ガーシー見捨てない、責任を感じてる部分もある