X



無色の雨弓

0001名前はいらない
垢版 |
2023/01/15(日) 17:07:08.28ID:HdGeCwgJ
 



眠れない。だからいつもより長くて明かりのある夜を過ごす。退屈な時間。
 自分の過去の作品を読む。どれも似ている。雑草みたいな類似性を浮かべている。痛みさえあるような冷たさがある。日々の不満、怒り、その場では言えないようなことを荒々しく、先のことも、周囲のことも、なにも考えず、吐き出しているような言葉たち。根本的にあるものはずっとそのまま。変わりたいという気持ちはいつも持っているのに、どこかには必ず不安があって、その裏には自信や強みが隠れている。複雑で扱いにくい心。決して器用なタイプではない。どちらかといえば不器用に近い。不器用だから、自分がつくりだした世界観のこだわりにいつの間にか追い出されて、再び入ることもできなくなった。今はただ広大な殺風景とされるような地で彷徨っている。
 
いつも没個性で、どこにいても役立たず。
 このまま沈んでしまいたいと、仮眠の延長で思う。
 このまま飛んでしまいたいと、見飽きた景色をみて思う。

 冷たい冬が苦しい。
 部屋の電気を消して、畳の上で横になる。膝を曲げて、背中を丸めて、目を閉じる。時間がとまってほしい。成長も、環境も、空気も。静寂でいて。ちょっと待っててのノリで、手軽にとめられたらと。空想に耽る。学生生活なんてもう慣れて、飽きているはずなのに。少し休みの期間があっただけで、いつの間にか、堕落して、甘えて、弱くなってしまった。
 今日も良い方向に明るい方向に進めなかった。進まなかった。
 また私は私自身を守ろうとして、嘘ばかりで、変わらなくて、いつも通り。
 避けずに、逃げずに、生きよう。
0140虚構の真実 ◆Ks/PopOhaQ
垢版 |
2024/03/02(土) 12:49:42.26ID:w6JmQBgw
,
■聖書暦22年(2025年5月7日(水)(日没)〜5月8日(木)(日没前))
 ▲地底暦2024年10月25日(金)(日没)〜10月26日(土)(日没前)
  ※地底暦2024年10月25日……★逆転(第九帖⇔第十帖)
    (日月(Θ(ヒ))の巻(第6巻)(第十帖(一八三)))
  ※地底暦2024年10月26日……★逆転(第九帖⇔第十帖)
    (日月(Θ(ヒ))の巻(第6巻)(第九帖(一八二)))
 ▽地底暦2025年11月17日(日)(日没)〜11月18日(月)(日没前)
  ※地底暦2025年11月17日……黄金(※巻頭)
■聖書暦23年(2025年5月8日(木)(日没)〜5月9日(金)(日没前))
 ▲地底暦2024年10月26日(土)(日没)〜10月27日(日)(日没前)
  ※地底暦2024年10月26日……★逆転(第九帖⇔第十帖)
    (日月(Θ(ヒ))の巻(第6巻)(第九帖(一八二)))
 ▽地底暦2025年11月18日(月)(日没)〜11月19日(火)(日没前)
■聖書暦24年(2025年5月9日(金)(日没)〜5月10日(土)(日没前))
 ▲地底暦2024年10月27日(日)(日没)〜10月28日(月)(日没前)
 ▽地底暦2025年11月19日(火)(日没)〜11月20日(水)(日没前)
■聖書暦25年(2025年5月10日(土)(日没)〜5月11日(日)(日没前))
 ▲地底暦2024年10月28日(月)(日没)〜10月29日(火)(日没前)
 ▽地底暦2025年11月20日(水)(日没)〜11月21日(木)(日没前)
■聖書暦26年(2025年5月11日(日)(日没)〜5月12日(月)(日没前))
 ▲地底暦2024年10月29日(火)(日没)〜10月30日(水)(日没前)
 ▽地底暦2025年11月21日(木)(日没)〜11月22日(金)(日没前)
■聖書暦27年(2025年5月12日(月)(日没)〜5月13日(火)(日没前))
 ▲地底暦2024年10月30日(水)(日没)〜10月31日(木)(日没前)
 ▽地底暦2025年11月22日(金)(日没)〜11月23日(土)(日没前)
  ※地底暦2025年11月23日……Θ(ヒ)(※巻末)(※日月(ひつ九のまキ))
■聖書暦28年(2025年5月13日(火)(日没)〜5月14日(水)(日没前))
 ▲地底暦2024年10月31日(木)(日没)〜11月1日(金)(日没前)
 ▽地底暦2025年11月23日(土)(日没)〜11月24日(日)(日没前)
  ※地底暦2025年11月23日……Θ(ヒ)(※巻末)(※日月(ひつ九のまキ))
0141虚構の真実 ◆Ks/PopOhaQ
垢版 |
2024/03/02(土) 12:50:07.50ID:w6JmQBgw
,
■聖書暦29年(A1)(2025年5月14日(水)(日没)〜5月15日(木)(日没前))
 ▲地底暦2024年11月1日(金)(日没)〜11月2日(土)(日没前)
 ▽地底暦2025年11月24日(日)(日没)〜11月25日(月)(日没前)(夜)
■聖書暦29年(A2)(2025年5月15日(木)(日没)〜5月16日(金)(日没前))
 ▲地底暦2024年11月2日(土)(日没)〜11月3日(日)(日没前)
 ▽地底暦2025年11月25日(月)(日没)(夜)〜11月26日(火)(日没前)
■聖書暦29年(A3)(2025年5月16日(金)(日没)〜5月17日(土)(日没前))
 ▲地底暦2024年11月3日(日)(日没)〜11月4日(月)(日没前)
 ▽地底暦2025年11月26日(水)(日没)〜11月27日(木)(日没前)
■聖書暦29年(A4)(2025年5月17日(土)(日没)〜5月18日(日)(日没前))
 ▲地底暦2024年11月4日(月)(日没)〜11月5日(火)(日没前)
 ▽地底暦2025年11月27日(木)(日没)〜11月28日(金)(日没前)
■聖書暦29年(A5)(2025年5月18日(日)(日没)〜5月19日(月)(日没前))
 ▲地底暦2024年11月5日(火)(日没)〜11月6日(水)(日没前)
 ▽地底暦2025年11月28日(金)(日没)〜11月29日(土)(日没前)
■聖書暦29年(A6)(2025年5月19日(月)(日没)〜5月20日(火)(日没前))
 ▲地底暦2024年11月6日(水)(日没)〜11月7日(木)(日没前)
 ▽地底暦2025年11月29日(土)(日没)〜11月30日(日)(日没前)
■聖書暦29年(A7)(2025年5月20日(火)(日没)〜5月21日(水)(日没前))
 ▲地底暦2024年11月7日(木)(日没)〜11月8日(金)(日没前)
 ▽地底暦2025年11月30日(日)(日没)〜12月1日(月)(日没前)
  ※地底暦2025年11月30日
     ……月(ツキ)(※巻末)(※日月(ひつ九のまキ)(※巻末))
  ※地底暦2025年11月30日……磐戸(イ八トノまキ)(※巻末)(※旧)
  ※地底暦2025年12月1日……日の出(Θのてのまキ)(※巻頭)
0142虚構の真実 ◆Ks/PopOhaQ
垢版 |
2024/03/02(土) 12:50:26.05ID:w6JmQBgw
,
■聖書暦30年(B1)(2025年5月21日(水)(日没)〜5月22日(木)(日没前))
 ▲地底暦2024年11月8日(金)(日没)〜11月9日(土)(日没前)
 ▽地底暦2025年12月1日(月)(日没)〜12月2日(火)(日没前)
  ※地底暦2025年12月1日……日の出(Θのてのまキ)(※巻頭)
■聖書暦30年(B2)(2025年5月22日(木)(日没)〜5月23日(金)(日没前))
 ▲地底暦2024年11月9日(土)(日没)〜11月10日(日)(日没前)
 ▽地底暦2025年12月2日(火)(日没)〜12月3日(水)(日没前)
■聖書暦30年(B3)(2025年5月23日(金)(日没)〜5月24日(土)(日没前))
 ▲地底暦2024年11月10日(日)(日没)〜11月11日(月)(日没前)
 ▽地底暦2025年12月3日(水)(日没)〜12月4日(木)(日没前)
■聖書暦30年(B4)(2025年5月24日(土)(日没)〜5月25日(日)(日没前))
 ▲地底暦2024年11月11日(月)(日没)〜11月12日(火)(日没前)
 ▽地底暦2025年12月4日(木)(日没)〜12月5日(金)(日没前)
■聖書暦30年(B5)(2025年5月25日(日)(日没)〜5月26日(月)(日没前))
 ▲地底暦2024年11月12日(火)(日没)〜11月13日(水)(日没前)
 ▽地底暦2025年12月5日(金)(日没)〜12月6日(土)(日没前)
■聖書暦30年(B6)(2025年5月26日(月)(日没)〜5月27日(火)(日没前))
 ▲地底暦2024年11月13日(水)(日没)〜11月14日(木)(日没前)
 ▽地底暦2025年12月6日(土)(日没)〜12月7日(日)(日没前)
■聖書暦30年(B7)(2025年5月27日(火)(日没)〜5月28日(水)(日没前))
 ▲地底暦2024年11月14日(木)(日没)〜11月15日(金)(日没前)
  ※地底暦2024年11月15日……★逆転(▽▲)(No.28【B】)
 ▽地底暦2025年12月7日(日)(日没)〜12月8日(月)(日没前)
0143虚構の真実 ◆Ks/PopOhaQ
垢版 |
2024/03/02(土) 12:50:46.47ID:w6JmQBgw
,
■聖書暦31年(C1)(2025年5月28日(水)(日没)〜5月29日(木)(日没前))
 ▲地底暦2024年11月15日(金)(日没)〜11月16日(土)(日没前)
  ※地底暦2024年11月15日……★逆転(▽▲)(No.28【B】)
 ▽地底暦2025年12月8日(月)(日没)〜12月9日(火)(日没前)
  ※地底暦2025年12月9日……★逆転(▽▲)(No.28【B】)
■聖書暦31年(C2)(2025年5月29日(木)(日没)〜5月30日(金)(日没前))
 ▲地底暦2024年11月16日(土)(日没)〜11月17日(日)(日没前)
  ※地底暦2024年11月17日……黄金(※巻頭)
 ▽地底暦2025年12月9日(火)(日没)〜12月10日(水)(日没前)
  ※地底暦2025年12月9日……★逆転(▽▲)(No.28【B】)
■聖書暦31年(C3)(2025年5月30日(金)(日没)〜5月31日(土)(日没前))
 ▲地底暦2024年11月17日(日)(日没)〜11月18日(月)(日没前)
  ※地底暦2024年11月17日……黄金(※巻頭)
 ▽地底暦2025年12月10日(水)(日没)〜12月11日(木)(日没前)
■聖書暦31年(C4)(2025年5月31日(土)(日没)〜6月1日(日)(日没前))
 ▲地底暦2024年11月18日(月)(日没)〜11月19日(火)(日没前)
 ▽地底暦2025年12月11日(木)(日没)〜12月12日(金)(日没前)
■聖書暦31年(C5)(2025年6月1日(日)(日没)〜6月2日(月)(日没前))
 ▲地底暦2024年11月19日(火)(日没)〜11月20日(水)(日没前)
 ▽地底暦2025年12月12日(金)(日没)〜12月13日(土)(日没前)
■聖書暦31年(C6)(2025年6月2日(月)(日没)〜6月3日(火)(日没前))
 ▲地底暦2024年11月20日(水)(日没)〜11月21日(木)(日没前)
 ▽地底暦2025年12月13日(土)(日没)〜12月14日(日)(日没前)
  ※地底暦2025年12月14日……梅(んΦの○キ)(※巻末)
  ※地底暦2025年12月14日……白銀(※巻頭)
■聖書暦31年(C7)(2025年6月3日(火)(日没)〜6月4日(水)(日没前))
 ▲地底暦2024年11月21日(木)(日没)〜11月22日(金)(日没前)
 ▽地底暦2025年12月14日(日)(日没)〜12月15日(月)(日没前)
  ※地底暦2025年12月14日……梅(んΦの○キ)(※巻末)
  ※地底暦2025年12月14日……白銀(※巻頭)
0144虚構の真実 ◆Ks/PopOhaQ
垢版 |
2024/03/02(土) 12:51:14.46ID:w6JmQBgw
,
■聖書暦32年(D1)(2025年6月4日(水)(日没)〜6月5日(木)(日没前))
 ▲地底暦2024年11月22日(金)(日没)〜11月23日(土)(日没前)
  ※地底暦2024年11月23日……Θ(ヒ)(※巻末)(※日月(ひつ九のまキ))
 ▽地底暦2025年12月15日(月)(日没)〜12月16日(火)(日没前)
■聖書暦32年(D2)(2025年6月5日(木)(日没)〜6月6日(金)(日没前))
 ▲地底暦2024年11月23日(土)(日没)〜11月24日(日)(日没前)
  ※地底暦2024年11月23日……Θ(ヒ)(※巻末)(※日月(ひつ九のまキ))
 ▽地底暦2025年12月16日(火)(日没)〜12月17日(水)(日没前)
■聖書暦32年(D3)(2025年6月6日(金)(日没)〜6月7日(土)(日没前))
 ▲地底暦2024年11月24日(日)(日没)〜11月25日(月)(日没前)(夜)
 ▽地底暦2025年12月17日(水)(日没)〜12月18日(木)(日没前)
■聖書暦32年(D4)(2025年6月7日(土)(日没)〜6月8日(日)(日没前))
 ▲地底暦2024年11月25日(月)(日没)(夜)〜11月26日(火)(日没前)
 ▽地底暦2025年12月18日(木)(日没)〜12月19日(金)(日没前)
  ※地底暦2025年12月19日……雨(アメの○キ)(※巻末)
  ※地底暦2025年12月19日……[▽七б八十九十] ⇒ <▽七б>
■聖書暦33年ニサン8日(2025年6月8日(日)(日没)〜6月9日(月)(日没前))
 ▲地底暦2024年11月26日(火)(日没)〜11月27日(水)(日没前)
 ▽地底暦2025年12月19日(金)(日没)〜12月20日(土)(日没前)
  ※地底暦2025年12月19日……雨(アメの○キ)(※巻末)
  ※地底暦2025年12月19日……[▽七б八十九十] ⇒ <▽七б>
■聖書暦33年ニサン9日(2025年6月9日(月)(日没)〜6月10日(火)(日没前))
 ▲地底暦2024年11月27日(水)(日没)〜11月28日(木)(日没前)
 ▽地底暦2025年12月20日(土)(日没)〜12月21日(日)(日没前)(朝)
■聖書暦33年ニサン10日(2025年6月10日(火)(日没)〜6月11日(水)(日没前))
 ▲地底暦2024年11月28日(木)(日没)〜11月29日(金)(日没前)
 ▽地底暦2025年12月21日(日)(日没)(朝)〜12月22日(月)(日没前)
0145虚構の真実 ◆Ks/PopOhaQ
垢版 |
2024/03/02(土) 12:53:04.49ID:w6JmQBgw
,
■聖書暦33年ニサン11日(2025年6月11日(水)(日没)〜6月12日(木)(日没前))
 ▲地底暦2024年11月29日(金)(日没)〜11月30日(土)(日没前)
  ※地底暦2024年11月30日
     ……月(ツキ)(※巻末)(※日月(ひつ九のまキ)(※巻末))
  ※地底暦2024年11月30日……磐戸(イ八トノまキ)(※巻末)(※旧)
 ▽地底暦2025年12月22日(月)(日没)〜12月23日(火)(日没前)
■聖書暦33年ニサン12日(2025年6月12日(木)(日没)〜6月13日(金)(日没前))
 ▲地底暦2024年11月30日(土)(日没)〜12月1日(日)(日没前)
  ※地底暦2024年11月30日
     ……月(ツキ)(※巻末)(※日月(ひつ九のまキ)(※巻末))
  ※地底暦2024年11月30日……磐戸(イ八トノまキ)(※巻末)(※旧)
  ※地底暦2024年12月1日……日の出(Θのてのまキ)(※巻頭)
 ▽地底暦2025年12月23日(火)(日没)〜12月24日(水)(日没前)
  ※地底暦2025年12月24日……碧玉(※巻末)
■聖書暦33年ニサン13日(2025年6月13日(金)(日没)〜6月14日(土)(日没前))
 ▲地底暦2024年12月1日(日)(日没)〜12月2日(月)(日没前)
  ※地底暦2024年12月1日……日の出(Θのてのまキ)(※巻頭)
 ▽地底暦2025年12月24日(水)(日没)〜12月25日(木)(日没前)
  ※地底暦2025年12月24日……碧玉(※巻末)
  ※地底暦2025年12月25日……風(カ千の○キ)(※巻頭)
  ※地底暦2025年12月25日……▽◎(大奥山)
■聖書暦33年ニサン14日(2025年6月14日(土)(日没)〜6月15日(日)(日没前))
 ▲地底暦2024年12月2日(月)(日没)〜12月3日(火)(日没前)
 ▽地底暦2025年12月25日(木)(日没)〜[12月26日(金)](日没前)
  ※地底暦2025年12月25日……風(カ千の○キ)(※巻頭)
  ※地底暦2025年12月25日……▽◎(大奥山)
■聖書暦33年ニサン15日(E1)(2025年6月15日(日)(日没)〜6月16日(月)(日没前))
 ▲地底暦2024年12月3日(火)(日没)〜12月4日(水)(日没前)
 ▽地底暦2025年12月26日(金)(日没)〜12月27日(土)(日没前)
■聖書暦33年ニサン15日(E2)(2025年6月16日(月)(日没)〜6月17日(火)(日没前))
 ▲地底暦2024年12月4日(水)(日没)〜12月5日(木)(日没前)
 ▽地底暦2025年12月27日(土)(日没)〜12月28日(日)(日没前)
0146虚構の真実 ◆Ks/PopOhaQ
垢版 |
2024/03/02(土) 12:53:34.40ID:w6JmQBgw
,
■聖書暦33年ニサン15日(E3)(2025年6月17日(火)(日没)〜6月18日(水)(日没前))
 ▲地底暦2024年12月5日(金)〜12月6日(土) (日没前))
 ▽地底暦2025年12月28日(日)(日没)〜12月29日(月)(日没前)
  ※地底暦2025年12月29日……日の出(Θのてのまキ)(※巻末)
■聖書暦33年ニサン15日(E4)(2025年6月18日(水)(日没)〜6月19日(木)(日没前))
 ▲地底暦2024年12月6日(土)〜12月7日(日)
 ▽地底暦2025年12月29日(月)(日没)〜12月30日(火)(日没前)
  ※地底暦2025年12月29日……日の出(Θのてのまキ)(※巻末)
  ※地底暦2025年12月30日……磐戸(イ八トノまキ)(※巻頭)
■聖書暦33年ニサン15日(E5)(2025年6月19日(木)(日没)〜6月20日(金)(日没前))
 ▲地底暦2024年12月7日(日)(日没)〜12月8日(月)(日没前)
 ▽地底暦2025年12月30日(火)(日没)〜12月31日(水)(日没前)
  ※地底暦2025年12月30日……磐戸(イ八トノまキ)(※巻頭)
■聖書暦33年ニサン15日(E6)(2025年6月20日(金)(日没)〜6月21日(土)(日没前))
 ▲地底暦2024年12月8日(日)(日没)〜12月9日(月)(日没前)
 ▽地底暦2025年12月31日(水)(日没)〜2026年1月1日(木)(日没前)
  ※地底暦2026年1月1日……風(カ千の○キ)(※旧)
  ※地底暦2026年1月1日……空(三бの○キ)(※巻頭)
  ※地底暦2026年1月1日……春(※旧)
■聖書暦33年ニサン15日(E7)(2025年6月21日(土)(日没)〜6月22日(日)(日没前))
 ▲地底暦2024年12月9日(月)(日没)〜12月10日(火)(日没前)
 ▽地底暦2026年1月1日(木)(日没)〜1月2日(金)(日没前)
  ※地底暦2026年1月1日……風(カ千の○キ)(※旧)
  ※地底暦2026年1月1日……空(三бの○キ)(※巻頭)
  ※地底暦2026年1月1日……春(※旧)
  ※地底暦2026年1月2日……[▽一(ヒ)(日)(Θ)]
■聖書暦33年ニサン15日(E8)(2025年6月22日(日)(日没)〜6月23日(月)(日没前))
 ▲地底暦2024年12月10日(火)(日没)〜12月11日(水)(日没前)
 ▽地底暦2026年1月2日(金)(日没)〜1月3日(土)(日没前)
  ※地底暦2026年1月2日……[▽一(ヒ)(日)(Θ)]
  ※地底暦2026年1月3日……[▽二(ツキ)(月)(Э)(次)(通基)]
  ※地底暦2026年1月3日……三十一年一月三日。
   ※[2025年6月23日(月)] or 2026年7月16日(木)
0147虚構の真実 ◆Ks/PopOhaQ
垢版 |
2024/03/02(土) 12:54:06.89ID:w6JmQBgw
,
■聖書暦33年ニサン16日(F1)(2025年6月23日(月)(日没)〜6月24日(火)(日没前))
 ▲地底暦2024年12月11日(水)(日没)〜12月12日(木)(日没前)
 ▽地底暦2026年1月3日(土)(日没)〜[1月4日(日)](日没前)
  ※地底暦2026年1月2日……[▽一(ヒ)(日)(Θ)]
  ※地底暦2026年1月3日……[▽二(ツキ)(月)(Э)(次)(通基)]
  ※地底暦2026年1月3日……三十一年一月三日。
   ※[2025年6月23日(月)] or 2026年7月16日(木)
  ※[週のはじめの日(日)]の明け方〜早朝に、大きな地震が起こる
■聖書暦33年ニサン16日(F2)(2025年6月24日(火)(日没)〜6月25日(水)(日没前))
 ▲地底暦2024年12月12日(木)(日没)〜12月13日(金)(日没前)
 ▽地底暦2026年1月4日(日)(日没)〜1月5日(月)(日没前)
  ※地底暦2026年1月5日……星座(※巻頭)
■聖書暦33年ニサン16日(F3)(2025年6月25日(水)(日没)〜6月26日(木)(日没前))
 ▲地底暦2024年12月13日(金)(日没)〜12月14日(土)(日没前)
  ※地底暦2024年12月14日……梅(んΦの○キ)(※巻末)
  ※地底暦2024年12月14日……白銀(※巻頭)
 ▽地底暦2026年1月5日(月)(日没)〜1月6日(火)(日没前)
  ※地底暦2026年1月5日……星座(※巻頭)
■聖書暦33年ニサン16日(F4)(2025年6月26日(木)(日没)〜6月27日(金)(日没前))
 ▲地底暦2024年12月14日(土)(日没)〜12月15日(日)(日没前)
  ※地底暦2024年12月14日……梅(んΦの○キ)(※巻末)
  ※地底暦2024年12月14日……白銀(※巻頭)
 ▽地底暦2026年1月6日(火)(日没)〜1月7日(水)(日没前)
■聖書暦33年ニサン16日(F5)(2025年6月27日(金)(日没)〜6月28日(土)(日没前))
 ▲地底暦2024年12月15日(日)(日没)〜12月16日(月)(日没前)
  ※地底暦2024年12月16日……[▲一二三(ひふみ)]
 ▽地底暦2026年1月7日(水)(日没)〜1月8日(木)(日没前)
■聖書暦33年ニサン16日(F6)(2025年6月28日(土)(日没)〜6月29日(日)(日没前))
 ▲地底暦2024年12月16日(月)(日没)〜12月17日(火)(日没前)
  ※地底暦2024年12月16日……[▲一二三(ひふみ)]
 ▽地底暦2026年1月8日(木)(日没)〜1月9日(金)(日没前)
0148虚構の真実 ◆Ks/PopOhaQ
垢版 |
2024/03/02(土) 12:55:02.32ID:w6JmQBgw
,
■聖書暦33年ニサン16日(F7)(2025年6月29日(日)(日没)〜6月30日(月)(日没前))
 ▲地底暦2024年12月17日(火)(日没)〜12月18日(水)(日没前)
 ▽地底暦2026年1月9日(金)(日没)〜1月10日(土)(日没前)
■聖書暦33年ニサン16日(F8)(2025年6月30日(月)(日没)〜7月1日(火)(日没前))
 ▲地底暦2024年12月18日(水)(日没)〜12月19日(木)(日没前)
  ※地底暦2024年12月19日……雨(アメの○キ)(※巻末)
  ※地底暦2024年12月19日……[▲九十(こと)]
 ▽地底暦2026年1月10日(土)(日没)〜1月11日(日)(日没前)
■聖書暦33年ニサン17日(2025年7月1日(火)(日没)〜7月2日(水)(日没前))
 ▲地底暦2024年12月19日(木)(日没)〜12月20日(金)(日没前)
 ▽地底暦2026年1月11日(日)(日没)〜1月12日(月)(日没前)
■聖書暦33年ニサン18日(2025年7月2日(水)(日没)〜7月3日(木)(日没前))
 ▲地底暦2024年12月20日(金)(日没)〜12月21日(土)(日没前)
 ▽地底暦2026年1月12日(月)(日没)〜1月13日(火)(日没前)
■聖書暦33年ニサン19日(2025年7月3日(木)(日没)〜7月4日(金)(日没前))
 ▲地底暦2024年12月21日(土)(日没)〜12月22日(日)(日没前)
 ▽地底暦2026年1月13日(火)(日没)〜1月14日(水)(日没前)
■聖書暦33年ニサン20日(2025年7月4日(金)(日没)〜7月5日(土)(日没前))
 ▲地底暦2024年12月22日(日)(日没)〜12月23日(月)(日没前)
 ▽地底暦2026年1月14日(水)(日没)〜1月15日(木)(日没前)
■聖書暦33年ニサン21日(2025年7月5日(土)(日没)〜7月6日(日)(日没前))
 ▲地底暦2024年12月23日(月)(日没)〜12月24日(火)(日没前)
 ▽地底暦2026年1月15日(木)(日没)〜1月16日(金)(日没前)
■聖書暦33年ニサン22日(2025年7月6日(日)(日没)〜7月7日(月)(日没前))
 ▽■2025年7月7日(月)14時……地底暦2026年1月17日
 ▲地底暦2024年12月24日(火)(日没)〜12月25日(水)(日没前)
 ▽地底暦2026年1月16日(金)(日没)〜1月17日(土)(日没前)
■聖書暦33年ニサン23日(2025年7月7日(月)(日没)〜7月8日(火)(日没前))
 ▲地底暦2024年12月25日(水)(日没)〜12月26日(木)(日没前)
 ▽地底暦2026年1月17日(土)(日没)〜1月18日(日)(日没前)
0149虚構の真実 ◆Ks/PopOhaQ
垢版 |
2024/03/02(土) 12:56:01.87ID:w6JmQBgw
,
■聖書暦33年ニサン24日(2025年7月8日(火)(日没)〜7月9日(水)(日没前))
 ▲地底暦2024年12月26日(木)(日没)〜12月27日(金)(日没前)
 ▽地底暦2026年1月18日(日)(日没)〜[1月19日(月)](日没前)
■聖書暦33年ニサン25日〜イヤール2日(G1)
  (2025年7月9日(水)(日没)〜7月10日(木)(日没前))
 ▲地底暦2024年12月27日(金)(日没)〜12月28日(土)(日没前)
 ▽地底暦2026年1月19日(月)(日没)〜1月20日(火)(日没前)
■聖書暦33年イヤール3日〜イヤール10日(G2)
  (2025年7月10日(木)(日没)〜7月11日(金)(日没前))
 ▲地底暦2024年12月28日(土)(日没)〜12月29日(日)(日没前)
 ▽地底暦2026年1月20日(火)(日没)〜1月21日(水)(日没前)
■聖書暦33年イヤール11日〜イヤール18日(G3)
  (2025年7月11日(金)(日没)〜7月12日(土)(日没前))
 ▲地底暦2024年12月29日(日)(日没)〜12月30日(月)(日没前)
 ▽地底暦2026年1月21日(水)(日没)〜1月22日(木)(日没前)
■聖書暦33年イヤール19日〜イヤール26日(G4)
  (2025年7月12日(土)(日没)〜7月13日(日)(日没前))
 ▲地底暦2024年12月30日(月)(日没)〜12月31日(火)(日没前)
 ▽地底暦2026年1月22日(木)(日没)〜[1月23日(金)](日没前)
■聖書暦33年イヤール27日〜シバン5日(G5)
  (2025年7月13日(日)(日没)〜7月14日(月)(日没前))
 ▲地底暦2024年12月31日(火)(日没)〜2025年1月1日(水)(日没前)
 ▽地底暦2026年1月23日(金)(日没)〜1月24日(土)(日没前)
■聖書暦33年シバン6日〜シバン13日(G6)
  (2025年7月14日(月)(日没)〜7月15日(火)(日没前))
 ▲地底暦2025年1月1日(水)(日没)〜1月2日(木)(日没前)
 ▽地底暦2026年1月24日(土)(日没)〜1月25日(日)(日没前)

■聖書暦33年シバン14日(?) ※調整中
  (2025年7月15日(火)(日没)〜[7月16日(水)](日没前))
■聖書暦33年シバン14日〜シバン21日(G7)(?) ※調整中
  (2025年7月15日(火)(日没)〜[7月16日(水)](日没前))
 ▲地底暦2025年1月2日(木)(日没)〜1月3日(金)(日没前)
 ▽地底暦2026年1月25日(日)(日没)〜1月26日(月)(日没前)
,
0150虚構の真実 ◆Ks/PopOhaQ
垢版 |
2024/03/02(土) 16:15:04.05ID:3YzQoPG9
,
,
【古文書の対応時期(年単位)】 ※時系列(今期)
■クルアーン(全114章) >>111-122,132
 ※第1章(地底暦1928年)〜第114章(地底暦2041年)
■カタカムナウタヒ(全80首)
 ※第1首(地底暦1992年)〜第80首(地底暦2071年)
■日月神示(月光の巻(補巻))(全62帖)
 ※第一帖(地底暦1996年)〜第六十二帖(地底暦2057年)
■聖書(全30書) >>55-59  ※年間 >>109-110
 ※創世記(旧約)(地底暦2004年)〜ヨハネ黙示録(新約)(地底暦2033年)
■ヨハネの黙示録(全22章) >>21-23,41,43-44
 ※第1章(地底暦2013年)〜第22章(地底暦2034年)
■ノストラダムスの予言(国王アンリ二世への書簡) >>17-20
 ※天地創造(2015年5月30日)〜7,000年期(末)(2037年4月23日 or 4月24日)
 ※修正あり:神殿が完成した日ではなく、神殿の建築を始めた日
,
0151虚構の真実 ◆Ks/PopOhaQ
垢版 |
2024/03/02(土) 16:21:13.55ID:3YzQoPG9
,
,
【地底暦2026年】 ※2025年6月21日(土)〜2027年7月13日(火) >>48-49
☆フィリピン海プレートが沈み込むエリア(トラフ系or半島系)の付加体
  と、関係がある可能性があり、千葉県周辺or三浦半島周辺or伊豆
  半島周辺の付加体の固着域の切り離しが原因で、2025年4月6日
  (日)〜7月16日(水)に、関東大震災(予兆を含めた、複数エリア)が
  発生する可能性がある
■カタカムナウタヒ[第34首](※地底暦2025年) >>46-47
  ※2024年6月21日〜2026年7月13日
 ◇イヤシロ(帷屋代(社)) スベ(統) シマ(島or縞) カサネ(重or襲)
   オホタマルワケ(大多麻流別)
  ※マントルダイアピル(周囲のマントルよりも軽い為、上昇
    するマグマ)をまとめて、地殻(下部)の層を重ねたことで、
    寄り集まって大きくなったもの(付加体)を分離して
  ※付加体……海洋プレートが大陸プレートの下に沈み込む際に、
           これらの堆積物が海洋プレートから剥ぎ取られて、
           大陸プレートに付加したもので、新旧地層の上下
           の逆転した地層となることが多い
           ※ウィキペディアの説明を調整したもの
■日月神示[月光の巻(補巻)(第三十一帖)](※地底暦2026年)
 ◇お社(栃木県日光市中宮祠(中禅寺湖の西北西方向)の同心円)を
   陸(理空)(東京都清瀬市下宿の同心円)につくらねば、これからの
   世はうごきとれんことになるぞ。
 ◇三十一年一月三日。 ※2025年6月23日(月) or 2026年7月16日(木)
0152虚構の真実 ◆Ks/PopOhaQ
垢版 |
2024/03/02(土) 16:22:00.47ID:3YzQoPG9
,
■クルアーン[第99章(地震(アッ・ザルザラ))](※地底暦2026年)
 ◇その日、人々(固着域の突起物or岩石)は分離された集団(マイクロ
   プレート)となって(地中から)進み出て、彼ら(固着域の突起物or岩
   石)が行ったこと(形成された地層)が示されるであろう
■ヨハネの黙示録[14:1-20(十四万四千人の歌)](※地底暦2026年)
 ◇「鎌を入れて、刈り取って(プレート間の固着域を切り離して)下さい。
   刈り入れ(プレート間の固着域を切り離す)の時が来ました。地の
   穀物(付加体or固着域の無数の突起物)は、実っています」
   ※ヨハネの黙示録14:15
 ◇すると、血(太東漁港(千葉県いすみ市岬町中原)東方沖(飯岡漁港
   (千葉県旭市下永井)南方沖))が絞り桶(酒船)から流れ出て、馬の
   くつわ(千葉港西方沖の同心円)に届くほどになり、千六百スタディ
   オン(288km(半径144km))に渡って広がった
   ※ヨハネの黙示録14:20
■ヤコブの手紙[全5章(※地(新約聖書)(パウロ書簡))](※地底暦2026年)
 ◇そして、刈り入れをした(プレート間の固着域を切り離した)人達(固着
   域の突起物or岩石)の叫び声が、既に万軍の主の耳に達している
   ※ヤコブの手紙5:4
 ◇農夫は、地の尊い実り(付加体or固着域の無数の突起物)を、前の雨
   (プレート間の固着域を切り離す前に、スロースリップを発生させる水)
   と後の雨(プレート間の固着域を切り離した後に、スロースリップを発
   生させる水)があるまで、耐え忍んで待っている
   ※ヤコブの手紙5:7
 ◇エリヤ(由比ヶ浜の同心円)は、私たちと同じ人間(山体)であったが、
   雨(スロースリップを発生させる水(潤滑剤))が降らないように祈り
   を捧げたところ、三年六か月(3日半)の間、(地中における)地上に
   雨(スロースリップを発生させる水(潤滑剤))が降らなかった
   ※ヤコブの手紙5:17
■ノストラダムスの予言[国王アンリ二世への書簡24-25](※地底暦2026年)
 ◇大地震(茨城県(南部))(2025年6月23日(月)〜6月24日(火)
   (明け方〜早朝))があり >>10-11
,
0153虚構の真実 ◆Ks/PopOhaQ
垢版 |
2024/03/04(月) 01:11:31.39ID:3UnCrC/X
,
,
,
【訂正】 >>151-152  ※表記の統一
●※2024年6月21日〜2026年7月13日
⇒ 2024年6月21日(金)〜2026年7月13日(月)




【ソロモンの神殿建築】 ※80日後のパターン(国王アンリ二世への書簡40)
□聖書暦前XXXX年(2024年3月8日(金)(日没)〜3月9日(土)(日没前))
  ※3日前(2024年3月11日(月) or 3月12日(火)より)
  ※3,205日後 or 3,206日後
 ◆その日、彼らは主の御前で大いに喜び祝って食べて飲み、ダビデの子
   ソロモン(千葉県千葉市花見川区幕張町の同心円)を改めて王と宣言し、
   油を注いで主のものとし、君主とした。また、ツァドクを祭司とした
   ※歴代誌上29:22
 ◆ソロモン(羽田空港の東方(荒川河口の南方))の同心円)は主の王座
   (太東崎北北東沖(近)の同心円)に就き、父ダビデ(萩生漁港(千葉県
   富津市萩生)の同心円)に代わって王となった ※歴代誌上29:23
   ◇ダビデ(茨城県土浦市右籾(南部)の同心円)
 ▲地底暦2023年8月27日(日)(日没)〜8月28日(月)(日没前)
   ※地底暦2023年8月28日……Θのひつ九のかみふで。
     (富士の巻(第3巻)(第二十一帖(一〇一)))
 ▽地底暦2024年9月18日(水)(日没)〜9月19日(木)(日没前)
0154虚構の真実 ◆Ks/PopOhaQ
垢版 |
2024/03/04(月) 01:12:01.65ID:3UnCrC/X
,
□聖書暦前XXXX年(2024年3月11日(月)(日没)〜3月12日(火)(日没前))
  ※80日後(2023年12月22日(金) or 12月23日(土)より)
  ※3,208日後 or 3,209日後
 ◆ソロモン王(佐倉市民の森の同心円)が主の神殿(千葉県袖ケ浦市坂戸
   市場の同心円)(千葉県市原市川在の同心円)の建築に着手したのは、
   イスラエル人(袖ヶ浦海浜公園西北西沖(近)の同心円)がエジプトの地
   (埼玉県大里郡寄居町牟礼の同心円)を出てから四百八十年目(480日
   目)、ソロモン(羽田空港の東方(荒川河口の南方))の同心円)がイスラ
   エルの王(埼玉県三郷市東町)になってから四年目(4日目)のジウの月、
   すなわち第二の月(18時〜20時(前))(2024年3月11日(月)19時(±1時
   間))であった ※列王記上6:1
 ◆ソロモン(羽田空港の東方(荒川河口の南方))の同心円)はエルサレムの
   モリヤ山(品川駅の同心円)で、主の神殿(千葉県袖ケ浦市坂戸市場の
   同心円)(千葉県市原市川在の同心円)の建築を始めた ※歴代誌下3:1
   ※モリヤ山(神奈川県横浜市磯子区新杉田町の同心円)
 ◆建築を始めたのは、その治世第四年(4日目)の第二の月(18時〜20時(前))
   の二日(4分〜8分(前))(2024年3月11日(月)19時6分(±1時間))であった
   ※歴代誌下3:2
 ◆主の神殿(千葉県袖ケ浦市坂戸市場の同心円)(千葉県市原市川在の
   同心円)の基礎が据えられたのが、ソロモン(羽田空港の東方(荒川
   河口の南方))の同心円)の治世第四年(4年目)のジウの月(2024年
   3月11日(月)19時(±1時間)) ※列王記上6:37
 ▲地底暦2023年8月30日(水)(日没)〜8月31日(木)(日没前)
   ※地底暦2023年8月30日……富士(二二、普字)(※巻末)
   ※地底暦2023年8月31日……天(あ○)(※巻頭)
   ※地底暦2023年8月31日……マツリ(○つбの○キ)(※巻末)
 ▽地底暦2024年9月21日(土)(日没)〜9月22日(日)(日没前)
0155虚構の真実 ◆Ks/PopOhaQ
垢版 |
2024/03/04(月) 01:12:23.62ID:3UnCrC/X
,
□聖書暦前XXXX年(2024年3月18日(月)(日没)〜3月19日(火)(日没前))
  ※7日後(2024年3月11日(月) or 3月12日(火)より)
  ※3,215日後 or 3,216日後
 ◆同(ソロモンの治世)第十一年(11日目)のブルの月、すなわち第八の月
   (6時〜8時(前))(2024年3月19日(火)7時(±1時間))に、神殿(埼玉県
   さいたま市緑区大字大門の同心円)(茨城県取手市神浦の同心円)は
   その細部に至るまで計画通りに完成した ※列王記上6: 38
 ▲地底暦2023年9月6日(水)(日没)〜9月7日(木)(日没前)
 ▽地底暦2024年9月28日(土)(日没)〜9月29日(日)(日没前)
   ※地底暦2024年9月28日……梅(んΦの○キ)(※巻頭)
□聖書暦前XXXX年(2024年3月31日(日)(日没)〜4月1日(月)(日没前))
  ※20日後(2024年3月11日(月) or 3月12日(火)より)
  ※13日後(2024年3月18日(月) or 3月19日(火)より)
  ※3,228日後 or 3,229日後
 ◆ソロモンは十三年(13日)の年月をかけて宮殿(千葉県千葉市花見川区
   内山町の同心円)を築き、その宮殿(千葉県千葉市花見川区内山町の
   同心円)の全てを完成させた ※列王記上7:1
 ◆ソロモン(羽田空港の東方(荒川河口の南方))の同心円)は、二十年(20日)
   を費やして主の神殿(千葉県袖ケ浦市坂戸市場の同心円)(千葉県市原市
   川在の同心円)と王宮(茨城県鹿嶋市大字清水沿岸の同心円)を建て終わ
   ると、フラム(栃木県足利市県町の同心円)から贈られた町を次々と再建し、
   そこにイスラエル人(袖ヶ浦海浜公園西北西沖(近)の同心円)を住まわせた
   ※歴代誌下8:1
 ▲地底暦2023年9月19日(火)(日没)〜9月20日(水)(日没前)
 ▽地底暦2024年10月11日(金)(日没)〜10月12日(土)(日没前)
   ※地底暦2024年10月11日……地(九二)(※巻末)
,
0156虚構の真実 ◆Ks/PopOhaQ
垢版 |
2024/03/04(月) 01:12:47.70ID:3UnCrC/X
,
,
【ソロモンの神殿建築】 ※480日後のパターン(国王アンリ二世への書簡40)
□聖書暦前3年(2025年4月12日(土)(日没)〜4月13日(日)(日没前))
  ※3日前(2025年4月15日(火) or 4月16日(水)より)
  ※3,205日後 or 3,206日後
 ◇[油を注がれし者](S)(ダビデの子ソロモン(千葉県千葉市
   花見川区幕張町の同心円)の到来(2025年4月13日(日))
   ※定めの七十週(70日間)(七週目(7日目)の半週前(半日前))
 ◆その日、彼らは主の御前で大いに喜び祝って食べて飲み、ダビデの子
   ソロモン(千葉県千葉市花見川区幕張町の同心円)を改めて王と宣言し、
   [油を注いで]主のものとし、君主とした。また、ツァドクを祭司とした
   ※歴代誌上29:22
 ◆ソロモン(羽田空港の東方(荒川河口の南方))の同心円)は主の王座
   (太東崎北北東沖(近)の同心円)に就き、父ダビデ(萩生漁港(千葉県
   富津市萩生)の同心円)に代わって王となった ※歴代誌上29:23
   ※ダビデ(茨城県土浦市右籾(南部)の同心円)
 ▲地底暦2024年9月30日(月)(日没)〜[10月1日](火)(日没前)
 ▽地底暦2025年10月23日(木)(日没)〜10月24日(金)(日没前)
0157虚構の真実 ◆Ks/PopOhaQ
垢版 |
2024/03/04(月) 01:13:12.91ID:3UnCrC/X
,
■聖書暦前2年(2025年4月13日(日)(日没)〜4月14日(月)(日没前))
 ◇イエス(降誕)(▽一二三)(千葉県浦安市の同心円)(2025年4月13日(日))
   ※言葉は人間と成る(東京都江戸川区篠崎町の同心円)
   ※ベツレヘム(千葉港の西方(船橋三番瀬の南方)の同心円)
   ※馬小屋(千葉県君津市塚原の同心円)
 ◇[油を注がれし者](A)(イエス・キリスト(千葉県松戸市
   西馬橋の同心円))の到来(2025年4月13日(日))
   ※定めの七十週(70日間)(七週目(7日目))
 ▲地底暦2024年[10月1日](火)(日没)〜10月2日(水)(日没前)
 ▽地底暦2025年10月24日(金)(日没)〜10月25日(土)(日没前)
   ※地底暦2025年10月25日……★逆転(第九帖⇔第十帖)
     (日月(Θ(ヒ))の巻(第6巻)(第十帖(一八三)))
■聖書暦前1年(2025年4月14日(月)(日没)〜4月15日(火)(日没前))
 ▲地底暦2024年10月2日(水)(日没)〜10月3日(木)(日没前)
   ※地底暦2024年10月3日……扶桑(二三)(※巻末)
 ▽地底暦2025年10月25日(土)(日没)〜10月26日(日)(日没前)
   ※地底暦2025年10月25日……★逆転(第九帖⇔第十帖)
     (日月(Θ(ヒ))の巻(第6巻)(第十帖(一八三)))
   ※地底暦2025年10月26日……★逆転(第九帖⇔第十帖)
     (日月(Θ(ヒ))の巻(第6巻)(第九帖(一八二)))
0158虚構の真実 ◆Ks/PopOhaQ
垢版 |
2024/03/04(月) 01:13:41.80ID:3UnCrC/X
,
□聖書暦元年(2025年4月15日(火)(日没)〜4月16日(水)(日没前))
  ※480日後(2023年12月22日(金) or 12月23日(土)より)
  ※3,608日後 or 3,609日後
 ◆ソロモン王(佐倉市民の森の同心円)が主の神殿(千葉県袖ケ浦市坂戸
   市場の同心円)(千葉県市原市川在の同心円)の建築に着手したのは、
   イスラエル人(袖ヶ浦海浜公園西北西沖(近)の同心円)がエジプトの地
   (埼玉県大里郡寄居町牟礼の同心円)を出てから四百八十年目(480日
   目)、ソロモン(羽田空港の東方(荒川河口の南方))の同心円)がイスラ
   エルの王(埼玉県三郷市東町)になってから四年目(4日目)のジウの月、
   すなわち第二の月(18時〜20時(前))(2025年4月15日(火)19時(±1時
   間))であった ※列王記上6:1
 ◆ソロモン(羽田空港の東方(荒川河口の南方))の同心円)はエルサレムの
   モリヤ山(品川駅の同心円)で、主の神殿(千葉県袖ケ浦市坂戸市場の
   同心円)(千葉県市原市川在の同心円)の建築を始めた ※歴代誌下3:1
   ※モリヤ山(神奈川県横浜市磯子区新杉田町の同心円)
 ◆建築を始めたのは、その治世第四年(4日目)の第二の月(18時〜20時(前))
   の二日(4分〜8分(前))(2025年4月15日(火)19時6分(±1時間))であった
   ※歴代誌下3:2
 ◆主の神殿(千葉県袖ケ浦市坂戸市場の同心円)(千葉県市原市川在の
   同心円)の基礎が据えられたのが、ソロモン(羽田空港の東方(荒川
   河口の南方))の同心円)の治世第四年(4年目)のジウの月(2025年
   4月15日(火)19時(±1時間)) ※列王記上6:37
 ▲地底暦2024年10月3日(木)(日没)〜10月4日(金)(日没前)
   ※地底暦2024年10月3日……扶桑(二三)(※巻末)
 ▽地底暦2025年10月26日(日)(日没)〜10月27日(月)(日没前)
   ※地底暦2025年10月26日……★逆転(第九帖⇔第十帖)
     (日月(Θ(ヒ))の巻(第6巻)(第九帖(一八二)))
     (日月(Θ(ヒ))の巻(第6巻)(第十帖(一八三)))
0159虚構の真実 ◆Ks/PopOhaQ
垢版 |
2024/03/04(月) 01:14:18.58ID:3UnCrC/X
,
□聖書暦7年(2025年4月22日(火)(日没)〜4月23日(水)(日没前))
  ※7日後(2025年4月15日(火) or 4月16日(水)より)
  ※3,615日後 or 3,616日後
 ◆同(ソロモンの治世)第十一年(11日目)のブルの月、すなわち第八の月
   (6時〜8時(前))(2025年4月23日(水)7時(±1時間))に、神殿(埼玉県
   さいたま市緑区大字大門の同心円)(茨城県取手市神浦の同心円)は
   その細部に至るまで計画通りに完成した ※列王記上6: 38
 ▲地底暦2024年10月10日(木)(日没)〜10月11日(金)(日没前)
   ※地底暦2024年10月11日……地(九二)(※巻末)
 ▽地底暦2025年11月2日(日)(日没)〜11月3日(月)(日没前)
□聖書暦20年(2025年5月5日(月)(日没)〜5月6日(火)(日没前))
  ※20日後(2025年4月15日(火) or 4月16日(水)より)
  ※13日後(2025年4月22日(火) or 4月23日(水)より)
  ※3,628日後 or 3,629日後
  §▽一二三 + ▲一二三 ⇒ ▽▲一二三 ⇒ [一二三] ※言葉
    ※▽一二三(2025年4月13日(日)(日没)〜
        4月14日(月)(日没前))の、23日後
 ◆ソロモンは十三年(13日)の年月をかけて宮殿(千葉県千葉市花見川区
   内山町の同心円)を築き、その宮殿(千葉県千葉市花見川区内山町の
   同心円)の全てを完成させた ※列王記上7:1
 ◆ソロモン(羽田空港の東方(荒川河口の南方))の同心円)は、二十年(20日)
   を費やして主の神殿(千葉県袖ケ浦市坂戸市場の同心円)(千葉県市原市
   川在の同心円)と王宮(茨城県鹿嶋市大字清水沿岸の同心円)を建て終わ
   ると、フラム(栃木県足利市県町の同心円)から贈られた町を次々と再建し、
   そこにイスラエル人(袖ヶ浦海浜公園西北西沖(近)の同心円)を住まわせた
   ※歴代誌下8:1
 ▲地底暦2024年10月23日(水)(日没)〜10月24日(木)(日没前)
 ▽地底暦2025年11月15日(土)(日没)〜11月16日(火)(日没前)
,
0160虚構の真実 ◆Ks/PopOhaQ
垢版 |
2024/03/04(月) 10:59:53.24ID:ctXrCwyP
,
,
【ソロモンの神殿建築】 >>153-159

【訂正】 >>153  ※表記の統一
●◇ダビデ(茨城県土浦市右籾(南部)の同心円)
⇒ ※ダビデ(茨城県土浦市右籾(南部)の同心円)
,
0161虚構の真実 ◆Ks/PopOhaQ
垢版 |
2024/03/05(火) 17:35:40.90ID:rZ8ab/0F
,
,
【訂正】 >>13,15  ※2箇所  ※>>12-13,14-16
●一周の間 ⇒ 一週の間


【訂正】 >>154,158  ※2箇所  ※>>153-160
●第四年(4年目) ⇒ 第四年(4日目)


【訂正】 >>155,159  ※>> 153-160
●◆ソロモンは十三年(13日)の年月をかけて宮殿(千葉県千葉市花見川区
   内山町の同心円)を築き、その宮殿(千葉県千葉市花見川区内山町の
   同心円)の全てを完成させた ※列王記上7:1
⇒ ◆ソロモン(羽田空港の東方(荒川河口の南方))の同心円)は、十三年(13日)
    の年月をかけて宮殿(千葉県千葉市花見川区内山町の同心円)を築き、
    その宮殿(千葉県千葉市花見川区内山町の同心円)の全てを完成させた
    ※列王記上7:1
,
0163虚構の真実 ◆Ks/PopOhaQ
垢版 |
2024/03/21(木) 18:31:21.68ID:LPZf9AzO
,
,
【訂正】 >>72  ※時系列のミス
※2014年11月22日……長野県北部地震(長野県神城断層地震)(M6.7)

 6.ルカによる福音書(全24章)……地底暦20XX年5月31日〜6月23日
   □20XX-1年11月18日〜12月11日
    ※1930年11月26日……北伊豆地震(M7.3)
    ※1974年11月30日……鳥島近海地震(M7.3)
    ※1978年12月6日……択捉島付近地震(M7.2)
    ※2010年11月30日……小笠原諸島西方沖地震(M7.1)
    ※2014年11月22日……長野県北部地震(長野県神城断層地震)(M6.7)


【訂正】 >>97  ※時系列のミス
※2014年11月22日……長野県北部地震(長野県神城断層地震)(M6.7)

 8.コリントの信徒への手紙二(全13章)……地底暦20XX年5月30日〜6月11日
   □20XX-1年11月17日〜11月29日
    ※1930年11月26日……北伊豆地震(M7.3)
    ※2014年11月22日……長野県北部地震(長野県神城断層地震)(M6.7)
,
0164虚構の真実 ◆Ks/PopOhaQ
垢版 |
2024/03/24(日) 10:55:43.28ID:sS3YPoCt
,
,
【千葉県北西部(地中)について】 ※カタカムナウタヒ(第35首)の解読による
千葉県北西部(地中)について、カタカムナウタヒに基づき、簡単に説明すると、
千葉県北西部(地中)は、意富斗能地神(オオトノヂ)(山梨県南都留郡道志村
池之原の同心円)の外縁部(東部(千葉県北西部(地中)))に、大禍津日神(オオ
マガツヒ)(茨城県稲敷市太田の同心円)が生み出した、禍事・罪・穢れ(鉱物の
構成要素(黄泉由来))が堆積したエリア(千葉県北西部(東経140.0度以西の全
体))で、瀬織津比売神(セオリツヒメ)(千葉県東南東沖の同心円)(コールドプル
ーム(上層))によって、早川の瀬(千葉県君津市君津の同心円)(洗礼エリア(※
聖書))に移されつつ、浄化(選鉱)されている(※祓ひの第一段階)、と考えられる
※祓ひは、コールドプルームを意味し、祓戸は、意富斗能地神(大戸之道尊)の
  戸(門)(東側)に堆積した、穢れ(鉱物の構成要素)を除去することを意味する
※祓ひの第二段階は、速開都比売神(ハヤアキツヒメ)(東京都西東京市住吉町
  の同心円)(コールドプルーム(上層〜中層))(関東フラグメントの可能性がある)
※千葉県北西部(地中)の下層には、根の国・底の国がある

★同心円は、球状である、と考えられる為、地質の調査(ボーリング)をする
  なら、中心部が良い ※お勧めの調査エリア……千葉県君津市君津
,
0165虚構の真実 ◆Ks/PopOhaQ
垢版 |
2024/04/01(月) 20:16:41.84ID:16i8AXX0
,
,
【訂正】 >>67-68,93,112 ※5箇所 ※漢字のミス
※元のデータ(ウィキペディアの情報)を、訂正&調整
●※1938年5月29日……屈斜路路震(M6.1)
⇒ ※1938年5月29日……屈斜路湖付近地震(M6.1)
,
0166虚構の真実 ◆Ks/PopOhaQ
垢版 |
2024/04/03(水) 15:23:01.69ID:V6rZX17q
,
,
【地底暦2037年】 ※2036年6月21日(土)〜2038年7月13日(火) >>54
 ☆援助(クルアーン)、直す(カタカムナウタヒ)、秋(日月神示)、
   至恩(日月神示)、恩赦(ヨベルの年)、福音書(マタイ(新約聖書))、
   平和(国王アンリ二世への書簡48)、解放(国王アンリ二世への書簡48)
 §マタイによる福音書(全28章) ※天(新約聖書)(福音書)
 §カタカムナウタヒ(第46首)
   ◇カムナホビ(神直毘神)(※穢れを祓い、禍を直す)、
     オホカムナホビ(大神直毘神)(※大直毘神)
     ※鉱物の構成要素を除去し、曲がった火道を真っ直ぐにする
 §日月神示(月光の巻(補巻)(第四十二帖))) ※秋or至恩
   ◇根のない草木はすぐ枯れる道理ぢゃ。 / 分家しても先祖まつらねば
     ならん。先祖をおろそかにするでないと、気付けてあるでないか。
     ※火道(別のエリアとの繋がり)について
   ※遠州灘or千葉県(南部)(荒木根山)で、地震が発生する可能性がある
 §ノストラダムスの予言(国王アンリ二世への書簡48) ※7,000年期
   ◇神の意志によってサタン(浦賀水道(北部)(横須賀港と富津岬の
     中間)の同心円)は再び縛られ、人間界全体に平和が訪れる。
     アゾス(黒山(東京都西多摩郡奥多摩町大丹波)の同心円)は
     蜜に毒を混ぜて悪疫を起こそうとするが、イエス・キリストの
     教会(東京都世田谷区玉川の同心円)は、あらゆる苦難から
     解放される。
 §クルアーン(第110章(援助(アン・ナスル)))
  ※マディーナ啓示(計28章)における、最終章
  ※マディーナ(人民関連)に属するが、マッカ(神関連)と共有
 §ヨベルの年(大恩赦の年)(※50年周期(7x7+1)) ※ユダヤ教
  ◆安息年(※7年周期)
    地底暦1987年(安息年) ⇒ 地底暦1994年(安息年)
    ⇒ 地底暦2001年(安息年) ⇒ 地底暦2008年(安息年)
    ⇒ 地底暦2015年(安息年) ⇒ 地底暦2022年(安息年)
    ⇒ 地底暦2029年(安息年) ⇒ 地底暦2036年(安息年)
    ⇒ (1年後) ⇒ [地底暦2037年(ヨベルの年)]
  ◆ヨベルの年(※50年周期(7x7+1)) ※大恩赦の年
    地底暦1937年 ⇒ 地底暦1987年 ⇒ 地底暦2037年
,
0167名前はいらない
垢版 |
2024/04/29(月) 16:22:44.23ID:Fr7OmJdL
ゆう
0168虚構の真実 ◆Ks/PopOhaQ
垢版 |
2024/05/01(水) 14:43:49.05ID:cNyD22qQ
,
,
★☆★ ノーベル賞ゲットに向けて ★☆★


【大震災(101年〜102年周期)の法則([9+30+1]+[30+1]+[30+1])】 ※簡略版
◆大地震(30年〜31年周期)の法則……30年〜31年周期で、大地震が発生する
  ※30年周期で形成される、特殊な火道ルートの特定エリアで、
    30年〜31年周期で、大地震が発生する
◆大震災(101年〜102年周期)の法則……101年〜102年周期で、大震災が発生する
  ※30年周期で形成される、特殊な火道ルートの特定エリアで、
    遅延の累積年数が12年に達すると、大震災(複合災害)が発生する
  ※102年周期([9(遅)+30(基)+1(遅)]+[30(基)+1(遅)]+[30(基)+1(遅)])
◇十二年おくれてゐるのを取り戻す / 春の巻(第27巻)(第五十五帖)
  ※遅延の累積年数が12年に達すると、大震災(複合災害)が発生する
  ※地震によって、物理的に歪みを解消し、12年の遅延をリセットする
,
0169虚構の真実 ◆Ks/PopOhaQ
垢版 |
2024/05/01(水) 14:44:38.66ID:cNyD22qQ
,
,
【大震災(101年〜102年周期)の法則([9+30+1]+[30+1]+[30+1])】 ※簡略版
B南ルート(地底暦1906年〜1923年(地底暦1906年〜1935年のうち))
  ※18年〜19年(30年〜31年周期のうち) ※101年〜102年周期
  ※遅延期間12年(9+1+1+1)(※前期(終了))
    ⇒ 大震災(複合災害)の発生 ⇒ 遅延のリセット
   [(31)(補)月光(101年目)(地底暦1923年)(遅延(+1年)(計12年(9+3)))]
   ※地底暦1923年……1922年6月21日(水)〜1924年7月12日(土)
   ☆関東大震災(M7.9)(1923年9月1日(土))
B南ルート(地底暦1924年〜1935年(地底暦1906年〜1935年のうち))
  ※12年(9+3)(30年〜31年周期のうち) ※遅延期間9年(1x9)(※今期(開始))
   [(31)(補)月光(102年目)(地底暦1924年)(遅延(+1年)(計1年))]
   ※地底暦1924年……1923年6月21日(木)〜1925年7月13日(月)
   ☆関東大震災(M7.9)(1923年9月1日(土))
   [(01)扶桑(地底暦1925年)(遅延(+1年)(計2年))]
   [(02)碧玉(地底暦1926年)(遅延(+1年)(計3年))]
   [(03)星座(地底暦1927年)(遅延(+1年)(計4年))]
   [(04)竜音(地底暦1928年)(遅延(+1年)(計5年))]
   [(05)極め(地底暦1929年)(遅延(+1年)(計6年))]
   [(06)至恩(地底暦1930年)(遅延(+1年)(計7年))]
   [(07)五葉(地底暦1931年)(遅延(+1年)(計8年))]
   [(08)(補)紫金(地底暦1932年)(遅延(+1年)(計9年))]
@南ルート(地底暦1936年〜1965年)
  ※30年〜31年周期 ※遅延期間10年(9+1)(※今期)
   [(31)(補)月光(地底暦1963年)(遅延(+1年)(計10年(9+1)))]
   ※地底暦1963年……1962年6月21日(木)〜1964年7月12日(日)
   ☆新潟地震(M7.5)(1964年6月16日(火))
0170虚構の真実 ◆Ks/PopOhaQ
垢版 |
2024/05/01(水) 14:45:16.45ID:cNyD22qQ
,
A西ルート(地底暦1966年〜1995年)
  ※30年〜31年周期 ※遅延期間11年(9+1+1)(※今期)
   [(31)(補)月光(地底暦1994年)(遅延(+1年)(計11年(9+2)))]
   ※地底暦1994年……1993年6月21日(月)〜1995年7月13日(木)
   ☆阪神淡路大震災(M7.3)(1995年1月17日(火))
B東ルート(地底暦1996年〜2025年)
  ※30年〜31年周期 ※101年〜102年周期
  ※遅延期間12年(9+1+1+1)(※今期(終了))
    ⇒ 大震災(複合災害)の発生 ⇒ 遅延のリセット
   [(31)(補)月光(101年目)(地底暦2025年)(遅延(+1年)(計12年(9+3)))]
   ※地底暦2025年……2024年6月21日(金)〜2026年7月13日(月)
   ☆令和関東大震災(茨城県南部or千葉県北部)(2025年6月23日(月))
     ※令和関東大震災の想定期間……2025年6月中旬〜7月中旬
     ※予兆を含む想定期間……2025年4月上旬〜7月中旬
@東ルート(地底暦2026年〜2034年(地底暦2026年〜2055年のうち))
  ※9年(30年〜31年周期のうち) ※遅延期間9年(1x9)(※次期(開始))
   [(31)(補)月光(102年目)(地底暦2026年)(遅延(+1年)(計1年))]
   ※地底暦2026年……2025年6月21日(土)〜2027年7月13日(火)
   ◆三十一年一月三日。(地底暦2026年1月3日)
      ……2025年6月23日(月) or 2026年7月16日(木)
   ☆令和関東大震災(茨城県南部or千葉県北部)(2025年6月23日(月))
   [(01)扶桑(地底暦2027年)(遅延(+1年)(計2年))]
   [(02)碧玉(地底暦2028年)(遅延(+1年)(計3年))]
   [(03)星座(地底暦2029年)(遅延(+1年)(計4年))]
   [(04)竜音(地底暦2030年)(遅延(+1年)(計5年))]
   [(05)極め(地底暦2031年)(遅延(+1年)(計6年))]
   [(06)至恩(地底暦2032年)(遅延(+1年)(計7年))]
   [(07)五葉(地底暦2033年)(遅延(+1年)(計8年))]
   [(08)(補)紫金(地底暦2034年)(遅延(+1年)(計9年))]
@東ルート(地底暦2035年〜2055年(地底暦2026年〜2055年のうち))
  ※21年〜22年(30年〜31年周期のうち) ※遅延期間9年(1x9)(※次期)
,
0171虚構の真実 ◆Ks/PopOhaQ
垢版 |
2024/05/04(土) 15:36:51.29ID:49ib3Q5j
,
,
★☆★ ノーベル賞ゲットに向けて ★☆★


【ホピ(天之菩卑能命)の予言】 ※関東地方&日本神話 ※地中の話
第四の世界(地神五代)の新しい土地(高天原(天目山(東京都西多摩郡奥多摩町
日原)の同心円)(野島崎の同心円)(東京湾(北東部)(※高天原の外縁部)))とその
生活に、忠実な人々を導いた偉大な首長(建比良鳥命(茂林寺沼(群馬県館林市
堀工町)の同心円))は、「弓」氏族(比良(埼玉県入間郡三芳町の同心円(※境界or
崖(or断層))))の人でした。彼(建比良鳥命)には、母親(富止比女乃命(東京都西
多摩郡日の出町(中南部))の同心円)を同じくする、二人の息子(櫛八玉神&伊勢
津彦神)がいました。この二人の兄弟(櫛八玉神&伊勢津彦神)は、聖なる石板
(※石板(神奈川県伊勢原市日向の同心円)(※櫛八玉神))(※聖なる石板(東京都
あきる野市三内の同心円)(※伊勢津彦神))を一揃い与えられて、「大神霊(千葉
県船橋市大穴北の同心円)の示す場所(埼玉県戸田市(北西部)(※櫛八玉神の
外縁部))に、それ(石板)を運べ」と、命じられました。兄(櫛八玉神(千葉県南東沖
の同心円))は直ちに出発し、太陽の昇る東(埼玉県戸田市(南西部)(※櫛八玉神
の外縁部))を目指して進んで行きました。目的地(埼玉県戸田市(北西部)(※櫛
八玉神の外縁部))に辿り着いたら、彼(櫛八玉神)はすぐにもと来た道を引き返し、
大神霊の地(千葉県千葉市稲毛区小中台町の同心円)(千葉県船橋市豊富町(※
大神霊の地、伊勢津彦神の外縁部))に留まっている弟(伊勢津彦神(剱崎(神奈
川県三浦市南下浦町松輪)南方沖(極近)の同心円)))を探すことになっています。
兄(櫛八玉神)の務めは、弟(伊勢津彦神)を助けて、清めの日(東京都町田市野
津田町の同心円)を成就させることです。そして、その後には、本当の平和と友
愛の生が実現するのです。兄(櫛八玉神)は、大神霊(天照大神(岐阜県高山市
清見町巣野俣の同心円)(青馬堰(千葉県香取郡東庄町青馬)の同心円))によっ
て与えられた、聖なる使命(瓊瓊杵尊(戸田港(静岡県沼津市戸田)の同心円)の
天孫降臨(埼玉県上尾市大字領家(※高千穂、瓊瓊杵尊の外縁部)))を果たす為
にやって来るのです。赤い弟(伊勢津彦神(※強風を起こしながら、波に乗って、
東方へ去って行く(※日本神話)))は、全土を歩き回って、全ての土地に足跡を残
0172虚構の真実 ◆Ks/PopOhaQ
垢版 |
2024/05/04(土) 15:37:16.35ID:49ib3Q5j
,
すように命令されました。「(地中の法則に従って)人々(地中の構成物)が移動す
るうちに、いつか、空(プレート境界(上部))に大きな白い星(猿田毘古神(静岡県静
岡市葵区門屋の同心円))が現れるだろう」と、兄弟(櫛八玉神&伊勢津彦神)は二
人とも告げられていました。それ(大きな白い星(猿田毘古神)(宵(よい)の明星(み
ょうじょう)))が(東(東京湾(北東部)(※大神霊の地、高天原、天照大神、天之菩卑
能命、瓊瓊杵尊、猿田毘古神の外縁部)or埼玉県加須市上種足(※高千穂、猿田
毘古神の外縁部))に)現れた時、全ての人々は、兄(櫛八玉神)が目的地(埼玉県
戸田市(北西部)(※櫛八玉神の外縁部))に辿り着いたことを知り、それ故、その時
に居た場所に定住(固着or断層化)しなければならないと悟るのです。そこがどん
な所であろうとも。そして、弟(伊勢津彦神)は、東(埼玉県戸田市(南西部)(※櫛八
玉神の外縁部))に向かった兄(櫛八玉神)が弟(伊勢津彦神)の所(埼玉県蕨市(or
静岡県下田市白浜(全域)沿岸)(※櫛八玉神、伊勢津彦神の外縁部))に戻って来
るまで、そこ(千葉県船橋市豊富町(※大神霊の地、伊勢津彦神の外縁部))から
動くことは出来ません。兄(櫛八玉神)がこの国(茨城県常総市平町(or静岡県熱
海市下多賀(中部))(※高天原、櫛八玉神の外縁部))に戻って来て、弟(伊勢津彦
神)と(埼玉県蕨市(or静岡県下田市白浜(全域)沿岸)(※櫛八玉神、伊勢津彦神
の外縁部)で)再会した時(大地震の発生&歪みの解消時)、これらの石板(※石
板(神奈川県伊勢原市日向の同心円)(※櫛八玉神))(※聖なる石板(東京都あき
る野市三内の同心円)(※伊勢津彦神))が(ユーラシアプレート&オホーツクプレー
ト(北米プレート))境界に)対になって並べられ、二人(櫛八玉神&伊勢津彦神)が
本当の兄弟であることが世界中(長野県飯田市千栄(東部)の同心円)に示されま
す。ホピ(天之菩卑能命(富士山(茨城県石岡市須釜)の同心円))は今も、聖なる
石板(埼玉県富士見市(※聖なる石板(※伊勢津彦神)、天之菩卑能命の外縁部))
を持っており、本当の白い兄(櫛八玉神)の到来(聖なる石板(高尾山(南南西端)
(東京都八王子市南浅川町の同心円))(※櫛八玉神)(埼玉県戸田市(北西部)(※
目的地、櫛八玉神の外縁部))が対になった状態)を待ち望んでいます。
,
0173名前はいらない
垢版 |
2024/05/21(火) 10:01:08.35ID:9/z4DM/H
「無色の雨弓」

空に浮かぶ、虹の欠片。
色を失った、儚い弧。

太陽の光が、雨に反射して。
生まれるはずの、七色の帯。

けれど、そこに映る色は、何もない。
ただ、透明な光が、静かに降り注ぐ。

無色の雨弓は、何を語りかけるのか。
静寂の中で、耳を澄ませば聞こえてくる。

それは、希望の言葉かもしれない。
あるいは、絶望の調べかもしれない。

見る人の心によって、変わる景色。
無色の雨弓は、鏡のように映し出す。

あなたは何を、そこに映すだろうか?
0174名前はいらない
垢版 |
2024/05/21(火) 10:03:30.76ID:9/z4DM/H
>>1
「眠れない夜」

街灯の光、夜空を彩る
眠れぬ夜更かし、長々と続く

過去の作品、読み返してみる
どれも似たり寄ったり、雑草のように
痛みさえ感じる冷たさ、吐き出される言葉

日々の不満、怒り、言えぬ想い
荒々しく綴られる、未来への不安
自信と強み、心の奥に潜む

複雑で繊細、不器用な私
こだわりから追い出され、彷徨う

どこにいても、役立たずの烙印
このまま沈んでしまいたい、飛び去りたい

冷たい冬、部屋の電気を消し
畳の上で丸まって、目を閉じる

時間が止まってほしい、成長も環境も
静寂に包まれ、少しだけ待って

学生生活、もう慣れ飽きたはずなのに
休みの期間、堕落し、甘え、弱くなる

今日も前に進めなかった、嘘ばかりで
変われない私、いつもの私

それでも、避けずに、逃げずに
生き抜いていく
0175虚構の真実 ◆Ks/PopOhaQ
垢版 |
2024/06/01(土) 17:49:31.88ID:AJLuQm05
,
,
【修正】 >>171-172  ※人々(x3) ※高千穂(x2)(※1つ目のみ(解説用))
●忠実 ⇒ (地中の法則に)忠実
●人々 ⇒ 人々(擬人化された物質(地中の構成物))
●※高千穂 ⇒ ※高千穂(長野県諏訪市湖南(南南西端)
             (県営総合射撃場の東方)の同心円)
,
0176虚構の真実 ◆Ks/PopOhaQ
垢版 |
2024/06/01(土) 17:51:12.13ID:AJLuQm05
,
,
【訂正】 >>55  ※時系列のミス

【聖書の解読(年度別)】 ※地底暦1995年〜2054年
■天(旧約聖書)(106)
◇モーセ五書
 1.創世記(全50章)
   ★地底暦2004年(1月1日〜12月31日)
    ☆想定期間(年):2003年6月21日〜2005年7月13日
   ★地底暦2034年(1月1日〜12月31日)
    ☆想定期間(年):2033年6月21日〜2035年7月13日
 2.出エジプト記(全40章)
   ★地底暦2005年(1月1日〜12月31日)
    ☆想定期間(年):2004年6月21日〜2006年7月13日
   ★地底暦2035年(1月1日〜12月31日)
    ☆想定期間(年):2034年6月21日〜2036年7月12日
 3.レビ記(全27章中、16章(贖罪の日)まで)
   ★地底暦2006年(1月1日〜12月31日)
    ☆想定期間(年):2005年6月21日〜2007年7月13日
   ★地底暦2036年(1月1日〜12月31日)
    ☆想定期間(年):2035年6月21日〜2037年7月13日


【訂正】 >>56  ※8.使徒言行録(全28章) ※想定期間(年)のミス
●★地底暦2041年(1月1日〜12月31日)
  ☆想定期間(年):2040年6月21日〜2041年7月13日
⇒ ★地底暦2041年(1月1日〜12月31日)
   ☆想定期間(年):2040年6月21日〜2042年7月13日


【訂正】 >>58  ※22.ヘブライ人への手紙(全13章) ※想定期間(年)のミス
●★地底暦1995年(1月1日〜12月31日)
  ☆想定期間(年):1994年6月21日〜1995年7月12日
⇒ ★地底暦1995年(1月1日〜12月31日)
   ☆想定期間(年):1994年6月21日〜1996年7月12日
,
0177虚構の真実 ◆Ks/PopOhaQ
垢版 |
2024/06/01(土) 18:03:53.09ID:S1ZPzyq5
,
,
【ノストラダムスの予言(国王アンリ二世への書簡41)】 ※地底暦2023年
イエス・キリストについては、多様な諸派があるので私は触れません。ここに
記された予言は全て、公転する鎖の順序に従って、天文学の知識と我が自
然の直観によって計算したものであります。土星は4月7日から8月25日まで
(@ [9月25日 or 9月26日]〜[2月12日 or 2月13日]、A 10月18日〜[3月6日
or 3月7日])、木星は6月14日から10月7日まで(@ [12月2日 or 12月3日]〜
3月27日、A 12月25日〜[4月18日 or 4月19日])、火星は4月17日から6月
22日まで(@ [10月5日 or 10月6日]〜[12月10日 or 12月11日]、A 10月28
日〜1月2日)、金星は4月9日から5月22日まで(@ [9月27日 or 9月28日]〜
[11月9日 or 11月10日]、A 10月20日〜12月2日)、水星は2月3日から24日
まで(@ 7月24日〜8月14日、A [8月15日 or 8月16日]〜[9月5日 or 9月6
日])、そして、6月1日から24日まで(@ [11月19日 or 11月20日]〜[12月12日
or 12月13日]、A 12月12日〜1月4日)、さらに、9月25日から10月16日まで
(@ 3月15日〜4月5日、A [4月6日 or 4月7日]〜[4月27日 or 4月28日])、
それぞれ回転します。土星は山羊座(270度〜300度)([12月22日〜1月19日]
or [1月15日〜2月12日])に、木星は水瓶座(300度〜330度)([1月20日〜2月
18日] or [2月13日〜3月14日])に、火星は蠍座(210度〜240度)([10月24日
〜11月22日] or [11月17日〜12月15日])に、金星は魚座(330度〜360度)
([2月19日〜3月20日] or [3月15日〜4月13日])に、水星は1か月内に、山羊
座・水瓶座・魚座に、月は水瓶座に、昇交点(南側→北側)は天秤座(180度
〜210度)([9月24日〜10月23日] or [10月18日〜11月16日])に、降交点(北
側→南側)はその反対側の座(牡羊座(0度〜30度)([3月21日〜4月19日] or
[4月14日〜5月14日]))に、それぞれ位置します。木星と水星は、水星に対
0178虚構の真実 ◆Ks/PopOhaQ
垢版 |
2024/06/01(土) 18:04:50.03ID:S1ZPzyq5
,
する火星の四(90度)のアスペクト(座相(黄経差))(16.5日間)([11月23日 or
11月24日]〜[12月10日 or 12月11日])を伴って会合します([12月2日 or 12
月3日]〜[12月12日 or 12月13日])(地底暦2023年12月2日(土)〜12月12日
(火)(@ 2023年5月22日(月)〜6月1日(木)、A 2024年6月13日(木)〜6月23
日(日)))。そして、昇交点(南側→北側)が太陽と木星の会合を伴う時、その
年は蝕もない穏やかな年となるでしょう。



【ノストラダムスの予言(国王アンリ二世への書簡41)】 ※惑星の回転(時系列)
(5)(A)水星の回転(地底暦XXXX年2月3日〜2月24日)
 @ XXXX-1年7月24日〜8月14日
 A XXXX年[8月15日 or 8月16日]〜[9月5日 or 9月6日]
(1)土星の回転(地底暦XXXX年4月7日〜8月25日)
 @ XXXX-1年[9月25日 or 9月26日]〜XXXX年[2月12日 or 2月13日]
 A XXXX年10月18日〜XXXX+1年[3月6日 or 3月7日]
(4)金星の回転(地底暦XXXX年4月9日〜5月22日)
 @ XXXX-1年[9月27日 or 9月28日]〜[11月9日 or 11月10日]
 A XXXX年10月20日〜12月2日
(3)火星の回転(地底暦XXXX年4月17日〜6月22日)
 @ XXXX-1年[10月5日 or 10月6日]〜[12月10日 or 12月11日]
 A XXXX年10月28日〜XXXX+1年1月2日
(5)(B)水星の回転(地底暦XXXX年6月1日〜6月24日)
 @ XXXX-1年[11月19日 or 11月20日]〜[12月12日 or 12月13日]
 A XXXX年12月12日〜XXXX+1年1月4日
(2)木星の回転(地底暦XXXX年6月14日〜10月7日)
 @ XXXX-1年[12月2日 or 12月3日]〜XXXX年3月27日
 A XXXX年12月25日〜XXXX+1年[4月18日 or 4月19日]
(5)(C)水星の回転(地底暦XXXX年9月25日〜10月16日)
 @ XXXX年3月15日〜4月5日
 A XXXX+1年[4月6日 or 4月7日]〜[4月27日 or 4月28日]
,
0179虚構の真実 ◆Ks/PopOhaQ
垢版 |
2024/06/03(月) 00:08:26.36ID:/bwHw5d7
,
,
《ノストラダムスの予言(国王アンリ二世への書簡(全59段落))》
【国王アンリ二世への書簡(0-59)】 ※地底暦1982年〜2041年
 ■地底暦1982年1月1日(金)〜2041年12月31日(火)
  @ 1981年6月21日(日)〜2041年6月20日(木)
  A 1982年7月14日(水)〜2042年7月13日(日)
☆国王アンリ二世への書簡(0)(序文) ※地底暦1982年
 ■地底暦1982年1月1日(金)〜12月31日(金)
  @ 1981年6月21日(日)〜1982年6月20日(日)
  A 1982年7月14日(水)〜1983年7月13日(水)
    ※1982年7月23日……茨城県沖地震(M7.0)
☆国王アンリ二世への書簡(1) ※地底暦1983年
 ■地底暦1983年1月1日(土)〜12月31日(土)
  @ 1982年6月21日(月)〜1983年6月20日(月)
    ※1982年7月23日……茨城県沖地震(M7.0)
  A 1983年7月14日(木)〜1984年7月12日(木)
☆国王アンリ二世への書簡(5) ※地底暦1987年
 ■地底暦1987年1月1日(木)〜12月31日(木)
  @ 1986年6月21日(土)〜1987年6月20日(土)
   ◇(地底暦)1557年3月14日(という現在)
     ⇒ 地底暦1987年3月14日(土) ※基準日
        ……[1986年9月1日(月)] or 1987年9月24日(木)
  A 1987年7月14日(火)〜1988年7月12日(火)
   ◇(地底暦)1557年3月14日(という現在)
     ⇒ 地底暦1987年3月14日(土) ※基準日
        ……1986年9月1日(月) or [1987年9月24日(木)]
   ◇(地底暦)1558年6月27日(※サロンにて)
     ※国王アンリ二世への書簡(59)(最終段落)(※地底暦2041年)より
     ⇒ 地底暦1988年6月27日(月) ※書簡の完成日
        ……[1987年12月16日(水)] or 1989年1月7日(土)
    ※1987年12月17日(木)……千葉県東方沖地震(M6.7)
0180虚構の真実 ◆Ks/PopOhaQ
垢版 |
2024/06/03(月) 00:09:12.91ID:/bwHw5d7
,
☆国王アンリ二世への書簡(6) ※地底暦1988年
 ■地底暦1988年1月1日(金)〜12月31日(土)
  @ 1987年6月21日(日)〜1988年6月20日(月)
   ◇(地底暦)1558年6月27日(※サロンにて)
     ※国王アンリ二世への書簡(59)(最終段落)(※地底暦2041年)より
     ⇒ 地底暦1988年6月27日(月) ※書簡の完成日
        ……[1987年12月16日(水)] or 1989年1月7日(土)
    ※1987年12月17日(木)……千葉県東方沖地震(M6.7)
  A 1988年7月13日(水)〜1989年7月13日(木)
   ◇(地底暦)1558年6月27日(※サロンにて)
     ※国王アンリ二世への書簡(59)(最終段落)(※地底暦2041年)より
     ⇒ 地底暦1988年6月27日(月) ※書簡の完成日
        ……1987年12月16日(水) or [1989年1月7日(土)]
☆国王アンリ二世への書簡(7) ※地底暦1989年
 ■地底暦1989年1月1日(日)〜12月31日(日)
  @ 1988年6月21日(火)〜1989年6月20日(火)
   ◇(地底暦)1558年6月27日(※サロンにて)
     ※国王アンリ二世への書簡(59)(最終段落)(※地底暦2041年)より
     ⇒ 地底暦1988年6月27日(月) ※書簡の完成日
        ……1987年12月16日(水) or [1989年1月7日(土)]
  A 1989年7月14日(金)〜1990年7月13日(金)
☆国王アンリ二世への書簡(59)(最終段落) ※地底暦2041年
 ■地底暦2041年1月1日(火)〜12月31日(火)
  @ 2040年6月21日(木)〜2041年6月20日(木)
   ◇(地底暦)1558年6月27日(※サロンにて)
     ⇒ 地底暦1988年6月27日(月) ※書簡の完成日
        ……[1987年12月16日(水)] or 1989年1月7日(土)
  A 2041年7月14日(日)〜2042年7月13日(日)
   ◇(地底暦)1558年6月27日(※サロンにて)
     ⇒ 地底暦1988年6月27日(月) ※書簡の完成日
        ……1987年12月16日(水) or [1989年1月7日(土)]
,
0181虚構の真実 ◆Ks/PopOhaQ
垢版 |
2024/06/03(月) 00:52:39.55ID:i+sadz4e
,
,
【訂正】 >>179  ※曜日の追加(x2)  >>179-180
●※1982年7月23日……茨城県沖地震(M7.0)
⇒ ※1982年7月23日(金)……茨城県沖地震(M7.0)



《ノストラダムスの予言(百詩篇)(第1巻〜第11巻(六行詩集))(全1,000詩)》
★地底暦1557年3月14日(地底暦1987年3月14日(土))から、1,000か月後
  (83年4か月後)(地底暦2070年6月30日(月)(〜7月14日(月)))まで
  ※国王アンリ二世への書簡(5)(※地底暦1987年)より
 ■地底暦(1987年3月1日(日)〜)[地底暦1987年3月14日(土)(※基準日)]
    〜2070年6月30日(月)(〜2070年7月14日(月))
  @ (1986年8月19日(火)〜)[1986年9月1日(月)(※基準日)]
     〜2069年12月18日(水)(〜2070年1月1日(水))
  A (1987年9月11日(金)〜)[1987年9月24日(木)(※基準日)]
     〜2071年1月10日(土)(〜2071年1月24日(土))
0182虚構の真実 ◆Ks/PopOhaQ
垢版 |
2024/06/03(月) 00:53:45.48ID:i+sadz4e
,
★百詩篇(第7巻(1-42))の続き(地底暦2040年9月以降)について
 (A) 書かれた順番通りの場合
   ◆百詩篇(第7巻(1-42)) ⇒ 百詩篇(第8巻(1-100))
  ☆ノストラダムスの予言(百詩篇)(第7巻(1-42))
   ■地底暦2037年3月〜2040年8月 ※42か月(3年6か月)
    ※地底暦2037年3月1日(日)〜2040年8月31日(金)
     @ 2036年8月19日(火)〜2040年2月19日(日)
     A 2037年9月11日(金)〜2041年3月13日(水)
  ☆ノストラダムスの予言(百詩篇)(第8巻(1-100))
   ■[地底暦2040年9月]〜2048年12月 ※100か月(8年4か月)
    ※地底暦2040年9月1日(土)〜2048年12月31日(木)
     @ 2040年2月20日(月)〜2048年6月20日(土)
     A 2041年3月14日(木)〜2049年7月13日(火)
 (B) 100か月(42+58)となるように、調整した場合
   ◆百詩篇(第7巻(1-42)) ⇒ 六行詩集(第11巻(1-58)) ※計100か月
  ☆ノストラダムスの予言(百詩篇)(第7巻(1-42))
   ■地底暦2037年3月〜2040年8月 ※42か月(3年6か月)
    ※地底暦2037年3月1日(日)〜2040年8月31日(金)
     @ 2036年8月19日(火)〜2040年2月19日(日)
     A 2037年9月11日(金)〜2041年3月13日(水)
  ☆ノストラダムスの予言(六行詩集)(第11巻(1-58))
   ■[地底暦2040年9月]〜2045年6月 ※58か月(4年10か月)
    ※地底暦2040年9月1日(土)〜2045年6月30日(金)
     @ 2040年2月20日(月)〜2044年12月18日(日)
     A 2041年3月14日(木)〜2046年1月10日(水)
,
0183虚構の真実 ◆Ks/PopOhaQ
垢版 |
2024/06/03(月) 00:55:26.48ID:i+sadz4e
,
,
【ノストラダムスの予言(百詩篇)(第5巻(42))】 ※地底暦2023年12月
戦争好きの男(アブラハム(相模湾(南部)の同心円)(2024年6月17日(月)))
鐘楼(火道(垂直方向))の高みに昇り詰め サヴォワ(栃木県さくら市)の
フランス(関東地方)復帰を成就するだろう ロンバルディア(日高山脈周辺)
(北海道(南部(※沿岸を含む)))の民が 恐れ戦かせるだろう
天秤座(180度〜210度)([9月24日〜10月23日] or [10月18日
〜11月16日])(地底暦2023年9月24日(日)〜10月23日(月)
(@ 2023年3月14日(火)〜4月12日(水)、A 2024年4月5日(金)
〜5月4日(土)))(地底暦2023年10月18日(水)〜11月16日(木)
(@ 2023年4月7日(金)〜5月6日(土)、A 2024年4月29日(月)
〜5月28日(火)))に支配される鷲の輩どもを
■地底暦2023年12月1日(金)〜12月31日(日)
 @ 2023年5月21日(日)〜6月20日(火)
 A 2024年6月12日(水)〜7月12日(金)
  ◇アブラハム(相模湾(南部)の同心円)が現れる(2024年6月17日(月))
    ※およそ、1,800日後(2019年7月14日(日)より)
,
0184虚構の真実 ◆Ks/PopOhaQ
垢版 |
2024/06/03(月) 00:58:42.17ID:i+sadz4e
,
,
【ノストラダムスの予言(百詩篇)(第5巻(54))】 ※地底暦2024年12月
大いなるタタール(岐阜県本巣市)(※濃尾地震(M8.0)
(1891年10月28日))と黒海(若狭湾)の彼方から
一人の王が登場 フランス(関東地方)を見に来るだろう
アラニア(滋賀県高島市(琵琶湖の北西方向))
アルメニア(比良山地)を越え
ビザンチウム(鳥取県米子市(北部)or関西地方
(※紀伊半島を除く))に 血塗れの鞭を置く
■地底暦2024年12月1日(日)〜12月31日(火)
 @ 2024年5月21日(火)〜6月20日(木)
  ◇アブラハム(相模湾(南部)の同心円)が現れる(2024年6月17日(月))
    ※およそ、1,800日後(2019年7月14日(日)より)
 A 2025年6月13日(金)〜7月13日(日)
  ◇イエス(磔刑)([○九十])(大楠山(三浦半島)の同心円)
    (2025年6月15日(日)(15時15分))


【ノストラダムスの予言(百詩篇)(第5巻(55))】 ※地底暦2025年1月
アラビア(紀伊半島)の恵まれた国に マホメットの律法の中で
威力ある者(イエス・キリスト([Θ])(東京都大田区平和島の
同心円)(2025年7月16日(水)))(orアブラハム(相模湾(南部)
の同心円)(2024年6月17日(月)))が生まれる
彼はスペイン(千葉県)を苦しめグラナダ(千葉県鴨川市)を征服し
リグーリア(恵山海丘)の民のほとんどを海(神奈川県(南西部))
(or千葉県富津市川名(北東部)の同心円)から屈服させるだろう
■地底暦2025年1月1日(水)〜1月31日(金)
 @ 2024年6月21日(金)〜7月21日(日)
 A 2025年7月14日(月)〜8月13日(水)
  ◇五旬節(ペンテコステ)(羽田空港の東方(千葉県浦安市
    日の出の南方))の同心円)(2025年7月14日(月)(16時〜19時))
    ※イエス(昇天)の10日後(日没から、3時間以内)
  ◇イエス(聖霊)(羽田空港の東方(荒川河口の南方)の同心円)
    (2025年7月14日(月) or 7月15日(火))
    ※490日後(2024年3月11日(月) or 3月12日(火)より)
  ◇イエス・キリスト([Θ])(東京都大田区平和島の同心円)
    (2025年7月16日(水))
,
0185虚構の真実 ◆Ks/PopOhaQ
垢版 |
2024/06/04(火) 19:32:18.83ID:9COgA772
,
,
★☆★ ノーベル賞ゲットに向けて ★☆★


【地底暦(古文書(各種)の周期)】 ※簡略版
■大震災(101年〜102年周期)の法則 ※地底暦1906年〜2025年
   ※地底暦1906年〜1923年、1924年〜1935年、
     1936年〜1965年、1966年〜1995年、1996年〜2025年
   ※1905年6月21日(水)〜2026年7月13日(月)
 □大震災(101年〜102年周期)の法則 ※地底暦2026年〜2127年
   ※地底暦2026年〜2055年、2056年〜2085年、
     2086年〜2115年、2116年〜2127年、2128年〜2145年
   ※2025年6月21日(土)〜2128年7月12日(月)
■カタカムナウタヒ(全80首) ※地底暦1912年〜1991年
   ※1911年6月21日(水)〜1992年7月12日(日)
 □カタカムナウタヒ(全80首) ※地底暦1992年〜2071年
   ※1991年6月21日(金)〜2072年7月12日(火)
■クルアーン(全114章) ※地底暦1928年〜2041年
   ※1927年6月21日(火)〜2042年7月13日(日)
 □クルアーン(全114章) ※地底暦2042年〜2155年
   ※2041年6月21日(土)〜2156年7月12日(月)
■日月神示(月光の巻(補巻))(全六十二帖) ※地底暦1934年〜1995年
   ※地底暦1934年〜1964年(1月3日(金))、1965年〜1995年
   ※1933年6月21日(水)〜1996年7月12日(金)
 □日月神示(月光の巻(補巻))(全六十二帖) ※地底暦1996年〜2057年
   ※地底暦1996年〜2026年(1月3日(土))、2027年〜2057年
   ※1995年6月21日(水)〜2058年7月13日(土)
 □日月神示(月光の巻(補巻))(全六十二帖) ※地底暦2058年〜2119年
   ※地底暦2058年〜2088年(1月3日(土))、2089年〜2119年
   ※2057年6月21日(木)〜2120年7月12日(金)
0186虚構の真実 ◆Ks/PopOhaQ
垢版 |
2024/06/04(火) 19:33:20.60ID:9COgA772
,
■ヨハネの黙示録(全22章)(※22年周期) ※地底暦1903年〜1924年
   ※1902年6月21日(土)〜1925年7月13日(月)
 □ヨハネの黙示録(全22章)(※22年周期) ※地底暦1925年〜1946年
   ※1924年6月21日(土)〜1947年7月13日(日)
 □ヨハネの黙示録(全22章)(※22年周期) ※地底暦1947年〜1968年
   ※1946年6月21日(金)〜1969年7月13日(日)
 □ヨハネの黙示録(全22章)(※22年周期) ※地底暦1969年〜1990年
   ※1968年6月21日(金)〜1991年7月13日(土)
 □ヨハネの黙示録(全22章)(※22年周期) ※地底暦1991年〜2012年
   ※1990年6月21日(木)〜2013年7月13日(土)
 □ヨハネの黙示録(全22章)(※22年周期) ※地底暦2013年〜2034年
   ※2012年6月21日(木)〜2035年7月13日(金)
 □ヨハネの黙示録(全22章)(※22年周期) ※地底暦2035年〜2056年
   ※2034年6月21日(水)〜2057年7月13日(金)
 □ヨハネの黙示録(全22章)(※22年周期) ※地底暦2057年〜2078年
   ※2056年6月21日(水)〜2079年7月13日(木)
 □ヨハネの黙示録(全22章)(※22年周期) ※地底暦2079年〜2100年
   ※2078年6月21日(火)〜2101年7月13日(水)
■ノストラダムスの予言(国王アンリ二世への書簡(0-59))
  (序文&全59段落) ※地底暦1982年〜2041年 ※周期は、未調査
   ※1981年6月21日(日)〜2042年7月13日(日)
■ノストラダムスの予言(百詩篇)(第1巻〜第11巻(六行詩集))(全1,000詩)
   ※1,000か月(83年4か月) ※周期は、未調査
   ※地底暦1987年3月1日(日) or 3月14日(土)(※基準日)
      〜2070年6月30日(月) or 7月14日(月)
   ※1986年8月19日(火) or 9月1日(月)(※基準日)
      〜2071年1月10日(土) or 1月24日(土)
0187虚構の真実 ◆Ks/PopOhaQ
垢版 |
2024/06/04(火) 19:34:22.19ID:9COgA772
,
■旧約聖書(※エゼキエル書以前の区分が難解な為、未調査) ※周期は、不明
 §エゼキエル書(全48章) ※地底暦1968年〜2015年
   ※1967年6月21日(水)〜2016年7月12日(火)
 §ダニエル書(全12章) ※地底暦2016年〜2027年
   ※2015年6月21日(日)〜2028年7月12日(水)
 §ホセア書(全14章) ※地底暦2028年〜2041年
   ※2027年6月21日(月)〜2042年7月13日(日)
 §ヨエル書(全14章) ※地底暦2042年〜2045年
   ※2041年6月21日(土)〜2046年7月13日(金)
 §アモス書(全9章) ※地底暦2046年〜2054年
   ※2045年6月21日(水)〜2055年7月13日(火)
 §オバデヤ書(全1章) ※地底暦2055年
   ※2054年6月21日(日)〜2056年7月12日(水)
 §ヨナ書(全4章) ※地底暦2056年〜2059年
   ※2055年6月21日(月)〜2060年7月12日(月)
 §ミカ書(全7章) ※地底暦2060年〜2066年
   ※2059年6月21日(土)〜2067年7月13日(水)
 §ナホム書(全3章) ※地底暦2067年〜2069年
   ※2066年6月21日(月)〜2070年7月13日(日)
 §ハバクク書(全3章) ※地底暦2070年〜2072年
   ※2069年6月21日(金)〜2073年7月13日(木)
0188虚構の真実 ◆Ks/PopOhaQ
垢版 |
2024/06/04(火) 19:35:10.17ID:9COgA772
,
■新約聖書(※30年周期)(マタイor創世記からの開始)
 □新約聖書(マタイによる福音書(全28章)((1)or(4))
   〜レビ記(全27章)((30)or(3))) ※地底暦1917年〜1946年
 □新約聖書(マタイによる福音書(全28章)((1)or(4))
   〜レビ記(全27章)((30)or(3))) ※地底暦1947年〜1976年
 □新約聖書(マタイによる福音書(全28章)((1)or(4))
   〜レビ記(全27章)((30)or(3))) ※地底暦1977年〜2006年
 §マタイによる福音書(全28章)((1)or(4))
   (天(新約聖書)(福音書)) ※地底暦2007年
   ※2006年6月21日(水)〜2008年7月12日(土)
 §マルコによる福音書(全16章)((2)or(5))
   (天(新約聖書)(福音書)) ※地底暦2008年
   ※2007年6月21日(木)〜2009年7月13日(月)
 §ルカによる福音書(全24章)((3)or(6))
   (天(新約聖書)(福音書)) ※地底暦2009年
   ※2008年6月21日(土)〜2010年7月13日(火)
 §ヨハネによる福音書(全21章)((4)or(7))
   (天(新約聖書)(福音書)) ※地底暦2010年
   ※2009年6月21日(日)〜2011年7月13日(水)
 §使徒言行録(全28章)((5)or(8))
   (天(新約聖書)(歴史書)) ※地底暦2011年
   ※2010年6月21日(月)〜2012年7月12日(木)
 §ローマの信徒への手紙(全16章)((6)or(9))
   (地(新約聖書)(パウロ書簡)) ※地底暦2012年
   ※2011年6月21日(火)〜2013年7月13日(土)
 §コリントの信徒への手紙一(全16章)((7)or(10))
   (地(新約聖書)(パウロ書簡)) ※地底暦2013年
   ※2012年6月21日(木)〜2014年7月13日(日)
 §コリントの信徒への手紙二(全13章)((8)or(11))
   (地(新約聖書)(パウロ書簡)) ※地底暦2014年
   ※2013年6月21日(金)〜2015年7月13日(月)
 §ガラテヤの信徒への手紙(全6章)((9)or(12))
   (地(新約聖書)(パウロ書簡)) ※地底暦2015年
   ※2014年6月21日(土)〜2016年7月12日(火)
 §エフェソの信徒への手紙(全6章)((10)or(13))
   (地(新約聖書)(パウロ書簡)) ※地底暦2016年
   ※2015年6月21日(日)〜2017年7月13日(木)
0189虚構の真実 ◆Ks/PopOhaQ
垢版 |
2024/06/04(火) 19:35:33.74ID:9COgA772
,
 §フィリピの信徒への手紙(全4章)((11)or(14))
   (地(新約聖書)(パウロ書簡)) ※地底暦2017年
   ※2016年6月21日(火)〜2018年7月13日(金)
 §コロサイの信徒への手紙(全4章)((12)or(15))
   (地(新約聖書)(パウロ書簡)) ※地底暦2018年
   ※2017年6月21日(水)〜2019年7月13日(土)
 §テサロニケの信徒への手紙一(全5章)((13)or(16))
   (地(新約聖書)(パウロ書簡)) ※地底暦2019年
   ※2018年6月21日(木)〜2020年7月12日(日)
 §テサロニケの信徒への手紙二(全3章)((14)or(17))
   (地(新約聖書)(パウロ書簡)) ※地底暦2020年
   ※2019年6月21日(金)〜2021年7月13日(火)
 §テモテへの手紙一(全6章)((15)or(18))
   (地(新約聖書)(パウロ書簡)) ※地底暦2021年
   ※2020年6月21日(日)〜2022年7月13日(水)
 §テモテへの手紙二(全4章)((16)or(19))
   (地(新約聖書)(パウロ書簡)) ※地底暦2022年
   ※2021年6月21日(月)〜2023年7月13日(木)
 §テトスへの手紙(全3章)((17)or(20))
   (地(新約聖書)(パウロ書簡)) ※地底暦2023年
   ※2022年6月21日(火)〜2024年7月12日(金)
 §フィレモンへの手紙(全1章)((18)or(21))
   (地(新約聖書)(パウロ書簡)) ※地底暦2024年
   ※2023年6月21日(水)〜2025年7月13日(日)
 §ヘブライ人への手紙(全13章)((19)or(22))
   (地(新約聖書)(パウロ書簡)) ※地底暦2025年
   ※2024年6月21日(金)〜2026年7月13日(月)
 §ヤコブの手紙(全5章)((20)or(23))
   (地(新約聖書)(公同書簡)) ※地底暦2026年
   ※2025年6月21日(土)〜2027年7月13日(火)
 §ペテロの手紙一(全5章)((21)or(24))
   (地(新約聖書)(公同書簡)) ※地底暦2027年
   ※2026年6月21日(日)〜2028年7月12日(水)
 §ペテロの手紙二(全3章)((22)or(25))
   (地(新約聖書)(公同書簡)) ※地底暦2028年
   ※2027年6月21日(月)〜2029年7月13日(金)
0190虚構の真実 ◆Ks/PopOhaQ
垢版 |
2024/06/04(火) 19:37:17.56ID:9COgA772
,
 §ヨハネの手紙一(全5章)((23)or(26))
   (地(新約聖書)(公同書簡)) ※地底暦2029年
   ※2028年6月21日(水)〜2030年7月13日(土)
 §ヨハネの手紙二(全1章)((24)or(27))
   (地(新約聖書)(公同書簡)) ※地底暦2030年
   ※2029年6月21日(木)〜2031年7月13日(日)
 §ヨハネの手紙三(全1章)((25)or(28))
   (地(新約聖書)(公同書簡)) ※地底暦2031年
   ※2030年6月21日(金)〜2032年7月12日(月)
 §ユダの手紙(全1章)((26)or(29))
   (地(新約聖書)(公同書簡)) ※地底暦2032年
   ※2031年6月21日(土)〜2033年7月13日(水)
 §ヨハネの黙示録(全22章)((27)or(30))
   (地(新約聖書)(黙示録))(※30年周期) ※地底暦2033年
   ※2032年6月21日(月)〜2034年7月13日(木)
 §創世記(全50章)((28)or(1))
   (天(旧約聖書)(モーセ五書)) ※地底暦2034年
   ※2033年6月21日(火)〜2035年7月13日(金)
 §出エジプト記(全40章)((29)or(2))
   (天(旧約聖書)(モーセ五書)) ※地底暦2035年
   ※2034年6月21日(水)〜2036年7月12日(土)
 §レビ記(全27章)((30)or(3))
   (天(旧約聖書)(モーセ五書)) ※地底暦2036年
   ※聖書を30年周期で見る場合は、全27章(第17章〜第27章を含む)
     (第25章:安息の年(地底暦2036年)とヨベルの年(地底暦2037年))
   ※聖書を1年周期(365日〜366日)で見る場合は、第16章(贖罪の日)まで
   ※2035年6月21日(木)〜2037年7月13日(月)
 □新約聖書(マタイによる福音書(全28章)((1)or(4))
    〜レビ記(全27章)((30)or(3))) ※地底暦2037年〜2066年
   ※地底暦2037年1月1日(木)〜2066年12月31日(金)
   ※2036年6月21日(土)〜2067年7月13日(水)
 □新約聖書(マタイによる福音書(全28章)((1)or(4))
    〜レビ記(全27章)((30)or(3))) ※地底暦2067年〜2096年
   ※地底暦2067年1月1日(土)〜2096年12月31日(月)
   ※2066年6月21日(月)〜2097年7月13日(土)
,
レスを投稿する


ニューススポーツなんでも実況