1957〜1987年あたりの本格ミステリ作家達 4

1名無しのオプ2010/09/24(金) 22:33:43ID:tbMTY///
落ちてたようなので、初代スレ3氏他多くの方々の帰還を願いつつ立て直してみますた

過去スレの>>1さんの主旨です
>清張以降綾辻以前の本格ミステリは、泡坂・島田・笠井・連城・東野・岡嶋などといった一部を除いて絶版が多い。
>また、名前は知られていても本格ミステリ作家としての認知度が低い作家も多い(笹沢・西村・森村等)。

>この時期に活躍した本格ミステリ作家達のうち専用スレがない作家達の傑作・駄作を紹介して下さい。
>(要するに「ミステリーズ」でやってた「本格ミステリフラッシュバック」のようなものです)

過去スレ
http://love6.2ch.net/test/read.cgi/mystery/1143140545/
http://love6.2ch.net/test/read.cgi/mystery/1195364956/

前スレ
http://kamome.2ch.net/test/read.cgi/mystery/1237095365/

428名無しのオプ2017/11/22(水) 00:39:50.49ID:7NiQdtVW
>>426
藤本、森田あたりは今も安価でよく見かけます
「あたしが…」のほうは昨年の三省堂書店8Fの古書市で、箱付き700円だったのでついに買ってしまった

429名無しのオプ2017/12/28(木) 02:55:46.49ID:s9VEqpz0
あげ

430名無しのオプ2018/01/11(木) 01:45:02.67ID:R7os7Hid
過去スレまで全てチェックしました。
気になった本をネット古書店で取り寄せて読んでるのだけど...紹介文上手ですよね。今のところ期待を上まわったモノは皆無で、埋もれた傑作など早々見つからなそう。
本編より予告編が面白い映画のようなスレですなココは。

431名無しのオプ2018/01/11(木) 11:11:34.79ID:L31x3x8P
>>406
正確には横溝正史リバイバルブームであって
それ以前から横溝正史は有名作家だったんだから
なんの不思議もないと思うけどね

432名無しのオプ2018/01/11(木) 17:03:46.68ID:A+S7fXKM
とは言っても、横溝は昭和40年代には推理小説は、49年の年末に1冊出した
だけだし、みんなほぼ忘れてただろうな。

433名無しのオプ2018/01/11(木) 17:12:57.09ID:L31x3x8P
>>432
でもたとえば、海外のミステリー作家で今はほとんど絶版になっている人でも
ミステリーファンにとっては有名な人もいるわけだし、
横溝正史がいくら世間から忘れられていても興味のある人にとっては
それなりに有名な存在だってだけの話でしょ。

434名無しのオプ2018/01/11(木) 18:35:12.89ID:vHvtPjAe

435名無しのオプ2018/01/12(金) 00:56:48.07ID:OMnyDOQ/
>>406
>>427
寺山は昭和10年生まれ
早熟でならしたひとだし、先見の明も何も
金田一耕助の活躍はリアルタイムで知ってて当然

436名無しのオプ2018/01/12(金) 01:01:03.52ID:iqRiECua
お前ら普段ろくにレビューも書かないくせに他人の揚げ足取るときだけはワラワラと湧いて出るんだな

437名無しのオプ2018/01/12(金) 02:08:58.24ID:F8tMV4FH
>>435
知ってるかどうかじゃなくてブームが来る前に着目していたことを評価してるんでしょ
せめて揚げ足は正しく取ろうな

438名無しのオプ2018/01/12(金) 06:48:58.91ID:ISE5Juv/
角川春樹が横溝正史に興味を持ったのは、多分、少年マガジンに連載された影丸譲也の八つ墓村。
連載時期があしたのジョーとかぶってる。(角川春樹は学生時代ボクシング部。)

寺山修司は力石の葬式の葬儀委員長をやってるし、主題歌も書いてる。
横溝正史に興味を持ったのは、やっぱりマガジンあたりからじゃないかな。

439名無しのオプ2018/01/12(金) 07:09:00.70ID:qFQjdkjm
>>437
>知ってるかどうかじゃなくてブームが来る前に着目していたことを評価してるんでしょ
>せめて揚げ足は正しく取ろうな

だから有名な作家なんだから着目してなんの不思議があるのって話だよ
別に横溝正史ブームを予言したというわけではなく、単に金田一耕助を
使ったっていうだけの話なんだから

440名無しのオプ2018/01/12(金) 12:40:00.89ID:Ijp/pk5S
寺山が金田一を自作に起用した事が不思議だなんて、そもそも元スレ3氏は書いてないでしょ。
角川の大ブームが来る前に、世間一般から忘れられた名探偵を自作に登場させた事を「ミステリファンとして評価する」という感想が文意かと。
個人に感想にあれこれ言っても意味は無い。

441名無しのオプ2018/01/12(金) 13:06:01.71ID:tV2jQwxj
>>439
それは単に捉え方の違いでしょ?

442名無しのオプ2018/01/12(金) 13:21:13.35ID:euGyZLF0
>>440
すでに角川に代表作が10点近く収録されてた年だから
単に最近流行ってきたみたいだからと便乗しただけなんじゃ

443名無しのオプ2018/01/12(金) 15:51:06.15ID:dduxQw6M
初代スレの3氏は、八つ墓村や犬神家の一族の映画化によって横溝正史ブームが来たと思ってるようだけど、
実際には1970年に講談社から全集が出てるし、1971年に角川文庫から八つ墓村が出てる。
八つ墓村が売れたから角川はその後も復刻し続けたわけで、1973年には横溝正史ブームは始まりつつあった。
(東宝にしろ松竹にしろ、アタリそうもなければ映画化するわけはないし。)

444名無しのオプ2018/01/12(金) 19:44:37.75ID:Ijp/pk5S
初代スレ3氏がいう「ブーム」って、犬神家映画化以降の大ブームを指してるんじゃないの?
映画の前年が角川の横溝フェアだから、>>442>>443氏の見解は正しいと思うけど、だからといって>>406がおかしなことを書いてるとは到底思えない。

445名無しのオプ2018/01/12(金) 20:21:36.61ID:NsFk/KXf
>>444

> ともかくも、1973年、未だ横溝ブームが来る前に、この作者が金田一耕助に着目していた点は評価したい

この文からよくそんなに都合のいい解釈できるな

446名無しのオプ2018/01/12(金) 20:48:00.89ID:GlyuFNGg
>>445
角川映画「犬神家の一族」が公開されたのは1976年。ミステリーの年表なるものがあれば、横溝ブームはその年をしめすというのが私の見解(おそらく3氏も)。

447名無しのオプ2018/01/12(金) 21:00:16.17ID:iqRiECua
趣旨はブームの時期云々じゃなくて寺山修司に先見の明があったかどうかってことでしょ
で、散々「なかった」と突っ込まれてるわけ
すり替えるなよ

448名無しのオプ2018/01/12(金) 21:07:31.78ID:/LQ5XIra
「横溝正史ブームはいつからいつまで?」でググろう

寺山修司が一般人レベル以下の流行に疎くて書店にあまり足を運ばないような人だったなら「そういうレベルの人の中では」先見の明があったと言えるだろうね

449名無しのオプ2018/01/12(金) 21:19:15.81ID:MYxxtZeK
>>447
寺山は横溝ブームが来る前からそれに着目していた。3氏はそれを評価したいと書いてるだけ。
先見の明云々なんて書いてないでしょ。
すり替えてるのはどっちだ。
相手の言うことを理解できないのは知性の問題。理解する気がないのは理性の問題。

450名無しのオプ2018/01/12(金) 21:45:09.66ID:wq21YSNj
>>448
それはブームの定義の問題(自分の考え方は>>444>>446)。
映画公開時点で相当部数が売れていたのだから、公開後からブームが始まったという考えは間違いと言われたら「あっそ」と言うだけ。

451名無しのオプ2018/01/12(金) 21:51:27.84ID:dIhQmZeQ
横溝の本が売れるようになったのは映画がきっかけというのは間違い。大ブームは映画がきっかけということね。

452名無しのオプ2018/01/12(金) 22:23:31.15ID:iqRiECua
>>449
ブームの定義は関係なく寺山修司が何の情報もなく独自に横溝に着目したわけじゃないと何度も言われてるのが分からんのか

453名無しのオプ2018/01/12(金) 22:40:09.73ID:WsPb9oEo
>>452
寺山が何の情報もなく独自に横溝に着目したなんて誰が言ったって?
あなたに足りないのは理性では無く知性だな。

454名無しのオプ2018/01/12(金) 22:53:42.18ID:DdE2kkpW
ついにバカアホレベルの煽りを始めたか

> 寺山は横溝ブームが来る前からそれに着目していた。3氏はそれを評価したいと書いてるだけ。

これが「先見性」を評価していないのだとしたら何を評価してるんだ?
お前は「ブーム」を「大ブーム」にすり替えているが「ブーム」の時点で着目したのなら別段評価に値しないだろ

455名無しのオプ2018/01/12(金) 23:13:25.21ID:5xRj1gTQ
>>454
映画「犬神家の一族」公開以降の「大ブーム」後に寺山が自作に金田一を登場させたなら、それはただ流行に乗っただけ。でも、そうではない事を評価してるんじゃないかな。
それがどうしたといえば、それまでのことで、個人の考えにどうこう言っても仕方ないでしょ。

456名無しのオプ2018/01/12(金) 23:16:07.21ID:5xRj1gTQ
で、寺山が何の情報もなく独自に云々なんて誰が書いたって?
妄想と捏造も大概だぞ

457名無しのオプ2018/01/13(土) 00:06:12.08ID:8i3VA+IH
寺山と同時期かそれ以前に、金田一パロディを書いた作家がいたら、それなりに先見の明はあると言ってもいいんじゃないかな?

458名無しのオプ2018/01/13(土) 00:08:06.05ID:UNfD4th3
マガジンに八つ墓村連載した後だけど…
講談社から全集出た後だけど…
角川から代表作がどんどん文庫で出て300万部突破してたけど…

犬神家が映画化される前に横溝に着目してた寺山スゲー!

はぁ…そうですか

459名無しのオプ2018/01/13(土) 00:12:58.44ID:BGBmUx0F
大ブームになりつつあったからこそ、昭和49年の終わりに実に10年ぶりの
新作を出せたんだろうね。

460名無しのオプ2018/01/13(土) 00:21:34.16ID:aeceBUds
>>458
曲解馬鹿乙

461名無しのオプ2018/01/13(土) 00:21:53.45ID:/OE8My7z
>>456
独自じゃないんなら寺山を評価するとこなんてどこにもないじゃん

462名無しのオプ2018/01/13(土) 00:23:08.60ID:ehnLpCsf
もうバカとかアホとかしか言えなくなるまで追い詰められたか

463名無しのオプ2018/01/13(土) 00:29:58.42ID:aeceBUds
>>461
それがどうしたといえばそれまでのことって書いたはずだが?

464名無しのオプ2018/01/13(土) 00:31:35.64ID:aeceBUds
>>462
追い詰められたって、誰が何に追い詰められたんだよ。追い詰められるのなら頼むから追い詰めておくれよ。

465名無しのオプ2018/01/13(土) 00:34:24.74ID:aeceBUds
>>458
「それなりに先見の明」を何語で翻訳すれば「寺山スゲー!」になるんだろう?

466名無しのオプ2018/01/13(土) 01:27:33.43ID:mYDr+K2O
初代スレの3氏はこの基地外に勝手に自説を代弁されちゃって大丈夫なん?

467名無しのオプ2018/01/13(土) 12:30:57.03ID:z7awgXSX
>>466
この件ついて、3氏は何とも思ってないと思うよ。あえて言うなら「まだやってるよ...」程度では?
彼の読書量から判断して「横溝は犬神家の一族公開以前はほとんどの人から忘却の彼方であった」よって「何の情報もなく独自に着目した寺山はスゲー」なんて思うはずがないのでね。

468名無しのオプ2018/01/13(土) 12:42:06.09ID:8YR+m2j1
角川文庫の横溝著作がどのような売り上げ推移を示したのか、細かいデータは持ち合わせていないが、映画公開後に跳ね上がった事は想像に難くない。
ブームとはそういうもの。普段ミステリを読まない人、そもそも読書をしない人までを巻き込むのがブームかと。
3氏が寺山の何を評価したのかは本人しかわからないけれど、単なる個人の感想にケチをつけても仕方ない。このスレで3氏が傑作・佳作と持ち上げた小説を他人が読んで、つまらかった・騙された・金返せ、と言ってもしょうがないのと同様。

469名無しのオプ2018/01/13(土) 16:03:00.25ID:rThlI3r3
いやほんと

他人の印象に茶々入れた時点で全うな議論になんてなり得ないのはわかりきってるのにここまで食い下がろうとする意味がわからない。

470名無しのオプ2018/01/13(土) 16:11:00.05ID:mYDr+K2O
>>467
> 彼の読書量から判断して「横溝は犬神家の一族公開以前はほとんどの人から忘却の彼方であった」

これが間違ってると再三言われてるのにお前頭大丈夫か

471名無しのオプ2018/01/13(土) 16:17:33.75ID:rThlI3r3
言ってんのあんただけじゃん

472名無しのオプ2018/01/13(土) 18:40:01.94ID:/hL/mlao
>>470
馬鹿確定。
よく読んでから書き込めよ。
「思うはずがないのでね」と書いてあるだろう?
議論したいなら相手の書き込みを理解した上でどうぞ。もっともあんたは議論の門前にすら立てていないのだが。

473名無しのオプ2018/01/13(土) 20:37:11.49ID:qlbsIQSz
だいたい初代スレ3氏は「横溝ブームが映画によって引き起こされた」なんてどこにも書いてないのだが。そもそも議論の前提が間違っている(全く議論になっていないが...)。
横溝自身はブームについて随筆の中で、昭和50から51年にかけてと認識(さらに映画公開後、部数は跳ね上がるわけだが)。ならば昭和48年に発表された寺山の小説を読み、慧眼だと思っても何ら間違いはないと思うけどね。

474初代スレの>>32018/01/15(月) 12:53:53.12ID:HoU30OZH
久しぶりにスレが急激に伸びているなと思ったら、・・・嗚呼。
私の認識は、1974年の「仮面舞踏会」完成と角川文庫数百万部突破あたりから火がついて、1975年のATG「本陣」映画化
前後から世間一般にもブームが拡散、角川文庫も1000万部突破して、そして1976年の角川映画「犬神家」で頂点に達した、
というもの。
だからその前にミステリ界とは縁の薄そうな寺山が着目したのを、ミステリファンとして単純に評価したもの。
でも事実誤認ならば訂正します。過去スレでも、横溝ブームの時期については指摘を受けたのに、俺としたことが・・・。
しかし、寺山「花嫁化鳥」の感想が一つも無いのが悲しい(それほど入手困難でもないが、俺の紹介文が拙いからか)。

島田一男「紅の捜査線」(春陽文庫)★★☆
発表年不明、警視庁の星子警部をリーダーとする捜査一課メンバーの活躍する連作集。
「赤きVの悲劇」は、娼婦だけを狙い、死体にVの字のサインを残してゆく連続殺人。真犯人は果たして・・・。100ページ
近い力作ですが、ミッシングリンクものというか・・・。最後に鉄壁のアリバイが立ちはだかるのですが、まあ数々のアリバ
イ崩し物の作品でおなじみのアレです。
その他の作品も、法医学がらみのトリッキーな話も多いとは言え、題材が下品な方向にいっているし、トリックがワンパタ
ーンなので、どうも評価できないですね。

475初代スレの>>32018/01/15(月) 12:55:48.94ID:HoU30OZH
花木深「B29の行方」(文芸春秋社)★★★
1992年のサントリーミステリー大賞受賞作。
身代金目的の幼児誘拐事件。カネは奪われたが人質は無事帰ってきた。だが15年前に同じ手口の誘拐事件があり、今まさに
時効を迎えつつあった。刑事の宮脇と新聞記者の井上は、今回の事件の被害者の父親である成金実業家が、15年前の事件
にも絡んでいるのでは、と疑い、更に二つの誘拐事件に共通する関係者を追及するのだが、彼らを巡って殺人事件が勃発
する・・・。
ちょっと構成がゴチャゴチャしすぎ、真相の一部に辻褄合わせのようなところもあり、また偶然の一致めいたところもあり、高く
は評価できません。主人公の刑事の幼年時代の話、戦争中の疎開先で起きたB29の話も取って付けたようで、事件との関わ
りに必然性が乏しいし、或る事件の密室トリックも無くもながのもので、トリック自体も稚拙なもの。但し読みやすかったし、それ
なりに楽しむことはできました。

476初代スレの>>32018/01/15(月) 12:58:00.92ID:HoU30OZH
本岡類「一億二千万の闇」(講談社)★★☆
「桜島一○○○キロ殺人空路」、「白い手の錬金術」(過去スレ参照)などで活躍した高月警部補シリーズ、1990年の長編。
東京・練馬区で起きた連続幼児傷害事件。被害者はいずれも顔を刃物で切りつけられていた。高月警部補と島刑事のコンビ
が捜査するうちに、一連の事件には「鈴木」姓の人間が関係していることに気づく。ポピュラーな苗字の鈴木が関わっている
のは単なる偶然ではないのか。やがて3人の容疑者が浮かび上がるが、第4、第5の事件が起き、容疑者には全員、確固たる
アリバイが成立してしまう・・・。
思わせぶりなプロローグが、後半でちょっとした錯誤を生むけど、それ以上の効果は上がっていないし、容疑者全員のアリバ
イが成立した真相も、微妙な伏線もあって合格点ではあるけど、さほど驚くものではありません。レッドヘリングの設定も、どこ
かワザとらしい。
最終的な真犯人の意外性とその動機が、この時代らしいもので、この本の帯に「社会派」とあるのも理解できなくはないけど、
本格ミステリとしての解決時のカタルシスという点では一寸・・・。
残念ながら凡作でしょうね。

477名無しのオプ2018/01/15(月) 16:55:18.79ID:xTN+rOrb
俺は本岡類が好きで、「一億二千万の闇」や「鎖された旅券」なんかは面白く読んだんだけど、評価が低いね。
読み直したいけど、なぜか本岡類は文庫化されないんだよなあ。単行本も今では入手しにくいし。
新潮社、角川書店、文藝春秋社等の大手の出版社から出てるのに。

478名無しのオプ2018/01/15(月) 19:01:54.86ID:hfP1DdI9
>>474
ケチつけてきた奴らの誤読と曲解と無理解が原因のようだから、気にすることはないですよ。
過去のあなたの書き込みを読んで、何冊か購入してみましたが感想は>>430でした。だからと言って文句をつける気はさらさらないですし。
本文より紹介文の方が面白いなんて素敵じゃないか。

新着レスの表示
レスを投稿する