第一次世界大戦について語るスレ 5 [無断転載禁止]©2ch.net

1名無し三等兵2016/03/18(金) 20:40:49.68ID:nVl6hT9a
日本では知名度がイマイチの第1次大戦について語りましょう。
話題に詰まったら、ロシア内戦、シベリア出兵、大戦前後のバルカン半島情勢
などについてもいいと思います。

過去スレ
第一次世界大戦について語るスレ 4
http://echo.2ch.net/test/read.cgi/army/1400495608/
第一次世界大戦について語るスレ 3
http://toro.2ch.net/test/read.cgi/army/1292297560/
第一次世界大戦について語るスレ 2
http://toki.2ch.net/test/read.cgi/army/1242384029/
第一次世界大戦について語るスレ
http://anchorage.2ch.net/test/read.cgi/army/1203329549/

関連スレ
第一次世界大戦の航空機を語るスレ [無断転載禁止]c2ch.net
http://echo.2ch.net/test/read.cgi/army/1454333648/
第一次世界大戦の軍艦を語るスレ 2
http://echo.2ch.net/test/read.cgi/army/1306861203/
ここだけ第一次世界大戦前夜なスレ
http://echo.2ch.net/test/read.cgi/army/1403982223/
【欧州の】第一次世界大戦【没落】4
http://yomogi.2ch.net/test/read.cgi/whis/1406481537/l50
WWTのAFVキットについて語る(2)
http://yomogi.2ch.net/test/read.cgi/mokei/1312207588/l50
【張り線】WWIの航空機模型【複葉機】Part3 [無断転載禁止]c2ch.net
http://yomogi.2ch.net/test/read.cgi/mokei/1453658829/l50

678名無し三等兵2017/11/04(土) 20:58:17.52ID:whvgQ9U1
ナポレオンが帝位についたから神聖ローマの看板をオーストリアに架け替え

その後、ハンガリー人の不満を解消するために二重帝国の体裁にしてオーストリア=ハンガリー帝国になりWWIで解体

679名無し三等兵2017/11/05(日) 10:01:29.08ID:3n+Wtv8T
1917. 11. 5
ラパロ会議

 欧州全域を巻き込んだ大戦の進展に伴い、連合国各国間の軍事的協力機構の設立が
望まれていた。危機に瀕したイタリア戦線に英仏軍を派遣するにあたり、この問題は
再燃し、この日英仏伊の首相はイタリアのラパロで会合を持った。

 その場で、連合国の統合戦争指導部を設立すること、西部戦線の最高司令官として
フランス軍のフォッシュ将軍を推挙することなどが合意された。

 この会議は、軍部から戦争指導の権限を奪おうと考えていたイギリスのロイド・ジョージ
首相のイニシアチブで行われ、西部戦線に固執するイギリス軍部がサロニカ戦線から
撤収するかもしれない、という一種の「脅し」を使って仏伊の合意を取りつけたものであった。

 最高戦争指導部は11月27日にヴェルサイユで発足した。

680名無し三等兵2017/11/05(日) 10:02:27.59ID:3n+Wtv8T
1917. 11. 5
ティクリートの戦闘

 ラマディの戦闘によって余裕を得たイギリス軍は、春に占領したサマラからチグリス川を
さかのぼって戦線を押し上げるべく、限定攻勢を企図した。
 兵力は歩兵2個師団と付属の騎兵部隊で、指揮官にはアレクサンダー・コッブ少将が
任ぜられた。

 この方面のオスマン軍指揮官はイスマイル・ハッキ・ベイであったが、ハッキ・ベイは
兵力をサマラから上流に13キロのティクリートに集結させてイギリス軍の攻撃を迎え
撃った。

 ティクリートの周囲には堅固な塹壕陣地が設置されていたが、コッブはこれを正面から
突破すべく、11月5日に攻撃を開始した。
 3時間の攻撃で第一線は破れ、コッブは騎兵による追撃を命じたが、第二線はいまだ
健在で、騎兵部隊は多大な損害を出した。

 しかしオスマン軍の防御力も限界に達しており、ハッキ・ベイは部隊に撤収を命じた。
撤退は整然と行われ、あとに敗残兵も遺棄物資も残さなかった。

 イギリス軍はオスマン軍を追って6日にティクリートを占領したが、追撃の余力は
なかった。

681名無し三等兵2017/11/05(日) 10:50:49.67ID:N9KJxUcd
バルフォア宣言から100年、パレスチナ各地で英国への抗議デモ
ttp://www.afpbb.com/articles/-/3149216?cx_position=63

バルフォア宣言100年、バンクシーが英外交の「謝罪パーティー」開催 パレスチナ
ttp://www.afpbb.com/articles/-/3149049

682名無し三等兵2017/11/05(日) 22:14:23.54ID:cQcO/6pz
>>681
ブリテンの三枚舌外交は無茶過ぎ。
英仏の植民地帝国が続く限りは、どうとでもなると思っていたのかね?
実際、現在のところ貧乏くじ引いているのは米帝。

683名無し三等兵2017/11/05(日) 23:23:39.95ID:cnDwEotk
ドイツが強すぎて負けた理由がわからない戦争
フランスが弱すぎただけかもしれんが

684名無し三等兵2017/11/05(日) 23:25:23.05ID:KyW1pNZc
何言ってるか意味不明
理由がわからないのは詳しく調べてないせいってだけじゃないの

685名無し三等兵2017/11/05(日) 23:42:53.69ID:2Uv89CYH
蕪の冬とは何か(ネットリ)

686名無し三等兵2017/11/05(日) 23:59:32.11ID:M3NaB3gS
ドイツは同盟国が戦力として頼れないから一国で協商国を相手にしないといけない
艦隊戦で負けて海上封鎖されてからドイツは打開策が無くなった
フランスは人的損失をあれだけだしても良く持ったと思うよ

687名無し三等兵2017/11/06(月) 19:24:01.24ID:QW7q3iA3
WW2でもほとんど同盟国を頼れなかったという・・・
婿選びは大事だわ

688名無し三等兵2017/11/06(月) 20:52:52.51ID:kvRHhWMr
>>687
ドイツ野郎は、なぜかイタリア女に入れ込んだ。
戦後、フランス女に乗り替えた。

689名無し三等兵2017/11/06(月) 21:36:41.19ID:9WwpSRmw
1917. 11. 6
ボリシェヴィキ蜂起

 ケレンスキーの臨時政府はこの日ボリシェヴィキの一斉検挙を図って首都の各所の
捜索を行ったが、ボリシェヴィキはこれに一斉武装蜂起で応えた。
 すでに首都の大半はケレンスキー政府を見捨ててボリシェヴィキに味方しており、
ボリシェヴィキは瞬く間にペトログラードを占拠した。

690名無し三等兵2017/11/06(月) 21:37:13.98ID:9WwpSRmw
1917. 11. 6
ハレイラの戦闘

 ガザにオスマン軍主力を拘束したイギリス軍エジプト遠征軍は、ついに本攻勢をガザと
ベエルシェバの中間、ハレイラとシェリアに向けて発動した。
 オスマン軍はこの攻勢を察知して、ガザの主力を北へ逃がすために、ハレイラ方面の
陣地に死守命令を下した。
 優勢なイギリス軍の攻撃により、ハレイラの陣地は次第に圧倒されたが、貴重な
2日間を稼ぐことに成功した。

691名無し三等兵2017/11/06(月) 21:37:46.43ID:9WwpSRmw
1917. 11. 6
カナダ軍、パッシェンデールを奪取

 1917年度イギリス軍夏季攻勢はまだ続いていた。もはや秋も深まり、降り続く雨と
絶え間なく土を耕す砲弾によって、地表は泥沼と化していた。

 10月26日から、カナダ軍はパッシェンデール村を目標に攻撃を続けていたが、11月
初めに数日雨のない日があったために前進がいくらか容易となり、11月6日の攻撃に
よってパッシェンデール村はカナダ軍の手に落ちた。

 そこに何の作戦的価値があったのか? それは聞くだけ空しい問いであろう。

692名無し三等兵2017/11/06(月) 23:17:36.57ID:IlEd95cY
明日は革命100周年
とりあえずオーロラ号はフルスクラッチで造ったw

693名無し三等兵2017/11/07(火) 10:37:12.25ID:HFFmLSzB
もし独裁的でなく民主的革命が起きてたらロシアは今より発展してたかな衰退してたかな

694名無し三等兵2017/11/07(火) 10:47:16.01ID:3idkeNQ5
そもそも体制を維持できない
2月革命で政権を握った民主的だった立憲民主党はボルシェビキに政治的にも軍事的にも勝てなかったんだし

695名無し三等兵2017/11/07(火) 20:38:20.71ID:ff3DRiWd
寒く広過ぎる大地のロシアと、元蛮族が多過ぎる中国。
専制でしか統治できない。

696名無し三等兵2017/11/07(火) 21:03:29.42ID:CTqCeY1X
なんかのサイトで見たけど欧州列強の一角と言いながら、えっイタリアの国力ってそんなに低いの?
まあ第一次大戦時は日本は二重帝国、イタリア、オスマン帝国以下だったけど。

697名無し三等兵2017/11/07(火) 21:10:09.26ID:CTqCeY1X
どこかでオーストリア海軍にふれたページを見たことあるけど
三国同盟を結びながら仮想敵だったイタリア海軍との関係はどうだったの?
本来なら共同で地中海で作戦やるつもりだったのかも。

オーストリア海軍はイタリアを敵に回したくないわな。
イタリア軍はアルバニア沖に機雷をまいてオーストリア海軍をアドリア海にカンヅメにしようとするの明白だし。

698名無し三等兵2017/11/07(火) 21:42:15.55ID:8krms4Rc
1917. 11. 7
ガザ陥落

 イギリス軍エジプト遠征軍の総攻撃は、退却するオスマン軍の追撃局面に移っていた。
 戦線中央部で後衛戦闘を行う部隊に支援され、オスマン軍のガザ守備隊は7日に
撤退を開始し、北方に逃れた。同日イギリス軍はガザに入城し、さらに北へ敵を追った。

699名無し三等兵2017/11/07(火) 21:42:52.25ID:8krms4Rc
1917. 11. 7
ロシア臨時政府崩壊

 ボリシェヴィキはこの日ケレンスキー派が立てこもる旧冬宮を攻撃し、ケレンスキー派は
抵抗するすべもなく敗れ、閣僚の多くは逮捕された。ケレンスキーは逃亡した。

 ボリシェヴィキは、冬宮占拠に先立って声明を発表し、国家の全権はソヴィエトが指導
する軍事委員会が掌握した、と宣言した。
 この日は旧暦10月25日にあたるため、この政変を10月革命と呼ぶ。

 この後もケレンスキー派の残党と革命軍の戦闘が散発的に行われたが、11月半ば
までにほぼ臨時政府派は鎮圧され、ボリシェヴィキ政権はその地位を確立した。

 しかし地方においては状況は混沌としており、長い内戦・革命干渉戦争が続くこととなる。

700名無し三等兵2017/11/07(火) 21:56:28.78ID:8krms4Rc
>>697
https://www.amazon.com/dp/1557530343/
本あるけど高い……

701名無し三等兵2017/11/07(火) 23:01:40.05ID:k912P9uS
失われたオーストリア・ハンガリー二重帝国海軍が見れなくなっとる・・・
うそお

702名無し三等兵2017/11/07(火) 23:02:44.02ID:Nb62fjem
>>693
統一性も勢いも足りない革命になってgdgd続いた挙げ句多数の独立した共和国乱立とかなってそもそもロシアが終わりそう

703名無し三等兵2017/11/08(水) 07:20:22.59ID:NbWVD+tJ
分裂したくて仕方がない地域大量に抱えてたからな
どさくさで随分独立したし

704名無し三等兵2017/11/08(水) 10:21:41.82ID:avaB6wsu
ソ連時代でもスターリンがいなかったら>>702と同じ結果にしかならんかったかと
日米が極東共和国みたいな満州国拡大版みたいな傀儡作って好き勝手するってのが目に見えてる

705名無し三等兵2017/11/08(水) 21:56:31.83ID:myDRh8XB
1917. 11. 8
同盟軍ピアヴェ川の線に到達

 敗走するイタリア軍を追って、同盟軍はヴェネト平野を西へ進んだ。タリアメント川を
2日に、リヴェンツァ川を6日に渡った同盟軍は、8日にはピアヴェ川に達した。
ピアヴェ川を渡れば、ヴェネツィアはすぐそこにある。
 しかし、ドイツ・オーストリア軍の勢いにはすでに限界が近づいており、あまりの進撃の
速さのため、突破先鋒部隊は補給の不足に苦しんでいた。

706名無し三等兵2017/11/08(水) 21:56:58.03ID:myDRh8XB
1917. 11. 8
カドルナ将軍罷免

 カポレットの大敗の責任を取って、イタリア軍参謀総長ルイジ・カドルナ大将は罷免された。
後任にはアルマンド・ディアズ大将が就任した。

707名無し三等兵2017/11/08(水) 23:16:27.22ID:Zv3Qyr4L
ドイツは強すぎる。

708名無し三等兵2017/11/08(水) 23:22:23.93ID:dHt9otuY
ドイツは戦闘には強いけど戦争には弱い
地政学的に不利だし同盟国にも恵まれない

709名無し上級大将 ◆80fYLf0UTM 2017/11/09(木) 06:32:28.47ID:HVrhPzs6
新しい国家がぽっと現れては一瞬で潰れる革命前後のロシアの混沌ぶりを思えば穏やかな革命などありえんだろうなぁ
少しでも手を緩めればバルト三国に続いて幾つもの国が独立し、フィンランドよろしく内戦とドイツの絡んだ対ソ戦争を演じていただろうし、そこまで行くと再併合する力が穏やかな革命の産んだソ連にあるか怪しい
ロシア崩壊まで行かずとも、東欧はより複雑で悲惨な情勢になったろう

710名無し三等兵2017/11/09(木) 19:28:15.23ID:aUtc1b3s
>>708
同盟国に恵まれない以前の問題では?
その点ビスマルクは心得ていて、ロシアと妥協してフランスと対峙、ブリテンと無用な対立はずしなかった。
当時、フランスと妥協ガード不可能なら選択は一つだったが…
あのカイゼル髭の男、何を血迷ったかww

711名無し三等兵2017/11/09(木) 20:46:16.43ID:16K4fNAC
1917. 11. 9
同盟軍ピアヴェ川の橋頭堡を奪取

 この日、ドイツ・オーストリア混成の山岳部隊はピアヴェ川上流を渡河し、対岸に
橋頭堡を確保した。攻撃の先鋒を務めたのはまたもエルヴィン・ロンメル中尉であった。
 部隊は北方から来援したオーストリア軍部隊と合流し、ピアヴェ川西岸を南へ向かった。

712名無し三等兵2017/11/09(木) 20:47:05.06ID:16K4fNAC
1917. 11. 9
ロシア人民委員会議、「平和に関する布告」を発表

 臨時政府の崩壊に伴い、ソヴィエトは全国大会を開き、その席上で全権のソヴィエトへの
移行と、新たな政府としての人民委員会議(ソヴナルコム)の発足を決議した。

 レーニンを議長とする人民委員会議は、9日に「平和に関する布告」を行った。これは、
世界大戦の全交戦国に対し、無賠償・無併合・即時和平・民族自決を呼びかけたものである。

 大戦遂行に忙しい各国はさしあたり特段の反応を示さなかったが、のちの「ウィルソンの
十四か条」はこの布告と精神的に通ずる点が多い。

713名無し三等兵2017/11/09(木) 21:03:42.09ID:Ie6W8AZq
>>712
ある意味、一方的な勝利宣言みたいなもんだな

714名無し三等兵2017/11/09(木) 22:41:06.32ID:wkQAE9EI
FPSのVerdunやろうぜ

715名無し三等兵2017/11/10(金) 20:43:05.01ID:MrHPf4Ya
1917. 11. 10
イギリス軍のイープル攻勢終了

 7月から続いていたイギリス軍の攻勢は、晩秋の訪れとともに終結した。
 「かじり取り、しがみつく」と描写されたイギリス軍の攻撃は、戦術的にはドイツ軍の
逆襲戦術をある程度封じ込め、着実な前進を可能とした。

 ドイツ軍の逆襲による防御は、一時的に前線塹壕地帯を敵の手にゆだねることになる。
イギリス軍はその余裕を利用し、ドイツ軍の反撃師団が逆襲にかかる前に、奪取した
地区に迅速に野砲部隊を進出させ、堅固な防御陣を築く。ドイツ軍の逆襲はその砲兵
火力によって撃退される。

 すべてがうまくいくわけではないが、こうしてイギリス軍はパッシェンデールまで前進
することができた。その前進距離は――約9キロメートル。
 その引き換えに失われた兵力は、研究家によってかなりの幅はあるが、20万から
30万人と見積もられる。ドイツ軍もまた多大な消耗をこうむり、イギリス軍とほぼ同数を
失ったと考えられる。

 確かにドイツ軍にとってこれは耐え難い消耗であった。しかし攻勢によって双方が
同数を失ってゆき、戦線がほとんど動かないのならば、戦争はどうなったら終わりに
なるのだろうか? 双方が死に絶えた時、いったい誰が勝者となるのか?

 その解答はいまだ誰も知らなかった。

716名無し三等兵2017/11/11(土) 18:31:02.23ID:oHLUdysZ
財政破綻したほうの負け。

717名無し三等兵2017/11/11(土) 19:58:21.09ID:DsapbYw3
いやどっちも事実上破綻させてるからw
破綻しても統制経済で状況を糊塗して戦争機械としての国家を回し続けるのが近代戦
ちなみに、負けるより勝ったほうがある意味悲惨
負ければそれを理由に借財を事実上チャラにできるが、勝ってしまうとそれもできない
事実上無意味な金本位制を理想と囚われ、回帰を夢見ながら大散財の後始末に追われ続ける

718名無し三等兵2017/11/11(土) 20:03:11.04ID:4VUsvwfF
だからドイツの方が連合国より頭が良いって言いたいの?

719名無し三等兵2017/11/11(土) 20:38:12.60ID:0aZrGXfm
総力戦という恐ろしい概念と、銃後などというものがない現実を見たことがなかった当時の人はどう考えたのだろう?

720名無し三等兵2017/11/11(土) 20:55:51.75ID:PrHR+Rt4
>>719
ドゥーエ「最小限の基盤である民間人に決定的な攻撃が向けられ戦争は長続きしない」「長期的に見れば流血が少なくするのでこのような未来戦ははるかに人道的だ」

721名無し三等兵2017/11/11(土) 22:52:42.11ID:/wZxKU4e
1917. 11. 11
イタリア戦線の同盟軍停止

 カポレットからピアヴェ川まで破竹の進撃をつづけてきたドイツ・オーストリア軍で
あったが、ここで攻勢は限界に達し、前進を停止せざるを得なくなった。

 いまだイタリア軍は混乱の中にあり、ピアヴェ川防御線は鉄壁には程遠いもので
あったが、同盟軍の砲兵と弾薬補給は速い進撃についていけずに後方に取り残されて
おり、同盟軍には突破作戦を発起するための火力が足りなかった。

 ピアヴェ川西岸を南下しつつあったオーストリア軍主体の兵力も、平野部に出る
直前にあるモンテ・グラッパ山の堅固な陣地に阻まれて前進が停止した。

 かくして、カポレット攻勢は終結した。イタリア軍はこの戦闘において30万以上の
捕虜を出す大敗北を喫した。イタリアはこの穴を、徴兵年齢の引き下げと、英仏軍の
来援によって埋めざるを得なかった。

722名無し三等兵2017/11/13(月) 21:02:41.34ID:YnWWvnA5
1917. 11. 13
日本、巡洋戦艦の欧州派遣要請を拒絶

 10月21日に、イギリス海軍は日本政府に向け、巡洋戦艦「金剛」型2隻を欧州水域に
派遣してほしいとの正式要請を行った。
 しかし11月13日、日本の珍田捨巳駐英大使はイギリスのバルフォア外務大臣に対し、
「国防上の問題のため」派遣は認められない、と明確に要請を拒絶した。

723名無し三等兵2017/11/17(金) 21:44:40.65ID:U5s4TyUm
1917. 11. 16
ヤッファ陥落

 パレスチナにおいてオスマン軍を追撃するイギリス軍エジプト遠征軍は、オスマン軍の
執拗な遅滞戦闘や局地的な逆襲を打ち破りつつ北上を続け、この日地中海岸の要港
ヤッファを占領した。

 その2日前に、パレスチナ方面のオスマン軍を統括するイルディリム軍集団(司令官
ファルケンハイン大将(ドイツ軍))は、司令部をイェルサレムから撤収して北方の
ナブルスに後退させていた。

 次の戦いの焦点は、古都イェルサレムの攻防となる。

724名無し三等兵2017/11/17(金) 21:45:05.34ID:U5s4TyUm
1917. 11. 16
クレマンソー、フランス首相に就任

 ニヴェル攻勢の失敗から続くフランス軍の混乱状態は、政界をも揺るがしていた。
 この日、パンルヴェ首相の解任に伴って次期首相として指名されたのは、急進
社会主義者で対独強硬論者のジョルジュ・クレマンソーだった。
 クレマンソーは、低迷する国民の戦意を立て直すことができるのであろうか。

725名無し三等兵2017/11/17(金) 21:46:14.01ID:U5s4TyUm
1917. 11. 17
第二次ヘリゴランド・バイト海戦

 イギリス大艦隊司令長官ビーティ大将は、英仏海峡において掃海を行う掃海艇部隊の
援護を行うドイツの軽巡部隊を、巡洋戦艦を含む有力な英艦隊で捕捉撃滅する計画を
立てた。

 ネイピア中将率いる襲撃部隊は、巡洋戦艦「リパルス」、大型軽巡洋艦「カレイジャス」
「グローリアス」、軽巡8隻、駆逐艦10隻からなり、11月17日未明からヘリゴランド・バイト
(湾)に侵入した。

 ドイツ艦隊はロイター少将率いる軽巡4隻、駆逐艦(水雷艇)8隻の部隊で、掃海艇
部隊を護衛していたところ、突如としてイギリス艦の大口径砲弾が頭上から降り注いできた。
 ロイター少将は劣勢を悟ってただちに全部隊の退却を命じたが、掃海艇1隻が逃げ遅れて
撃沈された。

 その後は、煙幕を使いつつ高速で逃げるドイツ艦隊を、イギリス艦隊が後ろから
追いかける形となったが、2時間の追撃戦の末、イギリス艦隊は撤退した。

 その間際に、ドイツ艦隊には戦艦2隻の増援が到着したが、戦艦の砲撃は英軽巡1隻の
艦橋に貫通孔を開けるにとどまった。

 ドイツ艦のうち目立った損傷を受けたのは、「リパルス」の主砲弾を受けた「ケーニヒス
ベルク」1隻であった。

726名無し三等兵2017/11/18(土) 14:13:50.87ID:zPSRoEu3
1917. 11. 18
モード将軍病死

 メソポタミア方面のイギリス・インド軍の司令官フレデリック・モード中将は、占領した
バグダードに駐留していたが、この日にわかに病を発して急死した。コレラであった。
煮沸しない牛乳を飲んで感染したという。
 死去した場所は、奇しくも前年にドイツ軍軍事顧問フォン・デア・ゴルツ将軍がコレラで
急死したのと同じ建物だった。
 後任には第三軍団長のウィリアム・マーシャル中将が任命された。

727名無し三等兵2017/11/20(月) 21:08:36.19ID:bF9sBRSU
1917. 11. 20
カンブレーの戦闘

 この日イギリス軍は、北フランスのカンブレー西方において、「タンク」437両を集中して
投入した攻撃を行った。

 初日にはイギリス軍は大幅に前進し、「ヒンデンブルク・ライン」の一角をも占拠したが、
8日間の攻撃の間に、ドイツ軍は予備を集結させて戦線の突破を許さなかった。
 続いてドイツ軍は反撃に移り、11月30日から12月7日にかけて戦線を押し返した。
 結局イギリス軍の得た土地はわずかであった。双方に4万5000ほどの損害が出た。

 この戦闘では互いに、歩兵と砲兵の連合による火力戦、戦車戦と対戦車戦、突撃部隊に
よる反撃防御などといった、進歩した塹壕戦術が用いられ、あたかも新戦術の実験場の
趣があった。

 連合軍側では「タンク」の集中使用による大成功が喧伝されたが、歩兵の支援なしでは
占領地を維持できないなど、「タンク」の限界も露呈した戦いであった。

728名無し三等兵2017/11/21(火) 21:08:55.30ID:eNufF2NG
1917. 11. 21
ネビ・サムウィルの戦闘

 パレスチナ海岸地方をヤッファまで奪取したイギリス軍であったが、貧弱な補給線の
ためにそれ以上の前進は危ぶまれた。

 ガザ前面まではエジプトからの鉄道が通じていたが、その先の補給路は砂漠の中の
小路で、ロバやラクダが頼りだった。
 ヤッファの港は沖がかりで、はしけに積み替えて荷役するのは大変な手間であった。
 エジプト遠征軍の大きな部分をなす乗馬歩兵には、かさばる馬糧の補給も必要で、
補給の負担は大きなものだった。

 しかし、エジプト遠征軍司令官アレンビー将軍は、ここで一気にイェルサレムまでの
攻略を果たしてしまうつもりだった。
 町を正面から攻撃するのではなく、遠巻きに包囲して、オスマン軍が補給の不足から
自発的にイェルサレムを放棄するのを期待する、という作戦である。

 イギリス軍は攻撃に参加する部隊を絞り、イェルサレムにつながる道路の切断に
かかった。
 イェルサレムから北に延びるナブルス街道の切断を担当したのはイギリス軍
第52師団であったが、その途上、イェルサレム近郊のネビ・サムウィル(サムエル廟)で
オスマン軍の陣地に前進を阻まれた。

 オスマン軍の抵抗は強固で、さらに海岸線から内陸に延びるイギリス軍の北翼を
ねらってオスマン軍は襲撃を繰り返した。
 戦闘は連日にわたり、両軍とも激しく消耗した。

新着レスの表示
レスを投稿する