObJmYCC
>>295
あなた陰湿だねえ

298吾輩は名無しである2018/03/08(木) 20:49:59.59ID:fPSxV0HZ
水声社の出版物=梅ジャム

299吾輩は名無しである2018/03/08(木) 21:01:28.68ID:5hoE6yvP
>>297
ゴメンナサイ

300吾輩は名無しである2018/03/08(木) 21:06:47.46ID:fPSxV0HZ
フェミが巣食ってるというだけでお里が知れる

301吾輩は名無しである2018/03/09(金) 00:09:21.64ID:IId438xA
書肆風の薔薇の方が名前にインパクトあったのに。
最初は出版社の名前だと思わなかった。

302吾輩は名無しである2018/03/09(金) 00:22:44.16ID:FRRiJvO4
書けない漢字が社名に入ってると本屋が注文票書くのに苦労するから変えたと聞いたが

303吾輩は名無しである2018/03/09(金) 13:01:46.62ID:zaxG4tlp
気がつくの遅すぎ
アホだな

304吾輩は名無しである2018/03/09(金) 20:24:41.91ID:CctiN4be
つーか売り上げが伸びないのを社名のせいにしたんだろう

305吾輩は名無しである2018/03/11(日) 18:57:49.92ID:klrHnWfU
業績不振の理由のスケープゴートとして社名が悪いってことになって換えてみたら

今度は なんか「流れて消えゆく」って感じで縁起悪いなって印象

306吾輩は名無しである2018/03/11(日) 19:00:24.67ID:D/SyPMA+
陰湿なアンチいて草

307吾輩は名無しである2018/03/14(水) 04:38:44.40ID:xMGwslci
みんなドノソ再販買ったの?
持ってる人ばかりかな

308吾輩は名無しである2018/03/14(水) 16:44:48.69ID:o5XQvrm/
ドノソの小説って結構 金に困って盗むってパターンがあるよね。 つまり(ry

309吾輩は名無しである2018/03/14(水) 18:32:09.41ID:6WbF3DDB
貯金1000万円以上あるので、万引きなどする必要はない
欲しい本はいくらでも買える

310吾輩は名無しである2018/03/14(水) 18:52:41.60ID:o5XQvrm/
水声社が全集出してるサドの小説って結構 金に困ってないのに盗むってパターンがあるよね。 つまり(ry

311吾輩は名無しである2018/03/14(水) 19:57:36.37ID:BOf3Dl8U
貯金なんてないけどクオカード乞食して買ったぞ

312吾輩は名無しである2018/03/14(水) 23:43:48.38ID:Txd+s1jO
お前ら本当に水声社好きだな

313吾輩は名無しである2018/03/15(木) 17:35:41.93ID:I4ZYEks4
スペインの助成金があるんだっけ

314吾輩は名無しである2018/03/16(金) 19:35:55.93ID:hnNUbENh
社長がシュバリエなんだっけ

315吾輩は名無しである2018/03/23(金) 00:18:03.17ID:UNrBk5oD
結局のところ最高傑作はなんなんですか?

316吾輩は名無しである2018/03/23(金) 08:22:58.46ID:tN7gv3dn
100のんの孤独か石蹴り

317吾輩は名無しである2018/03/26(月) 03:10:31.96ID:sa372TYh
緑の家

318吾輩は名無しである2018/03/29(木) 18:24:14.74ID:k+B2Nxuk
>>244
普通に書店で取り寄せられるのにね

319吾輩は名無しである2018/03/29(木) 18:31:02.18ID:uitZKFen
どのみち買わないし

320吾輩は名無しである2018/03/30(金) 20:50:01.00ID:QNzlBJdO
あのぅ、勉強不足で申し訳ないんですけど・・・
2月に新しく出たドノソの夜のみだらな鳥、
新版旧版ともに鼓直さんの訳ですけど、これって改訳でしょうか?

321吾輩は名無しである2018/03/31(土) 00:26:20.02ID:g8Yimdwa
一緒だよ

322吾輩は名無しである2018/03/31(土) 00:31:26.93ID:QxyusSTN
今回のは、多少の誤植は寺尾隆吉が直したらしいが基本は同じ

世界の文学版からラテンアメリカの文学版は結構直してある

323吾輩は名無しである2018/03/31(土) 14:25:54.62ID:+Yut0s5C
>>321
>>322
ありがとうございます
そうなんですか
それにしても今回の復刊はページ数のわりに価格が抑えられているので嬉しいですね
最近は本の値段が軒並み高くなっていますから

324吾輩は名無しである2018/03/31(土) 15:34:57.54ID:QxyusSTN
>>323
うん。>>322はこのトークショーで言ってた
http://bookandbeer.com/event/el-obsceno-pajaro-de-la-noche/
夜のみだらな鳥は割と売れゆきがよく、5万部?くらいは売れたらしい
ただ印税は全部酒に消えたとのこと
鼓直は88歳だがまだお元気そう

325吾輩は名無しである2018/03/31(土) 16:46:07.19ID:cxuQMbYD
          \::: \
       , -― ー\::: \
      /ヽ     ヾ):   )
     /    人( ヽ/::: /
    .|   ノ ⌒,, 〈:: /'i
    |   /  (◎),〈/○)!    自演すんな 大馬鹿もの!!
     /ヽ |,  ー ┃ ー !     
    | 6` l U`  ,   、 .!    
     ヽ_ヽ  、_(、 _,)__/     
      \ u ヽJJJJJJ
       )\_  `―'/   
      /\   ̄| ̄_
     ( ヽ. \ー'\ ヽ

326吾輩は名無しである2018/03/31(土) 18:49:05.59ID:81VYOAlT
>>324
5万部売れただと?ホラはほどほどに

327吾輩は名無しである2018/03/31(土) 19:05:48.07ID:e+RbqOxx
売れたら困ることでもあんの?
あ、セドリクズ?

328吾輩は名無しである2018/03/31(土) 19:49:16.01ID:/Je6QA4z
本当に言ってたんだけどな
その割には古本があまり出回ってなかったですね、という話をしてた
30-40年前って、今では考えられないくらい本が売れてたのよ
ネットもDVDもなければ本読むっしょ

329吾輩は名無しである2018/04/01(日) 10:57:41.62ID:Z2Al6yrl
売上すげーな

330吾輩は名無しである2018/04/01(日) 18:41:41.90ID:ESrkQM9m
まあ5万は嘘だけどな

331吾輩は名無しである2018/04/01(日) 19:42:51.73ID:sikLjMZL
ではソースの伴った正解を

332吾輩は名無しである2018/04/02(月) 20:16:35.32ID:8a3VNf1c
イサベル・アジェンデの「日本人の恋びと」って本が出てるね
Kindle版も出ててへぇ〜と思ったけど、2900円って高い、高いよ

333吾輩は名無しである2018/04/08(日) 19:04:25.33ID:F6eQLPD9
デフレがずっと続いてるなかで、書籍だけは値が上がり続けてる
図書館で借りずに買ってるけど、なかなかつらいね

334吾輩は名無しである2018/04/08(日) 20:29:24.49ID:BxM0YZYz
読みたいリストから
古本の安いものをチェックして買ってる

335吾輩は名無しである2018/04/08(日) 21:49:36.14ID:f175WyqK
文学好きは何故貧乏なのか?

336吾輩は名無しである2018/04/08(日) 21:53:37.76ID:syX0ZveM
まあでも家庭があったりするからなあ
俺は書籍代月一万円と決めている

独身の読書好きならありえない金額

337吾輩は名無しである2018/04/08(日) 23:07:54.56ID:t+++E0eY
でも、実際毎月三万円くらい本を買っても二万円分くらいは積読になる
実際、皆さんは積読どれくらいある?からの

338吾輩は名無しである2018/04/08(日) 23:52:31.62ID:6r3kmZ38
独身の文学好きだが、本ならいくらでも買える
でも、最近は買いたい本もなくなってきて(積読しすぎで)、
あまり買っていない
他のものなら、色々買っている
革財布とか自転車とかチワワとかw

339吾輩は名無しである2018/04/09(月) 00:04:15.83ID:NqSqgson
ぬこ飼ったら可愛すぎて本読む時間が無くなった
本買う欲もぬこのごはんやおもちゃ買う欲に変わってしまった

そんな自分でも夜のえっちな鳥は二冊買いました

340吾輩は名無しである2018/04/09(月) 12:22:07.30ID:pjssQK5h
780  2018/04/04(水) 15:16:59.83 ID:+2PgfGmk0 [1回目]
自作の野猫捕獲箱っていろんなタイプがあるんだぜ!特に蓋を作動させる機構が作者によってサマザマ。

捕獲したのをバリケンネルをくっつけて移動させるときが最も気が抜けない作業。
あとは保健所職員が逃げさせる事例もあったので自分で責任をもって処分する

341吾輩は名無しである2018/04/10(火) 12:40:04.11ID:y7uPhCsm
>>333
紙やインクの原価は高くなっていて人件費は下がらない、
本は売れなくなってしかも固定費が高くなってるから下がらんよな
俺も頑張って買い支えてるが、大変だよな

342吾輩は名無しである2018/04/10(火) 15:53:06.78ID:yUzqpfB6
>>335
まぁそこは貧乏と云わずにせめて清貧と云っておくれ

343DJgensei 学術artchive gemmar髭白紫の上2018/04/10(火) 17:25:57.63ID:wtsGTjmU
性牝。ビン棒

344吾輩は名無しである2018/04/17(火) 12:02:46.29ID:notL/Gcz
光文社古典新訳文庫
2018年6月『奪われた家/天国の扉 動物寓話集』コルタサル/寺尾隆吉訳

345吾輩は名無しである2018/04/18(水) 23:53:48.30ID:bhSfZc6P
去年か一昨年にインtナビューでもうすぐ出るはずって言ってたけど、
ずいぶんかかったな

346吾輩は名無しである2018/05/17(木) 00:55:45.22ID:G3iR11wb
https://pbs.twimg.com/media/DKVE8i0VwAEskWO.jpg

ドノソも入れて欲しい

347吾輩は名無しである2018/06/10(日) 13:30:38.84ID:ltI7qboC
旧訳『ラ・カテドラルでの対話』バルガス=ジョサ 桑名一博・野谷文昭訳
集英社 1979年 1984年
 ↓
新訳『ラ・カテドラルでの対話(上)』バルガス=リョサ 旦敬介訳
岩波文庫 1320円+税 2018年6月15日発売

バルガス=リョサがノーベル賞を受賞した時、出版社各社が彼の作品を復刊したり文庫化したりしてたのに、なぜ集英社は『カテドラル』を復刊しないのだろう…と思ってたけど、契約上すでに翻訳独占権を失ってたのかもしれないね

348吾輩は名無しである2018/06/11(月) 11:00:31.90ID:6QyPAIds
ほう

349吾輩は名無しである2018/06/11(月) 11:32:50.86ID:C/1zSYDi
桑名一博氏の名前を見かける度にセクシャルバイオレッドNo.1が思い浮かぶ

リョサはフローベール論も復刊してほしいな、個人的にはハスミンのより好き

350吾輩は名無しである2018/06/13(水) 03:34:38.22ID:B6PgrURe
微妙…『ラ・カテドラルでの対話』は読むの疲れるだけ
電子版ならありか

351吾輩は名無しである2018/06/14(木) 16:13:27.16ID:lghnlrTo
『カテドラル』はタイトルに惹かれて読んだけど、つまらなかったな

352吾輩は名無しである2018/06/14(木) 18:42:59.40ID:2WPDic2B
>>344
>>347
コルターサル→コルタサル
バルガス・ジョサ→バルガス・リョサ

寺尾隆吉は今でも「バルガス・ジョサ」と表記してるんだよな

353吾輩は名無しである2018/06/14(木) 19:24:55.52ID:ot14yT7f
新訳は読みやすくなるのかな…
とにかく読書ですはなく苦行としか言いようのない作品だけど

354吾輩は名無しである2018/06/14(木) 20:26:51.20ID:lghnlrTo
『燃える平原』岩波文庫刊行

355吾輩は名無しである2018/06/14(木) 20:35:59.24ID:BK2ssyLV
へえー
燃える平原か

356吾輩は名無しである2018/06/18(月) 19:33:35.19ID:oZWEma8Y
ジェスス

ヘススだろ

357吾輩は名無しである2018/06/23(土) 18:33:00.06ID:BpTntqEO
ジョルヘス

358吾輩は名無しである2018/06/26(火) 15:33:53.27ID:WcSOFsaG
アルゼンチンGK→ウィルフレッド・カバジェロ(Wilfredo Caballero)
マリオ・バルガス・リョサ(Mario Vargas Llosa)

やっぱりスペイン語的にはバルガス・ジョサと書くべきでは?

359吾輩は名無しである2018/06/26(火) 15:46:45.44ID:tVfP5wzg
>>358
同じスペイン語でもペルーは発音が違うからリョサが正しい
[?ma?jo ?βa??as ??osa]
ジェイスモまたはイェイスモ(スペイン語: yeismo)とはスペイン語の音素 ll /?/ を y と同じように有声硬口蓋摩擦音 [?](ヤ行に近い)や有声歯茎硬口蓋摩擦音 [?](ジャ行に近い)などで発音すること。
また、そのような発音をする人をジェイスタまたはイェイスタ (yeista) という。スペイン、中南米の多くの方言で見られ、硬口蓋側面接近音 [?](リャ行に近い)で発音するのが標準語とされていたスペインでも今ではジェイスモの発音が多くの地域で用いられている。
一方、南米のボリビアとパラグアイの全域、ペルーのアンデス山脈、エクアドルとアルゼンチンの一部、コロンビアの高地では現在も [?] の発音が残っている。

360吾輩は名無しである2018/06/26(火) 15:52:21.28ID:tVfP5wzg
y ヤ行とジャ行
yの発音は歴史的には半母音のヤ行であり(この発音は一部の北部方言に残っている)、時代を下っていくうちに摩擦音のヤ行で発音されるようになった。
アンダルシアなどスペイン南部では同じく摩擦音であるジャ行(フランス語のjと同じ発音)で発音され、マドリードなどのスペイン中部でもヤ行とジャ行の中間的な音で発音されることもある。
スペインの規範を定める機関のレアル・アカデミア・エスパニョーラでは、スペイン北部から中部にかけて優勢であるヤ行を標準としている。
中南米ではメキシコや中米においてヤ行で発音されることが多いが、ペルーなどを除いた南アメリカではジャ行で発音される(ブエノスアイレスでは無声化してシャ行になる)。

ll リャ行とヤ行とジャ行
llの発音は昔はリャ行に近い音で発音されていたが、近年スペインでは北部方言などを除いてリャと発音されることはほとんどなく、yと区別せず発音される。
そのためスペイン南部(特にアンダルシア方言)、中南米ではジャ行に近い音で発音する国もあり、またアルゼンチンやウルグアイなどではシャ行の発音をする方言的な地域もある。

こういうのは、海外との接点の少ない内陸の地で昔の発音が保存されている
ペルーやスペイン中部はその好例
ジェイスモの地域を見るとわかる

361吾輩は名無しである2018/06/26(火) 16:50:13.89ID:WcSOFsaG
>>359
>>360
W杯を見てるとスペインと南米の選手名はほとんど「ジャ」音で表記してるけど、「リャ」音はペルー訛りだったんだな
よく分かった。ありがとう

362吾輩は名無しである2018/07/02(月) 01:17:22.23ID:tEMnoQ/+
イサベル・アジェンデ(Isabel Allende)

363吾輩は名無しである2018/07/04(水) 13:15:48.56ID:NA4UKfuc
90年W杯→カニージャ(アルゼンチン)

94年W杯→カニーヒア(アルゼンチン)

子供だったからこれも混乱したわ

364吾輩は名無しである2018/07/05(木) 22:02:55.86ID:mYqpW0Dt
カルペンティエルの失われた足跡買った
文章の息が長くて動的で読み辛いが面白い
原文もこんな感じなのかな
大江健三郎の文体にちょっと近いものを感じる

365吾輩は名無しである2018/07/06(金) 00:32:28.89ID:WGaxelbz
燃える平原文庫5月に出てるんだ
ハードカバー持ってるけど買っちゃおうかな
短編集はやっぱ文庫いいよね

366吾輩は名無しである2018/07/09(月) 01:48:24.86ID:M2QdH0yN
>>1
『フエンテス短篇集 アウラ・純な魂 他四篇』木村榮一訳
定価778円(本体720円+税)
2018年7月18日重版再開(1995年7月17日発行)

367吾輩は名無しである2018/07/09(月) 09:43:31.45ID:M2QdH0yN
>>366
岩波文庫

368吾輩は名無しである2018/07/09(月) 19:04:17.42ID:qeI9CSr2
某書の解説にあるんだけど、エドワルド・オルンベルグっていう
19世紀のアルゼンチンの作家知ってる人いる?
綴りはEdward Orenburgかと思うんだけど

369吾輩は名無しである2018/07/19(木) 23:00:11.68ID:2/P8nfgg
夜のみだらな鳥再販出てたんだな
ずっとフィクションのエルドラード追ってたけどいつまで経っても出ないからサイト暫く見てなかったわ
明日ジュンク堂行ってくるわ
流石にまだ店頭にはあるよな

370吾輩は名無しである2018/07/20(金) 01:57:47.92ID:ZAlOMFM/
カテドラルの新訳読みやすくていいけど、どうせならリマ市の地図くらいは併載して欲しかったな
ラテアメ文学の邦訳はその辺不親切なのが多い気がする

371吾輩は名無しである2018/07/20(金) 11:17:33.16ID:LS9zjIQb
夜みだ買ってきた
初版がまだ二冊店頭にあったわ
ちなジュンク堂

372吾輩は名無しである2018/07/20(金) 11:23:40.17ID:FCyWEWDL
夜みだはこのクソ暑い時期に読むと最高だぜ
熱帯夜の悪夢みたいに闇の底から得体の知れない黒いヤツがふつふつと……

373吾輩は名無しである2018/07/23(月) 10:51:33.53ID:R0BvQ+/d
ヘンリージェイムズのなにがいいのかわからない

374吾輩は名無しである2018/07/30(月) 15:29:22.15ID:KbCYu1HL
>>370
新訳で評価変わりそうですか?

375吾輩は名無しである2018/08/04(土) 18:07:39.09ID:9SAX+qBe
カテドラルを読んでて思うのは、学生運動をやっていた(もしくはそれを近くで見ていた人)人間が冷静なになって当時を総括してんだよな
歩んだ歴史や状況が違うから一概に比べられないんだろうが、そうれでもこういうのは日本だと全然みないな

376吾輩は名無しである2018/08/04(土) 18:34:53.68ID:ns1srwnX
当時熱狂的な左翼だった連中がその反動で右翼になったってタイプならこの国にもゴロゴロいるけどね

377吾輩は名無しである2018/08/06(月) 17:17:19.79ID:+tEdbOZd
ガルシア・マルケスはじめ南米作家は左翼が多いが、
バルガス・リョサはそうではないんだよな
共産革命への熱い思いはまるでない

378吾輩は名無しである2018/08/06(月) 17:46:26.96ID:kaPGpem7
昔はけっこう熱心に左寄りの発言してたんだけど時代を経るごとに右寄りにシフトしていった感じだなリョサは
アルベルトフジモリに選挙で負けたのが原因と言う人もいるけどどうなんでしょうね

379吾輩は名無しである2018/08/06(月) 18:17:56.79ID:L5jxfNyn
Obradorを批判しているが
南米の左翼はカリスマが民族主義煽るからな

日本は左翼で混乱した経験が
薄いから結構ナイーブ

380吾輩は名無しである2018/08/07(火) 22:14:31.31ID:kHcAU4rw
マルケスは共産革命に懐疑的だったがカストロ個人は好きだった
リョサは共産革命に熱狂したがその後失望したってなんかで見た

381吾輩は名無しである2018/08/07(火) 22:17:45.47ID:kHcAU4rw
カテドラルの対話はラシュディの「悪魔の詩」「ムーア人の最後のため息」で読んだ跡を感じたな
悪魔の詩なんかほとんど漫画なのに最後カテドラルの対話っぽくてなんじゃいと思った
ラシュディの方が今の若い人に世代近いし読みやすいとは思う

382吾輩は名無しである2018/08/07(火) 23:51:59.38ID:a7y8YbS5
世界でもまともな共産国家はカストロのキューバだけだよな

383吾輩は名無しである2018/08/08(水) 00:20:44.12ID:k+03LdBW
元々は反植民地主義闘争だったのが
民族主義をとびこえて一気に共産主義になってしまう
その場合は共産党独裁になるのだが
反対は軍事独裁政権による独裁しかない
南米はこのパターンが多い
特に軍事独裁政権による圧制が

リョサはどちらでもない
欧米先進国のような議会制民主主義の定着を訴えたわけだ
カテドラルでの対話はそういう政治思想で書かれたものなのだけど
あんなにわかりにくい書き方では駄目だと思う

384吾輩は名無しである2018/08/08(水) 01:16:43.67ID:Sr4PIiXQ
あれだけ象徴的にドン・フェルミンとドン・カジョを扱っているんだから分かりにくくはないでしょ
カテドラルの良さは良いところも悪いところもどちらもフェアに描いているところだわ
政争によって平気で遠くの人間を傷つけていくドン・フェルミンも半径数メートルに人間に優しい
作中の言葉を借りれば碌でなしの顔をしていない本当の碌でなしだけど、厳しさしかないドン・カジョよりはマシなんだなと思わせてくれる

385吾輩は名無しである2018/08/08(水) 13:24:08.99ID:8DWj3aui
結局のところ、バルガス・リョサでは『緑の家』と『世界終末戦争』が残るだろう

386吾輩は名無しである2018/08/08(水) 14:04:14.96ID:sXOzT5Be
水を得た魚もよい
青年時代の自己分析なんか舌を巻いた記憶
いつか読み直したい

387吾輩は名無しである2018/08/08(水) 18:27:05.03ID:6QdnGekB
緑の家がなぜ評価されてるのかわからない
欧米じゃ別に代表作でも何でもないだろ

388吾輩は名無しである2018/08/08(水) 18:46:04.42ID:wedsEXkI
ウィキペディアではカテドラルが
代表って書きようだな

389吾輩は名無しである2018/08/09(木) 07:02:14.02ID:6u1RMsOp
「緑の家」でロムロ・ガジェーゴス賞を取り、
受賞スピーチで「文学は熱い炎」とか言って、
作家として名前が知られたんだよね。
世界に名を売った代表作といっていいんじゃない?

390吾輩は名無しである2018/08/10(金) 00:58:04.06ID:lMRJWpTk
>>375
>カテドラルを読んでて思うのは、学生運動をやっていた
>(もしくはそれを近くで見ていた人)
>人間が冷静なになって当時を総括してんだよな
>歩んだ歴史や状況が違うから一概に比べられないんだろうが、
>そうれでもこういうのは日本だと全然みないな

大江健三郎の「河馬に嚙まれる」がそれに近いような気もするけれど
高橋源一郎や笠井潔のようにのめり込んでいた人の書くものはそうでもない
矢作俊彦もどうだろうかね
平井和正や山田正紀といったSF作家が挫折体験に基づく人間不信を
SFという形で何とか書いている
本当は柴田翔あたりがキチンと書けば良いのだけど
学生の書生談義では終わらない裏社会がらみの話が多いからなあ

391吾輩は名無しである2018/08/10(金) 13:56:36.99ID:oKEiVSyT
サバトはルカーチに影響されてんのかな

新着レスの表示
レスを投稿する