お言葉ですが。高島俊男はいい。3。

1無名草子さん2010/11/12(金) 19:36:34
『お言葉ですが…』シリーズ(文藝春秋、1996、文春文庫、1999)〜(第10巻、文春文庫、2009)
『お言葉ですが…第11巻』(連合出版、2006) 『別巻1』(連合出版、2008)

『李白と杜甫』(評論社、1972、講談社学術文庫、1997)
『声無き処に驚雷を聴く…「文化大革命」後の中国文学』(日中出版、1981)
『文学の自立を求めて…今日の中国文学を読む』(日中出版、1983)
『水滸伝の世界』(大修館書店、1987、ちくま文庫、2001)
『中国の大盗賊 天下を狙った男たち』(講談社現代新書、1989) 増補版『中国の大盗賊 完全版』 講談社現代新書、2004
『独断!中国関係名著案内』(東方書店、1991) 改版、改題して 『本と中国と日本人と』 ちくま文庫、2004
『水滸伝と日本人…江戸から昭和まで』(大修館書店、1991、ちくま文庫、2006)
『三国志<人物縦横談>』(大修館書店、1994) 改題して 『三国志 きらめく群像』 ちくま文庫、2000
『本が好き、悪口言うのはもっと好き』(大和書房、1995、文春文庫、1998)
『ほめそやしたりクサしたり』(大和書房、1998)
『寝言も本のはなし』(大和書房、1999)
『水滸伝人物事典』(講談社、1999)
『メルヘン誕生 向田邦子をさがして』(いそっぷ社、2000)
『漱石の夏やすみ…房総紀行「木屑録」』(朔北社、2000、ちくま文庫、2007)
『漢字と日本人』(文春新書、2001)
『座右の名文…ぼくの好きな十人の文章家』(文春新書、2007)
『しくじった皇帝たち』 (ちくま文庫オリジナル、2008)
『天下之記者…「奇人」山田一郎とその時代』(文春新書、2008)
『別巻2』(連合出版、2009)


過去スレ
お言葉ですが。高島俊男はいい。
http://love6.2ch.net/test/read.cgi/books/1184638811/
お言葉ですが。高島俊男はいい。2。
http://kamome.2ch.net/test/read.cgi/books/1241103827/

212無名草子さん2017/01/16(月) 12:04:07.70
次は、「修文」がええけどなあ。

213無名草子さん2017/01/16(月) 12:12:41.52
瑞穂・秋洲・八雲・蜻蛉
みな二文字…OKでは

214無名草子さん2017/01/16(月) 12:21:40.75
アルファベットイニシャルが別のもの、というのは、
光文に誘導する陰謀

215無名草子さん2017/01/16(月) 12:32:01.60
アルファベットは、MTSHSなどでも何ら困らない

216無名草子さん2017/01/16(月) 12:38:45.55
元号を決めるのであるから、漢籍の古典から採るのが当然。
漢籍は日本文化の根元である。
漢籍からの採用を否定すると、それはもはや元号ではない。

217無名草子さん2017/01/16(月) 12:41:56.87
まあ、改新か改明だろうな、次は

218無名草子さん2017/01/16(月) 12:42:51.66
↑漢籍に典拠無し!

219無名草子さん2017/01/16(月) 12:45:24.22
あたしも「修文」賛成!!

220無名草子さん2017/01/16(月) 12:46:31.99
MTSHS――いいの?

221無名草子さん2017/01/16(月) 12:51:01.49
「新代」にしてくれ。

222無名草子さん2017/01/16(月) 12:51:25.94
MTSHS――いいの?

223無名草子さん2017/01/16(月) 12:52:29.65
瑞穂とか八雲は、もう古い

224無名草子さん2017/01/17(火) 12:43:04.58
>>215
IT側で困るよ
S10/4/28と入力されたら、昭和10年と新元号と区別できない
当面は年数値が本年以下なら新元号、以上なら昭和と判断すれば実用上問題ないだろうけど
次の元号になったら、判断できなくなる

225無名草子さん2017/01/18(水) 19:30:12.69
実際の元号決定では、アルファベットなんぞは考慮外のはずだ。

アルファベット頭文字を使ってるITシステムがあったとしても、
どっちみち、一つアルファベットを加える変更作業が必要なんだから、
同じコストで、その際、明治以降を12345に変えてしまうだろう。

まして、事前発表を考えてるんだから、改元による世間の総コストは極端に少ない。
12345変更に多少余分にコストがかかったとしても問題ではない。

226無名草子さん2017/01/18(水) 20:01:58.07
よう書き込みあるね。
高島先生の漢籍離脱論と、日本語では頼りない論、との折衷案として「安寧」ってのはどうや。
漢籍出典とはいえ、日本語として親しみがある、意味がわかりやすい。

227無名草子さん2017/01/19(木) 10:56:59.58
>実際の元号決定では、アルファベットなんぞは考慮外のはずだ。

考慮外のソースはないんでしょ
考慮してますとは言わないだけで、考慮してると思うなあ

228無名草子さん2017/01/19(木) 10:58:02.69
>>226
悪くないね
いままでになかった(よね?)のが不思議なくらいだ

229無名草子さん2017/01/31(火) 18:17:43.81
わたし最近、高島先生を知りましてファンになったものです。スレあるんですね。ネットで2つほど先生が更新されているのを見つけたんですけど、最新版とweb草思ってやつです。お元気に執筆活動されているんですね。

230無名草子さん2017/02/07(火) 12:24:15.70
元号なんかやめて皇紀にすればいい

231無名草子さん2017/03/06(月) 18:33:11.37
お言葉ですが… 別巻 7 本はおもしろければよい
発売されましたね!
でもAmazonでは在庫切れだ、、、

2322312017/03/10(金) 18:54:53.56
Amazonキャンセルした
ヨドバシドットコムだと在庫があって、明日着。
楽しみ〜

2332312017/03/11(土) 11:01:47.83
読んでみると別巻7が最後とのこと。
残念でならない、、、。
連合出版から告げられたそう。

234無名草子さん2017/03/18(土) 22:23:57.78
皇后陛下の かの時に…の話は何に載っていたか教えて下さい

235無名草子さん2017/03/20(月) 09:29:35.15
今連載していたら取り上げる言葉は「忖度」だな。

236無名草子さん2017/03/20(月) 18:27:15.95
>>233
最新刊の描き下ろし部分読んだけど、もう方言とか日本語とか過去の焼き直しネタが多くて、正直潮時だと思った。
山羊の話も、ちょっと持って回りすぎてるし、口述筆記?とまで思った。
80歳にしてはまだまだ頭は衰えて無さそうだけど・・

237無名草子さん2017/03/20(月) 21:00:37.83
そっか〜、オレもネットで買って明日着なんだけど、ついにネタが尽きたかな
でも長く楽しませてもらったな

238無名草子さん2017/03/21(火) 16:00:53.00
ブログに移行するのか。

239無名草子さん2017/03/25(土) 16:39:06.67
以前のエッセイで目が痛くて読書できずに、本はバイト雇って読み聞かせしてもらってるとあったが、
自分で文章書けるのだろうか。

240無名草子さん2017/03/28(火) 21:19:02.48
敏男さんの新刊、ネットで買ったのになかなか来ないわ

241無名草子さん2017/03/30(木) 20:59:45.69
ブログの「戦争中の映画 (1)」に
「阪妻〔ばんづま〕映画。阪妻は役者の阪藤妻三郎。」
とあって関西では地域によっては「ばんづま」と呼んでいるのかなと思った
続けて阪東を阪藤と書いているので入力者のミスかなとも

242無名草子さん2017/04/09(日) 01:15:37.15
そうなんですか?

243無名草子さん2017/04/09(日) 17:00:30.29
口述筆記のブログはともかく、眼が痛くて校正すらできんのかもな。
哀しいけど、年齢考えると仕方ないのかねえ。

244無名草子さん2017/04/13(木) 11:25:39.46
百田尚樹氏「中国文化は日本人に合わぬ。漢文の授業廃止を
http://www.news-postseven.com/archives/20170406_506550.html

高島先生中高で習う漢文教育にはどういう意見だったけ?
訓読はNGで、初めから読み下し文で日本の古典として読ませるべきだったか?

245無名草子さん2017/06/12(月) 13:42:12.97
すみません
「せ」と「しぇ」の発音について書いてあるのは、どれかご存知ないですか

246無名草子さん2017/06/12(月) 13:44:04.73
すみません
「せ」と「しぇ」の発音について書いてあるのは、どれかご存知ないですか

247無名草子さん2017/06/13(火) 14:57:40.62
漢字の慣用音って何だろう? P38.39

248無名草子さん2017/09/04(月) 05:09:07.49
>>226
ネタかマジかしらんが安寧天皇とかぶるからないでしょ

249無名草子さん2017/12/27(水) 01:16:36.33
広辞苑表記に台湾抗議…岩波側「誤りではない」
http://www.yomiuri.co.jp/world/20171223-OYT1T50016.html

250無名草子さん2018/01/08(月) 00:54:46.65
高島先生、お元気かな
ブログが昨年5月に止まってるのが気になる
ご健勝をお祈りしてます

251無名草子さん2018/01/12(金) 12:02:49.06
一般書籍よりもおすすめてきにネットで得する情報とか
グーグル検索⇒『稲本のメツイオウレフフレゼ

UKE8T

252無名草子さん2018/01/13(土) 14:11:00.73
近々新しい元号が決められる今こそ先生の出番。
元号選定委員の第一等の候補者たるべきところ、御当人は碁打ち三昧の隠居生活。
本も売っぱらってタバコ代に変わってることであろう。
もう原稿を書くこともなく、本も出ないであろうなあ。

253無名草子さん2018/02/15(木) 22:01:09.07
高島先生、碁打ち三昧の隠居生活なら安心なのですが。
「陸沈」という言葉を思い出しました。

254無名草子さん2018/03/04(日) 21:23:23.42
勢古浩爾『定年後に読みたい文庫100冊』(草思社文庫)
高島先生の本紹介されてるよ

255無名草子さん2018/03/05(月) 23:32:55.64
不健康不健康言っててまだご存命なのか
まさか自分の父親の方が先に死ぬとは思わなかった

256無名草子さん2018/05/09(水) 21:00:55.20
高島先生と親しい鈴木さんというのは、どういう人なのか。
先生とはどんな関係の人なのか。

また、亡くなった原田君というのは、先生とどういう関係の人なのか。

双方、年来の疑問です。

257無名草子さん2018/05/29(火) 19:01:51.03
ASFOT

258無名草子さん2018/09/05(水) 17:08:36.37
『本が好き、悪口言うのはもっと好き』
ちくま文庫に入ったんですね。

259無名草子さん2018/09/05(水) 23:12:11.46
へえ、そうなんですか。

思えば、この著作を文春文庫で買ったのが、先生の本との出会いでありました。

先生のちくま文庫は、六冊持っております。

260無名草子さん2018/09/18(火) 03:00:17.49
昨日は敬老の日だったけど,高島先生は敬老会に出て近所の爺さん婆さんと
親交を深めたりするのだろうか。
どうも,そうは思えないんだが。。

261無名草子さん2018/09/30(日) 15:01:46.82

262無名草子さん2018/11/22(木) 10:49:00.92
これこそ、高島先生現役ならききたい「お言葉」だ。

きょうの産経新聞に、「藤井聡太七段、対局数大幅に減る」との記事。
その中で、「記録ずくめ」という記事あり。
「××ずくめ」の「ずくめ」と言うのは、
@「つくす(尽くす)」の名詞形なのか A「すくむ」の名詞形なのか、
どちらなんでしょうね?

@なら、「づくめ」でなければならないですし…。
藤井聡太の記事を読むたびに思う疑問です。

新着レスの表示
レスを投稿する