純文学5誌総合スレ第67巻目

1吾輩は名無しである2018/09/29(土) 05:53:05.45ID:wNMFxKa8
前スレ
純文学5誌総合スレ第66巻目
https://mevius.5ch.net/test/read.cgi/book/1532773339/

主に「新潮」「群像」「文藝」「文學界」「すばる」に掲載された作品について語るスレです。

「早稲田文学」「三田文学」「江古田文学」「太宰賞ムック」
「たべるのがおそい」掲載作品の話題も可です。

新人賞受賞作 芥川賞受賞作を各論で批評することもOKです。
文芸誌の感想は、書いても書かなくてもOKですが、あるとなお可です。
受賞作決定前の候補作の批評は普通に本人・出版社工作員のステマと見做されますから気をつけてください。

文芸誌の話題にとどまらず、新人賞選考委員の評価・クレームなどもOKです。
さらには文学のありかた、これからの文学は、そもそも文学とは? といった総論や大きなテーマも歓迎です。

次スレは970を踏んだ人が建てて下さい。
985行っても建ってなかったら、他の人が建てても可。

2吾輩は名無しである2018/09/29(土) 06:03:43.28ID:wNMFxKa8
文芸誌発行部数 (1)
http://www.j-magazine.or.jp/index.html

     15年4月〜6月 10月〜12月 16年1〜3月   7月〜9月 10〜12月 17年1〜3月 18年1〜3月
新 潮  9100部     8740部 9420部    8400部   11100部 22400部   8567部
文學界  10534部   10000部   10000部    10000部  10000部 12000部 9933部
すばる  7000部      7000部   7000部    6000部   6000部 6000部    5000部
群 像  7334部     7000部   6000部    7333部  6333部 6333部   6000部

3吾輩は名無しである2018/09/29(土) 06:05:14.01ID:wNMFxKa8
文芸誌発行部数 (2)
http://www.j-magazine.or.jp/index.html
     18年1〜3月 4月〜6月
新 潮  8567部   8,267部
文學界  9933部   16,400部  
すばる  5000部    5000部  
群 像  6000部    6000部   

(参考)
新潮45         16,800

4吾輩は名無しである2018/09/29(土) 06:55:24.01ID:8df0FwS4

5吾輩は名無しである2018/09/29(土) 08:22:22.69ID:x1XWaV5M
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180928-00650583-hokkoku-l17
金井美恵子が誉めてるのは珍しい気がする

6吾輩は名無しである2018/09/30(日) 05:04:20.55ID:rjq8aywO
芥川賞作家・高橋弘希の経歴がすごい 漫画家・プロ棋士を目指しバンドマンから小説家?![ゴロウ・デラックス]
9/29(土) 7:00配信
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20180929-00558941-bookbang-ent

■「変態」から「戦争」へ
 番組では高橋さんのこれまでの人生も振り返った。高橋さんは大学生のころ、漫画家になりたいと考え、集英社に漫画を持ち込んだこともあるという。その作品は「『火星人大来襲』という赤塚不二夫もびっくりの傑作コメディ」だったと語る。

 しかし漫画家となることが叶わなかった高橋さんは、今度は漫画「ヒカルの碁」(集英社)
に感動しプロ棋士を目指すことを決意。だが目指したのは「ヒカルの碁」で描かれた囲碁の棋士ではなく、
将棋の棋士。「碁はよくわかんないので、将棋だったら指せるので将棋でいいかなと思って」
そんな調子で半年ほど詰将棋などで腕を磨き、「指導対局でもやってやるか」
と将棋センターに出向いたという。しかしそこで出会ったおじいさんが尋常ではない強さで、あっさりと将棋の道も断念。

その後人に勧められ小説をたくさん読むうちに、自分でも「これ書けるんじゃないかな」と考え、
「エンタメ風の変態小説」を書いて文学賞に応募したという。「変態小説」のあらすじは「たぶん放送できない。
高橋の人格も誤解を受ける」と言葉を濁した。

 残念ながら「変態小説」は日の目を見ることなく、高橋さんは塾講師をしながら音楽の道へ進む。
しかし時が経つに連れまた小説を書きたいという思いが強くなり、音楽活動を休止し再び小説の道へ。
その後2014年「指の骨」で新潮新人賞の受賞を果たし小説家としての道を踏み出した。

7吾輩は名無しである2018/09/30(日) 05:05:25.54ID:rjq8aywO
低迷する文学界が「異業種組」に注目する理由 9/29(土) 6:00配信
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20180929-00238642-toyo-soci

今年の「群像」10月号には、すでに小説の著作もある現役AV女優・紗倉まなの短編が掲載されている。
「群像」は昨年2月号では人気の女性ブロガー・はあちゅうの作品も掲載していた。
さらに遡ればお笑い芸人・又吉直樹が書いた小説が『文學界』の2015年2月号に掲載され、
直後の芥川賞にもノミネートされて受賞した。『火花』は200万部を超えるベストセラーとなり映画化もされた。
昨年下期の直木賞に、人気バンドSEKAI NO OWARIの女性メンバー藤崎彩織が書いた初小説『ふたご』が
ノミネートされていたことも記憶に新しい(こちらは落選)。

 もっとも、こうした傾向はいまに始まったことではなく、遡れば1970年代にはすでに起きていた。
1977年に画家の池田満寿夫が『エーゲ海に捧ぐ』で芥川賞を受賞したときが、こうした流れの始まりといえるのではないか。

 その後も美術家の赤瀬川原平が「尾辻克彦」の筆名で書いた作品で1980年に芥川賞を受賞。
ミュージシャンでは1996年に辻仁成が、2000年に町田康がそれぞれ芥川賞を受賞している。
ちなみに池田、尾辻、辻は文芸誌の新人賞を経てのデビューだが、町田は特に経ていない。
ジャンルは異なれど、かつてはアートや音楽といった芸術分野から人材が流入していた。
しかしこのところ目立つのは、ブロガーやAV女優といった、話題性やインパクトを優先させたようなリクルーティングである。
そしてやはり、作者が「若い女性」であることが大きな意味を持っている(逆に、きわめて高齢の女性であることが
「ウリ」になる場合もある)。

もはや「著名人」✕「芥川賞(あるいは直木賞)」という組み合わせでないと、
出版業界を救うに足る大型ヒットは生まれないということなのだとしたら、それは文芸の未来にとっても、
決してよいことではない。やはり売れることとは別に、質に対する厳しい評価軸はあってしかるべきだ。
しかし、その質を担保するのがいつまでも「職能ギルド」だけでよいのだろうか。

8吾輩は名無しである2018/09/30(日) 05:06:16.54ID:rjq8aywO
泉鏡花文学賞 山尾悠子さんの「飛ぶ孔雀」に9/28(金) 13:24配信
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180928-00010001-mrov-l17

今年の泉鏡花文学賞が27日発表され、山尾悠子さんの「飛ぶ孔雀」が選ばれました。

9吾輩は名無しである2018/09/30(日) 05:33:51.60ID:wQPz5YDw
9/30(日)吉野弘志プレゼンツvol.14 朗読とジャズの下北ジャンクション
山田詠美(朗読)奥泉光(fl・朗読)津嘉山梢(p)吉野弘志(b)小山彰太(ds)ゲスト・村田沙耶香(朗読)

山田詠美と村田沙耶香はとても仲いいですよ。
元々村田さんがエイミーのファンだったそうです。

10シャシャキ2018/09/30(日) 05:48:51.79ID:8UOmarHe
内容のない宣伝記事レスばかりで芸スポ板と同じ。
朗読なんてやる奴も聞きに行く奴も既に死人だよw

11吾輩は名無しである2018/09/30(日) 06:09:25.91ID:jEysFu0U
シャシャキうざい。

ろくに小説も読まないくせに文句ばっかり。
業界に干された新人もどきは消えてほしい。

12シャシャキ2018/09/30(日) 06:17:01.55ID:8UOmarHe
>>11
業界に関与したことなど、ただの一度もない。
新人賞に応募したことすら一度もない。人違いするな。
文学板でずば抜けた知性の俺が発言しなければ、文学板はただの木っ端に過ぎなくなるだろjk
山田詠美の痴呆バーさんを俺が叩かないでどーするよw

13吾輩は名無しである2018/09/30(日) 06:19:50.84ID:3tcvkLie
>>12
jkとか久しぶりに見た
2ちゃんベテラン勢か

14シャシャキ2018/09/30(日) 06:31:14.11ID:8UOmarHe
>>13
通ぶりたいんだよw

15吾輩は名無しである2018/09/30(日) 06:47:11.60ID:j0HHl175
第55回文藝賞 受賞作決定 東北出身の2名、同時受賞!
去る8月23日(木)山の上ホテルにて、選考委員・磯崎憲一郎氏、斎藤美奈子氏、
町田康氏、村田沙耶香氏により、第55回文藝賞の選考会がおこなわれました。
受賞作は下記の2作に決定いたしました。

受賞作・選評・受賞の言葉は、10月6日(土)発売の「文藝」冬季号に掲載されます。尚、授賞式につきましては、10月中旬、山の上ホテルにて執りおこないます(受賞者には、正賞として記念品、副賞として賞金50万円が贈られます)。

16吾輩は名無しである2018/09/30(日) 06:51:43.43ID:j0HHl175
受賞作「はんぷくするもの」日上秀之(400字×132枚)
日上秀之(ひかみ・ひでゆき)/男性
1981年、岩手県生まれ。36歳。秋田大学工学資源学部卒。現在、フリーター。岩手県在住。
【内容紹介】
僅かタタミ十畳――プレハブの仮設店舗で問われる"生の倫理"
彼は言った。「あなたは津波に家を流されたじゃないですか。我が家はね、
全く無事だったんですよ。波の飛沫すら一滴もかかりはしなかった」と――。
被災地の仮設店舗で、病気の母とともに今にも潰れそうな商店を続ける
毅(つよし)。訪れる客といえば、近所に住む腰の曲がった老婆の風峰さんと、
支離滅裂な万引き論を熱く繰り広げる同級生の武田、そしてツケで買い物を
する古木さん。古木さんはツケの3,413円を、電話では何度も払うと言いながら
いっこうに払いに来ない。そんな中、母の体調が悪化し、その原因は古木さんに
あると考えた毅は取り立てを決意する。しかし毅が古木さんの家へ向かおうと
する度に、カラス、猫、石、そして街が突然不吉な気配を放ち、彼を止めてしまう。
ある日、常連客の風峰さんの身体に突然の不調が訪れ、毅はその責任が自分に
あると考え始めるが......。
被災地の日常の中、時に笑いにまで昇華される底知れぬ畏れ――生の倫理を根源的に
問う、驚異の新人登場。

17吾輩は名無しである2018/09/30(日) 06:54:34.07ID:j0HHl175
受賞作「いつか深い穴に落ちるまで」山野辺太郎(400字×213枚)
山野辺太郎(やまのべ・たろう)/男性
1975年、福島県生まれ。宮城県育ち。42歳。
東京大学文学部卒業、同大学院人文社会系研究科修士課程修了。現在、会社員。東京都在住。
【内容紹介】
日本社会のシステムを戦後史とともに"真顔のユーモア"で描きつくす!
戦後から現在まで続く「秘密プロジェクト」があった。発案者は、運輸省の若手官僚・
山本清晴。敗戦から数年たったある時、新橋の闇市でカストリを飲みながら彼は思いつく。
「底のない穴を空けよう、そしてそれを国の新事業にしよう」。かくして「日本ブラジル間・
直線ルート開発計画」が「温泉を掘る」という名目の元、立ち上がった。その意志を引き継いだ
のは建設会社の子会社の広報係・鈴木一夫。彼は来たるべき事業成功の際のプレスリリースを
記すために、この謎めいた事業の存在理由について調査を開始する。ポーランドからの諜報員、
作業員としてやってくる日系移民やアジアからの技能実習生、ディズニーランドで待ち合わせた
海外の要人、ブラジルの広報係・ルイーザへの想い、そしてついに穴が開通したとき、
鈴木は......。様々な人間・国の思惑が交差する中、日本社会のシステムを戦後史とともに
真顔のユーモアで描きつくす、大型新人登場。

18吾輩は名無しである2018/09/30(日) 08:08:32.17ID:rjq8aywO
ふーん、被災者自身の声なら読んでみたい
どの新人賞も緊急に世に出さなければならない新人の作品を出して欲しいという願いがあるが、やはり震災なんかね
だが、こう災害だらけで被災体験者が増えるにしたがって、被災モノも増えるというわけか

>>11
スレが大人しい時に活性化させるためのネタ落としっスよ
別に情報落としてる時だけでなく会話で盛り上がってる時の方が多いんだからいいだろ
文芸誌の公式HPを見なくても、ここを信じて見る人だっているからな
つまらんと思うなら無視して君が有用なレスを落とすんだ

19吾輩は名無しである2018/09/30(日) 08:12:33.05ID:8FZOilXH
>>18
自演バレてて草

20吾輩は名無しである2018/09/30(日) 08:15:02.66ID:bFxli/t0
シャシャキって最近たまに名無しで書いてるよなw
文章でまるわかり。

君がいなくてもじゅうぶん活性化してるから大丈夫だよ。

21吾輩は名無しである2018/09/30(日) 10:17:49.96ID:fqkd6XXS
紗倉まなと壇蜜は意外と文章はしっかりしてるが。

22吾輩は名無しである2018/09/30(日) 10:36:49.18ID:pY+8ZxpZ
被災小説読んでなにがしたいんだwwwwwwwwww

23吾輩は名無しである2018/09/30(日) 11:22:38.28ID:viwl7mF2
壇蜜は少しずつよくなってきてるね。
最初の頃はひどかったけど。

24シャシャキ2018/09/30(日) 11:27:14.61ID:8UOmarHe
>>20
文学板を復活させたのは俺の力だ。
だが、俺はその先を睨んでる。
5ch文学板を、文芸メディアの中で最強最大にすることだ。
今ですら、文芸雑誌など完全に見下ろしてるがw
既に、日本で最高の知的創造性を持つ者が文学板に来てるのは、俺がいるからに他ならない。
俺がいない文学板など、お前らには悪いが、何の価値もない。
なーんちゃって、とは言わないよw

25吾輩は名無しである2018/09/30(日) 11:55:34.04ID:fqkd6XXS
狂人と才能は一部重なるだけで、大分違うな。

26吾輩は名無しである2018/09/30(日) 12:16:31.09ID:DDBwC6cH
シャシャキって尊敬するAが書いた小説は読んだことあるの?
感想聞いてみたい。

27吾輩は名無しである2018/09/30(日) 13:03:07.47ID:W+wBpdtj
俺も聞いてみたいもんだなwwww

28学術2018/09/30(日) 13:08:54.51ID:PPEiCCTQ

29吾輩は名無しである2018/09/30(日) 13:41:53.09ID:DDBwC6cH
Aも登場かw
本人もそう言ってることだし、読んで感想を述べてほしいもんだ。

30吾輩は名無しである2018/09/30(日) 14:34:56.69ID:6v3ixzp/
狂気があるというのは才能である。狂いを何らかの洗練された技法に転換できたら、シャキシャキ氏は新進気鋭の評論家なり作家になれるはず。今のままでは単なるルサンチマンの垂れ流しだが。

31吾輩は名無しである2018/09/30(日) 14:49:08.46ID:rjq8aywO
つか、18はシャシャキではない
おれだ
シャシャキと文章そっくりと言われてショックだ

前スレで、純文スレのメディアを立ち上げたいと言ってたのは名無しのシャシャキだったのか?
あの話はどうだった

32吾輩は名無しである2018/09/30(日) 15:14:42.02ID:fHJTtpAC
>>31

ワロタ。

33吾輩は名無しである2018/09/30(日) 15:25:50.18ID:3tcvkLie
>>31
そっくりすぎる
自演乙

34吾輩は名無しである2018/09/30(日) 15:32:48.00ID:+DQAlHFR

シャシャキに俺の小説が読解できるとは思わんがなwwwwww

35吾輩は名無しである2018/09/30(日) 16:02:01.87ID:p9sRpKgb
>>24
そんなちっさい野望でドヤ顔されてもw

36吾輩は名無しである2018/09/30(日) 18:00:26.35ID:UVuqk7qi

文豪ハトポッポ先生の落選作はどこかで読めるのか?wwwwww

37吾輩は名無しである2018/09/30(日) 18:14:02.70ID:UVuqk7qi
ふむ
過去スレを少し流し読みしたが俺のいない文学板がシャシャキ中心に回っているのは確かだわなwwwwwwwwwww
そのシャシャキも俺のカリスマ性に憧れるうちの一匹なんだろうがなwwwwwww

38吾輩は名無しである2018/09/30(日) 18:17:09.83ID:d7bqscVI
シャシャキってBなのか?
Bはいつももう来れないを連呼して来るやつだからな

39吾輩は名無しである2018/09/30(日) 18:32:17.67ID:VRK4MfVd
いや、Bではないだろう。

あの人はくれば文章ですぐわかるし、小説は
読むけど、評論は興味ない感じだった。

シャシャキは時期的にも一般書籍スレからきたひとだと思う。
なんせ某セクハラ評論家と美しい顔批判については熱心だからな。
小説は読んでないみたいだけど。

40吾輩は名無しである2018/09/30(日) 18:44:44.10ID:UVuqk7qi
別人だわなwwwww
Bはシャシャキみたいに弾けてないからなwwwwwww

41吾輩は名無しである2018/09/30(日) 18:53:35.04ID:wJJXyQsT
俺はAもBも同じ人だと見ているわ
証拠は秘密

42吾輩は名無しである2018/09/30(日) 23:44:46.35ID:8UPvIYI1
https://web.archive.org/web/20180927055533im_/https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/s/sarutobi_sasuke/20180922/20180922211503.jpg
https://web.archive.org/web/20180927055533im_/https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/s/sarutobi_sasuke/20180922/20180922211525.png
https://web.archive.org/web/20180927055533im_/https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/s/sarutobi_sasuke/20180922/20180922211603.png
新潮45 小川榮太郎 LGBT寄稿文 全文

43吾輩は名無しである2018/10/01(月) 12:15:03.90ID:qDxCCCtV
平成くんさようなら、誰か読んだ?

全然話題になってないからつまんないんだろうけど。

44吾輩は名無しである2018/10/01(月) 14:19:32.05ID:2G19hE4/
文体がホモっぽい色気があるから反応する人はいる。

45吾輩は名無しである2018/10/01(月) 15:05:18.45ID:W6Jw+CLq
佐々木敦が反応している

文芸時評8月(東京新聞)今の世界、社会、時代、日本=佐々木敦氏
 古市憲寿(ふるいちのりとし)「平成くん、さようなら」(『文学界』9月号)は、
同誌4月号の「彼は本当は優しい」に続く、人気社会学者の二つ目の小説である。
「平成くん」は語り手の女性の彼氏のファーストネームで、「ひとなり」と読む。
彼は一九八九年一月八日、すなわち「平成」の始まりとともに生まれ、
大学の卒論が二〇一一年三月十一日の東日本大震災に関連づけられて書籍化されたことをきっかけに、
あっという間にメディアで引っ張りだこになった。有名な漫画家だった
亡き父親の著作物の管理をしながらアニメのプロデュースやイラストを手掛けている「私」は、
平成と付き合うようになり、現在は同居している。
物語は、彼女が平成から「平成」が終わるとともに安楽死をしようと思っていると告げられたことから始まる。
 誰もが平成に作者自身を重ねて読んでしまうわけだが、私はテレビを普段まったく観(み)ないので、
古市憲寿と「平成くん」が、どの程度似ているのかはわからない。
実際よりもさらに人間らしさの足りない無機質な人物として描かれているようにも思える。
それはともかくとして、作者の狙いはもちろん、このような非常にフィクショナルな設定を使って
平成という時代の終焉(しゅうえん)を浮かび上がらせようとしたということだろう。
そしてそれはかなり成功している。情報量の多い内容を軽快に捌(さば)きつつ、
きわめて読みやすい文体でサクサクと進んでゆくストーリーは、ラストで思いがけぬ湿度を帯びる。
 だが私にとって最も興味深いのは、何よりも古市憲寿がこれを書いたということである。

46吾輩は名無しである2018/10/01(月) 15:25:06.43ID:0lRH4DOB
佐々木敦はホントクソだな
最後の一文ですべてがわかる

47吾輩は名無しである2018/10/01(月) 17:09:05.34ID:sg0J/NGt
ホモって文学オタのガチガチの文章じゃなくて、色気のある文を書くからプロとしての需要があるんだよね。

48吾輩は名無しである2018/10/01(月) 17:56:51.10ID:6GYM1Vt8
書評家ってテレビ観ない人多いね。
栗原も観ないって言ってたし。

Twitter更新しまくってるから暇そうなのに。

49吾輩は名無しである2018/10/01(月) 19:44:54.97ID:Bc7pkAXG
ふむ
シャシャキが俺にビビって逃亡したかよwwwwwwwww

50吾輩は名無しである2018/10/01(月) 23:16:17.14ID:dgIUvZBX
二十年くらい経済性なんて考えずに遊ばないと芸術を理解するのは無理。

51吾輩は名無しである2018/10/01(月) 23:45:46.81ID:XXLZCVpe
>>42
コイツが本当のホモ文学だなwwww

52吾輩は名無しである2018/10/02(火) 07:37:32.05ID:d6sdAY3L
石原はまたスケベ批評か

10月号 早稲田大学教授・石原千秋 おばあさんの時代

坂上秋成「私のたしかな娘」(文学界)は、本名は由美子なのに「エレナ」という名を付けた知人の娘と、
いや、彼女は「自分の娘だ」と感じる、エレナと名付けた34歳の神谷との奇妙な関係を書いた小説で、
その隠微な感じがいい。しかし、それは冒頭近くでもうわかってしまう。
「スカートの下に伸びる陶器のように白い脚が他人の情欲を刺激することは十分に考えられた」
とあるからだ。この「情欲」が、こう想像する神谷のものであることはあまりにも明らかだからだ。
ちょとばかり種明かしが早すぎたように思う。

 金原ひとみ「アタラクシア」(すばる)は新連載だから内容には触れないが、最後はこれでいいのだろうか。
「レジ袋を持って半歩先を歩く俊輔の斜め後ろを歩きながら、空を見上げる。何やってるんだろう。
私の疑問に答えるように、星たちが小さく瞬いた。」と終わるからだ。そして「つづく」となる。
短編ならこれでもいいと思うが、まだ続くのに星が解答してはまずいだろう。最後の一文はいらない。
それで読者は、「何やってるんだろう」を一緒に考えてくれるのではないか。

 最近の「連続テレビ小説」はおばあさんの役割が大きくなっているなと漠然と感じていた。
トミヤマユキコ「おばあさんがヒロインになる時−現代老女マンガ論」(すばる)を読んで合点がいった。
もちろん家庭や親戚のおばあさんと一人でキャラが立つマンガのおばあさんとではテイストは異なるが、
いまはまちがいなくおばあさんの時代なのだ。ただ、トミヤマユキコのキャラは斎藤美奈子とまるかぶりではないかな。

53吾輩は名無しである2018/10/02(火) 07:50:54.25ID:iid7Y8+F
これはスケベジジイ批評ではないでしょ
作者の容姿とかを気にするのがスケベ批評

54シャシャキ2018/10/02(火) 13:24:10.39ID:1IXB6cHt
>>52
石原のは読痴的言いがかりw
金原ひとみの作品の場合は、星が解答したのではなくて、「私」がそう感じただけであり、「私」は星の動きが非常に気になる人物という設定に過ぎない。

55学術2018/10/02(火) 13:35:51.94ID:q/BDC5sP
ホルモノ セレクトス ポモ道路 シャイエンス 特上フェロモン大将。

https://www.youtube.com/watch?v=nTOZ5crZbeg

56吾輩は名無しである2018/10/02(火) 15:06:20.89ID:SSfmS5nz
群像編集部 @gunzo_henshubu
第40回野間文芸新人賞の候補作が発表され、金子薫さん『双子は驢馬に跨がって』、
木村紅美さん『雪子さんの足音』、古谷田奈月さん『無限の玄/風下の朱』、
乗代雄介さん『本物の読書家』、町屋良平さん『しき』が候補になりました。

57吾輩は名無しである2018/10/02(火) 15:27:14.30ID:7Efjqddb
>>54
金原ひとみに対する石原のこういうのって
何でこの部分に引っかかってそれを論評(解説)する必要があるんだろうか
芥川賞とかの選評なら分かるが、現在連載してるものに対して
ここはこうしたほうがいいとか、失礼にもほどがある

58吾輩は名無しである2018/10/02(火) 17:27:46.16ID:vCR+sNxD
>>57
こういう評論はやめてほしいよね
馬鹿に見えるというか、説得力がない

59学術2018/10/02(火) 19:30:51.46ID:q/BDC5sP
フロイドの事か。スーパーノヴァね。涙は嘘をつかない。ラカンイラナイ。

60学術2018/10/02(火) 19:32:00.91ID:q/BDC5sP
地球史は恥丘詩なのか。パイパン土手ダカールと勃起カリダカールのラリー。

61吾輩は名無しである2018/10/02(火) 19:35:42.54ID:XXrfjpld
俺最高!お前も最高!
悪いのは出版社!コネ受賞の新人!
との無限ループの傷のワナビ同士の傷のなめ合いはなんとかならないのかな。
もう少し建設的な方向に議論が行くと素晴らしい。

62シャシャキ2018/10/02(火) 20:35:40.69ID:1IXB6cHt
>>57
踏み込み過ぎるのは危険だが、彼はいぜん川上未映子の「すべて真夜中の恋人たち」への産経時評で、事の起こりの時系列を勘違いしてたことがあったが、時間経過への無頓着や無視が或いはあって、それが関係してるかも。

63吾輩は名無しである2018/10/02(火) 22:06:14.36ID:7VzxFGdt
シャキシャキ氏はどういう学問なり修練を根拠に評論しているのであろうか?
それを明らかにするなり、何もないなら何かを習得しないと、人に響かない。

64吾輩は名無しである2018/10/03(水) 00:18:16.57ID:WrvQkWRe
ただの新人賞作家には興味がありません
宇宙人と未来人と超能力者に(以下略)
というネタを思い付いたが駄目だろうか

65吾輩は名無しである2018/10/03(水) 00:56:24.56ID:xdw7Gj3o
>>64
文体に軸が出来てないから無理だと思います。アイデアだけでは限界があり。
適当な書き込みにもその人が現れます。大文学者が適当に日記や随筆を書いても凄いように。もちろんネットの書き込みしても何かあるでしょう。

66吾輩は名無しである2018/10/03(水) 02:46:47.70ID:/Rb8mFk3
>>56
本物の読書家が入ってるw
これ、好きだったんだよなあ。あと金子薫さんも好き。

野間新はいつもいい候補選ぶよね。
発表が楽しみだ。

67吾輩は名無しである2018/10/03(水) 07:28:35.59ID:TlPr3I9m
全スレで勝手にふるえてろの映画版面白いって教えてくれたひと
まだ見てるかな。

週末に見てみたけど面白かったよ。
今はやっぱり漫画みたいな話が流行ってるのかな。
こじらせ女書かせたら日本一だね。
絶対にリアルではかかわりたくないがw

68吾輩は名無しである2018/10/03(水) 07:47:52.21ID:TlPr3I9m
前スレやっったわ。スマソ。

69吾輩は名無しである2018/10/03(水) 07:54:42.60ID:TlPr3I9m
尼ですばると文學界の内容出てる。

70吾輩は名無しである2018/10/03(水) 07:57:34.73ID:TlPr3I9m
 △第50回新潮新人賞(新潮社主催) 新潟県の三国美千子さん(39)の「いかれころ」に決まった。受賞作は「新潮」11月号に掲載。

朝日デジタル

71吾輩は名無しである2018/10/03(水) 10:27:31.68ID:LoXMqVUm
すげえ失礼だけどタイトルからして面白くなさそうだな

72吾輩は名無しである2018/10/03(水) 10:29:43.98ID:LoXMqVUm
でもこれで関西バカの嫉妬がやみそうだ

73シャシャキ2018/10/03(水) 12:55:25.46ID:QQ6QhHvc
>>72
もし良ければ、その関西バカとは誰のことで、そいつは何に対して嫉妬してるのか教えてくれませんか?

74吾輩は名無しである2018/10/03(水) 13:40:09.24ID:Eo07GIKt
新人賞デビューしたより、コネデビューの人の方が実際のところレベルが高い。コネだとダメな場合、紹介した人の責任問題になるから人が厳選されている。

新人賞だとよくも悪くも合議制の無責任さがあり、悪くもないが凄いところもない佳作ばかりが選ばれてしまい。

75吾輩は名無しである2018/10/03(水) 13:53:48.62ID:3ScwnrFE
>>73
>>74←こいつのこと

76吾輩は名無しである2018/10/03(水) 15:20:59.36ID:VLKFSVqG
菊池寛は作家としても一流で、新人の目利きも出来て、経営も出来てと凄い人であった。晩年は戦争協力で叩かれたが。

純文学雑誌が制度疲労した文化だから、どうも僻みっぽい考えが大勢を占めるが、新たな流れはこの枠の外から出てくるかな。

膵臓のヒットは既存の出版社のスカウト網がネットにも注目し始めたというだけで、枠の範囲内であり。

77吾輩は名無しである2018/10/03(水) 15:53:01.00ID:WFVwNK82
倉本さおりの件は既出?

あれこそ問題と思うんだが・・・

78吾輩は名無しである2018/10/03(水) 16:36:20.89ID:K3lqTlOU
コネばかりになったら末期よ

79吾輩は名無しである2018/10/03(水) 16:36:40.32ID:K3lqTlOU
そんな業界に誰が憧れるって話

80シャシャキ2018/10/03(水) 16:44:36.22ID:QQ6QhHvc
>>77
佐々木敦や倉本さおりは創価のゴリ押しじゃないか?

81吾輩は名無しである2018/10/03(水) 18:28:37.99ID:pVK4tRpo
シャシャキは小説読まないくせに
批評家批判だけは熱心だよなw

82吾輩は名無しである2018/10/03(水) 18:29:41.85ID:pVK4tRpo
批評家じゃなくて書評家か。
もはやなんでもいいがw

83吾輩は名無しである2018/10/03(水) 18:31:38.71ID:sNyRaHUI
編集者の気持ちになってみよう。
部署に使いかってのよい、いい子がいたとする。
書評を誰かに頼む必要が発生した。
さあ誰に頼もう。
ベテラン勢に頼むのは面倒だ。
書評家を発掘するのもめんどくせえw
あ、あの子に白羽の矢を。

それは罪なのか?

84吾輩は名無しである2018/10/03(水) 18:52:32.14ID:sNyRaHUI
文藝でよく契約社員募集しているじゃないか。
チャレンジしてみなよ。
採用されても働く年数に上限はある。
だが編集者に原稿を見てもらうチャンスがある。
編集者に気に入られれば書評家にだってなれるかもしれない。

85吾輩は名無しである2018/10/03(水) 22:36:51.07ID:5udQpRcE
名門大学出身だったり、ボンボン育ちだとコネはありまくりになるが、実力無しに有力者にあっても馬鹿にされるだけだよ。
無能な人がコネデビューしても、その有力者の顔が潰れ業績にも傷がつくわけで。

86吾輩は名無しである2018/10/03(水) 22:45:28.97ID:LoXMqVUm
>>85
そういうのはデビューさせないからなあ

87吾輩は名無しである2018/10/03(水) 22:48:27.96ID:5udQpRcE
>>86
結局コネデビューの人も過酷な競争を勝ち抜いてる。有力者の前にはコネ狙いの人達が列を作ってて。

88吾輩は名無しである2018/10/03(水) 22:53:48.11ID:5udQpRcE
傑作、美文、名文を書いてるのに業界の無能さから埋もれてる無冠の帝王みたいなワナビがいたら良いが、実際のところ見たことないな。

89吾輩は名無しである2018/10/03(水) 22:58:08.03ID:LoXMqVUm
>>87
いやそれ、一般公募と比べたら勝ち抜いてるなんて表現は使えないレベルの話でしょ。
コネは基本的にはよくないだろ。
最近の芸能人に書かせるやり方は別として、平野啓一郎みたいなのは例外だよ。

90吾輩は名無しである2018/10/03(水) 23:07:29.09ID:5udQpRcE
>>89
三島由紀夫も失笑されるほど、有力者を訪問してコネデビューしてるんだが。
本当に実力ある人は出版社に持ち込みするのが良い。

91吾輩は名無しである2018/10/03(水) 23:08:00.18ID:UGtSz8Gt
コネデビュー
"読めない"批評家たちが絶賛
天才だ天才だと騒ぎ立てる
たくさん賞をとる
しかし一般的には無名
業界も衰退

92吾輩は名無しである2018/10/03(水) 23:09:17.53ID:LoXMqVUm
>>90
いつの時代の話だよ
もう純文学にそんな才能はやってこない
そういう人材は漫画編集部やアニメに流れている

93吾輩は名無しである2018/10/03(水) 23:12:51.76ID:5udQpRcE
89.91.92氏はどの程度のレベルの文を書いてるだろう?
問題の本質はそれだ。
僕の文は高校の作文の優秀賞れべるではある。

94吾輩は名無しである2018/10/03(水) 23:34:12.54ID:LoXMqVUm
>>93
正直なところ全く意味がわからないのだけれど、なぜ文章のレベルが問題の本質だと言い切れるの?

95吾輩は名無しである2018/10/04(木) 00:20:41.65ID:QPwVLDUJ
>>91
A吹さんかな

96吾輩は名無しである2018/10/04(木) 00:32:54.82ID:ikk7qjHR
>>94
読解力をつけてください。

97吾輩は名無しである2018/10/04(木) 00:37:28.73ID:EABohl0Q
>>96
少なくともこの回答でこの方は相手にしないほうがいいとわかった
言葉にできることを言葉にせず他人の責任にして逃げる人間、があなたの評価です

98吾輩は名無しである2018/10/04(木) 00:40:14.29ID:ikk7qjHR
>>97
お互いにそれぞれの道で頑張りましょう。貴殿の成功を祈ります。

99吾輩は名無しである2018/10/04(木) 00:44:21.91ID:QPwVLDUJ
しかし、AとBが同一人物って話を出したらわかりやすく消えるというのも答え合わせをしているようなものだ

100吾輩は名無しである2018/10/04(木) 02:01:13.21ID:8U4iB5A6
純文学の板に来てわかったことは、ここは小説漫画アニメゲーム映画といったあらゆるジャンルの中で最も性格が悪くて口汚い奴らが集まる場所だということだけだ

新着レスの表示
レスを投稿する