テスト

1( ´∀)・∀),,゚Д)さん2017/10/30(月) 23:01:02.07ID:VqRtNiny0
VIPQ2_EXTDAT: none:none:1000:512:----: EXT was configured

94( ´∀)・∀),,゚Д)さん2018/07/22(日) 13:30:46.07ID:s3bG7wJB0
「こうやって、ランプから出てきたんだろ?」

   /ヾ(((彡ミ、
   {ミr--v--、ミミ、
  {ミl ,,,,,, ,,,,,ト川
  {ミ| ィェ ィェ|l川
   リd  ..J. |リリ
    ヽ__..ー..ノ
     (   ) 
ポヨ〜ン ~) )  ∧_∧
    Ω ( (  (・ o ・;)
  _γ⌒ヽV  (つと )
 (_| ̄ ̄_フ   ∪-∪
   > <

ダイヤがランプから出てきたのは、
プロジェクターと吊り上げの機械を
使った仕掛けだったのだ!

こんな手のこんだことを、なぜする?

95( ´∀)・∀),,゚Д)さん2018/07/22(日) 13:31:53.56ID:s3bG7wJB0
「じゃあダイヤというのは、誰だ?
 オレは騙されていたのか?」

  「ダイヤ?
   ダイヤは私達が使っている工作員さ」

                   ,z≦::::::::/:::::::::::::::::::ヽ:::::::::::::::::::::::\
                 /:::::::::::::/:::::::::::::::::::::::::::::ヽ::::::::::::::::::::::: \
               〃:::::::::::::/:::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ:::::::::::::::::::::::::::ヽ
              / /:::::::::::::::::::::::::::::::/::::::::::::::::::::::::::;;,::::::::::::::::::::::::::::ヽ
              / / /::::::::/:::::::::::::::/}:::::::::/::::::::::::::::::;}::::::::::::::::::::::::::::ハ
               / / /::::::::/:::::::::::::::/ ノ:::/::::::;;;;:::::/}::}}:::::::::::}::::::::::::::::ハ
              / / {:::::::{::::::::{:::::::{///::::::;;;;;:::::/// }:::::::::::};;:::::::::::::::::}
               {  {:::::j' ヽ ̄ `¨  `  ::;;;;:::://  ::/::::|;;;;:::::::::::::::|
               /::::::ハ 、、 \    _/ z斗=ニ}:\::::;;;;;;::::::::::::: |
              /:::;;;;;;;;ハマ¨气ミ     / 乂rjソ/:::::::::/⌒ヽ:::::::::::|
              /::::;;;;;;;;;;;;;;λ`乂rソ       ¨¨ /:::::::://  }:::::::::: |
        ,z≦三::;;;;;;;;;;;;;;;;;;/ ', ,, ¨         '' /:::::::/ ) ) /:::::::::::::
     //::;;;;;;;;;;;;;;;;;;≧*'"   λ   〈       /:::::::/ 、_/;;;::::::::::::ハ
     /::イ          /::ハ          /:::::::/ / ;;;;;;;;;;;;::::::::::::::ハ
    〃(´            /::::::::ヽ    .` ―/::::::::/ イ  ;;;;;;;;;;;;;;;::;;;:::::::::ヽ
                  /::::::::;;;;;;;;> 、  /::::::::://   =-、;;;;;;;;;;;::;;;;:::::::::ヽ
                〃::::;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;/::;;;;;;;;/ ´ /ニニニ\;;;;;;;;;;;;;;;;:::::::::::\
              /:::;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;彡;;;;;;;;;;〃}  /ニニ=====ミ;;;;;;;;;;;::::::::::::`:::..、
           ,z≦:::;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;≧イ:::;;;;;;;;;;;;;;/}/ニ/        ヽニニ\;;;;::::::::::::::::::>..、
        ,z≦::::::::;;;;;;;;;;;;;>*´/::::::;;;;;;;;;;/ニニニニ/          }ニニニヽ;;;;;;:::::::::::::::::::::::::>.......
     ,z≦:::::::::;;;;;>* ´  /:::::::::;;;;;;;;;;/ニニニ/イ   .: : : : : : : :  }、ニニニニ、;;;;;;;;;::::::::::::::::::::::\ ` * 、
    /::::::::;;;;> _o_ /:::::::::::::;;;;;;;;〃ニニ//        : : :   ∧ニニニニヽ;;;;;;;::::::::::::::::::::::::::\
  〃::::::::::/</////////へ::::::;;;〃⌒`ー彡 〃         : :   } ∧ニニニニニヽ;;;;;:::::::::::::::::::ヽ::::::::ヽ
  /:::://////////////////ヽ) )、///////          : :   リ//}ニニニニニヽ;;:::::::::::::::::::::::ヽ::::::::ヽ
  {::/ /\//////////z====ノノ               : :     }///}ニニニニニニ;:::::::::::::::::::::::::ヽ:::::::::ヽ

96( ´∀)・∀),,゚Д)さん2018/07/22(日) 13:33:24.76ID:s3bG7wJB0
オレはこいつらに手玉に取られていた?
オレとダイヤの生活は監視されていて、
オレを使う機会を待っていたのか?

周到に用意されたシナリオに、オレは
知らぬ間にのせられていたのかもしれない

オレはどうすればいいんだ

     /ヽ       /ヽ
     /  ヽ      /  ヽ
    /     ヽ__/     ヽ
  /           :::::::::::::::\
  //       \  :::::::::::::::|
  |  ●      ●    ::::::::::::::|
 .|             :::::::::::::|
  |   (__人__丿  .....:::::::::::::::::::/ 
   ヽ      .....:::::::::::::::::::::::<


(来週に続く)

97( ´∀)・∀),,゚Д)さん2018/07/23(月) 00:37:37.89ID:qYyY2v9j0

98( ´∀)・∀),,゚Д)さん2018/07/28(土) 18:25:18.72ID:8qa3wQ6U0
彡 ⌒ ミ
  (´・ω・`)
  ( ヽηノ
  ノ ω ヽ シコシコシコシコ

99( ´∀)・∀),,゚Д)さん2018/07/29(日) 17:28:14.82ID:HNPA9nW40
[ ダイヤとの将来と引き換えに、
 オレは人を殺すことを強いられていた ]

逃げるか?
ダメだ オレにはダイヤ、
それに生まれてくる子供がいる

どちらを選ぶ?

一人のオレ
孤独なオレ

ダイヤと一緒のオレ
ダイヤと家庭を持ったオレ


    ,;  `'、     .,;' :::::ヽ 
    ,:'    ヽ   ;   :::::゙; 
    ;     ''''''"""'    ::::.゙; 
    ;      ::::::::; 
    ; /         \    ::::;
    ;  ●     ●     :::;  
    :"   (__人__)、  _''":::::、′ 
     、''"```゛''':、;. : : .,:'   :::::ヽ 
   ,,:' `ヽ、、   ``'``    :::::;;   
  (    _`丶、  ::::'. 
   : "-、- ‐″: `'、、: : : .,,..`   ::::.ヽ 
    ,:'    ,:'`  `````   、   :::'; 
   ,,:'   ..,:'      、      :::::.゙;、 
  、":    ,′     r、:::::゙; 
;''"´′ ;''"´ `   .'" ヽ        :::;''"""'''''"""''""''''""''"'''

100( ´∀)・∀),,゚Д)さん2018/07/29(日) 17:28:59.85ID:HNPA9nW40
当日、オレは足に無線で振動する機械を縛りつけた
何か予期せぬ事態が起こって、
ことを中止せざるを得ないことがあると、
こいつが振動して教えてくれる
そしたらオレは一目散に逃げることになる

「万が一捕まった時には、完全黙秘でいろ
 必ず私たちが無罪で済むようにしてやる
 そして、ターゲット以外は傷つけるな
 ターゲット以外を傷つけると、
 非常に面倒なことになる」

       ,,rr巛「「彡Ξニ-、
     /巛川川「彡三Ξミ\
    /ミミ巛川リ彡三三Ξミミ、
     {ミ彡"""⌒Y⌒""゙゙ミミミ3
    {彡彡            ミミミ3
     {彡 /ニニヽ  /ニニヽ ミミ3
     {リ  /エエヽ  /エエヽ ミミ3
     N  ー‐' |ー‐'  川リも
     'ー|   ...(、 ,)...    lノリも
      リl  ^ーv一^  ノリ
       ,:|\   ̄   /|:、
    ,/: |ヽ  '''''''''''''   ハ :\、
__−":〈: : : :| ヽ       / |: : : 〉::`−__

101( ´∀)・∀),,゚Д)さん2018/07/29(日) 17:29:55.66ID:HNPA9nW40
オレの相手は、某国の情報機関に協力している日本人
各方面に影響力を持ち、政府としては、
もっともいなくなってほしい男だ

                    /i/{/:::::/i/|イ_ノ
                   川/ |::/|/レ'/ノハ∧´ニ彳ユ_
                   '///:://:::i!:::::/::/::::::::::::ハ -
                   /:|:::/|::|::|:ヘ/::ト、ト、ヾへヽ:::::``ヽ
                ノノ/彡彡//::::ノノノ li|::|:::|:::li|::|ミヽ
                彡::/ ::::::::/|i!´     |i!' |l'゙  |::::l|
                彡/:::/::::::」  斗十=   _ - !'||'
                i!| r‐‐、::/   弋_ソ  ‖r‐, |
                 !|;| !t i|;|          {. `´ |
                 ヽヽ __!         ヽ.  i
                   }l| ヘ        -- -' /
                  /、   ヽ     ー---‐ /
                / 、> _ .\     ‐  /
               ////,\   > _\ __ /
.           / ///////\   > _ | ヽ
.          /////////////\.    |`ヘl > _
       /,////////////////\.   |:::::::!l///> _
      / ////////////////////\. ∨::::ヘ∨////>、
.    /////////////////////////∧. ∨:::::ヘ∨,////∧
   ////////////////////////////∧ ヽ::::∧ヽ ////∧
.  //////////////////////////////∧  ∨:::i ∨ ///∧

102( ´∀)・∀),,゚Д)さん2018/07/29(日) 17:30:58.02ID:HNPA9nW40
男は、軽い神経毒を盛られ短い間動けない状態だった
オレは合鍵を使って男の部屋に入り
素早くめった刺しにした


  /⌒>―――<⌒
 |/       \|
  Y          Y
  | \   /     | |`ヽ、
  | ○)  (○)   | |::::ヽl
  ヽ″(_人_)   ノ .|:::::i |
   >――――イ   |:::::l |
  / |        `,r-|:「 ̄
  (_ノ        ,U(ニ 、)


やつらが状況をうまくコントロールしている
のだろう、部屋の出入りの様子を
誰にも見られることはなかった
用意された車に戻り、服を着替えて
違う場所で降ろされた

部屋に帰り、自分のやったことを何度も反芻した
何十回もだ

103( ´∀)・∀),,゚Д)さん2018/07/29(日) 17:32:21.54ID:HNPA9nW40
数日後、オレは自分のやったことを新聞やテレビで見た
メディアは事件を正確には伝えない
複数犯であったように報道している
政府の息がかかっているのか
妙に扱いが小さい


      |  | ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|              |:::::| ______ |
      |  |....| ̄ ̄ ̄ ̄|....|              |:::::| |-_i-i_i-ii-__--_| |
      |  |....|        |....|              |:::::| | |l|ll|l||l|l |||| |l|| |
      |  |....|____|....|   ..,_______|:::::| 二二二二二二 |
      |  |          〇|li:、 ∠===============ミl| |l|l|l|i|il"|i|"l::|ll|| |
      |  |....i────i....|'"  | ┌──┐┌──┐...| └─────'' |
      |  |....|        |....|   | │    ││    │...| |||||||||||||||||||||||| |
      |  |....|        |....|   | └──┘└──┘...| |||||||||||||||||||||||| |
      |  |....=========....|   | ┌──────┐...| ============ |
     / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄| | ・         ・│...| |||||||||||||||||||||||| |
    /                     l_二二二二二二二___l__二二二二二二__,|
   /                                           ∨
  /                /‐───┐ l| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄\         ∨
 /                    /::::::::::::::::::::::::|..l||             \            ∨
/                  /:::::::::::::::::::::::::::| |||              \          ∨
                ‐―――――┘|||              \
             ,.--、            |||                \
       ,.---、_/  /  __,.----、_    |||                \
        <、       ̄ ̄ _,--‐‐‐'    |||                \
       `--ヽ.   _  ヾ-、....,_      |||__________,\
         八  (  '‐-、.,__   ~`'i   |||::::::::i------------i:::::::::|
           丶 丶       ̄ ̄"~   |||::::::::||||||||||||||||||||||||l|:::::::::|


それにしても、この男を自室でわざわざ殺すよう
指示したのはなぜなのか
他の日本人協力者への見せしめのつもりか

ともかく、やり遂げた
オレの中で何かが変わった
オレのからだは若者のままだが、
心はひからびて、すっかり老人となってしまった

(来週に続く)

104( ´∀)・∀),,゚Д)さん2018/08/05(日) 16:28:18.97ID:eUediYRb0
殺しから10日後、オレは呼び出しを受けた
やつらはダイヤと合わせてくれた
と言っても、互いに車ですれ違うだけだ
ダイヤと話をすると、オレが動揺して
仕事に差し障ると思っているのか

          ______ 
         /,──,─‐ -、 ,二二二二二二二二ニ ─ - =ニ、  
.         //   l    |l. |         `ゝ    ̄ ニ =- \  
       // .    l     l! |         [ 二]          .\  
  __.//.      l      l!.|                     .∨ 
 /   7 `= - =ニ l      l!|                      ∨ 
. {    |      / `` ‐-ニム!` ────────────── -マ          ___ 
.ハ     |    .  |       / `` ‐ - =f⌒Y                `マ--ニ二     {_ ノ 
 .l  r=、     l.        ,'        ̄`ゝ、                     `` ‐- =z// 
. ∧ l ./~∨ .  l  .      l           `7ー ───────────────‐ `ミ 、 
  N l  ',   l      l           / r─────────‐、 r──────‐‐ Y 
  :::l   .l_   l      l  ,イ ̄ ミ     l  f    .}三三三三三三三/ .l三三三三三/⌒Y l! 
  :: l / ::ヶ-.l      l ./ / ⌒ヽ∨   l  ト、__ノ三三三三三三ヲ/ .l三三三三三ト、_ノ / 
.    ハ_,'_ /   ”ミニ _   .l l./    .∨  {`ー──────────────────一_ 
             ニ=-.l_ ll      .∨ `ー‐┬──‐┬┬─‐┬────┬─┬┬──┬" 
                 l       ∨_   .`ー─一'. |三三 !         |三ヲ .’ー─ ’   
                 ∧       l  二..───────‐|________.|────ニ´ 
                 ∧      川//:                  /////////. / 
                  .∧_   ,川:::::                     ::///////. / 
                    .ニ=一='- '                  `ー‐‐一'''” 

105( ´∀)・∀),,゚Д)さん2018/08/05(日) 16:29:23.95ID:eUediYRb0
      /:::::::::::::::::::::ヽ
    /::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ      /:::::::: ̄::::::::.ヽ        γ:::::::::::::::::::::ヽ
   ォ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ   /:::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ     /::::::::::::::::::::::::::::::ヽ 
   !::::/~~~~~~~~~\:::::::::::!  〃::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ   ノ:::::〜〜〜〜ヽ:::::::ヽ 
    !:::/        ヾ::::::::!  ,;:::::::/::::::::|::::::::::ヽ::::::ヽ::::::::}  /::::::ノ       ト::::::::} 
   ∧二二ゝ ノ二壬/:ヘ/  {:::::::||:::::::::|:::::::|::::::}::::::}::::::::} /::::ノ    ! .!___ィェ\::::::i 
   ! \_  /´\_ _/ !i }  V、:廾::::::::|:_:_::|::::::|:::::|:::::::::| l::::::! 三≡ソ_ゝ≡≡イ:::::::l 
   } l   ̄(.。。)    ! /   |λミニ--`ー`ー|:::::|:::::::::| |:::::::! 弋__/l \___/ {:::::::} 
   ヽ!  /  u  \   ν   i:::,弋ノ  `示ア |:::::|ノ::::::|  !::::::l    (。。)    ト:::::::!  
     !  イ二二ヽ .ノ ノ.    |::ヘ  ,   `" |:::::|:::::::: |  ト::::!  ,,,,iiiiiiiiiiii/ ̄ ̄ ̄``'' 、..,,_ 
   _ト\       /lヽ_   |:::|::\.ー _..  |:::∧::::::::|  ヽ::::ヽ γー-/         〆\ 
 ̄ ̄\ \こ 二 .イ /   ̄"''-,._|ニニ } /|::/ ヽ:::::|  \/\  /ノl / / ノ`ーーく/  
    \ 7弋   イ        \     _,,..-一='''"~´| \`ー-、| |\\ソ  \  
      V  )  !ヽ/           / ̄   /    | /\  /\/ ̄  \ \ 
        \/              /\    \    i/   i i   /     /

106( ´∀)・∀),,゚Д)さん2018/08/05(日) 16:30:23.91ID:eUediYRb0
       ,,rr巛「「彡Ξニ-、
     /巛川川「彡三Ξミ\
    /ミミ巛川リ彡三三Ξミミ、
     {ミ彡"""⌒Y⌒""゙゙ミミミ3
    {彡彡            ミミミ3
     {彡 /ニニヽ  /ニニヽ ミミ3
     {リ  /エエヽ  /エエヽ ミミ3
     N  ー‐' |ー‐'  川リも
     'ー|   ...(、 ,)...    lノリも
      リl  ^ーv一^  ノリ
       ,:|\   ̄   /|:、
    ,/: |ヽ  '''''''''''''   ハ :\、
__−":〈: : : :| ヽ       / |: : : 〉::`−__


「次のターゲットだが・・・・
  
  「もうやめてくれ、一人殺せば十分だ もうイヤだ!」

「感情的なことを言わないようにしてくれないか
 そうじゃないと、お前を人として扱わないといけなくなる」

  「オレはふつうの人間だ 冷血なお前らとは違う」

107( ´∀)・∀),,゚Д)さん2018/08/05(日) 16:32:13.12ID:65Nsqsq80
「お国のためさ 歴史の歯車がガタンと回ると
 組織の歯車はキリキリと回転する
 すると末端のお前は刃物を振りまわすというわけだ
 私達は好きこのんでお前を操っているわけじゃない
 もっとも、大きな力の一部だという自覚はある
 力が純情を蹂躙するとき、多少の諧謔は感じてるが」


                            |
       {    !            |
ィ彡三ミヽ  `ヽ       .,,rr巛「「彡Ξ.|
彡'⌒ヾミヽ   `ー    ../巛川川「彡ミ.|
     ヾ、          ./ミミ巛川リ彡三|
  _    `ー―'   .{ミ彡"""⌒Y⌒"|
彡三ミミヽ         ..{彡彡        ..|
彡'   ヾ、    _ノ   {彡#/ニニヽ  ./.|
      `ー '      {リ  /エエヽ  /エ|
 ,ィ彡三ニミヽ  __ノ   .N  ー‐' |‐.|
彡'      ` ̄        .'ー|   ...(、 ,)...|
      _  __ ノ   .リl  ^ーv一^|
   ,ィ彡'   ̄          ..\   ̄  |
ミ三彡'        /⌒ / ̄ ̄ | '''''''''''''|
       ィニニ=- '     / i   `ー-(二つ
     ,ィ彡'         { ミi      (二⊃
   //        /  l ミii       ト、二)

108( ´∀)・∀),,゚Д)さん2018/08/05(日) 16:33:20.31ID:65Nsqsq80
もう、元には戻れない
オレはひきかえせないところに来てしまった
落ちるところまで落ちていくしかないのか

               '' 
          ノ       '''    ∧_∧ ""         
          ""     | ̄ ̄ ̄(・ω・`) ̄|  "   
    ゛   ゛        |___(    )o__|          
   ''   "    ゛   /     υ υ /|
""     '        |.  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|

(来週に続く)

109( ´∀)・∀),,゚Д)さん2018/08/12(日) 23:37:59.50ID:7qsVcQIQ0
テスト

110( ´∀)・∀),,゚Д)さん2018/08/12(日) 23:39:40.29ID:7qsVcQIQ0
"

111( ´∀)・∀),,゚Д)さん2018/08/19(日) 15:58:54.12ID:UNoRozId0
オレは嫌々ながら、二人目、三人目と
刺して死なせた
命じられるまま、相手を殺すのだ
殺しのお膳立てはできていて、
オレは、相手をあの世へと送る
最後のひと押しをするだけだ

殺される側には内通者がいて、
邪魔が入らない時間と場所で殺すことができる
この内通者は、何年もかけてやつらが
信頼関係を築きあげたものだ

やつらは気が長い 諦めずにゆっくりと
無理のないかたちで工作していく
気がついてみればすっかり取り込まれていて、
やつらの手の内というわけだ

         ∧,,∧
         (´・ω・)
     ∠二i=U  )
         u-u' 

112( ´∀)・∀),,゚Д)さん2018/08/19(日) 15:59:58.70ID:UNoRozId0
殺した相手のことは考えないようにした
くよくよ思い悩んでたらやっていけなくなるだろう
自分のやったことについて、新聞やテレビも見なくなった

代わりに、いかにスムーズに仕事を終わらせるかを
考えるようになった
つまり殺し方をいろいろと研究するようになった
時間をかけずに、すばやく相手を始末して、
さっとその場を去るにはどうすればいいかを考えた

     _ ,
   ト'´_,.>ァ‐ 、
   { / //. : :i: \_
  _//. : } : : :ヽ : : \_
 └〈 : : : ノ. : : : : \;_;_; L_,..、
   `マ¨. : : : : : : : :`⌒,>'广¨二二"ニ   …‐- 、
    ヽ: : j : : : :i : : 厂/. : : : : : : : : : : : : : : : : . \
      ゙〈 : : : : : : :〉 { : : : -‐… : :¬'' : T^\: .\ \
       ヽ: : : : : :} }: : : : :_;_;_;_;_;_; : : : }   \: :\ \
         \: : 「 / 丁´      |: : |    \: : : . \
           ヽソ /: ;ノ        | : : !      ` 、 : : : ,ゝ、___
             `~¨´          } : : !         \/     」
                          V⌒丶..__      └-‐'^¨¨´
                          {__     }

113( ´∀)・∀),,゚Д)さん2018/08/19(日) 16:01:01.55ID:UNoRozId0
オレが手をかけたのは、
二人目が極左組織を影で操る人間
三人目が怪しげな新興宗教法人の代表

ほっておけば社会に害悪を流しだす、
そんなやつらだ
誰かが始末しないといけない人間
オレにとって、それがせめてもの慰みだ
                    ___
                   /__ i
                 ///{ノ
                ///./
              ////
             ,ィ//,/
            ////ソ              /´ ̄ヽ
            i////i            ////) ̄´
            .i////.i          /////
     ,ー、  ;  .i/////i        /////
     i  i) /;;;;;;.i/////,i      //////
     .〉--i };;;圭;;;i//////i________///// ´
     i//,〈圭圭/ヽ/////////////,/
     i//i´#圭/  \//////////
     i//i{;圭/#;;   \////./  r-、
     i//i;#;/;;;      ヽーi圭;__/___)
    .///,レ  ; ;      /;////
    i//丶       //#;//./
    i///,\/i    /圭;//,/
    \/// .i______/ ,///
    //   ///////./
    ,i,ィ-  /i\//,/
  ,,/    }ヽ/  `´
  ,i;i  ヾ /i
  `ヾヽ /;;ソ
   ` ̄´

114( ´∀)・∀),,゚Д)さん2018/08/19(日) 16:02:11.42ID:UNoRozId0
オレはなぜこんなことを続けている?
もちろんダイヤだ ダイヤと暮らすため、
ダイヤと生きていくためだ

ダイヤの白い肌が恋しくないというと嘘になる
だが、それ以上に再び手に入れたいのは、
大きくて形のよい瞳(ひとみ)だ
ダイヤの、すべてを見透かしたような瞳と、
また見つめ合いたいだけなのだ

           _ _
       /: : : : : : : : ヽ、
      /: : : : : : : : : : : : : ヽ  
     {: : : : : :/: : : : :ヽ: : : ヘ 
     | : : : : : ||: : |i: : :j: : : : :|
     { : >r-!ミ`'^ ̄/ ヽ:<|
     l: : : | rテァ   'rテァ |: :| あなた、いつか
      |: : :| `´    `´ }: :|  広いお風呂のある
      |: : ゝ    _′  ノ :ノ   家に住みたいわ
      |: : : \ . ヽノ ノ: : :ヘ
     ノ ⌒ヘ| ` −イ| - ⌒ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄/⌒
  ::: :::: /   ヽ - ` ーーーー、:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/  /.|..
  ::::::::/ !            ヽ:::::::~::::::::::::::::::::/⌒i/  |..
::::...::::.. i  ノ   j    i     j .:: .:. :::o::::::::/  ./   |..
  ..... ::: :::: 三 ::::::::: :::::::::::::::: 三 ::: ..::::::::::::::/⌒i/     |..
:::::::::,,:::.....::::::::::〜:::::::::::::::::〜::::::::゚::::::::::::::/  ./      |..  
.....:::::::::。::::.....:::;;::::::::::⌒:::: :::: ::::::::::::::::/⌒i/.       |..  
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/  ./.         |..  
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ヽ ./           |..   
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|.          / ̄ ̄..
                      |          ./.   .  
                      |        ./      
                      |       /
                      |      ./      
                      |     /
                      |    ./      
                      |   /
                      | /
                      |/
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

115( ´∀)・∀),,゚Д)さん2018/08/19(日) 16:03:21.37ID:UNoRozId0
オレは再度呼び出しを受けた
まだ続くのか
オレはあの男、政府の担当者と会いたくない
嫌なやつだ

     /ヾ(((彡ミ、
     {ミr--v--、ミミ、
    {ミl ,,,,,, ,,,,,ト川
    {ミ| ィェ ィェ|l川
     リd  ..J. |リリ
      ヽ__...3..ノ__
  _/::::::|  x  j::::::::::|:\
/⌒丶::::::::::::| 只 |:::::::::::|::::::\
|::::::::::|:::::::::::::::/ ヽ|:::::::::::|:::::::::::\
|::::::::::|::::::::::::::::|   |::::::::::::|\::::::::::::)
|::::::::::|::::::::::::::::::|   |:::::::::::| /::::::::::/
|::::::::::\:::::::::::::::::V::::::::::::::| /:::::::::/
ヽ:::::::::::\::::::::::::::::::::::::::::::::/:::::::::/

116( ´∀)・∀),,゚Д)さん2018/08/19(日) 16:04:27.28ID:UNoRozId0
だがいつまでたっても約束の場所に現れない
別の政府の男がやっときて、
オレの担当者は殺されてしまったと言う
その訳は・・・・
                      __
                     (" ''ヘ,、::.
                     (ヽ/:::::ヽ::.
                      ヽ:::::::::ヽ::.
               /彡彡ミミ ヽ:::::::::ヽ::.
               彡彡彡ミr--ミ ヽ::::::::::ヽ::.
              川彡彡ミ|,,,,,| l:::::::::::ヽ::.
              川彡彡ミ| ラ| l::::::::::::}::.
               リリ彡彡d  ..J ./::::::::::::/::.
               ヽ从リノ_....3' :::::::::::::/::.
               ニゝ:::::::::::::::::::::::::::::<::..
             /''"::::::::::::::::::::::::::::::::::::ゝ■■■■■■
             /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ、■■■■■■
           /:::::::::::::个;;:::::::::::::::::::::::::::::::ヽ、■■■■■■
          /::::::::::::/ l;;;;;;;;:::::::::::::::::::::::::ノノヽ、■■■■■■
        /:::::::::::::/ ■l;;;;;;;;;;;:::::::::::::(liii}):::::::::::ヽ、■■■■■■
      (ノヽ、:::::::/ ■■l;;;;;;;;;;;;;;:;;:::::::;,;,:;;:::::::::::::::ノノヽ■■■■
      /   ,ヽ   ■■イ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;:::;;;;;:::::::::::::::::::::::::::ヘ:::.■
      廴__,,ノ  ■■■l;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;:;;:::::::::::::::;;:;;:::::::::::::::::ゝ::.
          ■■■■l;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;:::::::::::::::;;;;;;;;:::::::::::::::入::.
           ■■■ナ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;:;;::::::::::::::;;;;;;;;;:::::::::ノ:::ヽ、::.
               /;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;:;;:::::::::::::::;;;;;;;::::ノ:::::::::::::ヽ、::.
             /:;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;:;;:::::::::::::::;;;;ノヽ、:::::::::::::::::ヽ::.
             /:;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;:;;:::::::::::ノ::::ヽ::. ヽ:::::::::::::::::ヽ::.
           ∠、:;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;:;;:::ノ::::::::::::::ヽ::. ヽ:::::::::::::::::ヽ
             ヽ:;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;:ノヽ:::::::::::::::::ヽ::. ヽ::::::::::
              \:;;;;;;;;;;_,,-ー''"ヽ-ー''   ヽ:::::::::::::::::ヽ::.
                  ̄
(来週に続く)

117( ´∀)・∀),,゚Д)さん2018/08/20(月) 00:55:48.21ID:nyLHUHaR0

118( ´∀)・∀),,゚Д)さん2018/08/22(水) 15:26:22.49ID:7+Z9d0AQ0
__________        0
\_\_\_\_\_\_\_\_\_ ..   ‖〜〜〜    
\_\_\_\_\_\_\_\_\_\_ ‖海の家 (    
\_\_\_\_\_\_\_\_\_\...‖〜〜〜 
::|  ,彡.ミ,彡            ‖
::| 彡ミ/ミ            γ⌒ヽ .....| ::|  .| |  .0 ___
::|   |:;トミ    ♪     ._..,-‐==''"フ.| ::|  .| | .. ||営   .|
::|   |;:|  . __       (´・ω・`). | ::||  .| |   ||  業 .|
::|   |;:|   |◎◎|       ( ,,っ且~ /|[lllllll].| |  ..||   .中|
::|   |:;|   |囲囲|    | ̄ ̄| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄||   ||  ̄ ̄ ̄
::| | ̄ ̄| |====|    |    | 温水シャワー.. ||   ||
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~"""""""""""

119( ´∀)・∀),,゚Д)さん2018/08/22(水) 15:28:25.74ID:7+Z9d0AQ0
__________        0
\_\_\_\_\_\_\_\_\_    ‖〜〜〜    
\_\_\_\_\_\_\_\_\_\_‖海の家 (    
\_\_\_\_\_\_\_\_\_\‖〜〜〜 
::|  ,彡.ミ,彡            ‖
::| 彡ミ/ミ            γ⌒ヽ .....| ::|  .| |  .0 ___
::|   |:;トミ    ♪     ._..,-‐==''"フ.| ::|  .| | .. ||営   .|
::|   |;:|  . __       (´・ω・`). | ::||  .| |   ||  業 .|
::|   |;:|   |◎◎|       ( ,,っ且~ /|[lllllll].| |  ..||   .中|
::|   |:;|   |囲囲|    | ̄ ̄| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄||   ||  ̄ ̄ ̄
::| | ̄ ̄| |====|    |    | 温水シャワー.. ||   ||
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~"""""""""""

120( ´∀)・∀),,゚Д)さん2018/08/22(水) 15:29:28.44ID:7+Z9d0AQ0
__________        0
\_\_\_\_\_\_\_\_\_   ‖〜〜〜    
\_\_\_\_\_\_\_\_\_\_‖海の家 (    
\_\_\_\_\_\_\_\_\_\‖〜〜〜 
::|  ,彡.ミ,彡           .. ‖
::| 彡ミ/ミ            γ⌒ヽ .....| ::|  .| |  .0 ___
::|   |:;トミ    ♪     ._..,-‐==''"フ.| ::|  .| | .. ||営   .|
::|   |;:|  . __       (´・ω・`). | ::||  .| |   ||  業 .|
::|   |;:|   |◎◎|       ( ,,っ且~ /|[lllllll].| |  ..||   .中|
::|   |:;|   |囲囲|    | ̄ ̄| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄||   ||  ̄ ̄ ̄
::| | ̄ ̄| |====|    |    | 温水シャワー.. ||   ||
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~"""""""""""

121( ´∀)・∀),,゚Д)さん2018/08/25(土) 09:08:50.63ID:LUbzA6GQ0
(1/14)
                                                           _,,......-
                    .                               __,....--‐‐''""´
                                            __,,....--‐‐'''"´
                                   ___,,........-ュ   l_
                       ___,,........--‐一''''''' ̄´  _..-'フ'´     ゙̄''''ー‐--......,,_
           __,,........---‐一''''' ̄ ̄          _..-っニ--ニ---------、         ゙̄''―--....,,_
_,,........--―一'' ̄ ̄                   _..-‐" /________ヽ`ヽ,,
                          _..-‐"    .//             ヽヽ   .._
                       _,,-‐''´      , //                   ヽヽ    ゙''‐.._
                   _,,..‐'"´       / ,小--------------------小、
                ,..-‐"          / ./´l                  l`\
             _..-‐"           /   l`゙''ー--------------------‐'"´ l
         _..-‐"´            /    .|ー‐┬‐――┬―――┬‐――┬‐―|
      ,,-‐"´             /      .| ̄ ̄ヽ.     |      |     /´ ̄''|        \
  _,..-‐"                /       |    `‐――――――――‐‐´    |            \
-''"´                 /         |                         |            \
                  /           l                        l
                ,/             `゙''l´`j―――――――――l´`j-'"´
              /

122( ´∀)・∀),,゚Д)さん2018/08/26(日) 16:40:55.61ID:HDMt5Ec70
「彼は、使っていた工作員に殺されてしまいました
 もともと失礼な男でしたが、よほど腹が立つことを
 言ったのでしょう
 私が第一発見者になりました
 死んでいたのはターゲットでなく、私の同僚です
 ほんとうに恐ろしい光景でした」

          , 、、  ,,
        , '  ____ " 、、
         , '   /⌒三 ⌒\  ',
       ;  /( ●)三(●)\  ;
       ; /::::::⌒(__人__)⌒:::::\ ;  ひぃ
        |  u   |r┬-|  u  | ;
       \   u `,. -'"´´ ̄`ヽ ;
    _   /    (___   | ',
  ,、'  /              |  ;
 、 ( ̄                |
     ̄ ̄ ̄|               | ;

123( ´∀)・∀),,゚Д)さん2018/08/26(日) 16:41:27.32ID:HDMt5Ec70
「ですが、その工作員は有用な男なので仕事を続け
 させることになりました
 罪を問われることなく、です
 こういう組織なんです あんまりだ、と思いませんか?」

        ____
      /_ノ '' 'ー\
     / ( ●)  (●)\
   /   ⌒(__人__)⌒ \
    |      |r┬-|     |
   \     `ー'´    / 
   ノ            \
  /´                 ヽ

124( ´∀)・∀),,゚Д)さん2018/08/26(日) 16:42:09.75ID:HDMt5Ec70
「私があなたの新しい担当ですが、私はこの仕事が
 嫌いです 家族にも友人にも、どんな仕事をしている
 かを話してません 話せるわけがない
 私には向いていないんです
 だけど、職務として与えられたからには、
 責任をもってやるつもりです
 この国のためだ 年金をもらえるまでの辛抱です
 あ、工作員は年金はもらえませんよ ねんのため

 私は、家に帰る途中で着替えをします
 そうすることで、仕事と家庭を完全に切り離す
 ことができるんです
 もしあなたが街で私たち家族を見かけても、
 絶対に話しかけないでくださいね」

         ____
          /      \
      /─    ─  \
      / (●)  (●)   \
     |     (__人__)  u.  |
     \    ` ⌒´     ,/
      /7             l─、
.     |l           | |

125( ´∀)・∀),,゚Д)さん2018/08/26(日) 16:42:58.20ID:HDMt5Ec70
何カ月かが過ぎた
担当は新しい男に変わったがやっていることは同じだ
オレは、その場では冷酷な殺人マシンと化す
何も感じない 死にいく人間は同じように苦しむ
オレはその様子を冷ややかに見る
息が絶え動かなくなると、ほっとしてオレに戻る


         x≦ユ     ___
        (_/::::::`ヽ、  l> ミx、
           \::::::::::\  \::::::::\
        -━ヽ:::::::_;:::-┴-:、ー-::ヽ
            >'´:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.\::::::::}
           ,:':.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:\::::_rく
        _ノ:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.\:.:.:.ヽ
      /:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:`:.:.:.}
       ̄ ̄ ̄≧=----:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:リ ―--
    ━━/´:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.;v≠ヘ、:.ノ
        /:.:.:.:.:.:.:.:.:._:.:.:.:.:.:.:.:._L/::::. .::::::Yi -━―
      /:.:.:.__/´    ̄ ̄ ⌒V::...   .:!
     {/ ̄\}  ━━―  ―`ー---='’ ━―
     「「{^l lL_ヽ       ‐━―
     ヽj」」  `’           ―━

126( ´∀)・∀),,゚Д)さん2018/08/26(日) 16:43:51.86ID:HDMt5Ec70
オレはやさしくなった
人のちょっとした、やさしい行為とか思いやりに
涙してしまうのだ
そして、公園でどこかの家族が遊んでいると、
それを見てるだけで泣けてくる

                 .. .... ..  .:.:.:..: .:.:.:. . ... :. .:.:.:.: .: .... .:.:.:...
" ; ;ヾ ; " " ヾ ; " ; " ; ; ヾ,    .. .:.:.:.: .: .... .:.:.:...... .... .. .:.:.:.:. .. ... ....:.:.:
; ;ゞ ;" "ゞ ; ; ; ゞ ; ;ヾ ; ; ヾ ;ゞ . .:.:.:.... .:.:.:.....   .. .. :. .:.:.:.: ..  .:.:.:.:.:.:.:.... .
" ; ;ヾ ; " " ヾ ; " ; " ; ; ヾ, . .. .... ..    ......:.:.:.:.:... .. .  .. ...:.:.:.:.:.... .. .
; ;ゞ ;" "ゞ ; ; ; ゞ ; ;ヾ ; ; ヾ ;ゞ   .. .... ...:.:... .. . .   .. .:...:... .. .  ..  
" ;ヾ ; ;";ヾ; ;"/" ; ;ヾ ;ヾ "" .. .      ....  ...      . .  .   
ヾ ;"; "i "; ;ヾ; ;ヾ; ;メヾ "
゛ ヾ;i;;ii ;iiメソ ヾ; ;ゞ "
 ""|l!|| ll|ソ  ""
   l;l!ll |l|   ,,,,,, ,   ,,,,,, ,   ,,,,,, ,   ,,,,,, ,   ,,,,,, ,   ,,,,,, ,    ,,,,,, ,  
   |:l||l |l| ,,iiiii;;;::..゙ ,,iiiii;;;::. ゙ ,,iiiii;;;::. ゙,,iiiii;;;::. ゙ ,,iiiii;;;::. ゙,,iiiii;;;::. ゙ ,,iiiii;;;::. ゙,,i
   |;l!l| ||l iiiiii;;;;:::::::iiiii;;;;;:::::::iiiii;;;;;:::::::iii________ :::::::iiiii;;;;;:::::::ii
   |ill|| lll⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒|≡≡≡≡≡≡≡|⌒Y⌒Y⌒Y
 二llil|l l!|二二二二二二二二二二.`┳━━━━━┳ 二二二二
 、.,.|::l|| !!|、.,..,            ,.、.,┴ ,.、.,.,,.、.,.  ┴.、.,.,

127( ´∀)・∀),,゚Д)さん2018/08/26(日) 16:44:45.09ID:HDMt5Ec70
オレは、この災難、困難を、平然とした態度で
やり過ごそうとした
事もなげに、ありそうなこととしてクールでいようと
だがどうしてもそれはできなかった

ダイヤの姿、そして死人の姿が交互に
頭に浮かんでくる
大きな渦の中を流されていくだけの男、
それがオレだ

              ........--―-......、
               /:::::::::::::z==:::、::::::::::\
           /::/:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ
         /::/:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\::::ヽ
           ,::/:::::::/:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ:::ハ
            {::{::::::/:::::|:|::::::::::j、::::::::::::::::::::::::',:::ハ
           、:{:::::{:::::::}:、::::::::::j 、:::::::ヽ::::::/::}::::::}
         、::::::{、::、_:ヽ::::::::::jヽ/:::}}:::/::::}r、::}
          、:::::{ 、::::ニ、:::::::::} zィチ芥\:}  )|
          }\ヘ マ劣ミ  ̄   弋ソ |:::| ノ::|
          }::::::::ヘ ''弋ソ     ,,,  ::::}:::::::{
         λ:::::::::ヘ ,,,  '      }::::}:::::::ハ
         / ハ::::::::::へ  .ー '  /}:::λ:::::::ハ
         /   V::{、ノ::::}||> ー ´ /:::八:::::::::ハ
         / 。  V} 、ノノ||  ',   /:::/ヽ`ー-- 、
         /|   }::ノ    ||\   ノ :/  ヽ `ー彡Y
       /: |   }/    }}  `   ナ´ ̄ ',',   。 |
      ノ:::::|   /  ,'  ハ         ,',   λ
     /::::::::i       , /  \        Y  。 i::',
    /::::::::::::i     i´     ヽ      イ   ,;::::',
    //:::::::::: i     |       ヽi /    i   /:::::::',
   //::::::::::::::i      |        l/      .,   /:::::::::::',
    { {:::::::::::::/|  。  |ヽ               ノ /::::::::::::}ヽ
   {ヽ:::::::ノ i    {            ノ  ,::::::::::::::} ヽ
    ´ ̄ ̄  i    i         イ    /::/:::::::::リ  }}

128( ´∀)・∀),,゚Д)さん2018/08/26(日) 16:45:30.91ID:HDMt5Ec70
テレビで討論番組をやっている
社会は、世界は、どうあるべきかを
善き人たちが論じている
だが、論じてるあいだに、
悪しき者たちが地球を動かしてしまった
そしてオレはその悪しき者たちの手先なのだ
この地球は、本来の軌道を外れて進んでいる・・・

     _____________
   /|:: ┌──────┐ ::|
   | |:: |          | ::|
   | |:: |         | ::|
   | |:: |         | ::|
   | |:: └──────┘ ::|
   \|    ┌────┐   . |     ∧∧
      ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄     (  _)
             / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄旦 ̄(_,   )
            /             \  `
           | ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|、_)
             ̄| ̄| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄| ̄| ̄



そして、10カ月になろうとしている
約束の日は近い

(来週に続く)

129( ´∀)・∀),,゚Д)さん2018/08/27(月) 13:47:12.54ID:g5r4p+e50
―_ ./////      ///    ///  ///三三三三三≡≡≡≡≡≡/.==
 ̄―/////―_  ///   ///  ///  /三三三三三≡≡≡≡ /Ο =
  .///// ̄―二///―_///  ///  /// 三三三三三≡≡≡/ ====
  /////      /// ̄―///二///_///〃〃 ヽ  ヽ.| ._____|0 ====
. /////      ///    ///  ///―///〃〃  ヽ  ヽ| |///|======
/////      ///    ///  ///  ///〃〃ヽ   ヽ  .| |///|======
////三三三///三三///三///三///〃 .木 木 木 木 . | |///|======
///      ///    ///_///―///〃〃木 木 木 木. _| |///|======
//      ///_―///三三三== ̄ | __口_口_口_口/三三三|======
/_―二///―三三== ̄  _ ―ニlニニニニニニニニニ|| | =====
三三三== 「ヽ「ヽ    _ ― ―  ̄    〜        ||  |=====
== ̄    ヽ |ヽ | ―. ―  ̄  〜            〜   ||   |.====
  __―  ̄ ― 彡  ̄   〜        〜 〜   〜       ||   | ===
 ̄ _| // ̄―――___   〜   〜      〜  〜 ||    |===
 ̄ ll || /////////―――___ 〜 / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
__ ――  ̄ ̄| ///////////―‐/
           .__|//////////// | ̄ ̄ ̄|―――__
__―― ̄ ̄| | //////////// |      |

130( ´∀)・∀),,゚Д)さん2018/08/27(月) 21:30:38.07ID:LxogCfJs0

131( ´∀)・∀),,゚Д)さん2018/08/28(火) 20:22:35.60ID:rhQNSl7a0

132( ´∀)・∀),,゚Д)さん2018/09/02(日) 11:28:00.43ID:Ot9rkrsF0
10カ月目が近づいてきた
                                /           //
                         /レ''''v~~W~~~~` ワ' ̄/     .//
                        /  / ̄_ ̄.|   /_/ /     .//
                 /W~~~|/V''|/レ'~~ 7 _/   /    7  .//
                /   .___    / く   / ̄/_./ ̄  .//
               ./   / _  |   /._〉 /  /         //
         /|/|/~~V''i/~~レ'7 /   /  /  / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄.//
        /   __     .//   / ̄  /.三三三三三〈/
       ./   /   /    ./  ̄/  / ̄ ̄/ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
      /     ̄/ ./    ./ ̄ ̄ / ̄ ̄
     ./    ./ ./     / ̄ ̄/
     /    /  /     / ̄ ̄
   /      ̄ ̄    /
  / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄/
   ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

133( ´∀)・∀),,゚Д)さん2018/09/02(日) 11:28:45.55ID:Ot9rkrsF0
オレとダイヤは、約束より早く開放されることになった
山の中で、やつら、そしてダイヤと会った

                                 ..,,;;
                          ___      ''゙゙""ヾ.,
                        / ̄/i:i:i\       ''';;
                       /  ノi:i:i:i:i:i:i\    ..__..,;゙゙   ,,.;;;::、__,,....
                     /   ノ:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:`,,、___ ..,.,::;;;,,,,
       .......,,,,        ...::::;;;;;''""""''::;;;,,,,,..:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:;.;;..;;   ゙゙ヾ,,,,..,
     ,,;;;""" """::;,,,,   __/,,,;:::"""''゙゙/i:i:i:i:i:i:i:i:i::i:i:...;;""
,,..;;'';;''"";;;;,        '''';;,,,,,,:::"""/ ノi:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:ソ,,
 /\__,,..;;    ,,,....,..,,,,:"  ___ ./  /:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i...;;'''""      :::::::::''  ..,,,..;;;'''ヾ
ノ :::::::::::::\;;;;:,,,..;;;;""/  /i:i:i:i::  /i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i....ノ....,.,...,,;;;:::::    ::,,,:::;''"゙   iil|||
:::::::::::::::::::__ィ≦ ̄`<   {:i:i:i:i:i:i: /:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i,,ソ ,,,.....,,,,,....,..,::,::::''""/  \__/ ̄|||
__,ィ´ ̄ :::::::::::::::::::::\__ノ:i:i:i:i:i:i:ノi:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:''゙゙゙""" ノ  /:i:i:i:i:i:i:ノ  /:i:i:i:i:ノkkk;
^、ノ :::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i/,.,,... /i:i:i:i:i:i:i∧ /i:i:i:i:/kkkkk;
∧ ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\i:i:i:i:i:i:;;;:'''゙゙゙ ""ヾ:""゙゙ ...,,ゞ\i:i:i:i://:i:i:i:i/kkkkkkkノ
爻ヾ∧:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::..;;;;'''""..:::;;;:;...,,;;''' 〜'""::::::::::::::::::/ ̄kkkkkk ∧kkkk
ハハ从'从∧::::∧::::::::::::::::::::::::::::,,;.;.'' ;;;;;''":::::::::::::::::::::::::::::::::::__/kkkkkkkkkノノヾ从ノノ;
ノノゞゞ"ヾハ∧从∧:::::::::::::::::::::::''''""::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/kkkkkkkkkk∧kk,',,彡ミ彡爻',
〃゙ゞ∧ノノ',ゞ从゙ゞソ∧,,:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::__ノ¨kkkkkkkk,,∧从从゙ゞ;:;"ゞ,,ソゞ从
∧゙ミ爻彡从爻"ハハ彡ゞ:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::,.ノkkkkk∧kk∧ミ从ミゞ',从リ冫';',彡ンゞ,
爻Y;'ハリ从ソゞミハ∧ゞ゙ヽ ̄ ̄) 冫 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄从;爻゙ヾ,,∧゙ヾ彡,,"彡ゞ,,∧ゞ;,゙ヾ"
iiiiソヾii彡Y;;ミソハ人爻,;'ゞ',,../  (_        从ゞ从,,У,ヾ::爻::;人ン;爻ハハノ爻ゞ;
||||||||||ゞ八;;";;}iiiiiゞ从ハゞミ';, __  ̄ ̄¨三二ニ=┤ノノソハ,;;"爻ンiiiiiiソiiiii',ハヾソiiiiii
,,.゜。::: ,"・。;, ,…,¨;;゙ヾ:・ゞ三 ̄  ̄=三 _  _ー`ヽニ"''__ノiiiiiii;|||||||||,,。・ :,;;‥ ,:;.
: ;・' ,¨:,,:;、;;゚;・:''=="¨ニ  ─  =_  ─-    __ニ三三 =‥"ヾ,,。ヾ、 ,,::':
¨¨二  ̄¨ニニ''"  ___  ── ニ__   ── ─  __─ ニ゙"¨゚`ゞ,,,.:・。
ニ_三 一ニ  三 ̄     ____   ─____  二─   ─__ ̄ ̄二¨¨"
__ ─      ___  ‐──  -─‐──   _   _─    ̄ ̄_____

134( ´∀)・∀),,゚Д)さん2018/09/02(日) 11:29:49.75ID:Ot9rkrsF0
ダイヤは臨月の大きくなったお腹を見せた
だが、それはクッションで見た目を膨らませたものだった
クッションからピストルを取り出し、ダイヤはオレを撃った




                   ,>.::::::::::::::::::::::....、__
                /:::::::::::::::::::::::::::, * ':::::::z--::`..-、
              /:::::::::::::::::::::::::::/:::::::::/::::::::::::::::::\ヽ
             /::::::::::::::::::::::::::::/::::::::/:::::::::::::::::::::::::::::ヽ;;ヽ
            /::::::::::::/::::;;;;;;;/:::::::::::/:::::::::::::/::::::::::::::::::::::ヽ;;;;ヽ
             /::::::::::::/::::::;;;;;;/::\:::::/:::::::::/:/::::::::::/:::::::::::::::ヽ;;;ハ
          /::::::::::::/::::::;;;;;;/::::/:::/{::::::::::{/::::::::::/:::::::::::::::::;;;;;;;;;ハ
          ,::::::::::::/;;;;;;;;;;;;//::::::/ ヽ=、、_、 `ー{::::::::|::;;;:::;;;;;;;;;;;;;}
          ,:::::::::::/;;/  /::::::::::/   V 气爻',  ` :|;;;;::::;;;;;;;;;;;;;i
         /;;::;;;;/;;Y  /::::::::::/     、{::r::}マヽ   : :ヽ};;;;;;;;;;;;;i
         /::;;;;;/;;;;;;、  /:::::::::/       `:' ` `   : : {;;;;;;;;;;;;i
        /;;;;;;;/;;;;;;;;;;;;;V:::::::::/::        :::    _: :: /;;;;;;;;;|
      /;;;;;;;;/;;;;;;;;;;;;;;;;/::::::::/::             ィ笊`/;;;;;;∧|
    /::;;;;;;;;/;;;;;;;;;;;;;;;;/::::::::/: :             ヒソ/
- 、/::;;;;;;;;/;;;;;;;;;;;;;;;;;/:::::::::∧: :      _ -―、   〉: :/
ヽ ヽ ヽ`ー---、;;;/ /;;;;;;;;,': :ヽ:.    /    } 〉   /    あなたは用済みなの
 ヽ ヽヽ     ヽ  / ;;;;;;;;|: : : ::ヽ  ・ 、    ノ’  ノ      死んでください
  ヽ 、 、    ヽ/ ;;;;;;;;;|: : : : : : : ;  :. ー  イ
   ヽ 、 、    ヽ{ |;;;;;|、;|: : :/;;;` 、:.._  イ;;;;;;;/
     ヽ 、 、   ヽ{;;;;| ヽ/;;;;;;;;;;;;;;;;{   |;;;;;;;,'
    、 、 、 、   ヽ;;;、 (ヽ;;;;;;;;;;;;;;;;;;|   /;;;;;;;,
     、  、 、 、   ヽ`、  ヽ;;;;;;;;;;;;;|  /:::;;;;;;;,
     、  、 、  、   `  、;;;;;;;;;;;|  |:::::;;;;;;;|
    /  、   、 、 ` 、     ヽ;;;;;;;|  |:::::;;;;;;;|
   /    、  ニ、 、 `    : ヽ;;;;;|  、:::;;;;/;|
  /     、    、 `、      ヽ、|  、;;/ 、|
/      \   ヽ  `} :    ヽ   ヽ(  ヽ

135( ´∀)・∀),,゚Д)さん2018/09/02(日) 11:30:54.62ID:Ot9rkrsF0
         __  ◎  __      __  ◎  __   
         | | r、  └┘/7   | | r、  └┘/7 
         |_| \>   <ノ    |_| \>   <ノ 

                               , < ゝニノ
    rヘ                    _ , < > ´
    |__|                _ , ≦〈 __,> ´
                   ,  ir'ハ i´{´ ¨  i
                  ,-r≦ _ イ _i ≠ヽ _/
           __ , ≦≠`¨ , ≦´ 〇r' r'
         r '_}///  , ≠i二〉、_ ≠_ ノ
         〃///_, イ´  ̄ヽi l l´
         ゝ, イ   、 _ _ _ノノ l
         /      `ー -<_ ノ
        ,        、 _  }
       ./             `i
      .,          、_ .ノ
≧、,ー 、 ._ '              }
::::::::::〃´         , ―,-、  l
::::::::::i         , イ///ゝ- ´
::::::::::l   , <¨ ≦三> ´
:::::::::::ヽ<:::/

136( ´∀)・∀),,゚Д)さん2018/09/02(日) 11:32:05.31ID:Ot9rkrsF0
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄○ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
           o

    ___ ∧∧
    (  (⌒( ・ω・) \  ガバッ!
    \ ヽノ(,,⊃⌒O〜 ヽ
       \ //*;;;::*:::*::::*⌒)
       ( (*:::;;:*::;;::*.::::*::::(
          \\:;;;*::::*:::*::::*:::\
          \`〜ー---─〜' )
            ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

それは夢だった
オレは汗びっしょりだ

ダイヤは本当に妊娠しているのか?
遠目にすれ違ってただけなのでよくわからない
やつらはオレを殺して終わりにする気ではないのか
だがそんなことはどうでもいい

ダイヤは俺のことをどう思っている?
オレと一緒でうれしそうなふりをしながら、
後でその様子を報告していたのか

オレのことは好きではなかった?
仕事だから一緒にいただけか
仕事だと好きでない男と一緒にいれるのか?

ダイヤが俺と暮らしてたのは、
単に任務だったからか
そうでないのか
知りたい それを知りたいのだ

137( ´∀)・∀),,゚Д)さん2018/09/02(日) 11:33:12.40ID:Ot9rkrsF0
約束の日が来た
ダイヤは一人でうちに帰ってきた


                    ____
                    ||○○タクシー|    ./
キッ        _,,..-辷ニニ二~~~~~~~~~~~~~~~~~~^广 ゙̄''''''―ー-....,,_
        ..ィニ宀゙万'´  ゙゙゙̄宀a__   −一―‐'''''''''''''''' ̄ ̄ ̄''''''''ー=-_,,_
      ,ノ/   .聿      ! ゙゙ヘa    ''ー.._               ゙''ーー-__
    __,/'斗    /什      |!   lト     ゛ー 、                 ゙゙'''‐__
  /"´ 〈j广   ノ什      │ _/         _っ,,___,,.........---−‐‐'''''''' ̄ ̄ ̄ l丿
  −--r'―――'ノ―――――‐―''        _..-'''"ン'''|^                lU
 ||      ,,...│      ,,  |        /  ‐"   |         __...--....-一''''ヽ|!
 l/>     −1      ヽU       ヽ  '     l---一‐‐'''' ̄´  /‐l1  .....-小
 ll!rヘ,     │      " /    /''ヽ   '、ヽ    1 ....---'ー宀........--‐‐''1 1  !ノl
 下llヽl     |       ./      /    1U    |冖'' ̄  l  ゝ    ゝ ! 丿 │
  ヘlィイ〉     l       /     −     い    │     l  1 _,,....-┘ _,,/  〉
   llソヘ`ー..、  1     / /'''''''‐ 、−‐---........,,ノ二ニ二,,⊥       `´__....-‐''" __..−"亅
   `ー-‐'`ーこー冫     │ ,−''''\       '、     ^ー......--一''''"´_.....-‐''''"    !
         ゙ー.._゛ー 、 │| l ,..- 、 ゙ 、      !      __........-‐‐''"´        丿
            `ー.._ ゙'''││1ヽ/`'、゙、      1   ̄ ̄´             _..-‐ン'´
              `ー..│|」..ン!_,/゙、 '、     │            _.....-''_彡‐"
                  ̄ll__/┌-│ l;--.....__  !       __.....-;;_彡-‐''"´
                  ゙ハ !〈 、│ l      l  −--彡宀一~~´
                   ヘ`ゝl_.ソ   ヽ-....,,_   .-''" ̄
                    ヽ,,    _/   ̄~~
                      `''''''"´

138( ´∀)・∀),,゚Д)さん2018/09/02(日) 11:34:26.30ID:Ot9rkrsF0
あなた、わたくしのおなかをそんなに
まじまじと見ないでください
              __
         ,....:::´:::::::::::::::::::::::::::≧.、
        /::::::::/::::::::/::::::::::::::::::::::::::\
       〃:::::::::::/:::::::/:::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ
      /:::::::::::::/:::::::/::::::::::::{:::::{:::::::::::}::::::::ハ
     ,::::::::::::::::j::\:{:::::::::::N::::::{:::::::::::}::::::::::}
     {::::::::::::::::|::/:|`ー=`ー `:::::::::ソ::::::::::l
      ,:::::::::::::::|::::::::| ッ==ミ   `ー、:::::::l
      ,:::::::::/ |:::::: |  ,,,      ニ /::::l
       ::::::::{  |::::::::|        ミ /::::::|
       }::::::::\|::::::::| ⌒ヽ    ' ,, j::::::::|
      |::::::::::::ハ:::::::l ヽ  `  、_   ':::::::::|
      }::::::::::::::ハ::::::l ・`  _ ノ イ }::::::|
      }::::::::::::/ ヽ::ハ>、   イ:::::j |::::::l
      ノz=====、 ヽ:::ヽ|::::::´::::::::::::/ }::::::|
      /ニニニニニヽ::ヽ`ー-、==、/:::::/
    /ニニニニニニヽ>、__))ニニ//
     {ニニニニニニニヽニニニニンニヽ
    {ニニニニニニニニ、ニニニニヽニヽ
    ∧ニニニニニニニニ)ニニニニニヽニヽ
    /::、ニニヽニニニニ\ニニニニニニニヽニヽ
   /::::::、ニニ、ニニニニニ⊂ニヽ三三ニ三}ニニ、
  /::::::::ヽニニヽニニニニニ⊂ニヽニ三三ノニニ 、_
  /:::::::::::::ヽニニヽニニニニニ`ー―----、ニニイ⌒`ー,
 /::::::::::::::::ヽニニニ、ニニニニニニニニニニヽ     )
 :::::::::::::::::::::ヽニニニ\ニニニニニニニニニ }     ノ
/::::::::::::::::::::::::ヽニニニニ\ニニニニニニニニノニニ<
::::::::::::::::::::::::/三ニニニニニ\ニニニニ<ニニニニノ

139( ´∀)・∀),,゚Д)さん2018/09/02(日) 11:36:17.53ID:ormhn3dc0
ダイヤはかわいい子供を産んでくれた


       ryーv‐ー、yーr‐vー--ryーr‐ー.ー--ーr┬fヽ、_r-r-=-,_,fヽ、,_r-、_r-r-vー┐
       ,}_    r-,ヘー――------ -- ―――― -- ―― ----======= 、   〈_
       f´ \/                 ....-──‐-.....                ∧/ }
      } ー /    `'''' ー-.    ....::´:::.:::.:::.::.:::.:::.:::.:::.:::.`:..    -‐''"-‐''"    .∧ ー{
.       〉 /  ヽ.、_     /:::.:;:.:::.:::.::.::.::.:::.::.::.::.:.::::.:::.::.::\             .∧  }_
     〈 /.            /:::.:::.:/::.::.:/l:::.:|:::.::::.l:::.::.::.l::.:::.::.::.:::ヽ    . '"´      . ∧ イ、
.    ,イ. ,'.           /::.::.::./:..:::./ l:::.|::l:::.::|:::.::.::.|:.l:::.:::.:::.::.:..              ',  {
    {   i}   `` '' ー /::.::.::.::.::.|:.lハ !:|l::.:::|::.::.:::.|:.l:.l:.:.|:::.:::.:i             .{!  }、
    }   l|  γY⌒ヽ  ′:::.:::':::.:l:.| l l |::l::.::.| l:::.::.|:.l:.l:.:.|:::.:::.:|  --一 '''"~.     |! r'
.   〈   i!   ( ひぃ )′:::.:::.:i:.: |::|,/   |::l:::`| ト‐-|j::/{|:::.:::.:|              i! {
.    _>  ;|   ゝ、_ノ |::.::|.\:|::イ|_    ,ィヲニミz l:.\:l 、:::.|              |!. `)
    `1 ',.         ,..|:::.:|/:| ,ィツ气     ´  ̄ ` |::::.:::| }:::.|......\           ,'. <´
       } ∨     ,/´..|:::.:|:::.:::| ^″ ´//////   ゙ |:::.:::.|ノ:::.:|    \_       /   〉
.      `> ∨          ̄|:::.:::|   /// '        |:::.:::.l:::.:::.:|            ./ ー{´
.       〈 ー,∨.  γY⌒ヽ.:::.:::iイ     _     |:::.::., - 、:|          / \〈_
.        `)/ ∨. ( ひぃ ).:.:::i八      ー'     /:|:::..(    `ヽ        . ./   .,)
       [    ヾ=ゝ、_ノ.|:::.:::l:::.::.丶、 '    , イ::.:|:::..( ふぅ ノ 一=====〃. \[
      └ー^ー--'''~`ー- |:::.:::l::.:::.l::.::::l` ー   l::.:::|:::.::` ‐-- ' =ー====ー'^ー--┘
                  |:::.:::l::.::.:l::::.::| u      l::.:::|:::.:::|:::.:::.:|
                  |:::.:::|:::.::」 ,..       、_.::.:|:::.:::|:::.:::.:|

140( ´∀)・∀),,゚Д)さん2018/09/02(日) 11:37:23.95ID:ormhn3dc0
やつらは約束を守った
ダイヤの戸籍を用意してくれたのだ
身寄りがなく、孤独死した若い女の戸籍だ


             乂/:.:/      ̄`ヽ       ノイ イ: : : : ノ: : :
               {ー': :/                    ノィーァ': : : ノ
             〉.: :/                  ̄`ヽ く:_: /: :
              /`Y -====ミxヽ               __,ノ: : :
           /  }.ノ::::::::::)   ヾ\              丶-‐ァ':
              乂/          ...:::::...   -‐        _,ノ: :
    /´ ̄`ヽ_  /    /⌒\       :::. -====ミx    トゝ: : :
  /ノ  ⌒Y__) l   / , -― \            ヾ\  トゝ: : : :
  \{    }\―|   ,'/      丶-------- 、  (:::::.. ヾY >: : : : :
 ∠人   ノ(/ l|   |                \   ',   :::::::::) /⌒ヽ:/
/ └七ニ´ノ   八  |               \ |       ⌒ l
{      /  /\ 丶               ∨       /、  /
丶 __ /    /  / \ \                 /       /ァー='
    /     /  |   丶 \           /      /´

141( ´∀)・∀),,゚Д)さん2018/09/02(日) 11:38:58.50ID:ormhn3dc0
オレは、ダイヤが誰なのかを絶対に聞かない、昔のことも聞かない
ダイヤも、あの10カ月の間 俺が何をしていたかは聞かない
今となっては、何か違う世界のことのように思える




          _,〉                       /
       /´  \                    /
\    〃       丶.._                 /^\
.  \   /             ̄ ̄`丶、          /    \        /
    ヽヘ                \     /          \   /
       ヽ、                >'"´            )_/
         ',             \/                /
          ',              ',            /
          ',              ',     /    /
          ',              ',   _/     |
           ',               ヽ ̄          ,'
           、          ヽ     ヽ   /     /
            \ __  ー-、    \     \/    /
           ノ  >、\  \   丶、  /  /
             〈__,/{  `T¨´ ̄`)-‐-、  `/  /
                ',  |、_,>'´   / ̄/ / V
              丶-'  丶-‐ '´   {_(/

142( ´∀)・∀),,゚Д)さん2018/09/02(日) 11:40:11.47ID:ormhn3dc0
昔、魔法のランプを買った店の近くを通った
よく見ると、奥に眼光鋭い男がいて客を注視している
オレのように、孤独で、親類縁者も少ない人間を
候補者として品定めしているのだろう
だがもう何だっていいじゃないか
オレは、ダイヤと、子供とともに生きていこう


              |           /
             ノ   |       /
                >           {
            /          ヽ
          /       !        ‘,
             '      |       ',
            /      |       ',
         l        丶       ‘,
         | 丶 _     \       〉
         | 、   ̄  ―  丶 _   /
        /  ヽ _          |    /
         /   //⌒ソ ̄ ナ  _」  /
.        /   /     ̄ ̄ ̄ ̄`ヽ  |
        l ヽ /       丶--イ!  ハ
        |   |         - _八 { |
       |   /    r‐ 、   /ノ  ー'
       {_/    __」ニコ |一ァ′
      /       |丶--' ̄
       /       '
     '       /
     /       /
.    /       /


(第二部、終)

143( ´∀)・∀),,゚Д)さん2018/09/04(火) 20:23:41.88ID:1zcbVATJ0
     |           :.::.:: . : .      ______________     . . : . :..::.i.: .:
     |   ____   ____  : .     .:|;:~|.|l      l|   // l||l      l|  //  l||~i::|:.   . . : : :.:i.: .:
     |  (`),/|  /ヽ(゜,) : .     .:i; / |l      l|  //  l||l      l| //   l|ヽ,/:.    . : :.::.i.:
     |      'i /     : .    .:(: ) |l======l|======l||l======l|======l|( ::):.     . : .:.:i.:
     |      |i     : .    .:/''ヽ.|l      l|   // l||l      l|  //  l|/''ヽ:.    . . :::.i.:
     |      ||     : .    .:!:i,! |.|l      l|  //  l||l      l| //   l|i ! i:|:.     . : .:i.:
     |      ||     :.:: .     ~~~  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ '~~~    . : :. ::.i.:
     |      ||            ________       
     |___ /|ヽ __________.γ'   γ⌒ヽ      `,______  
   /     / .| \    __,________|    (`ー`*)   ______i、  
  /         ノノハヽ i__i,_______i__OooOノ__ ._i__i  |
/           ノリ*´ー´リ | ┌'            .:.:.:.:| .:.:.:|
     __,..、    ( つ日 ) L..i─────────.L____:j 
     'i, .:::i    |  |  |               
     ).:.:.(    (__)_)  ________            
     i',',',',',',',','),        /         ./.l        
     |______,,j     /          //i|       
       ー┷ー       iニニニニニニニニレ   
                |il          |i|     

144( ´∀)・∀),,゚Д)さん2018/09/14(金) 00:08:31.45ID:trPtT8wt0

新着レスの表示
レスを投稿する