【斷固無效】日本國憲法は固より無效

1名無しさん@3周年2018/02/04(日) 21:01:17.97ID:A+ZK2YRQ
真正護憲論(新無効論)の概説(PDF)
http://kokutaigoji.com/reports/ref/refGaisetsu290730PDF.pdf

591名無しさん@3周年2018/05/17(木) 08:14:18.70ID:BWognaR1
現天皇の、退位を象徴天皇制に基づく恒久的制度化したい意向を全くないがしろにして、現天皇の我が儘的な特殊事情による特例的退位としてしまったのが安倍晋三。多いに傷つけた。

天皇の鉄砲玉願望君は、朝敵安倍や国賊日本会議どもを討ち取ったらどうだ?

592名無しさん@3周年2018/05/17(木) 08:35:24.37ID:BWognaR1
覇王による覇王のための明治憲法はもとより無効。

天皇を利用して独裁を敷きたいだけ。

覇王とは、当時の権力者=明治維新のテロリスト元勲たち。そいつらが、戦争に継ぐ戦争で、結局国を破滅させた。

593名無しさん@3周年2018/05/17(木) 09:57:00.08ID:4tt8Taq0
>>585
建前だけでも天皇が統治した時代は
早くて2年、
どんなに長くても100年には満たないね

594i2018/05/17(木) 20:24:00.24ID:lV5BQZna
>>590
だつたら占領憲法の三大原則は疾く棄てろよ(嗤)。

595i2018/05/17(木) 22:16:03.63ID:lV5BQZna
>>593
「統治」の意味が相變らず解つてゐないやうだな(嗤)。

596i2018/05/18(金) 00:14:43.56ID:urq4QC56
バイデン米副大統領(當時)「日本の憲法はアメリカが書いた」
https://www.youtube.com/watch?v=7T_zMzPyMGE

597名無しさん@3周年2018/05/18(金) 00:54:48.29ID:xxI7+9wW
誰が書こうが前時代の物より良ければそれでいいだろう。

598i2018/05/19(土) 11:18:12.07ID:enEV2TTA
>>597
 「良ければ」とは何が何う宜いのかね(嗤)。

599名無しさん@3周年2018/05/19(土) 12:52:53.27ID:IYezxlKj
日本は日本。
近隣国とは長い友好の歴史がある。

近隣国を侵略して、「大」日本帝国の「大」になる必要はない。

「帝国」になる必要もない。

西欧帝国主義を真似て、みかどが「皇帝」になる必要も、歴史的伝統もない。強権を持って絶対的統治者となった歴史も殆どない。

武家政治以降は、日本を統合した権力者に承認を与える象徴的立場でしかなかった。武家政権とは言え、取りあえずは、日本国が統合したという象徴的承認だ。

大日本帝国憲法は、日本の歴史や「国体」に照らしても、全く無効。
むしろ日本国憲法の方が日本の歴史と伝統に合致している。

そんな日本国憲法の時代の方が、
既に明治憲法時代より長い。

その日本国憲法の時代は概ね平和。
強権的大日本帝国憲法の時代は、戦争ばかりで、結局国を破滅させた。


吉田松陰やその弟子どもに扇動された侵略主義テロリストの明治維新の元勲どものでっち上げた大日本帝国憲法など、覇王の妄想憲法であり、全く無効。

それを復活させようと策動する右翼・日本会議どもこそ、真の国賊。
安倍もそのお友だち。

600i2018/05/19(土) 13:16:28.27ID:enEV2TTA
>>599
> 大日本帝国憲法は、日本の歴史や「国体」に照らしても、全く無効。
> むしろ日本国憲法の方が日本の歴史と伝統に合致している。

 其は全くの錯誤。
日本の歴史に占領憲法の三大原則たる國民主權等と云ふ概念は因より存在してゐない。
天皇及び
皇室の自治と自立とを國民主權と稱して著しく制限を課してゐる時點で、占領憲法は國體を全く反映してゐない。
 占領憲法は寧ろ此れ等日本の歴史、國體を否定する縡、國家主權をGHQのキ合で著しく制限させ、GHQの占領統治のし易い環境整備の爲に強制的に成立させられた者である。
 御前の謂は
天皇及び
皇室の自治と自立とを完全に御座なりにしてゐる時點で有得ぬ話である。

601名無しさん@3周年2018/05/19(土) 13:46:31.95ID:IYezxlKj
>>600

だから、「天皇や皇室の自治」とか言うものは幻想で、これまで何度も、実際の力あるものに服従し承認して来たのが、天皇や皇室の歴史だと言ってるだろ。

米軍に屈服したのも、その一例。
平服のマッカーサーに燕尾服の昭和天皇が表敬訪問したのも、その象徴的シーン。

お前は戦前思考の妄想の中に生きているだけ。

602i2018/05/19(土) 13:54:47.13ID:enEV2TTA
>>601
 「服從」と「承認」とは意味が違ふのだが(嗤)。

603名無しさん@3周年2018/05/19(土) 13:57:57.26ID:IYezxlKj
天皇の地位は主権の存ずる日本国民の総意に基づく。

そう書かれた昭和憲法の方が、
既に明治憲法より長い伝統がある。

米軍に押し付けられたとか言うなら、お前が米軍を撃退して、ひっくり返したら良いではないか。

横須賀基地の米軍へ攻撃したら?
竹槍とかで。

604名無しさん@3周年2018/05/19(土) 13:59:14.73ID:IYezxlKj
>>602
また字面の言葉遊び

605i2018/05/19(土) 13:59:43.27ID:enEV2TTA
>>603
> 既に明治憲法より長い伝統がある。

 其を傳統とは謂はぬ(嗤)。

606i2018/05/19(土) 14:00:35.02ID:enEV2TTA
>>604
 言葉のズレを認識出來ぬ御前が言葉遊をしてゐる丈だ(嗤)。

607i2018/05/19(土) 14:28:24.47ID:enEV2TTA
>>603
 最大の立憲主義違反たる占領憲法の成立を憲法としては無效と認め得ぬ輩が因より占領憲法を守れる訣が無い。
何となれば、端から恪循の拐~等無いのだから。

608名無しさん@3周年2018/05/19(土) 14:51:18.39ID:GfPtolzo
>>600
天皇や皇室には自治も
政治的な統治能力も
政治的ではない統治能力も
ほとんど無かった
特に平安時代後期からは全く無かった

609i2018/05/19(土) 14:58:04.25ID:enEV2TTA
>>608
 御前さんも統治權の體用を全く理會してゐない。

610名無しさん@3周年2018/05/19(土) 15:12:53.38ID:Ks+Guvya
【そこまで言って委員会】 津川「改憲、死ぬ覚悟ある?」 <ねーのかよw>  安倍「そんなwww」
http://rosie.5ch.net/test/read.cgi/liveplus/1526696087/l50

611名無しさん@3周年2018/05/19(土) 17:48:31.10ID:IYezxlKj
>>607
お前は最初から天皇制の嘘を直視できないし、明治憲法の嘘を批判する精神も持ち合わせていない。

ただ妄想に生きているだけ。

612i2018/05/19(土) 18:31:26.39ID:enEV2TTA
>>611
 「嘘」と斷言するからには其の逆の「眞實」を闡明出來てゐなければならぬ。
其の「眞實」を御前は闡明出來てゐるのかね(嗤)。

613名無しさん@3周年2018/05/19(土) 19:44:53.77ID:KxDsSwPP
>>598
好き好んで臣民になって国の都合で個人の権利を剥奪されたかねえわ阿呆。

614i2018/05/19(土) 20:53:15.96ID:enEV2TTA
>>613
 臣民云々は何の關係も無いし、「国の都合で個人の権利を剥奪された」とは具體的に何を想定して云つてゐるの歟定かでは無いな。

615名無しさん@3周年2018/05/19(土) 21:05:27.83ID:7fZOnt8/
>>612

>> 「嘘」と斷言するからには其の逆の「眞實」を闡明出來てゐなければならぬ。

嘘は嘘。真実はどうかなど論じなくても、単独でも嘘であれば嘘。

王様の真実とは何かとか論じなくても、裸の王様を「最高の衣服を着ている」とか言うのは嘘。

安徳天皇に天皇の自治や自立が有ったのかな?14才かそこらで即位した明治天皇は?勝手に錦の御旗を作らせておいて、自治や自立か?

616名無しさん@3周年2018/05/19(土) 21:08:35.15ID:7fZOnt8/
>>614

>>臣民云々は何の關係も無いし、

自分たちの置かれている立場に関することが、何で関係ないんだよ。
ふざけるな。

617名無しさん@3周年2018/05/19(土) 21:36:38.14ID:UYemlP/X
国民を臣民=部下と呼びたいなら、
臣下に手当てを払う必要があるな。

天皇は国民に臣下=部下の給料として、一人につき、どれほど支払ってくれるのか?

逆に国民の税金で皇室は支えられているのではないか?

臣下になりたい君は、答えてくれないか?

618i2018/05/19(土) 22:01:51.38ID:enEV2TTA
>>615
> 嘘は嘘。真実はどうかなど論じなくても、単独でも嘘であれば嘘。

 當に緻密さの缺片も無い小學生竝の理窟だな(嗤)。

>>616-617
 臣民と國民との法的區別なんぞ端から存在しないし、凡て同列である。

619名無しさん@3周年2018/05/19(土) 22:15:33.43ID:0dIhr/h6
>>617
臣下なら部下と同じだろう
天皇は明治時代の人民に
いくらか給与を支払ったのかな?
こういう問題が重要だと思う

620i2018/05/19(土) 22:39:42.03ID:enEV2TTA
>>619
 臣民同士では何の隔たりも無い訣だが。
其は國民とても同じである。

621名無しさん@3周年2018/05/20(日) 06:24:19.96ID:gyNZrjOX
>>618

>>臣民と國民との法的區別なんぞ端から存在しないし、凡て同列である。

臣民は臣下、身分的上下関係を含む言葉。
国民にはそんな意味はない。人民でも良い。

法的区別以前に、基本的意味と表す内容が違う。小学生でもわかる。
どこまでお前はアホなのだ。

臣民だ、鉄砲玉になれ、明治憲法はそう強制し、膨大アジア人だけでなく、実際に何百万人もの日本人が死亡した。

一人に何億円も天皇は支払うべきだ。当然死んでいったかつての日本人=朝鮮人、台湾人にも、支払うべきだ。

明治憲法が復活したなら、その関係性が戻ることになる。

622ヒロヒト2018/05/20(日) 12:22:24.00ID:5dBpJhvW
>>562 ID:T1pXECaz
>九十六でう何うして「元に戻すこと」が出來るのかね(嗤)。

手続きに従って、すべての条文を帝国憲法と一字一句同じにすればいいじゃん。

>「歴史の何をどう見れば「説明した」になるのか」なんて容易に説明出來る訣が無いだらう(嗤)。
>「歴史の何をどう見る」かは御前個人の歴史觀の問題でしか無いのだから(嗤)。

個人の歴史観によって左右されるようなシロモノが、いったい何を「証明」できるというのでしょうか?

「 歴 史 が 証 明 し て い る 」 な ど 、 完 全 に 嘘 っ ぱ ち で す ね ♪

>だから其の效力が千年以上も持續してゐると云ふ事實が大事なのさ。

千年続いてきたものを今、変えてはいけないという理由にはなりませんね。

>「昭和の天皇の言」とやらがは法的效力を有つと云ふ法的根據は何かね(嗤)。

法的効力、無いんでしょ? それはつまり、 天皇の言葉は「法」ではない、という結論に至るわけです。

>占領憲法の三大原則は完全に無視されてゐる(嗤)。

論点逸らし♪ 「日本国憲法を前提に話をしている」と「その原則が守られているか」は別の話。

>入れたのはGHQ(嗤)。

・・・・・・ということは、現在の天皇の地位はGHQのおかげ♪

623名無しさん@3周年2018/05/20(日) 12:23:28.64ID:5dBpJhvW
>>563 ID:T1pXECaz
>帝國憲法上の規定に則つて始めて法的妥當性は擔保される。

その帝国憲法の有効性が立証されていなければ話になりません。

>法の效力の話に如上の「昭和天皇の言葉」と云ふ者を恥知らずにも出してくる邊は
>御前個人が占領憲法の法的妥當性を立證出來ない縡の苦し紛れの論法なのだらう(嗤)。

違いますよ。わたしは、昭和天皇の言葉を日本国憲法の有効性の根拠になどしていません。
ただ単純に、

『 国 体 護 持 塾 は 昭 和 天 皇 の 言 葉 と 、 そ の 言 葉 に 込 め ら れ た 思 い を 踏 み 躙 っ て い る 』

・・・・・・と言っているだけ。日本国憲法の有効性の話では無く、あなた方の姿勢の話。

>詔は文章化されてゐるのかね(嗤)。

「文章化されてなくても有効」という話とは何の関係も無い話ですね。

>國體に照らして違反が認められないから有效だつて。

国体とやらを基準にしなきゃいけないという法的根拠がどこにも無いので、お話になりません。

624i2018/05/20(日) 12:33:50.85ID:y4m4aLP9
>>621
> 臣民は臣下、身分的上下関係を含む言葉。
> 国民にはそんな意味はない。人民でも良い。

 臣民とは君主たる
天皇と臣下たる國民との關係を示した詞だ。
定義に因つては
天皇陛下以外の
皇族方も臣下たる臣民の中に含まれる。
 凡そ御前みたいに單純な階級鬪爭史觀でしか考へられぬ阿呆には臣民の意味が判らぬやうだ。

625i2018/05/20(日) 12:40:18.60ID:y4m4aLP9
>>622
> 手続きに従って、すべての条文を帝国憲法と一字一句同じにすればいいじゃん。

 そんな縡は過半數の無效確認決議を以てすれば早いし簡單であり、無駄な時間を勞費する必要も無い。

> 個人の歴史観によって左右されるようなシロモノが、いったい何を「証明」できるというのでしょうか?

 此れは歴史觀の問題では無く、事實の問題である。

> 千年続いてきたものを今、変えてはいけないという理由にはなりませんね。

 變へるのならば變へるなりの正當な理由が必要である。
今娑婆に生きてゐる人閧ェ自分で好き勝手に何でも變へられるのならば、文化なんて者は抑成熟もしない。

> 法的効力、無いんでしょ? それはつまり、 天皇の言葉は「法」ではない、という結論に至るわけです。

 法的效力を有つのは詔敕である。

> 論点逸らし♪ 「日本国憲法を前提に話をしている」と「その原則が守られているか」は別の話。

 原則が守られてゐないと云ふ縡は憲法として完全に空文化してゐると云ふ縡。

626i2018/05/20(日) 12:58:33.94ID:y4m4aLP9
>>623
> その帝国憲法の有効性が立証されていなければ話になりません。

 日本に於ける法とは
皇祖皇宗の御遺訓
天皇の詔等々。

> 違いますよ。わたしは、昭和天皇の言葉を日本国憲法の有効性の根拠になどしていません。

 君主國の憲法とは君主の行爲を公的行爲と私的行爲とに分類し、憲法の條文に本づかぬ行爲を私的行爲として法的拘束力が生じぬ縡を確定する縡にある。
假に
天皇の個人的叡慮と帝國憲法の條文規定とが衝突した場合に一番に最優先されるのはやはり憲法の規定である。
だからこそ
先帝陛下の叡慮とは關係無しに大東亞戰爭の開戰は決定されたし、宣戰の詔敕にも――

「洵に已むを得ざるものあり。豈朕が志ならむや。」

―― と仰せられてゐる。
君主國に於ては必ずしも君主の叡慮が完全に政治の方向性や法の成立に反映される者では無いと云ふのは近代君主國の現實である。
揩オてや憲法の效力に係る話ならば特にな。
御前のやうに單純な情侍_では端から話にならぬのさ(嗤)。

627名無しさん@3周年2018/05/20(日) 13:05:22.41ID:5dBpJhvW
>>625 ID:y4m4aLP9
>そんな縡は過半數の無效確認決議を以てすれば早いし簡單であり、無駄な時間を勞費する必要も無い。

GHQが去ったとき、日本人はそれをしなかったでしょ? つまり日本人は現行憲法を快く受け入れたのです。これは日本人の意思。
「押し付けられた」などというのは、受け入れに関わっていない人間が後からイチャモンつけてるだけ。

>此れは歴史觀の問題では無く、事實の問題である。

じゃ、その事実とやらをきちっと提示して、歴史がいったい何を証明してるのか、何によって証明されるのか、説明できるはずですね。
でも、あなたにはそれができません。結局、「歴史が証明している」など、その場しのぎの口先だけ。

>變へるのならば變へるなりの正當な理由が必要である。

現天皇が「変えよ」と言っても変わらないのであれば、天皇の言葉は「命令」でも「法」でもないってことですね。

>法的效力を有つのは詔敕である。

詔敕に法的効力を持たせられるという根拠が何も提示されていないからお話になりません。

>原則が守られてゐないと云ふ縡は憲法として完全に空文化してゐると云ふ縡。

ところが、国防に関する話をするときは9条、改 憲に関する話をするときは96条、人権に関する話をするときは25条。
ちゃ〜んと、日本国憲法によって日本が運営されているという前提になっているのですよ。

ところで、原則が守られていないって、いったい何を見てそういってるの? 守られていない原則って、具体的に何?

628名無しさん@3周年2018/05/20(日) 13:05:47.96ID:5dBpJhvW
>>626 ID:y4m4aLP9
>日本に於ける法とは
>皇祖皇宗の御遺訓
>天皇の詔等々。

あなたが勝手にそう言っているだけ。「オレ様ルール」など持ち出されても困りますね。
「皇祖皇宗の御遺訓」「天皇の詔等々」を「法」としなければならないという法的根拠が何も示されていません。
これではお話になりませんね。

>天皇の個人的叡慮と帝國憲法の條文規定とが衝突した場合に一番に最優先されるのはやはり憲法の規定である。

これはつまり、

「 あ あ 、 オ レ た ち は 昭 和 天 皇 の 思 い を 踏 み 躙 っ た さ 。 何 か 、 問 題 で も ? 」

・・・・・・と受け取ってよろしいでしょうか? よろしいってコトですね。

では、以下の事実が確定いたします。

『 国 体 護 持 塾 は 昭 和 天 皇 の 言 葉 と 、 そ の 言 葉 に 込 め ら れ た 思 い を 踏 み 躙 っ て い る 』

629名無しさん@3周年2018/05/20(日) 13:24:56.68ID:5dBpJhvW
1人の天皇の個人的な思いよりも憲法の規定の方が大事なんだから、踏み躙られて当然。踏み躙って何が悪い!

・・・・・・と、胸を張って言えばいいのに、なぜそうしないんでしょうかね?

630i2018/05/20(日) 13:35:09.05ID:y4m4aLP9
>>627
> GHQが去ったとき、日本人はそれをしなかったでしょ? つまり日本人は現行憲法を快く受け入れたのです。これは日本人の意思。
> 「押し付けられた」などというのは、受け入れに関わっていない人間が後からイチャモンつけてるだけ。

 世界の法理に運用の反復繼續に因り法の效力が有效となると云ふ理は何處にも存在しない。
而して「日本人の意思」として認識しうる爲には議會にての追認が無ければならぬ。
更に占領憲法の儘では追認は不可能である。

> じゃ、その事実とやらをきちっと提示して、歴史がいったい何を証明してるのか、何によって証明されるのか、説明できるはずですね。
> でも、あなたにはそれができません。結局、「歴史が証明している」など、その場しのぎの口先だけ。

 詔が法となつてゐる歴史的現實。
其が現在に於ても機能してゐると云ふ政治的實效性の現實。
法的妥當性たる正當性(正統性)及び實效性は十分に滿されてゐる。

> 現天皇が「変えよ」と言っても変わらないのであれば、天皇の言葉は「命令」でも「法」でもないってことですね。

 天皇の命令には其の正當性の疑問を抱くのに、「天皇の言葉」とやらには隨分と御執心なやうだな(嗤)。
單純に自分の斯くある可しと云ふ思想信條にキ合が宜い丈であり、「天皇の言葉」とやらを政治的に利用してゐるやうにしか見えない(嗤)。

> 詔敕に法的効力を持たせられるという根拠が何も提示されていないからお話になりません。

 實際に效力を保つてゐるか。

> ところが、国防に関する話をするときは9条、改 憲に関する話をするときは96条、人権に関する話をするときは25条。
> ちゃ〜んと、日本国憲法によって日本が運営されているという前提になっているのですよ。

 其は實效性が無ければ話にならぬ。

631i2018/05/20(日) 13:37:48.36ID:y4m4aLP9
>>628
 天皇の命令よりも
昭和天皇の思や言葉が最優先される可きだとする法的根據は何かね(嗤)。
御前は帝國憲法の告文を讀んだ縡が無いのかね(嗤)。

632名無しさん@3周年2018/05/20(日) 13:59:14.78ID:5dBpJhvW
>>630 ID:y4m4aLP9
>世界の法理に運用の反復繼續に因り法の效力が有效となると云ふ理は何處にも存在しない。

これは有効・無効の話ではありません。「押し付け」という認識は誤りだという指摘なのです。

>詔が法となつてゐる歴史的現實。

「歴史的現実」とやらの具体例をどうぞ。具体的な説明を何一つせず「そうなっている」と吠えても無意味ですよん。

>其が現在に於ても機能してゐると云ふ政治的實效性の現實。

法的な義務として行なわれているのか、法的な義務では無いけど慣例としてやっているのか。
前者であるという立証ができなければ、「詔が法として現在でも機能している」の証明にはなりません。

>天皇の命令には其の正當性の疑問を抱くのに、「天皇の言葉」とやらには隨分と御執心なやうだな(嗤)。

・・・・・・ということは、「天皇の言葉」には正当性がない、と。「命令」だって、「言葉」のうちなんですけどねぇ。

>實際に效力を保つてゐるか。

具体例をどうぞ。

633名無しさん@3周年2018/05/20(日) 13:59:42.04ID:5dBpJhvW
>>630 ID:y4m4aLP9
>其は實效性が無ければ話にならぬ。

「実効性に欠けている」ということが示される具体例をどうぞ。

そして質問。現代の日本は、いったい何によって運営されているのでしょうか?

「大日本帝国憲法だ」とするのであれば、以下の疑問にはどのようにお答えいただけるのでしょうか?

・「法令に基づかない限り逮捕されることは無い」という話をするとき、なぜ「第23条」ではなく「第32条」が挙げられるのですか?
・「裁判を受ける権利」の話をするとき、なぜ「第24条」ではなく「第31条」が挙げられるのですか?
・「納税の義務」の話をするとき、なぜ「第21条」ではなく「第30条」が挙げられるのですか?

そもそも、大日本帝国憲法の「告文」「憲法発布勅語」等が
明治天皇本人の意思による明治天皇の言葉だという根拠はどこにあるのでしょうか?

その立証が無ければ、「帝国憲法は天皇からの詔だ」という前提が成り立たないわけですよねぇ。

634名無しさん@3周年2018/05/20(日) 14:00:42.34ID:5dBpJhvW
>>631 ID:y4m4aLP9
「昭和天皇の思や言葉よりも、帝国憲法の規定の方が優先!」なんでしょ?

ってことは、あなたたちは昭和天皇の思いや言葉を踏み躙っているのです。
でも、その「踏み躙り」は、あなたたちにとっては正当なものなんでしょ?

だったら、

『 国 体 護 持 塾 は 昭 和 天 皇 の 言 葉 と 、 そ の 言 葉 に 込 め ら れ た 思 い を 踏 み 躙 っ て い る 』

・・・・・・と言われたって、別に気にすることないじゃん。
胸を張って「そうだけど、何か?」と言って終わればいいじゃん。なぜ、そうできないのでしょうか?

635名無しさん@3周年2018/05/20(日) 14:08:31.56ID:hTH/NLX8
>>622
千年続いてきたから
廃止できないって事は無いですね
だいたい現在の日本社会って
昔のしきたりとか伝統とかを廃止している場合が多くなっている

636名無しさん@3周年2018/05/20(日) 14:17:36.43ID:5dBpJhvW
そうそう。
「今まで続いてきたから」は「今後も続けなければならない」の根拠にはならないのです。
なぜなら「今まで続いてきた」は「義務規定」ではないから。

637i2018/05/20(日) 14:25:12.97ID:y4m4aLP9
>>632
> これは有効・無効の話ではありません。「押し付け」という認識は誤りだという指摘なのです。

 占領憲法の發議はGHQから。
GHQの「GHQ修正草案」を閣議決定し、此れが政府の「確定草案(三月五日案)」となり、若干の字句の訂正を經て、
「帝國憲法改正草案要綱」を作成し、マッカーサーの承認を得た。
因より占領憲法は日本人の發案では無い。

> 「歴史的現実」とやらの具体例をどうぞ。

 疾うに如上にて説明濟。

> 法的な義務として行なわれているのか、法的な義務では無いけど慣例としてやっているのか。
> 前者であるという立証ができなければ、「詔が法として現在でも機能している」の証明にはなりません。

 慣習も法の一部であり、法の支配の法とは慣習の意味もある。

> ・・・・・・ということは、「天皇の言葉」には正当性がない、と。「命令」だって、「言葉」のうちなんですけどねぇ。

 さう思ふのならば、御前は「ヘ育に關する敕語」を誤無く體せねばならず、「常ニ國憲ヲ重シ國法ニ遵」はねばならぬ。

638i2018/05/20(日) 14:29:31.89ID:y4m4aLP9
>>633
> 「実効性に欠けている」ということが示される具体例をどうぞ。

 占領憲法の第九條は日本政府に強制させたGHQの命令に因り、早三箇月で空文化されてゐる。

> そもそも、大日本帝国憲法の「告文」「憲法発布勅語」等が
> 明治天皇本人の意思による明治天皇の言葉だという根拠はどこにあるのでしょうか?

 御名御璽。

>>634
 天皇と雖も國體の下にある。

639i2018/05/20(日) 14:31:11.77ID:y4m4aLP9
>>635
 廢止とは具體的に何を廢止するのかね。
話は其如何に因るだらう。

>>636
 御前は革命を起したいのかね(嗤)。

640名無しさん@3周年2018/05/20(日) 19:34:31.27ID:5dBpJhvW
>>637 
>因より占領憲法は日本人の發案では無い。

GHQが発案したものを、日本人は快く受け入れたという、それだけのこと。

>疾うに如上にて説明濟。

説明してませんが。ひょっとして右とか左とかの作法のこと? 歴史って、そんだけ?

>慣習も法の一部であり、

違います。慣習に拘束力はありません。罰則規定もありません。

>さう思ふのならば、

教育勅語と日本国憲法、両方とも「有効」になるだけです。
そして、教育勅語のうち、日本国憲法と相容れない部分があれば、そこは無効になりますよ、と。

641名無しさん@3周年2018/05/20(日) 19:34:50.54ID:5dBpJhvW
>>638  
>占領憲法の第九條は日本政府に強制させたGHQの命令に因り、早三箇月で空文化されてゐる。

「戦力では無い」んでしょ? で、あなたはわたしの質問にはなぜ答えないのですか?
もっかい聞きますよ。現代の日本は、いったい何によって運営されているのでしょうか?

「大日本帝国憲法だ」とするのであれば、以下の疑問にはどのようにお答えいただけるのでしょうか?

・「法令に基づかない限り逮捕されることは無い」という話をするとき、なぜ「第23条」ではなく「第32条」が挙げられるのですか?
・「裁判を受ける権利」の話をするとき、なぜ「第24条」ではなく「第31条」が挙げられるのですか?
・「納税の義務」の話をするとき、なぜ「第21条」ではなく「第30条」が挙げられるのですか?

>御名御璽

それが天皇本人によるものだという証拠が問われているのですが。


>>636
革命なんか起こさなくても、廃れるモノは廃れます。「やぁ〜めたっ♪」と言ってやめればそこで終了。

新着レスの表示
レスを投稿する