!!!まやかし特別会計実態をあばけ!!! [無断転載禁止]©2ch.net

1革命的名無しさん2017/05/17(水) 05:10:15.46
!!!まやかし特別会計実態をあばけ!!! 
https://youtu.be/pX9COqRfCSU?list=RDpX9COqRfCSU

20革命的名無しさん2019/06/01(土) 21:08:14.09
■税収の2/3が『特別会計』という官僚のやりたい放題の金庫に入っていく。
こんな国は世界では一つもない。 その3
https://blog.goo.ne.jp/jpnx05/e/49eba7dc75c9499c5fb84e67f88f1422?fm=entry_awp(2014/8/8)

安富氏が「戦後日本が産んだ最大の財政学者」と評する石井氏の功績は、
国政調査権を使い日本の財政支出の流れを調べたことだと述べた。
一般会計は見せかけに過ぎず、国債などにより
特別会計が肥大し複雑化した仕組みを調べた事を安富氏は評価した。

授業では石井氏の娘である石井ターニャ氏が登場し、
「当時の一般会計は80兆円に対して、特別会計は360兆円だった。税収は40兆円だった」
と指摘した。

●特定秘密保護法で国政調査権が機能しなくなる

安冨氏は、この特別会計の仕組みについて
「戦後、GHQが財閥解体により政商と財閥を潰した所から始まり、
その代わりに官僚は特殊法人を沢山作り、その特殊法人は
満州国の公社から流れて来ている」と分析。

ターニャ氏も「特殊法人から企業へのお金の流れは民間なので、
会計検査院も検査できない仕組みになっており、膨大な金額が消えていっている」と述べた。
こういった背景について安冨氏は
「特定秘密保護法で国政調査権が機能しなくなる」と懸念を示した。

21革命的名無しさん2019/06/01(土) 21:08:42.45
■税収の2/3が『特別会計』という官僚のやりたい放題の金庫に入っていく。
こんな国は世界では一つもない。 その5
https://blog.goo.ne.jp/jpnx05/e/49eba7dc75c9499c5fb84e67f88f1422?fm=entry_awp(2014/8/8)

■特別会計とは、何か? どうして出来たのか?
日本が近代国家として出発した明治初期には、「一般会計」しか存在しなかった。
国家や地方公共団体における歳入・歳出を示す会計は、
単一の会計で経理することが原則となっており、その原則に則ったものだった。

「一般会計」は、所得税や消費税などで国民の公的な社会サービスに充てられる。
一方、「特別会計」は目的税という名目で、
「受益と負担の対応関係」のもと予算は組まれる。

日清戦争時、「臨時軍事費特別会計」という特別会計が初めて登場し、
日露戦争にも同様の特別会計が組まれる。
この当時、国の発展に必要な「国家事業」に対する予算として「特別会計」は組まれていた。

初期投資こそ、公債や一般会計からの繰り入れを財源としていたが、
長期的な採算管理(初期財源・公債→収益・賠償金⇒採算がとれる)により、
最終的にはその資金運用は特別会計内で完結したものであった。
戦後の日本は、公債の日銀引受などからハイパーインフレに見舞われる。
そこで昭和24年にGHQの指導の下、
インフレ対策として1ドル=360円の固定相場制が引かれる(ドッジ・ライン)。

22革命的名無しさん2019/06/01(土) 21:09:23.20
■税収の2/3が『特別会計』という官僚のやりたい放題の金庫に入っていく。
こんな国は世界では一つもない。 その6

同時に「日米貿易の安定」の名目から、
「外国為替資金特別会計」が予算化される。
この頃から、日本はドルを買い続けることとなる。

また、均衡予算原則がとられていた一般会計に加えて、
特別会計や政府関係機関での収支の均衡も調整された。
それまで多額の国債がつぎ込まれた「臨時軍事費特別会計」を始めとする
陸軍関連、朝鮮・台湾などの国外開発出資関連の特別会計は軒並み廃止。

それにかわって、産業支援関連(開拓者資金融通・国有林野事業など)、
解脱産業促進(アルコール専売事業・国営競馬など)の
歳入重視の特別会計が次々と組まれていった。

その後、朝鮮特需→高度経済成長期を経て復興を果たした日本であったが、
1965年からいわゆる「40年不況」に陥る。
歳入の補填をし景気を下支えする必要から国債発行が検討されたが、
政府は国債を注ぎ込む範囲を絞るために、
公共事業に行なうための特定の特別会計において
「建設国債」というかたちで公債発行を繰り返した。

23革命的名無しさん2019/06/01(土) 21:11:23.28
■税収の2/3が『特別会計』という官僚のやりたい放題の金庫に入っていく。
こんな国は世界では一つもない。 その7
■現在の特別会計は?
【一般会計の歳入】は、公債費:33.3兆円、税収:46.1兆円、その他: 4.6兆円⇒合計:88.5兆円
この88.5兆円のうち、直接支出に回されるのは、41.7兆円で、
残りの大半50.6兆円は特別会計に繰り入れられる(一般会計を通して、特別会計に流れていく)。
【特別会計の歳入】は、上記の一般会計からくる50.6兆円のほかに、
保険料・手数料など:99.1兆円、
公債金・借り入れ:128.8兆円などで
歳入総額:370.9兆円に上る。
そのうち歳出総額は354.9兆円。
一般会計以上に特別会計のほうが、国家の主要な会計と言えるほど、
大きく膨らんでいる(この構造は戦前から変わらない)。
特別会計の現状が、正確に把握できているかというとかなりアヤシイ。
なぜなら、”事業ごと”という名目で作られている特別会計だが、
相互に金のやり取りをしているため、それが複雑に絡み合っており、
どれくらいの金が(年度を越えて)どうやってやり取りされているかがハッキリしないからだ。
■税収の2/3が『特別会計』という官僚のやりたい放題の金庫に入っていく。
こんな国は世界では一つもない。 その8
■特別会計の何が問題か?
1.内情がほとんど分からない
2.膨大な埋蔵金が存在する?
3.各省庁の独断で決定できる
4.アメリカを買い支えている
5.暴走する特権階級の力の源泉
特別会計の金をどのように使ったかは、明確に公開されていない。
国会でも審議されるようだが、複雑な特別会計まではチェックできない。
永田町異聞:官僚王国の迷宮「特別会計」(1)特会の資金を具体的ににどう使ったかは国民に分かるような形で公開されていない。
国会議員は一般会計にばかり気を取られ、
分かりにくい特別会計のチェックまで目が行き届かなかった。
国会で議員が見る膨大な予算資料は、
おおざっぱな「項」という予算区分が記されたものに過ぎない。 👀
Rock54: Caution(BBR-MD5:1341adc37120578f18dba9451e6c8c3b)

24革命的名無しさん2019/06/01(土) 21:12:58.73
■税収の2/3が『特別会計』という官僚のやりたい放題の金庫に入っていく。
こんな国は世界では一つもない。 その9

一般会計では、「次年度への繰越」はわずかだが、
特別会計では次年度へと繰り越される金が結構ある。
この内部留保が溜まりいわゆる「埋蔵金」が存在すると言われている。
永田町異聞:官僚王国の迷宮「特別会計」(2)
とにかく一般会計は335兆円の債務超過なのに、一方の特別会計は100兆円の資産超過、
すなわち資産から負債を引いて100兆円残るほどの金持ちなのである。
常識からいって、ここに埋蔵金が眠っていると見るのが自然だ。

亀井大臣が「特別会計に切り込めば、20兆30兆はすぐに出てくる」と言った根拠はここにある。
そもそも現在でも特別会計が生き残り、統合し数を減らすくらいしか改革が進んでいないのは、
各省庁官僚の力の源泉である「金」の出所が特別会計だからだ。
官僚利権の省庁とも言える。
だから、各省庁の予算に口を出す財務省も、ここだけは見過ごしてきた。

その10
●誰にも止められぬ暴走列車「公共事業」のメカニズム 〜肥大化を許す三つのメカニズム〜

ムダづかいだけではなく、埋蔵金論争でもクローズアップされたように、
カネをしっかりと貯め込んでいるケースも少なくない。
にもかかわらず、各省庁の予算には口うるさい財務省主計局もここだけは見過ごしてきた。

それはなぜか。多くの関係者が口を揃えるのは
「特会は省庁の財布であり、財務省といえども手を突っ込むことはできなかったからだ」。
別の関係者は、「財務省もここに自分の財布がある。厳しくやるとやぶへびになる」と指摘する。

現時点では特会は21あり、その下の勘定ごとに、所管省庁の政策と結び付き、
侵されざる“聖域”を築いている。

数ある特別会計でも、たびたび問題視されるのが、「外国為替特別会計」だ。

25革命的名無しさん2019/06/01(土) 21:15:13.18
■税収の2/3が『特別会計』という官僚のやりたい放題の金庫に入っていく。
こんな国は世界では一つもない。 その11
●特別会計ってなに?(3)〜米国債を買うための会計
為替相場の急激な乱高下が生じ、取引ができない事態が起こりうる。
このような場合に対応して、通貨当局(日本で言えば「日本銀行」)が
市場に介入して外貨の過不足を調整し、
相場変動をなだらかにする必要がある(外国為替平衡操作)が、
そのための外貨の出し入れを行うのが、この会計だ。
また、政府の保有する外国為替等の管理・運営や、
国際通貨基金(IMF)に対する出資やIMF関係の取引もこの会計を通じて行われている。
★日本の外貨準備と外為市場での介入額(画像)★
日本政府が問題にする「為替相場の乱高下」とは、「円高・ドル安」を指し
この是正を目的に為替介入が行われる。
つまり、「円を売り、ドルを買う」ための資金が必要となる。
この金はどこから来るのか?
政府短期証券による借入金が、財源のほどんどとなっている。
その12
つまり、日本政府は国民から借金をして、
円を売りドルを買って「円安・ドル高」への誘導してきた
輸出企業にとっては、円高は悪。
だから、日本の輸出系大企業を助けるという名目で、為替相場をコントロールしてきた。
こうして蓄積された「ドル紙幣」だが、
そのままでは(借金によって資金を調達しているので)赤字が更に膨らむ。
だから、手に入れたドルをもって、米国債を買い増してきた。
外為特会を通した為替介入によって蓄積されたのが「外貨準備高(約1兆ドル)」で、
その資金の多くが米国債となっている。
政府が行う為替介入では、円売りドル買いしか発生しない。
つまり売られることの無い資産と返しようがない借金が膨らんでいることになる。
特に小泉政権時(2001年〜2006年)には、外貨準備高が急激に増え、
同時に米国債保有残高も増加した。
2001年〜2006年といえばWTC同時多発テロが起こり、アフガン侵攻、続いてイラク侵攻と、
アメリカ政府は戦争による多額の赤字が発生し、「どこから金を借りるか」が喫緊の課題となっていた時期だった。

26革命的名無しさん2019/06/01(土) 21:17:14.83
■税収の2/3が『特別会計』という官僚のやりたい放題の金庫に入っていく。
こんな国は世界では一つもない。 その13
つまり、日本政府は間接的にアメリカの戦争を支援したことになる。
政治家、官僚の属米・従米路線を支えてきた源泉が、
この特別会計だったことが分かる。
特権階級の暴走を実質的に可能にしてきたのが特別会計だった。
この問題を放置すればするほど、特権階級の暴走は止まらない。
(ないとう)
(引用終了)


★国民の99.999%は 『特別会計』というブラックボックス化した
本体予算のキャッシュフローなど知りもしない

●この国は静かに発狂している/ひとりファシズム
http://ameblo.jp/135215/day-20130108.html
2013-01-08 18:42:51
↑(★俺・注。引用の原本の「ひとりファシズム」のサイトは
前スレで紹介した「北朝鮮のミサイルはなぜ日本に落ちないのか」の著者のサイト)

そもそも国民の99.999%は特別会計というブラックボックス化した
本体予算のキャッシュフローなど知りもしないのだから、
独立・特殊・公益法人への運営費、あるいは天下という不労所得による
公共資本の私物化は継続されるのであり、
これを僅か7年中断するだけで 100兆円規模の救命財源が
確保できるにかかわらず搾取は途切れることがない。

27革命的名無しさん2019/06/01(土) 21:18:13.57
■税収の2/3が『特別会計』という官僚のやりたい放題の金庫に入っていく。
こんな国は世界では一つもない。 その14
●「国債費」と「社会保障関係費」だけで、
一般会計と特別会計の歳出純計(237兆円)に占める割合は7割にも及ぶ

581 :氏名黙秘:2014/05/01(木) 16:32:38.26 ID:???
ダイヤモンド誌の報道(239.4兆円)
週刊ダイヤモンド誌は、以下のような論説を掲載しています。

法政大学 経済学部小黒准教授
239.4兆円
2014年度における国の予算(一般会計+特別会計+政府関係機関予算)の
歳出合計となっており、この歳出の中身は恐ろしい内容になっています。

91兆円  国債費    (過去の借金返済分 ) 全体の38%
78兆円  社会保障費 全体の32%
19兆円  地方交付税交付金 全体の 8%
17兆円  財投 全体の7%

『国債費と社会保障関係費が一般会計の歳出(95兆円)に占める割合は
5割程度に過ぎないが、両経費が 一般会計と特別会計の歳出純計(237兆円)に
占める割合は7割にも及ぶという現状はあまり認識されていない。』
隠れ国債費が急膨張しており、今や91兆円にも達しており、
近々に100兆円を突破することは必定でしょうが、
社会保障費も一般会計だけで1兆円ずつ増加しており、
特別会計分を併せれば、年間数兆円の増加となり、今や加速度的に増加しており、
社会保障費が一般会計予算を超えるまであと数年もかからないかも知れません。
日本の財政問題がいつ火を噴くかわかりませんが、
次第に上記のような数字が語られるようになってきており、
機関投資家がいつでも国債市場から逃げ出せるようになっているのも頷けますnevada_report

28革命的名無しさん2019/06/01(土) 21:23:07.15
■税収の2/3が『特別会計』という官僚のやりたい放題の金庫に入っていく。
こんな国は世界では一つもない。 その15
●国民には財務状況について『知る権利:憲法21条』がある
正確な一般会計と特別会計の統合財務諸表を完全表示せよ!

49:特別会計という内部留保:2013/12/23(月) 00:16:38.85 ID:exhNO9v1
大切なことは、
財務省は特別会計の全貌を裏打ち資料と共に完全に明確化せよ!
正確な一般会計と特別会計の統合財務諸表を完全表示せよ!
国民には財務状況について<知る権利:憲法21条)がある。
あまりにも不健全すぎる。
財務省利権の温床と成っている。
●特別会計412兆円が
予算審議も無しに官僚の裁量で湯水の如く使われる日本
国家財政が破綻寸前にも関わらず、
特別会計の闇を明らかにせず財政改革を訴える自公政権
http://blog.goo.ne.jp/jpnx05/e/b7b402c23f2dbf998ec031a960c098e3 より

■日本国民全体の3割、経済活動人口の約6割が税金で食べている! その6
〜「税金が収入になっている人数」は、公務員の数のなんと8.5倍の3,665万人
http://www.rui.jp/ruinet.html?i=200&c=600&t=6&k=0&m=345515

14分5秒〜15分10秒では、消費税などの増税を行っても、←←★★★

29革命的名無しさん2019/06/01(土) 21:23:46.49
■税収の2/3が『特別会計』という官僚のやりたい放題の金庫に入っていく。
こんな国は世界では一つもない。 その16
blog.goo.ne.jp/jpnx05/e/49eba7dc75c9499c5fb84e67f88f1422?fm=entry_awp(2014/8/8)

●国民には財務状況について『知る権利:憲法21条』がある
正確な一般会計と特別会計の統合財務諸表を完全表示せよ!

49:特別会計という内部留保:2013/12/23(月) 00:16:38.85 ID:exhNO9v1
大切なことは、
財務省は特別会計の全貌を裏打ち資料と共に完全に明確化せよ!
正確な一般会計と特別会計の統合財務諸表を完全表示せよ!

国民には財務状況について<知る権利:憲法21条)がある。
あまりにも不健全すぎる。
財務省利権の温床と成っている。

●特別会計412兆円が
予算審議も無しに官僚の裁量で湯水の如く使われる日本
国家財政が破綻寸前にも関わらず、
特別会計の闇を明らかにせず財政改革を訴える自公政権
http://blog.goo.ne.jp/jpnx05/e/b7b402c23f2dbf998ec031a960c098e3 より

★『特別会計』と呼ばれる裏の予算、
こちらの規模の方がはるかに大きいのである。
『一般会計』は単なるたてまえ予算。わが国の本当の予算とは?!

★特別会計を通じて、特殊法人、認可法人等、
数千にも及ぶ公益法人に我々の公金が流れていることを
暴いた故石井紘基議員(当時61)は、殺害された。←←★★★

■石井紘基議員が暴こうとした特別会計という巨大な背任を許すな!
http://www.social-security-institute.com/mt/2010/07/24.html

30革命的名無しさん2019/06/01(土) 21:25:15.87
■日本国民全体の3割、経済活動人口の約6割が税金で食べている! その1
〜「税金が収入になっている人数」は、公務員の数のなんと8.5倍の3,665万人
http://www.rui.jp/ruinet.html?i=200&c=600&t=6&k=0&m=345515 

2019/04/24 竹下雅敏氏からの情報です。
一連のツイートをご覧になると、
今の日本がおかしくなっているのがわかると思います。
なぜ、こうなってしまったのかは、冒頭の動画をご覧ください。
この動画には、「日本病」の本質が描かれています。
動画の5分30秒〜6分50秒では、一般会計と特別会計について。
石井紘基議員が国政調査権を使って調べると、
当時の一般会計の歳出は84.9兆円。
一般会計の重複を除く特別会計の支出が175兆円。
当時の日本の財政規模は、実は260兆円だったのです。

その2
〜「税金が収入になっている人数」は、公務員の数のなんと8.5倍の3,665万人

7分30秒〜9分は、「公務員の人数」について。
当時、人事院が発表していた公務員の数は435万人。

しかし、石井議員が「税金が収入になっている人数」を割り出すと、
なんと8.5倍の3,665万人だということがわかりました。
“日本国民全体の3割、経済活動人口の約6割が税金で食べている”
という衝撃的な事実です。

9分10秒〜9分25秒では、その内訳が書いてありますが、
石井()議員の著作「日本を食いつぶす寄生虫 道出版」の19ページには、
より詳しい内訳が書いてあります。
 

31革命的名無しさん2019/06/01(土) 21:26:57.12
■日本国民全体の3割、経済活動人口の約6割が税金で食べている! その3
〜「税金が収入になっている人数」は、公務員の数のなんと8.5倍の3,665万人
http://www.rui.jp/ruinet.html?i=200&c=600&t=6&k=0&m=345515

被扶養者(子供、専業主婦、失業者、高齢者…)は6254万人(49%) 、
税金を負担している純民間人は2781万人(22%) 、

税金が全収入源の人たちが3665 万人(29%)で、←←★★★
より細かい内訳は、公務員が470万人(3.7%)、
福祉医療などが1330万人(10.47%)、
特殊法人・公益法人などの行政企業が490万人 (3.86% )、
官公需専門企業が800万人(6.3% )、
農林水産系保護団体・個人が545万人(4.29%)、
その他は30万人(0.24%)となっています。

その4
〜「税金が収入になっている人数」は、公務員の数のなんと8.5倍の3,665万人
http://www.rui.jp/ruinet.html?i=200&c=600&t=6&k=0&m=345515

10分15秒〜10分55秒では、民間企業を装っているが
実質税金で成り立っている企業が無数にあり、わかりやすい分野としては、
「原/発、道/路、ゼネコン、医療、福祉」などがある。

32革命的名無しさん2019/06/01(土) 21:28:17.36
■日本国民全体の3割、経済活動人口の約6割が税金で食べている! その5
〜「税金が収入になっている人数」は、公務員の数のなんと8.5倍の3,665万人

石井氏は、「税金を原資とする企業に勤務する従業員数が、
純民間企業の人数を軽く追い越している」という事実に気づきます。

その6
〜「税金が収入になっている人数」は、公務員の数のなんと8.5倍の3,665万人
http://www.rui.jp/ruinet.html?i=200&c=600&t=6&k=0&m=345515

14分5秒〜15分10秒では、消費税などの増税を行っても、←←★★★

その7
〜「税金が収入になっている人数」は、公務員の数のなんと8.5倍の3,665万人
http://www.rui.jp/ruinet.html?i=200&c=600&t=6&k=0&m=345515

その増税分は、この3,665万人の者たちの間で分配され、←←★★★

33革命的名無しさん2019/06/01(土) 21:31:26.85
>>118

■日本国民全体の3割、経済活動人口の約6割が税金で食べている! その8
〜「税金が収入になっている人数」は、公務員の数のなんと8.5倍の3,665万人
http://www.rui.jp/ruinet.html?i=200&c=600&t=6&k=0&m=345515

社会保障には回らないとしています。 

34革命的名無しさん2019/06/01(土) 23:50:59.95
■【必見】特別会計の正体!(2018/12/04) その2
https://www.youtube.com/watch?v=ONHK_r1ZMic&list=PLhS9s_apMhZzQ2Z1okYaaKC53wcaywQc2

誰が見ても変で「財政が逼迫しているから消費税を8%から10%にあげます」といいつつ。。
以前、国政調査権を使って、日本の国会議員の中で唯一財政を調べた石井こうき氏の
資料を見ると、実は財政逼迫の主要因が日本の場合、公的部門の人件費であることが分かる。
これが、うなぎ上りなのだ。

今回、公務員の給与・ボーナスがアップしただけではなく、その前に公務員の定年についても
60歳から65歳に段階的に引き上げるという決定がなされている。
日本の民衆は公務員を65歳まで養わなければならなくなったのだ。
総額で数十兆円超の支出増になるだろう。

「公務員給与が5年連続アップ」ということで5年連続アップして公務員の給与というのは
一体どのくらい増えたのか?
大体5年で平均27万円位増えている。なかなかな支出だ。
実際は公務員や地方公務員のみならず外郭団体もその恩恵にあずかってるようだ。
そうなるとその恩恵を受けているのは通常の330万人ではなく、500万人を超している可能性がある。
消費増税して、ますます多くの民間人が追い込まれていくのに公務員の給与は
どんどんあがっていく・・・

正に「民滅びて国栄える」である。
「日本の財政問題は逼迫しているため、消費税を増税しないといけないんだ」
という人がいる。

35革命的名無しさん2019/06/01(土) 23:51:38.13
■【必見】特別会計の正体!(2018/12/04) その3

彼らに「それでは日本の財政事情を説明してください。まず一般会計と
特別会計がありますが、その中でどのようにお金が入ってきて、どのようにお金が
出て行っているのか、財政的な問題を説明してください」
といっても実は「誰も答えられない」のである。

日本のテレビや新聞が「日本の財政が危ないから」と言う。
確かに危ないのだろうが、実は書いてる本人たちも財政事情については知らない。
なぜか?日本には財政学がないからだ。

日本の財政を語る上で最も重要な人物がいる。
それが財政学の父とも言われる、故・石井こうき議員である。
日本の財政について知るためには、この石井こうき氏の書籍を見るくらいしか
方法がないのだ。

あとは小沢一郎くらいであろうか。
小沢一郎さんも特別会計について熟知しているが、議員経由で色々聞いてみる、
といった方法しかない。
自分の税金が本当に社会保障に使われていて
弱者のためにそれが使われているのであれば、
納得することはできる。

しかし実際のところ「役所で働いている誰もが、自分たちが徴税してる税金が
どう使われてるのか知らない」のが現実である。
お金の流れは、実は途中に必ず外郭団体や特殊法人や独立行政法人等に一度
お金が入る仕組みになっているのだ。
そして、その「使い方はブラックボックス」なのである。

36革命的名無しさん2019/06/01(土) 23:52:16.73
■【必見】特別会計の正体!(2018/12/04) その4


役所のお偉い方であっても、やはり「中身は分からない」のだそうだ。
だから実は役所で働いている人間も「そのお金がどう使われてるか
分からない」のである。

「誰も税金の使い道を知らない」のが日本の実態だ。
これが実は特別会計システムの闇なのである。
一度特別会計システムを通してしまうともうそのお金がどこに行ったのか
分からなくなってしまう。

日本の財政問題において知ったか言論人は多いのだが「特別会計」に言及しない人は
全くその主張に説得力がない。
日本の財政を真剣に調査しようとしたのが暗殺された石井紘基さんだ。

彼は国会議員に与えられた国政調査権という権限を最大限に活用して
特別会計の闇を暴いていったのだ。
その目的は?というのが「一体日本では税金で食べてる人たちが実際
どれだけいて財政上どれくらいの比率なのか?」を調べるためである。

当時も今もテレビやネット・・・全てのメディアで「日本の公務員は
人数が少ない」などとプロパガンダされていた。
ところが、海外サイトを見ても「なぜ日本はこんなに警察官が多いの?」
という疑問を持つ人が多く、訪日外国人もそう感じていた。

そこで石井こうきさんは国政調査権を使ってその「本当の闇」を暴こうとしたのである。
石井さんが当時平成12年に調べたところ分かってきたことがある。
それが「日本の国家予算の純計」だ。

37革命的名無しさん2019/06/01(土) 23:54:08.38
■【必見】特別会計の正体!(2018/12/04) その5
「日本の国家予算はどのくらい?」と言われたら普通は「一般会計」の総額を言う。
因みに一般会計に組み込まれている税収は「◎◎税」といった表記が
されていることが多い。

しかし、日本人の多くは「健康保険「料」」や「年金保険「料」」や
「高速道路利用料」など、税金と名はついていないのに実質強制力を
持った税金のようなものを払っている。

そして石井さんが当時調べた時点で一般会計は84兆円を超えていた。
これが国が一年間につかうお金全てだろうか?というと違う!!

一般会計とはいわゆるショーウィンドウみたいなもので実際に使われている
国家予算の中身は全く異なっている。

日本の場合、財布が2つあり、これは先進国でも日本独自であろう。
一般会計予算のほかに特別会計予算というのが存在する。

つまり日本の本当の予算とは一般会計予算とこの特別会計予算の総額を加えて、
重複分を除いた額、それが本当の予算なのである。

その6
民衆の代表であった石井こうきさんが国政調査権を使って調べまくった結果、
当時分かったのが
一般会計の歳出が84.9兆円
一般会計の重複を除く特別会計の支出が175兆円

日本国の支出、財政規模は実は260兆円もある
ということが分かったのだ。

ここを明らかにしてきた石井こうきさんは!
殺されました。

38革命的名無しさん2019/06/01(土) 23:56:40.80
■【必見】特別会計の正体!(2018/12/04) その8
https://www.youtube.com/watch?v=ONHK_r1ZMic&list=PLhS9s_apMhZzQ2Z1okYaaKC53wcaywQc2

それで当時「公務員は435万人で人数は少ないのです」という人事院の発表があった。
石井こうき氏が特別会計を調べたところ・・・

なんとこの裏には衝撃の事実があった。
国民の目を欺くために様々なテクニックが駆使されており
実は本当の人数が見えないようになっていた。

■ その9

石井こうきさんが当時国政調査権を使ってこの特別会計を
調べまくっていたところ、本来は得られないような膨大な資料や
帳簿が入手できた。
それで石井こうきさんは「本当の税金が収入になっている人数」を ←★★★
割り出した。
すると、なんと…!!

その人数は当時の人事院の公表人数から8.5倍もの剥離があったのだ。←★★★
その総数、435万人ではなく、なんと3665万人だった。←★★★
実は日本国民全体の3割が税金で食べているという事実が分かったのだ。←★★★

そして経済活動人口の約6割が税金で食べているという衝撃的な事実も ←★★★
分かってきた。
これは国政調査権を行使した当時の石井氏の資料なのでかなり重要な
ものになるが、全体の内訳としては
働いていない被扶養者や学生は大体51%。当時で6254万人。 ←★★★

そして税金を負担しているだけの純民間人、彼らが大体22%で2781万人。←★★★
そして29%を占める3665万人が直接・間接を問わず、税金が全収入源である←★★★
人たちだ。

39革命的名無しさん2019/06/01(土) 23:58:28.55
■【必見】特別会計の正体!(2018/12/04) その10

石井こうき氏は更に調べた。
そこで分かったのが、官僚たちは天下りに使用する多くの
「実質官製企業」を沢山作り、これをまるでねずみ講のように複雑怪奇に配置して
どんどんこの実質官製企業を増やしてきた。
それが異常なほど膨れ上がってしまった。

これが石井こうきが割り出した事実である。
実質官製企業も色々あって、表面的には「株式会社」の名称が
ついていて民間企業を装っているものが多数見つかった。

「特別会計の先の先の先」の企業が沢山あって、帳簿で石井氏がお金の流れを
調べてみると、それらの企業のほぼ100%が税金で維持されていた。

「様々な経路から税金が流れ込んでくることが内内で確定している企業群」
というのが日本には沢山あるのだが、それらの企業名は特別会計が透明化
されない限り不明のままだ。

ここで石井こうきは税金がマネロンされている、というのを発見した。←★★★

分かりやすい分野としては「原発、道路、ゼネコン、医療、福祉」などだ。←★★★

実質税金で成り立っているのに民間企業を装っている会社が実は無数にある。

それで石井氏が発見したのが「それらの税金を原資とする企業に勤務している←★★★
従業員数が単に税金を負担する純民間人の人数を軽く追い越している」と  ←★★★
いうことだ。

40革命的名無しさん2019/06/02(日) 00:00:11.57
■【必見】特別会計の正体!(2018/12/04) その11
当時の人事院発表では国家公務員と、地方公務員の合計人数は435万人と
発表されていたが、その他にも「隠れ公務員」や「官公需専門企業」などが
あり、これらを含めると大体3665万人だったのである。
当時石井こうきさんがこれらを調べ上げようとしたとき脅されることは
日常茶飯事であったそうだ。
特に特殊法人や公益法人は守秘義務を盾にして絶対に帳簿を出さなかった
そうである。
そりゃそうだ。議員に帳簿を見せたら自分たちがマネロンして国家犯罪
しているのが天下にばれてしまう。
だから必死に彼ら公的部門の人間は抵抗した。そこで石井さんが
国政調査権を使って半ば強制的に帳簿や名簿を出させた。
それで彼は新たな税金の流出先まで訪問してそれらのお金の流れを
追求していったのだ。

■その12
因みにこの国政調査権というのは特定機密保護法ができてしまったため
議員がもし今国政調査権を使おうとするとそれが犯罪になってしまう。
本来、特定機密保護法は官僚や公務員の利権を守るためのものであるのだが、
その本質を知らせないために日本の左派が別の危険性を扇動したのだと思われる。
スピン報道だ。
石井氏の国政調査権を使った話は極力検索で引っかからないように
コントロールされている。
そういう意味では日本の情報統制は徹底している。
実際に税金を原資として食べている人たちの総数は3500万人前後と思われ、
もしかしたら今はもっと増えているかもしれない。

これについては「特別会計の中身が不明なため、一部の事務次官以外は
誰も知らない」のだ。
ハッキリしていることは、消費税が増税されても今回の公務員給与アップの
ように人事院がうまく裁定して見えない人件費に使われていくという事なので、
これからも財政赤字は拡大を続け、社会保障には殆どお金が回らないのである。

41革命的名無しさん2019/06/02(日) 00:06:20.45
■【必見】特別会計の正体!(2018/12/04) その12

因みにこの国政調査権というのは特定機密保護法ができてしまったため
議員がもし今国政調査権を使おうとするとそれが犯罪になってしまう。

本来、特定機密保護法は官僚や公務員の利権を守るためのものであるのだが、
その本質を知らせないために日本の左派が別の危険性を扇動したのだと思われる。
スピン報道だ。

石井氏の国政調査権を使った話は極力検索で引っかからないように
コントロールされている。
そういう意味では日本の情報統制は徹底している。

実際に税金を原資として食べている人たちの総数は3500万人前後と思われ、
もしかしたら今はもっと増えているかもしれない。

これについては「特別会計の中身が不明なため、一部の事務次官以外は
誰も知らない」のだ。

ハッキリしていることは、消費税が増税されても今回の公務員給与アップの
ように人事院がうまく裁定して見えない人件費に使われていくという事なので、
これからも財政赤字は拡大を続け、社会保障には殆どお金が回らないのである。

42革命的名無しさん2019/06/02(日) 00:06:33.76
■【必見】特別会計の正体!(2018/12/04) その13
https://www.youtube.com/watch?v=ONHK_r1ZMic&list=PLhS9s_apMhZzQ2Z1okYaaKC53wcaywQc2

結果、官が拡大して、民が縮小というマクロの流れ出来上がっていく。
官製経済なので、当然景気は回復しないということになる。
今後、消費税が10%になるが(現行8%)だからといって社会保障は
充実することは決してないのである!(断言)
むしろ縮小していくだろう。。

一方公務員や準公務員の待遇は益々改善されていくことだろう。
いずれにせよ、マスコミが宣伝する日本の財政話の虚構を踏まえ、実際は
3000万人以上いる税金を原資とする人たちの処遇をどうするか、と言う話を
しないと根本的に日本の立ち直りは困難なのである。

石井こうき氏の調査により、実質日本は社会主義の国であって、そこでは
どんどん貧困化が進むだけ、ということがあからさまになったのだ。

なぜ天下りが悪いか?これは単純で民業圧迫がどんどん起こる。
官が様々な事業を占有してしまうことで民間同士で競争して事業を興して
収益を出すという資本主義が回らなくなってしまう。

日本ではこのように民間同士が自由競争できる分野が非常に少ない。
ちなみにラーメン屋は日本で有名だが、これは数少ない競争原理が
働いた業界であろう。

ただこのような業界は少なく大多数の業界が民業圧迫されて利益が
上がらなくなっている。
それでこの傾向はこれからもどんどん続くと思われるので、我々は
それに備える必要がある。

43革命的名無しさん2019/06/02(日) 00:09:49.25
■【必見】特別会計の正体!(2018/12/04) その14
そもそも資本主義はどういう体制か?と言うと「公的部門と私的企業が
完全分離された体制」であって私的企業が色々事業をやっても役人に
文句を言われないような体制のことだ。
ところが官製企業が増えてしまうと、当然その分野は役人の目を気にしないと
商売できないため、資本主義は機能しなくなる。

石井こうき氏は当時それを発見し、「日本ではしばらくしたら経済が
機能不全に陥る」(ソ連のように)のを案じたのである。
日本で多くの人(純民間人)が貧しくなっているのは、資本主義が
機能不全に陥っているためとも言えるのだ。
しかしその本質に気づかれたらまずいので「資本主義は悪だ〜金持ちが悪い!
だから金持ちに増税しよう!」とやっているのである。
しかし、その増税分は上記3665万人前後の方で分配されることになる。
日本の真の構図を炙り出した最も偉い人が石井こうき議員であり、彼こそが
財政学の父と言われる。
そしてこれ程の本質を突き詰めたために彼は国家側に明確に暗殺されたのだ。

■ その15
彼が命をかけて残した遺書のような書籍や情報、これは現代を生きる私たち
民衆の宝物である!
特別会計の闇を暴こうとすると実際に人が死ぬ。。
故に議員たちも最近は怖がって議論しなくなった。
一部の元気な野党議員も決して触れようとしない。
しかし特別会計問題は、そろそろ私たち日本人が議論すべきものである!
「財政が危ないから増税を」というのであれば、
「特別会計+一般会計」の純計を透明化し、オランダのように
ネットで誰でも見れるようにするべきだ。
その上で語らないと多くの純民間人は納得しない。
消費増税して公務員給与は5年アップということで、
最早人事院たちも、特定機密保護法が施行されて政治家が国政調査権を
使えなくなっているのをいいことにやりたい放題だ!

44革命的名無しさん2019/06/02(日) 00:11:00.85
■【必見】特別会計の正体!(2018/12/04) その16

ちなみに日本人が「自分の税金は何に使われているか」を調べていくと
必ず石井こうきさんにたどり着くだろう。

なぜか?というと過去、国政調査権を使って特別会計まで調べた議員が
彼しかいないからである。

2009年の小沢鳩山も特別会計解体をしようとしたのが、 ←★★★
官僚たちにつぶされてしまった。

今仮に議員たちがそれをやりたいと思っても特定保護法もあって、
というより脅されるため最近の議員たちは石井こうき氏のことは
知りつつも、調べようとはしない。(腑抜けどもが。。)

ただ我々純民間人も「自分の支払った税金はいったいどうやって使われて
いるのか?」は絶対に知っておくべきである!

石井紘基氏が明かす特別会計の利権システム(2017/8/20)
https://blogs.yahoo.co.jp/s_kengokeiko/28834151.html

■石井紘基 日本病の正体
https://www.youtube.com/watch?v=3aAOtNDjEyw&feature=youtu.be
★2012/05/10 に公開
伊藤白水に刺殺された石井紘基衆議院議員。
彼の卓越した洞察力が日本の暗部を照らし、
自滅する自国への警告を続けてきたが道半ば倒れた。
後を担うべき民主党も彼の遺志を継ぐこともなく、時間ばかりが過ぎていく。
娘 石井ターニャは、今も父の求めていたものを成し遂げようと、日々奮闘している。★

45革命的名無しさん2019/06/02(日) 00:11:47.50
■なぜ原発は、無駄な公共事業は止められない?
暗殺された国会議員、石井紘基がすでに答えていた(2017.07.09) その1
http://turbulence.whdnews.com/p/1707/FF8800Kh1.html

石井紘基という政治家をご存知だろうか?
旧民主党に所属していた衆議院議員だが、2002年10月25日に自宅前で暴漢に刺殺された。
彼は「国会の爆弾発言男」と呼ばれ、政府の財政・会計に関する不正を追求し続けた。

そして「特別会計」というからくりに、国民の資産を闇にばらまく
不正なシステムがあることを突き止め、その核心部分を国会で暴露しようとした、
まさに直前に殺されたのだ。

その石井紘基の残した遺産を、東大の東洋文化研究所教授の安冨歩氏が講義で語った動画がある。
とても注目すべき内容なので、今回はそれを紹介したい。
安富教授は故・石井紘基議員が残した遺産を整理し
、今の世の中で「なぜこんな理不尽なことがまかり通るのか?」という疑問に光を当てる。

それは例えばこんなことだ…

46革命的名無しさん2019/06/02(日) 00:13:59.81
■なぜ原発は、無駄な公共事業は止められない?
暗殺された国会議員、石井紘基がすでに答えていた(2017.07.09) その2
なぜ福島原発事故という悲劇を経ても、原発は止まらないのか?
なぜ「低予算のエコ・オリンピック」だったはずの東京オリンピックの予算は、
かくも膨大に膨れ上がるのか?
官僚の天下りが様々な弊害を生んでいることが叫ばれて久しいのに、
なぜそれがなくならないのか?
安倍政権は国内の福祉は削りに削っているのに、
なぜ何十兆円ものカネを海外にばら撒けるのか?
なぜ一度決まった公共事業は、もうそれが役に立たないことがわかっていても
止めることが出来ないのか?
この動画の内容を理解すれば、これらの疑問に対する「なるほど!」
と思える「回答」が得られるだろう。
今こそ石井紘基の残した遺産をもう一度振り返り、検証するべきではないだろうか?
時間のない方のために内容の要旨をテキストで書き出したが、できれば動画を全編見て欲しい。
動画の中には石井議員の忘れ形見、娘のターニャさんも登場する。
■ その3
【内容要旨】
殺された石井紘基議員は、「日本の財政のお金がどこに流れているのか」
ということを調べていた。
そのことを調べた人は他にいない。
その石井議員が宮沢財務相(当時)に国会で「日本の財政の総額はいくらか?」と
聞いたことがあるが、事前に質問を提出していたにも関わらず、答えられなかった。
日本の財政はあまりにも複雑怪奇になっていて、
財務大臣ですら総額が分からないという状態だった。
石井議員が明らかにしたことは「一般会計は見せかけで、日本の財政の大半は特別会計に流れている」ということ。
特別会計とは、税収以外の財源による、一般会計とは別の財布のこと。
政府の巨大な事業は殆ど特別会計でやっている。
一般会計では予算を削って削って、慎ましくやっていても、
特別会計では何十兆円というカネが流れていたりする。
石井紘基議員の調べでは、かつての高速道路公団(現NEXCO)には、
特別会計から18兆円、住宅公団には32兆円のカネが流れていた。

47革命的名無しさん2019/06/02(日) 00:14:42.74
■なぜ原発は、無駄な公共事業は止められない?
暗殺された国会議員、石井紘基がすでに答えていた(2017.07.09) その4
http://turbulence.whdnews.com/p/1707/FF8800Kh1.html

住宅公団(特殊法人)の下には三千社ぐらい子会社があり、この32兆円を出資している。
更に孫会社もたくさんあり、これらはほぼ民間企業になるので、政府に何も報告
しなくていい(会計検査院のチェックが入らない)のだが、
流れているカネは特別会計からの政府のカネ。
なんで特殊法人の下に三千社も子会社があるのかというと、天下り先の確保のため。
つまり、この三千社の子会社は、特殊法人からの天下りが経営していて、
特殊法人から降りてきたのカネから利益を抜いて、
仕事は民間の会社に丸投げする…それだけのためにある。
つまり、ピンハネ子会社が三千社ある。

こうしたことを調べ続けていて、石井紘基氏はある日自宅前で暗殺された。
もし民主党に政権交代した時に石井議員がいたらどうなっていただろうか?
石井議員は「日本のGDPのうち、6割はこうした形で吸い取られていて、 ←★★★
まともな経済は4割しかない。これで国が保つわけはない」と言っていた。
特別会計の財源は、借金以外では我々の生活に必要な公共料金など
(電気代、ガス代…etc.)に乗っかっている。
そしてこういう形でカネがどんどん中抜されていくので、
例えば原発の実際の建設費などは、
元の特別会計から出たカネの1/10ぐらいしか残らない。 ←★★★
こうしたことは直接我々の健康や命に関わってくる。

しかし、このシステムは今は完全に破綻している。
国の借金が色んな形で総額2000兆円ぐらいになってるから。
…こうした問題をなくすのは実は単純で、特別会計をなくし、特殊法人を全て潰せばいい。
しかし、日本社会の全てはこのシステムの中に取り込まれている。
皆さん(学生)が大学に通えるのも、このシステムのおこぼれが回っていってるから。
このシステムを潰すのが難しいのは、全国民が多少はこのシステムの恩恵を受けているから。
だから止めることが難しくなっている。

48革命的名無しさん2019/06/02(日) 00:16:20.44
■なぜ原発は、無駄な公共事業は止められない?
暗殺された国会議員、石井紘基がすでに答えていた(2017.07.09) その5
民主党政権になった時に、多少はこのシステムを止める方向に政策がとられた。
すると、全国民が少しずつ困る。
だから「大いに困るシステムの中枢にいる人」が、まず政権交代の前に
小沢氏がスキャンダルをでっち上げて失脚させた。(結局は無罪) ←★★★
鳩山さんはアメリカの基地の問題で失脚。 ←★★★

結局このシステムが止まるとみんなが困るから、自民党に戻すことになった。
しかし、一度止めようとしたことで状況は悪化し、今は大変な状態になっている。

バブルが崩壊するまではこのシステムは順調に動いていた。
しかし崩壊後機能しなくなったのに、システムだけが残り、
借金が積み上がっていくという状態が25年ほど続いている。 ←★★★

今、このシステムの崩壊を必死で食い止めようとしているが、実際には
「すでに崩壊していることを必死で隠蔽している」と言った方がいいだろう。
石井議員は「そんなことをしていては問題の先送りで、ソフト・ランディングできなくなる。
早めに別のシステムに切り替えた方がいい」と主張したわけだが、結果的に殺されてしまった。

システムはいつか崩壊する。そのための備えは、
「システムに依存しないで生きる」ことだと思う。
皆さん(東大生)はシステムの中枢に入る資格がある人で、その流れに乗れば高い給料や、
それなりの社会的地位が手に入ると思う。

49革命的名無しさん2019/06/02(日) 00:16:38.03
■なぜ原発は、無駄な公共事業は止められない?
暗殺された国会議員、石井紘基がすでに答えていた(2017.07.09) その6
http://turbulence.whdnews.com/p/1707/FF8800Kh1.html

システムの中枢の中にいながら、システムの流れとは違うことをやろうすると、
ものすごい抵抗、軋轢が生じるだろう。
そのためにはものすごい勇気と、知恵と、自分を支えてくれる人が必要。
石井紘基議員はたったひとりで、徒手空拳でそれをやったわけだが、
もし10人が同じようにやったら、大きな力になるだろう。

出典 https://www.youtube.com/watch?v=v2IARqEj3c8(削除済み)

特別会計の「システム」は、近い将来必ず止まる。
それは今年中にやってくるかもしれないし、来年かもしれない。

いかがだろうか。
いわゆる陰謀論で、こうした「闇のシステム」…例えば「イルミナティ」とか、
「ユダヤ金融資本」などによって国益が吸い取られ、横流しされていることが
指摘されているが、そのような実態のよくわからない「闇組織」を持ち出さなくても、

日本に当たり前に存在する官僚組織と特殊法人、特別会計というからくりで、 ←★★★
実際にそのような搾取が行われていることを石井紘基は示した。     ←★★★
その最も核心の部分が暴露される前に石井議員が暗殺されたことは
かえすがえすも残念だが…。

50革命的名無しさん2019/06/02(日) 00:18:03.58
■なぜ原発は、無駄な公共事業は止められない?
暗殺された国会議員、石井紘基がすでに答えていた(2017.07.09) その7

安富教授の分析がユニークなのは、この「システム」の恩恵にあずかっているのは、
一部の既得権益者などではなく、日本人全体が大なり小なり
その「甘い汁」を吸っている…という点だ。
つまり日本人全部がシステムの中毒になっていて、システムが機能しなくなることを
望んでいない。だからなおのこと「システム」は止まらない。
しかし、システムが急速に行き詰まっていることは明らかで、
ついに崩壊するのはそう遠い将来ではないわけだ。
それは今年やってくるかもしれないし、来年かもしれない。
その時は旧ソ連が崩壊したように、日本という国家も存亡の危機に立たされるだろう。
最近政治が急速に行き詰まり、過去見たこともないような醜悪な本質を晒しているのは、
このシステムの最後の断末魔、「終わりの始まり」なのかもしれない。
石井紘基議員が暗殺された経緯については、下記の動画をご覧いただきたい。↓

■石井紘基 日本病の正体
https://www.youtube.com/watch?v=3aAOtNDjEyw&feature=youtu.be

石井紘基の本は手に入らないので ↓
■亡国予算―闇に消えた「特別会計」 単行本 2009/4/28 北沢 栄 (著)
アマゾンレビュー その1
●2017年9月5日
近代国家の会計が二重帳簿とは呆れるほかない
今だに明治維新と言うクーデターを起こした
薩長体制のままで有るという動かぬ証拠である

●2009年6月14日
日本経済の入門書を見ると、国家予算のページで疑問が生じる。
四苦八苦してやりくりする一般会計の報道が脳裏をよぎるなか、
その規模が5倍ほどもある特別会計が、殆ど詳述されることなく、
あるとだけ記述されているからである。

51革命的名無しさん2019/06/02(日) 00:19:36.47
石井紘基の本は手に入らないので ↓
■亡国予算―闇に消えた「特別会計」 単行本 2009/4/28 北沢 栄 (著)
アマゾンレビュー その2
規模が巨大ということは、それだけ余力があると考えるのが大方において妥当する。
果たしてどういうことなのか。
本書は特別会計の徹底的な調査をもとに、その構造から金の流れまでを
白日の下に晒した渾身の書である。
特別会計のウソ、カラクリをこれでもかというほどに明かしていく。
著者が述べているように、公式発表されているデータをつなぎ合わせても、
特別会計の収支の全貌は見えてこない。
つまり国民には特別会計の真実は知らされていないのである。
そして特別会計の剰余金はそのまま官僚の利権となり、その借金は国民の負担となる。
「政治は、積立金と不用金というストックとフローの両面から
余剰資金(埋蔵金)を捕捉し、一般財源と借金減らし(国債償還)に活用することを、
ただちに考えなければならない。
消費税の引き上げは順序として、その後である」(p208)。
特別会計を知り尽くした著者の言葉は重い。
著者の提言する「究極の制度改革」は強烈である。
特別会計だけにとどまらない、「ムダの体系」そのものの全廃を目指している。

アマゾンレビュー その3
少しずつではあるが、時代もそれを求め始めているのではないか。
本書を読むほどに、政治が要であることをも痛感させられる。
そして政治を求め、方向づけるのは国民である。
日本のありかたを、そして未来を考える上で、必読の一書ではないだろうか。
●2015年1月2日
よくこんな考えられないエゴな事を長々とできてるな、と本当あほらしく感じた。
特別会計をなくせば消費税増税は全く必要ありません。
●2009年7月30日
まず、非公開の情報、あいまいな基準、会計テクニックで、
複雑怪奇となった、特別会計を読み解いた著者をねぎらいたい。
そして、内容が事実なら、逮捕者がでてもおかしくない。

52革命的名無しさん2019/06/02(日) 00:21:44.44
■小沢一郎さんが潰された大きな原因は特別会計にあると僕は考えています。その1
http://www.as yura2.com/14/senkyo171/msg/759.html

69. 2014年9月24日 21:24:18 : 8q3qeXT2cg
●石井紘基議員は、特別会計を精査し爆弾発言が予想されていた。
その資料を事務局へ届ける当日の朝、暴漢に襲われ死亡。
家族は救急車へ乗ることも拒まれた。
石井氏は、事前に脅迫を受け続けていたと言われている。
国会では、与党のみならず野党の議員も
「そろそろやられるのではないか」との噂が立っていた。
犯人は獄中で頼まれて殺したと告白するも、それ以後は沈黙している。
●かつて、橋本龍太郎氏が「米国債を売りたい衝動に駆られる」と言い、
米国株が暴落した。橋本氏は突然病気になり、近くにある虎の門病院ではなく、
わざわざ遠くの慶応病院へ搬送され、死亡。
●いつぞや、「13兆円の米国債のニセモノがヨーロッパで出回った」とのニュースがあった。
後日、それは本物であり、売ろうとしたのは中川昭一氏だとの噂が流れた。
その後、中川氏は酩酊会見・落選・不審な死を遂げた。
●石原慎太郎は委員会で会計制度に言及し、
前時代的な単式簿記・特別会計について批判した。
その後、豹変して米国ネオコン勢力のポチとなった。
猪瀬と異なり、徳州会からの闇献金など、
一切の不詳事は不問とされている。   ←★★★俺注・舛添以上の浪費も不問
●安倍がオバマに褒められた。
それは50兆円ほどの米国債を買ったからであり、
それと引き換えに円安と株高を米国にお願いしたとのウワサ。
株価は維持・円安が続き、アベはここしばらく安泰であった。
権力は腐敗する。日本は米国の植民地である。
つまるところ、特別会計の扉をこじ開けようとすると身に危険が及び、
死に至ることがある。
すなわち、国家機密なのであり、怪しさが充満しているのである。
そうでないと言い張るならば、
公認会計士の精査を受けて堂々と国民に開示すべきである。

53革命的名無しさん2019/06/02(日) 00:23:18.81
■小沢一郎さんが潰された大きな原因は特別会計にあると僕は考えています。その3
http://www.as yura2.com/14/senkyo171/msg/759.html

81. 2014年9月25日 00:46:20 : 8q3qeXT2cg
>>76 さん
日本は先の戦争に負け、無条件降伏しました。
米国にとって、日本は戦利品なのです。

戦利品である日本を完全な米国の植民地とするための方策が、
3R5D3S政策・東京裁判・プレスコード(報道統制)・日米安保条約
・日米地位協定、そして傀儡政権なのです。

読売・電通・東京地検特捜部はCIA直属の日本国民洗脳機関・弾圧機関であり、
USTR(アメリカ合衆国通商代表部)やCSISと密接に連携していると思います。

たぶん特別会計には、名目を偽って
様々な流用や偽装会計がなされていることでしょう。
米国債購入など、公表されている名目以外で米国に流れているお金も
あるのだろうと想像しています。

つまり日本国民の資産が投機に転用され株価を押し上げ、
外国人がその受益者としてキャピタルゲイン(売買益)を確定するという
不条理なのであり、おそらく日銀の金融緩和策そのものが彼らによる
教唆(インサイダー)なのであり、本質としてこの体系は極めて巧妙かつ
集約的なプランテーションだと認識して頂きたい。

●おおよそ国家の意思決定は国政議会によるのではなく、
CSIS(米戦略国際問題研究所)など宗主国のシンクタンクによるのであり、
つまり諸制度は多国籍資本によって起草されるのであり、
もはや様相は社会調整機能の一切が、東インド会社というコングロマリット
(半官半民の植民地企業体)に委ねられたイギリス領インド帝国と
なんら変わりがないだろう。

54革命的名無しさん2019/06/02(日) 00:25:57.71
■小沢一郎さんが潰された大きな原因は特別会計にあると僕は考えています。その6

●最後の民主的な政治ユニットであった鳩山由紀夫と小沢一郎の失脚は
官僚、報道、米国、財界など権益集団のクーデターによるものである。

一般国民はあまりにも無知であるため、功績(対日改革要望書の破棄)を
評価するどころか、そもそも既得権益が何かという理解すら覚束ない。

トクベツカイケイも、ザイセイトウユウシも、ガイカクダンタイも、
ナイセイカンショウも、意味化も観念化もできないのであり、
搾取されているという自覚すらもなく、鳩山・小沢の敗北は、
つまるところ民度の敗北であったのだと思う。

●2013年のNY市場急騰は、金融緩和により大量流出した日本円によるものであった。
つまり世界の一極では低金利が進行し、一極では高配当が進行するという
歪な対照性が構造化されたわけだ。

その様相は「周辺」である途上国が原材料供給地に止まり成長が阻害される一方、
「中心」である先進国が加工・生産に特化しつつ独占的に利潤を上げるという、
プレビッシュが提唱した「中心と周辺」(center and periphery)の概念に等しい。
つまり、我々もまた第三世界と同様に従属する体系とみなされている。>

96. S.T 2014年9月25日 04:43:07 : TNEHs1z1b5edM : rFA6jKEVBE
色々な考え方や見方がある事に感心させられるばかりです。
阿修羅掲示板の過去にも色々な投稿がありますので検索すれば
何かヒントが出て来るかも知れません。
参考までに。
(※検索結果で私が気になった情報の転載です)

●安倍首相の50兆円外債購入ファンド設立構想→日本を亡国へ導く
対米マネー献上の恐るべきカラクリ・・安倍円安 米国公認の裏庭
投稿者 墨染 日時 2013 年 2 月 13 日

55革命的名無しさん2019/06/02(日) 00:34:55.46
>>118

■小沢一郎さんが潰された大きな原因は特別会計にあると僕は考えています。その7
http://www.as yura2.com/14/senkyo171/msg/759.html

>CSIS http://blog.goo.ne.jp/yamanooyaji0220/e/31b189c3f9bcbd9e5873cb3361a65cb7


95. Yomy 2014年9月25日 04:42:55 : xX7Gl1Krzg6PE : Qk0z0gVGLY
>>81さん、
状況に対してどうやって克服していくか、という話になると思いますが、

マスコミ(電通、博報堂)
暴力団、右翼(あえてニセ右翼と言いたい)
在日米軍、米軍基地

まず大きな足枷となってくるものがいろいろとあると思います。

ハト派の自分として、民主的、平和的なかたちで状況を良くしていくシナリオ
としては、上でも他の方が少し述べられていますが、

@選挙によりまともな政治家を選ぶ。
A特別会計の状況を国民に対して明らかにし、国民がそれをよく理解する。
B米国への富の流出を、国民の世論で少しづつでも減らしていく。
C経済的理由から米国の覇権が揺らぎ、基地の撤退を余儀なくされる。
D米国からの内政干渉がなくなる。
本当の日本の政治はDからスタートすると思いますがいかがでしょうか。

●売れない米国債を購入したゆうちょ銀行 (世界の真実の姿を求めて! )
…「敵国条項」の発動により日本の米国内資産を凍結する
http://www.as yura2.com/11/hasan72/msg/130.html
投稿者 新世紀人 日時 2011 年 6 月 07 日

56革命的名無しさん2019/06/02(日) 00:40:32.42
■小沢一郎さんが潰された大きな原因は特別会計にあると僕は考えています。その11
http://www.as yura2.com/14/senkyo171/msg/759.html

●2007年度の一般会計、特別会計合わせた総会計の決算は
黒字だった?!。財政危機は本当か?
http://www.as yura2.com/10/senkyo93/msg/350.html
投稿者 fighter 日時 2010 年 8 月 28 日

●日本政府は米国政府に貸した借金を毎年15兆円返してもらっているはず 
“消費税増税は全く不要である…”(新ベンチャー革命)
http://www.as yura2.com/12/senkyo125/msg/557.html
投稿者 明るい憂国の士 日時 2012 年 1 月 31 日

(おまけ)
●特別会計
https://www.mof.go.jp/budget/topics/special_account/

はっきり言うと、全体像は非常に理解しにくいというのが私の正直な感想です。
TPP、米国債購入、特別会計、りそな銀行、そして増税の根拠とODA・・・
これらが一体どのように繋がり・関連があるのか理解出来ると
(説明出来れば)良いのですが。
そういや朝日新聞は盛大に叩かれていますけど、
自民党とりそな銀行の闇を暴こうとした記事を目前にして
海へ浮かんで自殺扱いされた記者、
りそな銀行の会計士自殺など、どうもきな臭過ぎます。

そしてとどめは民主党・石井議員の暗殺。
犯人とされる人物が「自分は頼まれてやった」と
刑務所内で発言しているにも関わらず無視し続けている。

この違和感が判ればスッキリするのですが、
闇が判るほど素人では到底無理があるので「推理」と「検証」で積み重ねるしか無い。

57革命的名無しさん2019/06/02(日) 00:41:58.32
■小沢一郎さんが潰された大きな原因は特別会計にあると僕は考えています。その14
http://www.as yura2.com/14/senkyo171/msg/759.html

●※りそな関連はこちら
小泉政権が最も知られたくないりそな銀行処理インサイダ-疑惑について
http://www.as yura2.com/0610/senkyo27/msg/158.html
投稿者 国際評論家小野寺光一 日時 2006 年 10 月 02 日

142. 2014年9月25日 17:46:12 : 8q3qeXT2cg
>>95さんへ、
大きな流れとしては、その通りだと思います。
しかし、@〜Dののいずれも簡単ではありませんね。

悪徳ペンタゴンの名付け親は植草一秀氏だと思いますが、
それに暴力組織(893、ニセ右翼)を加えて悪徳ヘキサゴン
とする意見もあります。

石井紘基議員の刺殺事件、真実を報道するジャーナリストの怪死、
疑獄事件の発生時に起こる不審死などを見れば、
暴力組織である「消し屋」は実在するのだと思います。

戦後はGHQに「キャノン機関」という謀略組織があり、
日本の警察官僚・政治家・右翼などが出入りしていました。
●>ネット工作員の正体と消し屋の正体(wantonのブログ)
http://www.as yura2.com/14/senkyo171/msg/454.html

58革命的名無しさん2019/06/02(日) 00:43:44.10
■小沢一郎さんが潰された大きな原因は特別会計にあると僕は考えています。その15
http://www.as yura2.com/14/senkyo171/msg/759.html

●※石井議員暗殺資料はこちら
石井紘基議員暗殺の疑問点一覧
http://am★alfian.blo★g100.f★c2.com/blog-en★try-35.html

こうして記事を挙げていくと、市民はともかく、
国会議員でも判らない深い闇が政治・警察・司法の間で
つながっている可能性が疑わしくなります。

思いつくままに文章を書いていったので長文コメントお許しください。

>>95さんの@「選挙によりまともな政治家を選ぶ。」については
全くその通りだと思います。

ただし、現状は既得権益集団の結束によって「公正な選挙が実施されていない」
という実態です。
香川県高松市では、選管の担当者が票を不正操作したとして逮捕されました。
これは氷山のほんの一角であり、自分で調べた結果も異常極まる状態でした。

●>☆ 開票結果に見る 2013.7.16参院選挙の不正 ☆
http://www.as yura2.com/14/senkyo166/msg/320.html#c50

59革命的名無しさん2019/06/02(日) 00:44:11.55
■小沢一郎さんが潰された大きな原因は特別会計にあると僕は考えています。その16
http://www.as yura2.com/14/senkyo171/msg/759.html

142. 2014年9月25日 17:46:12 : 8q3qeXT2cg
>>95さんへ、
大きな流れとしては、その通りだと思います。
しかし、@〜Dののいずれも簡単ではありませんね。

悪徳ペンタゴンの名付け親は植草一秀氏だと思いますが、
それに暴力組織(893、ニセ右翼)を加えて悪徳ヘキサゴン
とする意見もあります。

石井紘基議員の刺殺事件、真実を報道するジャーナリストの怪死、
疑獄事件の発生時に起こる不審死などを見れば、
暴力組織である「消し屋」は実在するのだと思います。

戦後はGHQに「キャノン機関」という謀略組織があり、
日本の警察官僚・政治家・右翼などが出入りしていました。
●>ネット工作員の正体と消し屋の正体(wantonのブログ)
http://www.as yura2.com/14/senkyo171/msg/454.html

60革命的名無しさん2019/06/02(日) 00:44:35.14
■小沢一郎さんが潰された大きな原因は特別会計にあると僕は考えています。その17
http://www.as yura2.com/14/senkyo171/msg/759.html

また、ヘキサゴンを構成する、政界、財界、官界、報道(新聞各紙、電通・博報堂)、
米国(USTR,CSIS)の実態を垣間見るにつけ、
下記の響堂雪乃氏(俺注★「北朝鮮のミサイルはなぜ日本に落ちないのか」の著者)
の言葉に同意せざるを得ません。

>直言するならば、社会資本を根こそぎ外国人に引き渡することにより
インセンティブ(成功報酬)を得るという目論みであり、
つまり連中のうち誰一人として国民の福祉や生命を守ろうなどとは考えていない。

どのように社会が荒廃しようが、あるいは戦争国家が構造化されようが、
支配勢力に与する多国籍企業の役員、テレビ局や新聞社の社員、
国政・地方議員や公務員だけは安定給与と福利厚生さらには資産が
担保される仕組みなのであり、おおよそ支配階級と一般国民の二項対立は
究極に激化しているのだと思う。(響堂雪乃)>

61革命的名無しさん2019/06/02(日) 00:46:08.74
■小沢一郎さんが潰された大きな原因は特別会計にあると僕は考えています。その19
http://www.as yura2.com/14/senkyo171/msg/759.html

そして、2012衆院選挙についても「不正選挙である」との訴えが
100件はるかに超えているにもかかわらず、マスコミはその事実を
報道しようとしませんし、東京高等裁判所を始めとした裁判所も
まともな審理をすることなく「棄却」としています。

●>不正選挙裁判一覧 〜 猫旅館女将の不正選挙頁
http://www.marikadance.com/m/fuseisenkyo5.html
>9月20日 検索「不正選挙」2,430,000ヒット、「不正選挙 裁判」786,000ヒット

■ その20

米国大統領選挙でも不正が取りざたされ、後にEUから
選挙監視団が派遣されています。

また、メキシコ、チリ、アルゼンチン、韓国などでも不正選挙の
声が挙がっていたにもかかわらず黙殺され、
その後は米国ユダヤ資本の喰い物になっていま

日本も隷米・傀儡・不正選挙の偽造政権によって、
同じ道を辿ろうとしています。

●>米大統領選に欧州から選挙監視団 2004.08.09- CNN
http://www.as yura.com/0406/war58/msg/353.html

62革命的名無しさん2019/06/02(日) 01:00:52.06
■小沢一郎さんが潰された大きな原因は特別会計にあると僕は考えています。その21
http://www.as yura2.com/14/senkyo171/msg/759.html

国民・有権者が願う政治の実現には、民意を代表する議員を
国会へ送り出すことが基本ですが、公正な選挙がねじ曲げられ、
社会の木鐸であるべきメディアは権力の犬になり下がり、
裁判は公正に行なわれていないという、とても厳しい現状です。

しかしながら、ネット・ビラ・掲示物・集会などを通じて
これらの事実を広く国民・有権者に知ってもらい、
公正な選挙の実現を目指すことが出発点だと思います。

自分も自宅玄関のガラス戸を使い、TPP反対や不正選挙防止のための
掲示物を貼り、通行者に訴えています。
不正選挙を裁判で暴くことは難しいと思いますが、不正選挙糾弾の声を大にし、
不正を抑止・回避させることは可能だと思います。

高松市では、より正確を期すために手作業で票の確認をしたようです。
これが全国的に広まれば、不正を防止することに繋がると思います。

■ その22
多くの国民・有権者が捏造された情報に踊らされず
真の情報を把握して現状を理解し、真に公正な選挙が実現できれば
政治は変わるのだと思います。

真に国民のための政治を目指す政治集団がある限り、
希望はあると思っています。長くなってしまいました。


●>「日本の総理は、バカにしかやらせない」
・・とマイケル・グリ−ンは語る。
http://blog.goo.ne.jp/1491hayashi/e/4f55d36241c0434c1a2a4f9f526ecb26

63革命的名無しさん2019/06/02(日) 01:06:29.53
■税収の2/3が『特別会計』という官僚のやりたい放題の金庫に入っていく。
こんな国は世界では一つもない。 その1
https://blog.goo.ne.jp/jpnx05/e/49eba7dc75c9499c5fb84e67f88f1422?fm=entry_awp(2014/8/8)


564 :氏名黙秘:2014/04/30(水) 23:21:39.16 ID:???
TertuliaJapon ?@TertuliaJapon ・ 6時間
国民の給料が20年前のそれと比較して下がっているのに、
なぜ公務員や国会議員のそれだけ上がっていくのか?

税収の三分の二が特別会計と言う官僚の遣りたい放題の金庫に入っていく。
こんな国は世界では一つもない。
それをメディアも問題視しない。これも世界では一つもない。
異常国家ということです。

■ その2
●特殊法人につぎ込まれる特別会計の巨額な血税
no.3011 ( 目覚めよ日本人11/05/03 07:14 )

特殊法人につぎ込まれる特別会計の巨額な血税、
それに群がる天下り役人と政治家、そして財界、
そこかからは暴力団にも多額の金が流れている。
日本という国家を蝕む癌は、この特別会計を吸いつくす利権構造なのです。

特殊法人から企業へのお金の流れは民間なので、
会計検査院も検査できない仕組みになっており、
膨大な金額が消えていっている

●日本人は「石井紘基」の命を無駄にしないで
http://miyaserapi.blog.so-net.ne.jp/2014-03-12-2 より

★一般会計80兆円に対して、特別会計は360兆円

64革命的名無しさん2019/06/07(金) 17:25:40.50
今現在は、消費税が話題になっていますが、
固定資産税や都市計画税はほとんどが地方公務員の給与や退職金に使われています。
だから凸凹な市道が多い。雪国では除雪も市民が苦労することが多い。雪のないところに住むことです。
いくら納税してもダメです。地方公務員だけが豊かになるシステムです。

★つまり、震災時だけではなく、その前から高額な時間外手当を支給されていた職員が多数いたわけだ。\\\\\\\\\\\\\\\\\

広島市の土砂災害や常総市の水害でも職員の輩共がどんでもない焼け太りしてニュースになってたでしょ。

平均で「時給4428円」
広島市によると、災害発生から10月末までに残業した一般職員は5280人。この間の1人当たりの時間外勤務手当は平均23万3388円で、
最高額は635時間の時間外勤務をした消防局職員だった。
 1カ月間の時間外勤務手当が100万円を超えた職員は9人おり、うち消防局は8人。1カ月間の最高額は127万1082円で、平均時給は4428円。
https://www.sankei.com/west/news/141125/wst1411250009-n1.html

水害対応で最大342時間…常総市職員の残業代込みの給与「100万円超」
http://www.j-cast.com/2015/12/07252541.html

65革命的名無しさん2019/06/21(金) 19:00:15.86
金融庁は正しい2000万ナイト生きていけなくなる。

「年金の隠れ債務1600兆円」というのは鈴木亘学習院大学教授の主張です。
鈴木教授をそれを踏まえて年金改革についての様々な提言をされています。
以下のリンクからその一端をご覧になれます。→ 「日本には1600兆円もの暗黙の債務がある」


鈴木 同じどころか、もっとひどいです。原発は、爆発するかメルトダウンするか、
地震が起きない限り隠し通せる可能性がありますが、年金の金額の場合、
借金が確実にどんどん積み上がっています。
10年後に破綻するか20年後に破綻するかわからないですが、
確実にやってくる破綻のシナリオを隠しているというのは、
極めて不誠実です。いったい、どういうことなんですか?って思いますね。
本来は政治家に責任を問うべきでしょうけれど、田中角栄は亡くなっていますから。
もちろん正確に言うと、田中角栄だけのせいじゃないですけどね。
田中角栄が首相だった頃は高度成長期の終わりくらいだったので、
まだバラ色のシナリオを描いていたのは、ちょっとしょうがないかな、
という面もありますって。問題は、石油ショックのあと、
経済成長率が半分くらいになって、バブルのあともさらに半分になっていますけれど
も、その期間の政治家や官僚たちが何もしなかったことです。
確実にまずいことがわかっていて、まずいとわかってからもう40年くらいたちます
けど、その間に何もしなかった人たちの責任が一番大きいと思います。
実は、国も、現状をまったく発表していないわけではないんです。
年金でいうと、800兆円の純債務があることは厚生労働省も認めており、
300ページぐらいある分厚い年金数理レポートの真ん中あたりにちらっと書いて
あります。それを素人が見つけろっていうほうが無理なんですが、
常に官僚は正しいんですよ。批判されたときのために、
きちんと計算しましたというアリバイだけは必ず残している。
しかし、問題は、国民がそれをみつけられず、
事態の深刻さに気付かないということです。

66革命的名無しさん2019/10/02(水) 16:42:51.55
日本には3系統の予算がある

1.特別会計(非公開、非審議、決算無し)
2.財政投融資(非公開、非審議、決算無し)
3.一般会計(これだけが世間に公開されます。メディアが財源不足だと大騒ぎし、課税やむ無しと喧伝する)

特別会計、財政投融資は公益法人約28000に、ばら撒きされ、天下り官僚らの懐に消える https://t.co/pd8teha3wE 👀
Rock54: Caution(BBR-MD5:b73a9cd27f0065c395082e3925dacf01)

67革命的名無しさん2019/10/03(木) 13:10:25.02
日本経済の正体

・イメージ
優秀な日本人が優秀な日本の大企業で
画期的な工業製品を作りだし、大量に輸出して豊かになった。

・正体
政府が、一般会計と特殊会計で毎年膨大な金をばらまき、
それを再びいろんな形で取り上げて、また翌年もばらまく。
足りなくなったら赤字国債。
企業も実は、実質、政府の公的企業みたいなのばっかり。

これを暴露しただけでも、石井の功績は絶大。

68革命的名無しさん2020/05/07(木) 20:21:56.43
ユニクロ柳井氏「日本は公務員を半減せよ」発言の「大きな間違い」
すでに日本は「小さな政府」
https://gendai.ismedia.jp/articles/amp/67965

日本の政府支出は, 先進国の中でも少ない方

公務員削減についても、ごく簡単なデータから否定できる。雇用者全体に占める一般政府雇用者比率は5.9%とOECD諸国の中で最も低い値である。
ちなみにOECD諸国の同比率の平均は18.1%であり、日本は突出して公務員比率の低い国であることがわかる2。

なぜ経済人のマクロ経済への提言は誤るのか

「オープンシステム」の罠

「民間こそ素晴らしい」と言いたい人々

69革命的名無しさん2020/07/15(水) 21:27:37.90
竹中平蔵 ベーシックインカムは究極のセーフティーネット、今が一気に導入する好機

<インタビュー「私が考えるベーシックインカム」>

 ベーシックインカムを支持する人の間でも、その目的や手法についての考え方はさまざまだ。財政や社会運動などの分野で幅広く活躍する4人の論者に聞いた。

(聞き手=市川明代/桑子かつ代・編集部)(ベーシックインカム入門)

── 本誌6月2日号で紹介した竹中さんのインタビューで、ベーシックインカム(BI)に前向きな発言をしたことに、ツイッターなどで大きな反響があった。

■そうだったんですか(笑)。新型コロナウイルスの感染拡大前から日本社会は大きな変動期を迎えていた。これまでは偏差値の高い大学を出て、
大企業に入って管理職になれば安泰だったが、今はそういう人生の海図が描けなくなっている。チャレンジし続けなくてはならないが、
チャレンジにはリスクがつきもので、「究極のセーフティーネット」が不可欠だ。BIは、究極のセーフティーネットだ。

── 特に若い人たちの間で、関心が高いようだ。

■今の若い世代には、そうした社会変動のリスクに加え、長生きのリスクがある。医療は進歩しており、彼らは私たちよりはるかに長生きする。
どのように職を変え、そのためにどんなリカレント教育(社会に出た後の学び直し)を受ければいいのか、
悩み続けなければならない。そういう中でBIが受け入れられているのだろう。

── 新型コロナ対策としての10万円の特別定額給付金が、BIへの入り口を作ったという声がある。

■新型コロナで世界中が異常な事態に陥り、現金給付をする国が相次いだ。日本はとにかく全員にということで、経団連会長にも配った。それが正しいことなのかという議論はもちろんある。

 今後、新型コロナの第2波、第3波が来れば、例えば毎月5万円を給付する必要が出てくるかもしれない。
その際にはマイナンバーが重要になる。銀行口座とひも付け、高所得者には年末調整や確定申告の時に返してもらう。こうすることで事実上のBIになる。

(竹中平蔵・東洋大学教授、慶応義塾大学名誉教授)

https://weekly-economist.mainichi.jp/articles/20200721/se1/00m/020/021000c

70革命的名無しさん2020/07/15(水) 21:28:51.21
生活保護は「不要」に
── 財源はどうするのか。

■基になるのは(米経済学者)ミルトン・フリードマンの「負の所得税」の考え方だ。一定の所得がある人は税金を払い、
それ以下の場合は現金を支給する。また、BIを導入することで、生活保護が不要となり、年金も要らなくなる。
それらを財源にすることで、大きな財政負担なしに制度を作れる。生活保護をなくすのは強者の論理だと反論する人がいるが、それは違う。
BIは事前に全員が最低限の生活ができるよう保証するので、現在のような生活保護制度はいらなくなる、ということだ。

── 日本でBIを実現できると考えるか。

■非常に大変だろう。だからといって、少しずつ制度を変えようとすると、絶対に実現できない
既得権益を守ろうとする人たちが必ず出てくるからだ。社会主義国が資本主義にショック療法で移行した時のように、一気にやる必要がある。今がそのチャンスだ。

(竹中平蔵・東洋大学教授、慶応義塾大学名誉教授)

https://weekly-economist.mainichi.jp/articles/20200721/se1/00m/020/021000c

竹中平蔵「ベーシックインカムにするべき、生活保護、年金はいらなくなる、今がそのチャンス」 [921271808]
https://leia.5ch.net/test/read.cgi/poverty/1594798688/

【森友改ざん】自殺職員の妻「夫は、内閣が吹っ飛ぶようなことをしたんやぞ、やったらだめなことをやってしまった。とずっと言ってた」★2 [マジで★]
https://asahi.5ch.net/test/read.cgi/newsplus/1594815857/

【森友改ざん】自殺した職員の妻「夫は、内閣が吹っ飛ぶようなことをしたんやぞ、やったらだめなことをやってしまった。とずっと言ってた」 [マジで★]
https://asahi.5ch.net/test/read.cgi/newsplus/1594811911/

新着レスの表示
レスを投稿する