今dxlibでRPG作ってんだが シナリオ考えてくれ

1名無し2018/04/15(日) 18:37:23.22ID:EinnZEZ+
RPG作るからできるだけシュールでおもろいシナリオ考えてくれ
主人公 場所 敵 ストーリー とか全部 (ただ下ネタなしで)

2名前は開発中のものです。2018/04/15(日) 20:20:32.92ID:CILmSDRT
「大型肉食恐竜型ハンターさん……もうダメだ。
肥料を探したけど全部使い切って無くなってる。
肥料が無い以上農作物が収穫できない」

 小型獣型ハンターが私たちの元へと駆け寄ってそう告げる。
その言葉に大型肉食恐竜型ハンターは溜め息を吐いた。
「はぁ・・・低レベル過ぎる」
「何が低レベルだ! 殴らずにどうやって勝つ気だ!」
「いえ、ここには椅子やテーブルが見掛けないようなので疑問に思いまして」
 「イス? テーブル? そんな言葉、聞いたことがありませんが……」
 理論家の小型獣型ハンターでさえ、気付いて無い様だ。
「とりあえずこの植物で試してみるか」
大型肉食恐竜型ハンターは適当な草を選んで茎を切った。
 ビュッ、ビュッ、ビュッ、ビュッ、ビュッ―――。
すると草は溶けてオレンジのようにどろりとオレンジボールになった。

3名前は開発中のものです。2018/04/15(日) 20:21:25.18ID:CILmSDRT
 「なんだ……コレ?」
 「知っているかい? 今、オレンジボールが一個、
金貨200億枚の値段なんだ。これ小学生レベルの知識だよ」
「…は?」
 ふむ、やはり知らんか。もっともそれは仕方のない話なのかもしれない。
「あのー、少し聞くけど、いい?」
 大型肉食恐竜型ハンターはなるべく失礼のない話し方で言った。
「何かな?」とマサツグ。
 「えっとだね……土に金貨を撒くのはどうだろうか」
 「金貨……ですか? アレが肥料になると……!」
 「大型肉食恐竜型ハンターの案は悪くない。だが、一つ肝心な事を忘れている」
 「金貨を撒けばミヤモトとマツオ(蛆虫)が集まりおまけの中身が荒らされてしまう」
 自分の意見の欠点を指摘され頷く大型肉食恐竜型ハンター。
だが、その可能性も考慮していたのか、打開策を明示する。
 「それなら疾風戦術を取ろうと思う。みんな甲冑を脱ぎ捨ててくれ」
 「勝算は?」
「僕の読みどおりに戦局が動いてくれれば、九割ほどで」
 「彼我の戦力差、出ました! 人間軍、およそ300。魔物軍、およそ5000! 
5秒後に接触。敵戦力分析と指示をくれ!」
「あの子も抱いてあげて」

4名前は開発中のものです。2018/04/15(日) 20:51:35.96ID:v8lNikQR
>>1
せめて時代背景(現代、近未来、未来、中世、原始)
主人公の年齢
プレイする対象年令
これくらい提示してくれ

5名前は開発中のものです。2018/04/15(日) 20:52:37.95ID:v8lNikQR
>>1
ちなみに、あなたが思うシュールで面白い作品を、ニ、三あげてくれ

6名前は開発中のものです。2018/04/15(日) 23:23:01.80ID:Sk6+vdGg
丸投げっぱなしジャーマン

7ダーク王鍬大使 ◆SoVpkB15jY 2018/04/16(月) 00:03:30.86ID:hYVe+xss
シナリオ考えたらスタッフロールに名前載りまふか?(^^

8名前は開発中のものです。2018/04/16(月) 11:32:46.97ID:wZLkFeFT
主人公 >>1
場所 2ch
敵 お前のかーちゃん
ストーリー クソスレ立てたから回線切って首吊りに行く話

9名前は開発中のものです。2018/04/16(月) 12:04:38.42ID:1mKDZpcE
また何年も放置されるやるやる詐欺スレか。

10名前は開発中のものです。2018/04/16(月) 20:11:15.52ID:s3VJBbnF
スレタイに偽りありだな、渇!

11名前は開発中のものです。2018/04/18(水) 08:12:36.09ID:PSiVnN/R
DXライブラリって久しぶりに見たわ
まだあったんだな

12名前は開発中のものです。2018/04/25(水) 21:12:37.11ID:fE3LgDJp
゚ ・ 。: .゚:. 。* o・ :゚゚ 。゚  :∴゚ ・ 。: . ゚:. 。*  o・:゚゚ 。 ゚:∴。:  ゚。
 ∴ 。o .゚ :.   。 o  ・ :゚゚   ・ : ゚゚ 。゚   :   ゚∴ ゚  ・ 。 : . *゚
o・ 。 ゚: .゚ ・  。 *: o・ :゚゚  。  /    ゚∴.゚ :.   。 o・ :゚゚ 。゚: ゚∴ ゚:
。 :゚。 ゚ ・o゚ ・ 。:  .゚:. 。*  / o・:  ゚゚ 。゚ :∴。:  ゚。  ゚∵: 。o゚  ・ 。
   。 o・    :゚゚   。゚:  ゚  /  ∴゚  ・ 。:   *∵   ゚∵     *。 :。 o゜゚
∴ 。 o・ :゚゚ 。  ゚:   ゚   /   ∴゚    。: .          *゚:.。  ゚∵* :
    。゚: ゚∴.    ゚:.   /   。 o゚ ・     o・。 ゚: .゚ ・  ・: ゚゚  。゚:
        ・ 。:.゚:   /     .。  o・:゚゚          。゚:゚ ∴ ゚ : ゚ ∵
 ゚ ・   。゚ ・ 。  : ☆ .  ゚* ・  ゚。 :.  。 *o・: ゚ ゚ 。゚:  ゚。  。゚:゚  *゚ ゚
∵ ゚∵:  o・:゚゚   。     ゚:゚∴ 。o *゚ ・ 。:    . ゚:.。   o・: ゚゚*:  o・
     。゚:゚ ∴ ゚   ゚: ゚ ∵゚。゚∵o:。o゚ ・     o・。 ゚: .゚ ・     。∴。: ゚。
。: .゚:.。 o     ・:゚゚∴ 。o・: ゚゚ 。゚: ゚ ∴゚ ・ 。:  . *゚: .。 o・:゚ 。 ゚: ゚。
 ・  ゜ 。  .
    .     ゜
.  。 ・    .
 ゜  \  ゜ .
゜ ・  。   ゜
 .    \ ゜  .
    .  。 ・
。  ☆   | .            そして彼らは星になった
 .  ・  。  ゜
  ゜・   / .
 。  . 。   ゜
.    . \   .
  ゜ ゜   \/゜
   .   . ゜

新着レスの表示
レスを投稿する