【戦車】旧日本軍装甲車両総合スレッド Part.4

1名無し三等兵 (ワッチョイ 6f9f-A03S)2018/07/21(土) 16:15:11.98ID:wP5vgDdc0
旧日本陸海軍で使用された各種装甲車両のスレです。戦車・自走砲はもちろん
装甲作業機や一式装甲兵車のようないぶし銀、海軍の水陸両用戦車まで広く語って下さい。

■前スレ
【戦車】旧日本軍装甲車両総合スレッド Part.3
http://mevius.2ch.net/test/read.cgi/army/1513262373/

■過去スレ
【戦車】旧日本軍装甲車両総合スレッド
http://echo.5ch.net/test/read.cgi/army/1463822751/
【戦車】旧日本軍装甲車両総合スレッド Part.2
https://mevius.5ch.net/test/read.cgi/army/1494146400/
VIPQ2_EXTDAT: checked:vvvvv:1000:512:----: EXT was configured

576名無し三等兵 (スップ Sdaa-z/e0)2018/12/13(木) 21:59:07.82ID:hNG9pfw5d
旋回砲塔から無砲塔にきり変える場合は
運用方法が変わってしまうので訓練を一からやり直したり新しく運用方法を研究する必要がある。末期の現地改造でもない限り造って採用して終わりじゃないから。

砲戦車の要求性能を決める際に固定式でも前方に左右30度ずつの射界があれば良いとしているけども

577名無し三等兵 (アウアウウー Sa4f-U1IU)2018/12/13(木) 22:02:16.51ID:CnMOD6fua
あくまで後知恵の話だけど、実際戦争後半の戦車の使い方って、
隠れて撃って逃げるの繰り返しだから、砲塔回る必要ないと思う。
なんならアーチャーみたいな載せ方が理に適っているんじゃないかとすら思う。

578暫編第一軍 (ワッチョイ 2bab-TixW)2018/12/13(木) 22:09:30.58ID:h/7vudH00
 チハがあれば補助としてマーダーやホニもいいのですが、チハの代わりにマーダーやホニだけあっても対戦車用途以外では困ることも多いのではないかと。

 対戦車に限るのなら関東軍の構想にあった対戦車野砲大隊の代わりにあり合わせの車体に野砲を積んだ車両でもあれば便利だったでしょうけれど。

579名無し三等兵 (ワッチョイ 0a7c-TixW)2018/12/13(木) 22:24:16.59ID:xcCzmEvX0
三凸やヘッツァーを愛用したドイツですら機動打撃時において戦車の代わりにならないという戦訓を得てるしなあ
旋回砲塔じゃないと迅速な目標捕捉はできないし射界不足を車体側で対処しないといけないから足回りに負担が掛かる

580名無し三等兵 (アウアウウー Sa4f-U1IU)2018/12/13(木) 22:26:34.04ID:CnMOD6fua
戦争後半の日本軍、あんまり機動打撃とかしないじゃない……。

581名無し三等兵 (ワッチョイ 3b9f-2dqZ)2018/12/13(木) 22:48:42.38ID:uv2dD8fp0
開戦前に戦争後半の負け戦を想定してどうするんじゃいってのもあるし
粉砕されたけどサイパンでは戦車による逆襲やってるわけだしな

582名無し三等兵 (スップ Sd4a-49dt)2018/12/13(木) 23:00:53.57ID:A2cT17Wgd
高速戦闘と待ち伏せ戦闘を両立するには、M18みたいに砲塔式の駆逐戦車的なものだろうね
背面や側・上面が伽藍堂だったり、主砲があまり旋回しないのはよくない

つまり、47mmを砲塔で搭載し、防御力にはいくらか目を瞑ったケニ改こそ、47mm砲塔駆逐戦車的な運用がなされたんだろう

戦争中盤以降、どうせ貫徹力が高いバズーカや対戦車砲に撃たれればいくらかの装甲も意味がないんだから、一周まわって戦車の防御力としてはケニ程度でいいよ

チハの170hp時代に野砲級の旋回砲塔積んだら代償として装甲が13mmぐらいになりそうやな
人力だと旋回が困難にはなるが

583名無し三等兵 (ワッチョイ 3fab-UFqf)2018/12/13(木) 23:09:40.71ID:daZDe5bg0
後知恵であれがいいこれがいい言っても
当時なんでやれなかったのか、なぜやらなかったのかってのを考えないと薄っぺらな話にしかならないんだよね

584名無し三等兵 (ワッチョイ 8ae7-KvaH)2018/12/13(木) 23:18:35.68ID:XiCvMKU00
>>559
冗談じゃないよ
ハ号より防御力高い89式でも貫徹した小銃弾が飛び込んで負傷した事例すらあるんだよ?
批判されて当然だよ
太平洋ならキャリバー50にも撃たれまくるよ?
他にもいるようだけどあれで良しとする理由が分からん
同じ6t戦車の血を分けたチェコのLT-38などをみて何か思うところはないのだろうか

585名無し三等兵 (スップ Sd4a-49dt)2018/12/13(木) 23:37:39.56ID:A2cT17Wgd
そうか、重装甲にした10トン級ハ号ってなんかに例えられないかと思ってたら、35(t)とかその発展系の38(t)戦車だね、ガソリンだけど馬力も近い
T-34と比べてやるのは酷だろうが、38(t)は一般に同級戦車の中じゃ好意的な評価の方だね

俺はBTが好きなんで、それっぽいスペックのケニ改を支持するけど

586名無し三等兵 (ワッチョイ 3b9f-2dqZ)2018/12/13(木) 23:40:47.84ID:uv2dD8fp0
LT38は10t近いじゃねえか、1.5倍の重量だぞ
シャーマンとティーガー以上の差があるじゃねえかと

587名無し三等兵 (ワッチョイ 8ae7-KvaH)2018/12/14(金) 00:07:53.50ID:wH3prNZn0
ハ号に30mm要求なんて重すぎるだの、史実の騎兵戦車がよかっただの批判している方々に、手堅い評価を得たLT-38をどう見ているのか聞いているんだが
ハ号の装甲を強化した案ってのはだいたいあんな感じに落ち着くんだが

588名無し三等兵 (スップ Sd4a-49dt)2018/12/14(金) 00:32:38.85ID:WN0vcHMUd
世界的評価には、6トンE型ファミリーはスチュアートだけ頭一つ抜けてて、だいたい後は有象無象というのには変わらんだろう

589名無し三等兵 (スップ Sd4a-49dt)2018/12/14(金) 00:38:28.61ID:WN0vcHMUd
好意的といったが、部隊がヨーロッパでの大機甲戦で、投入規模がでかかった
つまりはドイツ軍に救われた戦車という見方もできる
一号二号がアレなので性能は無難ならなんでも良かった

590名無し三等兵 (ワッチョイ 3b9f-2dqZ)2018/12/14(金) 00:45:36.16ID:D/DnfoLv0
陣地正面に仕掛ける気がない軽戦車は、友軍が正面を担当するからこそ成立する側背機動用なので
本格的対戦車火器を想定しない戦車なわけよ。
LT38だろうとスチュアートだろうと、日本軍軽戦車用法で運用するならその重装甲が役立つ局面は殆ど無い
逆にその重量が災いして日本軍的神出鬼没機動に対応できずに役立たずになる懸念すらある
重量が問題ない局面ならチハで良いんだぜ

591名無し三等兵 (ササクッテロレ Spa3-p3Xm)2018/12/14(金) 01:06:10.28ID:hcTjqvkvp
つうかLT38って独立スロヴァキア軍使用時のみでの名称な
LTvz.38(チェコスロヴァキア軍)か38(t)(ドイツ軍)が一般的な呼び方

592名無し三等兵 (ワッチョイ 8ae7-KvaH)2018/12/14(金) 01:11:06.49ID:yKfy0yXV0
実態は数合わせとはいえあれだけの数が生産され、軽戦車だけの中隊もいくつもある中で「主力戦車的な」用法にならざるを得なかった以上悠長なことも言ってられんがね
まあ主力戦車としての価値は及ぶべくもないというのは承知しているようでなによりだ

593名無し三等兵 (スププ Sdaa-G+vC)2018/12/14(金) 01:32:41.61ID:0LBjWbMXd
九五式にしろ38(t)にしろ、主力戦車としての能力は数合わせ以外の何物でもないし、軽戦車というジャンル

594名無し三等兵 (スププ Sdaa-G+vC)2018/12/14(金) 01:35:35.27ID:0LBjWbMXd
途中で送られちゃったごめん

10トン未満の軽戦車というジャンルにそれ以上を期待する方が間違ってるという
中戦車あっての軽戦車という認識が大事だと思う

595名無し三等兵 (ワッチョイ 8ae7-KvaH)2018/12/14(金) 02:01:35.05ID:yKfy0yXV0
いや海外でもしばしば軽戦車が主力で中戦車はその補助って場合が多いよ
軽戦車を数の上での主力に見立てる以上、最低限想定される敵対戦車攻撃への対処がないと、歩兵の弾除けにすらならない
もちろん軽戦車である以上能力に限界はあるわけだから、何等かに優先順位をつけないといけないわけだが、いくらか小口径低速化しても最低限の装甲はしてきた。
あの時代、100馬力にも満たないとかそういう特別な事情がない限り、ここまで軽戦車の装甲厚を極端に割り切った開発国は日本ぐらいで、はっきりいって歪だ

596名無し三等兵 (スップ Sd4a-49dt)2018/12/14(金) 02:11:18.00ID:WN0vcHMUd
歩兵の弾よけってまさにフランス軍の軽戦車のことじゃん
オチキスやルノー、FCM
そこそこ分厚い装甲、しょぼい短砲身37mm、ボロい足回りと低速

ハ号の方がマシな未来しか見えない

597名無し三等兵 (スップ Sdaa-z/e0)2018/12/14(金) 07:28:59.12ID:qctg7+tud
>>595
低技術でディーゼルエンジン採用してるから重量がかさみがちなのと
無駄に戦線広げたり軍の規模大きくしたせいで工兵器材の調達にも難渋してたからしょうが無い。

598名無し三等兵 (アウアウウー Sa4f-U1IU)2018/12/14(金) 11:06:55.80ID:U5aN2EqTa
>>595
100馬力に満たないけど、ソ連のT-60とか装甲厚7〜20ミリで、
わりと最低限を切ってると思う。

599名無し三等兵 (スップ Sd4a-49dt)2018/12/14(金) 12:11:59.05ID:WN0vcHMUd
>>あの時代、100馬力にも満たないとかそういう特別な事情がない限り、ここまで軽戦車の装甲厚を極端に割り切った開発国は日本ぐらいで、はっきりいって歪だ

なんか言い回しが上手いな
というか、セコい
90馬力のしょぼいエンジン積んだソ連のは割と紙なんだよねぇ
T-70とかは軽戦車の癖に重装甲重武装で一日の長があるのは認めるが

600名無し三等兵 (アウアウウー Sa4f-U1IU)2018/12/14(金) 12:33:21.58ID:U5aN2EqTa
軽戦車じゃないけど、アメリカのM18は半インチ〜1インチ(12.7ミリ〜25.4ミリ)の圧延鋼板という
側面なんかチハより弱い装甲で、ドイツ軍の7.92ミリライフル弾に撃ち抜かれたと言う輝かしい戦果をお持ちだけど、
最低限の装甲ってどのくらいなんだろうな?
当時のアメリカはこれを最低限の装甲だと考えて開発したそうだけど、1942年なんだよな……。

601名無し三等兵 (ワッチョイ d3b3-p3Xm)2018/12/14(金) 13:08:07.41ID:ZawK0aU60
最厚部が0.5インチのM3ハーフトラックで、200ヤード(183m)以上敵から離れていないと、7.92mm徹甲弾に抜かれる場合があるそうだし、
至近距離から撃たれて抜かれるのは仕方ない、と考えて妥協してるのだろう

602名無し三等兵 (ワッチョイ 3a9e-/lae)2018/12/14(金) 13:38:53.17ID:SmcIVorH0
>>543
日英米の戦艦は浸炭処理された傾斜装甲を用いてたらしいけど無意味な上に装甲割れてVPに損害みたいな事があったのかな?
>>597
燃えやすくなるし
なんと言ってもガソリンは航空機のものですし
戦車なんかに勿体ない

603名無し三等兵 (ワッチョイ 0a7c-TixW)2018/12/14(金) 14:09:58.04ID:TM71gr8L0
火器不足で1944年に前線へ舞い戻ってきた7.92mm対戦車ライフルのカタログスペックは
距離300mで30度傾斜させた25mm装甲板が貫通可能らしいから抜かれても仕方ないね

604名無し三等兵 (ワッチョイ d3b3-p3Xm)2018/12/14(金) 14:38:08.27ID:g+PgSAwr0
いや対戦車ライフル専用の強壮薬の徹甲弾じゃなくて、普通の7.92mm×57の小銃用徹甲弾で抜かれるんだよ
そういや第一次大戦で菱形戦車Mk.Iを撃ち抜いたK弾もマウザー用の小銃弾だったな

605名無し三等兵 (ワッチョイ 3b9f-2dqZ)2018/12/14(金) 16:17:53.72ID:D/DnfoLv0
>>602
ttps://upload.wikimedia.org/wikipedia/commons/d/d2/TigerXTurretRoofSP1597.png
WW1でこういう感じにへし曲げられてぶち抜かれた(3.25インチ装甲に11インチ砲弾らしい)
日本海軍の試験では、浅い角度で避弾経始にパス長稼いで抜けないはずの条件でも
薄い板は曲がって歪んでぶち抜かれると判明したんだとか
こうした斜撃条件により強靭な装甲として海軍が新たに開発したのが均質圧延装甲のNVNC

戦艦の舷側も傾斜してるけど、あれは厚いからあまり深刻じゃないっぽい

606名無し三等兵 (ワッチョイ 3b9f-2dqZ)2018/12/14(金) 16:51:57.60ID:D/DnfoLv0
小銃弾級の徹甲弾に耐えられないってのは、ぶっちゃけ大した問題ではなくて
歩兵や軽機関銃が徹甲弾装填して撃つことは可能だけど
彼らにはまず殆ど配備されてないし、数発抜けたからってそうそう仕留められるわけでもない
重機の銃座にならあるだろうけど、多数あるわけでもないし、そもそもそういうのは陣地正面

小銃の普通実包で抜かれると困るけど、徹甲実包まで想定すると10〜12mmは必要になるから
それはきっぱり諦めるというのは見切りじゃねえかな

607名無し三等兵 (スップ Sd4a-49dt)2018/12/14(金) 19:14:32.94ID:WN0vcHMUd
>>600
その圧延鋼板の作りがいかん
今の圧延装甲でも極端に薄いやつは硬いけど、多分当時の米軍は特に意識してないだろう
装甲に使えるような合金鋼の溶接って今でも難しい部類だから、まずそこに全力を挙げてる
一方、第2種(表面硬化)装甲はブリネル硬さ600代ぐらいで、小銃弾は破砕される

件の八九式はというと、ブリネル硬さ340で、まだ小銃弾を破砕するという思想に至っていない

八九式よりハ号の方が小銃弾に対し安全とさえ言えると思う
実際、八九式の様な戦例はあまり聞かないのよね

608名無し三等兵 (スップ Sd4a-49dt)2018/12/14(金) 19:53:38.36ID:WN0vcHMUd
ハ号にチハの新装甲が供されたか?、は諸説ある様だが、ハ号の生産開始は1936年開始、チハの設計は既に始まっている

609名無し三等兵 (ワッチョイ 3fab-UFqf)2018/12/16(日) 00:56:23.97ID:zIzclaf40
57mm砲かDa47/32くらいの榴弾・徹甲弾火力を持った砲を積んで要部20mm程度の装甲を持ち
超壕幅の要求が低くチニの初期要求並の砲弾定数で1人用砲塔と車体機銃1丁で妥協した比較的低速の軽戦車だったら
まあ史実のハ号ほどには脆くなかっただろうけど

それだとおおむね8.5から9トン程度で収まるかもしれないが
実現性の問題としては
その戦車の(企画時点では存在していない敵を勘案した場合の)性能バランスは関係なくて
それがハ号の企画時に要求された性能と合致してるかどうかじゃないかな
とにかく7トンで収めよ、最大速度は40km/h程度、火砲は狙撃砲程度でOKというのが要求なので

まあ、もう少しショボい発動機でもなんとかなったんじゃないかという気はするんだよな…
チハほどではないけど、要求性能に対して必要馬力を大きく見積もりすぎて損してる気はする

610名無し三等兵 (ワッチョイ 3b9f-2dqZ)2018/12/16(日) 01:52:08.89ID:Y7HPHjNH0
T-26:9.4トン 90馬力 28km/h

八九式:13トン 100〜120馬力 25km/h
九五式:7.4トン 120馬力 40km/h(英米計測では45前後

LT-35:10.5トン 120馬力 34km/h
LT-38:9.5トン 125馬力 42km/h

トンあたりで2割違うLT2つで、速度も2割+違う(足回り等の差もあるんだろう
またLT35とT-26もトンあたりで2割違って速度2割違う
このあたりはトンあたりの馬力で大体決まるっぽい
八九式がトンあたりでLT35の2割差で速度が2割以上違うのは、足回り等のダメさや基準差なのかもしれん
95式は同世代LT35比で考えると48km/h、89式比だと44km/hなので、まあ余裕が若干ある程度
逆に落とせる馬力は1割、甘く見て2割、120馬力を110〜100馬力にしても小さく出来る余地は殆ど無い

611名無し三等兵 (ワッチョイ 9b3a-3flP)2018/12/16(日) 02:40:37.52ID:wDURuk8G0
各国の馬力や速度ってどの程度信頼できるの?
航空機なんかだと各国ごとに計測基準がまちまちだったり、ゲタはかせたセコイ数字使ったりと単純に比べられないけど

612名無し三等兵 (ワッチョイ 3fab-UFqf)2018/12/16(日) 07:42:36.33ID:zIzclaf40
外国製軽戦車と比較すると10%程度に収まるのか
まあそれじゃそういうものなのかもしれんね

こっちのぼんやりした考えの根拠は
ほぼハ号を縮小した足回り(誘導輪が接地しているから若干抵抗が変わる)のテケ車が4.75t・最大60馬力で42km/hだから
約1.5倍の重量のハ号は85-90馬力程度あれば40km/h出せたんじゃないかって感じの丼勘定なんで

110馬力以上必要だとするとハ号機の定格出力と変わらんから
まあより小さくってのはあまり現実的ではないわな

613名無し三等兵 (ワッチョイ d3b3-I8nj)2018/12/16(日) 08:05:04.46ID:2mOkY+IN0
転輪大きくしてやるのがいいんじゃね

614名無し三等兵 (スップ Sd4a-49dt)2018/12/16(日) 08:52:46.92ID:cnaWdS6Fd
>>612
ハ号は日本側試験で45km/h、アメリカ側試験では48km/hと実測値ではいくらか高速なんだよ
40km/hとカタログに記載されているのは、要求仕様をそのまんま書いたと思われる。
軽量化する前の1トンほど自重が重い試作車で43km/hは達成しているのでね

615暫編第一軍 (ワッチョイ 2bab-TixW)2018/12/16(日) 10:31:44.58ID:j4mctJ7m0
>>608
>>408氏ご紹介の記事「復員戦車の補修について」を読むと、
本文部分で第二種鋼板は具体的には16、20、25、30、40、50、75mm等、
第一種は3、4、6、8、10、12mm等とされています。
 成分表の方ではS19年以降の欄に50mmの第一種鋼板も記載がありますが、
本文記事によると実際には第三種鋼板らしく思われます。(無浸炭で表面から約10mmが硬度が高い)
 
 これだけから判断すると、12mm以下のハ号は第一種鋼鈑で装甲されていることになりますね。
 この記事では表面硬度についてはビッカース硬度で第一種が500から520、第二種が550〜600。
ビッカース硬度500はブリネル硬度で465、520は480ですから、
八九式の装甲がブリネル硬度340だとすると、
ハ号の防弾鋼鈑は第一種ではあっても八九式のニセコ鋼鈑より硬度は高いことになります。

※但し戦車マガジン(グランドパワー)の防弾鋼板の記事ではもっと多くの鋼鈑についての成分が表に記載されています。
「復員戦車の補修について」は、戦後本土で再利用された戦車、
主として軽装甲車、チハ、ハ号等に使用された防弾鋼板に重点を置いて説明しているのでしょう。

616暫編第一軍 (ワッチョイ 2bab-TixW)2018/12/16(日) 10:42:03.63ID:j4mctJ7m0
>ハ号の防弾鋼鈑は第一種ではあっても八九式のニセコ鋼鈑より硬度は高いことになります。

 もっともこの記事では第三種も第一種に含めている(浸炭の有無を基準にしている?)ようなので、
ビッカース硬度500〜520の第一種鋼板とは実は第三種の可能性もありますか。

617名無し三等兵 (ワッチョイ 3fab-UFqf)2018/12/16(日) 11:18:27.23ID:zIzclaf40
>>614
いやそのなんというか
「実測最大速度が1から2割ばかしカタログ値より高いし
 パワーウエイトレシオから見ても馬力過剰に見える…
 要求性能を満たすだけならもっと小さい馬力のエンジンで良かったんじゃないか?」
ってのがそもそもの自分の考えだったわけなんだけど
なんか誤解させるような書き方してたらすまんね

具体的には4気筒で少しボアが大きめか、6気筒でボアが小さい低出力のエンジンなら
冷却関係も含めれば車体長(あるいはエンジンルーム高さ)を短縮できたんじゃないか、ということね
ここで稼いだ重量をどれだけ装甲に回せるかはわからんし、有意な効果があったかもわからんけども

まあハ号・チハ共にディーゼルの手探り時代だから
安全係数多めに取って少し大きめに馬力見積もったってことかもしれんね
最大馬力だけが機動性に関係してくるわけじゃないし

618名無し三等兵 (ワッチョイ 3b9f-2dqZ)2018/12/16(日) 13:43:51.76ID:Y7HPHjNH0
議事録に残すポジショントークを兼ねた、その車両の特性の説明という側面を見るべきじゃね?
「戦車としては装甲必要だ」「機動戦車はそういう使い方しねえから」という話を残すための議事だべ

619名無し三等兵 (ワッチョイ 3b9f-2dqZ)2018/12/16(日) 13:45:33.77ID:Y7HPHjNH0
>>617
新しいサスペンションや駆動系レイアウトもどの程度の効果が出るか不明だしね
思った以上に良い効果が出たというだけのことだったんじゃねえかな

620名無し三等兵 (スップ Sd4a-49dt)2018/12/16(日) 20:07:45.39ID:cnaWdS6Fd
そもそも日本軍のディーゼルは低性能なものしか作れなかったというのは、後半になっての事を全体に拡大したところも大きいんだよな。
実際ハ号のは航空ガソリンをベースにディーゼル化したイ号機を更に小型化したものだからそこそこ優秀な筈なんだよなぁ
ハ号の馬力荷重は搭載発動機積んだチニと極端に隔絶しているわけじゃない
歯車が狂い出したのはチハからだと思うぞ

621名無し三等兵 (スップ Sd4a-49dt)2018/12/16(日) 20:11:45.79ID:cnaWdS6Fd
何故ミスった…ケニね

622名無し三等兵 (スップ Sd4a-49dt)2018/12/16(日) 20:31:50.86ID:cnaWdS6Fd
>>617
どっちかってっとアンダーパワーの八九式(全備13トン 最大120馬力)の反動がデカ過ぎたんだと思う

もししてやれる事があるなら装甲強化ももちろん大事だが、誘導輪を接地させてやれと思う
ハ号はお辞儀しながら走っているとまで形容されたほど縦揺れが収まらなかった事で有名だ
事実似たような転輪構成(ダブルボギー×1)のTK車はそんな経緯を辿ってる
接地長が増えると摩擦抵抗が大きく最大速力発揮にはやや不利になるが、そこは要求を満たして余りあるからな。

623名無し三等兵 (ワッチョイ 0e8b-JHSi)2018/12/16(日) 20:44:53.07ID:40Xi4MCc0
>>620
>そもそも日本軍のディーゼルは低性能なものしか作れなかったという

ならドイツ陸軍だったら、大陸打通作戦なんてケチなものではなく、大陸消滅作戦になってましたか?
南京大虐殺とか性奴隷とか、日本軍は占領地の至るところで住民を苦しめたそうですが、
どうせなら中国人を「劣等人種」としてホロコーストしておけばよかったと思います。何しろ中国人絶滅収容所
が戦後もそのまま残ってしまうのだから、言い訳のしようがなくなり、侵略戦争の反省もしっかりしたものになり、
日中関係はずっと良くなってたはずです。それからもしできれば虐殺した中国人を潰して航空燃料を精製
すればよかったと思います。文句があるなら米軍はオーバーロード作戦を中止にして、中国戦線に派兵したらいいでしょう。

キングタイガーならもっと進軍できましたか? もっと大勢の中国人を殺戮できましたか?
四式戦疾風ではなくMe262が出撃してたら、シェンノートの在支14空軍は壊滅してましたか?
ウルツブルグレーダーと88ミリ高射砲があれば、防空は万全でしたか?

今からでもドイツ語を勉強してドイツ留学して、髪の毛染めてドイツ人になりすまし、こういう発言をしてみたい
と思ってます。「たかが中国チンピラゴロツキの3500万なんて取るに足らん。97式中戦車チハなんて、
あんなへっぽこな戦車モドキ、工業水準低いわー。わがドイツ軍のキングタイガー戦車だったら、
3500万どころか5億人皆殺しにして、中国に中国人は一人も居なくなってたはずだ!」

おい、なんとかいえよ、おい! のは

624名無し三等兵 (ワッチョイ 2a78-3flP)2018/12/16(日) 21:00:10.45ID:mgb+4+gq0
北満型なんてものを日本陸軍が開発するってのはどんだけ現場が大変だったんだろう

625名無し三等兵 (アウアウウー Sa4f-U1IU)2018/12/16(日) 21:02:43.41ID:JmA1Kh8/a
ドイツ軍は戦車用のディーゼルエンジンの開発失敗してなかったっけ?

626名無し三等兵 (ワッチョイ d3b3-p3Xm)2018/12/16(日) 21:10:30.08ID:ppKINR670
チェコのタトラ社のディーゼルエンジンを装甲車に使ったくらいか、後は一部のトラックとか

新着レスの表示
レスを投稿する