俺が毎日一レス小説書くから、お前ら評価してくれ

1この名無しがすごい!2018/07/02(月) 18:15:14.39ID:9U+wPfWP
『竜殺し』
 薄いバイオレット色の長い髪に、どこか退屈気な目。
 身体に纏う黒衣に、金の額当て。決まって休憩所の奥の席で、ウィストン(花の蜜から生成した酒)をロックで呑んでいると聞いていたが、噂の通りだった。

 一週間冒険者ギルドに通い、ようやく彼女を見つけることができた。
 彼女こそ『竜殺し』と称される、冒険者の階級を示す五段階評価で、上から二番目のミスリル級を冠している剣士なのだ。
 最上の階級であるアダマン級が、剣の師範代や将軍、ギルドマスターの名誉称号と化している事を考慮すれば、彼女が最上位クラスの冒険者である事は間違いない。

「隣をいいかな、少し退屈な話をしたいのだが」

 私は気後れもあり、やや冗談めかして声を掛けた。

「いいぜ、機嫌がいいからな。だが、つまらない話をしてみろ? お前の頭を叩き落す」

 私は肩を竦ませ、席に着く。
 そうして私は「なぜ竜を殺すのか」と彼女に問うた。
 本当に言いたかったのはこんなことではない。
 しかし、私はいつも婉曲なのだ。悪い癖だ、それでいつも主題が見えなくなる。

「なぜかって? 決まってるだろ、奴らは金になる」

「しかし、彼らは知性が高い。秘境で静かに住まい、滅多に人を襲わない。一部の竜の被害が大きいために、必要以上に敵視する者も多いが、実はゴブリンの方が遥かに被害は大きい」

 彼女は軽く笑う。私は続ける。

「仲間を殺され、秘境から逃げた竜は、住処を求め、人の集落を襲うことがある」

「金のためだ」

 彼女はそう言い、席を立つ。

「退屈だな、お前は。私を捕まえて、そんな話をしてどうなる?」

 私は彼女が扉から出て行く背を見送ってから、一人、溜め息を零した。

 結局、私は、疫病と貧困に苦しむ彼女の故郷が、人間に住処を追われた竜の襲撃によって滅ぼされた事を、彼女に伝えることはできなかった。
 私は静かに席を立ち、この街をそろそろ去ろうか、と考えていた。

2この名無しがすごい!2018/07/02(月) 19:08:47.32ID:Z9tMgl88
結構すんなり読めたよ
以下ツッコミ

常識的に考えたら他人の主人公が知ってるような事は本人も知ってると思う
その程度の事もずさんな性格なら人より高みに行くのもままならないかと

3この名無しがすごい!2018/07/02(月) 19:18:07.83ID:9U+wPfWP
>>2
主人公も旅人だからまぁ
旅の途中で村のことを知って、そこからしばらくしてから、そのとき滞在してた街に村出身の竜殺しがいることに気が付いて、因果を感じて接触した……みたいなのを妄想してた
なお結局教えずに街を去る模様

4この名無しがすごい!2018/07/03(火) 07:13:21.11ID:Ta4v8ZS4
読んでます
つづきはよ

5この名無しがすごい!2018/07/03(火) 12:03:55.17ID:F8rufTcT
>>4
続きはないぞ
竜殺しはこれで終わり

6この名無しがすごい!2018/07/03(火) 12:41:04.21ID:T8nyjIgU
>>3
通信役より速いただの旅人なんてありえないからそのパワーバランスを崩す乗り物や身分証明の設定もあると良かったかも
簡単な描写でも主人公が歩みの早い説得力を増すだけでなくそこから世界観の背景も深められるし何より魅力的な乗り物のある旅話はステキだ

7この名無しがすごい!2018/07/03(火) 23:44:47.24ID:F8rufTcT
『童顔の傭兵崩れ』
 彼はレニ・ヴァーントという、傭兵崩れの冒険者だ。
 背はやや低く、目付きは悪いが、どこか幼い顔立ちをしている。
 厳つい男ばかりの傭兵団ではさぞ悪目立ちしていた事だろうと思う。

 機会があればパーティーを組んでいるが、俺はこの少年のことが、やや苦手だった。
 じっと、俺を見透かした様な視線を偶に投げかけて来るからだ。
 俺の素性に勘付いている? ならば、もっと直接的な行動に出るはずだが……。

「おい、お前。今日の狩りが終わったら酒に付き合え。話したいことがある」

 移動中、レニが淡々と言った。 厚い黒の外套は顔の下半分を覆い隠しており、表情は窺えない。
 俺は緊張を押し殺し、答えた。

「ああ、いいよ」

 ようやく来たか。
 やはり、俺が王家絡みの出自と知って様子を窺っていたらしい。
 或いはフォルテ家の者かもしれない。交戦を覚悟すべきか? いっそ、狩りの合間に殺してしまうか?
 このタイミングで打ち明けたということは、俺にとって悪い話ではないかもしれないが、危険が多いことも確かだ。


 オーガの牙に腹を抉られたレニの死体へと、俺は目線を下げる。
 喰い破られた外套の下に、豊かな色白の胸が見えた。改めて、血の気のないレニの顔を見る。
 きめ細かい、柔らかそうな肌、少女のものだった。

「そうか、お前、女だったのか」

 ばかばかしい、王家も何も関係なかったのだ。
 いつ死ぬかわからない冒険者業だからと言って、俺みたいな顔も剣も懐も冴えない男相手にがっつかなくてもよかったろうに。
 その上度胸もないと来た。今日一日びくびくしていた結果がこれか、俺は馬鹿か。
 「おい、お前。今日の狩りが終わったら酒に付き合え。話したいことがある」
 いつもの冷淡ながらに明瞭な声を曇らせ、目を斜めに逸らしつつ、少し恥ずかしそうに言う、傭兵崩れの少女の顔が頭を過ぎった。
 俺はその場に突っ伏し、一人で泣いた。

8この名無しがすごい!2018/07/03(火) 23:51:22.70ID:GnxWFECi
>>7
こういうバットエンド的な感じ個人的にすこ

9この名無しがすごい!2018/07/04(水) 03:30:55.66ID:eS6kFR2Q
がんばれよ

10この名無しがすごい!2018/07/04(水) 09:47:54.60ID:0Jya/6Ni
傭兵の方いい感じ

11この名無しがすごい!2018/07/04(水) 20:34:39.23ID:VLQx5ZND
いいじゃん

12この名無しがすごい!2018/07/07(土) 00:37:38.33ID:KkCcmKPW
ネタ尽きたわ

13この名無しがすごい!2018/07/12(木) 23:38:46.59ID:ujab3VTj
俺だ
久々に1レス小説を書いた
今回はなんちゃってミステリだ

14この名無しがすごい!2018/07/12(木) 23:39:05.94ID:ujab3VTj
 ある男(B)が、作家(A)の書いた小説を手に、彼を訪れるところから話は始まる。
 その小説は、かつてBがある孤島へと訪れた時の六日間の惨劇をモチーフとして書かれたもので、出版社がマスコミを恐れて結局出版は取り下げになったものだ。
 Aは取材に協力してくれたBへとそれを送ったのだが、Bはその内容に疑問があったためにAを訪れたのだ。


 まず小説では、Cという金持ちの妄執から始まる。
 彼は極度のオカルトマニアで、悪魔の儀式を再現するために、実際に人を殺させたり、孕ませた女の腹を裂いて未熟児を引き摺り出させたりすることまであった。


 視点はBへと切り替わる。
 B、D、E、Fは、Cの企画したオカルトオフ会のために、Cの所有しているある孤島を訪れる。
 そしてかつて邪神を崇拝していたという巨大な神殿の地下へと入るが、入る前にCは「霊を怒らせる」と言い、金属機器を全て回収する。
 地下に降りたところで、地上とを繋げる扉が外から封じられてしまう。


 地下でとりあえずの生活はできるとのことだった。
 そんな中、四日目にDが寝室で頭部を斧で叩き割られる事件が発生する。
 その後、ボウガンを持った仮面男が発見されるが、彼はすぐさま魔法の様に消えてしまった。
 Dの死体はこの神殿の三つの贄の壁画、「頭を叩き割る」、「矢で壁に固定する」、「ミンチにして棺桶に詰める」の最初の一枚の見立てであった。


 五日目、Eが突然現れた仮面男にボウガンで射られて即死する。
 Bは仮面男に立ち向かい、足をボウガンで射られる。
 全員がパニックになる中、Cだけは満足げに「奴がこの神殿の神官なんだ」と笑っていた。


 五日目の夜、飲み水に薬が盛られていたらしく、Bは熟睡してしまう。
 その後、六日目の朝に入ってきた警察に救助される。
 何がなんだかわからないBだが、連れられる途中、建物内にあった三つの掛け時計がすべて破壊されていたことに気が付く。
 警察のヘリで帰還する際に、Bは自身とFしかいないことに気が付き、警官に「Cと仮面男がいるはずだ!」と訴える。


 Bは帰還してから、あの地下神殿には更に奥の秘密の階層があり、そこから外と内を出入りできるようになっていた、ということを警察から知らされる。
 Cはその部屋の中で、冷凍庫の中にミンチになっていたことが発見された。
 DNA鑑定の結果、間違いなくC本人であるという。
 結局、仮面の神官は見つからず、事件は迷宮入りする。



 Bが作家のAへと言う。
「どうして、文中でCが女であることを示唆したのですか? Cは女顔でしたが、確かに男でしたよ」
「決まってるじゃないか、Cが女だったからだよ」
「……あなたが、神官だったんですか?」
「そんなはずがない、私にも、私の恋人にもアリバイがある。君のお陰でね」
 Aは笑って続ける。
「実は五日目、私達はずっと出版社のパーティーにいたんだ」

15この名無しがすごい!2018/07/12(木) 23:41:51.68ID:ujab3VTj
一応解けるようになっている
ちょっとフェアじゃないのでルールも置いておく

【明らかにするべきポイント】
・贄の見立て殺人は何故行われたのか?
・なぜ作家はCが女であることを文中で仄めかしたのか?
・作家の恋人とは誰のことを指すか?
・作家が自身と彼の恋人のアリバイがBの証言によって用意できた、と言ったのは何故か?

【解かなくていいポイント】
・C、D、Eが殺された理由。
(Cが恨みを買っていたのは想像できるだろう。D、Eは、Cに面識はなかったが、噂を聞いてファンになって、似た様な事件を起こし、Cに恨みを持つ犯人を逆上させたのかもしれない。)
・仮面の男が密室に入り込めた理由、孤島から出られた理由。(単に隠し通路を知っており、船で島を出ることもできた。)

16この名無しがすごい!2018/07/14(土) 20:38:22.63ID:jr8MvSnw
なるほど分からん

17この名無しがすごい!2018/07/16(月) 01:27:59.91ID:Ofe3zVTv
ノックスをあえて破ってるのか、知らないのかどっちだ

18この名無しがすごい!2018/07/16(月) 01:29:04.72ID:dAhC1fiH
答え教えてくれ

19この名無しがすごい!2018/07/16(月) 02:22:32.41ID:7npVpA54
>>17
別にあれに特に意味を見出してはいないが、これはノックスの十戒は破ってないぞ

新着レスの表示
レスを投稿する