モニターのキャリブレーション 9 [無断転載禁止]©2ch.net

レス数が900を超えています。1000を超えると表示できなくなるよ。
1名無しさん@お腹いっぱい。2016/07/22(金) 18:58:48.21ID:x/10Cbcb

886名無しさん@お腹いっぱい。2018/08/15(水) 22:54:53.95ID:c+5h1OJL
>>885
もうとっくの昔にカメラの色域の大小に問題なんてなくて
各メーカーのアルゴリズムの差異が、
撮影者の目と脳内処理の好みに合っているか?という世界みたいです。
可視光が電磁波の中の一部でしかない事は知っていると思いますが
X線、紫外から遠赤外線までセンサーは感度を持っているので
結果として、AdobeRGBとは比較にならないくらい
広い色域を持ってますセンサーは。BT2100以上くらいに。
これでは困るので、人間の目の等色関数に合わせて
フィルタリングを各メーカーでやってます。
またムッチャ広い色域の圧縮もやってます。
その辺りの画作りには、特殊研究用のマスモニを使ってやって
さらに一般のマスモニに落としこんで作っていると思われます。

以下参考に。じーっと読むと良いよ。ほんとも嘘も有ると思うけど。
https://annex.jsap.or.jp/photonics/kogaku/public/33-09-kaisetsu6.pdf

887名無しさん@お腹いっぱい。2018/08/15(水) 23:05:21.74ID:c+5h1OJL
あと、写真が趣味で色域気にしてるんなら、
露出計とカラーメーターくらいは持ってます?
光の質が凄く気になると思うんだけど。。。

なお質問して口開けて待ってるような事は辞めたほうが良い。
自分で探せ。公開されてる技術資料なんて一杯あるんだから。

888名無しさん@お腹いっぱい。2018/08/15(水) 23:12:39.70ID:UbBaGC7e
レンズコーティングはフラットではない、色収差が出ればこれも劣化の要因となる
ベイヤーならその分色再現性も低下する、それらをクリアして初めてスタート地点だ

ノイズや歪みを持った入力をいくらこねくり回しても元の情報が戻ってこないのはピュアオーディオと同じ
味と見るか劣化と見るか、ソースがピュアであるに越したことはないが。

889名無しさん@お腹いっぱい。2018/08/16(木) 09:17:04.52ID:ERpaB3Fc
>>886
なるほど、ありがとうございます。とっかかりができたので研究します。
しかし、カメラメーカーはユーザーを侮ってると思う。
映像ではBT2100まで目指してる。たんなる写真はsRGBで十分だとされる。
人間の眼で見えてるのだから、sRGBに固執する意味がない。
写真は銀塩時代の色域であるという頭の固い固定観念に縛られてるようだ。
BT2100のモニターが一般的になると、カメラのプロファイルもBT2100になるのだろうか?
そうしなくてはいけないと思う。
印刷用にはPhotoshopなどでAdobeRGBをシミュレーションすれば良い。

890名無しさん@お腹いっぱい。2018/08/16(木) 15:16:58.59ID:wlSUgf1z
>>889
BT.2100 のカラースペースは BT.2020 、プロファイル名は Rec. ITU-R BT.2020 ちゃんと区別したほうがいいよ。

891名無しさん@お腹いっぱい。2018/08/16(木) 15:30:33.22ID:PO0G4B9W
https://www.eizo.co.jp/eizolibrary/color_management/hdr/index2.html
これによると、規格は頭が「BT.」で、色域は頭が「Rec.」
BT.2020とBT.2100の色域は、どちらも「Rec.2020」みたいね

892名無しさん@お腹いっぱい。2018/08/16(木) 20:16:06.45ID:ERpaB3Fc
>>890
ありがとう。そこまで不勉強でした。

893名無しさん@お腹いっぱい。2018/08/17(金) 00:11:09.30ID:5D4ZjUYj
>>889
メーカーは侮っているんではなくて
そこそこの価格の普通のモニターでは規格が高すぎて
ついていけないんでは?モニター自身が発展途上すぎるというか。
モノクロになると、フィルムをまだ全然超えていないし。

現状、色再現だけなら手に入る最高モニターは、
ソニーのBVM-X300と思うけど、400万円するし
これでも不足している所まだ一杯あるしねえ。

894名無しさん@お腹いっぱい。2018/08/17(金) 08:29:03.82ID:ILdr7Z16
人間の眼もカメラのセンサ-も自然に忠実。
結局モニターの性能に合わせてくすんだ色を見せられてる。
おそらく数十年後に現在撮影された写真を見ると、
現在の我々が明治時代の写真を見てる感じに近くなるでしょう。

895名無しさん@お腹いっぱい。2018/08/17(金) 12:27:53.07ID:kdDGeAHN
ある物の色(忠実色又は記憶色・期待色)がsRGB色域外なら、sRGBモニタではくすんだ色になる
しかし、身の回りの結構多くの物の色はsRGB色域内の色で、それらはsRGBモニタでもくすまずに表示される

新緑とか海・空などにはsRGB色域外の色がある
しかし、それらが絶対にsRGB色域外の色だけというわけじゃない
新緑にも、sRGB色域外の緑があり、sRGB色域内の緑もある

例えば、sRGB色域外の緑がある新緑をAdobe RGBで撮影したとする
それをAdobe RGBモニタとsRGBモニタに映して見比べれば、sRGBモニタの方はくすんでる

次に、sRGB色域外の緑がある新緑をsRGBで撮影して、sRGBモニタに映し、撮影現場を見ていない人に見せてみる
見せられた人は、sRGB色域外の緑がある新緑がくすんで表示されているのか、sRGB色域内の緑の新緑がくすまずに表示されているのか、分からない

896名無しさん@お腹いっぱい。2018/08/17(金) 13:18:57.39ID:kdDGeAHN
富士フイルムの銀塩レーザー印刷機フロンティアのICCプロファイル
https://www.fujifilm.eu/de/service/photofinishing/color-management
エプソンやキヤノンのインクジェットのICCプロファイルと比較してみると、色域の広さではインクジェットの方が概ね有利
だけど、フォトコンテストでインクジェットの方が有利かというと、んなこたない

897名無しさん@お腹いっぱい。2018/08/17(金) 17:05:18.71ID:5D4ZjUYj
モニターだけ頑張っても駄目で、
カメラ自体のプロファイルを自作して追い込まないと。

898名無しさん@お腹いっぱい。2018/08/17(金) 17:28:29.33ID:kdDGeAHN
>>897
忠実色が必要なら自作する意味あるが、普通は記憶色・期待色が重要なので不要

899名無しさん@お腹いっぱい。2018/08/17(金) 19:06:34.75ID:DT2H5QrC
俺の最強環境を作るだけなら別にキャリブレーションはいらない。
印刷屋などの外部環境で再現性を高めるためなのだから

900名無しさん@お腹いっぱい。2018/08/17(金) 21:00:30.65ID:kdDGeAHN
要らないかどうかは、その人次第
Photoshopでレタッチした写真とかクリスタで塗ったイラストなどを、10年後とかに自分の環境でも再現できなくなって構わないなら要らない
再現したいなら、10年後の自分のためにキャリブレーションが必要

901名無しさん@お腹いっぱい。2018/08/17(金) 21:09:05.44ID:ILdr7Z16
>>895
>身の回りの結構多くの物の色はsRGB色域内の色で・・・・
誤解してますよ。
身の回りの色を見るためには光が必要で、その光の強さで大幅に変化します。
空気に濁りのない強力な太陽光で見る場合と曇りのどんよりした光や屋内の光では同じ物体でも別物です。
詳しく説明しても無意味なのでやめますが、BT2100などを目標とするのは人間の眼がそれらを識別できるからです。
カメラメーカーがsRGBで十分というのは現状の環境ではもっとも簡単で特別に気にしなくてもよいだけのこと。
言い訳にすぎない。
sRGBで済むならAdobeRGBなんていらないことになる。わずかに飛び出す色に意味がある。

902名無しさん@お腹いっぱい。2018/08/17(金) 21:10:44.60ID:kdDGeAHN
あと、理想の自宅プリントを追求するような人の場合、キャリブレーションして、モニタとプリントの色が近くできれば、理想のプリントが得やすくなる

903名無しさん@お腹いっぱい。2018/08/17(金) 21:38:48.21ID:kdDGeAHN
>>901
人間の眼はsRGBよりずっと広い色域を識別できるし、光次第で物の見え方に変化はあるけど、身の回りの結構多くの物の色はsRGB色域内の色よ
sRGB色域外の色が画面において重要な位置にあるような写真は、様々な写真の中で一部の写真に過ぎない
一般人は、sRGB色域外の色にあまり関心がない
しかし、もっと広色域を楽しみたいマニアが全くいないわけじゃないので、Adobe RGBがある

904名無しさん@お腹いっぱい。2018/08/17(金) 21:43:16.14ID:kdDGeAHN
あと、CMYKをカバーしたい商業利用のためにAdobe RGBがある

905名無しさん@お腹いっぱい。2018/08/17(金) 21:54:52.38ID:kdDGeAHN
カメラメーカーにとっては、製造コストの面で、お客さんにAdobe RGBでなくsRGBを使ってほしい事情なんてなかろ

906名無しさん@お腹いっぱい。2018/08/17(金) 23:04:47.20ID:ILdr7Z16
朝夕の大自然のパノラマを見たときの感動はsRGBに収まるわけがない。
カメラメーカーはユーザーが所有する環境に合わせてるだけだ。
特別な環境を要する色域を提供しても無意味。混乱させるだけ。

907名無しさん@お腹いっぱい。2018/08/17(金) 23:54:43.81ID:Jw+05loE
Adobe RGBじゃないカメラっていつの話だ。ごく安物のコンデジは知らないが、そんなのでカラーマネージメント云々するのはお門違いだろうし…

908名無しさん@お腹いっぱい。2018/08/18(土) 00:11:06.63ID:jIaiJHhE
そそ、RAWで記録できるようなカメラはAdobeRGBが用意されていて当たり前で色域を選択するのはユーザー
そのユーザーが想定する対象の環境に合わせるだけよ
で、それがweb媒体ならAdobeRGBなんて使っても無駄
ほとんどの人の環境はsRGBだからねw
もちろん、印刷媒体メインならAdobeRGBで記録するだろうけどね

909名無しさん@お腹いっぱい。2018/08/18(土) 00:36:13.13ID:mxLKJ4AL
>>907
Canon G1XmV 。
最新APS-Cコンパクト機です。
信じられない、AdobeRGBがない。
ただ、RAWから出力させれば可能で問題ないかw

910名無しさん@お腹いっぱい。2018/08/18(土) 01:49:54.81ID:GVDKxUcv

911名無しさん@お腹いっぱい。2018/08/18(土) 02:41:06.86ID:nlhWlj8P
>>909
1.0型コンパクトだけど Lumix DMC-LX9
https://panasonic.jp/cmj/dc/compact/lx9/spec.html
仕様表にちゃんと色空間「sRGB/Adobe RGB」って書いてあるな
レンズ交換のミラーレスならほぼ100%Adobe RGBはあるだろ。なかったらクソだと思っていい。

912名無しさん@お腹いっぱい。2018/08/18(土) 08:53:46.23ID:mxLKJ4AL
>>781
WindowsがV4を理解してない。
i1studioでプロファイルをV2にする。

913名無しさん@お腹いっぱい。2018/08/18(土) 09:44:57.56ID:mxLKJ4AL
>>910
ありがとう参考になる。
ところで物体色の測色方法と基準がわからないけど、ほぼsRGBというのはわかった。
しかし、当然だが光源色はこの中に収まることはない。自然を見た時の感動が写真や映像と違う原因でもある。
写真は物体だけを撮るわけでない。映像も同様である。
印刷物は物体色だが、フィルム映画やテレビやモニターは光源色である。
技術的に可能な限り広げることができる。商業印刷や写真プリントを基準に考える時代は終わったと思う。
まあ、FUJIFILMは銀塩プリントから考えてsRGBで十分ということを主張したが理にかなってる。
商業印刷は顔料の物体色基準。

914名無しさん@お腹いっぱい。2018/08/18(土) 10:28:43.61ID:GVDKxUcv
視覚のカバー範囲と物体色の範囲
http://i.imgur.com/0h2CHq9.png

広色域->狭色域 切り捨てるか縮めるか
https://i.imgur.com/aktKE6N.png

色域圧縮(レンダリングインテント)方法の違い
(1)知覚的 (2)彩度 (3)相対的な色域を維持 (4)絶対的な色域を維持
http://livedoor.blogimg.jp/andyman1764-blog/imgs/7/c/7c9319a7.jpg

ビデオカメラ板から取ってきた
http://matsuri.5ch.net/test/read.cgi/vcamera/1478039284/115-135
http://matsuri.5ch.net/test/read.cgi/vcamera/1478039284/174-175

915名無しさん@お腹いっぱい。2018/08/18(土) 11:59:28.01ID:mxLKJ4AL
私の持論、モニターは人間の眼(ガモット)に限りなく近いものが良いと言う方が増えてきて嬉しい。
出力に合わせて縮小すれば良いのだ。
写真は旧来の技術上やむなくsRGBが定着してるけど、モニターで見るなら、
物体色の色域より広い光源色まで見える方が良いに決まってる。ガモット自体が光源色に近い。
物体色の測色はまだ調べてないからプロセスが不明。
ただ、カメラメーカーが保守的すぎる。だけどモニターの性能が上がると無視できないはず。
いつまでも銀塩プリントや商業印刷にとらわれる必要はない。
しかし、ガモットの縁まで見るってある意味危険。眼にかなりのダメージとなる。失明するかも。

916名無しさん@お腹いっぱい。2018/08/18(土) 12:04:50.12ID:R9RK1VpS
色域の違いは
楽器の調律のズレに等しい、調律が微妙にずれたものを同じ音程といくら言い張ったところで無理がある

つまり、十分な分解能を持って初めてカラーマネジメントは機能するのだ

917名無しさん@お腹いっぱい。2018/08/18(土) 13:07:31.00ID:mxLKJ4AL
>>916
良い例えですね。
目からうろこだ。
基準は音叉ですべて共通。
カラーマネジメントも似てるね。

918名無しさん@お腹いっぱい。2018/08/18(土) 16:26:31.97ID:t+REQ4t1
>>910
この資料の二つ目は、メーカーがセンサーネイティブ出力を
フィルタリングした後の画作りした上での色域範囲だから、
センサーネイティブの色域では無いぞ。

919名無しさん@お腹いっぱい。2018/08/18(土) 18:53:24.02ID:GVDKxUcv
>>918
現在閲覧できる原資料はこちら
http://slideshowjp.com/doc/328923/log%E3%81%A8lut%E3%81%AE%E5%9F%BA%E7%A4%8E%E8%AC%9B%E5%BA%A7

該当ページ 23/49 の1ページ後ろが各機種の実測値です

xy色度図上でDCI-P3に対する面積比。
数字が大きいほど色域は広いがビット制度は劣る。
SONY SLog2(F55) 1.75
SONY SLog3(F55) 1.75
ARRI LogC EI800(Alexa) 1.60
Panasonic VLog 1.56

>メーカーがセンサーネイティブ出力をフィルタリングした後の画作りした上での色域範囲

という注釈は原資料のどこにもありませんけど
これらカメラの測定実施時に立ち会われた関係者の方ですか?
いや、この資料引用して関係者にご迷惑かかるようなら今後は沈黙しますが

920名無しさん@お腹いっぱい。2018/08/18(土) 21:27:07.14ID:t+REQ4t1
フジの旧IS-mini manager, 現WOWOW Wonderlook proの
開発や営説のプレゼン資料でしょ?これ。
各メーカーカメラを自社環境で光源を実測しLutを提供してるのが売りの一つ。
その資料だから、カメラ本体端子(SDI、HDMI)からの出力結果だよ。
センサーからのダイレクト出力なんてどのメーカーもフジに提供はしない。
真の出力範囲は、センサーメーカーのデータシートにしか載っていない。

公開資料だから誰も迷惑しませんが、
センサーそのものの色域を表現しているのでなく
カメラ出力の色域が、この範囲に有るという話だけです。
内部で何ビット処理してるかは、非公開部分なので
色域広いからビット精度落ちるとかの話を
全カメラに適用するのは飛躍し過ぎなとこだと思います。
定性的には10bitに最後は丸めこむので分解能落ちますけどね。
キャノンC300は、出力が、ほぼDCI-P3に畳み込まれていて
対して、他メーカーはより広い出力を出すけど
モニター鑑賞しようとするとDCI-P3に圧縮する必要がある、
みたいな感じで実用面で見る資料です。

921名無しさん@お腹いっぱい。2018/08/19(日) 17:40:16.82ID:CGI2Zbs+
確実に転換期を迎えてる。
https://forbesjapan.com/articles/detail/22570
sRGBやAdobeRGBと言うプロファイルは残るだろうが、モニター自体の性能が上がる。
人間はそれに慣れると後戻りできない。

922名無しさん@お腹いっぱい。2018/08/20(月) 17:01:42.60ID:nE0Q8g4w
テレビ性能が上がって動画方面の高性能化は
行くはずだけど、静止画モニター方面はどうだろうね。

923名無しさん@お腹いっぱい。2018/08/20(月) 22:14:28.50ID:NxmO1ncY
静止画モニターの使用目的は何でしょう?商業印刷の色彩管理とWEB用ぐらいでしょ。
WEBも動画が増えてる現在、考え方が遅れてるよ。
WEB用だって昔のブラウン管時代の限界で作られたsRGB、すでに陳腐化してる。
Appleはすでに先に進もうとしてる。
癌になってるのは商業印刷の世界だ。足かせだよ。そこら辺と縁を切らないと先がない。
いずれは商業印刷の方が狭い色域世界、なので映像の色域に吸収される。
こう書くと、このスレで携わってる方々は怒るね。

924名無しさん@お腹いっぱい。2018/08/20(月) 22:51:03.14ID:ZrQ+SBX1
怒らないが、一般人の感覚とは違うマニアだなと思う
人の肌なんかはsRGBで十分表現でき、一般人にはそれでほぼ間に合ってる
その上は、費用対効果がかなり悪い

925名無しさん@お腹いっぱい。2018/08/20(月) 23:30:02.22ID:NxmO1ncY
そんなら、映画やテレビだってsRGBで十分でしょ?

926名無しさん@お腹いっぱい。2018/08/21(火) 00:53:38.05ID:l4XiLPyf
印刷が癌ってどういう考え方?
別にAdobeRGB以上の色域のモニターでもCMYKの色域を正しく表示出来ればいい。
印刷でキャリブレーションの効くモニターを使うのは色域の広さよりも階調の再現性が欲しいから

927名無しさん@お腹いっぱい。2018/08/21(火) 00:54:24.67ID:coF/NAoe
そうだよ
俺の周囲には、そんな人しかいない

928名無しさん@お腹いっぱい。2018/08/21(火) 00:55:43.64ID:oauv8s7N
個人的には映画やテレビなんてsRGB、1920x1080で十分だと思っているよ。メーカーはそれだと倒産するから新規格なり新製品を色々と開発するわけだ。音楽だってAAC256kbpsで十分楽しんでいるし、ハイレゾなんていらない。釣られて踊る人もいるけどね。

929名無しさん@お腹いっぱい。2018/08/21(火) 01:27:38.31ID:Hx82JLvh
むしろ、受け手の環境に左右されない印刷のほうがAdobeRGB使うと思うんですけど

930名無しさん@お腹いっぱい。2018/08/21(火) 09:01:04.56ID:zZ/CFv3O
印刷を癌と言ったのは言い過ぎだけど、ここの皆さんは商業印刷に関わる方が多いと思う。
AdobeRGBだけで仕事が十分にできる世界。
映画制作がフィルム時代ならブラウン管モニターはどうでも良かった。
しかし、映画制作がデジタル化するとモニターが商業印刷屋さん同様に重要な存在になってきた。
同時に液晶テレビの普及、4K8K時代。さらに有機ELの登場。環境はめまぐるしく変わってきた。
主導権が変わってるのです。色域が広ければ大は小を兼ねる。商業印刷屋さんは慣れれば良いのだ。

931名無しさん@お腹いっぱい。2018/08/21(火) 12:45:13.76ID:k4wVkfJD
映像関係は色域よりも、まず色温度9300kをどうにかするべき

932名無しさん@お腹いっぱい。2018/08/21(火) 12:58:08.71ID:zZ/CFv3O
>>931
今時、9300℃はないだろ。
ブラウン管テレビ初期の時代?

933名無しさん@お腹いっぱい。2018/08/21(火) 15:17:13.40ID:C50ni5sW
オートCALをソニーのOLEDも実装するとニュースがあったし
さらに将来は、ソースに信号乗せて自然に6500k、9300K切り替えが
発達して行くんではないか?

934名無しさん@お腹いっぱい。2018/08/21(火) 15:21:45.59ID:C50ni5sW
映画、テレビは、sRGBで良いとは思ってる人は
sRGBだし安いしと思って、まさか
静止画用sRGBモニターで動画見てないよね?

935名無しさん@お腹いっぱい。2018/08/21(火) 20:59:17.27ID:zZ/CFv3O
>>934
FUJIFILMはsRGBで十分とアナウンスしてたな。
フィルムや印画紙プリントが基準でした。
もはや銀塩時代の終焉、なので今はまったく通用しない、時代錯誤。
映画も同様だ。フィルム時代の映画ならsRGBで良いだろう。
FUJIFILMは今でも主張を貫くのだろうか?

936名無しさん@お腹いっぱい。2018/08/22(水) 08:21:37.64ID:97Kjz9XB
まぁでも技術はあっても色の表現の幅を広げるためにどれだけのどれだけコスト掛けるかだよな。

新着レスの表示
レス数が900を超えています。1000を超えると表示できなくなるよ。
レスを投稿する