キモオタが起こした犯罪一覧


・宮崎勤  女児4人を誘拐、強姦殺人。ビデオテープ6000本所持。「ここに10万人の宮崎がいます」の名言の元ネタとなった元祖キモオタ。

・野木巨之 女児1人を誘拐、強姦殺人。証拠品として押収されたフィギュアの破棄命令を受けて遺族の前で「子供を殺すようなものだ」と号泣。

・星島貴徳 OL1人を拉致監禁殺害後死体を粉々に破砕して証拠隠滅を図るも発覚。エロゲヲタで四肢欠損もの同人誌を発行していた。

・藤田竜一 幼女拉致監禁で逮捕された二人組のオタク1。葉鍵系同人作家でPN「「夜ノ森一輝」。月宮あゆに似ていたから誘拐したと供述。

・田中邦彦 幼女拉致監禁で逮捕された二人組のオタク2。二人でコミケに行こうとしたが金がなくて引き返すその帰路での犯行だった。

・小林泰剛 通称拉致監禁整形王子。コスプレマニアで女性調教系のゲーム約千本所持。キモヲタにしては珍しくイケメンだったが整形だった。

・永原勇気 容姿端麗な別人の顔写真を使い女性と会う約束をするが現場で帰られそうになり逆上して殺人。ネトゲ厨。

・永嶋究  小学校に侵入し女児用下着21枚窃盗。自宅から児童ポルノコミック、アダルトアニメ、アダルトゲーム、女子児童の水着も発見。

・勝田州彦 幼女5人を腹部殴打で内臓出血させ逮捕。「痛がる顔で性的興奮を感じる」と自供。家宅捜索で幼児SMアニメ押収。

・岩瀬高之 自分の家族5人を殺害、自宅に放火。親のカードでオタグッズ蒐集、ネット通販で300万使う→ネットを解約される→激昂して犯行。30歳無職。

・チャールズ・トーマス 女子高生を待ち伏せして殺害。知人の証言から重度のアニメオタクだったことが発覚。犯行当時は失業中の身だったが大学生と身分を偽っていた。

・阿部利樹 食品会社・マルハニチロにてピザに農薬を混入させ逮捕。コスプレイヤーでかなりのアニメオタクだったことが判明した。