初心者歓迎 スレ立てる前に此処で質問を 906

1名無し三等兵2019/01/02(水) 21:27:54.08ID:LhZemcHM
軍事に関する質問はこのスレッドで

前スレ

初心者歓迎 スレ立てる前に此処で質問を 905
https://mevius.5ch.net/test/read.cgi/army/1543910577/

522名無し三等兵2019/01/15(火) 01:19:20.62ID:777lPIfJ
>>511
夢に出て来そうw

523名無し三等兵2019/01/15(火) 01:26:22.43ID:gyGXJn+v
>>521
https://www.reuters.com/article/us-germany-military-foreigners/german-army-floats-plan-to-recruit-foreigners-idUSKCN1OQ14L
According to the classified ministry document, some 255,000 Poles, 185,000 Italians and 155,000 Romanians, aged between 18 and 40, live in Germany - about half all foreign EU nationals.
If 10 percent of them could be interested in the Bundeswehr, that could generate 50,000 new applicants, it said.

この三国でドイツに居住するEU加盟国国民の半数を占めているのでまとまった数の志願者が期待できるから

524名無し三等兵2019/01/15(火) 06:43:29.85ID:j1giJirX
>>109
はえ〜そうだったんかサンクス。他でも歴史ブログ消えてて悲しいなあ

525名無し三等兵2019/01/15(火) 10:53:54.85ID:T93ly3lM
ロシアの戦闘機が領空侵犯して、自衛隊機がスクランブル発進したというニュースをよく見るんですけど、こういうのは世界的にもよくある事なんですか?
普通軍人は戦争をしたがらないと言われてるので、隣接国に対する領空侵犯にも軍内で厳しく注意していると思っていましたが、なぜロシアはこんなにも領空侵犯がメチャクチャ多いのでしょうか。

526名無し三等兵2019/01/15(火) 11:00:55.82ID:ufpxy92C
>>525
普通によくある。
冷戦時代の北海(イギリス沖とか)もそんな感じ。

なおロシアの軍用機が日本の「領空」に侵入してきたことはそんなにはない。
自衛隊機がスクランブルするのはロシア機(正確に言うなら「不明機」相手であって、ロシア機に対してのみではない)が
「防空識別圏」に入ってきて日本の領空の外縁に近づいてきたときであって、「領空に侵入」してきたことは少ない。

ソビエト時代だと領空どころか「領土」の上を飛んだ、という事件があって、流石にこのときはスクランブルした自衛隊機が警告射撃した。

527名無し三等兵2019/01/15(火) 11:33:08.30ID:g6MOuZ7O
>>525
ロシアに限らず防空識別圏に侵入→スクランブルは世界中でフツーにやってる
日本だと中国の方が多い
ttps://www.sankei.com/politics/news/180413/plt1804130025-n1.html

528名無し三等兵2019/01/15(火) 11:39:27.83ID:pELVAiBA
他国と違って日本に領空侵犯してくる国は支那や露助や韓国など明日にも先制奇襲攻撃をしてくる可能性のあるような全く話し合いの出来ない異質な全体主義国家だし本来は見つけ次第攻撃するべき危険性を持ってるんだがな
これが普通の民主的先進国の機体なら見逃しても危険性は無いんだろうが

529名無し三等兵2019/01/15(火) 12:01:18.82ID:g6MOuZ7O
演説は他所でやれ

530名無し三等兵2019/01/15(火) 12:38:56.19ID:/K1mhJ/R
事実経緯からよく分かりました。ありがとうございます

531名無し三等兵2019/01/15(火) 12:55:05.89ID:EXxbLPIN
>>525
ちなみにスクランブルというのは
・防空識別圏へ侵入し、領空に入る可能性がある。
・飛行計画を提出している民間機など素性のわかるものではない。
おおむねこの2つを満たした「未確認航空機」に対して実施されるので、相手の敵意とかは特に関係無い。
上記満たさない限り台湾空軍機や韓国空軍機、民間機にもスクランブルかける事もあるし、米軍機だって素性不明な場合はスクランブルする。

ちなみにロシアは>>526の通り領空侵犯なんて滅多にやらないが、友好的ではない隣国がギリギリまで接近して
スクランブルの能力自体を確認(どこにどう飛行したらどのくらいの時間で何が飛んでくる?)とか、電波情報の収集とか、
軍事情報の収集を敵性にならん程度に進めるのは普通にどこでもやってる話で、むしろやらん方がおかしい。

532名無し三等兵2019/01/15(火) 13:28:13.75ID:Ofu5nGCP
ナチス突撃隊の隊員は、冬でもあまり上着や防寒服を着用しないものですか?
防寒対策はどうしていたのでしょうか。

印象的な褐色シャツとネクタイ姿ですが、
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%95%E3%82%A1%E3%82%A4%E3%83%AB:Bundesarchiv_Bild_102-02920A,_Berlin,_Verhaftung_von_Kommunisten_durch_SA.jpg
共産党員を逮捕する突撃隊員(1933年3月6日)

https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%95%E3%82%A1%E3%82%A4%E3%83%AB:SA_Jews.jpg
突撃隊員によるユダヤ人商店街のボイコット運動(1933年4月1日

ドイツでは3月4月はまだ寒いでしょうに。共産党員や左右の市民は思いっきり冬服ですね。

533名無し三等兵2019/01/15(火) 13:53:39.76ID:9rjzIwtX
>>532
シャツに見えますが、腰丈の冬ジャケットです
ジャケットに取り付けられているベルトフックも確認できます
ジャケットで寒ければグレートコートを着用します

5345322019/01/15(火) 14:47:34.61ID:Ofu5nGCP
>>533 ありがとうございます。腰丈の冬ジャケットとは!! その発想はありませんでした。

535名無し三等兵2019/01/15(火) 15:09:14.32ID:a61nieLw
スクランブルて1回700万円かかってんだろ、もったいないから相手にしなけりゃいいのに

536名無し三等兵2019/01/15(火) 16:38:14.60ID:EXxbLPIN
>>535
そう思って「平日8時から18時までしかスクランブルしません」とやったスイス空軍は、ある日ハイジャックされた
旅客機がジュネーブ上空へ飛来した時、営業時間外で何もできなかったので、委託していたフランス空軍機に
旅客機の監視を任せるハメになった。

537名無し三等兵2019/01/15(火) 17:56:59.53ID:kZtUXtyc
「戦闘機同士が機銃を撃ち合った最初の空戦は
わかっているのです」!

538名無し三等兵2019/01/15(火) 17:58:07.93ID:kZtUXtyc


1915年7月1日

、ドイツのクルト・ヴィントゲンス中尉のフォッカー M.5K/MG(フォッカー単葉機の試作型、機番号E.5/15)がリュネヴィル上空の

初めての真の戦闘機戦闘

で勝利を挙げた」

下記、ウィキペディアのモラーヌ・ソルニエ Lを参照ください。

ttps://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%A2%E3%83%A9%E3%83%BC%E3%83%8C%E3%83%BB%E3%82%BD%E3%83%AB%E3%83%8B%E3%82%A8_L

539名無し三等兵2019/01/15(火) 17:58:48.74ID:kZtUXtyc
「戦闘機(せんとうき、英:fighter aircraft, あるいは単にfighter)とは敵対する航空機との空対空戦闘を主任務とする軍用機。
現在では空対空戦闘にとどまらず、場合によっては対地攻撃や対艦攻撃、爆撃などの任務を行う場合もある。
なお、地上や洋上の目標の攻撃を主任務とするのが攻撃機である[1]。
フランス空軍のローラン・ギャロスが1915年モラーヌ・ソルニエ Lの中心線に固定銃を装備したことで思想が生まれ、ドイツによるフォッカー アインデッカーの量産によって、固定銃を装備して敵の航空機を撃墜する機体として登場した。」

「1915年6月ドイツがフォッカー アインデッカーを量産し、プロペラ内固定銃を装備して敵の航空機を撃墜する機体として登場し、この駆逐機

(戦闘機)の独立出現

を各国が見習うことになる。[38]本格的な空中戦闘はこの機体から始まり」

下記、ウィキペディアの戦闘機を参照ください。

ttps://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%88%A6%E9%97%98%E6%A9%9F

540名無し三等兵2019/01/15(火) 17:59:26.35ID:kZtUXtyc
58名無し三等兵2019/01/04(金) 10:39:15.36ID:ctZ5LvgR59
戦闘機同士が機銃を撃ち合った最初の空戦は
わかっているのですか ?

59名無し三等兵2019/01/04(金) 11:16:04.69ID:B+RhekOA79
58
1914年10月5日、フランス軍機がホチキス機関銃でドイツ機を撃墜
ttps://www.airspacemag.com/daily-planet/first-aerial-combat-victory-180952933/

60名無し三等兵2019/01/04(金) 11:16:43.75ID:B+RhekOA
これは相手側はライフルだったので「撃ち合った」にはならんか

541名無し三等兵2019/01/15(火) 18:00:00.85ID:kZtUXtyc
「戦闘機同士が機銃を撃ち合った最初の空戦は
わかっているのです」!

542名無し三等兵2019/01/15(火) 18:00:44.37ID:kZtUXtyc


1915年7月1日

、ドイツのクルト・ヴィントゲンス中尉のフォッカー M.5K/MG(フォッカー単葉機の試作型、機番号E.5/15)がリュネヴィル上空の

初めての真の戦闘機戦闘

で勝利を挙げた」

下記、ウィキペディアのモラーヌ・ソルニエ Lを参照ください。

ttps://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%A2%E3%83%A9%E3%83%BC%E3%83%8C%E3%83%BB%E3%82%BD%E3%83%AB%E3%83%8B%E3%82%A8_L

543名無し三等兵2019/01/15(火) 18:01:19.82ID:kZtUXtyc
「戦闘機(せんとうき、英:fighter aircraft, あるいは単にfighter)とは敵対する航空機との空対空戦闘を主任務とする軍用機。
現在では空対空戦闘にとどまらず、場合によっては対地攻撃や対艦攻撃、爆撃などの任務を行う場合もある。
なお、地上や洋上の目標の攻撃を主任務とするのが攻撃機である[1]。
フランス空軍のローラン・ギャロスが1915年モラーヌ・ソルニエ Lの中心線に固定銃を装備したことで思想が生まれ、ドイツによるフォッカー アインデッカーの量産によって、固定銃を装備して敵の航空機を撃墜する機体として登場した。」

「1915年6月ドイツがフォッカー アインデッカーを量産し、プロペラ内固定銃を装備して敵の航空機を撃墜する機体として登場し、この駆逐機

(戦闘機)の独立出現

を各国が見習うことになる。[38]本格的な空中戦闘はこの機体から始まり」

下記、ウィキペディアの戦闘機を参照ください。

ttps://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%88%A6%E9%97%98%E6%A9%9F

544名無し三等兵2019/01/15(火) 18:02:05.17ID:kZtUXtyc
第一次世界大戦では、戦意高揚のため、戦闘機パイロットを英雄として、祭り上げました。
リヒトホーフェン等です。
しかし、現実の航空戦の主役は、複座の多用途機だったのです。
せんしゃフォッカーの懲罰と呼ばれた、1915年7月1日〜1916年1月31日の間に、イギリス軍は19機被撃墜されました。
そのうち、フォッカーによる被撃墜は9機でした。
最初の質問を書き込んだ方も、第一次世界大戦当時の、各国政府の戦意高揚のため、戦闘機パイロットを英雄として、祭り上げたのを
真に受けて、航空戦の主役を戦闘機と、間違えてしまったのです。

『歴史群像』2015年2月号「リヒトホーフェン」古峰文三を要約。

545名無し三等兵2019/01/15(火) 18:03:46.23ID:kZtUXtyc
ガスタービンエンジンとディーゼルエンジンの二者択一を、何の知識も無い国防長官にさせた。

546名無し三等兵2019/01/15(火) 18:04:35.72ID:kZtUXtyc
399名無し三等兵2019/01/12(土) 20:01:29.71ID:IIqtGkw+400
なぜアメリカの戦車は戦車で主流のディーゼルエンジンを採用しなかったんでしょうか

400名無し三等兵2019/01/12(土) 20:28:25.15ID:5q4ibDcp
399
第二次大戦当時から戦後の話だよね?
世界的にも戦車がディーゼル主体だったのは日本とイタリアくらい、あとソ連は軽戦車や軽自走砲はガソリンエンジン、イギリスはガソリンエンジン主体だったが一部ディーゼルだった
アメリカもM3軽戦車やM3中戦車、M4中戦車、M10駆逐戦車等の一部でディーゼルエンジンを搭載
しかし豊富にガソリンを使える国だったし、重量あたりの馬力の大きいガソリンエンジンが好まれた
もっともアメリカもベトナム戦争のあたりから、ディーゼルエンジン搭載の戦車に切り替え始めている

401名無し三等兵2019/01/12(土) 20:29:45.68ID:IIqtGkw+402403
あっとM1エイブラムスの事です
ごめんなさい

402名無し三等兵2019/01/12(土) 21:12:16.61ID:hDC+8OBy
397
おっしゃるとおり、基本は電気発火しないだけで弾は空薬莢扱いでムダに送られます
なので整備の連中が回収すると何回射撃したかわかるという話があったはず

アヴェンジャーで逆回転は知らなかった

401
軽量高出力。ただし燃費最悪なのを忘れてた(兵站に奢っていいことにしてしまった

403名無し三等兵2019/01/12(土) 21:40:48.30ID:5q4ibDcp411
401
ガスタービンエンジンは軽量で高出力、かつ低温でも始動させやすいメリットがある
燃料に関しては、現代の戦車用ディーゼルエンジンもガスタービンエンジンも多燃料対応なので、給油の便は関係ない
ソ連時代のロシアもT-80で採用したが燃費が悪く、ウクライナでディーゼルエンジン型のT-80Uを並行生産する羽目に

547名無し三等兵2019/01/15(火) 18:05:08.94ID:kZtUXtyc
ガスタービンエンジンとディーゼルエンジンの二者択一を、何の知識も無い国防長官にさせた。

548名無し三等兵2019/01/15(火) 18:05:46.87ID:kZtUXtyc
ラムズフェルドが国防長官に就任して、何も知らないのに、M1エイブラムスのエンジンの、二者択一をさせられました。
自伝に書いています。
イラク戦争の前にも、国防長官をしました。
そのときの事です。


真珠湾からバグダッドへ ラムズフェルド回想録 ドナルド・ラムズフェルド著 ...
ttps://toyokeizai.net/articles/-/9150?page=2
キャッシュ
2012/05/14 - 真珠湾からバグダッドへ ラムズフェルド回想録 ドナルド・ラムズフェルド著/江口泰子、月沢李歌子、島田楓子訳 ... ただ本回顧録の面目は、シカゴの労働者階級の住む街に生まれ、軍の奨学金を得てプリンストン大学に通い、卒業後、議員の ...」

549名無し三等兵2019/01/15(火) 19:13:44.14ID:6lD/RccJ
>>536
金払って国防を任せていても永世中立は守られていると諸外国は見なすのでしょうか?

550名無し三等兵2019/01/15(火) 19:28:47.01ID:z3s8NbJ3
もしも、あの時代に独ソ戦に徴兵されたらどうやったら生き残れるのかな

551名無し三等兵2019/01/15(火) 20:17:14.15ID:ufpxy92C
>>550
運だろう。

あとはまぁ独ソ共に「党」にコネがあるかどうかだな。

552名無し三等兵2019/01/15(火) 20:38:40.51ID:EXxbLPIN
>>549
そこが難しいとこで、スイスは空軍の営業時間外業務をフランスやイタリアの空軍へ委託する一方、
スイス上空で武力行使を認めているわけじゃないので、「国防を任せてる」わけじゃないんですね。

なので>>536のケースでも例えばハイジャックされた旅客機がジュネーブの市街地へ自爆テロを行おうとしても
フランス空軍機にはこれを撃墜する権限は無いという問題が発覚し、2020年代にはスイス空軍の24時間
スクランブル体制(もちろん武装した2機の戦闘機が常時待機)が復活する見通し。

553名無し三等兵2019/01/15(火) 20:46:53.09ID:EXxbLPIN
>>549
ついでにヨーロッパの小国では中立国でも国防を他国に依存している例が多く、リヒテンシュタインなんかはスイスが国防を担っています。
日本で言えば埼玉県が独立したけど国防は日本国自衛隊お願いします!みたいなもんで、奇妙かもしれないけど土地柄かと。

5544272019/01/15(火) 20:47:44.10ID:cfeg1At5
>>428
>>430
>>431
>>434
>>435
>>461
大変遅くなりましたが回答ありがとうございました
1939年9月の開戦時にはまだ若干馬が残っていたけど1940年までに機械化されたんですね
>>461
馬の産地の都合というのは完全に盲点でした
アイルランドという事実上の植民地から大量の馬を安く入手出来ていたのが
その産地に独立されて安く買えなくなったことで…というわけですか
フランスの馬からの脱却が若干遅れたのはフランスは自動車工業だけでなく馬の供給能力も高かったという事情もありそうです

ふと疑問に思ったのですが兵站の大部分を馬匹に頼っていたドイツ陸軍の場合
その大量の馬はどこから手に入れて来たんでしょう
ドイツが馬の名産地だとは聞いた事ないですが大半はフランスや東欧からの輸入ですかね?

555名無し三等兵2019/01/15(火) 20:50:25.12ID:y1KoIhtN
Gew43やstg44など、WW2のドイツの自動・半自動小銃には左側にコッキングハンドルがありますが、
現代ではコッキングハンドルは大抵右側です。
また、試行錯誤時期とはいえ、当時のボルトアクションライフルから移行する兵には右側に操作系ハンドルがある方が違和感がないと思います。

なぜ、左にコッキングハンドルを付けようと発想したのでしょうか?

556名無し三等兵2019/01/15(火) 20:51:13.84ID:FPtNmIZA
>>549
Wikipedia読めばわかるけど、永世中立国の定義的には大事なのは他国の戦争に加担しないことであって、自国の防衛を自前でやることではない。
むしろ保証国は中立国を守らないといけない義務がある。
もちろん、国防の委託が他国に利するものであれば問題になる。

もっとも、スイスは自国を生き残らせるために永世中立という方法を取っているだけなので、ナチやソ連に媚びたり、
natoとベタベタしたりと必要とあらば中立なんてかなぐり捨てる準備は出来てる。
そんなことは他国も承知の上で永世中立国として扱っているわけで、要は文句を言うメリットのある国が無ければ何したって大丈夫よ。

557名無し三等兵2019/01/15(火) 21:07:17.50ID:EXxbLPIN
>>556
もちろん
「他国の戦争に加担しないためウチの領土で好き勝手はさせん」
って理由で自国の防衛を自前でやる武装中立もあって、スイスの場合はその典型的な例ね。
周りが全部戦争やってる国になっちゃって、自前でやらんと誰も中立と認めてくれないって事情だが。
おかげでスイスは、現場レベルだと世界中を相手に第2次世界大戦を戦った事になる。

558名無し三等兵2019/01/15(火) 21:11:30.94ID:ufpxy92C
>>555
銃は基本的に右に構える(右手の指で引き金を引く)から、コッキングノブが右にあると操作がし辛いし、構えながらノブが引けない、と考えられたから。
あと、その都合上(右手で構える)銃を地面とかに置くときには右側面を下に置くことが基本になる。
このときにノブが右側に出っ張ってると置きづらいし破損しやすくなる。

559名無し三等兵2019/01/15(火) 21:21:11.72ID:SjSE/uGM
手前の翼は何の航空機か判りますか?
https://i.imgur.com/T3jbLWy.jpg

560名無し三等兵2019/01/15(火) 21:44:11.31ID:gyGXJn+v
>>554
開戦までは国内生産
ドイツに限らずヨーロッパの多くの国は農業が機械化されておらず農耕馬を使った耕作を行っていたので、国内で馬の繁殖は行われていたしその大多数は騎乗用ではなくて農耕や輸送に使われる輓馬
戦争が始まって大量に馬が必要とされかつその消耗も多くなると、国内だけでは間に合わなくなるので占領地から徴発したりそこで繁殖させたりした

https://en.wikipedia.org/wiki/Horses_in_World_War_II#Germany
The German Army entered World War II with 514,000 horses,[13] and over the course of the war employed, in total, 2.75 million horses and mules;[16] the average number of horses in the Army reached 1.1 million.
ドイツ陸軍は開戦時には514,000頭の馬を保有し、累計で2,750,000頭(平均では1,100,000頭)を使用した

561名無し三等兵2019/01/15(火) 23:05:38.77ID:ZoiX+x6F
>>559
IL-62M
これは>559の2年後の同じ演習の様子
ttp://i.imgur.com/it6i0Q5.jpg

562名無し三等兵2019/01/15(火) 23:08:52.04ID:z3s8NbJ3
>>551
生き残るのは無理そうですね・・・

563名無し三等兵2019/01/15(火) 23:17:40.57ID:vQ/8CI+W
7.62ミリ機関銃の発射速度ですが、

GM3     1,150発/分(±150発/分の誤差有)
FN MAG  650-1,0000発/分
MK48 Mod0 710(±50)発
62式     最大発射速度約650発/分
M60     550発/分以下

MG3の発射速度がずば抜けて速い事に気付きました。逆にM60はやけに遅いです。 FN MAG、MK48 Mod0、62式は中くらい(と言うのかなあ?)
同じ歩兵用機関銃でありながら、どの様な考えの違いによりこれほど発射速度の速い遅い中くらいの差が生じたのですか?
M60が62式より遅いのは意外でした。62式が遅いのでしたら分かりますが。

564名無し三等兵2019/01/15(火) 23:30:13.91ID:ufpxy92C
>>563
MG3はナチスドイツが使ってたMG42を7.62mmNATO弾仕様にしたもので、オリジナルに比べると多少発射速度落としてあるけど
それでも元々が発射速度とても早いのでこれも早い。

なんでそんなに早いのかと言えば、ドイツ軍は実戦の使用結果から「機関銃で目標を的確に捉えるには短時間により多くの弾をばバラまかなくてはならない」と考えたから。
MG3自体は「そこまで早い発射速度はいらんよな・・・」と考えていたけど、その辺を変更するには根本的に設計を変更しなきゃならないので、早いとこ量産して部隊配備する必要性考えてその辺は割り切った。

アメリカは実はWW2にMG42をフルコピーしようとしたがいろいろあって失敗、その時に「歩兵用機関銃の発射速度をやたら早くしても意味がない。弾の補給が大変になるだけ」という結論になっていたので、
戦後開発の歩兵用機関銃にも高い発射速度を求めなかった。
むしろ「発射速度がトロい」ほうが射撃がコントロールしやすく有用性が高い、と結論したので、M60もそうなっている。

565名無し三等兵2019/01/16(水) 00:00:05.26ID:pbyJKX7g
>>563
https://en.wikipedia.org/wiki/FN_MAG#Features
When used in the anti aircraft role, the machine gun can increase the rate of fire from 600 up to 1,000 rpm by the regulating gas valve

FN MAGの発射速度は対空用途に使う時にガス圧を調整して1000発/分まで上げられるので、普通に軽機関銃として使う場合は他の銃と大差ない

566名無し三等兵2019/01/16(水) 03:36:35.52ID:aNl8xyRh
更に発射速度が遅く、しかし集弾性の良い日本の九二式重機を「連射狙撃銃」だとすれば、MG42やMG3は「長距離ショットガン」、運用思想が違う

567名無し三等兵2019/01/16(水) 05:00:25.46ID:fGnutuFq
タクトレ系の動画を見ていると銃を右構え、左構えと切り替えているのですが、あの場合サイトを見る目も変えているのですか?つまり両方の目が利き目って感じですか?訓練でどうにかなるものなんですか?

568名無し三等兵2019/01/16(水) 05:56:56.48ID:uLQ9p6IY
>>567
肩だけスイッチして目は利き目を使う狙い方もあるけど、基本的には両目を切り替えて使う。
利き目じゃない方だと狙いにくいが、訓練でその差を小さくする。
ちゃんと練習すればどちらの目でも遜色なく狙えるようになる。
素早く切り替えられるようにしておくと利き目に血やゴミが入った時などにも有効。

569名無し三等兵2019/01/16(水) 06:16:49.59ID:fGnutuFq
>>568
凄いですね…やってみるとどれだけ地道に長く練習して習得したのかがわかりました。
自分もやってみます。

570名無し三等兵2019/01/16(水) 08:33:52.76ID:3VXf3dUO
>>486
ミステル ヤオイ!

571名無し三等兵2019/01/16(水) 12:20:13.44ID:vNAVf1DP
ミル24が好きで、動画とか見てますが
滑走離陸する時に、フロントタイヤの前のターレットリングが
滑走路に擦りそうになってますが
強風が吹いて、擦ったりする事故とかあるのでしょうか?

572名無し三等兵2019/01/16(水) 12:34:03.98ID:r5cYdc9A
旭日旗に関する質問です
旭日旗には陸軍式の太陽が中央にある物と海軍式の太陽が左に寄った物の2種類がありますが
@戦前の陸海軍以外での使用(政府・民間での掲揚等)の際はどちらが主流だったのでしょうか?
A戦後の右派等の使用の際は海軍式が主流ですがこれは何故なのでしょうか?中央にある方はダサいから不人気?

新着レスの表示
レスを投稿する