【アイディア】ネタの見つけ方。その1【トリック】

1名無し物書き@推敲中?2017/11/09(木) 00:03:07.58
文章力や技術の話は別として……、
小説って、良いアイディアさえあれば、良いプロットが作れるし、良い作品も書ける。
ミステリーだって、基本となるキレの良いトリックがあれば、膨らませて一つの
作品に出来る。
けれど、その基本的なネタやアイディアがなかなか浮かばないことがある。
プロだったら、それでは済ませられない。アマだって、賞に出すためにはネタがいるし、
将来プロになることを考えると、アイディアをどうやって見つけるのか、ひねり出すのか、
そののノウハウは知っておきたい。

そんな、ネタやアイディアを見つけたり、ひねり出す手法について語るスレです。

102名無し物書き@推敲中?2017/11/26(日) 11:33:26.06
>>99
いっそシュレッダーを使えば?

103名無し物書き@推敲中?2017/11/26(日) 11:38:08.06
プロの意見を聞きたい人はこちらへ

文章のプロ中島英樹先生が文章を批評するスレ
http://mevius.2ch.net/test/read.cgi/bookall/1511573955/

104名無し物書き@推敲中?2017/11/26(日) 11:49:00.12
シュレッダーの刃の感覚に合わせて罫線引く
その中に文章を書く
シュレッダーにかけた後の短冊寄せ集めて文章繋げる

105名無し物書き@推敲中?2017/11/26(日) 17:39:52.47
今時のシュレッダーって刻み幅が2ミリもないぞ

106名無し物書き@推敲中?2017/11/26(日) 19:18:49.13
>>105
米粒写経!w

107名無し物書き@推敲中?2017/11/26(日) 23:04:56.56
おれも人に言えた義理じゃないが、小説のネタを考え出すのって、次の二つだと思う。

1 とにかく普段からアンテナを張っておく。メモ魔になる。
2 集中力が大事。絶対に良い案を思い付くんだ、と思ってパソコンに向かうと、ふしぎと名案が浮かぶもの。

おれはこれまでそうしてきた。特に2は不思議なくらい思い当たる。

108名無し物書き@推敲中?2017/11/27(月) 10:29:15.55
>107
おおっ、それいいな。でも小説のネタではなくて富豪になるネタを探していたら、今頃は
富豪になっていたんじゃないか?

109名無し物書き@推敲中?2017/11/27(月) 11:33:01.67
>102
発想というのはマジックのようなものだから、手順が重要なのだが、そこには合理性はまったくない。むしろ合理性の壁
を破る必要がある。合理性こそが発想の邪魔をしているからね。自分の手で神聖な本を破くという手順がそれを行う
大切な儀式になる。
儀式的な意味をもつための手順が必要だ。手順を経て段々と発想の世界に近づいていく。
 実際に本を破ってみるといろいろ発見がある。背についたノリが意外にしつこかったりするし、読んでいると簡単に
ほころびるのに破ろうとすると思いのほか堅牢だったりする。それ自体が発想の源泉になる。
 火をつかうというのもいい。
火にくべる。燃えカスを丁寧に集めてそこからアイデアを絞り出す。
そういうのでもいい。
全集とかどうせ読まないので邪魔になる。そういう本を深夜河原にもっていって焚火をする。一ページづつ読みながら
火にくべていく。そういうのは言葉になったアイデアというよりはイメージとして直接心に落ちる。
消防が追いかけてきたら急いで逃げるとか、面白い事件に発展したりもする。万一捕まってもちょっとお小言を言われる
だけだから大したことはない。そういう小さな事件を題材にして小説のネタにする。

110名無し物書き@推敲中?2017/11/27(月) 11:47:33.90
102に対するレスとして適切とは思えない

111名無し物書き@推敲中?2017/11/27(月) 13:05:42.27
適切に収まらないところ、はみ出したものが発想になる。
 たとえば完全犯罪を考える。これも実際にやってみないと駄目だ。頭のなかで集中して考えると適切なものになる。
それは良いアイデアにはならない。
自分は完全犯罪を計画して実際にやってみることがある。見つかればアウトだが絶対に見つからないように綿密に計画して
実行する。それでも勇気がいるし実行前は震える。しかし2重3重に安全策を立てて絶対に失敗はしない。つまり完全犯罪だ。
何をやったかはここでは言えないが、例えばスッポンポンになって街を一周してくる。というような犯罪だ。
捕まったら新聞に載ってアウトだから非常にリスクがあるが、いままで一度も失敗したことはない。

112名無し物書き@推敲中?2017/11/27(月) 13:18:23.64
変なのが棲み着いちゃったね

113名無し物書き@推敲中?2017/11/27(月) 22:17:51.94
良いネタが欲しければ、高級な寿司屋に行くことだ

114名無し物書き@推敲中?2017/11/28(火) 00:01:17.13
もっと良いネタが欲しければ、築地に行くことだ。

115名無し物書き@推敲中?2017/11/28(火) 01:33:56.64
今度書く小説の題材は大相撲を舞台にしよう。
こんなに話題になっているのだから。

116名無し物書き@推敲中?2017/11/28(火) 23:09:23.17
おれは理系でミステリ書きだから、同じネタ探しでも少し違う。
題材だけならいくらでも見つかる。
しかしその中で使うトリックとかどんでん返しとかアッと言わせる
アイデアがなかなか浮かばない。
そういうのを見つける工夫があれば知りたい。

117名無し物書き@推敲中?2017/11/29(水) 01:13:43.45
工夫ってわけじゃないが裁判を傍聴したことはある?
刑事裁判をいくつか傍聴するとけっこう参考になるよ。トリックとかはムリだが
少なくとも法廷シーンのリアリティを増すのには役立つ

118名無し物書き@推敲中?2017/11/29(水) 04:45:44.75
>117
そういうのって、テレビドラマでも映画でも小説でも腐るほど見ている。でも生で見ると違う。やはり映像や
小説では見落としているものがある。だから体験することが重要なんだよ。頭の中だけでも想像力で疑似体験
はできるけれども、体感が伴わないことが多い。
 読者は自分だけが体験したことのあり、普通の人では体験することができない感覚が表現されていると
一発で信用する。リアリティが一気に高まる。
 嘘をつくためにはリアリティが必要で99%は本当なのだが1%だけが嘘。しかしこの嘘が決定的に重要だ。
ノンフィクションでもそれは全く同じで1%の嘘が決定的に重要な役割をしている。ただしそれは上手く隠蔽
されている。

119名無し物書き@推敲中?2017/11/29(水) 13:06:31.74
>>118
アンカーの付け方くらいは覚えましょうね、ボク

120名無し物書き@推敲中?2017/11/30(木) 07:47:06.93
>116
アッといわせるというところは肝だからな。研究者でもそれができないと凡庸な研究者になる。優秀な研究者
は話を盛ることができる。だから膨大な予算を獲得できる。事実は後から無理やりくっつける。どうしても
当初のアイデアが実現できなかった場合でも、成果をそれらしく盛り付けてチャンチャン。
 詐欺のトリックを編み出して苦労して作品を書き上げて、爆発的に売れて大成功してもたったの10%
だから作家は割に合わんな。
研究者の場合は同じトリックを考えついても前金だし、2流の研究者でも1億、2億の予算は普通だからな。
理系なら研究者を目指した方がいいな。書ける(盛ることができる)研究者は儲かる。

121名無し物書き@推敲中?2017/11/30(木) 14:07:30.18
ボク君、意味のない長文だと気付きましょうね

122名無し物書き@推敲中?2017/11/30(木) 16:48:56.64
2ちゃんねるの書き込みごときにいちいちチェックなんてしないだろww

123名無し物書き@推敲中?2017/11/30(木) 16:53:04.59
すまん、誤爆した

124名無し物書き@推敲中?2017/11/30(木) 21:40:25.89
アンカーつけてほしい君はいちいちチェックしたいんだろ。w
アンカーたどって整理してるんじゃないの?

125名無し物書き@推敲中?2017/11/30(木) 22:19:06.02
124ってどこまでバカなんだよww

126名無し物書き@推敲中?2017/12/01(金) 04:13:59.74
>>125 創作文芸にきて短文書くなボケ

127名無し物書き@推敲中?2017/12/01(金) 10:40:06.36
なんだそんなに悔しかったのか。
君も短文なんだけど(笑)

128名無し物書き@推敲中?2017/12/02(土) 14:58:26.88
馬鹿がひっかきまわすから皆のアイデアが相互に反応しあって熟成していく段階に入る前にスレが潰れてしまう。
アイデアは繊細でデリケートなものだから理解力がないものがうろつくとやはり駄目だな。文芸に関心のないものが
うろつくことはないと思うが、創作活動にどんな関心があるんだろうな。読めもしないのに本を買ってくれる
のだから馬鹿の関心もある意味助かるのだが、こういうスレには来ないで欲しい。

129名無し物書き@推敲中?2017/12/02(土) 17:10:07.83
短文と言われてアタマに来て長文か? ばっかみたいww

130名無し物書き@推敲中?2017/12/02(土) 17:50:43.49
喧嘩に限らず、罵り合いも同レベルの者同士で行われるのか

131名無し物書き@推敲中?2017/12/02(土) 18:36:24.27
そうだ。類は友を呼ぶというからな。

132名無し物書き@推敲中?2017/12/02(土) 18:37:21.74
4行で長文。w

133名無し物書き@推敲中?2017/12/02(土) 21:47:21.70
1行に比べれば長文

134名無し物書き@推敲中?2017/12/03(日) 13:10:13.85
相対表現を理解できない低レベルしかいないのがこのスレ

135名無し物書き@推敲中?2017/12/03(日) 22:18:57.34
小説に使いたいネタを探すのは、過去読書した作品から
探すのが一番。単なる舞台、設定、題材とかじゃなくて、
どうすれば人は感動するか。どうすれば読者が涙するかとか。
読書じゃなくて映画やドラマでもよい。感動した作品、おもしろいと思った
作品は誰にでもあるはずだ。それはなぜ面白いのか。なぜ感動するのか、
考えてみると良い。それにはそうなるだけの「要素」がかならず隠れている。
それをちょっとひねると、すぐに自分の作品に応用できるよ。創作もまずは
人まねから始めないと。

136名無し物書き@推敲中?2017/12/04(月) 04:13:28.70
ブタの耳にピアス

137名無し物書き@推敲中?2017/12/05(火) 12:26:56.25
陸王見て感動した。
あのドラマひとつからいくつものアイディアが得られる。
まあ、並みのドラマと違って、金のかけ方も違うけどね。

138名無し物書き@推敲中?2017/12/05(火) 14:32:09.58
>>137
 結局は感動の体験だよな。小説は自分が感動したことを読者にどう伝えるかだから、感動したものがないと
伝えることができない。
陸王も面白いけれども、TVや映画よりも芝居のようにリアルな方がもっといい。いい芝居に出会うと観客全員と
一体になって芝居に参加できるような場合がある。観客との一体感が感動の増幅器になる。芝居ではそういう奇跡が起こる。
 小説は新しい表現形式で、基本はやはり芝居だろう。日本では表現の根幹の演劇がいまいち下火ということが、英米に
比べて小説がいまいちなのと関連しているように思う。表現を引き出すような感動体験が少ないからだろうと思う。

139名無し物書き@推敲中?2017/12/05(火) 18:05:46.10
>>138はその通りだと思うけど俺が無知であることを恥じ入ってしまう
>>135もその通りだ それだな

140名無し物書き@推敲中?2017/12/05(火) 18:43:17.99
なんか段々良いスレになりつつあるな。
頑張って参考になることを書き込んでくれ。

141名無し物書き@推敲中?2017/12/06(水) 00:40:23.21
>>138-139
すごく参考になる良い意見だと思います。
ただ、「芝居の方がもっと良い」というのは、あくまでもあなたの
個人的な感想だと思いますよ。観客との一体感によって得られるものは
大きいでしょうが、芝居、演劇、ミュージカル、歌舞伎などで、必ずしも
それが得られるわけではないですから。
手っ取り早く、換言すれば効率良く感動体験したいのであれば、評判の良い
本を読む、ドラマを見る、などというのもなかなか良い方法だと思います。

142名無し物書き@推敲中?2017/12/06(水) 01:32:50.02
芝居の方がよければこんなとここないで
芝居の板に行ったらいいのに

143名無し物書き@推敲中?2017/12/06(水) 10:01:57.49
>>142
そういうことを言っているのではないと思いますよ。ひねくれてますね

144名無し物書き@推敲中?2017/12/06(水) 14:35:35.02
>>141
自分は長い間教養を身に着ける為に読書をしていた。小説を読んで感動がなかったわけではない。
概ね面白いと思って読んでいた。しかし本当の意味で小説が読めるようになったのはずっと後に
なってからだ。
それを考えると嘗ての自分のように字面は読めても読書できていない人は多いと思う。寧ろ大半
の人は小説が読めていないのではないかと思う。読書では脳は読んで理解することをしながら
同時にプラスアルファの脳を使って味わうことをする。これには訓練を要する。
これに比較して芝居は文盲でも鑑賞することができる。脳のすべてを鑑賞に使える。だからより深く
鑑賞できる。一度でも強烈な感動体験をすれば、それは読書へも好影響を及ぼすことになる。

145名無し物書き@推敲中?2017/12/06(水) 14:40:31.10
>>135
まねる場合に「考えて」学ぶのが重要だ。どう考えるのか、どう学ぶのかを自分なりに確立していない人は
学ぶのがうまく行かない。ネタは話の骨格になる部分だから、解剖してそぎ落として骨格を露わにしてみる。
骨格と肉付けが美しく整うと美しい表現になる。
優れたエンジニアになる子供は身の回りにあるものを片っ端に分解する。そういう思考方法を小さい時に身に着けている。
小説においてもこの方法は通用すると思う。

146名無し物書き@推敲中?2017/12/06(水) 20:47:18.11
重箱の隅をほじくり出して自分流の流儀を押しつけないと気の済まない人が一人いるようですね

147名無し物書き@推敲中?2017/12/06(水) 21:06:32.75
>ネタは話の骨格になる部分だから、解剖してそぎ落として骨格を露わにしてみる。
>骨格と肉付けが美しく整うと美しい表現になる。

それこそがまさに「換骨奪胎」の考えの基本だよ

148名無し物書き@推敲中?2017/12/07(木) 00:46:30.11
よしよし、お前も少しエラくなったなwww

149名無し物書き@推敲中?2017/12/07(木) 01:37:44.82
>>143
しかしわざわざ言うことではないね
ひねくれているレスにはひねくれた返しをします

150名無し物書き@推敲中?2017/12/08(金) 20:52:23.93
>しかしわざわざ言うことではないね

ってことは、逆に言えば「言ってもかまわない」ってことでもある。

151名無し物書き@推敲中?2018/02/08(木) 15:16:08.71
僕の知り合いの知り合いができたネットで稼げる情報とか
念のためにのせておきます
グーグル検索⇒『金持ちになりたい 鎌野介メソッド』

RXQP2

152名無し物書き@推敲中?2018/05/31(木) 17:07:37.92
ランランルー

新着レスの表示
レスを投稿する