エイラ-地上の旅人/始原への旅立ちシリーズ2.1

1なまえ_____かえす日2012/08/16(木) 13:01:36.03ID:F7GLkQ8b
The Clan of the Cave Bear(第一部、1980年出版)
評論社版:大地の子エイラ(上・中・下)―訳:中村妙子 邦訳出版1983年
集英社版:ケーブ・ベアの一族(上・下)―訳:大久保寛 邦訳出版2004年
The Valley of Horses(第二部、1982年出版)
評論社版:恋をするエイラ(上・中・下)―訳:中村妙子 邦訳出版1985年
集英社版:野生馬の谷(上・下)―訳:佐々田雅子 邦訳出版2004年
The Mammoth Hunters(第三部、1985年出版)
評論社版:狩りをするエイラ(上・中・下)―訳:中村妙子 邦訳出版1987年
集英社版:マンモス・ハンター(上・中・下)―訳:白石朗 邦訳出版2005年
The Plains of Passage(第四部、1990年出版)
評論社版:大陸をかけるエイラ(上・中・下)―訳:百々佑利子 邦訳出版1993-1994年
集英社版:平原の旅(上・中・下)―訳:金原瑞人 邦訳出版2005年
The Shelters of Stone(第五部、2002年出版)
評論社版:未訳
集英社版:故郷の岩屋(上・中・下)―訳:白石朗 邦訳出版2005-2006年
The Land of Painted Caves(第六部、2011年出版)
評論社版:未訳
集英社版:未訳


過去スレ
エイラ-地上の旅人/始原への旅立ちシリーズ2
http://toro.2ch.net/test/read.cgi/juvenile/1332211420/
【児童書?】エイラ−地上の旅人シリーズ【成人向?】
http://book3.2ch.net/test/read.cgi/juvenile/1103043078/

39なまえ_____かえす日2013/02/05(火) 15:26:56.91ID:BCLwVNhB


40なまえ_____かえす日2013/04/23(火) 19:22:30.70ID:8g+iwFM8
4月26日に第6部が発売のようだ

41なまえ_____かえす日2013/04/23(火) 22:15:47.38ID:EYmfRFcY
ホントだーーー!

知らなかったよ!
ありがとう!ありがとう!ありがとう!>>40

42なまえ_____かえす日2013/04/23(火) 22:20:49.30ID:yNpIx0rX
>>40
またまた御冗談を・・・と思ったが(すみません

amazon見に行ったら
本当に発売されるのね。これで完結?

43なまえ_____かえす日2013/04/23(火) 22:29:09.06ID:EYmfRFcY
シリーズとしては完結だけど、今回は(上)だけだから・・・

44なまえ_____かえす日2013/04/23(火) 23:30:54.55ID:gf818tP3
>>40
ごめん、最初探してもみつからなかったから、
冗談だと思い込んでたよ。
改めて探したらあった!
ありがとう!!

45なまえ_____かえす日2013/04/24(水) 00:17:20.92ID:T7yPIRAk
40です
たまたまシリーズを思い起こしてググったら発売でした嬉しい
過疎スレなのに即反応があって、ファンが結構いたことも嬉しい

>>43
http://www.homesha.jp/e/p.php?tag=series/i&i=ayla
これ見ると上中下一挙発売だと思うんだけど

46なまえ_____かえす日2013/04/24(水) 00:20:59.47ID:+ESFRaKt
>>45
あーごめん、今それに気が付いたんで書きに来たところw

無事3冊とも予約出来ました。どうもありがとう。

47なまえ_____かえす日2013/04/24(水) 00:24:49.61ID:T7yPIRAk
>>46
楽しみだよね
GWにステキなプレゼントだ

48なまえ_____かえす日2013/04/24(水) 00:27:45.61ID:HVTR2gcO
情報サンクスです!
早速、尼に行ってくる!

49なまえ_____かえす日2013/04/26(金) 20:42:35.90ID:gA8Aw/eo
第6部三冊getした
さーて読むぞ

50なまえ_____かえす日2013/04/26(金) 22:23:01.44ID:mvWN8cb0
いいなぁ
近所の本屋に売ってなくてまだ手に入れられてない

51なまえ_____かえす日2013/04/27(土) 11:24:54.22ID:M1riZQSS
注文出遅れたら尼で売り切れてやがる

52なまえ_____かえす日2013/04/28(日) 13:25:50.54ID:VA4aFbxh
やっと第6部3冊手に入れた
今から読むぞー!

53なまえ_____かえす日2013/04/29(月) 11:03:44.08ID:Iw74OcKl
読み終わったけどほんとにこれで完結?
なんか全然終わったって感じがしないラストなんだけど

54なまえ_____かえす日2013/05/01(水) 12:09:54.04ID:4LmEclHq
ジョンダラー…
マローナと浮気て

55なまえ_____かえす日2013/05/01(水) 12:32:50.23ID:QcT/bYsE
めちゃくちゃ久しぶりにちょうど第五部を図書館で借りて読んだところ。
このタイミングで第6部がでているとは。

買うべきか悩む。

56なまえ_____かえす日2013/05/01(水) 16:19:11.98ID:P8wmWPfL
大地の子エイラが出た頃は学生だったので
学校の図書館で借りて読んでた。

大人になって金銭的にゆとりがある時代には
本自体がずーっと発行されず。

今はワープアで本が買えずw図書館にリクエスト中

でも生きてる間に完結して良かったぜ。

大地の子→大陸をかける の後は本が出なくて
日本版は出版社が見切ってるみたいだし、
原作自体も作者書いてないみたいだし、
自分が生きてる間には完結したものを読めないとあきらめてた。

57なまえ_____かえす日2013/05/04(土) 15:20:10.58ID:WtgLZ7Qg
なんか尻切れとんぼな感じ・・・
完結でいいのか?作者は。

58なまえ_____かえす日2013/05/04(土) 19:30:05.06ID:byInX1Th
年齢的にも無理なんじゃね?
無理矢理終わらせるために全部突っ込んだ感は否めないけど。

これでもう「自分は一体、最後まで読むことが出来るのだろうか?」と
ハラハラしなくて済むから、その点だけは良かったw

ただ、最後はエイラで終わって欲しかったな。

59なまえ_____かえす日2013/05/05(日) 09:18:05.52ID:aBTjD3MZ
作者も収拾つけるの大変だったんだろうけど
あらゆるところがすっきりしない。
あきらかに話の途中で終わってるし

氏族会で使った根の話も焼き回しだし
前もそうだったけど結局
嫉妬で二人の仲最悪→エイラ死にそうになる→ジョンダラ呼び戻す→仲直り
みたいな

60なまえ_____かえす日2013/05/05(日) 12:34:47.41ID:9TgoiYCy

61なまえ_____かえす日2013/05/05(日) 13:49:58.58ID:+DTfZvY4
>>59
ね。なんかこれまでの話をなぞってるだけのような。

本人が洞窟画に魅せられてそれを書きたかったのかもしれないけど
あれは文字だけで説明されても、想像力では限界があると思う。
そんなのを次から次へと言われても、正直、違いなんて分らんわ。

62なまえ_____かえす日2013/05/05(日) 20:44:01.31ID:aBTjD3MZ
確かに、ドニエの旅は食傷気味。

マムトイ族の二人が出てきたのはうれしかった。
エイラにはマムトイ族のが合ってると思う。

63なまえ_____かえす日2013/05/06(月) 13:25:05.95ID:z+DqYuLy
結局氏族についてはほっといたまんまだしなー

64なまえ_____かえす日2013/05/06(月) 19:33:17.26ID:5IWYCj8y
元々、そっち方面を書くつもりはなかったんじゃないかなー?

そういう事実は今のところ見つかってないし、完全なフィクションになってしまう。
実際、ネアンデルタール人は約3万年前に滅んでしまってるし。

エイラはすでにそれをお告げで知っているし
今回の新しいお告げで、クロマニヨン人もまた次の段階に進むという暗示で
上手いこと終わらせたつもりなんじゃないの?

自分は、あまり上手くいってるとは思わないけど・・・

65なまえ_____かえす日2013/08/10(土) NY:AN:NY.ANID:jtsY/H9b
最近の研究では、現代人(クロマニョン)のDNAに本気でネアンデルタール人のDNAが混じってることが分かったんだよね?
人類の生殖力凄すぎ…

66なまえ_____かえす日2013/09/13(金) 04:11:36.28ID:39KpeV3F
ドリストーン

67なまえ_____かえす日2013/10/09(水) 11:03:46.33ID:lcExq9fr
まあ、完璧超人ぽく振舞えば振舞うほど
ジョンダラーはエイラの背景に溶け込んでしまうからな…
自分は2人とも好きだが

68なまえ_____かえす日2013/11/16(土) 21:16:24.90ID:cotys5mU
こっちのエイラを先に知っていたので
クロノトリガーのエイラには「これはもしや…」と思ったw
クロノ〜の方が小説エイラよりずっとワイルドだけどな

69なまえ_____かえす日2013/11/28(木) 03:00:12.89ID:pk0wCcq+
ストーリー中に出てくる諸部族って、始祖で存命中の女族長の名前が元になってることが多いけど、と言うことは言語を共有する、そう遠くない昔に分かれた部族が沢山いるってことかな
どういうときに1つの部族が生まれるんだろう。

70なまえ_____かえす日2014/02/09(日) 07:57:45.69ID:ccQ/uvO/
ランザドニー族の誕生のしかたが
その1つの答えじゃないかな
もちろんあんな円満なものだけじゃなく、
喧嘩別れして出て行ったケースもあるだろうけど

あと部族名はそれぞれの言葉で「女神の子ら」の意味じゃね?

71なまえ_____かえす日2014/02/21(金) 05:17:33.23ID:gt1/UCB7
ということはハドゥマイ族の祖とされるハドゥマも、実際にはすでに第何代目かのハドゥマだったりするのかな

72島本町の廃人さんへ2014/07/23(水) 21:21:08.00ID:SLhk8/8i
>大阪府三島郡島本町の小学校や中学校は、暴力イジメ学校や。
島本町の学校でいじめ・暴力・脅迫・恐喝などを受け続けて廃人になってしもうた僕が言うんやから、
まちがいないで。僕のほかにも、イジメが原因で精神病になったりひきこもりになったりした子が何人もおる。
教師も校長も、暴力やいじめがあっても見て見ぬフリ。イジメに加担する教師すらおった。
誰かがイジメを苦にして自殺しても、「本校にイジメはなかった」と言うて逃げるんやろうなあ。
島本町の学校の関係者は、僕を捜し出して口封じをするな

>島本町って町は、暴力といじめと口裏合せと口封じの町なんだな

子供の時に受けた酷いイジメの体験は、一生癒えない傷になるなあ

73なまえ_____かえす日2015/03/21(土) 23:12:56.13ID:Fi43S5+9
test

74なまえ_____かえす日2015/05/19(火) 21:08:22.94ID:e3Fv0wVs

751991/11/21 山梨県富士吉田市2015/11/25(水) 21:25:28.96ID:PycRJLgi
上小澤健介 効率的 エネルギッシュ 自信家 意思が強い 戦略家 カリスマ性がある 奮起させてくれる
http://www.eps4.comlink.ne.jp/~yoshiken/dsc01140kao1.jpg
https://twitter.com/chaosweiss

76なまえ_____かえす日2016/04/13(水) 17:42:09.19ID:nIePmHMo

77なまえ_____かえす日2016/04/18(月) 04:44:56.10ID:f1oGmzPV
なつかしい
完結してたの今知ったわ

78なまえ_____かえす日2016/06/13(月) 20:28:50.97ID:ZS6agw61
大阪府三島郡島本町は
暴力とイジメのブラックタウンなの?

79なまえ_____かえす日2016/06/30(木) 17:59:05.39ID:mvj85yuV
久々に来てみた。
もうこのスレが賑わうことはないんだろうなぁと思うと悲しい。

あれで完結に納得がいかないのもあるけど
エロがあるせいで、大好きな本なのに子どもに勧められないのが悲しい。
中古で出回っているうちに、評論社版をもう一度買い直そうかなと思うくらい。

作者の意図と違うのは重々承知だけど
正直、いろいろな点で評論社版の方が完成度高いと思う。
この作品になぜここまでのエロが必要なのか
何年経っても、何度読んでも分からない。

80なまえ_____かえす日2016/07/04(月) 23:23:17.07ID:C/ZzrldZ
作者はおばちゃん
ひょっとしてエイラに自分がしてほしいことを経験させてるとかw

81なまえ_____かえす日2016/09/29(木) 03:45:19.31ID:NnCKYRjO
ウルフの母親の黒狼が群れを追い出されて老狼とつがいになって、地下の巣穴でウルフを産むまでのところも「神の視点」でなのか書いてるのなら、
エイラの産まれた部族のこととか本当の名前とかも書いてもよさそうだけど、それはしてないのかな
まだ平原の旅の(上)を読み終わったところだからわからないけど、ひょっとして後々エイラがシャーマン?の修練を積んでいく過程で思い出すとかあるのかな

82なまえ_____かえす日2016/09/29(木) 06:43:07.79ID:3qFbE1hl
それに答えてもいいの?w

83なまえ_____かえす日2016/10/01(土) 02:55:45.16ID:gfAsW5F4
やめとくか。
でもダルクの運命は永遠に謎のままというのは分かった
ちなみにエイラは現代にタイムスリップしてきたことがあるなw
マムートと精神世界の旅をしてる時に。後世の同じ場所(=ウクライナ?)かアメリカかはわからないけど
車と高層ビルを見たっぽい

84なまえ_____かえす日2017/11/02(木) 02:58:10.41ID:Vm7ImMys
この本の中の世界だと、性交と妊娠の因果関係が今一つ理解されてなくて、「父」という概念がないということになってるけど、
やっぱり現代に残る狩猟採集民にそういう文化があるところからアイデアを拝借したのかな?
でも父母というのは親族呼称の基本の気もするけど

85なまえ_____かえす日2017/12/21(木) 18:10:00.80ID:bABHN3ik
>>84
父系を重視するようになるのは、やはり農耕文化(身分・ヒエラルキー)の出現を待たなくてはならないのかな

完結と同時に読み終えたんだけど、この作品のお陰でダチュラ=チョウセンアサガオ=曼陀羅華なのを知った
大変だとは思うけど、人名や植物名はなるべく統一してほしかった

86なまえ_____かえす日2018/01/03(水) 01:06:52.19ID:qPbGlOwB
著者がアメリカの人のせいか、今のウクライナ辺りのはずなのに新大陸原産のヒマワリとかホドイモとか出てきて、あれ?と思った
あと帰郷への最後の難関のジュラ山脈氷河越え、レマン湖畔辺りを通れば回避できたんじゃと思う
表紙をめくったところの地図でも、ちょうどそこが南のアルプスの氷河との間の隙間になってるのに
そこを通らない理由は特にジョンダラーも説明してないような
ジュラ山脈の北側を通らない理由は、「氏族」(ネアンデルタール人)の土地だからだそうだけど

87なまえ_____かえす日2018/01/05(金) 12:20:35.44ID:ezLT5XRF
【大イスラエル帝国】「覚えておけ、我々は数百万人を殺した」 ((゜Д゜;;))) こんなのが直接来るのよ
https://rosie.5ch.net/test/read.cgi/liveplus/1515114599/l50
【11】ナウシカ、日本沈没、ロサンゼルス決戦 <大イスラエル計画> 阪神、NY、東日本、チリ【46】
http://rosie.5ch.net/test/read.cgi/liveplus/1515036753/l50

88なまえ_____かえす日2018/01/10(水) 09:26:22.27ID:TKBEu8T/
「29歳既婚、2年前に会社を辞めた。ボードゲーム作りを始めて3700万円を
売り上げたけど何か聞きたいことはある?」回答いろいろ
http://labaq.com/archives/51880196.html
日本ボードゲーム界の異端児に聞く!ボードゲームデザイナーとして生きていくには?
https://bodoge.hoobby.net/columns/00013
はじめてボードゲームを作ってはじめてゲームマーケットに出店した ので、ひとり反省会をしてみる。
http://datecocco.hatenablog.com/entry/2015/11/26/000000
はじめて作ったボードゲームを売った話
http://nrmgoraku.hateblo.jp/entry/2017/05/17/210000
ボードゲームイベント「ゲームマーケット」から業界が見えた!
https://entertainmentstation.jp/61107
ゲームマーケットに挑む人向けガイド
http://spa-game.com/?p=4830
ボードゲームはどう作るのか、自分なりに考えた
http://roy.hatenablog.com/entry/2014/07/09/124824
オトナも遊べるボードゲーム!自作するといくらになるのか
http://www.d-laboweb.jp/special/sp312/
ボードゲームの展示イベント「ゲームマーケット」の成長記録からこれからの
市場に必要なことを妄想してみた。6年間の来場者数推移(2016年4月時点調べ)
https://bodoge.hoobby.net/columns/00001
ボードゲーム市場がクラウドファンディングの出現で急成長を遂げ市場規模を拡大中
http://gigazine.net/news/20150820-board-game-crowdfunding/

89なまえ_____かえす日2018/01/26(金) 18:22:11.22ID:zUE3QStm
児童書のように金が入ってくる方法
グーグルで検索⇒『羽山のサユレイザ』

A148M

新着レスの表示
レスを投稿する