海・航空・陸上戦考察スレ 軍事戦略・作戦・戦術 30

1名無し三等兵2018/06/17(日) 14:58:42.39
陸上戦闘は如何に戦われるのか? 海戦は? 航空戦は?
史上のあの戦いにおいて、勝利する方策は?
近現代の陸上戦闘・海戦・航空戦について真剣に考察しましょう。

初心者から本職まで、幅広く参加者募集。
煽動者は黙殺、勘違いには罵倒ではなく善導で。
現職・元職は保全に注意しつつ、広い心でご参加を。

※軍事戦略(Military Strategy)、戦域(Theater)、作戦(Operation)、戦術(Tactics)、技術(Technical)
  について主に扱うスレッドです。
  世界観・展望(Vision)、政策(Policy)、国家戦略・大戦略(Grand Strategy)の言及は控えて下さい。
   ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
前スレ
海・航空・陸上戦考察スレ 軍事戦略・作戦・戦術 29
https://mevius.5ch.net/test/read.cgi/army/1521379754/

493名無し三等兵2018/12/03(月) 13:17:59.93ID:B5j8b50h
石垣島の人口は4.75万
兵員含めて何日間食わせるつもりなのか
自治体に丸投げで、さてどうなるんだか

494名無し三等兵2018/12/03(月) 13:45:11.69ID:MiBD33wJ
>>489
上陸戦以前の前提段階で、攻撃側は海・航空で防衛側の強い優勢を発揮させない為の何らかのマニューバーが必要で
それに防衛側が対処可能であるうちは攻撃側は上陸戦段階まで進めないから、そこから考えないといけないようですね
そもそも逆の攻撃側が海・航空で強い優勢を取れた状態での防衛側の対処も別でやらないといけない

>>493
攻撃側に偽の準備行動で防衛能力を削ぐ選択肢があるということかな?

495名無し三等兵2018/12/03(月) 14:17:34.77ID:QE2CXn7y
>>493
沖縄戦の悪夢…

自衛隊法に国民の生命財産の保護を記載すべきだな。

しかし、石垣市長が住民保護のため市街戦中止要請した場合どうするか。
自衛隊は領土と主権の防衛に専念させるのが簡単ではあるが。

496名無し三等兵2018/12/03(月) 14:22:06.90ID:qEHgk8Gn
>>493
戦史の前例を見ると、守備側も攻撃側も民間人分の食料を用意していなかった場合、民間人は戦場に彷徨して餓死する。
兵糧攻めのために民間人を相手側に追い出す例もたくさんある。
(漫画キングダムの連載はまさにこのような状態)

民間人のことを考えると、石垣市街地を無防備都市宣言させ、戦闘エリアを北部に設定する方がいい、貴重文化財も守られる。
それならせめて家にある食料蓄積で数日持ち堪える、人道組織からの差し入れも可能だ。

497Lans ◆cFcS.yrpJw 2018/12/03(月) 19:30:16.81ID:9lVHj9PE
これさあ・・・

敵想定の条件;初動で奇襲攻撃可能な兵力
が大本にあって、それに対抗するにはどの程度の戦力が必要か?の簡単な試算でしかないよね・・・
図演結果でもありゃしない

(みんな、敵空挺が我砲兵を放置するなんてありえると思うか??)

498名無し三等兵2018/12/03(月) 19:42:09.01ID:P0Y2Wmwi
>>497
仮にも編制スレなのにORが良く判ってないってのがなあ。

ミンカンジンガーとかカイジョウユウセイガーとか吹き上がってるのが
続出してるのがより頭痛の種だわ。

そりゃ図演レベルの話でORにならんだろ。
単純に変数としての兵力数により抗堪性の確認をする目的だろうに、
変数を沢山打っ込むってアホかと。

499Lans ◆cFcS.yrpJw 2018/12/03(月) 19:47:19.79ID:9lVHj9PE
まず、なんらかの奇襲が可能な範囲を
海兵1B、空挺1Bと見込んだ上で
(陽動結果含む)

我の増援兵力(当時輸送可能と見積もった戦力:RCT+空挺大隊)で追い出せるには
島嶼には敵侵攻前にどの程度の戦力が必要か?(事前派遣が必要か?)

をおおざっぱに試算したもんじゃないかなぁ・・・

砲兵放置をみても、あまり真剣に立てた計画に基づく資料には見えないです。
そもそも、事前に戦車配属の2個連隊を敵侵攻前に島嶼に置くってのが、もともと無理ゲ

500Lans ◆cFcS.yrpJw 2018/12/03(月) 19:52:09.10ID:9lVHj9PE
あと、食料とか持久どうこう言ってる人いるけど
後続の敵主力上陸前に相手を片づける必要が彼我ともあるので想定期間も短かそうだよね。

501Lans ◆cFcS.yrpJw 2018/12/03(月) 19:58:13.44ID:9lVHj9PE
ゲリラ戦では敵主力の上陸を阻止できないので、その時点で陸自側は負けだし
そうならない為に、どの程度の戦力が必要かを見積もってるだけだよね、これ

で2個連隊必要そうだけど、2個連隊置ける島嶼って・・・このあたりだろ
そんな感じの適当でいい具合に!説明資料にまとめよろ!な資料に見える。

>498
ここ編制スレ違う、陸戦スレwww

502名無し三等兵2018/12/03(月) 22:45:27.81ID:vMvkfFtZ
>>497
>>498
状況判断の材料として簡単な見積もりを出すのが『図上演習』=『Operations Research(作戦分析)』(1980年代の陸自では『MM』や『CPX』等の呼称)なので、お二方が『図上演習』だと言っているものは『図上戦術』の方かと……。

503名無し三等兵2018/12/03(月) 23:06:02.10ID:07UsY/+3
>適当でいい具合に!説明資料にまとめよろ!な資料
まあ、そういうことだな

504Lans ◆cFcS.yrpJw 2018/12/04(火) 10:13:33.68ID:87J8Yile
>502
私の図演は、そっちではなく兵棋演習(へい き えんしゅう)、海外でWargame、Wargamingと言われる方を指しています。
こっちも兵棋演習という言葉がなくなった関係上、図上演習と呼ばれちゃってたと思うです。

へいぎ じゃないよ、 へいき だよ
へいぎ は戦後間違って使われるようになってしまった言葉
(ここはウォーゲーマーとして、やはりこだわっておきたい所)

505名無し三等兵2018/12/04(火) 11:54:01.91ID:pUNWaLBf
>>501
あのORはどうやって作成されたのは知らないが
逆算的に「敵の戦力をAAAAに仮定し、自軍の奪還部隊がBBBBある場合、駐屯部隊はCCCC人が必要だ」の計算に見える
つまり敵の上陸戦力が4500名の場合、水陸機動団の戦力が1800人であっても、石垣に2000人を駐屯する必要がある。

自分からの疑問は:
1.現実的に石垣に二個連隊を駐屯できるのか?
2.敵の上陸戦力が4500名より多いの場合、対処できるのか?
3.戦力の数は本当に十分であるの根拠と自信あるのか?

今においても中国の上陸部隊は最大一個師団を超える。
つまり、あのORの試算を信用しても奪還部隊の戦力が十分とは言いがたい。
しかし奪還部隊の不足分を駐屯部隊で補うの策も難点がある、特に駐屯維持コストが高いのことがネック。

石垣島が最前線になる可能性は極めて高い(紛争エリアに最も近い)、そこでの地上戦を視野に入れることは正しい。
だが軽く試算してもそこを守るに戦力が足りない。

506名無し三等兵2018/12/04(火) 12:58:21.12ID:luKBybDC
いつどうやって攻めてくるかは中国側のイニシアチブ。
1944年の日本帝国と同じで兵力ばらまいても守りきれない。

また、そもそも石垣島を守りきり、奪還する必要はない。
中国軍の占領は、紛争が終わるまでの保障占領だろう。

自衛隊が奪還姿勢を見せて中国海軍を決戦に引きずり込んで撃破し、日本海海戦のように講和交渉のきっかけにはできるかもしれない。

石垣島の自衛隊は紛争終了までほそぼそ戦い続け、世界に対して石垣島の領有権を諦めない意思を表示してりゃいいんでは。

もちろん、中国にあっさり占領されるとまずい。重大な武力紛争、中国の侵略だとCNNやFOXが報道する程度に花火を揚げて血を流さないと。

507Lans ◆cFcS.yrpJw 2018/12/04(火) 13:42:20.10ID:87J8Yile
>505
>1.現実的に石垣に二個連隊を駐屯できるのか?

駐屯ではなくいわゆる事前配備だと思う。


>2.敵の上陸戦力が4500名より多いの場合、対処できるのか?
>3.戦力の数は本当に十分であるの根拠と自信あるのか?
>今においても中国の上陸部隊は最大一個師団を超える。

師団規模では船団が大きくなり奇襲不可、それは後続本隊。
海兵3個大隊(=1個海兵連隊)程度ならば普段の上陸演習などでも実働する規模。
つまり一般輸送船を含む大規模船団など組まず、通常の海軍所有の高速揚陸船艇のみで行動可能

つまり、この前衛である奇襲部隊を、敵師団本隊の到着前に撃破できれば
揚陸に港湾の必要な敵後続主力は上陸できないという事。

508名無し三等兵2018/12/04(火) 14:08:47.24ID:5aIwcWT9
石垣島だけでなく複数箇所に奇襲的に軍を送り込まれて対処能力を飽和されるのは有り得るの?

509名無し三等兵2018/12/04(火) 14:50:16.42ID:DkC/zACF
>>508
軽く想定すると、
沖縄本島に対してのミサイル攻撃はほぼ確実、空爆もあり得る。警備と安定化のためにそれなりの兵力を維持する必要がある。
与那国島に対してレーダー破壊とかく乱が目的の奇襲攻撃も可能性が高い。(戦史上、マキン奇襲とロフォーテン諸島奇襲など前例が多い)

510名無し三等兵2018/12/04(火) 14:58:24.31ID:DkC/zACF
>>507
その想定に関して、
上陸用艦艇に関して中国の方が多い、大型輸送機もそうだ。つまり港湾を必要ない上陸可能戦力は基本的に中国が優勢で、敵も同じタイミングでさらなる増援を送る可能性が高い。
そうなると、ガ島のような消耗戦になる、守備隊の戦力不足と敵の上陸戦力を過小評価したことが敗因だ、あれは。

何か言いたいと、つまり現状と近く将来を見てもあのORの想定はかなり甘い。

511Lans ◆cFcS.yrpJw 2018/12/04(火) 15:15:51.05ID:87J8Yile
>510
ちょっとまて

>上陸用艦艇に関して中国の方が多い、大型輸送機もそうだ。

だからと言ってそれだけの前準備は秘匿困難で、出航や集結で事前にばれる。
そうなるとこちらも早く判る分、対応時間もできて海自艦艇も集めやすくなれば、陸上部隊の事前展開もしやすくなる
つまり奇襲の優位性を捨てる訳ですが。

ノルマンディや沖縄でもやるつもりか?


あくまでも怖いのは奇襲上陸で橋頭保を確保されること
その上で高速逐次輸送で戦力を増強されると手に負えなくなる。

こういう話は着上陸スレでさんざん話して来たわけだが

512Lans ◆cFcS.yrpJw 2018/12/04(火) 15:22:21.57ID:87J8Yile
>510
あのORの問題はそんな所ではなく
どうやって2個連隊もの早期に事前展開させるか?
その輸送能力をどうするのか?

その問題提議の為の資料じゃないかな
(問題提議なんだから、問題あって当然www)

513名無し三等兵2018/12/04(火) 15:27:19.61ID:9/uLR0dN
>>511
ソ連系国家の前例を見ると、侵攻前まず演習名目で大部隊を集結することがセオリーだ。
守る側は何らかの理由で対応遅れて、同じ演習名目で部隊を集結しないと押し切られる。
奴らの奇襲は政治からはじめるそして規模は桁違いだ。
最初から一個師団の戦力を投入する可能性は十分にあると思う。

514名無し三等兵2018/12/04(火) 15:37:44.67ID:PBYhVDyg
このスレの主題なので、
スネーク、まず縦深攻撃の基本を思い出せ
「圧倒的に優位な戦力を用意し、同時攻撃を仕掛ける、敵の対応能力を上回る」
仮にそれを上陸攻撃に運用するのは少しも不思議ではない。

それを実際にやる時は基本的に出来る自信を持っている場合に限る。
そして攻撃の意図を攻勢発起の瞬間まで隠す、縦深攻撃の基本だ。

515Lans ◆cFcS.yrpJw 2018/12/04(火) 15:51:13.44ID:87J8Yile
>513
それは現在の方法ではない
繰り返す、それは現在の方法ではない。オーバー

516名無し三等兵2018/12/04(火) 16:00:30.38ID:mMe+hGUB
で、赤旗リークの二年後にこれ
https://pbs.twimg.com/media/DtaSiNwVYAA7u2B.jpg

517名無し三等兵2018/12/04(火) 16:59:08.50ID:5aIwcWT9
>516の見て別の資料もググったが
ORは事前に侵攻準備に気が付いてるから2000の数字であって
敵が奇襲に成功すれば1000を超える兵力は沖縄本島以外には居ないということやね
やっぱ増援は絵に描いた餅で違いなさそう

518名無し三等兵2018/12/04(火) 17:48:44.57ID:xU716cww
装備だけ集積しといて、あとは人を運ぶだけという状況にしとかないと厳しそう。

で、普段から展開訓練をしておけば
展開の政治的困難さも低減できそう。

519名無し三等兵2018/12/04(火) 17:54:03.65ID:NXhekKxN
オスプレイがあったら格段に増援は楽になるからな
パヨクがオスプレイを反対し続ける理由が分かる

520名無し三等兵2018/12/04(火) 18:02:45.08ID:xU716cww
事前展開のためにはどこで気づかないといけないんだろう。
・行動の意思が固まった時点
・物資集積を始めた時点
・船舶への積込が始まった時点
・出港した時点
・軍事行動を開始した時点

それからこの想定でこちらがやらねばならないのは
1.事前展開を完遂する
2.航空攻撃で輸送船7隻以上を沈める
3.奪還のための海上・航空優勢の時間を創出する
4.増援を送り込む
足りないものは・・・

521Lans ◆cFcS.yrpJw 2018/12/04(火) 18:04:41.08ID:87J8Yile
さてこの問題提議
【増強2個連隊=1個旅団(軽)】をどうやって事前展開するかね?
 ⇒駐屯は無理
 ⇒敵本体到着前の即応派遣で1個旅団丸ごとは厳しい
 ⇒じゃあ、少しでも即応派遣を強化しつつ、増援(1個連隊+1個空挺大隊)を強化で

解決策は?

1)即応強化
 即応機動連隊から先遣を空輸(C-2/オスプレイ)

2)増援強化
 水陸機動団の2個連隊+空挺大隊

・・・・・・
・・・

そこ、
「なんだ、ただの現体制案じゃないかw」
とか言っちゃいかんぞwww

522名無し三等兵2018/12/04(火) 18:55:47.94ID:mMe+hGUB
だから「政治」だと

523名無し三等兵2018/12/04(火) 21:00:54.76ID:6zOBbZOD
>>515
改良されているが、2014年のウクライナ侵攻前にも演習名目で大部隊を集結した。
もちろん西側はその奇襲を予想できなかった。

中国はロシアほどではないが共産党軍事理論の後継者だ。

524名無し三等兵2018/12/04(火) 21:08:18.04ID:6zOBbZOD
>>521
現状を見てもその戦力構想さえ厳しいのことを言いたい。
長期的に海空戦で勝てば問題ないが、最初からクライマックの離島地上戦に入ると勝ち目が少ない。

5255232018/12/04(火) 21:17:05.20ID:RKMSC1/i
最初からクライマックスするなら流れは多分:
1.中国は演習名目で大部隊を集結。
(この段階で離島への事前展開できないと厳しい)
2.沖縄の航空部隊を麻痺するためのミサイル飽和攻撃
3.4と同時に八重山への全力ダッシュ上陸。
4.石垣地上戦。

526名無し三等兵2018/12/04(火) 21:18:18.44ID:RKMSC1/i
すまん、誤字
3. 2と同時 ○

527名無し三等兵2018/12/06(木) 09:38:25.42ID:54S3Gvdb
陸自も演習名目で兵力増強はやるけどね

528名無し三等兵2018/12/06(木) 09:43:01.36ID:54S3Gvdb
なにはなくとも「上陸する間の航空/海上優勢は確保されていることを前提とする」 が絶対

529名無し三等兵2018/12/06(木) 10:40:14.83ID:tbT9b1Sd
>>527
現実に演習名目で石垣に二個連隊も事前展開することは可能か否かに疑問を感じる(政治的な理由を含めて)
そして二個連隊も必ず十分な戦力とは言えない

そのような事前展開できる部隊はたぶん中央即応連隊と水陸機動団の一部しかない、
ある意味陸自の精鋭を捨て駒に使うようなことだ
(出し惜しみもよくないが)

530名無し三等兵2018/12/06(木) 11:16:24.58ID:54S3Gvdb

531名無し三等兵2018/12/06(木) 11:21:41.55ID:54S3Gvdb

532Lans ◆cFcS.yrpJw 2018/12/06(木) 11:50:57.08ID:Jf36ZOv0
>523
見込として下記をWargameで鍛えた個人的な感覚wwwをもとに見積もってみるw

主要艦艇(公開情報)
ドック型:4 (500名+20輌)
LST:32 (250名+10輌)
LSM::10 (180名 or 6輌)

うち
先遣(第一波高速船団)を下記と見積もる
ドック型:4
LST;15
LSM:3(側面や後方への襲撃部隊用)
※他は後続主力の輸送や陽動部隊に廻す

これだと概算で
兵員:5750名
AFV:230輌
(他に襲撃部隊540名)

ただ航行速度は最大で行きたいし、揚陸効率も考え満載しない場合、さらに後方要員も考えて、
空挺大隊込みで、ざっくり戦闘要員5000名前後ではなかろうか?

例の見積よりは多くなりそうですが、師団はやはり無理ぽ
陽動や主力に一切廻さず、全艦艇を投入してやっと
人員:11800名 車輛:400

ようやく師団レベル。
この場合、陽動もなし、後続本隊にも一切艦艇を廻せませんが。
(なお台湾進攻の場合は、もっと小型の船艇も投入し距離も近く反復も可能になるので師団規模の投入は余裕と思います)

533名無し三等兵2018/12/06(木) 12:26:57.48ID:7MPk9OEe
兵員数よりAFV:230両が怖い...

534Lans ◆cFcS.yrpJw 2018/12/06(木) 12:51:45.38ID:Jf36ZOv0
>533
とはいっても、全部戦車という訳ではなく
APC
砲兵車輛
偵察車輛
弾薬輸送車
工兵車輛
(戦闘工兵装備だけではなく、海岸整備の重機類も必要)

も含むので。そんな贅沢な数じゃないと思うがの

535名無し三等兵2018/12/06(木) 14:01:58.93ID:vODpMZrh
>>532
https://www.sankei.com/world/news/180817/wor1808170032-n1.html
中国海兵隊、2年後に3倍 台湾・尖閣占拠、視野か 米国防総省の年次報告
2018.8.17 21:51
【ワシントン=黒瀬悦成】米国防総省は16日、中国の軍事・安全保障の動向に関する年次報告書を公表した。報告によると、中国海軍は、敵前上陸などを担う陸戦隊(海兵隊)について、
現状の約1万人規模(2個旅団)を2020年までに3万人規模超(7個旅団)まで拡大させる計画であることが判明した。
陸戦隊には新たに「遠征作戦」などの任務も付与されるとしており、台湾の軍事的統一や尖閣諸島(沖縄県石垣市)の占拠などを視野に兵力を増大させている可能性がある。
報告書は、陸戦隊の拡大を「中国海軍に関する昨年の最も重要な変化の一つ」と指摘。中国が広域経済圏構想「一帯一路」を展開し、世界各地への影響力浸透を図る中、海軍力の増強に力を入れている。
陸戦隊は中国が同構想をにらみ海外に展開する軍事拠点の「先遣部隊」の役割を担うとみられ、昨年8月に北東アフリカのジブチに設置された中国軍初の海外基地で既に活動が確認されたとしている。
中国海軍は潜水艦の保有数を現行の56隻から20年までに69〜78隻に増強させるほか、初のカタパルト装備の空母を今年中に建造を開始する見通し。
報告書はまた、中国海警局(沿岸警備隊)の船艇が昨年、尖閣諸島の周辺12カイリ内を「10日に1回」の頻度で航行したと指摘。
南シナ海のスプラトリー(中国名・南沙)諸島では3つの人工島の軍事拠点化が引き続き進行中であるとした。
報告書はさらに、中国空軍が核兵器運用任務を正式に付与されたとし、大陸間弾道ミサイル(ICBM)、潜水艦発射弾道ミサイル(SLBM)と戦略爆撃機で構成される核運搬手段の「3本柱」が中国で初めて確立されたと指摘した。
報告によれば、中国空軍は戦略爆撃機による長距離渡洋爆撃が実施可能な範囲を急速に拡大させるとともに、米国や同盟諸国への攻撃を想定した訓練を進めているとした。
17年の中国の軍事予算は1900億ドル(約21兆円)超。28年の公式軍事予算は2400億ドル以上になる見通しだとしている。

536Lans ◆cFcS.yrpJw 2018/12/06(木) 14:32:10.23ID:Jf36ZOv0
>535
海兵隊の増強は第一波には無関係
関係あるのは揚陸戦艦艇

なお上記見積りのドック型は将来数込み(現在2隻+建造中2隻)

増強された海兵は後続の低速輸送船団でしか来れません。
だから、第一波に橋頭保を作らせないように奪回するという「想定」なんでしょ

ちなみに、中国は 「以前から海兵以外」 にも数個の陸軍師団を両用戦指定して訓練していたはずです。
(以前は対台湾用として訓練。80年代〜90年代の中国軍解説本に既に記述あり)
(家に帰って資料あされば分かりますが、確か合計で両用戦力は7〜8個師団くらいになるはず)

これらも後続なら投入可能なはず。
(もしかしたら、記事の増強は、その指定師団のいくつかを完全に海兵化するのもしれません)

537名無し三等兵2018/12/06(木) 14:52:53.68ID:mJ637CR2
>>536
情報はやや古い
071型揚陸艦は8隻まで建造する予定のはず
すでに5隻が就役した

538Lans ◆cFcS.yrpJw 2018/12/06(木) 15:21:55.98ID:Jf36ZOv0
あ、ほんとだ今年の2月に5隻目が進水したみたいですね。

定常的に2隻を東シナ海に派遣して基地的な役割をさせているみたいなので
6隻は第一波に投入できそうですね

そうすると
人員:6750
車輛:270
+遊撃1個大隊(540名)

ですね。
でも師団にはまだ不足

8隻全部第一波投入で
7750+310輌+1bn

減少戦力の師団

全艦艇投入で
13800人+480輌
完全師団

539名無し三等兵2018/12/06(木) 16:42:35.62ID:2KAMFlns
直近、それくらいの兵力には対処できる計画を立てたいよね

540Lans ◆cFcS.yrpJw 2018/12/06(木) 17:00:20.11ID:Jf36ZOv0
だがしかし、やはり規模が大きくなり準備に時間がかかるようになると、
こちらの対応時間も増加します。つまり事前対応もしやすくなります。
(空輸が各機体毎に一往復増えるだけでも大きな差です)

そのバランスを勘案すると、やはり4000〜5000名前後の奇襲が
一番蓋然性があり、さらに恐ろしいように思えますががが

ちょっとした定期演習規模で集まってたら、いきなりってのが一番怖い。

541名無し三等兵2018/12/06(木) 17:23:55.55ID:2KAMFlns
おそらく最初にして最大のハードルが「上陸間の航空/海上優勢の確保」を実現できるだけの軍備w

542Lans ◆cFcS.yrpJw 2018/12/06(木) 17:26:10.72ID:Jf36ZOv0
>520
>事前展開のためにはどこで気づかないといけないんだろう。

>・行動の意思が固まった時点
 ⇒ESPやニュータイプでも居なければ多分無理

>・物資集積を始めた時点
 ⇒警戒ライン(ただ演習との区別は困難)

>・船舶への積込が始まった時点
 ⇒多分、ここがデッドライン
   これも演習との区別が困難だが情報は増えるので判断材料も増える。
   情報がんばれば兆候つかめる可能性はありそう

>・出港した時点
 ⇒多分遅い。この段階から動いても、敵空挺が先に到着するので
  空挺にとられた空港・港湾の奪回を空挺で行うという地獄絵図が見える

>・軍事行動を開始した時点
 ⇒事前展開じゃなく本格的な上陸部隊による奪回を覚悟する段階

543名無し三等兵2018/12/09(日) 22:00:50.94ID:Yx44iNcq
Maneuver warfareの来歴を調べてみたら元々は『野戦』を指す言葉だったみたいです。
クラウゼヴィッツやジョミニの時代では、《野戦(Maneuver warfare)に代表される『決戦』》か《要塞戦(Position warfare)に代表される『持久戦』》かといった対比関係にあったのものが、
時代を経るに従いどこかでボタンの掛け違いが起きて、現在は『機動による決戦』か『火力による決戦』かに変質してしまった模様。
ちなみに野戦陣地防御は元よりManeuver warfareに分類されるもので、『機動』と『火力』はManeuver warfareの両輪であって本来分離不可能なものだったりします。

新着レスの表示
レスを投稿する