World of Warcraft part451【WoW】

67名も無き冒険者2018/12/07(金) 00:32:48.22ID:NnUhz0rS
Dun Moroghの外れの町。豪雪降りしきる中でも、この地の酒場は大賑わいだった。
とある鍛冶屋のDwarfが仕事を終え、扉を開けてコートを脱いだ。
それを見たHumanの旅行者は、「寒い日が続くね。どれくらいの時間、働いているの」と尋ねた。
すると鍛冶屋は「そんなに長い時間じゃないよ」と答えた。

Humanが「もっと沢山作れたなら、もっと楽に生活できるのに。おしいなあ」と言うと、
Dwarfは、自分と自分の家族が食べるにはこれで十分だと言った。
「じゃあ、あまった時間でいったい何をしているの」と旅行者が聞くと、鍛冶屋は、
「昼まで屋根の雪かきをして、それからColdRidgeの鍛冶ギルドに出かける。
帰り際に酒場で一杯ひっかけたり、または女房の手料理を肴に一杯飲んだり。
そんな調子で夜まで酔いつぶれる事もあるし、或いは酔った勢いでAlterac Valleyに
突撃して、翌朝巡回してきた警備隊に発見される…ああ、こんな感じで一日終わりだ」

すると旅行者はまじめな顔で鍛冶屋に向かってこう言った。
「仮にもKirin'Torを首席で卒業した人間として、きみにアドバイスしよう。
いいかい、きみは毎日、もっと長い時間、鍛冶に費やすべきだ。
あまった鍛冶製品はAuctionで売る。お金が貯まったら近くに大きな工房を建てる。

そうすると作業能率は上がり、儲けも増える。
その儲けで工房を3箇所に展開するんだ。やがてきみが雇い主になるまでね。
そうしたらNPCに鍛冶製品を売るのはやめだ。
都市部でBankを借りて、そこに製品を貯蔵し、会社を設立する。
その頃にはきみはこのちっぽけな町を出て、
Kharanosに引っ越し、IronForge、Stormwindへと進出していくだろう。
きみはStranglethornのリゾート島から企業の指揮をとるんだ」

鍛冶屋は尋ねた。
「そうなるまでにどれくらいかかるのかね」
「二〇年、いやおそらく二五年でそこまでいくね」
「それからどうなるの」
「それから? そのときは本当にすごいことになるよ」と旅行者は得意げに笑みを浮かべ、
「今度は株を売却して、きみは億万長者になるの…」と言いかけた所で、
おもむろにDwarfに唇を奪われ、言葉も塞がれてしまった。
口を離したところで、鍛冶屋は語り始めた。「でも、君は男同士の味を知らないんだろう?」
旅行者は、自らの胸の内に高まる期待を否定しきれなかった。Kirin'Torをトップ成績で
卒業し、将来有望なmageとなるであろうその青年に、今新たな感情が芽生えてしまったのだ…
(続きは省略されました……続きを読むにはここをクリックしてください)

新着レスの表示
レスを投稿する