ペンタックスの生存ルート
リコー自身がデジタルサービスへの事業集約を明言している中、まさかのフィルムカメラ発売決定

リコー自身が低収益ノンコア事業の撤退売却を検討の中まさかのフィルムカメラ製造への資本投下

フィルムコンパクト完成、フィルム代現像代で数千円かかるにも関わらずまさかのバカ売れ

勢いを駆ってフィルム一眼レフ製造へまさかの追加資本投下

フィルム一眼レフ完成、ブームとなってバカ売れ

勢いを駆ってデジタル一眼レフ、レンズ発売

ペンタックス復活!ペンタックス復活!