生きるのに疲れた人が読むべき本 [転載禁止]©2ch.net

1無名草子さん2015/03/25(水) 00:33:41.93
ありますか?

2無名草子さん2015/03/25(水) 08:38:47.31
聖書

3無名草子さん2015/03/25(水) 11:15:08.11
荻原浩の月の上の観覧車

4無名草子さん2015/03/26(木) 00:19:49.12
>>2
レスありがとうございます。
聖書ってキリストの?難しそうですね。

>>3
レスありがとうございます。
よければ概要教えて頂けませんか?

5無名草子さん2015/03/28(土) 00:40:58.69
今が辛くてもふてくされず将来を悲観せず
明るく楽しく真面目にやっていれば
神は必ず報いてくださる。
神は最初からそういう計画だった。
聖書の一貫したテーマはそういうこと。

6無名草子さん2015/03/28(土) 20:30:29.58
ベタだけど中島義道の
働くことがイヤな人のための本

7無名草子さん2015/03/28(土) 23:45:00.06
>>6
レスありがとうございます。
働くことがいや…かー。そうなのかもしれませんね。読んでみます!

8無名草子さん2015/04/01(水) 08:56:40.21
A.カミュ『シーシュポスの神話』

9無名草子さん2015/04/05(日) 16:32:52.26
俺は最近寂しいんだけどどうすればいいの?

10無名草子さん2015/04/11(土) 02:37:50.11
>>8
メチャクチャ遅レスで申し訳有りません。
理不尽そうな話ですね…読んでみたいと思います。ありがとうございます。

11無名草子さん2015/04/21(火) 22:19:55.63
春を背負って
短編集でどれも死がテーマなんだけど裏のテーマとして人間が元来持つ善性についてよく着目されている
心温まる作品

12無名草子さん2015/05/16(土) 21:58:22.49
ズッコケ三人組シリーズ
人生の中で読んでおくといい本だと思う
読み慣れるといつも三人と一緒にいる気持ちになれる

13無名草子さん2015/06/20(土) 06:48:35.85
絵のない絵本

14無名草子さん2015/06/20(土) 17:35:23.59
『だいじょうぶだいじょうぶ』
講談社の絵本。大丈夫感半端ない。最後の頁いつも泣く。

15朝鮮人よ、日本人に土下座せよ!2015/06/23(火) 12:31:45.09

16無名草子さん2015/07/25(土) 15:52:32.54
「星の王子さま」はマジで名作だよ
一生の一冊と言っていい
パパラギ 南の島の酋長ツイアビが見た文明?という本
中々面白い
あと星野富弘さんの詩集もいいし、ベタだが芥川太宰夏目辺りもいい

宮澤賢治のシリーズも一度読むべし

17無名草子さん2015/08/13(木) 00:23:59.64
疲れました

18無名草子さん2015/08/29(土) 21:33:56.43
つげ義春の後期作品

19朝鮮人よ、日本人に土下座せよ!2015/08/31(月) 13:20:25.76
『朝鮮人よ、日本人に土下座せよ!』(中杉弘著)が

好評発売中です!Amazonでも買えますので是非お読みください!!

http://blog.livedoor.jp/nakasugi_h/

http://www006.upp.so-net.ne.jp/shorikai/sub1.htm

20無名草子さん2016/05/08(日) 17:43:30.83
定年後のリアル 勢古浩爾

定年後のオッサンの日常。ちょっとほっこりする

21無名草子さん2017/03/03(金) 18:10:08.82
人生・仕事・生きるのに疲れたと思った時に読んでほしいこと
http://commufreelife.com/tsukareta/

hgrtye54yyrtyrt

22無名草子さん2017/04/22(土) 19:13:11.88
人生をちょっと忘れて、少年のころに帰れるぜ。
こんな児童図書みつけた。
    ↓
★ 勇人(ゆうと)と亮輔(りょうすけ)★
 http://slib.net/71510
『目次』
1 めずらしくて、おいしいもの
2 亮輔君の家で
3 ぼくの町の話
4 漁船の話
5 近未来はけっこう大変だ
6 本当は怖い、海の体験
7 大人の責任と、ぼくらのきづな   

勇人は小学3年の夏、いとこの5年生、亮輔の所に遊びに行った。釣り船を経営する家だ。
そこで様々な海の体験と、人や大人とのつながり、心の交流を学ぶ。
大人にこそ読んで欲しいものです。  2015年、8作品中7作目
上松煌 作
(プロフィール) http://slib.net/a/21610/

23無名草子さん2017/07/13(木) 22:39:44.70
深川図書館特殊部落

同和加配

奇声あげて人をボコボコにぶんなぐってもOK お咎めなし
被害者が警察を呼んでくれと何度も言っているのに公務員は無視し続けてた
ガキどもが走り回る 見て見ぬふり
公務員による恣意行為
etc

なんのための施設か? →特殊な関係用

24無名草子さん2018/01/12(金) 12:47:00.63
一般書籍よりもおすすめてきにネットで得する情報とか
グーグル検索⇒『稲本のメツイオウレフフレゼ

FSYZ7

25無名草子さん2018/01/25(木) 18:45:40.44
2000年の少し前頃に発刊され、アメリカで異例のベストセラーになり、日本を始め、
いまや30数カ国以上に翻訳されて読まれているニール・ドナルド・ウォルシュ氏の『神との対話』シリーズ。

もし本当に「神の存在と恩寵」を確信したいなら、まず正しい「神の理解」が必要です。

単なる読書本ではなく、人生の観方と体験が変わるスピリチュアル本ではありますが、
思索的な哲学書として読んでも面白いと思います。

《10分ほどで読めて分かる『神との対話』》
https://conversationswithgod.wixsite.com/kamitonotaiwa-matome

26無名草子さん2018/02/05(月) 15:25:52.46
疲れたら放置!息抜きしよう
https://goo.gl/B6WZ4u

27無名草子さん2018/02/05(月) 20:03:39.38
ヴィクトール・E・フランクルの『夜と霧』と『それでも人生にyesと言う』

28252018/05/08(火) 18:25:45.07
この本は、私自身、たまたま人からの紹介で興味をもち読んだ本なのですが、
「神との対話」の中で語られている内容に非常に参考になると思いましたので、
補足・参考資料として追加しました。

「神との対話」の内容の、「医学的奇跡・体験を通した証拠・証明」版とも言えると思います。

※補足、参考資料。

『喜びから人生を生きる!(臨死体験が教えてくれたこと)』アニータ・ムアジャーニ著

4年越えで絶命寸前までいった末期ガン(ステージ4B)・多臓器不全からの臨死体験、
そして意識復帰と数日での大きなガン部位の消滅・臓器回復という奇跡的体験(何人もの癌専門医が詳細に病院での病状データを検証・確認し驚く)をした女性が、
臨死時の具体的な詳細を語った貴重な本です。
この本もベストセラーであり、かつ読んだ人全体から相当に高評価されている本です。


ちなみに「神との対話」の中で神が語っている内容、「宇宙との一体感、完璧性」や、

『神との対話2』

◆死の瞬間にあなたは、かつて味わった最大の自由、最大の平安、最大の喜び、最大の愛を知るだろう。
P84

『神へ帰る』

◆死とは、人が力強くなる時だ。死というプロセスを通じて、その人の在り方が拡大されるのだから。
P336


以上の神の言葉そのものの体験話だと思いました。

29252018/05/08(火) 18:26:43.32
抜粋の中の一部です。この一部だけでも、「神との対話」への大きな確信と、「死」への安心に繋がると思います。

P1〜
まえがき ウエイン・W・ダイアー博士

アニータは、四年以上にわたる癌との闘いで、死に直面しました。つまり、死の瀬戸際まで行き、それを越えて、
死の家の中へと入って行ったのです。彼女は、その体験のすべてを詳細にこの本で述べています。
自分が抱いている信念、特に来世と呼ばれるものについて、もう一度考え直すくらいの気持ちでじっくりと読んでみてください。  
彼女は、死の淵から戻ることを許されただけでなく、物質世界を超えた向こう側の世界がどのようなものなのか、
そして、それよりもっと重要なことですが、そこではどのように感じられるのかについて、私たちみんなに伝えることを許されました。  
この本を読めるあなたはとても幸運です。なぜなら、癌とのすさまじい闘いや神の癒しを体験した旅の中で、
アニータが悟りえたあらゆることを自らの人生に生かせるのですから。  

P284〜
訳者あとがき

臨死体験の本は数多く出版されていますが、本書が際立っている理由は、臨死体験後、末期癌から奇跡的治癒を遂げたことにあると言えるでしょう。
死を迎えようとした時、アニータはほとんど全身を癌にむしばまれていましたが、臨死体験後、
すべての癌が短期間のうちに一つ残らず消えてしまったのです。
この事実には、アニータが自らの体験を投稿した臨死体験研究会(NDERF)の代表者である癌専門医も非常にまれなケースだと注目しました。
さらに、もう一人のアメリカ人癌専門医コー医師も、この異例の回復ぶりに大いに興味を持って、
アニータと彼女の主治医に会うため、アメリカから香港へ訪れたほどでした。アニータのケースは、
癌専門医を対象としたコンファレンスで紹介されるなど、医学界でも注目を浴びたのです。
このような奇跡的治癒と医師による調査結果は、彼女の臨死体験が真実であることを示す証拠にほかなりません。

30252018/05/08(火) 18:27:33.19
P19〜
「心臓はまだ動いていますが、奥様の意識はもうありません。助けるには手遅れです」と、医師は夫のダニーに告げました。
「医師は誰のことを話しているんだろう? 私は、こんなに最高の気分なのに。
ママやダニーは、どうしてあんなにおびえて心配そうなの? ママ、どうか泣かないで。何があったの? 私のせいで泣いているの?
お願い、泣かないでちょうだい。私は、大丈夫よ!」 大きな声で言っているつもりでしたが、声になりませんでした。
母を抱きしめ、慰めて、私は大丈夫だと言いたかったのですが、なぜそれができないのか、まったく理解できませんでした。
どうして身体が言うことをきかないの? どうして死んだみたいに横たわっているの? 愛するダニーや母を抱きしめて、
私はもう大丈夫で、痛みもまったくないと安心させたいのに……。
「ダニー、見てちょうだい。もう車椅子なしで動き回れるのよ。最高の気分!もう酸素ボンベもいらないわ。
呼吸も苦しくないし、皮膚病変も消えている。傷口はじくじくしてないし、痛くもないわ。四年間苦しかったけれど、
やっと元気になったのよ」私はただ、この上ない喜びに包まれていました。私の身体をむしばんでいた癌の痛みから、
やっと解放されたのです。

その時、自分は死ぬのだと悟りました。「ああ…… 私は死ぬんだ。死ぬって、こんな感じなの?
これまで想像していたのとは、まったく違うわ。とても安らかで、穏やかな気分…… やっとやっと癒された気がする!」
私は、たとえ身体の機能が止まっても、生命という大きなタペストリーの中で、あらゆるものが完璧であり続けると理解したのです。
すなわち、それは、人は死なないということでした。  

苦しみや痛み、悲しみなどはすべて消えていました。ものすごい解放感で、こんな気分になったのは生まれて初めてでした。
純粋な、無条件の愛としか言い表せないものに包まれている感じがしました。
私は、この愛のエネルギーにどっぷりと浸かり、元気を取り戻しました。そして、この地こそ自分のための場所だと感じました。
何年にもわたる闘いや苦しみや不安や恐れのあとで、ようやく本当の我が家にたどり着いたのです。


 

31252018/05/08(火) 18:28:19.69
「残念ですが、もう奥様のためにできることは何もありません。奥様の臓器はすでに機能を停止しました。
レモン大の癌が、頭蓋骨から下腹部まで、すべてのリンパ系組織に広がっています。肺だけでなく、脳も液体でいっぱいです。
癌による皮膚病変も見られます。おそらく今晩が山でしょう」 医師はダニーに、そう告げました。

P104〜
外見上は、昏睡状態に見えていました。
私は、どんどん外へと広がっていき、周囲の物理的環境から引き離されていくのを感じました。
そこにはもはや空間や時間の拘束はなく、どんどん拡大し続けて、より大きな意識と一つになっていくようでした。
身体を持っていた時には体験したことのない、自由や解放感がありました。それは、歓喜や幸福が散りばめられた、
至福感としか言いようのないものでした。
ともあれ、長い身体的闘いからやっと解放された私は、この自由というすばらしい体験を楽しんでいました。
それは、身体的にどこか別の場所へ行ったというよりも、むしろ目覚めたような感覚でした。

P106〜
驚いたことに、私は十年前に亡くなった父の存在に気づきました。それは、私に信じられないほどの安心感を与えてくれました。
「パパ、ここにいたの! 信じられないわ」 実際には、そう言ったのではなく、ただ思っただけでした。
そのような感情を抱いたというほうが正しいかもしれません。その世界では、感情が唯一の対話方法だったのです。
「そうだよ、アニータ。おまえや家族のために、いつもここにいたんだよ」 父は私にそう伝えました。
これも言葉ではなく、感情によるものでしたが、私にははっきりとわかりました。
それから、三年前に癌で亡くなった親友ソニにも気づきました。父やソニの存在が優しく抱きしめるように私を包み込んだ時、
ワクワクした高揚感に満たされ、心から楽になったのです。彼らは、私が気づくずっと前からそばにいてくれ、
病気の最中も見守っていてくれたのだと わかりました。さらに、他の存在にも気づきました。
それが誰なのかわかりませんでしたが、彼らが私のことをとても愛し、守ってくれていることがわかりました。

32252018/05/08(火) 18:29:09.57
P107〜
私は身体の五感ではなく、まるで新しい感覚を手に入れたように、限界のない知覚を使っていました。
それは、通常の能力よりもはるかに鋭く、三百六十度が見渡せて、自分の周囲を完全に認識できました。
驚嘆すべきことのようですが、それが普通に感じられたのです。もはや身体の中にいることのほうが、
制限された特殊な状態であるように感じました。

P130〜
昏睡状態から目覚めて二日も経たないうちに、医師は、奇跡的に臓器の機能が回復し、
毒素で腫れ上がっていたのもかなりおさまってきたと告げました。
別の癌専門医が定期健診を行った時、彼は驚きを隠せずに、こう叫びました。
「あなたの癌は、このたった三日間で、目に見えて、かなり小さくなっています。
それに、すべてのリンパ節の腫れもひいて、以前の半分くらいの大きさです!」

P150〜
2006年の夏ごろでしたが、アメリカに住むもう一人の癌専門医から連絡をもらいました。彼はピーター・コー医師といい、
自然に癌が治癒したことに興味を持っていると言いました。
私は彼と数時間電話で話をし、特に、病状と自分の体験についての詳しい内容を教えました。
それから、私の病歴に関する書類を彼にファックスで送りました。
その中には私が病院へ運ばれた2月2日の医師の報告書も含まれており、「リンパ腫、ステージ4B」という診断と、
私の病状と見通しが記載されていました。
これらの書類を読んだあと、コー医師が最初に発した言葉は、「この書類を見るかぎり、あなたはすでに死んでいるはずです!」でした。

 

33252018/05/08(火) 18:29:55.45
P167〜
私にとって、もはや死は、他の人が考えているのとは異なるものになりました。ですから、誰かが亡くなっても、
嘆き悲しむことがとても難しくなったのです。もちろん、親しい人が亡くなると、この世でもう会えないことを悲しみますが、
亡くなった人のためには、悲しまなくなりました。それは、彼らがもう一つの世界へと移動し、幸せだと知っているからです。
そこで悲しんでいるはずなどありません。

P265〜
自分が死んだ時は、まるで夢から目覚めたような感じでした。どこかに行ったような感じではなく、
覚醒して、三百六十度の視野と、完全な共感覚(複数の感覚が同時に認識されること)が得られたようでした。
自分に関わるあらゆるものが見え、聞こえ、感じられ、わかったのです。私は、自分の過去、現在、未来を同時に生きていました。
さらに、私に関係する出来事は、壁や空間を超えて、すべてわかりました。
ですから、医師たちの会話が聞こえ、兄が飛行機に乗っているのが見えたのです。


以上です。



 

新着レスの表示
レスを投稿する