【私が殺した】原りょう(原ォ)その8【天使たち】 [無断転載禁止]©2ch.net

レス数が900を超えています。1000を超えると表示できなくなるよ。
1名無しのオプ2016/04/28(木) 04:23:53.53ID:gr8tyvX7
『そして夜は甦る』(早川書房, 1988)
『私が殺した少女』(早川書房, 1989)
『天使たちの探偵』(早川書房, 1990)
『さらば長き眠り』(早川書房, 1995)
『ミステリオーソ』(早川書房, 1995)
『愚か者死すべし』(早川書房, 2004)
『ミステリオーソ』『ハードボイルド』(早川書房, 2005)---『ミステリオーソ』の分冊化による文庫版

■前スレ
原りょう(原ォ)その7
http://echo.2ch.net/test/read.cgi/mystery/1284127227/

855名無しのオプ2018/12/24(月) 21:17:05.98ID:IwQBr+KH
>>851
同意。
「愚か者」と大して出来は変わらないんだが。

856名無しのオプ2018/12/25(火) 12:27:14.04ID:vfT0kWDV
「さらば長き眠り」も個人的にいまいちだった記憶ある。
面白かったのは最初の2作と短編集だけだ。

857名無しのオプ2018/12/27(木) 13:25:32.21ID:NOdwJm9y
>>856
えっ俺は「さらば長き眠り」が1番だよ

858名無しのオプ2018/12/27(木) 18:24:01.86ID:B5oFTZmc
>>857
さらば長き眠りは賛否は分かれるみたいだね

しかも、さらば長き眠りからつまらなくなったという人と
さらば長き眠りこそが最高傑作だという人に分かれる

859名無しのオプ2018/12/27(木) 18:36:50.40ID:XEXMaA20
当時から賛否あったけど俺もさらばが一番好きだし思い入れある作品だな
完成度自体はたしかに前3作の方が上だと思う

860名無しのオプ2018/12/27(木) 19:11:49.17ID:NOdwJm9y
>>859
さらばが一番好きだと書いた者だが、プロットに弱点があるのは重々わかってる
「私が殺した少女」も犯人の決定的な行動が現実的ではない(正確には
人間的ではない。当時よく言われた批判)が、推理小説というものが
壊れた人間を扱う小説形態(笠井潔っぽい言い方)である以上、そんなに気にならない

861名無しのオプ2018/12/27(木) 19:45:40.24ID:4I0eIgUX
>>860
現実的な探偵小説(推理小説)なんてモノがあったとすると――
・犯行の動機はカネ又は痴情の縺れ
・警察は怪しいと睨んだ奴を別件で逮捕、叩いて吐かせる
・或いは監視カメラの映像解析と遺留体液の分析で特定、逮捕
・私立探偵が犯罪捜査に関わることなど無い

もう小説じゃなくていいな、これ。

862名無しのオプ2018/12/28(金) 08:32:10.80ID:IsyxPlBw
>>861
リアルとリアリティは違う
小説に求められているのはリアルでなくてリアリティ

言いかえると、「もっともらしい嘘」「説得力のある嘘」だ

863名無しのオプ2018/12/28(金) 08:44:48.82ID:3OhzWBIP
沢崎と鮫島を比べると、鮫島には過去の歴史や恋人との発展があるけれど、沢崎はずっと同じなんだよなあ。

864名無しのオプ2018/12/28(金) 10:41:53.67ID:UWlAj39w
>>862
それ大事だよね。
現実世界でブルーバードで尾行して、携帯電話持ってない探偵なんていないだろう。
でも、沢崎の存在する世界では、それを有りと感じられる。
それを読者に感じさせられるかどうか、だと思う。

865名無しのオプ2018/12/28(金) 11:58:22.46ID:sVkHUV0z
それを言ったらジャンル小説は全部だろ
なんで原盾セけありえないとかいうんだよw

866名無しのオプ2018/12/28(金) 12:16:54.44ID:9vjs3aPu
小説内で本当っぽく書いてくれれば嘘でも構わない。
ただ携帯電話を使えない探偵は無理。
せめて2000年の設定ならギリギリセーフだったのに。

867名無しのオプ2018/12/28(金) 12:25:38.33ID:CImaU7+u
笠井潔の飛鳥井の新作(転生の魔)読んだんだけど、捜査にネット使ってるもんなあ

868名無しのオプ2018/12/28(金) 12:47:18.81ID:IsyxPlBw
>>865
それだけ原ォの小説にリアルっぽさを求めているってことだろ

新本格あたりの最初から現実離れしている探偵なら大抵のことは許されただろう
別に新本格の方が上とか下とかいう話ではなくて求められているものが
違うってことでね

869名無しのオプ2018/12/28(金) 13:05:19.30ID:aCGwrCFW
二冠になってしまったおかげで、初めて読む人が出てくるから
冒頭で、携帯電話使わない設定を許せない人には向かない小説ですって明記しとかないと、
この先いくらでも湧いてくるぞ

870名無しのオプ2018/12/28(金) 15:50:07.71ID:KFEtkIjm
携帯電話嫌いな俺にはどうでもいい事だけどな
あんなもん風呂ポチャしたって惜しくも何ともない

871名無しのオプ2018/12/28(金) 16:26:29.22ID:IsyxPlBw
>>870
個人の趣味なら持とうが持つまいが勝手だけど
私立探偵なんだから持てよということだろう
特に、ハードボイルドの世界では依頼人から携帯で緊急の連絡があるといった
シチュエーションも考えられるのに携帯がある世界なのにそれができない
というのはちょっと間抜けに感じられる

872名無しのオプ2018/12/28(金) 16:45:06.10ID:CImaU7+u
>>871
マットスカダーは持たなかったよな
やっぱりハードボイルドにケータイは似合わんよ

873名無しのオプ2018/12/28(金) 16:50:22.85ID:IsyxPlBw
>>872
似合わんかなあ
今風のスマホは似合わんかもしれんが、渋いフォルムのガラケーを
内ポケットからすっと出したりするのは絵になると思うんだけどなあ

874名無しのオプ2018/12/28(金) 17:10:18.77ID:CImaU7+u
探偵×ケータイについて、ちょっと真面目に、文学的に(笑)、考察してみよう
私立探偵ってハメットの時代から自分だけの掟(コード)に従って生きるじゃない?
ケータイって人に首輪を嵌める・マーキングするモノなんだよ
それはもう監視社会になっていよいよはっきりしてる
そのへんが、私立探偵ヒーローの掟に抵触するんだよ多分

スカダーものでは相方のミックが『皆殺し』で言ってる、
「大の男があんなもんに体を縮めて話しかけるなんてな」みたいなセリフを

875名無しのオプ2018/12/28(金) 17:54:30.33ID:U50qv7uJ
>>874
手回し携帯発電機と軍用無線電話機=通称「兵隊(ヘータイ)電話」を背負って歩けば問題解決。
発電機と電話機を結ぶ自分だけの電線(コード)に従って生きる姿は正に「孤高の漢」だ。

876名無しのオプ2018/12/28(金) 18:05:41.25ID:N0gF3f0z
珍しく賑わっているな
だから雪?w

俺は“沢崎”が居るだけで満足w

877名無しのオプ2018/12/28(金) 18:15:18.91ID:iIgeO2ey
携帯を持たない探偵に普通の依頼も大手からの下請け仕事も多分来ないから、それでは事務所維持できないよな、とは思う。

878名無しのオプ2018/12/28(金) 19:56:57.60ID:UWlAj39w
携帯電話が普及する前の時代設定にしちゃえば良いのにな。

879名無しのオプ2018/12/29(土) 17:11:33.15ID:ID2uRIMl
執筆期間と台詞とストーリーテリングと全てが助長なこんな駄作に賞とか笑える。
にもかかわらず沢崎に再会できて喜んでるバカがまだこんなにたっぷりいるのには嬉しくて涙でるわ

880名無しのオプ2018/12/31(月) 15:56:51.82ID:sr9cOq+e
好きな順
さらば長き眠り、そして夜は甦る、私が殺した少女、
天使たちの探偵、それまでの明日、愚か者死すべし

881名無しのオプ2018/12/31(月) 18:55:35.12ID:mfXkD3DF
作者自身もケータイ持ってないのかな?

882名無しのオプ2018/12/31(月) 23:09:33.43ID:XdLycg5E
>>881
「携帯電話を持たない」。
担当の催促から逃げ回るには有力な武器になるな。
特に若い担当なんぞは人を捕まえるのに「ケータイにかける」以外のスキルが全く無さそうだ。

883名無しのオプ2019/01/02(水) 20:25:06.24ID:zcr4XA4D
>>879
たしかに「それまで」は文章もストーリーも冗長だよね。

884名無しのオプ2019/01/02(水) 21:29:05.53ID:Q7S8OT69
>>883
作家も年を取ると無駄に長くなる傾向があるからね

885名無しのオプ2019/01/03(木) 13:51:22.61ID:C4SzDqaY
>>879
本当につまらんかったよな。
執筆期間なんてなんの関係も無いんだけどな。

886名無しのオプ2019/01/08(火) 09:12:30.71ID:cJkgI3Wq
沢崎ってこんなにめんどくさい人だったっけ?と思った。
40代の藤竜也みたいなルックスをイメージして読んでたけど
今回読んでちがうんじゃねえかと感じた。
めんどくさいおじさんとヤクザの会話が噛み合わないコントみたい。

887名無しのオプ2019/01/08(火) 09:52:29.25ID:4617Oafz
>>886
あ、俺も沢崎は藤竜也のイメージ。

888名無しのオプ2019/01/08(火) 21:32:24.26ID:WvzIs/KF
俺は「七人の侍」の宮口精二のイメージを描いていた。

889名無しのオプ2019/01/09(水) 00:15:55.77ID:KIMOVh1s
林隆三のイメージ

890名無しのオプ2019/01/09(水) 00:31:59.25ID:uPu3yg9c
鹿賀丈史のイメージで見てた

891名無しのオプ2019/01/09(水) 00:40:47.76ID:uPu3yg9c
×鹿賀丈史のイメージで見てた

⚪鹿賀丈史のイメージで読んでいた

892名無しのオプ2019/01/09(水) 09:22:04.06ID:2KsuvlJs
>>886
同意。
ハードボイルドのクールな探偵像だったのが、長ゼリフの皮肉屋になってしまった。

893名無しのオプ2019/01/09(水) 15:08:06.99ID:o9H9abT3
沢崎も年食って話が長くなった

894名無しのオプ2019/01/12(土) 15:46:02.08ID:KxhiVaX0
天使たちの探偵の時の沢崎のキレ味は最高だった
新作は沢崎がってよりそれ以上に原さんが年取ったんだな
でも2冠は嬉しい
本屋でもまた平積みでプッシュしてるしこれでまた原さんが
シリーズにもっと拍車をかけてくれるといいな

今回は相棒役の父親探しの青年が現実味乏しくてなんかちょっと理解しがたかった
錦織や橋爪との憎まれ口の応酬はもう趣味の領域か

895名無しのオプ2019/01/15(火) 19:15:39.59ID:IDMa/U7H
このミス1位を機に、沢崎シリーズのそして夜は甦るから読んでるが、何これって感じで、マジくそレベル。
後年に行くほど面白くなるのだろうか?

896名無しのオプ2019/01/15(火) 19:20:56.46ID:C6F5zU2a
Twitterかよ

897名無しのオプ2019/01/15(火) 20:53:38.95ID:YXNkwYe8
全部読んだけど、「私が殺した少女」以外
話の筋自体は大して面白くはない

ただ個々の描写は面白いですよ
「その占い師の青年は自分の運勢を占ったほうが良かったようだった」
とか、腹を抱えて笑えるシーンが満載です

898名無しのオプ2019/01/15(火) 21:04:58.47ID:MepxIhhY
最低でもチャンドラーの長編全部読んでないと面白さわからないからw

899名無しのオプ2019/01/16(水) 02:52:17.74ID:hvzffIyX
まあ、人生の機微にうといお子ちゃまには、ちと辛口すぎるかもしれない
別に誰からも賞賛されるシリーズでないことは確かだし、
毛嫌いする人がいても、クールにさよならするだけだ

900名無しのオプ2019/01/16(水) 14:50:41.40ID:Jh7/pA7H
忘れた頃にかつての登場人物がひょっこり再登場してきたりするのも一興
友達いないといいながら頼りになる友人知人結構いるじゃん沢崎と思う
そして夜は〜は出てくる政治家と弟を慎太郎裕次郎の兄弟にちょっと重ねて読んでた

901名無しのオプ2019/01/16(水) 17:44:09.89ID:s12DEWg4
>>897
>その占い師の青年は自分の運勢を占ったほうが良かったようだった
何の作品だっけ?

902名無しのオプ2019/01/16(水) 19:58:11.10ID:vEWK6USv
>>900
> ちょっと重ねて

いや、ちょっとも何も、小学生が読んだってそれ以外読みようがねえだろうよ。

903名無しのオプ2019/01/16(水) 20:50:45.35ID:MiTB/Ei3
石原兄弟の前で一介の探偵が謎解きをしてると思うと、萎えるよなあ。

904名無しのオプ2019/01/17(木) 00:51:10.62ID:fKQuh81k
当時、社会全体が飽食と狂乱の東京。
ただひとり属さず、なにも欲しがらない孤高の沢崎は稀有な存在だった。
かたや現在、誰もが属するのに窮し、欲しがることにも疲れたいま、沢崎はとりたてて珍しくもないそこらの年長者となったわけで、いやむしろ友達に囲まれて悪くない生き方をしていて、なんかほっとはしたが、そりゃドラマも無くなったわな。

905名無しのオプ2019/01/17(木) 12:52:37.17ID:59yPG5hP
>>903
えーそこが面白かったのに
名もなき一介の探偵が最初は見下されてたのにだんだん無視できないどころか
瞠目されるような働きぶりで話も盛り上がって行くところ好きだった
まあ第一作が一番ヒロイックで探偵沢崎登場!って感じに劇画チックだったな

新着レスの表示
レス数が900を超えています。1000を超えると表示できなくなるよ。
レスを投稿する