OLYMPUS 手振れ補正最強 SHシリーズ Part 5

1名無CCDさん@画素いっぱい2018/03/24(土) 18:24:04.89
メーカー製品情報ページ
http://olympus-imaging.jp/product/compact/sh2/

前スレ
OLYMPUS STYLUS SH-50
http://peace.2ch.net/test/read.cgi/dcamera/1362193890/

【SH-1】OLYMPUS STYLUS S series part 2
http://peace.2ch.net/test/read.cgi/dcamera/1423652459/

OLYMPUS STYLUS SHシリーズ Part3
http://peace.2ch.net/test/read.cgi/dcamera/1452213200/l50

OLYMPUS 手振れ補正最強 SHシリーズ Part [無断転載禁止]©2ch.net
https://mevius.5ch.net/test/read.cgi/dcamera/1453295508/

次スレは>>970以降の立てられる方おねがいします、ワッチョイはスレが死ぬ為導入禁止。

2名無CCDさん@画素いっぱい2018/03/28(水) 05:02:58.35ID:8faa5UlS0
>>1

3名無CCDさん@画素いっぱい2018/04/02(月) 04:58:32.55ID:3bv+g2KY0
オリンパスの次世代の手ブレ補正は更に高性能化する

http://digicame-info.com/2018/03/post-1052.html

(オリンパスの写真関連製品の今後の抱負は?)
可搬性と信頼性に注力しているため、レンズ交換式ミラーレスに焦点を合わせている。
最優先事項はシステム全体の可搬性で、これはカメラのボディだけでなく、例えば望遠レンズなどを含むシステム全体の可搬性のことだ。

(引き続きスチルに狙いを定めているのか?)
これまでと変わらず、我々はスチルに焦点を合わせている。
これは我々の基本的なスタンスだ。
顧客が求めるなら動画機能を提供するが、
メインはスチルで、動画は最優先事項ではない。

(E-M1 Mark II のユーザーからの要望は?)
要望はユーザーのレベルによって異なり、ハイアマとプロは堅牢性と操作性の改善を求める傾向がある。
エントリーレベルのユーザーは、一眼レフに採用されていないような新技術を求めている。

(手ブレ補正の効果に工学的な限界はあるのか?)
E-M1 Mark II 発売時には、同機のボディ内手ブレ補正は、
その時点での限界だったが、もちろん技術はまだ進化している。
E-M1 Mark II の発表後に、我々のエンジニアは手ブレ補正の性能の限界を破ることを試み、
そして、最近、いくつかの解決策を見つけている。
したがって、手ブレ補正にはまだ改善の余地がある。

(次世代の手ブレ補正は更に高性能になる?)
イエスだ。期待していい。

(コンパクトの分野はオリンパスにとって価値は残っている?)
我々は、TGタフカメラシリーズのコンパクトカメラと、ミラーレスカメラに注力している。
販売台数が少なくなっても収益性の観点から、これらの高付加価値製品に焦点を合わせている。

4名無CCDさん@画素いっぱい2018/04/12(木) 23:23:22.97ID:bICVOW+b0
仕方ないのでTX2でも買おうかのお

新着レスの表示
レスを投稿する