>>800
書籍等出版物
15

『幻想としての<私>―― アスペルガー的人間の時代』
勁草書房 2017年3月
『なぜ自殺は減らないのか 精神病理学からのアプローチ』
勁草書房 2013年5月
『解離の病理-自己・世界・時代-』
柴山雅俊編著 (担当:共著, 範囲:「<中心>のない多元化-アイデンティティー失効からアスペルガー症候群まで」)
岩崎学術出版社 2012年11月
『現代精神医学事典』
加藤敏 (担当:共著, 範囲:「想像上の仲間(イマジナリーコンパニオン)」)
弘文堂 2011年10月
『精神医学キーワード事典』
松下正明 (担当:共著, 範囲:「現象学的精神病理」)
中山書店 2011年7月
『「豹変する心」の現象学』
勁草書房 2009年9月
『名古屋大学精神医学開講100年』
名古屋大学医学部精神医学開講, 周年記念誌編集委員会 (担当:共著, 範囲:「研究の歴史(精神病理学)」 pp.187-190)
中日新聞社 2008年11月
『青少年の衝動不耐性と解離機制の関係についての精神病理学的研究』
(担当:共著, 範囲:「解離と攻撃性」ほか pp.1-46,要確認 pp.73-88,要確認 pp.143-162,要確認 pp.181)
2007年4月
『稀で特異な精神症候群ないし状態像』
澤たか子, 阿比留烈, 古橋忠晃 (担当:共著, 範囲:「Imaginary Companion」 pp.41-51)
星和書店 2004年4月
『精神医学症候群』
(担当:共著, 範囲:「解離性健忘、解離性遁走」 pp.496-500)
日本臨床社 2003年6月
『救急診療Q&A』
(担当:共著, 範囲:「精神症状」 pp.50-57)
現代医療社 2002年10月
『研修医マニュアル 救急診断ガイド(上巻)』
中野哲 (担当:共著, 範囲:「精神症状」 pp.47-52)
現代医療社 1998年9月
『分裂病の精神病理と治療 4』
(担当:共著, 範囲:「つつぬけ体験」と「自己遊離体験」 pp.53-75)
星和書店 1992年4月
『精神科症例研究』
(担当:共著, 範囲:「「自分が抜けてしまう」と訴える一例」 pp.432-442)
星和書店 1991年4月
『分裂病の精神病理と治療 2』
湯浅修一 (担当:共著, 範囲:「「自然な自明性の喪失」再考」 pp.131-160)
星和書店 1989年12月