【海軍】局地戦闘機雷電その4 [無断転載禁止]©2ch.net

1名無し三等兵2016/11/06(日) 15:37:48.50ID:JyIY/7/F
第二次大戦中局地戦闘機雷電の機体・戦技・戦術・戦歴を語るスレです。出典明記が必須です。

前スレ
【海軍】局地戦闘機雷電その3
http://echo.2ch.net/test/read.cgi/army/1421351747/

701名無し三等兵2018/04/21(土) 13:38:18.35ID:vAVLyPd3
字面だけいきなり見ると直接気筒噴射かと思っちゃうのはわからんではない

702名無し三等兵2018/04/21(土) 13:39:56.41ID:3TgX1HHy
持論wや妄想wはいいから
資料を噛み砕くましょうねw

703名無し三等兵2018/04/21(土) 14:38:18.42ID:IoDpEAu/
一式戦三型さえあれば、勝てはしなくても負けはしない

704名無し三等兵2018/04/21(土) 14:44:25.05ID:RaKtdfY+
だいむらーはV12気筒という制約があったため
排気量を大きくとれば
星型14や18に比べてボアが大きくなるためノッキングしやすい
なやみがあった
気筒内噴射はノッキング防止の為だそうで

705名無し三等兵2018/04/21(土) 14:48:23.29ID:RaKtdfY+
ボア150から160ミリに限界があるとされる

液冷V12が好まれたために排気量に限界があり
RRグリフォンはボア152ミリだが燃費が悪く
グリフォンスピットファイアの航続力は低下してしまった

ドイツが燃料噴射を採用しDB603はボア162ミリになった。
DB605はボア154で、ボアを限界まで広げた
燃費がひどく悪いのが欠点だった

英国はこの手法を取らず24気筒に期待をかけた
ネピアセイバーはボア137ミリの小さい12気筒エンジンを
ギアで連結することで
回転を4000回転まで高めて5,500 PSを記録した。

R4360にくらべセイバーの約半分の小排気量と高性能は突出した

706名無し三等兵2018/04/21(土) 15:31:06.98ID:6pjInbIN
ハ50の22気筒が素直な策だな

707名無し三等兵2018/04/21(土) 16:01:58.59ID:vAVLyPd3
冷却で死ぬのが目に見えとるがな(´・ω・`)

708名無し三等兵2018/04/21(土) 17:56:08.20ID:cW/Zfdag
職人技のセラミックエンジンで何とか

709名無し三等兵2018/04/21(土) 18:02:35.17ID:S3tB/foU
そこは日本古来の技で、
スピナーに風鈴を装備すると、
あら不思議と冷却がうまくいく・・

710名無し三等兵2018/04/21(土) 22:50:58.79ID:OABCNMrO
>>707
4列36気筒とかいうゲテモノよりは遥かにマシ
直径を小さくまとめようとかしなければな!

711名無し三等兵2018/04/21(土) 22:53:04.54ID:Q0HDJGxA
3列や4列よりかはまだマシなんじゃね?
ハ51くらい小さいのは流石に難しいとは思うが

712名無し三等兵2018/04/21(土) 23:00:50.15ID:MKQW/2R6
>>704
ほんとバカだな
ノッキングの説明が出鱈目だよ
嘘書くなよ

713名無し三等兵2018/04/21(土) 23:02:38.42ID:RaKtdfY+
日本のチンカス工業レベルでも容易な水冷直列4気筒
これを米型に連結すれば
それだけで32気筒

で大排気量120リッターにすれば7000馬力は夢ではない
かるく欧米を引き離せる

なぜこの発想に至らない?

714名無し三等兵2018/04/21(土) 23:05:36.26ID:3TgX1HHy
戦後まで品質管理は遅れていた日本
人員不足に物資不足と熟練不足
まあよくやった方w
素地は有ったし

715名無し三等兵2018/04/21(土) 23:19:44.40ID:RaKtdfY+
よしよし
米型は日本ではミリがある

では百歩ゆずって直4エンジンを連結して直列8気筒
これをX型、もしくはH型に4連して32気筒で
ネピアセイバー37リッターとおなじボアスト比を採用すれば
50リッターであり
んで
水冷であるから条件はおなじ

4000回転で8000馬力は引き出せるだろう

716名無し三等兵2018/04/21(土) 23:22:53.88ID:LehzjnYN
そだねー

717名無し三等兵2018/04/21(土) 23:32:33.91ID:vSjs1j+C
よろしい
あとは零戦並みの旋回性能を求めようか

718名無し三等兵2018/04/21(土) 23:35:25.93ID:JYp4A8g1
翼幅15mだなw

719名無し三等兵2018/04/22(日) 00:04:34.89ID:cvahnezK
24気筒の十四試ヌ号すら作れなかったんだから
日本にH型24気筒以上は無理でしょ

複列22気筒が実現可能なmax

720名無し三等兵2018/04/22(日) 11:51:10.25ID:gGZ0UYUJ
では複列22気筒を串型配置にすればよろしい
え? そこに3000キロ飛べる燃料も積んで零戦に劣らない格闘性能で着艦速度が・・・・?

721名無し三等兵2018/04/22(日) 16:45:09.93ID:6gPOFqC7
>>714
大陸打通作戦は日本人の誇りだからな。

722名無し三等兵2018/04/22(日) 22:19:32.60ID:hDo9kcsc
>>714
雷電は強かったがアメリカの戦闘機はもっと強かった
でもナチは弱かった

1944年5月8日に英空母エンペラーから発進したF6Fがノルウエー沖を飛行中にドイツ空軍のBf109とFw190と交戦してF6F損失0で3機撃墜

またF4F(マートレット)もノルウエー南部を飛行中にBf109の4機に奇襲されて1機撃墜されたが、逆襲してBf109が4機全滅

ヘルキャット>>雷電>零戦>>ワイルドキャット>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>ナチ戦闘機

723名無し三等兵2018/04/22(日) 23:07:58.62ID:GHhIDIYo
>>722
こういうの見るとドイツのエースって本当に何百機も落としてるのかと疑ってしまう
一応照合した正確な数字らしいが

724名無し三等兵2018/04/23(月) 00:02:30.61ID:+F+hVUwm
>>723
平均寿命7日間、セミなみの命しかないナチパイロットがどうかしたか?

アルフレート・グリスラフスキ
―ロシアの前線で戦った搭乗員と、ドイツ本土防空戦の参加者との感覚の違いをお聞きしてもいいでしょうか?
 ロシアでは戦争そのものも、飛行機も、戦いも全く異なっていましたね。ロシアで行われていたのは純粋
な空中戦でした。仕事…うーん…ゲームというのとも違うな、スポーツ、そう、スポーツに似たような感じです。
もしもこのような表現が許されるのであれば。生存を賭けたギリギリの戦いではありませんでした…一方、
ここドイツでは、高高度から街々に爆弾が降り注がれ、辺り一面で爆発が起きるのを見ながらの戦いですから、
より個人的な、より感情的なものとなりましたよ。連合軍の爆撃機は800機ずつ、そして戦闘機も同じくらい
の数がやって来る。これは全く違う戦場です。ここドイツでは、搭乗員の命は平均して7日だけ、
1週間だけしかもちませんでした。ロシアではこれほどの緊張はありません。勿論、損失は出ていたのですが、
しかしたったの7日間ということはなかった。
http://www.geocities.co.jp/SilkRoad/5870/grislavski1.html

725名無し三等兵2018/04/23(月) 00:06:16.75ID:2MtVh86s
>>722みたいな稀少例だけ見て判断すること自体が間違いだから
航空戦の規模がアジアの5倍以上

726名無し三等兵2018/04/23(月) 00:16:46.72ID:+F+hVUwm
>>725
ところでアメリカが太平洋戦線で27,000機もの航空機を失ったって知ってたか?
ナチ相手では未生還機に修理不能機(lost or damaged beyond repair)を加えても18,000機。

Aggregate United States plane losses during the course of the
Pacific war, not including training losses in the United States,
were approximately 27,000 planes. Of these losses 8,700 were
on combat missions; the remainder were training, ferrying and
other noncombat losses. Of the combat losses over 60 percent
were to antiaircraft fire.
http://www.anesi.com/ussbs01.htm


In the attack by Allied air power, almost 2,700,000 tons of bombs
were dropped, more than 1,440,000 bomber sorties and 2,680,000
fighter sorties were flown. The number of combat planes reached a
peak of some 28,000 and at the maximum 1,300,000 men were in
combat commands. The number of men lost in air action was 79,265
Americans and 79,281 British. [Note: All RAF statistics are
preliminary or tentative.] More than 18,000 American and 22,000
British planes were lost or damaged beyond repair.
http://www.anesi.com/ussbs02.htm

727名無し三等兵2018/04/24(火) 20:59:44.51ID:ikkxGi8x
>>714
当時途上国だった日本が慣れない飛行機という工業製品の大量生産をやって学んだノウハウが
戦後の工業国化の教訓になってるよね。

728名無し三等兵2018/04/24(火) 23:41:44.20ID:R75kyRQx
>>727
ちょっと無茶だろうがやってのけた日本!
その素地は幕末前からあった
蒸気機関車や蒸気船も習得
更に昔の種子島は即コピー
戦後も東洋初wが続いたw

懐かしい響きw東洋初w東洋最大とかもw

729名無し三等兵2018/04/25(水) 00:42:02.72ID:4b1C1IP4
戦時中の中島飛行機を指して
当時東洋最大の航空機メーカーって言うのを聞いたら
なんかメチャクチャ違和感あるけど
良く考えたら実に当たり前の事実なんだよなぁ

730名無し三等兵2018/04/25(水) 00:54:24.22ID:nHDRrCw+
だから今でもリスペクトや一目置く国も
と同時にずっと脅威に感じている周辺国もw

731名無し三等兵2018/04/25(水) 00:58:24.79ID:nHDRrCw+
だから米など徹底的に日本を調べ尽くし
弱味を利用しているが
その抑圧を何度も跳ね返す我が日本!天晴w

732名無し三等兵2018/04/25(水) 02:13:01.87ID:4b1C1IP4
>>731
本当にアメリカは日本を調べてたのか?

日本統治に気を良くして、その夢再びと挑んだ
ベトナムでも中東でも散々じゃないですか。
日本がかなり特殊な国であると言うことを
把握してたとは到底思えないんですが

733名無し三等兵2018/04/25(水) 03:40:22.11ID:noLGjWIF
そもそもアメリカは、戦後もっとも肩入れしてる、
イスラエルのユダヤ人をさえ、どこまで理解できてるのかは不明だなw

734名無し三等兵2018/04/25(水) 06:56:56.25ID:y80uI2sR
相手の事を調べるなんて当たり前の話で調べた情報が正確かどうかが問題だろう・・・
米軍は暗号解読は進んでたけど情報収集はそんなに優れてたわけじゃないな

日本は一部の軍機はとことん秘密を守ったが肝心な処がザルだったんで楽に戦えただけ

735名無し三等兵2018/04/25(水) 08:51:22.65ID:nHDRrCw+
だから日本人の弱味を見付けたんだよw
底を突くから崩れる
他国はそれにも屈指ない歴史と精神を持っているが
経済は散々だろw日本はそこが違うんです!!w

736名無し三等兵2018/04/25(水) 11:15:04.35ID:eftQ8RF6
屈服させる方法wそんなの分かってたら硫黄島や沖縄であんなに被害なんか出してないし
ソ連に参戦頼んだり原爆落とさなくても降伏させられてるわw

737名無し三等兵2018/04/25(水) 12:08:11.62ID:ynX6KCNa
期限を気にしなければシーレーン崩壊した日本は自給できないから勝手に飢餓地獄になって降伏したけどね

738名無し三等兵2018/04/25(水) 12:22:57.72ID:eftQ8RF6
飢餓wとか機雷封鎖や鉄道破壊の影響が大きい都市部でしか起きてねぇよww
当時の日本の食糧自給率は80パーセント以上w
それこそベトナム戦争の時みたいに枯葉剤でも撒かないと無理w

739名無し三等兵2018/04/25(水) 12:25:27.22ID:nHDRrCw+
備蓄は尽きてるよw
飢饉や旱魃も多かったしw

740名無し三等兵2018/04/25(水) 12:32:40.97ID:eftQ8RF6
ガ島みたいに耕作不能でなきゃ自給不能にならねぇよw
ラバウルのあるニューブリテンでも火山大地の耕作に不向きの土地ですでに自給体制ができてたw
当時の日本はまだまだ農業国w

741名無し三等兵2018/04/25(水) 12:34:40.62ID:DZli4T3N
まあ、子供二人で生きてても、
とりあえずドロップは食えてたからな・・

742名無し三等兵2018/04/25(水) 12:34:44.93ID:e0kxY02b
とりあえずどこにでも草生やしにくる基地外が1匹いることだけはよくわかった

つか装輪スレに沸いてた単芝かこいつは?

743名無し三等兵2018/04/25(水) 12:38:00.65ID:nHDRrCw+
コロコロ荒らしだねw

744名無し三等兵2018/04/25(水) 12:45:33.15ID:y80uI2sR
当時の仏印は連合軍が工作員送り込んで仏印政庁のサボタージュもあって飢餓作戦に成功してたな
日本本土で通用するとは思えんけど

745名無し三等兵2018/04/25(水) 14:38:53.73ID:ynX6KCNa
>>738
ええこんなに無知なのが軍板にいるんだ・・・

・化学工業は軍需生産優先で化学肥料が不足
・シーレーン崩壊で日本国内の海運が崩壊(終戦時、日本各地の港湾には目的地へ運べず、滞留していた物資が大量にあった)
・石油、石炭の不足により、鉄道が動かず、電力もないので各種工場の停止

当の日本政府が終戦前にこのままでは45年冬には数百万の日本人が餓え死にすると報告している

746名無し三等兵2018/04/25(水) 14:46:31.04ID:ynX6KCNa
因みに当時の日本は米を半島から輸入していたというのも有名な話。

747名無し三等兵2018/04/25(水) 14:47:38.79ID:nHDRrCw+
化学肥料は戦後だよw

748名無し三等兵2018/04/25(水) 16:33:19.25ID:ynX6KCNa

749名無し三等兵2018/04/25(水) 16:36:53.65ID:PABOa49O
>>747
日本窒素の工場が
北朝鮮にイッパイあったのも知らないバカ

窒素から肥料・火薬・レーヨンが作れる

750名無し三等兵2018/04/25(水) 16:37:11.15ID:ynX6KCNa
>>748は本論(戦後)ではなく、戦前に言及している序論のところを読んでね

751名無し三等兵2018/04/25(水) 17:55:13.50ID:nHDRrCw+
誰が買うんだろw戦前w

ドイツから技術を導入した窒素w
創業者は切れ者で優良企業を数多く輩出
今でも超優良企業のチッソw

新着レスの表示
レスを投稿する