片岡義男・その4

1無名草子さん2013/04/22(月) 18:59:08.78
ないようなので立ててみた

81無名草子さん2015/06/22(月) 09:54:53.48
角川文庫赤ラベル!

ティーンエイジャーだった頃を懐かしむわ。

82無名草子さん2015/06/30(火) 01:27:55.04
今時の若者と片岡義男の相性は良いはずだ

83無名草子さん2015/06/30(火) 17:08:37.20
初めて読むなら何がオススメ?
ハワイっぽいやつがいいな

84無名草子さん2015/07/02(木) 23:59:36.10
>>83
「波乗りの島」

・白い波の荒野へ
・アロハ・オエ
・アイランド・スタイル
・シュガー・トレイン
・べイル・アウト


おもにオアフ島を舞台にしたサーファーたちの短編集
地元のサーファー、バリー・カネシロの目を通して語られるストーリーたち

85無名草子さん2015/07/04(土) 16:55:29.91
ありがとうございます
アマゾンで見たんですけど、高いですね汗

86無名草子さん2015/07/04(土) 16:58:10.86
青空文庫

87無名草子さん2015/07/04(土) 18:37:54.59
あ、そういうのあるのかあ
電子書籍やってみようかな...

88無名草子さん2015/07/31(金) 09:09:56.79
ibook storeで角川赤ラベルの旧作品が
次々発売になってるね

んー、でも表紙が良くないのかなんとも。。、

とりあえずとても長い間手に入らなかった
ラインナップが出てきてうれしいとこ。

89無名草子さん2015/07/31(金) 22:03:12.73
死ね、悪い子たち

90無名草子さん2015/07/31(金) 22:56:01.86
でもやっぱり紙媒体がいいなあ

91無名草子さん2015/08/09(日) 18:55:28.47
片岡さんの赤ラベル作品を読むと
カブで旅したくなる、夏

92無名草子さん2015/08/30(日) 21:49:26.31
moto navi 最新号、たまらん!! :D

93無名草子さん2015/09/16(水) 23:52:49.93
>>92

うん 同意。

94無名草子さん2015/09/26(土) 05:17:17.11
1話250円かあ。

95無名草子さん2015/09/26(土) 09:28:43.86
人生は野菜スープ、マーマレードの朝、内容ちゃんと覚えてない

でも初台とか中野坂上あたりのマンションに住んでるリーマンに
そこそこきれいな彼女がいて
ってなワンパターンの設定ばっかだったような・・

96無名草子さん2015/09/30(水) 15:45:26.53
その彼女の容姿だけじゃなく、性格設定も同じね。
サバサバ系、男勝り、超キャリアウーマン、
一人で生きて行ける、みたいな。
憧れたわ。

97無名草子さん2015/10/01(木) 23:32:26.18
片岡義男ってゲイなの?

98無名草子さん2015/11/15(日) 12:29:59.26
彼のオートバイ、彼女の島
http://ameblo.jp/isa96/entry-12094939655.html

99テディ2016/02/28(日) 15:24:22.55
最近、『淋しさは川のよう』読んだよ。野生時代1989年5月号からの連載。
登場する主人公の名前で、後に赤い背表紙の文庫本で違うタイトルで登場することがわかり、
期待していたオートバイの詩シリーズでなかった。でも、面白かった。
このオリジナルは文庫本ではかなりカットされ、知らないシーンがたくさん出て来た。
一作で二度美味しい思いができたよ。

100無名草子さん2016/02/28(日) 15:56:06.47
スローなデジにしてくれ 〜片岡義男の全著作電子化計画〜(第19回[国際]電子出版EXPO)
2015/07/12
https://www.youtube.com/watch?v=vukspTF1dVA

101無名草子さん2016/02/29(月) 12:15:11.98
売れなくても毎年新作が出版されるのがスゴイね

102無名草子さん2016/05/20(金) 00:58:32.05
海に行くと片岡義男を思う。
夕陽に赤い帆。
夏は片岡義男を思う。

103無名草子さん2016/05/22(日) 17:33:18.73
上の方にあった、ビールにカニ缶のマヨネーズ和えをデートで食べるっていう話ですが、ポシェット文庫の「赤い靴が悲しい」の中の「サボテンに刺された」だと思います。

104無名草子さん2016/05/23(月) 22:26:14.38
片岡義男、昔は本屋の棚一段真っ赤(角川文庫の背表紙の色)だったのに
文庫本再版されないね

105無名草子さん2016/05/24(火) 19:41:39.22
単行本で新刊が次々に出てるのがスゴイね
そんなに売れるのか?

106無名草子さん2016/05/26(木) 09:19:26.10
>>104
私の本棚も真っ赤だった。
「アップルタイザーと彼女」なんかまた読みたいな。

107無名草子さん2016/06/20(月) 10:14:31.80
片岡義男さん、誕生日はいつですか?
http://suigyu.exblog.jp/22182024/

片岡義男さんの短編小説集『ミッキーは谷中で六時三十分』が5月20日に講談社から発売になったばかりだ。
新聞社などからいくつか取材が続いた。

そしてある記者の人から問い合わせの電話があった。
記事に片岡さんの短い略歴を入れるのですが、生年の情報がふたつあります、1940年と1939年、どちらが正しいのでしょう。
はじめて片岡さんの短編小説集を編集担当したとき、私も略歴を書くので、生年月日は一応調べたが、1940年の情報しか出てこなかった。
だからきっと1940年でいいと思います、とは言ったものの、
1939年とあるのは古い『文藝年鑑』だと聞いたので、ご本人に訊いて確認することにした。

「昭和14年は1939年ですね、それが正しいです」
というのが片岡さんの答だった。
「え〜〜っ、ほんとうですか、これまで1940年というのしか見たことがありませんし、私もいくつかそう書いてきました」
「最初に昭和14年を西暦に換算するときに僕が計算をまちがえたのでしょう」
「……では、1939年にしてもらいますよ」
「はい」

というわけで、片岡さんのほんとの誕生日は1939年3月20日です。
どうせなら、出版社ごとに違う生年月日にしようか、というおまけの一言がつくところは、いかにも片岡さんなのだった。

生年の確認のために『ロックの時代』(晶文社 1971)や
『ハリウッドとの出会いなおしについて語ろう』(新書館 1976年)などの翻訳書をひっくりかえしたついでに「あとがき」を読んだ。
いまよりわかりやすい。

108無名草子さん2016/06/29(水) 13:43:30.63
旧作(各文庫)を当時の表紙でそのまま電子書籍化
してくれればよかったのに。

109無名草子さん2016/09/01(木) 13:00:46.60
アメリカ小説をどうぞ
ボビー・アン メイスン (著), 片岡 義男 (編集), 青山 南 (翻訳)
出版社: 晶文社 (1990/06)

ふくろ レイモンド・カーヴァー著 松本淳訳.
かくれんぼ スーザン・マイノット著 佐藤ひろみ訳.
背信 フローレンス・トレフェセン著 中上哲夫訳.
我らが人生の日々 リー・スミス著 大橋悦子訳.
ロスト・コテージ デイヴィッド・レーヴィット著 松本淳訳.
わが家の作家 E.L.ドクトロウ著 青山南訳. 家
ジェイン・アン・フィリップス著 小島希里訳.
アマチュアの星案内 メアリー・ロビスン著 佐藤ひろみ訳.
インヴィジブル・ライフ ケント・ネルソン著 中上哲夫訳.
ロック・スプリングス リチャード・フォード著 青山南訳.
アプローズ、アプローズ ジーン・トンプスン著 佐藤ひろみ訳.
孤独の放浪者 ローリー・コルウィン著 大橋悦子訳.
推測航法 ボブ・シャコキス著 中上哲夫訳.
カウボーイの時間 ペリー・クラス著 小島希里訳.
シャイロー ボビー・アン・メイスン著 大橋悦子訳.
エルサレムの雪 アリス・アダムズ著 小島希里訳.
セーフウェイ フレデリック・バーセルミ著 松本淳訳

110無名草子さん2016/09/07(水) 23:00:54.71
学生の頃、何冊か読んだのだが内容はサッパリ覚えてない。
何のが、作品だったか忘れたが、オートミールがクソまずそうだというのは覚えてる。
でもまた読みたくなった。角川再販してくれよ。

あと、イメージ的にラジカセの「ランナウェイ」のCMとだぶる。

111無名草子さん2016/09/11(日) 00:29:00.84
夕陽に赤い帆
アップルタイザーと彼女なんかをまた読みたい

112無名草子さん2016/10/02(日) 21:11:26.17
@Raymond Clevie Carver, Jr. (May 25, 1938 – August 2, 1988)
ASusan Minot (born December 7, 1956)
BFlorence Trefethen
CLee Smith (born November 1, 1944)
DDavid Leavitt (born June 23, 1961)
EEdgar Lawrence "E. L." Doctorow (January 6, 1931 – July 21, 2015)
FJayne Anne Phillips (born July 19, 1952)
GMary Cennamo Robison (born January 14, 1949 in Washington, D.C., United States)
HKent Nelson (born 1943)
IRichard Ford (born February 16, 1944)
JThompson, Jean 1950–
KLaurie Colwin (June 14, 1944 – October 24, 1992)
LBob Shacochis (born September 9, 1951)
MPerri Klass (1958-)
NBobbie Ann Mason (born May 1, 1940)
OAlice Adams (August 14, 1926 – May 27, 1999)
PFredrick Barthelme (born October 10, 1943)

113無名草子さん2017/04/02(日) 20:08:00.62
短編を一話ずつ売るのなら100円くらいにして欲しかった。

114無名草子さん2017/04/18(火) 11:33:09.71
トキワ荘らしきアパートが出てくる小説なんてのがあるんだな。
そのアパートに美人の漫画家が住んでる。有名な漫画家が住んでいたという設定の、南長崎のアパート。
藤子F不二雄ファンの一人としては嬉しい。

115無名草子さん2017/04/18(火) 11:35:47.43
トキワ荘らしきアパートが出てくる小説なんてのがあるんだな。
そのアパートに美人の漫画家が住んでる。有名な漫画家が住んでいたという設定の、南長崎のアパート。
藤子F不二雄ファンの一人としては嬉しい。

116無名草子さん2017/04/18(火) 12:13:41.53
一度言えばわかる

117無名草子さん2017/05/01(月) 15:39:58.92
スローなブギにしておくんなさいまし

118無名草子さん2017/05/20(土) 18:59:06.41
夏になると思い出し、バイクに乗りたくなる。

119無名草子さん2017/05/21(日) 09:45:39.62
盗んだバイクで天城越え

120無名草子さん2017/05/24(水) 23:28:24.62
箱根ターンパイク置いてけぼり

121テディ2017/06/12(月) 17:31:09.79
ここに書き込みの方には、赤表紙の時代のものが多いように思われますが、片岡さんの本当のファンなら、一冊の本にはなっていない埋もれている小説も読んでみてはいかがでしょうか?
俺の読んだものを、以下、並べてみることにします。
『ゴーストタウンに紅い薔薇』(中編)
『ドロップシティ』(中編)
『鳩よ我が箱舟に帰れ』(中編)
『香りは何を語りたいのか』(中編)
『雨に濡れて香り高き森』(中編)
『至近距離』(長編)
『横須賀ジョニーの歌』(長編・未完)
『取られた人の行方』(中編かな)
『フォトーグ』(中編)
『さらば俺たちの拳銃』(長編)

ぜひ、探し求めて読んでみて下さい。いい作品ばかりです。

122無名草子さん2017/09/04(月) 17:57:21.75
今回の北朝鮮の核実験と、それに伴うアメリカの対応についてぜひとも片岡氏の意見を知りたい。
どこかにコラムやエッセイなど書いてはくれないだろうか。

123無名草子さん2017/09/08(金) 17:30:27.76
かつて、あるエッセイで片岡義男はこんなことを語っている。
『(中略)・・これはまさに夢物語だ。しかし、教習所で免許を取得し、オートバイを買って路上に出るとたちまちこのような世界に入れるのだ、と本当に思っている人がじつにたくさんいることを知って驚愕した僕は、それ以後、オートバイの出て来る物語を書かなくなった』
どうですか?
オートバイに乗っているあなたには、その通りに勘違いをしていたという心当たりがありませんか?

124無名草子さん2017/09/14(木) 20:57:14.29
この時期になるといつもストーリーを思い出すのですが、タイトルがわかりません。
夏の終わりが悔しくて、9月になっても部屋の中で裸でいる若い女性がいて、毎年、風邪をひくというエピソード。

なんていう小説でしたっけ?

125無名草子さん2018/01/12(金) 11:58:03.46
一般書籍よりもおすすめてきにネットで得する情報とか
グーグル検索⇒『稲本のメツイオウレフフレゼ

Y79CQ

126無名草子さん2018/05/01(火) 23:47:27.04
江東区立深川図書館特殊

銅和加配
在特

奇声あげて人をボコボコにぶんなぐってもOK お咎めなし
被害者が警察を呼んでくれと何度も言っているのに公務員は無視し続けてた
幼児が歓声上げて走り回る       見ぬふり
小学生が歓声上げて走り回る     見ぬふり
中学生が大声で談笑して走り回る   見ぬふり
高校生が閲覧机で談笑雑談      見ぬふり
公務員による恣意行為
etc

なんのための施設か? →特殊な関係用

翌日、被害者を公務員が脅していた

127無名草子さん2018/05/29(火) 17:41:08.07
02C03

128無名草子さん2018/08/07(火) 07:56:16.18
江東区立深川図書館特殊B

銅和加配
在目特券

奇声あげて人をボコボコにぶんなぐってもOK お咎めなし
被害者が警察を呼んでくれと何度も言っているのに公務員は無視し続けてた
幼児が歓声上げて走り回る       見ぬふり
小学生が歓声上げて走り回る     見ぬふり
中学生が大声で談笑して走り回る   見ぬふり
高校生が閲覧机で談笑雑談      見ぬふり
公務員による恣意行為
etc

なんのための施設か? →特殊な関係用

翌日、被害者を公務員が脅していた

129無名草子さん2018/08/18(土) 10:18:26.57
夏の古本市で買ってきた。

昔は本屋に一列並んでたのに、いまは古本市でもあんまり見かけない。

130無名草子さん2018/08/18(土) 11:20:11.57
古本屋の店先の3冊100円、200円ワゴンで角川文庫の赤い背表紙を見かけたら買っていた
あと西村寿行とか平井和正
町の古本屋自体淘汰されちゃったね

エッセイの単行本は今でもたまに見かけるかな
片岡義男が紹介した海外の写真集を今でもリストにして、チェックしたりしている

131無名草子さん2018/09/30(日) 09:47:41.65

新着レスの表示
レスを投稿する