ふむ、これが負け犬ならぬ「負け鶏」の戯言か