日本駆逐艦・小艦艇・補助艦艇スレ33隻目

1名無し三等兵2018/04/09(月) 21:38:35.25ID:TDXzvuKS
旧帝国海軍にて艦隊に随伴し縦横無尽に活躍した駆逐艦と、
水雷艇、砲艦、海防艦、駆潜艇、掃海艇、哨戒艇、漁船、捕鯨船など船団護衛等に、
文字通り粉骨砕身して散っていった小艦艇達について語るスレ
内火艇や大発・給油艦や工作艦等の大事な裏方達もどうぞ

前スレ
日本駆逐艦・小艦艇・補助艦艇スレ32隻目
http://mevius.2ch.net/test/read.cgi/army/1519283274/

414名無し三等兵2018/06/14(木) 07:42:10.96ID:z3U7/7Vh
>>412
別に特設機銃とかは勝手に撃たせていたわけじゃないよ。

415名無し三等兵2018/06/14(木) 07:44:23.11ID:dSLRPy7R
まーた荒れる話題への必死の誘導かよ

416名無し三等兵2018/06/14(木) 09:39:24.62ID:IxFaRBvq
>>414
「勝手に」の解釈の問題よ単に。
少なくとも統一管制射撃ってわけにはいかんでしょ。号令かけられるくらいで。
指揮棒見える範囲の指揮官が倒れれば撃ち方はじめ、やめくらいしか号令も出せなくなるし。

417名無し三等兵2018/06/14(木) 10:40:54.64ID:z3U7/7Vh
>>415みたいに荒らそうとする奴の問題でしょ

418名無し三等兵2018/06/14(木) 11:18:11.03ID:DvdgRUrT
95式とかの機銃射撃指揮装置のメカニズムなんか素人が理解出来るとも思えないからなあ
あくまでもこれらが開発されていた時の航空機の性能に多少のマージン取った形で設計したらその後航空機が異常発達したのについていけなくなった
その事実だけ理解していれば良いと思う
制式採用から僅か10年程の間に500馬力級の複葉機から1000馬力級の単葉機になり、更に2000馬力級に進歩するなんて想像出来ないだろう

419名無し三等兵2018/06/14(木) 11:56:08.95ID:Pr26ZwAz
一人だけって俺のことか!?
てへへへへ

420名無し三等兵2018/06/14(木) 12:11:58.12ID:X6RXuINj
そうだよ、お前の事だよ






あの界隈とか騒ぎ始める前にネタ替えようぜ

421名無し三等兵2018/06/14(木) 12:35:25.97ID:z3U7/7Vh
荒らしがID変えて小細工ですか。
荒らしたい連中というのはトンデモ論展開してキツイお灸を据えられた問題児なんだろうきっと。

422名無し三等兵2018/06/14(木) 12:43:58.97ID:z3U7/7Vh
>>418
海軍砲術史には新型があるみたいだけどどれだけ生産されて普及していたのか気になるところ

423名無し三等兵2018/06/14(木) 21:24:28.32ID:CPTT2EN4
機銃統制装置があっても
1、故障する
2、弾を装填する兵隊が戦死する
3、そもそも弾がない
で機能しなくなる

424名無し三等兵2018/06/14(木) 21:35:15.62ID:I8K8DACn
25ミリ機銃以外の小艦艇ネタという事で


ちょっと個人的に戦記を読み比べていて面白かった(?)話として、ある主計長経験者の回想として、
主計兵が小艦艇で殉職(戦史ではない)するパターンとして、野菜を取りに行く途中の転落死、溺死が目立つという話

冷蔵庫が艦内にしっかり備え付けられている大型艦と違い、特に大正年間に作られた小型艦だと生鮮用の冷蔵庫は氷蔵式、野菜は百葉箱みたいな風通しの良い箱を甲板上野日陰になる所に置くのが限界であったとの事
このため、多少揺れようが風浪に晒されようが、朝食前の薄暗がり、夕食後の夜間に通わねばならないため、特に最下級の兵隊が慣れないうちに流されたりすることが多かった
中には対潜戦闘が始まって急転舵の連続の中、必死で冷蔵庫を抑えていたけれども敢え無く転落溺死という話も残っており、毎日毎食握り飯というわけにもいかず、握り飯にしろ漬物くらいは付けたいがために、
昼夜問わず頑張り、そして人知れず「殉職」していった人もあったという話

425名無し三等兵2018/06/15(金) 01:10:02.40ID:Tp0ltrnX
丁型駆逐艦の戦後写真で艦橋後方(ちょうど烹炊所の近く)の上構露天部に積まれた樽が写ってるのがあったけど
中身は漬物か味噌醤油か
弾片や機銃弾を喰らって中身ぶち撒いたり駄々漏れになったりして任を全うする前に散った樽も少なくなかろう

野菜庫は5500トン型巡洋艦でも上構にして乗せてる、まあこれも大正年間製ですが
多摩の図面で二番三番煙突の後方に野菜格納筐が見られる
丸スペ駆逐艦の艦内側面図見てると醤油漬物庫なんかを含む糧食系倉庫は一番砲塔付近の中〜船倉甲板に置かれてる様子
野菜庫の表示があったのは橘(艦橋構造直後の上甲板)と有明(艦橋直下の上甲板、冷却機室の隣)

海自潜水艦の科員食堂長椅子は野菜格納庫兼用なのはそこそこ知れた話だけど、冷蔵にしなくて良い野菜もありますわな

426名無し三等兵2018/06/15(金) 01:37:10.66ID:BYMUKtTs
冷蔵無用・水洗い無用の玉ねぎ最強伝説ですね

427名無し三等兵2018/06/15(金) 06:48:22.97ID:t4cGIzQJ
ジャガイモと玉ねぎ、人参があれば、あとは肉をなんとかするだけでカレーと肉じゃがは出来たも同然

428名無し三等兵2018/06/15(金) 11:15:45.56ID:4ODruQXo
根菜類は偉かった

429名無し三等兵2018/06/15(金) 12:10:06.82ID:NhflZFeN
>>427
当時の学校給食の献立なんかみても、そんな感じで常温保存できる食材縛りって感じだよね

あと、ラバウルなんかに軽巡とか特設巡洋艦ぐらいが入ってきたら、製氷機持っている分だけ野菜持っているんで、駆逐艦からワラワラとタマネギおねだりされるって話は多いね

430名無し三等兵2018/06/15(金) 12:27:33.11ID:FBjUzrQp
野菜分が不足すると生の玉ねぎスライスがごちそうになるらしいし、駆逐艦はたいへんだ

431名無し三等兵2018/06/15(金) 12:50:07.37ID:G3Ez5L29
前半分吹っ飛ばされたから食うものなくなっった駆逐艦とかいたな

432名無し三等兵2018/06/15(金) 12:53:59.73ID:r/WxWbaH
それでも潜水艦からみたら天国なんだけどね

433名無し三等兵2018/06/15(金) 15:32:47.23ID:BYMUKtTs
もやし作ればいいのに

434名無し三等兵2018/06/15(金) 20:43:42.45ID:+sInT3n8
でも、もやしって冷暗所と清水が必要なわけで、その両方とも小型艦だと確保できない

駆潜特務艇とか特設駆潜艇なんか、離島周りの補給船か寝ている特設砲艦の護衛で動く時なんか、3日おきに樽に漬物とか野菜を詰めたものを海中に投げ入れてもらって、それを拾ってなんとか長距離航行したとかあるね

435名無し三等兵2018/06/15(金) 21:09:49.26ID:coxFDSdD
>>434
甲板上での野菜の栽培自体は北朝鮮のコルベット艦とか大拡張時代以前で旧式艦ばかりの中国海軍では見られたけど、
日本海軍艦艇では聞かないね。まあ野菜が育つ前に沈むなり機銃掃射で吹っ飛ばされたり外洋で波にさらわれたりと、戦時中じゃ実用的とはとてもだけど。

436名無し三等兵2018/06/15(金) 21:10:44.86ID:FBjUzrQp
河なら可能かもしれんが

437名無し三等兵2018/06/15(金) 22:37:27.83ID:KY98+3N1
艦内に河かあ

438名無し三等兵2018/06/16(土) 09:50:15.65ID:qn6H+HjX
温泉もやしとかみると、蒸気でできそうな気もする

439名無し三等兵2018/06/16(土) 13:27:58.42ID:ls0Kwdj7
もやし「350°35気圧って熱すぎですやん(震え」

440名無し三等兵2018/06/16(土) 13:51:13.51ID:bXcplqz0
温度差と水圧で発電出来そうだな
廃熱は勿体無いが水冷という観点も有るが

441名無し三等兵2018/06/16(土) 19:36:42.91ID:cr1RxYZL
流石に給糧艦の間宮とかはもやし作ってたりした話はあるけども特殊な例だわな

442名無し三等兵2018/06/16(土) 20:58:34.67ID:en/O+EiB
大和か武蔵ならそれくらいの余裕はひねり出せるかも

443名無し三等兵2018/06/17(日) 01:29:18.80ID:7EVgxGi0
すいません日本海軍の駆逐艦について質問っす!
 
今、日本の駆逐艦のプラモデルを作っています。
缶室に空気を入れる吸気口が煙突の前後にあるわけですが、これの口が後ろを向いていますよ。キセル型と言うのだそうです。
新型の駆逐艦は吸気口が下を向いています。どちらも海水が入らない工夫のようです。
 
飛行機のプラモデルを作ると、空気取り入れ口は前を向いている。

駆逐艦の場合は吸気口の奥にファンか何かが付いていて強制的に空気を送り込めるようになっているんでしょうか。
エアポケット的に空気が入らなくなったら缶室あぶなくないですか?それで突然機関室が止まるみたいな事故はなかったんだろうか?

444名無し三等兵2018/06/17(日) 08:07:02.47ID:MkXoX+lW
>>443
時代によって違うのだけれども、
・速力の遅い、人力投炭の頃の自然吸気の時代なら進行方向向きへの開口
・燃料の石炭化、缶の密閉による強制通風(=ベンチレーターなどでの機力取り込み)の時代になると、陰になる方向に取り込み口が向く
って感じで大別される。

なので、「吸気口の奥にファンがついている」の感覚でおk

吸気が止まる事で缶が止まる、缶室の温度が上がりすぎて放棄するという事は当然あり得るのだけれども、
前方に向けておいたところで自艦の速力があっても、自然吸気では新型の缶に必要なだけの供給ができないのと、角度や速力によっては吸気口周りで擾乱がおきて吸い込みができない状況が発生し得るので機力化したあとは前か後ろかってのは大きな要素じゃなくなる

445名無し三等兵2018/06/17(日) 15:10:37.76ID:GyXDUf0P
>>444
燃料の石炭化じゃなくて石油化じゃね?という細かいツッコミは別として、缶の高圧化と吸気の強化はセットだもんね

>>442
徴用の運送船とかだったと思うけど、元々の乗組員の老機関長の趣味の盆栽が、どんどんカイワレ大根とかネギとかに変わっていったみたいな話も、、、
それでもスコールが来ないと枯れ、スコールが来ると雨脚が強すぎて土が流されるから、土嚢に穴開けて直接植えるようなやり方でなんとかやってたみたい

4464432018/06/17(日) 17:28:57.82ID:gjr6AkPQ
>>444-445
大変勉強になりました。ありがとう!

447名無し三等兵2018/06/18(月) 20:09:09.60ID:wmy5vDWG
缶の中にだけ吸気するつもりだったのに石炭炊きに改造された船は、機関員のいるスペースに対する通風が無いから30分も居てられなかったような話はあるね

448名無し三等兵2018/06/19(火) 18:22:34.38ID:abzMQtwd
排熱の利用といえば、海水からの蒸留で雑用水つくったり、風呂沸かしたりって利用法があるな
阪神大震災の時も、ガスタービン艦よりも蒸気タービン艦の方が熱いお湯使い放題の風呂の提供で大活躍だったとか

449名無し三等兵2018/06/19(火) 20:37:30.58ID:uDqPWSxG
蒸気は熱で効率悪そうw

450名無し三等兵2018/06/19(火) 21:04:12.09ID:2WKIsKUG
>>449
タービンは普段から火を入れてないと、「いざっ」って時に直ぐには
行動出来ないからな。

アッと言う間にうみ自にガスタービンが普及したのはその辺も理由なんだそうだ。
(ガスタービンは起動すれば数十分単位で行動できるし、機関の変速段階も実質は
無変速な辺りも評価が高い、とつああお

ただ、風呂に関してだけは海水炊きとは言え、湯船にたっぷり浸かれたタービン艦の方が
好評だったそうな。

451名無し三等兵2018/06/19(火) 21:56:47.04ID:+fMZZhp+

452名無し三等兵2018/06/19(火) 23:41:45.88ID:Ac41zgsr
>>450
整備状態が良好な実動艦ですら気醸に3時間
駆逐艦の公試とかで朝6時に出航だと5時には蒸気作り終えるために、さらに3時間前に機関員の早出組を配置して、建造担当の技師あたりはさらに2時間前の午前0時には艦にいたって話はあるよね

453名無し三等兵2018/06/20(水) 10:34:09.13ID:Bo5QTd08
ラバウルだとかでも、夜中の緊急出航や空襲対応で24時間種火を残すから機関長らがマトモに寝れないってのはそういう事なんか

454名無し三等兵2018/06/20(水) 20:55:37.13ID:cTwGAfHl
>>452-453
で、外地で本格的な機関造修施設が無いところだとその繰り返しが結局のところ罐を傷めて
艦の寿命に障るって事に行きつくんだな。

時代が下がるがキエフ級のミンスクが早いうちに活動が極めて不活発になったのが機関の
摩耗の所為で、あのクラスのアンカー一つ作れなかった歪な工業力とウラジオストックの
貧弱な錨泊施設の帰結も一因だったんだから、案外根が深い問題でもある。

455名無し三等兵2018/06/20(水) 21:40:51.88ID:1UvCYRjp
シロタツ乙

456名無し三等兵2018/06/20(水) 22:21:06.82ID:bBGyvma0
実際に峯風クラスのほとんども開戦時には缶1つ止めるか下すかして30ノットになっているのはそうした経年劣化の結果よね
哨戒艇への転籍ってのは延命整備&劣化機関部の撤去を兼ねた意味合いでみるとまた違った視点がでてくる

457名無し三等兵2018/06/20(水) 22:22:36.80ID:+o8VGDax
機関には興味ない層が機関話の連鎖に臍を曲げ始めたのかな?

458名無し三等兵2018/06/20(水) 22:56:56.28ID:vv/M0RP0
>>454
五年も持てば戦争は終わるしぃ…

4594432018/06/21(木) 02:55:33.43ID:suBnRGYp
前回吸気口について質問させていただいた者です。吸気口、機関室についての議論大変参考になりました。ありがとうございました。
いつも初心者質問ですいません、また質問させてください。
 
吹雪型駆逐艦のT型(吹雪)、U型(敷波)、V型(雷)をプラモデルで揃えたいと思っているのですが、T、U、V型の違いとして、
 
1)T、U、Vの順に艦橋が照準装置等の増設で大型化
2)T、U、V型すべて初期は主砲の砲塔が前に1個、後ろに2個だったが、各型とも後に二番砲塔を廃止するなどして対空機銃台を増設。
3)Tは吸気口が後ろ向き(流線形)、U、Vは吸気口が下向き(おわん型)
 
実際には各型各艦ともそれぞれ適宜変っていったそうですが、おおまかに言ってこんな理解で正しいでしょうか。
 

460名無し三等兵2018/06/21(木) 06:31:15.16ID:WimNNfAD
大きな違いとして綾波以降新型砲。
暁からは機関軽量化で煙突が見た目から違うのとトップヘビーが更に悪化。
とか

461名無し三等兵2018/06/21(木) 07:35:41.61ID:60S8tq3c
で、プラモで揃えたいならヤマシタモデルのにしよう
何となくタミヤは有名だからとかそんな理由で買うと100%後悔するよ
(タミヤは約40年前のキット、ヤマシタは2010年代に開発、発売された最新キットでディテールや考証が雲泥の差)

462名無し三等兵2018/06/22(金) 01:37:17.24ID:IDz+4wd4
二番砲の撤去どうこうが出てくると年代の考察も必要になるかしら
初期は発射管に楯が付いてないしIII型の艦橋も性能改善工事で形が変わってるし

463名無し三等兵2018/06/22(金) 01:58:15.18ID:jBj58yoN
>>460-462
主砲砲塔、煙突、艦橋、それに魚雷発射管も変わっていましたか。ありがとう!
魚雷発射管に楯のあるなしがあるというのも初めて知りました。
 
厳密な時代考証にこだわるのは到底無理な気がしてきたw 戦記を読んでも長く戦った駆逐艦は本土に帰るたびに壊れたところを直しているからその際にいろんな改良も各艦、各型それぞれ、その時点でできる改良をやっていたんでしょうね。

ところで今T型作っているのですが、>>461さんまさにヤマシタホビーの吹雪です!これすごい、アマゾンで評価高かったんだけど、実際子供の頃のプラモデルとは次元が違います!
最近深夜に駆逐艦作って、呉などで戦時中に駆逐艦の修理してた人たちの気分になって、作業後は眺めて飲んでます。
一晩の作業は砲塔一個作成ぐらいのペースだけど。

現実にはつけとどけの缶詰とかをもらわないとまじめに働かない人も多かったそうですが、まじめにやってた人もたくさんいたはずだ。なんてったって駆逐艦は突撃して魚雷を撃つ海の戦闘機!

464名無し三等兵2018/06/22(金) 01:58:28.80ID:e5ICSOUg
後第四艦隊事件での損傷修理してる艦(初雪・夕霧)と他の艦は一番砲の
配置場所が少し違う(艦首切断後再生している2艦は他の艦より少し前に一番砲を
再生している)、とか方位測定室が無い艦がある、とか、細かい事を言って行くとキリが無くなる。

新着レスの表示
レスを投稿する