藤沢周平 用心棒初日

レス数が950を超えています。1000を超えると書き込みができなくなります。
1無名草子さん2012/04/01(日) 23:10:45.13
立てました。まったりゆっくり語りましょう

918無名草子さん2017/12/13(水) 15:37:36.98
藤沢の後に葉室麟読んだら突っ込みドコロ満載で笑えた
葉室麟って女?男?
まだ若いのかな?

9199132017/12/13(水) 22:47:56.06
みんなごめん<(_ _)>荒らすつもりはなかったんだ
一時期「月刊佐伯」っていうくらい書き下ろし時代小説を書いてて結局トータル200冊を超えるような人だからねぇ
似たようなシチュエーションがいくらもあんのよ

主人公の大半が豊後出身
脱藩するも藩主の覚えがとてもめでたい主人公が多い
藩財政が悪化すると抜け荷で何とかする
主人公の息子が武者修行先に必ず薩摩を選ぶ
主人公にはかならず金持ちのパトロンがついている
そのパトロンが貨幣改鋳イベントにぶち当たると濡れ手に粟で大儲け

もうそんなんばっか ブコフで一冊百円で大量に買い漁って斜め読みしてると自分がいま何の話読んでるんだか
わからなくなるのよ

>>「武士の一分」の原作が「盲目剣谺返し」
ほどではないけど、プロットというよりシチュエーションレベルだとほんとデジャブっぱなしで初めての話でも絶対
初めて読んだ気しねぇからw

池波センセにもそういえば似たようなことがあったようには思う

920無名草子さん2017/12/14(木) 00:04:07.82
>>918
巨デブのおっさんだよ

921無名草子さん2017/12/14(木) 10:58:09.46
>>919
山本周五郎も同じようなことはあるよ
似たのを量産というより、「ながい坂」の習作のような短編がたくさんある

「武士の一分」の場合は、そういう藤沢作品があるわけじゃなくて
「盲目剣谺返し」が映画の原作ってだけだから、あてはまらないと思うけど

>主人公の大半が豊後出身
これは藤沢周平の海坂藩と似てますね

922無名草子さん2017/12/14(木) 17:37:26.36
海坂藩は秘剣の使い手で溢れかえってるからな

923無名草子さん2017/12/14(木) 23:52:23.59
又八郎も海坂藩なのか?あいつはそういえば秘剣は持ってなかったと思うけど

924無名草子さん2017/12/15(金) 11:40:11.10
>>923
いや、東北の小藩とだけで藩名は明記されていなかった筈。。又八郎は一刀流の名手ではあるけど必殺技的秘剣の会得者ではない。
隠し剣シリーズもはっきり海坂藩とされているものは少なかったと思うけど、先生の「そう思って構わない」的発言でもあったのかな。

925無名草子さん2017/12/15(金) 12:38:08.44
江戸時代も後期になると武芸も廃れて、
公儀に切腹命じられても介錯できる人材がいなくて山田朝右衛門の弟子がバイトで雇われたなんてことがあったらしい
海坂藩はそういう心配はいらないな

926無名草子さん2017/12/17(日) 10:27:33.07
>>924
藤沢作品で東北の小藩なら海坂藩でいいんじゃねぇかなぁ

927無名草子さん2017/12/18(月) 03:42:53.73
>>917
弁牽牛って牛蒡(ゴボウ)のような女郎が気に入ってしまう男の話が二編あるんよ

928無名草子さん2017/12/18(月) 17:00:15.52
なんつーか、その作者独特のクセとか匂いみたいなものはどの作者にもあるよね

929無名草子さん2017/12/18(月) 20:52:36.87
時代劇チャンネルって面白いの?

930無名草子さん2017/12/24(日) 08:45:26.09
葉室りん亡くなったんだね

931無名草子さん2017/12/24(日) 17:53:42.42
誰?

932無名草子さん2017/12/24(日) 23:57:51.63
サイン会で一度お会いした
ご冥福をお祈りいたします

933無名草子さん2017/12/27(水) 20:39:37.21
白き瓶、どうですか?

934無名草子さん2017/12/29(金) 20:15:25.05
そういや俺、白き瓶だけ読んでないや。

935無名草子さん2017/12/30(土) 18:56:36.20
>>929
俺も気になってる。カミさんの実家で契約してるので今度見てみるわ。

936無名草子さん2017/12/31(日) 11:56:39.06
白き瓶読んで思ったのが登場人物のキャラが藤沢周平ならではだよね。
伊藤左千夫とか他の作家ならもっとひどく書かれるかもしれない

937無名草子さん2018/01/07(日) 00:16:15.00
藤沢周平の初期作品読んだ
短編集のうちの囮というやつ、彫師伊之助捕物覚えの習作だな

938無名草子さん2018/01/12(金) 10:32:00.36
一般書籍よりもおすすめてきにネットで得する情報とか
グーグル検索⇒『稲本のメツイオウレフフレゼ

TLW5R

939無名草子さん2018/01/14(日) 13:01:08.07
藤沢周平さんの奥様、亡くなったそうだ
後添えに入って50年余り、86歳、去年の12月29日に
周平さんの6歳ぐらいの娘さんの面倒も見ながら大変だっただろうね

940無名草子さん2018/01/14(日) 13:42:30.64
命日近いね

941無名草子さん2018/01/14(日) 13:45:02.57
略奪婚だっけ?

942無名草子さん2018/01/14(日) 13:49:51.50
いや、先妻さん亡くなってたから

943無名草子さん2018/01/15(月) 18:06:24.57
>>937
主人公の職業が同じだけで習作なんてレベルじゃないよ。

944無名草子さん2018/01/16(火) 23:50:23.92
そういえば藤沢作品は電子書籍化はすすんでるんだろうか?
部屋が単行本でうまる。もう一度定価で買いなおすのは仕方ないにしても、電書化はしてほしいよな

945無名草子さん2018/01/17(水) 02:09:46.84
隠し剣シリーズとかメジャーなものだけかな今の所
むしろ再入手厳しそうなマイナータイトルを出してほしいんだけど

946無名草子さん2018/01/17(水) 06:11:41.34
>>944
全集は買わない?

947無名草子さん2018/01/29(月) 03:50:31.74
海坂藩で起きる政治トラブルとか難敵の討ち取りとかって大体鬼の爪とかで解決できそうだけど、各事件の時、他の秘剣使い達はなにやってるんだ
そもそも時系列がだいぶズレてたりするのかな

948無名草子さん2018/01/29(月) 17:30:03.83
海坂藩と一口に言っても作品によって石高が違う場合もあるから、
名前は同じでも別のお話、いわばパラレルワールドと考えたほうがいいと思う

949無名草子さん2018/02/04(日) 21:06:01.00
エターナルチャンピオンかw

950無名草子さん2018/02/08(木) 18:21:14.98
白き瓶で中井甲之って最後どうなるんだっけ?

951無名草子さん2018/02/22(木) 00:30:17.21
>>947
鬼の爪は本人が使う気ないからな
ちゃんと言うこと聞いて無難に暗殺とかこなしてくれそうなのは虎の眼くらいじゃね

952無名草子さん2018/02/22(木) 20:01:48.78
>>950
すまん
三井甲之だぅた

953無名草子さん2018/02/25(日) 17:06:35.81
んなこと言ったら海坂藩、秘剣こそ使えないけど実戦経験豊富な元用心棒がいるじゃん
トラブルシューティングはアレにまかせとけばおk

つってもその都度脱藩するし、出先じゃ現地妻作ってその女に探索全部やらせてるからなぁ、実は
強いだけで無能かw

954無名草子さん2018/03/17(土) 22:26:11.38
藤沢周平と山本周五郎
借りてきて大損。ひどい内容だった。勝手に党名まで出してあたかも二人がそこの党を応援してるように書いたり、
全く才能のない二人が司馬を嘲笑しまくったり
最低
時間を返せ

955無名草子さん2018/03/18(日) 08:59:14.17
今は存在しない政党だから別にいいじゃん

956無名草子さん2018/03/26(月) 00:17:35.43
954さん

藤沢周平と山本周五郎 (光文社知恵の森文庫)
この馬鹿、二人な。

佐高/信
1945年、山形県生まれ。慶應義塾大学法学部卒業。高校教師、経済誌編集長を経て、現在、評論家として活躍中。著書多数

高橋/敏夫
1952年、香川県生まれ。早稲田大学文学部を経て同大学大学院文学研究科博士課程修了。専門は近代日本文学研究。現在、早稲田大学文学部・大学院教授

957無名草子さん2018/03/26(月) 00:31:45.52
藤沢周平

面白いよ。山本周五郎は嫌いだけど。

958無名草子さん2018/03/26(月) 18:46:04.06
周五郎先生もいいですよ

959無名草子さん2018/03/27(火) 23:24:50.26
>>956
佐高って奴マジで気持ち悪いよね

960無名草子さん2018/04/02(月) 23:13:20.12
>>959
佐高は酒田だからな
鶴岡出身の藤沢周平を貶めるのは平気

961無名草子さん2018/04/02(月) 23:26:08.53
子供のころファンタジー系のラノベを読み込んでたせいか、ある意味で用心棒シリーズはとてもとっつきやすかった
口入屋にいって仕事貰ってトラブル解決してお金をもらうってサイクルがまんまファンタジー世界の冒険者のノリだもんなw

962無名草子さん2018/04/03(火) 19:43:59.35
ラプラスの魔女に「青江」ってキャラがでてくるんだけどつい「又八郎」と読んでしまう私は
用心棒シリーズの読みすぎかも…

963無名草子さん2018/04/04(水) 20:13:01.94
>>961
と962は別人だよね
そんなにファンタジー読んでる人このスレにいるのか

964無名草子さん2018/04/04(水) 20:55:42.26
話が続いてるし同じ人でしょう
自分語りしたいみたいね

9659612018/04/04(水) 22:33:12.70
別人ですってばw

966無名草子さん2018/04/09(月) 00:07:16.28
昨日と今日で、玄鳥(文庫)を全部読み返したけど、やっぱり上手いなあ。
六十前の爺だけど。じんときたわ。もう、こういう本だけでいいかなあ。
若いころは、周りと競争のように、読んでたけどねえ。

980になったら、次スレ頼むわ。このスレ立てたものだけど。
できたら。用心棒二日目で。

967無名草子さん2018/04/09(月) 00:45:42.55
現代文学や、前衛小説や、現代思想や、何やかや。
わかったふりして、わからん音楽や映画も見てたし。
もう、昔、読んで良かったなあという作品をもう一度
見直おそうかなと。誰とも競争せずに。そこには、
わからんかったけど、強烈な印象残してた作品も含むけど。
でも、藤沢さんはスゲーと思う。

968無名草子さん2018/05/08(火) 17:10:02.64
「風の果て」の舞台は架空の藩ということだけど海坂藩だったっけ?

新着レスの表示
レス数が950を超えています。1000を超えると書き込みができなくなります。
レスを投稿する