夏目漱石の『こころ』

1吾輩は名無しである2018/01/10(水) 15:40:15.08ID:d5zaO61E
不朽の名作にして純文学の頂点に立つ作品、夏目漱石の『こころ』について語りましょう

2DJ学術 2018/01/10(水) 15:59:49.88ID:nHGH623B
主人公がいいんじゃないの?池でどうかした方。他人が’描’かれていて
ぶれてボケてない。

3吾輩は名無しである2018/01/10(水) 18:15:08.79ID:nBcTmtCx
おちんぽしこしこ

4吾輩は名無しである2018/01/12(金) 05:09:02.18ID:B8Sya2uU
先生ってどうして働かないの?

5吾輩は名無しである2018/01/12(金) 09:40:29.48ID:XqF0zyOs
食えるから

6吾輩は名無しである2018/01/13(土) 05:29:39.00ID:r7fFGmpP
いいご身分ですね

7吾輩は名無しである2018/01/14(日) 11:05:53.01ID:vfKxIQxg
Kはどうして自殺したのですか?

8吾輩は名無しである2018/01/14(日) 11:24:21.21ID:xAmn5WRd
死にたくなったから

9吾輩は名無しである2018/01/14(日) 11:48:09.12ID:SWIbg7jY
先生ってプー太郎なのになぜ先生なの?

10吾輩は名無しである2018/01/14(日) 20:29:59.99ID:blWidIrJ
「私」は「先生」にも傾倒しているが、
実はまだ若くて綺麗な奥さんに惹かれるところがあって先生のお宅に通っているのだ

11吾輩は名無しである2018/01/15(月) 07:44:04.85ID:B4Q/nOIj
あの後「私」は「先生の奥さん」と結婚したという評論家もいるが俺はそれは間違っていると思う

12吾輩は名無しである2018/01/16(火) 07:59:11.20ID:Sjaeyrgj
恋は罪悪ですよ

13吾輩は名無しである2018/01/16(火) 15:42:18.06ID:GiF4H/kJ
父危篤中なのに、先生の亡くなった後の未亡人に会いに電車に飛び乗る「私」

留守中に父親が無くって遺産分割の話し合いにも出られずハブられるね

その代わり奥さんと結婚して、先生の財産を受け取るかもしれない罠

14吾輩は名無しである2018/01/16(火) 16:39:35.07ID:9vfSUS/f
国語の授業では先生の遺書の部分しかやらないからなにがなんだかわからんよな
あの人は高等遊民なの?

15吾輩は名無しである2018/01/17(水) 09:13:08.32ID:IHNnfEYw
ニートです

16吾輩は名無しである2018/01/17(水) 21:22:44.29ID:6dI4ArRN
明治天皇が死んだという理由で、最後は先生が死んで終わりだった?
天皇主義者でも、ましてや当時を生きていた訳でもないから
明治天皇が亡くなったから死ぬという感覚が全くわからない
ましてや、「こころ」の中の先生は軍民でもなければ、作品の中でそういう思想が強いという描写もない
当時の庶民の感覚だと共感するのだろうか

17吾輩は名無しである2018/01/18(木) 00:31:13.12ID:NhIA0WdK
昭和天皇が崩御された後に殉死した老人もたくさんいたよ

18吾輩は名無しである2018/01/18(木) 00:39:53.89ID:5Rs3Rf2O
>>17
調べたら昭和天皇の時は10人ほどいたみたいだね
明治天皇の時は調べても出てこなかったけど
当時は禁止されていたらしい。
漱石だったり、そういう一部の人には衝撃を受けた事件だったぽいね
ただこれが大衆の心を掴むかどうかはなんとも言えない

19CHATBAND代表取締役 ◆8zraPlEQsU 2018/01/18(木) 20:33:26.76ID:uUBSeaN0
ibooksで読むかな。途中で積読状態になりました、この作品

20吾輩は名無しである2018/01/18(木) 23:26:45.80ID:+EQYs0Ii
>>16
理由というよりも、きっかけだったんじゃないかと思う

21DJ学術 2018/01/19(金) 08:23:22.56ID:hRfQ9pJU
舞姫の方がいいと思う 鴎外。

22DJ学術 2018/01/19(金) 09:23:37.58ID:hRfQ9pJU
擬古文調はリズムもよく耳障りもいいから、古典芸能の素養がつくだろう。
現代語訳でもいい。

23吾輩は名無しである2018/01/19(金) 11:42:06.73ID:KE1uYwrK
森鴎外の『舞姫』は高三の国語の教科書に載っていた。
夏目漱石の『こころ』は俺が使っていた教科書には載っていなかったから先生がプリントしたもので高三の時に授業で習った。

24吾輩は名無しである2018/01/20(土) 00:29:39.41ID:cERaJqdR
先生はどうして自殺したのですか?

25吾輩は名無しである2018/01/20(土) 00:52:02.46ID:CMparBmd
軍人や元大臣が明治天皇に殉死するなら納得できても
ニートだった先生が明治の精神に殉死すると言っても「えっ?」という感じだよな

死ぬ機会を得たかっただけだろうな

26吾輩は名無しである2018/01/20(土) 00:55:19.41ID:y6zdnehh
明治天皇が死んだ時に夫婦で殉死した軍人がいたけど
漱石は衝撃を受けたんだろうね
ただ殉死を描きたかっただけかもしれない。作品の中の都合というより、作者の気分

27吾輩は名無しである2018/01/21(日) 18:01:52.97ID:HJcvYRRT
乃木将軍な

28吾輩は名無しである2018/01/22(月) 02:35:41.53ID:EWYYyeV8
先生はどういう学問を研究しているのですか?それとも学者ではなくて思想家なのですか?

29吾輩は名無しである2018/01/23(火) 00:37:47.79ID:inQJCRwZ
『こころ』は外人が読むとホモ小説に思えるらしい

30吾輩は名無しである2018/01/24(水) 01:29:39.47ID:PDFZ47tX
Kが可哀想

31DJ学術 2018/01/24(水) 10:50:36.75ID:OgkZMREB
思想家の人もいるのかい。僕は学者も兼ねているけど。暦学とかにくわしくなりたいね。また聖夜の誕生を祝うために。

32吾輩は名無しである2018/02/07(水) 07:09:25.94ID:YnovQKXi
先生は優れた思想家なんだから本でも出版すればよかったと思う。才能の持ち腐れだな。

33吾輩は名無しである2018/02/07(水) 10:54:06.29ID:YnxkICTu
>>24
働きもせずにウジウジ悩んでいたのが原因。
死ぬほど働いていれば悩んでいる暇はない。

34吾輩は名無しである2018/02/07(水) 10:57:48.50ID:tX3kOsIH
先生は明治文学の象徴だよ
時代だから明治天皇と一緒に死ぬしかない
平成文学はもうすぐ死ぬだろ?

35吾輩は名無しである2018/02/07(水) 18:47:50.99ID:7J5opuYf
明治時代は士族で教養はあるけど働き口がなく、ブラブラしていた人は結構いたらしい

戦後「勤労」が憲法で義務とやらおかしな事を規定されて容認されない存在になって来た

36吾輩は名無しである2018/02/07(水) 18:56:08.29ID:7J5opuYf
戦後憲法はクソ

37吾輩は名無しである2018/02/14(水) 02:57:10.54ID:KKsqUOmC
先生はどうして働かないのですか?

38吾輩は名無しである2018/02/16(金) 03:32:57.21ID:sCfhBlGD
先生は乃木将棋と一緒で明治の精神に殉死したのです

39P ◆.uKag/vUmY 2018/02/17(土) 03:56:44.98ID:zJwh+iaD
働いたら負けかも知れないと思ってしまったんだろうな

40CHATBAND代表取締役 ◆8zraPlEQsU 2018/03/07(水) 09:45:07.15ID:J02aCRs/
イギリスでノイローゼ気味になったそうですが、偉いのは恐らく阿片類には手を染めなかったっぽいからかな

41吾輩は名無しである2018/03/07(水) 14:11:07.75ID:7Kc3XCsx
>>37
生来怠け者だった性格に加え働かなくても食べていけるお金があったから。

42P ◆.uKag/vUmY 2018/03/17(土) 01:18:29.71ID:72gklRNh
漱石は裸体画に衝撃を受けたくらい生真面目な人なので麻薬をやるという選択肢がそもそもないと思います。けっきょく発病しても向精神薬すら自分からは飲まなかったんじゃないかな。あまりに症状がひどいので奥さんが食事に混ぜて飲ませた説がありますけど。

43吾輩は名無しである2018/05/12(土) 22:00:27.61ID:AHrc2ZOw
先生のような高等遊民的な生き方に憧れる。社畜は勘弁。

44吾輩は名無しである2018/05/18(金) 05:05:33.92ID:KCcPsS3s
>>1
失敗作だよ
色々おかしい

45吾輩は名無しである2018/05/23(水) 04:57:07.21ID:9WeqarOw
「こころ」って言うほど良くないな。
厨二が好みそうな作品名ではあるが。

46吾輩は名無しである2018/05/30(水) 19:08:10.52ID:vFS7TKmk
女の取り合いで勝った、負けた奴が自殺、
それを永年気に病んでいた、明治天皇崩御、
おれも自殺、それだけのことを長々と、
いじいじした暗ーい漱石、不健康だなあ

47吾輩は名無しである2018/06/07(木) 12:15:30.45ID:1Tongryf
>>44
人間の心はおかしいものですよ

48吾輩は名無しである2018/06/20(水) 10:11:17.66ID:Q6kyZGnC
失敗作だね
色々おかしい

49吾輩は名無しである2018/06/22(金) 17:32:05.07ID:1NzZYrzF
先生に働かなくても暮らせるお金があったのが不幸だった。
貧しければ生きるのに精一杯で悩んで入る暇がない。

50吾輩は名無しである2018/06/26(火) 19:57:53.60ID:R7gyvGnE
色々おかしい
失敗作だね

51吾輩は名無しである2018/06/30(土) 22:59:18.13ID:g9Vt9/ud
小説とは荒唐無稽、普通の世界ではありえぬことを
表現するのが真髄。さて我が金之助のココーロは

あまりにも現実的でくだらねえ、どんでんがえしの
つもりがとんだ茶番。

52学術2018/07/01(日) 08:22:47.46ID:e02Yabcx
草枕の時代より、大学も進んでいて、昔の国立大学などに
負担を掛けないような仕事ができていればいいのかもね。

53吾輩は名無しである2018/07/01(日) 19:12:58.21ID:r8eL/DXV
夏目漱石って本質的に根が暗い人だったんだと思う。
「坊っちゃん」なんかだって大人になってから読むと非常に暗い小説。

54吾輩は名無しである2018/07/01(日) 19:21:07.22ID:BJZJNd+6
主体性の欠いた人間が状況や人間関係に強いられてなんとなく動いた結果
窮状に追い込まれていく、というパターンで
自意識だけは過剰だけど事態の打開につながらないのでもだえ苦しむだけで終わる
そういう作品が多い

55吾輩は名無しである2018/07/01(日) 20:39:43.79ID:ib8VNfZT
>>54
なかなか鋭い観察力ですね。

 でも、我々一般人の多くは、 貴方のように「主体的に動き、窮状を打開し、
  人生に成功する」・・事なく、 
 「もだえ苦しむだけで終わる」んだと思うけどね。

  >>53 の方と同様、つまんない人生を送ってる者と拝察申し上げます。
  漱石に拘泥せず、好きな事を思い切りやって下さい。ご自分の為に。
 

56吾輩は名無しである2018/07/04(水) 09:37:16.18ID:rZg4s+qy
>>55で、おまいさんは悶え苦しんどるのかえ?、で?

57吾輩は名無しである2018/07/04(水) 12:21:08.19ID:lQxT4wJ4
くだらないコメントばかりでびっくりする
たまたまバカしかコメントしないのか
あるいはこの作品がつまらない作品だからか

58吾輩は名無しである2018/07/04(水) 18:43:10.27ID:rZg4s+qy
>>57さういふお前のこめんとはだうなのさw

59吾輩は名無しである2018/07/04(水) 21:52:36.86ID:5yR0GYil
>>55
>でも、我々一般人の多くは、 貴方のように「主体的に動き、窮状を打開し、
>人生に成功する」・・事なく、「もだえ苦しむだけで終わる」んだと思うけどね。

漱石の作中人物はいちおう主体的に動いた結果、窮状に追い込まれ
それ故に「意識」獲得することになる
世間一般の人は「根を生やして」(坑夫)生きているので
逸脱もそれほどなく「意識」の獲得までには至らない
そういう世人との意識上の格差が更に苦しみを倍化させるというのが
漱石作品上の主人公たちの特徴ですね

ドストエフスキーなら「自然の悪意」(白痴)と表現するような
自意識による業苦であり
それ故に「意志を持ったものが勝つのじゃ」という呪詛も生まれる
漱石作品の人物は盲目的な意志に身をゆだねるにはあまりに理知的であり
それは漱石自身にも当てはまる
本当に不幸な人だったと思いますね
私はそれに倣おうとは思わないな、苦しいだけだもの
ああいう病者の作品が「国民文学」として賞揚されるのもよく分からない
漱石作品といちばん遠いところにいるのが我々日本人大衆ですよ

60吾輩は名無しである2018/07/04(水) 22:23:25.58ID:DLMAicSQ
>>59
こんばんわ。

  何言ってるか分かりませんが、繰り返します。

   漱石に拘泥せず、好きな事を思い切りやって下さい。

     漱石は日本国民に愛されて幸せだと、私は思います。

  もし本当に、貴方が現在の日本人大衆の代表で有るならば、もはや

   日本は終わってるはずです。
  

61吾輩は名無しである2018/07/07(土) 08:16:38.09ID:P3KfGmMO
喧嘩を止めて

62吾輩は名無しである2018/07/07(土) 10:32:21.60ID:KogPO61L
韓国人に我々日本人とか言われたくないねー

63吾輩は名無しである2018/07/09(月) 08:52:09.88ID:1XZYtNiA
>>60

>漱石は日本国民に愛されて幸せだと、私は思います。
 漱石は赤日しんぶんと赤波しょてんに愛されて幸せだと、私は思います。

64吾輩は名無しである2018/07/12(木) 10:11:16.42ID:eH+0kTLr
分析マンと説教マンじゃ話がかみ合わないのも納得だ

65吾輩は名無しである2018/07/13(金) 23:51:25.82ID:9ZHZbVO5
これは幼稚な構成と幼稚な思想でできた幼稚な作品といったん評価した。

しかしこのような謎の先生がいて、その謎を明かして自殺する、という構成の
日本初の作品であって、その後、硬軟取り混ぜたストーリーで何度も真似されて
逆に初発の作品までも陳腐に見えるようになったという可能性は高いと思う。
これは思想、つまり結局人間はエゴイストで、それに絶望し自殺するという安易さ陳腐さも
同様で、さんざん真似された結果である可能性が高いとも思う。

確かに他の作品の三角関係とかに比べると、はるかに高校生の夏休みの感想文に
ふさわしい作品で、そういった意味でのレベルの低さ、青さというものがあるのかもしれないが、
それ以上に現在では陳腐なぐらいにありきたりさに満ちた作品になっていることのほうが大きく、
それは逆に言えばそれだけ使い古されるぐらいに影響を持った作品だったと言えるのかもしれない。

66吾輩は名無しである2018/07/15(日) 19:43:44.14ID:ec3zh28s
活字で残る小説家は幸せ。 
音楽家くわしくは音楽演奏家は作曲家と比べて
すぐに忘れられる。リストやパガニーニは作曲で
記憶にとどめられているだけ。ひどいのは指揮者。
聴覚に訴えるものは歴史にのこらない。
 一世を風靡したと言われるアリスチド ブリュアン
なんてロートレック、スタンランがのこしたポスター
で知られるのみ。

67吾輩は名無しである2018/07/15(日) 20:23:35.53ID:DEJl1LLU
指揮者は漫画でやテレビで残るW
のだめカンタービレとかで、馬鹿な女どもをイケメン玉木が喜ばすW
軽薄馬鹿な漫画女がイケメン指揮者を持ち上げる。
クラシックの世界で作曲家が偉いのは当たり前。
演奏家は作曲家の奴隷に過ぎない。

68吾輩は名無しである2018/07/15(日) 22:06:23.64ID:V2sfNjPP
こんばんわ 説教マンです。 今日は暑かったねーー!!

 所で、66,67にお説教申しあげます。(大いにスレチだが)

 あんたらクラシック音楽について何か言ってるが、到底
 音楽の信奉者とは思われない。
  我々の耳に入って来るのは演奏家の奏でる音であり、芸術と評される音楽に
 誰が偉いとか、誰が可哀そうだとかの感想を持つのは、心酔する音楽を持っていない証左。

  このスレでも言ったと思うが、「芸術を分析するのは、分析して飯を食ってる
 連中ならまだしも・・」我々一般がするべき事じゃあない。
 先ず、好きか嫌いかを言えば良い。

  >>67
> 演奏家は作曲家の奴隷に過ぎない。
   貴方がクラシック音楽が好きじゃあない証左。 
   嫌いな事物に対してコメントする理由は、それこそ心理学で分析済み。      
    

69吾輩は名無しである2018/07/16(月) 01:06:08.73ID:I7O5HM7C
お前にとって思い切りやりたい好きなことは、説教か?
つまんない人生だなw

70吾輩は名無しである2018/07/16(月) 09:08:39.83ID:Hl3eDO9h
演奏家はコピー作家に過ぎない。

71吾輩は名無しである2018/07/16(月) 11:29:04.23ID:Hl3eDO9h
赤波や赤日の宣伝で虚名を博した小説家について
語ることがすくないせいか、みな苦心しているのだ。


演劇も悲惨だね。役者も死んだらまあ十年もしないうちに
忘れ去られる。 九代目市川団十郎が名優だった?
はてね? サラ ベルナールが大女優だった?はてね?

72吾輩は名無しである2018/07/18(水) 08:54:43.09ID:J+6yyuDW
>>68によりますとアリスチド ブリュアン は
クラシック音楽かてなことになーるw

73吾輩は名無しである2018/07/18(水) 12:56:06.54ID:GobsVsUF
>>68
俺がクラシックファンじゃないのは当たり。
だが、クラシックの世界の作曲家と演奏家の地位関係ってそんなもんだよ。
色んな人がそういうことを書いてルンダヨ。
ジャズの場合は違うらしいけどね。

74吾輩は名無しである2018/07/18(水) 13:26:48.28ID:J+6yyuDW
>>73アリスチド ブリュアン はジャズじゃないよ抱腹絶倒

75吾輩は名無しである2018/07/18(水) 18:04:33.27ID:GobsVsUF
>>74
君の頭はファンタスティックだ。

76吾輩は名無しである2018/07/18(水) 18:12:20.55ID:iu8JVH3s
スレチゴメンな! あちーので「こころ」は一寸わすれて・・

ロートレックのムーランルージュのポスターは良いよね。
小生は LA GOULUEの奴が一番好きだね。・・・@
そんでステレオ写真もやってるが、Aの他数種持ってます。


@  https://fr.wikipedia.org/wiki/La_Goulue

A  https://www.gettyimages.ae/detail/news-photo/le-moulin-rouge-paris-la-goulue-can-can-dancer-sitting-news-photo/503035305?#/le-moulin-rouge-paris-la-goulue-cancan-dancer-sitting-about-1880-picture-id503035305

77吾輩は名無しである2018/07/19(木) 07:30:27.05ID:HdbJwo8F
>>76面白い しかし La Goulue はブスだねえ
アメリカ人Loi(正しくはiにウムラウト)e Fullerももてたね
世紀末には奇抜なにんげんばかり 

78吾輩は名無しである2018/07/19(木) 09:52:30.35ID:HdbJwo8F
さうさう貞奴に音二郎、世紀にも入っていた頃か?

79吾輩は名無しである2018/07/19(木) 21:45:04.45ID:i+U1R4+/
77,78の先輩方へ・・一寸面白い年表です。

1839 ダゲレオタイプ 写真
   ・・・
1862 Loie Fuller 生誕
1864 川上音二郎 〃
1866 La Goulue  〃
   ・・・
1877 エジソン レコード
1889 大日本帝国憲法 発布
1895 日清戦争
   ・・・

80吾輩は名無しである2018/07/21(土) 19:08:45.56ID:uqlrjp5I
それにしても露伴のいさなとり、鯨獲り、はAlexandre Dumasの
小説のごとく仕掛けに満ちたロマンです

81吾輩は名無しである2018/07/21(土) 21:46:19.38ID:jn+sfNeK
>>80
 露伴好きの先生よ!
 漱石スレに粘着しないで、自分で露伴スレ立てなよ!

 漱石の他スレで五重の塔を絶賛してたので、青空文庫見てみた・・・

 「木理美しき槻胴、縁にはわざと赤樫を用ひたる
    岩畳作りの長火鉢に対ひて話し・・」・・・五重の塔

  二行目に進む勇気は無かった。

 c.f 「山道を登りながら こう考えた」

 

82吾輩は名無しである2018/07/22(日) 06:49:30.35ID:OSLhWSs1
>c.f 「山道を登りながら こう考えた」

 まずc.fはまちがいcf.が正しい。日本文学を論ずる
なら「参照」としたい。次に、「こう考えた」は「かう
考へた」が正しい。

 豎子>>81は露伴の格調高き文語を理解できぬ
と自ら語れり。

83シャシャキ2018/07/22(日) 09:13:38.50ID:31WK6Hww
露伴の五重塔なんか冒頭なんか。から。までが400字ぐらいなんだが、ここじゃそんな投稿は不可能w
一般からは風采上対照的な二人の大工の五重塔建築受注から竣工までを巡る人情話と見られてる?から映画やテレビで何度も取り上げられたんだろう。
まあ、今では五重塔の先祖であるstupaやpagodaは仏教美術や仏教研究上、大体は仏像よりも大分、重視されているが、そういう観点は露伴「五重の塔」には殆どないような。

84吾輩は名無しである2018/07/22(日) 11:29:37.95ID:OSLhWSs1
読み込み浅いねえ

85吾輩は名無しである2018/07/22(日) 14:57:38.63ID:rtVptCZz
大爆笑

86シャシャキ2018/07/22(日) 17:20:07.23ID:31WK6Hww
>>84
俺は一応、世間の解釈を想像したんだが。
君の読みを披露してくれ。
君に出来るんならね。
出来ないんなら黙ってれば良い。

>>85
爆笑の理由が言える奴を見たことない。

87吾輩は名無しである2018/07/22(日) 19:28:26.02ID:OSLhWSs1
 されば我が尊敬せる>>83先生の答を読てかう考へた。
先生は果して>>81中の露伴子の文章の漢字全てを可読や否や?
青空文庫なるものの文章は総振仮名なりや否や?

さうして竃の上の鶏が糞をまる。

88吾輩は名無しである2018/07/23(月) 08:03:47.52ID:7I8UsXXz
>>87
>・・・鶏が糞をまる。
   どこの文ですか?
  長野出身なんだけど、長野ではこの「まる」がまだ残ってる。
  古語は田舎に残る・・は本当。
   古文のどこかで見た記憶が有るか今ではなんだったか記憶がない。
 「おまる」との相関が強いと思われる。

89吾輩は名無しである2018/07/23(月) 08:35:50.59ID:JpnvrB4t
越後のりょうかんさん、万葉調の和歌たくさん、腸カタルを病んだ。

、、、、くそまりくらし、、、、


私の郷里では「しっこまってこ」つまり小便してくる。

90吾輩は名無しである2018/07/24(火) 12:56:18.62ID:CWI0eFOB
>>87
漢字全てを読むのは無理だな。ルビがあるから助かってる。
まあ、それで読むには全然不自由しない。
これでも、長文体は花田清輝や石川淳で慣れてるから。

>>87
「糞まる」は日本書紀ではしょっちゅう出てくる表現だろ?

91シャシャキ2018/07/24(火) 13:17:10.18ID:CWI0eFOB
露伴の「魔法修行者」の中で九条植通について書かれた部分は何と、花田清輝の「鳥獣戯話」の中の九条植通について書かれた部分の半分以上にそのままに近い形で引用されるぐらい、花田は露伴が好きだった。ちゃんと露伴の「魔法修行者」の名前を出してる
部分が最初にあるから、悪質な引用では全くない。
露伴の「魔法修行者」では、西洋のヘルメス思想と日本の神秘思想の共通点に注目してる。
露伴はかなり先を行ってた。

92吾輩は名無しである2018/07/24(火) 20:49:39.41ID:TtiGK5D6
>>91
スレチ、自演、アラシ。

 スレ主に何か挨拶したら!

93吾輩は名無しである2018/07/25(水) 13:41:45.85ID:T+LU/YmU
人間のこころに関係があるからいいんじゃない?w

94吾輩は名無しである2018/08/19(日) 18:57:00.13ID:UlbZSkLc
お前馬鹿だろ

95吾輩は名無しである2018/08/20(月) 07:25:27.15ID:iKuvN15E
それにしても露伴鴎外はあまりにも偉大でした

96吾輩は名無しである2018/08/21(火) 07:42:27.98ID:l8IBH+WO
江戸人にしては洒脱皆無
ふざけをユーモアと誤解した官費洋行帰り

97吾輩は名無しである2018/08/21(火) 08:09:52.07ID:KIKarckK
>>96
若い頃の漱石はそうではなかったのです。ある事件を境にして、鬱になってしまったんですな。
そのあたりの事が、この「こころ」という作品のメインテーマになっているわけです。

98吾輩は名無しである2018/08/24(金) 07:44:10.22ID:hEPTaRXu
ある事件って何ですか?

99吾輩は名無しである2018/08/25(土) 18:42:48.38ID:yf8v11Mx
え〜〜〜心の無い奴がこころを語る不思議

100シャシャキ2018/08/25(土) 19:31:48.27ID:MWeCaDE0
俺は心のボスが好きだったぜ

101学術2018/08/25(土) 19:33:40.40ID:cduer2aP
ラスボス?経験値金幾ら?

102学術2018/08/25(土) 19:37:21.05ID:cduer2aP
マグネタイトなシュチュエイションギャルのゲームとかもあるわけじゃないの?

103学術2018/08/25(土) 19:38:32.09ID:cduer2aP
こころって男が二人重なってる疑似天国ホモ地獄のあと乗り小説でよくはない。

104学術2018/08/25(土) 19:47:22.58ID:cduer2aP
夫人方が、男のアフォ天国の男社会に取り囲まれている読み手が出るのも失敗文學。

105学術2018/08/25(土) 19:57:52.19ID:cduer2aP
女性が孤立しないとか、ひどい世界に巻き込まれない筆致をつけた
東大女性も見つからないし。東京にはるんだろうけどね。牝系厨

106学術2018/08/25(土) 20:07:18.86ID:cduer2aP
未だ東大は失点づくだろうな。

107吾輩は名無しである2018/08/27(月) 00:00:35.75ID:r8WeKVtV
精神的に向上心のない者は馬鹿だ

108吾輩は名無しである2018/08/27(月) 12:32:40.28ID:K7xn5sR+
しかし長生きだw

109吾輩は名無しである2018/08/28(火) 07:17:30.05ID:UJ7nm+fZ
利口で早死にと馬鹿で長生き、どっちとる?

110吾輩は名無しである2018/08/28(火) 08:06:09.38ID:Orq1V4QN
クラシック作曲家は早死にが多い。つまり頭がいいと早死にが多いということ。

111学術2018/08/28(火) 19:15:11.29ID:iEdg0gyC
早くも逝ってよしってこと?

112吾輩は名無しである2018/08/30(木) 10:22:35.64ID:N3AnzkKQ
先生ってどうして働かないのですか?

113吾輩は名無しである2018/09/01(土) 01:06:42.22ID:OZwngtJk
高等遊民だから

114吾輩は名無しである2018/09/01(土) 09:32:28.55ID:Gn/IqMd/
なまけだから

115吾輩は名無しである2018/09/12(水) 15:45:33.01ID:syNolOgv
昨日読み終わった
解説にも書いてあったように、汽車に飛び乗った「私」のその後について何も記述がないのでもやもやとしたものが残った

116吾輩は名無しである2018/09/18(火) 18:13:39.31ID:fgdwehpB
お嬢さんと付き合い出したりしてw
お嬢さんは魔性だからな

117吾輩は名無しである2018/09/23(日) 17:07:45.14ID:5gER35bJ
その後「『私』は先生の奥さんと結婚する」とか妄想言ってる文学評論家もいたな。そんなの筆者の漱石以外わかるわけないんだがな。

118吾輩は名無しである2018/09/24(月) 02:16:42.72ID:5YbfxFQj
そんな事はこの作品の本題とは関係ないですね、自称文芸評論家かつまらん批評
を書くから余計に読者は惑わされるんでしょうが

119吾輩は名無しである2018/09/25(火) 20:51:08.33ID:7VL58VEQ
でも、駆けつけたところで先生の自殺を止めるのに間に合うわけないし
じゃあなんで、慌てて先生の元に向かったかと言うと、やっぱり奥さんに会いに行ったんじゃないのか

120吾輩は名無しである2018/09/25(火) 21:26:08.87ID:BDRFwPRz
>>119
だね
三角関係の連鎖で三部作が出来てるしな

121吾輩は名無しである2018/09/27(木) 16:14:23.00ID:BACQGyYs
夏目漱石の名作だそうだが、そもそも、こういう暗い小説が
国民が愛好する物語というのがおかしい。
漱石は中学、高校の教科書に載ったので、日本の国民がみな読んで
いる作家になり、だから「国民的な作家」と言われる。

それだけ。

122学術2018/09/27(木) 19:56:48.33ID:j/V67fn4
三角関係なんて実在しない女性が二人いるだけで、スカスカのしょうもない恋愛観じゃないか?

123吾輩は名無しである2018/09/27(木) 23:27:31.58ID:NgxY8nQ1
私って先生の内心を読者に伝えるための舞台装置なわけでしょ?
前半の先生と私と、後半の三角関係のくだりが乖離しすぎてると思うんだよ
三角関係の告白をしたいがために、無理やり私という先生の告白舞台装置をこしらえた感じ
なんでこころを教科書に載せるのか甚だ不思議
だったら三島の潮騒あたりを載せたほうがよっぽど内容的にも美しい日本語的にもいいと思ってしまう

124学術2018/09/28(金) 13:31:41.45ID:l0l9QyBt
三角といっても乳房の数と位置の相互体験なら、遠く離れても近くにいても、
数理上難しい面があると思う。

125吾輩は名無しである2018/09/28(金) 21:24:05.16ID:xsqrOG8I
荒らしうぜー

126吾輩は名無しである2018/10/01(月) 00:38:13.39ID:NESEHlCS
>>117
ストーリーとしては面白い

127吾輩は名無しである2018/10/01(月) 03:08:53.49ID:rc3ZQb0p
先生と奥さんと私の年齢構成はどのくらいかな

私と奥さんがもし某ヒョーロンカが言うように結婚するなら、意外に先生が若めでないと困る
先生が学生の頃、奥さんとの結婚がすぐ、
あるいは数年後には許されるような年齢差である

先生が学生で23歳、下宿屋の娘がその頃14〜16歳くらい?
できるだけ離して9歳差とする
私が先生に会った時意外に先生はまだ若く43歳とすると奥さんは34歳

私は22歳くらいとするとそれでも12歳差

ケコーンはちょっと歳が離れすぎている気がするが

128吾輩は名無しである2018/10/01(月) 03:16:02.43ID:rc3ZQb0p
鴎外の『青年』で年上の人妻と出来て伊豆まで追いかけていくような描写があったと思う

『青年』は漱石の『三四郎』に影響を受けて鴎外が書いたものだが、案外今度は『青年』に影響を受けて漱石が奥さんに惹かれて電車に飛び乗る設定にしたのか

しかし奥さんの方が私よりどうしても10歳くらい年上になると思う
そうなると結婚というのは少し無理が出る
関係を持つくらいのところまではいくかもしれない
単なる読者の妄想に過ぎないが

129学術2018/10/01(月) 12:12:07.46ID:Pw7rTqKW
サンシーロウ。スタメディアム。

130吾輩は名無しである2018/10/02(火) 05:14:07.56ID:tBIEjhJJ
http://soseki-kokoro.blog.jp/archives/8407842.html
これによると、奥さんと私は6歳差になる
6歳差なら結婚も十分あり得ると思うんだが

131吾輩は名無しである2018/10/04(木) 08:51:57.55ID:waAc2JwK
>>130
なるほどねー
自分でも読み直して検討してみるわ

その人の読みだと、先生は自分のゲイ傾向を学生自分には気づいていなかったが、
結婚して数年後にはっきり気付いたという事になるのかね

132吾輩は名無しである2018/10/04(木) 08:53:15.11ID:waAc2JwK
>>131
訂正
→学生「時分」にはまだ自覚していなかった

133学術2018/10/04(木) 09:09:44.22ID:MSs8s7NT
心のホスピタルにセクハラを残した落第生夏目。神経症もどきで。
神経科がはやらないのは夏目のせいもある。ほとんどそうは思わないけど。
セクハラ看護を請求。国内ですら持てない夏目。上位の成立母体が若い大学たかり夏目

134学術2018/10/04(木) 09:10:29.55ID:MSs8s7NT
人間を描いた無能。猫を致死させ文才。

135吾輩は名無しである2018/10/07(日) 19:13:50.61ID:1icQ7qjL
>>121吾輩は名無しである2018/09/27(木) 16:14:23.00ID:BACQGyYs

夏目漱石の名作だそうだが、そもそも、こういう暗い小説が
国民が愛好する物語というのがおかしい。
漱石は中学、高校の教科書に載ったので、日本の国民がみな読んで
いる作家になり、だから「国民的な作家」と言われる。

それだけ。



同感です。中学高校ぐらいまでは漱石も読めるが
大学に入るとその幼稚性がわかって鴎外に移行。
最終的には露伴。
漱石は赤日新聞と赤波書店の宣伝の御かげで虚名。

136吾輩は名無しである2018/10/12(金) 20:25:38.56ID:dVjo1eP1
だうやら平成最後の年に「国民的作家」「文豪」さうせきくんは
完璧に化けの皮を剥されたやうだなw

137吾輩は名無しである2018/10/13(土) 14:17:00.57ID:JXfrv+0T
つまらない小説やなぁ・・・・
これ・

138吾輩は名無しである2018/10/13(土) 20:33:59.92ID:RyTLb6ND
千円札の肖像画に採用された時、「もう漱石は王様になっちゃた」って思った。

139吾輩は名無しである2018/10/14(日) 12:23:04.20ID:zOS68BMn
野口英世の千円、偉人だとよw

140吾輩は名無しである2018/10/15(月) 18:53:24.53ID:3RyB6abn
金之助も英世も虚名(実体のない)で「偉人」だったのは同じや

141学術2018/10/15(月) 19:49:41.88ID:7AMEunnd
漱石はモデルだ。僕は文人画もかけるよ。

新着レスの表示
レスを投稿する