☆☆☆私ならこうするby柘植久慶PART44☆☆☆

1名無し三等兵2018/06/19(火) 21:29:24.70ID:7wAOsbnr
前スレ
☆☆☆私ならこうするby柘植久慶PART41☆☆☆
http://echo.2ch.net/test/read.cgi/army/1477937906/
☆☆☆私ならこうするby柘植久慶PART42☆☆☆
http://mevius.5ch.net/test/read.cgi/army/1493132999/
☆☆☆私ならこうするby柘植久慶PART43☆☆☆
http://mevius.5ch.net/test/read.cgi/army/1508237089/

950まで行ったら「この野郎!!」とばかりに 新スレッド−新・スレ−を立ててしまおう。
スレが落ちてしまうのは脅すわけではないが明日かもしれないのだ――

52名無し三等兵2018/07/11(水) 21:23:26.85ID:9tnnjumS
>>48
私もインドシナ時代は、決して物質面において恵まれた生活ではなかった。乾季には水不足に悩み、一方雨季には洪水の恐怖に襲われていたのだ。だが雨季は休戦状態だったので、気分的には少々楽であったがー。もちろん意表を付き攻勢を仕掛けたのは言うまでもない。

私が特殊部隊を目指す若者によくアドヴァイスするのが、「蛇口から湯の出る生活に慣れた者は戦士になれない」という事だ。一方文明生活においては、やはり金銭の不足は時に辛い場面も多いと思う。だが各国の富豪が皆幸せかというと決してそうではあるまい。

一方昔を引き合いに叱咤激励する輩もいるが、現代社会で問題なのは格差であろう。原因が時の経済情勢や採用状況にあった場合、本人の力だけではどうにもならないケースが多い。つまり昨今話題の人手不足の要因が果たしてどこにあるのか、再考すべき時だと言えよう。

53名無し三等兵2018/07/11(水) 21:24:46.92ID:9tnnjumS
>>49
文章能力は実に重要だと言えよう。これは単に文章を書くという行為だけでなく、思考や整理、伝達能力においても力を発揮するのだ。もちろんラヴ・レターなど、意中の者へ気持ちを使える時にも抜群の効果を期待できる。私が特にお勧めしたい練習法の一つだと言える。

本来なら自筆のラヴ・レターが良いが、どうしても恥ずかしいならメールやラインでも構わない。だが短文では駄目だ。出来るだけ長文に徹し、少なくとも400字詰め原稿5枚は書いてほしい。受け取った相手が吃驚仰天すればしめたものだろう。もう手中に落ちたも同然だ。

だが少々捻りを加えたいなら、俳句や川柳を導入すればよい。私が過去に作った作品では「さりげなく あなたの横顔 チェックする」があった。この出来栄えは我ながら実に見事で、当時なぜ返事が来なかったのか今でも解せない。まあトライしてみる価値はあるだろうー

54名無し三等兵2018/07/13(金) 09:01:58.06ID:cJrqkcjQ
先生!
瞑想は効果があるのでしょうか?

55名無し三等兵2018/07/13(金) 19:30:15.90ID:x0ObDrvG
>>54
洞窟の中で少年達がパニックに陥らなかったのは、なんと瞑想のお蔭だという。だが私に言わせれば、やり方によっては弊害もあるだけに細心の注意が必要だろう。事実ティベットの高僧でも、瞑想後に一部体調を崩す者が出ているだけに安易に飛び付いてはなるまい。

一つに、隠れていた感情が突如沸き出てくるケースがある。私の場合、瞑想後にインドシナの記憶がよみがえり、二進も三進もゆかなくなった。就寝中にヘリの爆音で飛び起き、また寝言では「ノース!ヴェトナミーズ・ソルジャーズ、ファイア!」と叫んでいたのだ。

まあリラックスが目的なら、呼吸を意識するだけでもよい。長い息やかすかな息がお勧めだろう。一方口呼吸は弊害も多いだけに注意が必要だ。運よく「無」の境地に至った場合、神の御告げならぬ「お柘植」が降臨するのは、脅すわけではないが明日かもしれないのだー

56名無し三等兵2018/07/14(土) 12:57:24.03ID:vzuaBkSg
先生!
パッチギで瓦割るCMの女優さんが胴着姿でTV取材で野田の武神館逝ったら
日本語不自由な外人の弟子が道場破りの類と勘違いしたのか
女優にガチで技を仕掛けてました

忍術を本気にして来日してる時点でヴァカなんでしょうか?

57名無し三等兵2018/07/14(土) 18:20:08.43ID:bxnwMUMN
>>56
それは番組上の演出だろうと思われる
本当のアポ無し訪問でない限り、取材に向かう以上は当然打ち合わせぐらいする筈であるからだ
視聴者にガチだと思わせたのならば、スタッフはなかなかの辣腕と言えよう

58名無し三等兵2018/07/14(土) 18:36:59.60ID:M+1VQFh+
先生!
猛暑で暑いです
体力とエアコンが無い私はどうすれば良いでしょうか?

59名無し三等兵2018/07/14(土) 21:33:28.81ID:kh+RdeHB
>>56
お互いが本気を出せば結果は分からないが、武田梨奈さんことリナッティーは明らかに遠慮していたようだ。まあテレヴィ番組の構成上、ある程度は致し方ないと言えよう。リナッティも予め蹴りを入れる箇所に目線を送っており、また外国人も半笑いで抑え込んでいた。
だが私が非常に気になったのが、抑え込んだ外国人が右手でさりげなくリナッティの尻に触れている点だ。あれは本来触れる必要のない箇所だ。これは見逃してはなるまい。また周りにいた外国人の一人が、「彼女に痛みをみせてやれ」と助言していた点も見逃せない。

もし私ことツゲッティが相手なら、外国人に対面した時点でまず胡椒をかけてやる。次に低い姿勢でタックルし、最後は上から頭突きで止めをさしていたに違いない。髪は摑めないが逆に顎鬚を掴んで首を固めるとの寸法だ。もちろん30秒以内で全て終えていたであろう。
一方武神館だが、私も忍術には大いに関心を持っている。初見氏は「見栄えしない」技を繰り出しており、これは正しく実戦を想定しているのだ。柘植流格闘術も、噛み付いたり髪を引っ張ったりと決して見栄えはよくない。胡椒を使うのも、ある意味卑怯だと言えよう。

だが実戦では同じ技は二度と使えない。おまけに彼にはユーモアのセンスもあり、これは私の親父ギャグに匹敵するに違いない。しかも会話が実にエロいのだ。やはり戦いは孫子の兵法にもあるように騙し合いであり、彼はそれを見事体得しているのは言うまでもない。

60名無し三等兵2018/07/14(土) 21:36:39.34ID:kh+RdeHB
>>58
近年の猛暑は実に堪らない。私も思わず叫びたくなるほどだ。だが戦士たる者、この程度の暑さで根を上げてはなるまい。もちろんエアコンがないのは実に辛いであろう。対策としては、エアコンの効いているエリアへ出没してみるのも一手だ。いわゆるゲリラ戦術だ。

私なら図書館やスーパーなどを往復し、この野郎とばかりエアコンを満喫してしまう。場合によっては、集会所や公民館も選択肢の一つだろう。これらのエリアには実に多くのお年寄りが集まっているが、さりげなく周囲を一瞥して強制参加してしまうのだ。

怪訝な表情を見せようものなら「死相が出ているぞ!」と一喝して先手を打っておこう。他に食肉業者から冷凍庫を借りてもよい。これは私が国後島へ潜入する前に試しており、古傷が多少痛んだものの猛暑は防げるに違いない。グランヴィル大佐に頼むとよいだろう。

61名無し三等兵2018/07/14(土) 22:31:57.15ID:kh+RdeHB
古来より自然災害の多い日本だが、今後は複合災害への対策を急ぐべきだと言えよう。一例を挙げれば、火山噴火と地震の連動、土石流と津波、津波と火災、地震と津波、集中豪雨後の氾濫と地震発生などだ。もちろん地域によっては原発事故やダム決壊も見逃せまい。
単独で想定していると、複合災害の発生状況によっては避難所や避難ルートに大きな危険が伴うからだ。今回は集中豪雨や浸水の後に猛暑が襲ったが、もし地震や台風が襲っていれば、新たな被害を蒙った可能性が高い。特に堤防が各所で決壊していた公算が大きいのだ。

それを防ぐ為にはハード面とソフト面の双方が必要だが、個人の備えとしては、やはり早め早めの避難行動だと言えよう。「自分だけは大丈夫」とか「前回大丈夫だったから今回も大丈夫」などと何の根拠もない考え方は、徒に被害を拡大させてしまう公算が大きい。
日本の河川は殆ど急勾配である為、流れに勢いがある。これは土石流も同様で気付いた頃にはもう手遅れのケースが多い。一方細長い国である為に、一つのエリアが被災すると物流がすぐに遮断してしまう。山の麓や切り開いているケースが多くすぐ影響を受けるからだ。

また風の流れと都市部の配置が揃っている為、噴火や原発事故が発生した場合、影響を受ける地域が拡大しまう危険性もある。東京においては荒川が危険なのは周知の事実だが、他のエリアでも豪雨後に地震が発生するかもしれない。1968年十勝沖地震のようなケースだ。
避難場所の選定も重要だ。災害ごとの必要物資、複合災害時の輸送確保など課題も多い。もちろん確率的には低いのだろう。だがグリン・ベレーでは常に最悪の状況を想定してきた。近年の異常気象が複合災害を誘発する事すらあるだろう。もはや他人事ではないのだー

62名無し三等兵2018/07/15(日) 18:28:28.78ID:HwugH4H5
先生!
グリンベレーとシールズはどっちが強いのでしょうか?

63名無し三等兵2018/07/15(日) 20:28:18.10ID:YrO0a7ws
>>62
歴史的背景も異なり甲乙付けがたいが、まあどちらもレヴェルの高い特殊部隊だと言ってよい。グリンベレーには「敵の敵は味方」といった論理があり、私がメオ族の訓練に関わっていたのもその一環であった。同じアジア人なので、外見的にも都合が良かったのだ。

もちろん万能な戦士だが、時に諜報的な活動も求められる為、諸外国の言語や文化、風俗や宗教にも精通する必要がある。現地民の信頼を得る為に医療分野にも力を入れており、先日のアフガニスタンでも、治療や設備建設に大きな貢献をしたのは言うまでもない。

グリンベレーの起源が東西冷戦だったのに対し、シールズの起源は既に大戦中にあった。上陸前の偵察や爆破任務が与えられ、NCDUやUDTと名前を変えて来たのだ。どちらの部隊にもJFKが深く関わっているのが面白い。両部隊ともヴェトナム戦争で力を発揮したのである。

近年はシールズの活躍が目立っており、「レッド・ドーン作戦」やティーム5は台湾海峡や北朝鮮有事にも備えているようだ。一方グリンベレーにも隠密行動が多く、現地兵の訓練や懐柔作戦が行われている。私はキャプテンだったが、あくまで戦時下の非正規であった。

他にも赤の殿下誘拐作戦や空軍パイロットの救出作戦に生命を投じており、敵部隊が棺桶を急ぎ作っているという情報で、攻勢が近い事を事前把握した事もある。退役後はグランヴィル大佐の下で活動しており、女王救出や国後潜入に関わった。まあこんなところだー

64名無し三等兵2018/07/16(月) 00:47:39.59ID:eiG8yZS6
先生!先生が尊敬するソ連軍の名将を教えてください

65名無し三等兵2018/07/16(月) 04:18:38.51ID:1Ur69Zvy
先生、会社の先輩が鬱陶しくて仕方がありません。 どうすればいいでしょうか
具体的に先輩の鬱陶しい行動を書き出してみます。
・先輩の行きつけのスナックに強引に誘われてウィスキーのボトルを入れさせられる。 先輩自身は3000円の鏡月しか入れてないのに。
「このワイルドターキーは101プルーフ、つまり50.5%のアルコール度数で火薬に掛けると爆発するんだ」とか言ってワイルドターキーを勝手に入れたのに俺が入れたことにして支払わされた。
自分で入れるならスコッチを飲みたかったのに。
・先輩のメアドはicanliftgrandpiano〜なんですけど、おねーちゃんにメアドを聞かれたら「インディア、チャーリー、アルファ、ノヴェンバー〜」ってフォネティックコードで教えようとする。
・「ヴェトナム語で1,2,3,4はモッハイバーボンって言うんだ。なんだかバーボンを飲みたくなるだろ」と言いつつ勝手にワイルドターキーを飲み出す。
・俺が行かないでも勝手に俺のボトルを飲んで残り1センチ位しか残していない事もある。 飲みきって新しいボトル入れろよ。
しかも「この酒瓶の攻略は君に任せる」なんて付箋が貼ってある。 お前は金払ってないだろ!
・オールで飲み明かした後、俺は帰って休みたいのにサウナに強引に誘われて「訓練で流した汗の分だけ流す血が少なくなる」と20〜30分サウナに付き合わされる。 訓練って何だよ? サウナだろ。 血なんか流さないわ!
等々やられてウザいです。 何か対処法を教えて下さい。 お願いします。

66名無し三等兵2018/07/16(月) 11:28:20.28ID:nRtie+o+
>>64
ロシア軍は以前より連撃作戦に不得手であった。共同作戦は上手く行かず、一例を挙げればパーヴェル・フォン・レンエンカンプとアレクサンドル・サムソノフの不協和音である。そこを突いたホフマンは第2、1軍を続けて撃破、あの1914年タンネベルク会戦であった。

一方で旅順において抜群の能力を発揮した将軍がいる。それがロマン・コンドラチェンコであった。彼は工科学校で築城術を学んでおり、おまけに非常にバランス感覚の優れた人物であったのだ。下からの信頼も厚く、これは身分差の反感がある中で非常に稀であろう。

余談だが、その彼が評価した人物が一戸兵衛だ。ロシア軍の戦術を第9師団で研究しており、コンドラチェンコ少将は「日本軍で唯一攻略戦に合格した指揮官だ」と評価を下した。おまけに私に似て大柄な体格を有しており、この辺りも私との共通点だと言えよう。

一方日本軍を冷静に分析したのがゲオルギー・ジューコフだ。「兵士は優秀だったが、参謀がお粗末極まりない」「作戦は硬直しており発展性がなかった」と述べている。おそらく辻政信少佐あたりを指しているに違いない。歩兵や操縦士が優秀だっただけに実に残念だー

67名無し三等兵2018/07/16(月) 11:28:48.67ID:nRtie+o+
>>65
それは実に災難であったろう。だがなぜかその先輩に親近感を覚えたのも事実だ。デジャヴと言うべきかー。特にメアドやサウナ、酒瓶の件は思わず大笑いしてしまった。だが先輩の行動は実に迷惑千万だと言える。おそらく鋭い眼光で独り言ちるクセもあるに違いない。

対策としては、この野郎とばかりに先手を打てばよい。先輩には「何言ってんだ、このヤヴ!」「俺はもう50回もこの店に来ている」「Who dares wins!」と叫びながら、ウィスキーをぶっ掛けてやろう。前額部を狙うと時間差で垂れてくるので、効果抜群と言えるだろう。

私なら先輩を椅子ごと持ち上げて30秒間静止してしまう。カウンターには「お若いのにコップ一杯の水をー」と伝え、先輩に水を勧めてやる。おそらく追い出されるようにスナックを出るに違いない。そこを呼び止めて自宅の風呂掃除をさせてしまおう。それで終わりだー

68名無し三等兵2018/07/16(月) 13:15:23.56ID:DImQ1ITf
先生!ロシアワールドカップでフランスが優勝しました!
宿敵冬将軍のシーズンオフを狙った見事な奇襲戦だった思いますが先生の目からはどう映りましたか!?

69名無し三等兵2018/07/16(月) 16:43:02.14ID:nRtie+o+
>>68
大会前の升添要市氏との対談で、私は「優勝はずばりフランス!」とはっきり断言していた。それが見事的中したのだから、逆に私の方が驚かされてしまった次第だ。それはともかく、今回のフランスは実に強かった。一方のクロアティアは疲労が隠せなかったようだ。
やはり過去の延長戦の疲れが出てしまったのかー。私もインドシナで100kmを7時間で走破した時、やはり疲れを感じたものだ。一方フランスはかつての色が失せ、固い守りに攻めの速さが際立っていた。おまけに若いメンバーが多く、元気一杯のティームだったと言えよう。

だがクロアティアの粘りは大いに誉めてよい。不運なハンドもあったが、まあ運も勝利の行方を左右するだけに仕方があるまい。ただ流れが傾いていた場面の観客の乱入は、実に腹立たしい限りだ。もし私が代表選手だったなら、ヘディングで昏倒させていたに違いない。
終盤のフランスは固い守りに徹していた。ベルギー戦でも見せたが、膠着状態の使い方が実に巧いのだ。小回りの使い方、左右からの迂回、中央突破、カウンター・アタックなど、戦場での戦い方とも一致している。一方で外れたシュートの高さが気になってしまった。

これは全ティームに共通するが、シュートの弾道が高いのだ。私は少年時代にゴール・キーパーを経験したので分かるが、高いシュートはそれ程怖くない。一方で低いシュートは大いに警戒したものだ。やはり射撃と同じく今後レヴェル・アップして行く必要があるだろう。
全体を通して、私が感じたのは体格差だった。私(178cmの85kg)でさえ、外国人選手の中では決して大柄ではない。そこで勝負の鍵となるのは脚力なのだ。他には敵ティームの言語を学ぶ事も、大いに役立つに違いない。それらを抑えておけば、優勝は目前だと言えよう。

70名無し三等兵2018/07/16(月) 19:01:41.94ID:tb9rSlBW
先生!
先生のお勧めの本を教えて下さい

71名無し三等兵2018/07/16(月) 20:36:15.59ID:nRtie+o+
>>70
やはりこのご時世、サヴァイヴァル関連が多い。一例を挙げれば、「東京大地震2023」「東京大津波」「富士山大噴火」だ。全て衝撃の近未来小説であるが、同時に想定外の災害に対し警鐘を鳴らしているのだ。別の著者だが、「東京大洪水」も災害小説に含めてよい。

「東京防災」も読み返しておくべき著書と言えるだろう。イラストが分かり易く、また生活再建や手続きなど、被災後の内容も十二分に充実している。ただ今後の改訂版では、猛暑対策や複合災害についての記述がほしい。防犯対策も内容が薄く、現代に適していない。

一方少し古い本だが、「ゾンビ・サバイバルガイド」が実にナウい。文字通りゾンビの襲撃から身を守る為の本だが、なかなかどうして効果的な戦術が散りばめられているのだ。注目点は移動しながら戦う場合、決して大所帯にならない事だろう。12名くらいが丁度よい。

「未来の年表2」だが、まあ予想内の内容であった。今後はこれに自然災害や異常気象が加わってくるだけに始末が悪い。後は「リンネル」や「Sweet」などの女性雑誌もお勧めだろう。若い女性との会話が弾むこと請け合いだ。もちろん月刊ボナンザも外せないー

72名無し三等兵2018/07/17(火) 18:37:04.07ID:Vtt4KH9X
先生!
PCの使い方やネットの活用法をよく知らないので
情報弱者です
どうすれば良いでしょうか?

73名無し三等兵2018/07/17(火) 19:53:10.56ID:Ps//Yuqw
先生!
職場の女性が好きで飲みに誘いたいのですが、断られるのが恐ろしくて声をかけることができません。
今日こそは飲みに誘おうと決心しながら土壇場で踏み切れずに膠着状態が続いています。

第442連隊戦闘団の「Go for broke!」のモットーのように当たって砕けろ!で突撃すべきでしょうか?
それともキスカ島撤退作戦のように好機を待つべきでしょうか?

軍事的に考えて、こういう恐怖感を克服するために出来ることはないでしょうか?

また同様に軍事的に行動できなくて失敗した事例や、行動して成功した事例などをご存知でしたらご教示いただければありがたいです。

74名無し三等兵2018/07/17(火) 21:05:40.54ID:vTSzsaRX
先生!先生の経歴は嘘だって言い張るアンチがいて困ってます
どうしたらいいですか?

75名無し三等兵2018/07/17(火) 23:46:49.67ID:w4XsG8Eq
>>72
私は元来アナログ人間なので、パソコンやネットに関しては門外漢だ。これは戦場でも同様で、十二分にプルーフされた安全な武器しか手にしなかったのだ。だがあまりに疎いと現代社会では何かと不便なので、ある程度は使いこなす必要があるのは言うまでもない。
一例を挙げればツイッターだろう。私は当初からツイッターを愛用しており、文末によく「ナウい」と付けたものだ。ところが他のユーザーを見ると「なう」しか書いていない。最近の若者は簡略語が好きだとは聞いていたが、最早ここまでかと思わず呆れたものだ。

一方フェイスブックもお勧めだ。ある時「知り合いですか?」と通知があったので、誰か確認すると毛利某というIDであった。心当たりがないのでプロフィールを見ると、元外人部隊とある。私も自己紹介で書いていたので、どうも共通項から自動通知されたらしい。
アマゾン等のネット・ショップもお勧めだろう。私がチェックするのはレヴュー欄で、好みの作家だと必ず確認してしまう。読者の中には強者もいて、著者の文体を真似て感想文を書くのだから面白い。そういうレヴューに限って、いいね!の数も多いのが特徴だと言える。

一方スマホではラインが要注意だ。友達追加をオンのままだと電話帳同期で自動追加してしまうからだ。おまけに相手にもご丁寧に通知が行ってしまう。私の知人はこれを勘違いしてしまい、職場の女性に「ぼくに気があるのかな?」と直接聞いたのだから敵わない。
5チャンネルも活用次第では面白いだろう。最新のニュースやディープな情報が手に入るからだ。だが日本人の場合、メール欄に「sage」と書く者が実に多い。おそらくシャイで控えめな性格だからに違いない。一方私は堂々と「tuge」と書いている。もちろん今回もだー

76名無し三等兵2018/07/17(火) 23:50:08.32ID:w4XsG8Eq
>>73
私は過去幾度もパープル・ハートを受章してきた。その私に言わせれば「Go for broke」はあまりお勧め出来ない。なぜなら激戦になること確実で、また多大な犠牲を払ってしまうからだ。一方キスカ島撤退作戦も時の運に大きく左右されるだけに、これまた難しいだろう。
そこで作戦としては、米陸軍第75レンジャー連隊のごとく「Rangers Lead the Way!」の精神で立ち向かえばよい。股いや道を拓く強い意志が決め手となるだろう。断られるぐらいが何だ、私など50回以上も拒否られた経験があるのだ。厭よ厭よも好きの内だと言えよう。

膠着状態も恐れる必要はない。私なら1942年スターリングラード攻防戦のドイツ軍を参考にしてしまう。つまり相手の死角から突然現れ、いきなり告白してしまうのだ。相手に考える隙を与えないのが決め手と言えるだろう。兵は拙速を聞くのごとくスピードが勝負だ。
私の失敗例では、同僚と一人の女性を取り合った。ある日、同僚が転勤したのをチャンスと見做し、女性に猛烈にアタックした。だが即決で断られたのだ。これは1815年ワーテルロー会戦のウェリントン卿に対するネイ元帥の判断と同様、強引さが裏目に出たケースだ。

一方成功例では、職場の好きな女性が脱毛を始めた。私は彼女が海に行きたいのだと判断、先手を打ってビーチに誘ったのだ。これはヴェト・コンが棺桶を作っている情報を得た我々が、いち早く先手を打って攻勢を仕掛けたケースに近い。もちろん結果は上々であった。
他にもゲリラ戦術がお勧めだろう。つまり予め天候を読んでおき、ゲリラ豪雨を予測しておくのだ。退社時に傘のない彼女が困っているところを、さりげなく傘をさし出せばよい。一言「入るかね?」と優しく声掛けするのだ。彼女が赤面すればしめたものと言えるだろう。

だがこれで終わりではない。戦場と同じく衛生に気を配ったり、弾切れに注意すべきだろう。衛生面では特に匂いに注意し、女性は男性に清潔さを求めるだけに軽視してはなるまい。弾切れに関しては予めズィンクを飲んでおくとよい。5粒で一回、10粒で二回が目安かー

77名無し三等兵2018/07/17(火) 23:52:04.97ID:w4XsG8Eq
>>74
これは聞き捨てなるまい。なぜなら今までいろいろな機会を通して、経歴を紹介しているからだ。おそらく彼らは経歴に嫉妬しているに違いない。この平和な日本にあって、これほど冒険心に溢れた日本人は珍しいのだろう。だが現実にいるのだから認めるしかあるまい。
まあ正式なルートを通していないので、疑うのも無理はなかろう。ではここで経歴を軽くおさらいしておきたい。まず慶応大学一年の夏休みに、ヨーロッパ旅行に出掛けた。立ち寄ったバーで勧誘され傭兵となる。コンゴ動乱におけるカタンガ傭兵隊の徴募だったのだ。

大学二年の夏休みには、再度海外へ向かう。行き先は仏外人部隊だ。だがアフリカでは既に撤退準備しており、中尉待遇だったものの実戦経験はなかった。外人部隊への紹介文は、コンゴ動乱で知り合った複数の傭兵から頂戴したものだ。軍隊格闘技の教官であった。
20代終わりには遂にインドシナへ向かう。当初はラオス政府軍の教官だったが、最終的には特殊部隊グリンベレーのAティームリーダーとなる。その後の活躍は周知の通りだろう。会社勤めも経験したが、マイペースな為か衝突が多かったようだ。不徳の致す所だと言えようー

78名無し三等兵2018/07/18(水) 18:34:31.51ID:H381nxvW
先生!
エアコン無しで涼しく寝れる方法は無いでしょうか?

79名無し三等兵2018/07/18(水) 20:39:59.91ID:9n6kDzDY
>>78
インドシナに駐屯する特殊部隊が悩まされたのが熱帯夜だった。そこで私は昔ながらの暑さ対策で凌いだのである。一例を挙げれば氷枕や打ち水だ。濡れタオルで身体を冷やす場合は、首筋や脇の下、太腿の付け根辺りがよい。人間の急所であり血管が太いからだ。

涼しさのポイントは風通しだ。そこで扇風機は南側の窓へ向けておく。防犯上の心配だが、鳴子の仕掛けや空のビール瓶で工夫しておこう。枕の下に柘植マシエトを置いておくのもよい。扇風機の風を直接当てたいなら、凍ったペット・ボトルを置き、足元周辺を狙おう。

私の場合、夏は大抵水風呂に入っている。あのアントニオ猪木氏も行っており、着眼点に大いに感心したものだ。だがこれは以前より鍛えていた者向けであり、急に始めるのはお勧め出来ない。水風呂の後は風呂掃除で汗をかき、最後にシャワーで仕上げとの寸法だろうー

80名無し三等兵2018/07/19(木) 00:37:29.76ID:tUO7YpBc
私は300人の民兵を指揮しているのですが先ほど5000人の重騎士団が接近中との報告が入りました
先生ならこの危機をどう対処しますか?

81名無し三等兵2018/07/19(木) 19:00:47.99ID:/aNe6aPw
>>80
兵力に大きな差がある場合、奇襲が欠かせない。コンゴ動乱においてカタンガ傭兵隊の一員だった私は、ある時40人の兵士で500名の反乱軍を奇襲した。その時の戦術だが、盆地中央に陣取った彼らを、陽光を背に丘の上から奇襲したのである。結果は完全な勝利だった。

抑えるべきポイントは地形、時刻、天候であろう。偵察で予め敵陣地を把握しておき、地形に合った攻撃法を立てておくのだ。薄暮攻撃や払暁戦などがあるが、基本は高い位置に味方を配したい。銃撃なら俯角20度以内、弓矢なら30度、投石なら40〜90度が命中度が増す。

天候においては、やはり雨が奇襲の成功を誘いやすい。視界と音を遮断してくれるからだ。インドシナでは乾季攻勢・雨季休戦だったが、時折私は雨季に攻勢を仕掛けたものだ。成功率は乾季より高かったものの、ヘリが飛べない事もあり、それ程広まらなかったのだがー

兵法では闇夜の奇襲を勧めているが、これは同士討ちやパニック、敵方の逃走を誘う為である。一時的に優位に立つ事により、加虐的行為が少数派の欠点を補ってくれる。インドシナにおいて特殊部隊は新月の奇襲を好んだが、私のティームは必ず3方向から攻めたものだ。

だが兵力差が大きい場合は、必ず一方向は残しておく必要がある。これは死にもの狂いの反撃を防ぐ為で、もちろん条件によっては追撃して片付けてもよい。私の場合は先手を打つ意味からも伏撃を好んだ。パニックを誘う場合、音や炎が相乗効果を発揮してくれるだろう。

82名無し三等兵2018/07/19(木) 19:01:20.20ID:/aNe6aPw
常に敵の立場になる事が重要だが、敵も陣地構築には神経を使う。もし奇襲が難しいのなら移動時を狙うのもポイントだ。盆地通過以外では、ジャングルや森林、山岳地帯等が数の優位性を活かせないケースが多い。側面や後面から奇襲をかけて兵力を分散させればよい。

民兵の強みはその機動性であり、一方重騎士団の欠点は移動速度の遅さに加え、鎧が闇夜で音を発する事であろう。鎧の狙うべき箇所は関節部であり、首と脇部に隙が多い。相互支援で攻撃を仕掛け、後部からは同じく脇部と首、また膝裏やアキレス腱周辺を狙えばよい。

奇襲前には必ず水分を大目に、かつ小刻みに摂っておく。極度の緊張で喉の渇きを防ぐ為だ。白旗を用意しておき敵部隊を混乱させるのも面白いだろう。だが仮に敵陣地を奪えたとしても決してそのまま使用してはならない。長期確保は諦め、すぐに撤退すべきだろう。

さて戦場の常識だが、部隊にとっては死亡兵士より負傷兵士の方が足手まといになる。そこで銃撃戦なら肩付近を、刀剣なら足を中心に狙うのが定石である。これは呻き声が戦意を削ぎ、救助活動が敵の攻撃力を低下させるからだ。精神的なダメージが大きいのである。

さて戦史においても数の優位性がひっくり返ったケースは多い。源平合戦をはじめ、1870年の普仏戦争でもプロセイン軍に対するバゼーヌ元帥の失策があった。ヴェトナム戦争ではアシャウ渓谷をめぐる攻防戦があり、やはり心理面の隙が大きなポイントだと言えよう。

83名無し三等兵2018/07/20(金) 18:33:52.58ID:CHVNLoMa
先生!
特殊部隊員が書いた
お勧めの本を教えて下さい

84名無し三等兵2018/07/20(金) 21:52:05.08ID:2fcTMOgp
>>83
もちろん「あなたの身を護る危機管理大全」や「小部隊指揮官バイブル」が筆頭だが、他にも三島軍曹やハワード・E・ワーズディンの本が良かろう。三島軍曹はグリンベレーの当時の教育課程を描いており、実に興味深い。今はないが、当時は開錠の訓練まであったのだ。

一方ハワード・E・ワーズディン氏はSEALティーム6のスナイパーとして、銀星賞を授与している猛者だ。SEALの訓練の特徴として、射撃に使う弾薬の数が挙げられるだろう。何せ彼らは一日で数千発も打つのだ。頭ではなく筋肉に記憶させる辺り、流石だと言えよう。

彼らは洞窟でのサヴァイヴァルにも精通しており、なぜならアフガニスタンには無数の洞窟が点在していたからだ。特に厳しいのは強化訓練だ。終了設定がないのでゴールが見えず、タフな兵士でも精神的に参ってしまう。これは特殊作戦群の選考でもあったようだがー

85名無し三等兵2018/07/20(金) 23:29:23.78ID:nRB6PNMf
空手家「刃物を持った相手は恐くない。何故なら刃物しか使ってこないから」

先生の意見をお聞きしたいです

86名無し三等兵2018/07/21(土) 00:16:39.15ID:bU0JvrLG
>>85
その空手家は余程の遣い手であることが推定される
その人物は刃物を持った相手と対戦経験があるのだろう
ただその相手は刃物を使った戦闘の手練れではなくせいぜい素人に毛が生えた程度のものだった筈だ
刃物、それが刀剣であろうとナイフであろうと、戦闘術に習熟した者の攻撃は容易に捌けるものではなく、体術や隠し武器を併用する術を身に付けている場合も少なくないからだ
空手にも武器術はあるから当然空手家もそれは考慮している筈であるが
最後に一つ確かなことは、達人の言葉を素人が経験に裏打ちされぬまま解った気になって生兵法として実践に及ぶのは九死に一生の九死に向かうことになりかねないということだ

87名無し三等兵2018/07/21(土) 00:55:43.84ID:qa6iangA
彼女がズボンの裾あげにミシンや手縫いではなくてホッチキスを使っていてドン引きしてしました。
先生、ミシン会社の三代目としてどう思いますか?

88名無し三等兵2018/07/21(土) 11:52:41.15ID:TgofOi32
>>85
一理あると言えよう。なぜなら刃物を使う者の殆どは脅す目的で使用しており、決して優れたナイフ術を有しているわけではないからだ。だから攻撃パターンも短調で、大抵は上段持ちで袈裟か逆袈裟、もしくは刺してくるとの寸法だ。手首や肘の使い方も上手くない。
一方海外では条件が異なってくる。兵役のある者はナイフを身体の一部のごとく使っており、誘う遣り方を取ってくるからだ。また小刻みに使ってくる為に動きを追いにくい。持ち方も様々で横持ちや隠し持ちの連中には大いに警戒すべきだろう。手首や肘も実に柔らかい。

もちろん守る側の意識にも関係してくる。ナイフを持つ手にどうしても目が行き、空いた手や足による攻撃を受けやすいのだ。これは攻める側も同様で、足が疎かになっているケースが実に多い。軍隊におけるナイフ訓練の神髄がここにある。つまり恐怖心の克服なのだ。
恐怖心による一点集中が極端に視野を狭くしてしまう。これはナイフ攻撃を受ける側だけでなく、時に射撃する側にも同様のケースが起きうるのだ。守る側はナイフを見る事により筋肉が萎縮し、途端に動きが悪くなってしまう。高所恐怖症等にも一脈通ずるに違いない。

対策としては、相手が武器を持っている場合は、その練度を瞬時に見抜く事だろう。これは日頃の訓練により培えること請け合いだ。射撃でも同様で、高い弾道はそれ程怖くない。相手が強そうな時ほど漠然と見るクセを付ける事が、九死に一生へ繋がるのだと言えよう。
一方動物の場合、常在戦場なので攻撃力が半端ない。牙や爪に頼りきる事なく、体当たりなど身体の全てを使ってくるのだ。余談だが空手や剣道経験者より、柔道経験者の方が殉職者が多いようだ。これは組み付くクセがある為に、刃物による被害が大きくなるのだがー

89名無し三等兵2018/07/21(土) 11:53:28.31ID:TgofOi32
>>87
一見不可解な彼女の行動だが、大いにほめてよい。おそらく元軍人ではなかろうか。そうでなければガール・スカウトなど野外活動の経験があるに違いない。私こと三代目に言わせれば、ホッチキスはサヴァイヴァルにおいて実に有効なツールなのだ。これは断言してよい。

私の場合は、破れた野戦服の補修やアリスパックの補強にホッチキスを使ったものだ。元々機関銃をヒントに発明されただけに、戦場でも大いに活躍出来たのだ。呼び方だが、当時の社名に関係する為に海外では通じない事が多く、この点は注意すべきだろう。

一部プロレスラーは、怪我の応急処置にホッチキスや瞬間接着剤を使ったそうだが、これは危険なので真似しない方がよい。私も量販店に出掛けた時、裾上げにはホッチキスを使用している。店員は当初大きく目を剥き驚くが、私の経歴を知ると幾度も頷くのだから面白い。

そこでホッチキスと機関銃の共通点を話してやると、周囲に大きな人だかりが出来てしまう。誰もが興味津々とばかりに聞き入るのだ。特に若い女性に多いようだ。そこで頃合よしと「ホッチキスよりフレンチ・キスの方が好きだがね」と親父ギャグを飛ばしてしまおうー

90名無し三等兵2018/07/21(土) 12:32:35.68ID:TgofOi32
さて本日のニュースヘッドラインに貴重なコメントが出たので、
この野郎とばかりに紹介しておくのは言うまでもない。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180721-00010003-nishinpc-soci

91名無し三等兵2018/07/21(土) 12:42:33.83ID:L7zNPaQB
先生の生存が確認されて嬉しい限りです
雑誌というのは弾丸を貫通せぬ厚みで定評のある危機管理大全がベストでしょうか?
表面積に一抹の不安がありますが

92名無し三等兵2018/07/21(土) 13:33:48.35ID:TgofOi32
さて新幹線に関して緊急対策が発表されたが、車内に透明な防刃盾及び催涙スプレーを配備するらしい。手荷物検査はやはり利便性の為に見送られたようだ。透明な盾だが、狭い車内用なので、おそらくSATやSITの採用している透明の小型シールドに近いのではなかろうかー
機動隊の透明型の盾は右上と中央部に持ち手があり、暴動鎮圧などに使われる。正面や斜め、横の構えなど数十種類もの使い方を駆使するのだ。だが欠点としては、狭いエリアでは使用が難しく、また連携動作で効果を発揮するだけに単独では隙も多くなってしまうのだ。

一方小型の透明型バリスティック・シールドは、片手での操作が可能だ。もう片方には催涙スプレーや棒きれを持ち対抗する事が出来る。注意点としては、軽い分だけ犯人にも対策が立てやすく、やはり両側からの連携プレイや催涙スプレーなどの飛び道具が必要だろう。
使い方としては、距離を置きながらスプレーを顔に向けて噴射する。盾は攻撃を防ぐ時と制圧する際に使いたい。私ならシールドの角や辺を使い、目や喉、こめかみや頭頂部を狙うだろう。押し込みながら足や股間を蹴ってもよい。スプレーは前額部を狙うとの寸法だ。

2,3段構えが理想であり、先頭が仮に転倒してもカヴァーし合える。両側から制圧する場合、注意点としてはスプレーの使い方だ。おそらく液体式の飛距離があるタイプだと思うが、遠いほど拡がるので味方へのダメージが大きくなる危険性がある。盾も併用すればよい。
相手の攻撃と同時に盾を流して、敵の後方を掴んだり回り込む技もあるが、これは訓練していないと中々難しいだろう。問題は時間との勝負かー。パニックになった乗客が障壁となり、現場へ近付けないケースも考えられる。犯人には声掛けで、こちらに目を向ければよい。

小型盾の使い方だが、これを手だけで操作しようとしてはならない。やはり体軸や足の踏ん張りが重要となるのだ。恐怖心から腕を伸ばすのもいけない。やはり肘の角度は80度以内とし、しっかり保持しておくのだ。敵からの攻撃はなるべく中央部分で受けるとよい。
万が一盾を掴まれたら、迷わずスプレーを噴射したり足蹴りを見舞う。刃物は狙われる者からは縦に細く見えるので動きが捉えづらい。コツとしては前腕部が目で追いやすいだろう。上段からの重たい刃物は、逆に肘を伸ばす方がよいケースもある。臨機応変に対処しようー

93名無し三等兵2018/07/21(土) 13:34:31.14ID:TgofOi32
>>91
柘植先生のご存命が確認でき、私も思わず感激で視界がぼやけてしまったほどだ。さて鞄に入れる雑誌の類だが、やはり表面積を重視し、薄い場合には数冊重ねると良いだろう。私は大型の植物図鑑を数冊入れているが、これは体力もいるだけにあまりお勧め出来ない。

「危機管理大全」は厚さ3.7cmで申し分ないものの、何せ表面積が小さい。縦15cm、横0.5cmでは心元なかろう。サイズは少なくとも極限シリーズBの「セキュリティ&サバイバル」くらいは欲しいものだ。「いざというときの自己防衛マニュアル」を10冊入れてもよいー

94名無し三等兵2018/07/21(土) 13:36:47.79ID:TgofOi32
横10.5なのは言うまでもない。

95名無し三等兵2018/07/21(土) 18:53:14.94ID:9R1iFO2H
先生!
精神力の鍛え方という本を書いて下さい

96名無し三等兵2018/07/21(土) 22:22:55.77ID:TgofOi32
>>95
撃墜王の坂井三郎は、「人間が健康な状態を保つ為には、『身体・知能・精神』の3つのバランスが必要だ」と述べている。全くその通りだと言えよう。もちろん得手不得手はあるだろう。だが補い合う事で窮地を乗り越えれること請け合いなのだ。これは断言してよい。
特にその中でも、最近は精神の崩れる者が多いと聞く。私に言わせれば、原因の一つが空気を読み過ぎる事だ。私の知る範囲でも、人の顔色を伺う者が至る所で散見されるのだから始末が悪い。こんな状態では、獅子として一日を生きる事はかなり難しいのではないかー

イラク戦争当時、ある兵士が人質になった。イラク側から公開された映像では、兵士の顔は傷だらけであったのだ。私の出演していた某テレヴィ番組では、司会者をはじめ出演者の全員がイラク軍による拷問だと大いに糾弾し、番組内にもその流れが出来上がっていた。
だが私は拷問の傷痕が自分で故意に付けたものだと判断、番組内で主張したのだ。だが当然のごとく私の発言は無視されたのである。それから2週間後、釈放された兵士がなんと認めたのだ。私は取材で「拷問の現場に何度も居合わせたので、見ればすぐ分かる」と応じた。

別のケースでは、著書の中で大地震により高速道路が崩壊する可能性や、日本国内で化学兵器が使われる危険性を説いた。だが殆どの者は失笑するだけで、酷いのになると狂人扱いしてきたのだ。結果はご存知の通り、阪神大震災で高速が倒れ、地下鉄でサリンが使われた。
つまり確固たる信念があれば、いくら周囲が吠えようが関係ないのだ。30年ほど前、私は危機管理の重要性を説いた。周囲の殆どは私を変人扱いしたのだから敵わない。ところがどうだ、今ではその重要性が叫ばれる時代になったのだ。あなたもマイ・ペースを貫けばよいー


やれるよ、君ならー

97名無し三等兵2018/07/22(日) 16:21:04.03ID:avM/V7GW
>>76
先生!!
遅くなりましたが、アドバイスありがとうございました。
先日、攻撃をかけましたが、戦術を見透かされていたようで反撃に遭い見事に玉砕してしまいました。
まるで203高地の難攻不落の要塞のようでした。

バランタイン30年ではありませんが、ストロングゼロて何杯もやっていますが忘れられません。

何分、定期的に遭遇するので、果敢に再度攻撃する機会を伺い臥薪嘗胆の思いで耐え忍ぶべきか、それとも攻略を諦めるべきか考えております。

よろしければ今後どうすべきかアドバイスをお願いいたします。

98名無し三等兵2018/07/22(日) 19:25:22.67ID:lYzUCUHQ
ぶひいー

99名無し三等兵2018/07/22(日) 19:25:38.98ID:lYzUCUHQ
ぶひー

100名無し三等兵2018/07/22(日) 19:25:55.45ID:lYzUCUHQ
      (6 lゝ、●.ノ ヽ、●_ノ |!/
         |     ,.'  i、     |}
       ',     ,`ー'゙、_    l
       \ 、'、v三ツ   /
        |\ ´  ` , イト、
       /ハ ` `二 二´ ´ / |:::ヽ
     /::::/ ',   : . . :  /  |:::::::ハヽ
https://twitter.com/ibuki_air
09058644384

101名無し三等兵2018/07/22(日) 20:42:56.36ID:Rmb6RXnL
2年前に障害者施設を襲撃した被告の手記が出版された。被告は「安楽死させるべきだ」との主張で一貫しているらしい。一部に抗議活動も起きているが、私に言わせれば障害者施設より高齢者施設の方がより危険度が高いのではなかろうか。なぜなら分母が大きいからだ。

一例を挙げればネット上における数々のコメントがある。そこには「安楽死をー」の声が実に多い。家族の過酷な体験や介護士の厳しい現実に同情意見が多く、近年は介護殺人においても加害者に対する同情意見が散見される。この傾向は今後ますます増大する公算が大だ。

一方私も過去いくつかの高齢者施設を訪れたが、果たして万全な警備体制が布かれているかと言えば、簡単には首肯出来ない。むしろ障害者施設以上に隙が見受けられるのだ。詳細は省くが、つまり高齢者施設では評価されるべき建物内の構造が襲撃の好条件となっている。

これではいくらサスマタ等で防犯訓練しようが、事が起きれば大きな犠牲は免れないに違いない。特にこの手の事件は犯人に強い憎悪があるだけに、生半可な対策では通用しないであろう。入所拒否や追い出し、費用や介護疲れなど、原因は無数にあるだけに始末が悪いー

102名無し三等兵2018/07/22(日) 20:43:30.83ID:Rmb6RXnL
>>97
確かに厳しい状況だと言えよう。難攻不落の城の様相を呈しており、戦場なら兵糧攻も可能だが、気のある女性だけにそれも出来まい。私なら二〇三高地いや彼女を口説き落とす場合、一度周辺から攻めてみる。つまり大頂子山、青石根山、南山披山へと突破していくのだ。

具体的には、彼女の周辺にいる仲の良い友人を介して、貴方の気持ちを伝えて行くとのパターンだ。女性の心理としては直接言われるより、間接的に言われる方がグッと来る場合がある。なぜなら同時に自慢にもなるので、グループ内での地位が必然的に向上するからだ。

行動開始は夕暮れ時がお勧めだろう。人間の心理としては日の入り前が不安になるので、そこを攻めればよい。これだと如何に強気のステッセルいや彼女だろうが、次第に弱気になること請け合いなのだ。勝利の美酒ーヴァランタイン30年ものは目前だと言えようー

新着レスの表示
レスを投稿する