ワイが文章をちょっと詳しく評価する!【84】

1ぷっぎゃああああっす!2018/02/10(土) 20:56:33.98ID:cZ2+QTng
オリジナルの文章を随時募集中!

点数の意味
10点〜39点 日本語に難がある!
40点〜59点 物語性のある読み物!
60点〜69点 書き慣れた頃に当たる壁!
70点〜79点 小説として読める!
80点〜89点 高い完成度を誇る!
90点〜99点 未知の領域!
満点は創作者が思い描く美しい夢!

評価依頼の文章はスレッドに直接、書き込んでもよい!
抜粋の文章は単体で意味のわかるものが望ましい!
長い文章の場合は読み易さの観点から三レスを上限とする!
それ以上の長文は別サイトのURLで受け付けている!

ここまでの最高得点は76点!(`・ω・´)

348この名無しがすごい!2018/02/18(日) 15:27:54.88ID:Gx2fP0kT
どっちも縄文系ですし、どっちも縄文系の大王です。とおれたちみんながいうまで、
おれたちは世界中の奴隷にされてたんだ。本当にひどいもんだよな。戦場より苦しかったぜよ。

その日本を外国の奴隷国家にしたかった日本人は、日本のヤンキーたちと天皇家に忠誠を誓うじいさんばあさんなんだよ。
こんなやつら一生奴隷やってろと本当に思うわ。

世界中の世界各国の情報拠点にある各国の公用語のビッグデータにのってるので。
その日本のヤンキー男一人を拠点に、いつでも日本を奴隷以下にすることができる。
日本人はそれくらい愚かで奴隷根性の国だ。

世界の構造とは、2004年頃こうなっていた。

裏の国。
公文の国。
奴隷の国。
奴隷に占領された敗戦の国アメリカ。
奴隷以下の日本のヤンキー男の国。

ここから、アメリカが世界を再占領した作戦とは、
世界各国の独立戦争の歴史を奪い、ビッグデータを参考に占領することである。
それだけで世界など何度でも再占領できる。

おれは戦いつづけた。それくらい世界中嫌なやつばかりだったからだ。
おれこそ、人類史上最高の虐殺独裁者だからだ。
本当にそれくらい人が死んだ。
その歴史が隠されたら、その方法を知るだけで、世界征服方法の参考意見はわかる。

そもそもの原因は、
自分が確認できた功績しか褒美を返さんからだ。あとは野次馬が全部とってる。
国連も、アメリカも、インターネット拠点も。
それが原因でこの三つが確認できないこの三つの支配下にある人々はどんなにがんばっても奴隷以下だった。

349この名無しがすごい!2018/02/18(日) 15:28:16.05ID:Gx2fP0kT
平成の時代は、アメリカのいうことも、国連のいうことも聞かない方が科学なんていくらでも発達したんだ。

まあ、おれの怒りなど優しいから、地球中から一つの分子を隠しただけだけどな。
科学者たちはたった一か月もあれば、再発見したわ。
マジで、科学者たちの優秀さにおれは心服した。
理系科学者はやっぱりおれより遥かに賢かった。

本当の真実は、

そして、それらすべての原因は、
東京で、二十五歳の時の歳男の時にどこかへ行かなかったから、
東京の都民が「歳男に来ないなど日本への反乱だろう」と、
東京都民がみんなでいじめていただけなんだ、犬塚拓馬を。
それだけが真実だ。

本当に、2003年から2005年までおれが戦いつづけて守っていたものなど、
本当に、由香と科学者だけなんだよ。
それ以外何一つ守れるものはなかった。

山内由香だけは科学者より大事。
科学者が守れなかったら、山内由香を誘拐してでも、野生で暮らそう。
それくらい絶望していた。

山内由香も奪われたので、後はただ、科学を守る以外いらなかった。
それからは、ただ「科学を守るために戦う一人」と「東京都民のいじめ」だった。
その歴史だ。これは。

それによって解明されたのは、どんな国でも首都のいじめっ子が国連など全員征圧できるということだったのだ。
それが国連の歴史である。

350この名無しがすごい!2018/02/18(日) 17:29:26.49ID:6yD7GxMg
>>342お疲れ様です!
時間外の参加楽しみにしています!

351この名無しがすごい!2018/02/18(日) 20:01:54.51ID:nf1C4fON
あれ……?

352ぷぅぎゃああああああ ◆Puuoono255oE 2018/02/18(日) 20:05:15.92ID:lahzH32x
さて、上にある記憶君は明朝に回すとして、早速ではあるが点呼を取る!

四十分一レス勝負に参加する者はいるか!
二人以上いれば成立! お題を発表する!(`・ω・´)

353この名無しがすごい!2018/02/18(日) 20:06:10.04ID:6yD7GxMg
はいな。

354この名無しがすごい!2018/02/18(日) 20:07:00.16ID:nf1C4fON
二!

355ぷぅぎゃああああああ ◆Puuoono255oE 2018/02/18(日) 20:07:01.34ID:lahzH32x
スレッドの時間で八時に十分まで待つ!

無理して参加しなくてもいいからね?(`・ω・´)

356ぷぅぎゃああああああ ◆Puuoono255oE 2018/02/18(日) 20:09:22.41ID:lahzH32x
ID:6yD7GxMg
ID:nf1C4fON

早い、早すぎる、早漏か!
変換ミスではあるが八時二十分まで待つとしよう!(`・ω・´)

357この名無しがすごい!2018/02/18(日) 20:11:52.87ID:L9vkwZsl
とりあえずはい

358ぷぅぎゃああああああ ◆Puuoono255oE 2018/02/18(日) 20:12:22.86ID:lahzH32x
今回は四十分と云う厳しい縛りがあるので、
ワイスレ杯や三題話のようにキツイ制約は設けていない!
たったの一行のお題なので気軽に参加して貰いたい!

二合徳利が切れたので少し足してくる!(`・ω・´)

359この名無しがすごい!2018/02/18(日) 20:13:33.65ID:kGwg29G5
30分まで待ってほしいな……。風呂に入りたい……。

360ぷぅぎゃああああああ ◆Puuoono255oE 2018/02/18(日) 20:13:34.51ID:lahzH32x
ID:6yD7GxMg
ID:nf1C4fON
ID:L9vkwZsl

三人が参加!(`・ω・´)

361この名無しがすごい!2018/02/18(日) 20:13:48.84ID:L9vkwZsl
20分までに参加表明しなくても参加していいんですよね

362ぷぅぎゃああああああ ◆Puuoono255oE 2018/02/18(日) 20:15:22.47ID:lahzH32x
>>359
のんびり長湯を楽しんで十分で書けば間に合う!(`・ω・´)

363この名無しがすごい!2018/02/18(日) 20:15:47.85ID:6yD7GxMg
酔っぱらっちゃったは無しですよ。
審査は明朝とするとか無し!

364ぷぅぎゃああああああ ◆Puuoono255oE 2018/02/18(日) 20:17:09.10ID:lahzH32x
>>361
ワイがお題を発表してから四十分後に締め切る!
それまでに作品を書き上げれば問題ない!(`・ω・´) 二人以上参加することが開催の条件である!

365ぷぅぎゃああああああ ◆Puuoono255oE 2018/02/18(日) 20:18:06.95ID:lahzH32x
>>363
え、そうなの!?(`・ω・´) てっきり、明日に発表なのかと思った!

366この名無しがすごい!2018/02/18(日) 20:20:05.70ID:6yD7GxMg
>>365
焦らしぷれい。笑
把握です。明朝ですね。

367ぷぅぎゃああああああ ◆Puuoono255oE 2018/02/18(日) 20:20:14.06ID:lahzH32x
四十分一レス勝負のお題

美少女のピースサインから始まる一レス物語!(`・ω・´)

368この名無しがすごい!2018/02/18(日) 20:20:23.95ID:kGwg29G5
とりあえず、はい。(挙手)

369ぷぅぎゃああああああ ◆Puuoono255oE 2018/02/18(日) 20:22:47.01ID:lahzH32x
少し誤差があるので九時一分未満であればセーフとする!⊂(`・ω・´)⊃

370ぷぅぎゃああああああ ◆Puuoono255oE 2018/02/18(日) 20:28:29.16ID:lahzH32x
ちなみに今回は一発勝負なので投稿後の修正は認めていない!
四十分の間に推敲の時間を取れるか否かが勝敗の分かれ目になるかもしれない!

よろしく!(`・ω・´)ノ

371この名無しがすごい!2018/02/18(日) 20:58:19.21ID:nf1C4fON
「ピース! ピース! アへ顔ダブルピース!」
「……意味分かって言ってんのか?」

 俺は、両手でピースサインしながら無邪気に笑う少女に問い掛ける。

「ううん。知らない。でも、すっげー嬉しい、みたいな?」

 コテンと小首を傾げながら否定する少女。さらりと長い黒髪が流れた。両手は未だピースサインのままである。
 俺は何げない振りを装って、更に問いを重ねる。

「いや、間違ってるぞ。で? 誰に聞いたの、それ?」
「うん? 咲お姉ちゃんだけど」
「そっか、咲か……」

 よし、後で締めとかないとな。
 咲は俺の実の妹。現在高校生。そして、目の前の幼気な少女の従姉に当たる。つまり俺の従妹でもある目の前の少女は、十二歳になったばかりの小学生だ。
 どう考えても、小学生に吹き込んでいい類の言葉ではない。いや、そもそも高校生にも少しばかり早くないだろうか?

「あっ、薫お兄ちゃんが怒った顔してるー。やっぱり、ヤバい言葉だったんだ」
「……察してたなら、使うのは控えてくれよ」

 俺の前だったからまだいい。だけど、使う場所を間違えれば、本当に冗談にならない恐れがある。
 何せ、従妹の冬花は、小学生ではあるが、小学生らしからぬ色香の持ち主なのだから。というのも、発育が良い。
 一瞬、俺の視線は冬花の胸の膨らみに向けられたが、三秒で逸らしたからセーフだ。三秒セーフ、常識だよね?

 まあ、とかく発育が良く、その上容姿も一級品だ。大きなお友達の前で今のをやれば、かどわかされても不思議ではない。

 俺は額に手を当てながら溜息を吐いた。

「大丈夫だよー、他所ではまだやってないし」
「まだ、じゃなくて、金輪際やるな」
「えー?」
「えー、じゃない」
「んー。でも、薫お兄ちゃんの前でもう一度だけするような気がするなー。後、一度くらいいいよね?」
「それで気が済むならな。でも、それで打ち止めだからな。約束だぞ」
「はーい!」

 華やいだように笑う冬花。でも、その日は二度とその言葉を吐くことはなかった。
 

 八年後。俺は、もうすっかりこの日の会話を忘れてしまっていたのだが……。
 凍えるような冬の夜、冬花が冗談めかしながらもう一度その言葉を口にしたのは、二人っきりで過ごした冬花の誕生日のことだった。

372この名無しがすごい!2018/02/18(日) 21:00:28.86ID:kGwg29G5
とあるアパートの一室。
睨み合う二十代半ばの美しい夫婦がいた。
向き合うようにして座る二人。
張り詰めた空気が漂う。強く打ち付ける男の心臓。
と、女が悠々とピースサインを出す。
瞬間、男の表情が強張る。わなわなと唇を震わせる男に、女は微笑む女。男の目から涙が溢れでた。
女はそばへ行くと男の背中に手を当てた。男が顔を上げる。泣きながら満面の笑顔で優しく抱きしめる。
互いに涙する男女。
女の手には妊娠検査薬。そこには、はっきりと幸福の赤い線が描かれていた。

373この名無しがすごい!2018/02/18(日) 21:00:45.19ID:6yD7GxMg
黒曜石のような瞳には何の憂いも無かった。強風に乱れる前髪から覗く額を覆う皮膚は薄く、陶器のように滑らかで白い。
西洋の人形みたい目鼻立ちは完璧すぎて人間離れすらしていたけれど、無邪気とも言える笑顔はまごうことのない、10代のそれだった。
100人中100人が、彼女の笑顔をみたら釘つけになって、その花開く様が瞳の中に永劫に残るに違いない。
けれども僕の網膜に焼きついたのは、彼女が突き出したピースサインだった。

この直前、彼女は僕を墜落しつつある航空機のハッチから蹴落とした。
僕は蹴られた鳩尾を押さえながら、でも必死に「アルル!」と叫んだ。

アルルは彼女の名前だ。蹴落とされる3秒前に、彼女が教えてくれた。

ウエィストン王国の後継順位12位である僕、つまりまがりなりにも王子である僕、グルメイを足蹴にするなど
不敬も甚だしい。
しかも僕には身分だけでなく、学識がある。なんせ王国最高学府の大学院生であり、機械工学の中でも義体の研究している。
これほど完璧な人間がいるだろうか。
いや、いない。足りないのは平均に5cmほど足りない身長くらいだが、僕の完璧さは補ってあまりある。
あ、顔は10人並みだけど、それも補っておつりがくる……はずだ。

それに僕は院でいくつもの発明をした。義体の基本は指である。手の指が欠けた人用に、脚の指で操作する義手を開発した。この業績は大きい。
まあ、アイデアは脚でピアノを弾く曲芸士から得たものだ。でもこれは盗用ではない。なんたって、民族浄化政策で粛清されそうになった彼を救ってあげたのは、やっぱり僕だからだ。

「何でこんなに善良な僕がこんな目に合わなければいけないんだ!?」
 と叫んだのが3時間前。でも3ヶ月くらい前に感じる。

 大学院の研究室で優雅に紅茶をすすっていたところに、いきなり乗り込んで来たのはアルルだった。
「行くわよ!」「え、どこに」
「逃げるの! 政変が起きたわ。序列13位がクーデターを起こした。貴方は殺される」
「え、いや、ちょっと待ってくれ。落ち着け。というよりまず君は、王族との会話が許可された民族には見え……」「うっさい!!」
アルルは僕をグーで殴った。王族の僕をだ。父君にも殴られたことはないのに。
「今は関係ないの! 貴方の命がかかってるの! 貴方の母君に頼まれたの」「え、母君は」「死んだわ。わたしを警護する代わりに、貴方を守ってって言ってね!」
「ちょ、ちょっと待ってくれ。いや、護衛は。そもそも僕を守っていた護衛の皆は」「殺した。呑気な貴方は知らないけど、13位に根回しされていたのよ、全員」
彼女の言葉に僕は絶句した。が、アルルの苛苛は臨界に達したらしい。片手をごと、と外して、中から現れた銃身を僕につきつけて、
「これ以上ぐだぐだ言うなら蜂の巣にする」とすごんだ。

彼女に誘導されて僕は飛行場に逃亡。亡命。途中、戦闘機に襲撃され、飛行機は墜落しかける。
パラシュートは戦闘のさいに蜂の巣。
一個しかのこらず、彼女は「義肢を発明してくれてありがとう。わたしの名前はアルル」と言って、パラシュートをつけさせ、僕を
航空機から突き落としたのだった。

374この名無しがすごい!2018/02/18(日) 21:00:49.93ID:nf1C4fON
アカン、最初に何故かアへ顔ダブルピースが出てきてしまったんだ
こびりついて離れない
仕方なくそれを冒頭に書き出したが、ロクな着地点を見い出せなかった……

375この名無しがすごい!2018/02/18(日) 21:01:11.05ID:kGwg29G5
女は微笑む女。を微笑む女に。

376この名無しがすごい!2018/02/18(日) 21:01:39.94ID:kGwg29G5
あぁ、もう!なぜ短文でこんなミスを!

377この名無しがすごい!2018/02/18(日) 21:01:58.21ID:L9vkwZsl
ダメだ
ギブアップ

378ぷぅぎゃああああああ ◆Puuoono255oE 2018/02/18(日) 21:03:07.50ID:lahzH32x
意外と少ない!

もしかして難しいお題だったのだろうか!(`・ω・´)

379ぷぅぎゃああああああ ◆Puuoono255oE 2018/02/18(日) 21:05:30.47ID:lahzH32x
>>372
>睨み合う二十代半ばの美しい夫婦がいた。

どこに美少女がいるのだろうか!(`・ω・´)

380この名無しがすごい!2018/02/18(日) 21:07:09.44ID:kGwg29G5
>>379
少女!

381この名無しがすごい!2018/02/18(日) 21:07:22.56ID:kGwg29G5
涙。

382この名無しがすごい!2018/02/18(日) 21:07:49.84ID:6yD7GxMg
パッと浮かんだ状況が30分で書ける感じじゃなかった。
選択ミス。尻つぼみだなあ。オチまで到達できなかった。
敗北を認めます。

383この名無しがすごい!2018/02/18(日) 21:11:54.69ID:nf1C4fON
参加者全員が自作品に嘆いているw
お題が漠然としていて、逆にストーリーをまとめる? 絞る? のに苦労したのかもしれない
いくらでも書きようがあるから、何を書くか悩んでしまった、みたいな

384この名無しがすごい!2018/02/18(日) 21:15:51.73ID:6yD7GxMg
せめて王子の決意までは書きたかった。くっそ。尻切れトンボ。

385ぷぅぎゃああああああ ◆Puuoono255oE 2018/02/18(日) 21:28:18.24ID:lahzH32x
>>371
お題に忠実で軽い内容の割には誤脱の類いはなく、
綺麗に落ちまで付けていた! 文句なしの一位である!(`・ω・´)

>>373
話には凝っていたが文章にミスが多い!

>釘つけ
(釘づけ!)

>最高学府
(ただの大学!)

>「殺した。
(殺された!)

>義肢
(義手と義足の両方になる!)


凡ミスと詰め込み過ぎで二位!(`・ω・´)

>>372
お題が微妙! 二十代半ばの妊婦が美少女とは云い難い!
短い文章と体言止めの多用で素っ気ない!
しかも打ちミスまである!

時間制限内に書き上げた努力は認める!(`・ω・´) 三位が妥当!

386ぷぅぎゃああああああ ◆Puuoono255oE 2018/02/18(日) 21:31:10.89ID:lahzH32x
四十分一レス勝負はこれにて終了!

アヘ顔ダブルピース!V(`°ω。´)V

387この名無しがすごい!2018/02/18(日) 21:36:13.44ID:L9vkwZsl
奈緒ちゃん金メダルおめでとー

388この名無しがすごい!2018/02/18(日) 21:46:25.86ID:nf1C4fON
>>385
アへ顔ダブルピースで一位を取ってしまったwww

誤脱の類がないのは、かなり早い段階で書き終わったからです
48分には書き終わってました
後は10分使って誤字脱字がないかチェックしてましたので

389この名無しがすごい!2018/02/18(日) 21:48:12.97ID:kGwg29G5
>>385
色々反省点多いなぁ。考える時間と入浴時間が、いや言い訳か。また次に生かします。一位おめでとう!

390この名無しがすごい!2018/02/18(日) 21:54:27.30ID:nf1C4fON
>>389
ありがとうございます

391この名無しがすごい!2018/02/18(日) 21:56:08.96ID:6yD7GxMg
うん、詰め込みすぎですね。
やっちまった。
あ、勅使河原作者です。ミス潰せなかったなあ。

392この名無しがすごい!2018/02/18(日) 21:57:39.44ID:6yD7GxMg
あへ顔ピースおめでとうございます!
確かにバランス的にも絶妙だと思った。

393この名無しがすごい!2018/02/18(日) 22:01:14.90ID:nf1C4fON
>>392
ありがとう、てっしー
でも、制限時間がもう少し長ければ、間違いなくてっしーの勝ちだった
話を書き切り、かつ、全体的に整理する時間もあったろうし
だって推敲不足ではあるけれど、小説としてはどう考えてもアへ顔には負けてない

394この名無しがすごい!2018/02/18(日) 22:07:36.97ID:6yD7GxMg
>>393
いや、こういう勝負だからね!
釘づけ、大学、義手、あと殺された、全部確かに凡ミスだわ。
悔しいけど記憶に刻まれるね。やって良かった。

395この名無しがすごい!2018/02/19(月) 01:07:08.19ID:v6VFHqyu
お題に挑戦された皆さま、本当にお疲れさまでした……!
40分という短い間にこれだけのもを考え、お書きになられるということに心から脱帽せずにはいられません。
自分は、その時間はまだ出先にいてどうしても無理でしたが、でも半分は逃げの心がありました。恥ずかしいです。

>>325
読ませていただきました。ありがとうございます!
終始笑いの中にあるのに、逆に切なさを感じずにはいられませんでした。
お題として書かれた作品であるということを超えて、これはもう本当に素敵な作品ですね……

>>326
私もまったく長くはないのですが、ロム猫さんはこちらでお話をするようになられて、まだ日も浅くていらっしゃると思いますので、きっとまだ慣れていらっしゃらないのではと思います。
ですから、急に挑戦するというのも難しいのではと思うんですよ。私もそうで、今回のお題では最初からあきらめていましたし(汗)
でも、てっしーさんもお気遣いくださっていたのですが、書くのに徹夜になりましたのは、その間に他の用事もしたり猫とゴロゴロしたり、まったりと書いていたからなのです。
ですから、朝まで根をつめていたわけではなく同時にひどい駄作で、申しわけないかぎりです……

396この名無しがすごい!2018/02/19(月) 01:28:13.82ID:v6VFHqyu
なんだか本当に申しわけなく、私も大変遅ればせながら書かせていただきました。
けれど、考える時間もいれますと1時間ちょっとはかかっています。やはりほんとうに駄作ですが、上げさせていただきますね(汗)


そこにはバラ色のふっくらとした頬の、美しい少女がいた。
少し色褪せた写真の中の少女は、笑いながらピースサインをしている。
その横の写真には、黒く長いまつげの伏し目がちな彼女が写っている。
その下の写真には、子犬と芝生の上で戯れる彼女が。
男は古いアルバムをめくりながら、一枚一枚愛おしそうに少女を見つめていた。
そこに洗面所から、トタトタとこちらへ向かって女の子が走ってきた。
「お父さん、あとで学校で会おうね!」女の子が話しかけた。
「おうっ! 早く行かないと遅れるぞ」と男が答える。
「うんっ」玄関へと慌てて向かう少女。
「おい、ハンカチを置き忘れてるぞ」男が呼びかけると、少女が叫んだ。
「ありがとう。そうだ! 大事なこと忘れてた!」
少女は居間の小さな仏壇の前に走って行き、ちょこんと座ると、しっかりと手を合わせた。
そして、「今日は入学式なんだよ……行ってきますね!」と呼びかける。
また、少女が玄関へと向かうと、男がその背中に声をかけた。
「車に気をつけるんだぞ!」
女の子がくるりと振り返ると、花がほころぶように笑いながらピースサインをした。
その16歳の少女は、写真の中の美しい彼女とそっくりだ。
ただ、写真の彼女と違うところといえば、男と同じ泣きぼくろが右目の下にあることだろうか。
少女が玄関を開けると、やわらかな春の風がさあっと入ってくる。
風に混じって、庭に咲く桜の花びらが舞う。
少女のふっくらとした頬や、長く黒いまつげに薄桃色の花びらがふりかかる。
まるで、姿の見えない誰かが、少女を祝うかのように。
男のひとみに温かく透明なものが溢れ、にじんでいった。

397この名無しがすごい!2018/02/19(月) 02:00:13.43ID:mUswoQaM
>>395
>>396
皆さん色々な意味でありがとうございます。お礼に即興。

額縁の中では桜が吹雪いている。中央には彼女がショートカットの前髪とスカート、セイラー服のリボンを風に
揺らしながら、こちらに思いっきりピースサインをしている。
彼女はわたしの8年先に生まれた姉の優子だ。笑顔がこれでもかってくらい輝いている。元々笑顔が
映える美少女なのだ。

この桜の写真は彼女の合格発表の時の物だ。東北大学医学部に合格した彼女は、才媛であるのみならず、
スポーツも得意だった。小柄だけど大きな相手を
投げ飛ばすのが好きな彼女は、合宿で訪れた先の仙台で大規模な災害に巻き込まれて、
7年前に死亡した。
彼女は死ぬなんて全然考えていなかったんだろうなあ、とわたしは思う。だって、桜の合格写真
のみならず、遺していったたくさんの写真の中で……。
笑顔が輝いているからだ。それは目を閉じて、いつまでも消えない残像みたいに。

同じ姉妹でどうしてこう違うのかな、なんて思いながら、この7年間を生きてきた。わたしの顔は
10人並み。告白だってされた事はない。
チョコを作ってもちゃんと受け取ってもらえたのは一回だけだ。何より頭の出来が違う。スポーツだって、
どんくさい。

でも、だからこそ。わたしはこの7年間。桜の中の姉を目指した。
今日、通知が届いた。合格発表は、びびりのわたしは怖くていけなかった。
恐る恐る、封を開く。『FOR YOU』と書いてある。あなたのために。
迷った末に思い切って、封を開く。目に飛び込んできた文言は−。

東北大学医学部、合格。

わたしは小さく叫んで、額縁の中の姉の前に行き、通知書を広げた。
それから、『わたしも』思いっきりピースサインを作った。

7年前に色んな大切な物が、散るみたいに取りさらわれてしまった。
けど、今この瞬間。
わたしは姉と一緒に、ピースサインをしている。

398この名無しがすごい!2018/02/19(月) 02:02:41.25ID:mUswoQaM
>>397
20分で書きました。
お師匠さま、べたですがどうですかね。

新着レスの表示
レスを投稿する