■■■死恐怖症(タナトフォビア)38棺目■■■

レス数が1000を超えています。これ以上書き込みはできません。
1優しい名無しさん2021/02/19(金) 18:01:34.93ID:K7nk6H/4
タナトフォビアとは死そのものや死に関連するものに対する恐怖症のことです。
このスレにはこんな人たちがいます。

1. 意識の喪失による無が怖い人
2. 死に伴う孤独や痛みが怖い人
3. 悲惨な目や災害にあって死ぬのが怖い人
4. 生や死そのものの不可解さが怖い人
5. 死んで人から忘れられるのが怖い人
6. 永遠が怖い人
7. 身近な人の死が怖い人
8. 生きる事やこの世の全てが無意味に感じるのが怖い人
これらのことを考え出すと思考が止まらなくなり、恐怖・発狂恐怖に陥る人。

タナトフォビアの類義語としてネクロフォビアがあります。
しかしタナトスはもともと死を擬人化した神の名を、ネクロは死体を指すので、
ネクロフォビアというと死体、つまり他者の死を意味するときに使う習慣もあるようです。
(ただし海外では同義語として扱われています。)


スレが埋まりそうになったら新スレが立つまで書き込みを控えましょう

前スレ
■■■死恐怖症(タナトフォビア)37棺目■■■
https://mevius.5ch.net/test/read.cgi/utu/1593095291/

2優しい名無しさん2021/02/19(金) 18:02:28.50ID:bUQXZ+bp
>>1
お前に人生のアドバイスをしてやる
お前は何もしなくても人に嫌われる才能がある
だからもしも好かれたいと思うなら自分を捨てていかに世の中人のために立つことを考えろ
もちろんすぐには上手くいかないだろう
お前の生きてきた年数くらいかかるかもしれない
ただお前は今まで楽をしすぎた
これからは人のためにだけ考えて生きろ

3優しい名無しさん2021/02/19(金) 20:10:30.58ID:CwowXA7E
永遠の時間が怖い

4優しい名無しさん2021/02/20(土) 21:34:38.87ID:rasTpBUT
人のためだけ考えて生きたところで確実に死ぬ

5優しい名無しさん2021/02/21(日) 02:05:00.08ID:Nr2dDqIw
死にたい

6優しい名無しさん2021/02/21(日) 04:15:32.57ID:7sY03XWV
人生を明るく楽しく豊かに生きるコツは死を考えない事だ

しかし地獄行く

7優しい名無しさん2021/02/23(火) 00:31:46.46ID:MIpUJ0aH
死んだら無

8マリア ◆znR3Kf472w 2021/02/25(木) 12:51:39.30ID:GhpsnClH
あぁいつか永遠の眠りにつく日まで
どうかその笑顔が絶え間なくあるように

https://youtu.be/VFSeESRAPKU

9優しい名無しさん2021/02/26(金) 01:38:36.86ID:caMrFCOy
タナトで不安に陥ったとき、
G線上のアリアとアメイジンググレースを聞くと少し和らぐ
「無限時間の死」が「現実の死」に落とし込まれる感じがするので

10優しい名無しさん2021/02/26(金) 01:55:01.09ID:Zq8LBfca
戦争映画や犯罪映画の苛烈な暴力シーン、
底辺の悲惨さこそ人間の死を生きていますね
あ、人間未満のタナトは社会の、世界の最底辺でした

11優しい名無しさん2021/02/26(金) 11:32:27.61ID:J38WUbZE
20代ぐらいまで体力もあったので
死ぬときは怖いけど鎮静の薬は遠慮しようと
思ってたけど、歳とって持病持ってからは死ぬときもし可能なら
医療麻薬や鎮静の薬も使って欲しいって心境に変わった
自分は無はかまわない。でも死ぬときにすごく痛かったりすごく悲しかったりするのが嫌だ
すごく痛いなら多くの薬を使って欲しい
悔いがないように毎日生きていて、小鳥の声を聞くだけで
満足感あるけど、それでも死ぬときは、悟った人でないととても辛く悲しいのでは?と気がかり。
MRIの時とかに綺麗な海のイメージで乗り切ったりするけど
死ぬときもそういう良いイメージを持って死ねたらいいのにな

12優しい名無しさん2021/02/27(土) 00:21:07.93ID:2dnStFBg
>>11
自らもガンになったホスピス医の動画をいくつか見た
異口同音にガンの本当の苦しみが患者になってわかったと
ガンになる前は「よりよく生きましょう〜」なんて患者に言っていたらしいが、
自分がガンになると「よりよくなんて生きられねーよ」に変化
献身的やっているホスピス医は尊敬に値するが
死ぬ時は枯れるように穏やかに死ねるとか、死の瞬間は脳内興奮物質が出るとか言うが
所詮それも傍から見た想像だ、よりよくは実際生きられないように

エビデンスがしっかりあって、現在言える死に対抗できる方法は唯一薬で鎮静させることのみ
鎮静はどんどん普及すべき、鎮静を受けるべき

13優しい名無しさん2021/02/28(日) 12:23:41.48ID:vGs84p3v
釈迦に信用を寄せる人間が私にはわからない。自分の人生の問いに対して、あの時代にあって思索し尽くす様は見事だし、生に対する対する諦念は確かに共感する。
でも、彼は輪廻転生を前提とした宗教の出であるし(バラモン教)、死や死後の永遠の時間に対してほとんど考えを巡らすこともなかったように見える。釈迦もたんに一人の人間であって、もう死んで無になってることを思うと
ここまで神格化される理由がないのではないか。

14優しい名無しさん2021/02/28(日) 20:26:32.63ID:rgIIHDP6
>>13
釈迦は死が怖いって考える「私」が存在してないって事を言ってるんでしょ
人間は1日に7万回思考が自動的に沸いてくるらしいけど死の恐怖を含めあらゆる思考ってのは
ワイングラスにシャンパン注いだら湧き上がってくる泡のようなもので、泡が自分じゃなくて泡以外の部分が本当の自分て釈迦は覚ったんでしょ

15優しい名無しさん2021/02/28(日) 20:41:13.76ID:3KO4IsAt
>>14
でも、その泡以外のやつが死なないってことは、釈迦は一切論証してないよね。輪廻に逃げるか、来世がカルピスみたいに薄まった涅槃とかいう曖昧な概念に逃げただけじゃない。釈迦に俗人から科学者までワラワラと群がってるけど、まあ無駄だと思うね。釈迦はもう死んだわけだから。

16優しい名無しさん2021/02/28(日) 22:11:15.09ID:bl6H0eY/
お釈迦様の教えは正確には伝わってないからね。

17優しい名無しさん2021/03/01(月) 22:20:29.72ID:20Po03L4
死んだら土に還るだけ

18優しい名無しさん2021/03/01(月) 22:27:29.40ID:144lANe1
魂は永遠、時間は無限

19マリア ◆znR3Kf472w 2021/03/02(火) 12:50:23.62ID:uaPNMZ9u
時の回廊 一時間
https://youtu.be/Q9XTqQbuavI

20優しい名無しさん2021/03/02(火) 23:46:07.64ID:wDw669xU
自分が死ぬのは怖くない
むしろ早ければ早いほど悲しまれるから
良いと思ってる
それより周りの人が死んでひとりぼっちに
なるのが怖くて、それに日々怯えている

21優しい名無しさん2021/03/03(水) 00:10:14.46ID:uuO3gufM
>>20
それはタナトではないのでは?
孤独恐怖症てやつかもね

22優しい名無しさん2021/03/03(水) 13:26:07.12ID:BaSnVGhC
まあ生まれる前も、どこまで遡っても『自分』なんてまったく存在しなかったわけでな・・・

23優しい名無しさん2021/03/03(水) 15:38:35.70ID:uuO3gufM
>>22
最初から存在しなかったボタンがあったら押す?

24優しい名無しさん2021/03/03(水) 18:41:35.09ID:ANyYmZEh
自分という概念が脳、意識や自我が脳髄の中の電流とか化学変化とかクオリアでしかないというのなら
何故このクオリアという概念が脳には発生してしまうのか?
ありとあらゆる色んな物質がこの世界には存在するのに
何故自我という概念は脳という有機物にしか生まれないのか?
何故脳にだけ意識が作られるのか?
意識や自我やクオリアが脳というちっぽけな器に縛られない概念だったら
この世に幽霊や神や意識の集合体的なオカルトが存在できていたというのに…

25優しい名無しさん2021/03/04(木) 00:52:39.68ID:9lZBplYK
むしろ意識やクオリアがある方が異常なのだ。
宇宙は…この世は誰にも認識されず観測される事もないのが当然であり
存在しているのに存在を知られる事もない、有なのに無の世界である方が自然だ。

己を己と認識できる脳が有り、それだけの知能がある生命体なんて存在が
生まれてしまった事自体が宇宙全体にとってはバグであり、イレギュラーである。
ましてや神やあの世という概念、死の恐怖に生の不条理やこの世の無意味さまで
考え、知り、作り、戸惑い、絶望するまでの知能を手に入れた人類など異常の中の大異常であろう。

26マリア ◆znR3Kf472w 2021/03/04(木) 06:47:25.09ID:FEFdBoIH
仏教は、お釈迦さまの説かれた教えです。
その教えは分かり易くいうと、自分のこころを貧しくし、苦しめる自己中心的なこころ(エゴ)のとらわれから解放されて、人間本来の、感謝に満ち、支え合って生きる、
こころ豊かな生き方を説いたものです。しかし、お釈迦さまの教えに導かれないで生活していますと、つい自己中心的なエゴに振り回されてしまいます。
世界中で一番可愛いのは自分になります。そして、“自分の思う通りにしたい”という身勝手な欲望が無意識に湧き起ってきます。このこころは誰にでもある自己保存本能です
が、このこころに振り回されていますと、“思う通りにならない”のが世の常ですので、ストレスや苦しみは否応なく増すばかりです。
私たち人間の苦しみは、自己中心的なこころ(エゴ)に対する執着が根本です。

 本来、あらゆるものは支え、支えられ、生かされて存在しています。自分だけという独立した自我はどこにも存在しません。
すべてがあらゆる縁によって生かされている存在です。これが仏教の説く真理です。
ですから、この真理に基づいて、自らも社会の為、人の為、一隅を照らし、感謝をし、
支え合う生き方をすれば、人間本来のこころ豊かな、充実した人生を歩むことができるのです。
仏教とは本来このような「仏道を歩む」生き方といえます

27優しい名無しさん2021/03/04(木) 21:43:46.35ID:yWwsNQoH
周りには大迷惑だけど、認知症になって自我を失って死ぬのが
タナトにとっては一番いいんだろうな

28優しい名無しさん2021/03/04(木) 22:03:23.35ID:fKh/W84d
タナトみたいに自意識過剰ぎみで客観的洞察力がある性格の人って残念ながらアルツハイマーになりにくいタイプだと思うわ
割と死の直前まで頭脳明晰のような気がする
例えばユニクロの柳井社長とか頭脳明晰だから良くも悪くも最後まで巣鴨にいるおじいちゃんおばあちゃんみたいなオレオレ詐欺に引っかちゃうようなボケにならないだろな

29優しい名無しさん2021/03/04(木) 23:54:25.09ID:Uwty9ioq

30優しい名無しさん2021/03/05(金) 13:17:05.26ID:zvwx7Wrg
ALSの美容師の男性のブログを少しずつ読んだら。
ALSの7割が気管切開・人工呼吸器をしないで亡くなることと
24時間の重度訪問介護の制度が県でたった2例目、
ということが書いてあった。安楽死は賛成かな…とあり
そうしたら、7割ものALSの者が全く動けなくなる苦悩のために
呼吸器をつけず死を選択することが減り、呼吸器を選択して
少しでも生きられるのでは、というような内容だったと思う。
死ぬのが怖い。ALSではないけどこれは案外人数の多い病気らしい

31優しい名無しさん2021/03/05(金) 19:48:34.33ID:U3PCgFC5
タイムスタンプが10年前のALSの人のブログ読んで今生きてるか!?と心配になったら、今もまだ元気でブログしてた、体は動かなくなってたけど生きてるってわかって安心した

32優しい名無しさん2021/03/05(金) 20:39:42.37ID:P2bh4uv7
何度克服したと思っても季節の変わり目とかに発作が来やがる
ファック!!!!!!!!

33優しい名無しさん2021/03/05(金) 22:48:14.51ID:fADcl7vY
>>30
安楽死があるからそれが「お守り」になって過ごせるという事が言われているね
その人がいう事は最もだよ、本当に死の恐怖と向き合っているのだから

残念ながらというか、ほとんどの人間はタナトではないから死ぬことに対して想像力が働かない
ガンや難病の告知を受けるまで他人事
だから議論が全く進まない

34優しい名無しさん2021/03/05(金) 22:56:25.47ID:iv5VdTWF
いつも下の方でうろちょろしてるスレが上がってくるとは、タナトなんてのは後回しにすればいいだけ、その練習だけでも一定の効果はあると思うけど、受け止めるんじゃなくてそらす感じでタナトをスルー

35優しい名無しさん2021/03/06(土) 01:49:27.18ID:ynVDdMzf
癌の告知を明日言われると思う、今恐怖で震えています。ちなみに高齢者です。大学時代、死は甘美な囁きだったがタナトの私は乗り越えられる自信がない。怖い。

36優しい名無しさん2021/03/06(土) 10:34:40.02ID:ynVDdMzf
怖い。眠れない。

37優しい名無しさん2021/03/06(土) 10:35:36.55ID:ynVDdMzf
2時から特別受診。

38優しい名無しさん2021/03/06(土) 12:39:58.73ID:pflgpfwr
大丈夫?

39優しい名無しさん2021/03/06(土) 14:11:13.74ID:1aLjpTFt
結果は?

40優しい名無しさん2021/03/07(日) 01:44:10.94ID:IgagUbre
Tick Tokとかインスタで動物の動画なんか見てるとたまにライオンに小鹿がハンティングされるような弱肉強食のやつがあるけど
生物が必ず死ぬっていうことはもちろんこの弱肉強食のサイクルの中にいる俺らはクソゲーの中に放り込まれたようなもんだろ・・

41優しい名無しさん2021/03/07(日) 15:42:43.84ID:dNMuADjn
こうしてゲームしたりアニメ見たりして時間無駄にしてるが、
自分が死ぬ日が必ず来るって考えるとなんか不思議だね

42優しい名無しさん2021/03/07(日) 19:26:42.32ID:R6f7EdNd
結局何が最大の問題って死だよね
どうせ死ぬのに何故苦労して生きる必要があるか

43優しい名無しさん2021/03/07(日) 19:46:21.21ID:IbhV5Tf8
>>42
単純に美味しいもの食ったり、気持ちいいSEX するためじゃね。

44優しい名無しさん2021/03/07(日) 20:01:26.01ID:IbhV5Tf8
狩猟収集を主に行う原始人や未開人にはタナトはいない。目の前の恐怖、例えば猛獣に食われそうななったり、他の部族に殺されそうになった時にだけ死を恐れる。
現代人や仏陀のような昔の暇人は、いつ訪れるかもわからない遠い死の予感に対し不安を募らせタナトになっている。
ちなみにアフリカの未開人は過去と現在だけで未来の感覚が存在しないらしい。タナトにはなりようが無い。
未来が出来たのは農耕が始まってから。

45優しい名無しさん2021/03/07(日) 22:22:13.28ID:hC3eRvnc
そもそも宇宙てなんなの?
在るとは?存在とは?

46マリア ◆znR3Kf472w 2021/03/08(月) 06:52:01.99ID:VMkCCeYf
あまり深く考えない方が良いですよ
宇宙とか存在とかそんなこと考えても無意味です

それより日常生活のことを考えましょう

47優しい名無しさん2021/03/08(月) 18:51:06.15ID:eOQX2++0
>>31
体動かないのは想像を絶することだろうけど
ブログ続けてくれてるのは嬉しいね
未解明の病気だから発信は役立つことも多そう

>>33
なるほど「お守り」なんだね
自分も持病で悩んでやっと
ALSのブログを読むに至った でも少しずつ。
ALSの本も怖がりながら1冊だけ読んだ
なんとか議論が進んでほしいな

>>35
受診はどうだったか気になります
もし告知されたら最初のショックがあると思うので
心身大事に、少しでも自分が楽なように過ごしてほしいな

48優しい名無しさん2021/03/08(月) 20:57:03.23ID:GBRIQ5Dn
>>46
ブッダの言ってた通り
われわれは生きている間は苦しみから逃れることはできない
これからも苦しみ、そしていつか死ぬ
人間とはなんてはかない生き物なんだろうか

49優しい名無しさん2021/03/08(月) 22:52:59.68ID:NwZzmp4y
生老病死
四苦八苦

50マリア ◆znR3Kf472w 2021/03/09(火) 07:52:26.09ID:QpVB91gJ
>>48
まぁ人間特有の悩みだよね
知能が発達したことで未来のことまで考えてしまう

他の動物は未来のことや死は考えない
天敵に襲われた時に漠然と死の恐怖を感じるぐらい
人間みたいに考え過ぎて病気になることもない

51マリア ◆znR3Kf472w 2021/03/09(火) 08:06:50.38ID:QpVB91gJ
死ぬのが怖いっていうのは良いことだと思うし普通の感覚
それだけ生きたいってことだから

死にたいよりマシ
竹内結子や三浦春馬は死の恐怖より死にたいという気持ちが勝ってしまった
ああいうのが本当に病んでる人達

52優しい名無しさん2021/03/09(火) 09:01:32.52ID:twpcKqTT
>>50
人間だって農耕が始まるまで未来の概念がなかった。知能だけの問題ではない。
アフリカ等にいる現代の狩猟収集民も未来の概念は薄い。未来が無ければタナトになりようがない。現代人は先の事をあれこれと考えすぎなんだよ。

53優しい名無しさん2021/03/09(火) 09:51:31.55ID:91EFTlLu
>>52
自分が死んだ後にも世界が続いていくのが悔しいし
百年後の世界がどうなっているか見る事ができないのも無念だ

なまじ科学が発展してる時代に生まれてしまったからこその苦しみ
未来を想像や予想できる時代に生きているからこその虚しさ
原始時代に生まれた原始人ならこんな悩みを抱えずに生きて死ぬ事ができただろうに

2045年にシンギュラリティが起きるそうだがこれからさらに科学技術が進化して、
SF映画に出てくるような道具や娯楽が作られていくのだろう
物理法則も超越してドラえもんのひみつ道具みたいな物もいつか作られるかもしれない

でもその時代に、自分はもういない
電気も自動車も飛行機も知らずに死んでいった江戸時代の人達
テレビゲームもパソコンもインターネットもスマホも知らずに死んでいった幕末時代の人達
それらの過去の時代に生まれた者たちと同じ運命を自分も皆も辿るのだ
それが、たまらなく嫌だし、凄まじく悔しい

54マリア ◆znR3Kf472w 2021/03/09(火) 12:41:09.84ID:QpVB91gJ
>>52
いやあったでしょ
まぁ現代人ほど考えないっていうのは同意だけど

もっと言えば未開の部族とかはもっと自然的に生きてる
神や精霊の存在も信じてる

55優しい名無しさん2021/03/09(火) 18:09:10.46ID:osMlm992
>>53
確かに、人類の科学の最盛期と衰退、滅亡まで知りたくはなるよな
でもそんなのは絶対に無理だからSF小説とかSF系のゲームとかで偽物の未来を体験してるよ

56優しい名無しさん2021/03/09(火) 18:20:17.70ID:osMlm992
滅亡論者のように「今が人類のピークで徐々に衰退して100年以内に滅亡するぞ」
って言っておけば見られずに死にゆく自分の惨めさを完全に忘れられるからお勧め

57優しい名無しさん2021/03/09(火) 19:06:18.82ID:R1cEyAnK
惨めさとかはどうでもいいな
肉体が無くなるのも全く怖くない

58優しい名無しさん2021/03/09(火) 21:09:46.37ID:LBUPuxRR
>>53
新しいスマホとか欅坂よりもっと可愛いアイドルとか空飛ぶ自動車とか惑星間旅行とかそういう今より進歩した世界を味わいたいみたいな欲はタナトじゃないんじゃね?
そういうエゴってある程度歳とると薄まってくるな、俺初めて海外旅行したのは21の学生の時にバイトした貯めた金でグアムに友達と行ったんだけど(ちなみにタナト発症は4歳頃)、
最初は初めての海外旅行と蒼い海と南国情緒で浮かれていた、でも夜ホテルのベットで寝てる時に友達は先に寝ちゃって俺ひとりだけ起きててふとホテルの天井見ながら思ったんだよね
俺今グアムのヒルトンホテルの部屋でベットに寝そべって天井見つめてるけど、これっていつも一人暮らししてる高円寺のワンルームで寝ながら天井見つめてる状態と結局一緒やん・・てね
うまりどんな高級な体験や目新しい体験しても結局俺の中からは抜け出せないってこと
その時に何か得ることによってのエゴ的な快楽ではほとんど充足感は得られないって思ったわ
今30代後半だけど案の定車買い替えたり何か新しい生活の変化が起きてもエゴ的な快楽は若い時の10分の1くらいしか続かなくてこの先もっと鈍化してくだろうな
つまりタナトの恐怖はそうやって感性が鈍化してゆく事と最終的にグアムのホテルで客観視して自分を感じたその俯瞰的意識さえも最後には無に還るってことだわ・・

59優しい名無しさん2021/03/09(火) 21:51:15.86ID:twpcKqTT
>>54
農耕がもたらした変化の中で、最も現代人への影響が大きいのが、時間感覚の変化。
農耕を効率的に進めるには、長期的なタイムフレームが必要。種をまき、育て収穫する。一年近く先の事を考えて行動する習慣はそれまでの人類にとって全く未知のもの。初めて人類は未来を思い描かねばならなくなった。

60優しい名無しさん2021/03/09(火) 21:59:59.62ID:twpcKqTT
狩猟収集民は今現在に神経を集中する。行動を決めるのは目の前の獲物であって、またの機会を待つ、あるいは長期的な戦略に立って意思決定を下すことはない。
当座の欲求を求めている狩猟収集民は彼らの時間認識と不可分である。
今現在に関心の焦点をあわせると、過去と未来はそこを起きている事象を迂回する。言い換えると、狩猟収集民はすべてを現在と捉えることで時間を超越するのだ。

61優しい名無しさん2021/03/09(火) 22:03:57.21ID:twpcKqTT
つまり、狩猟収集民のタイムフレームは、あくまで、いまここがメイン。現代人のような数年先を思い描かくことはないため、未来の感覚が生じないのだ。
永遠の現在を生きていれば、遠い未来の不安に悩むことは無い。時間の超越とはそういう事。

62優しい名無しさん2021/03/10(水) 00:18:13.11ID:AhnJutEQ
タナトに有効なのは、抗うつ剤(うつからくるタナトの場合)か森田療法だけだな

63優しい名無しさん2021/03/10(水) 01:13:47.67ID:/YJ5We7X
ADHDっぽいな
狩猟民族って

64優しい名無しさん2021/03/10(水) 09:36:38.47ID:tjm4Aoxy
皆無になる事を知りながら生きている。
皆霊やあの世や生まれ変わりが無い事を受け入れている。
宗教に入らずタナトにもなっていない一般人は皆そうだ。
そして皆、いつか訪れる無を考えないようにして生きている。

…本当にそうか?
考えないのでも受け入れているのでもなく、既に諦めているのではないか?
科学の粋を極めても医学の果てに至っても、物理法則には敵わないと匙を投げて
全ての人類が真剣に不老や不死を研究していないだけではないのか?

皆寿命を伸ばす事よりも、無を回避する事よりも
目先の利権や快楽ばかりを追っているから何も変わらないのではないか?
この世の全ての人類、全ての国家が総力を挙げて不老不死の医学を研究したら…?
少しは寿命が、命が、今よりも伸びていたのではないか?
と、初老にかかる年齢になると叶わぬ願いや想像ばかりをしてしまう。

65優しい名無しさん2021/03/11(木) 18:09:21.64ID:p0fX7Jrj
>>58
俺も昔、誰もいない狭いゲームセンターで体験したことあったな
一時的な離人症だろうか?
なんか俯瞰的になるというか精神が自分から離れる気分だった
自分を客観視していて宇宙の片隅にはこんな変な生物がいるんだなって笑えた

66優しい名無しさん2021/03/11(木) 18:20:52.19ID:p0fX7Jrj
詳しくなぜ笑えたのかっていうとね
誰もいないから脱衣マージャンやってたら何か急に俯瞰的になって
自分が餌が確率で出るボタン押し続ける猿みたいに思えた
確率ボタン押す猿なら餌という実利を得られてるけど、
このアホがやってることは金払って無意味な作業して絵がちょっと変わるだけだからね
この生物しょーもねぇって思ってしまって面白かった

67優しい名無しさん2021/03/11(木) 21:57:23.85ID:Zhx9hRFf
今見てるものが見れなくなるのは哀しい

68優しい名無しさん2021/03/12(金) 04:34:35.85ID:C/0s6ZEL
>>64
人類を過大評価しすぎでしょう
猿から毛がなくなって寒いから服着た程度でしかないと思うよ

さらに残念だけどもし仮に数十光年ぐらいは行動範囲内にしてて、
他の恒星系に殖民しているような人類より高度な文明があったとして、
寿命延ばす程度はできても死は克服できないんじゃないかな?

69マリア ◆znR3Kf472w 2021/03/12(金) 12:25:54.29ID:9dDGuDVo
漫画やアニメでも全てを手に入れた奴が最後に欲しがるのが不老不死だけどさ
やっぱり実現不可能なんじゃないかな 不老不死なんて
生物である以上はね

70第三宇宙速度 ◆HOXZgJaR5sxK 2021/03/12(金) 20:07:24.31ID:hnIl5VB1
>>69
「不老不死」のニュアンスにもよるけど、少なくとも「不老」というところに関しては、将来的には確実に可能になると思うけどなァ…

つーかもう既に「寿命で死ぬ」って部分はクリアしてる生き物なんて存在してるし、「いつか死ぬ」という要素はあくまでも偶然の要素であって、原理的でも必然的なことでもなんでもない

そして神聖なことでも素晴らしいことでも人間的な要素でもない
ただただ物理的な1要素として人間に付随してるだけ

71第三宇宙速度 ◆HOXZgJaR5sxK 2021/03/12(金) 20:09:30.53ID:hnIl5VB1
Twitterで書いても誰も共感してくれなくてビビったんだけど、死それ自体よりも「死後の永遠の無(の原理的な終了不可能性)」がめちゃくちゃ怖い
地球が壊れても銀河が壊れても宇宙そのものが壊れても時間や空間という概念的な云々は永久に残り続けるという構造が怖い(物理的存在としての時空は厳密には消えるらしいけど、そういう次元の話ではなくて)

72優しい名無しさん2021/03/12(金) 21:49:51.87ID:EZ/hEncd
>>71
>死後の永遠の無

自分もこれが一番怖いよ
真剣に考えると怖すぎて脂汗が出てくるぐらい

「いつまで死に続ければ」、「終わり」が来るのか?
仮に輪廻転生があるとしたら、
「何回生まれ変わりをすれば」、「終わり」が来るのか?

73優しい名無しさん2021/03/12(金) 21:57:54.58ID:PXYycjx1
いつか宇宙自体が無くなるのが怖いとか永遠の輪廻転生が怖いとかそんなのは死んだら恐怖からなにから認識できないんたからどうでもいいんたけど
タナトって結局一言で言ったら「自我」が消滅するのが恐怖であり理不尽すぎるってことたよな
かりに不死が実現しても何らかのアクシデントで生きてきた記憶が全部なくなったとしたらそれはケンシロウのお前はすでに死んでいる・・と同じことだもんな

74優しい名無しさん2021/03/12(金) 23:45:21.74ID:ImLpbznh
科学を信奉するしかなく、見た物だけを信じるしかなく、死は無だと覚悟するしかない。
これが現代の先進国に生まれた罰であり、宿命であり、呪いなのだ。

若い頃あれほどまでに唾棄し、憎んでいた宗教に傾倒する人々が今では羨ましく感じる。
こんな苦しみに囚われるくらいなら未開の地の土人と揶揄されようとも、猿呼ばわりされ蔑まれようとも
神や生まれ変わりを信じたまま生きられる発展途上国や宗教国家に生まれたかった。

過去に生まれれば霊の存在が否定されずタナトフォビアになる事なく一生を過ごせただろう。
未来に生まれれば不老が叶ったり自我の消滅を回避する手段が見つかっているかもしれない。
今はそのどちらでもない。死に救いがない事が分かる程度の科学や医学技術はあるが
それを解決するほどの科学力も医学技術もない。最も絶望的な時代なのだ。

75優しい名無しさん2021/03/13(土) 10:11:02.62ID:WXbuMsS6
>>74
宗教という仮想のものをみんなで信じることによって文明は発展したとホモデウスにあったな
死におびえながら前に進むことなんてできないから多分正しいと思う
宗教を信じられない奴が増えてくるのなら文明の発展もここらへんで止まるかもしれない
もしくは世界規模の核戦争でも引き起こして一旦リセットするか

76優しい名無しさん2021/03/13(土) 16:53:09.06ID:6PyIqLCi
俺みたいな馬鹿でも神なんていないとわかっちゃうもんね今の日本って
小学校の授業すら覚えてるかどうか中学校すら卒業してるかどうか怪しい連中だって
霊なんていないというリアリストになっちゃうからね今の時代って

ホント万々歳だよなあ、オカルトを否定してくれる科学も常識を教えてくれる教育も
それらが高水準で整っている日本という国もさあ・・・
日本に日本人として生まれたってだけで、もれなく唯物論者や無神論者になれるってわけだ
そしてその中の僅かな人達が俺たちみたいなタナトになるってわけ
神や幽霊を信じれる国に生まれてたらタナトになる訳がないからなあ

あ〜夢も希望もねえよ・・・死んだら地獄でもいいから意識が続いてほしかった
どんな環境だろうが無よりはマシだ・・・ただ生きていたいだけなのによ・・・

77優しい名無しさん2021/03/13(土) 17:41:24.42ID:5ASRPvEQ
恐怖が極まり過ぎて科学も宗教も永遠に死について結論は出せない!もっと別の世界が死後にはある筈!と思えるようになれば死後を楽しみにできると思ったけれど、無理がある・・・。一応科学の時代に生まれてきたから思考がそれに規定されて非合理的なものや根拠のないものを受け入れ受け入れられなくなっているのかもしれない。宗教的な環境で育った者にも言えることだが。所詮人間は自分が生まれ育ち、勉強した範囲内でしか想像力を働かせられないのだろう。我々は死なない限り死について真相を知ることはないし、死んだ者と生きている者は交流できないとされているので情報交換も不可能だ。私が恐れているのは死後の無というよりは死の不可解さなのかもしれない。無だと証明されているなら何らかの対策が現状立てられる筈だ。

78第三宇宙速度 ◆HOXZgJaR5sxK 2021/03/13(土) 18:42:38.69ID:6Nbja6+G
スレチかもしれんが、タナトフォビアの克服って思想的方法じゃなくあくまでも物理的(認知的)方法で行うのが妥当だと思う

中島義道も死への恐怖から半ば強迫的に哲学を続けてきたらしいけど、心理的問題の克服を目的に哲学や思想に耽るってのは病をメタ的に捉えきれてない(=病の内部で苦しみ続けている)状態に感じる(例えば、強迫性障害の患者が集まって「どうすればドアノブを完璧に除菌できるか?」「高精度のドアノブ清浄機がある世界に生まれたかった!」みたいなのをずっと考えてるのと同じ感じ)

だからまァ余計なお世話かもしれないけど、日光をちゃんと浴びるとか、栄養をきちんと摂るとか、高名なカウンセラーを探して相談するとか、そういった実際的なアプローチが必要なんじゃない?

ただ俺はここでの議論や皆さんの思想的云々を知るのがとても楽しいし、1日の部分的な時間でそういうことを考えるのは問題ないと思う(というかしてほしい)んだけど、ガチでそれで悩んでる人は1度方向を変えて対処してみるのも良いと思った(もうしてるのかもしれんけど)

79第三宇宙速度 ◆HOXZgJaR5sxK 2021/03/13(土) 18:47:41.87ID:6Nbja6+G
つまり完璧な最強ドアノブ清浄機が生まれる前の時代(つまり現代)でも、ドアノブ恐怖症を治す方法は(少なくとも不安や恐怖心そのものを薄める方法は)存在するのでは?という風な趣旨

もちろん全て分かった上で吐き出し的にここで書いてるならアレだけど、どうしても恐怖や不安に呑み込まれて思想の病理的側面をメタ認知できなくなってる可能性を感じてしまって(失礼だったらすまぬ)一応ここに書いといた

何の意味もないレスなんで適当にスルーしといてくれめんす

80優しい名無しさん2021/03/13(土) 20:38:33.59ID:gFXtamUI
>>76
君よりはるかに唯物論者で歴史に残るような研究と実績を残した科学者達が神を信じているわけだが?

国連がある面白い統計を発表しました。
現在から過去に遡って300年の間、世界における素晴らしい科学者300人を対象に、神を信じる人が何人いるのかについて調査しました。
すると、8〜9割の科学者たちが神を信じていることが分かりました。
300人の内、神を信じないと示した人は僅か20人でした。
一方、神を信じると明確に示した人は242人で、世界的に著名なニュートン、エジソン、X線を発見したヴィルヘルム・レントゲン、
電池を発明したアレッサンドロ・ボルタ、アンドレ・マリ・アンペール(電流のSI単位のアンペアはアンペールの名にちなんでいる)、
ゲオルク・オーム(電圧と電流と電気抵抗の基本的な関係を定義付けた)、キュリー夫人、アインシュタイン等々がその中に名を連ねています。
https://www.epochtimes.jp/2016/10/26258.html

81優しい名無しさん2021/03/13(土) 20:52:00.75ID:pdgYOpl7
>>78
何もわかってないな
タナトフォビアと〇〇恐怖症みたいなその他のフォビアと決定的に違う点があるわけよ
例えばドアノブ恐怖症(潔癖症)なら人間は元々いろんな菌やヘルペスのようなウイルスと共存しているとか認知の歪みを理解すれば克服できるかもしれない
飛行機恐怖症は飛行機さえ乗らなければ恐怖は避けられるし閉所恐怖症は狭い場所に行かなかればいい、あるいは潔癖症みたいに認知の歪みを理解すれば治る可能性もある
が、タナトがそれらの〇〇フォビアと決定的に違うのは、人間最後は必ず死んで「無」になるということ、これらは単なる認知の歪みじゃないぞ?


眠りにおちいるまえにおれは恐怖におそわれるのだ。死の恐怖だ、おれは吐きたくなるほど死が恐い、ほんとうにおれは死の恐怖におしひしがれるたび胸がむかついて吐いてしまうのだ。
おれが恐い死は、この短い生のあと、何億年も、おれがずっと無意識でゼロで耐えなければならない、ということだ。この世界、この宇宙、そして別の宇宙、それは何億年と存在しつづけるのに、おれはそのあいだずっとゼロなのだ、永遠に!
おれはおれの死後の無限の時間の進行をおもうたび恐怖に気絶しそうだ。おれは物理の最初の授業のとき、この宇宙からまっすぐロケットを飛ばした無限の遠くには<無の世界>がある、いいかえれば<なにもない所>にいってしまうのだということを聞かされ、
そのロケットが結局はこの宇宙にたどりつくのだ、無限にまっすぐに遠ざかるうちに帰ってくるのだ、というような物理教師の説明のあいだに気絶してしまった。
小便やら糞やらにまみれ大声で喚きながら恐怖に気絶してしまったのだ。

(大江健三郎 小説「セヴンティーン」より)

82優しい名無しさん2021/03/13(土) 23:18:01.01ID:AbD51rwh
いつか死がきて無がやってくる意識が喪失してなにも認識できない哀しい

83第三宇宙速度 ◆HOXZgJaR5sxK 2021/03/13(土) 23:18:08.84ID:f55UMlMM
>>81


>飛行機恐怖症なら飛行機さえ乗らなければ
これってうしろの「」


例えば「高所恐怖症」だって、恐怖症に繋がる何らかの原体験や過敏さがあって、それによって「過度に」不安を感じてる状態でしょ?

それと同じ構造で、「死後の無」への恐怖だって、その恐怖に繋がるような何らかの原体験や過敏さが隠伏してると考えるのが妥当じゃ

84第三宇宙速度 ◆HOXZgJaR5sxK 2021/03/13(土) 23:18:20.85ID:f55UMlMM
ミス
途中で送信してしまった

85優しい名無しさん2021/03/13(土) 23:30:38.80ID:h6C5vTIc
死体の画像はどんなグロ画像見ても平気なのに、
それが動画になると耐えられない。
転んで頭を打った人間がピクリとも動かなくなる動画や
屋外で感電死する動画を見て吐いた記憶がある。

一瞬前まで生きていた人間が、まさに瞬間で即死するその刹那が怖い。
生から死に、人から物に、有から無になるのが耐えられない。
さっきまで笑って遊んでた人間が…生き物が
数秒でただの物体に…巨大なタンパク質の塊になってしまうのが嫌なんだ。

他人の動画ですらここまで嫌なのに
自分の両親の死を看取る瞬間がいつか来るだろうと思うと気が狂いそうになる。
この前も病院でピーピー鳴っている心電図や親の瞳孔に光を当てて
死亡確認している医者の姿を想像して泣き叫んだ。
でも近い将来それは必ず現実になるんだ…。

86優しい名無しさん2021/03/13(土) 23:51:44.76ID:AbD51rwh
いつまでも続くと思ってた日常がとつぜん終わるなんて哀しいなあ

87優しい名無しさん2021/03/14(日) 01:18:32.21ID:+4DuVlo5
急アルで死にかけた事あるけど、凄く安らかだった
死がこうなら、多分怖くない

88優しい名無しさん2021/03/14(日) 10:40:01.06ID:y2c3NB4A
最後は全部焼却されるからね
結局は
そこら辺のゴミと同じ

89優しい名無しさん2021/03/14(日) 16:35:39.81ID:OyeILpNG
解呪

90優しい名無しさん2021/03/14(日) 23:29:41.22ID:OePz/jJr
コロナ禍で鬱や自殺者が増えてるそうだが
https://www3.nhk.or.jp/news/html/20210115/K10012815241_2101150508_2101150509_01_03.jpg

タナトの自分にとっては自殺なんて一度も考えた事はない
貧乏だろうが虐められようがどんなに苦しくても地獄のような生活でも
死ぬという選択は選ばないし選べないであろう

でも、生きていてもつまらないし楽しくもならない
いつか必ず死ぬという思考が根底にある以上
ただ死にたくないから生きているだけだし、生に渇望や面白さを見出せないのだ
このまま心の中に霞がかかったような状態で自分は一生を終えるのだろう
生きながら死に、死にながら生きるゾンビのような心境で…

91優しい名無しさん2021/03/14(日) 23:44:18.26ID:CgRlAO2a
コロナ以前から、ずいぶん前からずっと憂鬱だからな
何が起きても起きなくても
ただこうして存在しているだけで憂鬱だから鬱にならないんだ

92優しい名無しさん2021/03/15(月) 00:14:16.94ID:SvRIUjxU
>>90
://youtu.be/cJK4dqtmDig

93優しい名無しさん2021/03/15(月) 05:15:02.97ID:r850koNQ
しばらく発作がなかったのに急にきた
随分と長いことなかったのに

今妊娠してる
それから生と死を考えて恐怖する機会がまた増えた
こわい

94優しい名無しさん2021/03/15(月) 09:19:13.58ID:gXodmfh+
栄養と睡眠と運動で突発的な激しい急性発作はだいぶ改善するよ
慢性的な鬱々とした気分はどうすればいいか知らんけど
少女終末旅行でも見てせいぜい絶望と仲良くしな

95優しい名無しさん2021/03/15(月) 12:42:05.53ID:M0wKK4Pq
怖いのは死の瞬間だけだな

96優しい名無しさん2021/03/15(月) 22:25:20.84ID:8+u1ogIS
まだ生きていたいな

97優しい名無しさん2021/03/16(火) 02:17:59.23ID:K6Vc7osC
自分の死や死後を想像してしまい、今怖いのが問題なんだよな。

98優しい名無しさん2021/03/16(火) 06:43:27.29ID:pDmOL2aT
>>97
その通り、死が怖いのは当たり前。しかし死が目の前にも無いにも関わらず、未来を考え怯えているのがタナト。

今だけを考え、未来の概念がない狩猟収集民はタナトはいないし、またタナトを自覚しているホリエモンは意識して未来を考えないようにしているようだ。

以前、インタビューで余命宣告されたらどうしますかとの問いに、余命宣告をされることは全く考えないと頑なに言っていたな。

99優しい名無しさん2021/03/16(火) 08:37:08.51ID:ywDXHfKY
死について、1つだけいいなと思うのは
自分は火葬の国で良かった
骨壷に入るのも怖いから森に撒いてほしいのに
肉体ごと土に埋められるとか想像するだけで怖い

100優しい名無しさん2021/03/16(火) 09:08:32.24ID:KFgvYL6f
>>98
まさか自分達には余命がないと思ってるのか?って返せばよかったのにな

あと余命3年→悲惨、絶望、もう何もできない、死ぬ準備するだけ
あと余命30年→勝ち組!余裕wほぼ無限だw何でもできる!!!!
なぜなのか?

原典忘れたが、
普通の人生はどう生きるかを考え、哲学者の人生はどう死ぬかを考えるだけって言葉あったな

101優しい名無しさん2021/03/16(火) 09:10:20.49ID:KFgvYL6f
>>99
彼らのゾンビ信仰って土葬から来るんだろうな
死んでも動けるようになってほしいという願望

102マリア ◆znR3Kf472w 2021/03/16(火) 12:42:59.25ID:H5J8dNvI
死ぬ瞬間は死ぬほど気持ちいい
脳内麻薬が沢山出るから
セックスの200倍の快樂なのさ
https://www.news-postseven.com/archives/20110112_10047.html?DETAIL

103第三宇宙速度 ◆HOXZgJaR5sxK 2021/03/16(火) 14:15:55.22ID:Na9WDN/m
>>81
えーと、ID:pdgYOpl7君の主張ってのは、

@潔癖症や高所恐怖症は、論理的に納得(説得)可能な非妥当な認識(=「本来は至る所に菌が付着しているのにドアノブだけ怖がるのは妥当ではなく、他も大丈夫なのだからドアノブだって同じ理屈だ!」と打ち消せるような「本来的に非妥当な認識」)に基づいているので、その場合は現実的に治療可能

(ここには出てないが、例えば「飛行機で墜落する確率は車や電車よりも低い(ので落ちるかもと怖がるのは非妥当」というような論理的回路が存在するように)

Aしかし、タナトフォビアの場合は「死後は無になる」という端的な現実を認識しているだけなので(=論理的に非妥当な把握をしているわけではないので)現実的に治療不可能

というニュアンスで合ってる?

104優しい名無しさん2021/03/16(火) 14:17:32.27ID:3VUkVVa5
>>103
イエスキリスト!

105第三宇宙速度 ◆HOXZgJaR5sxK 2021/03/16(火) 14:17:39.26ID:Na9WDN/m
途中送信が萎えすぎて画面閉じたらそのままずっと忘れてたンゴ申し訳ねーー

3日以上返信なかったらとりあえず>>103の解釈で返していくから適当に返しといてクレメンス

106第三宇宙速度 ◆HOXZgJaR5sxK 2021/03/16(火) 14:17:55.55ID:Na9WDN/m
返信早すぎて草

107第三宇宙速度 ◆HOXZgJaR5sxK 2021/03/16(火) 14:18:49.53ID:Na9WDN/m
一応誰かがなりすましてたらアレだからちょっと時間開けてまた返すわ
まァ最終的には確証なんて取れないんだけど(あまりにも早すぎるので一応)

108優しい名無しさん2021/03/16(火) 14:27:35.91ID:3VUkVVa5
>>107
タナト以外のフォビア(恐怖症)は何らかの回避術だとか認識の変更でどうにかなる可能性もあるけど
タナトの場合は誰にでも絶対訪れる死と無は避けられないってこと
認識の変更で言えば一神教みたいな天国的な死後の世界を信じる事で回避できるかもしれんが
そもそもタナトになる人って唯物論者がほとんどだから宗教とかスピリチュアル的な事を信じないでしょ

109優しい名無しさん2021/03/16(火) 18:47:08.69ID:0m1/2ZKz
>>1の2(死に伴う苦痛)以外は統計学、心理学、哲学、宗教でどうにかなるかもだが
2だけは回避できん、現行法制度では

本当に現行法は糞!!

110マリア ◆znR3Kf472w 2021/03/16(火) 19:26:00.67ID:H5J8dNvI
>>108
今の文明が物質文明だからね
昔みたいに精神文明に戻ればいいんだよ

111優しい名無しさん2021/03/17(水) 00:20:11.28ID:s6PTt8p3
昔だって唯物的な悩みに取りつかれていた人はいただろう
そしてそれを分かり合える人もそうはいなかった

112優しい名無しさん2021/03/18(木) 14:31:34.13ID:Bg8hbKMt
ダライ・ラマ「仏教だけが科学的で論理的な唯一の宗教」これマジ?
https://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/news/1616037343/

113優しい名無しさん2021/03/20(土) 04:28:02.39ID:qa1Wpxq9
めちゃめちゃ死ぬのが怖い。今も震えてた。僕は逆に死ぬのが怖くないってひとが信じられない。精神科で薬もらっても問題を先延ばしにしているとしか思えない。

114優しい名無しさん2021/03/20(土) 04:43:21.26ID:0TBODMg0
まあ大部分の奴にとっては、死は小説や映画やドラマの中の世界の話
俺も信じられんが、それが現実

115優しい名無しさん2021/03/20(土) 05:02:43.24ID:qa1Wpxq9
>>114
なるほど…すごいわかりやすい例えですね…。
僕は不老不死が生きてるうちに来るんじゃないかと思ってなんとか毎日生きてます…

116優しい名無しさん2021/03/20(土) 11:23:34.88ID:3LBWVIqA
>>115
子ネコの頃って猫じゃらしはおろか指をカサカサって動かしただけで飛びついてじゃれてくるけど
大人ネコになると思いっきり猫じゃらし振っても「フンっ」みたいに一回だけシッポを降るだけでガン無視される
何か言いたいかというとネコでさえ人生経験積むとたいていのことは経験済みで無気力ににっていく
人間がもし不老不死になればかならずアパシー(無気力/感情鈍麻)になる、もしくは気が狂う
アパシーを回避にするには今までの人生経験や思い出を全て初期化するような薬なり装置が必要だけど、とれって結局「死」と同じでは?

117優しい名無しさん2021/03/20(土) 11:28:19.00ID:3RgmYEsf
脳の耐用年数がどうあがいても150年くらいらしいので、
不老になってもどっち道ボケると思われ

118優しい名無しさん2021/03/20(土) 11:37:53.53ID:3RgmYEsf
いくら死を恐れても無になるから怖がるだけ無駄
普通の人は合理的にこう割り切ってるだけ、何も考えていないわけではない
タナトは普通の人より生への執着が強いくせに合理的に割り切れない業の深い存在なわけだ

119優しい名無しさん2021/03/20(土) 12:00:21.30ID:3RgmYEsf
他にタナトになる人の特徴を挙げるとすると、どうせ無になるのなら人生は無意味だと考える点かな
人生の意味を担保するのに不死性が必要だと考える人の事
自分はこれだな、結局無に帰すのなら何もかも無意味だと思えてしまう
最近は逆にどうせ無意味ならいつ死んでもいいかとさえ思えるようになってしまった

120優しい名無しさん2021/03/20(土) 17:40:59.10ID:8UW4zCHv
>>119
自分も貴方と同じです…完全に>>1の8に該当します
必ず無になると思うと自分の人生も、他人の人生も、全ての人類の人生も
人類が生まれてからの全ての歴史もこれから紡がれる地球の未来も
この世の全てが無意味に感じて仕方がないのです

どうせ無になるのに何故努力するのか?
どうせ無になるのに何故勉強し、何故偉くなり、何故稼ぐのか?
どうせ無になるのに何故偉人になり歴史に名を残そうとするのか?
自分は小学生の頃から既にこの思考に囚われていて全ての事柄にやる気を見出せません
幽霊になれればと何度思った事か、死んだ後にも意識が続いて
自分の生涯の功績を自分自身で噛み締められればこんな思考には陥らなかったのに…

自分の葬式を自分で見る事が出来れば、自分の葬儀に出席した人達を知る事が出来れば
自分の為に葬儀場で泣いてくれる知人を見る事が出来れば
自分の墓参りに来てくれる家族を自分で見る事が出来ればどんなに素晴らしい事か!
そうならばタナトフォビア以前に>>1の8になり努力を怠り人生をドロップアウトする人も減るはずです
しかし現実は己の葬式すら己で知る事も出来ずに無に還るだけなんです…これが一番つらい

121優しい名無しさん2021/03/20(土) 21:34:42.75ID:IT1o/iUn
>>114
寝て起きて銀行行ったらなぜか大金持ちになってる
寝て起きたら別人になって意味不明な別世界にいた
そんな話全く信じられんわな
現実があまりに連続的で現実的過ぎるからね
だから明日から死んで「無」になってるなんて非現実は到底信じられるわけない

122優しい名無しさん2021/03/20(土) 21:52:21.80ID:0TBODMg0
>>119
中島義道?

自分は無意味とは思わないんだよな…
生きることに目的はないと思うんだけど
目的はないけど現実的にこうして肉体と自我はあるし、目の前の時間は流れているので
人生を楽しみたいとは思ってる(ま、実際は病気を患って居たり、家族もいなくておさき真っ暗、欝々として日々を送ってるけどw)
自分は無限時間への恐怖だから「死後の時間」がまだ訪れていない「現在の時間」を実感している限り
恐怖を何とかごまかせられる部分はある
例えば脂ギトギトのラーメンを食べている瞬間とか

>>1のどこに恐怖の対象があるかによって脳の思考の違いが結構あるかも

123優しい名無しさん2021/03/20(土) 22:00:25.65ID:hyPLCSDt
>>120
朝から何も食べてなくて腹がグーグー鳴ってる時に目の前に揚げたてのマックポテトLとビックマックとコーラ出されたら
タナラーでもその時は一瞬タナトな自分を忘れて右手にビックマック左手にポテトを掴みかぶりつくだろ?
その時の美味しさとか満足度には色即是空的にはまったく無意味だけどタナトじゃない普通の人はせめて死ぬまでの間そういった一瞬の快楽を味わい続けたいってことじゃね?
どうせ無になるから何やっても意味ないわ・・じゃなくて逆にどうせ最後はみんな無に還るんだから五感があるうちにいろいろ味わった方が勝ちみたいな考えなんだろうな普通の人は

124優しい名無しさん2021/03/20(土) 23:22:51.41ID:rYLLsmRR
>>118
>普通の人は合理的にこう割り切ってるだけ、何も考えていないわけではない
それで死の間際に全く恐怖もせず怯えもしないのなら大したもんなんだが
そんな風に合理的に死後の無を考えている一般人だって
末期癌を告知されたら絶望するし通り魔に襲われたら恐怖するし
ヤクザに拉致られて埋められる直前には泣き叫んで死にたくないと怯えるんだろう?

タナトフォビアと一般人の差なんて、無の恐怖に気付くのが早いか遅いか
常に意識しているかしていないか程度の差でしかないよ
癌になったり事故から生還したり半殺しの目にあったり
誰だって切っ掛け一つでタナトフォビアになる可能性がある
そこに思考が合理的かどうかは些細な問題でしかない

むしろ死の直前まで死の事を考えずに生きるなんて
それこそいざ死ぬ時に取り乱す以外の選択がない、
覚悟すら持てない(自分が死ぬと思って生きていないのだから当然)
最も愚かな思考だと個人的には思う
念の為に言っておくとこれは一般人の考え方を馬鹿にしてる訳でも
タナトフォビアの考え方が偉いとか思ってる訳でもない
あくまでも死生観と覚悟の問題

125優しい名無しさん2021/03/20(土) 23:39:35.96ID:Vp/o81V4
一般人だって無の恐怖に気付いているよ。死を目の前にしたら大抵の人は恐怖に怯える。ただそれまではしっかり生きようと思っているだけさ。
それに対しいつ来るかわからない死に絶えず怯え、今を生きて無いのがタナトフォビア。

126優しい名無しさん2021/03/21(日) 00:18:41.51ID:DGVz2hNb
>>125
無を恐れて四六時中怯えたり無気力になるよりも
目の前のアツアツのステーキや
https://i.imgur.com/myzxIqy.gif
給料日前でステーキ食う金なかったら立ち食いソバの美味しさがわかるリアリティだけを素直に信じろってこと?
https://i.imgur.com/SjubHPx.gif

127優しい名無しさん2021/03/21(日) 01:50:43.23ID:7K59W5mH
>>122
人生は無意味だと書いておいてなんだけど、自分も人生は全く無意味だとは思わないかな
オカルトチックな意味でだけど
生命の意義が遺伝子の存続であるとして、実は進化の意味が意識を生み出すことだったとしたら?
宇宙が自身を知るために意識やクオリアを生み出したんじゃないか、そう考えてる
だとすると人類はやがてさらに進化しいずれは肉体を捨て、精神だけの世界に移行するんじゃないか、とも思える
(コンピューターに意識をアップロードするなりして)

それとあなたが言うように時間が無限なら、試行も無限だからやがて生滅するどこかの宇宙で
自分が生前の記憶を持ったまま復活するかもしれないし、高次元の存在として生まれ変われるかもしれない

…という妄想はよくする

128優しい名無しさん2021/03/21(日) 02:03:39.17ID:7K59W5mH
>>125
>一般人だって無の恐怖に気付いているよ。死を目の前にしたら大抵の人は恐怖に怯える。ただそれまではしっかり生きようと思っているだけさ。一般人だって無の恐怖に気付いているよ。

自分と一般人との違いは生の意味が不死性に担保されないところなんだよね
一般人は今を一生懸命に生きようとする、死んで無になるから人生無意味とは考えない
でも>>120の方みたいに自分と同じ無気力者も多いのかなあ

129優しい名無しさん2021/03/21(日) 02:19:03.05ID:/u6cUi+E
テレワークで引きこもる事増えてからまた寝る前に症状出てきて気が狂いそうになる事増えたわ
会社定期的に言ってた時はあんまり出なかったんだけどなぁ
やっぱ外でないと悪化するのか

130優しい名無しさん2021/03/21(日) 07:02:47.84ID:srXZrLVd
>>129
間違いなく悪化する
自分がそう
在宅がどんどん増えて鬱っぽさが増加した

上司からお前の仕事は在宅で出来るハズなのになぜ会社に来たがるんだと疑われてるが
多少無視しつつ出社するようにしているよ
出社後の帰宅時は疲れているハズなのに在宅時より調子がいい

131優しい名無しさん2021/03/21(日) 11:15:44.19ID:sP+UcC8Z
全ての人類が唯物論者かつ無神論者になって
全員が現実主義者かつ合理主義者だったら
今よりタナトフォビアやニヒリスト、ペシミストが増えて
間違いなく社会が破綻する。

宗教は救い以前に社会を円滑に進める為のシステムに過ぎない。
神も霊も生まれ変わりもなく、死は永遠の消滅で、
この世の全てに目的はなく、誰もが何もかもが偶然作られただけで
地球も宇宙も偶然作られただけの無意味な存在
だと言われて自分一人の力だけで立てる人だけがこの先の未来を生きる事ができる。

正しい事を正しく事実を事実として伝える事が正しいとは限らない。
少しでも無に怯えたりこの世に虚しさを感じたら
もう普通に生きる事はできないからだ。
宗教もオカルトもその為のモルヒネであり、
恐怖や絶望を誤魔化し癒やす為の麻酔薬なのだが
それらを否定してタナトフォビアになった人にはそれは通じない。
唯物論者だからこそ、現実主義者だからこそタナトフォビアになったのだから。
無から逃げる事も目を背ける事もできず、恐怖を恐怖のまま受け入れるしかない。

132優しい名無しさん2021/03/21(日) 12:47:06.83ID:C6qUTLwg
どうせ死ぬのなら最初から生まれて来なくても一緒の気がする

133優しい名無しさん2021/03/21(日) 14:01:45.94ID:l5UDUoKZ
人生どころか世界や宇宙にすら意味がないのは辛いよな。
俺は神というか、この世を統べる絶対者みたいなのが存在して
生も死も全て監視・管理していてほしかったんだ。

この世に本当に天国やら神や天使がいたら
人類は全員永遠に神の奴隷だって言われるだろうけど、
俺は一生神の奴隷でも構わない。
意味も目的も理由も動機もなく勝手に生み出され、
何も知らず分からず悟れず理解も出来ぬまま無に還るよりは絶対にマシだ。

134優しい名無しさん2021/03/21(日) 15:04:19.14ID:C6qUTLwg
若いうちはわからないかもだけど、歳をとるにつれて避けられなさを痛感する
これから沢山病気になったりして、苦しんで、
最後に火葬されることを考えると怖い

というか人間って、死がわかっていながら、よく狂わずに生きれるな
そういう意味じゃみんなある種の狂人なんじゃないか

135優しい名無しさん2021/03/21(日) 16:31:22.25ID:0Vbfdfnh
>>134
毎日コロナやら戦争やら殺人事件やらと
ニュースで他人の死を見ておきながら、
死を対岸の火事だと思い込んでいる人間って本当に多いんだよ

上で一般人も死の恐怖は解っていると書いている人がいるが
自分はそうは思わない
死の恐怖を解っている上で意識せずに生きている一般人よりも
死の恐怖を解っていない、正確には
死を意識すらした事がなかったり
本当に全く自分が死ぬと思っていない層が多いのではと考えている

いつか人は必ず死ぬ事は解っている
死んだら無になる事も理解している
なのにそれが自分にも当て嵌まるとは考えない
死を理解しているのに死の本質を理解していない
現実を理解しているのに現実を直視しない
どこまでも他人事で、どこまでも現実逃避
その手の輩は家族が死んだり自分が命の危機に陥らないと理解できないのだろうか…?

136優しい名無しさん2021/03/21(日) 18:22:46.78ID:C6qUTLwg
>>135
私もそう思いますね
なのでタナトはー大変不思議なことだけどー理解されない少数派になる

137優しい名無しさん2021/03/21(日) 20:40:16.73ID:VAmrPBv7
タナトフォビアほんとにきつい。。。できることなら一日中膝抱いて寝てたい。

138優しい名無しさん2021/03/22(月) 00:10:15.93ID:/OqArcrn
出産は犯罪とかいう主張があって、昔はそこまで言うかと思ってたけど
最近はわかるようになってきたわ

生れた子供は瞬間から四苦八苦を歩まされるわけだし

139優しい名無しさん2021/03/22(月) 01:18:06.25ID:bVkOKQCe
たしかに。あと、この世は地獄説ってほんとかなって思うこともある

140優しい名無しさん2021/03/22(月) 02:02:33.33ID:wb/oSti7

141マリア ◆znR3Kf472w 2021/03/22(月) 12:53:07.61ID:gQ1SmDNR
逆に物理法則は神の存在を肯定する
宇宙にそうしたきちんとしたルールが存在してるってことはね
光速や宇宙の膨張スピードさえコントロールされてる
これらの定数が少し違っただけで
生命は存在出来ないし宇宙も崩壊する

142優しい名無しさん2021/03/22(月) 18:24:33.59ID:p0B61MgM
自分は特別だという思考がタナトを生むのかな
仏陀がヴィパッサナーで悟ったのは自己は特別ではないということではないか

143優しい名無しさん2021/03/22(月) 19:41:03.13ID:sy9RmICs
>>142
何度も繰り返された話だけど、
タナトは自分が特別ではないと気付いているから、先人と同じく死ぬと理解してる。
一般人は自分が特別だと感じているから、死を他人事のように思う。
って説もあるよ。

144優しい名無しさん2021/03/23(火) 03:39:38.33ID:XARulR7N
当たり前だけど全員必ず死ぬ
そうしたら仕事で怒られることも、パチンコで負けて悔しがることも、ラーメンを食うこともできない
全て貴重な気がする

145優しい名無しさん2021/03/23(火) 10:24:53.23ID:iX/2dwrH
貴重だとか無意味だとか、良かったとか悪かったとか全て存在しない
無→有→無が異常であり
常に私は無だ

146優しい名無しさん2021/03/24(水) 07:56:30.05ID:nCFDsyBs
火葬に立ち会った人はわかると思うけど
結局のところ散々悩んだ脳みそは燃やされて
骨だけが残って最初から何もなかったことになる

147優しい名無しさん2021/03/25(木) 00:01:18.38ID:Hulm305r
客観的に見ればね
でも自我は主観だから主観的にしか見れない、感じられない
魂は無くならない、無くなれない

148優しい名無しさん2021/03/25(木) 09:21:28.52ID:QySwJCQy
起きて目が覚める度に思う。
何故自分は自分なのか?
何故己の自我や意識は己の脳の中にしか発生しないのか?
目が覚めたら他人の意識に入って他人になっていればいいのに。
そうすれば死んでも無にならず他人に同化しているのでは?って希望的観測が湧いてくるのに。

そうだったとしても気が付いたら他人になっていたら
記憶も当然その他人の物になっているから
他人になれた!無にならずに済んだ!という喜びを感じる事はできないのだろうな。
こんな事を書けるのも自分が死ぬのは怖いけど自分の記憶や人生にはあまり執着がないからだ。
必要なのは意識と自我。無にさえならなければ記憶喪失になっても構わない。

149優しい名無しさん2021/03/25(木) 09:38:54.71ID:VgyI/MtD
>>148
記憶喪失で過去の記憶が完全に無くなったら死んだのと一緒じゃね?
君は2億年後に転生するよ、でも今の記憶は初期化されて今回の人生のことは全て消去した状態でね!て神様に言われたとしたら?

150優しい名無しさん2021/03/25(木) 12:47:01.72ID:CZ3QOf60
死ぬのも怖いがこの世も地獄だと思う

151優しい名無しさん2021/03/25(木) 13:32:58.15ID:NyRTRAkf
昨日つべで音楽聴き漁っていたら、久々に
鬼束ちひろの月光を聴いたわ

冒頭にある“I am God 's Child この腐敗した世界に堕とされた” 
というフレーズは、単純に苦しみに満ちたこの世に
堕とされたことに対する嘆きではなく、世界の中身とは別に
神の子どもとして生み落とされる事実それ自体への呪詛と
読む方がより切実な響きがあるようにおもう

結局どんな世界に生み落とされようと
人間の根本的な実存不安、死と存在の問題を解消できない限り
“こんなもののために生まれてきたんじゃない”
という不満はいつまで経っても消えない
地獄とはそういうことではないかと

152優しい名無しさん2021/03/26(金) 02:21:37.89ID:Y0GrKduy
発作と虚しさが交互に襲ってくる
発作が起きると死にたくない消えたくないと>>1の1になって泣き叫び
普段はいつも>>1の4や8みたいな事ばかり考えて人生が何も楽しくない
10代の頃からこの状態だから生き甲斐も目的も目標もなく若くして人生詰んだまま今に至る
他人に話しても理解も共感もされないだろうから愚痴れないし相談もできない
一番嫌なのは甘えとか怠ける為の口実とか言われる事
そういうレベルの恐怖や虚しさじゃないんだよこれは

歳を取るにつれ発作が起きる感覚がだんだん短くなってきて
最近はもう仕事が手に付かなくなってきた…
この前は仕事中にふと死後の無の事を考えたら怖くて奇声を上げてしまった
間違いなく自分はマイノリティーでこんな事で人生棒に振る事自体が愚かだと思われるのだろう
しかし死の恐怖は自覚はしていても自制が効く類ではないんだ
あと何年自分は普通の人と同じように普通に働き続けられるだろうか…

153優しい名無しさん2021/03/26(金) 20:48:50.16ID:OBBLnQXc
突然死なら考える余地もないからまだ楽だが、
そうでないなら病床で体が衰えていって死を覚悟する日が訪れる
その感覚も簡単に想像できる
・嫌だ。絶対死にたくない。怖い。嫌だ!!
・人間必ず死ぬし、まあ仕方ないか、まあいいか
の行ったりきたりだろう
まあ、生命は救い難いほど単純な存在なのかもな

154優しい名無しさん2021/03/27(土) 16:01:53.30ID:OqRLwSvl
無と有が同じっぽいものだったら
あの世っぽいものもないかなあー
あったらいいなあ
でも信じられなくてしんどい

155優しい名無しさん2021/03/27(土) 17:06:18.25ID:xm9jJmbj
>>152
森田と似たようなものか

156優しい名無しさん2021/03/27(土) 20:21:31.52ID:wklMgJz8
ほんとどうせ死ぬならなぜ生きるんだろう
そりゃ仕事が意味だとか学問が意味だとか、いくらでも言えるわけだけど
そういうものに生きても結局は死ぬ

157優しい名無しさん2021/03/27(土) 21:55:42.91ID:MZvyeUKF
>>152
馬鹿なんだから楽しみ見つけろよボケナス。
理解されない?寝言言うな、そのレベルの事はみんな百も承知で前向きに生きてんだよ。
答えなんか無いだろ?考え抜いたら答えが出るのか?

158優しい名無しさん2021/03/27(土) 22:03:50.10ID:TUKkkTy6
子宮にいたころが人生のピークだったんや!
一通り言葉を覚えた辺りで人生詰んだなー
そもそも人類は言語なんか発明するべきじゃなかった
みんなもっとバカで良かった、動物的に本能で生きるべきだった

159優しい名無しさん2021/03/27(土) 23:00:25.19ID:geeEloG4
>>157
ボケナスはタナトでもないのに
このスレに来て人を煽ってるお前だよボケナス。

160優しい名無しさん2021/03/27(土) 23:14:33.29ID:e1AakFSe
メンタルヘルス板のタナトフォビアスレだからこそ
同じ恐怖や絶望を分かち合える仲間がいてくれるけど、
ちょっと5chの別の板やしたらばやふたばとかの別の掲示板で雑談して
死後の話や幽霊とかあの世の話になると
皆普通に怖がらずに死後が無だとあっけらかんと話すから、
改めて自分の方が異質で異常な少数派だと思い知らされて
何とも言えない疎外感に包まれる羽目になる

実況が好きでよく実況板に寄るけど
そこでも幽霊の番組とかあの世や輪廻転生の話題の時に
死んだら無だと平気で書くのがいるからその度に嫌な気分になる
事実だとしても死=無を他人が言ってるのを見聞きするだけで
不快な気分になる自分は繊細すぎるのだろうか?

161優しい名無しさん2021/03/27(土) 23:59:22.10ID:77ErWpC3
>>160
私は家族が霊や死後の世界について話をしているのを聞くのが怖いです。
父も母も無神論者で、私だけがそういうオカルトの類の話を信じているように思われています。
実際はタナトフォビアだという事を黙っていて、自分がタナトだからこそ
死んだ後の事を他人にも話したくないだけなのですが。

友人や同僚が死んだらなんにもないと言っているのを聞くのは辛いです。
それを聞いた途端に、友達や同僚が別人や遠い世界の人に
なってしまったような悲しさを覚えるのです。それが血を分けた家族なら尚更です。

おかしいですよね?正しい事を言っているのは向こうなのに。
死後の無を否定する方がおかしいのは自分でも解っているのに。
おそらくこの恐怖や躁鬱感までもは知人や身内といえども共有できないと、
それを実感してしまうから、周りの人から死んだら何もないと聞くのが嫌なのでしょうね、私は…。

162優しい名無しさん2021/03/28(日) 00:08:24.97ID:44tzOF7J
【若い血液注入でマウスが“若返り
人間への応用は「秒読み」とも】

明らかになったのは、
神戸医療産業都市推進機構のプロジェクトである「若返り」の研究結果。
米ワシントン大医学部教授で同機構の客員上席研究員である
今井眞一郎氏によると、
人の血液中を流れる酵素「eNAMPT」がそのカギだという。
注入していないマウスは毛が抜けてしまっているのに対し、
注入したマウスは毛並みがよくツヤもある。

「体の活動が1年くらい若いレベルに保たれる。(マウスの若返りの)1年というのは、
人間の70〜80歳が30〜40歳くらいの活動レベルを保つ感じ」

と今井教授。

https://i.imgur.com/Jc8Aj0o.jpg
https://abematimes.com/posts/7006681

163優しい名無しさん2021/03/28(日) 02:07:35.92ID:3JwJt11y
>>160
>>161
わかる。俺は軽度の発達障害で
その事は周りが普通で、自分が変なんだという自覚があるんだけど

死んだら消えてしまうって事や天国も地獄もなくて
神様も幽霊もいないって事をみんな知ってて、
知ってるのに平気な顔をして生きている事だけは
その事を初めて知った時は俺は地球人なのに他の人達が
みんな宇宙人に見えた。いや俺が俺だけが宇宙人なのか?

とにかくそれぐらい言葉が通じてるのに気持ちが通じてないというか、
同じ物を見て同じ物を食べて同じように泣いて怒って笑っているのに、
同じ人間のように思えなくなってしまったんだ。
死ぬのも消えるのも怖いに決まってるだろ。
怖い物を怖いと思うだけでなんで変に思われるんだ?
消えるのを怖いと思わないほうが変じゃないか。

164優しい名無しさん2021/03/28(日) 02:39:39.84ID:6QuzG9r3
>>160
禿同

165優しい名無しさん2021/03/28(日) 19:50:16.57ID:gOCrTe3n
何故かタナトだということを家族に恥ずかしくて言えない
死を怖がっているとかおかしい人間に見られたくないから、家族以外にも言えない

他人で告白出来たのは精神科医と催眠術師だけ

166優しい名無しさん2021/03/29(月) 07:47:50.04ID:E1hQsybL
死恐怖症という名が変だと思う。誰もが死を目前にしたら恐怖する。死過敏症と言うべきだろう。

167優しい名無しさん2021/03/29(月) 10:08:24.52ID:c0rH1NRB
あと大概の人は死ぬのが怖いのではなくて無になる事が怖いのだから
死恐怖症ではなく無恐怖症だと思う。英語だと消滅恐怖症で
ディスアペアランス(Disappearance)フォビアかヴァニッシュ(vanish)フォビアか。

168優しい名無しさん2021/03/29(月) 19:35:17.77ID:mjkrtwbV
たぶんこのスレには普通に哲学科卒がいそう

哲学科って哲学を追及したいというより、自分が悩んでるから入学するみたいな?
変わってる人が、精神科医になりやすいみたいな

169優しい名無しさん2021/03/29(月) 20:09:04.51ID:Zo5nrDfR
万事において繊細かというとこれがそうでもないのですよ
何故かこの一点のみ長く自分の心を捉えて離さない
特別重い病気にかかったわけでもないのにね

170優しい名無しさん2021/03/30(火) 20:34:43.49ID:8/UOlrJ3
若いうちはともかく、歳をとると死が近づいて本当に生きる必要があるのかよくわからなくなる

171優しい名無しさん2021/03/30(火) 21:33:42.38ID:SFDstPya
>>170
理屈とか教育された価値観とかすべて無視するなら生きる必要なんてないでしょ
野生動物と一緒で腹が減ったから狩り(人間の場合は仕事)して飯食ってそれが次の肥料として糞となって排出されるだけ
意味なんてまったくなくてそれが高等であれ下等であれ自然の摂理に操られているだけだよ全ての生物は

172優しい名無しさん2021/03/30(火) 22:06:17.44ID:N6jaEQcS
人類最後の人間は意外と幸せな気がする

173優しい名無しさん2021/03/30(火) 22:13:08.58ID:8mlcIXqE
この世に摂理とか運命とか意味とか目的とかがあるならまだマシだったんだよなあ
実際にはなーんもない…人類が生まれたどころか生物が誕生したのも地球が作られたのも
単なる偶然による結果だし、それどころか宇宙その物にすら意味はない
理由や意味なんてのは人間が自分を納得させる為にその都度思い付くだけの
この世で人類だけが意識している概念にすぎない

これに気付いた時自分にとっては
あの世がなくて死んだら無になる事と同じくらいショックで、
何もかもが馬鹿馬鹿しくなって生きているのも馬鹿馬鹿しくなるくらいの虚無感だった
それでも無になるのは嫌だから死ぬ事すらできないんだけどね…

自分は神や霊はいないとしても、この世がどこまでも科学的で物理法則に囚われているとしても、
それでもこの世のどこかに大いなる力のような概念があって
この世を都合よく動かす運命的な概念があってほしかったんだろうな

どんなに子孫繁栄させて種を残す行動を繰り返していっても何時かは絶滅し
地球も数十億年後には太陽に飲み込まれ、宇宙もいずれは崩壊する
この世の全てが、生まれた時どころか、滅びる時にすら意味はない…

174優しい名無しさん2021/03/30(火) 23:16:29.46ID:8/UOlrJ3
>>160
死後の世界も霊的な世界も、数々の哲学者が言っているとおり確かにあるんだろうし、
別にそういう話自体は変でもないけど、じゃあ他人が死後は無っていうことを
とやかく思うのはどうなのかな。そのように他人が思うのは常識的だと思うし

しかしそういう世界があったとしても、散々死ぬときは苦しんで
最後は火葬場の鉄の板の上で、骨だけになる事実は変わらないよ

175優しい名無しさん2021/03/30(火) 23:35:29.00ID:SrMlMTMj
>他人が死後は無っていうことをとやかく思うのはどうなのかな。
>そのように他人が思うのは常識的だと思うし
永遠の無は恐ろしいって事を普通の人が理解してくれないのが嫌なんだろう
俺がそうだし

普通の人が無にビビらないのが信じられないし
それが当たり前なのも異常だと思ってあるのだろう
俺がそうだし

その価値観が普通で、無を恐れるタナトが異端だと認めたら
自分が異常だと自覚したら心の拠り所がなくなり
自分が立っていられなくなるのだろう
俺がそうだし

176優しい名無しさん2021/03/30(火) 23:42:57.89ID:/C9juhYV
天国地獄とかあるわけない。それこそ漫画の世界だよ。

177優しい名無しさん2021/03/30(火) 23:57:32.35ID:8mlcIXqE
この世の99%の人々は宇宙の事とか自分が死んで人類も滅んで地球が壊れた
先の先の先の先の事なんて考えずに死んでいくんだろうと思う

神や霊がいないとかあの世がないとか死んだら無って事とか、
タナトになってその辺りの通過儀礼を一通り知って絶望したら
今度は何故神や霊がいないのか?何故無なのか?って思考に陥るんだよ
それで物理法則の事とか科学の事とかこの世界や宇宙の事とか
無学無才の人だとしてもタナトだと知ろうとする人が多い訳

で、宇宙の事を知ると本当に心の底から絶望するんだよね…
地球の外にあるのは空気も光も何もない極寒の闇だけが永遠に続く死の空間だってね
自分の場合は死んだら無なんだなと一番確信したのは宇宙の事を知った時だった
神とか霊界なんてないのだなと理屈ではなく心でそう感じたのが宇宙の永遠の闇を見た時だった
百万遍の理屈や理論よりも一度見たら納得するだけの説得力が宇宙にはあるんだよ

タナトフォビア(死恐怖症)とコスモフォビア(宇宙恐怖症)とアペイロフォビア(無限・永遠恐怖症)は
併発して同時に発症している人多いと思うんだよね…

178優しい名無しさん2021/03/31(水) 00:41:01.98ID:NQRuLa7O
>>177
>百万遍の理屈や理論よりも一度見たら納得するだけの説得力が宇宙にはあるんだよ

宇宙の果てをさも見てきたような言い分だけどあくまで推測だけで誰も見てないよね?
ダークマターだってまだ解明されてないのに

179優しい名無しさん2021/03/31(水) 00:45:09.42ID:h6GecAep
死の恐怖にしても、家族や親しい友人との永遠の別れ、
この世界から一人孤独に旅立つことへの悲しさと
宇宙そのものからの消滅、永遠の無に対する恐怖は性質が違う

自分の死んだ後の世代や社会を想像できるのは
良い意味でも悪い意味でも大人ですね
自分の死を起点に宇宙まで想像が及ぶ人は色んな意味で子ども

180優しい名無しさん2021/03/31(水) 02:08:11.37ID:vAz7CJuI
死や無の恐怖や厭世観はそれこそ人によって性質が違うのに
大人認定とかガキ呼ばわりする奴こそ何も分かってない。
タナトフォビアに子供も大人もない。
老若男女王様から乞食まで貧富や性別等の環境に関わらず
誰にでも突然降り掛かる可能性がある。
タナト患者同士仲良くしてほしい。

181優しい名無しさん2021/03/31(水) 02:54:24.61ID:3m5mpqhl
>>174
>>175
自分はおそらく、死後の無を恐れていないというよりも、
死後の無を受け入れているというか、諦めているように見えるから、
平気で死後の無を語れる一般人が嫌なんだろうなと自分で思っています

神や輪廻転生を信じている訳でもなく
死後は無だと理解しているのに怯える訳でも抗う訳でもなく、
かと言って思考停止している訳でもなく
普通に他人に死後の無を他人事のように語れるのなら
それはもうどうにもならないと、そういうもんだと、
仕方ないんだと結局諦めているんじゃないかと
自分はそう思ってしまうのです

そしてそれは自分も同じなんですよね…
無になるのは分かっているのにそれをどうする事もできない
その程度の科学と医学しかないこの時代に生まれてしまった事を嘆き呪う事しかできない
結局自分が一番嫌いなのは、自分なんです…

182優しい名無しさん2021/03/31(水) 04:31:47.51ID:wSKkj8zR
むしろ哲学者とか科学者等の頭の良い人の領域でしょ。
宇宙の事や己の死後の遥か未来まで想像してしまうのは。
子供の戯言だとは全然思わないよ。

183優しい名無しさん2021/03/31(水) 04:43:45.45ID:wSKkj8zR
というかね、想像が及ばないのよ。
今こうして生きてる時の周りの世界の感覚と
死んだ後の虚無や無限に続く宇宙が実在するという実感が。

起きて飯食べて美味いと思ったり、
テレビ見てゲラゲラ笑ったり、
仕事に出かけて公園の景色見て綺麗だなーと思ったり。
そういう日常の周りの世界の果てに、
外国や地球外の宇宙や死後の無がある事が、
理屈では解っていても実感として感じ取れない。
殺人事件や外国の紛争戦争のニュースを見ても
それが対岸の火事のように見えるように。

タナトスレに頻繁に書いていて
精神科でお薬貰っている俺ですらそうなんだもん。
普通の人なんて尚更実感なんて湧かないんじゃない?
分かった人はパンドラの箱を開けたような、
マトリックスの主人公が真実の世界に気付いた時のようなショックを
受けてるのかもしれないけど、普通の人はそんなもんだよ。

184優しい名無しさん2021/03/31(水) 11:59:44.06ID:ZnZ6zPeI
>>177
タナトになって永遠の命をよく考えてたら無限恐怖症になった
まだ死の方がマシだなと思って少しタナトがやわらいだよ

185優しい名無しさん2021/03/31(水) 15:08:53.66ID:Vcf1pfit
>>183
誰も生まれてないし誰も死なないよ

186優しい名無しさん2021/03/31(水) 16:20:10.32ID:gQSbFvfH
>>183
俺も薬飲んでるわ

187優しい名無しさん2021/03/31(水) 19:28:48.10ID:p2pUrZfE
>>183
俺もメンタル薬飲んでるよ

致死率100%なのに、ほぼみんな死のことを考えないんだもんなー凄いよ
死を意識する人でも、子供の事とか仕事の事とか財産整理とかそちらばかりで

まず激しい痛み苦しみを経ないと死ねないし、その後は永遠の無の時間が待っているというのに

188優しい名無しさん2021/03/31(水) 21:46:30.00ID:3ltQVnSj
>>187
俺中高と柔道やってて何回も落ちた(絞め技で気を失う)ことあるけど
あれって意識なくなることまでは首吊と一緒の苦痛だと思うからそう考えるとたいした苦痛じゃないぞ、落ちたまま起こさなきゃ場合によっては死ぬからね
人生経験的には尿路結石で長時間苦しむ方が苦痛は上だったわ

189優しい名無しさん2021/04/01(木) 07:41:34.08ID:LVe0z2dK
東日本大地震で被災して沢山を無くし3年前に亡くなっていく父親を看取って苦しさや淋しさと共に過ごしてきたけど、最近特に死への恐怖が離れないコロナ禍のせいもあるかと思うが

190優しい名無しさん2021/04/01(木) 21:27:38.79ID:li8zSaIO
シャーマンキングの死後の世界が理想的で羨ましすぎる

191優しい名無しさん2021/04/01(木) 23:18:11.45ID:le+dtpZx
よく、悔いの無いように生きろって言う人がいるけどさ
余程幸せに生きてきたか視野が狭くて好奇心が少ない人間でもない限り
どう生きてきたって悔いが残りまくりだろ…
ましてや一度きりの人生で死ねば消えて終わるなら尚更だ

考古学者や歴史学者に人類学者に科学者と、
学が付く仕事の人ならこの世の事を知っても知っても知り足りないだろうし
一般人だって金や地位が手に入ったら、子供や孫が生まれたら、幸せを手に入れたら
また次の欲が芽生えてしまうもんなんだよ
全てを手に入れ全てを知って全てに飽きて、それでも死にたくないってのが人間だ

192優しい名無しさん2021/04/01(木) 23:39:01.35ID:mH9p32vS
>>191
欲望にきりがないてのは2000年以上前に釈迦がすでに指摘してるっしょ

https://jodo.or.jp/issho/article.html

193優しい名無しさん2021/04/02(金) 04:49:30.40ID:aFZwmNo5
まあその悔いを考える脳みそも燃やされるんだから
悔いも何もない

194優しい名無しさん2021/04/02(金) 12:10:45.67ID:w1TLgZYB
>>190
以前漫画読んでいたけど忘れてしまったよ
どういう世界だったっけ、よければ書いてくれ

195優しい名無しさん2021/04/02(金) 13:01:18.66ID:YP5JpF30
>>188
自さつしたいしたい言ってた知人に、首つりの良さ苦しまなさをさんざん説明されたけど
どうしても理解できなかったわ
それって一発で頸椎?が外れることが大前提で
実際の首つりのほとんどは苦しい苦しい窒息死だろう

196優しい名無しさん2021/04/02(金) 15:19:42.44ID:LHaDz4rv
>>195
窒息死だよ
俺はなかったけど柔道で落ちる時も糞尿漏らしちゃう奴もいるからね、後輩でよく痙攣したたま漏らしちゃう奴いたよ
絞め技で落ちるのは強盗とかに首締められて殺されるのとまったく同じ状況だからそりゃ苦しいけど
せいぜい30秒くらいである地点からフワっと意識も身体も軽くなって時によっては落ちる瞬間快感を感じる時もあるよ
だから死ぬこと(癌とかで長く苦しむとかは嫌だけど)自体は俺は怖くないんだよ
何か怖いかっていうか気が狂いそうになるのは「人間死んだら無になる」ていう理不尽さだよ、これだけは認知の歪でもないし明確な事実だわ

197優しい名無しさん2021/04/02(金) 22:01:21.95ID:CE/5EoBl
【俳優の田中邦衛さん死去 88歳「北の国から」などで存在感】
https://www3.nhk.or.jp/news/html/20210402/k10012953271000.html

198優しい名無しさん2021/04/02(金) 22:08:20.36ID:YP5JpF30
>>196
30秒でも息ができないとかもだえ苦しむけどな
前にのどに物を詰まらせたときは本当に地獄だったな、吐き出すまでのたった15秒間で

>長く苦しむとかは嫌だけど
知人も全く同じこと言ってたな、それは嫌だけど首つりはOKって
そういう言うけど「長く」苦しまない病気ってほぼない気がするけど
自分にとって長くないのは急性心筋梗塞で10秒とかそれぐらいだな…

「無になる」ことも事実だけど、「苦しまないで死ねない」ことも明確な事実で
自分はその両方がたまらなく怖いわ

さっきも自分は何で死ぬか考えて死亡統計を読んでたよ
最も病気以外にも事故(一発で死ねない)もあるし…はあ

199優しい名無しさん2021/04/03(土) 00:58:24.23ID:9QWIgWHV
交通事故で即死するのだって
車が猛スピードで突っ込んで来る数秒間とか
対向車線のトラックがこけてこっちの運転席にぶつかる一瞬の間に
間違いなく死の恐怖を感じながら死ぬ訳だしな

全く己の死を察する事なく死ぬ事が出来る死亡方法なんて
ゴルゴ13並みの暗殺者に脳幹を撃ち抜いてもらうか
原爆や核ミサイルで一瞬で灰になるくらいしかない
そしてそのどっちも非現実的というね…
つまり死の恐怖を感じる事なく死ぬ事はできないという事だ

200優しい名無しさん2021/04/03(土) 01:19:33.08ID:pwAuQzsl
>>199
子供の頃って注射怖いけど実際に打っちゃうと一瞬じゃん、死自体の苦痛もそんなもんだと思うよ、バンジージャンプも怖いのは飛ぶ前だけでしょ
そういう体感的な怖さよりもタナトの恐怖てのは自我が永遠に「無」になるっていう想像不可能な理不尽さだわ

201優しい名無しさん2021/04/03(土) 05:17:07.81ID:Gto4PIzA
>>196
無になるかどうかは誰にも分からない。
無になるかもしれない恐怖と言うならわかるが。

202優しい名無しさん2021/04/03(土) 05:20:54.70ID:Gto4PIzA
>>173
お前がそう思うんならそうなんだろ、お前の中だけでな。

203優しい名無しさん2021/04/03(土) 05:28:05.44ID:Gto4PIzA
>>159
と、タナトじゃないお前みたいなゴミに言われてもな(苦笑)

204優しい名無しさん2021/04/03(土) 11:37:53.95ID:nvjq647/
三日も一週間も前の書きこみに亀レスしてまで煽り返す異常性
やはりボケナスじゃないか

205優しい名無しさん2021/04/03(土) 16:17:40.84ID:uEWJQzWw
自分の考えている常識がひっくり返る瞬間に立ち会いたい。
自分の思う固定観念や既成概念など根本から否定されてほしい。
死んだら終わりという事を自覚しこの世が物理法則に支配された
つまらない世界だと気付いてからいつもそう願うようになった。

神や霊を信じない連中もいなくていいから、
いないでほしいから信じていないのではない。
信じたいのに信じれない、いてほしいけどいなくて悲しい、
むしろいてほしかった、あってほしかったと残念がる人も多いはずだ。
少なくとも自分は全てのオカルトや超常現象を、
信じていないがあってほしかったと思っている。

今にでも宇宙人が現れて未知の技術を人類に与えてくれないかとか、
最近はそんな事ばかり思っている。
それはまるで白馬の王子様が迎えに来てくれると
信じている夢見がちな女の子や
宝くじや遺産が転がり込んでくると信じている
無職男性の戯言と同レベルの叶わない妄想だ。

自分が死ぬ残り4〜50年間程度の月日では
宇宙人どころか、不老にもならず癌やエイズも治せず
脳の意識や自我を別媒体に写す方法すら見つからないだろう。
そんな事は解っている。でも、そんな事でも考えていないと
現実の死への絶望が肥大し続けて狂うしかないのだ…。

206優しい名無しさん2021/04/03(土) 22:05:02.20ID:43AIxDbS
>>205

【観測されない「何か」が、太陽系に最も近いヒアデス星団を破壊した】
2021年4月2日(金)17時00分

欧州宇宙機関(ESA)の宇宙望遠鏡ガイアの観測データを検証したところ、ヒアデス星団は、太陽質量の約1000倍もの巨大な塊と衝突したとみられることがわかった。しかし、その塊は周囲に観測されていない

https://www.newsweekjapan.jp/stories/world/2021/04/43-10.php

207優しい名無しさん2021/04/04(日) 00:06:19.69ID:DNkLiFU/
>>199

【ガクンと衝撃、死を覚悟 日本人乗客が語る台湾脱線事故】
https://topics.smt.docomo.ne.jp/article/asahi/world/ASP436CR3P43UHBI01D?topics_id=c8a5cb30a412a16c9037dcb37da7a865

208第三宇宙速度 ◆HOXZgJaR5sxK 2021/04/04(日) 00:32:49.73ID:tMbnlENQ
>>107
完全にこのレスを忘れてたから後で気力湧いたら返しとくね

209優しい名無しさん2021/04/04(日) 01:35:05.16ID:AcudQJwy
恐怖とか憂鬱とかメンタルヘルスで貰った薬飲めばすぐに忘れられる
だが飲んだ後につまりこの恐怖も虚しさも
薬で制御できる程度の脳内物質の化学変化でしかないんだなと、
やはり人間の魂なんて脳の中を流れる電気信号でしかないんだなと、
人間とロボットの違いなんて有機物か無機物の違いでしかないんだなと
「生」きる「物」と書いて生物とは良く言ったもんだと
この諦めや虚しさの感情も厭世観すら脳内電流でしかないんだなと

このように薬で制御しても
次から次へと新たな虚しさが頭の中を駆け巡る
何もかも脳が無ければ生きられないように
人類を進化させた遺伝子と物理法則が憎い

210優しい名無しさん2021/04/04(日) 12:48:53.61ID:kHeYbifb
自分は宇宙や生命すげーと思ってるけどなあ
一説にはこの宇宙は10の500乗個もある宇宙の中で
生命が発生できる物理定数を持った奇跡の宇宙という話だし、
地球ができる確率は精密な時計の部品をプールに入れて自然に時計が組みあがる確立とも聞く
そして無意味に発生した生命が意識やクオリアを持つまでに進化した、
これらの事実はすごいとしか言いようが無い

宇宙や生命に意味が無いとしても、その存在には神秘を感じる
やがて無になるとしても、自分が存在したこの世界はとても愛おしく感じるよ

211優しい名無しさん2021/04/04(日) 16:06:02.49ID:TTVpbypP
それは人によって全く違う
悪いけど自分はこの世に神やオカルトが存在しないと分かった以上、
それがどんなに天文学的確率の奇跡だとしても
限りなく可能性が低い「だけ」のただの偶然としか思えないし思わない

一兆分の一京分の一垓分の一の確率…を通り越して
那由多や不可思議、無量大数分の一の確率の奇跡で
宇宙に地球が作られて人類が生まれたとしても
神がいないのなら、死して無になるのなら
それは無量大数分の一の不幸であり地獄だ
そこに神秘やロマンを感じる精神的余裕なんて無い

212優しい名無しさん2021/04/04(日) 18:15:26.41ID:kHeYbifb
例えば意識が脳内の化学反応や電気信号に過ぎないとしても、
その反応がどうしてクオリアを生じさせるかは分かっていない
これ自体が大いなる神秘だ

そもそも何も無いのではなく何かがあるということ自体が神がかっている
単なる偶然だとしても自分には心底不可思議に感じられ興味をそそられる
いつか死んでしまうとしても観測者としてこの世界に生まれられたことは本当にかけがえの無いことだ
この世の存在は生の意味や宇宙の意義を超越していると感じる

213優しい名無しさん2021/04/04(日) 21:16:28.16ID:GQrPCXeB
いずれ死ぬのがわかっていながら生きるのって地獄だと思う

214優しい名無しさん2021/04/04(日) 21:40:47.78ID:obf7Jy8p
>>211
そもそも自由意思自体が存在していないんだが
君のその思考自体が幻想だよ
誰も生まれていないし誰も死なない

215優しい名無しさん2021/04/05(月) 01:32:48.65ID:0Ks2QUT8
>>214
非二元はなまくら者の詭弁って、はっきりわかんだね
人間として生まれたのだから、ストーリーやればいいだろと自分なんかは思う
全てが幻想だとしても、それを味わい尽くそうとするのが人間じゃないか
単に苦しみから逃げたかった人が覚者になってストーリーはストーリーだとして思考を終わらせたかっただけのように思える

216優しい名無しさん2021/04/05(月) 10:06:53.20ID:ees7ZMii
強制的にせよゲームを始めさせられたんだから目の前にあるゲームを楽しめばいいじゃん
健常者は人生すらもそんな認識なんだろう
確かにその方が楽に生きて死ぬ事ができる

217優しい名無しさん2021/04/05(月) 18:38:32.56ID:4P6e5atV
それはゲーム脳すぎるぞ!

218優しい名無しさん2021/04/08(木) 08:49:52.88ID:PFAnz4aY
クリオルス社で遺体を冷凍保存する予定の奴いる?

219優しい名無しさん2021/04/09(金) 09:32:56.85ID:vgYotnNX
【「脳波停止の後」に残る意識:蘇生医療の最前線から】
https://wired.jp/2013/05/02/consciousness-after-deathall/

220優しい名無しさん2021/04/09(金) 14:04:55.96ID:4qjIkF27
タナトになって一番つらいのは人生の閉塞感
学歴とか仕事とか家族知人とのトラブル等で
健常者でも人生の先が見えない不安や
未来に希望を見出せない苛立ちに包まれた人は多いと思う

自分はタナトになって死に続きはなくて救いがないと悟ってから
人生が順風満帆だったにも関わらず、10代の頃から30年はこの状態
何をやっても死からは逃れられないという絶望と、
何を成し遂げても死ねば無駄に終わるという虚しさの最悪の精神状態

社会人になった時に酒煙草ギャンブル女遊びから
ゲームにスポーツに旅行と趣味やレジャーの類を一通りやった
でもどれも長続きしなかった…今も継続している趣味がない
インターネットも毎日このスレッドを覗くだけであれこれ色々見ようと思わない

要するに、全てにおいて楽しくないし楽しさを見出せない…
一時の快感や快楽を味わっても今この一瞬だけなのに、
死ねば終わるのにやってどうなる?という思考のせいで
最早新しい体験をするのも億劫になってしまった
この閉塞感は拗らせると厭世感になり、そうなるともうこの世の全てがどうでも良くなる
その時はもう完全に自分は社会不適合者だろう…
生きていても楽しくない、でも死にたくないという矛盾を抱えたまま自分は生き続ける

221優しい名無しさん2021/04/09(金) 15:15:17.04ID:xPxDgwQZ
>>220
【今】に生きてないからだよ

222優しい名無しさん2021/04/09(金) 18:26:56.74ID:98sORx1s
未来も過去も存在しないから今だけをしっかり生きなさいってあったな
誰の教えかは忘れたが

223優しい名無しさん2021/04/09(金) 21:06:12.67ID:jtryTWZR
金曜ロードショーでゲド戦記始まったよ
タナトフォビアの物語

224優しい名無しさん2021/04/09(金) 21:35:23.05ID:08BplWqj
子供の頃感じていた万能感や全能感。
それは厳しい受験戦争や競争社会、
家庭の事情や経済的事情で失われ
大人になる頃にはほとんどの人が捨てている感覚だ。
自分も地面を蠢く数多の蟻の一匹に過ぎないと嫌でも自覚する。

自分がそれを自覚したのはタナトフォビアが切っ掛けだった。
死ねば全てが終わる事、死後の世界がない事、
それに誰も逆らえない事。王も大統領さえも。

それに気付いたら自分だけでなく
全ての人類が、生命体が塵芥に見えてきた。
いてもいなくても生きても死んでも存在してもしなくても
意味も価値もない、塵芥に。
生物だけでなく地球や宇宙もそうなのだろう。
意味という概念を持っているのも必要とするのも人間だけなのだから。

生きていたら何とかなるさ、という無根拠な万能感。
それだけは持っておきたかった。手放したくなかった。
だが死ねば無で無意味で無価値と知ってしまった以上はもう持つ事は叶わない。

225優しい名無しさん2021/04/09(金) 22:57:33.85ID:si7Ik18Y
100歳越えの元気なじいちゃん、ばあちゃん、
世界最高齢のじいちゃん、ばあちゃん見た時だけはタナトを忘れるな
彼彼女らがその歳になっても、タナトなんて1ミリも思っていないのを感じるからだろうな

かたや死とは無縁のエネルギーに満ち溢れた10代で、タナトとかやっぱり異常だよな

226優しい名無しさん2021/04/09(金) 22:59:43.80ID:si7Ik18Y
>>220
タナトもあるんだろうけど、根底には発達障害がありそう

発達とタナトは凄く親和性高いと思う

227優しい名無しさん2021/04/09(金) 23:19:57.15ID:Wkcmd7GJ
タナトに陥ると趣味が長続きしなくなるというのは分かる気がする
慣れたとか飽きたというのとは違うんだよ
俺だってガキの頃から漫画やゲームやってるけど
今のアニメがつまらんとか思った事ないし楽しめてるから

ただ、何を見るのでもこれいつまで続くんだ?って思ったり
自分の残り寿命を気にしたりと
普通の人間ならまず気にしない事を気にする事が増えた

二十代の時に見た面白いアニメと四十代の今見ている面白いアニメでは
間違いなく二十代の頃の方が楽しめたと思ってる
それは懐古主義のおっさんの昔は良かったみたいなのではなく、
まだ若くて寿命を気にする事もなくタナトにとなってなったからだ
当然だよな、二十代の頃はまだ人生の四分の一も使ってなかったのに
今はもう人生の半分以上使ってしまっているのだから

俺さ、ワンピースは俺が死ぬ前に終わるんだろうか?
最終回を読めるんだろうか?なんて真剣に考えた事もあるんだぞ?笑えるよな
こち亀の最終回を読む前に死んだ人も世の中には一杯いるし
ハンターハンターの最終回を読めずに無念の想いで死んだ
難病やガンの若者だって大勢いるんだろうな…
そう考えるとさ、人生の平均寿命が80年って短すぎるよな

228優しい名無しさん2021/04/09(金) 23:58:17.82ID:65S7OGWw
タナトが今を生きていないなんて馬鹿な説教だ
今を生きるとは即ち未来から目を逸らすということ
先のことを考えられない無能であると証明しているようなもの

229優しい名無しさん2021/04/10(土) 00:20:40.18ID:OfmL8qtH
>>224
目的も意味もないのは最大の自由だよ

230優しい名無しさん2021/04/10(土) 00:54:05.03ID:8PwsflGS
どうせ死ぬのだから、かけがえの無い今を精一杯生きよう
どうせ死ぬのだから、今を生きることに意味は無い

一般人とタナトでは、これ位の意識の差があるよ

231優しい名無しさん2021/04/10(土) 01:39:31.06ID:8PwsflGS
タナトと一般人の問答例
タナトの人ならスレ主にある程度共感するのかな
同時に一般人との温度差の違いも分かる

http://world-fusigi.net/archives/7245016.html

232優しい名無しさん2021/04/10(土) 11:06:26.65ID:K3xAOaXU
意味なんてないさ暮らしがあるだけなんだよ

233優しい名無しさん2021/04/10(土) 21:00:25.40ID:FsxN4l1w
人生楽しかったそれなのに人生は終わってしまう

234優しい名無しさん2021/04/10(土) 23:05:53.19ID:X0waYMCR
>>218に反応なかったけど、ここには具体的に死を回避しようとしてる人はいないの?
こんな奴らもいるし俺も手を考えてる
https://wired.jp/membership/2020/12/02/live-forever/

235優しい名無しさん2021/04/10(土) 23:15:25.42ID:X0waYMCR
>>232
酷いもんだ
やっぱり間違ってるのは俺たちじゃなくて一般人の方だ
この点で考えたのは、まず一般人をタナトにする方法を確立して、
少なくとも先進国の人口の半分以上をタナトにして社会的な価値観の変革を狙うとかだ
一般人が今やってることが何だか知らないが、それを死を回避するのに役立つ研究等に変えさせる
数は力や速度になるので、生きている間に不死が達成できれば万歳

236マリア ◆znR3Kf472w 2021/04/10(土) 23:39:55.49ID:YJIwYP6b
でもさ
一生死の恐怖に怯えながらビクビク生きていくって
それこそ人生損してるよね

237マリア ◆znR3Kf472w 2021/04/10(土) 23:45:02.28ID:YJIwYP6b
一般人は開き直った考え方してるんだよね
どうせ死ぬのなら悔いのないように生きようとか
どうせ死ぬのなら思いっきり人生楽しもうとか

タナトの人は逆
どうせ死ぬのに何で生きてるんだとか
無になるのに何の意味があるんだとか そんな考え

そこらへんの感覚の剥離だよね

238優しい名無しさん2021/04/10(土) 23:52:57.77ID:OfmL8qtH
大人になると子供の頃みたいに道で派手に転んだりすることめったないけど、それでも年に一回くらい雨でスニーカーの底が滑って転びそうになったり
段差で足首グリってなりそうになってヒヤッとする時がある
あの瞬間てうわっ!って一瞬頭が真っ白になって思考が吹っ飛ぶけどあれがある意味「今の瞬間」だけに生きてる感覚だと思うわ
人間以外の動物は常にこういう感覚で生きてるんだろうな

239優しい名無しさん2021/04/11(日) 00:27:45.02ID:DE0JqZmq

240優しい名無しさん2021/04/11(日) 06:38:19.92ID:vN9i5ae4
病気にでもなれば誰も似たようなもんだよ。

241優しい名無しさん2021/04/11(日) 14:53:41.64ID:MKgq1FHJ
タナトが救いようがないのは、致死率が100%であること、
痛みなく死ぬ方法がほぼゼロなこと、どんな薬が登場しようと
「死が怖い」という思考を消す方法はあり得ないこと

終わってる

242優しい名無しさん2021/04/11(日) 21:10:42.03ID:HH7toc5w
タナトじゃない人は死ぬことから目を背けてるだけだよ。みんな死について目を向けて、ips細胞とかピースは揃いつつあるからお金や労働力を大量につぎ込めば行けそうな気もするんだけど。

243優しい名無しさん2021/04/11(日) 21:21:16.48ID:qJ/M8K+u
死んだら無だよと平気な顔をして人前で言える一般人でも
癌になるとか強盗に襲われるとかしていざ目の前に無が付き付けられたら
俺達タナトと同じように怯え震えて咽び泣くのに違いはない
一般人は無が平気なのではない、無に鈍感か無を先送りにしているだけだ
タナトより合理的思考なだけでタナトよりも死や無の恐怖に耐性が付いている訳ではない

だったら俺はタナトでいいし、無を怖がる事に対して格好付けたりしない
むしろ無に還るギリギリになってから死にたくないとかもっと色々やりたかったと後悔するより
常に無を意識して無を逃げずに見つめていく生き方をしている方がよほど格好良い

244優しい名無しさん2021/04/11(日) 22:32:22.12ID:ZLpKpuMJ
>>243
いや、俺は健常者の方が死への耐性も高いと思ってるよ
「終活で今までお世話になった人にお礼を言って、身辺整理して、生前葬してから死にたい」
という健常者の考え方は正気の沙汰じゃない
死が迫るとタナトは今以上に何もする気が起きなくなるだろう

245優しい名無しさん2021/04/12(月) 00:18:48.20ID:pWdLNSio
>>242
時間さえあればどうにかなるという立場に立てば、
自分が死んだ後に遺体を冷凍保存しようってなると思うんだけどな
火葬は本当にあらゆる可能性を消し去る悪行だよ

246優しい名無しさん2021/04/12(月) 00:30:29.01ID:vPEanXs9
それなら死体がなくてもなんとかなる可能性もあるんじゃあないか?

というか無限に生きて無限に記憶を保つのは未来でも無理だよ。
記憶を無くすなら昔の誰かが転生したのが今の俺だってのと変わらないし。

247優しい名無しさん2021/04/12(月) 01:02:37.50ID:pWdLNSio
>>246
哲学の話はしたくない
死体があるのとないのとでは、復活の可能性として前者が圧倒的に高確率だろう
唯物論者らしくどこまでも現実的に行こうじゃないか

248優しい名無しさん2021/04/12(月) 01:05:24.18ID:/yEsF6Pf
満足のいく生き方、悔いの無い人生ってのはタナトフォビアには絶対ないんだろうな
どんなに裕福な家庭に生まれ学歴・職業共に完璧な人生を送って
老後も子供や孫に囲まれて幸せな生涯だったとしても、
臨終の間際に良い人生だった!と笑って死ぬ事は絶対に出来ない宿命

タナトフォビアにとっての幸せは無限に現在進行形で生き続ける事であって
それが不可能なのは自覚しているし、
いつか終わる・止まる・消えるのが決まっている人生に幸せを見出す事がそもそも出来ない
そこに貧乏か金持ちは関係ない
金があれば一時死の恐怖を忘れる事が出来る娯楽や享楽の選択肢が増えるが、
あくまでも一時凌ぎの誤魔化しに使える選択肢が増えるだけで
死の恐怖や憂鬱という感情その物を治す事は出来ないからだ

249優しい名無しさん2021/04/12(月) 01:43:06.41ID:UlKvJHVl
>>248
よくブラック企業で働いている若者や
日雇い労働の無学のおっさんに
無職引きこもりやホームレスまで
底辺人生を這いずっている連中が

「俺の人生こんなはずじゃなかった」
「俺はやれば出来るはずなんだ」
「俺を認めてくれる場所があるはず」
って言っててそういうのって大抵馬鹿にされてるんだけどさ

自分はそうは思わない訳よ
むしろ省みる人生があったり
こうなりたかった、こんな仕事に付きたかったという
夢や野望や向上心があるだけ遥かにマシ
たとえそれが身の丈に合わない大それた妄想だとしてもね

250優しい名無しさん2021/04/12(月) 01:43:41.14ID:UlKvJHVl
何故かと言うと自分も上に何人かいる他のタナトの人と同じで、
死んだら終わりという人生に絶望して
何をしてもどんな仕事しても無駄という思考に陥ってしまったから…

こんなはずじゃなかったと嘆く人には
こんなはずだったという人生設計が、
やればできたんだと愚痴る人には
やれたら勤めるつもりだった職業や夢があるんだよ
自分には最初からそんなの無かった

死んで全てパーになるなら最初から夢など抱かず
最低限の衣食住だけ賄える仕事なら何でもいい
そう思って生きてきたし実際そう生きてきた
もう小学生の頃からこの考え方だからね、
今更変えようがないしどうしようもない

夢を持っている人や生きたいように生きている人が羨ましい…
子供の頃タナトになった時点で自分には持てない思想だからね
死の先に続きがあれば、死が無でなければ
自分も夢を持ちながら生きれたのかな…?

251優しい名無しさん2021/04/12(月) 08:25:15.85ID:dDFH3wjq
>>247
脳細胞は一度死んだら甦生は無理じゃね?
脳の耐用年数が150年って話もあるし、記憶をクローンにコピーするか、
コンピューターに意識をアップロードするしか延命の方法はないんじゃね

252優しい名無しさん2021/04/12(月) 08:36:07.13ID:pWdLNSio
>>251
いやできるようだぞ
iPS細胞とか使う再生医療の領域ではできるものとして研究が続けられている
俺は記憶を保持したまま耐用年数を振り切れる可能性が十分にあると見ている

253優しい名無しさん2021/04/12(月) 08:59:00.53ID:3XBkCa6R
>>250
いのちが永遠無限だったらどんなに時間がかかろうともあらゆることが体験できるから何れアパシー(無気力廃人)になるだろ

254優しい名無しさん2021/04/12(月) 12:39:13.43ID:vPEanXs9
10億年生きて10億年分の記憶を保持するつもり?
問題は死そのものじゃあなくて恐怖。

255優しい名無しさん2021/04/12(月) 15:51:38.62ID:DsfWMB3J
人との共通項を探してみたら?自分なんてものは外付けオプションラベルだけで中身はなにもありゃーせん

256優しい名無しさん2021/04/12(月) 17:20:36.04ID:zCfPKHSQ
>>253
全然構わないな
全てに飽きようが廃人になろうが無よりマシ
無限に生きられるなら忘れる事もあるだろうから
忘れた本や娯楽を繰り返し楽しむのも悪くない

257優しい名無しさん2021/04/12(月) 19:30:55.97ID:/yEsF6Pf
人生を損しているとかつまらない生き方だと言われたら、
全くその通りだから一切の反論ができない
タナトの生き方が最も馬鹿馬鹿しいと思っているのも、またタナトだからだ
自覚はしているし虚しい人生なのも解っている

だが、それでも現代社会に生まれて死の真実を知ってしまった以上は
もう何も知らずに笑いながら暮らす事はできない
望んで記憶を消せるなら無知な子供の頃に戻りたいし、
生まれる国や時代を選べるなら宗教国家か
科学が発展していない昔の時代に生まれたかった

258優しい名無しさん2021/04/12(月) 19:36:27.38ID:/yEsF6Pf
自ら楽しい事を楽しいと言えず楽しめる事を楽しめなくなるように
考え悩み嘆いたのだからタナトの人生が苦しいのは当然の結果だ
同じ現実主義者や唯物論者だとしても
自ら袋小路に逃げ込む悲観主義者よりも、分かっていても分からない振りをして
考えが決まっていても考えない事にする楽観主義者の方が絶対に幸せなのだろう

ここで酒や薬に溺れる事が出来る人間ならまだ幸せだったのかもしれない
酒に酔って忘れても、睡眠薬や抗鬱剤で恐怖を紛らわしても
それはほんの数時間から一日程度の現実逃避でしかないと、
酔いが覚めたり薬の効果が切れたらまた恐怖や鬱が戻ってくるだけで
何の根本的解決にもならないと理解しているタナトの人は酒や薬にすら逃げられない

259優しい名無しさん2021/04/12(月) 22:38:49.42ID:pWdLNSio
>>254
もちろんだよ
俺にとっての問題は死そのものであって恐怖ではない

260優しい名無しさん2021/04/12(月) 22:44:26.64ID:pWdLNSio
誤解のないように言っておきたいが、しっかり強烈な恐怖も感じているぞ
ただ恐怖さえ消えれば死んでも良いとは思えないだけだ
そう思える人間がいるのなら世界は広いなって驚くよ

261優しい名無しさん2021/04/13(火) 03:48:00.75ID:R0BF6QpO
時間が止まらないかな年をとりたくない

262優しい名無しさん2021/04/13(火) 05:43:12.20ID:3SBwPzwG
永遠に生きるって永遠の孤独ってことだよな。
この宇宙の全てが死に絶えても生き続けるんだから娯楽どころか何もないのに。

263優しい名無しさん2021/04/13(火) 05:52:16.82ID:VdAfoVQa
全く問題ないな
たとえ記憶が残っても5億年ボタンを躊躇なく押す派だわ

264優しい名無しさん2021/04/14(水) 14:31:53.74ID:nTiQvmsu
あの強靭な猪木もサスガにけっこうキテるなぁ・・
https://vt.tiktok.com/ZSJrwNmpV/

265優しい名無しさん2021/04/15(木) 06:46:56.68ID:hSXqW+Vs
久しぶりに会った母にタナトのこと言ってみた
死ぬ事は何も怖くない。どんな偉人でも死んでいってる。
順番に死が来るだけだよ。
って言われた。

266優しい名無しさん2021/04/17(土) 18:43:59.48ID:f+tgqq19
昔は老人や病人を見ると死の気配を感じて怖くなっていたが
最近は赤ちゃんを見ると何故か凄く悲しくなって涙が出てくる
特に幸せそうにしてる赤ちゃんの姿はマジで精神に来る

267優しい名無しさん2021/04/17(土) 23:41:01.99ID:WuyUyhTX
産まれたばかり故にまだ何も知らない=死の恐怖も知らない幸せさ
癌や事故で早死にしなければ自分が見れない60〜80年以上先の未来を見れる羨ましさ
赤ん坊を見ると自分がもう絶対に手に入れられない心の安寧や失った時間を嫌でも想起してしまい
赤ん坊に嫉妬している醜い己が浮き彫りになる

タナトフォビアの自分は老人が若者に嫉妬する気持ちを
既に20代の頃から赤ん坊に対して持っていた

268優しい名無しさん2021/04/18(日) 01:02:36.20ID:Ydf+IzCW
タナトの絶望感てのはこの先スマホが6G~10Gと進化してくのが見れないとか映画ブレードランナーの近未来の世界観みたいに空飛ぶ自動車の時代を体験してみたかったみたいなそんなショボいエゴ的不満じゃないだろ
タナトの恐怖てのは自我が消滅するってことだよ、ビッグバンで始まった宇宙もいつか収縮し始めるとかそんなんどーでもいいわけよ
何より自分の自我が完全に消滅する恐怖だわな

269優しい名無しさん2021/04/18(日) 10:00:18.79ID:qDfpbP9T
>>267
自分の場合は赤ちゃんを見るとこの子もいつか必ず死んで無になるんだなと思ってどうしようもなく悲しくなるな
皆に笑顔で祝福されて明るく希望に満ちた未来が待っているのかと思いきや、優しい笑顔で見守り育ててきた大人達は順番に死んでいき、赤ちゃん本人も老いて病んで苦しんで最終的には無になって終了だから
誕生は一見美しいが、裏には残酷な死という現実がどの生き物にもある事を改めて知らされる

270優しい名無しさん2021/04/18(日) 10:10:00.18ID:hQfTEj8Z
>>265
それ言われても死が避けられないことを思い知らされて余計辛くなる

271優しい名無しさん2021/04/18(日) 16:21:17.16ID:HytrQSIz
>>268
どうでもよくはない
タナトの問題の主軸は確かに自我の消滅だが、
その自我の消滅という結論から導き出せる副次的産物も無視できない

それがこのスレッドで他の人が書いている
生きる意味や価値を失うとか、努力や勉強や出世をする気がなくなるとか、
百年後の未来を見れないのが悔しいとか、
この世の全てが虚しく映るとか、宇宙とは何なのか等の、
死後の無を悟ったからこそ生じた
あらゆる疑問や厭世観もタナトが生んだ問題に他ならない

>>269
反出生主義者の気持ちが今なら分かる
自分も何度神や生まれ変わりを信じているのが普通で
宗教がごく普通に否定されず罷り通っていて
科学が発展していなかった遥か昔の時代に生まれたかったと、
何百回心の中で愚痴り嘆いたか数え切れない

科学の進化は人の行動を便利にしあらゆる生活水準を上げた
その代償が、完全なオカルトの否定、神や霊の不在証明…
即ち死後の無の確信であり恐怖と絶望の確定だ

無の恐怖を知りながら生き続けなければならない絶望
これは科学によるあらゆる恩恵を加味しても決してプラスにならない
間違いなく宗教国家や昔の時代に生まれた人達の方が幸せだ

272優しい名無しさん2021/04/18(日) 18:00:51.14ID:Qyk0X33m
中東のイスラム系の国に生まれれば一生宗教を信じる事が出来て
死の瞬間まで幸せに過ごせる。例えテロリストになって悪逆の限りを尽くそうとも。

日本等の先進国に生まれてもタナトにならない限りは、死について深く考えない限りは
癌等の死が近づく病にかかるまでは人生を幸せに過ごせる。

タナトになったらそこから一生涯を不幸なまま生きねばならない。
金でも努力でも権力でも決して覆せない死が悩みなのだからこの不幸は絶対に治せない。

最大の不幸である死は結論であり結果だが、その結果に辿り着くまでの過程
つまり人生は嫌でも過ごさなければならないし、
その過程までもを不幸で塗り潰していくのがタナトフォビアなのだ。

結果に達するまで幸福な中東の人達。結果に達するギリギリまで幸福でいられる一般人。
過程の全てを不幸で染められるタナト患者。同じ時代に生まれてもこれだけ差がある。
楽しい事を楽しく感じられず、幸福を幸せと思えず、喜びや快楽を享受しても飲み込めない毎日。
これが、老いて死に消えゆくまでずっと続いてゆく…。

273優しい名無しさん2021/04/18(日) 20:44:18.75ID:k90Q+cwU
>>272
トランプは一応キリスト教信者を公言してるけどあれだけ唯物的に儲けたビジネスマンが本当に神を信じてるんか?
もう74歳だから死の扉が見え始めてる年齢だと思うが何であんな活力あるんだ?

ちょっと話はそれますが、アップル社の創業者であるスティーブ・ジョブズさんは56歳という若さで命を落としました。
彼の直接の死因はすい臓がんですが、私は彼の食生活に原因があったと考えています。彼がベジタリアンだったことは有名ですが、生のアーモンドを好んで食べてたそうです。
そして、これが彼のすい臓を痛めつけたと思われます。
彼は、それこそ、”四六時中”、生のアーモンドを食べていたそうです。さらに、ジョブズはフルーツを好んで食べていたとも聞きます。真偽は不明ですが、フルーツを種ごと食べていたという話もあります。
もし、これが本当だとすると、彼がすい臓がんに侵されたのは、大いにうなずけます。
というのも、すい臓がんで私の病院を訪れる患者さんに食生活の話を聞くと、「フルーツを種ごと食べる」とう人が多いからです。

『ただしい玄米食、危ない玄米食』鶴見隆史著より

逆にトランプ元アメリカ大統領、来日時のメニューを見ても、加熱されたアメリカ産の肉、高温処理されたポテト、など糖化しまくったものが大好きなご様子。
食物繊維の摂取が少なそうで、健康学的には、アウトなものが多いんですね。
ファーストフードが大好きで、マクドナルドもよく食べているとか。
マクドナルドのようなファーストフードを常食したりしている場合、栄養学的には、段ボールをたべているのと変わらないのではないかと思うのですが、
でも、トランプさんは70代で大統領になりバリバリ働いています。今も昔も、とってもお元気そう。
こういうケースを見るに、好きなものを好きなだけ食べてストレスフリー、なほうがいいのかもしれません
https://i.imgur.com/cLbjPVM.jpg

274優しい名無しさん2021/04/18(日) 23:11:58.03ID:fd7oUsQt
>>272
貧富の差は絶望的になったというけど
タナトになるならないの差の方が絶望的だと思うね

275優しい名無しさん2021/04/18(日) 23:43:53.80ID:TqToskHJ
>>274
非常に究極的な極論を言わせてもらうと
死ぬ瞬間に恐怖を感じていたらその人は不幸だし
感じなかったら幸運な人生だからね
それまでの貧富や苦楽等の一切は関係なく、
脳が止まり全てが無に帰す刹那の脳内電流の差異だけが全て

どんなに金や権力や名声を手に入れて
子供や孫に囲まれた幸せな老後を掴み
高給老人ホームやホスピスで最高級の治療を受けても
臨終の際脳が痛みや苦痛、恐怖の感情で埋め尽くされていたら最悪な人生

逆に生まれた時親がいなくても虐待されても
貧乏でも虐められても障害を持っていても
学歴がなくても犯罪を犯して前科が付いても
ホームレスや乞食になってもどんなに底辺な生活だったとしても
死を迎える場所が安アパートの汚い布団で孤独死だとしても
ガード下のダンボールハウスで凍死や餓死だとしても
恐怖を感じずに死ねれば、その人の人生は幸せだと言える

276優しい名無しさん2021/04/19(月) 23:20:22.05ID:mPAI8fQF
>>275
極端な結果が全てという考え方がタナトを助長しているように思える
どうせ最後は無になるから人生は無意味だという考え方もそうだが

一般人はプロセスが楽しかったり美しかったりすれば結果は二の次という考えの人も多い
こういう考えのほうが「今」を楽しく生きられると思う
プロセスを無視した結果ありきの考え方では虚無感を増すだけだ

277優しい名無しさん2021/04/20(火) 04:20:04.77ID:H4LC+w9k
でも実際そうだしな。
死ねば全てに意味がなくなるのは。
葬儀場で働いていると遺族や弔問客の
(故人は)幸せな人生だったとか天国で見守ってくれてるとか
そういう亡くなった人への想いから悲しみまで毎日数多く聞こえてくる。
そういう声を聞く度に、でももう故人はこの声や想いを聞くことができないと、
無に還ってしまったからこれだけの人が集ってきてくれた事すら知り得ないのだと
他人だとしてもその亡くなった人の事を思うと遣る瀬無くなる。

自分はその度に、神がいないこの世界を、霊が存在しないこの世界を、
天国や生まれ変わりがないこの世界を、
オカルトが存在する事を許さないこの世界を、
物理法則に従った行動や物体しか存在を許されないこの世界を、
「こうなるしかなかった」この地球を、宇宙を、世界を心より憎む。

278優しい名無しさん2021/04/20(火) 05:33:46.45ID:PdiuW2OI
>>276
どうも死恐怖症には二つのタイプがあるらしい。
自分がおかしいと思っているのと、他の人間がおかしいと考えているのの二つで、これは相容れない。

279優しい名無しさん2021/04/20(火) 23:35:25.68ID:wXGHxcAT
>>275
断りは入れてるけど、やはり極端すぎるな
また幸福論(人生論)とタナトをごっちゃにしてる

やはり(普通は)地位名誉金銭が欲しいに決まってる
それとタナトは関係ないよ

ただし重度のタナトに罹患したら貧乏だろうと、金持ちだろうと人生が楽しめなくなる
結果的にワァー!!ってなって地位名誉金銭など何もいらない!というパターンもあるかもだけど

280優しい名無しさん2021/04/21(水) 05:00:00.76ID:FcXqzSAK
人生を味わいつくしてタナトになった釈迦は美しい
苦しい人生から目を逸らすために何もせずに悟ったふりをする者は見苦しい

281優しい名無しさん2021/04/21(水) 18:22:15.19ID:CJ1CD7NX
10年くらい前から既にオカルトは衰退してたけど、ここ数年は更に凄い勢いで文化が失われているなと感じる
心霊番組は全然やらなくなったし美輪さんは実は霊が見えないと言ったりネットでは霊やあの世について語る場も無くなってる
不思議ネットすらまとめるスレが無いのかアクセス数が伸びないのか知らないが最近はオカルトを扱わずに殺人事件だの閲覧注意の死に方だの単に死を扱っただけの記事ばかり
多くの人が霊やあの世を信じてた90年代や占いスピブームだった00年代に戻りたい

282優しい名無しさん2021/04/21(水) 23:10:53.73ID:eeAAHaaB
僅か数十年で人々のオカルトへの想いも宗教観もすっかり変わっちゃったよね。
それだけ科学が進歩・発達する速さも倍増しているという事だけど。
これから先の世代は生まれた時から神や霊を信じないように社会と文化が教育してくれる。
必然的にタナトフォビアになる人も増えていくだろう。
一切の夢や妄想を抱かず現実主義者に、唯物論者に徹するという事は、そういう事なのだから。

283優しい名無しさん2021/04/22(木) 00:17:51.78ID:jcdmOZZ3
>>281
その不思議ネットにタイムリーな話題が
これ読むとタナトが結構増えている気するね

http://world-fusigi.net/archives/9795004.html

284優しい名無しさん2021/04/22(木) 01:03:00.74ID:5brRfL3F
宮台真司はキリスト教(カトリック)信者だけど
このスレにいる俺らより桁違いに頭脳明晰で聡明な人が仏教の色即是空ならならまだしも
本気で神とか復活みたいなキリスト教的なストーリー性を信じてるのかな?

285優しい名無しさん2021/04/22(木) 12:52:04.69ID:GM4cju5W
>>277
それお前の感想だよな。
色々と間違ってるけど。

286優しい名無しさん2021/04/22(木) 18:04:05.28ID:MLw1sRDS
心霊スポットとか怖くないわ
むしろ幽霊が出てきて欲しい

287優しい名無しさん2021/04/22(木) 18:44:17.03ID:wKQqPDIY
>>284
日野原重明さんは医者でクリスチャンだったけど、本当に天国があるのかどうかは分からないから毎晩寝る時に死が怖くなる。と本に書いてあった

288優しい名無しさん2021/04/22(木) 20:16:55.39ID:bVcfyusM
>>285
どこがどう間違っているのか何行かかっても構わないから説明頼む。

289優しい名無しさん2021/04/22(木) 21:37:04.35ID:UiZdO9jQ
>>288

~霊が存在しないこの世界を、
天国や生まれ変わりがないこの世界を、
オカルトが存在する事を許さないこの世界を、
物理法則に従った行動や物体しか存在を許されないこの世界を、~

290優しい名無しさん2021/04/22(木) 21:40:08.44ID:UiZdO9jQ
そもそも死んだら無って考えがおかしい。

死んだら無になるかもしれない恐怖に怯えている、というなら分かる。

291優しい名無しさん2021/04/22(木) 21:54:16.29ID:jcdmOZZ3
唯物論者とオカルト主義者では話が噛み合わんわな

292優しい名無しさん2021/04/22(木) 23:01:52.80ID:8ckPiF9R
           _Y_
            r'。∧。y.
         ゝ∨ノ      お前らが死んでも          ,,,ィf...,,,__
          )~~(           世界は平常運転    _,,.∠/゙`t-nヾ ̄"=ー-.....,,,
         ,i   i,                        ,z'"    ̄ ̄ /n゙゙''''ー--...
         ,i>   <i     文明はどんどん発達し  r”^ヽ      く:::::|::|:::〔〕〔〕
         i>   <i.     ていく・・・・・・。     入_,..ノ ℃      ̄U ̄_二ニ=
`=.,,ー- ...,,,__  |,r'''"7ヽ、|  __,,,... -ー,,.='             >ーz-,,,...--,‐,‐;;:'''""~
  ~''':x.,,  ~"|{ G ゝG }|"~  ,,z:''"                     ___
      ~"'=| ゝ、.3 _ノ |=''"~      <ー<>         /  l ̄ ̄\
        .|))    ((|        / ̄ ゙̄i;:、      「 ̄ ̄ ̄ ̄| ̄| ̄ ̄ ̄\
             ))|       r'´ ̄「中] ̄`ヾv、   `-◎──────◎一'
                   ├―┤=├―┤ |li:,
                   |「 ̄ |i ̄i|「.//||「ln|:;
                   ||//__|L_」||__.||l」u|:;
                   |ニ⊃|  |⊂ニ| || ,|/
                   |_. └ー┘ ._| ||/
                   ヘ 「 ̄ ̄ ̄| /

293優しい名無しさん2021/04/23(金) 20:57:07.75ID:pNI6g1Kr
>>281
情報技術の発達もあるが、オカルトが廃れたのはだいたいオウムのせいだな
ただオカルトの盛り上がりについていけなかったタイプのタナトもいたとは思うから良かれ悪しかれかなあ

>>292
発達しとらんやんけ

294優しい名無しさん2021/04/23(金) 21:10:58.94ID:HhxE+k2g
>>293
宜保愛子とかオーラの泉とか矢追純一のUFO特集やあなたの知らない世界のようなオカルト番組が普通に放送されてた時代でも
唯物論者はオカルトなんて信じてなかったよ
情弱な人も流行りの歌番組やお笑い番組見るように惰性で流されて上辺で見てるだけで
今も昔もオカルト的な思想にハマる人は一定数いるだろ
YouTubeでも都市伝説とか怪談話やUFO動画のチャンネルみたいなやつ再生回数が微エロで吊る動画と並んで多いやん

295優しい名無しさん2021/04/23(金) 21:32:03.54ID:cJoDgqSH
死後の世界はないし遠い未来を見る事のできない哀しさ

296優しい名無しさん2021/04/23(金) 22:54:50.65ID:DabuSp3p
>>287
最高齢医師であれだけ多くの人を見取って来た医師、
そして生きるとは何かを啓蒙してきた人物だったのだから、
最期の最期まで動画撮影をして死に際を世に見せて欲しかった

大林監督が病に侵され、余命いくばくもない中でカメラの前で後輩に向かって話していた映像は感動した
本当は痛みの苦しみがあったのかもしれない、死の恐怖を感じていたのかもしれないが
口調が穏やかそのもので後輩への熱い願いの語りに涙が出たわ
本当に立派な人だった
死が近い中でも人としての尊厳を保てる可能性を見た気がした

タナトとズレてすまん

297優しい名無しさん2021/04/24(土) 02:41:29.92ID:3pRqIRTK
おまえらまじで幽霊怖くねえの?
やろうと思えば深夜に無人病院で懐中電灯片手にうんこして風呂入って一周したりできるの?

298優しい名無しさん2021/04/24(土) 07:13:20.85ID:ZAEHlmwP
>>297
幽霊は怖くないけど、事故とか不審者が怖い

299優しい名無しさん2021/04/24(土) 10:11:34.35ID:1WjJBdIm
幽霊が居るなら是非出て来てくれといつも思ってるよね
廃墟の探索は建物の倒壊、病原菌の感染、逃亡者や浮浪者との遭遇、犯罪組織が行う取引現場や死体処理の目撃などの方がどう考えても怖い

300優しい名無しさん2021/04/24(土) 10:54:09.27ID:J2obfvT5
>>299
短期間で何人も何故か入居者が出て行ってしまう家賃が相場の半額の事故物件には住める?
http://ww5.tiki.ne.jp/~qyoshida/sinrei/105chichibu.html

301優しい名無しさん2021/04/24(土) 18:21:28.43ID:/HPQRNLy
>>300
そういうのは近所に頭おかしい人が住んでるとか虫が多いとか湿気が多いとか
事故物件として有名になったことで好奇の目に晒されて人が見に来るなんて可能性もある
幽霊関係なく余計なものを呼び込む要因はありえる

302優しい名無しさん2021/04/24(土) 20:41:50.45ID:gIr+4hhI
>>301
昔岐阜県に幽霊やポルターガイスト現象が多発してワイドショーにも取り上げられた事件があったらしいよ
https://okakuro.org/tomika-poltergeist/
https://i.imgur.com/zoIpkRD.jpg

303優しい名無しさん2021/04/24(土) 20:42:56.46ID:gIr+4hhI

304マリア ◆znR3Kf472w 2021/04/24(土) 23:33:43.33ID:zXLg9+yg
人間死んだらどうなるか? スマナサーラ長老
https://youtu.be/XEESd06EAvM

305優しい名無しさん2021/04/24(土) 23:48:26.06ID:20CMyOen
>>297
過去スレでは幽霊を見て呪い殺されるのならば死後の無の否定を確信しながら死ねるので
タナトにとってこれ以上嬉しい死に方はないと言ってた人や
廃墟巡りどころかオカルトスポットや深夜の墓地を
幽霊を見たくて頻繁に徘徊している人もいたよ

306優しい名無しさん2021/04/26(月) 23:08:26.49ID:BeXEbpfR
数十年前までは、死んだらどうなるのなんて薄々分かってる人も黙ってたし
分かってない人も分かってないまま進んで知ろうとはしなかったんだよ
だってそれを調べる文献・媒体が本やテレビしかなかったからね
誰もいちいち科学者や医者に聞いてまで真実を聞こうとは思わなかったし、
だからこそオカルト番組も堂々と高視聴率を稼ぐ事ができた

windows95が生まれて一般人にもインターネットが浸透した
この25年間でその辺りに禁忌に触れる事への繊細さなんてすっかり変わってしまった
死の真実や生命の仕組みを調べようと思えば誰でも、
それこそ小学生でも調べる事ができるようになってから人々のオカルトへの興味も
霊や宗教に抱くイメージも死生観すら急速に、劇的に変貌してしまった

それまで色んな宗教家や自称霊能力者が数千年もかけて築き上げてきた
オカルト要素や精神や心を救う為の神仏への祈り、
死の恐怖を取り払う為の輪廻やあの世の存在がたった数十年で崩壊したんだ
いかに今の科学が凄まじい速度で進化しているかの証左であると共に
たまたま現在産まれてしまった者、そしてこれから産まれてくる者達にとって…
これからの時代は死を恐れる者にとっては絶望でしかないという事でもあるな

307優しい名無しさん2021/04/27(火) 23:33:08.76ID:ykV/yv58
中卒ヤンキーやホームレスですら様々な事象に科学的根拠を求めるほど
様々な世帯の隅々まで現代的教育が行き届いている時点で
もう日本という国にオカルトというサブカルチャー文化が復権する事はないのかもしれないな。
それは素晴らしい事なんだが、もう夢や妄想が立ち入る隙が無いというのは寂しいもんだ。

オカルトは漫画やアニメのように嘘は嘘と割り切って楽しめるような概念じゃないしね。
心のどこかで本当にあるんじゃないか…?現実に存在していてほしい!という願望が混じっている。
神や霊や生まれ変わりが絡む心霊現象なんてその最たる物だ。
何しろ否定されたら死んで消滅する現実を受け入れなきゃならないんだから
死を恐れる者だけでなく、夢を抱く者達まで生き難い時代になってしまったと痛感しているよ。

308優しい名無しさん2021/04/28(水) 01:18:10.70ID:GOXH93KT
>>307
>様々な世帯の隅々まで現代的教育が行き届いている時点で

別に学校で霊魂は存在しないっていう教育はしてないだろ
高学歴な医師の中にも霊魂の存在を信じていたり科学じゃ割り切れない経験している人はけっこういるようだぞ
https://www.kurotobi-clinic.com/column/entry371.html
https://youtu.be/iDCqeVpHzq8

309優しい名無しさん2021/04/28(水) 22:16:44.78ID:vL9fe0IR
オカルトとか、霊とかいう単語が入っていただけでもう読む気がしなくなる

310優しい名無しさん2021/04/29(木) 17:39:37.15ID:l0NF78zx
いつか必ず死ぬなんて絶望する

311優しい名無しさん2021/04/29(木) 17:42:43.02ID:l0NF78zx
霊なんていませんよあるのは心霊現象という未知の現象であり
死んだら無なんですから意識の消失永遠の無何もないから意識もない

312優しい名無しさん2021/04/29(木) 23:49:38.31ID:KLevfVM3

313優しい名無しさん2021/04/30(金) 00:57:34.91ID:Sex/vyTx
この世も必ず死ぬって時点でデスゲームだよな。なんで皆へらへらしてんのかわかんね。

314優しい名無しさん2021/04/30(金) 00:58:02.56ID:GWEL0IaS
人生は有限ということに哀しみがある

315優しい名無しさん2021/04/30(金) 01:38:37.17ID:0QYDJX8H
「いる」と断言する人も「いない」と断言する人も嫌い
>>311のように無と断言する人も逆に霊やあの世がありますと断言する人もね
「わからない」と言うのが正しい
人間が見てきて知覚できた事を、人間だけが知りえただけに過ぎない事を
勝手に100%とか0%と決め付けて勝手に自分の中で確定して勝手に恐怖したり絶望したりしてる

そうだと断言するどころか、そうだと思うというのにすら虫唾が走る
そうだと思ってるって事はその人の中では100%と変わらないからだ

316優しい名無しさん2021/04/30(金) 16:15:32.67ID:ixTLc+yo
脳の電気信号が意識で、その信号が途絶えたり、まして火葬して脳が灰になったりして、
死後が無以外の可能性なんてあるか?

厳密に言えば分からないといえば分からないけど、現代的科学思考をして無以外の可能性を信じられる人がうらやましい
仮にあの世や輪廻転生があっても記憶の連続性という都合のいいものも無いから自分にとっては無と変わらんし

317優しい名無しさん2021/04/30(金) 18:06:55.93ID:hAnEnbrV
その現代的科学思考自体が
今の時代の人間が考えてる思考の限界かもしれんのに?
科学を妄信する奴も科学という宗教の信者と同じ

318優しい名無しさん2021/04/30(金) 19:15:18.39ID:ixTLc+yo
現代科学における思考の限界とやらを超える死後の例を具体的に示してくれ
霊とかオカルト抜きで
それとも何百年何千年後じゃないと解明できないとでも言うのか
そうでなければ死が無である蓋然性は自分にとっては限りなく100%だ

319優しい名無しさん2021/04/30(金) 19:34:06.63ID:ixTLc+yo
霊、オカルト、宗教、スピリチュアル、これら以外に死後の無を否定した知見など見たことが無い
今後科学が発展しても死後の無説が補強されていくだけとしか思えない
死後の無説を覆せる説があるのなら喜んで知りたいくらいだ

320優しい名無しさん2021/04/30(金) 19:48:01.80ID:dw39dRsP
死が無だという文字を見るだけで動機が収まらなくなる
俺みたいな奴もある事を覚えておいてくれ
それが事実だとしてもな
そういう事を書くだけで襟首掴んでぶん殴りたくなる

321優しい名無しさん2021/04/30(金) 20:21:02.27ID:hlrBvuLb
科学ガイジに何を言っても無駄
オカルトは信じないが科学も信用してない
未来の人間が今の科学しか信じず死ぬ死ぬ言ってる書きこみのログ見たら大笑いするだろうさ

322優しい名無しさん2021/04/30(金) 23:47:17.39ID:41HjKvXX
死んだら無

323優しい名無しさん2021/05/01(土) 00:19:53.35ID:EmToboIS
無だと思っている人間も、思っていない人間も、思考を停止するな!
これは>>315の分からないと言っている人間も同じだ
どんな結論であれ、どんな感情であれ、そうに違いないと思いこんで
思考が固定化した時点で終わりだ、それ以上の精神的成長は望めない
残りの長い人生30年も40年も50年も一生絶望の中で生きるつもりか?

俺が書いた前スレの過去ログを貼っておく
608 自分:優しい名無しさん[sage] 投稿日:2020/10/14(水) 23:06:30.12 ID:5MXfiTUJ
思考停止している奴が多すぎるんだよ
無だと分かったらもうそこで結論付けて
そこで諦めてそれ以上思考を広げようとしない
これは普通の健常者でもタナト患者でも特に多い

最も恐ろしく何よりも絶望的な事なのに何故諦める?
何故思考を一番最悪に結論付けた所で止めてしまうんだ?
無がどういう概念なのかも理解していない癖に
死んだら無だけどどうにもならないから諦めろってか?
俺は絶対に嫌だね、死の先が無だとしても
その無に対する希望的観測の思考をやめない

そういう意味においては俺は>>607のように
無の永遠さを疑う人や>>560のリンク先のように
無の先の検証や思考実験を怠らない人を心から尊敬する
生きている内から心を死なせないでほしい、それこそが虚無だと俺は思う

324優しい名無しさん2021/05/01(土) 00:24:45.10ID:EmToboIS
で、これが前スレ560に載っていた検証
>>319の心の救いになるかもしれないから読んでみてほしい

「タナトフォビアの4つの検証」
https://note.com/aabc57524/n/nf81c6ada2abc

325優しい名無しさん2021/05/01(土) 01:30:40.01ID:E4/WP7Ak
考えるのを止めるなというのには同意。
死後の無に気付いているのに考えないようにしいる一般人も、
死後の無に怖気づいて立ち止まってしまったタナトフォビアも、
考えるのを止めて諦めて流されてしまっているという意味では同じだ。
考えた末に死後の無に辿り着いたのに、考えるのを放棄してどうするのか。
そこからさらに考えろ。考えるのを止めたら人は猿と同じだ。

326優しい名無しさん2021/05/01(土) 06:55:48.52ID:QiooJwBT
>>324
「意識とは脳に依存しないで記憶を持ったまま存在できる可能性がある」から、死後の意識の保ち方を探求しようという意見だと思うが
意識というものに対する見解が浅いように思う

現在の科学の主流は随伴現象説であり、多様な情報を脳の各部分のサブルーチン・回路が受け取り,
意識はそれを統合する際にたまたま生まれている現象と言われている
脳機能の局在からすると,そうした各回路自体は意識を持たないゾンビシステムであり、
それを統合する際に,自己の活動を客観視する「意識」が生まれるという考えなのだ
つまり全意識の大部分は無意識にあり、意識は後付けの情報の統合役に過ぎないというわけだ

また、多重人格者や統合失調症を見ても分かるように、「私」という意識も意識の一部に過ぎない
だから死後の意識の永続のみを追及する考えは的外れのように思える
釈迦のように、自我へのこだわりを捨てよと言う方がまだタナトには的を射ているのではないか

327優しい名無しさん2021/05/01(土) 07:01:34.61ID:/Sx0+CI+
>>322
その無の時間が無限

328優しい名無しさん2021/05/01(土) 12:11:36.24ID:lX12Gaes
みんな最初は足掻こうとするんだよな
だけど調べて知識が深まれば深まるほど、
死がどうしようもなくて逃げようがないと解り
肉体より先に心が死ぬ

自分達より遥かに頭が良い医者や科学者や哲学者が
大勢で立ち向かっても未だに解決していないのが死という問題
一般人として過ごせる唯一の解決策が死を意識せず
考えないようにして暮らすなどという現実逃避しかない

329優しい名無しさん2021/05/01(土) 12:38:33.49ID:uPXZyt2J
>>326
>自我へのこだわりを捨てよ
自我に自分はこだわってる・・
以前持病が悪化した時、死が間近にある感じで
足掻きながら、なんとか自我を捨てる時が来るのを
覚悟しようとした・・
生きる上で、自分の考えや譲れないところや楽しみに感じる情緒や思考は
必要不可欠に感じて、それを死の時に
どうやって手放せるかと今もガクブルしてる・・

死後は自我をもっていけないのなら
人生での悩み事悩んでるとき、自我を少しずつ手放そうとも思うんだが
悩みの思考をとめるのも、できる時とできない時があるなあ・・
釈迦はすごいな 釈迦のことを思い出させてくれてありがとう

330優しい名無しさん2021/05/01(土) 23:12:50.59ID:5CFTjGl0
にゃんぱすー!!

331優しい名無しさん2021/05/01(土) 23:13:24.93ID:5CFTjGl0
まあ雑駁に言ってキミたちは悩むことが趣味なん

332優しい名無しさん2021/05/01(土) 23:16:03.06ID:5CFTjGl0
まあ雑駁に言ってうちは山三つ越える散歩とハードダンシングとクッキングと侘茶が趣味だから悩む暇がないん


まあ雑駁に言って空中回転をマスターすることに励めば死を気にすることはなくなると思われるん

333優しい名無しさん2021/05/01(土) 23:19:18.34ID:5CFTjGl0
そしてさらに言えば今日はじめてサラダチキンを作ってみました


意外と面白いのでキミたちもyoutubeで作り方を見るといいん


ヒトは想像できることしかできないというヒトがいるがうちとしては行き当たりばったりでできてしまうことのほうが多いと思ってるん


まあ雑駁に言ってカラダ動かせ!!


今日も善行を施したん!!


まあ雑駁に言って触れるものすべてを黄金に変える能力とやりたいことやってることは同じなん                                                              バイバイなん!!

334優しい名無しさん2021/05/02(日) 21:56:59.70ID:PDR0jAev
まぁー死とか死に関する恐怖に対しての大部分の人間の想像力のなさ、他人事にびっくりするよ
最期を看取る総合病院ですら精神科がないところが沢山ある
薬で恐怖を制御できるわけでもないが、出来うる最小限の対応も想定されていない

それと死に関する恐怖を語ることが極端に忌避される世の中
寿命をまもなく迎える老人だって死が近づけば恐怖心は抱くハズなのに
それについて何か医療的な対応が論議されることもほとんどない

何なの?このいい加減な社会

335優しい名無しさん2021/05/05(水) 01:13:30.25ID:BPP7XfKj
街を歩いてる人は普段から死を考えるもんなのだろうか
毎日考える自分の方が変なのかな
自分からしたら必ず訪れる死について考えないのが信じられないな

336優しい名無しさん2021/05/05(水) 10:03:52.80ID:m3NUaOeE
よく一般人が死が怖いのは小学生までで年を取れば怖くなくなると言うが自分の感覚では正反対だ
年を取れば取るほど寿命による死が近づき、体は老いて病死する確率も上がり、年上の世代はどんどん死んでいくから次は自分の番だと知らされる
子供は単純に若いので死がまだ遠く、一般的に健康な体を持ち、それでいて知識や人生経験は無いからオカルトに夢を見たり出来るし、全能感があるから自分が死ぬ想像など滅多にしない
大人になったら何らかの不思議な体験でもしない限り霊やあの世を信じる事など出来ないし、自分が特別な存在ではないと知ってるから車が来たり川で溺れたり山から滑落したり機械に挟まれれば奇跡なんて起こらず簡単に事故死すると分かる
知り合いだって増えていくから自然と死に別れる知人の数も増えていく、子供は最近会わなくなった人に対して今はどこかで元気に生きてるんだろうなと考えるが、大人だと倒産した会社の経営者や閉店した店の店主や突然取り壊されている家の家主と音信不通になると少なからずその人の死を想像する
年を取れば取るほど死を中心に物事を考えるようになるのが自然だと思うのだが、どうやら一般人はそうではないらしい
自分は大人になってからあらゆる出来事に対して死を想像したり、死と結びつけて怖がる生き方をしてしまっている
時間の経過と共に死が近づく以上、解決策はこれからも見つかりそうにない

337優しい名無しさん2021/05/05(水) 23:40:41.97ID:5hwsd1Gw
>>336
>よく一般人が死が怖いのは小学生までで年を取れば怖くなくなると言うが自分の感覚では正反対だ

タナト症状バリバリの時に色んな関連記事を読み漁ったが、その時に老人の死生観に関する論文?か
きちんとした機関が取ったアンケートだっけかな?を見つけた
それによると老人は概して死の訪れを怖くないと思っているという結果が出てる

ま、もちろん自分はこの結果には懐疑的で当の老人たちも「そりゃいつかは死ぬわな」とか
まだ死が「想像」のレベルだからだと思う

これはニコニコしながら将来のガンや病気を考えながら、医療保険を販売店でチョイスする感覚に似ていると思う
つまり「色々怖いことは想像しているしわかってはいるが」、「まだ(死なない、先の話)」なのだろう

我々は「まだ」のクッションがなく、死に対する感覚が「絶対」「確実」「すぐ」だからなのだろう
その思考の違いがどうして生じるのかはわからないが

338優しい名無しさん2021/05/06(木) 00:02:56.65ID:kpg77u3h
タナラーって死が最大の恐怖なのにWALKING DEADみたいなゾンビが有無も言わせず一撃でビシバシ殺されるような作品を好んで見る傾向がある矛盾

339優しい名無しさん2021/05/06(木) 00:43:51.82ID:oZxJ8zNk
仕事始まるのと重なって精神的に最悪だな。
申し訳ないけど幽霊見える人が羨ましい。幽霊に意識があるのかはわからないけど、まだ人生に次のステージが有るかもしれないって希望を持てそう。見える辛さも有るかもしれないけどね。

340優しい名無しさん2021/05/06(木) 09:32:54.42ID:iSpuvEtz
>>337
究極的には普通の人とタナトの違いなんて
死を意識するのが早いか遅いか程度なのかもね
死が本当に目前に迫ってきた時の狼狽はタナトも一般人も変わらないと思うし

>>339
子供の頃は幽霊が本当に怖くて
幽霊なんてこの世にいなくていい!と心より願っていたのに
今じゃ完全に真逆だよ…まさか幽霊がいる事よりいない方が遥かに怖ろしいとはね
今でも幽霊が目の前に現れてほしいと心より願っているし
幽霊に憑り殺されるのならそれも構わないと思っている
少なくとも幽霊を見ながら死ねるのなら霊の存在や
死後に意識が残るのを確信しながら死ねる訳だからね…希望を持って死ねる

341優しい名無しさん2021/05/06(木) 12:55:12.08ID:eyZNeItB
このスレ、長文が多いから疲れる

342優しい名無しさん2021/05/06(木) 15:04:19.99ID:a8YXpzPa
自分は全く疲れない
自分も長文書くし、他の人の長文も全部読んでる
どんなに簡潔にしても短文じゃ伝えられない事もあるし
恐怖を紛らわす為に敢えて自分の心境や悩み、絶望を
文章化する人の気持ちも解るから長文でも受け入れるしね

343優しい名無しさん2021/05/06(木) 18:58:51.54ID:QwA41yKZ
>>340
>狼狽はタナトも一般人も変わらないと思うし
全くその通りだと感じている

有名な何人も看取り経験したホスピスの先生やガン専門医でも
家族が死に直面したり、自分が診断を受けると狼狽する状況になるのを色々見聞きしている
ホスピス医やガン専門医ですら「自分の死はまだ先」と思いながら仕事をしているのさ

自分が末期がんになったらタナトを患っている先生に見てもらいたいぐらい

344優しい名無しさん2021/05/07(金) 05:58:01.06ID:d4NWeGQi
死恐怖症って家族とか友人に相談したら移ったりするのかな?

345優しい名無しさん2021/05/07(金) 12:07:29.52ID:vbw6CDOJ
生まれる前も無だったんだよ
それ考えると死と比例する気がする

346優しい名無しさん2021/05/07(金) 20:52:08.46ID:DNwbW42J
>>344
自分は他人に相談は出来ないな
せっかく死の恐怖を忘れている、あるいは深入りせずに良いバランスで平和に生きてる人達に、それを気づかせたり目覚めさせるかも知れないキッカケを与えたくない
家族や友達は自分の様に死を怖がる事なくそのまま平穏に笑って生きて亡くなってほしい

347優しい名無しさん2021/05/07(金) 22:38:05.95ID:JCZthDlC
>>346
だからこういうネットじゃなくて現実世界で霊やオカルトの話をしている時に
面と向かって平気な顔で死んだら無だよと言う奴がいると凄まじい嫌悪感が湧く
死んだら無だと思っている自分ですら、そう思っているからこそ言いたくないし人に言わないのに
こいつはどこまで気遣いや優しさが無い奴なんだ?と軽蔑する
逆にそいつが死ぬ瞬間にもうすぐ無になるけどどんな気持ち?って言ってやりたくなる

それと>>161の人が言っているけどもしそれを家族に相談して
家族が同じく死んだら無だと思っているタイプだと知ってしまうのが嫌というか、
例えそうだと分かっていたとしてもそれを本人の口から聞きたくない、認めたくないって気持ちもある
自分が無神論者なのはいいけど親兄弟が無神論者なのは許さないって
凄まじく身勝手な事を言ってるのは分かってるんだけどね

348優しい名無しさん2021/05/08(土) 17:21:13.89ID:l2pFmza3
死恐怖症になって思うことはもっとみんな転生とか天国とかがあるって信じてる世の中の方が幸せに生きられそうだと思う
救いがなさすぎる

349優しい名無しさん2021/05/08(土) 20:54:41.23ID:/vBLAejk
科学はこの数十年で指数関数的な勢いで進歩しているのに
医学は不老不死どころか、未だに癌やエイズすら治せないし
肝心の死を回避する研究は実用化の目途が立っていない上に
宗教や倫理等の邪魔者が死を遠ざける研究の妨害をしている

これ、とんでもない事だと思うよ
最早科学と医学の進化によって死の先に救いが無い事は明らかなのに
国も企業も本気でそれを解決しようと思っていないし打破する気もない
現に良い薬や凄い研究が出てもやれ利権だの大手企業の妨害だのが入って潰されてる

全ての病気や死に近づく原因を根絶し、
不老とはいかずとも一年でも一ヶ月でも一日でも一秒でも寿命を長く伸ばす為に
研究を続け、金も人も惜しまず投入する事こそが企業の、国家の、全人類の義務ではないか?

少しでも長く生きていたいと願う生存欲以上に強い欲望など有り得ないのに
権力者はみんな自分が生きている短い間の利権とか快楽にしがみ付いて、
全人類の寿命を伸ばそうとする研究や努力になど興味を示さない
全ての国家が強権を発動して寿命を延ばす医学研究に国家予算を全振りしていたら
とうの昔に人類の平均寿命は今より20〜30年は伸びていたはずだ

350優しい名無しさん2021/05/08(土) 23:37:21.88ID:C0P4ULvx
>>349
前段まで同意だったんだが、後段には賛同しかねる
タナト的に言えば、寿命を少しばかり伸ばしてどうなる?
一般的に言えば、寿命を延ばせても健康寿命を延ばすことは極めて難しい
(最期に近づくにつれ、無茶な延命医療で苦しまされる)

タナトにとっては「死」なんて大したことではないと思える状況(医療)が必要だよ
重い病気になったら手続きですぐ安楽死できる制度とか、
麻酔投薬で何の痛みもなくすぐ安楽死できる医療とか
それらが実現出来れば少しは「死が近づいてきた時に死について考えよう」と先延ばしは出来る
あとは自分の中で死の概念が、「無」や「無限有限」や「輪廻転生」でなく
「(砂漠の砂が風で吹き飛ばされるように)消える」になればほぼタナトが克服出来たと思えると思う
ま、消えることが怖い人にとっては当てはまらないが、自分はほぼ痛みと無限恐怖だけなので

つまり「死ぬのってどういうことなんだろう、死の先は?」とか考える時間を医療技術によって最短にする
タナトでない人が幸せなのは「死のことを考える時間」が俺らに比べて短いから
例えば普通は、死をリアルに考えるのは重大な病気の宣告を受けてからとか、本当に高齢になって仕方ない年齢に近づいて来たらとかね
(すぐに死ねない難病とか、なかなか寛解しないガンの例とかは確かにあるけど)

現在のタナトの解消法は「死を意識せず、毎日を生きることに徹する」だけど、
これを制度や医療によって担保されれば相当に改善する

351優しい名無しさん2021/05/09(日) 09:17:34.17ID:LQ7QfE0v
死は生物の進化によって獲得されたものとされている
個としての生に意味は無く、種としての存続に意味がある
そのための種の多様性を担保することが死の目的

問題は意識というものが進化の過程で肥大化しすぎた事だ
肥大化した意識が自我の永続性を望むようになった
これは一種のバグのようなものだ
つまりタナトとはバグなのだ、本来個としての生物は死んで当然なのだ

352優しい名無しさん2021/05/10(月) 02:21:01.08ID:rxxZTtib
死にたくねぇな…
こんな思いするなら生まれなきゃよかった

353優しい名無しさん2021/05/10(月) 12:22:43.77ID:gFuYU03L
めちゃくちゃ怖いな

354優しい名無しさん2021/05/10(月) 16:19:48.90ID:Xr6LDk7v
>>351
人類の脳が巨大化し知能が発達しすぎてしまったのも不幸なバグであろう
人類は知らなくても良い知識を知りすぎて、
理解できなくて構わない事象を理解できすぎて、
作る必要のない概念を脳内で作りすぎた

その結果が宇宙全てに意味の無いこの世に絶望し、
神や霊を勝手に脳内で作って無いと解ったら恐怖に怯え
生きるのも面倒だが死ぬのも嫌というタナトかつ、無気力な人間の誕生だ

死の恐怖や虚無感を知らずに生きるなら、人類は進化するべきではなかった
何も知らない類人猿のまま進化せずに絶滅すべきだったのだ
何が万物の霊長か?生物の頂点に立つ代償が高度な知能による死の理解と
無に戻る確信だというのなら、私は低脳な猿のままでいたかった…

355優しい名無しさん2021/05/10(月) 22:50:29.81ID:zQaXHRF7
人間の差異はちょっと複雑なパズル程度の誤差しかないから大体みんな死んでも変わりはいるから大丈夫
で自分と呼べるものをものをちゃんと残せる感じでデータ化しとけば埋もれてしまってもちょっとは残んじゃないかな

356優しい名無しさん2021/05/10(月) 23:20:56.56ID:bqfZfMiB
人は自分のストーリーを変えられると思っている
一生懸命、次の瞬間に色々な方法を試して
どうにかしようと足掻く
でも、コントロールがあると確信している存在自体がストーリー
「わたし(自我)」は夢のキャラクターと同じくらい、不確かなもの
実は、誰も生まれてないし、誰も死なない
誰も何もしてないし、どこにも向かってない
ぜんぶ、起きていて、同時に何も起きていない

357優しい名無しさん2021/05/10(月) 23:45:55.50ID:/T5l4b0N
記憶も容姿も何もかも全てを再現した自分を
自由に生み出すことができたとしても
そいつはこの自分ではないんだよな

358優しい名無しさん2021/05/11(火) 21:22:03.09ID:IuD6cgki
4月から工場に就職して働いてたけど、機械に巻き込まれて死ぬのが怖くて、先日とうとう辞めてしまった。
ハロワに行ってもドライバー、工事、ビル清掃など、死亡率高そうな仕事ばかりで怖くて応募出来ない。
皆はどんな仕事してる?

359優しい名無しさん2021/05/11(火) 21:53:59.59ID:yZQXwYOS
働いてない
生活保護

360優しい名無しさん2021/05/11(火) 23:25:04.83ID:IuD6cgki
やはりタナトになると普通に働く事も難しくなるのですね。
本気で今悩んでて苦しい。生きるのが辛い。しかしそれ以上に死ぬのは怖い、死にたくない。
最近は夜道を歩くのも無理になった、暗闇を見ると怖くなり動悸が激しくなる。
もっと怖いのは火。火を見ると火葬を連想してしまって、吐き気と涙が止まらなくなる。比較的安全だと思われたパン工場の短期バイトに採用されたのに、パンを焼く行程があまりに怖くて数日で辞めて、迷惑を掛けてしまった。
もうどうすればいいのか分からない。普通の人ならここで自殺を選択するのだろうが、それだけは絶対に嫌だ。
まずタナトを改善しようと思い、藁にも縋る思いでオカルトサイトを幾つか見たけど、オカルトを否定したり馬鹿にするネタとコメントばかりで逆に悪化。YouTubeのスピ系動画などにもやはりコメント欄には罵詈雑言。
彼らは怖くないのか?何故笑って死や火葬の話が出来るのか、霊や天国を全否定して正気を保てるのか。羨ましさより恐ろしさを感じる。俺は否定した先にある恐怖ともうこれ以上向き合えないよ。
いっそのこと生まれた時から宗教とかに染まって育てられて、洗脳されたかった。本当に死の恐怖が無くなるならそれは素晴らしい事で、どれだけ金を持っていかれようと構わないとすら思える。
しかし今の時代では後天的に酔いたくても酔えないな。

361優しい名無しさん2021/05/13(木) 22:50:35.10ID:LNBEvDc+
亡くなった人は今の社会や変わっていく街を見る事ができなくて
自分も亡くなればその先に俺がいなくて変わっていく社会も街も人も見れなくなる
すごい哀しい

362優しい名無しさん2021/05/13(木) 23:41:44.84ID:RMoBvVEJ
>>361
昔まだ今みたいにスマホや携帯が一般的じゃなかった時代、好きなコの家に電話かけてまず最初に親が電話口に出る緊張感、それから娘にかわってもらうワクワク感とか
ラインとか今じゃサクっと繋がれる時代とどっちが幸せとか測れなくね?
今Amazonプライムで4kの大型50型のBRAVIAでFire TV Stickのリモコンでサクっとヒット映画を酒飲みながら見てるけど(ちなみに遊星からの物体Xのリメイク版)
小学生の頃テレビのゴールデン洋画劇場で初めてジョン・カーペンターの初代「遊星からの物体X」見て次の日クラスの映画好きとヤバさを語り合ったワクワク感とだったら小学生の頃のワクワク感のほが勝るなぁ

363優しい名無しさん2021/05/13(木) 23:48:49.72ID:Fdinep8n
自分が死んだ後の社会を想像することの恐怖は
SF系の映画やアニメスレにもたまにある
ま、そこにおまえらはいないんだけどな!って
不意にタナト的空気になって白けるやつw

確かに100年後、200年後の社会の発展は人並みに気になるし
そこに自分が全く関われない現実は哀しいけれども
しかしそれなら終末系SFのように人類の歴史の終わりや
宇宙の消滅の可能性まで考えると一番の恐怖ではない気がする
やはり恐怖は宇宙から永遠に消滅することの意味不明さかな

364優しい名無しさん2021/05/14(金) 02:50:59.92ID:QtzUvEtH
昔の人と今現在の人では未来への想像力に遥かな違いがあるからね
弥生時代の人に電球や電話を想像するのは不可能だし、 
江戸時代の人に車や飛行機やパソコンをイメージはできなかったし
大正や昭和一桁時代の人だって
スマホやドローンを若い頃に想像なんてできなかった

でも現在に産まれ生きている人達には、
先人の残した科学・医学だけでなく
小説・映画・漫画・アニメ・ゲームと
あらゆる娯楽で色んな人達が残した創作により
数多の一般人にも未来に作られる製品や娯楽が想像できるようになった

これは特にインターネットの普及により
個人単位での想像や夢も世界中で共有できるようになった事が大きい
未来の技術やできる事の想像力の強さは後の時代に生まれれば生まれるほど高くなる

365優しい名無しさん2021/05/14(金) 03:09:09.23ID:QtzUvEtH
でも、この想像できるようになったというのが辛いんだけどね…
他の人が散々言っているように最初から想像なんてできなければ、
思いつかなければその理想の未来に自分はいないなんてショックは受けずに済むし
癌になった人が癌がもうすぐ完治する時代が来る!なんてニュースを見て
未来の医学を受ける事が出来ないまま死ぬ我が身を呪う事もなかったのだから…

むしろ中途半端に科学が進んでいる現在に生まれて、
他の国より殺される可能性が少ないし
医療による延命処置や平均寿命も最高レベルに恵まれた
この日本という国に生まれてしまったからこそ
タナトフォビアにとっては、逆に不幸なのかもしれない

未来の想像や期待はできるが、それまで生きれず
癌やエイズや不治の病を特定は出来るが、完治は出来ず
神や霊やあの世を否定は出来るが、救いは与えられず
死後の無は解ったが、それを回避や解決は出来ず…
過去より遥かに幸福だが、死の本質に対しては一番中途半端で最も絶望的な時代

これじゃ昔の時代に生まれていた方がマシだったのではないか?
少なくとも宗教が否定されていない時代なら、タナトになる事はなかったはずだ

366優しい名無しさん2021/05/14(金) 20:55:16.37ID:pDyeAO+A
>>362
タナトが激烈に強い時期は、昔の映画とか怖くて怖くて見られなかった

出演している俳優女優はもうこの世に居ないか、存命でもボロボロの超高齢だったり
自分は無限恐怖が強いけど、それ以外に人の一生の無常に対して激しく悲しくむなしくなる感情を持っている

生れたら父母祖父母に囲まれ温かいまなざしを向けられて育てられ、
学校生活や受験で悩み、
社会人になって苦しい時も楽しい時も
子供が生まれ自分がされたように喜びに涙し、
泣き笑いの子育てをし
あっという間に子供は独立
落ち着いたかと思えば祖父母の死、親の介護が始まり
ずーっとずーっと先だと思っていた定年をあっという間に迎え
苦しい介護生活が終わったと思ったら、ついに自分に重い病気が見つかり余命宣告

もう、人生なんてあっという間
全てが霧のように消えて行く、苦しい記憶も楽しかった記憶も全て
ああ無常!

367優しい名無しさん2021/05/14(金) 23:01:09.00ID:OZjO0y0L
早く人生なんて終わりにした方が良いと思う
人生は苦痛の連続なので死はむしろ望ましく喜ばしいことであって、悲しみではない
それでも死は苦しみを伴う、なので最初から産まれないのが一番良い

368優しい名無しさん2021/05/14(金) 23:13:22.47ID:AusWbrjB
久々に本屋に行って何冊か読んだら幾らか落ち着いた
外出はコロナ感染の危険性こそあれど、癒しや励ましの言葉を一人でゆっくり探したいなら本屋へ行くに限るな
ネットは情報の豊富さと便利さでは敵無しだが、あまりにも悪意のある雑音が多いので何気ない場所でのたった一言が心に致命傷を与えかねない
昔はそんな事無かったんだが、気づいたら他人の心の拠り所を破壊して喜んだり、怖がる人間を見下して悦に浸る層が蔓延している

本屋ではそういう悪意に遭遇する心配が無いので安心して自分に向いた本を探せる
救いを求めるなら著者が知識人揃いで研究や調査がきちんと行われていて、疑り深い人間を心変わりさせる可能性がある新書の棚に置かれた本が最適だ
この中から自分の心に強く響き、明るく前向きな気持ちにさせてくれた商品だけを購入して生涯の家宝とする
ただしネットでその本の評判を調べてはいけない、例え少数の批判でも一度目にすれば心に負の感情が蓄積されて、一時は聖書に思えたその本が一転して価値が下がって見えてしまう

タナトはとにかく神経過敏で死にまつわる事、死を連想するもの、無などの単語を見聞きすると恐怖を感じてしまい日常生活が狂ってしまう気質だ
希望を見つけては何らかの要因で絶望し、また新たな希望を見つけては再び些細な事で絶望する日々を繰り返すのがタナトの宿命なのだろう
絶望を完全に取り除くのが不可能ならその時間を一秒でも少なくして生きる為に、嫌な気持ちを感じたら翌日に近所のショッピングモール内の書店へエスケープする人生を歩もうかなと今日思った

369優しい名無しさん2021/05/15(土) 01:39:29.73ID:Zdpcwy8L
あと10年くらいで不死の時代が来るかもらしいが期待していいんだろうか
https://news.nicovideo.jp/watch/nw6747227

370優しい名無しさん2021/05/15(土) 10:56:46.58ID:lbl5Jw+m
>>369
コロナレベルでこれだけあたふたしてるのに不死とかまだまだオカルトニュースレベルだろ
仮に10~20年後に不死の研究が成功しても人類はまだ惑星間移動で火星に行くのも難しいし時間もコストもかかる
さらに火星に住めるようなコロニーを建設するのは遙かに先だから
それより先に不死が実現したら今でさえ人口問題とか食料問題とかかかえてるから新生児産んじゃいけないみたいな法律になるぞw
沖縄の小さい孤島とかだと島民数百人くらいで島民は全員顔見知りだったりするらしいが
不死が実現して新生児産むのも禁止なら何れ地球人みんな顔見知りになるな

371優しい名無しさん2021/05/15(土) 15:32:35.20ID:VsbAejGH
死は生物学的に言うと必要不可欠な戦略だよ
DNAは活性酸素や食物のなかの発ガン性物質などのストレスによりキズつき、
このキズが時問とともに蓄積されてゆく
生殖細胞がキズを負うと、それは子孫に引き継がれるから、
これを安全に回避するためには、ある時間生きてDNAがキズついた個体は、
そのD NAを個体ごと消去するシステムをつくっておけば良いわけだ
ある程度の期間が経つと死ねるプログラムを書き込んでおけば、遣伝的荷重による種の絶滅を防げるわけだ
だから死は種の生存のために必要不可欠というわけだ

問題なのは脳が肥大化しすぎて遺伝子に反逆していることだ
意識が永遠に続くという目的と手段が逆転した欲望を持つようになってしまった
これこそがタナトの問題であって、死は固体生物に必要なことだと悟ることが重要だ

372鬱病のガンマ線 ◆voVHiqTWVM 2021/05/15(土) 20:53:28.00ID:UOjcCy+x
今日も死後の世界を考えてブルッとなった

死んだらどうなるか?

通常の科学観を採用すれば、自分は無になって永遠に無の状態が続く
(正確に言えば、原子や分子の配列の変化による原理的な復活可能性を残しながら無が続く)

そしてその世界はずっと続く
全てが終わっても続く
ガチでヤバすぎて頭が壊れる…

373鬱病のガンマ線 ◆voVHiqTWVM 2021/05/15(土) 20:57:01.61ID:JDSg6uCF
これは死恐怖症というより永遠恐怖症という方が近いんだろうか

「無の永続が怖い」と書いてるが結局は(自分の場合は)「有の永続」でも怖いわけだし、死に固有の問題ではない気がしてきた

374優しい名無しさん2021/05/15(土) 23:30:07.50ID:qYtfPsQf
>>373
自分と同じ

死そのものが怖いわけでなく「永遠に終わりなく死に続けること」が怖い
仮に魂が残るとして「永遠に終わりなく魂が存在し続けること」が怖い
つまり無限恐怖症

375優しい名無しさん2021/05/15(土) 23:53:12.92ID:1wBNU/pm
それって要するに五感のほとんどが奪われた状態じゃろ?
ジョニーは戦場へ行った的な

376優しい名無しさん2021/05/16(日) 00:40:57.57ID:LkO8cQlF
あの映画のジョニーですら、
何も見えず聴こえず匂いも味も分からないが
暗闇の世界で「生きている」という感覚だけは残ってるからなあ。
実際失明した事ないから見えない=黒い暗闇かどうかは解らないけど。

>>167が言っているが
正確には無恐怖症か消滅恐怖症と言うのが正しい。
死ぬ事自体は過程でしかない。消える事が恐ろしいのだ。

377鬱病のガンマ線 ◆voVHiqTWVM 2021/05/16(日) 01:42:01.92ID:3gOeinzt
他者の恐怖を否定したいわけじゃないけど、少なくともわいが持ってる(>>373で語った)恐怖に関しては、>>167とは違うと思う

無への恐怖と無限への恐怖は分けて考えた方が良さそうや

>>376のレスが直前に対するレスではなくタナトフォビア一般に関するレスとして書いてるなら大体はそうだと思うけど)

378優しい名無しさん2021/05/16(日) 03:10:41.52ID:xMAFnxK9
心配するな、宇宙消滅と共に時間はなくなるぞ
だから無限も糞もない、真の無になるだけや

379優しい名無しさん2021/05/16(日) 05:51:29.78ID:noQlBxFe
科学的に考えるなら宇宙は一つではなく、泡の様に生まれて無数に存在するというのが現代の定説だから、少なくとも世界そのものは消えて無になる事はないよ。
荒唐無稽に聞こえるがこれは決してオカルトではなく、多元宇宙論という真面目な物理学
無神論者のホーキング博士ですら多元宇宙論を思い付き、実証しようと晩年に論文を書いていた。

380優しい名無しさん2021/05/16(日) 07:01:58.21ID:xMAFnxK9
>>379
それは知ってる、一説には超ひも理論の解の数から10の500乗個あるとも言われてるね
でも生物の生まれる物理定数の宇宙はこの宇宙以外限りなくゼロとも言われてる
観測者のいない宇宙は存在しないに等しい

381優しい名無しさん2021/05/16(日) 11:09:23.19ID:ewUOsFhp
宇宙を認識する人がいなくなった時点で世界は消滅するでしょ

382優しい名無しさん2021/05/16(日) 19:01:50.89ID:39bb5wBy
これだけコロナが世界中に蔓延して、
物凄く怯えている自分や消毒や清潔に気を使っている自分がいるが
それとは別に恐ろしく達観しているというか、
全てに投げやりでどうでも良くなっている自分がいる。

例えば政治の事とか、現実でもネット上でもやれ〇〇が悪いとか××党は潰れろとか
あちこちで文句言ったり喧嘩したりしてるけど、自分なんかは
自分が死んだ後の国の未来なんて考えてどうするの?って思ってしまい
全く誰かを支持しようとか、叩いてやろうとか、良かれにしろ悪しきにしろ全く熱が入らない。

こういうのノンポリって言うらしいけど、自分の場合は政治だけではなく全てに於いてそうだ。
自分が無になっているであろう、50年後以降を見据えた政策や開発全てに興味を持てない。
いや己が寝たきりになっているであろう30年後ぐらいの未来辺りから、もうどうでもよくなっているかも。

だから自分が憎むとしたらそれは政治でも国でもなく、この世をこう作った物理法則だ。
死んだ後に無にならなければ、100年後も1000年後も自分の国を見届け続ける事ができるのなら
自分も真面目に政治に関心を持ち、生き甲斐や遣り甲斐を持ちながら生きていけたのに。
人間が脳髄に魂を縛られるような構造の生命体でなければ、
脳が破壊されても消える事ない意識があれば、自分ももっとより良い人で有り続けられたのに。

何を言おうが客観的に見れば自分は己の不甲斐なさを死に責任転嫁している負け犬だ。
そんな事も自分で解っている。解っているが、それでも無で全てが終わるのは怖いし、悔しい。

383優しい名無しさん2021/05/16(日) 19:13:29.41ID:39bb5wBy
そして>>382を書きながら思った。
全ての人類が自分のように、己が死んだ後の事を考えず
未来を鑑みずに虚無的に、厭世的に、刹那的に生きてゆけば
その先にあるのは間違いなく人類の破滅であり、滅亡だ。

これだけ科学が浸透し人類が合理的思考になっていても、
宗教が未だに無くならない筈だ。無くなる訳がない。
死んだら消えるという正しい事実が地獄でしかないのなら、
死んでも大丈夫という間違った嘘の天国に縋るしか己を奮い立たせる方法はないのだから。

自分は嘘に縋る事ができなかった。事実を事実として受け止める事しか出来なかった。
かといって普通の人達のようにそれを忘れたり気にせずに生きる事もできない。
だから子供の頃から今までずっと、タナトフォビアとして生きながら死んだ人生を送っている。
忘れられる物なら忘れたい。普通の人達が本当に羨ましい…。

384優しい名無しさん2021/05/17(月) 17:06:45.13ID:6AcfPguT
天国が本当にあるなら行ってみたいなぁ
狭き門より入れとはいうが

385優しい名無しさん2021/05/17(月) 22:02:59.88ID:aQau9Wr6
神様、幽霊、天国を信じるのが結局一番効き目あるらしいね
以前読んだ医学書に書いてあった

386優しい名無しさん2021/05/17(月) 22:25:41.28ID:0nbFNvo2
あるといいなぁ
最悪転生とかでもいいから

387優しい名無しさん2021/05/18(火) 00:01:49.45ID:mqOXNUXI
生きててこんなに楽しいのにどうして死なないといけないの

388優しい名無しさん2021/05/18(火) 02:57:55.28ID:3bshYrRl
死にたくないで目が覚める
意識がなくなるのが嫌だ
生きてるのが好きだ

389優しい名無しさん2021/05/18(火) 16:38:19.51ID:CVCP2QvI
全人的苦痛っていうのがあって、

・身体的苦痛
体の痛みや症状、日常生活動作の支障。
・精神的苦痛
不安、いらだち、うつ状態、孤独感、対人関係への支障
・社会的苦痛
仕事、家庭、人間関係、経済的な支障
・霊的苦痛
人生の意味への問い、自責の念、死への恐怖、価値観の変化、死生観に対する悩み

なんだけど、自分は30で10年以上前からタナトなんだけど、恐怖を覚えているのはずっと変わらず霊的苦痛だ
自分の意識がなくなるのが怖い
他の人が死ぬことも怖くて、その人ともういられなくなるのが怖い

390優しい名無しさん2021/05/18(火) 18:02:03.86ID:RIhDKgUI
俺もそうだけどタナトになる人っておそらく自己というか自我が強すぎるんだよな
よくプロ野球やサッカー観戦や音楽のライヴなんかで自己を無くしてファン同志が一体化して(まるで小鳥や小魚が群を作ってひとつの大きな生物にカモフラージュして個体を守ろうとするように)
隣のファンと肩くんで一心同体で熱狂してたりするけど、タナトの人ってああいった共同体的な催眠状態にめったならないだろ?
子供の頃なんかも仲のいい友達と夢中で遊んでいても、その夢中で遊んでいる自分を俯瞰的に認識してる自分が常にどっかにいるみたいな
たぶんそれって自己愛が強烈に強いか、もしくは性格や資質が形成される前に(0~3才くらいの間に)そういう乖離ぽくなる何らかの経験をしたのかもしれないな

391優しい名無しさん2021/05/18(火) 21:21:00.44ID:jHMf8TNe
分かる気がするわ
デ○ズニーランドみたいなところに行っても
客観的に自分をみてる自分がいて1人だけノリきれない

392優しい名無しさん2021/05/18(火) 22:50:34.62ID:26VSqKpU
ディズニーランドは夢の国、死後の世界のメタファーなんだ

393優しい名無しさん2021/05/19(水) 05:36:23.43ID:wE8VHqj3
怖いと感じたらどうすればいいの?何か他のことを考えて気をまぎわらせばいいの?

394優しい名無しさん2021/05/19(水) 19:10:40.11ID:loPZpElV
>>393
今の事だけ考えて先の事は考えず生きる
欲望や執着を捨てて自我を薄める
神様や死後の世界を信じる

このどれかが効果的

395優しい名無しさん2021/05/19(水) 21:15:06.10ID:wE8VHqj3
>>394
ありがとう今のことだけをなるべく考えるようにするよ

396優しい名無しさん2021/05/20(木) 04:17:09.47ID:utQEQpcV
何をしてても死について考えちゃうときあるな
考えても答えなんてないからつらい

397優しい名無しさん2021/05/20(木) 17:23:45.73ID:OuCzlZmC
ホリエモンは死について考える暇を持てないくらいわざとスケジュールを埋めまくって、今にのみ熱中する生き方をして恐怖を忘れる様にしてるらしい

あと誰だか忘れたけど仕事以外の時間に映画、ドラマ、漫画、アニメなどをとにかく見まくって、作品の事で頭をいっぱいにして自分の死について考える余地を無くしてると語ってた芸能人もいた

398優しい名無しさん2021/05/20(木) 19:25:10.26ID:ZDmFSs5a
>>397
それの究極が瞑想なんじゃない?自我は錯覚だって悟るんだから
まあ著名な東大出た頭のキレる僧侶でも解脱は難しかったみたいだが・・

https://samgha.co.jp/blog/%E8%A7%A3%E8%84%B1%E5%A4%B1%E6%95%97%E3%81%A8%E3%81%9D%E3%81%AE%E6%87%BA%E6%82%94%E2%80%95%E2%80%95%E5%B0%8F%E6%B1%A0%E9%BE%8D%E4%B9%8B%E4%BB%8B%E3%81%95%E3%82%93%E3%81%8B%E3%82%89%E3%81%AE%E9%9B%BB/

https://tocana.jp/2019/03/post_90161_entry.html

399優しい名無しさん2021/05/20(木) 20:26:37.28ID:wOTirWr4
こういうのって精神科とか言った方がいいのかな?

400優しい名無しさん2021/05/20(木) 23:29:58.70ID:vo1NP8NI
まぁこればかりは誰でも通る道ですから、適当な点数高いお薬処方しておきますねぇ

401優しい名無しさん2021/05/21(金) 00:10:31.14ID:0ig19pR4
ぶっちゃけこのスレにいる人って転生とかあの世とか信じてる?
信じてる方が生きやすいならもう信じちゃおうかな

402優しい名無しさん2021/05/21(金) 00:23:04.74ID:LoeNIjM4
もし、信じたにもかかわらず実際に無だったら(もはや確かめることはできないけれど)、
とてつもない不条理だと思う。そのことを確かめられないという事実も込みで、「騙された!騙された!」と
叫びたいほどのやるせなさ。

だから、死後の無を見据えた後で、例えば無が永遠に続くという根拠は何か?とか記憶がなくなっても同一の自分と言える根拠はあるか?
とかを考えた方が、なんというか・・・騙された気はしない。うまく言えないけど。

私は、単に安心して死にたいわけではなくて、その安心がどの程度信憑性に足るかのテストを何重にもしないと、誠実でないと思ってしまう。
もし、本当に全ての生命が最終的に永遠の無になることを運命づけられているなら、それは世界の側がいかれていたということであって、世界がはじまってきたのがそもそもの間違いだったと、
心から思うよ。しかし、全く救いがないね・・・生きるって恐ろしいね。

403優しい名無しさん2021/05/21(金) 00:26:55.60ID:LoeNIjM4
もし、信じたにもかかわらず実際に無だったら(もはや確かめることはできないけれど)、
とてつもない不条理だと思う。そのことを確かめられないという事実も込みで、「騙された!騙された!」と
叫びたいほどのやるせなさ。

だから、死後の無を見据えた後で、例えば無が永遠に続くという根拠は何か?とか記憶がなくなっても同一の自分と言える根拠はあるか?
とかを考えた方が、なんというか・・・騙された気はしない。うまく言えないけど。

私は、単に安心して死にたいわけではなくて、その安心がどの程度信憑性に足るかのテストを何重にもしないと、誠実でないと思ってしまう。
もし、本当に全ての生命が最終的に永遠の無になることを運命づけられているなら、それは世界の側がいかれていたということであって、世界がはじまってきたのがそもそもの間違いだったと、
心から思うよ。しかし、全く救いがないね・・・生きるって恐ろしいね。

404優しい名無しさん2021/05/21(金) 10:12:01.53ID:PjAmo2q4
>>399
鬱で心療内科行ったついでにタナトの相談したら抗不安薬だしてもらえたよ
365日意識がある間ずっと死に怯えてたのが嘘のように考える頻度が減った

405マリア ◆znR3Kf472w 2021/05/21(金) 10:17:37.18ID:/gkEa+ti
ベルセルクの三浦先生亡くなったね
人間いつ死ぬかわからないから毎日を悔いなく生きたい
その悔いなく生きるっていうのが難しいんだけどね

406優しい名無しさん2021/05/21(金) 12:30:12.00ID:N2ZsSYXi
>>404
情報ありがとうございます

407優しい名無しさん2021/05/21(金) 14:32:32.16ID:pPK3mLLW
>>404
なるほど、それは良かった

このスレでは恐怖の発生源を「考え方」とした発言も多いけど、
自分は脳の病気である可能性も伝えたい

激烈なタナトが発生した時に精神科の医師に相談したら、鬱と診断されて治るからと言われた
嘘だろ?!鬱とは関係ないじゃんと思ったけど、医師のみたての通り抗うつ剤の
投薬治療が進み、相当期間療養したらほぼ改善された

自分の鬱の症状は特殊でタヒにたいとかやる気が起こらないとか、体が動かないとか
ではなく、中核症状はまさにタナトだった(もしタナトさえ消え去れば外を歩き回れるぐらい)
典型的な症状のない鬱だった

ここからは私見だけど、それなりに生活が出来ているがタナトで怯えている人は
中核症状がタナトである鬱病なのではないかと思う
(通常の鬱のやる気が起きないとか体がだるいとかの症状がほとんどないから、
鬱であることに気づけない)
ただし、精神科に行っても鬱起因のタナトを気づける、知っている医師がどれだけいるのか疑問

408優しい名無しさん2021/05/21(金) 14:35:15.67ID:pPK3mLLW
ちなみに、自分も>>404と同様に1年ぐらい(前医から)安定剤が処方され
それでタナトが抑えられていたけど、その後脳内が決壊するような感じでタナトが激烈に沸き起こった
そして次の医師には鬱病と診断されて、抗うつ剤の投与が始まった
前医には「私は鬱ではないでしょうか?」と何度となく聞いたが(典型的症状はないものの
異常な不安感があったため)、しかし(タナト以外の)典型的な鬱症状が見られなかったので、
単なる恐怖症として診断されていたと思う

【まとめ】
・タナトは鬱病などの脳の病気で引き起こされている可能性もある
・タナトが単なる不安症や恐怖症でなく、鬱病である可能性がある(鬱病の前駆症状の可能性も)
・鬱の典型的な症状がなく、タナトが主症状だと鬱病を見逃される(←重要)
・したがって、精神科に行っても間違った治療が進められることがある
・タナトが抗うつ剤の投与で医療的に治療可能な場合がある
・鬱病起因のタナトを見分けられる医師と出会えるかどうか

409マリア ◆znR3Kf472w 2021/05/21(金) 19:01:27.03ID:7JaoJgjR
私も診療内科で抗不安薬貰ってる
何かこの病気になると毎日生きた心地がしない
生きながら死んでるような感じ

410優しい名無しさん2021/05/21(金) 21:01:05.22ID:dfPD3r/a
誰からも愛されないまま死にたくない

411優しい名無しさん2021/05/21(金) 22:40:40.07ID:LSKISV57
私も抗鬱剤を処方してもらっていますが>>209の方と同じ理由で
その場だけは不安から逃れられても根本的な改善は望めません。

>>209の方が言っているように、薬を飲んで不安が取り除かれる事で
逆にこの世界がどこまでも科学的に出来ているのだと確信するのが怖いのです。
やはり人間は脳有りきで己を保っているちっぽけな存在なのだと自覚するのが、
オカルトなんてないのだなと確信するのが嫌で嫌で仕方がないのです。

412優しい名無しさん2021/05/22(土) 02:41:25.55ID:q9emaDOf
最近寝る瞬間(まさにうとうとして意識が消える瞬間)に急にタナトの恐怖が襲ってくるようになったのですがそういう方います?

昔は布団に入って色々考えてる時に考え過ぎてじわじわ恐怖がくる感じのタナトだったのですが、ここ数年はあまり起きなくなってました

しかししばらく前から意識が消えそうになる時に、それまで何も考えてなかったのに急にゾッ!という感覚とともに死への恐怖が頭いっぱいに広がって起き上がって耐えきれなくなって声を上げる、という事が頻繁に起きるようになりました
本当に毎度毎度意識が落ちる直前に襲ってくるので、脳内で意識が落ちる事をきっかけに恐怖をフラッシュバックさせるような癖?がついてしまったのでしょうか?
コロナ禍で家に籠る事が多くなったのも原因だと思うのですが
こういう自分の考えとは別に決まったタイミングでタナトが襲ってくるようになった事は無かったのでかなり困惑してます

413優しい名無しさん2021/05/22(土) 02:41:41.38ID:82ak4T9m
また恐怖の波がきて眠れない
今寝たら起きられない気がする
死んだと自覚できないのが怖い

414優しい名無しさん2021/05/22(土) 04:50:34.93ID:llp1hcIP
心療内科行ったことないし何話せばいいか分からん

415優しい名無しさん2021/05/22(土) 06:59:55.70ID:QQVSW+nj
色んなことをここで言ってる人がいるけど
死んだら跡形もなく何もなくなるに決まってんじゃん

416優しい名無しさん2021/05/22(土) 20:17:18.07ID:D3qwsWpu
今日友人宅に集まって皆で楽しくピザを作ってたのにオーブンで生地を焼く作業を見た瞬間に火葬をイメージしてしまい怖くなって吐き気と嗚咽が止まらなくなって体調心配されて半泣きで帰った
友人達への申し訳なさと自分の情けなさと火葬の怖さに涙が止まらんわ
こんなこと誰にも相談出来ないし相談しても皆いつか必ず死んで焼かれて灰になるのだから解決なんて出来ないしもうどうしようもない
毎日毎晩泣くしかない

417優しい名無しさん2021/05/23(日) 03:25:06.48ID:oaRu2O1l
タナトフォビアって、発作が起きた時だけが地獄なのではなくて、
発作を起こしていない平常時の気分も憂鬱で最悪なんだよね。
生きているのに生きるのを諦めているというか、
常に無常感と虚無感と厭世感が付きまとっているというか。

死ぬのも消えるのも絶対嫌だしどうしようもなく怖いけど、
今現在の人類の科学力や医学力ではどうにもならないから諦めるしかないし
実際諦めている。そんな感じの感情を一言で言い表すと「諦観」。
これが平常時何を考えている時でもずっと頭の中を駆け巡っている。

人類の不老不死の技術に希望がないし希望的観測もできないから
だから何をしても面白くないし何をやっても楽しめない。
普通の人をこんな事忘れるか意識せず考えないようにしている。だから普通に生きられる。
でもタナトフォビアは少しでもこの疑念が浮かんだら一生それが頭からこびり付いて離れない。
心の底から楽しめず、遊べず、笑えない。そんな心境が一生続くんだ…。

418優しい名無しさん2021/05/23(日) 09:57:24.84ID:HvQy1y3o
>>417
タナトフォビアの病態を四六時中、死を考え、時々発作的な恐怖に襲われると定義するならば私は今寛解している状態だ。

死を目の前にすれば、誰もが死を恐怖する。それがタナトフォビアの場合は死が目の前ではないにもかかわらず、死の恐怖に怯えている。死過敏症というべきだろう。(もしかしたら現代人の脳では常に死の恐怖におびえることが正常で、忘れている人の方が異常、死鈍感症かもしれないが)

だから薬を飲んでその過敏な状態を和らげるか、死の恐怖を上回る何かを見つけるしかない。釈迦を文字通り修行し悟ったし、例えばホリエモンは常に仕事をし続ける事で、死の事を考えなくして済むようにしているらしい。

私の場合は幸せの絶頂であった結婚した当時が一番タナトの症状がひどかった。この愛する妻が何時か死ぬ。もちろん自分も死ぬ。それこそ四六時中死を考え、夜は発作的に飛び起き泣き叫んだ。

私が寛解へ向かったのは、変な話だがひょんなことからソープへ通うことになってから。愛のない快楽だけのセックスが、死の恐怖を上回ったのだ。そうこうしているうちに死の恐怖というのもしょせん脳が生み出した感情で結構いい加減なものだと気づいた。薬ではもちろんのこと、天気やその時の環境によってずいぶん変わってくる。そう考えると気が楽になった。

寛解しているとはいえ、たぶん癌の余命宣告をされたら死の恐怖に慌てふためくだろう。妻や子どもにはあらかじめ、その時は死の恐怖でじたばたするよと言ってある。

419優しい名無しさん2021/05/23(日) 10:09:50.99ID:MLBAVU7k
タナトフォビアにとって結婚てやっぱ辛いことなのか

420優しい名無しさん2021/05/23(日) 10:42:33.29ID:PtZtEdob
子供が出来たらできたで、子供がいくつの時に自分は〜って考えちゃってきついだろうね
でも、働いている間は仲間もいるしいいけど、段々と皆既婚になって人付き合いも悪くなっていく中、定年退職して1人になった時孤独に耐えられるかな
ずっと一人で孤独死するかもしれない、周りは既婚で家族の仲を大事にする中、自分はたった一人で誰とも時間を共有できない
本来なら妻や子、孫がいて、もしかしたらタナト的にも、俺は十分頑張ってきたなとか思い残すことはないなとか、心変わりするかもしれない

421優しい名無しさん2021/05/23(日) 22:18:16.97ID:V+YMOYbI
自分は結婚する気無い
一人暮らしは寂しいけど、死の恐怖に四六時中取り憑かれたこんな暗い人間が家庭を作ったり人の親になってはいけないと感じる
家族を楽しませて笑顔にさせる力や守る力が無い
生まれた子供が成長してやがて自分と同じく死の怖さに気づいた時にどう接してあげたらいいのか全く分からない

422優しい名無しさん2021/05/24(月) 08:26:36.81ID:7wjlLx1e
子供やその子孫に死の恐怖を味わって欲しくないから絶対に作らない

423優しい名無しさん2021/05/26(水) 01:14:10.06ID:ddbrDBpK
ホリエモンや宮崎哲弥や宮台真司なんかはタナト的思考や鬱を経験してるようなのに
同じように頭がそれなりにキレるひろゆきがタナト的思考にならいのが不思議だわ
https://vt.tiktok.com/ZSJaxoCja/

424優しい名無しさん2021/05/26(水) 03:17:25.36ID:s/eoForH
ひろゆきは実用主義かつ快楽主義だからな
考えても無駄なことは考えないタイプ

425優しい名無しさん2021/05/26(水) 05:21:16.67ID:CUUKa9Un
世界中の人がタナトフォビアだったら戦争はなくなりそう

426優しい名無しさん2021/05/26(水) 17:30:23.18ID:YXALIcvP
なぜ100年前でも100年後でもない今に生まれ
自分の兄弟などではなく自分として生まれた理由が最大の謎

427マリンピア日本海 ◆voVHiqTWVM 2021/05/26(水) 20:48:45.16ID:OufE1yxv
>>426
これめっちゃ僕も気になります

428優しい名無しさん2021/05/26(水) 21:41:50.93ID:9eCzHGMl
父親がマンズリこいたタイミング。それだけだがや!

429優しい名無しさん2021/05/26(水) 21:46:30.21ID:2NO2G6Gl
誰であれ、死後が無でもいいじゃん、と言うふうに納得させにかかる人間とは一線を画したいと思う。
もし死が無なら本物の不条理だからね。

たとえ私以外の全ての人間が、「いや、無でもよくねえか・・・?」と言ったとしても、私一人で「違う!違う!」と叫び倒すつもりだ。

430優しい名無しさん2021/05/26(水) 23:41:21.36ID:5xIdSrxZ
今日ホリエモンと渡辺正峰准教授の「機械に意識は宿るのか」っていうZOOM会議見たけど、
ホリエモンは忙しくするのと同時に不老不死ビジネスに自ら関わって行動してるのすごいなぁと感じた。
確かにそういうアプローチもあるのかと考えさせられた

431優しい名無しさん2021/05/27(木) 00:19:06.79ID:95iqiKp8

432優しい名無しさん2021/05/27(木) 02:53:50.24ID:ivDaWLJ3
>>412
全く一緒

433優しい名無しさん2021/05/27(木) 04:42:25.88ID:Vk5INWup
この記事にかなり救われたよ。心の拠り所を科学に持ってもいいのだと。不老不死ビジネス黎明期である現在にはまだまだ途方もないように思えるが、神によってあの世や転生を作れないのであれば人が作るしかないという考え方。そう考えても良いのだと

https://note.com/thanatos_forever/n/n7b77146a5613

434優しい名無しさん2021/05/28(金) 01:22:46.08ID:GH2TRqeO
死ぬまぎわも今と同じように暮らしてるだろうし
老いを感じても若い頃と同じように暮らしてると思うし
そんなふうに今日と同じ感覚のまま死ぬまぎわにたどり着くと思うと怖いな
なんの対策もなく数年後も数十年後も今日と同じ感覚のまま死を宣告されたり
嫌だなまだ死にたくない

435優しい名無しさん2021/05/28(金) 05:33:33.07ID:hoe8WT9x
子どもの頃、少しだけ霊感あったから、あまり死の恐怖はなかった。
でも、魂があっても、生まれ変わりはあっても、記憶がリセットされるのは確実で、
今の自分はなくなってしまう、それはどうしようもない。
あと、『私の人形は良い人形』ってオカルト漫画で、死んで残るのは「念」だけ、
自我みたいなのはなくなるって読んでから死ぬのが怖くなった。

436マリア ◆znR3Kf472w 2021/05/28(金) 17:20:21.90ID:eiBhRt30
>>414
心療内科より精神科の方が良いかもしれない
私の場合は心療内科行ってタナトのこと話してもお薬出しときますねで終わったから
まぁ薬でマシにはなるけど一時的なもの

精神科の方がまだ親身に聞いてくれるかもしれない
まぁ病院によるけど

437優しい名無しさん2021/05/28(金) 17:30:48.77ID:3UXndFVK
>>436
アドバイスありがとうございます
皆さんは臓器提供をどう考えていますか?

438優しい名無しさん2021/05/28(金) 23:37:59.90ID:GH2TRqeO
死ぬまぎわの練習しておくか、まだ死にたくないまだ生きたい
若い人達はいいなあ

439優しい名無しさん2021/05/30(日) 00:52:09.53ID:1kjia6Vo
森田療法

440優しい名無しさん2021/05/31(月) 01:41:23.01ID:QF74iGIw
自殺したいと言ってた人に話を聞いたら死ぬのがだいぶ先だと思って生きてるっぽい
明日死んだらやだなぁって思いながら生きて怯えてる身としては正反対だなぁと思った
でもそっち側だとタナトにならないんだなぁ

441優しい名無しさん2021/05/31(月) 03:41:55.90ID:eHyUUWML
俺は40くらいの年齢だから普通に暮らしてたら明日死ぬとか想像しなくてすむけど
60過ぎたらやっぱり今日死ぬか明日死ぬかと恐怖するのかな

442優しい名無しさん2021/05/31(月) 21:05:01.91ID:LwBOEpfv
55だけど、やはり朝無事に目覚めるとほっとする。

443優しい名無しさん2021/06/01(火) 21:00:05.53ID:J6FtPkqD
なんかの本に人は47歳から死について真剣に考えるようになる傾向があると書いてあった
なぜ47歳なのかは忘れた

444優しい名無しさん2021/06/01(火) 21:03:34.76ID:TwVwfcTI
>>443
そうなのか?
今、50代だが6歳くらいからずっと死を考え続けてきて、最近むしろ考えるのが面倒くさくなってきた。

445優しい名無しさん2021/06/02(水) 05:39:11.78ID:hsWxIjgC
>>444
確かに人が最初に死について考えるのは6歳からと書いてある本が多い
ただ一般人はすぐに考えるのをやめて中年になるまでは真剣に死とは向き合わない
一方タナトは死を知ってからはずっと心が死に支配されるという違いがあるのだろう

446優しい名無しさん2021/06/02(水) 22:36:32.17ID:Fnt3TouS
うちは弟も死恐怖症
育った環境や教育の話にされがちだけど、脳の構造のどこかに問題がある気がしてならない
強迫性障害のように止めどなく確認やこだわりが湧いてくるように

タナトは絶対に訪れる死が対象だから、それとは違うと言われそうだがそうではなく
対象が解決するしないとは関係なく、止めどなく恐怖が湧いてくることが本質なのでは

もちろん誰しも極一部を除いて死期が迫れば恐怖は感じる、ただそれは当たり前なのでここで言われるタナトではない

447優しい名無しさん2021/06/04(金) 01:20:29.88ID:apd2Wggc

448優しい名無しさん2021/06/04(金) 10:50:23.46ID:QeOHsdoQ
昆虫やマウスの脳をハックしてラジコンにする研究がたまに報じられるけど
ゆくゆくは哺乳類など高等生物にも適用する
後は受精卵を弄って大脳欠損の小児を作成できれば無限の労働力を手に入れられる
一見倫理的に著しい問題があるが、そもそも大脳欠損では苦痛を感じる自我は無いので人権も無い、ロボットと同じ
生体ヒューマノイドの方がメカニカルなロボットより「人間の代替」になる
火星やガニメデの開拓には多くの生体ヒューマノイドが働く事になると思う

449優しい名無しさん2021/06/04(金) 14:04:52.16ID:8zP82idL
>>423
>>447
ひろゆきや養老先生の物事に対する観察能力は半端じゃない。この二人を論破するのはほぼ不可能。自分の自我や死ですら客観視出来ている。

死が怖い? それあなたの感想ですよね?

450優しい名無しさん2021/06/04(金) 16:48:53.05ID:xqAyGJHe
>>449ホーキング博士も死を恐れないって言ってるし本当に頭のいい人は死を恐れないのかも……

451優しい名無しさん2021/06/04(金) 19:56:58.84ID:gxh9BFCC
養老孟司は「死ぬ時には意識が消えるのだから死の恐怖など存在しない」という、我々とは考え方が全く異なる典型的なタイプだから本を読んでもあまり参考にならなかったな

452優しい名無しさん2021/06/04(金) 20:45:01.25ID:apd2Wggc
>>451
タナトも生きている今、いつか自我が消滅して無になることが100%確定してることに恐怖しているわけで
死んだ後のことまで恐怖してるわけではないのでは?

453優しい名無しさん2021/06/04(金) 21:01:36.09ID:k6oC2Q+K
>>452
一人称の死は存在しないのだから、考えても仕方がないというスタンスだね。

454優しい名無しさん2021/06/04(金) 21:11:41.82ID:k6oC2Q+K
ちなみにひろゆきは無がずっと続いているって経験したの? だから死の恐怖ってあなたの感想ですよね? っていうスタンス。

455優しい名無しさん2021/06/04(金) 21:22:15.95ID:uiN14iaA

456優しい名無しさん2021/06/04(金) 21:55:39.15ID:gxh9BFCC
>>452
そう
死ねば意識が消えて無になるから死が怖い
だが養老孟司は死ねば意識が消えて無になるのだから死は怖くないと語ってる
「消えるから怖い」と「消えるから怖くない」
思考が根本的に違うのよ

457優しい名無しさん2021/06/05(土) 03:33:20.75ID:u/ucriN/
俺たちはそこから一歩踏み込みすぎて、
無とは何か?無の先に何があるのか?を考えるから頭がおかしくなる

458優しい名無しさん2021/06/05(土) 07:50:07.35ID:14tHlZjW
タナトで怯えてる人や死んだらどうなる?って悩んでる人に
「そんな事を考えるのは中学生まで」みたいな言い方をする人が嫌いです。
人類が100%絶対に回避できない絶望的な問題を、大の大人が真剣に考えて何が悪いのか。
それを呆れたり冷笑嘲笑する人はどのような立場から物を言っているのか。
自分だけは死なないとでも思っているのか?不老不死者にでもなったつもりか?

そして何よりも、まるでそれでは死の問題を忘れるか
何も考えずに思考停止して生きるのがまともな大人だと、
全人類のこの世の正しい生き方だと言われているみたいではないですか。
そんな思考ではこれ以上人類が寿命を延ばし進化する事は出来ない。

正しく死を死と理解し正しく怯え、正しく死に抵抗して
もっと死に抗う研究や医学を突き詰める学者や費用を投資する方々が増えなければ
人類は悟りという名の諦めに達したまま檻から出られなくなる。
(死ぬ事は)どうにもならないんじゃない。どうにかするんだ。

459優しい名無しさん2021/06/05(土) 08:15:55.97ID:d5GrEJYO
スレチぎみでごめんなさい。
ずっと今まで老後の心配ばかりしていました。
何十年も先のことなのに。
老後が心配で自殺も考えました。
(「健康のためなら死んでもいい」くらい本末転倒)
でも、抗不安薬や、その他、いろいろ不安を消す薬を飲んだら、今はとても楽になりました。
毎日をせいいっぱい生きるだけで、そんなに先のことはどうでもいいやという感じです。
ここの人も、合う薬があれば、楽になれるかも。

460優しい名無しさん2021/06/05(土) 13:30:21.45ID:kDPCcFEh
鬱病を現代病だと言う人がいるが
自分はタナトフォビアこそが現代病だと思っている
神や宗教を信じているのが一般的で、
幽霊や輪廻転生が有り得ると皆が思っていた過去の時代には
必然的にタナトフォビアも少なかったはずだ

オカルトを排除し科学と唯物論が思考を支配している現代だからこそ
タナトフォビアが増えるのは当然であり、
タナトフォビアから鬱病を併発する人が現れるのも必然と言える

誰が悪い訳でもない、これも科学の発展の代償であり
現代社会を生きる人類の運命であり業なのだ
恨むとすれば過去でも未来でもなく現在に生まれてしまった己の運と
オカルト要素の存在を許さないこの世の物理法則を恨むしかない…

461優しい名無しさん2021/06/05(土) 16:23:21.70ID:d5GrEJYO
思い出した。
なぜ文学部にすすんだか。
それは、作品を後世に残すという形で、永遠の命が欲しかったから。

462優しい名無しさん2021/06/05(土) 16:33:11.32ID:u/ucriN/
>>458
末期医療や死に対する医療(法も含む)が全く進歩していない
というか、ほとんどの人間はタナトではないから
それらに想像力や興味が全く働かない

ガン告知を受けたり、不治の病になって初めて末期医療の貧弱さに
怒りと絶望を感じ出す

世の中に「何故、貴方も死ぬのにそれがわからないの?!!」といっても
ほぼ誰にも通じない

463優しい名無しさん2021/06/06(日) 05:42:06.71ID:kE45rRb7
“死”の受容への5段階【高齢期に関わる用語集】
老いの工学研究所

世界的なベストセラーとなった「死ぬ瞬間」の著者、エリザベス・キューブラー・ロスが唱えたモデル。死にゆく人の心理の変化を、5段階で捉えた。

1.否認と孤立
自分の命が長くないことに衝撃を受け、その事実を感情的に否認したり、その事実から逃避しようとしている段階。周囲の認識や態度にギャップが生じるため、孤立しがちになる。

2.怒り
死ぬという事実は認識したが、一方で、「ではなぜ、自分がこのような境遇になってしまうのか」といった思いが強く、周囲に反発したり、怒りがこみあげてきたりする。

3.取り引き
死をもう少し先延ばしできないか、あるいは、奇跡が起こって死を回避できないかと考えて、神仏にすがったり、善行を行ったりする。

4.抑うつ
死を避けられないことが分かり、あきらめや悲観、むなしさ、憂うつ、絶望といった気持ちが支配して、落ち込む。

5.受容
死を、誰にでも訪れる自然なものとして受け入れるようになる。これまでの価値観や視野とは異なる次元があることを理解し、心静かに暮らす。

464優しい名無しさん2021/06/06(日) 15:18:14.38ID:caIxJk9k
>>460
どうだろう?
昔は今より死は身近にいた。ムンクなんか死の恐怖に取り憑かれまま一生を過ごした。
今は死が遠い。死を意識していない人は過去より遥かに多い。

465優しい名無しさん2021/06/06(日) 16:48:34.12ID:Zh42OcOm
暴論を承知の上で言うが
究極的には自分勝手な人間が増えているのも日本の景気や政治が悪いのも、
科学が発達し無宗教が蔓延してオカルトを信じない人が増え
政治家が神も霊も生まれ変わりも信じない無神論者ばかりになってきたからだと思っている。

自分が生きている間の利権ばかり考えている人や
己が死んだ後の事などどうでもいいと思っている人。
科学と文化が発達した先進国で、無宗教無神論が基本思想の国なら当然そういう人も増える。
>>64>>349の人がそれらしい事を言っているが
そんな人間が金持ちや政治家になってもろくな事がない。
自分が生きている間の自分の利益と快楽の事しか考えないからだ。

後世に伝える。歴史に名を示す。子や妻の為に遺産を残す。事業や研究を部下に継がせる。
これらは皆自分が死んで無になると思っていて、
自分が無になった後の事はどうでもいいと思っている人間には決して思い浮かばない生き方だ。
こういった身勝手な人間を増やさない為の戒めとして、宗教や地獄天国という概念があったのだ。

良き行いをして徳を積めば死後天国に行ける。悪しき行いをすれば死後地獄に落ちる。
この概念が嘘だと分かり善行を積んでも悪逆非道を尽くしても
死ねばプラマイゼロだしこの世で起こした全ての行動は無意味になると悟ったら、
当然悪人も増えるし宅間死刑囚や加藤死刑囚や青葉容疑者のような
後先考えない大量殺人者が何人も現れるし
自分が死んだ50年後100年後の先の事まで国の事を考えず、
目先の利権を貪るだけの政治家だらけになるのも当たり前なのだ。

宗教はダメ人間を増やさない為の抑制剤としての効果もあった。
もし本当にこの世に神がいて天国や地獄があったら誰も罪を犯さなかっただろうし
本当にあの世があって死んだ後も己を客観的に見つめられるのなら
もっと真面目な政治家や金持ちが増えていたはずだ。
死んだら全て終わり。良くも悪くもそれが悪人や腐った政治を増やした。

466優しい名無しさん2021/06/06(日) 17:09:02.36ID:XuQCZSOf
スレチでごめんなさい。
『史記』の講義で聞いたけど、
中国人は基本的に宗教を信じていない。
では、何が彼らを悪行に走らせないかというと、
善い行い、悪い行い、どちらも書物に書かれて、後世に伝わってしまうから。
「虎は死して皮を残し、人は死して名を残す」

467優しい名無しさん2021/06/07(月) 10:19:38.99ID:TxN/Pyxy
自分は明日死ぬかも分からないのに人類の大半は自分が死んだ後も存在し続けるし
やがて人類が滅亡した後も地球は存在し続ける
だがいずれ地球も消えてなくなる
の思考に陥ると薬で安定しているはずの時でも過呼吸発作が起きて辛い

468優しい名無しさん2021/06/07(月) 12:38:05.41ID:TjuWf+1Q
同じこと考えたことある
どうせ自分は無になるから関係ないのに、
いつか地球は滅びて人類も滅びると思うと、無性に悲しくなる
でも、大丈夫
それまでに、人類は宇宙のどこかに植民地を作ってるから
宗教団体にからまれたら怖いので、消えます

469優しい名無しさん2021/06/08(火) 06:06:40.42ID:1GGoL3hp
タナトのこと考えると全てが憂鬱になって何もかもいやになる、
何もやる気が怒らない。思考の根底には常にタナトがこびりついていて前向きに生きれない

470優しい名無しさん2021/06/08(火) 06:48:36.34ID:of0hHNRI
【調査】不老不死の薬が実現したら飲む米国人は3割しかいなかった…否定的な意見が多数という結果に★2 [ニライカナイφ★]
https://asahi.5ch.net/test/read.cgi/newsplus/1623095732/

471優しい名無しさん2021/06/09(水) 19:12:55.32ID:hcY+Yux4
科学的にも医学的にも意識が身体の中にしか存在しない(正確には脳の中)と
理解させられると、今度はこの世の全てが不条理に見えてくるんだよね。
それまで美しく見えていた景色も、素晴らしく見えていた世界も、
機能的に出来ている都会の街並みも、合理的に出来ている社会も、全てが。
死んでも終わりじゃないと思っていた頃は、全くそんな風に思わなかったのに。

科学で説明が付く生命の仕組みも、
脳が停止や破壊された程度で消えてしまう自我や意識も、
自分が無になった後も続いていく世界も、全てが憎いよ。
科学や物理法則なんて糞食らえだ。科学で説明が付かない現象があってほしかったし、
死んだ後も希望が持てるオカルトがあってほしかったし、
人間の自我や意識が脳に依存してほしくなかったし、
この世が死んだ後にも希望を持てる世界であってほしかった。

472優しい名無しさん2021/06/09(水) 20:52:45.36ID:xFQZR+f2
タナトの希望がオカルトや宗教しかない

473優しい名無しさん2021/06/11(金) 00:30:42.40ID:NUyVcYD6
タナト状態の時には紫色の物を見ると落ち着くので
色んな種類の紫の物を日頃から集めてしまっておいて
落ち入った時には一番落ち着く色を取り出して側に置いて見てたりする
ぬいぐるみとか造花が手っ取り早いかな

474優しい名無しさん2021/06/11(金) 01:07:35.74ID:PFr0XDZ8
最も平和な日本に生まれ、かつ科学の恩恵により
テレビだゲームだアニメだインターネットだと
数多の娯楽に興じる事ができるおかげで暇潰しには困る事がない
死ぬまで退屈という感情に支配される事はないだろう

だが、そこまでだ
そこまでの科学力(医学力)なのだ
ここまで科学が進んでも、未だ人類はワープもできなければ
記憶や自我や意識を脳から機械に移し替える事もできず
それどころか癌の完治根絶すら目処が立っていない

なまじ今が娯楽に事欠かないから、
娯楽漬けの人生を送る事もできるから忘れがちだが
今の時代は死を忘れて遊び呆ける事ができる程度の科学力はあっても
死を否定できる科学力には届かないし
それどころか死を先延ばしにする科学力にすら及ばない
科学の限界にあと何十年、何百年で到達するかは不明だが
少なくとも我々が生きていられる間ではない事だけは確かだ…

475優しい名無しさん2021/06/11(金) 01:48:37.63ID:SD3lK3JF
いつまでも続くと思ってる人生に終わりがくるなんて嫌だ

476優しい名無しさん2021/06/11(金) 09:51:35.74ID:MY45UeW6
タナト患者の最大の不幸は、
この世のどんな酒池肉林や金銀財宝を手に入れても
決して心の底から幸福とは思えず、感じる事ができない事だ。
何しろ生きて死ぬという自然の摂理その物を地獄と思い
死という結果の前ではあらゆる人生は無意味、
過程がどんな波瀾万丈な生き様であろうが価値は無いという思想なのだから。

その場その場では小さな快楽に溺れる事はあっても
全体的大局において、己は良い人生だとか
生きてて楽しい、生まれて良かった等と思う事はない。
いつも心の片隅にいつか死ぬ、消滅したら全てが無意味という
決して解消されない汚れがこびり付いている。

477優しい名無しさん2021/06/11(金) 11:10:02.53ID:QUFQ2pFj
>>476
「量子力学では研究者に対して
「若いうちは解釈問題には立ち入るな」と言われることが多いんですね」

タナトにならない人は生きてる間は量子学でいうとこの解釈問題に意識的にせよ無意識的にせよ立ち入らないんだよ
君はウィグナーの友達のパラドックスについてどう思う?
もしかしたら神を信じる人には死後の世界があるという世界線もあるかもしれんよ?
http://scoby.blog.fc2.com/blog-entry-1917.html

478優しい名無しさん2021/06/11(金) 11:11:01.78ID:QUFQ2pFj
「我々の意識が未来を変える。
なぜなら、我々が未来をどう見るかは我々の意識次第だからだ」

ユージン・ウィグナー博士(Eugene Wigner 1902~1995)

479優しい名無しさん2021/06/11(金) 13:44:05.30ID:W0I+zQ9j
多分、戦争状態とか他に恐ろしい切迫した状況が自分の身に迫ったら
タナトからは一時的に解放されるよ

タナトの人はだいたい頭の中に思考の余剰スペースがある人
金銭や家族関係に多少余裕があるとか、ぼーっと出来る環境があり過ぎるとか

ただし鬱由来のタナトはそれとは関係なく死の恐怖がぐるぐる回り続ける

480優しい名無しさん2021/06/11(金) 17:08:37.92ID:zV50cibx
>>474
本当にそう思う。
何故ここまで恵まれた日本という国に
日本人として生まれたのにこうも苦しまなければならないのか。
治安も良く、福利厚生もしっかりした平均寿命世界一の国に生まれておきながら
なぜ私は未だにアミニズムを信仰している土人や
架空の神を信じている宗教国家の国民を、羨ましいと思ってしまったのか。

私は20年前の同時多発テロ事件で宗教テロリストが暴れまわった時、
不謹慎にも彼らが羨ましいと思ってしまった。
日本でオウム教がサリンをばら撒いた時は全くそんな事は思わず
ただただ許せないと怒ったにも関わらずにだ。

彼等は一般的道徳観や価値観に照らし合わせたら
間違い無く悪人で、かつ狂人の類だろう。
そんな事は解っている。解っている上で、
科学と唯物論に染められた現代の世界に生を受けておきながら
あそこまで淀みなく完璧に神を信じる事ができて、
死を恐れる事なく簡単に自分の命すら捧げられる人生観が、羨ましいと言っているのだ。

あのテロリスト達は爆弾を巻き付け自爆する時も、
飛行機ごとビルに突っ込む時も、欠片ほどの恐怖も抱かなかったであろう。
生を受けてから死ぬ瞬間まで神や天国を信じたまま、
全く死の恐怖を意識する事なく一生を全うできる。
それは私にとってはどんな利権や肩書きよりも羨ましい。
テロリスト相手に少しでも羨ましいと思う自分を恥じる。
だが、タナトフォビアの私にとっては死を恐れない思想は
善悪の境界を超えて最も憧れる思想なのだ。
科学思想と唯物論に染まった私にはもう彼等の考え方を信じる事ができない。
できないからこそ、羨ましい。

481優しい名無しさん2021/06/11(金) 23:23:42.59ID:pWhGyJtl
>>474
それだけではない。人類は想像力が強くなりすぎた。
神やあの世や幽霊を作ったのも想像の力だし
あらゆる小説・映画・漫画・アニメ等の創作で
魔法や超能力、現実を超越した道具や夢のような世界に
物理法則を無視した現象を作ってきた。
これらは全て人間の想像力だ。
遥か昔から想像や妄想が娯楽となり、商売になり、人を楽しませてきた。

想像に限界はない。想像は無限大で、
どんな事でも思い、作れ、叶えられる。
それ故に現実とのギャップも激しくなる。
現実は物理法則があらゆる可能性を潰し、邪魔をする。
映画では人が空を飛べる。現実では人は飛べない。
漫画では魔法が使える。現実では超能力は誰も使えない。
アニメにはあの世も幽霊もある。現実にはあの世も幽霊もない。

創作の作品が楽しくて、夢や希望に溢れているほど
想像の世界が面白ければ面白いほど
現実の世界で出来る事の少なさ、やり難さが浮き彫りになり
科学で出来る事の限界や物理法則の壁の厚さを思い知る。
娯楽を娯楽と割り切って楽しんでいても、
どうしてもこれが本当に出来たら…こんな物が本当にあれば…
という羨ましさや悔しさが芽生えてしまう。

482優しい名無しさん2021/06/12(土) 11:02:46.72ID:0mRaX3Fh
いいね最近のこのスレ
どのレスも全文同意出来る
心に抱えていた謎の陰鬱な感情の正体が他の人によって言語化されて少しだけ楽な気持ちになれる

483優しい名無しさん2021/06/12(土) 12:57:24.15ID:8KdzhC/B
>>481
まさにタナトの自分が漫画読むたびに感じていた鬱屈そのものです
なろう小説やなろう原作の漫画が最近よく叩かれているのですが
自分の場合は逆にそういう何でもできて何でも叶う作品どころか
普通のファンタジーやSF作品ですら、読むのが辛い時があります

特に幽霊やあの世が出てくる作品、これが一番つらい
そんなの漫画やアニメじゃ普遍的、あまりにもポピュラーすぎるのですが
タナトにとってはその当たり前が、一番眩しくて最も羨ましいのです
死んでも続きがある事のなんと素晴らしい事か!

なろうの転生物読んでもどの主人公も
すぐに新しい世界や新しい人生に順応はするけど
生き返ったり生まれ変わった事その物に対する驚きや
神や輪廻転生が現実に存在した事の嬉しさ、
死んでも無にならず人生の続きがある事への感謝まで
表現して書いている作品は全然ありません…
もっと喜べよ!無にならずに済んだ事を心の底から感謝しろよ!
なんて普通の人とは全く違うズレた突っ込みをタナトの自分はしているのです…

484優しい名無しさん2021/06/12(土) 18:43:38.00ID:9P0AgIiE
>>483
無もあの世も輪廻転生も怖い自分はどうすばいいんだろう………

485優しい名無しさん2021/06/12(土) 21:50:07.86ID:vKG2X4fC
アニメ化した幼女戦記の主人公なんか
死んで実際に神と会って転生したのに
それでも頑なに神を認めず否定し続けているからな
生まれ変わる事が出来た上に神の実在を実感できるなんて
タナトにとってはこれ以上ない喜びであり絶頂なのに
それを意地になって否定する奴なんてタナトにとってはふざけんなって思うわ

486優しい名無しさん2021/06/12(土) 22:47:49.41ID:NNC4bik/
漫画やドラマや映画や時代劇の中での登場人物の死は
「美しさ」すら感じるのに、現実の死を考えると悶絶する

自分にとって死が「美しい」ものであったあの時に、時計の針を戻したい

487優しい名無しさん2021/06/13(日) 01:41:00.86ID:3vr2HOjq
幽霊やあの世や生まれ変わりを信じていなくて
死んだら無になると思っているのが前提の上で、
どうせ無になるなら精一杯生きよう人生を楽しもう!というのが普通の人
どうせ無になるのに何故頑張る?勉強しようが金持ちになろうが最後は無だというのがタナト

無になる事が分かっていても人生を出来る限り良くしようとするのが一般人で、
無になるからといって何もやる気が起きないし努力を怠るのはただのダメ人間
そんな事は解っている
解ってはいるが、納得はできないし共感もできない

マジョリティの一般人にとってはマイノリティのタナトフォビアの方が
異常な考え方で自堕落したいだけの言い訳に見えるだろう
だがタナトフォビアの自分にとっては一般人の思考は
無になると分かっているのに怯えず、不安にならず、解決法を模索しようともせずに
遥か先の死を、いつかは必ず来る無をただただ受け入れているだけにしか見えない
いや、諦めているといった方が正しいか

死んだら無になるんだぜと笑いながら話した直後にゴルフの話をし始めた上司、
無になるなら逆に怖くなくていいやと言った友人
そんな先の話はどうでもいいとほざいた同僚…
自分には全員狂人の思考としか思えない
だがそれを言ったら向こうも狂っているのはお前だと言うに決まっている
故に一般人とタナトフォビアの死生観の違いは永遠に平行線なのだろうな…

488優しい名無しさん2021/06/13(日) 01:44:41.40ID:YSSVAvT8

489優しい名無しさん2021/06/13(日) 07:31:26.04ID:PMaFdGzJ
キューブラー・ロスの「死の瞬間」と死後の生、タナトフォビアが酷くて常に動悸と吐き気に苦しんでいた自分がこの本を読んでからはかなり救われたので読んでみてほしい。

490優しい名無しさん2021/06/13(日) 07:45:23.48ID:4KJz9wsa
タナトフォビアとアペイロフォビアの両方を持ってる自分にとっては気を逸らすしか救いがない……

491優しい名無しさん2021/06/13(日) 08:29:00.33ID:JsDErYbN
集スト界のまどかとして、
答え書いといたよ。
アデュー♪

492優しい名無しさん2021/06/14(月) 00:15:17.15ID:QE8ov5ng

493優しい名無しさん2021/06/14(月) 01:26:21.23ID:eqqCQuDd
>>492
動画の結論部だけ見た
最期は穏やかに亡くなったとあるね

こういう医療従事者や周りの人間の適当な描写にはいつも腹が立つんだけどな
(ま、遺族はそう思いたいというのがあるから別として)

穏やかに死ねる病気なんて何一つないよ
どうせ致死率100%なんだから、死期が迫った時には速やかに鎮静できるよう
法整備しろよ
それだけでもタナトにおびえる一部(一般人は全部か)の人間の救いになる

494優しい名無しさん2021/06/14(月) 01:27:28.18ID:eqqCQuDd
>>490
それに加え自分は宇宙恐怖症がある

495優しい名無しさん2021/06/14(月) 08:50:02.75ID:EsEh8fd0
わかる
YouTubeで宇宙の大きさを体感できる動画
ってタイトルの観た時、おそろし過ぎて涙出た
コメントで癒されるとか書いてる奴等が信じられん

496優しい名無しさん2021/06/14(月) 13:27:08.29ID:oBkZ1Gpn
>>173>>177を書いたのは自分なんだけど、
オカルトを信じていた頃はまだ宇宙が神秘的で夢のある世界に見えていたんですよ
神様も幽霊も天国も輪廻転生も無いと確信した後だと
宇宙が闇と虚無が無限に続く絶望の世界にしか見えなくなったんだよね…

神や霊が実在したら、自分はこんな思考には絶対に至ってなかった
でも、宇宙を知れば知るほど神はいないって
理屈ではなく心で実感してしまう
ただただ広く暗く冷たく苦しい世界が無限に無意味に続いていくだけ…
そんな世界に意識や自我なんて概念がある生物がいるのは
観測できる限りこの地球だけ…

>>25の方が言ってるように、無こそが正しくて
有になる事が間違っているのではないかと、
我々がこうやって怯えている原因である
意識や自我なんて発生した事自体が有り得てはいけない事だったのだと
タナトになった後に宇宙を知るとそう感じてしまうのです…

497優しい名無しさん2021/06/14(月) 16:07:43.71ID:afZwEpbv
もし神様のような高次元・上位世界の存在が人類やタナトの連中見てたら
自分達で勝手にあの世とか天国とか幽霊とかの概念生み出して
自分達で勝手に否定して怖がってらぁwwwww
って嘲り笑ってるんだろうな…

人間が庭や公園で除草してる時に何万何十万の蟻の群れを見ても何も思わないように
神様がいたとしても人類一人一人の不安なんて歯牙にもかけないだろうし
ましてやタナトフォビアの連中の死や無が怖いなんて極々マイナーな悩みなんてそれ以下だろう
宇宙規模の神様なら猶更だ、地球なんて宇宙の片隅の石ころ以下の塵芥でしかないし
俺達なんてその塵芥にこびり付く埃やばい菌以下の大きさの分子や原子だ…

宇宙規模で考えるとこういうネガティブな思考になっちゃうから、
宇宙の事考えるのも語るのも嫌なんだよ…

498優しい名無しさん2021/06/14(月) 18:02:23.32ID:RFmuZ29d
特攻3時間前の写真らしいけどこれから自分が無になるとについてどう思ってたんだろな
どの写真も信じられないくらい全員が純真で素直な表情してるのが不思議だわ
https://i.imgur.com/m67yZv9.jpg
右上の人なんて今の時代でもクラスに必ずいるようなおちゃらけで周りを和ませるようなタイプの人なのにこの後の無の恐怖や無念さとどう折り合いをつけたんだろうか
https://i.imgur.com/fWhmW50.jpg
https://i.imgur.com/mVyl5xK.jpg
今の時代、学校や職場で集合写真撮ってもこんな凛々して優しい表情の野郎の顔ってめった見たことないけど俺らもいつか死を覚悟する時が来た時はこんな表情できるんかな・・
https://i.imgur.com/LolPicP.jpg
https://i.imgur.com/iFmk2e3.jpg
https://i.imgur.com/38hnf2s.jpg

499優しい名無しさん2021/06/14(月) 18:33:46.22ID:hxTYNfxJ
>>498
日本海軍の桜花特別攻撃隊の人が、「俺は絶対に特攻なんて嫌だ!無人島に不時着して生き延びてやるんだ!」って言って、泣きながら宿舎の廊下をバタバタと走って暴れていたという話があった
気持ちがわかるが故に、制止はするものの、かける言葉が見つからずみんな黙っていたらしい
だから恐怖は底知れなかったと思う
ただ、戦争という極限状態にあり、常に死と隣り合わせだし、ある意味死を美徳として教えられていたのもあったり大切な人を守るという使命感で常にアドレナリンが出ていて、寧ろあまり恐怖を感じなかったのかもしれない
幕末の人もすぐ切腹をしていたしね…

500優しい名無しさん2021/06/14(月) 20:35:12.43ID:s8C/TB0c
>>498
>これから自分が無になるとについてどう思ってたんだろな
>どの写真も信じられないくらい全員が純真で素直な表情してるのが不思議だわ
>この後の無の恐怖や無念さとどう折り合いをつけたんだろうか
まずこの時点で間違い
この時代の日本人はまだまだ霊や神を信じている人が多くて、
心の底から神を信じていない無神論者も己が無になると思っている唯物論者も少数だった
宗教やオカルトが否定され一般層や学が少ない底辺層に至るまで
無神論と唯物論が浸透するのは戦後高度成長期に入ってさらに科学が発達してから

だから靖国神社で会おう、というのを決め台詞にして
死ぬ兵士同士を結束させてた訳だしね
ISISの自爆したテロリストと同じで
自分が無に還ると思っていないのだから
特攻して死んだら靖国神社で英霊になると思っているのだから、怖い訳がない
それでもまだ疑う兵士には覚醒剤まで打って特攻させていた

逆に言えばこの時代に本気で敵前逃亡したり
自殺や特攻すら嫌がるほど死に怯えていた兵士は、
まだこの時代には少なかった本物のリアリストであり
この頃から既に死後の無を確信していたタナトフォビアの大先輩だよ

501優しい名無しさん2021/06/14(月) 21:07:02.94ID:S9TTZPd4
私は6歳位の時に死を認識して以来、死を片時も忘れる事が出来ず、40歳になるくらいまで夜は大声を出して飛び起きる事もしばしばあった。でも私はタナトフォビアとしては半端なのか、何とかこの状態から抜け出そうとあがいていた。

若い時分から宗教書や哲学書やよくある死が怖くなくなるとか書かれた本の部類等を読み漁ったが、全く効果は無かった。

変わることが出きたのは肉体的な修行と愛の愛の無い快楽だけのSEXだった。100kmを超すマラソンレースを走ったり、一歩踏み外せば谷底に転落死するような山を何日も歩いたり、一晩中走り通すトレイルランニングしたり、また四国八十八箇所を歩き通したり、そしてソーブで快楽を追究したSEXをしまくったり…

少なくともそれらをやっている間は死は全く考えられない。さらに生きている実感が身体にひしひしと伝わってくる。いつのまに死の恐怖より生の喜びが上回った。もちろん死の恐怖自体は変わることはないが。

今、50代後半になって感じる事は焦りだ。いよいよ死がはっきりと見えてきた。人生を楽しむことが出来る時間は多くない。少しでも濃厚な時を過ごしたい。そう思い私は数年前にアーリーリタイアをした。

死の恐怖も生の喜びもさほど感じず、相変わらず会社に通い、ルーチンワークをしている同世代を憐れむ気持ちになっているくらいだ。

502優しい名無しさん2021/06/14(月) 21:15:17.33ID:afZwEpbv
あの戦争で徴兵されたのは皆ごく普通の国民や百姓だしね、神とか普通に信じてるのが多くても不思議じゃない
むしろ日本軍の場合生粋の軍人や上官の方が無神論者や現実主義者は多かったらしい
やっぱ軍隊の教育と洗脳の賜物だったんだろうね…特攻ってのは
↓ ここから下は、タナトスレの前スレの一年半前のレスね

47優しい名無しさん2020/01/09(木) 23:15:49.66ID:FJ8byfNx
例えば、特攻して死んでいた日本兵に隊長が
「お国の為に死んでこい!英霊となって靖国で会おう」ではなくて
「ぶつかってバラバラになった瞬間お前達は永遠の無を彷徨うのだ!」とか
「靖国にも行けんし仲間にも会えん!墓参りに来た遺族の顔も見えんし知る事もできん!」
なんて言われたら銃殺刑になっても逃げ出すのがいたかもしれないし、

飛行機でビルにぶつかったり未だに街中で自爆している中東のテロリストだって
あれは本気で天国を信じているから自殺できるんだよね…

239優しい名無しさん2020/02/23(日) 14:18:09.05ID:c5VR9p1+
お国のために志願してゼロ戦に乗った靖国に眠る英霊たちは君達を天から見てどう思うだろな

244優しい名無しさん2020/02/24(月) 09:16:13.19ID:YiyFi0JC
>>239
英霊が君達を「見て」?
見てたらそりゃあ軽蔑されるだろうね、呪い殺されるかもしれない
それでも構わないよ、「見て」いるのならね…幽霊に呪われたり殺されるのなら本望だよ
それは幽霊が「存在する」って事を確信できるのだからタナトにとってこれ以上の救いはない

実際は自分が死んだ後の未来の日本を見届けていく事も叶わず無に還っているんだよなあ…
教官も特攻兵に「お国の為に死んで来い!」とか「靖国で会おう!」ではなく
「お前達はもうすぐ無になって何も解らなくなる!靖国にも行けないし英霊にもなれない!だけど死んでこい!」
って言ってたら中には銃殺刑になるのも構わず脱走した兵士もいたんじゃないかなあ…

…で、ここはタナトフォビアスレッドなんだけど
貴方は本気で英霊が存在していると思っているの?

503優しい名無しさん2021/06/14(月) 21:20:32.34ID:UToqWgIG
>>501
重度の大鬱病や燃え尽き症候群にならないだけすごいな

504優しい名無しさん2021/06/14(月) 21:48:46.94ID:S9TTZPd4
>>498
彼らは陸軍飛行兵だね。知覧特攻平和会館へ行った人ならわかるが、彼らは軍隊で純粋培養されてそれなりに覚悟が出来た人たちだ。

海軍の学徒兵は違う。大学で青春を謳歌していた連中だ。インテリでもある。きけわだつみのこえを読めばわかるが皆、自分の死を何とか納得させるために非常に苦しんでいたことがよくわかる。

505優しい名無しさん2021/06/15(火) 00:26:40.96ID:lzpvEAIU
アマプラ見れる人は新着無料で「三島由紀夫vs東大全共闘50年目の真実」ていう当時、東大駒場キャンパス900番教室で行われた
三島由紀夫と東大全共闘の討論会の記録映像がアップされたから見てみるといい
「三島を論破して立ち往生させ、舞台の上で切腹させる」という全共闘の異様なテンションが充満している敵地に警察が申し出た警護も断り三島はその身ひとつで乗り込んでゆく
三島ほど頭がキレて洞察力もずば抜けている人間がなぜタナトにならず最終的に自決したのかこの映像を見ると考えさせられるわ
https://youtu.be/M0Q2nigaY_M

506優しい名無しさん2021/06/15(火) 00:27:10.80ID:dvxvtqBL
街を歩いてる老人、楽しそうに笑ってるお婆ちゃん
酒飲んで上機嫌の爺さんを見る度に
あんたらもうすぐ消えちまうんだぞ!
天国なんてねえんだよ!先に死んだ親も連れ合いにももう会えねえんだよ!
確実に消えて永遠に無になっちまうんだよ!
怖くねえのかよ!?悔しくねえのかよ!?

って叫びたくなる衝動に駆られてしまう
完全にタナトの自分の八つ当たりだし
言ったら俺がキチガイ呼ばわりされるのも解っているから何とか抑えている
解っている、おかしいのは無を受け入れない俺なんだ

自分が老人になった時の事を考えると
とてもあんなに楽しく老後を過ごせるとは思えない
俺は毎日無に怯えてストレスを抱えて他の老人より早く死ぬだろう

507優しい名無しさん2021/06/15(火) 02:43:42.89ID:wJEWXlEw
>>498-500
一昨年亡くなった私の祖父は太平洋戦争で激戦区だったレイテ島の戦いの生き残りでした。
子供の頃祖父から何度も話を聞きましたが、戦争当時は全く死の恐怖は感じていなかったそうで
戦闘でも常に一番前で撃ち合い、敵兵士を何人も殺したそうです。
実際に脇腹に弾痕もあったので、本当に最前線で命の奪い合いに勝利してきたのでしょう。

何故怖くなかったのか?と聞いたら、まさに>>500さんの言う通りで
当時は日本の仏様や八百万の神様を信じていて、
死んでも靖国で戦友や家族と会えると本気で思っていたから、と祖父は言っていました。
当時は、と言ったのは、終戦後に祖父の死生観が変わってきたからです。

祖父の思考が変わってきたのは自分が生まれた後のここ数十年からで、
まさに科学の変貌でひょっとして神はいないのではないか?
死んだ戦友達は皆消えてしまったのではないか?と思うようになり始め、
インターネット等で数多の他人の意見を知れる様になってそれが確信に変わったとの事。

私が子供の頃の祖父は老いていても若者のように勝ち気で明るい性格だったのですが、
死生観が変わってからの晩年の祖父はまるで別人のようでした。
歳を取れば死ぬのが怖くなくなる、なんて幻想だと私は強く思い知りました。

508優しい名無しさん2021/06/15(火) 02:44:34.07ID:wJEWXlEw
>>507の続きです。

具合を悪くして布団に入るといつも言っていた

消えとうない、消えとうない…

という祖父の泣き声が今でも耳から離れません。
今でもはっきり覚えているのは祖父は「死にたくない」と言った事は一度もなく、
常に「消えたくない」と言っていた事です。死ぬ事と消える事の違いを理解して、
天国に行けたり幽霊になれると思っていた頃ではなく
そうはならないと解ってしまったから、死という言葉を使わなくなったのかもしれません。

私がタナトフォビアになったのは正直に言うと、祖父の晩年を常に介護し
祖父の死への恐怖と絶望の嘆きをずっと見続けていたからなのですが
私は祖父を恨んではいません。
死ぬのが、消えるのが怖いのは当たり前なのですから。

祖父も変わりゆく科学の進化と先進国の街や文化の成長…つまり
時代に無理矢理現実を突き付けられ、価値観を塗り替えられた犠牲者です。
そのまま神を信じる事ができたまま、死んだら英霊になれると思い込んだまま死ねたら
最期まで苦しむ事も怯える事もなく安らかに逝けたのですから。

私はむしろ、科学が発達した先進国故に小学生の頃には正しく死のメカニズムを知り、
天国や幽霊等の心の逃げ場すら許さないまま成長する
これから生まれてくる子供達や若者の死生観が心配です。
私の次の世代、次の次の世代にタナトフォビアがこれ以上増えない事を私は強く祈ります。

509優しい名無しさん2021/06/15(火) 03:55:44.15ID:gJL80eyn
私の父方の祖父は、戦争が始まるまでは楽天家で好調だったのに、
敗戦色が濃くなってから鬱転し、自殺しました。
だから、戦争中は〜とか、発展途上国では〜というのは違うと思います。

私は鬱の底で、この病は母方からの遺伝なのだと、
自分が先祖の因果の全てを引き受けて死んでいく、
それが自分がこの世に生まれた唯一の意味なのだと思っていました。

でも、終戦三か月前に自殺した祖父のことを思い、
あと一日だけ我慢しよう、あと一日だけ我慢しよう、
それを積み重ねていって、やっと躁転できました。

躁になって、生きていること、それだけで怒涛の幸福感を味わいました。
(今は少し落ち着いていますが)
その怒涛の幸福感を味わえたので、もう死ぬことも怖くありません。
そして、この病気が父方、母方両方から来ていること、
父方も母方も身体は非常に丈夫であることから、
全ての病気の遺伝子はプラスとマイナスの要素がある、
全ての生きているものに意味があると思えるようになりました。

マリア、あなたのこと、別のスレで私に粘着してる荒らしだと勘違いしてました。
ただ、怖かっただけなんですね、ごめんなさい。

510優しい名無しさん2021/06/15(火) 10:08:28.69ID:Dywg1+WD
まだ科学も医学も発達していなくて
普通に神仏や天国や輪廻転生が信じられていた
室町時代の有名な一休宗純ですら、
断末魔が死にたくないだったのが
当時から死ねば無だと思う人がそれなりにいた証だ

神仏を信じているのならば死ぬのが怖い訳がないではないか!
死ぬまでの苦痛はあくまで過程でしかなく、
死ぬ瞬間の痛みが地獄だとしてもその先にあるのは天国なのだからな
死を怖がるという事は、死ねば地獄に落ちるという自覚がある悪人か
まだまだこの世に未練があるか、でなければ死=無と確信しているか
当時の宗教観や死生観を鑑みてもこの3つのどれかしかない

511優しい名無しさん2021/06/15(火) 23:06:35.82ID:+5Z34yB7
社会や宗教や哲学的なコメントであふれているけど
タナトが鬱や強迫性障害の類だとそのうち判明すると思っている

なぜタナトが精神医療の対象と思われないかと言えば、
対象がたまたま絶対避けることができない死というものだから
「避けられないもの」→「怖いもの」→「当然そう思う人もいるよね」と
そこで話が終わってしまう
「当然」すぎることだから、それに苦しむタナトの当事者も
当たり前に身の回りに存在する社会、宗教に解を求めようとする

鬱病が気分の落ち込みや意欲の喪失、睡眠や食欲の低下といった
生きていれば誰しも経験する当然すぎる症状だった故に
長い間「人生の悩み」として「放置」されてきたのと同様

いつ、何がきっかけでタナトが社会的に認知され、明確に精神
医療の対象となるかはわからないが、いつかその日が必ず来ると思っている

512優しい名無しさん2021/06/16(水) 00:05:32.95ID:3pBvZW37
中途覚醒なので、きちんと調べられなくて、うろ覚えだけど、
R.E.MのThe Great Beyond を聴いてみてほしいです。
アメリカ人のクリスチャンの考え方が表れていると思うので。

マドンナがカバーしていたDON McLEAN の「アメリカン・パイ」は
音楽が死んだ日について書かれていますが、
これも現代のアメリカのクリスチャンぽい考え方が詞に表れていると思います。

あと、『電気羊はアンドロイドの夢を見るか?』という小説もです。
キリストはインチキだった、フィクションだったと分かってしまう、
それでも信じられずにいられない、それが人間だ的な作品です。
そして、読者には、最後まで、キリストが本当にインチキだったのかどうか、
よく分からない、判断は読者に委ねます的なラストです。

実は私は、この作品の中の人間たちのように、わりとキリスト教を信じています。
入信はしませんが。(教会内にもドロドロした人間関係があると聞くので)
だから、死がそんなに怖くありません。

513優しい名無しさん2021/06/16(水) 00:21:58.66ID:6ThKtDGN
>>512
仏教とかインドみたいな非二元の思想よりキリスト教のようなストーリー性を信じたいってこと?

514優しい名無しさん2021/06/16(水) 04:09:47.15ID:3pBvZW37
>>513
寝てしまい、今、目が覚めました。

私は、小さい頃に霊感が少しあったので、
やはりなんとなく神様的なものを信じているんです。

でも、日本人なので、多神教的考えで、
キリストも氏神様も、いろんな神様がいるという考え方を捨てられないんです。
だから、特定の宗教に入信するつもりはありません。

カトリックは、古い宗教だと思われていますが、
逆に今は、私のような考え方の人を認めてくれています。
バチカン公式見解でも、そうなっているはずです。

新興宗教の人に、私の見解を述べたとき、
「宗教を信じている人に、『私は無神論者です』と、
無神経なことを言えるところが発達障害的」と言われたことがあります。

いや、私の考え方の、どこが無神論なのかと……
それと、何人に「発達障害的」と言われて、自分でもそうかなと思ってたけど、
よく考えたら、そう言ってくる人のほうがおかしいなということが多かったです。

515優しい名無しさん2021/06/16(水) 11:50:20.40ID:vDPf4A07
>>514
あれだけ論理的で頭脳明晰で一見超唯物論者風な宮台真司もキリスト教信者だし幼い頃から超常現象的体験をしてるんだよなぁ
https://youtu.be/Wnidhk337AA
https://youtu.be/z6bjgNLYCjY
https://youtu.be/ZGfJWfJfgg0

516優しい名無しさん2021/06/16(水) 16:47:31.65ID:2OxqI9f2
>>505
インタビューでは死が怖いと語ってたけど自殺するとき怖くなかったのかな………
https://youtu.be/C5Y3fpHg45U

517優しい名無しさん2021/06/16(水) 18:56:19.29ID:7pwqUqed
>>516
ただ病死するのは恐ろしいけど、何かのため、名誉のために死ぬのなら怖くないとの事たろうな。

上のレスに戦争の書き込みがあったが、国のため、家族のためなら死ねるというのがあったんだろう。

自分の事を振り返って考えると、何かのためにっていうのが全然ないんだよな。そりゃ怖いはずだよ。私もこれからの人生多少なりに人様のために生きて行ければと思う。そうすれば人生の最後には少しは納得して死ねるのかなって思ったりしている。

518優しい名無しさん2021/06/16(水) 22:52:59.14ID:6+r/t3tx
>>516
よくわからないけど三島由紀夫って小説に仏教的な要素も感じるからどうだろね
三島由紀夫と石原慎太郎の対談集を前に読んだ事があるけど
https://i.imgur.com/1amKPhX.jpg
その後書きで石原(当時自民党国会議員)が「三島さんが割腹自殺した当日は都内のホテルで仕事をしていて秘書から市ヶ谷駐屯地で三島さんが大変なことになっていると連絡がきた
すぐに現場に駆けつけたら三島さんの師匠である川端康成さんが先に来ていて警察の方が川端さんが今現場を確認しに入ってますけど石原さんも見ますか?と言われたが何故か見る気になれなかった
三島さんは割腹自殺した後に日本刀で首を落とされてるから川端さんは胴体の横に転がった三島さんの顔(頭部)を見たと思います
その日から川端康成さんは人が変わってしまったように思う
川端さんの家に何回か訪ねに行ったことがあるけど「今日は三島が来ている」とブツブツ呟いていた、結局その2年後に川端康成さんも亡くなって(ガス自殺)しまった・・」
て石原慎太郎が書いてたね、三島さんは徴兵逃れ(ある意味タナト)しているうちに終戦を迎えてしまった、だからボディビルでマッチョになったのもずっと虚構の自分を生きていて最後に自分のアイデンティティが欲しかったんじゃないかなぁ・・的な分析を石原慎太郎はこの対談集の後書きで語ってるね

519優しい名無しさん2021/06/17(木) 04:33:27.54ID:39SjMs5q
川端康成かわいそう
川端康成は日本表現主義映画の金字塔、狂つた一頁の脚本やってるよ

520優しい名無しさん2021/06/17(木) 19:01:10.73ID:/rN/KQih
>>日本刀で首を落とされてるから

これマジ?誰が落としたの

三島は筋骨隆々たくましい男性ってイメージだけど、
根は青白い顔の少年じゃなかったか

良く言えば繊細、悪く言えば考えすぎるタイプ
タナト発症する人って、色々なものを深堀りしすぎるタイプ多くないか?

521優しい名無しさん2021/06/17(木) 19:41:26.80ID:7uZLxadq
>>520
貼らないけどググれば写真も出てくるよ
三島由紀夫は学生時代まで虚弱体質でそれを理由に徴兵を逃れている、それがコンプレックスで大人になってからボディビルで鍛えてマッチョになった
まあそれたけじゃなくて石原との対談でも語ってるけど小説家って常に頭の中だけでグルグル思考してる(タナトもある意味同じかも)てるから
「筋肉」ていうダイレクトに物体的なモノを身に付けることによって現実(今ここ)を体感するみたいなことを語ってるよ
アマプラ会員(見放題無料)で見れるなら東大学生との対話の対談映像見るといいよ、サルトルの存在と無はクソみたいな事も言ってるし実在論とかにも触れてる

【没後50年…三島由紀夫の「生首写真」を掲載したメディア 創刊号も数日で回収に】

今年は三島由紀夫を題材にした映画(『三島由紀夫vs東大全共闘50年目の真実』)が公開されていることもあり、
再評価の兆しもある三島だが、その影響は死後も絶えず、現在に至るまで様々な形で世間から注目を集めている。
そんな三島由紀夫だが、亡くなった直後、ある雑誌に「生首写真」が掲載されたことがあり、社会を賑わせたことがある。
三島は市ヶ谷駐屯地の東部方面総監部にて総監を人質にするというクーデターを起こし、バルコニーで集まっていた自衛隊員にひとしきり演説した後、
「盾の会」のメンバーの介錯を受けて割腹自殺を行った。三島の首は斬り落とされ丁寧に扱われたのだが、
この時に写真に収めていた記者が何人かおり、その鮮明な写真は1984年に創刊された雑誌『FRIDAY』(講談社)に掲載されたことがある。
この『FRIDAY』創刊号に収められた三島の生首写真は、斬られた三島の顔を真正面から捉えたもので、見る人をギョッとさせたという。
なお、この生首写真を掲載した『FRIDAY』は三島の遺族からの抗議により、「創刊から数日後に回収される」という伝説になっている。

522優しい名無しさん2021/06/18(金) 04:28:17.82ID:9wUbS66E
スレの流れを切って、すみません。
親が、癌(限りなくWに近いV)になり、
死を怖がるあまりか、認知症のためか、
自分が癌であることを絶対に認めません。

512で書いたR.E.MのThe Great Beyondは、
アンディ・カフマンという実在したアメリカのコメディアンの人生を
描いた映画のテーマソングです。
R.E.MのMan On The Moon という曲の中に、アンディ・カフマンという言葉が出てきており、
その縁でR.E.Mがテーマソングを作りました。

アンディ・カフマンも癌になり、そのことをなかなか受け入れられず、
東南アジアのあやしい民間療法家を訪ねるのですが、
インチキ療法だと分かり、絶望してアメリカに帰り、亡くなります。

なんだかまとまりのない文章ですみません。
私は小さい頃、霊感があったので、なんとなく死後も魂はあるんだろうなと思っていて、
死は怖くありませんが(他、509の理由)、
死を目前にした親に、絶対に死後の世界はあると言い切る自信もなく、
どうしたらいいのか困っています。

523優しい名無しさん2021/06/18(金) 09:22:51.96ID:9wUbS66E
出かけようとしたら、
とんでもない心霊現象に遭遇してしまい、
怖くなって、気づいたら2ちゃんに来てました。
(いや、ただでさえ怖い思いしてるのに、2ちゃんなんかに来たら、あかんやろ、
と、自分で自分につっこみ)

怖くて怖くて震えてチラシの裏に書き込んで落ち着こうとしたけど
(いや、なんでそこのチラシの裏やねん)
ふとこのスレのこと思い出して、
ひょっとして、霊は存在するんだよという啓示?

友人と待ち合わせしてるので、出ます。

524優しい名無しさん2021/06/18(金) 09:56:46.84ID:D55eeW9e
>>522>>523
>私は小さい頃、霊感があったので、なんとなく死後も魂はあるんだろうなと思っていて、
>出かけようとしたら、
とんでもない心霊現象に遭遇してしまい、

kwsk!

525優しい名無しさん2021/06/18(金) 17:58:53.42ID:9wUbS66E
今日は、友人と久しぶりに会う約束があったので、
2ちゃんから離れて出かける準備をして、
いざ出かけようとして、階段を降りかけたら、
(私は2階、両親は1階に住んでいます)、
父が玄関前の廊下というか、ロビーみたいな所を
座り込んで雑巾で拭いているのが見えました。

私はつい最近まで鬱の底で、寝たきりに近い生活だったので、
階段を降りるときは、手すりにつかまって、そちらに意識を集中するようにしています。
それで、階段降り終わって、玄関の方を見ると、もう父はいませんでした。
リビングで父が好きな時代劇のBGMが聞こえてきて、
あ、いつの間にかリビングに戻っただな、と思い、
私もリビングに入って、「さっき、何を拭いてたの?」ときくと、
父は「?」という顔をしました。

526優しい名無しさん2021/06/18(金) 18:04:54.81ID:9wUbS66E
525続きです。

父は、ずっとリビングで時代劇を見ていたというのです。
私の幻覚? 睡眠導入剤の副作用で寝ぼけていたのか?と最初は思いました。

でも、ロビーを雑巾で拭いていた姿を見たことを伝えると、
おととい、雨が12時〜13時にかけて本降りだったときに、
私が病院に行って帰宅した直後、私が歩いた跡が雨粒で濡れていたので、
ロビーを雑巾で拭いていたと言うのです。

その動作を再現してもらったら、
私が階段を降りるときに見かけた父の姿と全く同じだったのです。
服装は、もう老人なので無精で、おとといと今日は同じ服を着ていたそうです。

527優しい名無しさん2021/06/18(金) 18:09:23.52ID:9wUbS66E
526続きです。

私が見た父の姿は、ドッペルゲンガー(分身)だったのでしょうか?
それとも、時空のねじれで、おとといの父の姿を見てしまったのでしょうか?

ドッペルゲンガーを見られた側は、魂が体と分離しかかっていて、
死期が迫っているという伝説があります。

でも、癌なのは母で、父は健康体です。
ただ、年齢的にいつ亡くなってもおかしくないとも考えられます。
健康体でも、交通事故に遭う可能性もあります。
私は怖くなって、父に地元の神社のお守りを肌身離さず持つように言いました。

528優しい名無しさん2021/06/18(金) 18:17:25.38ID:9wUbS66E
私は小さい頃、少ししか霊感ありませんでしたが、
やはり自宅の階段を上がっているとき、
後ろで小さな笑い声が聞こえて、
振り返ると、ボヤーとした少女の姿が見えて、
怖すぎて目をつぶって、「きゃー!」と言ったら、
次の瞬間には少女の姿は消えていた、という体験があります。

それと、遠足で遠くのお寺に行ったとき、
階段を上がっていたら、真っ赤なハイヒールをはいた女性を見たことがあります。
一瞬はっきり、現実の人間のように見えたのに、
次の瞬間には消えていました。

いつも、私の心霊?体験には、階段がつきまといます。
大学生の頃も一度だけ恐怖の体験をしていますが、
それも階段がらみです。

階段って、時空の歪みが出る場所なのかもしれません。
そういうのを信じない人からしたら、睡眠導入剤の副作用ということになるんでしょうが。
睡眠導入剤を飲み始めたのは、社会人になってからです。

529優しい名無しさん2021/06/19(土) 04:02:58.11ID:GwVt8puZ
>>521
恐る恐る検索して見たけど、首から下はしっかり布団に入って
凄い寝息で寝ているような感じで全然怖くなかったな

タナトなのに交通事故でぐちゃぐちゃの画像を見ても何故か死の恐怖を感じない自分って
たぶんこの矛盾こそが強迫由来のタナトの証拠だと思ってる

自分は潔癖でもあるだけど、決して綺麗好きじゃない
でも同じ不潔なものでも絶対許せないものと、平気なものがあって

530優しい名無しさん2021/06/19(土) 17:12:16.52ID:xaLcvcvV
>>473
自分もそう言えば紫を見ると落ち着くな。
敷布団カバーが紫だ。

531優しい名無しさん2021/06/19(土) 17:18:10.33ID:xaLcvcvV
>>394
自分は2番目を懸命にやっている・・
物質として生きてる以上、
争い、戦争、などなどなくならない、
できる範囲でよく生きて小さな修行をして
物質世界から離れる時喜べるようにしよう みたいな感じだ

この世界は戦争とか、病とか、物質である苦痛があふれてる
無は最上の幸せかもしれない・・。
メンサロの反出生スレで生まれない幸福について書き込みが度々あって
自分も、そうだなぁと思う
でも死ぬのがまだまだこわい・・

532優しい名無しさん2021/06/19(土) 17:25:23.96ID:xaLcvcvV
>>512
自分は強制収容所で10人が餓死刑になった時、
妻子に会いたい!と取り乱し声をあげた男性の身代わりに餓死刑を
受けると言ったマキシミリアノ・コルベ神父が好きです
宗教の自分に役立つ考えのみ取り入れ
また、他者が何を信じるかを強制しないような、
無宗教の自分。
マキシミリアノ神父が好きなのはキリスト教に関係なく
死とか超えて、見知らぬ友達のことを思いやって身代わりになったのが
すごいなぁと思うので。自分も少しコルベ神父のようになりたいです

533優しい名無しさん2021/06/19(土) 18:34:04.94ID:sIlREKzk
>>532
遠藤周作の「女の一生」オススメ

534優しい名無しさん2021/06/20(日) 17:37:40.64ID:ji1fPQBr
たまになんJにタナトスレ立つんだよな

535優しい名無しさん2021/06/20(日) 17:42:31.10ID:2lRN+qth
>>533
ありがとう〜。あまり読書してないけど検索してみます
コルベ神父関連は2冊読んでて
あと「安楽死を遂げた日本人」とかも好きで
自分の勉強と支えになる本を探してる。「光の素足」で感動はするほうだけど、死が怖く
輪廻転生系の本も読んだりしてます
タイトルは忘れたけど、少し昔の日本の本で、堕胎した?女性が
堕胎は罪だってことで獄中から、「育てるには未熟さを思い知って堕胎を選ぶのが良いと思った」と
訴えている本も好き 乱文失礼しました ロムに戻ります。

536優しい名無しさん2021/06/20(日) 21:08:19.75ID:W0ChsihH
まだ死にたくないんですけど

537優しい名無しさん2021/06/21(月) 01:50:20.82ID:VM2uq8AU
縁談に差し障るからという理由で、
血のつながった親族から絶縁されました。

貯金があるし、最近回復してきたので、また働くつもりだし、
いざとなったら障害年金の申請も考えています。
お金のことで親族を頼るつもりはありません。
でも、一人身なので、死後の納骨だけは身内に頼んでみました。
(全財産を遺すという条件つきで)
それでも、財産は国にでも寄付してください、
いらないので、とにかく死後の納骨もしてあげたくない、
お金があるなら業者にでも頼んでくださいと言われました。

軽く絶望したけど、教会に通って洗礼を受けてクリスチャンになる決心をしました。
死後はミサをあげてもらえて、教会内の共同墓地に納骨してもらえるので。
スレ違い、すみません。
でも、死後が怖いというのでなく、現実問題として、
ここまで天涯孤独を感じると、宗教に頼りたくなるというか、
頼らざるをえないよなと。

538優しい名無しさん2021/06/23(水) 00:12:32.62ID:Hl50r0R+
>>537
>それでも、財産は国にでも寄付してください、
>いらないので、とにかく死後の納骨もしてあげたくない、

これ事実なの?
ぞっとするんだが

539優しい名無しさん2021/06/23(水) 04:22:35.38ID:ZQbOn4gp
>>538
事実です。
ただ、前置きがあって、
父が、私に障害があるのを不憫に思って、
全財産を私に残すという意向を示したので、
それ以来、兄弟・姉妹からは疎まれています。

納骨すら拒否された件で、父は考えを改め、
財産は兄弟・姉妹に平等に残すとしたのですが、
それでも、私と絶縁したいというか、
自分たちの子ども(私にとっては甥や姪)に迷惑をかけないでほしいと言われました。
子どもに火の粉がふりかかるのを避けてやりたいという親心なのでしょう。

私は婚期を逃して、今後結婚したとしても、子どもは産めないので、
死後、無縁仏になるし、両親と同じ墓に入ることはできません。

なので、今日、教会に行って、信者になることを相談してきました。
でも、死後、無縁仏になるのが怖いのは、やはり私は死後の世界を信じているのでしょうね。

540優しい名無しさん2021/06/23(水) 05:19:18.50ID:UAF7eHFC
若い頃は宗教を信じる人は馬鹿しかいないと思っていたし
非出生主義なんて最も狂った思想だと思っていたが
タナトフォビアを発症してからどちらの気持ちも解るようになった。

神がいてほしいという藁にも縋る気持ちも
生まれなければ死の恐怖に怯える事もなかったという後悔も
どちらも痛いほどよく分かるようになった。

この世がどこまでも物質世界で
オカルト的現象や概念を許さない世界である事も、
人類の知能が良くなりすぎた事、知らなくていい事まで
知って解ってしまう程に頭が良くなりすぎた事も、
全てが自分にとっては不幸だ。
類人猿や猿そのものに生まれたほうが余程良かった。

541優しい名無しさん2021/06/23(水) 08:09:27.60ID:/X0BJZes
立花隆さん亡くなったか
臨死体験の本好きだったわ
全て脳内現象だと証明する為に自ら病院に行って調査してたけど不思議な例が多すぎて今の科学では説明不可能だと諦めてた

542優しい名無しさん2021/06/23(水) 08:38:19.48ID:SzXC9mEV
>>541
そう。でも散々調べた結果、死後の事はわからない。だから考えなくていい。死に際は安らかになるからそれでいいって結論になっちゃたね。(著書 「死はこわくない」より)知の巨人も死後の事は最後まで分からずじまいだった。

543優しい名無しさん2021/06/23(水) 11:17:35.07ID:rZCZqYTr
動物は本能で死を避ける行動はするけど人間みたいにいずれくる死の恐怖を思い悩んだりはしない
この決定的な違いは人間には自分を客観的に自分だって理解できる「自己意思」があるからだけど
科学的に地球上の動物でこの自己意識がある動物はどの種か調べるためにマークテストという実験されていて、
これは動物の額にテープとかでマークをつける、その動物の前に鏡を置いて自分の姿を見せた時に、この額のマークを取る動作をした動物には自己意識があるらしいのだが
この実験の結果、人間意外で自己意識がある動物は猿の一部、イルカとシャチ(他の一部の魚でも合格したという報告あり)、ゾウと豚だけたってな
豚より犬や猫のほが自己意識持ってそうだけどどうも感情表現が多いのと自己意識があるかどうかってのは別みたいね

544優しい名無しさん2021/06/23(水) 19:18:56.67ID:55XZWf9d
立花隆さん亡くなったの!?
まじか…ショック…

>>539
今何歳なの?婚期逃した人達が、今後連れそう人を探す場もあるからそこまで悲観しないで

545優しい名無しさん2021/06/23(水) 21:12:38.99ID:Hl50r0R+
>>539
なぜ反応したかというと、自分も障害があるから

正直いって、兄弟姉妹が異常だね
結局財産は平等にわけたのに、それでも絶縁?
甥姪が貴方の障害で迷惑になるって?

現実は色々あるから、親族が外の人間に対して「隠したい」事実はあろうが、
親族内ですら「恥ずかしいもの」的扱いは異常

546優しい名無しさん2021/06/23(水) 21:48:52.55ID:ZQbOn4gp
>>544
知人の知人が、老人ホーム内で出会って、
(だんなさんを亡くした女性と、奥さんを亡くした男性)
結婚した例があるので、結婚については悲観していません。

でも、その知人の知人の例でも、お互いの子どもたちが遺産のことで反対してきて、
結婚しても、死後は遺産を全て子どもに残すという約束で、
なんとか結婚の了承を取れたそうです。

私からしたら、そんな子どもに了承取らずに、勝手に結婚したらいいと思ったんですけど。

547優しい名無しさん2021/06/23(水) 21:56:51.70ID:ZQbOn4gp
>>545
後だしですみません。
実は、闘病記を出したいという気持ちもあり、
それが兄弟・姉妹の怒りをかったのかもしれません。
でも、同人誌的なもので、知り合いや、地元の社会福祉協議会などに配るだけで、
全国出版などは考えていません。
自費出版は、かなりぼったくられると聞いていますし。

でも、同人誌の話の前から、かなり感情の軋轢はあったので、
一番の原因は、父の財産をめぐってのゴタゴタだったと思います。

人間は、やはりお金の問題で、一番もめると実感しました。
「財産」といえるほどの、たいした額ではないんですが。

548優しい名無しさん2021/06/23(水) 22:04:44.40ID:ZQbOn4gp
>>547
闘病記を出すなんて、姪や甥のことを考えたら、勝手ですよね。
でも、甥や姪とは遠距離です。

私は、実は、学校で臨時教員として働いていました。
田舎なので、鬱状態で年度途中で仕事をやめざるをえなくなったときに、
「鬱病」「もっとひどい病気では?」と噂が立ってしまっています。

父も闘病記を出すことは反対していましたが、
あまりにひどい噂が立っているので、逆に闘病記を出して、
全てを明らかにすることに賛成してくれるようになりました。

私は、今後、もう学校はやめて、塾で働くつもりです。

549優しい名無しさん2021/06/23(水) 23:52:01.08ID:+AYebWpt
あんあんしこしこ

550優しい名無しさん2021/06/24(木) 10:39:37.42ID:TS1hPnHf
風景はどれもほんとうに美しい。それにあきてしまうことは決してあるまい。ぼくはそうした風景を、ただなんとなく、朝に、お昼頃、或いは夕方、ときには夜にさえながめる、するとぼくのからだが

ぼくを逃れて、まじりあってゆくのがかんじられるのだ。
ぼくのたましいは歓喜の中をおよぐ、広大な、はてしない歓喜、黄色い平原のひろがりである歓喜、それを
ふちどっているのが山々や、木々や、小川や、小石だらけの、川床や、歯の千切れたち小灌木や、穴や、影や雲や暑さにふくれあがった踊る大気。

全的な充実か全的な空虚かわからないが、それがどうしたというのか? ぼくの精神はそこにあり、岩の輪郭に、樹皮にぴったりと密着している。
精神はそれとともに生き、ぼくとともに生き、くつろいでいる、
精神は空間、立体感、色彩、腐食、におい、ざわめき、騒音である。
そしてそれ以上のものである。ぼくの生命と時をおなじくするものなのだ。

551優しい名無しさん2021/06/24(木) 10:49:56.74ID:TS1hPnHf
生命はすばらしい、たしかにそうだ。だが恐怖が・・・・・身をかがめて自分をのぞきこみ、他人たちをのぞきこむと、すべて昇ってくるもの、咆哮するもの、うごめくもの、
たえず身を引き咲き、卵をうむものが眼にとまる。
怪物ども、いたるところに怪物ども

ニコゲに蔽われた窪みからそうっと突き出す、いとわしい死者の顔の数々、蜘蛛、爬虫類、蠅、
働き蜂、歯、口、蛸、環節、神経節、腸などの数々!
腹、がつがつした腹!
肛門 腺 跳ねあがる肉体、流れる血、このおぞましい液体の波はとまることがなく、けっしてかえってこずに、鼓動し、押し返し、槌でうち、その拷問と失神の道を切り開いてゆく!


ときには歩みをとどめてみたくなる。
何かべつのものが見たくなる。
だが
万物は
血を
隠している

万物はあまりにも生きている
おお
不滅の夜よ、
実在しない夜よ、ぼくの頭の上にひややかに崩れかかってきた静かな氷よ、何ものも示さず、引き裂かず、血ではない、限りない夜よ、
ぼくはしばしばおまえを欲する。

憩い。ぼくの疲労の報い、おぞましさと快楽とを終わらせることができるような甘美な平和よ、おまえにこぞぼくは憧れる。

一秒一秒が僕をお前に近づける。

おまえはそこに、その道に、きっといるのだ。

ぼくは自分をおまえからへだてる歩数をかぞえてみる。

552優しい名無しさん2021/06/24(木) 10:58:51.78ID:TS1hPnHf
いつになっても、ぼくにはなぜ恐怖をいだくのかが言えまい。
それはぼくの内部にあり、そしてぼくがこの影を追いかければ追いかけるほど、それはぼくから逃げてゆく。
だがそれでも、それらの怪物は実在するのだ!
詩的な創造物ではないのだ!
奴らはぼくの中にうごめき、ありとあらゆるものの内部にうようよしている。
奴らはそこにいる。
多種多様な形をした。
いまわしい。
壮麗な。
デリケートな。
むさぼり食うやつら。
昆虫ども、何千万もの昆虫ども。
生きた獲物をかじる幼虫ども。
吸い取る幼虫ども。
仔を孕む奴ら。
卵をうみつける奴ら。
鹿の咽喉に巣食う虫ども。
がまがえるの鼻の穴に巣食う虫ども。


タナトフォビアってこんな感じだろ。

553優しい名無しさん2021/06/25(金) 00:19:57.39ID:NPB0rFDW
京都橘大学ってとこの日比野英子学長が新入生への言葉の中で不老不死について言及してるけど、このひともタナトなんかな
https://www.google.com/url?sa=t&;source=web&rct=j&url=https://www.tachibana-u.ac.jp/4ab1b215529e1525b966d594a457ad534804fae0.pdf&;ved=2ahUKEwjEy8rkyLDxAhVNIqYKHeOEDlQQFjAMegQICBAC&usg=AOvVaw01CqMRw1VX89z005V_j1EO

554優しい名無しさん2021/06/25(金) 02:56:54.10ID:4bDqdMt1
>>550から>>552
アルトー?
アルチュセールかドゥルーズ?
それとも、カットアップ?

今、近くに大きな図書館がないから、分からない
パロディで自分で作ったなら、すごい才能

555優しい名無しさん2021/06/25(金) 14:53:24.17ID:lg7bfOQr
死ぬのはとても怖い
でも、永遠も怖い
知らないうちに産まれていたように、知らないうちに死んで欲しい

556優しい名無しさん2021/06/25(金) 21:47:57.50ID:3xBq5OHw
生きていて何も楽しいと思うことはないけど毎日毎日死ぬことの恐怖で目の前が真っ暗になって発狂してしまう。家族にも友人にも笑われて理解されない。生き地獄。

557優しい名無しさん2021/06/26(土) 01:38:49.44ID:CTPppbxs
>>547
闘病記かぁ…それはきついな

テレビではバリバラ、動画では障害者ユーチューバーとかどんどん
出てるので、別に世間に公表するのもありかな?と勘違いしてしまいがちだけど
極々一部だからねそういう人は、ほとんどは当然ながら隠してるし

勝手な推測だけど精神か軽度知的ですか?
肌感覚だけど遺伝性のない軽度身体や難病の類ぐらいかな
現状で公表しても、それなりに世間様に受け入れられるのは

558優しい名無しさん2021/06/26(土) 03:03:37.08ID:zLB9ijjD
>>557
親には当然、反対されましたが、
548の理由で、逆に全てを明らかにしないと、
地元では働けない状況です。

甥や姪に対しては申し訳ないけど、
もし婚前にいろいろ調べる相手だったら、
どのみち、うちは結婚相手から外れると思います。
私以外にも精神疾患の人がいるので。

私もそのことを知らなかったのですが、
私が心療内科に長年通っていることを相手が知り、
カミングアウトしてくれました。

私は、そのおかげで、確定診断が難しい病気ですが、
遺伝性が考慮されて確定診断が出ました。
もし、今後も働けない状態が続けば、
障害年金用の診断書を書いてくれると主治医は言ってくれました。
なので、カミングアウトすることで、利点もあると思っています。

559優しい名無しさん2021/06/26(土) 03:09:13.47ID:zLB9ijjD
タナトスレなのに、スレチすみませんでした。
でも、私は両親双方の祖先、親族を徹底的に調べ、
「どんな家でも三代遡って、傍系まで調べれば、何かの病気を持っている」と
大学の一般教養の心理学で聞いた言葉は真実だったと思いました。

そして、「病気の遺伝子が、災害・戦争などの非常事態では有利になることもある」
という言葉も、真実だったと思いました。

全ての生きているものに、生きている意味があると、今は思うようになりました。
だから、今は、生が怖くなくなったので、死も怖くありません。

560優しい名無しさん2021/06/26(土) 04:52:18.02ID:6QmFdcYA
>>555
これ

561優しい名無しさん2021/06/26(土) 05:26:38.63ID:zLB9ijjD
私はドーピングして多幸感を味わってしまったので、
永遠も怖くありません。
(偶然ですが、抗うつ剤でセロトニンをMAX上げる処方を経験してしまったため)

562優しい名無しさん2021/06/26(土) 10:33:34.42ID:IkGAFIyh
永遠にそれはきつくない?何万年何兆年何億年何京年…宇宙が滅びても生き続ける身体だったとしたら、それはそれできつい気がするよ
あと100年、200年ならまだ

563優しい名無しさん2021/06/26(土) 10:38:25.53ID:zLB9ijjD
楽天家の友人は、
「今日のことを考えるのでせいいっぱい」
「そんなに先のことを考えたことがない」
と言ってたけど、それに近いような違うような。

今この一瞬が幸福という怒涛の多幸感を味わうとともに、
永遠も怖くないという不思議な感覚だったので。

某先生には、「鬱転したら、反動が怖いので、早く変薬するように」
と言われたので、月曜日に病院行ってきます。

564優しい名無しさん2021/06/26(土) 12:30:12.05ID:f1gTXkKP
タナトフォビアの人でアペイロフォビアも併発している人はいないのでしょうか。死んだ後に待っている永遠の無が怖くて怖くて仕方ないです。

565優しい名無しさん2021/06/26(土) 12:45:09.09ID:qRNDniRs
>>564
私もです。むしろ死ぬ事その物よりも
無になる事やそれが永遠に続く事を恐れている人の方が多いのではないでしょうか。
あくまでも死は過程でしかないのですから。

私はそれに加えコスモフォビアも併発していて
己の人生だけでなくこの世の全てが虚しくて仕方がありません。
科学や物理学を通してこの世の事象や物質を見ると本当に夢や救いがないと解る。
私は理系になるべきではなかった。もっと文系な思考でいるべきだった。

566優しい名無しさん2021/06/26(土) 13:00:24.23ID:BcLuA1ni
生まれる前に決めて来たとかじゃなくて、自分で
死ぬ時も無になる時も決められたら辛くなさそうなのになあと思った
立花さんの本最近読んでみたけど、不思議な臨死体験の色んな実例は
興味深かった、でも死後の世界があるかはわからないので
死後の世界があると実感持てるような不思議体験したいなあと思った・・

567優しい名無しさん2021/06/26(土) 21:27:45.58ID:6QmFdcYA
>>564
同じく

568優しい名無しさん2021/06/27(日) 06:14:57.17ID:JDkegTPc
>>555
自分も本当にこれを望んでいるよ
そして自分は病気の苦しみも大変恐れているので
希望が叶うとしたら、全身麻酔手術中の死亡事故ぐらいかな…
重度認知症は嫌だし

>>564
自分もそれ
(病気の痛みは当然として)死後の永遠や無限が本当に怖い
宇宙のことを知るのが好きなくせに、色々調べていると恐怖を感じる

探査機ボイジャー、パイオニアのことを調べていて、太陽圏外に達して
宇宙にポツンと飛行しているのを想像したら怖くなって冷や汗が出てきた

569優しい名無しさん2021/06/28(月) 00:39:24.04ID:U9RGDFKQ
スレチごめんなさい。
昨日、教会のミサに行って、クリスチャンになることを決心しました。
また、闘病記を出そうと思って、第一章は書き終えたところでしたが、
それを世の中に出すことも、これ以上書くこともやめることにしました。

親族に迷惑がかかるというより、
今まで関わった子どものことを、どうしても書かざるをえなくなり、
そうすると、本当に赤の他人に迷惑をかけることになるので……

地元では「病んでる人」と噂が立ってしまっていますが、
面接では、カミングアウトして、薬でコントロールしていくこと、
それが可能な病気であることを伝えて、それで雇ってくれるところを探します。
というか、既にほぼ決まっています。

闘病記を出すより、そこで地道にコツコツ働くことで、
病気への偏見をなくしていくほうがいいという結論に自分の中で達しました。
ミサで、いろいろなことを感じたためでもあります。

私は、小さい頃に少しだけ霊感があったので、
無神論者には絶対になれません。
「永遠」が怖いという感覚も、昔はあったけど、今はありません。
ドーピングしてるとき、一瞬=永遠という感覚があったので。
そういう感覚を経験できたのも、病気のおかげだと思ってます。

570優しい名無しさん2021/06/28(月) 02:19:22.58ID:/7bBa9AC
みんなコロナは怖がっても死ぬこと自体は怖がらないのが不思議だ
タナトをどう説明すれば伝わるんだろう
コロナワクチン開発に金つぎ込んだように不老の研究に金つぎこんでほしい

571優しい名無しさん2021/06/28(月) 09:40:57.94ID:V1CaJ/RC
>>570
>みんなコロナは怖がっても死ぬこと自体は怖がらないのが不思議だ

小学生の頃、夏休みに入った7月21日あたりに誰しも夏休みが終わる8月下旬の気分や宿題のこと考えてないじゃん
海やキャンプに連れて行ってもらうことや友達やいとこの家に泊まりに行ったり今の楽しみしか考えていない
たまに宿題全然やってないけど大丈夫かな?なんて頭をよぎったりするけど基本ガン無視
タナトじゃない人は死についてもそんな感覚なんだろな

572優しい名無しさん2021/06/28(月) 13:34:34.69ID:mnTOC3g+
いや、死ぬのが怖いからコロナを恐れるんでしょ?

573優しい名無しさん2021/06/28(月) 14:30:14.24ID:Srfa8I78
>>572
コロナに感染発症したら最悪数日で死ぬ可能性もあるからタナト以外の人も恐怖するんじゃない?
そうじゃない人生の最後に迎える死については夏休みの最後の日みたいにまだまだ先みたいな呑気な考えして麻痺してると思われ

574優しい名無しさん2021/06/28(月) 14:31:26.59ID:BpVqbJnR
若い奴の中にはコロナになっても重症化しないだろって思ってる楽観的な奴が多い
重症化しないだろ=死にゃあしないだろってまさにコロナを風邪やインフルの延長線上としか捉えていない
これだけ毎日ニュースやネットでコロナの恐ろしさを伝えているのにも関わらずだ
一人暮らしの独身もそう、コロナになっても最悪罹患するのは自分一人だけだと思っているから危機感が少ない
結婚して妻や子がいたり親兄弟と同居している人間の方が危機感や衛生観念はしっかりしている

ただそれは老人にも言える事で、コロナになっても死ぬのは自分一人だけだって捨て鉢な考え方の老人や
単純な無知や根拠無き自信で自分だけはコロナになったりしないだろうと思っている老人もいる
結局は死を意識するのがタナトは早くて一般人は遅いのと同じで
コロナに対する危機感も死を意識している度合いによって、
正確にはコロナを死に直結する病気と認識している度合いの強さによって違うのだろう

575優しい名無しさん2021/06/29(火) 13:21:10.29ID:vQT7pnIQ
死ぬのがとっても怖い
病気がとっても怖い

576優しい名無しさん2021/06/29(火) 22:33:31.80ID:6LXC7TG7
たしか、病気になるのが怖い病は強迫性障害の一つとして認知されているのに
死恐怖だと何それ?となる

なぜ?

577優しい名無しさん2021/06/29(火) 22:56:36.92ID:AoCkDMff
あと百年遅く生まれたかった
恐怖をなくす手術できないかな

578優しい名無しさん2021/06/30(水) 01:38:25.04ID:tuLQ+yzl
>>561
なんという薬でしょうか?
自分も紛らわせてみたいです。

579優しい名無しさん2021/06/30(水) 08:23:28.34ID:qmEOFRLe
医療用大麻も解禁になった事だし、ホスピスに大麻を置いて吸い放題というのはどうだろう? 

580優しい名無しさん2021/06/30(水) 08:44:40.92ID:qmEOFRLe
>>578
セロトニンを上げたということなのでSSRIだね。ジェイゾロフト、パキシル、レクサプロといった薬だな。

581優しい名無しさん2021/06/30(水) 13:30:20.43ID:RbLtfCuI
>>578
レクサプロ+リフレックス(レメロン)+レキサルティです。
レキサルティはアメリカでは鬱と躁鬱にも適応あるけど、
日本では適応外になるので、処方してくれない医者が多いみたいです。
この三つの組み合わせは、本当に偶然だったんですが、
セロトニンをMAX上げる処方だったんですよね。

582優しい名無しさん2021/06/30(水) 13:38:52.95ID:SvOvqWWr
>>581
前にリフレックス飲んだらものの30分くらいで物凄い倦怠感が出て翌日もそれが残ってて仕事休んだよ
レクサは射精不能になった・・

583優しい名無しさん2021/07/01(木) 01:32:10.81ID:RearDz1t
何歳まで生きても今日みたいに死にたくないまだ生きたいと思うんだろうな
まだ生きたいと思う

584優しい名無しさん2021/07/02(金) 23:30:29.88ID:C14Hc8ed
コロナワクチンは打ちたくないという人いない?
逆にそういう人多そう

自分もそうw

タナト→将来の不安、わからないものへの不安が多い→新型ワクチンへの恐れ(長期的副反応が検証されていない)

585優しい名無しさん2021/07/02(金) 23:58:55.34ID:cpem1nw4
今40だから普通に寿命まで生きられたら38年か哀しいなあ

586優しい名無しさん2021/07/03(土) 03:18:26.32ID:XySohd+3
>>584
全面同意

587優しい名無しさん2021/07/03(土) 09:35:57.45ID:MSQlJfhs
突然発作が起きたらどうすればいいのか分からない

588優しい名無しさん2021/07/03(土) 13:07:04.37ID:j3SSZJHB
人生あっけなかったな、もう終わりかよくらいの感覚
あと20年生きてもそれは同じだろ

589優しい名無しさん2021/07/03(土) 17:53:33.56ID:+eeUwCCp
>>588
長い闘病の末、70代中盤にガンで亡くなった叔母の言葉を思い出す

「人生なんてあっという間だよ」

590優しい名無しさん2021/07/03(土) 21:02:25.84ID:CDKNuV99
>>589
俺も母親に子供の頃よく言われたな
20くらいまでは頭では「そうなんだろうね〜」なんて思ったけど
40代になって折り返し地点にたつと実感としてよくわかるわ、言葉が腑に落ちるってこういうことなんだろね

591優しい名無しさん2021/07/04(日) 10:14:38.42ID:Iu3K6LpE
寿命が大体80年だとして二十歳の頃ならまだ四分の一だが
40歳になったらもう半分だからね…やはり人生80年は短すぎる
でも人類の平均寿命が800年でも8000年でも80000年だとしても、
残り少なくなったらやはり同じように人生は短いって愚痴るんだろうな…

592優しい名無しさん2021/07/04(日) 18:49:45.10ID:SqgV3bmg
今、50代後半だが40歳過ぎの時に、あと人生半分だなと思い、仕事をセーブして人生を楽しもうと興味がある事を色々やり始めた。

それでももっと若い時からやっていれば良かったと後悔する事がいくつかある。ぼんやりルーチンの毎日を送っているとホント人生あっというまだよ。

593優しい名無しさん2021/07/05(月) 00:17:50.62ID:dSncMLPi
>>585
しかも健康寿命はもっと短いから


はぁ…不安とイラつきのこの世界から逃げ出したい

594優しい名無しさん2021/07/05(月) 01:18:57.75ID:j6GITFa9
>>585
しかも今までの40年と同じ速度じゃなくて数倍速で残りの40年は進むからね
俺も40代になったけど、例えば20歳の時の3~6歳くらいの記憶ってテレビの白黒映画みたいにすこく不鮮明な遠くの過去に感じたけど
40歳になった時に振り返る20年前の頭の中の記憶映像ってめっちゃ鮮明のカラー映像で思い出せるもんな、成人式に昔の友達と会ったことや運転免許取った瞬間とかありありと思い出せる
20年前まだ学生でバイト帰りの中央線で中野駅にさしかかるあたりで友達から「ヤベーぞ、アメリカ大変なことになってる、世界戦争になるかも!」って飛行機が貿易センタービルに突っ込んだっていう9.11を知らせるメールが来たこととか昨日のことのように思い出せるよ
だから今折り返し地点だけど残りの40なんかあっという間に来るんだろうな・・

595優しい名無しさん2021/07/05(月) 03:50:06.59ID:SYZTYANG
>>584
タナトには珍しい?かもだけど自分はワクチン早く打ちたい
プロゲーマーの梅原さんの話で中等症でも結構深刻なんだと認識してから海外の記事とかも含めてワクチンについて調べたらそういう結論になった
mRNAは一定の役割を果たしたら体内で分解されるから長期的な副反応は出ないだろうと言われてる
そうするとコロナで中等症以上のものになったり後遺症が残ったり亡くなったりする可能性のほうが高いかもなぁと

そういえばDNAと似たものでテロメアが寿命に関係あるって言われてて老人は短くて赤ちゃんは長いらしい
それでこれを伸ばす?研究もされているって聞いたことあるけど実際どうなんだろ

596優しい名無しさん2021/07/05(月) 17:29:41.45ID:dSncMLPi
>>595
死ぬのは怖いと思ってるけど、近いうちに死ぬとは思ってないから
(だから、ワクチンを一刻も早く打ちたいとは思っていない)
コロナ感染より、交通事故にあう可能性の方がまだ高い気がするけど
だからといって毎日交通事故にあうかもしれないとビクビクしているわけではないのと同じ感じかな

それより、将来の不安とか先の時間の不安が強いんだよ
想像がしにくいものとか、長期に渡るものに対する不安とか(無限も究極の長期だし)
ワクチンの悪性の長期的副反応について完全に説明できる人はこの地球上に誰もいないし
(死後の世界についても同様に誰も経験者がいない)

「夢」の科学の結晶とされた原子力もPCBも石綿も結局あとから最悪なものだとわかった
ワクチンがそういうことにならないか不安がある
なお自分は陰謀説とかは信じない

597優しい名無しさん2021/07/05(月) 19:19:17.53ID:A59wOOii
河野太郎とビル・ゲイツのツーショット写真を見ても?

598優しい名無しさん2021/07/05(月) 22:25:55.32ID:1cNb0AIg
友達の妹が自殺したって話を聞いてめちゃくちゃ怖くなってしまった。まだSNS残ってるし、もうこの人は居ないんだなって思うと本当に辛い

599優しい名無しさん2021/07/05(月) 23:41:06.58ID:8Ms3eZdI
その人がこの世から消滅してもその人の痕跡は残るというのは恐怖だと思う
偉人とか大企業の社長や天才科学者レベルの人物が残す物と違って
ただの一般人が残すSNSとか日記の類は、
その人の遺族や知人でもない限り見てて辛さ・悲しさ・薄ら寒さしか感じない
もう絶対に更新される事がないツイッターやブログはまさにそれだ

600優しい名無しさん2021/07/06(火) 00:05:26.38ID:41tXMwNn
>>599
自分の意識の消滅から考えたらそんなのはまったく意味ないことだよ、モーツァルトやジミ・ヘンの作品が死後長く残ろうとも無になった当人達は知る術もない
タナトは死んだ後の事が怖いんじゃなくて今の肉体と自我意識が無になるっていうことなんだよなー

601優しい名無しさん2021/07/06(火) 02:28:28.95ID:oTx57Gav
>>599
自分が死んだあとなどどうでもいいと思いつつ、
PCのブックマークには人に見せたくないものが沢山入ってるし、
どん引きされる性癖とかもあるし、そういった趣味の類のものも部屋に沢山あるし

もし親族が片づけに来たら、うぇー気持ちわりーの連発だろうな
そういうのが心配

裏表なく品行方正な人って凄いは
もちろん見られたくない日記とかそういうのは誰にもでもあるけどさ

602優しい名無しさん2021/07/06(火) 17:28:10.88ID:wxgI//mg
>>600
いちいち意味がないと言うのやめてくれますか?
死後の無が恐ろしい事は皆前提の上で、
それ以外にも死に関わる事で不安や恐怖を抱えているタナト患者もいるのですから。

603優しい名無しさん2021/07/07(水) 01:21:02.94ID:Av3YCsOD
>>600
タナトでも色々な種類があるから
少なくとも>>1に記載があるぐらいに

自分は自我が無になることは全然怖くない
肉体が無くなることも別に構わない
ただ死後の無限の時間が怖い

604優しい名無しさん2021/07/07(水) 01:52:10.37ID:+FAy2rWg
>>603
宇宙が無限に広がってくのはまだしも数を割ってくと0.000000000.....て小さい方にも無限に続いていくことについては?

605優しい名無しさん2021/07/07(水) 02:28:01.58ID:eh9Wd36o
有の世界=人間の世界
無の世界=神の世界
でも、0に限りなく近づけるということは、
神の世界はありえるということらしいよ

606優しい名無しさん2021/07/07(水) 07:09:00.45ID:VnGUD2Ss
ここには死が怖くならないように努力しようとする人があまりいない 死の恐怖をかたるだけ
本当にタナトの人は死が怖くない人自体がありえないのかな?
俺は死を認識して以来、死が怖くならないようになるために生きてきたようなもの

607優しい名無しさん2021/07/07(水) 07:50:54.72ID:Sj3jHZG6
いつもタナトって略すると忘れがちだけど
タナトフォビアのフォビア=恐怖症だからね
怖くなくなるという事は恐怖症を克服したという事だから
このスレッドからも卒業って事になってしまう

608優しい名無しさん2021/07/07(水) 09:21:41.19ID:VnGUD2Ss
>>607
いやそうだけど、皆怖がっているだけで克服しようとは思わないの?

609優しい名無しさん2021/07/07(水) 14:31:53.04ID:Vo4qHEbK
思わない

610優しい名無しさん2021/07/07(水) 15:03:44.07ID:VnGUD2Ss
>>609
なんで?

611優しい名無しさん2021/07/07(水) 18:51:35.86ID:Av3YCsOD
>>608
強迫性障害の治療の暴露療法って知らない?
タナトの原因の一つは脳の誤作動だと思ってるし
(考え方や教育や社会背景よりも)

あと身体障害で難病の人が「前向きに生きよう」という考えよりも
「人生とは苦しく逃げられないものだ」という哲学者?の本を読む方が
しっくりするし落ち着くと言っていた
それと同じ感じ

612優しい名無しさん2021/07/07(水) 20:10:27.09ID:KkLnvrnh
>>611
タナトの暴露療法てバンジージャンプしたりスカイダイビングやロック・クライミングや首都高バトルのような死と背中合わせなことやれと?

613優しい名無しさん2021/07/07(水) 20:34:47.35ID:VnGUD2Ss
>>611
知っているよ
それに値するかはわからないけど、一歩踏み外せば死に至る岩場を登ったり、100kmを超えるマラソンやトレイルランニングを走っている
効果のほどはわからないが、その時は無心になれるし、生きている実感は得られる

614優しい名無しさん2021/07/08(木) 14:21:17.28ID:ICHd/ykd
タナトフォビアと子供のままでいたいっていうのは因果関係になり得るでしょうか

615優しい名無しさん2021/07/08(木) 15:48:17.51ID:y96HrJD8
暴露マン、森おじ……

616優しい名無しさん2021/07/08(木) 16:25:53.23ID:y96HrJD8
サイン爺……

617優しい名無しさん2021/07/09(金) 14:20:53.94ID:XmI4LJSd
安西大樹氏なら最強のタナトフォビアを克服する術を教えてくれそうな気はする。

618優しい名無しさん2021/07/09(金) 17:18:44.01ID:/9xOWYjJ
臓器提供意思表示どうしよう

619優しい名無しさん2021/07/10(土) 01:10:59.18ID:uHTyJ7Vf
>>612
潔癖症の治療に腐りかけた物を食えとか豚舎の糞溜めに顔突っ込めぐらいの飛躍した例えだな

620優しい名無しさん2021/07/12(月) 02:00:00.01ID:Vjxz7g55
生命は不条理そのものだ。

621優しい名無しさん2021/07/13(火) 19:57:27.73ID:MdDtahWK
正直克服してここを卒業したいよ

622優しい名無しさん2021/07/13(火) 23:08:34.53ID:64Dc+K1j

623優しい名無しさん2021/07/14(水) 21:30:32.57ID:XMa8ozC/
心霊番組もっと放送してほしい

624優しい名無しさん2021/07/15(木) 10:08:54.48ID:3desybl0
自分もワクチン怖くてうたない。
パニックもちで元々元気な時から無職笑
根暗ではないから、みんなで遊びにいくならあまり緊張しないけど、仕事っなると、おどおどキョロキョロ、うまく死ぬために道場でも通ってせいかくかえたほうがいいのかな。。もうアラフォーだけど。ここの人戦時中だったらどうなってたんだろうわ。。まだマシな時代のマシな国だったのかな。

625優しい名無しさん2021/07/15(木) 11:02:39.71ID:AMFhS9vv
>>624
あたまよわそ

626優しい名無しさん2021/07/15(木) 13:14:20.33ID:E1LDM452
>>623
確かに
心霊番組見てると怖いというより何か安心する

627優しい名無しさん2021/07/16(金) 20:23:33.10ID:Y9h3ZKf+
>>623

【テレ東心霊番組でまさかの「宜保愛子」 視聴者「令和とは思えない」と騒然】
https://www.j-cast.com/2021/07/15416287.html?p=all

628優しい名無しさん2021/07/16(金) 22:08:10.71ID:xfQrstYv
最後の最後まで悩んだけど
ワクチン接種してしまったわ…

正直、10〜20年後が怖いわ
不妊になるのかな
でも世界中探しても長期的副反応のことを答えられる人はいないし

感染した場合の後遺症、職場で後ろ指をさされる恐怖、どこも入院出来ないとか
目先の恐怖に負けて接種してしまったよ
インフルすら接種しない人間なのに

接種が進んでいる国でも接種率人口比50〜60%で頭打ちらしい
今後ワクチンに長期的な副反応が判明したら40〜50%の人は「勝った」ということだよね

629優しい名無しさん2021/07/17(土) 05:46:37.80ID:nOtWiNsX
またこのスレッドに戻ってきてしまった。
ここ数ヵ月は死の事を考えずに穏やかに過ごせたのに。
一度でも思い出すとだめだ。また初めてタナトを発症した時と同じ発作が襲ってくる。
一日、一週間、調子の良い時は一ヵ月も数ヵ月も死を意識せずに過ごせるが
問題なのはこの死を想う想像は本人の状況に関わらず、
いつでもふと考えてしまう時があるという事だ。

寝る為に布団に潜っている時。風呂に入り頭を洗っている時。
一人で仕事をしている時。友達と話し、別れて一人になった時。
どんな時でも、何気に思ってしまう事がある。貧富すら関係ない。
仕事が上手くいき財布の中に札束を入れていた時でも、
その日の食費にすら喘いでいた貧乏学生の時でも、
変わらず死の思考を止める事はできなかったし、
一人で部屋にいた時も、大勢の友人と酒を飲んで馬鹿騒ぎしていた時でも
死への疑問や絶望が頭の中を過ぎていって泣き出した事もある。

今が幸福でも、不幸でも、孤独でも、孤独じゃなくても、暇でも、忙しくても、
そんな事はタナトの発作には何の関係もない。
タナトフォビアは完治などできないのかもしれない。
どんなに忘れても切っ掛け一つで思い出すし、何より己が年老いたら嫌でも想起する。
今忘れたまま過ごしたとしても、いつか自分が身体を壊したり癌を患った時に必ず思い出すのだろう。
そしてその時の発作は今の発作よりより凄まじい物となる…。

630優しい名無しさん2021/07/17(土) 13:29:35.29ID:IEl/aLJy
どんな時でもとか、泣き出すとか、もうそのレベルだとたぶん鬱病か強迫性障害の類だと思うよ
自分がそうだったから
鬱っていうとやる気や意欲の喪失が主訴だけど、自分はほとんどそういうのがなくてひたすら死に対する恐怖
抗鬱剤で完全ではないけど治まったよ

当時色々調べたけど、死恐怖と鬱病を結び付ける医学的な話を全然見つけ出すことが出来なかったけど
主治医は鬱だと見抜いてくれた
たぶん誰も死恐怖に興味がなくて研究が進んでいないだけだと思う

というか強い死恐怖を抱えている人って、何らかのメンタル疾患を経験してないか?(死恐怖由来以外の)

631優しい名無しさん2021/07/17(土) 15:31:17.64ID:5k63FiVl
>>628
不妊にはなりません
親戚や友達に医者おらんの?

632優しい名無しさん2021/07/17(土) 15:34:33.65ID:5k63FiVl
まずこのスレに不妊になるかどうか気にするような人間いることが驚きだわ
こびナビでも見たら

633優しい名無しさん2021/07/17(土) 16:39:57.92ID:zS3K7Jgx
まぁ一種の不安障害や強迫性障害に近いよね
脳内物質のバランスもそっち方面だから
思考でなんとかしようとするより、肉体面へのアプローチも大事だと思う
両方経験してる身としては、死にたいも死にたくないも、かなり近いと俺は思ってる
意識が死に取りつかれてしまっている点では同じ
ビートたけしの言葉がとても俺には響く
「人は、死ぬのが怖すぎると死にたくなる」

634優しい名無しさん2021/07/17(土) 16:41:41.96ID:zS3K7Jgx
脳内物質のバランスもそっち方面だと思うから
断定的な発言になってしまったすまぬ

635優しい名無しさん2021/07/17(土) 21:16:19.29ID:IEl/aLJy
叔母が内科医やってるけど、その方面の専門家でもないし特に聞いてない
もちろんまっとうと思われるソースから読んでるし、それらによれば不妊の問題は大丈夫
ただ現時点での知見に基づく推測で、長期的人体実験は終了していないからね

接種してしまったから大丈夫という推測を信じるしかないけど
死を恐れる思考と同じで考えても仕方ないことを考えてしまうんだよね

636優しい名無しさん2021/07/17(土) 23:23:06.93ID:gtJH75Is
人は自分が変わってしまうことを恐れる
究極の変化が生→死

637優しい名無しさん2021/07/18(日) 03:36:37.24ID:3CkqhUO9

638優しい名無しさん2021/07/19(月) 05:16:07.24ID:xIDHcTFz
寝てるときに痛みも苦しみもなく死にたい

639優しい名無しさん2021/07/19(月) 16:20:43.43ID:xl5+ydew
別の場所のスレッドで5億年ボタンの話題になって、
押す派と押さない派が大喧嘩している所を目撃した
押す派は全部記憶が完全に消去されるなら全然怖くないしいくらでも押せるって思考で
押さない派は例え押した後の恐怖や後悔や発狂も全て忘れるとしても嫌だし
例え一兆円貰えるとしても嫌なものは嫌だ、という思考
両者の言い分は全く平行線でどちらも譲る気も折れる気も無しのままスレが沈んだ

それを見ていて、死後の無を恐れない者と恐れる者の感覚の違いに似ていると思った
恐れない人間は何も分からなくなるなら無も怖くないって平気で言うし
恐れる者はそうだとしても怖いものは怖い、これは理屈じゃないと言う
自分はこのスレにいる以上当然後者だから、無を恐れない人の気持ちは分からないし
5億年精神を幽閉されるボタンを平気で押せるって書いてる連中がサイコパスにしか見えなかった

640優しい名無しさん2021/07/19(月) 21:17:26.25ID:axzEf39y
老化で死に向かってると思うと哀しくなる

641優しい名無しさん2021/07/20(火) 10:48:57.31ID:Js7XD8wg
>>639
俺も似た感覚
死が怖いな〜って時には無限の怖さだけを考えることにしてる
そうすると死の方がマシかなって思えて回復するから不思議

642優しい名無しさん2021/07/20(火) 15:58:45.75ID:Qio0WOe8
>>177
これ俺だな

643優しい名無しさん2021/07/21(水) 19:24:13.07ID:oyotKx1H

644優しい名無しさん2021/07/21(水) 21:41:49.91ID:lBPwLV5o
>>1にタナトの類型が載ってるけど、
ずっと読んでればここの住人の大部分が無限恐怖と、宇宙恐怖だというのがわかる
自分は死の際の病気や痛み苦しみにも怯えているが、ガンや苦しい肺炎で死ぬわけでもないと
それを全力で逃避してる

645優しい名無しさん2021/07/22(木) 01:02:49.38ID:V9JiRaWN

646優しい名無しさん2021/07/23(金) 03:16:51.72ID:F9twn1fT
普通の人々は健康に気を使ったり死後の無を理解してはいても
普段は全くそんな事は考えずに生きていて、老人になっても四六時中は考えずにいて
己が癌になって残りの寿命があと一年以内とか数ヵ月とか言われた時に、
突然の心臓発作や脳卒中でブッ倒れて残り数分の命になった時に、
突然の喧嘩や通り魔に刺された時に初めて死の恐怖や無の絶望を実感するんだろうな…

看守の足音に怯える死刑囚の気持ち、
海外のテロ組織に捕まって数分後に生きたまま首を斬り落とされる人の気持ち、
墜落する飛行機に乗っている乗客の気持ち…
その人達の恐怖は普通の人には想像もできないが
タナトの人達はその数分の、数十分の一でも理解できる、実感ができると思う

647優しい名無しさん2021/07/23(金) 20:43:13.02ID:EJROfg/8
滝川クリステルがおもてなしなんてプレゼンテーションして「トウキョウ!」ていう掛け声と共に2020年東京オリンピックの開催が決まった時からもう8年やぞ
あのニュースを見た時「まだ7年後だけどなんだかんだで7年なんてすぐなんだろな」なんてふと思ったのをなんとなくじゃなくて超リアルに覚えてるけど
実際には1年遅れの8年後だけど今開会式を見ながら本当に時間なんてあっという間だと痛感するわ
あの滝川クリステルのおもてなしプレゼンのニュース映像が流れた年に小学校に入学した子供が今やもう中2だぞ
あの「トウキョウっ!」のニュース映像見たのついこないだやろ・・

648優しい名無しさん2021/07/24(土) 18:53:46.39ID:7gDcG2r3
>>646
そう思うのはタナトだけ
みんな案外安らかに死んでるよ

649優しい名無しさん2021/07/24(土) 20:10:46.81ID:Z83kWacz
>>647
そうやってあっという間に月日が経っていくのさ
タナト唯一の逃避場所である「まだ死ぬ歳ではない」があっという間に
「そろそろ」になり、いよいよその時が来るのさ
絶対に絶対に逃げることの出来ない領域が

650優しい名無しさん2021/07/24(土) 20:56:52.20ID:M7z3oIc8
>>648
何故言い切れる?
>>649
何故怖がらせる?

651優しい名無しさん2021/07/25(日) 16:22:14.90ID:mnyqZBNz
みんな名を残すのに必死なんだろう
大金持ちは富も名声も手に入れると歴史に名を残すのが人生の目標になったりするし
今五輪で金メダルを手に入れようと頑張っているスポーツ選手も
大企業を築き上げ世の中を便利にした色んな会社の社長や会長も
新発見をしてノーベル賞を受賞した科学者や医学者も
全ての成功者も、敗北者もすべからく皆努力していたのだろう

彼らの内何%が死の間際に「良い人生だった」と満足して死ぬ事ができただろうか?
タナトの自分なんかはとても駄目だ、どんなに成功した人生を送ったとしても
老いて寿命が風前の灯になったら間違いなく「俺の人生なんだったんだ…?」
と後悔する未来しか見えない、何故なら死んだら自分の人生を振り返る事もできないし
己の遺した所業を確認して噛み締める事もできないし自分の葬式に出席する
数多の人達の姿も泣いてくれる人の事も認識できなくなるからだ
どんなに現世で成功しようが名を残そうが死で全てが無意味に化すのだ

そしてこれも己で自覚しているが、こんな思考の人間は間違いなく社会で成功なんてしない
社会で成功するのはいつか死ねば自分が無になると承知で
自分が稼いだ金も地位も名誉も己にとっては全て無になるとしても、
それでも努力をし続けられる者だけだ
長くても80年や100年そこらで全てが無意味になると覚悟した上で
無気力にならない者だけが偉人となり歴史の教科書に名を残せるのだ

別に努力する者を揶揄や皮肉っている訳じゃない
彼らの思考と生き方が正しくて健康的で、
タナトの自分の考え方が歪つで不健康なのは明白だからだ
彼らがタナトのこの「どうせ無になるなら何をやっても無駄だから何もしない」
という思想を聞いたら本気で呆れ嘆き叱り飛ばすか、
言い訳を探して努力を放棄した怠け者の戯言だと嘲笑するだろう

652優しい名無しさん2021/07/25(日) 21:26:29.51ID:PmG9O7Ek?2BP(1000)

俺は不老不死に賭けたい
死が避けられぬものだと諦めて狂うより
最期まで戦い続けていたい

人間は空飛んだり星飛び出したりしたんだ
死も越えられると信じていたい

653優しい名無しさん2021/07/26(月) 09:14:07.03ID:igciyVKH
>>652
君自体はどうやって戦うの?
何かの研究者?
それとも他人が不老不死の薬でも発明するのをひたすら祈るの?

654優しい名無しさん2021/07/26(月) 17:49:22.69ID:8x3tdAF6
>>652
この猫はどうやって出すの?

655優しい名無しさん2021/07/26(月) 20:18:34.11ID:y/lEjU3a

656優しい名無しさん2021/07/26(月) 20:46:17.42ID:sZb3ADM3
やっぱり哲学しかないな
中島義道くらいだし。タナトを正面切って相手してる人は。
科学も宗教も、死をどーでもいいこととして扱っている点では同じレベルのうんこ学問

657優しい名無しさん2021/07/26(月) 22:43:31.44ID:mHro6irg
タナト患ってる人って離人症も併発してない?
自分はそうなんだけど

658優しい名無しさん2021/07/26(月) 23:06:17.41ID:EKx+MLow
外界から切り離されているような感覚だな?
常に世界とは一枚透明な壁で隔たれているようで
現実感がないのは確かだ
オープンワールドのRPGをやっているみたいな感覚でもあるな

659優しい名無しさん2021/07/27(火) 16:26:02.43ID:1sQ5CjA8
いつもではないが唐突に俯瞰的になることはあるね
こいつらゲームのプログラムかな?みたいな感覚が突然来る

660優しい名無しさん2021/07/27(火) 16:35:14.20ID:Omkyaofn
今ここにいないからだろな

661優しい名無しさん2021/07/27(火) 17:32:31.40ID:FkuO6v2P
>>653もう研究者にはなれそうもないから投資とかで貢献出来たらいいな
あと健康に気を使って技術ができるまで長生きする

>>654猫の出し方はよくわからん

662優しい名無しさん2021/07/27(火) 21:31:46.06ID:IYEb6j36
不老不死とかいらんわ
永遠の生も永遠の死と変わらないから

何となく人生最期は想像がつく
今タナトで怯えてるけど、病気で末期になれば死への恐怖より現実の痛みに耐えられなくなるわ
「もういいわ」となった瞬間に苦しまず死ねるための法整備と医療制度が必要

663優しい名無しさん2021/07/27(火) 23:20:18.48ID:H597TOyv
このスレに結婚してる人いる?

664優しい名無しさん2021/07/27(火) 23:34:45.26ID:1sQ5CjA8
ルーマニアでさんざんレイプされて死んだ女子大生思い出して悲惨だなーとふと思った
でも、俺達にも必ず来るんだよね。必ず自分が死ぬ場面が人生の最後に来る
自動車事故のように一瞬で終わる場合とか病死とかいろいろあるけど、
まあ確実にその場面を自分が体験すると思うと不思議だね

665優しい名無しさん2021/07/28(水) 01:10:27.41ID:c3f4JU/d
野生動物ならまだしもコンビニのサラダチキンとかケンタのチキンになるためだけに無理矢理生まれてきたニワトリとか実験用のマウスとか
この瞬間にも物凄い数が屠殺されて人間の養分になってるんだから人間だけ不死とか調子いい話はないわな

666優しい名無しさん2021/07/28(水) 22:56:49.37ID:zqUqWSED
「出産は犯罪」に賛成する人が居そう

病気で苦しむ前はタナトがあってもそんなこと思いもしなかったけど
闘病が長引くと確かに…と思うようになった

667優しい名無しさん2021/07/28(水) 23:33:27.77ID:SnbpR+FQ
産むなとまでは言わないが、すべての親は祝福すると
同時に後ろめたさは持ってほしいとおもう
そして子どもに何も求めてはダメよ
勝手に産んでくれちゃったんだから
自我を持つ頃には何もかもが手遅れなんだから

668優しい名無しさん2021/07/29(木) 00:09:39.44ID:mEYmjmly
タナトだとやっぱりオリンピックにはまったく興味なし?

669優しい名無しさん2021/07/29(木) 09:12:51.86ID:Q4x2pocA
死ぬのは気が狂うほど怖いが、逆に生きてて良かったって思うことは結構ある
みんなSEXとかしないの?

670優しい名無しさん2021/07/29(木) 10:40:24.03ID:CiIHrWpJ
どんな幸せでも死という不幸を相殺することはできないし
その幸せも誰かの犠牲によって成り立っている場合が多いから虚しい
工場式畜産とか児童労働とか

671優しい名無しさん2021/07/30(金) 20:18:26.89ID:5SqfZk+i
>>668
お祭り感や一体感で心地良くなれるから結構見るよ
でも過去の名選手が老いて予選で敗退したり、引退して解説の仕事をしてるのを見ると怖くなる

672優しい名無しさん2021/07/30(金) 21:29:48.95ID:xFaxcGol
>>671
わかるわ
え?あの選手がこんな老人になってしまったの?!みたいな

今までは過去映像と言えばアナログだから、「過去」と「現在」の時間を
それなりに流れとして捉えられるけど、
これからは過去も現在もデジタルだから、時の流れが「浦島太郎」になる
生老病死があっという間ということ強く感じさせられることになるであろう

673優しい名無しさん2021/08/01(日) 03:52:19.71ID:QLKrYRZB
解る気がする。自分が生まれる前から生きていた年配の役者や芸能人が老いて死んだり
最近生まれたばかりの子役が成長して声変わりしたり背が伸びていく姿を見るのは
自然に受け入れているのに、自分と同年代の著名人が
自分と同じように老けていくのを見ると凄まじい焦りや恐怖を感じる。
見慣れていた顔にほうれい線が付いていくのが耐えられない。
他人の老いが自分の老いのように感じる。実際自分も老いているのだが。

674優しい名無しさん2021/08/01(日) 12:47:16.29ID:Tk/UZmBY
タナトだけど子供産むって人いるんですかね?

675優しい名無しさん2021/08/01(日) 13:06:19.41ID:NNpGa4gd
男だけど中島義道には子供がいたと思う。

676優しい名無しさん2021/08/01(日) 21:48:24.62ID:ZTQkmB9l
>>675
ちゃっかり結婚して子供いるとかなぁ…
一気に発言の重みがなくなるわ

677優しい名無しさん2021/08/02(月) 00:17:58.34ID:Nv9lIuOh
タナトだからこそ親になり子を持つ選択もあるんじゃない
タナトがどんな風に子を育て、子の成長を見届けるのか
その過程でタナトは何を感じるのか
それはそれで切実で重要なテーマを孕んでいるとおもう
日常的な幸不幸をすべて経験して一層虚しいようであれば、
いよいよ確かな覚悟を持ってタナトの不条理と
向き合えるようになれるかもしれない

そういえばサルトルの小説で、若い父親が生まれてきた息子に
対して、自分がすでに生きたものを、この子はまた少しずつ
再び生きなくてはならない、なぜ全ては無限に
繰り返されていくのか?と問いかけるシーンがあったね

678優しい名無しさん2021/08/02(月) 00:33:42.85ID:OxIOphPX
中島は哲学者だからあらゆる可能性を検証しなきゃ実体験として語ることはできないから
タナトでも結婚して子供を作って育てるっていう体験をした上で「子孫残してもタナトは解決しなかった」て言わなきゃならないわけだから

679優しい名無しさん2021/08/03(火) 02:07:35.68ID:f57IRKmz
苦しんでるうちに意識を失ってそのまま帰らぬ人になると考えたら怖くなったな

680優しい名無しさん2021/08/03(火) 19:32:31.65ID:s1BeBgvc
たぶん末期の痛みになったらタナトより痛みの苦痛の方が勝るから大丈夫

681優しい名無しさん2021/08/03(火) 21:00:10.79ID:qLiuC1bi
というか痛みの苦痛への想像も
タナトの中に入っているとおもいます

682優しい名無しさん2021/08/03(火) 22:40:10.98ID:seSFLF9/

683優しい名無しさん2021/08/04(水) 21:20:50.61ID:n1OW/QFr

684優しい名無しさん2021/08/04(水) 23:29:32.25ID:3w6afY1u
>>681
末期になると想像でなくて現実になるから
激しい痛みで恐怖を感じている時間もない

685優しい名無しさん2021/08/04(水) 23:52:00.63ID:KAPtb/vR
実際痛みを感じるかどうかというより、
痛みを感じる前からずっと恐怖してて
俺たち本当に損してるよねーって話なんですよね

686優しい名無しさん2021/08/05(木) 19:34:46.70ID:LS5OnsBm
70 :大人の名無しさん:2007/05/06(日) 15:29:33 ID:rL4QKp9K

俺、死ぬ前に小学生の頃を、一日でいいから、またやってみたい
わいわい授業受けて、体育で外で遊んで、学校終わったら夕方までまた遊ぶんだ
空き地に夕焼け、金木犀の香りの中家に帰ると、家族が「おかえり〜」と迎えてくれて
TV見ながら談笑して、お母さんが晩御飯作ってくれる(ホントありがたいよな)
お風呂に入って上がったらみんな映画に夢中になってて、
子供なのにさもわかってるように見入ってみたり
でも、全部見終える前に眠くなって、お部屋に戻って布団に入る
みんなのいる部屋の光が名残惜しいけど、そのうち意識がなくなって…そして、死にたい

687優しい名無しさん2021/08/05(木) 21:50:40.72ID:vo1QBvO3
痛みを感じる時のことも怖いから

というか損してる程度なら恐怖症とは言えないのでは

688優しい名無しさん2021/08/06(金) 01:08:29.04ID:k3f5JX6H
>>686
これ、よく見るコピペだけどよく出来てるよね
きついわ…

689優しい名無しさん2021/08/06(金) 23:50:55.26ID:SZ5YGWTh
撮り鉄の連中にはコロナもタナトの死の恐怖も関係なし
車両だけに全意識を集中しているから先の事は想像すらしていない
ここにタナト脱出のヒントがあるかも
https://i.imgur.com/toYPSkt.jpg
https://i.imgur.com/WI6vcbM.gif
https://vt.tiktok.com/ZSJtyGafs/

690優しい名無しさん2021/08/07(土) 14:34:44.07ID:ubGAsk3n
知恵の実を食べてしまったら終わりなんだよ

691優しい名無しさん2021/08/07(土) 14:42:55.54ID:ubGAsk3n
自分の症状
家庭環境:普通
宗教:無宗教
興味関心:科学、哲学、真理
学業:文系大卒(ただし数学物理が苦手で文系に逃げた者)
既往歴:鬱、発達障害

>>1
1. 意識の喪失による無が怖い人…△
2. 死に伴う孤独や痛みが怖い人…◎
3. 悲惨な目や災害にあって死ぬのが怖い人…△
4. 生や死そのものの不可解さが怖い人…×
5. 死んで人から忘れられるのが怖い人…×
6. 永遠が怖い人…◎
7. 身近な人の死が怖い人…○
8. 生きる事やこの世の全てが無意味に感じるのが怖い人…×

692優しい名無しさん2021/08/07(土) 16:35:42.48ID:q5saKPAX
>>689
好きな物に没頭するっていうのはいいことだよ

693優しい名無しさん2021/08/08(日) 10:24:46.96ID:UjD+s8X4
>>690
進化の袋小路
タナトに阻まれてこれ以上成長できない

694優しい名無しさん2021/08/08(日) 18:43:16.23ID:REFn4/ov
今日も死ぬのが怖くて怖くて、
重めの持病にかかったけど、1日1日が
市のための準備というか練習な感じ。でも怖い
持病にかかる前は動き回れたけど、今は横になってばかりの日々で
もし死ぬ数ヶ月前までテキパキ動けて、急にあと数ヶ月の命、と言われたら
ショックだろうなと思うので
持病にかかって、毎日、人生を手放す準備ができてよかったと
思うようにしてる でも体が痛い
楽しいこともあったしありのままのこの世界と自分に、充分だと満足していようと
思うんだけど、もし元気で不死ならずっと辛くないのになと思ってしまう
世の中の苦しみが、もし不死なら、辛く感じるのかな?
世の中には楽しいこともあるのに死んで手放さねばならないのが苦しいと感じる

695優しい名無しさん2021/08/09(月) 02:07:35.01ID:QFXuwuBG
>>693
物理法則の袋小路というか、この世で出来る事の限界と言い換えてもいいかもしれない
もし意識という概念が脳の中以外にも発生していたら、
自我や記憶が脳が破壊・消滅しても存続するようにこの世の物理法則が出来ていたら
人類はもっと進化していたに違いないしタナトフォビアという恐怖症にかかる人たちも減っていたはずだ

神や霊や輪廻転生がないという事や死んだら終わりという事を嘆くという事は、
突き詰めれば物理法則を憎み呪うという事
宇宙や地球がこのように作られ我々人類が生きていける土壌を作ってくれたのは物理法則のおかげだが、
脳などというちっぽけな器に人類を閉じこめ
それが無くなれば消えるように人類を虐めているのもまた、物理法則なのだ…

696優しい名無しさん2021/08/09(月) 02:52:40.50ID:XK77LuXy
在宅業務になってからものすごい悪化してる…
やっぱ外出ないのは影響でかいんだろうな

697優しい名無しさん2021/08/09(月) 06:21:35.63ID:QKE3yHR9
鬱だよ、それ

698優しい名無しさん2021/08/09(月) 17:39:41.05ID:THec5Omo
今の情勢下はほんと苦しい
なるべく死に関係する事は見ない考えないようにしてなんとかタナトを回避して生活してたのに
コロナのせいで常に死がチラついてくる
終わりも全然見えないし

699優しい名無しさん2021/08/09(月) 18:12:40.28ID:ak9TnIBH
欝はあるだろうね
俺もタナト離れしてたのに昨年タナト再発したな
飲食店も電車も1年半利用してない
車すら1年ぐらいほとんど乗ってない
そういう生活はさすがにきつい
無職でも時々外出はしたいんよ
無職引きこもり歴15年の俺を追い込むとはたいしたもんっすよ

700優しい名無しさん2021/08/09(月) 18:15:27.81ID:ak9TnIBH
公園は滅多に行かないが、人気のない寂れた場所を散歩するのは毎日してる
太陽光あびないと欝が悪化するって言われてるから
仕事してる人はキツそうだね。いつうつされてもおかしくない世界だからね
仕方ないか

701優しい名無しさん2021/08/09(月) 18:23:09.10ID:ak9TnIBH
>>695
まあスッキリとはいかないが
誰しも最後は受け入れるしかないんじゃないのと

ほとんどの健常者は無視し続けているようだけどね
致死率が2割だったら?8割が死なないんじゃん!!これは大丈夫だな
健常者はそういう奴らだよ。そっちのほうが現実に向き合うとしたら健全な思考でしょう

702優しい名無しさん2021/08/09(月) 18:38:03.12ID:iXx7mNCn

703優しい名無しさん2021/08/10(火) 02:44:35.01ID:+osf+oMe

704優しい名無しさん2021/08/10(火) 22:32:54.15ID:mpnlI9aH
俺は自分が死にそうになったら発病するので困ってる。
前は脳梗塞で倒れて障害者になったとき。
再発を恐れておかしくなった。
今回は心不全。
病気恐怖症の書き込みは健康な人が病気を怖がっているので、ホントに発病して恐怖している俺には関係ないんだよなぁ。
でも、死にそうな病気を乗り越えて仕事している人のブログを見て少し救われた。
でも、まだ本調子じゃないんだよなぁ

705優しい名無しさん2021/08/13(金) 00:58:18.92ID:DNiERuMb
宇宙は無限
死んでも無限の時間を彷徨う
不老不死や生まれ変わりがあっても無限の時間を彷徨う

5億年ボタンの怖さのレベルじゃない

706優しい名無しさん2021/08/13(金) 08:12:33.44ID:O3huUB5o
宇宙もある時点から収束して1つのブラックホールになり最後にはそれすら残らず消滅すると思う
人間と同じで

707優しい名無しさん2021/08/14(土) 05:16:14.69ID:cbhWKlU3
消滅してもさらに宇宙の外側が存在する、そこも無限の時間の世界

708優しい名無しさん2021/08/14(土) 09:10:57.67ID:mYFkISe7
昼下がりに公園を歩いて眩しい青空を見ても回りを緑の木々に囲まれていても、
宇宙は常に闇だし美しさとは対極の死と無を象徴する暗黒の空間が広がるだけ
四季折々の極彩色なんてのがあるのは地球だけで
宇宙は、即ちこの世は真っ暗闇の絶望の世界が本来の姿なのだ

空気も音もなく冷凍庫より寒い地獄の世界に
太陽や月の位置関係でなまじ生命なんて物が生まれる土壌が偶然整ってしまい
地球なんてのが出来上がってしまったが故にこんな苦しい思いをする羽目になった

709優しい名無しさん2021/08/14(土) 12:42:14.89ID:+z8UjuK2
>>708
マリオが自分や自分の環境を作ったゲーム制作者の意図が絶対わからないように俺らもこの世界が在る理由なんて絶対わからないから考えて悩むだけ無駄じゃね?
それを研究することが仕事の物理学者だってビックバンのさらに前とか宇宙の地平線のさらに先はどうなってるかとか考えても無駄だからそこは追求しないだろ

710優しい名無しさん2021/08/15(日) 01:56:50.32ID:Radie5gI
無駄だから考える必要はないと思考を捨てる人間もいれば
無意味だからこそ思考が止まらない人間もいる
それだけの話だ
そしてタナトフォビアには後者が多い

711優しい名無しさん2021/08/15(日) 06:50:36.78ID:X/y9tgfX
タナトな人には、作家志望の人が多そう
過剰な想像力が文章力を鍛え上げ
過剰な想像力がタナトを誘発する

712優しい名無しさん2021/08/15(日) 11:38:58.51ID:Dn+hXl74
言うてお前らもリア充な時期はタナトなんてすっかり忘れてただろ?
この1年で否応なく己と向き合う時間が増えたからこの思考にたどり着く奴も増えた
俺も無職だから今死を怯えてる

713優しい名無しさん2021/08/15(日) 13:58:35.23ID:obHTVQIH
動いている時は怖くないが、止まると怖い

714優しい名無しさん2021/08/15(日) 14:24:42.66ID:EJfB1RGH
仮想通貨かけてチャートずっと見てたら、タナトのことはすっかり忘れてた。ただパニック障害は治ってないからめまいしつつも元気だった笑
友達作るか、何かに熱中したら良いのかな。
ギャンブル依存の人も死ぬの怖いとか考えなくて済むみたいな人もいるのかも。
何気にエロに飽きたのが意外と辛い笑

715優しい名無しさん2021/08/15(日) 15:32:15.62ID:WArs5mIJ
死を考えると愚息が萎える
だから人はオナニーを覚えました
人生はオナニーであります
さて、最高のオナニーがあるかどうか

716優しい名無しさん2021/08/16(月) 12:55:14.37ID:IG+v3cZA
最近思うようになったのが俺が死ぬのが怖いと思うのは、死恐怖症というよりはパニック障害じゃないかなと思うようになってきた。
続いてきた死恐怖症が数日で治ったりまた発作的に始まったりするのはどうもパニック障害な気がする。

717優しい名無しさん2021/08/16(月) 13:03:33.75ID:lg2yA2gB
>>716
パニック障害だとしたら
発作が出てない時は死んだら自分は完全にこの世界から跡形もなく消滅して無になるという理不尽さを受け入れられるの?

718優しい名無しさん2021/08/17(火) 08:34:53.59ID:38Vt1U0T
タナトとパニク、不安を感じやすいという点で関係性は有りそう
あとアスペも関係するかな?

719優しい名無しさん2021/08/17(火) 08:52:40.78ID:PQ8JIE8Q
世の中銭!世の中銭!世の中銭!世の中銭!世の中銭!

仕事長続きせず、自殺等考えたが、、、統合失調症になり、
障害者年金(銭!)知ってもらうようになったら、自殺考えなくなった。

親の遺産、二千万円の預金通帳見せられたら(銭!)
タナトふぉびあになった。

世の中銭!世の中銭!世の中銭!

720優しい名無しさん2021/08/19(木) 16:26:18.37ID:Qm0bJHDm
ヨシナシゴトの捌け口 ってブログが話題になっていたな

若いのによくあんな文章かけるものだ

721優しい名無しさん2021/08/19(木) 20:11:44.79ID:qwymBl4W
ニュースの方は読んだ。コレ怖くてブログの方は読めない。
もっと鬱になって救いが欲しくなってから読むつもり。
こんな若い優秀な人が死と向き合って逝った無念さを考えると、俺はなんて恵まれているんだろうと思う。
ホント、運命って切ない

722優しい名無しさん2021/08/21(土) 04:21:16.83ID:X2jzmDin
ブログは読まなかったけど、関連記事はひと通り読んだ
ぞっとしたね、難病の恐ろしさを

たまたま末期がんの他の人の話も読んでいたけど、
両者の共通していたのは、延命も苦しむ、早く死ぬことも受け入れがたい(死ぬことの恐怖)かな

何とか難病にならず生き延びても、女なら1/3で男なら1/2でがんにかかる
がんでなくとも心疾患、脳血管疾患、肺炎とかもう地獄でしかないね
たまに前日まで普通に会話していたとか、持病もなかったのにトイレで急死してたとか
本当にうらやましい話に読めてしまう

まだそれなりに大病してないのに、生きているだけで苦しいね

723優しい名無しさん2021/08/21(土) 13:59:14.41ID:BrC7HzaI
>>698
分かる、常に死がチラついて終わりが見えないのが嫌だ
コロナ前でさえ考えないように苦労していたのにそこに追い討ちをかけられて苦しい

724優しい名無しさん2021/08/22(日) 04:19:24.90ID:zOuklI7h
怖い、眠れない
意識がなくなって未来永劫考えられなくなるのが怖い
みんなこの恐怖をどう受け入れてるんだ
受け入れなくても死ぬのだけど
死んだことが自覚できないのが怖い
怖いと思うことすらできないのが怖い

725優しい名無しさん2021/08/22(日) 19:20:50.58ID:PLPjrYx3
生活に悪影響が出るくらい恐怖を感じるなら死んだら永遠の無になると決め付けずに死後の世界とか生まれ変わりを信じながら生きた方がいいよ
あくまで科学的に考えたら無の可能性が高いというだけでそれが事実だと確定してる訳では無い
世の中には不思議な事もいっぱいあるし現代の知識人でも霊魂を信じてる人は多い
今の時代にオカルトを肯定するのはなかなか難しくそもそも肯定出来る人なら初めからタナトになってないだろうけど気持ちの切り替えに励むべし
自分は恐怖と絶望の毎日に耐えられなくなり色んな体験談や本を読んで都合の良い情報だけを集めてなんとか半信半疑の状態にまで持っていけて随分と楽になれた
今も完全な克服は出来てなくて相変わらず死ぬのは凄く怖いけど全く霊を信じてなかった時期に比べたら睡眠も食事もちゃんと摂れるようになった

726優しい名無しさん2021/08/22(日) 22:19:37.53ID:gpenmNdQ
人間じゃなくてネコとは・・

【ネコの長寿(30歳)を目指して…腎機能を助ける製剤研究に寄付殺到】
https://news.yahoo.co.jp/articles/5795cb526a9d57c3fa0263f6f3d4e81ddd259cf9

727優しい名無しさん2021/08/22(日) 23:09:30.92ID:EoN1J8+y
ワクチン打つか打たないかで全く別の人生に分岐する気がして怖いな
健常者はあんまり悩まないんだろうな

728優しい名無しさん2021/08/23(月) 00:26:10.19ID:ShNRgScM
タナトのワイはフジロックはヒラサワ師匠を観ました
あの人も歳をとったなぁ

729優しい名無しさん2021/08/23(月) 00:36:48.03ID:SW7MgK9M

730優しい名無しさん2021/08/23(月) 15:40:56.48ID:9XHcmDo9
【死者が入り混じった世界で霊を目撃し続ける46歳男性の体験談 新型コロナ感染で霊が見え始めた】 2021.08.17 週刊実話

消費者金融で働いている剛さん(仮名・46歳)は、昨年のコロナ感染の後に霊が見えるようになってしまった1人だ。 剛さんは感染発覚から5日目に重症化してしまい、一時ICUにも入っていたという。
「2回目の緊急事態宣言の前だったので、すぐに入院できて良かったのかもしれません。でも、ICUでの記憶は全然ないんですよね。気がついたらベッドにいました。
退院するまで1カ月半かかったのですが、病院内で意識が戻ったときから、霊のようなものが見えるようになったんです。
最初は『なんでコロナ病棟に患者さんが突っ立ってるのか?』と思ったんですが、看護師さんや先生は誰も気がついていない。そこで『あれは、この病院で死んだ人の霊だ』って分かって…。
自分も、あと少しで同じような霊になったかもしれないのかと思うと、なんとも言えない気持ちになりました」 生きている人と死者が入り混じった世界 退院してからも、剛さんの視界から霊は消えず、あちこちで霊を目撃し続けたという。
「霊そのものが怖いという感覚はないのですが、街を歩いたり、人と会うのがすごい疲れるようになってしまいました。だって、そこかしこにいるんですから。
生きている人と死者が入り混じった世界に突然放り込まれることを想像できますか? 生まれつき霊感を持っている人なら、それが当たり前なのかもしれませんが、
40年以上普通の世界で生きてきた人間が、急に見えるようになったんですから、辛いですよ。肺が時々苦しくなるとかの後遺症もあるんですが、
一番辛いのは霊が見えるようになったことですね。これ、いつか見えなくなるんでしょうか…? 『コロナなんて、ただの風邪』だと思って、夜遊びして感染した当時の自分を殴りたいです」

731優しい名無しさん2021/08/23(月) 15:43:47.67ID:zCQlC73M
【「新宿歌舞伎町は霊だらけ」と怯える風俗嬢の体験談 新型コロナ感染で霊が見え始めたB】 2021.08.17 週刊実話

都内のデリヘルで働く風俗嬢のさえこさん(仮名・23歳)は、昨年8月にコロナに感染した。 「感染した当時、新宿歌舞伎町のファッションヘルスで働いていました。
お店の子は、ほぼみんな1回は感染していましたが、普通に復帰していたので、コロナになること自体は全然怖くなかったんです。実際、症状としては発熱と咳くらいで、インフルエンザと同じくらいの辛さという感じでした。
ホテルでの隔離生活の退屈さのほうがよっぽど辛かったくらいで、1週間ほどで退院になったのですが…それから見える≠謔、になってしまったんです」 ちなみに、さえこさんはそれまで、まったく霊感など持っておらず、霊を見たこともなかったという。
「仕事の復帰が決まった初日、歌舞伎町を2週間ぶりに訪れたときに、あるビルの窓辺にぼんやり佇むおじいさんの姿が見えたんです。これまで霊なんて見たこともないのに、完全に生きている人ではない≠ニ分かったんですよね。
襲ってくるとか、そういう感覚はしなかったので、怖いというよりは、ただ不気味な感じで」 生前に同業だった女性の霊だと直感 恐ろしくなり、その場をすぐに離れたさえこさんは、店のある雑居ビルの階段付近でも若い女性の霊が見えたという。
「直感で、生前に同業だった女の子だって分かって。結局、ビルの中に入ることができず、そのまま退店してしまいました。歌舞伎町は、はっきり言って霊だらけですよ」
さこえさんは現在、無店舗型のデリヘルで働いているため、ホテルやお客さんの自宅に行くことが多いというが、その先でもしばしば目撃してしまうそうだ。
「主観かもしれないですが、風俗でしか女の子と遊べないタイプの隠キャな男の人のほうが呼び込みやすいのか、ベランダや部屋にお年寄りやその人のお母さんかなと思えるような霊がいることが多いんです。
必ずしも悪い霊ではないと思うのですが、大体悲しそうに佇んでいます。
もちろん知らないフリをしてプレイするのですが、落ち着かないですし、いつも、いたたまれない気持ちになってしまいます。戻れるなら、霊なんて見えない感染前に戻りたいです」

732優しい名無しさん2021/08/23(月) 15:48:00.47ID:zCQlC73M
【感染後に霊が見えるように…」世界各地で報告 新型コロナ感染で霊が見え始めた】 2021.08.17 週刊実話

新型コロナの後遺症としては、倦怠感、味覚・嗅覚障害、脱毛、頭痛や、継続的な身体の痛みなど、さまざまな報告があり、パンデミック発生直後の昨年春に感染してから、もう1年以上もずっと治らずに苦しんでいる者までいる。
そんな中、表立ってニュースにはなっていないが、世界各地で少数ながら報告があり、関係者を困惑させている後遺症の事例がある。 それが、「新型コロナに感染してから霊が見えるようになった」というものだ。
統合失調症や認知症の幻覚ではない 欧米のオカルト掲示板などで、昨年からスレッドになっていたようだが、半分ジョークの扱いで、相手にされていなかった。
しかし、同調する意見も複数あったらしい。 そして、これは日本もどうやら例外ではなく、特に感染者が増えてきた第3波以降に、その後遺症で悩む人々が出てきたようだ。 都内の心療内科で働く医師のもとには、昨年からコロナの後遺症に悩む人たちも訪れるようになったというが、その中で以下のような報告が複数あったと証言する。
「コロナの後遺症で来院される方の多くは、味覚障害からくるメンタルの不調や、記憶障害といったものが大半なのですが、『感染後に霊が見えるようになって怖い』といった方がおります。
統合失調症や認知症から来る幻覚の類いなのかと思ったのですが、テストをしても問題はなく、何か別の要因があるとしか言えない状況です」

733優しい名無しさん2021/08/23(月) 18:31:42.34ID:2E/O/IYw
情報の出所が週刊実話なのは若干残念だが、本当にそういう報告が各地で発生してるのだとしたら素晴らしい話だな
コロナ禍にも希望が持てた

734優しい名無しさん2021/08/23(月) 19:36:46.73ID:l5wZ/AJo
幽霊モノで気になるのは主に見える霊がここ数百年くらいの人な点
幽霊にも寿命があるのだろうか
幽霊も死を怖がるのだろうか

735優しい名無しさん2021/08/23(月) 20:39:58.24ID:2tUHpsqM
>>728
滋賀怖い時はヒラサワの「魂のふる里」聞いて落ち着いてる

736優しい名無しさん2021/08/23(月) 20:40:13.46ID:2tUHpsqM
>>735
滋賀→死が
滋賀県は特に怖くない

737優しい名無しさん2021/08/24(火) 15:18:02.32ID:kmDdo86z
だーーーーこれどうやったら治るんだコンチキショーーー

738優しい名無しさん2021/08/24(火) 18:57:38.81ID:bxJOY10Q
表現者クライテリオン9月号の特集が死生観だったので読んでみたがタナト的には特に有益な情報は無かった。
ただ編集者と対談してる大学教授達がニヒリズムを痛烈に批判していたのは印象に残った。
欧米では宗教が残ってるので、ある程度の重病患者は神の思し召しだと言って治療しない医者が一部居るらしい
日本人は欧米を真似る癖があるから日本人医師も上辺だけで重病を見放すケースが見受けられ、しかも多くの日本人医師は無宗教なので患者の心のケアすらしないようだ。
また日本の医師会は研究や論文で功績を残した医師が重用される世界なので、人の心に寄り添わないニヒリズムの医師ばかりが増えており、人の心を大事にする医師は周りから馬鹿にされて年々消えている一方との事。
また日本人は医師や科学者を神格化する性格なので、まだ未解明なのに脳が全てを支配しているという医師や脳科学者の変な思い込みを世間も信じてしまい、更にニヒリズムが国民に蔓延してしまったらしい。
人を物体として扱うニヒリズムのせいで社会が荒んでいるとの事。

739優しい名無しさん2021/08/24(火) 20:16:02.52ID:n4iI5uuS
>>737
死を恐怖する→当たり前
死を恐怖するあまり生活に支障をきたす→病気 
病院に行けば適切な薬を処方されます。

740優しい名無しさん2021/08/24(火) 20:39:42.07ID:3t9ODGyd
>>739
デパスみたいな抗不安薬で無になる理不尽を克服できるとでも?
最低でもLSDかコカインかヘロインあたりじゃないと無理だろ

741優しい名無しさん2021/08/24(火) 20:53:57.52ID:n4iI5uuS
>>740
克服なんか出来ない。緩和。
皆必ず死ぬのだから恐怖するのは当たり前。ただ恐怖のあまり生活の生活に支障きたすのは神経症。病院に行って適切な治療を受けた方が良い。

742優しい名無しさん2021/08/25(水) 01:57:04.21ID:AGOY/6E3

743優しい名無しさん2021/08/26(木) 18:31:14.08ID:C8irAzKq
コロナでついに医療崩壊の危機から医療崩壊になってしまったか…
ワクチンは2回打って2週間は経過した
あとは罹らないことを天に祈るしかない

744優しい名無しさん2021/08/27(金) 00:56:59.60ID:ciNO5NjU
>>743
イベルメクチンを個人輸入しとけばよい
https://vt.tiktok.com/ZSJvKKUet/
https://osakado-smp.org/product_reviews/rgr/OS39682

745優しい名無しさん2021/08/27(金) 08:39:25.30ID:Puwg/Row
>>744
タナトフォビアともあろうものが、有効性が確認されてない薬剤を勧めるのはいけませんな

746優しい名無しさん2021/08/27(金) 15:45:58.44ID:KNjcdERz

747優しい名無しさん2021/08/27(金) 20:08:16.34ID:9hnQUPAI
>>724
眠れないほどの恐怖の中生きていること尊敬する
自分は恐怖を見つめられず
眠ってしまっている・・・

748優しい名無しさん2021/08/28(土) 11:27:30.12ID:g7CoBFfY
今日もタナトだ
幽霊に想いを馳せる

749優しい名無しさん2021/08/28(土) 11:29:37.94ID:qndv94qR
こんな事に意識を割いているのは勿体無いなーって後で思うんだろうな。
でも怖いものは怖い

750優しい名無しさん2021/08/28(土) 18:50:47.25ID:0RlmTxLU
今日もとても怖かった
皆さまも自分も乙

751優しい名無しさん2021/08/29(日) 02:54:58.24ID:/U4D9s4C
死ぬことも怖いけど意識が永遠に消えることも怖い、だから認知症も怖い、あれは今までの自分はもう消えてしまっているんだろうか

752優しい名無しさん2021/08/29(日) 10:40:35.97ID:zhd4+GEj
逆〜死ぬ前に認知症を体験してみたい
自分が失われるという感覚が知りたい

753優しい名無しさん2021/08/29(日) 17:53:52.72ID:IoYbl0oT
氏が凄く怖いけど今日も終わった自分乙
眠る時などに死ぬ覚悟をしようとしてるけど
上手にできないな
以前大病して重くなった時に無理して笑顔作って
さあ、死んでもいい!という気持ちで挑んでいたけど
よみがえってしまったので・・・。本当に死が来てしまった時も
そういう清々しい気持ちになれるか本当に悩む

754優しい名無しさん2021/08/29(日) 19:42:16.22ID:mz/+HCoD
もう中年だ
人生の時間は折り返し地点をすぎた
その前提も平均寿命まで生きるとした場合
大病でもすれば時間の終わりは目前だ

755マリア ◆znR3Kf472w 2021/08/30(月) 18:34:17.24ID:7RnpjmVK
タナトや鬱を治すには朝散歩がいいんだってね
とりあえず運動する 日光を浴びる

動物らしい生活をする

都会や人工物に囲まれた生活を送ってると人間の精神は狂ってくる

田舎の大自然に囲まれて自然に触れてゆっくり暮らすのが
心にも体にも一番良いらしい

756優しい名無しさん2021/08/31(火) 01:27:12.44ID:fSXgJX9J
誠実に考えるなら死は無でしかない。全ての宗教と思想、社会的な人間関係から来る慰めを幻想として打ち捨てました。
そして、無でしかありえない死というものを哲学の立場から考察しようと決意しました。無が持続する、永遠に持続するというイメージが何から来ているのかを明らかにすれば
無が単に無でしかないわけではなく、無の彼方になにかの訪れを可能にするような、そういう可能性をもった無というものを考えられるんじゃないかと思って。
一般的に言われているような、「人生に意味がある」「有名な人が死後の世界を信じていた」「魂を信じた方が楽に生きれる」「コンピュータに意識を移植できるかもしれない」・・・こういった考えを、
全く期待できない貧弱な根拠として退けることで、ようやく本当の探究が始まる気がする。無をタブー視しない、存在そのものの考察ができる気がする。

757優しい名無しさん2021/08/31(火) 01:48:19.34ID:fSXgJX9J
L. F. Shrimer. Time and I -- Philosophy on Solipsism.

もともと意識をもった存在が現れる前は、世界は無だった。しかし、どういうわけか無から意識は出現したわけだ。ということは、無は単なる無であったわけではく、意識というものを生み出すような「可能性をもった」無であった、ということだ。
原理的に無というものは、「次の瞬間」意識がなにかから生まれることを妨げることはできないのではないか。無は自分自身が永遠に無であることを不可能にしてしまうような、そういう性質をもっていることになるのだろうか。

いや、でも、無はなんの性質も持ってないわけだから、やっぱり可能性をもった無、なんて言葉は矛盾であり、まず使用することはできない。
じゃあ、何が無からの、この意識の出現を可能にしたのか。
物質。たしかにそれはそうだ。物質がないところ、脳のないところ、意識的な生は維持できないように思われるから。
でも、なぜか今私の意識が、この体に宿っているという事実は、物質から導くことはできない。誰にも脳みそはあるし、誰にも身体はあるけれど、この脳と身体が私である理由は、脳と身体にはないからだ。
なんでこの脳みそと身体が私であって、400年前の徳川家康が私ではなかったのか?この問いは、私という存在が、脳・身体・心理的特性のどれでも説明しつくせないという事実を明らかにする。
じゃあ何が「私の」意識を生むのか・・・
おそらく、「私の」意識の出現は、絶対的な偶然で、物質に依存していないのだ。
時間という、絶対的に新しいものを、世界にもたらす力が、このような無からの出現を可能にしたのだ。
(中略)
そうであるならば、私が死後無になるとしても、やはり「無から」私の意識が生じることを妨げる条件は、世界の中には存在しないように思われる。
私の根拠は世界の中にないので、もはや世界の中で完全に死ぬことができない。この意味で私はある種の不死性が「約束されてしまっている」。

758優しい名無しさん2021/08/31(火) 02:17:27.73ID:zjpGyZwR
物理だか量子論だかの例えみたいな話で、もし誰もいない森の中で一本の木が倒れたとしたらその音は鳴っているのか?はたして本当に木は倒れたのか?
https://artiencecorp.com/column/articleID=2759/
ていうのがあるけど、人間が認識しなくても木が人知れず倒れた時にも音は鳴っていると思うわ
俺が思ったのは例えば目の前のテーブルにリンゴが置いてあったとして、リンゴの後ろ側の部分は見えないからリンゴの反対側の面や空間は無いのか?って言ったら、ちゃんと裏面も空間も存在してると思う
でもこちら側からしたらリンゴの裏側は「無」ってことになる、てことは見えてるリンゴの正面の「在る」とリンゴの見えない裏側の「無」は今同時に存在してることになる
つまり「無(死後)」って何も無いってことじゃなくてダークマターみたいに生も死も今同時に存在してるような気がするんだよなぁ・・言ってる事わかるかな?

759優しい名無しさん2021/08/31(火) 02:27:42.24ID:fSXgJX9J
>>758
りんごの見えない裏面が見える表面の条件になっているという視点は面白いですね。
でも、現実に見えるのは表面だけで、その点ではやっぱり表面しか存在してないとも言えるのでは?
つまり、生は死によって条件付けられているけど、やっぱり死は死でしかない気がする・・・どう思う?

りんごの表と裏はメビウスの輪みたいに指でなぞれば繋がってるわけだけど、
無と意識があること、はそういう繋がりを全くもってないように思われるんでね

760優しい名無しさん2021/08/31(火) 02:49:15.50ID:ke8X4hVO
>>759
頭悪いから物理学者とか哲学者みたいに説明できないしあくまで直感的な仮説を言ってみたんだが
生(在る)と死(無)が対局にあるんじゃなくて、うまく言えないけど無ていうのは俺らが想像するそれこそ何にも無いていう虚無みたいなものじゃなくて
在るの中に無も同時に存在しちゃってるみたいな?

761優しい名無しさん2021/08/31(火) 03:14:56.43ID:fSXgJX9J
>>760
自分もそこらへんは良くわからんですね。
在る と 無い は一番基本的な、絶対同時に成立しない概念なはずだから・・・

確かに、人の顔を見ている時は後頭部がみえず、文章を読むことに集中しているときは外の物音が聞こえず。
そういう無と有が同時に成立していると言いたくなる場面はありますね。

762優しい名無しさん2021/08/31(火) 09:41:20.77ID:R2wFolZP
健康診断で要精密検査となっただけで不安でしんどい。
普段は死にたいが口ぐせなのに。

763優しい名無しさん2021/09/01(水) 00:01:02.14ID:IxO/qE5k
季節の変わり目の恒例行事がやってきた
薬切らしてるからなおさらきつい

764優しい名無しさん2021/09/01(水) 11:59:12.16ID:209WHvEC

765優しい名無しさん2021/09/01(水) 22:39:17.41ID:ix5RnZmR
夜中に目が覚めて暗い穴みたいなとこに
グワーッと入るような詩の恐怖が出て来て
毎日恐怖に向き合って今日死んでもいいと
覚悟しようとしてる

766優しい名無しさん2021/09/02(木) 14:25:38.47ID:u9qUIJo0
ここに書きこんでいる時だけ幸せを感じる。
タナトフォビアを現実の知人や家族には話せないし話しても理解してもらえない。
金を払って行える娯楽や快楽では恐怖や虚しさを誤魔化すには程遠く、一時凌ぎにもならない。
かといって宗教に逃げる事も私には出来ない。だからこそタナトフォビアになったのだから。

日本中のどんなメンタリストも医者も宗教も
自分の恐怖や絶望を本気で理解してくれるとは思えない。
ここだけなのだ。仲間がいるのも、同意してくれるのも、同情してくれるのも。
生きながら死んでいる私が心の底から充実感を得られるのは、
このスレッドを読み、書きこんでいる時だけだ。

767優しい名無しさん2021/09/02(木) 21:07:22.36ID:l53sZPE2
そうなんだよなぁ
家族に言っても
「死ぬのが怖いなんて子供みたいなこと言って」
って言われるのがオチだし
こちとら本気で怖がっているのに。
でも、最近デパスで乗り切れる事が分かったので、頓服で飲んでいる。

怖く無くなってすごく助かってる

768優しい名無しさん2021/09/02(木) 23:39:17.15ID:ywMY97db
どうせ死ぬことがわかっていながら生きるって

みんな狂人だよね

769優しい名無しさん2021/09/03(金) 17:58:48.99ID:ZX8NCqW5
ペットロスを緩和する話として虹の橋が有名だけど、人にもそういったのないのかな?

770優しい名無しさん2021/09/03(金) 19:01:38.22ID:4FiHWoqS
>>769
山ほどあるさ

トロントのライヤソン大学に所属する心理学者、Todd Girard博士と同僚たちが実施したオンライン調査によると、
ケタミンを「リクレーショナル・ドラッグ」として利用する人はしばしば、自分の身体から離脱しているか、
奇妙な身体的変容を体験しているかのように感じたことがあると報告しているという。
調査では、全協力者のほぼ4分の3が、自分の体から離れる感覚を体験したことがあると報告した。
約42%は、体外の視点から自分の体を眺める経験をしていた。60%は、素早く動いたり、落下したり、飛んだり、回転したりする感覚を報告し、別の41%は、実際には動いていないのに脚が動く感覚や部屋を歩き回ったりする幻覚を報告した。
https://youtu.be/qnMYgXMdzes

771優しい名無しさん2021/09/03(金) 21:34:58.75ID:NPV7BjzX
体外離脱してみたいね
ビートたけしも昔はタナトだったけどバイク事故で体外離脱してから死が怖くなくなったらしい

772優しい名無しさん2021/09/03(金) 22:22:34.60ID:ZUPo4AOO
>>758
量子の世界?
毒ガスが充満している箱の中の猫は死んでいるのか生きているのか?
普通は「死んでいるに決まっているじゃないか」だけど
箱を開けてみるまでわからない
生も死も同時存在している世界

>>767
なぜ家族や他人に死が怖いことを表明することを、
こんなにも恥ずかしく感じ躊躇するのだろう

773優しい名無しさん2021/09/04(土) 20:04:39.77ID:XFU8JK6b
7月と8月は快適な日々だったけど夏が終わるとまた急に怖くなってくる
最近は雨ばかり降ってるから余計に気が沈む
気晴らしにネットサーフィンをしても嫌な情報ばかり目にしてむしろ悪化する
他の人達が言ってる通りこのスレだけは見てると不思議と落ち着く効果がある
怖い気持ちややり場のない思いを文章にしてぶち撒けたり他の人の悩む姿や緩和に効果的な情報などを見ると死に怯えて疲れ切った心が励まされ癒されていくのを感じる

774優しい名無しさん2021/09/04(土) 22:23:08.52ID:8eL4jNoz
>>773
ガンを長く患ってこの間無くなった叔父は生前
「飛行機事故だとみんなと一緒に死ねるからまだいい」とか話してたな
じさつも他人となら一緒に死ねるかもと思う人も多い

理由はわからないけど、同じ苦しみの人を見ると救われる?
グーグルの検索窓に難病名を入力するとサジェスチョンで
「○○病 ブログ」とか出てくるもんな

775優しい名無しさん2021/09/05(日) 02:59:59.19ID:8JcLh19p
自身が科学者になって不死、延命の研究に携わるべきなんだよな。

776優しい名無しさん2021/09/08(水) 09:53:01.08ID:vk06WlLX
いまから全身麻酔の手術
目覚めなかったらと思うと怖すぎる

777優しい名無しさん2021/09/13(月) 02:07:46.28ID:YGPgOV4B
胃カメラの専門医で、患者には必要ならということで鎮静剤を勧めているのに
いざ自分(専門医)が検査になったら、血圧が下がり過ぎたらどうしよう、
意識が落ちていくのが怖いから鎮静剤は使っていないと告白してた

なんだそりゃ

778マリア ◆znR3Kf472w 2021/09/14(火) 12:49:55.49ID:GnmDLZA7
アヴェ マリア
ヒーリング 癒やし ストレス解消にどうぞ

https://youtu.be/6l5_Zo7LE4U

779マリア ◆znR3Kf472w 2021/09/14(火) 12:51:58.32ID:GnmDLZA7
Ave Maria! Jungfrau mild,
Erhöre einer Jungfrau Flehen,
Aus diesem Felsen starr und wild
Soll mein Gebet zu dir hinwehen.

アヴェマリア 慈悲深き乙女よ
おお 聞き給え 乙女の祈り
荒んだ者にも汝は耳を傾け
絶望の底からも救い給う

Wir schlafen sicher bis zum Morgen,
Ob Menschen noch so grausam sind.
O Jungfrau, sieh der Jungfrau Sorgen,
O Mutter, hör ein bittend Kind!Ave Maria!

汝の慈悲の下で安らかに眠らん
世間から見捨てられ罵られようとも
おお 聞き給え 乙女の祈り
おお 母よ聞き給え 懇願する子らを

780優しい名無しさん2021/09/14(火) 17:25:37.17ID:6Tddfcx6
>>776
手術はどうでしたか
お疲れ様でした、大変だったと思います
目が覚めていると良いのですが

781優しい名無しさん2021/09/15(水) 00:31:37.01ID:iplg5wVD
>>780
ありがとうございます
無事目覚めて昨日退院しました
全身麻酔は酸素飽和度やらなにやら測定しながら医者が起きるのを見守ってくれるのだから
むしろ毎夜の眠りより安全なのかもしれない

782優しい名無しさん2021/09/15(水) 00:44:21.64ID:iplg5wVD
>>774
恐怖を抱いていなかろうが全人類致死率100%の病に生まれつき罹っている同士だけどね
けれどその事実に恐怖が和らぐことはなく
一方で同じ死の恐怖を共有している人の考えを聞くと不思議と少しだけ癒やされる
ホリエモンがタナトを患っていると知ってから彼の本を読むとほんの少しだけ勇気づられる

783優しい名無しさん2021/09/17(金) 17:50:38.05ID:4NuzOAee
タナトの人は知恵の実を食べてしまったから、もう元には戻れない

784優しい名無しさん2021/09/17(金) 22:27:21.01ID:G7roldPY
火葬か土葬どっちがいい?

785優しい名無しさん2021/09/18(土) 15:18:43.36ID:SxrL/To1
生命の実を食べれば元に戻れる?

786優しい名無しさん2021/09/18(土) 19:19:42.85ID:4rSV5Cnq
>>774
救われないけど少しは癒される
自分だけじゃないと思うと気持ちはほっとする

787優しい名無しさん2021/09/18(土) 22:54:50.24ID:5vt9RWO1
夜中にふと目が覚めた
喉が痛く、咳がでる、苦しい
死ぬときって、死ぬほどの苦しみでなく、死ぬ苦しみだと考えた時
本当に怖くなった

788優しい名無しさん2021/09/19(日) 11:32:26.59ID:ISGVlym0
さっき数年振りにオカルト系のスレッドやまとめサイトを巡ってみたら以前とは随分雰囲気が変わってた、
2019年頃まではどこへ行っても集団でオカルトを叩いて馬鹿にしてマウント取った気になって喜んでるしょうもない人間で溢れてたが現在は肯定と否定と中立がどれも同数な感じ
なんなら常識人ヅラしてオカルト叩きコメントを連投してる煽りカスの方が複数のIDから窘められたり逆に茶化されてる現場を多々見かける。
コロナで死が身近になったから軽率に死後は無と言わなくなったり何らかの形で霊を目撃した人間が増えたのかも知れない、
10年前の震災の時もオカルトの話題がどっと増えて幽霊に肯定的な反応が多くなった事を思い出した
不思議ネットやうしみつは相変わらず管理人が別人になってしまったような酷い状況ですが

789優しい名無しさん2021/09/20(月) 00:20:03.76ID:3koQFwPB
オカルト的な話をみんなでボコボコに否定していく流れのスレだと夢も希望ないしつまらないもんな…
もしあの世も幽霊なんにもなくて死後は無だと仮定すると、どうせいつかはこの宇宙も滅んじゃうらしいから、じゃあ今自分たちが一生懸命働いて子孫を残す意味って一体何なんだって思っちゃう
生きるモチベーションにも影響しかねない深刻な問いだと感じる
科学が絶対な根拠を持つ現代だからこそ、オカルト話を話半分で肯定する体で語り合うのが娯楽として受け入れられてるのかな

790優しい名無しさん2021/09/20(月) 02:45:39.81ID:pBafesX/
私元々ここに居た人間で今でも勿論死に対する恐怖はめちゃくちゃあるけど最近凄い失恋をしてもう死んでも良いやって思うようになってしまった。
と言うかもう死んだも同然かも知れない。
息するのがやっとレベルだし。

また新しい恋をしたら生きたくなって死に対する恐怖が湧くのかな。

791優しい名無しさん2021/09/20(月) 11:21:14.14ID:1VXkmJts
あまり目新しい情報ではなかったけどとりあえず

【話題作】「間違いなく!確実に!老化を止める方法」を世界一わかりやすく要約してみた【本要約】
ttps://www.youtube.com/watch?v=CPB7y9QvUcs

792優しい名無しさん2021/09/20(月) 15:08:11.01ID:3ZuCaEsy
>>789
>科学が絶対な根拠を持つ現代だからこそ、オカルト話を話半分で肯定する体で語り合うのが娯楽として受け入れられてるのかな
完全な科学信仰の唯物論者で死後は無と理解しているのに、
それはそれ、これはこれと割り切ってフィクションのオカルトを楽しめる先進国の現代人って凄いと思う

私は駄目だった…死後が無と知ってから、人間の正体が脳髄の中の微弱な電流と知ってから、
この世が物理法則に縛られて一切のオカルトを許さない無慈悲な空間と理解してから
創作ですらオカルトを楽しめない…神様や幽霊やあの世が出てくる漫画やアニメやゲームや映画に拒否反応が出てしまう

そういうフィクションには、羨ましさしか感じない…死んでも続きがある世界というだけで羨ましいと、
なぜ現実のこの世は死ねば終わりなのか!この作品のように死後に希望を見出せないのか!!と
羨ましさがそのまま怒りや嘆きに転化してしまう…
だから私は娯楽作品すらまともに見れないのです…面倒臭い異常な性格なのは自覚しています

793優しい名無しさん2021/09/20(月) 21:00:51.66ID:ZFWIGHei
今日は今年になって初めて本屋へ行き沢山の本を読んで恐怖の解決策を探した
するとこのスレに書かれている声と同じような文がいくつもの本に書かれていて驚いた
阪神大震災や東日本大震災やコロナで幽霊の目撃者が増えたのは学者も把握していたようだ
現代は科学を絶対視して非科学を認めず嘲笑する時代になったことも見抜いてる
臨死体験や前世の記憶は科学では解明できなかったと同時に死後の世界の存在証明もできないから現時点では学者は結論を保留してる段階らしいのだが、
現代の一般人は証明できないものイコール存在しないものと飛躍した結論を出して黙殺し攻撃する考え方が主流になってしまいそのことが嘆かれていた
宗教によって科学の発展が長年妨害された歴史や911テロなどの悲劇が非科学を嫌う現代人の精神性を育てたのではないかとのこと
古来から信心深いはずの日本でも宗教嫌いが始まってしまったのはやはりオウムの地下鉄サリンがターニングポイントだったようだ
一方で無神論が台頭したことで癌による余命宣告や死の間際に心の拠り所がなく死の恐怖にもがき苦しむ無神論者が増えつつあるという
今は宗教を信じ切ることは難しくそれでいて科学では心を救うことができない不幸な時代だそうでまさにこのスレに書かれる嘆きそのものだ
かつて世に出た「人は死ねばゴミになる」思想が現代の死生観に浸透してしまい心を無視し続ける世論に対して学者達は警鐘を鳴らしているようだ
本日私が読んだ本は「死者と霊性」、「宗教の本性」、「科学と非科学」、「クオリアと人工意識」、週刊誌数冊、追悼立花隆のコーナーにあった本数冊、タイトルは忘れたが佐藤優と池上彰の本、など他多数
この中から立花隆の「宇宙からの帰還」を今日は購入した
立花氏自身は非科学的なことには否定的なようだがそれとは裏腹に取材結果からは見えない世界への希望が明らかに残っていることがどの本からも読み取れて良い
もう一人の知の巨人と称される渡部昇一氏の本「魂は、あるか?」も以前に購入し私の精神安定剤となっているのでお勧めしたい

794優しい名無しさん2021/09/20(月) 21:02:55.04ID:FRSZxHxb
なげーよ

795優しい名無しさん2021/09/20(月) 22:49:48.99ID:yxMayBOU
幽霊とか超現象とかの存在を信じる人が
何か事件に巻き込まれ裁判することになったら(器物破損とか傷害事件とか)
相手方の証拠に「物理法則無視した幽霊の仕業です」とか反論するのかな?

796優しい名無しさん2021/09/21(火) 02:13:52.77ID:qLfjLOw2
>>787
気持ちわかる
ずっと死=無だけが怖かったけど
家族ががんや肺炎で亡くなったのを目の当たりにして
死だけじゃなくてその前の病気の苦痛まで怖くなった
自分だけじゃなくて家族の死や苦痛も恐ろしい

797優しい名無しさん2021/09/21(火) 15:55:38.18ID:iGMs9iuY
こうやって平穏無事に生きている自分も必ず何らかの形で死ぬってのが怖い

798優しい名無しさん2021/09/21(火) 18:10:55.33ID:5JhW8dj+
これだけ無神論が浸透しても日本の自殺者は減らずに増える一方。
生まれた時からこの世が物質世界だと教えられ、子供の頃から唯物論者になるよう教育されても、
それでも自殺する人間は後を絶たない。死の先が無だと気付いた上で、それでも自殺する。

我々タナトにとっては無は恐怖と絶望以外の何物でもないが、
虐げられ精神的に追い込まれた者にとっては、無は救いなのかもしれない。

799優しい名無しさん2021/09/22(水) 23:55:36.86ID:yQu0HFHd
不老不死を望むやつは、とりあえずクライオニクスっていう技術があることを知っておくと救われると思う。

問題も多いからただ待つだけじゃなくて自分から動いてほしい。

800優しい名無しさん2021/09/23(木) 00:49:15.44ID:xXuxSVov
>>799
逆にクライオニクス論の本読んで絶望したわ
物理的に現実不可能だろこの技術
やっぱり死なずにすむ道はないんだと実感した

801優しい名無しさん2021/09/23(木) 01:45:29.60ID:Zfuxz0tg
>>800
生き返る可能性が0%から0.1%ぐらいにはなるじゃないか。何もしないよりはマシって感じ。この確率が今後増えるかどうかは活動とかリソース次第だろうな。

802優しい名無しさん2021/09/23(木) 12:16:43.78ID:8IEPsEWF
>>796
学生時代にタナト発症
最初は「死んだらどうなる?」の単純な不可解さに恐怖を覚え、
それがのちに無限時間恐怖、宇宙恐怖に昇華した

歳を重ね、身内の最期を目の当たりにすることになり、それに加え病苦に対し恐怖を持つようになった
肺炎なんて肺の炎症でしょ?と思っていたが、祖父が最後に肺炎にかかり
意識もない状態なのに全身を使いベッドで必死に呼吸困難に抗するように呼吸をしていた様子が
どうしても頭から離れない
せめて、死ぬときは心筋梗塞で即死したい

803優しい名無しさん2021/09/23(木) 17:49:40.32ID:Zfuxz0tg
個人的な考えだけど、精神科とか行っても恐怖の原因は絶対に解消されないし、宗教とか信じるの苦手な人ばかりだろうから、半分無理と考えていても不老不死を目指して行動するしかないと思う。諦めて死ぬまで恐怖で怯えるのも勝手だが、そういう考え方の人が増えるたびに実現可能性は増える訳だしな。

804優しい名無しさん2021/09/24(金) 04:19:50.06ID:9xgJrNVZ
>>803
いや、精神科の薬で恐怖が和らぐことはあるよ
鬱病由来の恐怖だったりすると抗鬱剤で
もちろん恐怖の完全消滅は無理だけど

805優しい名無しさん2021/09/24(金) 07:31:35.31ID:CBTyGeib
>>803
不老不死なんかほぼ無理なんだから、そんな事にすがるより安らかに死ねるよう努力した方がいいんじゃない? 世の中、安らかに死んでる人はたくさんいる。

806優しい名無しさん2021/09/24(金) 12:09:42.91ID:x9NlNeiF
無理なものを追い求めても苦しいだけだよ

807優しい名無しさん2021/09/24(金) 12:40:44.49ID:yrTciiLo
なかなか賛同は得られないか。無理っていうけど、思い込みじゃなくて最新の老化研究について調べた上でそう言ってるのか?身体を若返らせるアプローチは現時点で何通りも出てきてる。最終的にはクライオニクスで未来に賭ける手も残されてる。

808優しい名無しさん2021/09/24(金) 12:51:05.61ID:8sW8xFXR
不老不死夢見てるよ
でも夢見るだけ
現実は苦しいので

809優しい名無しさん2021/09/24(金) 13:59:47.83ID:z+fZfaFc
もし不老不死が実現して一般人が受けられるようになったら
急激な人口爆発が起こって地球の資源が一気に枯渇する。
この問題を解決しないと地獄みたいな世界になりそう。

810優しい名無しさん2021/09/24(金) 14:05:41.09ID:9xgJrNVZ
不老不死は無理だな
全人類が困ってるガンの完全な治療法すら確率されていないし
自分は興味ないけどクライオニクスで希望を繫ぐのはありかな

811優しい名無しさん2021/09/24(金) 14:09:12.29ID:nWDoKFOk
不老不死無理だから現実には反出生みたいな考えになってます

812優しい名無しさん2021/09/24(金) 14:21:37.32ID:yrTciiLo
>>808
正直、タナトになった時点では夢だと思ってた。
でも調べてみたら意外と目の前まで来てるんじゃないかって思い始めた。
やっぱり諦めてる人の方が多いのか。

813優しい名無しさん2021/09/24(金) 14:28:43.45ID:nWDoKFOk
>>812
id変わってるけど808
自分は知識がないからどうこう言える立場ではないけど、まあ無理と思うのが普通じゃないかな
上の人が言うように実現したら実現したで新たな問題も生じるよね
友達が医学系の研究者してるから聞いてみようかな

814優しい名無しさん2021/09/24(金) 14:48:14.34ID:yrTciiLo
可能か不可能かでいったら、どちらも確実な証拠がないから水かけ論になると思う。ただ、今まで不老不死の人なんていないから不可能って考える人の方が多いのかも。
実現したら、さすがに世界的に出生の規制するだろ。若返りもあって生産人口の問題も解決していると思われる。そこから先を突き詰めていくとスレチになるからやめるけど。希望的観測と言われたらそれまでだけどな。

815優しい名無しさん2021/09/24(金) 16:35:45.95ID:9xgJrNVZ
宗教と同じ
神みたいなそんな「ふわり」としたものがこの宇宙にいて、この人類と関わりを持っているとかありえない
けれどその神を信じることで、恐怖が遠のくならそれはそれでいいと思う
人体保存に希望を見出すのも結構かと思う
死が訪れ、自我が消失するまで恐怖が遠のけばいいのだから

816優しい名無しさん2021/09/24(金) 16:53:15.07ID:aPerLUEd
>>814
本当に不老不死が実現したら法律やルールが色々変わるだろうね
自分はまず受験競争や学歴社会が劇的に変わると思う
老いがこの世から無くなるのだから年齢による制限もなくなり、
一流会社が大学を一発で卒業した二十歳そこそこの新卒だけに拘る必要がなくなる

働く方も30や40過ぎまで中卒のままでいてもいいし、
良い暮らしをしたくなったら50過ぎでも60過ぎでも勉強して大学受験して
大卒になってから70や80歳から良い会社に転職すればいい
もちろん何回受験に落ちてもいい、5浪や10浪しても全然問題ない
何しろ寿命に限りはないし仕事の年齢制限もないのだから

817優しい名無しさん2021/09/24(金) 16:59:15.03ID:yrTciiLo
>>815
なんだよ「ふわり」って。
そうやってすぐに宗教だとかオカルトだとか言って悟った気になってる人が多くて、研究が進まない方が問題だと思うんだが。

818優しい名無しさん2021/09/24(金) 17:10:44.43ID:PPfEb2tG
815は別に宗教賛美や宗教押ししてないだろ
やっぱりageてる人は厄介な人率高いな
自分と意見が違っても当たり前

819優しい名無しさん2021/09/24(金) 17:22:04.81ID:yrTciiLo
>>818
喧嘩腰になって正直すまんかった。
個人の考えを無理に変えようと思ってるんじゃないんだ。ただ、諦めるのが当たり前みたいな風潮があるのが納得できなくてな。

820優しい名無しさん2021/09/24(金) 20:50:23.47ID:4S48zseS
まあ死後の世界はあるんだけど
でもそういうのにもかかわらず、死というのは

821優しい名無しさん2021/09/24(金) 23:49:57.47ID:GiHAnbNu
クライオニクス論にしても遺伝子操作にしても
不老不死研究は技術の限界=技術の進歩で解決されうる問題ではなく
量子の大きさの操作の限界や分子サイズの情報になったときの不可逆性まで判明していて、もう物理的法則的に不可能だとうところまでいきついてるからなあ
不老不死を信じるのは宗教と同じと感じるのはわかる

822優しい名無しさん2021/09/25(土) 00:05:15.61ID:CBMLg8Mo
>>821
ナノマシンとか物理的、量子力学的に技術的発展の余地に限界があるというのは一理あるとは思う。ただ、不老不死が無理っていう人のほとんどはそこまで考えて発言してなさそう。

823優しい名無しさん2021/09/25(土) 20:01:37.88ID:1shDLtwK
>>821
上の方のレスでアダムとイヴの知恵の実を例に出した人がいたけど、自分もそう思うよ。
人類は頭が良くなりすぎた。知らなくて良い知識を知りすぎたし、
解らない方が幸せに生きていけた事象や概念を、解りすぎた。

科学と医学の発達によるオカルトの排除。神の不在。魂の正体=脳。
あの世や輪廻転生の否定。死とは消滅。物理法則の限界。
宇宙の存在。宇宙にすら神はいない。一番近くにいる宇宙人とすら、地球人は会えない。
宇宙も地球も人も生命もこの世の全ては偶然生まれ、無意味に消える。

これら全てが知りたくなかったし、知る必要のなかった事だ。
知れば知るほど虚しくなるし、解れば解るほど絶望しかない。
何故こんな色々な事が「解って」しまった時代に我々は生まれてしまったのか?

全てを知った果てが何の救いも希望も安心もなく、無意味に無価値に無に還れ。だ。
それが嫌でも諦めろ。死後が無だと自覚していても絶望を顔に出さず、
恐怖していない振りをしながら毎日を生き続けろ。と言われているような気がする。

これこそが現代社会の安全で豊かな先進国に生まれた最大の代償であり、
罰であると自分は思わざるを得ない。発展途上国で無知なままでいたほうが、
宗教をそのまま信じて一生を終えられる国に生まれた方が幸せだったのではないか?
と最近は思うようになってきた。江戸時代の人が、弥生時代の人が、原始人が、猿が羨ましい。
こんな事を知るぐらいなら私は無知蒙昧な猿のままでいたかった…。

824優しい名無しさん2021/09/25(土) 21:53:49.59ID:CVM2JC/N
知らないこと、わからないことは最大の恐怖というからな
だから、地震とか台風とか噴火とか昔の人には全く理解不能な現象に、昔の人は合理的な理由(神様がお怒りになっている)をつくった
プレートのズレやら海上の気象やら全く知らず、大きな驚異が突然起こるとか、自分ならその恐怖に耐えられそうにないよ
なにもわからない意味不明な現象が目の前で発生するより知識がある今の方が幸せだと個人的には思うな

825優しい名無しさん2021/09/26(日) 01:42:08.19ID:LgNmF4wM
>>823
全てを知ったって…w
僕たちは何も知ってないですよ。
現代の科学の知識も全部表層的な受け売り。
その受け売りの知識の中で恐怖している。
だけどその無知さが希望でもあると思う。

826優しい名無しさん2021/09/26(日) 01:43:56.44ID:c6pAg1yw
幽霊が見たい
幽霊を見たとか言う人が羨ましい
幽霊の存在が信じられたらどんなに救いだろうか

827優しい名無しさん2021/09/26(日) 16:07:02.84ID:BDaJxjFT
>>826
子供の頃は幽霊がいる事に怯え、幽霊なんていなくていいと心から願った
大人になったら幽霊がいない事に怯え、幽霊がいてほしいと心から願った
皮肉な事に、幽霊はいる事よりもいない事の方が遥かに恐ろしい…

828優しい名無しさん2021/09/26(日) 16:22:53.54ID:DjaG73gF
>>826
自分は今までに三回幽霊を見た事がある
母も学生時代に集団で心霊体験したらしく、父も単身赴任してた時に社宅で霊障に悩まされたって話を聞いた
でも恐怖症は全然治らなかった、幻覚だと言われれば確かにそれまでで、幽霊がいる決定的な証拠にはならないから
世の中の体験談には幻覚や思い込みでは説明がつかない事例もいっぱいあるけど、それも創作を疑う悪い考え方になってしまう

もっと霊やあの世の存在を信じられそうな情報を求めて信憑性のありそうな色んな本を読む日々
でも先週は読んだ本がどれも大失敗で、十五冊くらい連続で死後は無と断定してる本に当たってしまって今かなり辛い
この一週間ほぼまともに食べられなくなり、立っても歩いてもふらつきと頭痛と嗚咽と動悸と過呼吸に襲われる
自分が死んで無になる怖さ、家族が死ぬ怖さ、死んだ人達が今は無になって二度と会えない怖さを再確認し、愛犬を亡くしたペットロスも再発し、最悪の状態

今回ショックだったのは、臨死体験に関する本を読んで、自分が長年心の支えにしてた事例の情報源が不正確で怪しげだったり、実はとっくの昔に解明されてた事例があると知った事
これは本当に辛かった、ネットの唯物主義者が煽る理由が分かった瞬間だった、もちろん全てが解明された訳ではないし、脳内現象説の方も誤りや誇張が多すぎて同じくらい怪しいのだが、どうしても悲観してしまう
それと以前から読みたくて気になっていたある三冊の本を入手して読んでみたら、作者は別々のはずなのに、どの本も気功や波動や龍神など怪しさ全開な内容だった事も辛い
これなら恐怖症を治してくれるんじゃないかと期待していた数年越しの夢や幻想が簡単に破壊されてしまった

無知の方が幸せだって>>823の言葉に同意したい
知らない方が絶対に穏やかな生活が出来てたはずなのに、余計な事を知ってしまったせいで苦しい
誰かに助けてほしいのに自分で勝手に疑ってしまう、その悪い癖だけでも治せたらまだ生きやすくなりそうな気配は掴めてきた
今は本当に怖くて苦しくて誰かに助けてほしい、でも何を見聞きしても疑う、どうにかしないとこのままじゃ発狂しながら衰弱死しかねない

829優しい名無しさん2021/09/26(日) 20:13:34.49ID:6MTAsxjG
長げーよ

830優しい名無しさん2021/09/26(日) 20:42:27.50ID:q+em8Wcz
幽霊は一度でもいいから見てみたいなぁ

831優しい名無しさん2021/09/27(月) 17:57:12.82ID:LTz3My8/
>>827
俳優の中村倫也がエッセイで「幽霊話をする人は嫌い。理由は怖いから。話を聞いて怖くなったら、科学的に幽霊を否定してるサイトを見て安心する」と言ってた
我々とは真逆の考えだよね
どう考えても幽霊がいない事の方が怖いよ

832優しい名無しさん2021/09/29(水) 21:50:21.63ID:3BPb0mnn
幽霊を感じたいなら、奥野修司の「魂でもいいからそばにいて」や、最近発売された「死者の告白」を勧める。ノンフィクションならではの真に迫るものがある。が、悲しすぎて別の意味で読むと辛くなるかも。

833優しい名無しさん2021/10/03(日) 06:25:33.20ID:J71lqk07
昔は眠ってる間だけは安らげたのに、年取ってからは夢の中ですら死の恐怖に怯えてる悪夢ばかり見る
心身を休める時間がいよいよ無くなった

834優しい名無しさん2021/10/05(火) 03:29:04.51ID:fwq0R++W
幽霊がいるってわかれば死後の世界の証明になるから死後の無が怖いタイプは救われるんだよな

でも結局のところアニメみたいに目に見えて会話できるぐらいわかりやすい幽霊じゃないと信じることはできないだろうなぁ
金縛りにとかおきてもすぐ「ああ睡眠麻痺だ…」と考えてしまうような脳味噌じゃ生半可な心霊現象や怪談話ではぜんぶ疑ってしまう

835優しい名無しさん2021/10/05(火) 19:59:05.91ID:a0Ao7lyq
>>833
それは辛いな
今からでも遅くない。修行しろ
座禅でも滝行でも何でもいい
お遍路とかもおすすめだ
宗教書、哲学書もたくさん読んだが、全く死の恐怖は変わらなかった
つまり脳は脳では変えられことがわかった
身体のみが脳を変えられる
今、アラ還だが若い時は発狂しそうだった死の恐怖が随分と和らいだ

836優しい名無しさん2021/10/07(木) 15:24:24.27ID:9ohivZBi
>>835
すいません。
歳を取ると死の恐怖が和らぐってよくきくのですが、本当ですか?
だったらもう少し歳を取ると私も死の恐怖から救われるのでしょうか?

837優しい名無しさん2021/10/07(木) 17:41:02.21ID:AqAvJppF
小学生のとき死の恐怖にとりつかれ
20年近く経ったが恐怖の大きさは変わらんけどなあ
単に年をとっただけで恐怖が和らぐだろうか
自分の血をひいた子供ができると「死んでも自分の存在がなくなるわけじゃない」と恐怖が和らぐとか
親しい人が死ぬと「あっちにあの人がいる」と恐怖が和らぐとか聞くけど
どっちも経験がないからわからない
経験者がいれば教えてほしい

838優しい名無しさん2021/10/07(木) 19:18:48.38ID:AE0cjhzi
人によるね
やなせたかし先生や日野原重明医師は90歳以上生きたけど最期まで死にたくないと言いながら亡くなった
内田裕也や野村克也監督は愛妻に先立たれたせいかもう生きててもしょうがないと言いながら亡くなった

839優しい名無しさん2021/10/07(木) 21:59:20.94ID:1eQauEWE
むかしからたまーに考えてたけど、
ここ2ヶ月ぐらい頻繁に死が怖く感じる。
今34歳。
この病気の仲間入りかもしれん、よろしく!

8408352021/10/08(金) 09:28:56.81ID:EkgMKWDY
>>836
>>837
わからない。人によると思う。私は和らぐどころか増すと思っていた。それは嫌なので私の人生の主題は安らかに死ぬことにした。そのため色々な事を行った。哲学を勉強したり、宗教をかじったり。
結局、身体を動かす事が心を変化させる事がわかった。山歩き、滝行、お遍路、マラソン等それらが私を変えて行った。せわしない世の中へ執着が薄れ、この一瞬一瞬の素晴らしいさや心の自然への一体感を感じるようになった。

死ぬ事は多少怖く無くなったが、逆に生きることをやめなくてはいけない事が少し怖い。たぶん晩年でも人生が充実していた日野原先生ややなせたかしさんのような心境なのだろう。

841優しい名無しさん2021/10/08(金) 15:53:04.90ID:qOT36E0+
今だけを生きるって重要かもね
実際今の自分しかいないし、「あったかもしれない他の可能性」なんてくだらない妄想でしかない

842優しい名無しさん2021/10/08(金) 18:16:46.22ID:uhfjn1BP
>>837
残念ながら変わらないと思う
若い時に中年を見ておっさんおばさんだなぁと思ったけど、
いまその年代になって(外見はまああれだけど)基本的な意識や考え方は全く変わってないので
自我は連続しているというのかな、どっかで途切れれば変わるものもあるかもだけど

843優しい名無しさん2021/10/08(金) 22:41:53.28ID:UTqlnbvY
すぎやまこういちさんが90歳で亡くなって追悼コメントでみんな大往生と言ってるけど、90年って全然短いと思う
自分は今30歳でこれまでの人生あっという間だった
このあっという間の30年をあとたった2回繰り返しただけで、周囲から大往生と言われ、死を受け入れて当然な扱いの年齢になってしまうのがたまらなく怖い
まだまだやりたい事はいっぱいあるし生きてて楽しいから例え120年生きようとも全然足りない、強制的に終わりたくない
これからもっと年を取って体が壊れてきたり、親や知人がどんどん亡くなれば生きる意欲が失せていくのかも知れないけど、そういう失い続ける日々が来てしまうのもまた怖い
いっそ若い頃に眠ってる間に何も分からないまま突然死する方が幸せだったのかもと最近思う

844優しい名無しさん2021/10/09(土) 02:44:34.47ID:fSItr/9M
>>843
アンパンマンを作ったやなせたかしさんも90歳過ぎて尚、
人生まだまだやりたい事があるのに何で死ななきゃならないんだと嘆きながら死んでいった。
知識があって創作意欲がある者にとっては今の時代100年生きても寿命が足りなすぎる。

一般人にとっても、ゲームやネットやスマホと科学の発展であらゆる娯楽が生まれ、
現在進行形で娯楽が増え続けている今の時代に生きるとなれば、やはり人生100年程度では少ない。
何しろ「人生に飽きる」という事がないのだから。新たな娯楽が生まれ続ける限りは。

人生が死ぬまでの暇つぶしと言うのなら、暇になる事がない人間はどうすれば良いのか?
その気になれば大した金をかける事もなく、飽きる事も暇になる事もなく
無限に人生を楽しめるように今の科学や娯楽は進化し生まれ続けているというのに。
そんなずっと楽しく幸せだと言っている人間の人生すら、寿命や病は無慈悲に命を奪う。

娯楽が演劇と博打と遊郭しかなく、飲む・打つ・買うしかなかった戦国時代や江戸時代は
織田信長の言う通り人生50年が平均寿命だった。
戦で殺された人間や今の医学なら容易く治せる病で死んだ人達も含めての平均寿命だが。
娯楽が無尽蔵に増え、進化していく現在…そして未来においては
平均寿命が100年に到達しても足りないだろう。それどころか、おそらく飽きる事は永遠にない。
脳その物が老いて痴呆に達しない限りは、「人生に飽きる」事はもうないだろう。

それだけ、科学も娯楽も進化し過ぎたのだ。
娯楽などたかが暇つぶしと言うかもしれないが、その「たか」が楽しくなりすぎた。

845優しい名無しさん2021/10/09(土) 07:35:47.12ID:62cdyRXe
遠い将来の死を想像して恐怖する。これは現代人だけに与えられた神経症だ。本来、死を目の前にした時だけ恐怖が必要なのだ。鼓動を速め、死から逃れるため行動する。もし死の恐怖なければ、他の生物等より簡単に捕食され絶滅してしまうだろう。

人類はいつ遠い先の死を恐怖するようになったか?一説によると農耕を始めた時はからと言われている。それまでの狩猟採集生活は毎日獲物を捕まえたり、木ノ実を取ったりの繰り返しで、先のことを考える必要はなかった。その時その時に集中する。

ところが農耕はそうではない。時期を見て種をまき、育て、また時期を見て収穫を行う。ここで初めて遠い未来を思い描かなくてはならなくなった。同時に将来に対する不安を知った。

また現在?つい最近まで?存在したアフリカの奥地の人々やイヌイットの人々も未来の概念はなかったらしい。

ケニア出身の牧師による1970年の頃著書「アフリカの宗教と哲学」によると、アフリカ人はとって未来は事実上存在しない。未来の出来事は起こっていないし、実現していないので、時間を構成しえないと記している。

一瞬一瞬を楽しみ、永遠の現在を生きていれば、遠い未来の不安に悩むことは少なくなると思う。私はそれを色々な修行から感じ取った。でも老後のお金の計算はしっかりね 笑

846優しい名無しさん2021/10/09(土) 11:40:14.16ID:4Pdtxd8V
44歳だけど趣味とか関心が薄れて、時間が足りないなんて思わなくなってきた感じがする
まあ少しは怖いけどもうやりたいこともあまりないし死は仕方ないなと

847優しい名無しさん2021/10/09(土) 12:25:27.88ID:7ISFsUXX
はじめてこのスレを覗いたけど長文で難しい事をずらずら書いてる人ばっかりで困惑した
気軽につぶやこうと思ったけど疲れた

848優しい名無しさん2021/10/09(土) 14:50:05.05ID:qQL02jG+
>>846
その考えだったんだけど、死にそうな病気になると精神的な安心が一気に崩れた。
もう一度最初からやり直し。
何でこんなに怖がりになってしまったんだろうか?

849優しい名無しさん2021/10/09(土) 15:43:27.37ID:VKUdMOQ2
大切な人がもうこの世にいないから、死後に何にもないのかもしれないけど、
その人と同じ存在になれると思ったら前よりは恐怖心なくなった
心霊的な現象を何度か体験してるのもあるけど

850優しい名無しさん2021/10/10(日) 17:13:52.00ID:TjVV6c74
>>843
いっそ若い頃に眠ってる間に何も分からないまま突然死する方が幸せだったのかもと最近思う

いつ(何歳)かはともかく、我々にはこれしかないだろうな
自ら選択することはできないけど
急性心筋梗塞とか全身麻酔中の手術中の死亡とか
これが自分にも起こるかもしれないということが唯一の希望

851優しい名無しさん2021/10/10(日) 22:05:47.41ID:cKJV7QCk
永遠の無という恐怖は、死のおそろしさをごまかさずに直視している証拠じゃないか?
だから、この恐怖に打ちのめされている人は、そうでない全ての人よりも誠実さの点で上位に立っていると思う。

でも永遠の無ってどれほど確実性のある議論なのか。脳と意識が相関しているという事実だけが根拠か。

852優しい名無しさん2021/10/11(月) 19:14:47.92ID:UUO+4eJY
まあ俺もそうだけど、この恐怖症持ってる人は神経症に他ならないだろうね
何らかの精神疾患を持っているよ

853優しい名無しさん2021/10/15(金) 10:06:13.74ID:sBYQzTxu
あー俺双極性障害って言われたし、それだろう。
こんな恐怖を普通の人は感じないのは良かったと思う反面、羨ましく思う。

854優しい名無しさん2021/10/15(金) 21:10:24.17ID:gGGUSRuo
サチモスのベースが32歳で永眠って
若いなぁ
倍野菜さん‥‥

855優しい名無しさん2021/10/16(土) 10:40:36.67ID:2S+RbgFV
倍野菜さんのベースは小田急線で飛び込みしたという噂だけど、
それが本当ならちょっと違う案件やな

856優しい名無しさん2021/10/17(日) 11:32:45.81ID:Nk+G3M+B
自分の中では、死が怖いからじさつしたいというのは全く矛盾してない

857優しい名無しさん2021/10/17(日) 13:48:04.20ID:99SEYtkZ
死ぬのが怖くなりすぎると自殺したくなるってたけしの映画でも言ってたな

858優しい名無しさん2021/10/17(日) 17:40:09.00ID:RqU7U/YA
>>857
桂枝雀とかそうだよな

859優しい名無しさん2021/10/17(日) 18:44:51.41ID:Nk+G3M+B
大昔の新聞紙上でラサール石井が人生Q&Aに回答してた
読者質問はずばり「死ぬのが怖い」

ラサール石井の回答の要旨
・世の中にそういう人がいる。有名落語家とか。
・あなたが死んでも原子という形で永久にこの宇宙に残る。

自分は時間・無限恐怖だから何の参考にもならなかった。

860優しい名無しさん2021/10/19(火) 18:30:46.89ID:wYwH5n1L
原子が残ったからといって自我が残ってないんじゃ今生きてる自分からすれば消滅と変わらないんだよな
唯一無二の自分は存在しないという原始仏教みたいな考え方が風潮が哲学や科学の発展で最近復活しつつあるけど、個人や個性という幻想を信じ込まされてきた世代なので簡単には受け入れられない考え方だ

861優しい名無しさん2021/10/19(火) 23:00:09.60ID:9vZrGqUd
>>860
そりゃそうだ
捨てた爪や髪や垢を自分とは認識せんもん
自我があるのが自分
自我がなくなる=死
自我がなくなるのが怖い
千年後も万年後もずっと自我が復活することがないのが怖い

862優しい名無しさん2021/10/20(水) 11:03:08.73ID:GTOXuypm
この前まで希死念慮強くて死にたかったのに、今は逆に死ぬのが怖くて眠れないタナトフォビアになってしまった…
俺の場合は突発的な感じなんだがマジで嫌だ
風呂入ってる時も突然死したらどうしようとか考えて怖い

863優しい名無しさん2021/10/20(水) 13:14:12.14ID:tS5B20R6
あるある
俺も病気で障害者になってしまって、しばらくは自殺方法を探していたけど、その後突然死するのが怖くなってしまって大変だった。

864優しい名無しさん2021/10/23(土) 09:16:28.94ID:jyljcIGU
自殺しないように、コツコツ人生や日常を生きて
積み重ねているのが
全部死で失われるのが大変で嫌だ。

865優しい名無しさん2021/10/23(土) 10:58:48.33ID:cRT3CqDZ
人生ゲームのキャラクターってだけでそこまでの差異はないから
恐怖も小さい頭の中でハムスターが駆け回っている程度の事
思考をスローにしてみれば、恐がってる内容も見えてくる

866優しい名無しさん2021/10/24(日) 20:56:40.41ID:cU49DWW3
>>861
>千年後も万年後もずっと自我が復活することがないのが怖い
これ、身震いするほど怖えーわ
しかも万年でもなく、億年でもなく、無限年だぞ…

タナトに取りつかれてはやうん十年。
作家って想像力豊かで、思考が深い人が当然多いけど、じさつ者も多いよね
自分も作家とか成れる能力全然ないけど、想像とか物事の本質を考えすぎる傾向が強いわ
そうするとそりゃ最後には「死とは何か?」に行きつくよな

あ、俺発達障害だけどさ(苦笑)
タナトに取りつかれた人は未通院の神経症圏の人も含めて、8割ぐらいが何らかの精神疾患があるような気がする
だって想像力が異常だもん、自戒こめて言うけど

867優しい名無しさん2021/10/26(火) 09:48:58.31ID:Wi9Surhc
死ぬのがとても怖いせいで
自殺しなくて済んでいるかもな自分だけど
やっぱり死ぬのは怖い

868優しい名無しさん2021/10/27(水) 16:58:25.43ID:zDsMAT2+
何も成し遂げないまま死にたくないと思う反面
結局死ぬのだから何もしなくていいかとも思う

869優しい名無しさん2021/10/27(水) 22:30:02.13ID:gCqPfSI5
死によって自我が喪失するのだから、もはや自分とって「時間」は存在しない。

この説明納得する?

870優しい名無しさん2021/10/27(水) 23:43:08.22ID:AVJv/xmo
気がつけばこの世界にいて
それだけでも十分不可解なのに
訳わからんままこの世界から去らなきゃならんときた
とてもじゃないけとこの人生、楽しむ気になれんのよね
根本的に色々おかしいわ

871優しい名無しさん2021/10/28(木) 01:02:09.61ID:STv/sBrv
いや楽しむ気満々だわ
100年そこそこじゃ楽しみきれないから5億年くらい寿命ほしい
飽きたら自由に死ねてだが意に反して突然途中退場なしでお願い
明日死ぬ可能性が0じゃないとか嘘だろ怖すぎる

872優しい名無しさん2021/10/28(木) 10:07:47.10ID:TWsYfDLo
5億年生きようが、5兆年生きようが結局最後には無だよ

873優しい名無しさん2021/10/28(木) 16:05:45.96ID:7hmyXijy
最後には無になったとしても5億年生きればぬ無の恐怖はなくなるのでは?

874優しい名無しさん2021/10/29(金) 03:27:15.68ID:x+ZDXypB
病に侵される事なく、日常で死を意識している人間なんてどれくらいいるのだろうか?
最前線で戦っている戦場の兵士や海外のマフィアぐらいしかいないのではないだろうか?

知識として霊や生まれ変わりやあの世が無い事を知っていても
死の先に絶望しかない事、いや絶望すらもない事を理屈として解っていても
それでも、誰も死を意識しないし考えないようにして誤魔化しながら生きている
タナトフォビアになっている自分ですら平常時はそうだ
死の思考をすると止まらなくなるが、思考しない時は本当に全くしない

そうやって己が少しずつ老いていくにも関わらず死を考えないようにして生きていき、
ある日突然身体の調子が悪くなり、病院に行ったら癌を宣告される
大概の人間はそこで初めて死を意識するのだろう
いや、末期癌にならないと死を意識しないと言った方が正しいか
でもそれでは、死を覚悟するにはあまりにも遅すぎる…
死刑囚が拘置所で死刑を待つまでの期間ですら、癌患者が末期になり死ぬより遥かに長い

しかし常に死を意識している人生が不幸なのは、
このタナトフォビアスレの皆の書き込みを見ても明らかである
死を意識せず、意識し始めたら残りの寿命は風前の灯火な普通の人生か
死を常に意識して常に頭の中に霞が舞うような人生か…どちらがマシなのだろうか?

875優しい名無しさん2021/10/29(金) 08:01:58.18ID:FqnCXtt3
死を意識して、充実した人生を送ろうとするのが一番マシだと思う。

876優しい名無しさん2021/10/29(金) 22:05:02.87ID:9ISGANc5
>>874
>日常で死を意識している人間なんてどれくらいいるのだろうか?

いない

877優しい名無しさん2021/10/30(土) 05:18:33.36ID:IhiO63/P
誰もが無になると解っているのに誰も無を意識しない
さりとて恐怖しない訳ではなく死を目の前にしたら
即ち無を目の前にしたら誰もが怯え狼狽する
知ってる癖に知らない振りをして
怖い癖に怖くない振りをし続けながら生きていく
科学が先行した先進国の国民は皆そうしてる

これ、とんでもない事だと思うよ

878優しい名無しさん2021/10/30(土) 17:08:51.85ID:0hY1EAFk
死に恐怖しても克服できるわけじゃないし
見ざる聞かざる考えざるは良い判断だと思うよ

879優しい名無しさん2021/10/31(日) 12:58:03.44ID:nw6BljNG
>>534
この前なんJに建った死後の世界はないって趣旨のスレ
https://swallow.5ch.net/test/read.cgi/livejupiter/1635175670/

ニュー速でもどこでもこういうスレ見て思うのは
科学がああだこうだ脳がどうのこうの言って
死んだら無だよって書くだけでそこから話進まない奴多すぎ問題
諦めてんのか思考停止してんのか知らんが
そんな事は分かってんだよ、で?って言ってやりたくなる

そういう事スラスラ書いて平気で生きていける奴の方が俺は怖い
お前もその内必ず無になるのに怖くないの?
自分だけを枠の外に置いて悪い意味で客観的に語るのやめなよって言いたくなる
意地が悪い言い方するとそいつが死ぬ瞬間の怯えや絶望の顔を見たくなる
ほら、無だ無だと他人事みたいに語っててもやっぱりお前も無になるの怖いんじゃんってね
まだ無は怖いし恐ろしいと正直に自分の気持ちを吐露しているタナトの人たちの方が健全だ

880優しい名無しさん2021/10/31(日) 17:52:06.38ID:qZYv+2A6
>>879
死が怖いのは当たり前
しかし死が目の前に無いにもかかわらず、恐怖しているのは病気。

881優しい名無しさん2021/10/31(日) 18:58:14.80ID:mv7JJCLQ
死という言葉の定義も使い方も人によってあやふやで
天国があると思っていたり幽霊がいると思っている人間が言っている死も
完全な唯物論者で死ねば無になると思っている人間が言う死も
同じように扱ってしまうからややこしくなる

己の記憶も意識も自我も消滅し完全な無に還る事を、事だけを「死」と定義すべきだし
「死」はそういう意味で使うべきだ
ほとんどのタナトも死恐怖症ではなく無恐怖症であり
タナトの使う死はあくまで状態の変化を表す過程としての単語の意味でしかない
「死」とは恐ろしく残酷で許せない概念なのだ
「死」という言葉から恐怖を取り去ってはいけない

882優しい名無しさん2021/10/31(日) 19:27:10.06ID:uY7EeadO
>>879
その当たり前が自分は当たり前と思えない。
宗教でも何でも無根拠でも非科学的でも
何かを心の拠り所にして死後の無を否定しながら生きている人間なら解る。
それこそ漠然と死んでも続きがあるんじゃないかな、と思っているだけの人でもだ。
自分は無神論者だが無神論者だからこそ理解できるし
死ぬのも消えるのも怖いから消えるのが怖くて
自分を騙して生きている人間を笑う事などできない。

だが死後の無を理解しておきながら普通に振る舞えたり
それを平気で他人に話しながら人生楽しめる人間は虫唾が走る。
自分に言わせればそれこそ異常者としか思えない。
人に言わず自分の心の中にだけ閉まっている人間なら理解できる。
本当は不安だけど強がって死んだら無だよと言って普通の振りをしている人間も理解できる。
だが平気で死んだら無と他人に言って本当に平気な顔をしている人間だけは理解できない。

ネットの死後の世界や死んだらどうなるみたいな話題のスレッドを見ると
いつもその手の輩がいる。同じ無神論者としても腹が立つ。
死んだら消えるのが不安なのはタナトじゃなくても当たり前だろうが。
なのにあちらが正常な一般人扱いで、こちらだけが異常な病人呼ばわりだ。
死にも消滅にも不安を抱かない人間が正常だと言われる事自体が間違っているんだよ。

883優しい名無しさん2021/10/31(日) 19:29:32.25ID:y54O9Qu0
>>880宛てだった、失礼。

884優しい名無しさん2021/10/31(日) 19:46:22.03ID:XKpRgn/t
全ての人類が無神論&唯物論に目覚めたら
無の絶望に押し潰されて狂うしかなくなる
それだけでなく生の無意味さにも気付いて
社会が、国家が、世界が立ち行かなくなる

タナトフォビアもペシミストも
科学の進化で発展した現代社会
即ち現在のこの世を動かすには
邪魔だし害悪でしかないのだよ

885優しい名無しさん2021/10/31(日) 20:05:38.53ID:qZYv+2A6
>>881
皆んな死ぬのは怖いよ。俺だって怖い。もし死の恐怖がなければその生物は絶滅してしまう。
ただ、今死ぬ訳じゃないから今から怖がって仕方がないというか意味がない。そんなずっと先の事を考え、恐怖しているのは神経症、つまり病気だ。
また死の事を平気で話している人は死に方を決めている、また覚悟が出来ている人だな。そんな人は結構いる。
まあとにかく死ぬまで一生懸命生きようよ。楽しもうよ。

886優しい名無しさん2021/11/01(月) 19:28:09.64ID:CweMHkAI
まあ、毎回の長文と小難しい解釈の書き込みを見ていると
やっぱりタナト以前に何か基礎的な精神疾患があるんだよ

何でも通院すればいいとは思わないけど、無理に精神疾患を
否定して認知や思考の問題に逃げてる奴多くないか?

887優しい名無しさん2021/11/02(火) 12:06:51.47ID:ydAvm/32
焦らなくていい
最期にはタナトを克服して死んでいくよ
俺は克服した

888優しい名無しさん2021/11/02(火) 13:31:47.35ID:dk+wQe4S
俺は頭悪いから長文書けないけど長文書きたくなる人の気持ちはわかる
なんというか不安を文章化しないと気が済まないんだろう
頭の中だけで思って怖がってるだけじゃ叫びだしそうになるから
文字にして恐怖を理屈に変えて吐き出してるんだと思う

889優しい名無しさん2021/11/03(水) 00:17:31.37ID:zeFHwR15
あぁ、だめだ、怖いわ
半年前から急にきたけど、みんなきっかけってあるの?

890優しい名無しさん2021/11/03(水) 01:56:29.94ID:CtIEsqL+
小学生の頃寝る前にふとこのまま死んだらどうなるんだろうと思った瞬間だな

891優しい名無しさん2021/11/03(水) 02:01:37.78ID:5DD+3f4t
>>889
中学生の時にネットで死んだ後の事を調べた時ですね
あの世や幽霊はないとか死んだら何もないって
書かれていたのを見て、どういう事なんだろう?と
思考を繰り返していたら急に天と地が逆転したような、
空に落ちていくような恐怖感が駆け巡って部屋で泣き叫んだのを覚えています

自分もそうなのですが、タナトになる人というのは
思考停止ができないというか、考えなくていい事まで
考えてしまう気質の人が多いと思うのです
普通の人は死んだら無か〜、怖いなぁ…くらいでそれ以上考えない所を
タナトになる人は何故無なのか?無とはどういう事なのか?
どうして無になるようにこの世は出来ているのか?
という風に思考が止まらなくなってしまう
上で言われている長文を書く人が多いというのもこれが理由ではないかと思います
こうして説明するだけでも結構な長文になりますし…

892優しい名無しさん2021/11/03(水) 15:28:28.85ID:c7svrawM
>>889
予兆は大学のキリスト教の授業で生と死の話を聞いたとき
発症は鬱病を発症した時
(概ね)寛解は鬱病が治った時

893優しい名無しさん2021/11/03(水) 16:18:25.67ID:MLu2zFw8
>>889
コロナの流行による運動不足とストレスで再発した
再発するまでは自分がいつか死ぬってことを「忘れて」いた

894優しい名無しさん2021/11/04(木) 19:43:28.47ID:JjFAHgUV
死と向き合うときに発症が多いのね

新年始まったあけおめ!から、
もう年末か、、1年早かったな

を、事故がなかったとしてもあと何十回かしか繰り返せないんだよね
めっちゃ怖ない

895優しい名無しさん2021/11/05(金) 00:16:08.32ID:9CZj1GVD
光陰矢の如し…
タナト人口ってどれくらいなんだろう?

896優しい名無しさん2021/11/05(金) 07:19:03.11ID:phfEzMWr
死は怖いけど
死ぬまで怖がり続けるのも怖い

897優しい名無しさん2021/11/05(金) 18:02:55.55ID:TUqtQO23
日本で無神論者が増えているのに
自殺者も増えているというのは興味深い
タナトの価値観だと死後が無だと理解しているからこそ
自殺なんてしないと思うのだが、無神論者の一般人の価値観では
死後が無だからこそ逆に安心して自殺してしまうのだろうか?

898優しい名無しさん2021/11/05(金) 18:46:19.38ID:X2jotp5C
無が怖くないほどに、現代が嫌だったんだろうね

899優しい名無しさん2021/11/05(金) 20:27:53.22ID:S9Hb6Kcw
>>879
なんJやおーぷんに立つこの類のスレは読んでも得られるものが本当に何にも無いな。
ドヤ顔で「無」「永遠」「終わり」「脳」「電気信号」などの定番ワードを連呼し、マウント取った気になってはしゃぐしょうもない連中ばかり湧く。
科学的に考えて死後が無なのは子供の頃に誰しも分かってて、それ前提で死について語ってるのに今さら唯物主義を説法するとか周回遅れも甚だしい。
偉そうな態度で死後は無だと断言してる奴ほど思考停止してて、最新科学の情報もオカルトの情報も調べる気がないから知識不足で、マウントを取る事を目的としてるから恐怖の克服法なども何にも考えてないので、会話しても時間の無駄にしかならない。

900優しい名無しさん2021/11/05(金) 20:42:52.28ID:2ZiVvKir
死 以外の結末を探すしかないなぁ

901優しい名無しさん2021/11/05(金) 21:23:26.27ID:X2jotp5C
死以外の結末ってなんだろ?凍結?

902優しい名無しさん2021/11/05(金) 22:00:52.71ID:0B4Stg2h
>>897
自殺する理由にタナトへの反発もあるのかもしれない
本当に死を怖がってない事を証明するには自殺するしかない

903優しい名無しさん2021/11/06(土) 11:09:00.92ID:br8GLUd2
死後が無の方がマシ

904優しい名無しさん2021/11/06(土) 11:13:34.26ID:vjtNXR/v
知識として霊や生まれ変わりがない事を知っていても、 
死んだら無だよとネットで書きまくっていても、
無だと最後の最期まで信じながら死ぬかどうかはそいつが死ぬ時にしか解らない。
死の間際に神を信じようとしながら死ぬかもしれないし、
死ぬ一秒前にあの世や霊があってほしいと願いながら死ぬかもしれない。

死後が無だと思っている人は大勢いても、
無であってほしいと願っている人は少ないと思う。
皆諦めているだけなのだ。どうしようもないから仕方ないと諦めているだけ。

905優しい名無しさん2021/11/06(土) 17:17:50.06ID:JUeu5KpF
地獄に落ちるくらいなら無の方がマシって人もいたな 死後の世界を信じてる人の一部は死んだ後消滅した方が罪の意識を背負ったり責め苦を受けずに済むから良いと思っているのかもしれない。私は不可知論を取ってたけどここ数年やっぱり消滅するんじゃないかと思い始めたのでこの人の感覚はあまり理解出来なかった 地獄でも良いから死後の世界は存在してたら良いのになあ

906優しい名無しさん2021/11/06(土) 19:52:56.54ID:zvADOuSf
>>904
そう思うのはタナトだけ。俺を含めて

907優しい名無しさん2021/11/06(土) 22:57:22.78ID:DBocNw4j
そうかなあ
世の中の多くがタナトだと思う
言わないだけで
だって多くの人は人の死が悲しいと思えるじゃないか

908優しい名無しさん2021/11/07(日) 01:15:31.09ID:4CAg0VA1

909優しい名無しさん2021/11/07(日) 16:15:39.01ID:ckm+HU3K
>>907
そりゃ人が死んだら悲しいし、自分自身が死ぬの怖い。だけどさしあたって死が目の前に無いにものかかわらず四六時中死を考えて怖がっているのがタナトフォビア。いわゆる神経症。

910優しい名無しさん2021/11/07(日) 18:27:50.43ID:ZFY8UZJX
>>907
>多くがタナトだと思う
ないない

普通の人が死を本当の恐怖として認識するのは、重い病気や進行性の障害を告知された時ぐらいだよ
事故や事件で恐怖を認識するのはタナトや普通の人でも同じだし

普通の人がふだん死をどう思っているのか色々考えたことがあるけど、
「生命保険や損害保険を選んでいる時の気持ち」レベルでは?
死亡時の保険金額をいくらに設定しようかなぁ〜みたいな軽い感じ
つまり死、死と口にすれども「ずっとずっと先のいつか」ぐらいにしか思ってない

俺らのタナトは少なくとも神経症以上の何か

911優しい名無しさん2021/11/07(日) 18:34:01.35ID:fLMhcxSG
タナトの人ってシャンプーとかトイレットペーパーとかよく使う調味料とか乾電池とか
今使ってるやつの残りが半分以上あってもそれ以外に予備に最低ワンセットは新品買っておくタイプじゃない?
あといちお買っておいて読んでない本とかあったりみたいな

912優しい名無しさん2021/11/07(日) 21:50:01.24ID:ckm+HU3K
>>911
そうだよ。なんでわかった?

913優しい名無しさん2021/11/07(日) 23:10:06.72ID:kRF0FIsy
>>910
あんた前から同じ事言ってない?
一般人は死の恐怖を感じないとかタナトは病気だって
そんなに一般人とタナトは別人種だと線引きしたいのか?
タナトは病気だと決め付けて病人アピールしたいのか?

はっきり言うがあんたの考え方は嫌いだな

914優しい名無しさん2021/11/07(日) 23:27:40.13ID:UeUaGYLY
>>906
そう思うのはタナトだけとはどの下りに対しての返答なのか
そこを具体的に言ってほしい。

普通の無神論者でも
>死の間際に神を信じようとしながら死ぬかもしれないし、
>死ぬ一秒前にあの世や霊があってほしいと願いながら死ぬかもしれない。
と書いた下りの事か、それとも

>死後が無だと思っている人は大勢いても、
>無であってほしいと願っている人は少ないと思う。
>皆諦めているだけなのだ。どうしようもないから仕方ないと諦めているだけ。
の下りの方か
後者の方なら反論したいのだが。
それとも普通の人々は死後の無を、
無になる運命を諦めてすらいず、考えてすらいないと言いたいのですか?

915優しい名無しさん2021/11/08(月) 00:32:42.87ID:voyTQw5a
件の人がよく言う一般人は死の事なんて思ってないよの「一般人」とは
どういう意味を込めて言っているのかも気になる
考えないで生きていくなんて可哀想だねという哀れみの感情か
怯えた時には寿命が近いなんて遅すぎるし愚かという侮蔑の感情か
それとも死と向き合わない一般人より死と向き合っているタナトの方が
正しいし偉いという差別の感情か…

916優しい名無しさん2021/11/08(月) 00:35:07.65ID:j9WE2TM8
>>95
死ぬほど気持ちいいらしいよ
エンドルフィンだっけ?快感物質が死ぬほど出るらしい

917優しい名無しさん2021/11/08(月) 03:00:18.32ID:trablrx/
大多数の人は大なり小なりタナトを患っているだろう
だから宗教がこんなにも広まった
死が意味不明すぎて怖くて恐ろしくてたまらない
なのにこんなにも恐ろしい死が平等ではなく理不尽に訪れる
心の折り合いをつけるために宗教が生まれた
そしてそこに救いを求める人が多かったからこんなにも宗教は広まった

918優しい名無しさん2021/11/08(月) 03:02:47.10ID:zBjFNsBc
>>912
大抵の人が言われてみればそうかもと答える問いだからでは?

919優しい名無しさん2021/11/08(月) 06:39:59.38ID:ndAox6vH
>>914
両方だ。諦めているのでは無く、人は当然人生は有限と考え、皆ある程度の死ぬ覚悟が出来ている。人はそれなりの人生感や死生観もっている。だから少なくとも死を目の前にしていないなら死の恐怖は感じない。80代の老人でさえも。死が目の前では無いにも関わらず、今から気になって死に怯えているのがタナトフォビア。つまり神経症。

920優しい名無しさん2021/11/08(月) 09:03:45.58ID:yU1e33PP
>>919
個人の感想どころか完全な決め付けだな
お前が一般人の何を知っているんだ?
それと自分が答えられる人間にしかレスしないんだな
>>913>>915にはレスしないのかい?

921優しい名無しさん2021/11/08(月) 09:59:06.53ID:fywDk9JJ
>>919
俺まだタナトと言えるほど本気で死に怯えた事ない普通の人だけど
覚悟も死生観も持ってないよ、ただ生きていられるから生きてるだけ
俺が言うのもなんだけど、普通の人を神聖化しすぎてない?

普通の人にだって人生観も何もなく刹那的に生きてる人だっていると思うよ、俺はね
だって俺がそうだから
まあタナトじゃない別の鬱抱えてるから普通ではないか…

922優しい名無しさん2021/11/08(月) 13:01:33.82ID:3vWeSLF5
>>921
タナトじゃにのにどうやってこのスレにたどり着いたの?

923優しい名無しさん2021/11/08(月) 13:46:22.92ID:OyxgOs89
>>920
>>921
人生観とか死生観なんて大げさに言ったが、つまりはなんとなく生きていつかは死ぬ。それくらいは皆んな納得しているだろ。
タナトフォビアはそれさえ納得できないんだよ。

924優しい名無しさん2021/11/08(月) 13:49:12.51ID:OyxgOs89
>>913
日常生活に支障があるば病院に行くべきだな。適切な薬剤を処方され、多少は症状が緩和する。それはどんな不安神経症と同じ。

925優しい名無しさん2021/11/08(月) 13:56:50.11ID:OyxgOs89
>>915
まさに一部のタナトフォビアの不遜な考え方だな。俺はタナトフォビアだが、そんな考え方は全く無い。可能であれば皆と同じく不安に怯えることなく日々充実した人生が送れるを願っているよ。

926優しい名無しさん2021/11/08(月) 14:07:02.08ID:nIMIxL9B
>>924
タナトはケタミンくらいの薬物じゃないと緩和しないと思うわ

ケタミンは、主に動物用の麻酔薬として長年使われ、幻覚剤として不正使用もされてきた。しかし最近、抗うつ薬としての可能性が着目され、研究が進められている。
そのケタミンの臨床試験で驚くべき効能を目の当たりにしたのが、ニューサウスウェールズ大学のコリーン・ルー教授だ。彼女は、他の薬剤では効果のなかったうつ病患者を対象に、2016年から3年をかけて、ランダムの二重盲検法(ダブル・ブラインド・テスト─医師側も、患者側も、
どんな薬を使うかを知らされないテスト)での治験を実施した。全員が60歳以上からなる被験者16人にケタミンを1回投与したところ、それだけで、被験者の半数にうつ病の症状が見られなくなったのだ。

「海外からの研究報告をあれこれ読んではいましたが、どこか眉唾な思いも抱えていました」と、ルー教授は率直に語る。
「しかし認めなければなりませんが、最初の被験者と対面したとき、彼はわたしの目をまっすぐに見つめて、『こんなの信じられないよ』と呟いたのです。
『わたしも信じられません』とお答えしました。彼は10年間うつ病を患ってきて、10あまりの薬を試しても効果がなかったのです。『それがたった1回飲んだだけで、翌日には治っちまうなんて、信じられるわけがないじゃないか』と、彼は重ねて言いました」

25歳の匿名希望の男性も10年間うつ病を患い、「リングのコーナーにじりじりと追い詰められてすっかり戦意を喪失した」気分でいた。しかし、闇サイトからケタミンを買い、試しに服用してみると、うまくいった。
「人生の先行きがぱっと明るく見えてきた。抗うつ薬に頼ることに人生を費やすことに比べれば、費用の面から考えても、はるかに有意義なことだったよ」と、彼は語る。
https://www.gqjapan.jp/life/grooming-health/20181203/in-the-lab

927優しい名無しさん2021/11/08(月) 14:08:21.99ID:nIMIxL9B
>>921
ケタミンであっちの世界を体験すれば死生観はもちろん意識なんて幻想だってことに気づくかもしれんよ?

トロントのライヤソン大学に所属する心理学者、Todd Girard博士と同僚たちが実施したオンライン調査によると、
ケタミンを「リクレーショナル・ドラッグ」として利用する人はしばしば、自分の身体から離脱しているか、
奇妙な身体的変容を体験しているかのように感じたことがあると報告しているという。
調査では、全協力者のほぼ4分の3が、自分の体から離れる感覚を体験したことがあると報告した。
約42%は、体外の視点から自分の体を眺める経験をしていた。60%は、素早く動いたり、落下したり、飛んだり、回転したりする感覚を報告し、別の41%は、実際には動いていないのに脚が動く感覚や部屋を歩き回ったりする幻覚を報告した。
https://youtu.be/qnMYgXMdzes

928優しい名無しさん2021/11/08(月) 19:37:21.80ID:ZPEHo2l2
>>919
>>925
>皆と同じく不安に怯えることなく日々充実した人生が送れるを願っている
全く同意

自分もそうだけど、この板までたどり着いて、かつ将来(年齢によるが)の死について
現時点で生活に支障をきたすほど、毎日恐怖感を抱くというのはやはり神経症だよ

例えばだけど、抑うつや妄想の解決を必死に哲学書や食事療法やサプリメントに求めても
逆に良くならないどころか悪化させるような感じのことをしている人がここに結構いるんじゃないかなと思ってる

鬱病は甘え、統合失調症や発達障害などは親の育て方が悪かったとか平気で
言われていた時代を経て、今ではそれらは否定されているし
タナトも精神医学的なアプローチで考察された方がむしろ多少は救われる面があるのでは?と思ってる
今は、タナトがほとんど医療の対象とされておらず、個々人の持つやむを得ない恐怖症程度に
捉えられているから苦しいのだと
だから、一般社会でタナトがあることさえ恥ずかしくて言えず、医者からも鼻で笑われる状態なのでは

タナトが思春期の悩みのように、一時誰もが通る道程度のものなら「哲学書」「生き方ハウツー本」の
対象にもなろうが、高齢者でもなく、重病を抱える身でもないのに四六時中恐怖におびえているのは
もはや「悩み」ではなく医療の対象になるべきと思ってる

俺は鬱病を発症した時に重度のタナトを発症したわけだが(それこそ恐怖で歩けないぐらい)、
精神科医に薬を飲めば治ると諭された
その時は鬱とタナトは別の問題だろ!って怒りすらわいたが、治療を進めたら医者の言ったとおり
かなり寛解したよ、そして後からあの時は病気だったのだとやっと理解できた

929優しい名無しさん2021/11/08(月) 20:12:58.80ID:IugFUow9
人生なんて歴史のなかのほんの一瞬短い命だ

930優しい名無しさん2021/11/08(月) 21:05:38.71ID:miP7TQy+
理屈では納得できても感情では納得できない事だから仕方ないよ
統失が自分を統失と認めないように、
狂人に狂人と言うと怒りだすように
タナトも自分を病気だと思っていない
いきなり神経症と言われて困惑したり煽り返している人がいるのがその証左だ

精神科医が患者に頑張れと言うのは禁句なのと同じように
タナトに貴方は病気だと言うのもまた禁句
たとえそれが真実だとしてもね
何故ならタナトの殆んどは平常時から無を恐れない他の一般人こそ
異常者だと思っていて、無を正しく恐れている自分達の方が普通だと思い込んでいるから

931優しい名無しさん2021/11/08(月) 23:16:48.24ID:xVyFlXkl
他人は他人の意識を持っている
ぐらいに思ってる程度だわ

誰が異常で
誰が異常じゃない
なんてどうでもよくて自分が死ぬのが純粋に怖いのよ
漫画が最終回を迎えると物語がおわるように
自分の意思もそんな感覚で終わり
再開がない怖さがすごいのよ

自分がこの後、歳おいて周りがどうなるかまで想像して、死までの消化、みたいになっちゃってるのよね

932優しい名無しさん2021/11/09(火) 00:10:33.06ID:WZ8tYgSB
生まれた時に終わりの始まり・・

933優しい名無しさん2021/11/09(火) 01:08:54.80ID:8ZBSd+pQ
>>924 >>928
私の場合は違うのですよね。
タナトの恐怖心は薬で克服しています。
ですが、この世その物に対する厭世観が残った。
このどうしようもない絶望感は恐怖とは無関係に心に残りますし、薬でも治せません。

自分が生きていられるであろう残り50年やそこらでは
科学や医学は死を克服したり、無を解決できたりはしないであろうという絶望。
地球だけでなく宇宙も含めて一切のオカルトは存在を許されない
物理法則に縛られた「この世」の救いの無さ。
過去でも未来でもなく現在に生まれてしまった己の運のなさ。
自分が死んだ後もこの世は続いていくが、いつかは人類も滅亡して
観測者がいなくなっても宇宙もこの世も続いていくという虚しさ…。

あの世はない。死んだら消える。
私はこの二つの結論から恐怖に狂いましたが、
恐怖を克服してもこの二つから想起される様々な疑問は
私を厭世観と虚無感に包むには充分すぎました。
今はもう、怖くはありません。ただ、虚しいのです。全てが。

934優しい名無しさん2021/11/09(火) 06:32:02.82ID:5vdmUVrq
>>933
大変失礼なから、今でも充分うつ病と推察されます。再度通院をお勧めします。
健常者は日常そのような事を考え方続けません。

935優しい名無しさん2021/11/09(火) 07:49:25.36ID:Z/XFrIoM
>>933
わからなくもないです
ネットなどでいろいろな情報が入る中で、世の全体像が見えてしまっているんですね

936優しい名無しさん2021/11/09(火) 07:58:05.94ID:dmhLKLze
ここ最近毎日毎日人の事を決め付けて病人呼ばわりする奴がうぜえ
悪意が無い分数年前のパキシル荒らしよひ質が悪い
病気かどうかも通院するかも自分で判断するわ

937優しい名無しさん2021/11/09(火) 08:56:09.75ID:PbVNCcKI
タナトは良くも悪くも想像力が強く、
学歴や知識と関係なく地頭が良い人間がなるもんだと思ってる

俺だって俺がこれだけ怯えて毎日苦しい思いをしてるのに、
自分が死んだ後の未来やそこに俺がいない事まで考えて暗い気持ちになってるのに
所謂普通の人間って奴が死んだら無だよwww
そう思ってるけど毎日悩まず気楽に生きているよwwwwww
とかほざいてたら襟首掴んでブン殴りたくなるもの

死ぬ事を死ぬ時まで考えない普通の人ってのが俺は羨ましいよ
羨ましいけど、死を意識も覚悟もしないのが普通の人だというのなら
俺は普通じゃなくていいやって気持ちも確かにあるんだよ

なんか陰キャが陽キャに嫉妬したり
チー牛がパリピを叩いてるような文章になっちまったけどさ、
病院行って治療して普通になった結果が
あんな連中と同じ思想になるくらいなら
俺はタナトの病人のまま一生を終えてもいい

938優しい名無しさん2021/11/09(火) 11:04:35.94ID:2hGfALOV
老化するのが怖いってのはこの病気の一種なのかな
学生時代は死ぬのが怖いだったのが成人してからおっさんになるのが怖いに切り替わったわ

939優しい名無しさん2021/11/09(火) 11:29:27.16ID:5vdmUVrq
>>937

>タナトは良くも悪くも想像力が強く、
学歴や知識と関係なく地頭が良い人間がなるもんだと思ってる

全く不遜な考え方だと思う。歴史を見ても我々よりはるかに立派な人が立派な死に方をしている。

また死は常に意識しても良いと思う。いや意識すべきだろう。人生は限られたものでより良く生きたいと思うからだ。問題は必要以上に恐怖心を感じたり、厭世観を持ち無気力になったりする事だと思う。けっしてその人にとって良い事ではないのでは? さらに言えば日常生活に支障をきたす事があれば躊躇なく病院に行き、しかるべき診療を受けた方がその人のためになると思っている。

限られた人生。日々愛おしく感じるよう充実した毎日を過ごしたいものだ。

940優しい名無しさん2021/11/09(火) 14:30:09.16ID:fDwJxUXt
>>936
わかる
医者でもない素人がネット上の文章だけで他人を診断し病気だの不遜だのと上から目線で好き勝手にレッテル貼りまくってて鬱陶しい事この上ない
病院に行けと言い続けてる割に自分は通院してないのか病気にも薬にも大して詳しくないみたいだし助言っぽい煽りを垂れ流してるだけ

941優しい名無しさん2021/11/09(火) 21:35:32.57ID:Z/XFrIoM
タナトってずっと続くのかな
数年このスレにいる人とかいるの

942優しい名無しさん2021/11/10(水) 00:25:57.91ID:bIhQJcvU
>>941
います
夜怖くて眠れない日にこのスレ開いている
昼間の忙しい時間や人と話している瞬間は考えないけど
寝る前は考えてしまって駄目だな

943優しい名無しさん2021/11/10(水) 18:12:21.05ID:tg5tIap6
死ぬのがものすごく怖いけど今日も無事に終わった

944優しい名無しさん2021/11/10(水) 18:14:49.45ID:tg5tIap6
もし心身ともに健康ならタナとでも犬を飼いたかったな

945優しい名無しさん2021/11/11(木) 17:28:59.48ID:gdSeYlbs
タナトでも恋がしたかった

946優しい名無しさん2021/11/11(木) 19:40:49.91ID:glKcoP3X
>>944
飼ってもいいんじゃないかな
亡くなった後は本当に辛いけど飼う前よりは死後の世界の存在を信じられるようになった
というか虹の橋があると思っておかないと苦しくなるからそう願わざるを得ない状態まで自動的に追い込まれると言った方が正しいか

947優しい名無しさん2021/11/12(金) 17:42:07.86ID:C3eAoCTV
>>946
やっぱ犬や動物は良いな
読んで、犬との良い歳月があったのだなと感じた

948優しい名無しさん2021/11/12(金) 23:03:37.10ID:LF6fd7e8
命あるものだから責任は伴うけど、犬を飼うのはいいと思うよ
あの素直さと、今を元気よく生きる姿を見るとその時だけかもだけどタナトが飛ぶ

949優しい名無しさん2021/11/13(土) 11:22:28.82ID:4xUag6+B
この療法が確立すればタナトの治療にもなるのでは?

【脳に埋め込んだ電極で「うつ状態」から「喜びに満ちた状態」へ感情を移行させることに成功】
https://nazology.net/archives/80217
https://nazology.net/archives/99639
https://diamond.jp/articles/-/257441?page=2

950優しい名無しさん2021/11/14(日) 16:25:09.29ID:Eu0OI8Om
とにかくタナトさえ克服してりゃ人生そこそこ幸せなんだよ
だから俺は克服した

951優しい名無しさん2021/11/15(月) 00:43:23.31ID:97vx1nSM
>>930
概ね同意

952優しい名無しさん2021/11/16(火) 21:07:06.54ID:ciBiCj3t
偶然たどり着いた。私の恐怖には名前があったのか…
幼い頃(小学校低学年くらい)から、寝る前になると自分の死後の魂がずっと宇宙の外側(つまり完全な無)を漂うイメージ、そこに自我も思考も永遠に無いことに対する恐怖で、息が詰まるような苦しさをずっと繰り返してきた。
二十代あたりはそれもだいぶ遠のいていたが、また再発してきていて、毎晩辛い。
自分の死もそうだけど、いつか来る家族の死も怖くて仕方なくて発狂しそう。(これはどちらかと言うと置いていかれる現世での恐怖かな)
毎日考えないように戦っています。。
みんなこういうの考えないで暮らして居るのだろうか…?
なんか宗教あると楽なんだろうなと思うけど、今更そこにのめり込める気もせず。

953優しい名無しさん2021/11/16(火) 23:20:35.77ID:4ZPNbzUd
>>952
やっぱり無限恐怖、永遠恐怖の人が多いな…
痛みの恐怖とかは医学の進歩も期待できるけど、無限永遠は解決できないからね

たまたまニュースで今、億ションを買ってる層は夫婦で年収1400万円台とかなんだって
リストラ、事業の失敗、大病や離婚の可能性もあるのにこの年収で億ション買っちゃうんだもんな
自分からはその「大丈夫」「ずっと稼げる」という思考が理解できないんだけど、彼らはそう確信をもってるんだよね
極端な例を出したけど、タナトな人とそうでない人ってそれぐらい違うんじゃないか?と思った

普通の人も死は当然意識すると思うけど、「『いつか』その時は来るけどね〜」っていう以上は死をイメージしないんだよ
自分たちはその『いつか』が常に『絶対』なんだと思う

あとは我が世の春を謳歌できる人はタナトと無関係なんだろうなって、資産の多寡でなくね
同じカネ持ちでも、ひろゆきは謳歌している人、堀江は謳歌できていない人なんでは?
堀江にはいつも心の余裕がないよね、余裕が生まれると死を意識してしまうからかな

954優しい名無しさん2021/11/17(水) 01:32:01.20ID:3W23E7N6
現在、車椅子を使っていて
芽もしだいに見えなくなる病気らしい
わかってきたばっかりで怖い
最初はメだけなら船釣りもしようかとはじめてみたが
車椅子生活になるほうが早かった
もうフットワーク軽く海辺を歩き回ったりできない
とても怖い
車椅子で日常生活や買い出し、図書館、通院など全部こなせるが
芽が見えなければ人に頼まねばならず、今まで人に頼むことをしてこなかったので
人に依存せねばならないのがつらい 死に向かう体が怖い
本は音の図書館で聞き、PCトーカーなるものも使おうと思う

955優しい名無しさん2021/11/17(水) 20:40:49.59ID:/Wou9A98
>>954
まあ自分は自閉っぽいところがあるから、やっぱり人にモノを頼むのが嫌いな方だけど、
でも行政とか公的機関とか医者とかカウンセラーとか、細々繋がってる
人に頼ることや「依存先」を沢山作ることは大切だと思うよ

何で四肢がないZ武が、五体満足の俺より清潔感があって毎日おしゃれが出来て、
子供まで作れてるんだよ!って怒りが湧くけど(苦笑)
頼る人をいつも確保しているからなんだろうなと、当たり前だけど

「依存先」をなるべく確保して、他人に沢山頼るといいと思うよ
世の中には頼られる事が好きな人や、お世話をするのが好きな人だっているさ

956優しい名無しさん2021/11/17(水) 23:07:18.65ID:mR0EpcSP
>>953
ひろゆきもタナトなの?
ホリエモンはタナトで
死の恐怖で道端でうずくまり仕事で忙しくすることで死を考えないことで克服しているらしいな
刑務所に収監されたとき暇でタナトを発症し抗不安薬をもらったとか

有名人の死に対する考え方を知りたい
知っている人教えて

957優しい名無しさん2021/11/18(木) 10:31:49.59ID:3j3S1CKh
>>956
ひろゆきは全くタナトではない。
死が怖い?それはあなたの感想でしょ。みたいな感じ
https://youtu.be/L4Xy_kzvHdQ

958優しい名無しさん2021/11/18(木) 14:00:03.86ID:uhTLhTU/
小3のくらいの時に死ぬの怖くて寝れない日があった
それからずっと怖い
深く考えないようにするしか解決策がない
年々恐怖感が増してきてる気すらする
もうおしまいだよ

959優しい名無しさん2021/11/19(金) 15:48:52.64ID:fL0PYylu

960優しい名無しさん2021/11/19(金) 17:36:48.75ID:sCeVUtMh
週刊現代で何故丹波哲郎は晩年大霊界に傾倒したのかとかいう連載が始まったけどどうせまた去年の記事と同じく彼は人一倍死を恐れてましたオチになるんだろうなと予想してしまい今から憂鬱だ
人の恐怖心をゴシップとして面白おかしく掘り返さないでほしいわ

961優しい名無しさん2021/11/20(土) 16:15:26.19ID:pzpAEUMf
>>956
EXITの兼近大樹は「ぼくは割と小さい時から死について考えていたタイプ。食事、睡眠、体調管理、対人関係、すべてが死を恐れることに直結していると思う。無意識に人は死を恐れて、生きることに執着していると感じた」と明かした上で、「小さいうちは、死に対する恐怖をあまり感じさせない方が子どもにとってはいいのかなと思っている。大人になっていくにつれて、現実が見えてくるし、死の結果は誰にもわからない。僕は、自分の中でハッピーなもので紐づけて生きていければいいなと思ってる。人生は、死ぬまでの暇つぶしだと思って生きている」と自身の考えを展開した。

962優しい名無しさん2021/11/21(日) 08:01:15.71ID:ctdMzr7u
>>955
ありあと。。
行政の障害福祉区分?3をもらってヘルパーさんを頼んでいたけど
コロナが増えた時期に全部断ってしまい
通院同行だけでも頼みたいけど、全部断った自分はもう頼んではいけないと思いずっと連絡できない
コロナもあって通院を全部控えたいと思ってしまったり・・。

もし車椅子生活で、目がかなり見えなくなったら
人に頼って車椅子で散歩に行く方法を見つけたい

1つの事業所で済ませないとダメみたいなことを言われて
将来的にはもっとガッツを持って
複数の事業所に頼まないとかもしれない
1つの事業所だけじゃないとダメと言われて凹んだ・・
とても悪くなったら施設に入りたいが、動揺しないようにしたい、、

963優しい名無しさん2021/11/21(日) 08:11:55.29ID:ctdMzr7u
スレ違いのところもあるのにレス感謝です 失礼致します

964優しい名無しさん2021/11/22(月) 04:20:27.20ID:NXZDn3d2
死その物への恐怖は今は薄れている。
だが今が落ち着いているほど、現在が幸せなほど、
これから先さらに科学が進化し社会が発展し
未来が希望に満ち溢れていくほど、虚しくなる。

どんなに楽しみな未来があろうが我々は僅か百年後の未来すら知る事ができない。
百年後の科学水準はSF映画を凌駕しているのか、
百年後の医学は癌や数多の難病すら克服しているのか、
百年後の娯楽は現在より素晴らしく楽しい物なのか、
その片鱗すら知れる事なく我々は消滅する。

歳を重ねて、この虚しさは最早悔しさになろうとしている。
これはここ数十年でテレビやネットで集合知として
世界中の文化や政治、科学の進化や未来まで見れるようになり
想像が容易になってしまったが故の、現代病だ。
今が楽しく素晴らしいからこそ、さらに楽しく素晴らしい未来を知れない事が、
そこに自分が居ない事が只管に悔しいのだ。

965優しい名無しさん2021/11/22(月) 14:40:51.61ID:nKxuQ19m
最近死ぬの怖くて寝る前に「明日を迎えられなかったらどうしよう」とか考えてしまう
睡眠薬飲んで寝ればいいだけなのになんなんだホント
タナトフォビアを薄れさせる薬とか無いのか

966優しい名無しさん2021/11/23(火) 01:44:59.49ID:nVa+Tfr9
眠ると一瞬で時がすぎるよね。それが無なんだと思ってる。

967優しい名無しさん2021/11/23(火) 02:05:52.82ID:bygyT6Eu
>>966
寝る時の睡眠もそうだけど多少はそれなりに翌朝寝たな〜っていう時間経過は感じるじゃん
ビビるのは全身麻酔だよ、
「はいこれ吸ってください」って吸わされる麻酔、「はいこれ吸っ」位しか記憶に無いくらいすぐ寝るよ
手術中は眠っているだけ
耳元で「手術終わりましたよ〜、起きて下さ〜い!」と叩き起こされるまで記憶なし
「はいこれ吸っ」と「起きて下さ〜い」がダイレクトに繋がってる
麻酔の切れ味にはほんとビビる
体を切り裂かれても起きないのに、「はい、終わりましたよー」で起きるのも不思議な話だ
睡眠とは違う意識の消滅というか5億年ボタンみたいな怖さがあるよ

968優しい名無しさん2021/11/23(火) 02:12:06.34ID:dWuIGGJ9
全身麻酔の手術何度か受けたけど
体感的には普段の眠りとそんな変わりなかったな
(手術後だから痛みやら吐き気やら違う意味でいつもと違う寝起きだけど)
普段の眠りも気づいたら寝て気づいたら何時間も経って
ああ無事目覚めて良かったなと思える

969優しい名無しさん2021/11/23(火) 06:53:26.81ID:fwcLdda0
全身麻酔は時間すっ飛ばし&テレポートをリアルに同時体験できる

以前のこのスレの書き込みで手術室で起きて看護師の話聞いていたら
一瞬で病室にいて横になってて喉の奥まで管が出現していたとか
麻酔吸った時に眠くなった記憶も瞼を閉じた記憶もないのに
麻酔を吸った直後に周りが暗闇になった、
つまり目を閉じる前に意識が無くなって意識戻った時には目を閉じて病室にいたとか
麻酔吸う瞬間に唾液で濡れていた舌や口内が
目を覚ました次の瞬間にはカラカラに乾いていたというのがあって

まるで漫画やアニメで時間停止能力者に
攻撃されるような違和感を擬似体験できてしまうのが全身麻酔

970優しい名無しさん2021/11/23(火) 11:34:08.65ID:v6fHRJqB
2回やってどちらも通常の睡眠と同じ感覚だったわ
何で差が出るんだろ

971優しい名無しさん2021/11/23(火) 17:44:59.27ID:CC+S31z9
>>964
人類の限界を知りたい気はするな
本当にSF小説みたいな高度文明になるのかどうかとか
未知との遭遇はこの先あるのかどうかみたいな
まあ、知ったところで何の意味もないがねw

972優しい名無しさん2021/11/23(火) 19:44:01.49ID:vmzTlD4u

973優しい名無しさん2021/11/23(火) 20:42:04.11ID:wd/ue8/L
江原啓之さんの新刊が出てたので懐かしくなって読んでみたら当時の感情が蘇ってきた
江原さんの語る霊界って基本的に一人きりで過ごす世界だとされていて妙に寂しい世界観なんだよね
ブームだった頃の本を10年以上前に読んだ時にも今と同じ感想を抱いたのを思い出した
それでも無よりはずっとマシだから当時は江原さんを信じて生きるようにしてたけどフジの番組でヤラセが発覚した時はショックだったな
でもタナトフォビアになって苦しんでた子供時代をオーラの泉のお陰であの時期だけは毎週明るく前向きに生きられた事は本当に美輪さん江原さんに感謝しています

974優しい名無しさん2021/11/24(水) 01:34:58.66ID:aKGttKAE
なんて言うんだろうな、日々科学も医学も文化も進化していって
生活の便利さも人々の価値観もサブカルチャー文化もどんどん変化していってるのに
人々の死生観だけは、もうこれ以上変化しようがないぐらい
固定化されて変わりようがないのが怖い

現在の時代でも頑なに神や宗教を信じて輪廻転生を信じるか、
唯物論と物理法則だけを信じる無神論者になり死後は無だと思いながら生きていくか
この極端な二極化がほとんどで、中庸がない
死んだ後の事は死んだ後になるまで分からないから
気楽に生きていこうなんて考え方をする人はどんどん少なくなっている

知識のアップデートはできても、価値観のアップデートはできない
そんな人々ばかりになっている気がしてならない
自分も無神論者で死後は無だと思いこんでいるから同じだ
>>205の言っている己の常識や既成概念が覆される瞬間に
立ち会いたいという気持ちが自分には凄く良く解る
自分は典型的な理系脳だが、
こんな死んだら全て終わりの物理法則に支配された世界に絶望しているし
それを良しとして諦めている自分の価値観なんて糞ッ喰らえだとも思っている
一番怖いのは、死と無の理不尽を思考停止して受け入れてしまう事なんだ…

975優しい名無しさん2021/11/24(水) 01:54:16.38ID:6e58IEr4
北斗の拳とか読むとタナトが治る
ギャグみたいに活き活きと死んでいく雑魚キャラを見ると真面目に死を怖がるのが馬鹿らしく思えてくるから

976優しい名無しさん2021/11/24(水) 10:37:24.47ID:7/VLoC33
タナトじゃなかった時だけ人生が輝いていた!!

977優しい名無しさん2021/11/24(水) 17:40:17.78ID:dWipTNjl
YouTubeで癌の人の投稿を見続けて、怖くなくなったら見るのを辞める。
この人たちに比べたら俺は恵まれているなと考える

978優しい名無しさん2021/11/25(木) 07:38:57.38ID:PX5TLufa
>>974
>一番怖いのは、死と無の理不尽を思考停止して受け入れてしまう事なんだ…

どういう事? ここにいる連中は思考が停止しないから苦しんでいると思うが。

979優しい名無しさん2021/11/25(木) 12:08:24.28ID:MsKNpwy5
この京大の研究が人間にも使えるようになったらタナトの恐怖を消せるようになるかもしれん
https://nazology.net/archives/99966

980優しい名無しさん2021/11/25(木) 23:39:55.00ID:tA+LLfw3
>>967
ここまで確実に苦痛なく意識を落とせるのに、
まだ死に際の肉体の苦痛からの解放に全身麻酔が利用されないんだよな
医学的な理由とか法的な理由とか何か色々あるんだろうけど
この世の中の全員が100%死ぬのに、こういう問題に真正面から取り組もうとする人や
研究者がほとんどいないことに絶望する

まあそれぐらい世間では死が他人事であり、死は普通のことであり、遠い将来のことだと思われている証左だよ
逆に言えばタナトに毎日のようにうなされる俺らはそれだけ病気だってことさ
早くタナトの薬も開発して欲しい

981優しい名無しさん2021/11/25(木) 23:52:32.11ID:o46eQJBA
今日のニュース、これはタナラーに朗報じゃないか?

【衝撃、謎の飛行物体“UFO” アメリカで高まる真相解明の動き | 国際特集 | NHKニュース】
https://www3.nhk.or.jp/news/html/20210616/k10013085371000.html
https://youtu.be/ZNRvzOrOQv0

982優しい名無しさん2021/11/26(金) 06:23:33.89ID:zyV+ibh+
最近クオリアという概念を知って人間の意識とはなんなのかという事を考え出したら余計に怖くなってしまった
この化学で未だ解明できていない"意識"という現象が魂なのか脳の電気信号の集合体が作り出したまやかしなのか
でもボケた爺様のことを思い出すとやはり後者でしか無い気がして気が滅入る

983優しい名無しさん2021/11/26(金) 09:15:25.93ID:tMIFW9Y/

984優しい名無しさん2021/11/26(金) 17:22:04.75ID:ZOhaBogJ
>>980
それ全身麻酔じゃなくて単なる安楽死では?
夢も見ないレベルで意識を失って目覚めないのが死、目覚めるのが全身麻酔

985優しい名無しさん2021/11/26(金) 20:47:28.17ID:aobRNBqw
コロナコロナで毎日死者の報道が当たり前の世の中になってから、逆に落ち着いている。プチホラーな毎日だから、衝動的なものは起こらなくなった。恐怖を薄めていけば何とかなりそう。

986優しい名無しさん2021/11/27(土) 01:01:00.26ID:v91NKKgJ
どんなに考えても死が近づいてるんだよね、こうやって文字打つ間も。

987優しい名無しさん2021/11/27(土) 01:58:31.50ID:EvIKJ2Yd
>>984
安楽死というやつかもね

肺炎になって溺れるがごとく苦しい呼吸が続いてなお、延命処置的なことなんかされたくない
苦しみから解放するすべがなく、死が近いならさっさと麻酔で意識を落として楽に死なせて欲しい
ただそれだけが希望

祖父が最後に肺炎になり、認知症で自我がなくなっていた状態なのに
病床で呼吸困難で苦しみもがき、本当は動かない上半身を無理やり上体に反らし
胸を持ち上げ、顎を上げて全身で息をなんとかしようとしていた
あの時の光景を何度も思い出しては恐怖に苛まれる
肺炎を軽く見過ぎ、あれは地獄の苦しみ

無限恐怖も怖いけど、病苦の恐怖も辛い
安楽死の法制化を強く望む

988優しい名無しさん2021/11/27(土) 08:42:11.15ID:zyUs2q/O
>>987
安楽死は絶対に反対。日本人は同調圧力が強いからそんなもの法制化したら家族から安楽死を迫られるぞ
隣のおじいちゃんはさっさと安楽死してくれたのにうちのじいちゃんはいつまでも生きていると間違いなく嫌味言われる
そんな事より老人用の阿片窟を作って欲しい 多幸感に包まれて死にたい

989優しい名無しさん2021/11/27(土) 14:42:51.80ID:v91NKKgJ
意識ってただの電気信号だよね多分
ボケはまさにノイズというかシステムが正常動作してない感じ

990優しい名無しさん2021/11/27(土) 16:09:25.28ID:Q2RUcBVr
全身麻酔は死に近いかもね
電源が落ちる感じ

991優しい名無しさん2021/11/27(土) 16:18:35.52ID:R8ttn+Xp
>>990
寝落ちするのとはたしかに違うね、強制シャットダウン

992優しい名無しさん2021/11/29(月) 17:18:56.20ID:fbjaZq2y
>>987
こういう時もセデーションしてもらえないのかな・・
自分は安楽死があったらいいなと思うけども
自分が死ぬまでに、出来なさそうとも思うので
セデーション頼みたいんだ・・

993優しい名無しさん2021/11/29(月) 20:13:56.02ID:zKrmqghi
>>992
取り巻く人間の想像力のなさが鎮静をさせない
「もう最期は自然に任せるしかない、それしか方法がないのだから」と
鎮静剤という立派な道具があるのにね

994優しい名無しさん2021/11/30(火) 09:38:33.36ID:fe0Sxdsa
安楽死って死ぬ勇気が必要なんだよな。
行ってきますって言って安楽死した人の記事があったけど、ああいう人って病気が苦痛で死にたい人だし、気軽に死ぬのはやっぱり怖い。
やっぱり死ぬ時は麻薬かなんかで幸せな気分で逝きたい

995優しい名無しさん2021/11/30(火) 11:33:13.95ID:AJhLSsEx
ヘロイン中毒で最後はオーバードーズで死ぬ。俺が一番望む死に方。

996優しい名無しさん2021/11/30(火) 12:06:33.85ID:w6yNbcs1
次スレ

■■■死恐怖症(タナトフォビア)39棺目■■■
https://mevius.5ch.net/test/read.cgi/utu/1638241414/

997優しい名無しさん2021/11/30(火) 12:22:03.03ID:ifWbLH2/
こんなスレあったんか

998優しい名無しさん2021/11/30(火) 19:50:23.10ID:y4hA9XIM
田原総一朗と下重暁子の対談本面白かった

>>996

999優しい名無しさん2021/12/01(水) 10:48:35.40ID:Lki9ZzsH
>>994
自分も多分その記事読んだ
行ってきますって言って、躊躇なく点滴だったかな、それのフタ開けて、さっぱりした感じだった
それとスイスに行き、最後のところで、安楽死しないことにした車椅子の人の記事も読んだ
確か2人も今年スイスに行ったんだっけか
安楽死に関する記事があってありがたい
それと3か4姉妹の1人で安楽死を選んだ人の映像も
ネットで見られたけど途中で真剣に見すぎてストップしてる
その人は点滴のフタ開けた後、薬が1分ほど効きづらく
ありがとう幸せだった、と多くの言葉を伝えたらしい
自分も幸せな穏やかな気持ちで死を迎えたい・・・
>>993
肺炎だとやはり難しいのかな
ガンの場合は数割がセデーションできてるそうで
もしとても苦痛なら、ここのスレの人達も
鎮静剤、使えてほしいなあ 肺炎はだってとても苦しいだろうに、
ガンとは違って死ぬかわかりづらいと感じるのだろうかねえ

1000優しい名無しさん2021/12/01(水) 22:39:19.23ID:XGuhb/+d
1000なら死恐怖症は精神神経症として解明される!

10011001Over 1000Thread
このスレッドは1000を超えました。
新しいスレッドを立ててください。
life time: 285日 4時間 37分 45秒

10021002Over 1000Thread
5ちゃんねるの運営はプレミアム会員の皆さまに支えられています。
運営にご協力お願いいたします。


───────────────────
《プレミアム会員の主な特典》
★ 5ちゃんねる専用ブラウザからの広告除去
★ 5ちゃんねるの過去ログを取得
★ 書き込み規制の緩和
───────────────────

会員登録には個人情報は一切必要ありません。
月300円から匿名でご購入いただけます。

▼ プレミアム会員登録はこちら ▼
https://premium.5ch.net/

▼ 浪人ログインはこちら ▼
https://login.5ch.net/login.php

レス数が1000を超えています。これ以上書き込みはできません。