ゴシック風味のミステリ

1名無しのオプ2010/12/16(木) 20:39:26ID:3t5YVzCu
ゴシックテイストを湛えたミステリなら、本格・サスペンス・ハードボイルド・冒険、系統を問わず語りましょう
場合によっては文学や一般小説、ホラー、SFなどに脱線することも歓迎で行きましょう
もちろん欧米風ゴシック、和風ゴシック、国籍も問いません
ゴシックとは何か、という前提が問われることも当然出てくるでしょうが、それについてもどんどん語っていきましょう

27名無しのオプ2011/06/12(日) 08:12:14.29ID:F76QOwp1
和風ゴシックという言葉がある
その観点から見れば横溝とか三津田なんかは和風ゴシックなんじゃないかな

28名無しのオプ2011/06/12(日) 16:53:27.98ID:Odiw72zl
‡ドラキュラの翻案の「髑髏検校」とかもう少しページ数があれば
もっと面白くなってただろうのにもったいないな

29名無しのオプ2011/06/13(月) 14:38:32.05ID:HcBsopbF
>>27
>和風ゴシック

意味は?

30名無しのオプ2011/06/13(月) 16:20:57.80ID:UMjr0laf
背景や道具仕立てが純和風で、ゴシック小説のプロットを展開してるってとこか

31名無しのオプ2011/06/13(月) 18:28:28.65ID:S4sYrzCx
翼ある闇ってちゃうん?

32名無しのオプ2011/06/13(月) 18:31:20.33ID:+J5wXWk8
じゃあ麻耶も清涼院もだいたいゴシックだな

33名無しのオプ2011/06/13(月) 18:53:07.25ID:7tZ0sKkl
サブライム
「恐ろしいが心惹かれるもの」がゴシックの基本だ
前時代的であることも重要な要素
横溝の『八つ墓村』なんて、和風ゴシックだわな
ゴシックの意味がわかってない奴、お前らこそ何だと思っていたの?

34名無しのオプ2011/06/13(月) 23:18:34.25ID:f2PdXNLi
なんか耽美なイメージもある

35名無しのオプ2011/06/14(火) 00:28:36.37ID:lKe+Kzir
耽美はビューティフルだから少し違うと思うが

36名無しのオプ2011/06/14(火) 11:30:25.37ID:WgZSSDkH
ビューティフルじやなくて
美に耽るってかんじなんだけど
美学をもつというか
黒死館の建物とかの描写はそんなかんじ

37名無しのオプ2011/06/14(火) 13:38:24.20ID:TdBSIzhd
>>33
>「恐ろしいが心惹かれるもの」がゴシックの基本だ
>前時代的であることも重要な要素

違うんだよな〜。
それだったら正史が好きだった怪奇系の草双紙や、谷崎の一部の作品、
当然京極なんかもゴシックになる。
まあ、最大限妥協して京極あたりならまだゴシック呼ばわりしてもいいけどな。

38名無しのオプ2011/06/14(火) 16:19:13.97ID:/DiTCp6S
まあ和製ゴシックと和風ゴシックは異なるな
前者は黒死館などで、後者は>>27.>30みたいな

39名無しのオプ2011/06/15(水) 00:55:42.65ID:IP0l5upq
火刑法廷は?

40名無しのオプ2011/06/15(水) 08:29:09.87ID:PwPLx916
ゴシック体で書かれた作品の事ですね

41名無しのオプ2011/06/15(水) 09:58:58.74ID:16jR7P/9
>>8
>中世風(ゴシック風)の建物を舞台にした幻想的な時代小説(ゴシック小説)

このあたりを拡大解釈すればとりあえず和風ゴシックは成立すんじゃね

42名無しのオプ2011/06/15(水) 19:24:45.55ID:epQ09ZbF
風間賢二が何かから引用して
ゴシックは廃墟の物語
これは建物のみならず肉体やモラルのことでもある
みたいなこと書いてたの覚えてる
退廃的な小説ということか?

43名無しのオプ2011/06/15(水) 21:57:04.61ID:yUZOgop3
>>37
「違うんだなあ〜」って、他人が書いたごく短い表現を自信たっぷりに論駁しているが、おまえなにどう言うわけ?
33と同程度かそれ以内の文字数で、いちゃもんがつく余地なく書いてみろよ

44名無しのオプ2011/06/16(木) 09:36:35.32ID:ylIpEx1C
個人的には>>38の解釈が一番納得できる
和製ゴシックと和風ゴシックの違い
確かに

この分野ではやっぱ「薔薇の名前」が抜きん出て素晴らしいと思う

45名無しのオプ2011/06/16(木) 19:01:25.90ID:arYA5WeH
ミステリーを広義に解釈すればそもそもの大元のゴシック小説、オトラント城奇譚やマンクなんかも十分ゴシックミステリーになるね

46名無しのオプ2011/06/16(木) 20:58:52.30ID:0M+sClmn
>>24>>29はバカだと思う

47名無しのオプ2011/06/16(木) 21:31:41.40ID:3wRGmmWi

ゆとり女?

48名無しのオプ2011/06/16(木) 21:50:50.30ID:NBRcEc/7
ここにもいつもの変な奴が湧いてるんだな

49tes2011/06/17(金) 21:54:25.20ID:+unF+hdW
まさか、ユキチカで現金化しちゃったエチゼンクラゲの大量発生に悩む遠洋漁業関係者の人はいないよね?

50名無しのオプ2011/06/21(火) 17:24:36.94ID:sdP+kPY1
>>45
あ、これだけは言わせてください
それらはジャスト、まんま、元祖のゴシック小説です
ミステリのご先祖だから、「これもゴシックミステリーだね」と言うのは変

51名無しのオプ2011/06/21(火) 17:56:04.09ID:ZrCsSpid
普通にポーとかもゴシックだしな

52名無しのオプ2011/06/21(火) 23:14:09.17ID:L0RPaZTw
まあ文章がくどくて展開が非常に遅くて現代からすれば地味な内容だから、一般受けはしないだろうけどね。古色蒼然たるゴシック小説は

53名無しのオプ2011/07/20(水) 15:53:43.55ID:3VMnx8xc
>ゴシック小説(ゴシックしょうせつ)とは
>18世紀末から19世紀初頭にかけて流行した中世趣味による神秘的、幻想的な小説。
>ゴシック・ロマンス(Gothic Romance)とも呼ばれ、
>その後ゴシック・ホラーなどのジャンルも含むことがあり、
>今日のSF小説やホラー小説の源流とも言われる。

>ゴシック小説定番のモチーフは、怪奇現象、宿命、古城・古い館、廃墟、幽霊などであり、
>それらは現代のゴシック小説でも継承されている。

>代表的なゴシック小説
>『ヴァセック』(1786年、ウィリアム・トマス・ベックフォード)
>『フランケンシュタイン』(1818年、メアリー・シェリー)
>『ジキル博士とハイド氏』(1886年、ロバート・ルイス・スチーブンソン)
>『ドラキュラ』(1897年、ブラム・ストーカー)
>『ゴーメンガースト』(1946年 - 1959年、マーヴィン・ピーク)

54名無しのオプ2011/07/20(水) 16:25:53.89ID:3VMnx8xc
ま、誤解を恐れずにいえば、
人里離れた古いお城やお屋敷を舞台にした、
おどろおどろしい雰囲気の怪奇小説+恋愛小説。
ゴシック小説ってのは、そんなものではないでしょうか。

なぜ恋愛?と言われるかもしれないけど、
もともとはゴシック小説ってのはロマンス色がとても強いのが特徴なので。
そして、主人公は女性であることがとても多い。

身寄りのない孤独で薄倖なヒロインが、不気味な古いお城に連れて来られて、
もっとも頼りにしている男性、
つまり夫とか恋人とか足長おじさん的後見人が、
実は自分の敵なのかもしれないと、恐怖と疑惑に震える。
そういうのが典型的なゴシック小説じゃないでしょうか。
誤解を恐れずにいえば。

『ジェイン・エア』
『レベッカ』
とかね。
『嵐が丘』もそうだろうし。

日本でいったら
綾辻行人の『暗黒館の殺人』なんかはまさにそうでしょう。
ただ、女主人公が男ってところが日本的なのかもしれない。
これ、欧米の作家なら主人公を女性にするんじゃないでしょうか?

55名無しのオプ2011/07/20(水) 16:28:22.46ID:3VMnx8xc
訂正
×ただ、女主人公が男ってところが日本的なのかもしれない。

○ただ、主人公が男ってところが日本的なのかもしれない。

56名無しのオプ2011/07/20(水) 16:41:33.91ID:LXV1+t2i
>>54の説明内容とは微妙に違うが
麻耶の夏冬なんかもそうなのかな?

57名無しのオプ2011/11/24(木) 00:59:38.31ID:a2+GaRqD
篠田真由美が何かのあとがきで
「おどろおどろしい要素の謎が解明されて
お化け屋敷が土台まで白日の下に晒されるのが本格ミステリ、
お化け屋敷の悪夢が解体されずに残されているのがゴシックロマンス」
みたいなことを書いていて非常に納得した。

58名無しのオプ2011/11/24(木) 19:51:44.52ID:j9Mj5IBT
なんだかわざわざ言うまでもない物凄く当たり前のことのような気が

59名無しのオプ2011/12/29(木) 01:56:54.61ID:2WuUc1Gw
>中世風(ゴシック風)の建物を舞台にした幻想的な時代小説(ゴシック小説)

時代小説、お屋敷(古い建物)、幻想的…
「ゴシック風味のミステリ」といわれると、やっぱりサラ・ウォーターズの
書くようなのイメージしてしまうが
上にも出てたけど、「茨の城」とか「エアーズ家の没落」とか
(エアーズ家はミステリじゃないのかな)

ケイト・モートンもちょっとゴシック風味だろうか
「忘れられた花園」はヴィクトリア朝時代・お屋敷場面もあったし

「ゴシック風味のミステリ」っていっても難しいな

60名無しのオプ2011/12/29(木) 09:40:14.95ID:w7g9EGIT
今年は「夜の真義を」もゴシックの収穫だな

61名無しのオプ2012/03/20(火) 09:50:01.12ID:1ms+Jffb
ヴィクトリア・ホルトの「流砂」はよかったな

62名無しのオプ2012/05/06(日) 00:30:20.73ID:XGDykhWi
「下妻物語・完」もある意味、ゴシック風味のミステリ。ある意味ね。

63名無しのオプ2012/05/06(日) 18:47:40.44ID:OklMyOEi
野ばらなら鱗物語は完全ゴシックだったな

64名無しのオプ2012/05/10(木) 00:32:01.41ID:nMgGbk9c
屋根裏部屋の花たち
VCアンドリュース

65名無しのオプ2012/05/11(金) 23:38:02.86ID:kgC/D2Dm
ユードルフォーの怪奇って邦訳ないのけ?

66名無しのオプ2012/06/30(土) 20:51:51.83ID:SfpdAD6i
age

あぼーん

68名無しのオプ2012/09/17(月) 02:10:02.08ID:FDnwgFy5
暗黒館(キリッ

69 ◆qf0mT33gPs 2013/09/25(水) 00:39:41.86ID:KvOBplXW
hosyu

70 ◆qf0mT33gPs 2013/09/30(月) 23:42:19.78ID:+Dz63nsS
hosyu

71名無しのオプ2013/10/02(水) 13:35:16.08ID:k3M3Ufub
「お化け屋敷の悪夢が解体されずに残されているのがゴシックロマンス」

恩田陸さんがこの主題で書いたら良い物ができそう。

72名無しのオプ2013/10/02(水) 22:03:04.35ID:RKa8j/k6
>>71
私の家では何も起こらないは読んだ?
多分気に入るかも。

73名無しのオプ2013/10/02(水) 22:07:22.43ID:OQKmZldD
>72
うん、読んだ読んだ。
特に前半が気に入った。

74名無しのオプ2013/10/06(日) 13:31:52.23ID:5uprhKP7
黒死館の読みにくさは異常
知らない固有名詞が出るたびに読むの中断してググってた

75名無しのオプ2014/09/22(月) 11:02:29.66ID:916J8HLw
邪悪の家の犯人はニック

76名無しのオプ2018/03/08(木) 19:01:37.93ID:IxxOCjB2
鯉沼家の悲劇

77名無しのオプ2018/05/17(木) 01:20:42.02ID:4hBqrLsV
18世紀末のイギリスにおいて、ゴシックの時代は
旧時代の文化であり、自分達のルーツであり、神と騎士の厳かな物語の舞台であり
死と闇の時代であり、それら全ては既に失われ、今や廃虚のみが残された物悲しさを持つ世界
であって
その世界への憧憬に耽るロマンチシズムこそが、ゴシック趣味の本質、かな
少なくとも初期のゴシックリヴァイヴァルでは、厳密なゴシック建築の再現よりは美しい詩や廃虚こそが原動力だったはず

だから、なんなら所謂ゴシックのモチーフすら一つも使用していなくても
旧時代の文化や遺物への憧憬や感傷と、そこに恐ろしさ美しさを見いだしていれば、それはゴシック的作品な気がする

新着レスの表示
レスを投稿する