Bard 試験運用中の回答

Q.
政党の党首が立候補者に対して当選したら報酬を出すのは合法ですか
A.
日本の法律では、政党の党首が立候補者に対して当選したら報酬を出すことは、違法です。
公職選挙法第199条第1項は、公職の候補者に対して、当選した場合には報酬を支払うことを約束することを禁止しています。
また、公職選挙法第200条第1項は、公職の候補者に対して、当選した場合には報酬を支払う旨の約束をした場合、その違反行為を行った者を5年以下の懲役又は50万円以下の罰金に処すると定めています。

Q.
政党の党首が立候補者を約束してたくれた人に対して報酬を出すのは合法ですか
A.
いいえ、合法ではありません。公職選挙法は、公職の候補者に対して、当選した場合には報酬を支払うことを約束することを禁止しています。
したがって、政党の党首が立候補者を約束してたくれた人に対して報酬を出すためには、その報酬が「当選した場合には報酬を支払うことを約束したもの」ではなく、「立候補者を約束してくれたことに対する謝礼」であることを明確にする必要があります。

Q.
政党の党首が立候補者を約束してたくれた人に謝礼を渡すは合法ですか
A.
はい、合法です。
ただし、その謝礼が「当選した場合には報酬を支払うことを約束したもの」ではなく、「立候補者を約束してくれたことに対する謝礼」であることを明確にする必要があります。
具体的には、以下のような点を注意する必要があります。
・謝礼の額や支払い方法などを、立候補者を約束してくれた人と事前に合意しておくこと
・謝礼を支払った際には、その事実を記録に残しておくこと
また、謝礼の額が過大である場合、公職選挙法第202条第1項に規定する「賄賂罪」に該当する可能性があります。
賄賂罪は、公職選挙法で定める罰則よりも重い、5年以下の懲役又は100万円以下の罰金に処される可能性があります。