筒井康隆に詳しい人来て

1吾輩は名無しである2018/05/12(土) 12:58:59.62ID:cc5AAB+g
高校生ですが同年代にこういう話できる人全然いないので
おすすめ教えてください
「俗物図鑑」「笑うな」「くたばれPTA」「虚航船団」「旅のラゴス」「ロートレック荘事件」「パプリカ」「最後の喫煙者」「エロチック街道」「文学部唯野教授」
「アルファルファ作戦」「虚人たち」「佇む人」「傾いた世界」「最後の喫煙者」「日本以外全部沈没」
「ヨッパ谷への降下」「ダンシング・ヴァニティ」「エンガッツィオ司令塔」「七瀬三部作」「富豪刑事」
「残像に口紅を」「朝のガスパール」「モナドの領域」「にぎやかな未来」「時をかける少女」
は読みました。
一番好きなのは(下の世界)です
あと脱走と追跡のサンバってもう売ってないですよね?

2吾輩は名無しである2018/05/12(土) 12:59:44.45ID:cc5AAB+g
高校生ですが同年代にこういう話できる人全然いないので
おすすめ教えてください
「俗物図鑑」「笑うな」「くたばれPTA」「虚航船団」「旅のラゴス」「ロートレック荘事件」「パプリカ」
「最後の喫煙者」「エロチック街道」「文学部唯野教授」「アルファルファ作戦」「虚人たち」「佇む人」
「傾いた世界」「最後の喫煙者」「日本以外全部沈没」「ヨッパ谷への降下」「ダンシング・ヴァニティ」
「エンガッツィオ司令塔」「七瀬三部作」「富豪刑事」「残像に口紅を」「朝のガスパール」「モナドの領域」
「にぎやかな未来」「時をかける少女」
は読みました。
一番好きなのは(下の世界)です
あと脱走と追跡のサンバってもう売ってないですよね?

3吾輩は名無しである2018/05/12(土) 13:00:57.28ID:cc5AAB+g
高校生ですが同年代にこういう話できる人全然いないので
おすすめ教えてください
「俗物図鑑」「笑うな」「くたばれPTA」「虚航船団」「旅のラゴス」「ロートレック荘事件」「パプリカ」
「最後の喫煙者」「エロチック街道」「文学部唯野教授」「アルファルファ作戦」「虚人たち」「佇む人」
「傾いた世界」「最後の喫煙者」「日本以外全部沈没」「ヨッパ谷への降下」「ダンシング・ヴァニティ」
「エンガッツィオ司令塔」「七瀬三部作」「富豪刑事」「残像に口紅を」「朝のガスパール」「モナドの領域」
「にぎやかな未来」「時をかける少女」
は読みました。
一番好きなのは(下の世界)です

4吾輩は名無しである2018/05/12(土) 13:01:43.59ID:cc5AAB+g
高校生ですが同年代にこういう話できる人全然いないので
おすすめ教えてください
「俗物図鑑」「笑うな」「くたばれPTA」「虚航船団」
「旅のラゴス」「ロートレック荘事件」
「パプリカ」「最後の喫煙者」「エロチック街道」
「文学部唯野教授」「アルファルファ作戦」「虚人たち」「佇む人」「傾いた世界」「最後の喫煙者」
「日本以外全部沈没」「ヨッパ谷への降下」
「ダンシング・ヴァニティ」
「エンガッツィオ司令塔」「七瀬三部作」
「富豪刑事」「残像に口紅を」「朝のガスパール」
「モナドの領域」「にぎやかな未来」「時をかける少女」
は読みました。
一番好きなのは(下の世界)です

5吾輩は名無しである2018/05/12(土) 13:03:17.56ID:cc5AAB+g
なんかめっちゃれんとうしちゃた

6吾輩は名無しである2018/05/12(土) 15:13:18.24ID:pNdPjsLB
ワシはネットでも孤独なんか

7DJgensei artchive gemmar2018/05/12(土) 20:25:28.15ID:OP1oLBhk
文学部なんちゃら教授は面白いけど、いささか文学史的であり、
評論めいていて
、文学から脱線やずれる傾向があるかもなあ。雑談で文学が欠落したり
途切れるのはいいけれど、まとまった書物の様なダサさがあって、
若い人、若い世代にはあまりお勧めではないけれどね。

8吾輩は名無しである2018/05/12(土) 20:41:10.23ID:pNdPjsLB
>>7
文学部唯野教授、結構特殊ですよね
軽い思想史と人物名を知れただけでも儲けものかなって思いました。ドタバタとか教授陣が人間くさいのを見るのも結構楽しかったし。

9DJgensei artchive gemmar2018/05/13(日) 08:50:54.62ID:U4BIzwpe
だったら良寛の漢詩がお薦めです。特に意味はないわけではない。
人間ぽいのが嫌いになるでしょう。

10吾輩は名無しである2018/05/13(日) 09:07:56.72ID:cL1GEQEm
>>9
Ryoukan
有女有女字照女 Woman !Woman! named Woman bright!
不仮紅粉転新鮮 Without scarlet powder she is now beautiful
毎日晨朝携籃去 Every morning she departs with her carriage
蕭灑生涯実可憐 Simpleness of her life impress me sad

11吾輩は名無しである2018/05/13(日) 10:37:04.57ID:gWoayBOx
【バカウヨ安倍政権の末路】 彼らは何をどうすると人が限界を超えるのか、おそらく知らないのだろう。
http://rosie.5ch.net/test/read.cgi/liveplus/1526171997/l50

12吾輩は名無しである2018/05/17(木) 22:09:22.77ID:loWtBFix
筒井なんて俺が学生の頃は
中学校で同級生のやつらが
おもしれーって盛り上がってたぞ?

ちなみに俺の一押しは「虚構船団」

13吾輩は名無しである2018/05/20(日) 12:11:04.56ID:p4qmSoAf
筒井は習作と実験作品に限る。
ってか、それしかないかもしれんが。
結局、作家としては大成しなかったw

14吾輩は名無しである2018/05/23(水) 22:14:20.04ID:nAugvuwh
なんか真面目に小説書いてない感が常にあるよな
最近文庫でまとめられた『魚籃観音記事』なんて収録作品大半が色々と酷い

15吾輩は名無しである2018/07/15(日) 16:03:35.92ID:rNgzizpo
オンタイムで新作出るのを待って読んでたときは
普通のSF作家じゃなくて太宰的な反逆的なところが好きだった
それが急にSFが文学の最先端だみたいな
一瞬にして横の流れに飛び移ったところがあり
裏切られた気がした。
大江なども好きだったのは別のことで。

その後の文学的な作家としての作品は
どれも面白く感じなかった。

最近昔の大喜びしていた作品を読むと
どれもアホらしいようなものばかりで驚く。
あの頃面白かったのはフリージャズ的な
あの頃の時代と戯れてる中で面白かったのかと思った。

読者より作家の方がそうした時代の終わり
また自分の年齢的限界の中で
正しい方向転換をしたのだと思う。
私という読者とは縁切りになったけど。

16吾輩は名無しである2018/07/15(日) 17:51:33.17ID:rq5fW0j+
>>15
>あの頃面白かったのはフリージャズ的な
>あの頃の時代と戯れてる中で面白かったのかと思った。


まあ、「バブリング創世記」とかは面白いと思いますよ
基本的にエンタメ畑の人であり「一種のホラ話」としてのSFを書いていたわけです
そういう作家を「海」が拾い上げ
ラテンアメリカ文学やウリポのような前衛文学を書かせて
純文学作家に仕立て上げただけの話です

17吾輩は名無しである2018/07/15(日) 18:52:08.91ID:DEJl1LLU
>>16
お前は大森だろ。
お前は頭悪いんだから黙ってろw

18吾輩は名無しである2018/07/16(月) 01:56:53.90ID:lEm3/6XB
筒井はふらっと書いた短編が良い
見た夢をそのまま小説にしたような奴
実験のための実験みたいな作品はどれも微妙

19吾輩は名無しである2018/07/16(月) 21:44:41.86ID:uBQ/sFye
藤林丈司

20吾輩は名無しである2018/07/20(金) 22:46:53.73ID:dFOI/Z7w
低能ブサヨ(笑)ビッチ像マンセーするアホ(笑)酷いことしてんのはバカチョンだろwあいつらこそ加害者なんだよw

21吾輩は名無しである2018/07/20(金) 22:48:19.85ID:dFOI/Z7w
ブサヨのくせに隠すアホ(笑)

22吾輩は名無しである2018/07/20(金) 22:48:46.30ID:dFOI/Z7w
偉そうに批評ごっこしてもブサヨが一番の馬鹿なんだよなぁ(笑)

23吾輩は名無しである2018/07/24(火) 17:16:59.66ID:yjyuYtZx
筒井康隆を恨んでいる作家は多いと思う。

面白くない小説は読む必要なしという当たり前のことが
当たり前になった。

星新一→筒井の中高生のルート確立でかもの文学青年が絶滅

エッセイで高尚なことを書いてもかえって馬鹿にされる。筒井の
エッセイをちょっとでも見習えと軽蔑される。

24吾輩は名無しである2018/07/24(火) 17:28:02.60ID:yjyuYtZx
筒井の小説以外は読むには金をもらうべきではないかと
思う。


ゲテモノ作家扱いされてもめげなかった筒井康隆は偉い。そもそも
天才だから余裕だったのかも知れないが。昔の純文学が絶版の
嵐であるのは評価が定まったということだ。

25シャシャキ2018/07/24(火) 18:12:25.73ID:CWI0eFOB
まあ、筒井は浅田や柄谷、蓮實らよりも知的だったかもしれない。

26吾輩は名無しである2018/07/24(火) 23:50:56.79ID:71Kgp0/m
やたらと安倍を攻撃する小説家がいるが、

本が売れない
おれは過小評価されている
社会が間違っている

と思い込んでるのではないか。

むしろ昔は下らない小説でも売れた。(ここからおれの超偏見)
辻邦生の小説なぞ評判だった。今や絶版で存在しなかった
みたいだ。

27吾輩は名無しである2018/07/25(水) 17:05:00.35ID:2w/szC4t
藤林丈司

28吾輩は名無しである2018/07/26(木) 13:11:30.34ID:6GjriWwl
26は、「世の中には、勘違いの思い込みをするアホが、かなりの確率で実在する」という実例。

だから、実生活では、慎重にも慎重を期して、相手に合わせて行かないと、大きな危険に見舞われることになる。

「横断歩道では車が止まってくれるだろう」と思う人は、生命が幾つあっても足りないね。

29吾輩は名無しである2018/07/26(木) 17:37:39.96ID:+kSEZz+R
大分辛い目にあわれたのですか?

30学術2018/07/26(木) 17:44:23.76ID:Y9ICI7CZ
教授の本しか面白いけど、付録まで、しかし、文学を説明するのにほとんど同じコマ
じゃ今の時代はついていけないと思う。

31吾輩は名無しである2018/07/26(木) 17:56:02.44ID:+kSEZz+R
a氏:仮説、意見を言う

b氏:a氏みたいな人には気をつけましょうという。

b氏は省エネルギーではある。

32吾輩は名無しである2018/07/26(木) 18:06:23.55ID:+kSEZz+R
山田風太郎さんの予言

金を払って小説を読んでもらう時代が来るかも知れない。
金をもらった読者は金を払って自分の小説を出してもらう。

33シャシャキ2018/07/26(木) 18:14:17.77ID:lhXyxVAh
世界を探せば、まだまだ金を払って読みたくなる本を書く人は一杯いるよ。
世界中を凡人ばかりにしてしまいたいのは背後にジェラシーがあるから。

34吾輩は名無しである2018/07/26(木) 18:24:43.64ID:UjwSRJgB
ジェラシーではない。筒井康隆の小説に感心してしまって
他の小説を読むのは時間と金と脳ミソの浪費だと思ったから。

地獄の黙示録、未来世紀ブラジル、ブレードランナー、
2001年宇宙の旅を見たあと、みたいなもの。

35吾輩は名無しである2018/07/26(木) 18:31:06.92ID:lhXyxVAh
>>34
筒井がそんなに好きなんだ。

36吾輩は名無しである2018/07/26(木) 18:43:25.03ID:ZKiOvqmS
筒井から読書を始めたときはこれが前衛文学なのかと感心したが
その後でポストモダン、ヌーヴォーロマン、マジックリアリズム、モダニズム文学などを読むと
筒井はこれらのパロディーをしながらエンタメに落とし込んでいる作家なのだと分かり一回り小さく見えた

37シャシャキ2018/07/26(木) 18:52:34.39ID:lhXyxVAh
確かに、筒井は日本の作家の中ではナンバーワンの海外文学通かもな。

38吾輩は名無しである2018/07/26(木) 18:58:53.70ID:UjwSRJgB
微分、積分、微分方程式、線型代数、重積分、
複素関数

前衛、ポストモダン、ヌーヴォロマン、マジックリアリズム、
モダニズム

39吾輩は名無しである2018/07/26(木) 19:17:26.13ID:UjwSRJgB
筒井康隆って数学の本に似てないか?よくこんなこと考え付くな
というところが。

随筆も日本語の自然な流れだが理路整然としていてできのいい数学の
教科書みたいな気もする。

40吾輩は名無しである2018/07/26(木) 19:49:27.56ID:UjwSRJgB
小説を書いてるときポストモダニズムがなんちゃらって
考えながら書くものなのか。筒井さんの場合、面白い断片を
思いつくとストーリーが出来上がるらしいが。それを事後的に
おフランスの流行りに合わせてなんの意味があるの。

41吾輩は名無しである2018/07/26(木) 21:51:21.91ID:/5HsRnCQ
それと筒井には大作が無い
虚航船団くらいで
分裂症気質で一つのことを継続するのが苦手、内的必然性が無い
よく言えば多芸、悪く言えば器用貧乏
海外の作家だとイタロカルヴィーノ、音楽だと坂本龍一に似てる

42吾輩は名無しである2018/07/27(金) 19:32:04.55ID:TNZfdLGj
筒井康隆全集(一回出ているが、もっと本格的なやつ)は
出ないのかな、

43吾輩は名無しである2018/07/27(金) 22:14:16.41ID:l39/96iY
筒井康隆中毒なら、梶尾真治、式貴志あたりも、

44吾輩は名無しである2018/07/29(日) 00:43:37.34ID:RdL+FOJt
微妙な話だが率直に書くと

全集は出る。新潮社から。本人が生きてるうちは出さない。

だから困るのだ。買った本が色んな事情で手元になくなる。
図書館は意外に筒井康隆に冷たくて欠けだらけ。当たり前かも
知れないが。先日も家族場面を取り寄せ依頼に書店に行ったら
絶版とのこと。

法務省が死刑執行をやめて被害者の遺族がセルフサービスで
死刑執行する話を急に読みたくなったのだ。

45シャシャキ2018/07/29(日) 07:47:54.00ID:c8ZtAntu
文庫版・筒井康隆選集を出す準備をしておけば良い。
作品社が文庫やらないかな?
作品社は純文学では最高の目利きの出版社だと俺は思うだけに。
一冊400ページの3冊で良い。

46吾輩は名無しである2018/07/29(日) 21:29:09.78ID:4G0au3uO
たぶん筒井は横光とかと同じで
死んだらほとんど消えてしまうんじゃないかな
結局実験的な、あるいは思考の遊び的なものは
急速に過去のものになるんだよねえ

47吾輩は名無しである2018/07/29(日) 22:10:25.65ID:dO5FJ76p
時代の波に乗った、内容の薄い作品作者は消える。

時代の波に関係なく、内容のある作品作家は残る。

筒井康隆は後者に入る。

48吾輩は名無しである2018/07/29(日) 23:01:49.15ID:kSNV8Ci6
筒井の前
筒井
筒井の後

となる。中学生、高校生から常にファンが生まれるという
まれな作家だと思う。中学生、高校生向けに書いている訳でも
ないのに。

49吾輩は名無しである2018/07/29(日) 23:10:47.09ID:kSNV8Ci6
で、弊害がある。おれみたいに筒井康隆以外の作家の作品を
読むのを時間、労力の無駄と思う人間になる。作家がストーリー
を作って作品世界に招いているが、どうせ現実べったりの
現実からの浮遊感のない虚構の世界に入り込む労力を厭うように
なるのだ。

50吾輩は名無しである2018/07/30(月) 00:02:18.27ID:lAbOYQIh
へー 自分は逆に筒井きっかけで読書の幅が広がった気がする(外文含め)
本の森の狩人とか漂流とか読んであれも読んでみたいこれも読んでみたいってならん?

51吾輩は名無しである2018/07/30(月) 00:19:57.16ID:bgFFpC+9
なるほど、そういう人もいるのだ。

おれは小説嫌いで筒井康隆の作品だけ例外で、よくこういうことを
考え付くなということに感心、尊敬してる人間だろう。加えて
筒井康隆の文章も尊敬している。

52吾輩は名無しである2018/07/30(月) 01:21:29.87ID:bgFFpC+9
ああ、買った本が手元にない。全集早く出せ。今日は
関節話法と九死虫と北極王と大官公庁時代が読みたくなった。

53吾輩は名無しである2018/07/30(月) 18:01:45.53ID:6BXEyQQV
股部教授

54吾輩は名無しである2018/08/03(金) 17:34:50.46ID:s9nMkDoj
筒井康隆を英語で読むとどうか?暇なのでやってみよう。

55学術2018/08/03(金) 18:27:32.96ID:bp2ZsmE1
下ネタのない世界ってのもかかわってるのかな。

56シャシャキ2018/08/03(金) 20:06:23.11ID:sGajCjfy
筒井のノーベル賞あるかもな。

57吾輩は名無しである2018/08/03(金) 23:20:59.12ID:AgyZQJTz
無冠の作家だからな

58吾輩は名無しである2018/08/04(土) 01:09:48.76ID:8Gidksye
受賞したらファンとしてうれしいが、おれは性格がひねくれているので
筒井が受賞して誰が不機嫌になるのか、興味がある。

59吾輩は名無しである2018/08/04(土) 09:03:38.49ID:056lHPD9
筒井は翻訳されてないので獲れません残念

60吾輩は名無しである2018/08/04(土) 10:06:21.17ID:kuRhZk8A
翻訳はされている。ただ、文庫本一冊分をカバーした本が1,500円
くらいする。買う気なくした。

61吾輩は名無しである2018/08/04(土) 13:10:30.05ID:iZAqxFoi
筒井康隆は、途中から、切れてしまって、ノーベル賞どころか、
いかなる賞も狙わない方向で書いている。
賞を狙う作家が、スカトロ、異常セックス、など書かないだろう。

62吾輩は名無しである2018/08/04(土) 16:20:18.80ID:5r3WfbuO
筒井しか読んだことないような人間は
お堅い文学にスカトロジーや異常性愛が書かれているわけがないと思うのも無理はないが

63吾輩は名無しである2018/08/04(土) 17:35:00.17ID:Jg3SbzcC
すぐ風化するようなギャグを小説に平気で入れるのは、小説という現象を十分に分析できていないのだろう

それで批評とかメタフィクションとかやるからバカにされる
普通のくだらないエンタメ作家に徹して堂々としてれば、多少偉そうにしてても尊敬できた

64吾輩は名無しである2018/08/04(土) 20:14:49.98ID:iZAqxFoi
>>62 森鴎外、谷崎、はらきり男、などを言っているのか?
森鴎外以外は、趣味でないので読んでいないが。

65吾輩は名無しである2018/08/04(土) 20:55:04.58ID:n3R7hmD6
新日本探偵社報告書控を読んだときはびっくりした。この人、
なんでもできる人だなと思った。筒井は軽薄だ、と毛嫌いしてる
人におすすめする。

66吾輩は名無しである2018/08/09(木) 19:49:36.47ID:tmBW5Xri
筒井康隆は文学賞を取った作品について筒井ブランドで(純文学)を
売ろうとした、非常に資本主義的だったと言ったそうな。なんて
正直な人でしょう。虚人達を評論する評論家をニヤニヤして
観察していたのだろう。時間がたって、あんなものを書いて反省
しているとか言ったそうな。

67学術2018/08/09(木) 20:31:18.03ID:ktWDPrWA
詳しいのは筒井康隆が取り上げる他人についてにしてくれ。

68吾輩は名無しである2018/08/09(木) 20:39:22.18ID:tmBW5Xri
筒井康隆について語るな
筒井康隆がふれた筒井康隆以外の人間について語れ

という意味?

69学術2018/08/09(木) 21:23:40.86ID:ktWDPrWA
そういうことだ。小説でも文学でも取り上げているのはあくまで他人で会って他者である。そのことは作者や筆者が惹かれていることで、自分をもてるように虚飾でかざることは、小説や文学とは違う。

70吾輩は名無しである2018/08/09(木) 21:50:24.89ID:tmBW5Xri
ここで筒井康隆について語るなという意味が分からん。教えてくれ。

71吾輩は名無しである2018/08/09(木) 21:54:01.71ID:tmBW5Xri
むしろ、ここで筒井康隆および彼の作品以外何を
語るのか?

72吾輩は名無しである2018/08/10(金) 18:47:23.64ID:7IQ/gf+L
そんなに熱心な筒井ファンなのに
筒井の褒めてる作家に興味がないってわからないしただの無精だと思うが
まあそれは個人の勝手だけどカフカとマルケスくらいは読むよね普通

73吾輩は名無しである2018/08/12(日) 10:42:22.21ID:8BBpijQW
「大江健三郎は僕のライバル」ってイタい奴だなw

新着レスの表示
レスを投稿する