今どきコリン・ウィルソン [転載禁止]©2ch.net

1無名草子さん2015/05/13(水) 17:34:13.05
「賢者の石」は駄作

11無名草子さん2015/06/27(土) 16:37:36.89
亡くなってたの今知った

12無名草子さん2015/07/12(日) 04:56:17.63
REPTILIAN NEWBORN 

http://www.youtube.com/watch?v=gQPlxUb-p2o

インドのすごい赤ちゃん 

http://www.youtube.com/watch?v=YbECPM_W0zE

【閲覧注意】 私は宇宙人の子供を生んだ。 【閲覧注意 】2014.9.3 on-air 

http://www.youtube.com/watch?v=0vG-_-zYkY0

Best Reptilian Shapeshifter Alien Caught on TV 

http://www.youtube.com/watch?v=TCi4n9egBh4

Obama's Reptilian Secret Service Spotted AIPAC Confe rence 3 Angles (HD) 

http://www.youtube.com/watch?v=k2mjs_gdMAI

>>6 本指レプタリアン、アキヒト天皇 

http://www.youtube.com/watch?v=mGcWAdhG_88

Reptilian Princess Masako finger shapeshifting 雅子様 指シェイプシフト 

http://www.youtube.com/watch?v=2ao7vmAxIak

13無名草子さん2015/11/12(木) 12:40:34.85
今「オカルト」を読み返してる

14無名草子さん2015/11/30(月) 21:23:41.66
本国じゃ売れずに日本でだけ売れてるらしい

15無名草子さん2015/12/04(金) 20:09:23.64
覚醒への戦いが一番好き

16無名草子さん2016/03/05(土) 19:10:08.18
てs

17無名草子さん2016/03/05(土) 19:42:29.92
 私はメスカリン体験(『アウトサイダーを超えて』の付録で詳しく記している)によって、人間の精神が
多くの力を生存に不必要なものとして抑圧していることを確信した。私の場合、メスカリンはオルダス・
ハックスリイに与えたような影響をおよぼさなかった――怖ろしい幻覚もなかった。平常時の私の精神
世界は澄みきって混乱することはなく、主要な精神活動は直感や洞察を言葉にかえることである。メス
カリンはこの昼間の世界を破壊して、いうならば、私の潜在意識の蓋を開けた。その結果は、ある意味
で、幼年期に投げこまれることによく似ている。子供のように私の精神はあらゆる種類の力を受け入れ
、人間の鼻ではかぎとれないあらゆる種類のにおいをかぎわける敏感な動物のようになる。この影響
が善であるなら――もしも私が田舎で春の日を過ごすなら――この感受性は途方もない喜びをもたら
す。しかしたいていは悪いものか、私の関心をひかないものなので、私は迷惑千万に思ってしまう。私
を侵害する雰囲気のほとんどは強烈すぎるのである。私は化学と物理学の勉強が、無臭の世界であ
るために、この鋭敏すぎる感受性から私を解き放つのに役立つことを知った(メスカリンによって影響
を受けるのが、おそろしいほど鋭敏になる嗅覚だけだというのも、妙な話である)。明らかにこのことも
また、バーナード・ショーの作品がきわめてすがすがしいものであることをほぼ同時期に知った理由
を説明してくれる。バーナード・ショーも昼間の世界だった。
 私はメスカリンによって、私自身の昼間の世界が、必ずしも意識的ではない長い訓練の最終的結果
であることを知った。メスカリン体験の結果は不快なものではない――それどころか、肉体的な意味で
は、強烈なほど心地よく、ややエロティックでもあった。しかしもっと深い意味では、きわめて不快だっ
た。意識と無意識をしきる壁が崩れ、あらゆる感情と力がとびこんできたからである。子供の頃の記憶
を詳細に再現することがきわめて容易になった――この点において、効果はプルーストの薬湯の効果
に似ているが、もっと持続するものだった。個々のにおいと音さえもが蘇ってきたのである。
(コリン・ウィルソン『怪僧ラスプーチン』P323-324)

18無名草子さん2016/03/05(土) 22:05:44.04
殺人百科、ユング、アウトサイダーを持っている、絶賛積読中だ

19無名草子さん2016/03/29(火) 22:27:13.59
0au73709325327x@ezweb.ne.jp
ちんぽまち 👀
Rock54: Caution(BBR-MD5:aa69868e8407a14ba8117b78f27d82ae)

20無名草子さん2016/05/01(日) 14:29:38.36
1931年

1月28日 - 小松左京、SF作家(+ 2011年)

2月8日 - ジェームズ・ディーン、俳優(+ 1955年)

2月9日 - トーマス・ベルンハルト、小説家・劇作家(+ 1989年)

2月16日 - 高倉健、俳優(+ 2014年)

4月16日 - 団鬼六、作家・脚本家・演出家(+ 2011年)

6月26日 - コリン・ウィルソン、小説家(+ 2013年)

7月23日 - 磯崎新、建築家

8月20日 - 山口昌男、文化人類学者(+ 2013年)

8月29日 - 市川雷蔵、俳優(+ 1969年)

11月29日 - 勝新太郎、俳優(+ 1997年)

12月15日 - 谷川俊太郎、詩人

21無名草子さん2016/06/05(日) 00:53:04.86
白江幸司
マジか
>コリン・ウィルソンの『アウトサイダー』(1956)が既にT.E.ヒュームの巨きなイメージから発想を得て書かれたことは終章の章句に照らして明瞭である。
(高田美一『T.E.ヒューム「思索ノート」研究』1974、p.262)
http://pbs.twimg.com/media/CkC2zfGUkAEfJu0.jpg
http://pbs.twimg.com/media/CkC2zfHUoAEbILa.jpg
http://pbs.twimg.com/media/CkC2zfIUgAE-PTG.jpg
2016年6月3日

22無名草子さん2016/06/09(木) 18:13:51.37
コリン・ウィルソン(Colin Wilson、 1931年6月26日 - 2013年12月5日)

23無名草子さん2016/06/11(土) 09:46:40.19
影響を受けたもの
ジョージ・バーナード・ショー、ゲオルギイ・グルジエフ、フリードリヒ・ニーチェ、エトムント・フッサール、
アブラハム・マズロー、アルフレッド・ノース・ホワイトヘッド、ウィリアム・ジェームズ、ジャン=ポール・サルトル、

Coliwiki
http://www.wikihouse.com/coliwiki/index.php?Coliwiki

24無名草子さん2016/06/11(土) 22:51:36.87
宇宙ヴァンパイアー
コリン・ウィルソン (著), 中村保男 (翻訳)
出版社: 新潮社 (2016/6/28)

難破宇宙船から持ち帰った謎の生命体は妖艶な美女の姿をしていた――≪彼女≫を犯そうとした者は心を読まれ、生命エネルギーを吸い取られる。
人体から人体に乗り移り、「殺人」を重ねる宇宙ヴァンパイアー。やがて明らかになる人類創世をめぐる壮大な宇宙ドラマとは……。
英国の奇才コリン・ウィルソンによる異色のゴシック風スペース・ホラーを復刊! ≪村上柴田翻訳堂≫シリーズ

25無名草子さん2016/06/12(日) 00:20:39.08
>>24
宇宙ヴァンパイア-は、映画化作品の方にもカルト的人気がある
Youtubeで作品全体を観るためには、年齢確認のためログインが必要

LifeForce - Space Vampires - Part 1
https://www.youtube.com/watch?v=VbI-8dSp3-M

26無名草子さん2016/06/14(火) 09:23:30.32

27無名草子さん2016/06/15(水) 14:45:34.06
SANDA
コリン・ウィルソン「アウトサイダー」からはムルソー、
ロカンタン、
ラスコーリニコフ、
ツァラトゥストラ、
アラビアのロレンス、
ニジンスキー、
ウィリアム・ブレイク等の人生やスタンスに多くを学んだ。
夏休みに一気に読破したときには何か変わった気がした。今でも宗教とアウトサイダーはバイブルだ。
2014年6月26日

28無名草子さん2016/06/15(水) 17:50:36.08
うせろかす

29無名草子さん2016/06/16(木) 00:57:04.25
予言者は、彼の隣人たちよりも精神的に完成された人間であり、隣人たちの杜撰さに彼は嫌悪をおぼえ、その旨を彼らに伝えたい欲求に駆られる。
コリン・ウィルソン『アウトサイダー』

The prophet is a man of greater spiritual integrity than his neighbours; their laxness revolts him, and he feels impelled to tell them so.
The Outsider (Colin Wilson)

30無名草子さん2016/06/16(木) 08:56:31.36
有名な一文を持ち出してきて何がしたのか
きみの頭で考えたきみ自身の意見をきかせてくれたまえケツメド野郎

31無名草子さん2016/06/22(水) 08:18:22.79
kindleには1冊もなし?

32無名草子さん2016/06/22(水) 10:12:20.14
昔は人気あったイメージ

33無名草子さん2016/06/22(水) 10:53:43.20
青山正明経由で知った
三島由紀夫の評論にも出てくる

34無名草子さん2016/06/23(木) 01:37:59.39
ウィリアム・ジェームズ(William James、1842年1月11日 - 1910年8月26日)

超常現象に対しても興味を持ち、
「それを信じたい人には信じるに足る材料を与えてくれるけれど、疑う人にまで信じるに足る証拠はない。
超常現象の解明というのは本質的にそういう限界を持っている」と発言。
コリン・ウィルソンによってこれを「ウィリアム・ジェームズの法則」と名づけられた。

35無名草子さん2016/06/23(木) 18:46:21.69
「オイいつまで生きてるつもりだよw」

36無名草子さん2016/06/29(水) 23:42:07.72
追悼 コリン・ウィルソン
http://togetter.com/li/600410

37無名草子さん2016/06/30(木) 11:17:33.68
賢者の石

38無名草子さん2016/07/06(水) 11:01:11.76

39無名草子さん2016/07/07(木) 20:36:30.52
ほう

40無名草子さん2016/08/25(木) 06:51:56.87

41無名草子さん2016/09/06(火) 07:52:17.09
シェイクスピア嫌いの理由を教えてください><

42無名草子さん2017/01/06(金) 09:26:03.18
あげ

43無名草子さん2017/01/06(金) 13:29:48.17
ビートたけし「あべぴょん、らめえええええええ!ひぎぃ!アナルが裂けちゃううううううっ!」

44無名草子さん2017/01/10(火) 20:05:46.45
新潮文庫から出ている 『宇宙バンパイアー』 をゲット
コリン・ウィルソンの小説は、「賢者の石」、「精神寄生体」に続きこれが三作目

映画では――
 (1) 宇宙から来た美人バンパイアが
    http://assets.whatsontv.co.uk/whatsontv/live/files/2013/10/lifeforce1.jpg
 (2) 全裸で地球上を徘徊 (マチルダ・メイの脱ぎっぷりの良さも話題に)
    http://cdn.highdefdigest.com/uploads/2013/05/30/lifeforce-1.png
 (3) 次々と男たちの精気を吸い取り
    http://www.avmaniacs.com/blog/wp-content/uploads/2013/06/l-eveln.jpg
 (4) 精気を吸われた男たちは骨と皮のゾンビになってしまう
    http://www.cageyfilms.com/wp-content/uploads/2013/08/lifeforce_02.jpg

みたいな話だったけど、原作にはもう少し格調高い内容を期待したいところ

45無名草子さん2017/01/19(木) 17:37:42.60
>>41
CWのシェイクスピア嫌いはかなりのもので、機会あるごとに批判を繰り返している。シェイクスピアは
人気の高い著名な戯曲家だが、その戯曲の内容を良く考えてみると、人間の意識の解明や心理的な
洞察には無頓着であり、人間社会のさまざまなゴタゴタが描かれているに過ぎないというのである。意
識の進化をめざしているCWからすると、シェイクスピアの視野はあまりに狭隘なのである。
http://www.wikihouse.com/coliwiki/index.php?%A5%B7%A5%A7%A5%A4%A5%AF%A5%B9%A5%D4%A5%A2

46無名草子さん2017/01/19(木) 17:55:32.74
『賢者の石』は手すさびのようなものかも知れないが、それだけに、コリン・ウィルソンがおそらくは
選び取っているのだと思われる単純さというものの、悪い面、というより、文字どおりに単純さとしか
いえないような面が如実に表れているのではないだろうか。『アウトサイダー』を読んだときも、そこ
で取り扱われている個々の芸術家を、あまりにも材料としてとだけ取り扱っていはしないか、あまり
にも題材である彼らの側に即するところが少なく、材料に寄り添って理解しようとするのではなく、
あくまで自分の物差しを当てるための素材、最終的に、自分の物差しの優良性を証明するための
材料としてだけ扱っていはしないかという、危惧というか、反発というか、そういう気持ちがあったも
のの、これはそういう本なのだし、これはこれでこういう価値のあるものなのだから、と考えることも
できた。それを思い出すと、同じ事を純然たるフィクションでやられたら、ちょっとたまらないだろうと
予測がつくが、実際にたまらなかった、というようなことだ。
http://blog.goo.ne.jp/makero/e/c1486c13e9a4e6c9fc72bcbd3032d519

47無名草子さん2017/02/27(月) 23:01:42.95
オワコン北野武「あああん、日本会議&安倍ガイジ晋三さまあんっ、らめえええええええ!ひぎぃ!あああ、アナルサイダーが裂けちゃううううううっ!」

48無名草子さん2017/03/26(日) 15:21:20.32
Kindleで出版してほしい

49無名草子さん2017/04/14(金) 19:38:42.96
同じく出して欲しいわ

50無名草子さん2017/04/25(火) 13:50:39.05
Kindleで出ることはないんじゃないかね

51無名草子さん2017/07/10(月) 06:49:24.39
深川図書館特殊部落

同和加配

奇声あげて人をボコボコにぶんなぐってもOK お咎めなし
被害者が警察を呼んでくれと何度も言っているのに公務員は無視し続けてた
ガキどもが走り回る 見て見ぬふり
公務員による恣意行為
etc

なんのための施設か? →特殊な関係用

52無名草子さん2017/07/10(月) 09:01:41.36
ドデカフェイス稲田朋美

53無名草子さん2017/07/10(月) 10:49:50.25
『賢者の石』 のようなマニアックな作品ほど電子書籍には適している
紙本で増刷しても、客層に平凡な読者しかいない並の書店では売れ残ってしまうし、
東京堂書店みたいな客にマニアックな読書が多くいる書店ではすぐ売切れてしまう

要は、この手の本は紙本で出しても、効率良く読者の元へ届けられない類の作品
電子書籍であれば、品切状態にならないため、こうしたネット上で話題になったときも
すぐに買いに走ることができる

角川書店などは、電子書籍だけで復刊している本がけっこうあって、マーク・トウェイン
作品集や、小松左京の作品、横溝正史などもブームの時期に刊行した膨大な作品を
ほぼすべて入手できる状態になっている

54無名草子さん2017/07/25(火) 22:55:53.30
「夢見る力」が好きだ
取り上げられる作家、作品の多彩さと、それをバッサバッサと切って行くのが楽しい

55無名草子さん2017/07/29(土) 10:25:14.83
>>54
面白そうなので書評を探してみて出てきたのがこのページ

『夢見る力』余話
http://d.hatena.ne.jp/Nephren-Ka/20150525/p1

>もっともダーレスは『賢者の石』に対しては辛辣で、「ほとんど耐えがたいほど退屈な本」と評している。

これには同感
ところで『賢者の石』に出てきた脳髄液(?)が無くなったせいで予知能力が身についた人の話は実話を
元にしてるの(んなわけないか)

56無名草子さん2017/10/29(日) 11:39:37.70
keichiba
日活1971−1988こぼれ話。
レイプ25時、例のシーンは伊藤亮爾さんがコリン・ウィルソンの「純粋殺人者の世界」に載っていたエピソードから引っ張ってきて、
それを長谷部監督と桂さんが面白がって採用したのが真相だったようだ。 #日活 #ロマンポルノ #長谷部安春 #伊藤亮爾 #桂千穂
2017年7月26日

57無名草子さん2017/11/01(水) 21:08:04.45
至高体験こそ人生の全て。

58無名草子さん2018/01/12(金) 11:18:51.91
一般書籍よりもおすすめてきにネットで得する情報とか
グーグル検索⇒『稲本のメツイオウレフフレゼ

NEVNF

59無名草子さん2018/04/06(金) 07:27:37.16
江東区立深川図書館特殊

銅和加配
在特

奇声あげて人をボコボコにぶんなぐってもOK お咎めなし
被害者が警察を呼んでくれと何度も言っているのに公務員は無視し続けてた
幼児が歓声上げて走り回る       見ぬふり
小学生が歓声上げて走り回る     見ぬふり
中学生が大声で談笑して走り回る   見ぬふり
高校生が閲覧机で談笑雑談      見ぬふり
公務員による恣意行為
etc

なんのための施設か? →特殊な関係用

翌日、被害者を公務員が脅していた

60無名草子さん2018/04/15(日) 10:11:17.10
コリン・ウィルソンについてうまく言えないこと
https://blog.goo.ne.jp/makero/e/c1486c13e9a4e6c9fc72bcbd3032d519

61無名草子さん2018/04/17(火) 00:38:07.75
Web評論誌「コーラ」16号(2012.04.15)
<心霊現象の解釈学>第3回:先端科学と超常現象(広坂朋信)

ヘーゲル『精神の哲学』の「b感ずる心」は、一読した方なら共感してもらえると期待するが、
正直言ってなんと評するべきか扱いに困るという印象が残る。
そこで主として論じられているのは、魔術、夢、胎児、守護神(守護霊)、透視(テレパシーと予知)、
夢遊病、ダウジング、千里眼、そして動物磁気であり、
これらの題材だけながめていると哲学体系の一部門というより、あたかも超常現象百科の様相を呈しているからだ。
 そして、それら超常現象ネタについて語るヘーゲルの口調には、
カント『視霊者の夢』やエンゲルス『心霊界における自然研究』に見られたような皮肉な調子がほとんど感じられない。
著者がコリン・ウィルソンならばなるほどと思うが、ヘーゲルの書いたものだと思って読むと、
哲学史の入門書で刷り込まれた現実的な理性主義者という大思想家のイメージと一致しないものだから、
はたしてどこまで真に受けていいものやら戸惑うほどだ。

新着レスの表示
レスを投稿する