安倍改憲案提出から後退条文案説明にとどめる考え

1吾輩は名無しである 2018/10/04(木) 10:55:38.73
安倍晋三首相は3日、自民党の高村正彦前副総裁と首相官邸で会談し、憲法改正をめぐり10月下旬召集予定の臨時国会では、同党がまとめた自衛隊明記など4項目の条文案の説明にとどめる考えを示した。

首相は臨時国会への党改憲案提出に意欲を示してきたが、トーンダウンした形だ。

トーンダウンの背景には、改憲案提出に向けた自民党内の手続きが難航する可能性もあるためとみられる。先の総裁選で善戦した石破茂元幹事長らは、慎重な議論を求めている。 

時事通信
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181003-00000125-jij-pol
VIPQ2_EXTDAT: none:default:1000:512:----: EXT was configured

2吾輩は名無しである2018/10/04(木) 13:13:00.80
さあ戦争ぞ、徴兵ぞ

新着レスの表示
レスを投稿する