モニターのキャリブレーション 9 [無断転載禁止]©2ch.net

レス数が950を超えています。1000を超えると書き込みができなくなります。
1名無しさん@お腹いっぱい。2016/07/22(金) 18:58:48.21ID:x/10Cbcb

919名無しさん@お腹いっぱい。2018/08/18(土) 18:53:24.02ID:GVDKxUcv
>>918
現在閲覧できる原資料はこちら
http://slideshowjp.com/doc/328923/log%E3%81%A8lut%E3%81%AE%E5%9F%BA%E7%A4%8E%E8%AC%9B%E5%BA%A7

該当ページ 23/49 の1ページ後ろが各機種の実測値です

xy色度図上でDCI-P3に対する面積比。
数字が大きいほど色域は広いがビット制度は劣る。
SONY SLog2(F55) 1.75
SONY SLog3(F55) 1.75
ARRI LogC EI800(Alexa) 1.60
Panasonic VLog 1.56

>メーカーがセンサーネイティブ出力をフィルタリングした後の画作りした上での色域範囲

という注釈は原資料のどこにもありませんけど
これらカメラの測定実施時に立ち会われた関係者の方ですか?
いや、この資料引用して関係者にご迷惑かかるようなら今後は沈黙しますが

920名無しさん@お腹いっぱい。2018/08/18(土) 21:27:07.14ID:t+REQ4t1
フジの旧IS-mini manager, 現WOWOW Wonderlook proの
開発や営説のプレゼン資料でしょ?これ。
各メーカーカメラを自社環境で光源を実測しLutを提供してるのが売りの一つ。
その資料だから、カメラ本体端子(SDI、HDMI)からの出力結果だよ。
センサーからのダイレクト出力なんてどのメーカーもフジに提供はしない。
真の出力範囲は、センサーメーカーのデータシートにしか載っていない。

公開資料だから誰も迷惑しませんが、
センサーそのものの色域を表現しているのでなく
カメラ出力の色域が、この範囲に有るという話だけです。
内部で何ビット処理してるかは、非公開部分なので
色域広いからビット精度落ちるとかの話を
全カメラに適用するのは飛躍し過ぎなとこだと思います。
定性的には10bitに最後は丸めこむので分解能落ちますけどね。
キャノンC300は、出力が、ほぼDCI-P3に畳み込まれていて
対して、他メーカーはより広い出力を出すけど
モニター鑑賞しようとするとDCI-P3に圧縮する必要がある、
みたいな感じで実用面で見る資料です。

921名無しさん@お腹いっぱい。2018/08/19(日) 17:40:16.82ID:CGI2Zbs+
確実に転換期を迎えてる。
https://forbesjapan.com/articles/detail/22570
sRGBやAdobeRGBと言うプロファイルは残るだろうが、モニター自体の性能が上がる。
人間はそれに慣れると後戻りできない。

922名無しさん@お腹いっぱい。2018/08/20(月) 17:01:42.60ID:nE0Q8g4w
テレビ性能が上がって動画方面の高性能化は
行くはずだけど、静止画モニター方面はどうだろうね。

923名無しさん@お腹いっぱい。2018/08/20(月) 22:14:28.50ID:NxmO1ncY
静止画モニターの使用目的は何でしょう?商業印刷の色彩管理とWEB用ぐらいでしょ。
WEBも動画が増えてる現在、考え方が遅れてるよ。
WEB用だって昔のブラウン管時代の限界で作られたsRGB、すでに陳腐化してる。
Appleはすでに先に進もうとしてる。
癌になってるのは商業印刷の世界だ。足かせだよ。そこら辺と縁を切らないと先がない。
いずれは商業印刷の方が狭い色域世界、なので映像の色域に吸収される。
こう書くと、このスレで携わってる方々は怒るね。

924名無しさん@お腹いっぱい。2018/08/20(月) 22:51:03.14ID:ZrQ+SBX1
怒らないが、一般人の感覚とは違うマニアだなと思う
人の肌なんかはsRGBで十分表現でき、一般人にはそれでほぼ間に合ってる
その上は、費用対効果がかなり悪い

925名無しさん@お腹いっぱい。2018/08/20(月) 23:30:02.22ID:NxmO1ncY
そんなら、映画やテレビだってsRGBで十分でしょ?

926名無しさん@お腹いっぱい。2018/08/21(火) 00:53:38.05ID:l4XiLPyf
印刷が癌ってどういう考え方?
別にAdobeRGB以上の色域のモニターでもCMYKの色域を正しく表示出来ればいい。
印刷でキャリブレーションの効くモニターを使うのは色域の広さよりも階調の再現性が欲しいから

927名無しさん@お腹いっぱい。2018/08/21(火) 00:54:24.67ID:coF/NAoe
そうだよ
俺の周囲には、そんな人しかいない

928名無しさん@お腹いっぱい。2018/08/21(火) 00:55:43.64ID:oauv8s7N
個人的には映画やテレビなんてsRGB、1920x1080で十分だと思っているよ。メーカーはそれだと倒産するから新規格なり新製品を色々と開発するわけだ。音楽だってAAC256kbpsで十分楽しんでいるし、ハイレゾなんていらない。釣られて踊る人もいるけどね。

929名無しさん@お腹いっぱい。2018/08/21(火) 01:27:38.31ID:Hx82JLvh
むしろ、受け手の環境に左右されない印刷のほうがAdobeRGB使うと思うんですけど

930名無しさん@お腹いっぱい。2018/08/21(火) 09:01:04.56ID:zZ/CFv3O
印刷を癌と言ったのは言い過ぎだけど、ここの皆さんは商業印刷に関わる方が多いと思う。
AdobeRGBだけで仕事が十分にできる世界。
映画制作がフィルム時代ならブラウン管モニターはどうでも良かった。
しかし、映画制作がデジタル化するとモニターが商業印刷屋さん同様に重要な存在になってきた。
同時に液晶テレビの普及、4K8K時代。さらに有機ELの登場。環境はめまぐるしく変わってきた。
主導権が変わってるのです。色域が広ければ大は小を兼ねる。商業印刷屋さんは慣れれば良いのだ。

931名無しさん@お腹いっぱい。2018/08/21(火) 12:45:13.76ID:k4wVkfJD
映像関係は色域よりも、まず色温度9300kをどうにかするべき

932名無しさん@お腹いっぱい。2018/08/21(火) 12:58:08.71ID:zZ/CFv3O
>>931
今時、9300℃はないだろ。
ブラウン管テレビ初期の時代?

933名無しさん@お腹いっぱい。2018/08/21(火) 15:17:13.40ID:C50ni5sW
オートCALをソニーのOLEDも実装するとニュースがあったし
さらに将来は、ソースに信号乗せて自然に6500k、9300K切り替えが
発達して行くんではないか?

934名無しさん@お腹いっぱい。2018/08/21(火) 15:21:45.59ID:C50ni5sW
映画、テレビは、sRGBで良いとは思ってる人は
sRGBだし安いしと思って、まさか
静止画用sRGBモニターで動画見てないよね?

935名無しさん@お腹いっぱい。2018/08/21(火) 20:59:17.27ID:zZ/CFv3O
>>934
FUJIFILMはsRGBで十分とアナウンスしてたな。
フィルムや印画紙プリントが基準でした。
もはや銀塩時代の終焉、なので今はまったく通用しない、時代錯誤。
映画も同様だ。フィルム時代の映画ならsRGBで良いだろう。
FUJIFILMは今でも主張を貫くのだろうか?

936名無しさん@お腹いっぱい。2018/08/22(水) 08:21:37.64ID:97Kjz9XB
まぁでも技術はあっても色の表現の幅を広げるためにどれだけのどれだけコスト掛けるかだよな。

937名無しさん@お腹いっぱい。2018/08/22(水) 11:51:27.34ID:VhZW91NA
モナリザの実物を見ると、感動する。印刷と比較にならない。
印刷、AdobeRGBの限界。
絵具の顔料は特別で彩度は高い。日本画の顔料はより強い。
鑑賞する光で激変する。
紫外線は絵を痛めるから、LEDで紫外線を抜いた強い照明を当てるとダヴィンチの意図が伝わる。
有機ELのBT2100ならほぼ再現できよう。

938名無しさん@お腹いっぱい。2018/08/22(水) 12:36:19.11ID:gq4jC0H1
高演色性狙ったCOBタイプの LEDは紫外線豊富。
なんだかね。。。

939名無しさん@お腹いっぱい。2018/08/22(水) 13:19:52.49ID:uEueESq9
俺も、モナリザ現物数回見てる
sRGBで人物と肩から下の大地はカバーしてるだろう
肩から上の背景の湖水や空も、500年間無洗浄で暗いから、大体カバーしてるんじゃないかね

屋外で制作するのは、基本的に印象派以降
レオナルド・ダ・ヴィンチの時代は、暗い室内で制作され、暗い室内で見られる前提だった
よって、暗い照明下でレオナルド・ダ・ヴィンチの意図が伝わるということになる
なお、レオナルド・ダ・ヴィンチは、「ヴィンチ村のレオナルド」ってことだから、略すなら、ダ・ヴィンチとせず、レオナルドとする方がいい

適当なテレビ局の番組表を1日分眺めてみると、sRGBで十分だろうなって放送が大半
画面内にsRGB色域外の色が全くなさそうだったり、あっても画面の隅で視線の中心から外れてて普通の人が気にしない物だったり、そもそも番組のコンセプト的に色なんかどうでもいい内容だったり
俺個人はカラマネマニアだから広色域化してくれるなら乗っかるが、世間の人の過半数は金出さね
映画好きは、世間の平均値よりはカラマネマニア寄りの価値観の人が多かろ

940名無しさん@お腹いっぱい。2018/08/22(水) 18:50:39.25ID:sEUhaqZy
ヨーロッパの古典肖像画を見てると、写真のプリントは色域が狭いと思う。
もちろん印刷物も同様。
肌色の赤みや衣服のグリーンなど、目の覚めるような鮮やかさ。
徹底的に追求された写実画は写真を超えてる。
いままで理由がわからなかったけど、銀塩は選ばれた顔料の発色に勝てない。

941名無しさん@お腹いっぱい。2018/08/22(水) 19:38:02.34ID:uEueESq9
>>940
>>896

やる気出せば、本物そっくり
https://global.canon/ja/tsuzuri/

942名無しさん@お腹いっぱい。2018/08/22(水) 19:45:19.73ID:jdwy6NWo
6500KのsRGB環境で再生される基準が示され、自分の表現したい映像を作り込む、共同作業で制作する。
SNSや印刷など拡散で自分の感じたものを他人に伝えるためにカラーキャリブレーションが必要になる。
自己完結するなら俺最強の画像を最強の広域色彩モニターに移して、俺最強の感性で調整すればそれが至高の色彩。

943名無しさん@お腹いっぱい。2018/08/22(水) 20:15:09.28ID:sEUhaqZy
>>941
なるほど、野心的な試みですね。
Lab値を測色してるのだろうか?
その際どのような光を当ててるのだろう?
国宝級の作品にやたらに照射できるのだろうか?

944名無しさん@お腹いっぱい。2018/08/22(水) 20:29:36.09ID:apMDh1bT
https://global.canon/ja/tsuzuri/process.html

を見てみると、本気レベルというのが分かるはず。
1枚プリントするのに百万オーバーレベルのお金掛けてるよ。

945名無しさん@お腹いっぱい。2018/08/22(水) 21:30:28.04ID:xEPUBppi
すごい技術だ。カラーマッチングは照明による見え方の補正、高速化したみたい。プリントについては出力結果からの調整の繰り返し。
ん? モニターのキャリブレーションは関係ないな

946名無しさん@お腹いっぱい。2018/08/22(水) 22:19:06.18ID:apMDh1bT
キャノンは自前のモニター開発、販売もやってるから
やってないわけがない。あとよく読めよ。

取得された高精細デジタルデータに、
照明の違いによって生じる色の見え方を補正するため、
キヤノン独自開発の画像処理を行います。
社寺や博物館など、展示場所によって
異なる固有の照明環境に応じた調整を施し、
忠実な色再現を実現します。
従来はオリジナルの文化財と出力したプリントの色を
一回の印刷で厳密に合わせることが難しく、
微調整を繰り返しながら何回も出力し直すことで
色合わせを行っていましたが、
高精度なカラーマッチングシステムを導入したことで、
時間が飛躍的に短縮され、
文化財への負担を最小限に抑えられるようになりました。

947名無しさん@お腹いっぱい。2018/08/22(水) 22:22:46.40ID:apMDh1bT
ちゃんと画像処理後に出力と書いてある。
全てに渡ってキャリブレーションできていないと
こういう復元再現は不可能だよ。
和紙、絹本に出力して。そのあと工芸者が金箔貼るんだぜ。

日本的な美の極致ともいえる水墨画の繊細な濃淡、
陰影が生み出す立体感。
12色の顔料インクシステムを採用した大判プリンター
「imagePROGRAF」は画像処理を行ったあとのデータを忠実に出力し、
経年変化による文化財の微妙な風合い、
質感を実物と遜色なく再現します。
また、使用する「和紙」は、
文化財の出力及び金箔加工などに最適化するため、
独自に研究・開発されたものです。
これまで難しいとされていた
絹本への出力も、独自開発した絹本を
使用することで実現しました。

948名無しさん@お腹いっぱい。2018/08/22(水) 22:41:52.79ID:MrJJk9x1
>>893
色再現ならレーザー光源の液晶

949名無しさん@お腹いっぱい。2018/08/22(水) 23:28:46.12ID:sEUhaqZy
客観的実物の色ってどのように決めたのだろうか?
色温度5000ケルビンの太陽光の元で観察したのか?
色彩評価用蛍光灯でも本物の色は見えない。
本物の色を見た人はいないと思う。
展示室の照明下なんてあてにならないよ。

950名無しさん@お腹いっぱい。2018/08/23(木) 08:24:27.39ID:fIvAcKwc
コニカミノルタのサイト逝ってこい。

951名無しさん@お腹いっぱい。2018/08/23(木) 09:42:55.08ID:EasI4r2O
立体構造物を平面のRGBで表現しようというのがそもそも無理のある話
子供騙しの技術

952名無しさん@お腹いっぱい。2018/08/23(木) 09:48:58.77ID:u3mCVXDC
>>950

そんなものないだろ。なにか情報があるのか?>>951

953名無しさん@お腹いっぱい。2018/08/23(木) 09:54:03.47ID:u3mCVXDC
>>951
950の末尾>>951はミスです。

おっしゃるとおり、質感のざらつきなど測色ではわかるはずがない。そこで徹底するなら3Dプリンターを使いざらつき感まで再現するべき。
たんなる研究者の自己満足で精巧な贋作と同じ。金の無駄使いだ。結局は税金が巡り巡ってルのでしょ。

954名無しさん@お腹いっぱい。2018/08/23(木) 11:48:25.76ID:cQNp+6UO
話がズレてる
このスレでは、カラマネの視点から語れ

955名無しさん@お腹いっぱい。2018/08/23(木) 12:29:23.73ID:jEQUmUyi
贋作こそ真のカラーマネージメントを実現できたと言えないか?
ファン、ハン、メーヘレンがカラキャリ開発すると
とんでもないものを作ったに違いない。

956名無しさん@お腹いっぱい。2018/08/24(金) 22:32:59.38ID:kb6KtKj8
カラーマネジメントはあくまでも異なる媒体どうしで見え方に違和感が生じない技術。
100%の一致は有り得ない。妥協も必要。

957名無しさん@お腹いっぱい。2018/09/18(火) 18:03:04.05ID:e3G39lXY
このスレと少し関係するから書いてみる。
iPhone Xs Max の予約を入れた。
有機EL、高色域、高画素などが売り物。カラーマネージメントにも自信を持ってるようだ。
デジタル一眼などでRAW撮り、AdobeRGBで保存した写真のフォトアルバムにする。
プロファイルを認識して反映するかまったく不明、試すしかない。sRGBなら色褪せて見えるはずだ。
実験しかない。

958名無しさん@お腹いっぱい。2018/09/18(火) 18:33:08.20ID:/MvTvBWP
>>957
カラーマネージメントはOSの仕事、ハードウェアの品質じゃない。iOS12でもカラーマネージメントには対応していない。

959名無しさん@お腹いっぱい。2018/09/18(火) 18:33:18.10ID:8K/zfqQQ
https://uslifelog.com/iphone7-color-profile-management/
https://applech2.com/archives/20160322-apple-support-icc-profiles-on-ios-93-safari.html

プロファイル変換表示が可能でも、モニタのキャリブレーションがちゃんとしてないと、絵に描いた餅
iPhone Xs Maxなら工場ではキャリブレーションしてるだろうけど、Android端末はきちんとしてないのが多いのでは

あと、経年変化が問題
https://omoide-photo.jp/blog/colortrue/
「アプリケーションソフトに関わらずモバイル機器全体の色がキャリブレーションされるわけではありません。」
OSが進化して、モバイル機器全体の色に反映されるようになってほしい
それまでは、ColorTRUEのイメージギャラリーで見るしかないか

960名無しさん@お腹いっぱい。2018/09/22(土) 23:08:57.53ID:JTJr6DwV
ちょっと質問
RGBで言う所の緑0x00FF00,黄色0x00FFFFが白0xFFFFFFより極端に明るく見えるんだが何が問題なんかな
キャリブレが原因かと思ってデジカメでRAW撮影したデータをモノクロ化し輝度だけ拾うと
白より暗くちゃんと表示されてることになってる

今までもなんとなくそんな気はしてたんだが、最近はwebのバナーとかで純色の部分だけが
妙に浮いて見えるのが気になってきた

加齢とか病気とかなんかね

961名無しさん@お腹いっぱい。2018/09/22(土) 23:26:33.13ID:NDDNLOKY
老眼とか近視で目のピントがあってないと緑とか赤とかが極端に強く見えることがあるからそういう類かもね

962名無しさん@お腹いっぱい。2018/09/23(日) 10:57:00.44ID:Gz21Bj5+
iPhone Xs Max を早速ストックの写真を大量に入れた。元はフルサイズデジイチ機の写真。
もちろんフォトアルバムにするため。
現在も使ってるキャリブレーションしたAdobeRGBモニターと遜色ない発色に感動している。
Windows10のsRGBノート機とは比較にならない。
フォトストックにはすべてAdobeRGBをつけてるが、認識してるかは不明。P3が活かされてるのだろうか?
有機ELが良いのは純黒から白まで階調がわかる点。まるで印刷物のようだ。
現状本来の電話に加え、これ以上のモニターはないかもしれない。

963名無しさん@お腹いっぱい。2018/10/05(金) 17:15:51.47ID:seY6MjPP
windows10のPCにi1DisplayProを使ってキャリブレーションして、
基本的にはまともな色にできているのにカーソルの色だけ変わらず
気になってしまうのですが、こういうものですか?

964名無しさん@お腹いっぱい。2018/10/05(金) 18:13:41.69ID:1lNRogKS
>>963
モニタは何使ってるの?
キャリブレーションの前後でかなり色が変わるモニタは、そもそも糞モニタなので、モニタを買い替えるべき

965名無しさん@お腹いっぱい。2018/10/05(金) 19:34:08.54ID:seY6MjPP
>>964
モニターはcintiq pro 16です。
かなり色が変わるという訳ではなく100%白のカンバスの上にカーソル(ポインター)を乗せてみると違いが分かるという程度ではあるのですが。
windowsのカラープロファイルの設定がシステムのカーソルには適用されていない?といえばいいのでしょうか。
普段はMacを使っていてこの点が気になったことはなかったのですが。
OSの設定等に疎く、うまく質問の意味が伝えられてないかもですが…わかりづらくてすみません。

966名無しさん@お腹いっぱい。2018/10/08(月) 22:06:44.97ID:R0zeV1Xa
>>962
iOSはiccプロファイル読まないOSだから、現状が
あなたの脳内処理とマッチしているので、
このままアップデート来ても無視した方がいいはず。
iOS12は以下のように結構問題あり。

Redditユーザーのshannister氏によると、
「ディスプレイが少し色あせて薄めとなり、
黒が灰色寄りで表示される」とか。

ほかRandomUser9758というユーザーは
「iPhone XのOLEDパネルは、iOS 11では
素晴らしい色とコントラストだった。
iOS 12のアップデート後、
色とコントラストが台無しになったよ」と述べています。

MacRumorsフォーラムのメンバーmagicschoolbus氏は、
「キャリブレーション(色の自動調整)が
上手く行っていないようだ」と分析しています。
米Forbesによれば、こうした色調整に関する問題は、
iOS 12のベータ版の段階から一部ユーザーが指摘していたとか。

967名無しさん@お腹いっぱい。2018/10/08(月) 22:51:38.27ID:hgp9NLfL
デジタルカメラ・写真関連サイトのDPreviewもiPhone Xをアップデートして検証したものの、
iOS 12で特にディスプレイ表示に大きな変更はなかったとしています。
なお、現時点ではアップル公式から、この件についてのコメントはありません。
総合すれば、あくまで一部のユーザーが画質が落ちたという「印象」を述べているに過ぎないようです。

968名無しさん@お腹いっぱい。2018/10/09(火) 17:07:39.80ID:XLEEB2Nz
まあそういうコメント出すだろうけど
自分のiPadPro10.5も色変わってしまった。

969名無しさん@お腹いっぱい。2018/10/14(日) 17:02:54.88ID:LnbFPd9M
i1Pro2,i1DisplayProを併用してテレビ向けモニターを
キャリブレーションしているが、プローブをテレビ直付けしていると
使っているテレビ表面が、かなり熱く52-3度以上になることもあって
温度ドリフトして計測結果がずれる事が分かった。
プローブの温度補償も追いつかないみたい。
昼間でも離して測定出来る用、
テレビキャリブレーション用の暗箱作る事に。。。

新着レスの表示
レス数が950を超えています。1000を超えると書き込みができなくなります。
レスを投稿する